「ベランダ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ベランダとは

2018-04-22

ハチ

夜中にベランダを出入りした際、ハチが一匹部屋に迷い込んできた。

殺虫剤で殺してしまうのも可哀想だと思ったので、

プラスチック容器に閉じ込めて外に逃がしてやった。

一週間後、ベランダで巣作りを始めやがった。。。orz

2018-04-21

anond:20180421132938

なんでベランダで吸うのかな 私は非喫煙者なので理由がわからない

えーんだってこう書いてるから…えーんえーん

なんでベランダ煙草を吸うんだろう

初めてマンション暮らし始めたら、隣の部屋の人がベランダ煙草を吸う人だった

部屋の中で吸えばいいのに、なんでベランダで吸うのかな

私は非喫煙者なので理由がわからない

近くの部屋の人はどうでもいいってことなんだろうか

そうだとしたら悲しい

2018-04-15

AV女優にすら拒絶されて童貞のまま死んだAV男優

二〇〇二年十月。V&Rのスタッフが出演依頼の電話をかけたとき母親らしき女性が「あの子は家のマンションから飛び降りて死んだ」と呟いた。鈴鹿イチ ロー(33)という特殊AV男優が、絶望を背負ってベランダの柵を越え、自らの命を絶った。生を受けてからひたすら負けて、屈折に屈折を重ねて、徹底的に 後ろ向きであり続けた男の悲惨な結末だった。無職恋人を一度ももたことがなかった。毎晩、巨乳ビデオを借りてオナニーする。それだけが女との接点だっ た。揺れる乳を触ってみたくて、どうしても柔らかいあの乳に顔を埋めたくて、AV男優になろうと決意したとき、AV界のイチローになろうとイチローという 名前をつけた。飛び降りたのは十五階建て高層マンション最上階、黒いアスファルトに頭から落ちて即死だった。早朝五時近くの出来事だった。誰にも気づか れることなく、孤独自殺したのである鈴鹿イチローはAV男優になっても一発すらセックスできず、絶対に夢や理想希望が叶うことのないこの世界を呪っ て、仕事友達恋人も楽しかった思い出もなにもなく、溢れんばかりの大きな絶望だけを抱えて、この世から消えていったのだった。

 二〇〇三年九月九日。鈴鹿の死から一年が経った晴れの日、将来は時代劇に出演して有名になりたい無職石井ちゃん(44)、無職で激寒な中川 (35)、先日倉庫解雇になって女とセックスしたいか男優志願したミソピーナツ村田24)、元V&R社員で重度の鬱病小林(26)、そしてイン ジャン古河(32)らが巣鴨スタジオに集結した。あのキチガイ飲み会ビデオ『うわさのミスコンパニオン』の撮影のためである。男たちは心が沈んでくるマイ ナスだけの奇妙なオーラを発していて、「ネプチェーンは2人か3人か?」という話題を笑ったり悩んだりしながら30分以上話していて、もはや普通じゃな かった。山ほどの缶ビール焼酎の3リットル瓶が用意され、『追悼 鈴鹿イチローお別れする会』という特注の立派な看板鈴鹿イチローが無表情でピースし ている写真が掲げられ、インジャン古河の「かんぱぁぁぁ~い!」という高らかな声でコップを重ねて飲み会が始まった。最初から一気飲みだった。口に運ぶ手 が休めば、「鈴鹿は飲みたくても飲めないんだぞ」と拳を振りあげる元暴走族暴力的インジャンに脅され、全員が怯えながらもの凄い勢いでアルコールを摂 取していった。宴会はあまり盛りあがらなかった。鈴鹿の死を初めて知った石井ちゃんは、健康に気を使ってるよう学習したようで「これ以上飲むと死んじゃ う」と吐く前に飲みを辞め、中川はいものように開始十分間で「もう飲めません」とお酌を拒絶。赤、白、黄色コンパニオンを投入して、乳を触らせてあげ ると色仕掛けにでるが、2人は頑なにインジャンのお酌を払いのけた。異常なペースで飲むのは、小林だけだった。焼酎ストレートを水のようにあけ、一瞬で ボトルがなくなってしまう。異常なペースだった。鬱病小林は「なんで飲まないんだよ、飲めよ。俺は頭狂ってるけど飲んでるんだよ」と寒い中川に絡みだ し、「飲めよ飲めよテメー飲めよ」ととまらなくなった。前々作、小林は悪酔いして病魔が襲い泣いていた。鈴鹿に「元気だせよ」と励まされた経験あるが、あ いつは死にたいから死んだんだよ、だからどうでもいいんだよ、鈴鹿なんかより飲めよと、冷たい死についてのコメント酔っぱらいながら簡潔に言っていた。 インジャンは「勘弁して下さい」と土下座する石井ちゃんにキレてしまって、グーで思いっきりぶっ飛ばししまった。吹き飛んだ石井ちゃんは壁に頭をぶつ け、ゴンと鳴って倒れた。石井ちゃんは「ポカリポカリ」と命乞いで決死洒落をかましたが、インジャンは「テメー飲め」と最終宣告してさらに拒絶した石 井ちゃんの上に乗って、顔面パンチを乱打。頭から血を流す凄惨な流血沙汰となった。さらイカれてるインジャンナイフをだして、銀色の刃を光らせて 「飲まないと刺し殺す」と不気味に呟いて、石井ちゃん絶望して一口だけビールを飲んだのだ。なにも聞かされてない女たちは、ずっと怯えきっていた。一口 しか飲まなかった石井ちゃんは、回し蹴りの決定打を喰らい、足下から崩れるように倒れてしまった。インジャンはダウンした石井ちゃんの口を無理矢理こじあ け、オマエなんて死んでもいいんだと焼酎を大量に流し込んでいる。鬼より非道い男だった。

 可愛い女の子セックスできると指折り数えて撮影を待って、念願の初出演を果たしたミソピーナツは、あり得ないキチガイ沙汰を呆然と眺めて涙を流してし まった。石井ちゃんリンチしたインジャンは、前にいたミソピーナツに酒を勧めた。ミソピーナツインジャンが近づいてくると「ヤダヤダ……」と言って震 えて「帰りたい、帰りたい」と泣きだし、怯えながら飲むふりしてコップを置いた。インジャンの目つきが変わった。再びナイフを出したインジャンはミソピー ナツの頬にナイフを立てて家族構成を聞き、「飲まないと、親を殺して妹を犯す」と宣言した。これ以上ない絶望的な表情のミソピーナツ小林が「飲めよ、テ メー飲めよ。チビ飲めよ」と抱きつき、震える裏声で「ママ~助けてぇぇ」と最後の声を振り絞って崩壊してしまった。当たり前だが、ママは来なかった。

 

 俺が初めて鈴鹿イチローに会ったのは五年前、『東京セックススタイル2』の撮影ときだった。出演男優オーディションがあった変わった企画で、そこに 鈴鹿イチローがやって来たのだった。鈴鹿は「なぜAV男優に?」というモデル質問に「有名になりたい。アイドルになって、みんなを見返してやりたい」と 真剣に応えていた。狂ってるけど前向きな人だな、と思ったのが鈴鹿最初の印象だった。それから忘年会撮影現場でたまに鈴鹿を見掛けることがあった。 「生きていて、なにも良いことがない」と時間が経つほど、ネガティブ発言が目立つようになった。二年後には自律神経が壊れて、舌が絶え間なく痙攣する病 魔に襲われキモチが悪かった。竹本から鈴鹿イチローの死を聞いたときあいつなら死にそうだなと驚きはなかった。しかし前向きにAV男優を志願した鈴鹿イ チローは、なぜ死を選択するまで追い詰められたのだろう。

 鈴鹿実家は、神戸である。ために撮影に呼ばれると、電車上京していた。死に場所となってしまった実家は、一階に映画館がある神戸新開地の超一等地。 裕福な家庭に生まれている。幼い頃から勉強だけはそこそこできたようで、将来は医者になりたいという夢があった。初めての挫折は、高校受験神戸の有名な 進学校受験して、有名進学校というブランドとそこからエリートとして羽ばたく華麗な人生妄想したが、落ちた。妥協した中堅校からリベンジ医学部を 受けたが、また全滅。妥協をして、水産大学校という国立大学に進学した。鈴鹿水産のようなマイナー職業では、医者ほどの華麗な将来の想像はできなかっ た。なんで俺は上手くいかないんだ、屈折は胸の奥底で脈々と育っていた。鈴鹿がまず欲しかったのは、圧倒的なステータスである社会的地位があり、みなか ら羨望の眼差しにみられ、勝者で女にモテまくるような人間にどうしてもなりたかった。

 医者を諦めてから、まったくヤリたいことは見つからなかった。目標ないままあるメーカー就職した。また妥協選択だった。営業部に配属され一日で嫌に なり、一週間後に「なんでこんな仕事をせなあかんのや」と上司に叫んで辞めてしまった。人に頭を下げるような低いレベル人間でない、鈴鹿はそう思ってい た。会社を辞める頃、頭がハゲてきた。シャンプーすると毛がゴッソリ抜け、だんだん頭皮が見えてくる。ハゲは女にバカにされる。ハゲは嫌いという女の声 が四方八方から聞こえ、勝者になれぬうちにハゲてきたことに焦った。不幸な運命を呪った。女にモテ目標もつことすら困難になり、新しい職業も見つから ず、家に引きこもるようになった。鈴鹿趣味は、貯金ゲームであるバイト代や親からお小遣いを一銭も使わず貯めて、通帳を眺めて少しづつ増えていく 数字を眺めてささやか優越感に浸っていた。貯金好きの鈴鹿は、本当にケチだった。竹本シンゴプライベート神戸に遊びに来て会ったとき、「オマエ、奢 れよ」と言われたことがあった。清水の舞台から飛び降りる思いで、駅前立ち食いソバ屋に竹本を連れていき、なにが食べたいかを聞かず、百八十円のかけう どんを注文した。鈴鹿イチロー自分のぶんと、三百六十円を支払った。

 長年無職が続き、焦っていた。すべてを一発逆転できる職業への憧れが強まった。職歴ない若ハゲという弱者が逆転できるのは、有名人しかなかった。歌手タレントになって誰もが知る存在になり、一刻も早く屈折だらけの人生ピリオドを打ちたかった。雑誌立ち読みして、芸能事務所テレビ局オーディショ ンの宛先に応募した。ハゲている。成功を手に入れたいと一通、一通、合格してデビューする想像をしながら、書類記述したが、ジャニーズのようなアイドル 系は名前すら読まれことなく秒殺で書類落ち、俳優系もいくら送っても連絡は来なかった。歌も喋りもどちらかといえば苦手で、鈴鹿最後希望も実現はあ まりにも厳しかった。どれだけ落選しても、目立ちたいという情念は強まるばかりだった。テレビ番組エキストラ素人企画にも送り、少しでも自分が画面に 映った場面を録画して、テープがすり切れるほど眺めるのが好きだった。

 夜と昼の生活は逆転していた。昼過ぎまで眠って夕方までゲームして、夜は新開地繁華街徘徊する。それが恋人はもちろん、友人すらいない鈴鹿生活の すべてだった。ラブホに消えていくカップルを恨めしそうに眺めて、唇を噛みしめてアダルトビデオを借りて朝方までオナニーして寝る。その繰り返しだった。 心から巨乳が好きだった。飯島直子の胸の膨らみで、何回絶頂に達したかからない。芸能事務所から何年間も無視された鈴鹿は、AV男優で有名になる変化球 を思いついた。社会的地位が低いのが玉に瑕だが、大好きな巨乳を舐めて吸って顔を埋めて、お金もらえて有名になれれば最高までいかないが、プライドの高い 鈴鹿も納得できる範疇だった。

 二十九歳。V&Rに男優志願した。若ハゲキモチ悪いルックス竹本テンプルすわに受けて、出演を果たした。竹本とすわは顔がキモチ悪くて、ハゲてる から面白がって呼んでただけだったが、鈴鹿加藤鷹のような圧倒的な存在を狙っていた。何本出演しても女のコに嫌がられ、セックスまでたどりつかない。予 定と全然違う男優生活だった。女はホストみたいな男優が触ると喜ぶくせに、鈴鹿が触ると睨んで「キモイんだよ」なんて言いだす。社会的地位が低い男優すら つとまらない現実絶望し、悩みすぎて神経を崩壊させていた。三十一歳。『うわさのミスコンパオン3』の頃は舌の痙攣がとまらない神経症に冒され、やるこ とない生活が災いしてアルコール依存になっていた。ハゲがつむじまで達して、恐ろしくおでこが広い波平さんみたいなルックスになったとき鈴鹿はようやく キムタクみたいな圧倒的勝者の芸能人になることを諦めたのだった。

 ナイフをだしたインジャン古河脅迫暴行まらず、小林アルコール過剰摂取で狂いだし、石井ちゃんは流血して、ミソピーナツは怯えて泣きだして、コ ンパニオンは女の子同士で手を取りあって震えるばかりで、拉致が明かなくなり撮影は一時中断した。下手くそな字で第二部と描かれた張り紙が張られ、再び乾 杯となって全員強制的に一気飲みとなった。ガクガク震えがとまらないミソピーナツはコップすら持てない状態だったが、インジャンに親を殺されてたまるか と、泣きながらビールを胃に流し込んだ。「テメー飲めよ。俺は竹本シンゴが好きだから、頑張ってるんだよ。精神安定剤と酒はあわねえんだけど、頑張ってる んだよ。竹本シンゴが好きなんだよ。俺は竹本さんが……」

 気味が悪いが小林は、竹本シンゴ恋愛感情を持ってるようだった。小林独り言の絶叫はとまらなくなり、何百回と竹本への愛の告白しながら拳を握り「テ メー飲めよ」と暴力行為に走り、誰もとめられなくなった。すぐに暴れるので撮影ができない。小林ガムテープで口と全身をグルグル巻きにされ、動けなくな り、芋虫のように顔を真っ赤にさせて転がるだけの存在となった。無理して乾杯した石井ちゃんは、頭をもたれて死んだように動かなくなり、思いだしたように 突然痙攣しだして、口から大量のゲロが噴射した。紫の奇妙な色彩を放ったゲロだった。コンパニオンたちは「キャー!」と絶叫してゲロから逃避したが、反対 側で待ちわびてたかのように芋虫状態小林が吐きだして、口に頑丈に巻かれたガムテープ狭間からゲロがピューと勢いよく噴きだした。窒息死してしまうと 慌ててガムテープを外すと、「俺は竹本シンゴが好きだから、頑張ってるんだよ。俺はそれが言いたいんだよ、俺の話を聞けよ」と絶叫しながら吐くという荒技 を披露し、地獄絵から現実逃避するにはセックスしかないと、生き残った男たちはコンパニオンのカラダに触れて乱交となった。石井ちゃんは真っ直ぐ歩けな い状態で立ちあがり、ふらふらして壁にぶつかり鈴鹿イチロー写真を落として踏みつけてしまって、無表情でピースサインする鈴鹿は破れてゲロまみれになっ てしまった。ミソピーナツインジャンらのセックスを眺めて、さっきは「ママ助けてぇ~」と泣いたくせになんの前触れなく白コンパニオンの乳を揉みだし、 驚いた白は「チビは嫌い」と冷たく言い放って突き飛ばした。飲まないのに乳に触れたことがインジャンに発覚して、ビールを投げられ照明で頭を割られそうに なって、「ひやぁぁぁぁぁー」と断末魔に声を発して柱の影に逃げてしまった。もはやゲロしかしない飲み会乱交現場観念絵夢とゆみ&りえのババア2人を 投入して、現場はこの世の現象と思えない地獄絵図なセックス現場となった。自然と男たちは強い順にいい女をゲットしていて、インジャンは一番美人の白と個 室での情事となり、観念は青とベット中川とミソピーナツババア相手となった。風俗しか女性経験のない中川はどんなに丁寧に責められても一切勃たず、ミ ソピーナツはようやくエッチとなって張り切って全裸になったが勃たず、デブ肉体の入れ墨ババアが「私に魅力がないのね」と寂しげな呆れ顔から怒りだして、 フニャチンを握ってやけくそ気味に乱暴な生フェラして、ミソピーナツのチンポは千切れそうになった。ミソピーナツ勃起しなければ殺されると思ったのか目 を瞑って念じるような表情になり、小さなチンポは申し訳なさそうにピンと勃った。同じく命の危険を感じた中川は、ゆみババア性器に舌を這わせて長時間吸 いついたが、とことんダメな男で「風俗行き過ぎで、ダメです」とチンポは萎縮するだけだった。飲めない、勃たない、喋れないの三重苦の中川が最も救えな く、罰としてスタンガンで襲撃されて肛門ロケット花火が打ち込まれた。ギャーと絶望的な悲痛の絶叫声が聞こえて、花火は破裂した。

 個室からインジャンにハメられてる白のキモチ良さそうな快感声が聞こえる。今日初めてのマトモな人間らしい営みだった。石井ちゃんは全身ゲロまみれのま まババアたちの乱交突入して、デブ入れ墨にチンポをしゃぶらせた。ミソピーナツはあちらこちらでの乱交を眺めて逃れるように消えて、服を着て逃げようと した。セックス最中インジャンに見つかり、親を殺されて内臓業者腎臓が売却されることが決定した。「ヤダヤダ、ヤダヤダ」と真っ青な顔して泣いてる。 ミソピーナツは、恐ろしい決定を信じているようだった。中川肛門ロケット花火を連発され、ゆみババア顔面ウンコされ、波乱まみれの『追悼 鈴鹿イチ ローお別れする会』は終わったのだった。

 鈴鹿イチロー最後の出演AVは、「いじくり絵日記」という作品だった。神戸から青春十八切符を買って各駅停車東京に行くと、紋舞らんという巨乳女がい た。柔らかそうなお椀乳は鈴鹿が長年妄想し続けた巨乳のものだった。今日だけはセックスしたいと強く願ったが、舌の痙攣で口元が締められない鈴鹿が近づ くと紋舞らん露骨に嫌な顔をした。出演者たちに笑い者にされ、い

2018-04-11

anond:20180411084900

ケツの穴の空気入れ替えたら?ベランダでケツくぱあしてアナルを風にあてよう!

2018-04-09

10代を思い出すと涙が止まらないことがある。

学校の話じゃなくて、家の話だ。

私の妹は、中学校に入ってすぐにひきこもりがちになり、

その後、高卒認定学校?に入るまでの7年間、

あるいはそれ以上の時間、大暴れしていた。

いつも死のうとしていた。いつも手に負えなくて、いつも叫んでて、いつも殺すぞと言っていた。

私が15歳の頃から、だいたい22歳、23歳になるまでの間。

特に酷かったのがその期間だから

少女から女性になるまでの間、

ほとんどすべての時間で何かしら問題があった。

 

当時、思春期まっただなかの女の子には、

ちょっとしんどさが強すぎた。

当時の不調は、体が弱いからではなく、

こうしたストレスから全部きていたんだと、今ならわかる。

 

妹に、リモコンで思いっきり殴られた腕が痛かったこと。

包丁を向けられて、「もう死ぬ」と思ったこと。

でも、ひるんだり、背を向けたらそれこそ刺されると思って、

お父さんもお母さんも出かけていない部屋で、懸命に強がっていたこと。

ある日、家に帰ったら、お母さんが、家出していたこと。

妹が、混乱して、死のうとして深夜に大量に風邪薬を飲んだこと。

ベランダに出る大きな窓ガラスの片側がぜんぶ割られたとき絶望感。

殺すぞ、殺すぞ、と叫び続ける日もあれば、

反対に、殺せ、殺せと母親に向かって叫び続ける日もある。

家に帰るときは、「誰か死んでいないか」と心配していた。

母は、「もう一緒に死のう」と何度も思っていたし、(私になんの相談もなしに)

私の目の前で、包丁を床に置いて、「じゃあお母さんを刺しなさい」と言ってるのを見たこともある。

 

16歳のときに母方の祖父母が死に、母も両親を失った時機に娘がそんなんで大変だったと思う。

叔母の家に、ときどき避難していた。

私は、当時はそんな自覚もなかったが「自分に非が一切ないのに辛い」ということが何年も続いた。

どれだけ良い子にしてようとも、家はグチャグチャだった。

何でもない日もあったと思うけど、そんな日の記憶が強すぎてあまり覚えていない。

 

かなり省くけど、いろいろあって今では妹は大学を出て、なんとか社会で働き、

多少いろいろな問題は残っているものの、今では妹と私は超仲良しだ。

友人はみんな、私のことを「妹ラブ」だと思っているし、仲良しでいいねとよく言ってくれる。

本当に、妹が好きだ。母親も大好きだ。

私と母、私と妹、親子3人、ときにはイトコも交えてのライングループがあるし、

それはほぼ毎日どれかのグループとやり取りしている。

しょっちゅう実家にも帰っている。

 

妹を許せないとか、母親が憎いとか、今はそんなのは全然ない。

乗り越えた、に近いかもしれないけれど。

でも、憎悪全然ないけど、さっき書いたような恐怖はまだ消えなくて、

ときどき、夜中にそのシーンを思い出しては涙が止まらなくなるときがある。

トラウマ?なのかもしれない。

 

それは、アラサーになって、実家を離れて、家族と仲が良くても変わらない。

しろ、終わったからこそ、思い出してしまうのかもしれない。

当時は連日、新しい恐怖が舞い込んできて、思い出す余裕もなかったし。

 

母親や妹に言うと、きっと、悲しませてしまうだろう。

そんな恐怖を与えてしまってごめんと悲しい気持ちになってしまうと思う。

でも、辛い。

 

みんな、きっと、思い出せば涙が出る過去の辛いこと、あると思う。

どうやって、乗り越えているんだろうか。

私は、阪神淡路大震災とき記憶と同じぐらい、

混乱している妹に殴られたり、切られそうになったシーンと、

母親が妹に包丁を持たせて「殺せ」と叫んでいたシーンが忘れられない。

2018-04-08

妄想快眠法

ここ数年不眠に悩まされていた。

何をしても効果がなくて、毎日布団へ入るのが憂鬱になっていた。

そんなある日、昔は布団に入ってから妄想して楽しんでた自分を思い出した。

好きな漫画キャラクターとか、オリジナル世界での創作妄想だったと思う。

あの頃は毎日布団に入るのが楽しくて、妄想に浸ってるうちに知らず知らずのうちに寝ていた。

大人になるにつれて、明日のことを考えて寝ることだけに集中しようとしていたんだと思う。それが悪かった。

久しぶりに布団に入って、目を閉じて、大好きな漫画キャラクターと恋する妄想妄想から許してほしい)にウキウキと浸っていたら知らぬ間に寝落ちしていた。

色々試したけれど、結局この「布団たーのしー!」と布団に飛び入って妄想世界ダイブするのが一番効果があった。

不眠に悩んでる人にオススメ

ちなみに妄想現実世界と離れてる方がいいと思う。

現実世界舞台するのなら

テロリストから一人で学校を守る俺とか。ある日部屋のベランダから魔法の絨毯に乗った○ラジンが迎えに来るとか。そのくらい突飛押しもない方が良い。

2018-04-06

「なんで俺が怒ってるのかわかる?」

私の母は異常だった。

物心ついたときには背中タバコ押し付けられ、水風呂に無理やり入らされ、裸でベランダ放置された。 

父はそれを見てみぬふりをした。思えば、彼に名前を呼んでもらった記憶がない。父は仕事が娘だった。

小学生ときに私に暴力的だった母は、私が中学生の年になると暴力を振るわなくなった。

良くはわからないが病院に通院し改善されたらしい。

だが私に対する暴言はやめなかった。

死ね。消えろ。ブス。お前なんて産まなきゃよかった」

別に何も響かなかったけど、毎日いわれれば覚えるよ。

私が中学生になると、当時父の浮気相手をしていた母方の叔母が私を哀れに思ったのか、よく一万円をくれた。

月に数回貰える一万円を母にバレない場所に隠して貯めた。

別に何をしようってわけでもなかった。この家を出ていこうとか、そんなことは頭になかった。

痛いのも汚いのも嫌いだし、これ以上辛かったらどうするのか。そういった考えが頭にこびりついて離れなかった。

高校に入った。

母はもはや何も言わなくなっていた。年単位で見て、家にいる日数よりも病院にいる日数のほうが遥かに多かった。

父はそれでも離婚せず、仕事を気遣った。

私は現実から逃れるように本にのめり込んだ。高校から文芸部に入り熱中した。

父が私の口座に振り込む朝昼夜食代をすべて本の購入に当てたりして参ったりもした。

恥ずかしい話だけど、私は高校生にして初めて恋を知った。

バイト先の数十歳歳上の先輩だった。

彼に告白しようか、迷って迷って告白できなかった。

好意を見抜かれたのか、デートに誘われ流れで付き合ってもいないのに関係を持った。

ズルズルとその関係が続いたが私は満足だった。

「なんで俺が怒ってるのかわかる?」

妊娠を伝えたときの彼のLINEだった。結局わからなかった。

彼は親の同意不要中絶手術ができる病院URLを貼って、それからは何も言わなかった。

翌日も同じ職場バイトするが何もなかったかのように振る舞った。

叔母に貰って貯めていたお金をすべて使って中絶手術をした。

向日葵の顔がポトリと地面に落ちるかのように、恋愛感情は消えた。

それからも、大学入学地方に行くまでその関係は続いた。

引っ越し地方大学に行くと連絡は通じなくなった。

その後私は普通に大学生活を過ごし、今年の春にやっと就職した。

一人暮らしを初めてやっと私の家庭が異常だったんだな、と気づいた。

いつか全部話せる異性と出会えたら素敵だな

2018-04-05

ガーデニングはじめた

最近ガーデニングをはじめた。

きっかはいとうせいこうさんの本。

植物と触れ合うのはよい。月並み言葉だが、癒される。

毎月ひどいPMDD(PMS精神症状が主のもの)が、今月はなんとほとんどなかった。

植物パワー、すごい。

昼間ベランダに出るから日光を浴びる。セロトニンどぱどぱ出てると思う。

次は何を植えよう。何と何で寄せ植えしよう。果物を食べた。さぁ、この種を蒔こう。

次々とやりたいことが出てくる。

洗濯物は乾燥機を使い浴室に干しているため、ずっと使ってなかったベランダ環境も整えられていく。

ベランダの分だって部屋の一部なのだから有効に使わないとね。と、またまた満足感。

みんな、植物はいいぞ。

2018-04-03

anond:20180403111857

お金もらって、ベビーシッターにしても、海外ほど整備されていないし、

海外普通シッター移民とか下層民だし(ハリウッドセレブ御用達カリスマシッターなんて人種庶民の手には届かない)

ベランダから落とされるリスク承知で使ってるんだよ。

anond:20180403102656

結論から言うと問題あると思う。

少子化拍車かかるし、社会問題として区に対する影響が大きすぎる。

 

3倍にすると払えない家庭が出てくる。

なので受益者負担として「一部」を負担する今の制度が良い。

ただ、上限を上げるのは賛成。

所得に応じて認可外と同じくらいの最大「15万~20万」程度にするのはありだと思う。

 

あと、補助金が多いというけど、たかが550億円くらいですよ?

はっきり言って他と比べても低い方です。

倍にするだけで、保育士全員の給料プラス5万できる。(つまり年収60万プラス

これでも相当改善されると思うけどね。今の年収平均が360万程度なので、420万くらい。

中小企業の中堅社員くらいの給料にはなる。

 

あと、保育園増やさないで、各家庭にお金配れとかありますが、

東京都とかで保育園やすのは難しいのはわかりますが、あまりに暴論です。

お金もらって、ベビーシッターにしても、海外ほど整備されていないし、

それこそ、老人ホーム殺人事件みたいにベランダから落とされかねないとかあると、相当怖い。

また、それこそ所得によって教育に差が幼児期から出始めるので、格差さらに広がるよ。

この案は今のままでは不十分と言わざるを得ない。

 

結局、酒とかたばことか嗜好品税金かけまくって補助金に回すとかしないとダメね。

2018-04-02

もうすぐ2歳になる息子、イヤイヤ期らしく気に入らないことがあるとすぐ「いらん」と言う。もともと癇癪は強い方だと思う。

用意した食事は「いらん」、おやつばかり欲しがり出せないと言うとまた「いらん」。だからあげないって言ってるのに。

最近ずっと「いらん」ばかり聞かされてこっちも頭がおかしくなりそう。もうおかしくなってるかも。普通テンションでいる(と自分では思ってる)ときも「いらん」を聞くと激高して怒鳴りつけてしまう。

昨日は食事拒否されたとき息子の頰を張ってしまった。寝る前に飲み物拒否されてベッドに投げ込んだ。

このままエスカレートしたら、近いうちベランダから息子を放り投げてしまいそう。その前に自分飛び降りた方がマシですね。

夫は家事育児も出来る範囲で最大限やってくれている。私が参っているとき仕事も休んでくれる。今日は年度始めだしさすがに休んでくれとは言えなかった。

周りはもう十分助けてくれている。私の育児キャパがあまりにも少ないだけなんだと思う。特別子供好きでもないのに、自分が一番可愛い人間なのになんで安易に生んでしまったんだろう。

息子は可愛い可愛いけど憎たらしい。可愛いけど、その可愛さで怒りを帳消しにはできない。この笑顔のために頑張れるとか言えない。

息子が機嫌よく過ごしている間は私も楽しく相手ができるけど、「いらん」が飛び出すとキチガイみたいに怒ってしまう。結局私は息子が自分の思い通りにならないから腹が立つんだ。こんな母親毎日キレられる息子がかわいそう。

疲れた。誰か私の怒鳴り声聞いて通報してくれないかな。もう死にたい

2018-03-27

anond:20180327205531

そうなんだ?チェックボックスは、タップで□から☑に出来るので、

☑窓閉め

ベランダ お風呂 居間

☑ガス元栓

☑室内プラグ

冷蔵庫のドア半開き確認

☑ドア施錠

郵便物確認

確認に出来るとは思うんだけど

それでもダメ???

2018-03-16

そこら中に死が転がっている

ベランダの片隅

地下鉄プラットホーム

オフィスにある椅子の上

日本では、平均して一日100人近くが自殺をしている

日々の生活では、自殺をする人間を目の当たりにすることは基本的にない

自ら命を絶つ人間は、多くが人目につかず死んでいく

街ですれ違う人々の一体どれほどが自殺願望を持っているのだろうか

人の心は目に見えない

SNSでは「死にたい」という言葉が溢れている

私は気づくと自殺意識している

仲間意識的に、そう思うことで救われる部分もある

死が蔓延しすぎている

簡単死にたいという願望を共有できてしま

死ぬのは勝手なのに、その衝動をわざわざ人に伝える

埃の積もった本棚の片隅にも、しばらく干していない布団にも、少し前に着なくなったコートポケットにも、死が存在しているように思えてしま

すぐに手に入れることができる距離存在しているように錯覚してしま

それを手に取るということを徐々に恐れなくなる

少しずつ手を伸ばして、あるときハッとして手を引っ込める

この行為を繰り返す

そのうちに、無意識のままにこの手で掴んでしまいたいと諦めに似た感情が沸き起こる

これまで幾つもの死を日常垣間見てきた

それに触れることを我慢して、生きてきた

触れたら全てが終わるから、今までを諦めることになるから

それでも、もう限界だと思ったら、きっと拾ってしま自分が確かに内在している

いつこの自分に体のコントロールを奪われて、その死を拾ってしまうのだろうか

気付いたら、その場に横たわっていて、全てから解放されていればいいのに

2018-03-10

anond:20180310151559

は?じゃあ家の壁にでも書いてろよトンチンカン野郎

汚いケツ穴にコケシ突っ込んでベランダで公開オナニーでもしてろカス

2018-03-09

anond:20180308221213

光に当てなきゃ(紫外線)いいだけなので、洗濯バサミ入れは、ベランダの竿に下げたままじゃなく、

室内に保管すれば、長持ちします。

2018-03-07

奥さんの洗濯

ベランダから上の階の奥さんの洗濯物落ちてきたんだけど届けないとだめ?

スカートなんだけど 履いちゃった

2018-03-04

その人の気持ちになってあげられなくて辛い

妻がお隣さんに対する苦情を行ってきた。

隣の庭と我が家のお風呂場が面しているため、相手の話声が丸聞こえなのだ

風呂というリラックス空間で落ち着いていられないという。

妻いわく、私ならお風呂に入っていることがわかったら、雨戸を閉めるけどなと。

いやいや、相手こそ、せっかく買った戸建てで、窓の開け閉めに対しとやかく言われたくないはずだ。

温泉にいって、部屋のベランダ風呂ゆっくりしてたら、隣の声が聴こえて、あたかも覗いているような気持ちと言えばわかるかもしれない。

ゆっくりしたいのに、これではかえって入らないほうが良い。実際、そういう瞬間に遭遇するとすぐに出てしまうという。

妻の実家は2階にお風呂があり、隣とも離れていたため、こういう経験はおそらくない。

まああまりあるのも困るが。

さてここで問題が発生する。

共感してくれない私に怒りが向かうのだ。

わたしはどうしてもそういう第三者的な言い方をしてしまい、よく妻の怒りを増長させる。

ただ、これはよくないと自分でもわかっている。

かつて私も、実家母親のことを話したら、同様の対応をされた。

妻が、母親敵対するほうに肩入れをするかのような発言をしたのだ。私もムッとした。

今回もこれと同じだろう。

から気持ちはわかるし、わたしも期待する反応ができなくていつも申し訳なくも思っている。

しかし、不自然になってしまううわべだけの対応逆効果だ。

考え方や気持ちまで寄り添えるようにするには、どうすればいいのか。

妻にとって辛いことは本当によくわかる。

私自身がなんともないことでも本人にとって大事であることは、たくさんある。

そして、その場でリアルタイムに伝えられない事象を伝えるもどかしさもわかる。

たぶん、子供いじめられてるとして、「お前にも非があるんじゃないか?」というようなものとも思う。

頭ではわかっている。

でも、同じ気持ちになって共感ができない自分

今回の件に限らず、たまにこういう事案が自分のまわりで起こる。

どう考えればいいのかな・・・

対応策があれば協力はするとはいうけれど、そういうことではないんだよな。

どうすればいいのかな・・・

単純に私が冷たいだけなのかもしれないけれど、だからそそういう性質も変えたほうが良いのだとは思うのだけど。

何か具体的にどういう考え方をすればいいのかな。

こういうふうに考えたら良かったよ、というヒントや事例があればどうか教えてほしいです。

2018-03-01

みなさま、よき感情を!

くぇぉぅぇぁぁ。ぼやける視界を押し広げると、月明かりでぼんやりと浮かび上がっている天井が見えた、夜らしい

左腕が疼く。見てみると、記憶にない無数の、正確に言うと17本の切り傷の上に固まった血がこびりついている。知覚が起動し始めるとこれまた記憶にない下腹部違和感が出てくる。前と後ろも

時刻は1時17分。外が暗いから午前なのだろう。空腹が胃壁に針を刺し始めてきたのでコンビニに行くことにする。月明かりを頼りに空っぽカップ麺と卵(卵?なぜここに卵があるのだ?)をどかし、(触感からおそらく)下着と(大きさからおそらく)ジーンズとなんかのTシャツを探り当てる。ちょっとしめってるけどまぁいいやと着、鏡を見ずに外へ出る

神僕と大森靖子が鳴り終わり、女王蜂が流れ始めるとセブンについた。塩おにぎり焼き鳥パック、セブンプレミアム担々麺いいちこをチョイス。空白に視線を落としながら佇む男の子レジを打ち、寝起きの女は代金を渡す。帰り道は時雨にした

電気ポットから熱湯を担々麺に注ぎ、3分後に液体スープ、塩おにぎりと串から外した焼き鳥を入れてかき混ぜると完全食の完成。グラスに注いだいいちこと一緒に

死生観の話。死、つまり無はこれまで自分にとってすぐ隣、すぐ裏、すぐ前、いつでも簡単に手にとって眺めることのできる位置にあるものであり、死と生という二つの選択肢のうち、生の方を偶然、たまたま、思いがけず、強制的に、否応無く、止むを得ずやっているという感覚と過ごしてきた。実際にやったことはないのではっきりとはいえないが恐らくやろうと思えば人を殺すことのできるタイプ人間であるし。実際にやったことはないのではっきりとはいえないがこの世界から居てもいなくても特に問題のない人間のうちの一人である

とにもかくにも、今は死の方に行ってみたい気分なのだ。ひっくり返してみたい気分なのだ。すぐそこにあり匂いただよう死へ

いいちこを飲み干し、窓を開け、ベランダ鉄格子を、8階の鉄格子を、一切の躊躇なく、流れるように、前からそうと決まっていたかのように飛び越え

7階 6階 5階 3階 ほら簡単

会社サボって京都に行った時の話

 

「どうして人って自分理解できないことに対して寛容になれないんだろうね」

会社をサボろうと思ったわけじゃなかった。今日だけは一人になりたいと思った。自分の割り振られている仕事はこっそりやっておくつもりだった。なんだけど、昼すぎには東京駅から広島行きの新幹線に乗っていた。大学生ときはこんな簡単に乗れなかったのに。少しだけ大人になった気がした。

なんで京都だったのだろう。多分、その意味無意識自分にはわかっていて、意識自分にはわかっていない。思えばいつもそうだ。いつも無意識自分は答えを出している。懐疑的な僕だけが無意識に出した答えを理解できずに苦しんでいる。無意識の僕は僕よりも僕のことを理解している。なんでなんだろう。僕はいつも僕に負けている。

京都についたらとりあえず清水寺に行こうとだけ決めていた。京都駅から歩くと30分以上かかってしまうけど、歩いていきたかった。ただ歩きたい時もある。その時はそういう気分だったのだ。

 

 

清水寺植民地なっちゃったよw」

タカは、「清水寺日本人全然いない」と驚いた様子の僕に向かってそう言った。京都についた時、一応連絡しておいたほうが良いだろうと思って連絡を入れたところ、

タカから「急にどうした?」と返信が来たので、「確かに急だったわ。なんか一人になりたくて」と言った。するとタカは何かを察したように

「19時から会おうよ。なんか食べたいものある?」と聞いてきた。僕が「お好み焼きもんじゃ」と注文したら、「もんじゃ東京食べ物からw」と笑われてしまった。

もんじゃ東京食べ物なのか。もんじゃとかお好み焼きとかはなんとなく関西発の食べ物イメージがある。本場のお好み焼きはやっぱり広島なのかな。よくわからないけど、関西に来たら食べるべきものってその辺なんだろうなって思っていたのに。

 

 

 

「よくわからんのだけど、多分おれ社会人向いてないわ」

タカは呆れた顔で「今更?」とだけ答えた。

「そんなことはわかっているんだけど、なんかほら、そういうことじゃなくてさ。向いていないことなんて百も承知だったよ。だけど自分はそれが自分課題だと思っていたから。克服すべきものだと思ってた。昔から社会性のなさで怒られてばっかりだったし、大学入ってからもそれは変わらず指摘を受けるばかりだったから」

「りゅーちゃんにそれは無理だと思ってたよw」

僕もそう思っていた。だけどそれでもきっと何かを変えるためには、多種多様な方々と協働することが求められるのだと。そう考えた時、社会性のなさは致命的だと思った。

・・・まぁ確かに、いまこうしてここにいる時点で克服できるとは言い難いね。笑 タカはどうなの?こうして今自分事業やってるわけだけど。俺と似たような課題感じていたわけでしょ?」

「もちろん全くできないよね。絶対無理!ってわかってたか半年で辞めるつもりだったしね〜。

 ただ私の場合成功体験があったからさ。大学時代に。それでイケる実感があったよね。まあ、最低限のお金さえ回っていれば潰れることはないしね。」

僕は店員さんが焼いてくれたお好み焼きに青のりをかけてからヘラで4等分にした。

絶対無理かあ。それ、いいね。俺も決め切れたら少しは楽だったのかもしれん。だけどやっぱ、難しいわ。」

タカは4等分にされたお好み焼きひとつ取って、息を吐いた。

「なにがあったの?」

 

 

 

お店を出てから、「これからどうするつもりなの?」と聞かれたので

漫画喫茶に泊まるつもりだよ。あ、それか温泉の付いているホテルとか、今から入れないかな?」と言った。

明日みんなで温泉いくよ。学生の子達連れて合宿すんのよ。宿泊費とか食事代とかはうちで持つからメンターやってくれない?明日には帰るつもりなんだっけ、帰るの明後日なっちゃうけど。」

温泉・・・宿泊費タダ・・・

すごい魅力的だった。でも急に押しかけてそこまでしてもらうのは申し訳ないと思ったので、

「いやさすがにおれなんかがメンターとか、大丈夫か?これ・・・なんかみんなきまずくしちゃいそう。。」気を遣ってみたのだが、

「なにさっきからうるさいわ!こういうのは流れで行くもんだろ!そういう旅なんじゃないの?今回は!」と怒られてしまった。

こんだけ勢いのある感じなら、確かにスパパーンと会社を辞めて事業を興すくらい容易いんだろうなと僕は思った。今日タカの家に居候させてもらうとして、合宿に参加させてもらうことにした。

 

 

自分のやりたいことを実現するためだったら、政治的な動きだっていやだと思うことないって言ってる人がいてね。その人の気持ちがよくわかる。今京都行政トップの人たちとお話する機会あるけど、そういう人たちの理解をいただくのとかって、自分事業のためだったら苦じゃないよ」

いつから僕は人から好かれることが苦手だと思うようになったのだろう。いつのまにか、目上の人はみんな自分のことをいけ好かないやつだと思っていて、余計なことを口走るくらいなら、会話せず穏便に済ますほうがいいと思うようになった。みんなから気に入られて、それでコトがうまく進むのなら、どんなに生きやすいだろうか。

自分は人からどう見られているかに対して無頓着なままだった。ものすごくくだらないことだと思っていたし、気にしても仕方がないに決まっていると思っていた。みんなが意識せずに行っていることを全くしてこなかったからか、まわりからどう思われているのかを意識することがまるでできないらしい。それに今だって、心底どうでもいいと思っている。自分価値を人に決めさせてしまって良いのだろうか。それは僕に対して最も無礼な態度に思う。

 

でも多分、こんな僕だけど目上の方々は僕が苦手だと思っているほどには僕のことを苦手としていないのだろう。きっと僕が歩み寄り方を知らないだけで。

 

 

 

嵐山から望む京都景色はとても奥ゆかしくて、いつまでも眺めていられた。奥嵐山にはちょっとした小屋があって、ベランダみたいなところから景観を味わうことができる。ボケーっとした顔で座布団の敷かれたベンチに座っていると、住職おっさんが僕の隣に座り、京都のことや奥嵐山のことについていろいろ教えてくれた。四条にある木造カフェブレンドウィスキーを入れて飲むとか、でもおっさんウィスキー水割りにしてそのまま飲むとか。ブラタモリで紹介されたとか、夏目漱石がここで昼寝して帰ったとか。14時になった時、僕の隣で法螺貝を吹いてくれた。宗派によって吹き方が違うらしいのだけど、どこがどう違うのかまではわかりそうになかった。

比叡山に行きたいの?今が一番のチャンスだね。本場の比叡山体験できますよ。」住職おっさんは言った。

「本場ですか?本場というと・・・

修行僧が登った比叡山だよ。2月寒いし、ロープウェイが動いていないからね。バスも出てるけど、歩いて登るんだ。修行になるよ。」

「それは過酷ですね・・・いまから行くと登り切れなさそう。」僕は残念に思った。

これは無意識の僕と意識の僕が対話をするための旅なのだからもっと旅らしいことをしていいのかなって思った。さすがに歩いて登るわけにもいかいから、ひとまず夜行バスの予約をして、そこから京都駅レンタカーを借りて比叡山を登ることにした。

 

 

「これからどうするつもりなの?」僕は言った。

比叡山の頂上から見える夕暮れの景色の美しさに言葉が出なかった。奈良まで続く京を一望できた。この景色がまさに権力象徴しているように感じた。僕はこの平地に思いを馳せた当時の人々のことを思った。ある人は太平を願い、ある人は戦乱を望んだ。比叡山を焼き討ちするくらいの器量は僕にはないだろうな。僕は彼の方がバグっていることに少しだけホッとした。「それよりはいくらか、だいぶマシだよな。」

京の反対側の景色も好んだ。どこまでも山脈の続くような予感が僕の想像世界を掻き立てた。さらにすぐそこに琵琶湖があって。つくづく京都はいいところだなって思った。この景色をいつでも見られるなんて。

これから東京に帰る。そう思った時、 タカの家のドアを開けた6階から景色を見て、「うわ、すごいねこれ、タカにとっては見慣れた景色かもしれないけど、俺にとってはすごい貴重なものだよ」と言ったことを思い出した。

タカは「知ってるよ」と満足げに笑った。


 

 

タカの部屋には今だに世界史教科書政治経済用語集が置いてあって、僕たちはそれを手にとって、

「うわあ、いまやったらすげえ理解できるのに。。東インド会社とかって、もう、そりゃそうするよね・・・

政治経済もやってたの?あれ、二次試験って、文系2科目? うわ、すごい、ケインズ説明。みてこれ。この一文にケインズ政策とその課題点書いちゃってるよ。」

と盛り上がっていた。

知らないものに対して関心を持つことは難しい。僕は勉強が苦手で、覚えなければならないことを覚えることができなかった。そんなことよりも日本史whyを解き明かして行くのが好きだったのだ。

「なぜこの絶望的な状況下で戦争に踏み切ったのか。教科書では陸軍の勢いって書いてあるけど、それだけで本当に説明つくのかな?」

いまだからわかることが受験時の記憶から解き明かされるのが面白いアームストロング砲を答えとして書かせる大学があって、当時は「なんだこの重箱クソ問題」と思っていたが、その答えを書かせることで戊辰戦争真意を解き明かすきっかけになっていることに後から気づくことがあるといったように。

無駄ものっていうのは実はそんなにないのかもしれない。

それを解釈活用する力がないだけで。

 

 

 

国際会館駅からバスで30分ほどの旅館から帰ってきた時、

改札前で「これからどうするつもりなの?」とタカは言った。

「ん〜どうしようかな。帰りのバスまでフラフラしたいな」

「いや、そっちじゃなくて。辞めちゃいなよ。リクルート

彼女は僕よりも僕が今一番欲しい言葉を知っている。

 

 

2018-02-28

公式地雷を初めて踏んでしまった件

「みんな『公式地雷』とか軽々しくいって、ちょっとなにかあれば大騒ぎするけどさ、なら見なければいいじゃん?」とか、どっか上から諸々の騒動を見下していた自分をしばき倒したい。公式地雷やばいダメージ尋常じゃない。

大好きなコンテンツで、これだけ多大なる被害を受けたのは、生まれて初めてだ。

私が踏んだ地雷は、アイドリッシュセブン、3部19章だ。

読んでる間は、目まぐるしい展開をそれなりに楽しんでいたのだが、読み終わってから1時間悶々と悩んだ挙句アイドリッシュセブン公式アカウントフォローを初めて外した。ツイッター2ch感想をひたすらサーチしながら食べていたお菓子の味が思い出せない。アプリアンインストールする勇気が出ない自分が憎い。スマホの容量も増えて一挙両得だというのに。

ここからは内容についてメタクソ文句を言ってやりたいところなのだが、正直悪いところばかりでもなかった。

今までの亀の歩みが嘘のようなスピーディで波乱万丈の展開は読み応えがあったし、一番良かったのは今回明らかになった悪役の動機だ。

「そんなことで?」というくだらないものではあるのだが、しかアイドル好きであればあるほど、彼を責められなくなる。一生懸命作ったうちわ推しに見向きもされなかったら誰だって悲しい。子供っぽくて身勝手で、でも共感せずにはいられない、この動機付けはただただ素晴らしいと思った。

あ、デイブレもありがとうございます

はい、ここから地雷解体作業に入ります

●主要キャラが殺されそうになってる

アイドルの1人が、怖い人複数に押さえつけられてお酒たくさん飲まされて泥酔状態にされてベランダから突き落とされようとしています

多分助かる(というか助からなかったら伝説になっていい)でしょうが、ここで次回配信に続く…なので助かるかは来月にならないとわかりません。ふざけんじゃねぇ(ただの本音

とうの昔にアイナナ(※3部)はアイドルゲーじゃねぇ夢も希望もない昼ドラゲーだと割り切ってる人間なんで、まあ殺人未遂自体ギリギリまだ許せる範疇…と書こうとしたがやっぱ無理!! なんでアイドルが殺されかけるとこ見なきゃいけないんだ!?

ともあれ、やばいと思ったのは殺人未遂自体ではなく、その手口。やるならやるでもう少し馬鹿馬鹿しいというか、ベタ漫画みたいな手口にして欲しかった。全年齢のゲームで、こんな現実社会で使われててもおかしくない嫌にリアルな手口見せないで欲しい。

私は彼が推しというわけではないんですが、それでもシナリオの都合でこんなアングラ手段で痛めつけられる彼を見るとすごく胸が痛いです。助かっても普通にトラウマもんだろこんなの。これを推しがやられてたら流石にアンインストールしてたと思う。

しかし彼の場合キャラスタンスは崩れていないというか、性格理念はぶれていないのでまだましだと思う。

●主要キャラメンタルがやられる

キャラの1人は、よくわからんうちにトラウマスイッチさくっと押された結果、2次元世界から帰ってこれなくなってカウンセリング(割とガチ)を受けていました。

もう発言現実世界患者のもので全く笑えない。3部初期の大和はいかにフィクション病み(中二とも言う)だったのでまだ受け入れやすかったのだが、こっちはリアル患者感が全面的に押し出されてるのが無理。というかいから大和カウンセリングプロになったんだよ?! 「相手妄想否定せず受け入れ、かつその妄想に乗っかって自分意見も伝える」ってかなりの高等技術じゃないか!? というかそういうことされると余計に患者感増すからやめてもらえる!?

●一部と比べてみんなキャラがひどい

とりあえず今回無理!と思ったのは、七瀬さんを掌握する気満々の一織。

いや陸はお前のものじゃねぇよ?? というか君の仕事は陸を操って最高のアイドルにすることじゃないから。君だってアイドルグループの一員だから。陸さんに拘う暇があったら自分を磨いてほしいよ君のファンだっているんだろう?? というか他のメンバーのことはどうでもいいの??

今の彼がヤバイ状態だ、というのはストーリー内で示唆されてるんで、まあ敢えてこんな書き方をしてるんでしょうが、正直一部のときの一織くんを返して欲しい。

可愛いもの好きだけど隠してクールぶってて、でも隠しきれずにぽろっと出ちゃう詰めの甘いところがあって、ミューフェスではメンバーに気を配りすぎるあまりじぶんが失敗してしまって落ち込んでしまう脆い部分もあるけれど、いつも冷静な視点からアイナナを支えてくれる、そんなアイナナメンバーの一員として輝いていた一織くんはどこにいってしまったんだろう。

一織くんだけじゃない。3部に入ってからキャラクターたちは、みていられない。

壮五に会場確保をさせるため、親と和解させようとする龍ノ介の、「壮五のために言ってるんだ」という口ぶりが嫌だった。自分たちの都合のために壮五を利用するだけでなく、いかにも綺麗な言葉で壮五を操ろうとするのが我慢ならなかった。

壮五からお金を受け取るときの、トリガーの態度はあまりに軽すぎないか? 他事務所後輩に金の工面に会場確保までさせておいて頭の1つも下げられないの?

時には納得できない事務所のやり方に従いながら、それでも自分理念を持って堂々と仕事をしていた一部のときトリガーだったら、果たしてこんなことをするだろうか?

一部には出てないがリヴァーレ危機管理能力のなさもやばい。一流アイドルならほいほい一人でうろうろして危険に巻き込まれないで欲しい。自分になにかあったときに周りがどれだけの損害を被るかわかってやってんだろうか。

シナリオのせいで、好きだったキャラたちがどんどんおかしくなって、理解できないいきものに成り下がっていくのが、ただただ悲しい。



私の推し複数いるのだが、幸いまだ誰も、百やナギや一織が受けたような致命傷は受けていない。

が、このままだと、いつ推しが、彼らと同じように、シナリオに踊らされ悲惨な状況に陥るかわからない。

そう思うと怖いし、一部の素晴らしさを自ら壊していく公式に、怒りしか湧かない。

ちょうど今は、アニメで一部の内容をやっている。

改めて見てみると、ご都合主義だなあ、とか、無理矢理な展開だなあ、と思うところもあるけれど、アイナナメンバーが一生懸命仕事をしていたり、交流を深めていく姿を見ていると、やはり一部はよかったなあ、と思う。

一部の彼らは、アイドルになる、という目標に向かって、キラキラしていた。

でも、三部の彼らは、どこに向かっているのか、どうなりたいのか、さっぱりわからない。公式が彼らをどうしていきたいのかも、全く見えてこない。

また落ち着いたら考えが変わるかもしれないが、いまはしばらく、アイナナから離れたいと思っている。

公式にはただただ、あなたたちが作り上げたキャラクターたちを、彼らの理念や優しさや強さを、大切にしてくれることを願いたい。

冬なのに両隣の風鈴がうるさい

2月の風の強い日なのに風鈴の音が聞こえてはらわたが煮えくり返る。

右隣は縁側に、左隣は玄関風鈴をそれぞれ2つづつつけている。それもこの時期に、だ。

そもそも風鈴は風が弱い夏の昼間に楽しむものである

秋も冬も春ものべつ幕なく風鈴の音を聞かされたら気が狂いそうになる。

また、風鈴を楽しむには以下のマナーを守るべきである

 

これらのマナーを守らない風鈴愛好家のせいで、最早風鈴バカ発見器に成り下がった感が強い。

風鈴をつけっぱなしの家を見ると「あの家の人たちはかわいそうな人しかいないんだな」と憐憫まなざしを向けてしまう。

近隣住民上記マナーを守っている愛好家はたまったものではないが。

ついでにウィンドベルとかは屋外で絶対に使うな。伝統でも何でもないし他人迷惑しかならないぞ。

ニートになったら肩こりなおったからもう働きたくない

就職活動失敗!!!!!

仕方がないかスーパーパートタイム!!!!時給悪くない!!!!週休完全二日!!!!!!!!有給とれる!!!!!!!!!!!人も悪くない!!!!!!

ぜんぜん動いてなったか半年で10kg痩せられた!!!!!!!!!!!!ズボンユルッユル!!!!!

「もう少し痩せたらはこう……」って無駄においてたズボンマジではけた!!!!!!

いままでしまむらスマイルランドしか買えなかったズボン!!!!!GUのでことたりるようになった!!!!!!

サビカンやってみないってさそわれた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!みとめられた!!!!!!!!!!!!うれしい!!!!!!!!!!!!!!!

失敗はたくさんした!!!!!!!!でも人が嫌がることもひきうけてイエスマン!!!!口癖はがんばります!!!!!やってみます!!!!!!ここがわからないのでおしえてください!!!!!!!!簡単なことでもぜんぶメモ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

パートさんたちはやさしくって、かわいがってもらえるようになった!!!!!!!!!!!

学生バイトさんにもがんばって丁寧に接したらいろんなこと聞いてくれるようになった!!!!他の人に言いづらい事を聞いたりしてくれる!!!!!本当にいい人ばっかり!!!!!

仕事はできないけど人あたりの良さだけには気を付けた!!!!!!!!!

めちゃくちゃいい人ばっかりだったからすごくこんきよくおしえてくれて!!!!!!!!!フォローもたくさんしてもらって!!!!!!時間はかかるけどできる事もふえた!!!!!!人の・・・・・・・・・・・半分以下のスピード・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

年上の後輩のパートお姉さん入社!!!!!!!!!!!!!!!!!

メッチャ明るい!!!!!!!いい人!!!!!!!しごとすごいできる!!!!!!!!!!!!美人!!!!!!!!!!!!

時間帯がいっしょだからのしっぱいのしりぬぐいをしてくれるすごいかわいそうなひと!!!!!!!!!!!!

まえまえからきがついてたけど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・わたしやっぱりこのしごと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・むいてない・・・・・・・・・・・・・・

いやこの時だけじゃなくてもう研修札とれてから三日に一回くらい落ち込んでたけど、仕事ができずに人に迷惑をかけてばかりで本当にただ閉店までそこにいることだけが価値だったしたぶんこれならほかのデキる大学生さんをサビカンにあげた方が効率がいい

私は給料泥棒しかない

そもそも・・・・・・・・・・・・・・・・・あまり能力値が低いがために・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・働く事に向いていない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

びっくりした・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・元々容量は死ぬほど悪いし頭も悪いしルックスは道端のゲロだし秀でてる事はないひとつないとは自覚していたけど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

想定していたのの百倍くらい使えない人間だった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そもそもなんで働いているかと言うと・・・・・・・・・・・・・・・オタクなので・・・・・・・・・・・・・・オタクとしての活動費がほしかたか・・・・・・・・・・・・・・・

それだけで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・何がやりたいとかはなくて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いや本当にびっくりするほどそれだけのために働いていたので・・・・・・・・・・・・・親に迷惑をかけないためとか・・・・・・そういう頭もなく・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ただ・・・・・・・・・・・・自分の娯楽のために・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人に迷惑をかけて

親のすねをかじって

ただ自分の娯楽のためだけに給料を稼いでいる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

死にたすぎる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・いや、これは死なないと、今死なないと、これ以上自分のために人に迷惑をかけつづけるの・・・・・・・・・・あまり・・・・・・・・・・・ゲロ・・・・・・・・・・・・・・・

産んだ親が本当にかわいそうだった

私を雇う会社があまりに哀れだった

死ぬのは怖いし、まだ読みたいマンガも見たいアニメもやりたいゲームもあったけど死にたくはなかったけどいやマジで・・・・・・・・・・・・・これ・・・・・・・・・・・・死なないとだめだ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これ以上生きてたらだめだ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・間違いなく一生このまま・・・・・・・・・・・

人に迷惑をかけて・・・・・・・・・・・一生・・・・・・・・・・・・

よっしゃ~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!死のう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

おっ!!!!!!!!!!!!この寝ながら首つりするってやつ!!!!!!!!!!!!!!!!!!楽やってかいとるわ!!!!!!!!!!!!!

めしたろ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ヨイショッと!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・いやびっくりするほど苦しくて怖かった・・・・・・・・・・・・

いやこれ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・無理やろ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

意気地なしのおいどんに自死という高潔な死に方は無理でごわした・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやあまりに怖かったけどそれ以来ずっとベランダ洗濯干してたらそこから飛び降りたら死ねるなぁとか湯船にもぐって遊んでたらここで水のんでったら死ねるなとか

仕事ミスって休憩時間非常階段いちばん上の人がこないところでベソかきながら、この階段の隙間から飛んだら死ねるなとか

電車乗る時にホームでああ飛び込んだら高速で車のってたらこの扉開けて飛びおりたらとか

もうずっ~~~~~~~~~~~~~~~~~~とこうしたら死ぬなって死ねるな

って考えてそのたびに怖い~~~~~~~~~~~~~死にたくない~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

エンドレス!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

朝起きるたびに足ひょこひょこしてしまうくらいカカトが痛い

肩が痛いのにひっぱられてずっとうっすら頭痛がする

帰ってきたら腕が上がらなくて服を脱ぐのも痛くて声がでるくらいド肩凝り

三日に一回夜中に自分の腿を力いっぱい殴って戒めて

死ぬ気はないけど枕カバーで力いっぱい自分の首をしめたらちょっと許されるような気になって

というのを二年続けたら急に毎日夕方くらいから38°いくかいかないかの熱を出すようになって

病院いって検査もしたけどつきとめられなくて、とりあえずで出された薬飲んでたら胃をこわしてご飯が食べられなくなって二週間で八キロやせて自分で引いた 普段どれだけ物たべてたの

エコー血液検査でガンかもわからん ってことでやっと大きい病院にたどりついたら検査入院をすすめられて

それまでの間は一回もう帰り、と言ってもらった時以外は休みもかえずそれどころか風邪をひいた人のかわりもするくらいの勢いで普通に働いていたので

もういいか、と思って検査入院させてもらうことにした

検体とる手術麻酔あんまきかなくてチョー痛かった

原因不明の長い名前病気で死なない事はわかったのでほっとした

抜糸から療養期間として何日までは安静にしてねって言われたけど、その間に福利厚生の切り替わりがあったから顔をだした

この日あなたが出ないとこの人が7連勤になると言われたので普通に出た

そうしたらお母さんにそこやめた方がいいって言われたので

そういえばまだ熱出るしなぁと思ってやめた

やめたらびっくりした

肩凝りが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・消えた

もちろん頭痛もしない

足が痛くない

腰もなおった

友達と遊びに行ける

イベントに行ける

ソシャゲイベントを走れる

風邪をひいたら寝ていられる

まりハッピーじゃん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやでもこれ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・貯金がつきたら終わるんだけど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

別に裕福な家じゃないからどうにかして働かないといけないわけで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

貯金尽きたらしのっかな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやでも今人生があまりに楽しくて 死にたくはないので

でもまた人に通常人他人にかける迷惑の百倍くらいの迷惑をかけないと働けないわけで

いや無理でしょ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・いやほんとうにどうしよう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宝くじ当たらないかなぁ。

思考停止

まじで死ぬ以外に道がない

働きたくない!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

お母さんごめんなさいあなたの娘はこんなゴミカスに育ちました

親孝行できない上に死んでご迷惑を軽減する事もできなさそうです

本当にごめんなさい

一応働きたくないけど働かないこともないので

から私が働く先の場所の人ごめんなさい

本当に生きていてごめんなさい

死ねる心の準備ができるまで勇気が出るまで待ってください

死にたくないよ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!オッピロピロピ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

約束のネバーランドめっちゃおもしろ~~~~~~~~~~~~~~~~い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

2018-02-26

怖い

うつを患った時から常に自分の中にある希死念慮と付き合ってきた

社会復帰してから最近までは大抵「疲れた」くらいの感覚だったんだけど、最近また生きていくことがとても辛くて、急にベランダに出て本当にここから飛び降りたらどうなるかとか想像をしてみたり、どうやったら楽に消えられるかとかを考えるようになってきた

でもそういう時もちゃんと冷静で、今死んだら仕事回らなくなるなとか、後に控えてる案件どうなるかなとか、残された人は苦しむだろうなとか、そもそもこの高さじゃ死ねないし骨折大怪我程度で痛いだろうなとかひとしきり考えて泣きながら部屋に戻るのを繰り返してる

さっき自殺未遂ブログを読んでみたら案の定すごく痛そうで悲しくなった

自分は痛いのを我慢できるほど死にたいわけじゃなくて甘えてるだけだと改めて理解する

でもじゃあこの死にたい気持ちはどこへぶつければいいのか、これからもどう付き合って行けばいいのかわからない

毎日泣くことに疲れた

から落ち込みやす性格なのもあって、これが再発なのかどうかもわからないし、薬は副作用が辛かったのでまた飲みたいと思えず病院に行くのを躊躇ってる

なかなか人に言えることではないからここに書くしかない

ここに吐き出すと少しだけ気が楽になるんだけど、根本的な解決には至らない

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん