「Webブラウザ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: Webブラウザとは

2019-01-17

anond:20190117005328 anond:20190117011049

ブラクラ以前に自身検索したワード以外の個人サイトURLを踏みたくないやで

ストールマンみたいにWEBブラウザは非推奨とかwgetを動かしているサーバーメールを送り、見たいページをメールで送らせたりとまではいかんけどな

2018-12-18

[][][] phpMyAdminの手動インストール

WebサーバーPHPを5.4から7.2に上げました。

phpMyAdminも入れ替えました。

 

環境CentOSNginxPHP7.2 + MySQL

yumコマンドphpMyAdminをインストールしたら、エラーメッセージが出て、インストールできませんでした。

リポジトリで用意されているパッケージが古いのか?何度かやり直しても、yumインストールできませんでした。

 

手抜きを諦めて、手動でインストールすることにしました。

phpMyAdmin インストール コンパイル Nginx」等のキーワードGoogle検索すると、やり方を解説している記事がたくさんヒットしました。

参考

 

手順

  1. WebサーバーSSHリモートログインする。
  2. phpMyAdminの最新版wgetダウンロードする。
  3. ZIPファイルを展開して、フォルダ名を「phpmyadmin」にリネームする。
  4. /usr/share/phpmyadmin にコピーする。
  5. phpMyAdmin用に、Nginx設定ファイルを追加する。
  6. PHP7のセッションフォルダ確認しておく。
    1. PHP関係設定ファイルphp.ini」や、PHP-FPM設定ファイルwww.conf」の中を確認しておく。
    2. session.save_path = "/var/lib/php/session" という記述有効にする。(コメントアウトされていたら、アンコメントしておく)
  7. Nginx設定ファイルテストして、問題なければ再起動する。
    1. $ service nginx configtest
    2. $ service nginx restart
  8. WebブラウザーでphpMyAdminにアクセスしてみる。
  9. phpMyAdminが無事に開いたら、インストール成功!!!

 

まとめ

phpMyAdminは手動でインストールしても、すごく簡単でした。

将来的にバージョンアップすることも考えると、「/usr/share/phpmyadmin」へ直にコピーするのではなく、他の場所コピーして、「/usr/share/phpmyadmin」はシンボリックリンクにしておけばいいかも。

(今回は面倒なので直接コピーしました。)

2018-12-15

anond:20181215160307

HJKLはテキストエディタviカーソル移動

POSIXUNIX/LinuxOSではvi(もしくはVim)がテキストエディタとしてプリインストールされていることが多く、理系だとたいてい一度は触ったことがあるので慣れ親しんでいる

画像が表示できない古典的Webブラウザ(テキストブラウザ)のw3mLynxなどでも採用されているのでインターネット老人会の人たちも慣れ親しんでいる

BPNFはそれぞれBack・PreviewNext・Forwardの頭文字

こちらもPOSIXUNIX/LinuxOSでよく使われるテキストエディタEmacsカーソル移動(正確にはCtrlキーと組み合わせる)

ASWDはFPSゲームでよく採用されるプレイキャラクタの移動に使われるキー

これを採用しているWebサービス中の人FPSプレイヤなんだろう

anond:20181215151440

今どきiOS対応してないWebサービスはどうかと思うが、特定Webブラウザ仕様に合わせる義務は全くないしな

Web標準仕様に適合しているならWebサービス側に罪はない。気が利かないだけ

2018-11-04

増田プログラマー養成講座 その17 Webアプリの骨組み

前回は、Webアプリの完成見本を先に見てみました。

今回は、Webアプリを作る途中の過程を見て、作る雰囲気を一緒に味わってみましょう。

 

フレームワーク使用ルール=「設定より規約」=手抜きをする仕組み

最近フレームワークは、「設定より規約」(CoC、convention over configuration)という発想で作られている。

フレームワーク規約使用ルール)に従うと、プログラマー作業量が減って、楽ができる。

 

設定より規約(convention over configuration)とは、開発者の決定すべきことを減少させ、単純にするが柔軟性は失わせないというソフトウェア設計パラダイム

使用しているツール実装した規約開発者の望む動作と一致していれば、設定ファイルを書く必要もない。実装規約と望みの動作が違っている場合必要動作を設定しなければならない。

 

最近フレームワークは「設定より規約アプローチ採用しているものが多い。

例えば、Ruby on Rails、Kohana、Grails、GrokZend FrameworkCakePHPSymfony などがある。

 

CodeIgniter使用ルール

CodeIgniter使用ルールは、マニュアルチュートリアル確認できる。

↑このページの「アプリケーションフローチャート」を見てみよう。

 

  1. 一番左の「index.php」が、Webアプリ入口になっている。(エントリーポイントフロントコントローラーパターン等ともいう)
  2. から2番目の上段「Routing」で、URLに応じて、仕事の振り分け先を決定する。(ディスパッチ、マッピングルーティング等ともいう)
  3. から4番目の「Application Controller」で、具体的な処理の指示を出す。
    1. Application Controllerは、「Model」に必要データを用意させる。
    2. Application Controllerは、「View」に表示用の画面を作らせる。
    3. Application Controllerが、index.phpに表示用の画面を渡す。
  4. 表示用の画面(最終的な処理の結果)を受け取った「index.php」は、ユーザーブラウザー)に画面を渡す。

 

 


 

それでは、CodeIgniterプログラマーが用意する部分のM(Model)とV(View)とC(Application Controller)を、骨組みから作ってみよう。

事前準備として、前々回と前回のWebアプリ完成見本を用意するところまでやっておこう。

 

スケルトンとは?

スケルトン(skeleton, 骨格)とは動物人間の骨格。

コンピュータプログラムコードの骨格部分。プログラムコード作成では、初期段階でスケルトン作成し、その後で詳細部分を肉付けしていく。

 

 

 

Application Controllerの骨組み

まずは、MVCのCの骨組みを作ろう。

Controllerは、ユーザーからリクエストを受け付けて、ModelViewに指示を出す監督です。

 

上記フォルダの中に「Welcome.php」というファイルを作る。(デフォルトであるはずなので、それを使ってOK

 

CodeIgniterルールで、Application Controllerを置く場所は「application/controllers」というフォルダになっている。

CodeIgniterルールで、一番最初に呼び出されるApplication Controllerは「Welcome.php」というファイルになっている。

→これは「C:\xampp\htdocs\waf\application\config\routes.php」という設定ファイルで決められている。

$route['default_controller'] = 'welcome'; // 別の名前にすれば変えられる。

 

「Welcome.php」の中身を以下にように変更する。

<?php

defined('BASEPATH') or exit('No direct script access allowed');

 

class Welcome extends CI_Controller

{

 // 初期画面

 public function index()

 {

  echo "Here is index()";

 }

 // 更新画面

 public function update()

 {

  echo "Here is update()";

 }

 // 削除画面

 public function delete()

 {

  echo "Here is delete()";

 }

}

これがチャットApplication Controllerとして動作する最小限の内容=骨格だ。

 

継承

class Welcome extends CI_Controller

という行に注目してみよう。

CodeIgniterで用意されてる「CI_Controller」クラス継承して、プログラマーが「Welcome」クラスを作ってる。

継承によって、フレームワークが用意してる様々な機能をWelcomeクラス内で使えるようになる。

 

URLリクエスト)とControllerの対応マッピング)のルール

「Welcome」クラスの中に、「index()」「update()」「delete()」という3つのメソッドを用意した。

CodeIgniterURLは、Action Controllerのクラス名やメソッド名とひもづけられている。

今回作るWebアプリだと、

「http://localhost/waf/クラス名/メソッド名」

という対応関係になっている。

(例)

http://localhost/waf/        →Welcomeクラスindex()メソッドが呼び出される。

http://localhost/waf/welcome/index  →Welcomeクラスindex()メソッドが呼び出される。

http://localhost/waf/welcome/update →Welcomeクラスのupdate()メソッドが呼び出される。

http://localhost/waf/welcome/delete →Welcomeクラスdelete()メソッドが呼び出される。

 

 

 

Viewの骨組み

次にMVCのVの骨組みを作ろう。

ビューは、表示する画面の部分です。HTMLWebページの構造を書きます

 

 

welcome_index.php編集

以下の内容にして保存する。

<?php defined('BASEPATH') OR exit('No direct script access allowed'); ?>

<!DOCTYPE html>

<html>

 <head>

  <meta charset="utf-8">

  <title>増田チャット</title>

  <base href="<?php echo base_url(); ?>">

 </head>

 <body>

  <h1>増田チャット</h1>

  <h2>新規投稿</h2>

 </body>

</html>

 

chat_update.php編集

以下の内容にして保存する。

<?php defined('BASEPATH') or exit('No direct script access allowed');?>

<!DOCTYPE html>

<html>

 <head>

  <meta charset="utf-8">

  <title>増田チャット</title>

  <base href="<?php echo base_url(); ?>">

 </head>

 <body>

  <h1>増田チャット</h1>

  <h2>編集</h2>

 </body>

</html>

 

chat_delete.php編集

以下の内容にして保存する。

<?php defined('BASEPATH') or exit('No direct script access allowed');?>

<!DOCTYPE html>

<html>

 <head>

  <meta charset="utf-8">

  <title>増田チャット</title>

  <base href="<?php echo base_url(); ?>">

 </head>

 <body>

  <h1>増田チャット</h1>

  <h2>削除</h2>

 </body>

</html>

 

Viewファイルの追加に合わせて、Controllerも一部変更します。

 

Welcome.php編集

<?php

defined('BASEPATH') or exit('No direct script access allowed');

 

class Welcome extends CI_Controller

{

 public function __construct()

 {

  parent::__construct();

  $this->load->helper('url');

 }

 

 // 初期画面

 public function index()

 {

  $this->load->view('welcome_index');

 }

 

 // 更新画面

 public function update()

 {

  $this->load->view('chat_update');

 }

 

 // 削除画面

 public function delete()

 {

  $this->load->view('chat_delete');

 }

}

 

(変更点の説明

コンストラクターの追加

コンストラクター「__construct()」は、クラスからインスタンスが作られるとき自動的に実行されるメソッドだ。コンストラクターは、初期化最初にやっておくべき下準備を書いておく。

$this->load->helper('url');

CodeIgniterには、リンクの表示を補助する「URLヘルパー」という機能が用意されている。

上記のように書くとURLヘルパーを呼び出して、使えるようになる。

Viewファイルの以下の行でURLヘルパーを使っている。=「base_url()」という関数URLヘルパーの1つ。

<base href="<?php echo base_url(); ?>">

 

ビュー読み込みメソッドの追加

$this->load->view('welcome_index');

というメソッドによって、Viewファイルの「welcome_index.php」を呼び出し、画面を出力します。

 

これでMVCのCとVの骨組みができた。

今の段階でWebブラウザーで各ページを表示させると、各Viewファイルの中身が表示される。

 

 

 

Modelの骨組み

次にMVCのMの骨組みを作ろう。

モデルは、具体的な処理内容(ロジック)を書いて、データを読み書きする部分です。

データベースを操作するSQL文もモデルに書きます

 

上記フォルダの中に「Chat_model.php」というファイルを作り、以下の内容にして保存する。

<?php

defined('BASEPATH') or exit('No direct script access allowed');

 

class Chat_model extends CI_Model

{

 public function __construct()

 {

  parent::__construct();

  $this->load->database();

 }

}

 

CodeIgniterで用意されてる「CI_Modelクラス継承して、プログラマーが「Chat_modelクラスを作ってる。

「Chat_modelクラスコンストラクターには、以下のように書いている。

$this->load->database();

これは、データベースを使用する準備だ。

 

Modelの追加に合わせて、さらにControllerも一部変更します。

 

Welcome.php編集

<?php

defined('BASEPATH') or exit('No direct script access allowed');

 

class Welcome extends CI_Controller

{

 public function __construct()

 {

  parent::__construct();

  $this->load->model('chat_model');

  $this->load->helper('url');

 }

 

 // 初期画面

 public function index()

 {

  $this->load->view('welcome_index');

 }

 

 // 更新画面

 public function update()

 {

  $this->load->view('chat_update');

 }

 

 // 削除画面

 public function delete()

 {

  $this->load->view('chat_delete');

 }

}

 

コンストラクター

$this->load->model('chat_model');

と書いて、「Chat_model」というモデルを読み込むようにした。

これで、モデルに用意するいろんな機能コントローラーで使えるようになる。

 

 

 

以上で、MVCの骨組み(スケルトン)だけを作成するプロセスを見ていきました。

まだ中身はスカスカで、何も機能がついてませんね。

次回は、データベースのCRUD操作を行なって、チャットメッセージを追加/取得/変更/削除する機能実装してみましょう。

 


anond:20181015215004 未経験からプログラマーなんだが全然からない

anond:20181016015826 増田プログラマー養成講座 その1 パソコンの用意

anond:20181016164341 増田プログラマー養成講座 その2 プログラムデータ+処理、プログラム言語の種類

anond:20181016180059 増田プログラマー養成講座 その3 構造プログラミングの基本(順次、反復、分岐

anond:20181016193144 増田プログラマー養成講座 その4 子ども向け教材「Scratch」で構造プログラミング練習

anond:20181017161003 増田プログラマー養成講座 その5 オブジェクトとは何か?

anond:20181017191404 増田プログラマー養成講座 その6 OOPの種類、PHPの準備

anond:20181019181549 増田プログラマー養成講座 その7 OOPの仕組み(前半)

anond:20181020230044 増田プログラマー養成講座 その8 OOPの仕組み(後半)

anond:20181022232327 増田プログラマー養成講座 その9 MVCフレームワークを使ってみよう

anond:20181023184616 増田プログラマー養成講座 その10 OOP参考書

anond:20181024214133 増田プログラマー養成講座 その11 データベースを使ってみよう

anond:20181026145516 増田プログラマー養成講座 その12 データベースの参考書

anond:20181028152656 増田プログラマー養成講座 その13 SQL文法

anond:20181031014212 増田プログラマー養成講座 その14 Webアプリの試作品作成

anond:20181101225335 増田プログラマー養成講座 その15 Webアプリの完成見本

anond:20181101230220 増田プログラマー養成講座 その16 Webアプリの完成見本(続き)

anond:20181104161900 増田プログラマー養成講座 その17 Webアプリの骨組み ←★今ここ★

anond:20181104233013 増田プログラマー養成講座 その18 SQLデータの追加と取得

anond:20181024214737 増田プログラマー養成講座 コンテンツ一覧

2018-11-01

増田プログラマー養成講座 その16 Webアプリの完成見本(続き)

anond:20181101225335 増田プログラマー養成講座 その15 Webアプリの完成見本」の続きです。

 

index.php編集

Webサーバーの時間設定がズレていると、メッセージ作成したときに、作成日時もズレてしまます

(=12時に投稿したメッセージが、3時に投稿したことになってしまう、等。)

時間がズレてた場合は、Webサーバーの時刻を一時的に変更する処理を追加しておきましょう。

 

index.phpファイルの先頭に以下の内容を追加します。

上記フォルダの中の「index.phpファイルを開いて、先頭付近(2行目辺り)に以下の内容を追加します。

<?php

date_default_timezone_set('Asia/Tokyo'); // 2行目あたりに追加

 

動作確認

以上で、簡易チャットWebアプリが設置できました。

ブラウザーアクセスして、動作確認してみましょう。

 

 

以上で、データベースを利用したWebアプリが用意できました。

コピー作成しただけでは、プログラム意味が分からないと思うので、次回以降プログラムの部分を解説してみます

次回は、

を見ていきましょう。

 


anond:20181015215004 未経験からプログラマーなんだが全然からない

anond:20181016015826 増田プログラマー養成講座 その1 パソコンの用意

anond:20181016164341 増田プログラマー養成講座 その2 プログラムデータ+処理、プログラム言語の種類

anond:20181016180059 増田プログラマー養成講座 その3 構造プログラミングの基本(順次、反復、分岐

anond:20181016193144 増田プログラマー養成講座 その4 子ども向け教材「Scratch」で構造プログラミング練習

anond:20181017161003 増田プログラマー養成講座 その5 オブジェクトとは何か?

anond:20181017191404 増田プログラマー養成講座 その6 OOPの種類、PHPの準備

anond:20181019181549 増田プログラマー養成講座 その7 OOPの仕組み(前半)

anond:20181020230044 増田プログラマー養成講座 その8 OOPの仕組み(後半)

anond:20181022232327 増田プログラマー養成講座 その9 MVCフレームワークを使ってみよう

anond:20181023184616 増田プログラマー養成講座 その10 OOP参考書

anond:20181024214133 増田プログラマー養成講座 その11 データベースを使ってみよう

anond:20181026145516 増田プログラマー養成講座 その12 データベース参考書

anond:20181028152656 増田プログラマー養成講座 その13 SQL文法

anond:20181031014212 増田プログラマー養成講座 その14 Webアプリの試作品作成

anond:20181101225335 増田プログラマー養成講座 その15 Webアプリの完成見本

anond:20181101230220 増田プログラマー養成講座 その16 Webアプリの完成見本(続き) ←★今ここ★

anond:20181104161900 増田プログラマー養成講座 その17 Webアプリの骨組み

anond:20181024214737 増田プログラマー養成講座 コンテンツ一覧

2018-10-31

画像保存するときいちいち保存場所聞かないでくれるかな

Webブラウザでも5chブラウザでもLINEでもそうなんだけど

画像を保存しようとするといちいちどのフォルダに保存するのか選ぶウィンドウが開く

んでこれが重い。マジで。正直ウザすぎる

保存場所なんていちいち変えないし、変えたければあとでまとめて移動するから、一律にダウンロードフォルダに保存してくれないか

新型mac miniが発売される

新型のmac miniがやっと出たが一番安いタイプでも89,800円(税別)する。この値段で4、5年戦えるなら妥当な買い物と言えるが不安はある。2014のmac miniを使っていた経験から言うとメモリは8GBでは足りない。WEBブラウザエクセルを開いただけでメモリほとんどを使い動きが遅くなるため最低でも16GBは必要だろう。そうなると22,000円(税別)を追加で支払わなければならない。ストレージSSDの128GBで十分だが、3.6GHzクアッドコア第8世代Intel Core i3CPUはどうだろうか。購入するかどうかはiFixitの分解動画を見てから決めたい。

増田プログラマー養成講座 その14 Webアプリの試作品作成

前回は、SQL文法を学びました。

今回は、データベースを使ったWebアプリ制作を通じて、SQLの使い方を確認してみましょう。

 

Webアプリとは?

WebブラウザーGoogle Chromeなど)で動作するアプリのこと。

ウェブアプリケーションWeb application)は、インターネット(もしくはイントラネット)などのネットワークを介して使用するアプリケーションソフトウェアである

多くの場合、これらのアプリケーションは、Webブラウザ上で動作するプログラミング言語(たとえばJavaScript)によるプログラムWebサーバ側のプログラム協調することによって動作し、ユーザはそれをWebブラウザ上で使用する。

 

準備

Windowsパソコンを使ってたら、「XAMPP」を使ってすぐにWebアプリを試作できる。

以前の講座(その6、その9)を参考にして、XAMPPCodeIgniterを用意しておこう。

 

Webアプリ制作の流れ

最近アプリの作り方は、「デザインスプリント」と呼ばれる方法流行ってます。本やネット情報がたくさんあるので調べてみよう。

 

ざっくりと、以下のような流れです。

  1. アイデア企画)を出す。
  2. アイデアを基に、ペーパープロトタイプ(紙の試作品)を作る。=アナログの試作品ノートなどにアプリの完成予想図、画面などを描く。
  3. ペーパープロトタイプを基に、動くモック(ハリボテ)を作る。=デジタルの試作品
  4. モック画面を基に、実際のプログラム作成して、アプリを完成させる。
  5. 完成したアプリを改良していく。

それでは順番にやってみよう。

 

アイデア

以前にデータベース練習をしたとき、「後で簡単チャット(おしゃべり)ができるWebアプリ作ってみたいと思う。」と言ったので、今回のアイデアは「チャットを作る」にしよう。

 

ペーパープロトタイプ

チャット必要な画面は3つある。

  1. トップページの画面(新規投稿投稿一覧がある)
  2. 投稿更新する画面
  3. 投稿を削除する画面

ノートなどに描いて画面をデザインしてみよう。

 

モック

Webページを作るには、HTMLCSS知識必要だ。HTMLCSSを使ったことがなければ、本やネット情報勉強してみよう。

今回はCSSを使わずに、HTMLだけでシンプルWebページを作ってみよう。(練習から余計なもの無駄を省きたい。)

 

Webページ制作ツール

ブラウザーテキストエディター(またはIDE)が必要です。

特にこだわりがなければ、Microsoftの「Visual Studio Code」という無料IDE統合開発環境)を使ってみよう。

インストール方法や使い方、メニュー日本語化のやり方は、検索して調べてみよう。

 

フォルダを作る。

デスクトップに「mock」というフォルダを作る。

 

ファイルを作る。

「mock」フォルダの中に

  1. index.html」 (トップページの画面)
  2. 「edit.html」 (投稿更新する画面)
  3. delete.html」(投稿を削除する画面)

という3つのファイルを作る。

テキストエディターで保存するとき文字コードを「UTF-8」にしておく。

 

ファイルの中身を編集する。

index.htmlファイルエディターやIDEで開き、以下のような内容に編集して保存します。(コピペする場合、行頭の字下げ(インデント)の全角スペースを半角スペースに置換して下さい。)

<!DOCTYPE html>

<html>

 <head>

  <meta charset="utf-8">

  <title>増田チャット</title>

 </head>

 <body>

  <h1>増田チャット</h1>

  <h2>新規投稿</h2>

  <form>

   <label>メッセージ</label>

   <input type="text" name="message">

   <button>投稿する</button>

  </form>

  <h2>投稿一覧</h2>

  <table border="1" cellpadding="5" cellspacing="0" bordercolor="#CCCCFF">

   <tr>

    <th>No.</th>

    <th>投稿日時</th>

    <th>メッセージ</th>

    <th>編集</th>

    <th>削除</th>

   </tr>

   <tr>

    <td>3</td>

    <td>2018-10-20 12:34:56</td>

    <td>Webアプリを作ってみる!</td>

    <td><a href="edit.html">編集</a></td>

    <td><a href="delete.html">削除</a></td>

   </tr>

   <tr>

    <td>2</td>

    <td>2018-09-10 22:33:44</td>

    <td>今日からプログラミングを勉強します。</td>

    <td>編集</td>

    <td>削除</td>

   </tr>

   <tr>

    <td>1</td>

    <td>2018-08-01 11:22:33</td>

    <td>こんにちは!</td>

    <td>編集</td>

    <td>削除</td>

   </tr>

  </table>

 </body>

</html>

 

「edit.htmlファイルエディターやIDEで開き、以下のような内容に編集して保存します。(コピペする場合、行頭の字下げ(インデント)の全角スペースを半角スペースに置換して下さい。)

<!DOCTYPE html>

<html>

 <head>

  <meta charset="utf-8">

  <title>増田チャット</title>

 </head>

 <body>

  <h1>増田チャット</h1>

  <h2>編集</h2>

  <p>メッセージを変更して「更新する」ボタンを押してください。</p>

  <form>

   <label>メッセージ</label>

   <input type="text" name="message" value="Webアプリを作ってみる!">

   <button>更新する</button>

  </form>

  <p><a href="index.html">戻る</a></p>

 </body>

</html>

 

delete.htmlファイルエディターやIDEで開き、以下のような内容に編集して保存します。(コピペする場合、行頭の字下げ(インデント)の全角スペースを半角スペースに置換して下さい。)

<!DOCTYPE html>

<html>

 <head>

  <meta charset="utf-8">

  <title>増田チャット</title>

 </head>

 <body>

  <h1>増田チャット</h1>

  <h2>削除</h2>

  <p>以下のメッセージを削除しますか?</p>

  <form>

   <p style="background-color:lightpink">Webアプリを作ってみる!</p>

   <button>削除する</button>

  </form>

  <p><a href="index.html">戻る</a></p>

 </body>

</html>

 

以上でモックWebページ(HTMLファイル)ができました。

Webブラウザーで「index.html」を開いてください。「編集」や「削除」、「戻る」をクリックして、チャットの画面を確認してください。

 

モックを作ってからWebサイトを作る方法

実務では「仕様書」という書類を大量に作る場合もありますが、時間と労力の無駄になっている場合が多々あります。(紙の仕様書はあまり使われる機会がない)

紙の仕様書アナログ)の代わりに、モック仕様書デジタル)として使うと、その後の段階がスムーズになります

どうしても紙でなければ困る場合以外は、モックをそのまま仕様書として使ってみましょう。

 

プロトタイプ作成ツール

モック(動くハリボテ)を作るための便利なツールがいろいろあります

 

 

 

ちょっと長くなったので、モックを基に機能実装プログラミング)するのは次回にしましょう。

 


anond:20181015215004 未経験からプログラマーなんだが全然からない

anond:20181016015826 増田プログラマー養成講座 その1 パソコンの用意

anond:20181016164341 増田プログラマー養成講座 その2 プログラムデータ+処理、プログラム言語の種類

anond:20181016180059 増田プログラマー養成講座 その3 構造プログラミングの基本(順次、反復、分岐

anond:20181016193144 増田プログラマー養成講座 その4 子ども向け教材「Scratch」で構造プログラミングの練習

anond:20181017161003 増田プログラマー養成講座 その5 オブジェクトとは何か?

anond:20181017191404 増田プログラマー養成講座 その6 OOPの種類、PHPの準備

anond:20181019181549 増田プログラマー養成講座 その7 OOPの仕組み(前半)

anond:20181020230044 増田プログラマー養成講座 その8 OOPの仕組み(後半)

anond:20181022232327 増田プログラマー養成講座 その9 MVCフレームワークを使ってみよう

anond:20181023184616 増田プログラマー養成講座 その10 OOP参考書

anond:20181024214133 増田プログラマー養成講座 その11 データベースを使ってみよう

anond:20181026145516 増田プログラマー養成講座 その12 データベース参考書

anond:20181028152656 増田プログラマー養成講座 その13 SQL文法

anond:20181031014212 増田プログラマー養成講座 その14 Webアプリの試作品作成 ←★今ここ★

anond:20181101225335 増田プログラマー養成講座 その15 Webアプリの完成見本

anond:20181024214737 増田プログラマー養成講座 コンテンツ一覧

2018-10-24

増田プログラマー養成講座 その11 データベースを使ってみよう

前回まで手続言語の基本(構造プログラミングオブジェクト指向プログラミング)を見てきた。

今回から問合型言語SQLを学び、データベースDB)を使ってみよう。

 

データベースとは?

大量のデータを記録して、活用するために特化したソフトウェアが「データベース」だ。

データベースには、いろんな種類があるけど、今回学ぶのは「リレーショナル・データベース」(RDB)だ。

 

データベースの利点

データベースがなかった時代の人々は、大量のデータを扱うのに苦労していた。

データベース活用すれば、人間は脳の記憶力を補完して、膨大な知識を扱うことができるようになる。

キミも今日からデータベース活用して、記憶力を100億倍にしよう!ドラえもんの暗記パンなんて目じゃないぜ!!!

 

勉強方針

 

MySQLの起動

MySQL無料で使えるRDBです。MySQLデータベース練習をやってみよう。

それではさっそく、以前インストールしたXAMPPで、MySQLを使ってみよう。

 

  1. xamppフォルダの中にある「xampp-control.exe」をダブルクリックしてください。
  2. XAMPP Control Panel」が表示されたら、一番上の「Apache」と次の「MySQL」の「Start」ボタンクリックします。

Port(s)が「80,443」「3306」と表示されたら、PHPMySQLが使える状態になってます

 

phpMyAdminの起動

Webブラウザー(Google Chromeなど)で、「 http://localhost/phpmyadmin/ 」というURLを開く。

phpMyAdmin」という画面が出てきたらOK

 

phpMyAdminとは?

phpMyAdmin」は、MySQL管理するツールです。

phpMyAdmin」で検索したら、使い方を紹介する記事が、たくさん見つかります

 

phpMyAdmin(ピーエイピーマイアドミン)はMySQLサーバーウェブブラウザ管理するためのデータベース接続クライアントツールで、PHP実装されている。

phpMyAdminを用いることで、SQL文を記述することなく、MySQLデータベースに対して様々な操作が行える。

また、ユーザ任意SQL文を記述して実行することもできる。

 

phpMyAdminの使い方解説ページ

検索したら、こんなのがありました。

 

データベース作成

それでは練習で使うデータベースを1個作ってみよう。

後で簡単チャット(おしゃべり)ができるWebアプリ作ってみたいと思う。(Twitterをショボくしたシステムw)

チャット用のデータベースとして「chat」という名前データベースを作ろう。

 

これで「chat」という空のデータベースが1個できた。

 

テーブル作成

RDBの「テーブル」とは、データを保存する表のこと。

「chat」データベースの中に、テーブルを1個作ってみよう。

 

すると「名前」「データ型」「長さ/値」「デフォルト値」…などの空欄がたくさん並んだ画面が表示されただろう。

4段ある上から順番に、以下の通り入力してくれ。

これでテーブル構造を設定することができた。

これら4段の下にある「ストレージエンジン:」欄は「InnoDB」にしておく。

ここまで入力したら、画面右下にある「SQLプレビュー」というボタンクリックしてみよう。

すると、

CREATE TABLE `chat`.`message` (

 `id` INT NOT NULL AUTO_INCREMENT ,

 `create_at` DATETIME NOT NULL ,

 `update_at` TIMESTAMP on update CURRENT_TIMESTAMP NOT NULL DEFAULT CURRENT_TIMESTAMP ,

 `message` TEXT NOT NULL ,

 PRIMARY KEY (`id`)

) ENGINE = InnoDB;

というSQL文が表示されただろう。

これが「SQL」というデータベース操作するプログラミング言語の書き方なんだ。

今はツールを使って自動的SQL文を作成したが、SQL文法を学べば、自分で書けるようになる。

とりあえず、今はphpMyAdminでMySQL簡単操作してみよう。

 

すると、画面左側のデータベース一覧で、「chat」の下に「message」というテーブルが表示されるようになっただろう。

これでテーブル作成ができた。

 

データ作成

データベースと、その中のテーブル(表)を作ったけど、まだデータが入ってないので空のままだ。

phpMyAdminでデータを1件、追加してみよう。

すると、

INSERT INTO `message` (`id`, `create_at`, `update_at`, `message`) VALUES (NULL, '2018-10-24 12:34:56', CURRENT_TIMESTAMP, 'Hello, world!')

というSQL文が表示されただろう。

これがデータ操作するSQL文の一例だ。これも後でSQL文法を学んでみよう。

これでデータが1件追加できた。

 

こんなかんじで、とりあえず、phpMyAdminでMySQLをいろいろいじって練習してみよう。

 

まとめ

 

次回以降の予定は、

  1. データベース参考書を紹介
  2. SQL文法
  3. データベース設計方法
  4. データベースを使ったWebアプリ作成
  5. データベース理論

といったかんじです。

 


anond:20181015215004 未経験からプログラマーなんだが全然からない

anond:20181016015826 増田プログラマー養成講座 その1 パソコンの用意

anond:20181016164341 増田プログラマー養成講座 その2 プログラムデータ+処理、プログラム言語の種類

anond:20181016180059 増田プログラマー養成講座 その3 構造プログラミングの基本(順次、反復、分岐

anond:20181016193144 増田プログラマー養成講座 その4 子ども向け教材「Scratch」で構造プログラミング練習

anond:20181017161003 増田プログラマー養成講座 その5 オブジェクトとは何か?

anond:20181017191404 増田プログラマー養成講座 その6 OOPの種類、PHPの準備

anond:20181019181549 増田プログラマー養成講座 その7 OOPの仕組み(前半)

anond:20181020230044 増田プログラマー養成講座 その8 OOPの仕組み(後半)

anond:20181022232327 増田プログラマー養成講座 その9 MVCフレームワークを使ってみよう

anond:20181023184616 増田プログラマー養成講座 その10 OOP参考書

anond:20181024214133 増田プログラマー養成講座 その11 データベースを使ってみよう ←★今ここ★

anond:20181026145516 増田プログラマー養成講座 その12 データベース参考書

anond:20181024214737 増田プログラマー養成講座 コンテンツ一覧

2018-10-22

増田プログラマー養成講座 その9 MVCフレームワーク

前回はオブジェクト指向プログラミングOOP)で使う様々な仕組みについて学びました。

今回はOOPWebアプリを作ってみよう!

 

今日学ぶこと

 

OOPの使いどころ

OOP文法を学んだ後、OOP長所が発揮される場面をどうやって説明したらいいのか?を考えてみた。

横田意見を参考にして、「フレームワーク」を使って、OOPの使い方を見てみよう。

 

フレームワークとは?

framework →「枠組み」「骨組み」「構造」などという意味英語

システム開発で使われる「フレームワーク」とは、よく使われる機能のパーツを用意して、まとめて1つのパッケージにしたプログラム群のことだ。

 

イメージとしては、いろんなおかずが入ってる豪華な幕の内弁当のようなものだ。

ただし、ご飯のマスだけが空になっていて、プログラマー自分ご飯を用意しないと、弁当としては完成していない形になってる。

普通の白いご飯を作って追加しても良いし、好みや必要に応じて、炊き込みご飯やまぜご飯を作って追加しても良い。

ゼロから豪華な幕の内弁当を作るのは大変だけど、ご飯だけ用意すれば完成するので楽ができる。

 

プログラムの開発でフレームワークを使うと、プログラマー必要最小限のコードを書くだけでアプリを完成させられるので楽ができる。

 

ライブラリーフレームワークの違い

フレームワーク」と似た用語で「ライブラリー」という用語がある。

イメージとしては、ライブラリーは、ばら売りのおかずだ。

弁当を作るときに使いたいおかず(ライブラリー)を自分で考えて探し出し、選ばないといけない。

フレームワーク最初からおかずが全部用意されているので、自分でわざわざ選ばなくてもOK

 

プログラム動作で見た場合フレームワークライブラリーでは決定的な違いがある。

↑このページの「図1●フレームワークにおける制御の反転」という図解を見てみよう。

制御の反転」(Inversion of Control、IoC)といって、自分の書いたコードが主役から脇役になってる点が違う。

 

(主役と脇役という説明は適切ではないかもしれないけど、イメージとしてはそんなかんじ?)

 

MVCフレームワークとは?

フレームワークはいろんな機能全部入りで、こいつを使えば、ちょっとコードを書くだけで、高機能アプリがすぐに作れる。

ここでは「MVCパターン」という仕組みで作られた「MVCフレームワーク」を使ってみよう。

 

MVCは「Model」「View」「Controller」の略で、MとVとCの3つを自分で用意すれば、アプリが作れちゃう仕組みだ。

MVC歴史は古くて、GUI(Graphical User Interfaceグラフィカルユーザインタフェース)を作る方法定番だ。

→「MVC 仕組み」でGoogle画像検索すると、分かりやすい図解がいろいろ出てくる。

 

(参考)

Wikipedia説明は、文章学術的で難しいけど、正確な説明になってると思う。

↑このページの「MVC概要」という図が、MVCの仕組み=動作の流れを分かりやす説明してる。

 

MVCの仲間たち

MVCパターンと似たような仕組みが、他にもいろいろある。

 

こういうプログラム設計に関するノウハウは、「アーキテクチャー・パターン」という分野に蓄積されている。詳細はGoogle検索してみよう。

 

WAF(Web Application Framework

Webアプリを作るときに使われるMVCフレームワークには、いろいろある。

WAFを使うと、Webアプリが手軽に作れる。

 

有名なものとして、

などが挙げられる。

 

PHPOOP学習しているので、ここではPHPのWAFの1つであるCodeIgniter」を使ってみよう。

 

CodeIgniterコードイグナイター)

CodeIgniterは使い方がシンプルで、覚えるルールが少ないので教材に向いているだろう。

それでは、CodeIgniterを使ってみよう。

 

準備

↑このページの「Downloadから「3.1.9.zip」という圧縮ファイルダウンロードする。(2018年10月現在バージョン3.1.9でした)

 

ダウンロードしたファイル解凍して、「CodeIgniter-3.1.9」というフォルダが出てきたら、「waf」という名前に変えよう。(「waf」はWeb Application Frameworkの略。)

今「waf」フォルダの中には、「index.php」というファイルや、「application」「system」などフォルダがあるね?

この「waf」フォルダを以前用意したXAMPPの中にコピーする。(参照:anond:20181017191404 増田プログラマー養成講座 その6 OOPの種類、PHPの準備)

=「C:\xampp\htdocs」(Cドライブの中の「xampp」の中の「htdocs」というフォルダ)の中に「waf」をコピーして下さい。

=「C:\xampp\htdocs\waf」という位置コピーできたらOK

 

動作チェック

これで「Welcome to CodeIgniter!」というWebページが表示されたら、CodeIgniter動作確認OKです。

 

CodeIngiterの設定

$config['base_url'] = 'http://localhost/waf/';

 

Webアプリ作成

それでは「Hello, world!」と表示させるシンプルWebアプリを作ってみよう。

 

MVC「C」作成する。

<?php

defined('BASEPATH') OR exit('No direct script access allowed');

 

class Hello extends CI_Controller {

 public function index()

 {

  $this->load->view('hello_index');

 }

}

ここで注目して欲しいのは、「class Hello extends CI_Controller」という部分です。

フレームワークが用意している「CI_Controller」というクラス継承して、自分で「Hello」というクラスオブジェクト設計図)を作っている、という点です。

ここでOOPの仕組み~継承を使ってるわけですね。

 

MVCの「V」を作成する。

次に、

<?php defined('BASEPATH') OR exit('No direct script access allowed'); ?>

<!DOCTYPE html>

<html>

<head>

 <meta charset="utf-8">

 <title>Test</title>

</head>

<body>

 <p>Hello, world!</p>

</body>

</html>

 

これでWebアプリができました!

今回は簡単なので、MVC「M」は用意しませんでした。(CとVだけで完成)

 

Webアプリ動作確認

Webブラウザーで「http://localhost/waf/index.php/hello」というURLアクセスして下さい。

画面に「Hello, world!」と表示されたら、Webアプリ作成成功です!

 

Hello, world!」の表示だけではショボ過ぎるけど、Webフレームワークを使えばもっといろいろな機能が作れます

詳細は、CodeIgniterマニュアルを参照して下さい。

↑このページで「ユーザガイド(日本語)」を読んでみて下さい。

 

まとめ

 

次回は、OOP理解を深めるための参考書を紹介してみます

 

Webアプリを作るときデータベースがないと不便なので、次の次ぐらいにSQLを学ぼう。

MySQLデータベース)を使えば、掲示板などのWebアプリも作れるようになります

 


anond:20181015215004 未経験からプログラマーなんだが全然からない

anond:20181016015826 増田プログラマー養成講座 その1 パソコンの用意

anond:20181016164341 増田プログラマー養成講座 その2 プログラムデータ+処理、プログラム言語の種類

anond:20181016180059 増田プログラマー養成講座 その3 構造プログラミングの基本(順次、反復、分岐

anond:20181016193144 増田プログラマー養成講座 その4 子ども向け教材「Scratch」で構造プログラミング練習

anond:20181017161003 増田プログラマー養成講座 その5 オブジェクトとは何か?

anond:20181017191404 増田プログラマー養成講座 その6 OOPの種類、PHPの準備

anond:20181019181549 増田プログラマー養成講座 その7 OOPの仕組み(前半)

anond:20181020230044 増田プログラマー養成講座 その8 OOPの仕組み(後半)

anond:20181022232327 増田プログラマー養成講座 その9 MVCフレームワークを使ってみよう ←★今ここ★

anond:20181023184616 増田プログラマー養成講座 その10 OOP参考書

anond:20181024214737 増田プログラマー養成講座 コンテンツ一覧

2018-10-17

増田プログラマー養成講座 その6 OOPの種類、PHPの準備

前回は、オブジェクト説明をした。

今回は、オブジェクトの使い方=オブジェクト指向プログラミングOOP)を学ぼう。

 

OOPの種類

オブジェクト指向プログラミングには、

  1. クラスベースJavaC++など)
  2. プロトタイプベースJavaScript、Ioなど)

などの分類があります

ここではクラスベースOOPを取り上げる。学習時間を短縮するために、Javaよりも簡単PHPOOPの基本を勉強してみよう。

 

PHPとは?

PHP (プログラミング言語) - Webページ作成のために用いられることの多い汎用プログラミング言語一種

PHPは誰でも手軽に使えるように工夫された、軽量なプログラム言語です。

 

PHPの準備

WindowsパソコンPHPを使うために、XAMPPというソフト無料)をインストールしよう。

 

XAMPPはいくつかバージョンがあるけど、ここではUSBメモリに保存できる「ポータブル」を使ってみよう。

↑このページにある「xampp-portable-win32-7.2.10-0-VC15.zip」をダウンロードして、ZIPファイルを展開します。

解凍して出てきた「xampp」をCドライブ直下コピーしてください。

これでPHPの実行環境XAMPP)の準備は完了です。

 

XAMPPの起動

Port(s)が「80,443」と表示されたら、XAMPP上のApacheWebサーバーソフト)が起動して、PHPが使える状態になってます

Apacheを止めるときは、「Stop」ボタンクリックします。)

 

PHPスクリプト作成

phpとは - はてなキーワード http://d.hatena.ne.jp/keyword/php

↓こんなかんじのサンプルコードがあるよね。

<?php

print("Hello, world!");

?>

プログラムソースコード増田に直接書くと、エスケープされて違う文字になるので、上の例では一部文字を置き換えてある。)

上記の表示の中で、全角文字の不等号「<」「>」を半角文字の不等号に置き換えて下さい。)

増田プログラムコード貼付けられないのか。不便だな!)

以上で、PHPプログラミングの準備と動作確認ができた。

 

PHPの基本文法

PHPの教材は、本やネット上の記事動画などたくさんある。自分で分かりやすものを探して読んでみよう。

ここではドットインストールPHP入門を参考にしてみよう。

 

3分程度の動画が30個=90分。最初は内容を理解できなくてもいいから、とりあえず全部一通り見てみよう。(1巡目は雰囲気だけつかめOK

 

「つまづきノート」の作成

2巡目以降は分からないことがあったらノート等にメモして、後で1つずつ解明していこう。

著者あとがき

 

私はGitを学ぶのに、実はとても苦労しました。それと同時に、「きっと同じように困っている人が他にもたくさんいるはずだ」と考えました。「理解するのに数日かかることを、短い時間でパパッと学べるコンテンツを作りたい」そう思いつき、「マンガでわかるGit 第1話」個人サイトにて公開したところ、いきなり、はてなブックマークで800ブックマークされました。

 

“つまづきポイント”を先回りするために

私は、Gitを使い始めて以降、わからないことがあったら「つまづいたこノート」に書いてきました。なお、本書の執筆にあたっても、日々勉強しながら解説を書くという形でした。わかばちゃんが「なんでこうなるの?」と疑問に思う部分は、私が過去につまづいた部分です。

 

ドットインストール PHP入門
(1) PHP利用の準備

 

(2) 構造プログラミングの基礎知識

 

(3) オブジェクト指向プログラミングの基礎知識

 

(4) その他、Webサイト作成一般的知識

 

(今回は、PHPの準備、PHPの基本文法理解までで終わってしまったorz

URLリンク10個以上貼ると、日記が書き込めないみたいなので、増田では記事を分割せざるを得ない。)

次回は、OOP関係している内容(#18~#24)を一緒に確認してみよう。

 


anond:20181015215004 未経験からプログラマーなんだが全然からない

anond:20181016015826 増田プログラマー養成講座 その1 パソコンの用意

anond:20181016164341 増田プログラマー養成講座 その2 プログラムデータ+処理、プログラム言語の種類

anond:20181016180059 増田プログラマー養成講座 その3 構造プログラミングの基本(順次、反復、分岐

anond:20181016193144 増田プログラマー養成講座 その4 子ども向け教材「Scratch」で構造プログラミング練習

anond:20181017161003 増田プログラマー養成講座 その5 オブジェクトとは何か?

anond:20181017191404 増田プログラマー養成講座 その6 OOPの種類、PHPの準備 ←★今ここ★

anond:20181019181549 増田プログラマー養成講座 その7 OOPの仕組み(前半)

anond:20181020230044 増田プログラマー養成講座 その8 OOPの仕組み(後半)

anond:20181022232327 増田プログラマー養成講座 その9 MVCフレームワークを使ってみよう

anond:20181023184616 増田プログラマー養成講座 その10 OOP参考書

anond:20181024214737 増田プログラマー養成講座 コンテンツ一覧

2018-09-27

anond:20180927095420

今のVRゴーグルVR用のwebブラウザが搭載されていてその中でDMM見るとか普通にできる。

映画館風になる)

DMMもそれで見られることは見られるだろ。遮蔽性が増すから普通動画でも臨場感大分アップするぞ。

2018-09-04

anond:20180904004015

自分でも何を言っているのかわかってない 、そもそもGNU以前にフリーソフトウェアオープンソースの違いを理解していなそうって感想
なお、GNUの中心人物ストールマンについてはは wiki 読むだけでおおよそお分かりいただけると思う

MITに在籍しているが無給である。定住のための住居を持っていない。彼は、この生活について「私はいつも安上がりな生活をしてきた……つまり学生みたいにね。私はそういう生活が好きなんだ。そういう生活なら、カネの言いなりになる必要がないからね」

追跡を受けることで重大なプライバシー侵害が生じうるという理由携帯電話を持たないことを推奨

入室の時間と回数の追跡が可能になるという理由で、オフィスのある建物カードキーを使うことを避けている

WEBブラウザは非推奨

個人的理由からGNUFSF自分のページかそれに関連するページ以外は自分コンピューターから直接ブラウズすることはないと述べている。

その代わりとして、wgetを動かしているサーバーメールを送り、見たいページをメールで送らせる

Why Open Source misses the point of Free Software
https://www.gnu.org/philosophy/open-source-misses-the-point.ja.html

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん