「縮小再生産」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 縮小再生産とは

2021-06-16

anond:20210616170625

資本がバックにある日活ヤクザやらがプロジェクト単位作成するAVに負けたのを思えば

エロゲメーカーという文化個人制作に敗北するのは同じ構造の単なる縮小再生産と言える

2021-05-28

anond:20181217174906

もう、「孤高の作家像」が許される時代じゃないんだよな

どんだけ良いモノ作っても、SNS相互リツイートし合って宣伝あいっこしないと口コミが広がらない時代なんだよ

作家同士の互助関係で、縮小再生産みたいな流れにならないことを祈るばかり

2021-04-30

フェミニズムって、もう大学でやる必要なくね?

弱者男性」って、色んな角度から議論できるけど、フェミニズム界隈からちゃんとした論考が出てこないのが不思議テーマとしては本質的に新しさは無いしね。

もう、フェミニズム学問としては事実上終了しているんだろうな。

ジェンダーに関する思い込みを一通り剥がした後、そこから先、学問としてする事があるようには見えない。

萌えキャラ批判で、性的表象がどうとか言ってる人をよく居るけど、心理学神経科学観点からデータ取らないと、エビデンスもまともに出ないよね。どうやってエビデンス取ってるの?お気持ちエビデンスにするの?

また、議論する力も低い。「弱者男性」やTERFといったテーマは、フェミニズムのようなテーマからすると、応用問題と言える。こういう答えの整理しにくい問題について、「専門家」なら論点をサクッとまとめられる力が求められる。厳密さは後で担保するとして、まず論点を整理し、ある程度の水準のメッセージを作ることなど、訳もないはずだ。しかし、読むに値する論考は今のところ見たことも聞いたこともない。期待してないけど、どうせ無いんでしょ?

ま、弱者男性に対して、上野千鶴子ぐらいバッサリやるならそれもそれで芸だけど、上野縮小再生産する奴しかいないなら、わざわざ分野を維持する必要性も無い、という事だ。上野千鶴子も退官したことだし、学問としてのフェミニズムは終わりにすれば良いのでは無いだろうか。

政治活動しかしないフェミニストなら、わざわざ大学で囲う必要もないだろう。どこか政治団体幸福の科学とか一水会とか中核派にでも囲って貰えば良いのではないだろうか。

2021-04-07

anond:20210407190130

これは正直反論余地がない。

親は自分が受けた投資と同じ分自分の子どもにも投資したがる傾向にあり、(この場合資産で区切る)階級縮小再生産されてる現状だとむしろパワーカップル(アッパードルの中では中の下)くらいが一番子どもを育てにくく、そして対策を打つにしてもそもそもボリュームが少ないか効果も薄いだろう。確かにわがままかもな。

2021-03-05

anond:20210305023921

なるほどねー。

やっと表の見方が分かってきたよ。ありがとう

でも中位数が一番高くなる50~59でも50万程度か…。

やっぱりあまり夢のある話とは思えない…。

それに前に年収1000万でもカツカツなんて話を見たから(子供2人くらいいるんだろうけど) 、大卒の中位数ですら(一人分の稼ぎじゃ)子供一人大学まで行かせるのも厳しいんじゃないの?

まあ同じ中位数の男女がくっつけば900万近くにはなるから、それでどうにかなりそうか。

高卒の子大学行くのは厳しいってわかってたけど、大卒ですら縮小再生産じゃ詰まらんよなあ。

今更だけど日本って超階層社会韃靼やな。

2020-07-26

anond:20200726132427

縮小再生産というよりは、作品が増えすぎて「めぞん一刻」みたいな当たり作品を探すのが難しくなっただけの気がする。

anond:20200726032437

めぞん一刻最近初めて読んだときにあまり面白さにビックリした

漫画時代を追うにつれ縮小再生産されているような気がする

2020-07-15

anond:20200714212158

たとえ縮小再生産でも、元がでかいから、完全新規より全然儲かるのがガンダム。いつか消えるとしても止め時が来るまではやめられない。

ガンダムに残っている連中はガンダム汚染しているだけの、重力に魂を縛られている人々だ! ってガンダムで言ってた。

2020-03-13

自分以外の人ってなんでこんなに知能が低いんだろう?

言ってることに論理性が欠けている人が多すぎるんだよね~。

(もちろん尊敬すべき人もいるけど)

例えば「ゲームをあまり遊んでない人はゲーム制作において不利」

って話に対して

ゲームばかり遊んでたら縮小再生産になるだけ」と言う人がいたりする。

ゲームしか遊ばなくていいとは誰も言ってないのに、なぜかズレた捉え方をする。

あと「ファミコン時代制作者はみんな手探りだった」とか昔話をする人。

そこから先人の積み上げがあって今の時代があるんだから

ちゃんゲームを遊ばないと車輪の再発明にハマるでしょ。

なんでこんなに簡単論理もわからない人が多いんだろ。

2019-03-25

ケムリクサつまんないよ

注意:これはケムリクサがつまらないって人向けの文章で、

作品をかなりディスってるので好きな人普通に読まない方がいいです。


自分はつまらなくて途中で視聴をやめて、

今回の盛り上がりでまた見始めたけど。

騒ぐほどか?ってのが正直な感想めっちゃ普通です。

普通アニメ(なんなら、普通より面白くない)をけもフレ騒動以降のたつき監督がやったらファンが大騒ぎって感じ。

視聴を途中でやめた人は、無理して11話を見る必要はないよ。

それまででもう大体わかってる謎をわざわざ昔の回想場面をつかって長い答え合わせをして、

最後に引きのシーンを入れただけ。

これまで通り、メリハリのないだらだらしたテンポでそれを見せられるだけだから

離脱した人を引き込む何かがあるわけではない。

終盤の1011話が2話かけて最終ステージの直前から進まない話(戦闘での足止めとかじゃなくて、作者都合の時間稼ぎ)ってのも、どう考えてもテンポが悪いし面白くない。

ていうか、説明セリフで済まさないために11話を回想にしたのに、

結局重要なことはほとんど回想の中の台詞でべらべら説明させてるのって本末転倒だと思う。

言っちゃ悪いけど下手だなあと。


1話アクションと謎設定をたくさん用意してて面白かったんだけど、

その後はのろまな展開と説明が続いて、ぶっちゃけ相当つまんないんだよね。

2話以降は1話の半分の内容を薄く引き伸ばしたような話の進み具合だし、

盛り上がりどころのない低いテンションが延々続いて(でもキャラはうるさい)、本当にかったるい。


毎回、作り手の用意した小イベントに沿ってキャラが動いてスローペースでそれを達成してくだけ。

ストーリーキャラが一体になって話が動き出すような快感はない。

キャラがただの駒。

テンポが悪い一本道のゲームをやらされてる感覚で、

破れたメモを手に入れた、続きを読もうとしたら邪魔が入った、主人公が急に別のことに興味を示した、みたいな。

1話で「死」を強く意識させてるのに、それ以降はドキドキもワクワクも感動もなくて、ピンチも探索もほんとイベント消化くらいの描き方。

丁寧な話を作る監督、って評価されてることが信じられない。


大体、話の形式けものフレンズそのまんまのワンパターンだし(基本的ワカバ役回りも)、

けもフレのような魅力のあるキャラが減ったせいで縮小再生産の感が否めない。

自主制作ケムリクサの方が先だと言われればそうかも知れないが)

ストーリーも、重要話題に入った瞬間に邪魔が入るとか

肝心のアイテムを調べないで放置して話を引っ張るとか、

モロ作り手側の都合っぽいのが見ててきつい。

自主制作版という下地があってこれなのか、と正直思う。

キャラ数が少ないのに、話によってはあい空気なの?ってくらい出番と印象が薄くなるのも、

喋るとうるさいくせにアンバランス全然上手くいってない。

キャラの駒っぽさがより強調されて作品へのイメージがどんどん悪くなる。

無駄矛盾する台詞もあって、

2話の最後でもリンが礼を言ってるのに、3話の終盤で礼を言ったら「リンさんでもお礼をいうんですね」とワカバが騒いだりとか、

なんで?って引っかかる。単なるミスなのか記憶力が弱い描写なのか。

ミスだとしたら、「その回の終盤」っていう重要なところでキャラ数も少ないのに矛盾した台詞を喋らせるのは、監督脚本として有り得ない失敗なんだけど。

やっぱり話を組み立てることが不得意なんじゃないかって気がする。


放送初期は視聴者からワカバヘイトを集めてたけどあれってわかりやす対象だっただけで、

結局は作品自体の出来がよくないんだと思うなあ。

ファン評価とは裏腹に、監督の実力の底を露呈した作品だと思う。

けもフレストーリー作りに参加してたメンバーたちが大事だったのが良くわかる。


こういうことを書くとすぐ新しい物や面白い物を受け入れられない老害的なことを言われるけど、

新しくて面白い物を求めて視聴した結果、期待はずれだったのだということは書いておきたい。

2019-03-09

日本は街も流行も止まったように見える

変わらないというか止まってる

とりあえずみんな縮小再生産してるだけ

2018-06-13

戸塚ヨットスクールとかは、そもそも欠落してる戸塚やその他スタッフが、

欠落してる他人を捕まえてきて監禁拷問するだけ。縮小再生産現場だよね。

戸塚が一番イカれてて救い求めてるよ。さっさと死んでほしいけど。

2018-05-21

過去日本に憧れを抱きつつ

粛々と縮小再生産を行い、イノベーションを切り捨て、みんなで仲良く貧乏になろう

反対するやつは売国奴

2018-02-12

https://anond.hatelabo.jp/20180212142157

シューティング死ぬほど苦手なので、その時点でやる理由がない。

そもそもシューティング格ゲーと並んで、どんどん廃人向けに先鋭化・縮小再生産して廃れた歴史あるじゃんか。

アズレンもいずれそうなるのは目に見えてるので、その観点でもやる気にならない。

あと2・3年しても今の人気を保っていて、初心者大歓迎なゲームバランスだったら考えなくもないが、そんな奇跡は多分ないだろうし。

2017-12-20

#youtoo

はあちゅうに言うべきは

#metoo

ではなく

#youtoo

だ。

お前も全く同じセクハラ世間に振りまいている、最低の糞蟲の縮小再生産で、より下位の糞蟲であると思い知らせねばならぬ

2017-11-23

学校制服でまーた利権叩きか、お前ら、本当に他人給料増えてほしいの?

増えてほしくないんだよね?

他人給料は下がって、自分の家庭の消費は抑えて、自分の家庭の貯蓄が増えればそれでいいと思ってるんですよね!

グローバルな環境下における公正な競争の先には、先進国の皆さんには縮小再生産しかありません!

それまでは利権利益を確保しなければ皆さんの給料増えません!

みなさんの仕事、本当に公平公正ですか?

2017-10-13

けものフレンズってここで終わったほうが伝説になると思う

だれが監督をやっても、一般層に広がるブームになったり、何年も続く息の長いコンテンツになったりしなくて、縮小再生産で「あれで終わっておいたほうがよかったね」と言われるパターンだと思う。

2017-09-25

anond:20170925215921

これまでのガンダム縮小再生産した二次創作SSのうえにガノタの僕が考えた最強のガンダムーを乗っけただけじゃん。

Gレコは新しいものを描こうとしていたぞ。

2016-06-04

自己啓発本ビジネス本の元ネタ ※追記しました

大学を出てサラリーマンとして長年働いてきたが、過労とうつ半年休職することになった。

まとまった時間ができたため、前から気になっていた『資本論』(大月書店の赤い奴で、8巻は読めなかった)と『聖書』(新共同訳で旧約のみ)を、ともに入門書・略解を引き引き必死に読んだ。

そこで驚いたのが、これまで好んで読んできた、自己啓発本ビジネス本の類が、ほとんどこの2冊の縮小再生産であることだった。

特に顕著なのがビジネス本で、ベストセラーになった本の数々が、資本論で書かれていることをひっくり返す(つまり資本論批判されている資本家の振る舞いをする)ことを勧めているだけだった。

知人に資本論を読んでいると言うと白眼視されることが多かったのだが、そいつが件のビジネス本を好んで読んでいたりするのを見ると、何だかなぁと思うことしきり。

くだらない本に金と時間を費やすのではなく本当に価値のある本を読もうとか、何事も中身を見ないで批判するのはやめようとか、色々学んだ日々だった。

追記

http://anond.hatelabo.jp/20160606162118

2016-05-09

http://anond.hatelabo.jp/20160509112458

横。

それなりに裾野が広がってるというか作品数も関わる人数も増えてるみたいだし、

映画的な手法を取り入れようとする人たちもいれば縮小再生産みたいなことをしている人たちもいるってだけじゃない?

業界に入る前に映画に親しんでいたならまだしも、

今の生産体制では仕事しながら昔の映画を見るにも限界がありそう。

もう少し制作現場に余裕があるといいんだろうけどね。

2015-09-07

http://anond.hatelabo.jp/20150907134853

うろぶっちーのやりかたは自分の好きな作品アレンジして別業界に持ち込むことなので、

しろ拗らせたオタクにとってはどっかで見たような話の縮小再生産に見えるし、

「見たこともない新しい話だ」と歓迎するのはニワカばかりだ。

2015-09-06

何を袋小路というのか

http://anond.hatelabo.jp/20150906022757

日常系作品を他にも読んだことありますか?

日常系空気系というけれど多くの作品はその日常の終わり(学校ものなら卒業)を意識して書かれていて、

楽しい時間にもいつか終わりが来ることを意識させられるような構成になっている。

決してそれは安寧の繭と呼べるものではない。

時間の経過を描かない作品ギャグに重点を置いていて、さざえさん時空的にループしていることを自己言及するものもある。

また、現代中学高校生活を描くものから大学社会人生活を描くものファンタジー歴史ものなどとジャンルも広がりを見せていて、

縮小再生産で似たような作品ばかり作っているわけではない。

日常袋小路と呼ぶのは不適当だと思う。

日常系としての『がっこうぐらし!

がっこうぐらし!原作コミック(1~6巻)を読みました。

アニメ版とは別物ですね。

日常系作品にちょいとホラー要素を加えたのがアニメ版だとすれば、原作コミックほとんどホラーです。

それと、ただ怖いだけじゃなくて、批評性の高い意欲作です。

日常系とか空気系と呼ばれる作品群をハッキリと否定しています

エヴァ旧劇なら庵野オタクたちのことを「気持ち悪い」と言ったのと同じです。

まどマギ劇場版新編なら、ラストで「自分勝手ルールを破るのって、悪いことじゃないかな」とまどかに言わせ、ほむらが創った心地よい虚偽の日常批判しているのに相当します。

作中、登場人物たちは二者択一を迫られ続けます

学校を出ること(卒業)、あるいはそのまま学校に残り続けること、どちらかです。

"巡ヶ丘"学院という名前場所のものが、終わらない、居心地の良い、都合の良い、フィクションの中にしか存在しない日常メタファーです。

最終的に、学園生活部のメンツ卒業すること(現実直視すること)を選びます

とりわけ丈槍由紀の成長は顕著で、ハッキリと夢想に別れを告げ、夢想彼女を守っていた周囲に感謝の意を示します。

と、ここまでが1~5巻までの概要です。

6巻では舞台学校の外に移ります

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』で言えば、ハリアー友引町を脱出するところです。

エヴァTV版なら、シンジ他人を受け入れるところです。

エヴァ旧劇なら他者アスカ)を望み、LCLから人間の姿に戻るところです。

まどマギ新編なら、魔女ほむら結界を破るところです。

ただ、揺り戻しがあるのですね。

嘘でも良い、安心できる妄想の繭に守られていたいという願望が再び頭をもたげてきます

1~5巻では由紀が繭の中に逃避していたのですが、今度は若狭悠里が繭の中に潜り込み、由紀と同じ道をなぞってしまます

一番現実に向き合っていた悠里の退行は象徴的です。

セカイ系の隆盛後、日常系流行り、まどマギで一旦は日常から脱出したのですが、また日常に戻った漫画アニメ消費者自身なのです、悠里は。

一度は他者を望んだものの、やっぱり怖くてアスカの首を締めたシンジ君そのものです。

デビほむが創った新しい世界を半ば受け入れてしまう、まどか以外の魔法少女たちとも似ています

7巻以降はどうなるんでしょうかね。

おそらく日常現実の間を振り子のように揺れ、最後曖昧な位置で静止して終わるのではないでしょうか。

うる星~』は友引から脱出できたかどうか分からないまま幕を引きました。

エヴァ旧劇でも、新しい世界シンジアスカ共生できるかは未知数なまま終劇を迎えます

まどマギ新編でも、ほむらは「いずれあなたまどか)は、私の敵になるかもね」と言っています

日常系作品への批判は、クリエイター自己批判のものです。

縮小再生産で似たような作品ばかり作っていて良いのかという反問です。

劇場版けいおん!で既にその兆しは見られました。

唯たち4人はしきりに「高校卒業しても、今までのような毎日が続くかな?」と自分たちに問いかけ続けます

もちろんずっとクローズド学校生活がっこうぐらし!)が続くわけはなく、社会に対してある程度開放的であらざるを得ない大学けいおん!はすぐ打ち切りになりました。映像化もされていません。

まんがタイムきららは自ら日常系の潮流を作り、その流行に乗りつつも、自分たちがまずい方向に進んでいることが分かっているのでしょう。

がっこうぐらし!原案を、まどマギ制作に関わったニトロプラス作家担当していることはとても示唆的です。

日常を超えたところに、私はサブカルチャー成熟を期待しています

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん