「自殺未遂」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自殺未遂とは

2019-04-15

祝辞批判に思うこと

現役東大生だが〜

という匿名を見たので、それを見て思ったことをつらつらと書く。

自分は残念ながら統計学が大の苦手で、自研究の解析も 本とにらめっこしながらしているような人間なのでご容赦していただきたい。

さて、あの匿名を見て単純に「そうなんだけどそうじゃないなあ」と頭の弱そうな感想が浮かんでしまった。頭がそんなによろしくないので仕方ない。所詮日本大学にいる人間だ。

あの匿名は「ハイ論破wwww」みを感じてしまって苦手だった。書いたのは男性なのだろうか。女性でもなんでもいいが、少し威圧感がありすぎる。はてな匿名なのでそんなもんだろうけど。そしてあれは祝辞スピーチであって論文発表ではないので、論破する場面ではないと思ったのだが、如何だろうか。

「突然男子学生/女子学生を画一化したな。性差別って知ってるか?」という文が何気に一番きつかった。全ての文の冒頭に「例外はありますが」「多くの」「ある」とついていれば満足したのだろうか。それは果たしてスピーチなのか、ぼくにはわからない。

…というか、「性別で画一化するのは性差別だ」と分かっているらしいのが、より惜しい感を醸し出している。その通りなのだ性別で画一化して踏みつけられているか女性は怒っているのでなかろうか。女というだけで「どうせ結婚するんだから、まあ短大でもでておけばいい」と言われたり、「女だから東大なんか行ったら、男が捕まえられない」なんて言われたりするのだ。

あのはてなを書いた人は性差別認識しているのだろうか。多分頭では認識してるけど、どこか違う国の話くらいに思ってるんだろうなと思った。「そんな現実味のない話を、ガバガバ論理でするなよ」みたいな?

でも多くの、そう「多くの」「その場にいた女子学生」には現実だったかもしれない。そして、その場にいなかった多くの女性に刺さった。

ガバガバ論理大衆に刺さった場合学者はその原因を考える必要がある。少なくとも自分の界隈ではそうだ。「そんな非科学的なことを!何故だ…ああこういう不安があるのが原因なのかもしれない…それを否定するにはどうアプローチすべきか」(例を出すならばワクチン否定派だったり)

上野氏の祝辞否定した彼、もしくは彼女は、「なぜあんガバガバ論理賞賛するのか。馬鹿め。自分説明してやる。」と思っているのか?と感じてしまった。そのつもりはないかもしれないが。ぼくは「素人の抱える不安が例え科学的ではなくても、不安に寄り添う必要がある」と学んできたので、あのはてな違和感を感じたのかもしれない。ああ、何となくモヤモヤが無くなった。自分とはスタンスが大きく違ったんだな。

ぼくは田舎で育ったが、一応受験業界の人なら知っているレベルのそこそこ進学校に通った。そこに性差別が大きく存在していたかと聞かれれば、恐らくそれほど酷くなかった、と答える。少なくともぼくは「女の子短大に行けばいい」なんて言われなかった。まあ短大に行く人間が1人もいなかったとも言うが。成績がそんなによろしくない層でも有名私立と言われるところには行った、そんな学校にいた。

学校という面だけで見れば、あまり女子差別を受けなかった。だが話はそれだけではない。家族、親戚。やつらは大きな問題だった。

女の子からそんなに勉強頑張らなくてもいいんじゃない?」「お医者さんと結婚すればいいのよ」

ーうん、結婚する気はないし、自分がやりたいことで生きていくから

男の子は体力があるからいつか抜かされる」

ーおん?今は私が一位だけど?素直に良かったねの言葉だけでええねん、要らんこと言うな

自分で言うのもアレだが、底辺高卒しかいない家系の中では信じられないほど頭が良かったので、「あなたは頭がいいか勉強しなさい」と言われることは多かった。でもそれは自分イレギュラーな知能を持っていたからだと思う。

それほど頭の良くない従姉妹に、ぼくの親戚がかける言葉は冷たい。「弟は集中力あるのに、姉は…(実際そんなに変わらない)」「姉の方は頭が悪い(実際ry)」「弟の方は大切な跡取りさんだから」など言って、弟には勉強支援をするが明らかに姉には支援が薄いということが起きている。ぼくからしたらどちらも同じ頭の具合だが。大体「弟は跡取りだから勉強させるけど、姉は結婚して出ていくから」をこの平成も終わる年に聞くと思ってなかった。実際ぼくは聞いてしまったのだ、自分の耳で、自分家族から発される学問における女子差別言葉を。

「○○(従姉妹の弟)は勉強用にタブレット貰ってるの、いいなあ。」と言いながら小さいスマホ必死映像授業を見る従姉妹を知ってしまった。

それに「女の子は小さい頃から可愛い』を求められて生きる。(中略)学歴がいいことを女の子は隠そうとする」というような、完全に意訳なのだけど、そんな文があったと思うのだけど、あれが刺さった友人は多くいた。傷つけられないように、バカな女のふりをする女友達を知っている。

あの祝辞はとても意味があったと思う。こうやって、「学歴性別」について立ち止まって考えさせてくれたから。

恐らく平均よりは恵まれ環境で育った人間として、ぼくは恵まれなかった人間を助けられたら、と思う。その代わりぼくより恵まれ人間がぼくを助けることもあるだろう。それでいいと思う。偽善だと言う人もいるかもしれないが、悪より偽善の方がマシなこともあるだろうと思うので。

ああ、あと突っ込みたい点がたくさん出てきてしまった。ぼくはれっきとした毒親育ちで、親も自分自殺未遂したことがあるような家で育ったけど、親の「教育に金を惜しまない」という点では環境感謝してるよ。受験期に何万回も思ったけどなぁ、「これで教育にも金を出さな人間だったら、ぼくはもう既に自殺してただろうな」って。親には感謝してないけど、親の出してくれた金には感謝してる。そういうことだと思うけど。

あと「頑張れない人がいます」に対して「だから?」はアホすぎる。これは声を大にしていうけどアホ。せめて「怠慢だと思うけど」くらいにしてほしい。

あとブラックホール研究しても恵まれない人の役に立たないってのは、ブラックホール研究してる人にも失礼ではないかね。そら、恵まれない人のためにやってる学問と違うけど、生活に困窮している人に直接的に役に立たないというだけだろ。「研究ができるほど恵まれ環境にいない、ブラックホールに興味のある人」にとっちゃ知的欲求を満たすのに役に立つのでは。

あと「弱者弱者のまま尊重されるのがフェミニズム」に対して「東大生弱者なのか強者なのかどっちだよ」は、普通に文章読めない人になっちゃってるじゃん。最後までがんばって。「東大生環境や才能という意味で多くの人間より恵まれています。ですが人にはそれぞれ弱点があります。」という意味であって、最後に誤解されがちなフェミニズム説明しただけじゃない?

この批判だけはマジで理解できなかったんだけどどういうこと?書いた人は、人間には多面性があるということをご存知でない?ある面では強者であっても、ある面では弱者であるということが分かっていればこんな頓珍漢なことは言わないと思うんだが…ちょっとこれは分からなかった。

おわり

2019-04-14

蟻になる病

うつ病と診断されていくら経ったろうか、もうパッと答えられるほど最近ではない。確か思春期外来にかかって、そこでうつだ、と言われた。恋愛部活で悩んでいた中学校の私は、はっきりと、そこでうつと言われた。今ではそれしか覚えていない。その後、自分に都合のいい親は私をクリニックから引き離した。我が息子がうつであるはずがない、こんなに他人とも関わるのが好きで(好きではなかったが彼らにはそう映ったらしい)そして何より明るい人が、そんな病気にかかる訳がないと。当時、文字を読むのとかがそれほど嫌いではなかった私は必死自分の病について調べた。どんな人がなりやすいのか、どういう治療法があるのか、こんな体験談があるのか、僕は果たして治るだろうか―――そうでもしていないと、冷たい彼女のこと、部活で受けるいびりを思い出してしまうからだ。頭を動かして、紙に文字を書いていれば少なくともそちらには気を取られなくて済む、そう思った私はひたすらに本とにらめっこをしていた。ただ、それでも原因から離れられない日々は間違いなく僕をおかしくしていた。親は投薬も、休学も認めなかった。それも嫌だったが、留意点として教師など、知るべき人にも僕が鬱である由は伝えられなかった。ただ、それでも僕は死んでいない。これは僕が死んでいないかうつでも平気だよ!なんていう詭弁を書きたかったものではなく、うつというのは周りの人も協力してあげないと決して治らなくなるものだ、と言いたいために書いていることは了承しておいていただきたい。それでも常に自殺脳裏に浮かんでいる。従来の自殺は美しくない、死ぬとき牡丹のようにぼとりと落ちて死にたいと思っているだけで、もしそのように死ねものがあれば、直ちに使ってしまうかもしれない。

これを何故書いているかというと、とうとう投薬が終わったからだ。それは僕が良化傾向にあるからではない。むしろ真逆の、薬が効かないという事態になったからだ。長期間渡り抗うつ薬を処方されていた僕は、親に隠れてでもこっそり飲んではいた。でも、原因が近くにありすぎること、またその環境から経済的にも、精神的にも自立して逃げ出せないことでその場しのぎの安楽剤にしかなっていなかった。まぁ、首を吊りそうになったときとか、割と助かりはした。でもとうとう、それも効かなくなりつつあった。この間自殺未遂まで行ったからだ。早期に発見されてしまったので、今も意識清明思考の混濁もない。(無いと言ったら嘘になるかもしれないが)

から、今もこうして文字を打っている。

こうしてみると、仏教説話蜘蛛の糸だとか、信じる者は救われる系の話にすがりたくもなってきた。それでもダメものダメだった。ただひたすら鬱屈とした自分が襲いかかってきて、たちまち意識占拠されてしまう。毎日この繰り返して、今僕は一番勉強すべき時期に差し掛かっているのだが、一向に進まない。それに受験のことを考えてもダメになる。いっそ考えるのをやめたいとずっと思っている。脳が腐ってしまえばいいのに。臓器カードは準備できているのに。

今の自分を一度自分から離れてみると、子供ときに見た蟻地獄にハマる蟻を思い出す。藻掻いて藻掻いて、砂がじわじわと迫ってくる。はてには埋もれて死んでしまう。色んな人に言われる。うつ知識がないような人から毎日をより良くしようとは思わないの?とか苦しいのを楽に変えたくないの?とか。そんな元気があればとうに打つ手は打っている。それができたらこうはなっていない。もう何をしようが、どう動こうがこのまま砂の渦の底に追いやられるのは自明で、それが早くなるか遅くなるかの差でしかない。こう思って、毎日蟻になってしまった僕は暮らしている。

2019-04-10

息するのも辛いけど死ぬ努力もできなかった

いまの自分の心境はタイトルの通り。

鬱で休職して、元の会社復職したけど

会社に行くための努力毎日しないと会社に行けない。

フリーランス自営業になりたいとぼんやり思ってたけど、下記の記事見て諦めた。

廃人一直線に突き進んでしまいそう。

https://note.mu/xwa/n/n7296fe38d13c

死ぬ努力したこともあるけど、

失敗したら身体的なハンデも負うかも、という恐怖に打ち勝てず、

結果的自殺未遂は起こさなかった。

結果的には、自分が何をしたいかさえ分からなくなってきた。

どうしたら良いんだろうなー。

2019-04-09

anond:20190408223726

時間無駄とかおせっかいと言われると悲しいよなぁ。

おせっかいなんだろうけど。

一人一人持ちつ持たれつ助け助けられつつ生きれる社会が好き。

増田もなんか助けられますように。

以下推敲してないまとまりのない駄文

参考になるかわからん自分語りする。

ネットで知り合った女の子がいて、小学生の頃から引きこもり高校いかず、母もキャバで働いた後クビになってヤクザに金借りて取り立てられている最悪の状況だった。

ヤクザとの縁はなんとか切ってもらい(はずだけどなんかその後も一回は家にあげて飯囲んでたみたいちくしょう)、今は母の彼氏さんに養ってもらってるという状況で、でも頻繁に母は喧嘩していて母は時々自殺未遂している、家庭環境としてはかなり厳しい育ちの中の引きこもりの子だった。

娘はほぼ消極的ネグレクトといえるのか、適当お金を与えられて飯を自分で買って食べさせる、夜中にいきなり起こして酒の卓を囲むという、まぁ学校行ける環境にはないなというところだった。

環境に流されるまま、動かないことで苦難が去るのを待つ、でも欲には流される我慢のできない臆病な子に育っていた。でも根は優しい。

福祉たるもの行政に任せっきりにするのはこういうケースを救い上げられないと思うので、知り合ったからには何かしら最低限の幸福寄与する水準まで助けたいという思いから、この娘さんの将来を案じて、娘さんの訓練を考えた。

職業訓練とそれをしっかり受けられるように、最低限の生活環境を手に入れるための生活保護申請を将来できるようになってほしいから、役所でのやりとりができるレベルになることを目標に、何かしらの目的に対して頑張ってもらえるような練習をしてもらおうとした。

ヤクザからの手切れのために資金的な援助をしたのをきっかけに、それをお金を貸したことにして(3万だけ)、それを返してもらおうというやりとりである

お金を稼がなきゃいけないだとか、目的のために何ができるだろう何をしなきゃいけないだろう、相手がどんな思いをするだろうというのを考えるきっかけにしてもらいつつ、貸してる側の自分が多くのマネジメントして相手さんのプライドやら重圧やらを無くしつつ目的らしいものにしてもらおうとした。

結果としてはうまくいかなかった。

来月1万返すと言ったができなかった時、でもバイト探してみたんだと言ってたら、探そうとしてくれたのかありがとうすごい頑張ってるえらいと褒めまくって、なんとか1ステップ1ステップ計画立ててもらって実行しようとしてもらってまずできなくてなんでできないか考えてもらって計画変えてもらってというのを褒めながら付き合ってくれてることに感謝しながらなんとか進めてたんだけど。

ヤクザに追われなくなったら安心して別の男追いかけたりし始めたし、そんな中で自分のこと疎ましく思ったからかお金踏み倒そうとしたりなんだか人間のすごい醜いところを露出させてしまい、それに自分が耐えきれなかったのが1番だめだった。2年半かけながら相手の心の余裕や環境に注意しながら、適切なタイミングを探りながら進めていこうとしたけど、相手自分負担になりすぎて途中反故してお金さなくて良いよという後味悪い終わりになった。

心を鬼にして、という言葉相手負担をかけるばかりは良くなくて、自分負担をかけまくって相手負担にならないように、でも成長したり良き方向に進展するように下支えするのが鬼で、鬼になりきれなかった。お金は将来絶対に返すよと返事してもらったまま縁が切れた。

親への介入は余計なお世話一言で難しい面があったけど、娘さんの幸せのためとしての行動である程度説得力をもって言及できたが、まぁむずかった。

の子の周りにはあの子を甘やかすだけ甘やかして自分の欲を満たすばかりの人がうようよしているように思えて、でもそれが現代社会一般的な人付き合いなんだろうなぁと思いながら、彼女が将来悲しい目に合う時、合う段階ででしか手は差し伸べられないのかなぁ、後の祭りかなぁとか、でも今何しても余計なんだろうなと、今までの努力も全ては我が目的には達せず相手には負担迷惑をかけただけに終わってしまいほんと申し訳なく、すごい悲しい感情と縁が切れても良い影響与えられなかった罪悪感ばかり覚えながら、苦しみながら生きている。

金の貸し借りのようなわかりやす言い訳のしにくい強烈な手段は、貸し手の強い精神力マネジメント能力必要だった。嫌われたら最後、お互いの精神に苦しいものが残る。好かれてるうちはなんとか前向きに物事進められてた気はする。

貸し借りのようなものがなければ、口で提案する程度しかできず、おせっかいと呼ばれる程度の介入しかできないと思ったが、なんかやりようはあったようにも思う。やはり本人の意思努力を促せられるような環境構築が一番だ。相手を楽しませて、楽にさせて、やる気力を沸かせられるような方向で、環境構築を手伝ってあげられたらよかった。

見返りやら報われに対する期待は抱いてはいけないとはわかっていても、誰から肯定されない中奉仕しているのはかなりの胆力を要求されるし、目的に対する道を間違えてないか絶えず確認しなきゃいけないし、まぁ、進むも地獄戻るも地獄ね。

友人をほっとけない性格に生まれて、そういう人に出会ってしまたからには、覚悟しなきゃだなぁ。

上の失敗例はあるけど、他に2人は支えられて転職支援できたから(今は2人とも疎遠になってるけど)、それは誇らしく生きててよかったと思えるので、助けたいと思う精神自体否定せずに…。ブコメにあるように、背負う覚悟、背負う体力頑張ってつけていかなきゃね。

2019-04-05

三年以上精神科入院してて先週退院した23歳だけど人生詰んでる

高校2年のときに体調を崩し始めて、体の不調がだんだん精神的な不調に変わり始め、

最初の三ヶ月の精神入院をはじまりとして

退院→2ヶ月おきに再入院、を繰り返してた

ちょうど三年前、ガチ自殺未遂やらかして、それから一週間前までずーっと入院

しかも途中で突然幻聴がはじまり、病名が気分変調症から統合失調症に変わった

色々な薬を試したり、カウンセリングを受けたり、精神コントロールできるように色々努力して試行錯誤して、やっと一週間前に退院した

気がつけば23歳(今年で24)になっていた

3つ年下の妹は大学の三年生になっていて、勉強したりバイトしたりしてる

高校時代の友人も大学卒業就職し、順調に人生の歩みを進めている

それに比べて自分は、高卒認定こそ取ったもの学歴上は中卒 就労経験もほぼ無し(たまにラ×サーズなどで在宅ライター仕事をしたり、絵が得意なのでソシャゲなどのイラストレーター仕事はしてる)

今回は入院期間が長かったこともあり、主治医デイケアを勧められ、週に3回通っている

退院して一週間、今の所は遅刻休みもなく通えていて、デイケアが無い日にも映画を見に行ったり活動的に過ごせてた

でも三年間も入院していて免疫力が低下していたのか、昨日起きたら風邪をひいてしまっていた

風邪はいつか治るけど、デイケア通いに支障が出たり、そのせいで生活リズムが崩れてまた再入院、ということになったらどうしよう

私もう24なんだよ

普通ならみんな働いてる年なんだよ

なのに私は1銭も稼がず(退院したてなので在宅ワークも禁じられてる)親の脛かじって生活してる

職歴なしってほんと流石にやばいよね、高校だってバイトしてるのに

また再入院したらどうしよう、とか、大学行きたいけど受かっても毎日ちゃんと通えるか、とか、こんな経歴で雇ってくれる会社なんてあるのか、とか

病気についてみんなに知って偏見をなくしてもらいたくて

今までの経過や生活手帳を取得したことなどをFacebookに書いたら

5人の子ブロックされた 聞いたところによると手帳もらうほどの糖質患者は付き合うに値しないらしい

病院でも「働いた事ないの?!」って何回驚かれたことか

仕方ないじゃん あなた発症も遅かったかバイトくらいはできてたのかもしれないけど

こっちバイト禁止高校の途中で発症したんだから

でもそんな言い訳就活では通用しないんだろうな

また再入院したくないよ ちゃんとみんなと同じように大学いって就職たかったよ 

生きていくのが怖いよ

でも風邪のんだら熱下がったし 明後日デイケアの日だから頑張ろう

2019-03-30

anond:20190330044126

面倒臭えなぁ。

今読んでる本にこんなことが書いてあったからお前のためにタイプしたよ。

『死にてぇって思ったら筋肉を殺そう』

死にてぇって思ってるそこの君!

自殺する前に筋トレ筋肉を殺そう!

筋トレ筋肉を殺す気で追い込み「今のままでは死ぬ」と思わせる事で筋肉を成長させる行為です!

筋トレ自殺未遂に近い行為です!

しか筋肉は3日後には強くなって蘇ります

性格強気になり「死にてぇ」から「殺すぞ」に変わります

本の名前は、「筋トレが最強のソリューションである」というアホなやつ。

ワイも、筋トレして自身自信をつけようかなーって思ってるところなんよ。

筋トレしようぜ筋トレ。じゃ、そういうことで。いってきます

修正:2019.4.1) 筋トレ元年にするぞ!!

2019-03-24

妊娠が喜べません。

20代後半です。

‪5年付き合っている彼氏と、普段通りに避妊していたので全くの想定外でした。‬

‪お互い社会人経済的には問題ないと思います。‬

彼氏も産むつもりで今後の仕事保育園について話し合いました。‬

‪ただ、気持ちがついていきません。‬

普段から結婚はしたいけど子供は欲しくないと明言していました。‬

‪私は子供嫌いです。‬

‪うるさくて馬鹿で、時間お金自由もなくなり、責任ばかり増えると考えていました。‬

虐待ネグレクトをしてしまうのではないか不安です。‬

批判は当然のことだと思います自分でも最低だと思っています。‬

‪親になる資格はないと思います。‬

‪また、私自身親が嫌いで、社会も嫌いです。‬

支配する系の毒親で、洗脳されている時は自殺未遂したことがあり今では縁を切っています。‬

自殺率が高く幸福度の低い日本社会に産み落とすのは可哀想だとも思っていました。‬

‪産むにしてもおろすにしても、今後は間違いのないようIUDかIUSを入れるつもりです。‬

最初から入れるべきでした。

ネットで同じような心境の人について‪調べてみると、産んで後悔した人、産んだらとてもかわいくて価値観が変化した人の両方がいました。‬

‪もし産んで後悔して、子供を愛せなかったら本当に子供可哀想です。‬

‪その可能性があることを考えると、産むべきではないのではないかと思います。‬

‪どう思いますか。‬

2019-03-12

死は救いか

死に方を調べながら死にたくないと思って日々を暮らしている。

別に本当に死にたいわけじゃなくて、現状の打破の方法がわからないんだよ。

誰も教えてくれないし、誰も余裕がなくて、誰も彼も自分と同じような状態だったりして。

自分が死んだって誰も悲しまないだろうと思ってた。

この間、友達自殺未遂病院に運ばれた。

ショックだった。悲しかった。

自分他人自殺感傷した。

誰も助けてくれない。

自分友達を助けてやれなかった。

死に方を調べながらやっぱり死にたくないと思っている。

2019-03-08

同級生と、私の二項対立

大学卒業するタイミング腐れ縁の友人と食事に行く機会があった。

友人は高校同窓会幹事みたいな役割だったので、自然同級生の話になり。

「そういえば、あい入籍するらしいよ」と、卒業大阪に行ったやつの現況を知らされて驚いた。

まあ、遅かれ早かれ結婚するとは思っていたけれど、そいつトップバッターになるとは思わなかったから。


高校時代の彼とは、出身がうちの親の集落ということもあって仲が良かった。

顔立ちは整っており、特進クラスの中でも物理が得意で、落伍者自分は度々お世話になったこともある。

一方で現役時代柔道に明け暮れていて浮いた話はあまり聞かなかったはず。

そんな彼が今や入籍とは、時間が経ったものだなぁ、と二人で感慨深げになっていた。


それがトリガーというか。

思い返せば同級生にもいろんなやつがいたなぁと懐かしく思っていた。

東大の前期に落ちたはずなのに後期に受かった化け物みたいなやつ。

Jリーグで今も選手としてサッカー続けているやつ。競輪選手で若手のホープになってるやつ。

アイドルグループに入ったやつもいれば、記者になってあちこち飛び回ってるやつもいる。

小説家になったやつ、教師の首を絞める喧嘩をしたやつ、バイク事故って成人式前に死んだやつ。

自殺未遂引き起こした奴、アカデミックを目指して進学するやつ……本当に千差万別というか、個性的な奴らばっかりだったと思う。

目の前で炒飯を掻っ込む腐れ縁の友人だってから県庁勤めが決まっているので、こいつも凄いやつの一人ではあるけれど。

そうやって同年代の、同地域にいたやつらと自分比較していくと、自分ぼんくらで何もない、虚無感に苛まれる。

良かれ悪かれ、何かを成し遂げ、自分人生を歩いている奴らにあまりにも多くて。

たかだか修士ペーペーには、そいつらの歩く道はまぶしすぎるし、到底辿り着けない道なんだろうな、と諦観が生まれている。


そういったぼんやりとした不安に蝕まれる、春風吹きすさむ昼下がりの話でした。

まとまらなくなってしまったけれど、ただ周囲とのギャップ自身無能感を吐き出したかっただけなんだと思う。

2019-02-20

実家が裕福で毒親 VS 実家貧乏で良親

選べるならどっちがいい?

毒親は鬱になって何度も自殺未遂レベル

貧乏大学とかとても無理で、入学式やそつぎょうしきも普段着で参加高校のうちからバイト家計支えないといけないレベル

2019-02-18

普通の人になれなくて自殺未遂した朝


めっっっっっっっっっっちゃ気持ち悪い。

昨日、家にある色んな薬一気飲みしたけど酷い頭痛幻覚嘔吐だけで、はい、生きてます

恐ろしいほどの倦怠感と吐き気を抱えたままきちんと会社に来ています自殺未遂したあとの朝がひっどい二日酔いみたいなんて10年前は知らなかった。

10年前。中学生の頃、一度だけ同性を好きになった。

思えば思春期友情と恋心の錯覚も少しばかりあったと思うのだけど、全く知識の無い自分自分の心と身体性別が違うのではないか、と疑い、学校に行けなくなった。それが全てのきっかけだった。

感覚気持ち悪くて、1年前に最愛の父を病気で亡くしたこともあり、父親の元へ早く行きたくて自殺未遂自傷を何度も繰り返した。毎日人に迷惑をかけ続ける自分がいればいるほど希死念慮は増していくばかりだ。

精神病棟についてきてくれる母の死んだ顔を見つめたり、首を吊ろうとして泣きながら叔母に殴られるたびに「普通の人」になりたかった。

結局地元から逃げ出し、辺鄙田舎町にある高校に進学した。その高校所謂曰く付き”というやつで、社会に馴染めず地元に馴染めずいじめいじめられ死にかけ命からがら逃げてきた16歳にして社会不適合者の奴らの巣窟だった。

そういった不安定クラスメイト達を見て、あの暗黒の中学3年間をなかったことに出来るかもしれない、と思った。

ここは地元じゃない、自分のことは誰も知らない。だから新しい自分を作り上げればいいんだ。

普通じゃない人たちと一緒に生活をすれば(全寮制でした)普通に戻れるかもしれない、と思ったのだ。浅はかな上から目線である

そこから自分はいたって普通で、ちょっと田舎町で暮らしてみたかった皆に平等で弱さにも理解がある、そういうおせっかいで浅くて馬鹿人間を演じた。

朝、最低な気持ちになってすぐ身を投げたくなる気持ちは「朝が弱い」というと「だらしないな」と返ってきた。

無数の手首の傷跡は「猫をたくさん飼ってて」というと同じく猫を飼ってる人間から共感された。案外、どうにでもなった。

そんな人間10年近く演じてきた、その内演じてることを忘れてそれが根本性格だと錯覚してきた。取り繕うだけの10年間だった。きっと絶望的に悲しいことがあったとき自分はまた中学生の時のダメクズで最悪のゴミに戻ってしまう。それは絶対避けたい。だからあらゆる困難から逃げてきた。揉め事になりそうな時は中立立場にいたし、そもそも作ってる人格しか人と接してなかったので自分意見がなかった。八方美人と噂されても、その後に待ち受ける暗闇よりはマシな方に思えた。

ある日、母親の友人が鬱病自殺をした。

葬儀会場で大泣きしている母は「あんたは普通になってよかった」と抱きしめた。ずっと二人で生きてきた、母親が言うのだったら私は普通に戻れたのだろう!母を見事に騙せていた自分は、誇らしかった。

お母さん、だって私、あれから高校の友人の面倒をみて、大学に行って、就職して、友達もたくさんいて、異性の恋人もいる、普通の人だもんね!やったよ~!!!普通の人になれた!!!!!!

はずでしたが、こうやって上手くいってません。なれませんでした。

高校3年生の時、アイドルオタクになったことが 自分精神の均衡を保っていた。その時からアラサー現在までずっと見つめ

ていた俗に言う”推し”を、自分宗教神様の類のように扱っていた。この世のもので唯一本当の自分と対面しているものだった。その推し恋人との写真を撮られたことが、終わりの始まりというやつだった。嫉妬できて癇癪を起したらどれだけ楽だっただろう。そのことより、推しが1年間休むことな批判を浴び続けていたことが、スイッチを押してしまったのだと思う。言い返せば、倍の黒い塊が返ってきた。推し非難言葉を浴びれば浴びるほど、化けの皮はどんどん剥がれ、八方美人は一方にしか向けず、日常生活は送りづらくなってきた。

いくらの子にも本当の自分を見せなければよかった。

数年が経って、メンバー推しファンアンチ全員がそのことを忘れても自分は全く忘れられなかった。例えば誰か芸能人犯罪を犯して捕まって、その批判や援護を遠巻きから見てるだけで発狂しそうだった。こんなアイドル風情のことで勝手精神病んで病院に行くのなんて馬鹿らしくて、そもそも普通じゃないじゃん。となって病院には行かなかった。

それからずっと上手くいってた人間関係もどうやってこなせていたかからなくなり、どうやって電車に乗っていたのかわからなくなり、どうやって生きていたのかもこの歳になってわからなくなって、昨日。

知らぬ間に人のことを迫害していたようで、そんな「知らぬ間に」なんて経験化けの皮を被ってから一度もなくて、自分が黒い塊を送る側になるなんて考えられなくて、どうしよう、人のことを傷つけるなんて、普通じゃない。

ふと前を向くと、推しうちわの前に置いてある薬箱が目に入った。

朝、死ねてなかったことより、やはり私は普通にはなれないことに、どうしよもない絶望を覚えた。

日本酒飲んだ次の日の朝よりキツい。どうやら、親友電話をかけていたようで親友から最後LINEは「でも死ぬのは逃げだよ」だった。

平気に生きたいな~~~~。とりあえず、次の休み病院に行ってみます

普通、じゃなくなりに行きます

2019-01-29

HIVポジの人にSNSで会った

一昨日、健康診断を受けていた時に、担当してくれた女医

自殺未遂者とセックス由来によるHIV感染者とアル中ヘビースモーカー

全て保険治療適用外にするべきだと思ってるのよね。」と言った。

自分はどれでもないので、「なんて酷いことを言う先生なんだ。

ネットにこの音声でも流れたら即失職だろうな」と思いながら

適当に相槌をうっていた。


昨日、SNS映画好きな友達募集してるユーザーがいて、

しかも住んでる場所が近かったので思い切ってメッセしてみた。

30分ほどして約束場所に現れた彼は

折れそうなほどに痩せ細り、異様に落ち窪んだ目がギラギラしていて

はじめましてぇ〜」と笑ったら歯はボロボロだった。

一見してヤバいタイプだと分かったけど

「人違いです」と逃げるのも悪い気がして挨拶をし、

カフェをする時間でもなかったので近くの居酒屋に行くことにした。


座るなり彼は「お姉さぁ〜ん」と呼び、ハイボールダブルで注文した。

映画の話しをする気配は一向になく、なんだか危なそうな人だったので

一杯だけ飲んだら早々に話しを切り上げて帰ろうと思っていたのに

何故か向こうは自分に心を許したらしく、「仲良くなりたいから話すね。」と前置きをして

自分HIV感染であること、パンセクシャルの男娼であったことを語り始めた。


エイズなんていつなってもいいやと思って年齢も性別も問わず

セックスしまくってたんだけど、いざなったら人生終わった!って感じでぇ〜」と

悪びれる様子もなく明け透けに言う彼。

言葉がたどたどしいのは鬱病と脳漿を併発しているかなのだそうだ。

エイズになった人あるあるなんだってぇ〜。

行ってる病院にはぁ〜似たような子がたくさん来てるよぉ〜」

現在生活保護を受け、二日に一度来てくれる在宅介護ヘルパー

炊事や洗濯などは全て面倒をみてくれるらしい。

男娼をやっていた頃の太客からも援助を受けているそうで

生活はとても安定し、酒や煙草制限特にないらしい。

日本ていい国らよねぇ〜、なぁんもしなくても生きてはいけるしぃ〜。

スマホつかって遊んでれば生きて行けるのぉ〜。

でもねぇ〜、これでもいつか社会復帰はしたいんだよ。

そう言ったらヘルパーさんも偉いねぇって褒めてくれるのぉ〜エヘヘェ〜」


三本目の煙草に火をつけた時、「もう一杯いい?」と言うので

「駄目、もう帰りましょう」と打ち切り会計をして店を出た。

「せっかく久しぶりに人に会えたのになぁ〜、寂しいなぁ〜。」と

大声で話しながら店の外でふらふらと漂っている彼は

今日ありがとう、すごく嬉しかったし楽しかった!

また会えるといいなぁ〜」と、男娼をやっていた頃ならば

必殺業にしていたのであろうとっておきの笑顔を見せた。

「ごちそうさまぐらい言える大人になりましょうね」とだけ言って背中を向け

「あ、ほんとら!ご、ごめんなさい。ごちそうさまっ!」と言っている

彼の方を振り返りもせずに駅に真っ直ぐ向かって帰った。


自殺未遂者とセックス由来によるHIV感染者とアル中ヘビースモーカー

全て保険治療適用外にするべきだと思ってるのよね。」


きっとあの女医は、こんな人を山ほど見てきたんだろうと思った。

自分も賛成だ、あんゴミ税金が使われていると思うと無性に腹が立つ。

2019-01-22

anond:20190119115511

鬱は甘え自殺しろと言っていた友人が鬱になって自殺未遂をしてた

なんか皮肉だよね

2019-01-16

anond:20190116214107

フェミじゃないけども、

男性経済苦や会社理由にした自殺女性に比べて圧倒的に多い。

https://chikirin.hatenablog.com/entry/20100616

お金が無くても、仕事問題があっても女性自殺しない。

男性らしさを社会に強いられてるからこそ逃げ場が無くなって男性自殺してるのかなとも。

なお、自殺未遂率は女性の方が高い。

本当にニッチもサッチも行かなくなる前に周囲にヘルプサインを出して踏みとどまれてるのかもしれない。知らんけど。

2019-01-11

死にたいと思い続けて

ちょうど一年くらい前から自分の中にあった自殺企図なんちゃってではなくなり、それから更に色々あって自分人生ひたすら右肩下がりだなと思うようになった。

病気借金に家庭崩壊に挙げだしたらキリがないけど、不幸も幸福も死なない限りは本当に底がないんだなと思う。

まあ私は家があって職があるだけまだマシなのか。

12月同業者自殺したらしい。自分が顔を合わせる範囲にいる同業の子はみんな明るく見えるけど、実際は皆それぞれ摩耗しているのだろうか。

自殺未遂を何度も繰り返すと段々成功率が上がっていくという話、自分が何度もそういうことをするようになってああなるほどと思うようになった。

このままうっかり死ねたらいいのにという気持ちと、孤独なまま死ぬのは辛いと思う気持ち、両方ある。

2019-01-10

シストランス

初めて匿名を書く。私はフェミニズムの基本理念には賛同するがフェミニストではない、のでフェミニストじゃないやつの文章なんかまず読みたくねーよ!という方々はブラウザバックをお願いします。

1.トランス女性は「女性」です

そもそも私はツイッターフェミ界隈を見ているだけの一般人なので、年末年始から騒がしい「MtFが女湯・女性更衣室・女性トイレetcに入っても良いか」論争についてイマイチ良く分かってない。

全部を話すことは難しいため、トイレ論争にのみ絞って書こうと思う。温泉は入らなきゃ死ぬってものでもないので、生理的なやつから

1-1.my idea

私の考えは「今まで通りでいいのでは?誰でも入れるトイレを増やすのは急務だと思うけど」という考えである。今まで通りというのは、それぞれの良心に任せる、というやつ。シス女性(この呼び方が正しいか正しくないかは置いといて、議論やすいのでこう呼ぶ)、パス度が高いと自分で思うMtFくらいが女性トイレのメインの利用者になるのではなかろうか。パス度の問題外野から言われるのは嫌だろうと重々承知だが、MtFの方が「私は女性トイレに入れるだろう・入っていこう」と決めたとしたらその時点でかなりのパス度なのではないかと思う。パス度が高くないと女性トイレに入るなという話ではなく、自分がどう見えるか特段に気にしている人が、女性トイレを使おうと思えるならもうその時点でパス度は高いと思うのである。(私も人から目線でとても悩んだ時期があるので、多分その辺当事者の方は慎重だと推測する。)

良心に任せたトイレの使い方(分け方?)のメリットデメリットについて書く。

メリット良心で成り立っているため、「良心でない、即ち盗撮犯や性犯罪者」を排除する名目になる。

デメリット:明確でない。個人物差しで測ることになってしまう。「私は女性トイレに入っても良いのか」とMtFの方が悩む原因となり得る。

1-2.セルフIDによるトイレの分け方

性自認による分け方でトイレを分ける;つまりMtFならばホルモン治療やオペをしなくとも自認が女だと言えば女性トイレに入ってよいという案がある。果たしてそう明文化して、実際未ホル・未オペの方が入ってくるかは「うーーーーーん?」というところだ。理由は1-1で書いた、人目を気にする方が「許可されたから〜!」とノリノリで入ってくるとは思えないし…入ってきてもらっても全然いいですけどね。

さてこちらもメリットデメリットを。

デメリット:「心は女だから〜」と言ってシス男性が入ってくる可能性(詳しくは後で記述する)

何故メリットを書かなかったのか。書けなかったのである

セルフIDによる分け方のメリットはあるだろうか。勿論ある、トランス尊厳だ。何人たりと踏み付けることはできない尊厳

しかし、メリットを書こうとして、「MtFの方が安心して使える」ー果たしてそうなのか。私はトランスではないので分からないし、トランスの知り合いがいない、確かめる術がない。だが私はこう思う:本当にトランスの方が「安心して」トイレを使えるか?MtFの方なら「男に見えないだろうか」などと思わなくなるのだろうか?分からない、分からないのでメリットには書かなかった。ただ、尊厳は踏みつける意図はない、トランスの方でセルフIDによる分け方のメリットデメリットを教えてくれる方がいたら教えてほしい。

1-3.争い

ツイッターフェミ垢はちょっと覗くといった程度なので、誰と誰がこの考えで、それに対立してるのが〜とかさっぱりワケワカメなので(ネタが古い)、私の観測内の話。

①上に述べた「トイレ利用についての分類方法」論争

トランス女性へのヘイトをするな論争

が大まかな争いだと思う。

まず言っておかねばならないと思うが、②に関しては普通に「そりゃそうよ」という話なのだ。①の論争のどちら側に居ようと、ヘイトはいかんのですよ。「トランス女性は女じゃない」「男体」とか言うのはいかんわけ。それは①のどちら側とか関係ないのよね。ただ、②の論争が収束していかない原因として

ヘイトとは思えない文脈に対してもヘイトだと言い、話し合いが出来ない

・「セルフIDによりトイレを使えるべきだ」派の人のうち、「セルフIDによる分類はどうかと思う」派はトランス差別から言っているのだと勘違いしている人がいる

の2つの理由があると思う。

①と②を分けて話さないと、議論収束しない。何でもかんでも「ヘイトだ」と言われれば、口を塞がれていると感じる人も多く出てくるはずだ。

さて本題の①の話。

私が今まで通りの良心によるトイレ利用を推す理由としては、やはり「良心でないもの」の存在が大きい。後述すると言った「自認が女だと言い張るシス男性存在である

これが、シス女だろうとトランス女だろうと関係なく脅威なのは共通認識でいいだろうか?盗撮なんかされたらひとたまりもないだろうよ、これはシストランス関係ないはず。

現実にあり得るのか?という話だが、更衣室やトイレ温泉やらの盗撮被害というのはもう聞き慣れてしまうほどある。某国で「女性トイレの壁に沢山の穴があった、幼い頃から工事などの跡だろうと思っていた、それは盗撮のためのものだったー男性トイレに穴はなかった」という話がある。

もしセルフIDによる分け方でトイレに入っていいとなれば、盗撮犯が堂々と女性トイレに入り込み、ギョッとされても「心が女なので〜」と言えば誰も通報することができず、その男(女装しているのかもしれない)が入っていったのを見た女性は「なんか嫌だからこのトイレ使わないでおこう」が出来るが、数分後その男が個室に隠れるなりカメラを仕掛けるなりした後のトイレに入った女はまんまとその盗撮の餌食になるのでは?????というのを私は危惧している。

盗撮は今もあるし、当たり前に許されない犯罪なのだが、不安なのは通報ができない」というこの一点なのだ

勘違いが多いのもこの点のような気がしているので念入りに言う、「トランス女性が怖いんじゃない。ギョッとした時に、犯罪が起きるかもしれない時に、『差別だ』と言われるのを恐れて周りに言えないことが恐怖なんだ」と。

この文章トイレ問題をメインにすると言ったが、これは温泉しろ更衣室にしろ同じことだと私は思う。犯罪が起きるかもしれない時に周りに言えないこと が恐怖なのだ、ということが最も伝わって欲しくて、かつ最も伝わっていないことだと思う。

1-4.Trans women are women.

これを和訳すると「トランス女性女性です」となり、この文章の題にもなる。ふむ。そうなんだけどそうじゃない感がすごい。この文章違和感を書いていく。

まずこの和訳暴力的すぎる。その通りなんだけどそうじゃねえよ…と、この文面を見る度に呟いてしまう。うん、トランス女性(即ちMtF)はwomenだよ、でも「女性」は暴力的でしょ、ちゃん英語に謝って。

検診の尿検査の時、あのスポイトみたいなやつにFかMかチェックをつけるじゃないですか?female or maleって意味female女性male男性。ではwomenとmenは??womenは女性、menは男性。そう、英語では折角区別される単語日本語では区別されていないのだ。

female/male生物学的なものに、women/menは人間に対して使う、という分け方かな。sexgenderと言えば分かりやすいかもしれない。gender社会的性別というやつだ。

まり、"Trans women are women."という文の本意は「トランス女性に対して『体が男』と言ったり、故意性別を間違うようなことを言ったり、差別的な行為を許さない」というところではなかろうか。最近ツイッター界で使われる「トランス女性は未ホル・未オペでも女性専用スペースを使える」という文脈はかなり疑問に感じる。それだと"Trans women are females."となってしまうのだ。

あと、「トランス女性性器確認させろというのか?!」という話についてだが、誰がそんなこと言ったんだ。タックしてたら分からんだろ、それこそち○こ股に挟んでちっすだわ(暴言)。「トランス女性女性です」の「女性」という定義があまりあやふやからどうするの、femaleなら生物学的な分け方だから性器になるんじゃない?というやつじゃないのか?知らんけど。

1-5.まとめ

トランス尊厳を守らねばならない、と思う。言い砕くと、ビクビクしながらトイレに入らねばならないような状況はいかんと思うのだ。しかしそれが、セルフIDによるトイレ許可で達成されるのか?本当に?倫理的教育必要なんじゃない?セルフIDあかんという話ではない。達成目標を「自認によるトイレ温泉更衣室の利用」に置くのは大切だが、それは先に推し進めることではないはずだ、同時に他のこともせなあかんはず。

2.LGBT差別解消法案

まり長く語るつもりはない。

ええと思う。この国の歴史で強い差別が解消される時、法改正法制定が大きなターニングポイントとなっているから。雇用教育機関での不当な差別を許さないと、法律で決めさえすればそれはマイノリティにとっての武器になる。正しく使われていくことを願うばかり。

3.フェミニズム

私がフェミニストではないと最初に言った理由は、ただ単純に日本フェミニズムに疑問があるからであるそもそも日本ってフェミニズムを受け入れる段階ですらない気がしてる。男女不平等を甘んじて受けろという意味ではなく、男女差が大きすぎるからフェミニズムは早すぎない?と思うのだ。

海外諸国のように有名人社会的発言ができないこの国で、リーダーフラッグシップ的な役割がいないこの状況で。一人一派なんてやってたらそりゃバラバラになるじゃんって。

大体男女差別だけじゃない、この国には差別が残りすぎている。精神疾患差別障害者差別外国人差別職業差別、、、女で精神疾患もちの私は今までしなくていい苦労をたくさんしてきた。マイノリティであるが故の、マイノリティ理解しようとしない社会にいるが故の苦労を、もう他の人にしてほしくない。

トランスの方は遠くの精神科に通っている、大変だ、という文を見つけて悲しい気持ちに浸る。私だって。私だって未成年のうちから精神科だけで年間10万を超える出費、高速道路で行かねばならない距離精神科まで2週間に1回通ってるわ、県外まで行ってるわ。精神科に通わないとまともな生活が送れない私は、簡単保険にも入れない(持病の人でも入れるやつなら入れるけどさ)。

まれるのは慣れている、踏まれた時に感情的になるのはすごく分かる、でも何でもかんでもヘイトだと叫ぶのは…

4.トランス女性が亡くなった話

本当か嘘かという野暮な議論はするつもりがない。もし誰も亡くなってなかったのだとしても、亡くなったという文章を書かせるほど精神的に追い詰められたということだから

その上で、「こちらでは死者が出た、お前らのヘイトのせいだ!」と各方面に言うのは違うということを言いたい。まず、どの陣営に居ようがどの思想だろうが、ヘイトあかんよという大前提を思い出して欲しい。そしてそのヘイトを、ある主張の全員がしていたわけではないことも。

違う話題の時にヘイトをしたくせにと詰るのも違う、詰りたかったら@をつけるなと言いたい。議論が追いにくいのだ。

4-1.人の死をもって、生きる人の口を塞ぐな

人の死をもって一貫した文脈で人の口を塞ぐのは良い。でも違う、今ツイッターで見るのは「人の死をもって、話し合いを拒絶する」だと思う。

「友人のトランス女性が亡くなった」のブログ理由に怒るフェミニスト達、彼女たちは素晴らしいと思う。実際に私はツイッタートランス女性へのヘイトを見ていないため(何度も言うがあまりツイッターを見ていない)、どれ程のものだったのか私には分からない。怒れる彼女達はそのヘイトを見ていたのだと思う。

私がその怒れる彼女たちを見て思ったことは一つ;「私が死んだら私の意見は通るの?」

私が死んだら、私がもし「セルフIDで分けるなんて、怖くて生きていけない!」と言って死んだら、どうなるのだろう。

※そんなことは全く思いもしていないが例えである

冷酷なことを言うが人は死ぬ10年以上自殺未遂自傷ODを繰り返してきた私が断言する、人間死ぬ。いとも簡単に。

ヘイトで亡くなってしまった女性がいるように。口を塞がれて死ぬ女性もいる。

もし私がツイッターランドでそこそこ有名なアカウントで、「ヘイトだ」「お前のせいでトランス女性が死んだ」だなんて言われ続けたら、あと半年前なら、多分死んでたと思う。自死を選ぶ。半年前までの私ならいとも簡単に死んでいた。

死ぬ死ぬ発言脅迫からしたくないけど、そちらも同じことをしていないか?少しゆっくりと考えてみてほしい。

4-2.どれがヘイトに値したのか

genderという意味MtFの方に男だと言ったのならばそれはヘイトだと思う。それはいけないこと。

だが、sexgenderを分けていない(ように見える)ツイッターランドで、なんかもうそ議論まだ続けるの?って呆れてしまっている自分がいるのも確かだ。

折角英語使えるんだから使ってこーよ!male, female,men,womenってさ。sex, genderとかさ。

Trans women are women.だよ。male, femaleという面での議論差別だというなら、議論が成り立たない。世の中には差別だと感じても議論をしなければ永久平行線なことがある。

お互いに自分の方が弱者で、相手強者だと思い込んではいいか。本当にそうなのか。どっちがどれだけ傷付いた、というのは議論になり得ない。ということをここに記しておく。

5.最後

思っていた100倍量書いた。自分が驚いている。こんなとこまで読む人はまあいねーな。いいんだ自己満から

アメリカ国籍の友人とこの間話したこと最後に書く、「日本フェミニスト感情的すぎだよ、伝わらない」

そうかもしれない。踏まれすぎて、怒ることを抑圧されすぎて、怒り方を知らないのかもしれない。

まともなジャーナリズム機能しない国で、差別蔓延り誰に踏まれたのか 何回踏まれたのかわからないこの国で、フェミニズム否定されるこの国で、私は生きていく。弱者として生きていく。

2019-01-09

anond:20190109232155

私はTGだけどあなたのような人たちから差別を受けましたし自殺未遂経験しています

今は女性として生活できてますあなたのような差別肯定する加害者を決して許しません

どうぶつの森死ねなかった小3の夏

きっかけは覚えてないが自殺未遂したことがあって、それは小3の夏だったと思うのだけれど、ひどく蒸し暑い夏の日に自殺をしようとした。

小学生なので死に方がわからなくて、たまたま首に巻いていたタオルで首をしめた。

気を失う直前、そういえばどうぶつの森を買ってもらう約束をしたな、と思いだして急いでタオルをはずした。

そのあとも2回ぐらい自殺を図ったことがあるのだけれど、毎回ゲームの発売日を思い出しては死ぬのをやめている。

時たまゲームをしすぎる子供を、漫画しか読まない子供を、必要以上に叱る親がいる。

どうか、子供から趣味を取り上げないでほしい。

もし、あの日からゲームが取り上げられていたなら死んでいたかもしれない。

少なくとも私はあの夏の日、どうぶつの森に命を助けられたのだから

2019-01-06

数年前に母が自殺したんだが

自殺理由不倫して離婚突きつけられ、家族に見離された完全なる自業自得

自業自得なんだが、一回自殺未遂で死なずに息をとりとめてはいたんだ。

母方の実家長男が「お前の家の嫁なのだからそっちで面倒を見ろ」と聞かず、死にかけの人間放り出すわけにも行かず、不倫されて顔も見たくないと思ってる父が我慢して母と同居しなきゃいけないという状態だった。

母方の家が引き取らなかった理由は、高齢になる祖父母カンカンに腹を立てており「勘当」を言い渡され、安定しないバイタルが乱れてぽっくり逝かれるのを恐れた長男が、関わるのを拒否したという流れ。たぶん、心臓かなんかに問題があるんだろう。心臓悪い人は、そういうのデリケートから

結局、立場のマズイ状態生活しながら母はなんとか身体回復したものの、就職先が決まった段階で腸閉塞で入院。たぶんそこで心が折れたのか、遺書も残さず自殺した。

それから随分経つが、母方の実家に俺は一切顔を出していない。特に気まずいということはないが、俺はそもそもそういうの興味ないんで、家の近い父方の祖父母にもほとんど会いに行ってない。

ただ、俺には姉がいて、姉はどっちの祖父母大事に思ってる。俺は姉のこともそんなに興味がなく、姉は、母方の祖父母に会いたがっているが、未だにそこの長男拒否られてると聞いて、モヤっとした。

まぁ、死亡リスクについてはわかる。俺だってそういう仕事をしてるので。

ただ、未だに1度も会わせねーのは酷いんじゃないかと。お前は長男かもしれんがこっちは孫だぞ、と。

面倒事に関わりたくない気持ちと、イラッとする気持ちで、今心が揺れ動いている。

2019-01-04

自殺未遂まで追い込んで

ごめんねっていうのが趣味なんだろうな

2018-12-27

美容整形の失敗による治療10自己負担らしいが

どこから自己責任なんだろう?

自殺未遂治療してもらうのも健康保険きくだろうし……

2018-12-26

私が死んだらあの子が私を言葉にしてくれる

俗に言う片思いというものをかれこれ2年以上している。

私と彼女出会ったのはオタクコミュニティの中だった。流行のものを片っ端からつまんで尊い尊いと持ち上げることがスタンダードな女オタク界隈の中で、それらを忌避しつつ自分の「好き」を徹底的にこじらせていた私と彼女が仲良くなるまでそう時間はかからなかった。

家も決して近くはないし大学学部も違うけれどそれでも1月に1度は会って遊んでいた。

気がついたときには心の底から愛おしくなっていた。

見た目は少しボーイッシュで、鋭くも大きな目を携えてけらけら笑い、あらゆる自分の思いに言葉を尽くす彼女が狂いそうなくらいに好きだ。

でもそれと同じくらい、彼女が綴る言葉のものが好きだ。

彼女文学部のひとであり、自分でもかなり文章を書く人間である

逃避行する少年二人の話。追問しあう女教師と生徒の話。詳しく書くともし彼女がこの記事を見たとき自分のことだとバレてしまうので詳細は伏せるけれど、華美な装飾はないけれど、そのかわりに言葉一つ一つがきらきらと光っている、そんな美しい言葉を紡ぐ、彼女はそんな子だ。

多くの小説家がそうであるように彼女精神はなかなかに不安定である。私も人のことはまったく言えないけれど、でも自分がひとりの人間に寄り添いたい、くるしみを理解することや分かち合うことができなくともそばにいたいと思ったのははじめてだった。

の子が好きだ。

けれども、私はおそらくそれを一生伝えられないし、ともだち以上には、なれない。

……確かに女同士だけれど、私も彼女女性経験があるのでそこは何も問題ないのだ。

問題性別じゃない。

というかいっそ彼女が男を好きになるストレートであったほうがまだよかったんじゃないかとおもう。

仲良くなってから半年くらいの頃、彼女恋愛テーマにした小説執筆していた最中にふとこぼした言葉を今でも鮮明に覚えている。

 

「恋するってことが、わかんないんだ。人を好きになれたことがない。他人恋愛は好きだけど、それを自分に向けられると迷惑だなって思う」

彼女はLでもGでもBでもなくて「A」なのだった。

アセクシャル

「人を好きになるけどセックスができない」ノンセクシャル真逆。「セックスはしても人を好きにはなれない」のがアセクシャル。(間違ってるかもしれない)

の子はまさにそれだった。

恋人がいなかったというわけではない。こと恋愛に関してはむしろ経験豊富な方ですらあると思う、彼女は。

けれどそのたびに相手を愛せない自分違和感があって、それで何度も別れてきて、もう今では自分が恋をできない人間だと受け入れているらしかった。

閉口した。

ならば私がこんなに膨れ上がった感情彼女に向けていることが彼女にばれたら彼女はどんな顔をするのだろうか。私のことを嫌うだろうか。「迷惑だと」思うのだろうか。

裏を返せば、彼女は私のことを「自分恋愛対象として見ないヒト」という枠においているからこそこんなに近くに置いてくれているのだろうか。

私がこの感情をいだくことは彼女を裏切ることに等しいのではないか

それきり私はあの子に何も言えなくなって、それでもただあの子存在とその言葉観測していたくて、1年半、ずっと感情をひた隠しにして生きていた。

彼女にひそかに向けている感情は何も返ってこなくて私がいなくなってもあの子はすぐに私を忘れるのだろうと思っていた。

ところで私は先週大量服薬による自殺未遂を決行した。

結果は見ての通り。ピンピンしている。決行前にスマホの電源を切って外部との連絡を断っていたのもあって、1日半ぐっっすりと眠った。それで終わり。快眠だった。

冷静に考えて服薬なんかで死ねるわけがないだろというツッコミは置いておいてほしい。自分でも愚かしいと思う。

スマホの電源を入れて、でもまだ体がだるくて吐き気もひどくて何も見ないまま横になっていたら、電話がなった。

の子だった。

電話に出ると彼女は開幕一番「よかった生きてた」と叫んだ。

ツイッターに入り浸りLINEには即レスするたちの私の連絡が1日半途絶えたか心配大学の友人伝いに私の家に行こうとして、でもその前に一応、と電話をしたらしい。

私は私がいなくてもあの子はなにも気づかないと踏んでいたのに。

それで電話越しにわんわん泣いてしまった。

それから落ち着くまで少し話した。

「私がもし本当に死んでたらどうしてたの」なんて冗談混じりに聞いたら、あの子はしれっと答えた。

「なにもできないけれど、私にできるのはそれだけだからあなたの事を文章にしてインターネットのどこかで発表したよ。ってか、実はちょっと書いてた。今消したけど」

何も言えなかった。

の子の紡ぐ、輝かしくてどこか鬱々とした文字が好きだ。

から、私がそれになれるのなら、死んでもいいと思った。

たとえあの子が私を愛していなくたって、私を言葉にしてくれるのなら、これからも私はあの子を愛していられるなあと思った。

それだけ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん