「入店」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 入店とは

2018-06-15

anond:20180615234321

ジョナサンいいわけ

車いす入店可」は一人だけ(介助ナシ)のケース想定してるから

増田が介助で付いてくなら

路面店なら入れるケース多いと思うぞ

最寄りの何件かに聞いてみ

2018-06-13

ホストクラブに通うのをやめた話

1年近くホストクラブに通っていた。

歌舞伎町マイナー店。

担当ナンバー上位の幹部だった。

月に遣ってたのは20ちょっと

スクラじゃゴミみたいに安い金額だ。

お金を遣うのが絶対正義世界

そんな世界お金を出せない私は、担当にとって都合のいい便利な客にならなければ客にも見られないと思っていた。

わがまま文句を言ったら嫌われる。

お金を払った上でイヤなことがあっても我慢をするなんて、はたから見たら頭がおかしいと思われるかもしれない。しかし、ホスクラでそれも細客担当を好きになるというのは、こういうものなんだと思っていた。

はい人間は強欲な生き物だ。

いい子を演じれば演じるほど不満や文句が生まれてくるのは当たり前のことである

ある日、担当に珍しくシャンパンを煽られた。私のお気に入りヘルプバースデーが近いから前祝いをしてほしいとのこと。もちろんいつもお世話になっているからと鴨を発揮し、月に遣っている総額を1日で遣った。

その日は入店した時間も遅く、担当が卓に着いていたのは実質1時間もなかった。たまにはこんな日があってもいいかと思っていたが、店を出ると速攻でタクシーにぶち込まれた。見返りなんて求めてはいけないと思いつつもさすがにこれには悲しくなった。

お金を遣ったのに満たされない日の帰り道ほど虚しさに襲われる日はない。

あれ、私今日全然酔ってもないし担当感謝されてるわけでもないし、何のために店に行って何のためにシャンパン卸したんだろう?今日ほんとに楽しかったっけ?

こんなことを思っても数日したら担当に呼ばれてまた店に行ってしまう。

そしてまた雑に扱われて落ち込んでそれでも好きだから店には行ってしまうの無限ループ

自分でも好きとか依存とか執着とかお金とか営業とかよくわからなくなってきていた。

そんな時、担当ポロっと言った言葉

「そういえば俺、お前が怒ったとこ見たことないよな〜〜」

担当何の気なしに言ったと思うが、この時の私には刺さりすぎる言葉だった。

呼ばれた時はできる限りお店に行った。

苦手なヘルプの前でもニコニコ笑って担当が卓にいなくても楽しいふりをした。

連絡が雑でも、約束を守ってくれなくても、誕生日を祝ってくれなくても、担当負担にならないよう文句ひとつわずに平気なふりをした。

からといって何を感謝をされるわけでもなく、呼べば来るくらいのちょろい客にしか思われてなくてもそれでいいやと思っていた。

お金を遣えない細客わがままなんて言っちゃいけない。見返りなんて求めちゃいけない。そう思って店に通ってた私のちっちゃいちっちゃいこの頑張りってなんだったんだろう。

なんにも伝わってないじゃん。

なにこれ虚しい虚しい虚しい虚しい。

別にこんなこと思いたくもなかったし感じたくもなかった。こんな風に自滅なんてしていきたくなかった。でももう考え出したら止まらなかったし止められなかった。

私にとっては精一杯の好きと誠意を表したお金担当にとってはきっとしょぼいお金しか思われてなくて、どんな気持ちで遣ってきたかなんて全くもって考えてもいないんだろうなって。

自分は客で担当にとっては所詮お金しかないってこと、ホスクラに通ってる女の子はそんなの最初からみんな分かってます

からこそ、楽しく通ってるうちはせめて店にいる時くらいは、そんなこと思わせないでほしかった。少しくらい必要とされたり大切にされてるかもって勘違いをして、つまらない日常現実逃避をしていたかった。勝手担当を好きでい続けたかった。

きっとこれをホス狂や担当狂いの女の子たちが読んだら、細客が何言ってるんだよって鼻で笑われたのち、勘違いしてんじゃねぇよと私は叩かれまくることでしょう。

お金を遣うのが絶対正義世界

担当の為に人生捨てて風俗1本になる勇気もなければ、見返りを求めないこともできなくなった私の負けです。そして私をこんな気持ちにさせて離れることを選ばせた担当もっと負け。

と思っていたけど、担当は私がいなくなっても別に困ることなんて何もないし、代わりの女の子なんていくらでもいるから全く負けてなんていなかった件。

あー、ただただ虚しい。

2018-06-09

国で商品を選ぶやつ

◯◯産は選ばない、嫌いという人

食品はもちろん衣服に関しても国産のほうが珍しいですしスマホ家電海外産は多くなってきました。

大手ブランドでも生産国が◯◯だったなんてことよくあります

機械部品に関してもそうですよね。例えば有機ELテレビパネル国産ではありません。

突き詰めれば知らず知らずのうちに自身の嫌いな国の製品を使ってることがあります

話はそれますワタミも一時期従業員自殺問題になり業績が低下しましたが

店名を変え業績が回復していますワタミと知らず入店している方も多いと思います

そして飲食店でもメニュー食材がどこ産かいちいち気にしている人も少ないとはずです。

何がいいたかと言うと、あまり固執しすぎたり特定の国の商品を買わない人に限ってその国の商品(パーツ含め)

が手元にあるったり嫌いな飲食店へ行っていたりする。ダサいなと思いました。

2018-06-08

anond:20180608084104

滞在された方からは“あの説明必要ものだった”と言われるんですけどね・・・」というのがオーナーの答え。

しかに低評価をつけたコメントをよく読むと、入店前の説明段階で帰ってしまっている人が大多数だ。

中に入ればこんなに素晴らしい店なのに、もったいないのではないだろうか?

「悪い印象を持たれてしまうのは覚悟していますしかし、それでも説明をきちんと理解し、

実践していただけるかどうかを見極めるために、あえてそうしている部分があります

もしそれに従っていただけずに、猫スタッフたちが人間お客様嫌悪感を抱くようになってしまったら・・・この信頼関係が崩れてしまますから

説明必要だけど、「帰ってくれても良いんですよ!?」と言うのはどうかと思う。

しかも結局「すみません」って謝るの待ちだろ?最悪だな。

2018-06-06

アラサー喪女ブラジリアンワックスをする

誰にも言えないじゃないですか。

昨日ブラジリアンワックスしてきたなんて。

今下の毛無いんだよ~なんて仲の良い友人にも言えない。

でも誰かにこの感想を聞いてほしいので、ここに書くね。

そもそも彼氏もいないアラサー喪女がなんでブラジリアンワックスをしたかなんだけど、

ストッキングの中に下の毛が入っちゃってるの見ちゃったら不安になるよね。

それから毎日ストッキング履くときに念入りにチェックしているんだけど、

いっそのこと無くしちゃったほうが早くないか?ってなって、

速攻ホットペッパービューティ職場の近くのサロンを予約。

当日、

ブラジリアンワックス 痛い

ブラジリアンワックス 血が出る

ブラジリアンワックス 体験レポ

とか死ぬほど検索しまくり、予約取り消そうか悩んだけど 

二十歳のとき脇を地元美容皮膚科医療脱毛をしているので痛いのは我慢できるし、

プロにやってもらうし、死ぬわけではないと腹をくくって入店

お店のお姉さん、死ぬほど可愛い

え、私この人の前で股開くの?って思ったら恥ずかしくて死にそうになった。

施術方法説明カウンセリングしてもらって、夏なんで全部いっちゃいましょうってなって施術開始。

恥ずかしかったの 最初3分くらいだけだよね。

施術が始まっちゃえば、そんなの考えていられなくらい衝撃で思考回路が止まる。

痛かったかって言えば痛かったけど、私的には脇の医療脱毛のほうがしんどかった。

脇のとき脇をデコピンされている感じですって言われたんだけど、

実際には脇に針刺されているんじゃないかっていうほど痛かったんだけど、

今回はベリベリって剥がすから痛いにきまってるし、局部から衝撃も強いんだけと、爽快感はんぱねぇ…

Vはそこまで痛くなくて

Iは我慢できる痛み&衝撃がすごい

Oは全く痛くない

なんかこれちょっとハマるかも

って思いました。

大体一時間半くらいで終わったんだけど、なんかめっちゃ軽い。

赤みがすごいから見た目ものすごく痛々しいんだけど、爽快感やばい

家帰ってトイレ行っていつもどおりにウォシュレットしたら、

めっちゃ痛くて、今まで毛で守られていたんだなって思ったよ。

まだ赤み引いてないし、違和感すごいけど、

やろうか迷っている人がいるなら、

絶対にやったほうがいい!!!

汚い話だし、ぐだぐだ長くなってしまって申し訳ない。

2018-05-23

父は72歳の5歳児になった

父が認知症になったのは3年前のことだ。悪化したのが2年前の夏で、そこから2年で要介護認定を受けた。70歳台前半でこの状態というのは平均よりも早く、進行も速いらしい。

2018年になり、私は実家に戻ることになった。親と同居するのは10年ぶりになる。認知症になってからの父と暮らすのは初めてだ。帰省で2、3日いるのとはわけが違う。

母は介護家事仕事疲弊していた。介護士の人に母の外出中だけ父を見てもらっているが、彼らのいない朝や夜ほどやることは多い。私も仕事があるので、母のいない日中カバーすることはできない。ワンオペから脱しただけでも御の字と母は言うが、どこまで力になれているかは疑問だ。

父は家族に対しては何処までも優しく、一度も怒鳴ることも手をあげることもなく、料理日曜大工植物の世話が好きで、グルメワイン好きで、読書家で博識で、母が昔病気をした時は付きっきりで看病したり家事をこなす、こうやって並べるとちょっと信じられないくらい良き家庭人であり、知識人だった。それは今も変わらない。ただ本が読めなくなり、包丁が持てなくなり、服に頓着しなくなり、会話が成り立たなくなり、自分で服を着たり用を足したり風呂に入ったりできなくなった。前半は習慣から消え去り、後半は母が介助している。

認知症タンパク質が変質し、脳が萎縮していく病気だ。萎縮する箇所や速度は人それぞれで、予測することはできない。萎縮による記憶能力の衰退も、人格活動の変化も顕出するまで分からない。もちろん治療法もない。ただ、いくつかの傾向はあるらしい。父の場合は次の2つが表れた。ひとつめは一日に独自ルーティーンを作ること、ふたつめは何に対しても否定から入り、気難しくなったことだ。どちらも典型的認知症の症状だ。

父は毎日カフェに朝食を買いに行く。毎日同じものを頼むが、ストローをもらえなかったり店員の態度が気に食わないと不機嫌になり、店に迷惑をかけたこともあるそうだ。だが母が一緒に行くとそういうことはないという。

父は毎日、昼食を同じ店に食べに行く。時計の進みが正確に把握できないので、毎日開店前に行っては入店を断られ、やはり不機嫌になって帰ってくる。でもしばらくするとそれを忘れてまた足を向け、食べて帰ってくる。

父は毎日ケーブルテレビを見ている。大好きな洋ドラはおとなしく見ているが、CMに入ったり日本ドラマに切り替わると文句を言いはじめる。でもお手洗いに行っている間に録画しておいた洋ドラに変えておけば、けろりとそれを見ている。

父は白身の刺身を食べなくなった。鯛やかんぱちという魚が分からいからだ。風呂にひとりで入れなくなったのは身体を洗う順番が分からいから。文字は読めるが新しい知識は入らない。郵便受け手紙を取りに行くことは覚えているが、その後どうすれば分からいからその場で捨ててしまう。食後には皿を片付けてくれるが、洗うことを忘れているのでそのまま戸棚にしまおうとする。

ルーティーンはある日突然変わったり、じわじわ増えたり減ったりする。そのタイミングは本人にも家族にも、医者にも分からない。毎日の観察が大切だが、一日中目を離さずにいるのは難しい。

父は会話というものが分からなくなった。人の話を遮って喋り出す。それを諌めても、話題を変えようと質問しても自分の話をやめない。記憶に残っていることを喋るから話題はいつも同じだ。機嫌のいい時は相手の話を聞いたり、上手くやりとりが進むこともあるが、都合が悪くなるとおどけて誤魔化そうとする。何故かアイシタインの変顔の真似をするのだ。その無邪気な笑顔を見て、私は父が72歳の5歳児になったのだと思った。自我はあるが社会生活を営むには不十分で、言葉の力無自覚で、物事因果感情の律し方も分からず、大人監視と補助が必要な5歳児。それが私が今一緒に住んでいる、大好きな大好きな父だ。

実際の5歳児と違うのは、これから先、父が成長することはないということ。代わりに72年分の(穴抜けになった)記憶を抱えているが、その記憶も徐々に失われ、人格は変わり、最後には脳が不随意筋の動かし方を忘れて死ぬ認知症とはそういう病気だ。

父が私を覚えているうちに、また一緒に暮らせて良かったと思う。

20歳貧困女子大生リアルを教える

受かりそうな国公立大学を選んで、隣の県へ進学した。中国地方田舎だ。

家賃は3万5000円。高校生の頃にお母さんと下見に行って「安くて大学に近いからここにしなさい」と決められた。

入居してみると壁が薄くて、隣の部屋に住んでる男の子ギターの音がやかましい。

だけど夜23時以降は静かだし、友達もいなそうだから許してる。

高校生の時は、何となく弁護士になりたかった。ガッキーの出てたドラマの影響である

本当は法学部に行きたかったけど、学力が足らなくて文学部に入った。

4月に「とりあえず友達」になった女の子に誘われて入ったサークルは、6月には行かなくなった。

実家から仕送りゼロ。だけど学費は全額払ってくれる。

家賃光熱費通信費も親がカードで払ってくれる。

あとはバイトで余裕だと思ってたけど、意外とキツイ。まず高校生の頃よりお金がかかる。

服も買わないといけないし、大学の付き合いもある。

大学に入ってすぐ、何となく居酒屋アルバイトを始めた。

店長が厳しいし、シフト週6で入れられるし、辛くて6月に辞めた。

時給が高さにつられて始めた学習塾アルバイトは、週2なので何とか1年続いている。

クラウドワークス登録して、くだらないネットニュースを書く在宅ワーク半年以上している。

何のやりがいもないので、適当にやってる。5記事書いて3000円。安い。

高校時代からずっとやってるブログ広告を貼るようになり、最近ようやく月3000~5000円(笑)稼げるようになった。

バイト代と在宅ワークを合わせて月6万。授業がない春休み夏休み日雇いをやって稼ぐ。

ギリギリだけど、これ以上バイトするのは無理。しんどい。授業だって真面目に出てる。

楽して稼ぎたいと思い、友達に誘われてキャバクラ体験入店に行ってみたけど、体験入店で1日だけ働いて断った。

塾のバイトは楽しくなってきた。ボランティアフリースクールの子どもに勉強も教えている。

親には「学校先生になったら?」って言われるけど、あんなに忙しくてストレスのかかる仕事はないと思う。

自分時間がないのは耐えられない。会社正社員会社で働くのも大変そうだ。

卒業したら非正規雇用で塾かデイサービスで働きつつ、自宅で副業をしたら生活できるんじゃないかと思ってる。

この計画を親に話したら、呆れられた。

休日ブログ書いたり、Twitterやったり、5ちゃんに書き込んだり、youtube観たり、AbemaTVを観たり、はてな匿名読んだり、Amazonプライムを観たり、ヤフコメ喧嘩したり、図書館で借りた本を読んだり、スピッツCDを聴きながら家事をしてすごす(料理は嫌い)

お金はほしいけど、しんどい思いして働きたくないし、それなら自由時間があって節約生活する方がマシだし、だけどやっぱりお金はほしい。

もしお金持ちになったら、まずコンタクトレンズをワンデイにしたいし、激安スーパーの割引の総菜じゃなくてデパートの総菜が食べたいし、冬でもスイカとかイチゴを買って食べたい。あと追い炊きができる浴槽のついたマンションに住みたい。

2018-05-20

スタバってめっちゃうめぇ

人生27年目にして初めてスターバックスコーヒー入店して、コーヒー飲んでみたんだけどさ、めっちゃうめぇな。

昔読んだ「日常」の影響で遠ざけていたんだけど、ふと思い立って予習のうえ、ドリップコーヒーの“トール”を頼んだ。

苦いの嫌いだから普段ブラックは飲まないので、砂糖ミルクがほしかったが、どこで入手するかよく分からなかったのでそのまま飲んだんだけど、ブラックでもすごくおいしい。

本当のコーヒーってこういう味がするんだって実感した。

缶コーヒーとは全く違う。これから缶コーヒーなんて飲めないな。

刺青を入れてる人間公園に入らないで欲しい

よくプール温泉では、刺青のある人間入店禁止してるでしょ?

今、子供を連れて大きめの公園に来ているんだが、子供が多く遊ぶ公園で、Tシャツで腕の刺青をむき出しにしてる人間がいると、なんでこんなのが公共の場にいることが許されるんだろうと腹が立つ。

ワンポイントタトゥーじゃないよ。手首までビッシリと入れ墨だよ。Tシャツから丸見えなわけよ。どう考えてもカタギじゃないでしょ。ただ、そういうのが子連れだったりするので切なくもなる。

しかし、かかわると面倒なことを起きそうな気がしてならない。

ということで、申し訳ないがプール入浴施設と同じように公園などの公共施設も、刺青保有者の入場は禁止してほしい。暴力団対策法などを使ってうまく出来ないものかな。

追記

文化的タトゥーと、暴力団刺青をどう区別するかってのは難しいか現実的には無理なんだろうけどね。

今日見かけたのはどう見ても暴力団風だったので、ああいう感じの人が公共の場で堂々と刺青を見せびらかしてるのがなんだかなーと思ったので増田投稿してみた。

本来つけるべきタイトルは「刺青をひけらかすような暴力団構成員公園に入らないでほしい」だったのかな。

2018-05-17

差別定義をなんとかしろ

特定カテゴリに実害を与える言動差別とか大雑把なくくりでテキトーな事言うな

その定義じゃ障碍者が「城にエレベーターを付けろ」と言ったら景観予算増という実害与えてるから障碍者差別者になるだろ

言い出しっぺだから定義を以下に記す

差別

実害を被る『行動』や『仕組み』の事

憲法禁止されている

女性専用車両レディース割引女性のみ入店が許されていることから、他の実害を避けるために設けられた行動や仕組みは『例外的に』ここに含まれない

差別扇動

差別を引き起こす目的大衆に呼びかける事

ヘイトスピーチはここに含まれ

差別を引き起こす目的かどうかの判断が難しい事と、表現の自由の兼ね合いで、法律禁止されている国も禁止されていない国もある

差別表現差別言動

差別を引き起こす事が目的ではない表現言動

発言者創作者の差別感情が表に出しているまたは出てしまう事

表現の自由のため、他の実害が生じる根拠が無ければ法規制はあり得ない

ただし企業著名人が行った場合過激批判非難も仕方ないという世論となっている

法規制が難しいのでポリティカル・コレクトネスという概念排除運動が起こっている

差別感情

誰もが持っている特定カテゴリ人間の実害を望む感情

内心の自由によって当然認められている

ただし、それが差別であることを自覚し、恥ずべきことだと感じることが社会的に求められている

表に出すと差別表現差別言動となり、同調する者同士が集まれ差別扇動に発展する恐れがある

それを防ぐために必要なことは多様性を受け入れ、許容すること、そして相互に話し合う事である

誰もが差別を引き起こす当事者になる可能性があることを受け入れ、驕らずに相互理解を深めていく必要がある

2018-05-14

地方デリを呼ぶときの注意点

東京住み 30台後半 男 独身

地方風俗旅行に行って、デリを呼ぶときに毎回同じ失敗をしちゃってるから

ここにメモっておく

いつも上記の事を忘れて、東京に戻ってきて後悔するので

旅行前に絶対読み返そっと

2018-05-13

からバーは原則男性専用または女性専用店舗として営業するようにして

男女混合の場所風俗店と同じような扱いにして入店して酔ったらヤラれても文句言うなって感じにすればいいんじゃないですか

酔わせてチンポ入れるのがダメなんだったらバーとか男女ペア入店禁止法律義務付けないとダメなんじゃないですか?そこまで考えてる?

2018-04-28

anond:20180427190022

だがちょっと待って欲しい。入室(入店)した時点で一定合意があったとは見なされないのだろうか?

実際、「いきなり」と言いながらも、店名によって入室(入店)前に「いきなりステーキを出しますよ」と予告しているので、

予告せずに「いきなりキス」、とは異なり違法性は阻却されるのではなかろうか。

2018-04-26

anond:20180426081855

増田連呼する「キモい差別」が具体的にどういう差別内容なのかキモくない人間にはわからいから教えてくれ。

入店断られたりすんの?

2018-04-25

過呼吸

その日僕は、様子見のために会社が新しく立ち上げたバルに立ち寄った。

オープン前のまだ穏やかな時間

いつものようにSが近寄ってくる。

彼とは新規事業部に移る前からの付き合だ。

新しく入店した2名の女性スタッフを紹介したいのだという。

1名はすでに履歴書確認していたのでなんとなく人物像を描けていたのだが、もうひとりを見て口から心臓が飛び出そうになった。

Kと名乗るその女性は、僕がまだこの会社ペーペーだった頃に猛烈な恋心をいだいたZに生き写しのようだったのだ。

少し鼻にかかる声、長い手足を更に大げさに振り回すようなリアクション、育ちの良さから来るであろう無自覚に人を見下ろすような言葉選び、そして時折、吸い込まれそうなほど大きな瞳で時が止まったかのようにこちらをじっと見つめてくる癖までも、何もかもが同じだった。

しかし、いくら生き写しのようだとしても初対面の見ず知らずの女性だ。

準備運動もなしに階段を一気に駆け上がったかのような鼓動をさとられないように冷静に挨拶を交わす。

ただ、そうやって話せば話すほど、彼女は隅々までもZと同じだということがわかった。

あれから15年が経とうというのに、まさかこんなに胸が苦しい思いをすることになるとは思いもよらなかった。

そんな時唐突に、Sからそろそろねぎらい食事に連れて行って欲しいと提案を受ける。

この男は全く無神経なところがあるが、今日に限ってはその無神経さが染みるほどにありがたく感じた。

「それならば今日の閉店後はどうか。たまたま予定が空いている。」

そういうとSは早速その場にいる人間に予定の確認を行い、かくして閉店後、すぐ近くにある居酒屋テーブルを囲うことになった。

はすむかいの、Kとの視線が直接交わらない位置に座ると、僕は周囲にさとられないように改めて彼女を観察した。

Zの娘なのではないかと疑わなかったわけでもないが、聞けば23歳だというKの年齢を考えるとそれはあり得なかった。

15年前、Zはまだ19歳でしかなかったのだから

僕を含め、まだあってから日も浅いであろうバル従業員たちに対しても、Kは喜怒哀楽を隠すことなく誰にでも等身大ストレートに交わっていた。

世間に出たての、恐れることも疑うことも知らなかったZと同じ、見ている人間をどこか心配にさせるほどの天真爛漫さに、もう若くないはずの自分の胸の奥にある甘酸っぱい感情が刺激されるのがわかった。

こちらが感傷に浸っていると、Sがこそこそと耳打ちをしてきた。

聞けばキャバクラに行きたいのだが一緒にどうかということらしい。

ある種悶々とした気持ちを引きずったまま妻子の待つ家に帰るのも気が引けると小声で承諾すると、Sは唐突に皆に向かって叫んだ。

「お前ら!次はキャバクラ行くぞ!」

よせばよかったという後悔と、別に自分がそういうところに出入りすることをKに知られたから何になるのかという自問自答に挟まれながらふと顔をあげると、なぜかKは目を輝かせながらSを見て「わたしも行きたい!」と言い放った。

Sは当然のようにそれを受け入れると、Kに加えてもうひとりの新人と、店長であるDを含めた5人でキャバクラに行くことが決まった。

すでに終電も終わっている。ここかはらタクシーに乗らなくてはキャバクラに行くことは出来ない。

Sと新人女性2名、自分店長に分かれて2台で2つ隣の駅までタクシーを走らせる。

タクシーから出ると、Sはなれた様子で客引きに声をかけて早々と値段交渉を始める。

それを待っている間の悪さをさとられないように、残りのメンバーとは当たり障りのない仕事の話を交わす。

いよいよ交渉が成立し、客引きに連れられて店へと入ろうとすると、Sがニヤニヤとしながらこちらに近づいてきた。

「値切って安くさせたのでよろしくおねがいしますね!彼女らも喜んでましたよ!」

こやつ、女性の手前断れないだろうと支払いをこちらに押し付けようとしてきたらしい。

酔いも手伝ってか、この一言で完全に頭に血が上った。

「ふざけるな!どうしてお前はいつもそうなんだ!自分根性見直してこい!」

自分もいつもなら社長が一緒でなければこういった場所はいかない。

お金が勿体無いという以上にそれほど興味がないし、社長と一緒にいく理由も、社長は男同士が腹を割って話すのに必要儀式だと譲らないからだ。

居酒屋で耳打ちしてきたときから、Sは全てを計算の上だったのだろう。

しかし、Sは怒鳴られて悪びれるどころか横目でこちらを一瞥して舌打ちをしただけでその場を去っていってしまった。

怒りにまかせて身を翻し駅前タクシー乗り場へと向かうが様々に渦巻く感情を引きずったまま家に帰る気にはなれずに、しかたなく気持ちが収まるまで立ち飲み屋で過ごすことにした。

Kに対して下心がなかったわけでもなく、見栄を張りたい気持ちがなかったわけでもない。

それをSに見透かされたような気がして、そんな自分に一番に腹が立ったのだ。

それがわかると今度は心底情けくなってしまった。

このままではどちらにしても家族に合わせる顔はない。

唐突孤独感に襲われると、そこから逃れるように8年前に別れたHを携帯電話アドレス帳から探し出して呼び出しをタップした。

である理由はなかったのだが、Hなら電話に出てくれそうな気がしたのだ。

しばらくの呼び出しの後、「どうしたの?」と訝しげな様子のHの声が聞こえてきた。

「すまない。特別理由があるわけではないのだけど、ただ、少し声が聞きたくなって。」

沈黙の後、彼女の口から出てきた言葉は意外なものだった。

「今から来る?」

Hとの付き合いは僕から一方的音信不通になって終わった。

色々とこうでなくてはいけないと押し付けてくる彼女が面倒くさくなったのだ。

何となく彼女もそれに気づいていたのだろう、数回の着信を最後に、一切の連絡はなくなった。

その後半年もせずに僕は、親同士の知り合いによる紹介でお見合い結婚をした。

仲人の方が二人をよく見てくれていたのか、お見合いから早々に意気投合し、半年で挙式、そこからちょうど11ヶ月で長男が生まれた。

結婚生活には満足している。

それまで見ず知らずだった僕に、妻は本当に良くしてくれている。

ただ、2人目の娘が生まれて4年。その妊娠以降、セックスはない。

お酒のせいで冷静な判断が出来なかったのかもしれない。

「30分あれば着きます。」

それだけいって電話を切った。

Hは8年前と同じ様子で僕を迎え入れてくれた。

相変わらず僕の服装や行動一つ一つに、こうでなくてはいけないと色々と注文をしてくる。

今なら笑って受け流せるが、これも半月も持たないだろうと心のどこかで考える。

テーブルをはさんで、何も生み出さない会話と発泡酒けがいたずらに消費されていった。

気がつくと時計は3時を過ぎようとしていた。

何も連絡をしないままでは妻に怪しまれる。

携帯電話を取り出すと、メールをうち始めた。

申し訳ない。少し飲みすぎてしまった。朝までSの家で休んでから帰ります。”

「誰にメールですか?」

Hの問に「あぁ、妻に。」とだけ答える。

Hも「そう。」とだけ答える。

しばらくの沈黙唐突に震える携帯電話。妻からの返信だった。

「わかりました。お気をつけて。子供の出番までには間に合うと、きっと喜びます。」

メッセージと一緒に、体操服を着た長男写真が送られてきた。

忘れていた。明日子供運動会だったではないか

子供の屈託のない笑顔に、急に冷水を頭からかけらたかのようにはっとする。

自分は今どこにいて、今まで何をしてきて、これから何をしようとしているのだ。

猛烈な後悔が押し寄せる。

涙で目の前はかすみアルコールを多分に含んだ血液は音を立てんばかりの勢いで回り始める。

周囲の音は一切が聞こえなくなり、ただただ息が苦しくなる。

いくら息を吸っても苦しさは増すばかりで、体内のありとあらゆるものが溢れ出ようと小さな口へと殺到してくるのがわかった。

身体の内部から気管が塞がれもう吐くことも吸うこともできない。

シャツの上から胸元をひっかきながら床に倒れ込む。

ここで死んでいく理由をHは妻にどのように説明するのだろう。

今日、僕がたどった道のりを妻はSからどのように聞かされるのだろう。

にゆときさえも後悔で終わっていく自分人生に、薄れゆく意識はどうしようもない情けなさと悲しさで滲むように満たされていくばかりだった。

ふと枕から顔をあげると、先程の息苦しさが嘘のように新鮮な空気身体へと流れ込んできた。

肩で呼吸をしながら逸る心臓が収まるのを待つ。

涙で目の周りがぐしゃぐしゃになっているのがわかった。

音色の違う穏やかな寝息が耳に聞こえてくる。

カーテンから差し込む光が、まだ夜が明けたてだということを教えてくれる。

僕は一度死ぬことが出来た。

後悔のない人生の終わりはきっとないだろう。しかし、家族をいたずらに悲しませることは避けることができるかもしれない。

まずはこのぐしゃぐしゃの顔をさっぱりと改めようと、寝室の扉を音を立てないように静かに閉じた。

2018-04-23

定年、入店ニンジャタートルズ

わっかるかなー?

わっかんねぇだろーなー

2018-04-22

1万4千円

酒に飲まれた夜は人肌が恋しくなる。

酔いに任せて入店したオールハンドプライベートメンズエステサロンで、シャワーを浴びた私は、控えめな紙パンツを履いてうつぶせになる。

ショートヘアの彼女は私の両足をフェザータッチくすぐりながら、メンズエステなんて存在を知らなかったけど、友達に誘われて働きはじめたんです。

最初風俗じゃないの?なんて思っていたけど、ぜんぜんそんな変なものではなかったですね!たまに勘違いしてらっしゃるお客さんもいるけど。と笑う。

いちいち彼女の話に相槌をうってあげていると、次第に眠っていた理性も目を覚ましてくる。

わざとらしく配置された鏡越しに彼女の太ももが目に入る。ミニスカートの中に短パンを履いている。

仰向けになり、足の付け根の、神経が1本も通っていないところを丹念に撫でられているうち、ゲームセットホイッスルが鳴り響く。

紙パンツゴミ箱に入れてシャワーを浴び、愛想笑いもうまくできぬまま店を後にする。

酒に飲まれた夜は塩分が恋しくなる。

帰り道、テイクアウトした牛丼は380円だった。

2018-04-18

anond:20180418230733

女性がそういう接客をする」ことが明示、もしくは書いてなくてもそういう店と知っていて当然な状況だと、

その店に入店した上でそういうことをされたってのは、訴えるのはちと厳しいんでないか

増田が嫌がってるのに無理にそういう店に連れて行った上司の方は、訴える対象になるかもしれない

2018-04-16

ホストわたし

たった今、ホストわたし恋愛(笑)が終了した。なぜ恋愛(笑)なのかというと、わたしはこれを恋愛だと思っていたけど、向こうはきっと、っていうか絶対そう思っていないから。

今年の冬、わたしは友人と2人でホストクラブに出向いた。これが初めてのホストクラブだった。初めてのホストクラブはキラキラしていて、外のごった返した汚い風景の街とは全然違う異世界みたいだったのをよく覚えている。暗いのにギラギラしている店内に、イケメンがたくさんいて、そのイケメンたちが入れ替わり立ち替わり自分の横に来て話をしてくれたり、チヤホヤしてくれる。たったそれだけなのにめちゃくちゃ楽しかった。

わたしはその入れ替わり立ち替わり自分の横にくるホストの中で1人気に入った人がいた。彼は入ったばかりの新人で、他のホスト自分のことを話したり、わたし達の話を聞く中、彼だけはなぜか店の料金システムについて詳しく丁寧に教えてくれたので変に印象に残っていた。

最後、初回のお客さんは店を出るときに見送ってもらうホスト指名できるのだが、わたしは迷わずその変なホストを選んだ。

初回客から見送り指名を貰うのは入店して初めてだと嬉しそうにしてくれた彼の顔を忘れられない。

見送りときLINEを交換したのだが、交換したその日の深夜に電話がかかってきた。明日来れる?という営業電話だった。初回のお客さんは翌日来店すると通常メニューより安く利用できるからとのことだった。安く利用できるなら…と翌日わたしノコノコと2回目の来店を果たしたのであった。

2回目の来店から1ヶ月ほど、わたしと彼はずっとLINEでやりとりを続けていた。ほぼ毎晩通話をしていたし、LINEも途切れたことがなかったくらい。営業をかけられることもなかったし、わたし自身店に出向いてもいなかったので、正直、少しだけ特別扱いを受けてる気がしていた。

連絡を取り続けて1ヶ月、彼と遊ぶ約束をした。営業前に数時間だけ会おうと言われ、店に行くわけでもないならいいかなと思い、わたしはその誘いに乗ったのであった。夕方より少し早い時間に待ち合わせをし、カラオケへ行った。そこでキスをされた。されたというか、した。

そこから少しずつ今までと違うようになってきた。

向こうから好きと言われるようになり、かなり奥まった話しをされるようになった。店の定休日には数時間ほど電話した。地元の話、今までの恋愛について、本名まで彼は教えてくれた。「君にだけ話せることなだけど…」という前置き付きで。

わたしはそういう話を聞いたり、そういう扱いを受けて、「自分はほかのお客さんとは違う」と浮かれてしまったし、勘違いしてしまったのである

ひとつだけ言っておきたいのだが、100パーセント彼を信用しきっていたわけではない。元々過去恋愛から男性に対して不信感を拭い切れない性格だったので、いくらホストに甘い言葉を言われたり、特別扱いを受けていても、心のどこかで「きっとそういう営業なんだろうな」と冷めた見方はあった。

店外で会うこと3回目、彼と一線を越えてしまう。

好きと言われ、優しく抱かれて、どう考えてもあの時間幸せのものだった。

自分を安売りしたくないから、客とは絶対に寝ない」と事前に彼から聞いていた。

から自分は客として見られていない、ちゃんと1人の女の子として見られているのだと思ってしまった。そういう営業なのかも…という疑心感もあったけど、彼の言葉を信用しきってしまいたい気持ちもあった。

やめとけばいいのに、わたしは彼に交際をそれとなく迫ってしまった。

ふわふわとした曖昧関係は甘くて美味しいけど、わたしは彼とちゃんとしたお付き合いをしたかった。一線を越えてしまたからには彼女というポジションがほしくなってしまったのである。重たくてめんどくさい女なので、都合の良い女にだけはなりたくなかった。

彼は真摯な態度でわたしにこう言った。

「付き合う彼女には絶対結婚意識する。自分は2年でホストを辞めるつもりでいるから、それまでは彼女に支えてもらいたい。2年でホストを辞めてその彼女結婚したら、自分が全部面倒を見るから彼女には家庭に入ってもらおうと思ってる。だから2年間彼女にはホストとしての自分も支えてもらう。高いお酒を卸してもらわなくてもいいから、最低でも週3で店に来てもらいたい。」

ここでやっとわたしは、自分も鴨の一匹だったのだと気づいたのである

彼のいうことが都合良すぎて、聞いてる最中馬鹿馬鹿しくなってきた。

わたし普通大学生で、これからもそれを変えるつもりがない。20歳そこらの自分が、2年間、もしかしたらそれ以上長くなるかもしれない期間、彼に貴重な若い時間を都合良く搾取されるのはもったいないし、嫌だと思った。彼がホストを辞めたあと、わたしと本当に結婚してくれる確証なんてどこにもない。なんの保証もないまま自分のこれから人生を投げるには、わたしはまだ若すぎる。

そう考えると、ついさっきまで彼にあった好意が少しずつ冷めていくのを感じた。

ここまでがついさっきあった話。

負け犬の遠吠えみたいなことを言うが、彼のことを信用しきっていなかったおかげで、わたしは彼のことを本気で好きじゃなかった。人生を捧げられるほど好きになれなかった。初めて自分男性に対する不信感に感謝。これがなかったらわたしは彼のことを丸々信用して、鴨として若い時間搾取され消費されていたかもしれないと思うとゾッとする。

でも、本気じゃなかったにしろ、わたしは彼のことが少なくともちょっとは好きだった。好きだったから抱かれたし、勘違いもしたし、浮かれた。

向こうはわたしことなんて好きじゃなかったんだろうけど、少しの間 楽しい時間ありがとうあなたとはもう会うのも、連絡をとるのも、やめます

恋愛(笑)ごっこ、楽しかったです。本当に。

毎日LINEしてくれて、通話もしてくれて、本当にありがとう恋愛から遠ざかってずいぶんご無沙汰だったから、それすらも本当に嬉しかったんです。わたしは。

今までありがとうさようなら

2018-04-15

anond:20180415001405

俺が入店する前から皿にはもう何も乗ってないんだけど

ちゃんと追記しとくわ

なぜ大学生は松のやで長居するのか?

今日の昼間に久々にU田の松のやに入ったんだけど、

なんでU田の松のやのテーブル席にはいつも食い終わったのに長居する大学生が常備されているの?

(何故か誤解されたので追記するけど、俺が入店した時点で学生たちは食事し終わってます!)

俺が入ってきた時点で食い終わってるし、俺が食い終わって店出るまで居座ってる。

談笑を楽しむために喫茶店に入る金がないなら最初からとんかつ屋でなくもっと安いうどんでも啜ってると思うんだけど、

なぜか彼らは毎回とんかつ食ってるし、長居してる。

 

全国の松のやのテーブル席で同じ現象が起きているのか、

U田の松のや限定なのか知らないけど、

数か月に1回しか利用しないのに毎回長居大学生が常備されている以上、

俺だけが疑問に思っているのかもしれないと思い日記に書いてみた。

とんかつ食い終わったら30分くらい席に座るのがマナーだったとしたら俺は今までマナー違反を犯していたのかもしれない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん