「権力闘争」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 権力闘争とは

2020-07-13

ポリコレやBLMって単なる権力闘争では?

何がしかクラスタに対して一般化した配慮を求める、なんていう発想がそもそも変なんだよね。

大陸文化は戦乱と階級闘争が多かったかギルド組合ができやすかったけど、そうした横を基本とする制度が縦を基本とする日本性質と合わないんじゃないか、とふわっと思う。

実は同調圧力って日本のもののように扱われてきたけど、海外ではより顕在的で同調圧力が表立って発生してるだけでは。

日本場合同調圧力は潜在化して空気として扱われる。

潜在的同調圧力は単なる爪弾きや村八分だが、顕在的な同調圧力団体ごと軋轢を生む。

当然クラスカ化が進む結果、団体ごとの結束が同調圧力として導入されている。

その派閥争いがポリコレLGBT、BLMなんじゃないか

要するにこれってもともと自分たち覇を唱える帝国主義的な思想なわけで。

すると腐女子帝国の皆様が帝国主義的に振る舞うのは案外正しい用法と言えなくもない。

ちょっと意図がわかりにくいな。

まりは「一様に」「私達全てに」配慮しろと言ってるんだよね。上に挙げたポリコレとかそういう人たち。

ここで逆に個人の思いは潰されてて、例えばゲイなら全てのゲイが今と違った社会になってほしいと願っている、という争いに自動的に巻き込まれる仕組みになってる。

2020-07-09

anond:20200708212950

漫画ではなくラノベ原作アニメである

魔術師オーフェンの新作アニメを見はじめたら

「たるい、あまりにも丁寧すぎて辛い」と感じた

いやだって、ここ10年のラノベ原作アニメファンタジー物つったら

・いきなり序盤から多種多様能力者同士のバトル

・いきなり序盤から多種多様人外の異種族が多数登場

キャラごとに服装や髪のデザインも色彩も多種多様

・敵味方とも固有名のついた派手な技をばんばん出す

そんなんが普通やん

魔術師オーフェンときたら牙の塔の連中は服装も髪の色も皆ほとんど同じで

ほとんど地味ぃに人間人間戦闘あるいは権力闘争の話ばかり

いやこれがバトルがメインでないリアル歴史志向作品なら

「そういう物」と思って見られるが、少年漫画的バトル物ファンタジー元祖

と思って見ると、昨今の電撃文庫原作アニメに比べて地味さが拭えなかった

(ちな俺は40代後半だが、旧作オーフェンも激烈な大ファンという程ではなかった)

2020-07-07

[] #86-12「シオリの為に頁は巡る」

≪ 前

最初から傾向はあったけれど、ランキング制がその方向性を決定付けたといえる。この星形シール小宇宙戦争における勲章であり、権威象徴なのだろう」

俺は栞に何かを書くことも、シールを貼って評価することも、あくまで“本来目的”に付加価値をつけただけと思っていた。

だが違う、“逆”だったんだ。

彼らにとって大事ものは栞にこそあって、その対価としてシール存在していた。

本はそのための土台に過ぎない。

食玩のように“本来目的”は菓子ではなく、おまけの玩具の方にあった。

本のために栞があるのではなく、栞のために本があったんだ。

あん星屑のために権力闘争ごっことはな。ナンセンスって言葉はこのために生まれたんだろう」

タケモトさんの露悪的な言動も、事ここに至っては適切に思えた。

「はー……」

虚構よりも遥かに不合理な現実に、俺はただ吐息を漏らす。

自分の「せめて理解しよう」という生半可な歩み寄りは、まったくもって甘かった。

同じ空間にいる同じ人間のはずなのに、異世界に見たこともない生き物が佇んでいるように見える。

しろ近くで見れば見るほど、その認識は強固になっていくようだった。

彼らは優雅コーヒーを飲みながら読書を嗜んでいるように見えて、その実は泥水をすすりながら栞と睨めっこしていたんだ。

その有り様は思っていたよりも複雑で、多様で、繊細で、滑稽だった。

様々な感情がない交ぜになり、咀嚼は困難を極め、飲み込むなんて以ての外。

本に張り巡らされた紋様だけの栞と、そこに降り注ぐ流星雨

それを無理やり言葉にするならば、結局こう表現するしかない。

「きっしょ……」

一日に二回も“きっしょ”なんて言ったのは初めてだ。

しかし俺のボキャブラリーでは、それ以上に妥当表現が分からなかった。

「おい、テメー!」

俺が本についた栞を眺めていると、突如として謎の怒号が店内に響いた。

「テメーだったのか!」

店内にいた一人の男が、そう言いながらズンズンこちらに近づいてくる。

「やっと見つけたぞ! ボブ!」

男は俺を指差した。

ボブ……って、まさか俺のことを言っているのか?

「ここで会ったが百年目! 恨みを晴らしてくれる!」

男の様子からして、ただ事じゃないのは確かだ。

しかし俺には全く身に覚えがなかった。

「あの、何に怒っているか分かりませんし、あなたと俺は今日が初対面でしょう。それに俺の名前はボブじゃないんですけど……」

とぼけるな! その栞が何よりの証拠!」

この時、たまたま俺が持っていた栞はボブの物だったらしい。

それで俺がボブだと勘違いしたようだ。

「いや、俺はボブじゃないですよ」

「散々、おれの書くことにケチつけやがって……そのせいで周りまで追従してバカにしてくる。それもこれもテメーのせいだ!」

人違いだって言ってるのに男は勝手に盛り上がっている。

というか仮に俺がボブだったとして、逆恨みもいいところだ。

所詮このブックカフェ内で起きた小競り合いだし、今まで面識もなかった相手だろうに、なぜここまで怒り狂えるのだろうか。

「何だその目は……とことんコケにするつもりか!?

こちらは何も言っていないが、男はどんどん増長していく。

俺の冷めた視線が男を逆なでしたらしいが、多分どう対応しても無駄だったろう。

完全にノイローゼだ。

「おれをここまで追い詰めた、テメーが悪いんだ!」

男は叫びながら、こちらに向かって猛スピードで突っ込んでくる。

その行動に対し、俺は驚きや恐怖よりも諦念に近い感情が湧きあがった。

俺は溜め息を吐きながら、受身を取る準備をする。

「マスダ、危ない!」

しかし吹っ飛ばされたのは男の方だった。

センセイが間に割って入り、男を天高く放り投げたのである

華奢なセンセイから想像もつかない、何とも豪快な技だ。

投げられた男は勢いよく本棚突っ込み、崩れ落ちた本に埋もれてしまった。

静観を決め込んでいた他の客も、これにはザワつく。

「センセイ、助けてくれて感謝しますけど、ちょっとやりすぎたんじゃ……」

相手武器を持っている可能性も考えたら受け止めるのは危険だった。これがベターだよ」

次 ≫

2020-07-06

作品に不満がある事とその作品アンチである事はイコールではないんだよ!という話

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズという作品がある

2015年に一期が始まり2017年に分割で放送された二期が完結した、まあ色々と賛否両論作品放送終了から3年経った今でも話題になる事が多いタイトルである

正直に言うと僕はこの作品の一期が好きではなかった。主人公三日月・オーガスを始めとした主役組織鉄華団の面々が好きではなく、逆に悪役である治安維持組織ギャラルホルンの側に肩入れしていたのが原因だと思う。

三日月はそれまでのガンダムにも中々居ない割り切ったドライ性格で、敵兵士を無表情で射殺する、初対面の相手絞殺しかける、戦う事への迷いや敵への容赦が殆ど無いガンダムには比較的珍しいタイプ主人公だった。

鉄血のオルフェンズの一期はその三日月くんの所属する民間軍事組織鉄華団」が、地球植民地である火星貧困問題解決を求めるクーデリお嬢様貿易交渉のために地球に送り届けるための護衛を務める話だったのだが、

鉄華団保有するMS三機と、彼らの後ろ盾である木星圏のマフィアテイワズから派遣してもらったMS二機を合わせた計MS五機の戦力で、ギャラルホルンを統べる七大氏族の一人「イズナリオ・ファリド公」が動かせる私兵と、地球軌道上に接近した勢力から地球防衛する艦隊地球外縁軌道統制統合艦隊から差し向けられたMS撃退し、ついにクーデリアを火星分割統治する地球経済圏の一つ「アーブラウ」へ無事送り届ける事に成功する。

それは良い。00のように一度主役達が敗れてからまた再結成、という展開にでもならないと主役組織物語半ばで体制に敗れて壊滅する展開なんて中々描けない。負けてたまるか、と鉄華団少年達は大人達に勝利した。

気になるのは、鉄華団のような極小規模な武装組織が、あの世界における唯一の軍隊であるギャラルホルンに正面から戦いを仕掛け、勝利するにしてもそのために払った犠牲が戦いの規模に割にあまりにも少ない気がする事だった。

地球外縁軌道統制統合艦隊との戦いで鉄華団組織の古株であり参謀を務めていたビスケット・グリフォンを失った。名もない多くの団員達も戦いの中で散った。だが、作中で鉄華団勝利と引き換えに失った物はそれだけ。

最後まで戦い抜いた五機のMSパイロットも、鉄華団所属する名前のある団員も、ビスケット一人を除いて誰一人として失われなかった。最終回もグッドエンドのような流れだったし、一期は完全勝利だったと考えても良いと思う。

ギャラルホルン鉄華団との戦いに投入された多くの兵士の命と、七大氏族党首が一人、七大氏族の後継ぎが一人、そして300年間揺らぐ事が無かった治安維持組織としての面子を失った。

アイン・ダルトンという一人の兵士が居た。彼は恩人と慕っていた上司三日月殺害され、その怨恨から鉄華団との戦いに志願し、戦いの中で半身を失った。その後非人道的処置を受け、MSと完全に融合した異形の姿で蘇る。

そして最後の敵として三日月の前に立ち塞がるのだが…彼の活躍は思ったよりしょっぱい。瞬く間に鉄華団MSを三機倒し衝撃的な登場を果たした…かと思いきや、その撃墜したMSパイロット怪我を負っただけで無事だった。

アイン主人公三日月を上回る圧倒的な反応速度で主役機ガンダムバルバトスを苦戦させるのだが、彼がバルバトスに与えた損傷は片方のアンテナを折った事くらいだった。バルバトスが追加装甲を付けていたとはいえ、辛い。

逆に彼は機体の性能でもパイロット反応速度でも勝っていた筈の三日月親友オルガ・イツカの激励により本領を発揮した途端に圧倒され、辞世言葉を言い切る間もなくコクピットを潰されて今度こそ本当に死んでしまった。

鉄華団は主役だから勝つにしても、これではあまりに双方の戦果被害に差がありすぎじゃないか?と僕は思った。勿論これを言うと、鉄華団勝利を喜んでいたファンから作品アンチ扱いされた。水を差してるから仕方ないけど。

こういう事があって僕は正直鉄血のオルフェンズに良い印象を持っていなかったし、嫌いになってもいたけど、そういう気持ちを吐き出せる場所もなかった。僕のこの作品評価が変わったのは半年後の二期が始まってからだった。

鉄血のオルフェンズ二期の舞台は一期から2年後。鉄華団という小規模な武装勢力MSという戦力を有効に扱い、ギャラルホルンという巨大な組織に土をつけた事で社会情勢に様々な変化が訪れた世界だった

鉄華団活躍により少年兵とMS有用性が広まり人身売買は益々横行し、MSを所有する犯罪組織も増えた。一応秩序の番人であった治安維持組織権威が地に落ちた結果、各地で犯罪行為暴動も増える事になった。

火星経済的に一期より少し豊かになり、鉄華団テイワズ正式な直系組織として認められ急速に組織の規模を拡大。アーブラウ代表と強い繋がりを持つ事で地球支部設立し、順風満帆会社経営は進んでいた。

組織が大きくなった弊害として同じ組織の先輩に睨まれたり、政争を繰り広げる偉い人達に目を付けられて敵視されたり利用されたり、組織が請け負える以上の規模の仕事を受けてしまって会社経営が傾いてしまうんだけど

僕は二期のこういう展開が「ああ、本当にありそう…」と思えて大好きである。一期が若者達の夢のある栄光物語だとすると、二期は現実は辛い所を見せられる転落の物語なんだろうか?栄光と転落は大体セットだけど。

結局鉄華団ギャラルホルン内の権力闘争に巻き込まれ地球支部経営に失敗し、テイワズのNo.2に睨まれた結果組織を追い出され後ろ盾を失い、失脚したイズナリオ公に変わりファリド家を継いだ「マクギリス・ファリド准将」に肩入れし、ギャラルホルンでも最大最強の戦力を誇る大規模艦隊「月外縁軌道統合艦隊アリアンロッド」と矛を交えた結果大敗し、組織No.1とNo.2であったオルガと三日月が死亡した事で壊滅してしまった。

この二期を通してじわじわじわじわと一期で鉄華団が積み重ねた成功が崩れていく様は本当に凄いと思う。成功物語ならよくあるけど、その成功から破滅を描いたアニメあんまり見ない…無い事も無いんだろうけど、多分少ない。

主人公が敗北し、死亡する所まで描いた長編ガンダム閃光のハサウェイ以来じゃないだろうか。パラレルが有りならファーストとゼータも小説版では…だけど、映像作品TVシリーズでは間違いなくこれが初めてだと思う。

僕はこの二期の顛末にとても興奮した。完全勝利すぎて好きじゃないな…と思っていた一期の結末が、二期のこの完全敗北な結末に至るまでの逆算から描かれた物だったのだ、と勝手に思った。成功した人間はいつか破滅する。

ところが、一期の結末を大絶賛していた人達はこの結末を「雑すぎる」などと批判する。二期の結末が好きな僕が一期の結末が気に入らなかったように、一期の結末が好きだった人達は二期の結末が気に入らないようだった。

「鉄血は一期は良かったが、二期は…」という人もよく見かけるけど、じゃあ何故貴方達は一期でシノやラフタやアジーさんが不自然に生き残った事には文句を言わなかったんですか?と言いたくなる。言ったら喧嘩になるけど。

僕は鉄血のオルフェンズの一期に色々と不満があり嫌いだったけど二期で好きになった。逆に二期に色々と不満があって嫌いになったけど今でも一期は好きな人もきっと居る。どちらもこの作品が好きだった事に変わりはないと思う。

完結してから3年経って好きな気持ちも嫌いな気持ちもも大分薄れていた気がしたけど、結構作品について書いてしまった。悪く言われている所を嫌な気持ちになるし、きっと僕は今でもこの作品の事を好きなんだろうな。

鉄血のオルフェンズ次回作であるビルドダイバーズとその続編リライズは今のところ特に内容で荒れる事は無く、平和に語られている。逆にこの作品は今でも最新作であるかのように叩かれているし、話題に挙がるとよく荒れる。

この作品話題が荒れる事で人が集まって新作の話題で荒れる事が少なくなるのなら、それはそれで良い事なのかもしれないな、と思った。今でも叩かれてるのを見るとつらいけど、きっといつかは落ち着いて語れる日が来ると良いな。

追記

僕は鉄華団の面々が好きでなくギャラルホルンに肩入れしていたので一期は好きではなかった、と言ったけれど鉄華団に好きなキャラクターが居なかった訳では無い。パイロットなら天才肌のミカより努力家の明弘の方が好きだったかな?

テイワズから鉄華団監査役として派遣された「メリビット・ステープルトン」という医術の心得のあるキャラクターが僕は好きだった。少しオルガと良い雰囲気になっていた?ような気もするけど、二期を見る分にはどうも勘繰りだったみたい。

彼女は団員が負傷した際に応急医療が出来る医療要員が鉄華団に居ない事について団長であるオルガを諫める事が出来たし、ビスケット戦死した際血気に逸りギャラルホルンを皆殺しにしてやると猛る団員達を前に「こんな事は間違っている、ビスケット君はこんな事を望んでいない」と涙ながらに訴えた事もあった。大人目線から危なっかしい子供達を見守る、ビスケット亡き後の鉄華団ブレーキ役を務める存在だったような気がしている。

結局一期はメリビットさんが諫めるまでもなく鉄華団勝利したので彼女心配杞憂に終わったのだけど、二期の末路を見ると…戦いから抜け出せない鉄華団は戦いの果てに滅びる事が決まっていたのかもしれないな、と思った。

2020-07-04

anond:20200703122424

ばかなのな。 

個人個人の粗を探そうとしてみてたらそりゃあ完璧な人なんてそうそう居ないから、無能から…とかで主観的には済ませられるんだろうよ。

傾向の話をしてるんだろ。

人生家事育児という社会的経済的ステータスアップを積み重ねられないワークに膨大な時間を個個人でつぎ込むよう文化制度慣習的に仕向けられている性別女性(家事育児名もなき家事積極的男性なら家族を支えるとき時間的労力的なキリキリ舞が想像出来るのでは)が、それに抗って男性同様に仕事権力闘争に参加する、時間と労力を注ぎ込もうとすると絶望的な抵抗にあう。

やっていけるのは少くとも何かしら(金と実家の協力や子供性質当人の圧倒的なバイタリティーまたは忍耐力、に)恵まれた、もしくは圧倒的に“(先に挙げたものなどいろいろなパワーを複数)持ってる“人ばかりなんだよね。

2020-07-03

anond:20200703094718

権力闘争ってなんだよって思うが一般的には外見でどうこうしようとするものでは?

キャリアのある無し関わらずな

それについて、

And rather than believing old notions that beauty has only a trivial, superficial value, women should change the way they use the “beauty premium” and not be ashamed of using it to get ahead.

って言う人もあれば、

As a CEO, I almost never wear makeup to work.

という人もいる

自分人生必要ならただそれをすればいい


ただ、グラマラス?ゴージャス?キラキラ?な女性死ぬほどしんどいのが個人的お気持ち

ベンチャーにいがちな大学サークルのノリそのままのクソ役員(ワインをラッパ飲みさせたりする)と

甲乙つけ難い

在宅勤務でいこう

anond:20200703094457

使えるものは何でも使うのが権力闘争というものから、それはちょっと考えづらい

「女のお気持ち」が戦略兵器として使える現状がある以上、誰もそれをわざわざ手放そうとはしないだろう

2020-06-24

山本太郎投票して」と頼まれたけど小池百合子投票する。

23歳、看護師夜勤明けの期日前投票小池さん投票する予定です。

なぜか「山本太郎投票して」と地元友達からハガキや、LINE街頭演説動画までたくさん送られてきたのですが、どうしても投票したくありません。その理由を書きます

【高額すぎる危険手当】

 借金15兆を借りて、都民全員に10万・第二波が来たら医療従事者やエッセンシャルワーカー(保育士コンビニ店員など)に危険手当を1日1万4千円(!)配ると書かれています無茶苦茶

私は看護師ですが、借金をしてまで必要制度だとは思えません。そんなお金があるのなら、コンビニより感染リスクの高いスナックナイトクラブ家賃給与を全額保証してお店を閉めさせた方が、よほど感染者が抑えられると思います

弱者に優しくないバラマキ】

 山本太郎さんはとにかく都民お金をばらまきます。「コロナ家賃が払えない、ホームレスが増えてる、食べるものがない人が沢山いる」そうです。

ならば都民全員ではなく、困っている人に重点的に支援するべきです。

 そもそも困窮者への制度は沢山あります(生活保護住宅給付ホームレスが入居できる支援施設フードバンク事業など…)

しかし人に頼れなかったり、支援があることを知らなくて、困っている人が多いです。

 私の病院にもホームレスの方が運ばれてくることがありますが、お金がないからとアメリカのように追い返すこともないし、病院ソーシャルワーカー生活保護に繋げたりしています

 彼らに必要なのは宇都宮けんじさんが提唱してるような【出前福祉制度】(相談に来るのを待つのではなく、困ってる人を探しにいく)です。

全員一律の現金バラマキではありません。

現金給付東京の消費喚起?】

 山本太郎さんは「皆さんに配る10万円は、地元のお店で使ってください。消費することで誰かの所得になります」と訴えています

しか10万を手にしたひとがその通りにするでしょうか?

私は10万貰ったら、AmazonHUAWEI(中国メーカー)のスマホ電子書籍漫画を買います

地域での消費換気したいなら、福岡市大阪が行ったようなデリバリー利用のキャッシュレスポイント還元の方が合理的です。

10万円は票稼ぎに思えます

街頭演説感染リスクを発生させてる】

 山本太郎さんはコロナ災害であると話し、コロナ禍で働いてる人は戦地で働くのと同じであり「命を守る」としきりに訴えますしかし、街頭演説で沢山の人を集めて、3密を発生させています

 ライブハウス劇場座席数を減らして必死運営してるのに、そんなことはお構いなしです。

コロナ風邪と同じ」と訴えてるホリエモンのような人がやるなら分かりますが、太郎さんは言行の不一致です。

 完全オンライン選挙をしている小池さんの方が都民のことを考えていると思います

【昨年度の売り上げのマイナス分を補償、財源不明

山本太郎さんは「昨年度の売り上げのマイナス分を補償する」と、とんでもない政策を出していますしかしこれは「いくらかかるかは分からない」と話、15兆の予算には含まれないそうです。

多額の財源はどうするのでしょうか?

【将来のことを考えてない、今だけ金をばらまく】

 15兆の借金は将来へのツケになります。まさに「今だけ、金だけ」。

山本太郎さんは「まずは都知事になって将来的には総理大臣になる」そうなので、1期でやめるでしょう。後任の都知事都民負債を背負わされて大変なことになります

都立病院独立法人化していい】

 私は都立病院独立法人化には、どちらかといえば賛成です。山本太郎さんと宇都宮さんはこれにすごく反対してます

特に山本太郎さんは、独立法人化したら質が低下したり医療が受けられなくなる、医療崩壊するかのように煽っていました。

しか現在コロナ患者を受け入れている病院都立だけではないし、都立に比べて質が劣ることもありません。

 給与も、不足してる医師20代~30代の看護師だと、非公務員の方が給与が高かったりします。独立法人化した方が柔軟な採用ができるメリットもあります

政策小池さんの方が魅力的だった】

 小池さん小野さんの政策スマートシティ構想や行財政改革など、東京都が便利で豊かになるイメージができました。

山本太郎さんは、とにかく今困ってる人を助けて終わり、という感じです。

【4年間の実績】

 東京都知事は大きな権限があるので、新人の人に無茶苦茶にされる可能性があります

宇都宮さんの人柄は信用できそうですが、激しい権力闘争世界で、都政運営をやっていけるのか不安です。

小池さんは4年間の実績があるので、無茶苦茶になることはないと思います

この4年間で待機児童を減らしたり、保育や私立高校学費を国の基準より緩和して無償化したり、ベビーシッター助成保育士給与アップなど、子育て支援をを重点的に行ってきたところは好印象です。

あと、受動喫煙条例が嬉しかった。

豊洲東京アラートライトアップなど、都民を混乱させたところもありますが、全体的にそこまで悪くないと思います

大差で勝ちすぎて小池百合子さんが調子に乗る可能性があるので、宇都宮さんか小野さんに入れようかと迷いましたが、「女帝」で雲行きが怪しくなってきたので、小池さんに入れる。

 以上の理由で、小池百合子さんに投票予定。山本太郎さんは無理。

2020-06-21

anond:20200621153351

新しい何かに期待してもどうせ裏切られるのがわかってるから最初から期待したくねえんだよ

他人権力闘争のお手伝いに駆り出されるのもバカバカしいし、今上にいる奴にもできれば何もしてもらいたくない

こういうのが無責任日本マジョリティってこったろ

2020-06-19

anond:20200618223016

丁寧に持論を説明してくれて感謝です。

ただ、そもそもの話として、私としては、元増田文章からボス」が周囲からちやほやされてる・強権を振るってるような権力構造を読み取ってなかったんですよね。むしろ

それ以降あまりボスイラストRTすることはなくなった

同じCPがメインのはずのボスは参加していなかった

などで、全然ちやほやされてないっぽいな、主導権をずっと握ってるわけでもないんだなという印象でした。

前段に関してはすっかり視野から抜けていたのですが、後段に関しては、一種クーデターというか、ボスを出し抜いて本を出すことによってボス地位を失墜させる目論見なのかなという憶測を働かせていました(神絵師ボスが別人というのは、もしも権力関係があるなら奇妙なことですが、これまで神絵師さんに権力欲が少なかったり売れっ子余暇がなかったりして権力闘争にかかずらってこなかったということなのかなと)。いや、最初からこんな物騒な語彙を使って考えていたわけではないですが、自分の頭の中にあった図式を他人説明しようとするとそういうことになるよなと。

ただ、

逆に、「アンソロに参加しないこともあるぐらいの人を『ボス』って表現するの、ずいぶん偏ってない?」という点に注目してます

というご指摘を踏まえると、偏っている、歪んでいるのは元増田所属している界隈ではなく、その界隈を眺める元増田目線であるということになりますね。

これは別の増田が、

アンソロとか企画して人脈がある人がさ、はじめて同人イベントに売り手として参加したあなたジャンル内で孤立しないように、さも「もとから読んでましたよ~」ってテイで声掛けしてくれて(それを「接近してきた」と感じたみたいだけど、どうしてジャンル内で影響力ある人が同人誌1冊出したばっかの人に接近、すり寄る必要あんの?)、打ち上げにまで呼んで周りの人とつなげてくれたわけじゃん。そんな面倒で、自分の得にならないことやりたくないよ普通は。

でもその人は、ジャンルを盛り上げるために、サークル初参加の人に気を使って声掛けして、ジャンルカップリングあなたが嫌な思いをしないように整地するっていう仕事をやってくれてるんじゃん。あなたみたいな人に「ボス」とか馬鹿にされたり嫌われるリスクも背負った上で。

anond:20200618030053

と指摘していましたが、確かに元増田が「ボス」について語っている表面的な事実関係を信用するならば、他人同人誌の感想から自分語りにつなげちゃうような困ったところはあれど、同じコミュニティ新参にも積極的に声をかけて、イベント打ち上げに誘ったりしてくれる、まあ親切な人のように読めるという(いますよね、そういう、他人他人をつなげることを趣味にしてる「顔の広い」ひと。まあそういうひとは往々にして空気が読めなかったりするわけですが……)。

そうだとすると、私の書いた増田元増田の「ボス」「取り仕切る」などの表面的な言葉遣いに惑わされて、その背後にある正確な事実関係が読めていなかったということですので、読みの浅さを恥じなければいけないなと思うところです。

(ていうか、「神絵師」さんのフォロワーが「フォロワーは私の30倍以上、ボス10倍以上」ってことは、「ボス」は元増田の3倍程度のフォロワーしか持ってないわけで、ここから「あ、オフラインでの行動力はあったとしても作家としての影響力はそんなにないんだな」ということを読み取るべきでしたね。猛省)

ということは、元増田の言う「ボス」は

のではなく、あくま

という可能性が高いわけで、こういうポジションのひとなら存在しうることは認めます。こういうひとがいたからといってその界隈がおかしいというのはおかしいですね。私が「お前の界隈おかしいよ」と書いたのは間違いだということになるでしょう。

ですが、間違いなのは主語選択についてです。私は繰り返し「お前の界隈おかしいよ」と書きましたが、「界隈」の情勢についての元増田認識が歪んでいる可能性が示された以上、言うべきは「お前の認識おかしいよ」だったということになるのでしょう。考えてみれば、私が「おかしい」と言った対象は後半では元増田感覚に及んでいるのですから、「界隈」そのもの問題なのではなくお前の同人に対する認識おかしいんだよ、と論難した方が論旨に一貫性が取れていたでしょうね。

まあ、もちろん、本当に元増田が言う通り「ボス」がアンソロにまで口を出すような権力者であり、界隈そのものヤバい、という可能性も残されているわけですが……(もちろん厳密に考えるならば、政府会社のようにしっかりと組織の形が定められている場合と異なって、こういう人間関係では影響力や人望と権力とのあいだはシームレスというか本質的区別不可能なわけで、そういう意味では「ボス」が何らかの権力を有しているのは間違いないのですが、しかしそんなのは人間が2人以上いれば発生することですからね)

ご指摘いただいたおかげで、私の主張に内在していた欠点を炙り出すことができました。ありがとうございます

2020-06-16

某社で一ヶ月ほど働いたことない俺が、今回の件についてまとめてみる

俺は今回の件で炎上する20年前くらいに、バイトで某社の清掃員をやろうと思っていた。自宅から遠かったんでやめたんだが、今回の炎上で「やめといて正解だったな」って思っている。当時は上手く言葉にできなかったが、ああいトラブルが起きるのは時間問題だったろうな。

ただ現在、様々な場所で交わされている議論は正直とっちらかっているとも思う。本件で問題にすべき、解決すべきことから離れていっているように感じた。声がでかいだけで無関係人間や、自称関係者のそれっぽい意見世間が惑わされているんだと思う。なので本エントリでは、某社で一ヶ月ほど働いたことない俺が事実関係をまとめて、本件に関する様々な是非について語ってみようと思う。

事の発端

これを読む人は既に知っている人が大半だと思うけど、知らない人向けに一応ざっくりと説明する。

発端は、ここ匿名ダイアリー投稿された告発記事現在は削除されているっぽいけど、読もうと思えば魚拓で閲覧可能)。その内容は、元社員を名乗る男性が「ブラック企業でよくあるようなトラブルが、自分の働いていた会社でも起きている」というもの企業名こそ明記されていなかったが、分かる人には分かるくらいのニュアンスで書かれていて、最初についていたコメントを見る限りでも既にあたりをつけている人はいたっぽい。

で、この件がここまで騒ぎになったのは某社が有名企業からなのは勿論だけど、あの怪文書がかなり主観まみれな内容だったのが理由だと思う。実際に問題にすべき点、個人的事情からくる主張、上司や同僚への愚痴などが区別できていない。だから「誰が、何に対して、どの程度の責任があるのか」っていう点が漠然としていて、結果なにを問題にしているのか分かりにくい文書になっていた(多分あれを書いた当人もよく分かっていないまま書いたんだろう)。

それが逆に、色んな人たちの「何か言及したい欲」をくすぐったんだと思う。何を問題にしているのか分からないということは、その問題点は読み手解釈次第だからだ。実際、元エントリトラックバックでも、上司や同僚を問題にする者や、企業体制問題視する者、単に元増田無能だと指摘する者、そもそも政治が悪いと言ってる者もいた。そのほか様々な思想を下敷きに、権力闘争という名の外野乱闘まで始まっててカオスまりなかった。ブコメなんて何階建てもされてて倒壊寸前なのに、何をそこまでしがみついているのか今でも疑問だ。

そして、この外野乱闘ツイッターなどの大手SNSなどに飛び火し、世間に広く認知されるようになる。こうなってくると辿る道は大体同じ。多少その道に精通しているつもりの人間が、物知り顔でそれっぽいことを言う。それがまた火種となって議論が深まる。これが飽きるまで続くんだが、今がその成熟期かな~ってところ。

で、ここからが本題。現在、主に騒がれている点について、某社で一ヶ月ほど働いたことない俺がアンサーを出していく。

Q.あの怪文書の内容はどこまでが本当?

A.全てが嘘ではないと思う

俺が当時、あそこで働いていなかった時も「自宅から遠いなあ」、「便所洋式がいいなあ」って常々感じていた。それを踏まえると、あの増田が言っていたことをデタラメと断言するのは難しい気がしなくもない。確かなことは、あれを書いた増田は某社に何らかの問題があると思っていて、それが不満だった。だからあの告発記事を書いたんだろう。

Q.そもそも元増田無能か、能力問題があるから起きたトラブルでは?

A.そうとも言えるけど、全ての原因がそこにあるとも言い切れない

告発者の彼の性格が難ありだってのは散々指摘されてきたことだから、今さら付け加えることはない。けれども、それで片付けてしまっていい案件なのか、っていうと疑問は残る。企業がもう少し彼の気持ちを汲んで穏当に対処できていれば、このような騒ぎにならなかったんじゃないかとも思う。このような騒ぎになった時点で、企業だって何らかの落ち度はある。そう解釈できる余地はあるはず。

Q.話題の発端となった怪文書が削除されたのは、某社から圧力があった証明では?

A.陰謀論の域を出ないが、その可能性を完全には否定できない

十中八九元増田自主的に消しただけだと思う。俺は本人じゃないから、さすがに消した理由までは分からん。けれども憶測に基づいた状況証拠から、ある程度の邪推可能だ。恐らくだが、書かれている内容で特定されるかもと不安になったり、思いのほか反響があったせいでビビったのだと思う。

「某社から圧力があって、はてながそれに屈した」みたいな陰謀論を唱える奴もいるが、消したところで魚拓があるわけだから読もうと思えば読める。下手に勘繰られるリスクを背負ってまで某社が圧力かけるかは疑問だし、はてなだって全く無関係企業要望に応じる理由がない。だけど完全に否定する材料がないのも確かなので、ゼロじゃなければ可能性は残り続ける。

Q.結局、今回の件は何が問題なの?

A.元の怪文書に書かれていることが全て

元増田の書いた告発記事から借りてくるならば、主な原因は上司Aだ。そして同僚Aが彼のストレスを蓄積させた遠因となる。そして、その状況に気づけなかった上司Aの上司である上司Bと、その上司Bの上司である上司C。そして彼らを雇っている企業Aと、その企業Aの親会社である企業Bも悪い。

今回の不始末を、企業にだけ負わせる政治が悪いという見方可能だ。或いは歴史を顧みて、前時代的な男社会が招いた功罪の「罪」の部分が要因という視点もある。強権的なホモソーシャル内によって起きたケツが、ここにきて回ってきたのかもしれない。

2020-06-06

anond:20200606082747

だいたい首がすげ替わったところで新しい権力になった側が好き放題するだけだから

そんなん最初からわかりきってるんだから、てめえらの権力闘争はてめえらだけでやれよと正直思ってしま

2020-06-05

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.人を殺すのが駄目だという、屁理屈を教えてください。

これを理解するために必要な考え方は「自由共存」だ。

この自由共存物理的に不可能である

誰かの自由が、別の誰かの自由と相反するからだ。

こういった問題公的権力でもって調整することを、いわば「規制」という。

ここでいうならば、「殺す自由」と「生きる自由」の衝突だ。

そして「殺す自由」が規制されているのは「生きる自由」の方を公的に支持しているからだといえよう。

だが、ここに屁理屈を足すならば、「殺す自由」は「生きる自由侵害する行為であるのと同時に「生きる自由保障されていなければ行使できないもの」だからだ。

「生きる自由」が保障されていなければ「殺す自由」も行使できないが、「殺す自由は生きる自由侵害している」という矛盾が発生しているのである

今日思いついたにしては、我ながらそれっぽい理屈だな。

ちなみに、これがゲーム小説など架空キャラクターなら話は変わってくる。

その存在に生きる自由適用されていないので、殺す自由行使しても侵害にあたらないわけだ。

このように、自由行使侵害臨機応変と手前勝手狭間で使い分けるのが、現代社会ノブレスブリージュである

もちろん昔の私のように、「そんなこと気にしてられるか」と考えている人間もいるが。

やらなきゃ、こっちがやられる。

Q.では近年の某ゲーム規制も、そういった自由の衝突中に、何らかの矛盾があるから踏み切ったのでしょうか。

いや、あれは単なる勇み足だ。

何かを規制するために権力が介入するのは原則として避けるべきだ。

なぜなら特定自由が、実際どのような、どの程度の損益があり、そして他の自由をどれくらい侵害しているか勘定しきれないからだ。

にも関わらず、それを「声の大きな人」や「多数決」などの権力闘争で決めてしまうのは前時代的だろう?

あれの場合、そういったプロセスすら杜撰から批判されているわけだが。

今回、学ぶべき教訓は「民意に沿っていなくても法は法。だが言い包められる程度の屁理屈すら捏ねられないならば、それは秩序として破綻している」といったところだ。

まあ私が政治家ならルールを作る前に、まずは民意画一的にできるよう支配するところから始めるかな。

2020-05-21

黒川定年延長は法務省からの話だったって真実味を帯びてきたね

どうやら検察内部の権力闘争様相を帯びてきたし、安倍さん法務省に言われただけって話も本当っぽくなってきたね。

安倍さん逮捕逃れだって言ってた人たち息してる?

2020-05-20

anond:20200520115546

党派性で考えるのは愚かというのは、左翼陣営内での話。

いま内ゲバやってないで革命成功させてから権力闘争やろうぜってことだよ。

左翼右翼に折れるわけないし、右翼左翼に折れるわけもない。

2020-05-16

anond:20200512132006

「恥ずかしい」で権力闘争が動くわけないだろ。

左翼薄っぺら良心アピールするのではなくて、実効性のある処方箋提示してくれよ。

2020-05-14

検察庁内閣府権力闘争が見たい

検察首脳の人事権をめぐる権力闘争として今回の法案と河井元法相逮捕が表れているのだと考えるとおもしろい。

もっと戦線を広げてガンガンやってほしい。

2020-05-12

anond:20200512134733

安倍さん最近、菅官房長官を遠ざけてる、菅官房長官意見を取り入れてれば、アベノマスクみたいなアホな政策は実行されなかったはず」

っていうのは、自民党の誰がリークしてるんだろうなー

権力闘争面白い

2020-05-09

コロナ世界大戦戦勝国になった日本が見られそうでワクワクしてる

やっぱりトランプ大統領は最高だぜ! ここまで言ったら、これはもう戦争でしょう!?

コロナは米史上最悪の攻撃、「真珠湾」と「9.11」よりひどい トランプ氏 写真4枚 国際ニュースAFPBB News

https://www.afpbb.com/articles/-/3281913

絶対中国に支払い不可能金額賠償を求めような。さら中国抜きのブロック経済圏唱えるんだ。中国貿易する国とはウチは一切貿易しない、食料も資源自給自足できるウチはお前らと取引しなくてもやっていけるが、どうする? Show the flag!! と全世界アメリカに付くか、中国に付くか、突き付けて欲しい(日本は当然アメリカに付く)。

それで習近平にこのまま黙ってたら殺されると思わせて(アメリカに対して弱腰と思われたら権力闘争で失脚する上に、超絶不況に陥って人民暴動をもう抑えられない意味で)、先に手を出させて100倍返しするんだ!(生贄は沖縄米軍基地に先制核攻撃あたりが妥当かと)

嬉しいことにトランプ大統領大統領選で不利な情勢のようで、再選されるには戦争を始めるしかない! と暴走する条件が整いつつありワクワしかない。歳も歳だし痴呆が始まって合理的損得勘定ができなくなっていると、なお良し。再選できなかったら脱税やらウクライナやらで刑務所にぶち込まれるので訴追を逃れるために戦争に勝った大統領になって国民の圧倒的支持を得るしかない、みたいな妄想に憑りつかれていて欲しい。

とりあえず、南沙諸島毎日のように米海軍空母打撃群を演習させて中国海軍が手を出すまで挑発し続ける「無限航行の自由作戦 (Infinite Freedom of Navigation Operations)」というのはいかがだろうか?

このパンデミックは俺が生きている間に戦勝国日本を見られる百年に一度あるか無いかのチャンスなんだ。本当に頼むから戦争になってくれ。そして今度こそ勝って国連安保理常任理事国になろうな!

anond:20200413120226

2020-05-01

anond:20200501112039

国際会議裁判で小競り合いはあっても開戦なんて当面先

当面といっても向こう10年は世界中国製造業への依存アメリカさえ止められない

真珠湾やってる最中も日米間の民間石油取引やってたって話もあるけど、

今回は需要供給立場が逆だからな。世界には中国が作ってくれないと困るものがたくさんあって、さすがに開戦したらそれを輸出するほどチャイナもお人好しじゃない。

中国側は戦争ふっかけられて輸出が止まったら余った生産力は内需や軍需で消化できるほどの人口国土があるんだから

困るのは戦争ふっかけていろんな民生品の供給が滞る海外の側。

内戦権力闘争でドロドロになって15年後にAIロボット中国人権無視チート生産性に勝る効率海外連合で出せたらゲームが変わるけど

自動運転車があれだけ頑張ってもまあまあポンコツな現状で中国以外の科学力を結集したって今日明日5年後に完全AI自動化製造業なんてそんなことはたぶんできない

1京円の賠償金をふっかけられても今のまま海外に頼まれたもんを作って売ってりゃ返せるんならのらりくらりやってもみ消してればいいかあいつらにとっては屁でもないし、

そんなことさせないために不断ロビー活動世界で繰り広げてきたんだから真面目に払うわけがない

というわけで向こう20年は大丈夫なんじゃないか

22世紀のことは知らん

2020-04-24

anond:20200424000630

そりゃ神輿担ぎの摂関政治的なスタイルが定着するまでの期間はあったよ。

ただ、結局「天皇の座を奪いあう」のは、体制の中の権力闘争でしょ。

2020-04-18

anond:20200418115120

とっくに燃やして更地じゃなかった?証拠隠滅完璧だ。

中国国内都市封鎖のフラストレーション需要減で稼げない食えない状態でプチ内戦みたいな感じになりつつ指導部も権力闘争になり

アメリカアメリカ国内生産回帰して雇用をつくりたいにしてもインダスリー6.0くらいにならないと13億人の労働集約性には勝てっこない。だからしばらく中国ファウンドリ依存は避けられない

なのでアメリカも大量に失業者を抱えたまま受け口なしみたいな感じになる

しろ今は安定していて、断続的な感染爆発とかを繰り返しながら5年後にやっと火がでて8年後に大戦とかそんな感じ

たぶん無いけど

2020-04-12

anond:20200412105201

リベラルは、格差根絶を訴えておきながら自分に都合のいい格差肯定する。

このダブルスタンダードが許せんのよ。

リベラル絶対的に正しいなんて言ってても、結局のところ権力闘争にすぎないんだよね。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん