「駅ビル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 駅ビルとは

2018-10-30

親友結婚式に行ってきた。

高校時代出会ったAは、私の親友だった。いや、親友だと思っていたのはもしかしたら私だけだったのかもしれない。私たち親友だよね、と言葉したことは確か一度もなかったけど、私は彼女のことを親友だと思っていた。くだらない話も真面目な話も秘密にしたいような話もオタク話も愚痴も、いろんな話をした。Aが彼氏と別れたとき、泣きながら電話を掛けてきたこともあった。私はそれがAに信頼されているようでとても嬉しかったのだけど、そのことをAは覚えているだろうか。

高校時代、私とAともうひとり、Bという友人がいた。部活動が同じだった私たちはよく三人で行動していたし、よく遊んだ

高校卒業して、Aは進学、私とBは就職した。遠方でひとり暮しを始めたBとはなかなか会う機会がなかったが、Aとはよく遊んだ

ある日、Aに「今度Bと旅行するんだ」と言われた。そのとき私はへえそうなんだ、と軽く返したのだが、あれ、AとBっていつの間にこんなに仲良くなったんだろうとふと思った。ただなんとなく思っただけだったけど。

それからAが大学卒業して就職し、忙しさから会う機会は減っていった。一年に一度会うか会わないかくらいになったとき部活仲間の結婚式に呼ばれてAとふたりで参加した(Bは部活仲間たちを嫌っていたので参加しなかった)。そのときAに、「私が結婚式挙げるとき絶対あんたを呼ぶから」と言われ、私はそれが嬉しくて「じゃあそのとき絶対○○するから」と返したのだが、その○○の部分をすっかり忘れてしまった。なんて言ったんだったかな……。スピーチかな。余興かな。

そしてその日は独り身であることの愚痴を言い合いつつ、カラオケオールした。

それから暫くして、ミュートしている部活動グループLINE飲み会の誘いが来た。私はAが行くなら行こうかなと思っていたら、グループに送られてきたAのメッセージは、「妊娠たか飲み会は行けません」の一言だった。

妊娠っていつの間に?相手は誰?プロフィール確認したら知らない間に苗字が変わっていた。いつ結婚したの?私がグループLINEミュートしていることをAは知っているのにそこで一斉に報告?

ショックだった。かつてあんなに色々なことを話したのに、彼女人生において重大なことは私はなにひとつ知らなかった。でもまあ急なことだったのかもしれないし……他の人にも言っていないのかも……と自分を納得させることにした。

Bはこのことを知っているのかな。訊こうと思ったがやめた。知ってたよ、なんて言われたら尚更ショックだ。

そしてAが出産し、彼女から結婚式の報せが届き、結婚式は無事に執り行われた。旦那さんの顔も出身も年齢も何の仕事をしているかも、生まれ子ども性別名前誕生日も、私はそこで初めて知った。

受付は職場の同期(恐らく)が担当していて、友人代表スピーチはBが行った。AとBと、私の知らないAB共通の友人Cさんとの思い出を涙ながらに語っていて、私の心はスーッと冷めてしまった。

ああ、もうAとBの中に私は存在しないんだ。あんなに色んな話をして、あんなにたくさん遊んだのに。

結局私は何もせず座っているだけ。あとはたまに席を立って高砂に行き、出席していた友人たちと写真を撮るだけで終わった。

自分カメラでは一度も撮らなかった。写真撮るの下手くそから、と言い訳したけど、本当は写真を残したくなかったからだ。送ってもらった写真も保存していない。

この感情は恨み怨み、嫉妬なんだと思う。何に対してかはわからない。すべてのことに対してだとも思う。素直に祝福ができないちっぽけで心の狭い自分が惨めでたまらなくて、途中何度も泣きそうになった。

帰り道はBと一緒だった。予想より早く終わり、このあとはふたりとも何も予定がない。ちょっとお茶でもしていこうか、なんて言う暇もなく「じゃあね」と別れた。別れたあと、あーそんな感じねハイハイ、なんて思いながらとりあえず駅ビルに入る。

慣れない靴を履いたから靴擦れを起こして踵から血が滲んでいるし、疲れて頭は痛いし、デザートビュッフェ生クリームが効いてきて気持ち悪いし、さっさと帰りたいけど帰る気分になれなかった。目的もなくビルの中を三十分ほどぐるぐる歩き回って、荷物が重かったから帰った。歩きながら何度も何度も涙を堪えた。それがまた、情けなかった。

感情に耐えきれなくなってツイッターにまとまらない感情を吐き出していたら、大好きな子心配して連絡をくれた。それにまた泣きそうになった。というか泣いた。

まとまらない感情は今もまとまらないままで、こうして文章にすれば少しはまとまるかと思ったがそうでもなかった。

大人になって自分人生を歩む友人たちと、大人になれずいつまでも学生のまま時が止まってしまった私。何が違ったんだろう。どうして私は皆と同じになれないんだろう。

落ち着いたら連絡ちょうだいね、またご飯でも行こう。Aに掛けた言葉だけど、果たして彼女から連絡が来る日はいつなんだろうか。きっと来ないんだろうなと思いながら招待状を破って捨てた。

2018-09-20

anond:20180920193009

先日某オタク聖地駅ビル蕎麦屋ランチした時

隣の席の男女が明らかにパパ活っぽかった。それか地下アイドルパトロンとかかな?

美少女アニメオタ、アイドルオタ、ロリコン若さ搾取

女性役割を与えるというよりか、旬が過ぎて枯れたらポイが目に見えるから虚しい。

DQN が好きそうな歌っぽい「一生オマエ守るぜ」にそれが実現しなくても夢をみるのもわからないでもない。

2018-09-13

美容アカウント人達感謝してる

クレンジングオイルコールドクリームを洗い流す前に乳化させるってみんないつ知ったの?

わたしはもうすぐ40になる今年まで知らなかった。

安いクレンジングオイルは使い方が裏側に書いてあるけど、ちょっと高いのに手を出してみたら使い方すら書いてない。

そんな中でも洗い流して下さいとしか表記されてなかったから、社会に放り出されてから素直に洗い流してたよ。

そのせいかは知らないけれど、ストレスも相まって肌はボロボロだった。

中高大と興味を持つ度に色気づいてと言われ、眉毛すら抜けなかった。親は化粧は学校で教わるもんだからそれまで手を出さなくていいと買った端から化粧水まで捨てられて肌はいだってボロボロ思春期からずっとボロボロ

事情を知ってる友人に基礎の基礎だけ教えてもらったり、図書館にある雑誌や基本のものだけ読んでた。

の子もっと化粧やおしゃれについて話したかったな。

結婚して親から離れて初めて駅ビル化粧品売り場で友人が好きだったブランドのものを手にした。

教えてもらおうと話しかけたら怪訝な顔をされて断られたし、裏でクスクス笑われてるのも言われてることも聞こえてたけど無視してひとつだけ買ってみた。

思い返せば見た目ももっさりした髪ボサボサのおばさんが来たらびっくりするよね。申し訳ない。

すごく嬉しかった。使い方が分からなくてダメにしてしまったけれどケースだけ大事にとっておいてる。

上のもあって、多少見た目も気をつけてからでないとお店にも迷惑がかかるのだな(失礼ながら駅ビルならデパートよりハードルいかもと思い込んでたのもあるけど)と分からないなりに調べて通販でも買えることを知った。

それと同時に化粧動画や、アカウントがあることに気付いた。

流れてくるおすすめ、新商品クリスマス限定なんてあるんだね。

すごくかわいい

なにより使い方や、スキンケアまで教えてくれる。

私みたいなおばさんは対象外なのだろうけれど、嬉しかった。

綺麗になるのは無理でも多少失礼のないようにはできるかもしれない。

仕事してるとはいえ主婦の小遣いの範囲プチプラしか手を出せないけれど、いつかクリスマスコフレも手にしてみたいな。

使い方を教えてくれてありがとう

ずっときちんとしてみたかった。まだまだ下手くそだし眉毛ちゃんと書けないけれど

本当に感謝してる。

時間はかかっても服とか髪の毛もちゃんとしたいな

2018-08-24

駅ビル惣菜フロア

立ち食いカウンターでもいいからイートインスペースがあったらもっと売れるよね

持ち帰るの面倒だし

2018-07-28

友達がダサかった

帰省した時によく会う十年来の友人がいる。

先日彼女が所用で上京するというので待ち合わせて遊んだ

帰省した時にはそんなに思わなかったけど、彼女服装があまりにも垢抜けなくてちょっとビビる

学生の頃に着ていた様なデザインの服で、もはやどこで買うのそれレベル

ほんの10年前くらいまで地元には何もなくて、服を買いたいけど店がない、みたいな感じだった。

でも最近駅ビルアウトレットだとあれよあれよといううちに店が増え、大体メジャーブランドの服は買えるようになった。

なのにその服のチョイス。

彼女独身正社員で、そして決して薄給ではない。話やSNSを見る限り、エステお稽古旅行にと日々忙しそうにしている。

なのに、ベルボトムジーンズチュニックサマーニットボレロ

なんでそのチョイスなの。

カバンや靴もちょっとずつ古いデザインで、服装には合ってるけど時代にはあってない。

「やっぱり都会で売ってるものはオシャレだねー」と彼女は買い物中に言ってたけど、今日見て回ったお店だいたい地元にもある。

何がどうしてこうなったのか。

遊んだ時間は楽しかったけど、終始服装のことが気になって仕方なかった。

こんな風にマウントとるみたいなこと考えてるのだから彼女にとって私はもういい友人じゃないんだろうなと思う。

そして、面と向かって「ダサい」と言って彼女にあれこれ介入する気力もない。

2018-07-16

今日増田暑さは異常ょじいは冊差亜出す魔のうょき(回文

駅ビル天気予報温度計

多いな文字デカデカと40℃って表示されてるわ。

40℃ってありえないわー

もう暑いと言う気力も無いわ。

コンビニモナアイス買ってくる。

でもそんなんじゃしのげないわ。

午後から出かけるのは死を覚悟するぐらい、

サハラ砂漠単独横断するかのようだわ。

あんなの無理よね!

雪山冒険家が言ってたのは

雪山にまだ水があるから良いって言うところなんだって

雪とかしてとりあえずは水を確保できるから

砂漠冒険家より雪山冒険家の方が圧倒的に多い理由らしいわ。

あと食べ物も腐らないって。

それは常識的に考えてそうよね。

もうさ、

その雪山冒険家が大好きな雪山からパイプつなげて

冷気をお届けできないかしらね

そう思うわ。

もう暑いのでここまでよ。

うふふ。


今日朝ご飯

パン屋さんに行ってきました、

週末しか行けないところなの。

今日特別に。

トマトツナサンドイッチ生ハムの挟まったクロワッサン

おまけにチョコクロワッサンを1つくれたわ!

デトックスウォーター

もう水分補給必須と言うことで、

今日は何飲んでもいいわ!ってぐらい重要よ。

スポーツドリンクとかはカロリーや糖分摂り過ぎちゃうので、

とりあえず、

麦茶飲んで塩舐めておきなさい

塩を!

何でも飲んで暑さに負けないように!


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2018-06-19

鉄道駅ビルばかり超立派になるのにホームは貧相なまま

駅のホームって狭すぎますよね、新宿渋谷品川も。

東京に出てきて30年くらいたつけど、狭さに関しては、ほとんど変わってないと思う。

新宿インバウンドで、品川新幹線で、前より混雑度は増しいるのに。

ていうか駅ビルが立派になってる分、どんどん貧乏くさくなってるように感じる。

新しい路線ができて、駅も新しいのに、なんでこんなに狭く作るの?

場所がないんでしょうけど。。

かつては技術立国だったらしいけど、

駅のホームのど真ん中に巨大な柱が林立するような人間無視建築しかできないとか、

最近設置されたばかりのホームドアがすぐ壊れて電車が止まるとか、

おわってる。

デリーバンコクの駅のほうがまだ未来を感じるわ。。

グラドデザインを描く人も、リーダーシップ(と責任)をとる人もいないから、

利害関係の調整に時間ばかりかかって、結局中途半端でみんなが不便な施設ができて、

できた時にはもうニーズに合わなくなってるから、次の工事が始まる。

歴史大事にするわけでもなければ、最先端に挑戦するわけでもなく、

ただ工事が続くだけで、何も遺らない。

つぎはぎだらけの温泉旅館みたいな新宿駅なんかをサグラダ・ファミリアにたとえるなよ、ガウディに失礼だ。

東京の駅の惨状日本社会の縮図だよね。

って明日電車に乗って思わなきゃいけないんだろうな。

2018-06-17

増田文学

新潮文庫かなんかでしれーっと、まったく宣伝せずに出版してくれないかな。

ある日、駅ビル本屋に行き、新潮文庫の棚を眺めていたら、「増田文学」の文字が目に入る。

帯には「静かに読め、誰にも告げる」の文字がある。

そっと手にとり鞄の中に。

万引き家族か。

2018-05-13

もう25歳になるのに彼氏ができたことがない。

男の人から告白されたり、アプローチされたりとそれなりに恋愛イベントはあったもののいつも気乗りしないという理由で断ってきた。

元々男性を異性として恋愛対象として好きになったことが1回しかなく(途中で嫌いになってしまったのだが)、多分ものすごく恋愛しにくい体質なんだと思う。

中学生くらいの頃から周りの女の子たちが誰が好きだの、クラスの〇〇くんと付き合いたいだのという話題で盛り上がるなか、私は全くついていけずいつも「〇〇くん優しいもんね」とか適当な相槌で逃れることしかできなかった。

から恋バナに参加出来ないことが小さな悩みでもあったが、中学生のころは「まあ大学生になるころには彼氏の一人や二人はいるっしょ」と気楽に身構えていた。

そんな気楽に構えていた私も早25歳。

彼氏いない歴=年齢。

大学時代も「やばいよな〜」と思いつつもそんなに内心慌ててなかった。

周りでも彼氏がいない子はいたし、今までできたことない子もふつーにいた。

「まだ学生だし」という気持ちに甘えてしまい、異性のアプローチもめんどくさいという気持ちからのらりくらりとかわしてしまっていた。

「滅多に恋なんかしないんだから気になる人がいたら全力でいく」という目標をかかげた大学時代は一気に過ぎ去り、留年浪人もしなかった私はストレート社会人へ。

環境が変わったら彼氏くらいできる」と思っていたのだが仕事最中恋愛できるほどの余裕もなく、気になる人すらできない日々。

しょうがないので合コン等に参加するようになったのだが、よくある「最後彼氏はいつ別れたの?」という質問に毎回頭を抱えながらひたすら「1年くらい経つかな〜」という適当な嘘で誤魔化している。

最近彼氏がいないこと、まともに恋愛したことがないことよりもひたすら自分恋愛遍歴に嘘をつくこと、彼氏がいないことを理由職場の人にアプローチされたりするのにうんざりし始めている。

いい加減本気で彼氏を作りたい。


と思っていたら今日1年ぶりくらいにナンパされた。

ただ年下すぎた。高校生よ、同級生恋愛してくれ……

ということで……

!!!!!!!!!!!!!!!!彼氏募集中!!!!!!!!!!!!!!!!

一重、奥二重系の22~27くらいの社会人イケメン求む!!!!

ビビビっときた人は道端なり駅のホームなり駅ビルなりなんなり増田ナンパしてなんとか増田恋愛経験積ませてください!!

私も頑張るから!!

頼む!!!!!!!!!!!!

2018-05-11

あいつに自信をつけさせて欲しいと頼まれ

先日地元の元同級生の男友達から、その友達のためにデートしてあげられないかと頼まれた。

「ほら、2組に田増ってやつがいたろ?」と言われたが全く記憶になかった。

その男友達とは部活が一緒で長い付き合いらしいが、私は少なくとも一緒に何かしたという記憶はない。

で、その田増君が前からずっと好きだった女の子告白をしたら振られてしまい、今とても落ち込んでいるということだった。

田増君を振った女の人はすごくいい子だと思ってたのに実はあちこちの男と付き合ってたとか色々言ってた。

(あとになって考えるとその情報もなんだか怪しいところが多い)。

その話の流れで突然言い出されたのが「あいつとデートしてやって」ということだった。

なんで私が?と思ったが、少し前に友達が田増君と話した時に「他にも女はたくさんいるだろ。気になってるやつとかいないの?」と聞き出した時に私の名前が出たんだという。

高校時代から気になっていたが、話しかける勇気がなくてそのままになっていた。その時に行動できなかったことがトラウマになって自信をなくしているのかもしれない。というのが田増君談。

私は今の所彼氏とか欲しくないしそもそも田増君のこと全然覚えてないと言ったが友達は「別に付き合うとかじゃなくて、あいつに過去トラウマをなくさせてやる手伝いをしてほしい」ということ。

まあちょうど用事があって地元に帰ることになっていたので、その時に昼間数時間くらいならお茶をするくらいいいかなと思い、男友達の熱心な説得に親切心で応じてみることにした。

待ち合わせ場所に来た田増君は痩せ型で顔色が悪く、話しかけてもすぐに返事をしないようなタイプだった。

顔を見ても当然全くなにも記憶がない。初対面のようなものだ。

駅前で待ち合わせて簡単挨拶をしたが、それからどこに行こうとか今日はどういうスケジュールかとかそういう提案が全くなく、無言で何もせずその場で数分がすぎた。

ぼーっと突っ立っていても仕方ないので私がとりあえず駅ビル内のカフェに入ろうかというと、蚊の鳴くような声で「はい」と言ったような気がして私のあとについてきた。

席についても当然何を話すわけでもなくただお互い向かい合って座ってるだけで時間けが過ぎた。

ちなみになぜか田増君はトマトジュースを注文していた。

時間もったいないとは思ったがまあせっかく来たんだし何か話でもしようかと、ずっと地元にいるの?とか、紹介してくれた私の友達と同じ部活だったんだってねーみたいな当たり障りのない会話をして少したった。

でも何を話しかけても「ああ」とか「うん」とか全然乗ってこないし、私の方が気を使ってヘラヘラ盛り上げようとしてるみたいでだんだんめんどくさくなってきた。

もういいかなと思ったところで突然田増君が口を開いた。

「ねえ、いつもそういう話し方するの?」

「?え?たぶん」

「なんか、高校の時とイメージ違うね」

そう言われた瞬間ゾッとして、これは早めに帰った方がいいなとわざと時計を見て「それじゃ」と立ち上がろうとした時にまた再び田増君が口を開く。

「それで、どうするの」

「どうって、何が?」

「だから、付き合うの?」

うわーこの人気持ち悪いわ。

ていうか自信なくしてるどころか自信満々すぎて怖いと思って、曖昧ごまかしながら席を立って別々に会計を済ませて外にでた。

それで、自分友達に言われたから来ただけで全然付き合うとかない、どうも行き違いがあったみたいで時間をとらせて悪かった、それじゃと立ち去ろうとした。

その時も田増君は「はい」とだけ言ってそのまま突っ立っていた。

怖かったがしばらく歩いて角を曲がるところでそっと振り向いたらまだ同じところに立っていてこちらを見ていた。


怖すぎるんだけど、友人に話してもうまくこの怖さを理解してもらえない。

本当に怖い、地元から職場のあるところに戻ってきたけどまだ思い出すとゾッとしてる。怖い。

2018-04-20

anond:20180420125553

東京23区って、シネコンの配置がいびつだよね


23区東側:ここ10年ぐらいで激増。場所によっては土日でも席空いてる

23区南側:なんかいっぱいあるけど、行くのめんどい地元民向け?

23区西側:せいぜい新宿六本木、土日激混み

23区外:中央線沿線立川しかシネコンがない、少なすぎ

私鉄沿線としまえんとか二子玉とかあるけど地元民向け

私鉄沿線だと、私鉄商業施設の中にシネコン作ってくれるけど

JR地下鉄って駅ビル内にシネコン作らんから・・・

2018-04-09

どこかの駅ビルの百円ショップに入った。

僕は電池を探した。

探しているよりも小型のものしか見つけられなかったが、アルミ箔電池ボックス電気流れるような装置を作ったから、なんとかこの装置を動かせそうだ。

僕はカウンター越しに店員らしい女を見た。

女の顔はよく覚えて居ないけど、不快な造形ではなかったと思う。

女は気づくと、カウンターの僕側に居た。

女はミニスカートを履いて居て、僕に背を向けて居た。

足の形は悪くなかったように思う。どちらかというとすらりとして居たはずだ。

女は僕にお尻を突き出してきた。

僕は女の股間に手を伸ばし、スカート越しにクリトリスを少し圧迫した。

女は下着をつけて居なかった。

スカートをめくると、少しできもののあるお尻だった。

でも形は悪くない。

僕は女の淫部に指を入れ、動かした。

ザラザラとした感覚を、指に感じる。

僕は女から体液を絞り出すように指を動かし続けた。

2018-03-07

訳あって、地方都市のいろんな商業施設について調べ物をしている。

まりパッとしない(失礼)街の、再開発系の駅ビル市街地商業ビルだと、その土地名産品の名前をもじった名前が付いていたりする。割とダサいなと思いつつも、東京者としては地元ならでは感を味わえてうれしい。

一方で、そのように新しくできた商業施設テナントには「東京から上陸!」とか、「○○地方初出店!」などの文字が躍る。都会の最先端が!という体が好まれている様子だ。利用者の大半は地元の人なのだから地元では珍しいこと=需要喚起なのは当然だとは思うが、それなら(ご当地名物もじり)ビル、みたいな名前を付けなければいいのにという気もしないでもない。地元からみたら、すごくもっさりして見えないか

まぁ、もっさりした公共施設名称には、ゆるキャラ的な魅力があって嫌いではないし、そもそも大きなお世話ではあるのだが、出張地方都市に行くたびに「東京から上陸!」の集合体のような、ご当地もじり名前ビルが増えているのが割と面白い。まーでも、イオンだらけになるよりはずっとマシかもしれんね。

2018-03-04

https://anond.hatelabo.jp/20180303232654

ここ最近まで仕事マルイと関わっていたんだけど、

マルイブランディングを二路線に向けていて

都会的でファッショナブル/高級路線なモディと

サブカルに優しいデパートマルイを完全に分けている。

渋谷マルイ(モディではない)では少しオシャレなオタク女子向けの服、安いコスメ100均的な雑貨をそろえてオタク女子向けのイベントを揃えて開催している。

渋谷マルイ大通りに面しているがかなり精力的にオタクコンテンツの大型広告をだしたりしていて、109-MEN(こちらもエヴァゴジラアメコミなどサブカル系コラボが多い)→渋谷マルイTOWER RECORDSカルチャー系の大型ビルが並ぶ通りが完成した。

元々通りを挟んで向かいの旧マルイティ渋谷(現渋谷モディ)と客を食い合っていた旧マルイJAM渋谷(現渋谷マルイ)はこの戦略が功を奏し、順調な売上になっている。

よって渋谷マルイはそこそこサブカル/オタクに優しいビル認知されていたし、常設のイベントスペースでは何かしらのオタクイベントが開催されているのが普通だ。

ふともも展を渋谷マルイで開催した時に成功した(と仮定する)のは、それを否定してしまうと同じ女性であるオタク女子側にデメリットが生じてしまうからかもしれない。

ところで池袋マルイオタク女子聖地池袋にあるにも関わらず駅の反対側、しかもかなり遠方にあるためずっと集客に苦労してきた。

しか駅ビルとして競合のルミネだけでなく西武/東武という百貨店のくせに高級でない百貨店があるせいでデパートマルイまで足を伸ばしてくれる客が本当にいない。大型店舗なのに十年くらいずっと成績が悪い。

新宿マルイは目の前に伊勢丹があるが客層が違うお陰で儲かっている。なんで新宿マルイをモディって名前にしないのかは不明

池袋マルイは割と必死で様々なイベントを行っているが、一貫性が薄くうまくいってない。

こうした各店舗状態を鑑みて、今回の太ももの件

しかしたら渋谷や、新宿にもう一件あるオタク女子向けのマルイ(ここはシネコンとくっついていて上映中のアニメーション映画とがっつりコラボする戦略/ロリータなど濃いめのオタク女子向けアパレルも取り扱う)であれば、多少のクレームに屈しなかったのではないかな、と思った。中止決定をお知らせするのは広報だが、イベント実施可否自体の決定権は各店の店長になる。

勿論2016年渋谷問題なく開催できたのは、モンスターが見つからなかったせいもあるかと思うが。

とにかく良かれと思って企画したイベントを潰されるのはイベント主催場所提供側も本当につらいし、写真展覧会には何の落ち度もないとはっきりわかるので更につらい。結果的クレームに屈してしまったのもつらい。

小売に関わる者としてこの事例は深く胸に刻み、自分の客は誰なのかを逐一自分に問い質して仕事をしていこうと思った。

2018-02-18

やっぱり、大阪は怖いよー。

寝屋川市守口市でも、充分に怖いんだけどさー。

都島区京橋駅付近は、やっぱり危険なのかな...。

駅ビルスタバ出来てオシャレになってきたと思ったけど。

やはり、大阪市は怖いよー。

警察が発砲したのには、理由があったから良かったし、市民平和は保たれるのだろう。

2018-02-10

行きつけのカラオケバーに行くよ

もらってたコンタクトレンズを使い切ってしまって、今週はメガネですごしてるよ。

メガネかけてると汚れるし、ずれてくるし、マスクしたら曇るし、なんだかすごく気分が暗くなる。

目も小さく見えるし。

わたしは昔から段取りをして行動するのが苦手で、苦手で苦手で苦手すぎて、これは発達障害とかADHDとか、そういうものなのかとも思っている。

わあ、山手線乗ってたらすごく混んだ。

タイトルの通り、カラオケバーに行く道中だよ。

意外と、終電後まで気軽に飲める人って少ないよね。

そういう感じだと思ってた人に最近連絡を無視されていてすこぶる悲しい。

まとまらないな。

今日は起きて、訪問、移動、駅ビルで大しておいしくもないランチオフィスデスクワーク、打ち合わせ、打ち合わせ、デスクワーク、そして23:30になった。

好きなことを仕事にして生きていきたいんだけど、タイミングに迷っている。

お金は、出してくれる人がいる。

でもさあ、段取りできないと独立って厳しいよね…。

まだ目的地に着かない。

2018-01-28

駅ビルとかのトイレに入って、鏡周りとかが極端によごれてると、女だけのキラキラ〜〜な理想の世界は無理だなって思う。

2018-01-13

吉祥寺に住んでます 住んだ印象を書きたいので書いておく

1,やたらに、人が多すぎ

2,駅前は、スーパー量販店商店街だけで、別に、他と変わらないよ

3,駅前歓楽街客引き、「お触りありますよ」「ガールズバーありますよ」、怖いよ。いつも、無視してるけど

4,マクドナルド店員外国人が多い。JR吉祥寺の近くの日高屋、深夜の店員外国人バイトが多すぎ。ドン・キホーテ外国人バイト多いけどね

5,夜になると、駅ビルキラリナの前で、胡散臭い新興宗教が、宣伝してるけど、気味悪く、怖いよ。

6,家のゴミを捨てる時、「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」「プラスティック」「びん・缶・古紙古着有害ごみ」って、ここまで分類する必要あるの?面倒臭い

しかも、プラスティックは、ペットボトルキャップ、他のプラスティック容器、別にしなければいけないんだよ。

7,新聞を取っていないのに、無駄なチラシ、無駄勧誘のビラが多すぎ

2018-01-07

自分欲望を見失っていた。

今朝、やりたかたことを整理してて気づいた。

地図(仮)詰めたいんだった。

どおりでプロット進まないし、小説も書き出せないはずだと思った。

3日は、食欲のない中、

・「反出生主義に応えねば」圧

・この人たち仲悪いんじゃないの!?

等々で潰れてしまって、結局ウエスト(野カナ)行けなかった。親に乗っけてって、まで頼んでたんだけど。

4、5は丸々寝て、昨日(土)なぜか一人で行ってきた(わかめ)。

帰り、駅ビルをふらふら成仏させられているような気で歩いた。

消えた前のアカウントで「自分の色があるなら透明でいい」みたいなことを言った気がする。

僕の色は、普段ニコニコしている暴力的子供らしい。

これでいいのだ、とも思う。

けど、それじゃあの小説は未完だ。

僕にはお師匠さんっぽい人がたくさんいる。教えを請いたい。

世話になった人もむちゃくちゃいるっぽい。

顔の思い浮かぶ人もいる。

やっぱりどこかで誰かと話し合いたい。

ひとりじゃできない!

2018-01-06

制服危機

突然ではあるが、私は田舎高校生をしていた頃に、学校帰りに駅ビルスーパーの休憩所で眠ってしまたことが数回ある。

もちろんカバンも何も足元だったり膝だったりに置いたまま、気づくとしっかり眠ってしまっていた。

起きたときに「置き引きとかスリかに遭遇しなくてよかったなあ」くらいのことは思ったのだが、あれから何年も経ち、とうに成人した今になって思うことがあるので、自分のための備忘録として書いておきたい。

制服を着ていると言うだけで、それはそれは十分に魅力的で、つまり危険を呼びやすいということでもある」

当時も周囲の人から「そんなところで無防備に寝たら危ない」「襲われたり連れ去られたりしたらどうするんだ」と言われたのだが、自分では「小柄なわけでもなく、可愛らしい見た目な訳でもない。自分がなぜ危ないと言われるのかがわからない」と思っていた。

ただ、今になって制服を着ている子を見て「だれだってとても魅力的だ。そしてその自覚がないからこその、危機感のなさ。これがいちばん危険なのだ」と思うようになった。

男女も見た目も関係がない。制服を着ている、というそれだけであまりに眩しく魅力的で、同時にそのことに本人たちが気づいていないことに不安を感じた。

制服を着て歩く、それだけのことだ。自分も当時は大したことだと思っていなかった。ただ、それだけのことである。ただそれだけのことが「自分はまだ輝ける子どもである」ことの表出でもあったのだ。

大人というのはずるいイキモノで、子どもを騙そうと思えばいくらでも騙せるだけの知恵と経験がある。知恵だけならば大人に勝てる子どももいるのだろうけれど、それを上回る経験をきっと誰もが術として持ってしまっている。気をつけろ。

だらだらと書いてしまったが、そろそろお終いにしたい。

可愛いとか可愛くないとか、痩せているとか太っているとか、そんなもの関係なく制服の子たちは輝いていて魅力的だ。大人につけ込まれないための(最低限でいいから)危機感を持って、日々をしたたかに生きて、どうか青春を駆け抜けていってほしい。

大人には危機感がいらないのか、と言われたらそう言うわけでは決してないのだが、これ以上書いたら本当に内容がごちゃつくと思ったのでここまで。

接客業をやめた話

半年前に退職したが、新卒で入った会社接客業をしていた。

接客業といっても色々種類があると思う。

自分がしていたのは駅ビル百貨店商品を売る販売員だった。

学生時代接客をするアルバイトをしていた経験もあったし、接客態度や感じの良さを褒められることも多かったので、新卒ではじめて社会に出る上で苦労することはあれど、なんとかやっていけると思ってた。

まあ結論から言うと全くダメだった。

まず最初に指摘されたのは挨拶の少なさであった。

挨拶といってもおはようございますお疲れ様ですといった類のものではない。

自分はお店に入って来た人や、目があった人、近くを通る人に対して「いらっしゃいませ」と言っていた。

しかし、それだけでは足りない、入店することはなく、店の前を通っただけの人にも幾度「いらっしゃいませ」と言うようにと指摘を受けた。

実践すると常時「いらっしゃいませ」と言ったままの状態になる。

ほぼずっと声を張っていることに加え、店頭にいる間は水を飲むことが出来ないので、毎日喉に痛みが走った。職業上、仕方のないことだと思っていた。

次に指摘されたのは笑顔の少なさだった。

もちろん、お客様と会話をしている時は笑いながら話しているが、その他の作業をしている時、(例えば掃除備品の整理など)真顔になっているので、作業中も口角を上げほしいとのことだった。

私はここで違和感を覚えてしまった。

接客業を長年されている方には常識なのだと思う。いつどこでお客様に見られているかからない、販売員はいつ見られても話しかけられやす雰囲気を保たなければならない。

その理屈は分かる。しかし、作業をしていく上でニコニコ微笑むよりも、集中して丁寧かつ早めに仕事を片してしまった方がいいと思ってしまう。自分不器用だったので、はじめは意識していても、集中してしまうと微笑むことが出来なかった。

退職する決め手になったのは、仕事中の雑談であった。自分の店は来店に波がある店舗で、時間帯によってはお客様があまり来店されないことがある。

その時間帯に店員同士が、雑談をするのだ。その内容は様々で、私生活自身についてなど、仕事関係ない内容も含まれていた。

自分はというと、その雑談に加わらなかった。

他人にあまり興味がないという自身性質に加え、仕事中に雑談をするという態度があまり好ましくないと考えたからだ。

客がいないからといって店員同士で話が盛り上がっていて、入りにくいお店を見かけたことがある人は少なくないと思う。

自分自身、そういうお店を見かけるといい気持ちにはならなかった。だから自分雑談には加わらなかった。他にやらなければいけない雑務を見つけてこなしていた。

すると、私は店員同士でコミュニケーションを取る気がない人物とみなされ、注意を受けた。注意のされ方は「雑談に加われ」ではなく、「もっと自分からコミュニケーションを図りに行くべきだ」という言い方であった。

もちろん、仕事必要最低限のコミュニケーションはとっていた。

報告連絡相談はすぐに行なっていたし、人間として必要な「おはようごさいますお疲れ様です、ありがとうございます、お先に失礼いたします」などの言葉意識して伝えていた。

それでもまだ、足りないと言われたのだ。

この時点で接客業というのは独特な世界であることに気がついた。

そもそも自分他人にあまり興味を持つことが少ない。

外面は良いとよく言われるが、実際に深く知り合いたいと思うのは心を許せる数少ない人だけだ。

それでも、表面上のコミュニケーションが取れればこの仕事はできると思っていた。

しかしそれは勘違いだった。

実際に来店するお客様にも、同じ店の従業員にも、興味を持って自分から相手を知りたいと思わないとやっていけないと注意を受けた。

そして気が付いた。接客業というのは、人に見られている意識が強い人、他人に興味が持てて、話すことが好きで仕方のない人が出来る仕事であると。

まあ仕事なのでそういう「フリ」が出来るようになるまで努力するべきだったのだろうけど、自分にはどうしても苦痛退職を決意した。

この他にも色々原因はあったのだけど、退職たことに未練はない。

不思議お客様関連で嫌な思いをした記憶ほとんどないので、その点に関しては恵まれ環境であった。

ただ、もう販売員はしたくないと強く思っている。

それと同時に、接客業をしている人の凄さを日々感じるようになった。

いつもお疲れ様です、ありがとう

2017-12-28

女性環境セクハラ

https://twitter.com/yamayu_lab/status/945666096526385153

たとえば男性視点で見れば、駅やCM女性下着広告脱毛・整形の広告駅ビルや街中にある香水店の臭いも十分なハラスメントになると思う

言わないだけで何となく不快もの男性にも存在するし、女性ばかりがフェミニズムの波に乗って幅を利かせ続けてるのはあまり納得がいかない

女性的な環境セクハラについてもどんどんバッシングが始まればいいなと思う

2017-12-12

久しぶりの平日休み幸せと不幸せ


今日は久しぶりの平日休み。午前中に駅ビルに行ってクリスマスグッズなどみてきた。お客さんが少なくてちょっと優越感を感じたりした。

カフェでお昼を食べて家に帰ってきた。家事などを済ませてミヤネ屋をみている。

だれかと話したくてLINEなどしてみたけどみんな仕事中で繋がらなかった。独り身の寂しさを感じた。一人暮らしで自立と独立をできているように思っていたけど実際は仕事や遊びとかでたくさんの人との繋がりがあって、そういう人たちがいてくれるから私はひとりでやっていけてるんだなぁと思った。

2017-12-03

深センに行ってきたがディストピアにしか見えなかったけどな

イラ昨日深センに行ってきたんですわ。広州から電車深センに入って、深センから香港経由で日本に帰ってきた。

そしたらタイムリーなことに深セン行ったら日本ヤバイと思ったっていう↓の記事がバズってて、だけどオイラの見て感じたことと相当違うなと思ったんで忘れないうちに感想を書く。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53545

あなたは今から書くことを読んでも深セン希望を見ることができるだろうか?


1. そもそも中国には通信自由がない

これはよく知られている話だけど、深センではGoogle, Facebook, Twitter, Line等の資本主義国のWebサービスが大半使用不能。

旅行blog深セン情報を読もうと思っても、閲覧制限があるようでLivedoor blogfc2 blogは参照できなかった。

かといって百度日本語現地情報検索しても、フィルタリングがかかっているようでスカスカ情報しか返ってこない。

記事の筆者も当然この状況を見ているはずだが、これでも深セン希望を感じたのだろうか?


2. そもそも中国には移動の自由があまりない

深センへは日本から直行便が少ないので、広州経由で深センに向かったわけだけどもやたら難儀した。

直線距離だと100km程度で、日本で例えるなら東京宇都宮間ほどの距離

最近中国では全土に高速鉄道が走っているので、そいつを使えばわずか30分で着く…のだけれども。

外国人鉄道チケットを事前予約するのはできないので現地の駅で切符を買う必要があるので広州南駅に向かったのだが、

自動券売機は、中国身分証を読み込む必要があるので一切使えない。窓口に並んで切符を買う必要がある。この窓口の待ち時間が異様に長い。

さらに、中国鉄道全席指定になっているので、当日券を買おうとしても4時間後の便しか買えなかった。

しかも、鉄道に乗る前に待ち受ける身分証確認手荷物検査行列続きで非常に疲れた

深センについた後も地下鉄の移動前にはX線スキャン荷物検査があり、非常に面倒だった。

どうやら中国では鉄道日本でいう飛行機のような存在で、気軽に利用できる乗り物ではないようだ。


3. 華強北の電気街は規模こそ大きいけど多様性はない

記事でも言及されていた深セン電気街、「華強北」。オイラも行ってきました。というかこれ目当てで深セン旅行を決めたんだけどね。

で、実際に行ってみて、結論から言うと「失望」の一言に尽きるかと。

かに規模は大きいよ。ヨドバシ秋葉レベルビルが何棟もあって、秋葉原の高架下にあるような個人店がぎっしり中に詰まってるんだから

だけど売られている商品多様性がないんだな。店が100店舗あっても大半がスマートフォン販売 or そのアクセサリー

USBケーブルに充電器、交換用のバッテリーSDカード、こんな商品を扱う店が9割くらいを占める。

もちろん、Foxxconの横流し品であろうスマートフォン機構部品を扱う店や、顕微鏡片手にスマートフォンの基盤修理をしている店のようなマニアックなのもあったんだけど少数派。

さらに、オイラの期待していた「深セン」でしか買えないエッジのきいたもの、例えばbitcoin採掘マシーンとか評判の高い中国メーカー短波ラジオのようなものは皆無だった。

まあ、この辺はオイラの探し方が足りなかったのかもしれないが、表通りに立ち並ぶ店の品ぞろえは日本とそう変わるものではなかった。


4. 最新の決済インフラ外国人には利用不能

QRコードの読み込みで決済ができきる「微信支付」は銀行口座と紐づけが必要から外国人簡単に利用できないよ。

イラもいろいろ試したかったんだが泣く泣くあきらめた。

仕方ないから町の人の使う様子を見ていたんだけど確かに普及はしている。レンタルサイクルや駅の売店で使っている人はすごく多い。

ただし、屋台の支払いでも普通に使われているかというとそうでもないよなという感じ。

日本ヤバイ遅れている」を強調するために話を盛っているような気はする。体感的には日本駅ビルテナントでのSuica決済と同程度の印象。


5. 深センにないもの香港にはあった

日本に帰るために、深センから国境(香港返還20年たってもまだ残っているのだ!)を徒歩で超えて香港に入った。

香港の街並みは深セン広州と比べるとどこか古臭く見える。駅も狭いし、鉄道車両も年季が入っている。

だけどここには自由があった。Googletwitterfacebookもすべて使える。DMM18禁サイトすら自由に見れる。

地下鉄を乗るとき手荷物検査存在しないし、外国人オクトパスカード(香港Suica)を買えるし、クレジットカードの普及率が高いので、商店で気軽にキャッシュレス決済ができる。

中国本土に居たのはわずか数日のことだったが、香港では深センにない自由を感じたのだった。

大げさな表現かもしれないが、独裁国家から自由の国にやってきた気分だった。


昨日まで現地に居たオイラ感想は以上になるが、あなたはこれでも深セン希望を感じるだろうか?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん