「母体」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 母体とは

2018-11-12

女とは、躾けられた相手価値観を全肯定するようになる「社会的」な生き物

犬猫を躾けるようにそういうものだと言い聞かせ続けたら自分立場をわきまえる生き物である

逆に女性をこれまで縛っていた鎖が破れ、唐突に解き放たれたとしても、行き場がわからない。

欲望だけを溢れさせ、規律はその威厳を失い、社会に暗雲が立ち込める。

そうしていくつかの社会が滅んだ。

なぜ女性解放すると、行き先が見えなくなるのか。

秩序、規律を理性によってうちたてる能力が、女性から最も遠いものであるからだ。

秩序、規律がないわけではない。むしろ男性よりもそれを従順に守るきらいがある。

問題は、女性ホルモン優位な状況で、脳は主体性を除去し、強者への恭順・隷属に快感を覚えるようになることだ。

解放された女性は新たに隷属する先を探すのみで、リーダーシップを発揮するわけではない。

秩序や規律というもの女性にとっては「男性から与えられる」ものであり「自分で作る」ものではないのだ。

(強い)男性のこしらえた秩序の中に居場所を作ってもらい、子供をもうけ、安寧を得る。

これこそが女性の真の望みなのである

隷属には利益もある。例えばこの社会では、男が戦って死ぬが、女は戦う必要が無い。

赤紙男児しか来なかった。だが赤紙を喜んで受け取る女は現代はおろか当時にもいない。

守られて当然。守るのは家であって戦地ではない……それでよいのである

安寧の中で愚痴も出ない訳ではない。

だが、既存の枠組みを壊すことまではしない。安寧も一緒に破壊されることをわかっているからだ。

この社会では母体が守られるので、子供もよく生まれる。高い出生率社会を拡大させる。

こうして「家父長制」は女性全面的な協力のもと、人類繁栄させたのである

2018-11-11

anond:20181111191249

中で胎児自然死したら人工中絶手術しないと女性生存権を侵される。

他にもいろんな病気や悪評による社会的死などが予測されるので、

安全に生き残る手段として人工中絶手術を選べる権利女性母体)の権利である

anond:20181111194816

あー、なんか違和感の正体がわかったかもです。応答ありがとう。私は「女性の権利」を「女性限定権利」の意味解釈してて、「いや自分身体を好きにするのは女性限定とかじゃなく全人類普遍的権利やで」と言いたかったんだけど、「その女性の権利」という意味で言ってたのね。それなら同意です。人工妊娠中絶は「妊娠したその女性の権利」。黙秘権が「逮捕されたその男性の権利であるのと同じ意味で。

まあ、胎児母体「だけ」の所有にするには、ちと議論はあるかもだけど(父親候補所有権を主張するのはありうる)

父親遺伝情報の一部を提供しただけであり、実際には胎児母体の中で母体とつながって成長するわけで、それは母体の一部でありそれをどうするかの決定権は母体の所有者にしかないと思う。遺伝情報提供所有権を主張する根拠になるのなら、そもそも子供全面的に親から遺伝情報提供を受けているわけだからピアスタトゥーも親が決定権を主張し得ることになっちゃわない?

anond:20181111193046

まあ、そうだね。なら「胎児を身ごもった人間権利」と言い換えれば納得する、と私は解釈した

ってね。まあ、胎児母体「だけ」の所有にするには、ちと議論はあるかもだけど(父親候補所有権を主張するのはありうる)

人工妊娠中絶は「女性の権利」ではない

人工妊娠中絶はしばしば女性の権利問題として語られるが、冷静に考えてみれば別に女性の権利でもなんでもないような。

胎児人間ではないとする立場を取るならば、胎児母体から栄養供給されることによって成長するものであり、母体身体の一部であるのだから、爪や髪、あるいはタトゥーといっしょで、より普遍的な「自分身体の一部を好きにする権利」にすぎないように思う。私は髪を短くしておくのが好きだけど、長く伸ばすのが好きという人もいるし、それを配偶者や親が「いや、お前は髪を伸ばさねばならない」とか「髪を切れ!」と強制するのはおかしい。胎児もそれと同じで、ことさらに「女性の権利」と呼ぶようなものではないと思う。自分身体に関する権利は男女がともに等しく持っているのだから

逆に胎児人間であるという立場を取るのなら、中絶殺人であり、殺人をおかす「権利はいっさい認めるべきではない。アメリカ中絶反対派のなかには、中絶には反対だがレイプでできた子は中絶してもよい、という立場を取る人がいるようだけれど、はっきり言ってわけがからない。レイプされたという理由で罪もない一人の人間を殺してよい理由はどこにもないのだからレイプ犯への復讐すら殺人罪に問われるのに)、仮に胎児人間であるとするならばレイプされてできた子供であっても人工妊娠中絶を認めるべきではない(もちろんその子供を育てる義理はないので、施設に預けるとかそういう選択肢が存分に保証される必要があるけれど)。中絶をしなければ母親死ぬという場合に限っては緊急避難が認められる余地はあるだろうが、そうでなければレイプされてできた子供だろうが経済的に養えない子供だろうが、人工妊娠中絶を選んだ妊婦産科医は殺人罪で訴追されるべきだ(情状酌量がされてはいけないとはもちろん言わない。裁判にかけられるべきだと言っている)。なぜなら、人を殺した者は殺人罪で訴追されるべきだからだ。

私はそもそも胎児人間ではないと思うので中絶自由だと思うけれど、それを「女性の権利」と言うのは上のような理由違和感がある。また、ローマ・カトリック中絶絶対認めないマンなのを理解不能と呼ぶ人を見かけるが、胎児は人であるという前提条件を採用するなら中絶絶対認めないマンにならざるを得ないので、理解できないという人の方がわからない(ただし、「私人勝手に人を殺してもよい」という前提を持っているならば、「胎児人間」と「中絶自由」は矛盾なく両立するので、論理的に必ず中絶禁止が導かれるわけではないことは注意したい。ヒャッハー!)。

かつてとある場所で、中絶の可否について議論したことがあった。私は「中絶自由」派だったのだが、「胎児人間なので中絶反対」と言っている反対派を、経済的に困窮した女性はどうなる、とフェミニストであろうと思われる賛成派が追及していて、お前の言ってることはおかしい、と横から突っ込んだ。「胎児人間なので殺してはいけない」という主張に「経済的に困っている人もいる」と反論したら、それは「経済的に困っていれば人を殺してもよい」という主張と同じだ(「人を殴ってはいけない」という主張に「聞き分けのない子供はどうすればいいんだ」と反論したら「聞き分けのない相手ならば人を殴ってもよい」と言っていることになるよね? それと同じ)。「胎児人間」と主張する人に対しては「胎児人間ではない」と返すべきで、それに対して経済的困窮とかレイプ被害とかを持ち出す論者は、貧困層であることや性暴力被害に遭ったことを理由に罪も無い人を殺してよいと主張していることになる。80歳の老親が50歳の引きこもりの子供を殺したら殺人なのだし、長年の性暴力に耐えかねて人を殺した尊属殺法定刑違憲事件だって、「裁判を経て情状酌量が認められた結果執行猶予がついて釈放された」のであって「人を殺したのに裁判にかけられずに堂々と暮らした」わけではない。もしも仮に胎児が人であるならば、20歳妊婦胎児中絶する行為も、同様に扱われるべきであるはずだ――もちろん実際には、胎児は人ではないので、中絶した妊婦裁判にかけられる必要などないのだが(堕胎罪有名無実化しているとはいえ悪法なのでさっさと廃止するべきだ)。

神学論争なっちゃうじゃないか、と言われればその通り。結局これは徹頭徹尾人間の始期」をどこに置くかという神学論争に過ぎない。生物学的には受精から乳児に至るまでの過程連続しているが、社会的にはどこかで線を引く必要がある(乳幼児から成人に至るまでの過程連続しているが、社会的にはある瞬間から選挙投票できるようになったりお酒が飲めるようになったりするのと同じだ。15年経てば20歳になるのだからこの5歳の幼児を成人として扱って酒を飲ませてもいいじゃないか、と主張する人は皆無なのに、1年経てばこの胎児乳児になるのだから人として扱うべきだ、と主張する人が後を絶たないのは奇妙なことだと思う)。なので本質的人工妊娠中絶をめぐる問題女性の権利とはなんの関係もないのだ。これを「女性の権利」と呼ぶのはミスリードにすぎないと思う。

2018-11-02

anond:20181102100410

世界ロリコンといわれる権力者でも12~15歳を娶るのが多いから、子孫繁栄を考えたら母体を損なう行為糾弾されるやろうなー

2018-10-27

anond:20181027002111

それは知能が低いね

まだまだ統計的に見て母体が熟してないので、そういう子供欲情するのは変態

まり君は死刑

2018-10-25

Vtuberを追っていて失望を味わった

最初に断っておくと、この話はVtuberというものに対して一視聴者立場であり、面白いものではない。

私がVtuberという存在を知ったのは2017年末頃、ちょうどバーチャルのじゃロリ狐娘おじさんなるワードパワーワードとして捉えられ俄かに周知を帯びたこである

当初、そういった存在があると知りキズナアイミライアカリ、ちょうどその頃活動開始した輝夜月の動画をひとしきり漁り、そういうものかと認識だけして捨て置いたのは記憶に新しい。

Vtuberというものにハマったきっかけとなるのはそれから数月の後になってだった。

配信主体という性格はともかく、奇天烈言動や強烈な個性を表に出したそのVtuberに心は奪われた。

映画という共通趣味がありながら、まるでその好みは違ったのも一因ではあった(私はアクションサスペンスを好んだが、彼女ヒューマンドラマを好んだ。)

ただ、きっかけと言えばそういった表層的な面の浮き出るまとめ動画ではあったが、本当は異なっていた。

彼女の同僚である同じくVtuber、その子配信で曝け出した強烈な嫉妬心を切り出した動画によるものというのが真相であった。

もちろん、彼女(ら)がVtuberというキャラクターでありながら、その実配信者という側面をもついわゆる「nmmn(ナマモノ)」という面を持つのは当時の私でも理解できた。

私は、いわゆる百合といったコンテンツを好みながらもあくまで「現実人間関係」を楽しむという罪はあくま意識したつもりだった。

そういった前提を踏まえて密かに応援しながらも、彼女らがVtuberという活動を通じて親密になっていく過程を楽しんでいた。

母体であるグループpixivでfanboxを開設したとなればすぐさまに登録し、配信ではスパチャ(俗にいえば投げ銭)をして、ボイス販売があれば買うことが応援であると信じた。

一方で、その更なる母体である企業と言えば少しばかり怪しい面は覗かせていた。

本来ならあくま配信ツール提供であると、意図しないバズであるから仕方ないと同情の念はあった。

事情が変わってきたのは半年ばかり経ってか徐々にリアイベの開催を行うようになってきてからだった。

そういったスタンスも認めていたつもりだったし、2人が中心となるトークイベントでは事前の「一部配信」の表記を信じて、抽選の倍率を通り抜けて遥々遠征計画を立てた。

当日、新幹線に乗っていた昼下がりにTwitterを開いた瞬間、公式による「全編配信を行います」の文字列が飛び込んできた。

「これは一体何だ?何のために私は遥々東京へ行く計画を立てたのだ?」

そういった疑問を思い浮かべつつも、"配信されない部分がある"ことを悲しんでいた人々のことを喜んでみせた。腑に落ちないものを感じながら。

その企業イベント限定販売と称しながら、脈絡なく再販する真似をその後も繰り返した。

2人という"コンテンツ"(あえてそう呼ぶならば)を追い続けて半年以上が経った。その中で同期のメンバーとも親しくなりコラボ配信を行うようにもなり、それも私にとっては楽しみだった。

しかし、楽しみにしていたコラボの中の雑談の内でそれは現れた。

(以下引用。仮にA,B,Cと置く。)

A「スタッフさん、最近酷いよね」

B「え、何が?」

A「稼ぎ頭とかめっちゃ弄ってくる」

B「そう。私のことめっちゃ弄ってくるんだよね」

A「凄い弄るよね」

C「そう。食べた割り箸がーとか」

B「あれでしょ。私が食べた弁当の後とか"この割り箸いくらいくらで売れますよ”とか」

A「うそぉみたいな」

C「うざぁっ…。こらこら」

B「一々ね。なんでも鑑定団みたいな…」

A「○○ちゃんがよだれこぼした毛布売れますよ、みたいな」

あくまで、当人(=B)による被害意識はそれほど無いという口ぶりの中であった雑談ではあったが、有り体に言えばショックであった。

ショックの理由としては3人とも自分推しであったこともあるし、その彼女らが明らかにセクハラ的な言動を受けてることもあったし、

彼女らに対して行ってきたスパチャやグッズ購入等の収益の一部がそういった言動をした人間の懐に入ったこともあった。

今まで、輝かしいばかりの活躍を見せてきた彼女らに対して感謝の思いを込めて金を落としてきたのは事実だ。

そこには(恐らく)偽りなどなくて、多分、一人のファンとしての行動としては間違いなかったのだろう。

けれど、今になってはそれらの金銭の一部がそういった言動をした(あるいはそういう物言いが許される企業の)下に行った事実がどうしても頭を占領するのだ。

眩いばかりの彼女たちのきらめきを思い返す度に、下卑た笑みを浮かべた名もないだれかが札束を数えている姿が思い浮かぶのだ。

恐らくそれを騒ぎ立てたとしても、そのスタッフが辞任にまで追い込まれるようなことはないだろう。

(Vtuberである当人らもそれを望んでないかもしれない)

結局、ファンである個人としてはFanboxを解約し、スパチャを辞めて、彼女らの配信を眺めながらも「セクハラ加害者協調するか」「彼女らの活躍応援しないか」の2択を迫られるのだった。

Vtuberという存在を知った時や、彼女を知った時、確かに生きる喜びを味わったけれど、その輝かしさは凡人によって永遠に拭い去られてしまった。

私は今後、その同グループのライバー応援する人々を見ても「セクハラ容認する企業応援するのだ」という思いがちらついてならないし、

自分の好きな2人に対しては更なるジレンマを抱くしかないのだろう。

結局、Vtuberという珍奇な存在の到来に対して、凡庸な一個人によるセクハラだけで酷く幻滅させられた今が、ただただ疎ましく悲しい。

2018-10-17

anond:20181017115601

アニメかなんかでそんな話になってたの?

原作だと子宮妊娠胎児もまともじゃないかブラックジャック母体を守るため胎児を殺すしかないと判断したけど

ハリ・アドラっていうガチ超能力者母体を傷つけずとりあげたら無頭児でしたって話だよ

2018-10-08

anond:20181008191646

天然子宮いかに優れているかを知らないからこういう論になっちゃう。

いやわかる。おれも高校生くらいまではそんな感じだった。

 

おれが指摘する問題点は誤字ではなくてコスト意識が欠落している点だ。

天然子宮と同じ性能の人ロ子宮が作れたとして、一体いくらになるんだろうか。

月給50万円の人間10か月働いたら500万円くらい。

したがって人工子宮が500万円以上だったら使えないわけだ。

10か月間のショバ代もある。病院農場かわからないが、少なくとも10か月間間借りして24時間管理してもらう。いくらになりますか。

赤んぼの材料代もある。安全な餌を10か月間絶えず与え続けることになる。羊水に含まれ重要タンパク質は全て胎児が合成しているわけではない。母体由来のサイトカインやらなにやら諸々のタンパク質いくらになるか…想像もつかないがニボルマブよりまあ100倍は高額になるだろう。FBSを知っている人にはいかに難しいか想像がつくはず。

安全性の検査に一体何年間かかるのかという問題もある。徹底的な動物実験で攻めていくだろうけど、この手の動物実験の結果をヒトに適用することの難しさはもう想像を絶する。五体満足で生まれるだけでは不十分で、少なくとも生まれてくるベイビーの寿命体重知能が並程度でなければ誰も使うまい人間寿命を調べるのに何年間かかるだろうか。

開発に要したコストはもちろん製品価格に反映される。税金で賄いますか。人口の半分が男性なのに、そんな決定ができるだろうか。

まりアフォダブル製品を開発することはできないだろうということ。

製品化できそうもないもの研究をする人がどれだけいるかということ。

極めつけに、女性はほぼ全員が使用可能な天然子宮を備えている。治療法を確立しなければ死ぬしかない病気とは違って、安くて実績充分の代替案があるのだ。つまり代理母という代替案がある。

コスト高リスクの人工子宮をわざわざ使う(使える)人が、技術確立市場形成に十分な数現れるとは、おれにはとてもとても信じられません。

なお、アメリカ人はそんなまどろっこしいことしないで養子をとるようですよ。

2018-09-17

顔より頭が良ければよかったのに

芸能人になれるような才能もない、結婚もしたくない、そんな人生から

顔より頭が良ければ良かったのにと思う

日本人女性母体だったら顔は低く見積もってもTOP5%に入っていると思う。

頭は、まあ、残念って感じ。

あーあ。

2018-09-07

anond:20180906191633

母体ゲームである上ゲームが死んだらライブ死ぬんだぞ?

好きなものを生き長らえさせたければ母体を生かし続ける努力必要では?

金の掛け方でマウントを取るのはナンセンスだけど

コンテンツのことを考えると大前提ゲームへの課金だと思う。

2018-08-27

性教育について思ったこ

病院に行くことの重要性について、もっと語られるようになればいいなという話。

読んで気分を悪くする方もいると思いますが、一人でも多くの人に伝えられたらな、と思ったので書きたいと思います

いきなりですが私は先日手術を受けました。

子宮内掻爬手術という子宮の中身を掻き出す手術です。

"胞状奇胎"という絨毛性疾患になったためです。

胞状奇胎とは、異常妊娠一種

絨毛組織と呼ばれる部位が異常に増えてしまう疾患です。

通常の妊娠のようにお腹の中で赤ちゃんが育つことは無く、手術をして子宮の中身を取ってしまわないといけません。

実は、私は前にも異常妊娠経験しています

そちらは、子宮妊娠という本来赤ちゃんが育つべきでない場所妊娠してしまう疾患です。

その時私は早期発見ができて、たまたま経過が良かったため手術や投薬といった処置をすることなく完治することができましたが、

もし発見が遅かったら母体が命の危険さらされる可能だってありました。

その二つの異常妊娠の間に、一度流産経験しています

調べたところ流産経験したことのある女性妊娠経験者の中の40%にもおよぶそうです。

妊娠して、そのままお腹の中で育って、可愛い赤ちゃんが産まれてくることは、本当に本当に奇跡なんだなって思います

さて、私たち教育課程性教育を受けてきました。

その中で、避妊の大切さや人工中絶の恐ろしさはたくさんたくさん教えてもらいました。

セックスをしたら妊娠する

妊娠を望まないのなら避妊をする

人工中絶は体にも心にも良くない

子供を産んで育てるのは責任を伴うことだ

そういったことは学びました。

で、その時に持っていた妊娠イメージって、

セックス=妊娠=赤ちゃん=責任

この図式だけで終わっていたと思うんです。

しかし、実際は違います

妊娠が発覚したとき

しかしたら、

それが子宮妊娠で放っておくと大量出血を引き起こすかもしれません。

しかしたら、

それが切迫流産ちゃんと経過を見ないといけない状態なのかもしれません。

しかしたら、

それが胞状奇胎で処置が遅れると絨毛ガンが発生してしまうかもしれません。

望んでいた妊娠。望んでいなかった妊娠

いろいろ事情はあるでしょう。

それでも、それが "正常妊娠かどうか" は、まず一番最初に知っておかなくてはいけない事象だと思うんです。

から産婦人科にはすぐ行かなくてはいけないんです。

望んでいなかった妊娠場合

中絶ダメ」のイメージしか持っていなかったら、不安になって誰にも相談できずに産婦人科に行く機会を逃してしまうかもしれません。

望んでいた妊娠場合でも、

妊娠=赤ちゃん」のイメージのまま、医療費が無いなどの理由出産間際まで産婦人科に行かない人もいるそうです。

出産に至らなかったわたしの三度の妊娠は、すべて、

"健康な人が妊娠しても十分に起こりうること"

なんです。

しかし、早くに発見できたので治療ができました。

今回も、経過観察がしばらくの間必要ですが経過が良好であればまた妊娠を望める体になります

もし、すぐに病院に行っていなかったら、もっと危険状態になっていたかもしれません。

から学校であっても家庭であっても性教育の際には

妊娠したらすぐに産婦人科に行く」

ということも教えなくてはいけないんじゃないのかな、と思いました。

10代の妊娠をまだ望まない女の子の体の為に、

妊娠を望まないのなら、避妊しましょう。

子供を産むということは責任が伴います

中絶するのも薦められるものではありません。

"それでも、もしも、妊娠してしまったら、

あなたの体のことを第一に考えて身近な人に相談しましょう。

そして、すぐ産婦人科に行きましょう。"」

ここまでがセットで

性教育ができればいいなと思います

2018-08-24

どんな惨い内容でも母親を叩く気になれない

自分が産んだ乳幼児3人を殺害し、遺棄した母親逮捕されたというニュースを見た

どんな畜生かと責める人が多いのだろう

自分普段結構感情的理不尽な(この場合は子は親を選べないという意味で)

事件を目の当たりにしたりすると色々言いたくなるたちなのだ

どうもこういうニュース場合母親を叩く気にはなれない

ものすごく安産だったのかもしれない、子供愛情なんて全くなくて殺したのかもしれない

ももしかしたらものすごく痛くて辛くて不安で怖くてどうしたら良いかからない状況だったかもしれない

子供を産むという行為母体にすさまじい負担がかかる

病院でもないところで一人産んで出血してそのまま亡くなる可能だってある

かにどんな理由であっても殺人殺人

しかし…子供母親一人では作れないものなんだよな

風俗店に勤めているということなので父親は誰とも分からない人かもしれない

それでも母親を叩くことはどうしてもできない

2018-08-15

anond:20180815143033

パッと思いつくのはエリエールの息子とか、ダイエーの息子とか?どちらも大塚家具よりは企業母体が大きかったか会社消滅はしてないけど、ダイエーは息子がアレだから傾かせて身売り。

ちょっと話ずれるが、林原のところもお家騒動があったし、あと京都カバン屋とかも長男と三男が大ゲンカしてたみたいな、お家騒動系もあるな。西武グループ兄弟二人がケンカしてたしなー。

2018-08-14

anond:20180814132431

「賢い野党が出て来れば天下取れるんじゃね?」→「立候補しようかな」

ものすごい傲慢さだな。もしくはとんでもない愚劣さか?

個人として(出身母体にいたとき)はそこそこ有能でも、現状はあの体たらくだよ。

おそらくは野合野合を重ねた数合わせの結果、支持団体間の利害矛盾で身動きが取れないんだろう。

そこを切り込む能力持ってるのか?

求められる能力ベクトルが全く違うことも考えずにほざかれても。

2018-08-09

anond:20180809223042

すでに色んなギョーカイトップゲイがなってると睨んでるんだが

良心的なゲイが、男を産むからという理由母体支援していくのかどうかは謎だな

マツコだけ見てると割りとしそうな雰囲気はあるが

DD事変

新宿でEND

竜は何処へやら

今日が酷く崩れていく東京

戦略は皆無

母体は何処へやら

塔がミサイルを受けて赤く

2018-07-26

優生思想というか母体保護&望まぬ妊娠を防ぐためでは

時代の正体〉やまゆり事件強制不妊手術【上】命の選別 癒えぬ痛み http://www.kanaloco.jp/article/348728 @カナロコ神奈川新聞から

障害遺伝するからダメっていうのが優生思想

どちらかというと理性がないけど子どもを作る機能と性欲はあるという障害者のもとに子どもができてしまうことを防いでいるのではと思ってしまう。

現実として知的障害者が悪意ある健常者に性暴力をうけて孕んでしまうことはある。

レイプ魔は理性が足りぬのだから起こる部分もあると思う。

自己判断が全く効かないのなら、しかたない気もする。

物理的な手術以外の方法があればいいのに。

2018-07-25

anond:20180725152537

お前日本語大丈夫か?

人身売買」はスルーか?

精子母体をカネで買うのは「人身売買」だと指摘してるのに、

増田さんが糖質みたいに勝手人身売買言い出してるだけですよ(微笑)

とかちょっと文章読めなさすぎでしょ。

というかLGBTを悪く言うのは許さないのに、統合失調症バカにしてもいいんだあんたの中では。

あなた結婚する相手精子バンクからまれた人だったら、あなた差別するんでしょうか?差別主義者ですね。

その相手差別しないが、そいつの親がLGBTなら心底軽蔑する。

命をカネで買ってるわけだから

まれてくる子供さんたちは、生まれてくるべくして生まれてくるんだと思います

精子バンクしろ卵子提供を受けるにしろ不妊治療しろ

LGBT我欲によって歪められてなければ完全に同意だ。

そういう人たちってお金を貰って子供を産むってこと?

お金がなければ産まないって事?お金のために産む人たちは、精子バンク提供者より志が高いのでしょうか。

志?そんなものどーでもいいよ。お前が勝手に言ってるだけ。



私はLGBT違うけど、子供を産まないヘテロや、独身者いるのに、LGBTだけを生産性がないというのはおかしいよ。

子供産まないヘテロは気が変わる可能性があるし、独身者も同様。

LGBT子供産めないのに、健常者にいちゃもんばかりつけるむしろ害。

逆にお子を産めば産むほど特典があるようにしてあげたらいいのではないでしょうか

これは同意

からこそ、LGBTになんか構ってる暇はない。

LGBTは健常者にいちゃもんつけて足引っ張るな。

2018-07-19

anond:20180719141328

そうだね

40年かけて減ってきたものはいさら手のつけようがないってこと

完全に母体が減ってしまっているか

生理があがるまで妊娠し続けて10人は産まないと取り戻せないわけ

それでも取り戻せるかあやしいけど

少子化問題とつなげるのは非現実的からナンセンス

2018-07-18

anond:20180718145622

新生児新生児室に預けるし、母体は弱ってる上に水分要るからありがたいだろ。

妄想

2018-07-16

anond:20180716133507

全然違うよ!

時間おきに授乳母親ほとんど睡眠時間取れないか

家族が手伝って母親を休ませないと。

妊婦出産後数ヶ月の死亡が多いんだよ。

生理どころじゃない出血から

母体へのダメージは大きい。

2018-07-15

anond:20180715195354

お前自身が「野生環境下」て書いてるやんwww

まり、まともな文明社会教育を受けていれば、ロリ自分から大人を誘惑しまくってセックスしまくるとかありえんちゅうことやろwww

現実にも、未成熟女児自分から自発的に、金目当て以外で成人男性との性行為希望する事例も、すごく稀にはあるだろうと思うよ、すごくすごく稀には

しか

実際には、成人男性×未成熟女児の組み合わせだったら、腕力、財力、悪知恵(口車)によって男の方が一方的相手支配する関係の方が、圧倒的に多いと思うぜ

ちな

ロリショタの双方合意セクロスは一切かまわんと思う

が、妊娠した場合母体が未成熟だと問題が多いか避妊はきちんとしろと言っておきたい

2018-07-11

anond:20180711114329

結局最終的には虐殺文法に行きつくわけだけれど、虐殺文法の厄介なところは

最終的な末端に所属する当事者責任(感)が全く生じないところなんだよね。

母体保護法の話で言うと、ダウン症だろうがなんだろうが生まれるだろう胎児を下ろしたこと殺人以外の何物でもないんだけれども<母体健康であるために><まれた子が不幸せにならない為に>下ろしたことそれ自体が良いことのように書き換えられてしまているっていう所なんだよな。

から日本には水子みたいな概念はあるにしてもすげーカジュアル堕胎は行われている。

ルワンダ内戦ナチスユダヤ弾圧にしたってそう。「駆除した」「取り戻した」に言葉を挿げ替えて殺人事実や罪悪感を希釈化させる。

殺人の意義が希釈化された世の中において個々の殺人正義を求めることがナンセンス正義かそうでないかという観点でそれらは行われていないんだから

からこそ、その(相対的に)おかしくなってしまった人々のロジック価値を問い直す必要があるんじゃねえかなあ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん