「三十路」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 三十路とは

2019-04-16

男は◯歳からモテる…?

歳取ればモテるって言説を信じていいのは、仕事や人のためになること、社会に関わる活動に身も心も捧げた一途な男の人だけなんじゃないのかなあ……。

(もしかしたらそうじゃない場合もあるのかな?あんまり見かけたことないけど)

「男は三十路からが本番!脂がのってきますから!」

n+1から本番?年々更新されるその数字にみんな飽き飽きしてるよ……。

脂のるようなこと何かしてるの?何かしてるなら教えて欲しいよ。私も脂のせてみたいかも。

なんか考えたら怖くなってきちゃった。

未だに女性モテについては、若さファクターが大きいから、適切なタイミングで行動を起こせるように、わたしも、日々を大切にがんばらないとね〜。

まあ、人の旬なんてそれこそ見る人によって違うし、私も上から目線なこと言っちゃったかも。うう。

2019-04-05

anond:20190405140803

この時間帯は「ゴミを貼るな」増田は出動してないのか?(アカウントバンされたとか?)

TMNは「おっさん演歌」とも言われてるねw

おっさんならPerfume中田ヤスタカ)もキャッチーだと思うけど、どうなんだろ? 時が経つのは早いもので、彼女たちも三十路BBAアイドルなっちゃったね★

2019-03-29

時間努力も浪費せずに面白いオンラインゲームがやりたい

オフラインゲームも好きなんだけどどこまでやっても自分一人の世界だと思うと時々空しくなる。

そんなわけでオンラインゲームをやるんだけど、FPSとか対戦系のゲーム三十路を越えたオッサンにはもう全然対応できなくて、声変わりもしてないようなガキに下手糞とか言われたりしてイライラする。

かといってRPG的なオンラインは一日何時間もやらないとそこの世界でのコミュニケーションに入れずもはやNPCよりも話しかけられなくて孤独を深めるばかりである

コミュニケーションだけのゲームアメピグとか)は会話以外することないから、これならTwitterとかはてな文章書けば一緒なんでは?と思ってしまう。

じゃあオンラインゲームじゃなくてSNSとかやってろよと思うだろうけど、そうじゃない、俺はゲームがやりたいんだ。ていうかゲームをやってる気分になりたいんだ。この気持ちなんとなくわかっていただきたい。

そんなわけで、才能、努力不要うまいゲームやってる気分になれて、尚且つ人とそこそこ(プレイスキルで罵倒されたりせず和気あいあいとした)コミュニケーションが取れるゲームはないかしら?

2019-03-28

三十路過ぎた辺りから何も運動してないのに日に日に痩せていく

ちゃんと飯食ってるんだが何でだろうな

そういえば最近卵とじかつ丼を今までは特盛で食べれたのに三十路になってから特にご飯が食べれなくなったな

胃が細くなったと表現する人がいるけど、これって胃が細くなるとは言わんで単に食べられなくなった=アレルギー的なもの想像した方が良いんじゃないか

そう思えて仕方ない。

仕方ないついでに別に糖尿でも高血圧でも検査で引っかかった事がないんだけど、単におっさんになると食べれなくなるという認識で良いのかな

脂モノはまだ口に入るから違う病気なのかもしれんが

2019-03-25

anond:20190322044117

私の場合冗談じゃないパターンもあった。

増田:共学の公立中→女子高→女子大、いま三十路大学3年から社会人1年目くらいまで付き合ってた年上彼氏と別れてから干物ってる。

友人A:中学友人、背が低い、頭がいい(Aラン大→大手商社)、顔はイケメン、チャラいがモテる、月1くらいでサシ飲み行ってた、彼女あり

友人B:中学友人、背は低くない、バカ、顔はイケメン社長息子、チャラいモテる、4半期中1回くらいで友人A含む複数で飲み行ってた、(遊びたいから)彼女なし。

友人Aとはもう腐れ縁て感じで、会うたびに一回しようって言われ続けてたが本気にせず受け流してた。女としてどう見てたかは知らんが、気を遣わずに済む気の合うやつだとは思われていたと思う。結果としては、ヤるに至らずあちらは結婚。連絡頻度は減った。

友人B、クソイケメン野郎め。私が付き合ってた彼氏と別れたと知り、上から目線で抱いてやってもいいよ的な態度。ムカついてたのでキレ気味にで断っていた。しかし私が飲みすぎたときに、金持ちパワーでタクシーで送ってくと言って一緒にタクシーに乗ったのが間違いだった。有無を言わせない感じで乗り込んで来たがそこで殴るべきだった。寝てていいよと言われ、目覚めるとラブホの眼の前。酒酔いと寝ぼけてて判断能力ゼロの私。少し休んだほうがいいって、と肩を抱えられるままにお部屋に到着。シャワーも浴びずに脱がされ乳ペロペロ。もうどうにでもなれとなされるがままに最後までやってしまった。めちゃくちゃムカつくのは、それ以来Bのことが気になっってしまうこと。なんなのもう。

--

という話を私ちゃんから聞かされる友人C俺。しかもここは私ちゃん一人暮らしの部屋。(初めて上がりこんだ。ひとしきり愚痴って、いま私ちゃんシャワー中。)

これ、押し倒してっていう暗示だよね…?ボディタッチはない。

2019-03-24

Happy birthday

だいぶ年下の同僚の誕生日に、おめでとうと言った。本人がこの日が誕生日です!!とめっちゃアピールしていたので、気楽におめでとうを言うモブの一人としてである24歳になったそうだ。

24歳か。たった一歳の違いだけど23歳よりも大人って感じだよね」

と私が言ったら、

「いやいやいや、いやー、遂に24歳になってしまいましたよ、あっという間っす!」

と彼は言った。

高校卒業したら時間の流れがもう本当に速くって、そうこうしているうちにこんな歳になってしまいました」

月並みな事をいうと、三十路になったらもっとスピードアップするからね。そりゃもう怒濤のごとくに。今年だってつい最近正月になったかと思ったのにもう3月も後半に差し掛かってますよ」

「俺も気付いたら30になっちゃってるのかなぁ」

「そうだね、きっとね」

私が24歳の時、歳上の人達若いんだから可能無限大もっと日々を大切に生きろと叱咤激励してきて、それが出来ない私って無能なのかなぁと思って一人で落ち込んでいた。

けどやっぱり、若くたって中々自分の力で道を切り開くなんて難しくって、否応なしに遅い来る奔流に流されてあっぷあっぷしているうちに、いつの間にか歳を取ってしまうというのは普通なのかもしれない。それはべつに責められる事ではないのだろう、と思いたい。

目まぐるしい日々だけど、いいことあるといいよね。

anond:20190324150654

背後にはそんな三十路増田のケツ穴を狙う四十路上司が……!

2019-03-21

好きなものが何もない

三十路独身

好きな食べ物、好きな色、好きな本、好きな音楽、好きなドラマ、好きな異性。

何もない。虚無。

とにかく何も好きになれない。

とにかく何も興味が持てない。

嫌いじゃないものが好きなものなのか?

だとしたら世界の全てが嫌いなんだが?

こんな悩み、十代で終わらせたかった。

2019-03-17

ドラえもん観に来たら子供連ればっかりや!

三十路のワイも子供居てもおかしくないんだよなぁ……

2019-03-10

ツイッターアカウントを消すにあたって

1文にまとめると勉強を頑張る為に同人活動を休止してツイッターを消すことにしました。

というだけの話です。

ただ自分にとっては同人活動ツイッターも、生半可な気持ちで断てるようなものではなかったのでここから語る事の経緯は自分感情を整理するための自己満足です。

えらく長い上読んでもこれっぽっちも楽しいものではありませんが、それでもお付き合い頂ける方は読んでみてください。


勉強を今一度頑張ってみたいと思いました。

思ってみたもの、今まで散々頑張ってこなかったことなので正直既に全然自信がないんですけど。

本当に自信がないです。散々頑張らなかった人生なので。

ただ、自信無いなりに、まず頑張る為に今まで頑張れなかった原因たる要素を外的要因から潰していこうと思ったのです。

その1つが自分学費を持った上で、勉強をする為に学校に入ることでした。

ざっくり勉強と申し上げましたが4月から資格を取得するために専門学校に通うことにしたのです。

資格を取得するにあたって大学に行っていたのですが、親の金で通っていた当時は正直な話どこか甘えていた部分があったと思います

実家から独立して社会に出て数年、時間お金も有限なんだと本当に今更痛感しました。

勉強する為にお金を出して与えてもらった時間を使って勉強をろくにしてこなかった今まで、本当に勿体ないことをしてきたなと思いました。

大学当時、資格取得の試験に落ち、翌年仕事をしながら自主学習しても身が入らず結局試験は以来受けていませんでした。

フルタイム勤務に月20~40の残業が発生した状態で実際時間もなかったのですが、結局仕事をしているから、と勉強から逃げていたと思います

今一度、腰を据えて勉強する為に学校へ行きたいのだと親に伝えたとき父親からは甘えていると言われました。

本当に、その通りだと思いました。

私が社会に出て数年働いても全く届かない数百万というお金を出してもらい4年間大学へ通い、試験には落ち、卒業しても得られたものは何もない状態社会に出てのんべんだらりと数年を過ごした私には2、3年だとしても学校へ通う為の資金などはなく。

またどこか親に頼ろうという気概自分の中にはあったように思うので。

実際、学費学校へ通う間に生計を立てていく問題を本気で考えたのはその後でした。

まず、今年から資格取得の為に受けられる給付金制度が拡充したことを知りました。

次に、検討していくうち決めた4月から行くことになった専門というのが本来2年制の学部でしたが、大学で同資格取得の為の科目を専攻していた関係前例もある特例として1年制として受け入れて頂けるということでした。

資金的にも現実的な額面になってきたこと(それでも情けない話ではありますが結局親に前借りする形になりましたし、口座の残高はパート勤務でもしないと工面できない程度にしか残せていませんが)、

特例の1年制というのは学費的にも大きかったですし何より親の金で無闇に過ごした時間が多かった大学での4年間が少しでも無意味にならないように思えたこと、

新年に引いたおみくじ末吉にしてかつて類を見ないレベルの手厳しさであった上で「学問自己の甘えを捨て全力を尽くせ」と言われていたこと、

年齢も正直先日27になりまして、あと数年で三十路というところまで差し掛かっている身としてはあまりにも将来性のない日々を送っていたこともありました。

ともかくその他いろいろ踏まえても今踏み切らないともうどうにもならない気がしました。

フルタイム勤務はもう無理なので今の仕事は今月いっぱいで辞めます

前述の通り隙間時間で入れるバイトを探して当面はやっていきます

学費を振り込んだ今残った口座の残高数十万円は試験半年から数ヶ月前にはバイトも辞めて勉強だけ集中するためのお金なので来年の今頃には本当にほとんど一文無しの予定です。

口座に余裕がなくて本当に良かったです。

これでもうイベント遠征はどうしたって行けなくなりました。

長い目で見ればリターンがあるからとか言って本でも作れば向こう数ヶ月はご飯が食べられなくなる寸法です。

資格が取れなければ本当に何も残らない状況で、これで頑張れなければ本当にただの屑だと思います

要は、自主的に意欲を持って頑張れない自分が頑張る為にまずあらゆる退路を断つ必要があったのです。

もう後が無い環境意図的にでも作って追い込まないと自分は間違いなく何かに甘えてしま人間だったので。

そんな感じで経済的・将来的な逃げ道を絶つ環境を整えることを決めたからにはしておかなければいけないと思ったもう1つ。

それがツイッターを消すことと同人活動を休むことでした。

この文面を此処まで読まれる方でしたら私が見事なまでの限界同人オタクなことはご存知のことと思います

高1頃から同人活動を少しずつ始め、彼此10年以上同人誌を作ってきましたが、作成ペースは年々悪化の一途を辿り、前年では15冊発行してましたし、もうここ何年も年間10冊超ペースで発行している有様でした。

正直、学生時代勉強に身を入れきれなかった大元の原因が同人活動にあったと思います

原稿をしている間は人間的な生活が送れない、みたいな限界同人オタクあるあるも私からしてみれば「人間的な生活を送らない理由にするため原稿をしている」ような節がありました。

自己解釈アウトプットすることが人生で何よりの生き甲斐なのは間違いないのですが、それが同時に生活を怠る免罪符にもなっていました。

イベントに参加して自身の本を取ってもらう、気の合うオタクと喋る、時として感想を貰う。

同人イベントサークル参加されたことのある方であれば分かる方もいると思うんですけどこの一連の流れって本当に癖になってしまうんですよね。

ただでさえ自己解釈アウトプット生き甲斐だった私に関してはもはや本を作ってイベントに出る行為依存症みたいなものだったと思います

原稿にかける時間人生で何よりの優先事項で、次点が最低限の生活を成り立たせるための労働、あとは気が向いたときに行う基本やれなくても仕方のないこと。

自分の中では完全にそういう考え方ができていました。

自己思考アウトプットすることそのもの生き甲斐自分にとってツイッターでのツイート行為もまたある種の依存行為だったと思います

自分の交友関係社会に出ている間に学生時代関係がほぼ残らず、今やツイッター形成されているものでほぼ占められていたのでツイッターを完全に消してしまうことは自分人間関係の大半を喪失させてしまうことのように思っていて、それが余計に自分の中でこのツールを離しがたいものにしていたようにも思います

というか消すまでしなくても程々に運用したらいいのではって話なんですが。

少なくとも自分に関しては無理だと思ったからこその判断です。

物事を切り替えていくのが本当にへたくそで、特につの思考に耽るのが楽しい性分だったことも助長してツイッターでひとたび1つの話題を見つけると数時間でも半日でも延々とそのことについて考えてはツイートをして時間を浪費する日々でした。

共通話題で盛り上がる人が居ると余計に、自分以外の誰もその話題をしていなくても一人でもいつまでも

やらなければいけないものできればやりたくないことが後に控えている程にその傾向が強かったように思います

その手軽さが現実逃避すらも容易にさせてしまっていたと思います

自身思考共感を得てくれる存在が数値として見えるこのツールでは欲している感情簡単に満たされてしまって、少しでも苦しさを感じる現状に対する手軽な逃げ場になっていたと思います

息抜き現実逃避というのはニュアンスとして紙一重だと思うんですが私は息抜きのつもりで一度楽しいことを始めるとそのまま本来の楽しくない作業には戻れなず逃避になっているタイプでした。

人生において欲している感情を与えてくれる要素は現実から逃げる為の要素でもあると思います

自身にとってツイッター同人活動人生において欲している感情を与えてくれる要素のほぼ全てでした。

から、本当に本当にすべきことを前にツイッターを、同人活動を並行するという可能性を少しでも残せないと思ったのです。

から同人活動ツイッターもやめることにしました。

今生の別れでも何でもない、本当に一時的措置であって数年後の私が目標を達しているいないに関係なくきっと私はツイッター同人活動も再開すると思うのです。

人生の中でみれば些細な制限に対してここまで長文の記事を作るなんて自分でも正直馬鹿げているなとも思うのです。

これは少しでも隙があればきっとまた今までのように現実にある目前のすべきことから逃げだしてしま自分に対して仕方ない、仕方ないと言い聞かせる為の文章です。

ここまでしないと、ここまでしても尚駄目かもしれないどうしようもない自分をせめて戒める為にこの文章を作っています

いくら生き甲斐だったとしても生き甲斐を続けるだけの人生に将来性なんて何もありません。

自分生き甲斐あくま趣味であって、万に一つでも趣味を続けた先にそれが将来性のある何かに繋がるとは微塵にも思っていません。

自分の中で此処まで分かってるなら私は学生時代からもっと勉強をする習慣に慣れておくべきだったと今更のように思います

結局、その場で満たされる感情やもしかするとなんて夢を見ることでこのままでは良くないと分かっていた現状から逃げ続けていただけだったんだと思います

手遅れだと諦めるには何もしてこなかったですし半端な気持ちで居続けて「もう手遅れだろう」とか「どうにかすべきだった」なんて言う前に、私はまだどうにかなるものならどうにかしたいと思っています

やる気の問題が大きいとは思います

逃げ道をいくら塞いだところで1日寝て過ごせば日々は過ぎてしまうわけですから自分が本当に頑張らない限り、どうにかしたいと気持ちだけ口にしたところで結果には何も繋がりません。

ここまで包み隠さず全部言って、それで1年後試験に落ちたら何かもういよいよどのツラ下げてという感じなので正直、どう転ぶにしても後々くまなく喋りすぎたことを後悔すると思ってるんですけど、こうして状況を明記すること事体が退路を断つ一環でもあるので致し方なかったのでした。

本当に長くなってしまいましたが本記事は以上となります

最後に「頑張ろうと思います」なんて口だけ言っても仕方ないので自分では言わないでおきます

(今見直したら冒頭1行で言ってましたけど)

なので此処まで読んでくださった方におかれましては「頑張ってください、応援してます」なんて軽はずみにでも本気でもどんな心づもりでも言えるその言葉自分に向けては出来れば言わないで頂けたら助かります

それでも結果を残して戻ってこれたときには軽はずみでも良いので「おめでとう、お疲れ様、おかえりなさい」などのお声を頂けたらとても嬉しいです。

最後最後に、これからの1年、このブログフォロー数0のアカウント、もしくは本垢のものが浮上しても息抜きレベルだと思えるものでしたらどうか見逃してください。

最後まで現金感情にお付き合い頂いてしまってすいません、ありがとうございました。

それでは。

2019-03-05

anond:20190305192100

アラサーの半分くらいは三十路過ぎだと思うんですけど

anond:20190305150322

三十路過ぎをアラサーって言うのやめてくれませんかね、子供部屋未使用おばさん。

弟の財布がバリバリだった。

彼氏の財布がマジックテープだったっていうボカロの歌が流行った時

三十路の弟とご飯を食べに行って割り勘した。

会計でナ○キと大きく書かれたナイロン生地の財布をだして

バリバリって開けるところを見て

こいつは、ヤバいぞ、と思った。

会計が終わって街をぶらつきながら、財布買ったら?ってやんわりとすすめた。

弟は少し気難しいところがあって、へそを曲げると意地になってしまうところがある。

なので、①気に入っていて使っているのか、②買いたいけど財布を選べないのか、③ケチなのか

そういうところを少し遠まわしに聞いていった。

ケチが正解だった。

単純に買ってやろうと思った。季節は今頃と同じ春だった。

前にも書いたが弟はケチで、給与は安いが実家暮らし正社員だった。

余ったお金はすべて貯金する。貯金趣味というやつ。

人にお金を使わせるのも嫌い、施されてるみたいだから嫌なんだそう。

なので、私がただ財布を買ってあげても受け取らないだろうことはわかった。

こだわりは強いけど、財布とか服とかの好みは無いのは知ってる。

成人しているから、結婚式とかそういう場にも呼ばれて行ってるはずだった。

それなのに、今までバリバリの財布出してたのだろうか。

妹は年頃になったらおしゃれに気を使いだして、私が何も言わなくても

流行りの服を買い、流行りのメイクスタイルになっていた。

私は女子高生女子大生時代喪女として過ごしていたが、

社会人になった時、面倒見のいいギャル友達になった。

面倒見のいいギャルは私に服の選び方や買い方、メイクの仕方を教えてくれた。

今思うとすげえダサい喪女と歩くの恥ずかしかったんじゃないのかなと思う。

私はギャルにはならなかったけど、メイクとか服を選ぶ楽しさは覚えたので、

自分なりに更新して好きな恰好でそれなりにみすぼらしくない恰好をしてる。

弟はこういう面倒見のいいギャル友達みたいな子はいなかったんだろうか・・・

弟の友達に毎週BBQをするような男友達はいるにはいた。

ただ、弟下戸インドアだった。毎日ニコ動YouTube見るのが好きっていうやつだった。

母も父も使えるんならいんじゃない?というタイプだった。

特に父も弟と似てて、あんまり物に対するこだわりがなかった。

いかん、と思って財布を買った。

あんまり高価なのは買えない&高い財布を持ちたがらないので、

1~2万円くらいで革製で長く使えそう、そこそこな高級感がある。

長財布はポケットに入らないので使わなさそうなので折り畳みのやつ。

なんとなく入ったコ○サにちょうどそういう条件を満たすものがあった。

予算的にもちょうどいい。

それを購入してプレゼント包装をしてもらった。

購入したあと、まだプレゼントは渡さず

弟には妹の誕生日プレゼントを買うのでいくらか出してとお願いした。

ちょうど妹の誕生日が数日後だったので、妹の誕生日プレゼントを毎年買っていたことがある。

弟はケチだけど、そういうお祝いごとは出してくれる。

ちなみに今までは弟には、何をあげても無駄遣いといわれるので好きな食べ物をあげてた。

そして、誕生日のせまった妹にも弟の誕生日プレゼントを購入したのでいくらか出してとお願いした。

弟の誕生日は数か月前に過ぎていて、毎年妹の誕生会の時に渡していたからだった。

妹の誕生日をお祝いする時、実家で集まってご飯をたべる。

なぜか成人してからよく集まるようになった、子供のころはしてなかったのに不思議な話。

弟の誕生会は弟が嫌がるのでしないでプレゼントだけ渡すが、妹の時はケーキを用意して食べる。

その時に、妹と弟に一緒にプレゼントを渡した。

弟のリアクションはあまりなかったと思う。

食べ物じゃないんだみたいな、ことは考えてそうだった。

妹が財布をみてノリ良く褒めた「へー、革の財布いいじゃん。良いねー、格好いい。使ってねー」

特に財布にするとか言ってなかったのに、妹よありがとう

妹が褒めたことで弟が気を良くしたみたいで少し照れた感じで

「へへ、いいじゃん」みたいに言ってくれた。

良かった。姉の使命は果たせたって思った。

翌年、弟が父にせっつかれていった地元婚活パーティで、嫁になる人を見つけた。

さらに翌年には子供も生まれた。

弟は新しい家族行事に新しい財布を使っている。

弟はケチのままだし、恰好特に気を使っていない、髪だって自分で切ってる。

でも、財布買ってよかった、ありがとうコ○サ。

あの無難なかんじが本当に助かりました。

2019-02-24

指数分布について文系のアホに教えて

当方三十路サラリーマン

エンジニアとかではなくコピー機を売っている営業マン

今日話題ラーメン屋に行って並んでたんだが、これどれぐらいで入れるんだろうと気になってスマホググる

待ち行列理論なるものがあり、数式で理論値は求められるらしい。

ところがウィキペディアを読んでもポアソン過程やらマルコフなんちゃらとか出てきて何がなんやら。

とりあえず指数分布というのを理解したいんだけどわかりやすく教えてくれませんか。

明日また別の店に並ぶのでその暇つぶしがてら勉強するんで。

深夜の寂しさがすごい。

おわった。

どーでもいい喧嘩恋人との関係は終了した。

気がつけば三十路

こうして人から愛されないまま人生が終わっていくのだろうか。

直後だからメンタルが落ち込んでるだけかもしれない。

こんな真夜中、寂しくて寂しくてたまらないこんな自分相手にしてくれる友人なんていない。

このまま、本当にひとりなんだろうと心が痛い。

仕事もつまらない、プライベートもつまらない、同年代人達はどんどん結婚して相手もしてくれなくなってきた。

みんなどこでどうやって、結婚したいと思える人と出会ってるんだろうか。

疑問でしかない。

愛されたい、孤独出会いもない。もうこの歳になるとほんとに出会いもない。

結婚して子供が欲しなったなぁ。

ちゃんと好きだと思える人との子供が。

そもそも好きってなんだよ。

あぁ、この先の人生の大きなイベント

それはあとは死ぬだけだと思ってる。

だれかたすけてくれよ、、、

こんな時間愚痴を聞いてくれる友人もいるわけもなく、とりあえず吐き出したくてたまらない。。。

2019-02-17

anond:20190216225314

うだうだ相手情報だけで考えてないで、自分の背景も話したら?

父が中小企業社長なので、いろいろ苦労してる様子を子供の頃からずーっと見ていた。

この話、相手にしたの?

お互いのこと話して、それで分かり合えたり、分かり合えなかったり、それが恋愛ってものでしょ。

先入観なかったときは楽しかったんでしょ?気が合ったんでしょ?

三十路なんでしょ?

自分の生い立ち話したら、彼氏のほうから振ってくれるかもよ?

そしたらさっさと次を探せばいいの。

三十路の女は忙しいんだから

2019-02-16

大企業で働いてる男性に歪んだ気持ちを持ってしまった

当方婚活してる三十路女。

有名な大企業で働いてる男性と偶然知り合うことが出来た。

最初は勤務先など全然知らなくて、話してて楽しいから一緒に遊びに行っていたのだけれど、会話の流れで相手が勤務先を教えてくれた。

私が高卒なので、そんな大企業で働く人と初めて知り合えて興奮してしまったが、次第に冷静になってだんだんひねくれた考えを持つようになってしまった。

私の父が中小企業社長なので、いろいろ苦労してる様子を子供の頃からずーっと見ていた。

対して、こちらの大企業男性。余裕があり、金で判断する女とだけは付き合いたくないとそんな話をしてくる。

なんかこの人とは絶対付き合いたくない、と思ってしまった。

上手く言葉で言い表せないけど、大企業という神輿に乗っていい気になってる感じなのが鼻についたんだと思う。お金を稼ぐって、働くって、もっと臭いことだと思ってたし、それが私の信じてた世界だったから。この男を認めたら、私の信じていた世界が崩れてしまう。

もちろん、大企業で働いてる人がみんなこういう人では無いと思う。それに、この人基本的に優しいし、話も面白いし、私のことを好いていてくれたので、ごちゃごちゃ考えずに付き合ってしまえば幸せだったかもしれない。

こんな理由で嫌になったので、振る時なんて言ったら良いのかわからなかった。

anond:20190216180411

四間飛車なあ形を整えてるようで一回も攻めることが出来ずに負けたりすると心が折れる

ちなみに三十路なので若者と言えるかは微妙

2019-02-11

会社を辞めた。家族には言ってない。

ひと月半経ったが、就職活動やろうと思っても何から手を付けていいのかわからない。

転職回数が今回で4回目の三十路男、資格大卒自動車以外ほぼ無しなので、「もう無理だよ」となげやりになってしまっている。

同居している家族には心配かけたくないからエア出勤して、役所などからの連絡は先手打って届かないようにしているけど、もう限界だろう。

そもそも、ざる頭なので仕事の積み重ねが出来ない事と、周りとの軋轢をため込んでしまい、(周りから見て)礼儀正しく大人しいのにいきなり爆発してしま性格がこの状況を生んだのだ。

マニュアル化が徹底されていて人を大事にしてくれる(らしい)アメリカか、大きな工場を持っている(つまり、入りやすいかもしれない)ロシア辺りで工員をやって、日本工業伝道師として凱旋する事も考えたのだが、そもそも70年前とは状況が違うだろう。(「日本車はハイウェイで走れない」という事実もあり、自動車教習でもなるべくシャカリキに回すようにしたが、ハンコばかりが増えていき退学させられた事も鑑み。)

かといって、このまま貧しい日本にいるのも何だし、捕虜に良くしてくれたという先人の体験を考え、「失敗の本質」や上流層育ちの速水螺旋人さんや上坂すみれさんが凄く立派な国とか言ってることも考えるなら亡命や片道切符も良い選択肢だとは思う。

いや、馬鹿じゃないのか。捕虜放浪者は丸木舟水牛死体関係と一緒で、似てはいもの体感的には別のものであって、一旦娑婆から離れてしがらみ全部リセットしてデカイ事やって立派になって社会復帰するなんて私には出来ない。

たとえ要介護であっても親なりに世話してくれ、期待を裏切り続けたが、それでも私が見捨てられない家族を捨てていくなんて出来ない。なんて恐ろしいことなんだろう。

そもそも世界に口を広げられる人と市井の人とは厳密に線引きがなされていて、俺があれいやだこれいやだこれいいあれいいなんて言っても「は?」の一言おしまいだろう。フィクションとは違って。

でも地方都市郊外暮らし年金と安月給でなんとか生活しているなんて、客観的にみればもう人生破綻しているようなもの

だいたい、ネットではキモカネとかなんとか議論があるけど、思っていることを言葉にするなんて難しく骨が折れることだし、言葉にできる人は当事者とはとても思えない。

シロクマ氏も精神科医だし白饅頭氏も青識氏も口が上手いし少なからず立派な人だ。私は静かに消えていくしかないのさ。

みんな、ごめん。

三十路ババアと言っている人たち

自分は何歳なんだろうねぇ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん