「CLAMP」を含む日記 RSS

はてなキーワード: CLAMPとは

2021-06-12

百合だなあと思う漫画映画アニメ小説のまとめ

読んだことのある、観たことのある、漫画小説映画アニメ百合だなあと思ったもの感想まとめてみた。

敬称略

漫画

ポプテピピック/大川ぶくぶ →誰がなんといおうと百合なんだよ!!文句言うな!

うさぎのふらふら/隈井 →とてもお気に入り雰囲気最高。なぜ2巻しかないのか?

CCさくら/CLAMP →知世ちゃんが神。わたし永遠アイドル

ハクメイとミコチ/樫木祐人 →うーん百合なのか?作者の今後の展開次第。別に百合方面に展開しなくても大好きだよ!

はなにあらし/古鉢るか →他の百合漫画をすごく研究してるように見受けられる。技巧的な印象

少女革命ウテナ最近でた続きの巻)/さいとうちほ →川上とも子の不在が漫画にまで影響している…悲しい

わがままちえちゃん/志村貴子 →志村貴子

青い花/志村貴子 →志村貴子

・おとなになっても/志村貴子 →志村貴子

・娘の家出/志村貴子 →志村貴子

シャドーハウス/ソウマトウ →百合って括りの読者もいるらしいがピンとこない

・陽だまりに寄り道/嶋水えけ →短くまとまっている。まあまあ

乙女ケーキ/タカハシマコ →超好き。本で持ってたの手放したけど買い直したやつ

少女終末旅行/つくみず →神…!!!泣く。シメジも良い

シメジシュミレーション/つくみず →うーん悩むけど少女終末旅行より好きかも?そもそも四コマって形式が好き

メジロバナの咲く/中村明日美子 →美麗

コレクターズ/西UKO →百合はまあまあだが本好きという設定の人物本屋写真を撮るのはやめましょう

新米姉妹ふたりごはん/柊ゆたか →わりと真剣面白いし登場した料理作ってみたくなる

ゆりこん/久川はる →明るくて好き!時々読み返す

ユリ熊嵐/森島明子 →ふつう面白いアニメ全部観てないです…

・NKJK/吉沢緑時 →お気に入りお笑い×シリアス×百合。時々読み返す

ムルシエラゴ/よしむらかな →ぶっとんでて良い。さわやかさすら感じる

・人でなしの恋(画集だけど)/沙村広明 →捉え方次第では百合

映画

アデル、ブルーは熱い色 →レア・セドゥ最高最高最高最高

キャロル →途中盗聴されるあたりつらいけど好き

オーシャンズ11 →まあまあ

攻殻機動隊(実写) →ファンの作った同人映画って感じが半端ないけどあのシーンは悪くなかった

アンモナイトの目覚め →エンディングの後、どうなるんだろう気になる。想像ちゃう

アニメ

少女革命ウテナ →アンシーが飛び降りようとするところ泣いてしまう本当に

少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録 →人生で一番観た映画台詞含めてもはや美しい音楽

ユリ熊嵐 →最後まで観れてないけど雰囲気は好き

シムーン →「アーエール!!!」のシーンが好き。アングラス……

灰羽連盟 →レキ大好き、最近見返したけど皆良い

THE IDOLM@STER →運動会の回とかいおまこ

THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! →最初から売れっ子で強めで素晴らしい

小説

・茨の城/サラ・ウォーターズ →なかなかに面白い。読み返すかは不明

わたしを離さないで/カズオ・イシグロ →ルースキャシーへの粘着百合みある

キャロル/パトリシア・ハイスミス →映画とまた違う良さ

・卍/谷崎潤一郎 →悪女さん…周囲の巻き込み方が半端ない

マラケシュ心中/中山可穂 →濃ゆい!!かなり好き

・白い薔薇の淵まで/中山可穂 →ちょいちょいある男サゲはどうかと思うけどなんだかんだ好き

ナチュラルウーマン/松浦理英子 →のっとふぉーみー

ハーモニー/伊藤計劃 →意外とキアンが好きだ

・アステリズム花束を(百合SFアンソロジー) →手放したけど色のない緑がまた読みたくて買い直した

レズビアン短編小説集 →『マーサの愛しい女主人』、『しなやかな愛』が特に良い

■番外 ソロ百合

フラニーとゾーイー/サリンジャー の中の『フラニー』 →男女のカップルの会話中心だけど、なんだろう百合を感じる(フラニーの中に)

フラニーとゾーイー/サリンジャー の中の『ゾーイー』 →兄と話しているだけだけど百合を感じる(フラニーの中に)

2021-05-27

男女ユニット

ミュージシャンの男女ユニットは数多い。ドリカム、ルクプル、ラブサイケデリコ最近でもグリムスパンキーやYOASOBIと枚挙にいとまがない。夫婦でなくても、むしろ夫婦でないほうが長続きする印象すらある。ミュージシャンは共同制作をする時性別にそこまでこだわらないように思う。

漫画だとこうはいかない。女性だけのCLAMP室山まゆみは長続きしているが、男女ユニットの話となるとまず聞かない。ねこぢるもりしげといった不幸な結末ばかり思いつく。ミュージシャン漫画家、この差ってなんですかね。

2021-05-20

anond:20210520000331

増田のこの動画

Closer - Retro '50s Prom Style Chainsmokers / Halsey Cover ft. Kenton Chen

https://www.youtube.com/watch?v=jemgIOAjGDw

19歳になったのび太くん、長すぎる手足をくねくねしてCLAMP漫画みたいできもいなって思ったけど

歌は絹みたいになめらかでいいな

モテるわ、こののび太くん

chinsmokersってダブステだかEDMじゃなかったっけ

2021-04-30

anond:20210430014248

そうだね。CLAMPのXの続き読みたいよね。

2021-04-23

CLAMP先生のXはもう期待しない方がいいか

いつまで休載してるのよ

2021-04-13

anond:20210413012455

そりゃ作者が覆面漫画は見るに値しないってことだろう。そういう漫画はたいてい複数人で描いている。

MAJIDE!?CLAMP最低だな。複数人漫画家って例えば誰?赤松さん家とか?ゴルゴプロ

それは事実から仕方ないんじゃ?

100ワニはなんであそこまであからさまにやったんだろう。

逆にステマバレても大丈夫か「バカ民衆」が試されてた?

所で映画とかはどこいった?あーーん?

これはたいてい事実だが

大衆バカかどうかはともかく、オレンジジュースを水で1000倍薄めたようなののほうが好まれる傾向はありそう

分かりやすエロとかもね

ココが違うんだろうね。だから伸びない。

ふーん。ん、でも。読者視聴者拝見者に対して見下してる感情があればそれは明らかに伝わるし、

こういう表現しても理解できないだろうから、かなり分かりやすくするしかないなってのは

どのクリエイターでもどの表現者でも(2度目)考える事だと思う

2021-03-31

anond:20210331231539

好きなことを仕事にできる道を、やたら減らすのは、いやだなと思った。

 

clamp野球漫画同人誌描いてた。それが理由彼女らが逮捕されたり、多額の賠償金の支払いを命じられていたりしたら、今、色んな人が熱狂している作品はなかったんだよな、と思った。

2021-03-04

anond:20210304152140

InfinityはJavaScriptが標準で持っていてどこからでもアクセスできる定数(読み取り専用変数)の名前。その名のとおり無限大を表す

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/Infinity

 

min, maxはこの関数内で定義されている普通変数定義がないように見えるかもしれないが、引数のところに書いてあるので使用できる

var getParamNumber = function(paramNames, min, max) {

 

で、valueにはたぶん文字列が入っているのでparseInt(value, 10)で10進数の数値に変換するわけだが(parseIntの第二引数は基数)、

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/parseInt

このときvalueが未定義だったり、まったく数値化できない謎の文字列が入っていたりすると「NaN」という特殊な数値になってしまい、こいつは厳密には0ではないため問題を引き起こすので、そういう変な値がとれてしまった場合ちゃんと0にする必要がある

「parseInt(value,10) || 0」と書くことにより「左辺(parseIntの返値)を真偽値とみなして判定し、もし偽として判定される値(0, NaNのほかnull, undefined等が該当する)であれば||の右辺(0)を採用する」という意味になる

 

.clamp()って標準のメソッドにあったっけ…?まあ一般的想像すれば、数値がminmax範囲を超えていたら範囲内におさめるってことじゃないの

javascriptに詳しい人、教えてくれぇええ~~

ツクールゲーム作ってみたくてプラグイン見てるんだが

DWindow.jsっていうののプログラムの流れが分からんのだ。

部分的抜粋しているが、

        if (arguments.length < 2) min = -Infinity;
        if (arguments.length < 3) max = Infinity;
        return (parseInt(value, 10) || 0).clamp(min, max);

これがさっっっぱり分からん。Infinityは何処から出てきた?

10か0かっていうのも、窓の数は最大10って書いてあったが、それが問題なのか?

min,maxはどこから来たんだ…。

やりたいのが、これと同じように「変数」の値を設定するとして、

その変数には配列を入れたいと思っているんだ。

配列ループして色々確認したいのだが、そもそも配列はどうやってやるん?となってる。

getParamNumber配列はできるのか…?

Numberだけでなく、String配列も使う予定だ。うーーーーーーーーーーーん。

javascript勉強サイト確認したら分かるものなのか?

もっとソース貼ろうとしたら、匿名ダイアリーに怒られたので載せられん…。

すまんが、詳しい人教えてくれ。

2020-12-25

anond:20201224221746

めちゃくちゃわかる。CLAMPはすごいが。

2020-12-19

anond:20201219050236

少女漫画少女が読んでる漫画は全く別という根本のところを勘違いしてる。

少年漫画少女漫画といった呼び名はいわゆるレーベルで、ブランドカテゴリであって、実際の漫画の中身や顧客層とはまったく関係がない。

ジャンルで書いてる漫画家なんかは分かりやす

CLAMPが「カードキャプターさくら」を「なかよし」で連載してKCデラックスコミックスを出せば少女漫画

CLAMPが「ツバサ」を「週刊少年マガジン」で連載して講談社コミックスで出せば少年漫画

当然、この2つは雑誌に合わせて作風ターゲットは違い、実際のファン層で言えば男女逆転してる可能性すらある作品だがファン重要なのではなく、ブランドが全てなのである

涼宮ハルヒの憂鬱」は一般的認識ライトノベルだが、子ども向けの角川つばさ文庫でも出ており、そこで読んだ少年少女涼宮ハルヒ子ども向けの小説認識して読む。レーベルっていうのはそういうことである

少女女性が読むNo1漫画鬼滅の刃であることとは別の話なんだ

2020-11-22

anond:20201122184253

増田CLAMP高河ゆんのような二次創作同人あがりの作家をどう思ってるのか興味ある。

大御所人気作家から批判するなと言っているわけではない。

2020-11-20

anond:20201119175017

こういうのって表向きはCLAMPみたいに集団で書いてるってことにすればセーフになったりしない?

流石にそんなざるなわけないか

2020-11-11

anond:20201027175120

薦めておいて漫画の方しか思い出せなかったので見てみた。…まあ…とても古くさい。映像きれいなんだが、当時の漫画記号てんこ盛り。

ノリに馴れるまでは恥ずかしくてたまらいかもしれない。自分は生まれる前のアニメとかも見たりするし好きな感じ。

もし CLAMP が好きなら原作リスペクトな良いアニメだと思うよー。当時の漫画原作アニメとしては珍しいくらい。音楽すぎやまこういちなの今知った)も OP も良い。

2020-11-04

anond:20201103120547

30代でも30代前半と後半では大きくちがうと思う

今の30歳前後って学生の頃にニコニコpixivがあって、ハルヒらきすたけいおんハガレン銀魂テニプリ見て育った世代だし、割とオタ文化に寛容なイメージ

特に女性幼児期アニメセーラームーン小学校の頃のCLAMP種村有菜作品で割とオタ文化に慣らされてるイメージ

あの広報担当女性アラサーなんじゃないか

2020-10-27

anond:20201027005506

そういえばレイアースって見た事なかった。

CLAMP作品xxxHOLiCを見たぞ。あれは結構好き。

レイアース面白いのかな?

鋼鉄三国志26話見終わったら見てみるよ。今まだ10話だけど(白目)

って、レイアース49話あるぞ。ガンダムかよ。長えよ。

しか1900年代の作品か。なかなか気合が要りそうな…。

anond:20201026213917

とりあえずで26話見れるのすごいな…

レイアースは? CLAMPだしロボだし

2020-10-26

チェブラーシカ見終わってしまったので次に見るものを探す。

東京BABYLONEアニメ化ということで、ここは一つ昔の漫画アニメ化作品でも見るか…と思いLOVELESSを見てみる(そこはCLAMP作品に行けよ…)

…きっつ。

いからじゃなくて内容がきっつ。

あと、ありがちなキャラがウザすぎて無理だ。

敢え無く視聴断念し更にアニメを探す。もう古いの見るしかない。

ということで鋼鉄三国志という謎タイトルアニメを見てみる。

26話もあるけど大丈夫だろうか?

OPド頭で、ん?と思いつつスルーして視聴。

それにしても怖い顔のキャラデザだなあ。

主人公気合が入りすぎてるエレン・イェーガーみたいな顔だ。目ぇひんむてる。

つーか誰だよ。三国志疎いんだよ。最低限の人物しか分からん

なんか微妙な設定の三国志アニメだなあ。

まあ、鋼鉄っていうくらいだからボアニメかなんかかと思ったけども。

とりあえず見るか。

26話か…。

東京BABYLONリメイク

原作が描かれてから実に三十年近くが経つという。

三十年前、なにもかも懐かしい。

バブル崩壊不景気は一時のもの日本に明るい未来があるとほとんどの人間がまだ信じていた時代

当時俺はマンションの一室でメガドラゲームを作っていた。

CLAMP仕事部屋の隣で。

オチはない。

2020-10-19

anond:20201019120503

CCさくらなんざCLAMPだしオタクから見たら最初からロリコンオタク男狙いがあからさまだったし実際そっち方面の人気の方が強かったけど

表向きは上手いことそれを隠して少女向けという事にしたか

ロリオタク男に人気だった事実はなかった事にされて、その世代元少女が懐かしむコンテンツ扱いになってる

逆に忍たま小学生新聞連載でEテレアニメ化というもろど真ん中健全知育コンテンツなのに

堂々と成人女性向けの2.5次元舞台作られてるんだよな

2020-10-14

やはりCCさくらの罪は大きいのか。

NHK教育少女誌と一見子供向けど真ん中に見せて、蓋を開けると当時すでに商業的に成功したCLAMPによるロリータ文脈の可愛らしさ

主題歌には今でいうアイドル声優のはしりだった坂本真綾、豪華声優

あんなのオタク勘違いしないはずがない

2020-10-11

2017年に僕が見ていた特撮TVアニメ作品一覧その2。

anond:20201008200533

anond:20201009122304

anond:20201009122752

anond:20201011103651

に続いて備忘録として2017年に見ていたアニメタイトル簡単感想と一緒に50音順に書き記してみたい。

2017年

僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件

悠木碧さんが声を担当する所謂耳年増な女の子ヒロイン作品だった気がする。タイトルの「しょびっち」は処女ビッチ略称らしい。地上波放送するTVアニメでは使えないワードからそういう変更は仕方ないと思う。

政宗くんのリベンジ

ラブコメ作品かと思いきや主人公目的ヒロインへの復讐で異色な感じかも?と思った。中々人気があったらしくて当時話題になっていた気がする。サブヒロイン巨乳だったからかメインヒロインより人気だった覚えがある。

アニメ政宗君の偽者が現れてこの先どうなる?という何とも続きが気になる中途半端な所で終わったような気がする。原作販促としては良い手段だと思った。

魔法陣グルグル

2017年にまたグルグルアニメ化したという事で結構話題になっていた気がする作品原作90年代作品なので何だか空気が懐かしい感じの作品だった。このアニメ主題歌が好きだったなあ。

原作を2クールギュッと凝縮したという事でかなり駆け足だったらしいけど、原作や旧作からファンにも結構評判は良かった気がする。完全新規ファンの僕は何の予備知識もなく楽しめた。

終盤で旧作の主題歌挿入歌として流された事には旧作を知らない僕でもグッと来てしまった。いきなりこのアニメから見始めても純粋コメディファンタジーアニメとして十分に面白いと思う。

魔法使いの嫁

借金のカタに売られた幸薄そうな女の子が異形の魔法使いに買われお嫁さんとして修業をするお話だった気がする。とても雰囲気が良い作品だった。主題歌名曲揃い。欧州舞台世界が滅びない女神転生って感じがする。

異世界現代日本でなく遠く離れたヨーロッパ舞台ファンタジーアニメは珍しいかも。一部グロテスクだったりショッキングなシーンはあるけど、視聴を辞めたくなるほど過酷では無かった気がする。それでもかなりショックだったけど。

鉄血のオルフェンズで悪役ジャスレイの叔父貴を演じた竹内良太さんが得体の知れない不思議魔法使いが演じていて、声優さんの演技の幅に驚いた。コワモテのような印象と穏やかな印象を同時に受ける不思議キャラだった。

ドラゴン妖精などおとぎ話世界の住人が実在していて時に人間と触れ合う事もあるという話に夢を感じる。雰囲気的に恐らく女性向けの作品なんだろうけど、女性キャラ巨乳セクシーな人も多くて嬉しかった。

個人的2017年は好きなアニメが多かったという印象が残っているのはこの作品の影響もある。現実幻想の間に居るような作品雰囲気が本当にとても良かった。話は綺麗に纏まってるけど、何年か待てば二期が来るかも。

無責任ギャラクシー☆タイラー

無責任艦長タイラーこと宇宙一の無責任男シリーズの遥か未来舞台にした作品らしい。5分アニメだったけど。富士見ファンタジア文庫時代タイラーに似ている悪役キャラが出ていた気がする。

メイドインアビス

大人ファンタジー漫画アニメ化作品。可愛らしい絵柄に反して展開や怪我描写がとんでもなくショッキングだった。麻酔抜きで腕を切断するシーンなどあまりに痛そうで見るのもつらかった。評判通りナナチは可愛かった。んなー。

ようこそ実力至上主義の教室へ

暁の護衛というゲームシナリオライターとして有名な作家さんのライトノベルアニメ化作品。生徒達が色々頭脳戦を繰り広げるシリアスな学園物だった覚えがある。

最終回付近でいきなり女の子同士が格闘技で戦い始めて驚いた事を覚えている。何の裏も無く悪そうな奴らが実は色々と考えてる悪い奴らだったとか、実は主人公が一番怖いみたいなどんでん返し最終回にあった気がする。

リトルウィッチアカデミア

魔法使いに憧れた女の子魔女学校に入って色々と騒動に巻き込まれアニメだったと思う。放送当時人気あったなあ…と懐かしくなる。少年役の印象が強かった竹内順子さんが大人の色香溢れる女性を演じていて驚いた。

全体的に話の流れはあるけど1話で完結してるエピソードもそこそこあった気がする。ハリー・ポッター天使ラブ・ソングを...のマギー・スミス氏の吹き替え担当する谷育子さんが魔法学校校長先生役な事にニヤリと出来た。

この作品を見て百合好きな人気持ちを少し分かった気がした。途中から暗い展開が続くけど最後ハッピーエンドでホッとした事は覚えている。綺麗に終わったけど、いつ続編が出ても不思議ではない作品だと思う。

RWBY

アメリカからやってきたアクションファンタジーアニメキャラクターデザインが日本アニメのようで吹き替えで見ると日本スタジオが作ったアニメを言われても違和感がないかもしれない。僕は最初日本で作られた作品だと思っていた。

特殊能力を持った少年少女達がその能力を使って怪物と戦ったり思想の違いか対立し争うような作品だった気がする。キャラクターの滑らかな走り方を見て真・女神転生Ⅲの主人公修羅連想した気もする。

Re:CREATORS

空想キャラクターが現実世界に現れたらどうなるか?という誰もが一度は考える夢のようなシチュエーションを実際にやってみたアニメキャラクターや創作物に対してクリエイターはどのように向き合うべきか?という話だった気がする。

放送当時僕は1話を見逃したので2話から見始めた。作画品質を保つためか総集編を何度かやっていた覚えがある。OPから澤野弘之節が全開で始まる澤野弘之さんのファンには堪らないアニメじゃないだろうか。

終盤は展開が駆け足気味でどうしても消化不良な印象が残るキャラが居たりで放送当時は結構不満の声を聞いた。それでも全く違うジャンルキャラ現実に現れて交流するという話は夢があって面白かった。

2017年再放送で見たアニメ

怪物くん

怪物ランドのプリンス怪物くんの人間界での生活を描いた作品タイトル主題歌は有名だけどちゃんと見たのはこの再放送が初めてだった。ドラキュラはいかにスネ夫的なキャラだと思ったら声もスネ夫役の肝付兼太さんだった。

ワンピース主人公ルフィはこの怪物くんの影響を受けているんだろうなと思える所があって面白かった。能力一時的に膨らみ巨大化したと思ったらその後風船が抜けたように小さくなったり。それと腕も伸びる。

最終回で明かされた怪物くんのちょっとした秘密は微笑ましかった。怪物くんのフィアンセ怪子ちゃんは少し怪物くんらしからぬ美少女だったような記憶がある。怪物くん達が赤ん坊を拾って皆で頑張って育てる話が好きだったなぁ。

Yes!プリキュア5

プリキュアシリーズ4作目。今作からプリキュアふたりではなく5人組になり主役の女の子ピンクイメージカラーになった。今現在プリキュアシリーズイメージはこの作品で固まったんだろうなという気がする。

初期のプリキュア恋愛要素があったけどこの5は特にその要素が強いと思う。お供妖精のココ様がイケメン。その親友ナツ様もイケメン魔法少女物のマスコットキャラを見目麗しいイケメンにしようと考えた人は天才だと思う。

やや年の離れた少女青年の恋が描かれたという点でセーラームーンに近いのかな?と思った。その影響か放送当時本来ターゲットである女児のみならず少し上の年齢層にも受けたんだとか。見ているとその理由がよく分かった。

から女子中学生教師恋愛を恋を描いたのはまずかったのか、その後プリキュア恋愛要素は薄くなった。これまでのプリキュアにも度々出演してきた高木渉さんが演じるブンビーさんはとても人気があったらしい。僕も好きだった。

Yes!プリキュア5GoGo!

プリキュアシリーズの5作目。プリキュアシリーズの中でも2年連続で同じキャラ達が主役を張る作品は初代とこの5だけである事を考えると人気があったんだろうなと思う。個人的に主役周りの恋愛要素が薄くなっていたのは残念。

前作でプリキュア達に迷惑をかけてしまった妖精ミルクが、追加戦士ミルキィローズとして参戦し大活躍してくれたのが嬉しかった。シャイニールミナスもそうだけどやはりミルキィローズ女児から絶大な支持を得て人気があったらしい。

Max Heartの時と同じくキャラ舞台を変えず8クール話が続くとマンネリを感じるなぁと思った。実はこの5GoGo!がどういう話だったのか僕は未だに理解出来ていない。前作から続投のブンビーさんが最後に報われたのが嬉しかった。

幽☆遊☆白書

週刊少年ジャンプで連載していた大人漫画TVアニメ化作品。再放送アニメ定番という印象があったけど、通しで最後まで見たのはこの時が初めてだった。主題歌名曲揃いでどの曲も本当に良かった。好きな作品

ジャンプ作品原作アニメオリジナル長編が無く原作最後までアニメ化した稀有作品だと思う。原作で詳細が描かれなかった魔界統一トーナメントの戦いを補完してくれたのが嬉しかった。

原作最終回で亡くなられたあるキャラアニメ最終回ではまだご存命だったのは嬉しいサプライズだった。アニメ向けに改変された所も含めて、このアニメを作った人は本当に幽白の事が好きなんだなと思った。良いアニメです。

戦闘メカ ザブングル

富野由悠季監督ロボットアニメ串田アキラさんの主題歌がとにかく良い。MIOさんの挿入歌もカッコいい。井荻麟さんの作詞は本当に良い物だと思う。アウトロー物な雰囲気主人公達も善人と言い難いのが意外だった。

コメディなノリのアニメとして有名だけど、実際に見たところ本当にコメディチックなノリになるのは最終回間際にどこか吹っ切れてからで、そこまでは中々シリアス作品だったと思う。登場人物もどんどん死んで予想より重い話だった。

あるキャラクターの声を一度だけ島本須美さんが当てていたけど、次に登場した時声優さんが変わっていたのが印象に残っている。今だったら叩かれそうだと感じる展開もあって、昔はどこか大らかな空気があった事が伝わってきた。

人間洗脳・強化するマッドサイエンティストが居たり、荒廃した地球を見捨て一度宇宙に逃げた人類が長い時を経た後また地球に戻ってきたり、その後の富野監督作品でお馴染みの要素が見られるのが面白かった。

コードギアス 反逆のルルーシュ

一昔前流行流行った大人気ヒット作。僕は放送当時見ていなかったので再放送で初めて見たけど、人気が出たのも納得の内容だった。今見ると00年代中期の作品ってこういう作画だったなあと懐かしい気分にも浸れた。

巨大ロボットと一人一能力超能力バトルという一見噛み合わなさそうな要素が上手く噛み合っていて驚いた。主人公目的のためなら手段は選ばないというピカレスクロマン的な作風に惹き付けられた人は多かったろうなと思う。

キャラクター原案に漫画家のCLAMPを起用したり学園物の要素を取り入れるなど、ロボットへの興味が薄い女性でも楽しんで見られそうな工夫がされていたのも良かった。こういう「濃い」作品、時々見たくなりますね。

今回も抜けがあるかもしれないけど、ひとまずこんな物だったと思う。まだ3年前だから結構内容について覚えている作品も多かった。

それでもこうやって内容を思い出すと「あれって本当に3年も前だったっけ…?」とどうしても思ってしまう。とてもそんなに経った気がしない、不思議

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん