「民主党政権」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 民主党政権とは

2021-05-10

はてブに欲しい機能

タグミュートかな。

はっきり言って、はてサには民主党政権経験者としてはついて行けない。

政治オリンピック共産党弱者男性フェミあたりのタグは即ミュートに入れる。

2021-05-09

福岡のCOVID-19感染者増加は当然

いよいよ福岡でも週明けの12から緊急事態宣言が再発令されるわけだが、個人的にここ最近町中で見かけた状況を考えると「当たり前だよな」と思った。

居酒屋ノーマスクで談笑する人達の急増

前回の緊急事態宣言下においては居酒屋そもそも閉まっていたり、開いてても閑古鳥が鳴いていた場合が多かったが、緊急事態宣言解除以降居酒屋屋台の人出が顕著に増加していた。

ただ、個人的にはこの人達をあまり批判する気にはなれない。

一年間にわたって場当たり的な緊急事態宣言を散発的に発令と解除を繰り返していて根本的な対策は何も進んでいないのに「緊張感を持ち続けろ」なんて無理に決まってる。

緊張感を持たなくて良いというのでは無く、目に見えない脅威に対して緊張感を1年以上にわたって持ち続ける前提の作戦を立てるのはバカのやることだということだ。

現実逃避する有権者の選んだ現実逃避する政権の場当たり対応は今後も続く

安倍政権時もそうだったが、安倍菅政権の後始末を進んでやりたがっている政治家なんて野党はおろか自民党内にもほぼいないので、少なくとも数年はこの惨めな状況が続くことは容易に想像できる。

危機的状況→場当たり対応→無策で息抜き危機的状況...というループをいつ脱することが出来るのだろう。

ワクチン接種も遅々として進んでおらずどんどん変異株も発見されている現状では先行きは暗いと言わざるを得ない。

「痛みを伴う施策」が打てない自民党

バカを言うな、といわれるかも知れないが、3.11民主党政権原発村や各種族議員界隈を敵に回したことを利用して散々揶揄して歴史的大勝を果たした今の自民党は全方面中途半端配慮した愚策しか打てない。

今の状況で痛みを伴わない解決策など無いので打てる手がない。

特定界隈に痛みを背負わせたらそれはすなわち自滅を意味する。

問題先延ばし限界に達しつつあるが、それでもまだ「問題先延ばししか行わないところからもそれは明らかだ。

ワクチンで一発逆転を祈っているだろうが、既存ワクチン有効性が低下した変異株もどんどん発見されているため、それも実現性は未知数だ。

かに責任押し付けて逃げることも出来ず、解決策も実現性は低く、ただ追い詰められるだけという状況は今後も続く。

「少しの間我慢すれば乗り切れるはず」という甘えを捨てよう

そもそも検査数を絞って無症状感染者を野放しにしているこの国ではCOVID-19を押さえ込むことなんか無理なのだから、「他の島国を参考にして乗り切ろう」なんて甘えを捨てよう。

COVID-19と共に生きるしかないんだ。

anond:20210509173931

民主党政権ほとんど良かったんだけど

が良くなかった

anond:20210509084711

縮小市場に対し、政府資金的支援必要だったが実際に行われたことは逆だった。脇田が振り返る。「日本にも国立研究機関における基礎研究民間企業の開発研究資金的に橋渡しする厚生労働省外郭の財団はあった。しか民主党政権事業仕分けやり玉に挙がってしまった。米国のような研究開発のサポートの仕組みはその後も不十分だ」

https://toyokeizai.net/articles/-/391283?page=4

感染症研究については厚労省がおこなうべき仕事であり、国立感染症研究所に一

極集中すべき、とのことから、この事業については廃止または予算の削減という結論が出た様ですが、非常に乱暴

感じられます

https://www.mbsj.jp/youbou09/kinkyu_forum.pdf

はい。君は脳なしw

2021-05-05

緊急事態宣言延長らしいけど今まででこんなに醜態晒し政権ある?

正直東日本大震災の頃の民主党政権が可愛く見えてきたんだが

自民党不信ではなく政治不信

無党派と言うのは政治不信なので、自民党も信じてないし野党も信じていない。理由は恐らく民主党政権の印象がすこぶる悪いのと今の自民党コロナ対策がなかなか上手くいってないと思われているところだろう。

からズレるが念の為書いておく。このように書くと間違いなく民主党政権の良いところや自民党コロナ対策の良いところを挙げる奴が出るが、政治というのは実際がどうであれ今国民がどのように感じるかが全てなので極端な話実際の結果なんぞ関係ない。

話を戻すと、自民党コロナ対策ダメでもそもそも無党派政治不信なので政治に携わっている野党もまた信用に値しないと考える。だからそれぞれが自分裁量で考えて自粛したり出かけたりするようになる。無政府状態地域では自分の身は自分で守らなければならないがこれに近い事が日本では起きている。そしてこの無党派政治を信じないのでどんな政党がどんな政策を打ち出してもほとんど関心もないし、信用もしない。当然彼らを票田にすることはできない。

彼らは自分自分の周りにいる人を守り、連帯していくことを考えている。彼らを唯一取り込みうる勢力があるなら外部から政治破壊する団体だ。具体的には革命家テロリストと呼ばれる人々だ。今はまだ現実的ではないが、自民党立憲民主党無党派を票田として囲い込むよりはまだいくばかの実現性がある。

anond:20210505111835

前段は納得できるんだけど、中段から?ってなる。

サンデープロジェクト太田総理放送が終わったのは2010年、思いっき民主党政権下なんですが。

 

追記

えっと、なんかブコメ引用されて、以下のようなブコメがあったみたいなので答えておきますね。

id:camellow TVタックル等の終了と自民党を関連付けた記述はないのに鬼の首を取ったようにそこを突っ込むのは読解力なさすぎでは

 

元増田

しかしそうした番組野党を利することに気づいた自民は、政権復帰後に議員テレビ出演を極度に制限するようになった。また懐柔と圧力を巧みに使い分けて、野党議員だけの一方的な出演を許さなくなった。

と書き、その前段で、

しか2010年代になってから、「サンデープロジェクト」「太田総理」は消滅し、「TVタックル」も政治家ほとんど出演しなくなった。「朝まで生テレビ」ですら、政治家の出演はかつてに比べて激減している。

と書いている。時系列を知らない人間であれば、自民党政権与党に復帰した後に政治バラエティ番組圧力をかけ、野党を含めた政治家が出演できなくなった。その結果、「TVタックル朝まで生テレビ」は政治家の出演が激減し、「サンデープロジェクト太田総理」は消滅した、と解釈するだろう。

政治バラエティ番組がなくなった・減った→野党議員露出が減った→野党議員認知度が減った

ならわかるよ?それはそうだと思う。

でも元増田はそこに「自民党政権圧力」を加えちゃったんだから、どれに対して圧力があったのか書かない限り例示されているものすべて、つまりサンデープロジェクト太田総理」を含めて「自民党政権圧力」で終了に追い込まれた、って解釈するのが普通だと思いますけどね。

これらと自民党政権無関係だというなら、自民党政権圧力をかけたという番組を例示するべきだろう。

 

一応念のために言っておくと、元増田が嘘をついている!とまでは思ってませんよ?

単に文章力が低いだけだと思ってます

から「中段から?ってなる。」っていう書き方をしてるんですね。

野党支持率低迷は政治家テレビに出なくなったか

https://anond.hatelabo.jp/20210504201554

政権与党が強くて野党が低迷しているのは、政治家が多く出演する政治報道系の番組が激減したのが一つの理由

2000年代後半は、与野党政治家積極的テレビに出演していた。「サンデープロジェクト」「太田総理」「TVタックル」など。しか2010年代になってから、「サンデープロジェクト」「太田総理」は消滅し、「TVタックル」も政治家ほとんど出演しなくなった。「朝まで生テレビ」ですら、政治家の出演はかつてに比べて激減している。(ちなみにこれらの政治番組報道としてレベルがあまりに低く、劣悪きわまりない公務員叩きと歯の浮くような民間企業礼賛が多かったので、減ったこ自体は非常に喜ばしいことだと思う。)

小泉政権の頃は、野党はもちろん自民党も、テレビ積極的に出演して支持を拡大するという方針があった。しかしそうした番組野党を利することに気づいた自民は、政権復帰後に議員テレビ出演を極度に制限するようになった。また懐柔と圧力を巧みに使い分けて、野党議員だけの一方的な出演を許さなくなった。与党政治家が出演しなければ、野党政治家が出演して政策理念を訴える機会も自然となくなっていき、国民の多くが野党政治家の顔と名前もわからない状態になっていく。それに加えて、希望の党の時の離合集散維新の会の分裂などで、余計に野党の状況がわかりにくくなってしまった。

そのように、野党好き嫌いというより、野党の何を支持したらいいのかがそもそもからないのである選挙公約における政策自体は、与党もそれなりにまともなことを言っており、むしろ野党公約には「消費減税」など現実性が低そうな政策が並んでいるなど、野党への投票を躊躇してしまう要素が多い。

国会官僚への合同ヒアリングなどで、かろうじて野党政治家メディアに映るときもある。しかし、それがさらイメージ悪化させている結果になっている。そこでの野党政治家の質疑はしばしば詰問調だが、現在の世の中では否応なく「パワハラ」を連想させてしまう。首相閣僚相手はともかく、正面から言い返えせない感染症専門家官僚相手にも同じことをやってしまっている。パワハラに敏感になっている若い世代には、「野党の人たちはなんか怖い」というイメージが強くなっている。野党支持者たちのツイッターの、「政権与党無能でやる気がない」という一方的攻撃的な批判も、「怖い」というイメージを増幅させている。テレビ出演機会が多ければ、人間的に柔らかい部分も出せるのだが、その機会が奪われてしまっている。


追記

サンプロ太田総理民主党政権の時期に終わったはずと言うコメントがあったが、これは重要ポイント。こうした番組政権交替直前に喧伝していた、「増税しなくても無駄遣い削減だけで可能マニフェスト」を結局実現できずに内輪揉めを繰り返したことで、同時に民主党政治家が大挙出演していた政治番組も、視聴者に愛想をつかされた。結果、民主党野党に下った後もテレビに出演する機会がなく、民主党政治家は「未熟」という印象だけを残したまま、急速に世間から忘れさられて今に至ってしまっている。その後、田原総一朗の「主張」をぶつけ合う番組はなくなり、池上彰の「解説」に徹した番組ばかりになったのも必然だろう。田原総一朗も少しは反省してほしいところだが・・・

自民党の圧倒的組織票とは

anond:20210504201554

どうも自民党三世議員市町村議員)です。

元増田の「自民党の圧倒的組織票」という部分が気になって久しぶりに投稿するよ。

自民党組織票というとそれっぽく聞こえるんだけど、じゃあそれって何? って聞くと答えられないんじゃないかな。

もちろん三師会医師歯科医師薬剤師)や建設業界、農業関連団体郵便局長等からは熱心に応援してもらってるけど、これらの業界団体自民党が「政権与党」だから応援してくれるのであって、例えば民主党政権の時は民主党にひっぺがされてた。ほかに地方選挙では、こういう団体は現職首長応援に回るから、必ずしも自民党の圧倒的組織票ではないんだ。そりゃ団体利益を守るのであれば、時の権力者につかないとダメだわな。

でも唯一、自民党組織票といえるものがあって、それは自民党地方議員組織。なんじゃそりゃと思うだろうけど、説明するからちょっと待って。自民党には全国1700の自治体に必ず系列議員複数人いて、議員それぞれに後援会があって、議員一人が数百から数千の票を持っている。それが総選挙になるとフル稼働して自民党基礎票になってる。

俺もたまに住民から自民党応援組織があるからいいわよね~」と言われることがあるけど、国会議員にはこうした地方議員組織の票がつくけど、地方議員には自分自身組織票のものから、他の応援組織があるわけではないんだよね。

で、なんで自民党地方議員組織票といわれるほどに選挙一生懸命になるかというと、エサがあるから。エサっていうのは、アンリさんからカネもらえるとかそういうのじゃなくて、自民党地方議員として地道に活動していれば、議長にもなれるし、党地方組織役職もつける、それに首長からも一目置かれるし、役所対応野党議員とは違う。自民党を離党したら、役所対応が急に変わったといっていた人を知っているよ。あと、運のめぐりあわせによっては、市議県議になったり、県議国会議員市長知事になったりもできるからね。こういう組織活動を頑張る方向にインセンティブがあるから一生懸命やるのよ。

野党地方議員がかわいそうなのは自分たち関係のないところで政党がすぐ分裂するから自分所属政党がすぐかわっちまうのよ。市議とか県議とかかわいそうだと思うよ。国会議員の都合で突然所属政党がかわっちまうんだから。それでいて、現場有権者に一番接するのは自分たち地方議員からね。「なんだよお前、この前までそよ風党だったのに、今は強風党かよ。なんだ、次は竜巻党か!?」って。ただでさえこんな状態から野党地方議員国会議員選挙に対して一生懸命やるかといえばそうでもない。だって自分の後援者のところにいって「〇〇さんをなんとかお願いします」なんていっても、その〇〇さんがコロコロ政党が変わったら、自分の信用にキズがつくからね。地方議員場合は「上の都合で政党名が……」なんて言い訳がつくけど、国会議員はまさに当事者からね。

そう、話を戻すと、自民党組織票っていうのは、その政党地方議員組織なのよ。公明党共産党も違う部分は多いけど、地方議員一生懸命活動して党に貢献すると報われるシステムがあるのは一緒。汗をかいた度合いで、公明場合信仰ポイント共産場合は党序列ポイントたまるからね。あ、維新大阪で長く続いてるのは、大阪では自民党と同じ構造からだよ。

まり言いたいことは野党(立憲・国民民主)は組織システムマネジメント組織活動一生懸命頑張らせる構造)を構築した方がいいよということ。自民公明共産(と大阪維新)は地方議員が動くように組織設計されているから。このままじゃ、ブームで一発はあるかもしれないけど長くは続かないよ。

自民党ひとり勝ちは民主党自滅のせい

小選挙区比例代表並立制二大政党制をうながすものとして期待されていた。

そして事実として民主党政権誕生した

同時に自民党歴史的惨敗を喫した

なぜなら小選挙区比例代表並立制はそういう制度から

しか民主党は次の選挙で大惨敗し、自公は大勝した。

なぜなら小選挙区比例代表並立制はそういう制度から

まり惨敗しても次の選挙あるいは次の次ので逆転することは可能だった

民主党はそのつもりで持ちこたえれば良かったのに自壊して自滅した

あの頃に戻る、つまり政界再編成して次を狙える野党を作ることは当面無理だろう

https://anond.hatelabo.jp/20210504201554

2021-05-03

anond:20210503125537

自公政権下野したとして、誰がやるかをちゃんと考えないと民主党政権悪夢再来になってしま

立民=外国出身者、反日活動家幹部に多数いるのでダメ

共産=論外。過去共産主義支持の総括と党名変更、破防法指定団体の解除が先。M元委員長殺人疑惑の解明も不可欠

都民ファーストパフォーマンス優先の都知事コロナ対策を見てたら政権なんてとてもとても。5年前に排除発言によって希望空中分解してくれて本当に良かった

維新外野から見てると大阪改革は頑張ってるように見えるけど、当事者になったら違うわな。まあでも、橋下になら一度やらせてやってもいいかもしれない

俺は積極的自民支持者じゃないけど、消去法でやっぱり自公しかないんだよ

対案求む

2021-04-23

東京五輪民主党政権負の遺産

まずはこのWikipediaを見てみよう。

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC2020%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E6%8B%9B%E8%87%B4%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A#%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC

お気づきだろうか。東京五輪招致活動は、民主党政権の時に旗揚げされ、野田元総理など民主党議員が多数評議会に送り込まれて活動していたことを。

安倍マリオなどの最後の仕上げこそ自民党に譲ったが、立ち上げるだけで大変な作業だし、9割型民主党政権の実績と言ってよいだろう。

だから、東京五輪で今いろいろ騒ぎになっているが、批判すべきは自民党だけでなく民主党の残党たちも含まれるはずである。

2021-04-21

anond:20210421183732

野党時代民主党政権書類の保存や不適切管理批判しながら、自らも同じような書類の破棄とかやってんじゃん

今の野党を支持できないのはわかるけど、だからって今の政権をアクロバティック擁護するのは知能がひくすぎる

2021-04-20

anond:20210420122442

今となっては自民党も同じくらい酷いからな。それ以上もある

でも、自民党は支持されるんだよな

やってる感が上手いのか何なのか

経団連とかそういう経済団体とかの意を汲んでるからなのか

民主党経験不足な上にリーマンショック震災があったからな

少なくとも民主党汚職とか改竄みたいな事はなかったように思うがな

就職が厳しかったのはあるが、それにしても量的緩和が正解だとは今は思わんな

金融政策は基本、格差拡大しかならんってのが、自分評価だわ

自民党支持者で民主党政権を嫌ってた自分でも、民主党政権の評価妥当だったとは思えんな

anond:20210420170906

生活保護ハードルの高さは数十年指摘されてきた課題

民主党政権で捕捉率に関する公的調査が初めて行われて、実情把握が行われたわけだが、その後また調査すらしなくなった。

あと、生活保護制度問題として、一度受け始めるとかえって再起が難しい運用がされている。

ヨーロッパだと長期の失業給付職業訓練提供など、いろんなプログラムが用意されている。

いくらでもやることはあるわけだが、自民党政権のうちはそんなの望むべくもないと思うよ。

生活保護尊厳破壊される惨めな環境で、それに落ち込まないためには時給がいくら安くても、酷使されようとも、不安定派遣労働にしがみつく方がまだマシだ、と国民に思っておいてもらう必要があるからね。

2021-04-17

anond:20210417180853

途中までは成功していたよ。

自民党のせいで中国(と韓国)が怒ってるんだ、自民党がすべて悪いんだ、政権交代すればいいアジア外交関係が築けるんだ。

そういう方向にもっていきたかったんだよ。

で、実際に民主党政権誕生した。

漁船衝突事件すら中国の主張するまま日本が悪いことになっていた。

そういう風に実質的支配下に置いたうえで”表面上の融和ムード”を出せば完成。

ただ現実sengoku38の行動はもちろん、そもそも民主党政権グダグダ外交も「学べば学ぶほど~」とか言い出してブレブレ。

結果的に(完璧じゃないにしても)ある程度の安全保障思想のある政党じゃないとダメだ、となってまた政権交代。叩かれ続けた自民党中国に甘くなるわけもなく、ってところだね。

anond:20210417075306

売国マスコミデマに踊らされてるね

友達利権をばらまいたのは民主党政権太陽光発電買取利権典型的。超円高政策韓国利益を渡したのもそう)

安倍総理が何もする前から、アベガーとか言い出したのは、利権をばらまけなくなったからとにかく下ろしたかっただけ

下々に利益が回らないのは、財務省の均衡財政政策のせい

バブルになってお金が回ると、他省庁がいうことを聞かなくなるから多少不景気のほうが財務省にとっては都合がいい

2021-04-14

anond:20210412141123

 私はここ二十年ぐらいに共●党に投票している。ただし党員でもないし、積極的に支持しているわけでもない。一人の市民として「反・新自由主義」の立場ものから、それを意思表示しようとすれば他に選択肢が無いので、仕方なくそうしているというだけのことであるしかし、これは私個人選択と行動であって、何も他人押し付けるつもりは全くない。

 リベラルまたは左派政党/政治家に対する「弱者からの支持が伸びないことについて考えた、n=1の私の個人的な意見を述べる。

 結論から先に言えば、政党政治家のものよりも、その応援団を務めるマスメディア知識人が悪い意味で目立ち、ネガティブイメージ有権者に植え付けたことが大きな要因だと思う。簡単に言えば「あん人間たちが支持しているということは、その支持対象である政党/政治家も信用できないな」という素朴な不信感である

 不信感の全てを列挙することは私の能力では不可能だが、いくつか例を挙げる。

= = =

(1) 自民党から民主党政権交代が起きる直前の頃には、テレビ新聞で盛んに「年越し派遣村」の話題を取り上げていたように記憶している。

 しかし、民主党政権樹立を果たした年の年末には報道も下火となり、「年越し派遣村」の場所は非公開となり、利用者の姿や肉声もほとんど報道されなかった。

 今でも当時と変わらない境遇で苦しんでいる人たちがいるはずなのに、あれから年末テレビ新聞も「年越し派遣村」あるいはそれに類する活動を、自→民政権交代前ほどには報道しなくなった。

 マスメディア知識人にとって、庶民貧困問題は、自→民政権交代の起爆剤としての利用価値しか無かったのだろう。そのような不信感を抱かせてしまった。

(2) 鳩山政権は「最低でも県外」を合言葉にして、沖縄県米軍基地負担を減らすことを明言した。当時、東京拠点にする大手マスメディア知識人もそれを支持した。

 しかし蓋を開けてみれば、それは「九州離島基地負担を打診する」という「沖縄県以外の地方負担押し付ける」内容だった。「鳩山由紀夫公約を守れるように、東京(あるいはメディア関係者知識人居住地)に米軍基地を誘致して応援します」と言ったマスメディア関係者知識人はいなかったと記憶している。

 沖縄県以外で米軍基地負担している県の負担は「存在しないもの」として扱い、沖縄県以外の県には負担押し付けても構わないとする、大手マスメディア知識人欺瞞が明らかになった。

 念のために言っておくが、私の居住地米軍基地負担している。

(3) リベラル左派が、庶民からの支持を集められたかもしれない機会が、過去に一度だけあったと思う。

 それは、某俳優が「テレビ韓流コンテンツばかりだから自分は見ない」と発言して、世間マスメディアから猛烈にバッシングされた時である

 あの時、某俳優に対する反論の主流は「テレビ局が韓流コンテンツを流す理由は、制作費/人件費コストを安く抑えられるから」というものであった。これは、おそらく事実であろう。

 しかし、それは国内労働者雇用喪失国内産業の空洞化を招く道筋である労働者雇用考える人や団体ならば「民族差別には与しないが『国内労働者雇用を守る』という意味でならば、私(たち)は某俳優問題提起に賛同する」と意見表明をするべきであった。反・権力左派支持の態度を普段はとっている芸能界関係者も、某俳優発言当時は「国内労働者雇用を守れ」とは言わなかった。

 あの時は排外主義者たちが某テレビ局前でデモをしたようだが、もしも同じ頃にあれに負けないぐらい「国内労働者雇用を守れ」というデモを展開できていれば、左派存在感をアピールできたのではないだろうか。しかし、そうはならなかった。

 「普段は、マスメディア知識人は『反・権力』や『左派思想の支持』を訴えているが、いざとなれば労働者の味方になってくれないのではないか?」と、根深い不信感を植え付けてしまった。

 実際、その不信感を裏付けるように、コロナ流行演劇業界ブラック労働環境搾取実態が白日の下に晒された。

= = =

 はてなブックマークでは、リベラル左派批判する声に対して「どうせ野党には投票しないくせに」と言われることが多いように思う。だから野党投票している人間の一人として書いた。

 自民党の独り勝ちでは健全ではない。そういう意味では、まともな政権運営能力のある野党が育つことが望ましいことには同意する。しかし、だからといって野党やその支持者への疑問や不信を飲み込んで黙り込むのも、同じくらい不健全であろう。

 私自身はリベラルとも左派とも自認してはいないのだが、それでもリベラル左派の考えや意見を読み聞きして、学ぶことも少なくない。(もちろん、リベラル左派からでなくとも、学ぶことは多々ある。)学んだことのうちで、重要なのは対話可能性を諦めない」「他者に対するミニマムな信頼感を捨てない」といったこである

 これを目にした野党支持者が何を考えて、どう行動するかまで私がコントロールする訳にはいかないが、何処かの誰かに届いて何らかの良い影響を齎してくれればと願う。

2021-04-07

anond:20210407121242

民主党政権が出来た時みんな本当に期待したんだよ?

あの圧勝にも現れてるように

今じゃネトウヨキチ番組であるそこまで言って委員会」でも

次の選挙民主党かつかも?みたいな情勢になった時政権交代を支持してたくらい

人間最初から期待してないよりも期待させられて裏切られた方が相手を憎むものなんだよ

結果が同じだったとしてもね

anond:20210407115106

立民ってまず民主党政権のアレコレで死ぬほど嫌われ者であるっていうのを自覚してスタートしないとどうにもならないよな

anond:20210407084934

政権はとれないでしょ。

小選挙区制で、自民党地盤を抑えている以上、もう民主党政権みたいなことは起きないと考えていい。

ただ、最初から白旗上げてると求心力がなくなるからポーズとしてやっているだけでしょ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん