「商店街」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 商店街とは

2020-05-25

今年も緊急事態宣言の季節が来た

11月の第3月曜日緊急事態宣言を翌週に控えた商店街は活気に溢れていた。

自宅待機に備えた買い物をする人々や、居酒屋から弁当屋に衣替えする店員など、それぞれがこのシーズンの準備を行っている。

いま、緊急事態宣言市場右肩上がりだ。

個人向けオフィス用品子供向け自習教材、簡易調理グッズ、業務用のテイクアウト用包材。自宅で楽しむアクティティとして映像配信事業キャンプ用品、個人向けカラオケルームケータリング事業ピザ寿司はもちろん、フランス料理焼き鳥焼肉、本格的なスイーツなどさまざまな種類がある。

これらの業種にとっては、来週の12月第一から来年5月の最終週までの緊急事態宣言期間が勝負の時期だ。

11月の末から12月といえば、一昔前はクリスマス年末商戦だったがパーティー需要の低迷ですっかり影を潜めた。

町行く人々は来週に向けて少しウキウキしているようだ。

私も、この緊急事態宣言期間にはお楽しみがたくさんある。去年は家のカーテンをすべて手織りした。織り機のリースを利用して6枚のカーテンを織った。今年は思いきってテレビ自作する予定だ。先月SHARPからテレビ自炊キッドが発売されたから、それを利用しようと思う。

2020-05-22

街の賑わいが賑わう増田住まう和議苦いわぎ二の知真(回文

おはようございます

なんだか街の賑わいがなんとなく戻ってきたような気がするのよね。

気のせいかしら?

でも昼間とか、

みかん花咲く丘公園前の商店街なんか人通り多いような気がするわ。

電車だんだん満員電車な勢いの人になってきてるし、

これはもしかしてしかすると、

景気よくなるかしらね?って微かな期待に寄せては返すんだけど。

自粛反動でドーンと跳ね上がりそうな

そんな安直なV回復ならぬ直角回復なんてありえそうでもあるわね。

でもやっぱり百貨店とかデパートとかは以前として閉まっているところはお休みしているし、

その間にも、

私たちが1時間過ごしている間に60分も過ぎてしまうのよね。

本格的に街が賑わいを取り戻すにはまだまだ掛かるのかしら?

私は早く遠くにお出かけしたい山真っ盛りなんだけど、

本当に本当に早く

テスタロッサ飛ばしてどっか行きたいわ!

こういう時に限って天気も良いしね。

夏には夏らしい夏をすごしたいものだわ。

うふふ。


今日朝ご飯

オムタマサンドハムサンド

最近タンパク質よく意識して摂った方がいいってことで、

いちいち意識してます

よく見てるとタンパク源って意外と適当にやってたら摂れないことを発見

何も考えずにやってると炭水化物ばかりになるのよ。

意識するわ。

デトックスウォーター

アスパラ美味しい季節かしらね

アスパラをそのまま瓶に刺してウォーラーの中にインする

アスパラガスウォーラー

ただ単に入れただけじゃやっぱりだめなので、

ピーラースライスしたものを使うのがベストね!


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2020-05-21

anond:20200520165520

趣旨からズレるかもしれないが

去年の暮れ、人生で初めて大阪京都に行ったんだが食文化が衝撃的だった

何ってタコ焼き崇拝がすごすぎる

関東平野の民よ聞いて驚け。タコ焼き屋がいっぱいあるのではなく、タコ焼きの亜種がいっぱいあるのだ

タコ焼きえびみりんせんべいみたいなのでサンドしたものや、あったかいだし汁にタコ焼きを入れたもの

それら異常フードが平然と路地商店街で売られていた

意味不明である

2020-05-12

anond:20200512181950

ジャンクフードってたとえばなんだろうか。

マクドナルドハンバーガーケンタッキー・フライド・チキンだろうか。

であれば、こそこそ食べるような恥ずかしいものではないと思う。

とで差があるとは思えない。

もし三段腹が課題だとすれば改めるべきは食生活ではない。運動習慣だ。あと瞑想ヤサイシマ

2020-05-09

外出してやった

から一歩も出ないストイック缶詰生活ではなく、緊急事態宣言後もスーパーコンビニの買い物はしいてるんだけど、4月からついぞ外食もしていないし、リアル空間で人との会話なんて3日に一回、店員にpaypayが使えるかどうかを尋ねるくらい。

朝のランニングも「呼気が怖い」とかいろいろ言われるのが面倒くさいので、部屋の中の筋トレだけにしてしまった。


独身仕事部屋も分けられる在宅勤務、大して困ることもない日々の中でも、平坦すぎる日々には飽きてきて、仕事中は別モニタ銀座秋葉原ライブカメラを流してる。

出自粛の東京でも、ライブカメラ越しの渋谷スクランブル交差点では結構人が歩いているし、夕方に買い物に出れば、商店街たこ焼き屋では仕事帰りっぽいOLが談笑しながらたこ焼きをつついている。

出勤せざるを得ない人からしたら、毎日電車に乗ってるのに外食危険だなんてリアリティがないだろうし、ワンルーム料理なんてしたことないって人もいるだろう。

引き篭って生活が成り立つ立場自分はまだ恵まれてる方だと思う。


夜、オンライン勤務のチャット越しに後輩の相談を受け「なんで長々と相談に載ってるのか。人の面倒を見て過度に思い入れを持ってしまうとロクなことがないし、在宅で会社人間関係の悩みから距離を取れるので、スーっと撤退していくつもりだったのに、何をやっているんだ」と思いながら、仕事を片付けた24時、夜の街にむかって自転車を滑らせた。

暖かくなってきた最近だけど、夜中に自転車に乗っていると、まだ少し肌寒い

みんながもう寝る準備を始める時間、誰とも話さず、コンビニにも入らず、自転車からも降りない。

これくらいの外出は許してよ。


日本橋に通りかかると建設一休みせざるを得なくなった大型施設

壁には「ただいま、未来建設中。」

今、この状況で見ると意地悪なジョークみたいだ。

どんな未来建設するつもりだったのか、1ヶ月後はどうなっているのかな。


止まっている建築現場だけではなく、動いているのもあって、歩く人もいない夜中の現場警備員が警戒している。

信号待ちの間、5mほど先で咳をする警備員にすこしドキッとする。

でもこれで感染するなら、もう夏まで感染を防ぎ切る自信はない。

第一自分感染してない保証もない。


自転車を南に走らせて、銀座

毎日ライブカメラ越しにみている、銀座三越前の交差点

金曜の夜なのに車もまばらで、信号待ちの自転車や人も2〜3人しかいない。

和光時計塔をパシャリ

気分は済んだので内堀をぐるっと回って引き返す。


紛らわしいネーミングで2年前に開業した東京ミッドタウン日比谷も、こんなことがなければもっと華やかな春を迎えていたんだろう。

月にむかってゴジラが吠えている。

東京は海から来た巨大怪獣じゃなくて、海外からやってきた目に見えない小さなウィルスに静かにメチャクチャにされているよ。

こんな地味な破壊活動に先を越されるなんて、ゴジラにとっても忸怩たる思いに違いない。


部屋に帰って、またライブカメラを見る。

普段見ているライブカメラ画角がわかった。

時間前はこの画面に映り込んでいたに違いない。

チャットユーザーに外出を説教されてると思ったけど、エロコメントに興じるユーザーばかりだった。

もうすぐ梅雨の季節がきて、そのあとは夏。

夏にはドトールアイスコーヒーが飲めるのかな。

2020-05-07

マスク在庫

妻の祖母の家がある個人商店である商店街の中の小さな店。

マスクが手に入るということで、付き合いのある問屋から100万円分ほど仕入れた。

連休前に入荷して、ゴールデンウィーク半ばから並べたところ、

明けた本曜日でもうすでに売れ行きが悪くなったとのこと。

この調子だと売れ残って大変だから頼むから買ってくれと言われた。

そこで、会社の同僚に声をかけて本日夕方に20箱ほど購入しに行った。


祖母の家のあちこちの部屋に山ほどマスクが入ったでかい段ボールが積み重ねてあり

商売ってむずかしいなぁ」

と思った。

2020-05-05

見てください!パチンコ店にこんなに行列が!←お前らも行ってるやん

スーパー子供連ればっかだったわ〜←いやだからお前も行っとるやん

商店街年寄りばかり←いやお前は?

営業自粛しろ」(貼り紙)←お前も外出とるやん





本当に馬鹿ばっか

2020-05-04

早稲田行きの荒川線ほとんど空っぽなまま夜の王子駅に入ってくるのを見ると、東十条の夜を思い出す。

真夜中に電話をかけてくるのはだいたい振付師で、出ると必ず「寝てた?」と聞く。こちらが寝ていたとしても別に対応を変えようとはしていない。挨拶がわりに今どこと聞くと、永福町アパートからかけていることもあれば、聞いたこともない名前の街にいることもあった。

新潟燕市から夜中の二時過ぎにかけてきた日、東十条クルド料理レストランができたのと振付師はいった。半分寝ながら「ああ、ああ」と返事しているうちに、翌週の夕方に同行することになっていた。

レストランは駅近くの雑居ビルにあった。細い階段を登ると、青い壁に赤を基調としたタペストリーがかけられ、トルコ製らしいランプが天井から吊るされた店内は薄暗かった。

二人とも果実蒸留酒を飲みながらピーチ味のシーシャを吸って馬鹿話をした。振付師は蔦の模様がついたノースリーブワンピースを着て、耳には銀色のチェーンピアスが揺れていた。

「ね、知ってる? カニコーセンの人」

カニコーセン?」

「あの、小説の」

小林多喜二?」

「そそ、タキジキジ。やばくない?」

「……?」

「お客さんの事務所の子がね、今度カニコーセンの舞台に出るからって、マネージャーさんが招待券くれて。で、帰りに駅ビル原作文庫本買って、バスの中で読んでたのね」

「読んだんだ。どうだった?」

「やばかった。いろいろ。で結局、タキジって殺されちゃうんだよね」

「ああ、特高に捕まって拷問されたんだっけ」

「うん、遺体の脚を見るとね、釘か畳針でグサグサ刺した痕だらけだったんだって。いったいどんだけ憎まれてたんだっていう」

「あの人の書いたものが、それだけ当時の警察機構を動揺させた、ということでもあるのかもね」

振付師はグラスを空けるとこちらに向き直ってまっすぐ見た。

「30歳だよ。タキジ死んだの。今の私たちよりも若かったんだよ。それでどれだけの仕事をした? どれだけの人に影響与えた? タキジが生きてる間にカニコーセンは何か国語にも翻訳されて、世界の人が読んでるんだよ? あの時代だって、今だって20代でそれだけのインパクト出せた作家って、そんなにいないんじゃない?」

「うん、いないだろうね」

燃え方が足りない」

「足りない?」

もっとたくさんの人に、私が伝えるはずのことを、私の仕事で、全力で伝えたい。そのためには死に物狂いでいまやってなきゃいけないのに、なにやってるんだろって、思うことがあるんだよ。もう無我夢中で、身体自分の熱で焼き切れて無くなってしまうくらいに、全力でやってなきゃいけないはずなのに、私はまだなにもやってない」

毎日家と会社を行ったり来たりしてるだけの僕からすると、日本中を飛び回ってるきみは、ものすごく燃えてるように見えるんだけど」

振付師は無言で何度も頭を振った。と思うとこちらの手を取って、荒々しくかぶりつく犬のような真似をした。

東十条商店街には縁日が出て、りんご飴、ヨーヨー釣りプラスチックのお面が裸電球の光を反射していた。振付師金魚すくい水槽を見つけると、やりたいと言ってその前にしゃがんだ。出張が多いのに世話できるのかと聞くと、預けるから大丈夫だもんと言った。

西日暮里ホテルに入ると、洗面所シンクに水を溜めて、小指の先ほどしかない緋色の魚が入ったビニール袋を静かに沈めた。そうするのが金魚にとってよかったのか、二人ともわからなかったけれど、ホテルの部屋に篭っている間に死んで欲しくはなかった。

その後のことはよく覚えていない。いつも通りだったかもしれないし、もっと強く噛んで欲しいと執拗懇願されたのはそのときだったかどうか、また別の時だったか、いまとなってははっきりしない。

そのとき金魚はいまだに元気で、振付師熊本に一か月行ってくるといって置いていってから、結局預かりっぱなしになっている。冷蔵庫脇の水槽で年を追うごとに肥えて、握りこぶしほどの大きさになった。

赤ちょうちんに誘われたい増田住まいタレ輪素さ人地鵜ょ地価亜(回文

おはようございます

この緊急事態宣言自粛よろしくで、

遠出できないので大人しく事務所の片付けやらをしているのよね。

でもいい加減片付けるところもなくなって、

給湯室やおトイレもってこれ前書いたっけ?ってぐらいやることがなくて、

でも今日は隣のところの伝票発行の様子を見てたのよね実は。

そんでもって

ずっと見守り続けて続けること早15時って感じなの。

連休からって遊んでるわけじゃないし、

飾りじゃないのよ涙は!って言う意味でもあるし、

うそう、

近所のサウナコロナの影響でしばらくお休みってことで、

ええ!毎週楽しみにしてたのにな!って勢いで行った手前、

から歩いて別のところに行くのも大変なので、

仕方なく湯船だけ浸かるかーって、

いつもよりなんだか客足が少ない静かな銭湯だったわ。

ここだけは依然としてコロナとは無関係よろしくなのよね。

ずっと通常営業やってるわ。

時間は短縮されることもないしいつも通りよ。

から連休中はまたこれとしてやることがないので、

銭湯巡りと言っても

おおむね近所の銭湯には行き倒したので、

行ったことない銭湯にも挑戦して

どんなお湯なのかサウナなのか味わってみたいところよ。

ポツポツと仕事してると、

と言ってもおはようからおやすみまでと言うわけじゃないけれど、

見守るだけの仕事から

ただただ暇なのよね。

今日はもうお仕事終わったから、

やったー!って感じで吉高ちゃんばりに

ハイボールでもキメたいところよ!

ここ最近本当に飲み屋さんも20時にはマジ閉店しちゃうので、

ちょっとフラッと飲み歩いたりは出来てないんだけど、

事務所道路かい

みかん花咲く丘公園駅前の商店街の外れの焼き鳥屋さんは

煌々と赤ちょうちん文字通り灯しているのよね、

本当にその灯りに寄せられる蛾のような、

蛾のようなって言うけど、

ヨーロッパじゃ蝶々と蛾の区別はないんだからね!

どっちも一緒の種類ってくくりだから

とりわけ蛾が毛嫌いされているわけでもないみたいなのよね。

でさ、

話それたけど、

その赤ちょうちんに誘われて私も

焼き鳥の盛り合わせをキメたいところなのよ。

ちょっと伺う様子を探っているって感じかしら。

2回ぐらいは行ったことあるのよ。

カウンター席が居心地が良くて、

これお店からです!って

なんか甘いお酒を1杯サービスしてもらっちゃったりなんかしてラッキーって。

たまに飲む甘いお酒もいいわねって思うぐらい。

あとキュウリおつまみとか

スピード命のスピードメニュー3タテ

冷やしトマト、冷やし豆腐、冷やしキュウリ

スピードメニュー界の優等生じゃない?

速いったらありゃしない!

全部冷たいけど、

でもさだんだん暖かくなってきたから、

軽めのコートも脱いじゃって歩けるぐらいよね。

このぐらい冷えてる方が気が効くって訳よ。

また今度1人でこっそり赤ちょうちんに誘われてみたいところね。

今日はもうお仕事終わったのであとはもう帰るわよ!

うふふ。


今日朝ご飯

レタスサンドタマサンド

ここのパン屋さんはお休みどころかコロナなんかいざ知らず、

バチボコ営業してて毎朝美味しいサンドイッチが食べられて嬉しいわ。

今度は厚焼き玉子サンドイッチにも挑戦したいところ。

タマゴは重なってもいいわ。

デトックスウォーター

事務所冷蔵庫に冷やしてある

冷やしほうじ茶

コールドアンホッツほうじ茶ってところかしら、

これもう連休中誰も飲まないから、

お茶入れ1回空にして洗っておかなくちゃね。

のどか連休って言っていいのかしらね


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2020-05-02

anond:20200502200026

リベサヨによると、ハンコ屋は潰すべきだし、演劇も、商店街も潰すべきなんだよな。

消毒液とか買い占めた人

消毒液とか買い占めた人、間接的にこの人を殺したよね。

4月30日夜、東京都練馬区とんかつ店火災があり、店主の男性(54)が全身やけどで死亡した。男性東京オリンピック聖火ランナーに選ばれていた。新型コロナウイルス感染拡大で大会は延期されたうえ、店も営業縮小に追い込まれ、先行きを悲観するような言葉を周囲に漏らしていた。遺体にはとんかつ油を浴びたような形跡があり、警視庁光が丘署は出火の経緯を慎重に調べている。

 30日午後10時ごろ、同区の鉄筋ビル3階建ての1階に入るとんかつ店から出火した。煙に気づいた近所の住民119番消防隊員らが駆けつけると、床と壁の一部が焼けており、客席付近男性が倒れていた。搬送先の病院で、約1時間半後に死亡が確認された。同署は現場の状況から男性が油をかぶった可能性があるとみているが、遺書は見つかっていないという。

持ち帰りのみの営業で急場をしのごうとしたが、60代の知人には「コロナが収まらないと、もうどうやったってだめだ」と嘆き、29日には「店をやめたい」と漏らした。商店街関係者(78)は元気のない男性のことを心配し、火災当日の30日に練馬区役所に対応相談していた。「皆から慕われていた。なんでこんな結果になってしまったのか」と悔やんだ。

 男性28日、FBへの最後投稿で、店舗の再開に向けて必要な消毒液が手に入らないことに触れ、「また振り出しに戻った」と先が見通せない苦しさを吐露した。

https://mainichi.jp/articles/20200502/k00/00m/040/003000c

2020-05-01

コロナにも復興需要ってあるの?

東日本大震災ときは、こう言うと被災地の人には悪いんだけど、何もなきゃ一生知られずに終わっていったような町が、震災である意味注目されたし、ゼロベースまちづくりができるというポジティブな点があった。

さびれた商店街は終わり、新しい商業施設誕生して町の経済は生まれ変わった。しかも有名な建築家付き。

被災した建物は今や観光資源にもなっている。

マイナスもあったけど考えようによってはプラスとも言える訳だよね。

でもコロナは何を齎すか?

上がり目がない。

東日本大震災を見るとわかるように、完全に崩壊すれば再構築がしやすい。

でもコロナ日本中途半端な低空飛行を続けている。

テレワークも進んだようで進んでいない。コロナがおさまれば元どおりに戻る感がすごい。

コロナで町が潰れるか?

コロナ観光資源ができるか?

衛生意識が上がるだけで終わりそう。

マスクなんていう、なんの応用も効かない物品の市場が大きくなるだけだ。

震災の後は、被災地の再建・復興が盛り上がるってワクワク感があったよね。

俺だ俺だとみんなが名乗りを上げた。

町の再建っていうのは金額も大きいし成果も見えやすい。

コロナはなあ。

強いて言えば、転売の力を思い知ったかな。

これからは、有事には必ず買い占めが起きるだろう。

でもそれってすでに市場にあるもの付加価値も付けずに再販売してるだけだから、発展性がないんだよね。

企業の物なら回り回って商品サービスに再投資されるんだけど。

まあ転売ますます社会的な影響を持つのは間違いない。

商店街は混雑してる詐欺詐欺

不要不急の外出をしているのに商店街はこんなにこんでますよ~

意図的撮影した詐欺だ!と商店街を庇ってるくれる人たちには悪いが

本当に混んでいるよ、やりすぎな写真ほどではないけど

みんな飽きてきてるな

商店街に行ったら

大半は不要不急じゃなさそうな人達でいっぱい

マスクはしてるが

2020-04-29

有意義に過ごさなければならないというプレッシャー

「さぁ休みだ!!有意義に過ごすぞ!!」という謎のプレッシャーはどこからくるのでしょうか。

普通の土日はもちろん、GWお盆正月のまとまった休みとなるとそのプレッシャーはすごいです。

特に私は友達が少なく恋人もいない為、「他人との予定」が無い分ほぼ自由スケジュールを組めます。そのせいかいか完璧休みを成し遂げるか」みたいな謎のミッション自分自身で課してしまます

2020年GWコロナ禍の真っただ中、出かけず基本的に家で過ごさなければなりません。

ぼっちにはこれ以上ない条件なはずですが、アクティブぼっちの私には少々厳しいものがあります

登山にも、ロングライドにも、街ブラにも、美術館にも、推し現場にも行けません…

しかーし!私にはゲーム漫画二次創作というインドア趣味もありますので、ノープロブレム。

まずはFF7Rをやり、リングフィットに汗をながし、あつまれどうぶつの森クリエイティブ時間をすごす…

ネタ帳からネタひろって小説を書き、積んでいる本を読むのも良いでしょう。

やることはたくさんあるのです。しかし、そのやる気が起きるかと言ったら保証はできません。趣味で、楽しいはずなのにね…

5chやTwitter徘徊時間をつぶすほど勿体ない時間はないはずですが、ついついやってしまう。ので、今回はこれを回避したいと思います冷蔵庫スマホ仕舞って封印

有意義に過ごさねば!」と気張って過ごす必要もないとおもうので、のんびりゴロゴロ過ごしたいと思います

一日寝て過ごすのもまた良いものでしょう。

しかし近所の公園めっちゃ人増えてるし、商店街めっちゃ人居るし、自分の住んでる地域治安まじでよくないなーと思う。

2020-04-25

悪気があって公園に集まるわけじゃない

公園に集まって集団になる」のも

海辺サーファーが集まる」のも

「山歩きが行列になる」のも

郊外商店街が混む」のも

それぞれ悪気があって、あるいは自粛無視して、

集団になってるわけじゃない。

「人と距離をとって、屋外で体を動かすくらいは問題ないと思うし…」

「ずっと室内にこもりっぱなしは逆に体調を崩すし…」

「遠出をせずに近場で買い物をするのは必要だし…」

それぞれにとって正しい判断をしようとした結果。

問題都市部人口が多すぎて、

同じことを考える人が多すぎること。

理屈が正しくても、環境がそれを正しくさせない。

今、家の回りをちょっと散歩したりジョギングしたりするのは、

それ自体理屈上は問題ない。

でも「それくらいはいいんですよ」と言ってしまうと

みんながそれを少しずつ都合よく解釈して

歩きやす場所、走りやす場所に人があつまってしまうから

行政マスコミも言わない段階になってる。

太陽光コロナが急激に弱まるなら

https://www.afpbb.com/articles/-/3280112

先週末に大勢江ノ島に大挙してきたのは、医学的に理にかなってるってことじゃね?日光浴びるのがコロナ対策になるのだから

屋根があり太陽光に当たれない商店街に大挙は理にかなってないが。

自粛警察の各位には不都合研究かもしれんがこの研究注視すべき。

2020-04-23

ホルモン弁当

商店街ホルモン焼き飲み屋が、ランチ営業を始めてて、店前でホルモン弁当ってのを売ってたが、チラ見したら780円と880円って値札が見えた。強気だなあ。

anond:20200423181327

一枚65円ぐらいか

このぐらいの値段のマスクがいまは商店街の怪しい露天で売ってたりするけど

今までのマスク価格があまりに安すぎたんじゃないかって気もするんだよな

とはいえシャープはもう少し頑張ってほしかったな

8割減なんて期待すると辛くなるだけだと思うんだ

なんだかんだほとんどの人が自粛に協力してると思うんだ

そもそも自分が罹りたくないし怖いし

でもどんなに外出を控えるようにしても

結局は住んでる人が多い限り人だらけ地帯は発生しまうと思う

 

都心部は今物凄く人少ないけど、今までいた人たちは

消えたんじゃなくて家の中にいるだけ

彼らが出来る限り不要な外出を控えても

住宅地商店街は多くの人が出歩いて見えると思う

 

でもそれでも通常のよりは遥かに人の出入りは少なくなっていると思う

これは凄い事だと思う

これ以上の結果を求めても自分はこんなに気を付けているのに

他人が協力的ではないクズばかりとギスギスするだけだと思うから

現状で我慢した方がいいと思うんだ

anond:20200423135258

っていうか、普通に空いてる店(商店街シャッター店とか)をかり上げて名字で分店だせばいいのでは

2020-04-22

閑散とした商店街に一箇所だけ行列できてるところがあったから何かと思ったらマスク路上販売だった

俺はマスク切らしてるから並ばないけど

2020-04-21

人混みを避ける意味で夜だけコンビニで買い出しをしてたんだけど、日用品が欲しくなって久々に夕方買い出しへ出た

 

そしたら、商店街が活き活きしてた

てっきり意気消沈していると思いこんでたからこれは意外だった

 

オレンジ陽光で染まる街

そこを昭和からの魂が満たし、元気のない街に力をあげている

 

都市部商店街が今回の禍下において意外と強い事がわかった

細いし駄サイクルかもしれないけど、商店街のお店は地元需要と消費のパイプがあるから強いんだな

あと自主判断で気さくに動けるんだよね

 

閉じた自分の店前に掘っ立て小屋みたいな屋台立ててテイクアウト商品を売ってたり、

地元の小物屋や着物屋手拭いガーゼや布マスクを売る

一方で閑古鳥タピオカ屋がマスクありますとアヤシク宣伝してたり

 

思いがけず蘇生した商店街

一軒一軒眺めながら歩く老若男女

シャボン玉で遊ぶ親子

ひなたぼっこする大人と老人

犬に手を振る青年

 

一方でマスクを二枚つけたり

から除菌札下げてる人や

相変わらず乗客の少ない列車が行く街

 

ちょっと上手く書き表せなかったけど、

今日光景と感じた感動はこれからも覚えておきたい

2020-04-20

マスクを全員で取ったほうが日本では感染が防げる

なぜなら、やはりマスクには感染拡大を防ぐ効果はなかったと言わざるを得ないからだ。

よくて一瞬エアロゾルから守ってくれる程度。その後はウィルスを持ち歩くことになりむしろ危険だ。

かかった人が広げないという効果は確かに期待されていた。

ところが世の中を見てみるとどうだろう。

マスク感染拡大防止だけでなく、感染のものも防止してくれると思いこんでいる人だらけで、マスク=外出許可証のような扱いになってしまっている。

これだけ専門家が人との接触を8割減らせと叫び続けていたにも関わらず街はマスクをした人間で溢れかえり、繁華街で姿を消した人達地元商店街にあふれかえるようになった。

(ただし、望遠レンズを使った偏向報道は許さない)

これはつまり感染ステージがより身近な場所に近づいたことを意味している。

葉っぱ生い茂る大木イメージしてほしい。

君たちは葉っぱだ。枝や幹は社会とのつながりだ。

感染はまず大きな幹を通って入り込んでくる。そしてクラスターはそこから枝分かれした太い枝で起こる。

太い枝でクラスターを防ぐことができているうちは姿を追うことができるが、そこから入り込んで更に細かい枝にまで感染が達してしまえば、感染を追うことはもうできない。

夜の街クラスターライブハウスクラスターは、まだ遠い枝の話だったかもしれない。

しかし、すでに家庭内感染割合は増加傾向にあり、つまり自分のすぐ隣の葉っぱにまで感染が広がっていることを意味している。

まり、太い幹に生えている枝で抑え込んでいた時期が終わり、枝先のように葉っぱ一枚ずつに細かく分かれている枝にまで感染が達している状況=感染爆発の予兆の段階と言えるのだ。

それでも自分の行動を注意深く見守っていれば、感染してしまたかもしれないタイミングに気づくことはできる。

それなのに感染経路不明というのはつまりマスクを付けていたか感染するはずがないという思い込みの裏付でしかない。

三密が防ぐのはクラスターだ。感染もっと身近に、意図しない場所でも十分に起こり得る。

それを三密以外なら感染しないだろうと曲解させている原因はマスクだ。

こんな大した効果が期待できないマスクを、息を荒げながら奪い合う姿を滑稽と言わずしてなんと言えというのか。

合格祈願のお守りを徹夜で並んでもらえなかった悔しさで神社に火をつけるような愚かな行動だ。

こんな愚か者同士に必要なことは安心ではなく恐怖だ。

猛獣の檻に裸で放り出されることがわかっていれば、家から出るバカはいない。

全員が無防備だとわかっていて初めて、全員が正しく恐れることができる。

君たちが付けているマスクは、盾の絵が書かれたダンボールしかない。

そんな姿で史上最悪のウィルスと戦えると思ってしまうことこそ危険だ。

国民マスクを取りなさい。無防備からこそ守れる適切な距離がある。

マスコミは人混みをいたずらに責めるのではなく、マスクがどれほど限定的脆弱であるかを報道してほしい。

それをしないのであれば、結局のところ報道公共性の姿を借りた金儲けの道具に過ぎず、頼るに値しないものしかないのだ。

ウィルスあなたの手に付きあらゆる手段で体内に侵入を試みる。

まずはとにかく手を洗いなさい。

手についたウィルスを確実に洗い流すのだ。

店の入口にあるアルコールを過信するな。ウィルスの射出もとは口だ。

感染した人間が手についたウィルスを消毒したところで、たった一言発言で室内はウィルス汚染されてしまう。

汚染された商品を手に取った時点で、アルコール消毒はすでに意味を失ったも同然だ。

その商品が家に持ち込まれれば家の中だからって安心できることはない。

彼らはプラスチック上で72時間生存する。

その程度で防げるくらいなら世界中でこれほどまでに感染が広がることなんてない。

まずは日本けが特別だという思いを捨てなさい。

すでに感染者数、陽性率、感染不明率、家族感染数、重傷者数、死者数、残存病床数の全てが感染爆発が間もなくであることを示している。

緊急事態宣言がそれら数値の増加を押さえることができていないのは、医療専門家じゃなくても、世界の傾向と比較すれば誰でもわかるはずだ。

マスクを捨ててすぐに家にこもりなさい。

経済的な死を回避するために戦う戦士たちだけが裸でウィルスと戦えばよいのだ。

不安の解消で走り回る主婦や老人たちはもはやウィルス媒介しかないことを忘れてはならない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん