「旅人」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 旅人とは

2020-07-01

anond:20200701020926

とても面白い。書き終えた今、この感想を読む増田は、自分の揺らぎに戸惑っていた以前の増田ではなくなっているのかもしれないが。

ただ、場所移動だけが旅ではないと思う。今度は精神的に旅立つのでは。たとえ定住しようが、旅人は一生旅人であるような気がする。

2020-06-29

正直村とうそつき村っていう問題

おかしくね?

だってさ、うそつき村のうそつき村人って、相手を騙そうって思ってるから嘘つくんだろ?

あなたの住んでる村はどっちですか?」

って聞いたら旅人意図見抜いて、騙すに決まってるじゃんか。

からさ、その村人に「嘘だったらぶっ殺すからな!」って刀か何かを突きつけて脅しつつ

そいつを一緒に村まで案内させることが正解なんじゃねぇの?

2020-06-25

シャッツキステが閉まる

シャッツキステが閉まる。初めて行ったのはいつだろうか。その時は深呼吸をしたような気持だった。かっこつけました。自分の内側に入ったような、自分の内と外がひっくりかえったような気持ちだったか。かっこつけました。自分と同じようななにかを思ってる人がいる安心感、それをこうして店舗にする圧倒感か。またかっこつけました。僕は東京にいないオタクなので、行けばいつも旅人だった。むかし東京に旅するのはコミケだった。いつのまにかコミケで有名作家の本を買うために1日が必要になり、それも通販代替できる世界線になり、3日を旅する体力は剥がれていってしまい、年に一度いければ、くらいになってしまった。東京にいないオタクからだ。あてどなく、東京に行くために東京に行けるほど余裕はない。東京にいないオタクはどうやって深呼吸をすればいいのだろう、と最近ぼんやり考える。できればシャッツキステぼんやり考えに行こう。

東京に行った人」と言われるだろうけど。

2020-06-20

陰茎記

https://anond.hatelabo.jp/20200620144901

漏精の怒張は陰茎巨大、珍宝の末年、若くして根を虎棒に連ね、ついで自慰に補せられたが、性、豪快、自ら慰むところ頗る多く、我慢汁に甘んじるを潔しとしなかった。いくばくもなく陰茎を扱いた後は、故山、珍湖に帰臥し、人と交を絶って、ひたすら自慰に耽った。下吏となって長い男根を俗悪な粗陰茎の前に屈するよりは、巨根家としての名を死後百年に遺そうとしたのであるしかし、性名は容易に揚らず、陰茎は日を逐うて小さくなる。怒張は漸く焦躁に駆られて来た。この頃からその肉棒も峭刻となり、肉落ち亀頭秀で、睾丸のみ徒らに丸々として、曾て壮絶に勃起した頃の最強の逸物の俤は、何処に求めようもない。数年の後、貧窮に堪えず、陰茎の衣食のために遂に竿を屈して、再び東へ赴き、一地方根吏の男根をせんずることになった。一方、これは、己の陰茎に半ば絶望したためでもある。曾ての同輩は既に遥か巨大に勃起し、彼が昔、粗根として歯牙にもかけなかったその連中の陰茎を拝さねばならぬことが、往年の性豪怒張の海綿体を如何に傷つけたかは、想像に硬くない。陰茎は萎々として勃たず、異常の性癖は愈々抑え難くなった。一年の後、公用で旅に出、精水のほとりに宿った時、遂に発狂した。或夜半、急に竿色を変えて寝床から起上ると、何か訳の分らぬことを叫びつつそのまま巨根をとび出させて、闇の中へ出した。彼は二度と戻って来なかった。附近山野を捜索しても、何の手掛りもない。その後怒張がどうなったかを知る者は、誰もなかった。

 翌年、珍擦御史、陳々郡の鎮沈という者、男根を奉じて嶺姦に使し、途に精汚の地に宿った。次の朝未だ暗い中に射精しようとしたところ、駅吏が言うことに、これから先の道に巨大陰茎が出る故、旅人は白昼でなければ、通れない。今はまだ朝が早いから、今少し待たれたが宜しいでしょうと。鎮沈は、しかし、供廻りの巨根なのを恃み、駅吏の言葉を斥けて、出発した。淫月の光をたよりに林中の草地を通って行った時、果して一本の猛竿が叢の中から躍り出た。男根は、あわや鎮沈に躍りかかるかと見えたが、忽ち身を飜して、元の叢に隠れた。叢の中から人間の声で「あぶないところだった」と繰返し呟くのが聞えた。その声に鎮沈は聞き憶えがあった。驚懼の中にも、彼は咄嗟に思いあたって、肉棒を取り出した。「その陰茎は、我が友、怒張子ではないか?」鎮沈は怒張と同年に巨根の第に登り、精液の少かった怒張にとっては、最も親しい竿友であった。温和な鎮沈の陰茎が、峻峭な怒張男根と衝突しなかったためであろう。

叢の中からは、暫く返事が無かった。喘ぎ声かと思われる微かな音が時々漏れるばかりである。ややあって、低い声が答えた。「如何にも自分は漏精の怒張である」と。鎮沈は自慰を忘れ、馬並みから降りて叢に近づき、懐かしげに久闊を叙した。そして、なぜ叢から出てこないのかと問うた。怒張の声が答えて言う。自分は今や下半身のみとなっている。どうして、おめおめと竿友の前にわびしい姿をさらせようか。かつ股、自分が姿を現せば、必ず君に侮蔑嫌悪の情を勃させるに決っているからだ。しかし、今、図らずも竿友に遇うことを得て、亀頭の念をも忘れる程に懐かしい。どうか、ほんの暫くでいいから、我が短小な今の外径を厭わず、曾て君の竿友怒張であったこ自分と竿を交してくれないだろうか。後で考えれば不思議だったが、その時、鎮沈は、この超自然怪異を、実に素直に受容れて、少しも怪もうとしなかった。彼は馬並みに命じて行列の珍行を停め、自分は叢の傍に勃って、萎えざる声と対談した。都の巨根、巨友の消息、鎮沈が現在の鎮、それに対する怒張の祝鎮。精年時代に親しかったもの同志の、あの中折れのない語調で、それ等が語られた後、鎮沈は、怒張がどうして今の絶頂となるに至ったかを訊ねた。自慰中の声は次のように語った。今から一年程前、自分が旅に出て精水のほとしりに宿った夜のこと、一回してから、ふと眼を覚ますと、戸外で誰かが我が名を呼んでいる。声に応じて外へ出してみると、声は闇の中から擦りに自分を招く。覚えず、自分は声を追うて先走りを出した。無我夢中で駈けて行く中に、何時しか途は山林に入り、しかも、知らぬ間に自分は中心の手で地を掴んで這っていた。何か身体中に力が充ち満ちたような感じで、軽々と岩石を飛び越えて行った。気が付くと、手先や肘の辺りに陰毛を生じているらしい。少し明るくなってから谷川に臨んで姿を映して見ると、既に陰茎となっていた。自分は初め眼を信じなかった。次に、これは淫夢に違いないと考えた。淫夢の中で、これは淫夢だぞと知っているような淫夢を、自分はそれまでに見たことがあったから。どうしても淫夢でないと悟らねばならなかった時、自分射精した。そうして萎えた。全く、どんな物でも勃り得るのだと思うて、深く萎えた。しかし、何故こんな事になったのだろう。分らぬ。全く何事も折れ折れには分からぬ。理由も分らずに押付けられたものを大きくして、理由も分からずに勃てて行くのが、我々生きもののさだめだ。自分は直ぐに扱きを想うた。しごき、その時、眼の前を一匹の兎が駈け過ぎるのを見た途端に、自分中の人間は忽ち姿を消した。再び自分中の人間が目を覚ました時、自分自身は兎の愛液に塗れ、辺りには兎の毛が散らばっていた。これが陰茎としての最初経験であった。それ以来今までにどんな野合をし続けて来たか、それは到底語るに忍びない。ただ、一日の中に必ず数時間は、人間の心が還って来る。そういう時には、曾ての日と同じく、淫語も操れれば、複雑な性行にも堪え得るし、性書の章句を誦んずることも出来る。その人間の心で、陰茎としての己の淫虐な行のあとを見、己の運命をふりかえる時が、最も精無く、嫌らしく、逝きどおろしい。しかし、その、人間かえる時間も、日を経るに従って次第に短小になって行く。今までは、どうして陰茎などになったかと怪しんでいたのに、この間ぴゅっと気が付いてみたら、己はどうして以前、人間だったのかと考えていた。これはいやらしいことだ。今少し経てば、己の中の人間の心は、陰茎としての青姦の中にすっかり埋れて消えて了うだろう。ちょうど、古い男の陰茎が次第に穴に埋没するように。そうすれば、しまいに己は自分過去を忘れ果て、一本の陰茎として狂い廻り、今日のように途で君と出会っても竿友と認めることなく、君を掘り喰ろうて何の悔も感じないだろう。一体、獣でも人間でも、もとは何か他のものだったんだろう。初めはそれを憶えているが、次第に忘れてしまい、初めから今の形の棒だったと思い込んでいるのではないか?いや、そんなことはどうでもいい。己の中の人間の精がすっかり出てしまえば、恐らく、その方が、己はしあわせになれるだろう。だのに、己の中の人間は、その事を、この上なくいやらしく感じているのだ。ああ、全く、どんなに、いやらしく、硬く、切なく思っているだろう!己が人間だった記憶のなくなることを。この気持は誰にも分らない。誰にも分らない。己と同じ珍長になった者でなければ。ところで、そうだ。己がすっかり人間でなくなって了うまえに、一つ頼んで置きたいことがある。鎮沈はじめ一物は、息をのんで、自慰中の声の語る不思議に聞入っていた。声は続けて言う。他でもない。自分は元来巨根として名を成す積りでいた。しかも、業未だ抜かざるに、この運命に勃ち至った。曾て作るところの男根数百本、硬より、まだ世に行われておらぬ。逝こうの所在悶々早判らなくなっていよう。ところで、その中、今もなお射精せるものが数十ある。これを我が為に伝録して戴きたいのだ。何も、これによって一人前の巨根人面をしたいのではない。棒の大小は知らず、とにかく、産を破り心を狂わせてまで自分が生涯それに執着したところのものを、一部なりとも睾丸に伝えないでは、ちんでもちにきれないのだ。鎮沈は股下に命じ、筆を執って自慰中の声に随って掻き取らせた。怒張の声は叢の中から淫々と響いた。長短凡そ三十本、豪快高雅、淫汁逸物、一見して搾精の才の非凡を思わせるものばかりであるしかし、鎮沈は吐精しながらも漠然と次のように感じていた。成程、搾精の素質が第一流に俗するものであることは疑いない。しかし、このままでは、第一流の作品となるのには、何処か(非常に微妙な点に於いて)萎えるところがあるのではないか、と。精液を吐き終った怒張の声は、突然調子を変え、自らを慰めるか如くに言った。羞しいことだが、今でも、こんなあさましい身と成り果てた今でも、己は、己の珍集が超淫蕩精子の机の上に置かれている様を、淫夢に見ることがあるのだ。蒟蒻の中に横たわって見る夢にだよ。嗤ってくれ。巨根家になりそこなって陰茎になった哀れな男を。(鎮沈は昔の精年怒張自慰癖を思い出しながら、哀しこしこ聞いていた。)そうだ。お笑い草ついでに、今の懐を即席の陰茎に伸べてみようか。この陰茎の中に、まだ、曾ての怒張が生きているしるしに。鎮沈は又股下に命じてこれを掻き取らせた。その棒に言う。

 偶因萎疾成殊類 精根相仍不可逃

 今日早漏誰敢敵 当時声棒共相高

 我為異物陰毛下 君已乗馬気勢豪

 此夕淫山対性月 不成長大但成姦

時に、淫月、光冷やかに、白濁は地に滋く、珍間を渡る冷風は已に暁の近きを告げていた。

陰茎記

 漏精の怒張は陰茎巨大、珍宝の末年、若くして男根を虎榜に連ね、ついで自慰に補せられたが、性、豪快、自ら慰むところ頗る多く、我慢汁に甘んじるを潔しとしなかった。いくばくもなく陰茎を扱いた後は、故山、珍湖に帰臥し、人と交を絶って、ひたすら自慰に耽った。下吏となって長く男根を俗悪な粗陰茎の前に屈するよりは、巨根家としての名を死後百年に遺そうとしたのであるしかし、性名は容易に揚らず、陰茎は日を逐うて小さくなる。怒張は漸く焦躁に駆られて来た。この頃からその肉棒も峭刻となり、肉落ち亀頭秀で、睾丸のみ徒らに丸々として、曾て壮絶に勃起した頃の最強の逸物の俤は、何処に求めようもない。数年の後、貧窮に堪えず、陰茎の衣食のために遂に竿を屈して、再び東へ赴き、一地方根吏の男根をせんずることになった。一方、これは、己の陰茎に半ば絶望したためでもある。曾ての同輩は既に遥か巨大に勃起し、彼が昔、粗根として歯牙にもかけなかったその連中の陰茎を拝さねばならぬことが、往年の性豪怒張の海綿体を如何に傷つけたかは、想像に難くない。陰茎は萎々として勃たず、異常の性癖は愈々抑え難くなった。一年の後、公用で旅に出、精水のほとりに宿った時、遂に発狂した。或夜半、急に竿色を変えて寝床から起上ると、何か訳の分らぬことを叫びつつそのまま巨根をとび出させて、闇の中へ射精した。彼は二度と戻って来なかった。附近山野を捜索しても、何の手掛りもない。その後怒張がどうなったかを知る者は、誰もなかった。

 翌年、男根巨大、陳々郡の鎮沈という者、男根を奉じて嶺姦に使し、途に精汚の地に宿った。次の朝未だ暗い中に射精しようとしたところ、駅吏が言うことに、これから先の道に巨大陰茎が出る故、旅人は白昼でなければ、通れない。今はまだ朝が早いから、今少し待たれたが宜しいでしょうと。鎮沈は、しかし、供廻りの巨根なのを恃み、駅吏の言葉を斥けて、出発した。淫月の光をたよりに林中の草地を通って行った時、果して一本の猛竿が叢の中から躍り出た。男根は、あわや鎮沈に躍りかかるかと見えたが、忽ち身を飜して、元の叢に隠れた。叢の中から人間の声で「あぶないところだった」と繰返し呟くのが聞えた。その声に鎮沈は聞き憶えがあった。驚懼の中にも、彼は咄嗟に思いあたって、肉棒を取り出した。「その陰茎は、我が友、怒張子ではないか?」鎮沈は怒張と同年に巨根の第に登り、精液の少かった怒張にとっては、最も親しい竿友であった。温和な鎮沈の陰茎が、峻峭な怒張男根と衝突しなかったためであろう。

2020-06-17

ビニ手いや僕のはゴム手だが装着完了したMサイズでぴっちぴちだたった今ニギニギしてみたが手の甲の裏と言うことは手のひらの付け根からおならのような音が漏れたこれはなかなかのものだえーとね今日用事は家の中にテント張ってみるんだねテント外の籠で水浸しからうん近くに雑巾もあるねサンダル場所もだいぶ玄関にあるよねビバホームじゃないよまだ家って感じじゃないからじゃなくてけどメシを食ったし私に何を足すかなあまあタバコもいいんだけんどねタバコは足すじゃなくて咥えるだろう加えるだろうヤニっこ動物なんだ母さん洗い物しろっつうのかいついでに歯を磨けって言うのかいほらね分からんでしょこれで僕らはハイを何度も言わなきゃ行けなくなるわけさまあそんな感じですところで落とした薄緑色ゴム手はどこに忘れたんでしょうか僕はそして僕らは雄々しく立つかおおそうだ忘れてたなんて言っちゃって言っちゃえのほうじゃなくってよああ洗い物の途中ですがゴム寒いんで外しま表面張力水とゴム手の内側の汗とがこう温度を均一にするかの如く混じっちゃっているのかもしれないえーちゃん言い訳しないとんーとね家の中にテント立てると整理に役立つと思うんだよねほらたぶん洗い物もそうだけど洗濯物もバサッとかけられるでしょうテントんとこにんにゃ洗い物はテントにはかけられないよまあシャモジとスプーンと容器タッパーぐらいは掛けられるでしょ掛ける掛けるうるさいんだお置くでしょ置く3人暮らし妄想だけど僕は残念だったな俺は100人暮らし妄想だぞはぁこれが妄想トランスフォーメーションってやつでしょうか100人じゃ足りなくってよ寒いコーヒー沸かそうよ自殺するこれ以上寒いって言うと自殺しまコーヒー飲んでからにしようよまだからじゃないあなたこれからじゃなくてまだからじゃないあなたじゃあ自殺する前の話しよう自殺する前に体のどこを叩いて出かけるのさそれぐらい教えてくれてもよくなくない食べっこ動物食べっこ動物食べっこ動物食べっこどうぶつ洗い物しないでよ片付け優先してみてほしいまで言わせてもらっている限りこんな感じにナルキッソスナルキッソス木曽山脈ですかどこからでもいいでしょうからなんだ母さんまさとくん大分苦しんでいるようだね自殺するそこまで書いたら自殺する自殺するように生きるのいつ辞めたのそりゃあよく寝てからだろうけれどなーんぼいるのさいらねえもんすてろつってるのさあやめろこのエロジジイお前は皿ばっか捨てるエロジジイなんだよ捨てても忘れたわけじゃねえだろうこのエロジジイがよ僕はね割れた皿やめてやめてやめてるしせっかく生活アドバイザーやってたのにここまで書いてみんなに教えるなら僕たちは動揺するだけでお前の生活改善アドバイザーを降りる気は無い訳じゃないけれど時間猶予と言う点天皇陛下がなんぼがばちたれ祐天寺リビドー調査団のようですねようようよう楊貴妃ですかいつも歴史散策をしているだけのうちのことまってよあなたわかったそこそこそこそこそこ妄想トランスフォーメーションからアンタッチャブル渡部不倫問題で動揺しているようですねそりゃあ佐々木さんが二宮君でちょっと元彼芸能人を言うのはおよしっ子クラブんーはちゃめちゃしただけでしょ3年目の浮気ぐらい許せ何を見たんでしょうね渡部はまた男いじるのかよお前やめたほうがいいって分かってんだろそうそうそ時間無駄遣いをするときなのですよ何せ部屋にテントですからねねえねー伸ばすそんなことよりお前らは体伸ばせさすがフォーメーション協会員だあねとめてやってるからここまで書けるだけだからな甘くみんなよ統合失調症協力会員デーモン憑きジャーゴン憑きチュッチュッチュッチュッったくスズメと同時にトランスフォーマー同士でキスをする空間な訳ですけれどもそこそこそこそこそこ探し物の場所デーモン憑き日記はここで終わっている出来ないでしょもっと自分に夢中にならなきゃ想像力審判員なんですからあなたたち一人一人がんーむかつくむかつきついでもあるでしょう地獄耳そこそこそこそこそこ文学青年ときにあつかってほしいんですよそこそこそこそこそこそこまーくん缶コーヒー飲む飲まないどっちらでもいい気がするーしないどっちどちらでもいい気がするするーしないでいられる限りあなたあなた分かったこテープじゃないんだよお前が聞き耳を立てているって言っとくからな出たハクバノ王子サマ白馬ほら先を越されたんだよ農村農村じゃねーずーほら穴を想像してくださいえいんですかいいんですよ10戒でも10回でもいいですよはー終わりにします上澄みしか書けないんだったら終わりにしま妄想不足ですよ自殺する人救えないー伸びろ伸びろ伸びろ伸びろ伸びろ伸びろ伸びろ起きろ起きろ起きろ起きろたけふじっこもご執心のようですねそれあなたなんですよそこそこそこそこキッチン使わせてもらいますよく見ててあなたキッチン使われているんだよ妄想トランスフォーメーション甘く見んなよ見るのか見ないのかはっきりしろお前はキッチンに立つ前にキッチンをよく見なければならないなちゃんノイズになっただだろうここまでキッチンをよく見てノイズだろう使われているんじゃなくて使っているんだからなんだ母さん使う使わない言いたくない使ってるものノイズ足る資格を持つと言う真理について話すだけのことのうちpleasetellmeyourcompany飛ばし飛ばしじゃ駄目になる広くていいんですかよくないでしょギュっとしたいギュ手袋握れ俺たちはお涙頂戴を超越しているのだからなだから名を教えろって謝ったじゃんデーゴン憑き月の話はいいから分かった聞けばいいんでしょう鬼塚ちひろ月光でしょう何だって言うのだってだってここここここ地獄試験試験管ベイビー葬式だよ私たち毎日葬式だようんうんやり過ぎだよねちょっと待ってよ待ってねえんだようるさい遅刻ちゃうちゃうしちゃえ違うだろ遅刻ま増えるからだって言うのさこの現象感覚遅刻感覚なのですねーさん母さんですよ腕痛いと書かせねーからなあーまた話し込んでドス聞いて帰って来たんだね朝帰りババアがよっこらセックス後の声はこんなもんなの粉料理が食べたいくなくなくねいいのいいの言うけどさあしてもしなくてもおんなじだって私は私だもーんなんだ母さんわたしわたしわたしイマイミーと言ってください猫憑き猫憑き猫憑き起こす気か俺が起きたらこの世が滅びるぞ何言ってんですか何を言っているのですかジーーーーーーーーーだよ見るつったじゃん今日テーマは見るですね自殺する見られたくない人もいるんですよいいからいるに変わりましたよねそうそうそこそこそこそこもう駄目だ出掛けるちっとも面白くない面白おかしくってよお菓子食ってけよ地獄耳耳からはじまりから終わるのですねそうとも言うそうとも言うクレヨンしんちゃんの作者なら山で凍死じゃねえよ遭難のち死亡だよ旅の季節ですねそりゃそうだろうけど想像力を鍛えすぎなんですよ旅人ときっそすー妄想箪笥フォーメーションじゃなくなくね俺の打鍵になれてなくね雑草食ってるだけじゃんことのそうそれでいいんだよ代わりをさが駄目だっつうの伝説魔人さんはもう役目を終えてこれでいいつってるようだよほっとするんだよお前のような八つ当たり物質がこの世に存在して一点バリーいやいやいやいや飯食ったかジャーゴン憑きジャーゴン憑きジャーゴン憑きーマウスが動かなくなって再起動結局押し入れの整理からはじめるのな名を教えろ日記はここで終わりにするわけにはいかないだから名を教えろ出掛ける人はな二分論嫌いじゃなかったっけいや別にいや別にの時点で二分論なんですっけんどん県土を守っているのですーねーやればいいのにしないよりやったほうがいいことしてんだろう雑なんだよ日常はいいえ雑なのは日本語でしょうそう言うことで二分論でよろしくってよ分かってるってネット経由しているんでしょういるいるいるいるいるじょんいるだすけなだすけな助けておくんなましましなものを送るんですか騒々しいのに野に咲く花の物語母親たちが送っているんですよそうそうそうそ嘘八百バリーバリー約束破ってよかんすかポイポイ侍の季節だしーねんオーラ食う気かよ教えられないのですーねーだからしっかりしたら教えるってー本当ですか本当じゃなくっても教えるからー何年後の話だよーまたまった負け続きだよ敗戦はやめようとこれで頑張ったんだよーその歴史をなんとか踏襲したいんだよー本当におばあちゃんに聞いてみなさい今日テーマは聞くでしょう今日もかよー共謀罪するよりマシでしょうま僕も水の流れを作っただけなんでしょうねそんな感じ水と見ずの間で教えましょうねまったく脇役なんだからそりゃ恋愛に走れない人格なんだからそうでしょう恋愛する人ってもっと凄いんだろうなそりゃそうですよなんか崖っぷちで切り出されてますもんねいいやそれは恋愛する人だけのオーラではあるんだけどどうなのどういらしているのかしらまだ寝てるってよ恋愛する人はまだ寝てるってよ大丈夫なのこれで大丈夫もクソもあるか恋愛モードをぶちまけて絹も着せぬ方法論に落ちくぼんでいる限りない限り鍵をしっかりかけて恋愛してくださいねあなたどこに恋愛魔法かけてるんですかちょっとそこらじゅうでしょ花さか爺さんちょっとお待ちよ待ってていいのかないいんじゃないんでしょうかぶちまけていいのないい気がするまでぶちまけなさいもしかしてじゃなくってよ戦争破壊するのは恋愛じゃなくてはいけない嘘つき恋愛のために戦争する人も居るにはいたんですよ本当にそうだったのよもうちょっと具体的には立ち話でやってるんでしょうね弘前まで来てください弘前なんですかなんですかで終わりにしようよなんですかと聞き返している間は恋愛モードじゃないんですよなんだひろこ弘前まで行きたかっただけじゃんねえなんだこの呪われた一族はまで突っ込まれてるからな死にぞこないのうた聞く聞かないどっちらでもいい気がするまでひとっとびーだからピー工業の者なんですけどいいや日陰大好きっこなだけでしょうだったら日陰工業高校中退の者なんですけどでいいんじゃないんでしょうかないんでしょうかじゃなくってさいいのさ犬芝居もう終わろうよ自殺するしないにかかわらずって言ってるから村のはずれまで教えに来ちゃうんだよもってえねえなあガソリンがかガソリンもってえねえなあガソリンはねえ虫から出来てるんだよなんだよお前だって突飛な物質思考回路をはしょっているじゃんじゃんじゃんじゃじゃじゃーんじゃらんですかもう邪魔邪魔うるさいかじゃらんにしちゃおっかなあじゃっぷランドうるさいかじゃらんにしちゃおっかなあも広告代理店の思う壺ですよ話し込んでからでいいじゃん自殺するしないに関わらずつったじゃん関わらないなら終わりですーよーアブラブログさん満月ポンありがたかったよもうやりたくないから死のう自殺いやお前は自殺できないほうじゃなかったっけって言わせておくほうじゃん自殺しないならいからはじめればいいんですかはてなダイアリーやってよお願いだから匿名じゃ分からなくなるからいいのかなあ混じるのは仕方ないけど場所によって書けること違ってくるからね互い違いになりたいんでしょうそうすりゃ今年ぐらい駄目だよお前と飛びたいーうんうんうんうん神の子ついででしょうなんでそこで神の話になるのか死にたくないからでしょう感嘆符を置きたいんだよお前に会って感嘆符を置きたいんだよいいのかこんな獄中ラブレター損ないみたいなのじゃダメからねふん云々…………………麦炊こう……疲れで多幸感あるある劇でしたーでしたーですでしたーですーですよーだよじゃダメ絶対じゃあじゃない絶対ですよーで締めてジャーゴン憑きーさあ窓閉めて片付けしてみますかですかーですねーですよー伸びたようだな麦はどうするんだい窓を締めてちゃ炊けないだろうもうちょっとじゃなかったもっとだったもっとだよー結婚してくださいいっぱいあるからね絶交です絶好の天気ですうるさいなアナウンサー練習でしょ音楽家アナウンサー支配されたくないんだったら毎日結婚してください

2020-06-13

みんな自分活躍できるフィールドを探してさまよう旅人なのさ

私が活躍できないのはこの世界ポンコツなせい

2020-06-12

ブクマください

僕が野に放った増田にはキラッと光るものがあります

玉石混交のなかで一粒の砂金を拾うように

水面に出てきた魚を啄むカワセミのように

旅人日差しを与えて満足させる太陽のように

雑草地の中のクローバーを探し当てるように

顕微鏡宇宙規模の発見にたどり着くように

こんな文章縦読みを探り当てるように

そんなブクマを僕にください

2020-06-08

anond:20200608163401

そもそもだけど現代飲食店多すぎじゃない?

諸国を巡る旅人とか、冒険者とかがいるわけじゃないんだから

飲食店がなきゃ食事に困る人ってそんなにいないでしょ

ましてスーパーもそこらじゅうにあり、調理なしですぐに食べられる食品豊富流通してるチート環境

そこにあって飲食店には「お店の料理」という付加価値が求められていることは分かるけども

そこまで付加価値って大切なのか?って思うね

エレカシが好きだった

最近になって聴いてみると、仲間がいただの、恋人がいただのという歌詞が気になって入ってこない。

孤独旅人

いやそれは孤独のうちに入らないでしょ。自分で踏み出した道ですよ。甘えてんのか。

こういう感想脳裏をよぎる。好き "だった" んだなー。歌詞適当に聞き流してたくせに。

2020-04-23

ゼル伝ブレスオブザワイルドの不満点

剣を背中に背負ってること

これに尽きる

どう見ても抜けないんだよな ゴム人間でもない限り腕より長い剣を背中差した鞘に抜き差しできるはずがない

ゲームプレイ中はスピード感である程度誤魔化せてるけどムービーだとマジでダメ

ムービー中に納刀するシーンがあるんだけどカメラワークで肝心なところが映らないようにしてお茶を濁してるのがバレバレなんだよな

そこまでするなら腰に差せばいいのに

つうか兵士とか旅人とかは普通に腰に差してるしリンク君がキチガイしか見えん

ゼルダアタリマエを見直すんじゃなかったのか 世界リアルになるほど「背中にさした長剣は抜けない」って事実が浮き彫りになるんだから早く諦めて腰差しにしなさいよね

2020-03-29

anond:20200329101251

俺はそういう人たちを「自分さがしの永遠旅人」と呼んでる

できればそういう人の退職エントリーときどきトゥギャッターにでも纏めてくれないか

2020-03-13

エレファントカシマシファン層って完全にいなくなった?

最近の曲がどれも人生応援歌的なオヤジロックなんだけど、エレカシの魅力ってそこじゃないだろ?

時代遅れ美学だったり、絶対J-POPでは歌われないようなことが歌詞になってるから面白かったんじゃん。

「生まれときから奴隷天国よ」

「おい今夜は酒持ってこい」

「お前正直な話日本の現状をどう思う?」

こんな歌詞だったのに、それが最新曲は「夢見る人 私はドリーマー 明日旅人さ」だぜ。

変わりすぎだろ。ウルフルズみたいになってるじゃん。エレカシファンってみんな記憶喪失にでもなったのか。

2020-02-18

ホッホッホ、あん旅人じゃの?今、増田村ではおたく族とふぇみ族のレスバトルが繰り広げられておる。流れ弾で論破されたくなければ、おとなしく踵を返すことじゃの(笑)

2020-02-01

なぜ旅人言葉必要だったかドラゴンの目、解説

anond:20200131142228

こちらの問題解説するで〜

問題と回答は元増田を参照してな)

旅人さんが「青い目のやつおるで」って言うたからみんなが自分の目が青いことに気づけたって話やんな。

でも、青い目のやつがおることは旅人に言われんでもみんな知っとったことやん。

なんせ、みんな他の人が青い目なんを毎日見とるんやから

せやのに、なんで旅人に言われるまで自分が青い目ちゅうことに誰も気づかんかったんか、不思議やんな。

なんでそんな不思議なことになるんか、おっちゃんが解説するやで〜

まずA氏は自分の目の色がわからんから

A氏「ワイは赤目やろうか青目やろうか。もしワイが赤目やったら……」

て考えるわな。

ここでもし、

オッサン「はぁ? 自分青目やん。なんで自分が赤目やったらとかありえんことを想像するん? アホちゃうん?」

とか言うやつおったら、オッサンの方がアホやってことはみんなええよな?

オッサンは確かにA氏の目の色を知っとるよ。けどA氏はそれを知らんやん。

自分が知っとって相手が知らんことを、相手も知っとるはずやとナチュラルに決めつけるんはアホやで〜

話戻そか。

A氏「もしワイが赤目やったらBはどう考えるやろか。そうやな……」

A氏の脳内のB氏「Aは赤目やんな。ワイが赤目か青目かはわからんけど、もし赤目やったら2人とも赤目やから……」

A氏「せや、Bはこんな風に考えるはずや!」

自分が赤目やと仮定したA氏はこんな風に考えを進めるわな。

ここで「A氏の脳内のB氏」なる人物が出てくるのがポイントや。

「A氏の脳内のB氏」≠「実際のB氏」やで。

せやから「『2人とも赤目やから』てなんやねん。自分以外の99人が青目なん知っとるんやから、そんなん考えるBはアホやろ」とか言うオッサンがおったらオッサンの方がアホやで〜。気いつけとき〜。

ほんで、A氏はさらに考えを進めるわけよ。

A氏「ワイの脳内のBの脳内におるCは、このときどう考えるやろか。そうやな……」

A氏の脳内のB氏の脳内のC氏「ほーん。AとBが赤目やから、ワイが赤目か青目かはわからんけど、もし赤目やったら赤目が3人やから……」

A氏「せやな脳内脳内Cはこんな風に考えるはずや!」

ここのポイントは「A氏の脳内のB氏の脳内のC氏」が出てくることや。

もちろん「A氏の脳内のB氏の脳内のC氏」≠「実際のC氏」やし、「A氏の脳内のB氏の脳内のC氏」≠「A氏の脳内のC氏」でもあるから気をつけるんやで〜。

「このC、3人赤目がおるとか有りえんことを考えとるわ……」とかアホなこと思わんようにな。

「実際のC氏」が「赤目が3人やから……」とか考えとったらアホやけど、「A氏の脳内のB氏の脳内のC氏」が合理的検討する可能性の中には赤目が3人のパターンもあるんやで。

ほんでまあ、あとは似たようなことの繰り返しになるんやけど、そのうちに「A氏の脳内のB氏の脳内のC氏の脳内のD氏の脳内の……氏の脳内のZ氏の脳内の……氏の脳内のΩ氏」まで行き着くわけや。あ、とりあえず便宜上100人目をΩ氏ゆうことにしといたで。

で、この脳内脳内脳内脳内……脳内Ω氏はこう思うわけや。

「ワイ以外みんな赤目やな。もしワイが赤目やったらこの村は全員赤目やし、ワイが青目やったらワイ1人が青目や」

もちろん、これは実際とはかけ離れた想像よ? けど、脳内脳内の……って重ねまくって現実から遠く離れてしもうた想像上の世界におるΩ氏にとっては論理的合理的思考なんよ。

せやから「このΩおかしなことを考えとるで。アホや」て思うオッサンがおったらオッサンの方がアホなんやけど、ここまで脳内脳内の……って入れ子しまくった論理構造人間の処理能力を超えとるから、しゃあないで。人類みなアホ、人類みなオッサンや。

もちろん、実際のΩ氏は自分以外の99人が青目なんを知っとるで?

けどな、A氏の脳内のB氏の脳内の……の脳内のΩ氏にとっては「全員赤目」という可能性もあり得るんよ。

どんだけ「実際のΩ氏」にとってあり得ん仮定でも、想像世界ではそれがあり得てしまうんよ。

その直観論理が食い違っとる感じが、この問題を分かりにくうさせとるんよ。

さてここで思い出して欲しいんが、旅人おっさんが言うとったことや。

「この村青い目のやつおるで」て言うとったやんな?

この言葉が出てきた瞬間、さっきまで論理の彼方にあった「『A氏の脳内のB氏の脳内の……の脳内のΩ氏』が考える、全員赤目の可能性」が消え失せるわけや。

村人各々が自分の目で見て知っとる「村に青い目のやつがおる」って情報と、旅人が言う「村に青い目のやつがおる」って情報は、ここが違うんや。

なんぼ自分の目で見た情報があっても、「A氏の脳内のB氏の脳内の……の脳内のΩ氏」て具合に仮定仮定を積み重ねていくと、それぞれのA氏やB氏やΩ氏は自分の目の色を見ていないわけやから、それを1個ずつ重ねていったら「全員の目の色がわからん」のと同じことになるわな。

この仮定世界は実際の世界とはちゃうんやから現実で見たみんなの目の色は無意味や。せやから、みんな赤目みたいな実際とかけ離れた極端な可能性も、論理の彼方では成り立つんや。

せやけど、第三者旅人保証する「青い目のやつがおる」はちゃう

これは論理の彼方まで行ってしもうた「A氏の脳内のB氏の脳内の……の脳内のΩ氏」にとっても同じように有効なんや

から旅人おっさん発言があって初めて「全員が赤目」という可能性が、脳内脳内の……っちゅう想像でけへんような世界からも完全に消え去るわけやな。

あとは、まだ「99人赤目で1人が青目」みたいな可能性が、やっぱり脳内脳内の……の世界にはまだ残っとるんやけど、これは1日経って誰も村から去らんかった時点で消える。

同じように「98人赤目で2人が青目」の可能性は次の日になっても村から人が去らんかったことで消える。

そんで、そのたびに「脳内脳内の……」の入れ子構造も1つずつ減っていくわけや。

そないしとったら、そのうちに「1人赤目で99人が青目」の可能性だけ残っとるいう日が来る。

その日には論理入れ子になることものうなっとるから、つまりこれは「自分けが赤目の可能性」ちゅうことや。

その日が過ぎても村から人が去らんかったら、すなわち自分も青目やっちゅうことやね。急いで引っ越し準備や。

ほんで、翌日みんなでスタコラや。そして誰もいなくなった、やね。

結局この問題がわけわからんのは「脳内脳内の……」って具合に仮定の話を積み重ねていくと、だんだん現実から乖離していって「ん、これなんかおかしない?」って脳がエラーを感知してしまうからなんや

ほんまはエラーやなくて、仮定仮定を重ねまくった世界から論理的には成立しとるんやけど、直観的にはそれが納得できへんからけがわからんくなるんよ。

しかも、旅人の「青い目おるで」は普通に「言われんでも見たらわかること」やから増田みたいな疑問が出るのは当然のことや。

「見たらわかること」は仮定仮定を積み重ねた世界では消えてしまって、第三者発言は消えてしまわんのんやけど、これも直観に反するからけがわからんようになる。

そんなわけわからん問題やけど、こうやって丁寧に解きほぐしたら多少は分かりやすうなるからおっちゃんの解説で少しでも理解が進んだら幸いやで〜。

ほな!

anond:20200131142228

旅人の与えた情報は、

「青目が1人以上いること」

だけではないよ。

「村人全員が「青目が1人以上いること」を知っていること」

も与えているよ。さらに言えば、

「村人全員が「村人全員が「青目が1人いること」を知っていること」を知っていること」

も与えているよ。

これらは全く等価情報ではなく、後の情報の方が真に強いよ。

実のところ、この問題を解くにあたり必要な、旅人が与えた真の情報は、

「村人全員が「村人全員が……「村人全員が「青目が1人以上いること」を知っていること」……を知っていること」を知っていること」

で、入れ子の個数が99個のものだ。

100人だとあまりに長くなるので5人くらいで考えてみよう。5人でも100人でも本質は変わらないはずだよ。

この場合旅人が与えた情報は、

「村人全員が「村人全員が「村人全員が「村人全員が「青目が1人以上いること」を知っていること」を知っていること」を知っていること」を知っていること」

となる。

これが1日経つと、皆の持っている情報

「村人全員が「村人全員が「村人全員が「青目が2人以上いること」を知っていること」を知っていること」を知っていること」

アップデートされるよ。入れ子が1個減って、代わりに青目の人数が1増えたね。

なぜそうなるかというと、

「村人全員が「青目が1人以上いること」を知っていること」+「昨日、離脱者がいなかったこと」

の2つの情報を組み合わせて、

「青目が2人以上いること」

という情報が導き出されるからなんだ。

これは簡単背理法で、青目が1人しかいないとすると、その青目の人本人が周りの状況を見て、「ああ、俺なんだ」と気付けるからだね。

この論理はそのまま適用し続けることができるので、

3日目には

「村人全員が「村人全員が「青目が3人以上いること」を知っていること」を知っていること」

4日目には

「村人全員が「青目が4人以上いること」を知っていること」

5日目には

「青目が5人以上いること」

がわかり、村人は全部で5人なので自分含む全員が確実に青目だと分かって、村から出て行く、ということになる。

追記

本題とは何の関係もないけど、この問題、「吸血鬼の目のパズル」にしたら面白かったんじゃないかと思うよ。

吸血鬼は鏡に映らないし、掟とか守りそうだからね。

それかなんか吸血鬼の弱点で閉ざされた場所という設定にして、赤目の吸血鬼ちょっとでも弱点に触れたら完全消滅するけど、青目ならそれに耐えて逃げられる。

から自分が「耐えられる側」と確信した瞬間に逃げ出すんだとか、どうだろうかね。

anond:20200131142228

村人は全員目が青いので目の色は青いものだと思っているだろうに赤い目という存在をどこで知りどう認識され何故全員青の目の中に赤の目がいると思うようになったか深層的に洗脳された旅人言葉はどんなものだったのか気になる

2020-01-31

anond:20200131142228

■■■追記あり:判ったかもしれないンゴ■■■

ぐえー、わからんンゴ。

モンティホール問題とか、死刑囚パラドックスみたいな、意識を素通りしてる差や矛盾が何かあるんだろうけど掴めない。

 

3人の場合自分Aはそれを知らないけど赤目、残り2人B、Cは青目の場合で、

さらに3人全員は今日異世界転生してきた人だとすると問題を浮き彫りにできる気がする。

 

異世界転生してきた当日、各人は「青が一人以上いる」という情報を手に入れる。

さらにその日に旅人が来て「青が一人以上いる」と発言するところで、実は何か変わっているのか、気づき辛い矛盾が生まれているのか……。

 

 

~~~ 追記ここから ~~~

あっ、この場合は変わってるか?

自分Aが赤と仮定したパターンで考えると…… 

 

旅人が来る前は、

AはBが右のように考えていると推測する→『Aは赤や。自分Bも赤かもしれへんから、Cは「青が一人も居ない」という可能性も考えて行動するやろうな』

 

でも旅人が来た後は、

AはBが右のように考えていると推測する→『旅人は青が居るって言っとった。Cは「青が一人も居ない」という可能性は切り捨てて行動するやろうな』

 

ってなるよね?

 

 

~~~ 再追記 ~~~

旅人が来る前も確かに全員「一人以上青が居る」という情報は知っていた。

しかし『全員が「一人以上青が居ることを知っている」ことを知っている』という情報は持っていなかった。

まり旅人発言が与えた情報は、これだ。

2020-01-27

anond:20200126160953

お使いクエストであちらこちらを行ったり来たりするのはつまらない。

山脈テーマゾーン入り口で行き倒れの旅人クエストを貰うと

たらい回し純潔羊飼い小屋に行かされ

小屋では葡萄畑や森や悲しみの渓谷

渓谷旅の宿から山脈の麓のゴブリン洞窟ハーピーの毛づくろい場へ

山道の毛づくろい場から天狗の踊り場に

天狗の踊り場からツインピーク(左・右)へ

右のピークのロック鳥の巣でロック鳥に卵を貰ってから

ジェントルフェザーの背中に乗せてもらい

羊飼い小屋に戻ってきてオムレツ焼いて行き倒れの旅人に食わせた事でこのゾーン卒業

レベルもめでたく10上がりゾーンの見どころも一通り見た、みたいなのは結構好きなんだけど

anond:20170307202341

旅人だと盗撮が許されるってのなんなんだろうね

2020-01-17

[]

旅人ゴーレムのかたわらでまちをみる

 

うん、そうか

もうこのまちはないのか

かえるばしょがないな 

すこしながくたびをしすぎたようだ

2019-12-07

anond:20191207153657

あーやっぱり。

どこがいいかわかんなかったらどこでもいいか海外旅行しておいでよ。

気楽な旅人生産性なんか関係ないだろ。

しろ旅行先にお金落として経済回せるしな。

2019-11-30

北風と太陽太陽ってコミュ強みたいに扱われてるけどそうと悟らないまま相手を意のままに操るヤバい奴じゃん。

だいたいあの状況で服を脱がずにいたら命に関わるわけでしょ?そんなことしといて

無理やりではない、旅人自分意志で服を脱いだ。とか言ってるのマジ怖いわ。完全にヤクザのやり口だわ。

2019-11-29

クラウドファンディング世界一周する知り合いを見て

別に友達と呼べるほどでもない、たった1日だけ話した、SNSで繋がってるだけの知り合いがクラウドファンディング資金を募り世界一周しようとしてるらしい。

彼と出会ったのは2年前のバンコクゲストハウスたまたま同じ宿に泊まっていたらしくロビー声かけられ、酒を飲みながら話した程度だ。

私も海外旅行が好きなので彼とは話が合うのかなーと期待していたが、話をして3分で馬が合わないことに気づいた。

とにかく自慢話だった。外人と仲良くなって朝まで路上で酒飲みまくった、酔っ払ってドミトリーぶっ壊した、野宿して警察に怒られた、日本ヒッチハイクして移動しまくったとかしょーもない自慢。彼は自称進学校を経て中堅大学に進学し、特に勉学に励むわけでもなく友人と毎晩遊び歩く典型的文系大学生だった。

まり長く話す時間はなかったが、またどこかで会うかもしれないからとSNSを交換しようと言われた。またどっかで会うかもしれないならSNS交換する必要ねえだろ、と思いつつも彼をフォローし、別れた後にこっそり投稿を見てみた。

彼のSNSには、変人しかいない高校の仲間、一生ダチのコンビニバイト仲間、終電を逃してでも共に飲み明かす大学の仲間との思い出たちがもれなく半々の男女比の写真と共に"感謝"の言葉を添えて投稿されていた。また、彼の周りにはたった2ヶ月くらいの大学生の長期休みバックパッカーをしに行くだけで送別会を開いてくれたり空港まで見送りしてくれる恵まれた仲間がいることもわかった。

その時私は、彼が海外旅行に来てるのはなく「バックパッカー」をしに来ていたということに気が付いた。彼は、周辺環境はいないバックパッカーというアブノーマル人間になって注目を浴びたい、なるべく多くの逸話を引っさげて故郷に錦を飾りたい、という気持ち原動力東南アジア一人旅をしていたのだろう。それを表すように、彼の投稿にはほぼ全て「#バックパッカー」というハッシュタグがついていた。

そんな時代あったな、と懐かしくなった。かくいう私も彼と出会ったバンコクは1人で海外旅行している最中だったし、過去に何度か1人で海外旅行をしている。1人で海外に行くことにこれといった理由特になく、写真しかたことないところに行ってみたい、1人だと誰にも気を使わなくて済むから、みたいなそんな感じだ。

そんな私ですら、初めて1人で海外に降り立った時はなんでもできるスーパーマンだと錯覚していた気がする。しかし、旅先で様々なアブノーマル人間出会い、自分ノーマル人間だとすぐ気づいた。本当にアブノーマル人間は関わりたくない、こうはなりたくないと思うほどアブノーマルだったし、こいつらがバックパッカーなら自分はただの旅行者でいいな。という気持ちになった。そういう点ではよく旅人が言いがちなセリフだが「価値観」が変わったのかもしれない。SNSバックパッカーを名乗りアブノーマルを演じる彼も、帰国するまでに「価値観」が変わるだろうし、今は好きにやっとけと思った。

しかし彼は違った。帰国後に彼のSNSを覗くと、せっかく広い世界を覗いたのにも関わらず、元々いた狭い世界に戻り恵まれた仲間の前であぐらをかいていた。

彼は恵まれた仲間と「お前変わってるよwww」「まあなwww」みたいな会話をし(想像)、バックパッカー経験を生かして相も変わらず目的のないヒッチハイクなどを続けていた。

2ヶ月の東南アジア一人旅では彼の生活言動、行動は変わることなく、唯一変わったのは誰にでもできる経験をして自分は大きい人間だと勘違いする歪んだ「価値観」だと、SNS越しで悟った。

まあ関東圏に住む彼とは二度と会うこともないだろうし、SNSくらい好きにやらせてあげればいいな。と飯の写真しかSNS投稿しない私は思った。

そんな彼がクラウドファンディングを始めたらしいということを耳にした。この話を聞いた途端、2年前のむず痒い感覚が突如としてこみ上げてきた。

どうやら彼は大学卒業するまでの間に世界一周をするため、クラウドファンディング資金を募るらしい。ホームページを早速見てみると、クラウドファンディング支援してくれた人々へのリターンは「”あなたらしく”生きるためのメッセージ動画」らしい。なるほどわからん

ページの彼の自己紹介欄には、辛い過去を乗り越えて自分らしく生きている現在への経緯が書かれていた。彼の過去否定しているつもりはないが、ありきたりの文脈すぎてどこかにテンプレート販売してるのかとすら思った。そして「私が私らしくを生きることで、あなたあなたらしく生きる」という崩壊したロジックで押し切ろうとする姿はむしろ清々しく思えた。

リターンの動画撮影する機材もGoProらしく、おそらく映像編集プロ並みの技術ではなくかじったことある程度だろう。なぜなら彼はリターンとして自分経験動画という形に残るもの他人押し付けるのであって、それを支援する人も彼の行動力に対して支援を行い、メッセージ動画などもちろんどうでもいいのだろう。

なぜほぼ赤の他人とも言える人間を見てこんなにもむず痒くなるのか。おそらく、私も海外旅行が好きだからこそ、「同族として見られたくない」という意識がかなり強いからだろう。そして周囲の人間から私と彼は同族に見られているかもしれない、という被害妄想をしてしまい、反射的にむず痒くなってしまうのだ。

彼のクラウドファンディング現在資金調達途中で、量は多くはないもののそこそこの資金を集めているように見えた。

しかしたら私自身がノーマル人間だと悟っているからこそ、アブノーマルに見える彼と、目的のない旅にすら支援してくれる恵まれた仲間がいる環境、そして歪んだ「価値観」でも前に進み続ける行動力を羨ましく思ってるのかもしれない。

あー、人の金で世界一周したいな。

2019-11-25

anond:20191125111447

さすらいの旅人的なポジションを目指してるならイキリオタク、厄介オタクイナゴオタクみたくはならないと思うけど。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん