「ウェブ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ウェブとは

2018-09-22

製造業の話

  1. 古いPCから新しいPCに買い換えて生産性が上がる理由が見つけられない
  2. ソフトウェア開発者からすると、ハードウェア個別対応多すぎるため、一緒に死ぬ覚悟でなければできない。汎用性のあるウェブなどの技術の方がいい
  3. どこも秘密主義で何をしているのかわからない。そんな企業に入るのはリスクが高い。ネット書籍もない。
  4. グローバル化で、自分達が買える・使う物を作らなくなった。日常的に使わないので何が悪く改善すればいいのかわからない
  5. 周囲でやっている人がいない。やっていても良いように見えない。
  6. お店に部品がおいてあってコレ使えそうというのがないので、自分の手元にあるものだけで考える。知らないもの検索しない。
  7. サービスを前提としてた物の販売になっていない。Amazon Echoのように、サービスをより便利にするためのハードという流れではない。

2018-09-21

anond:20180921205209

ワイは非ウェブ非上場中小企業残業ないけど20代半ばで400万超えたけどなあ

2018-09-17

文賢という日本語文章校正ウェブサービス

最近、文賢という校正という自動校正サービスを使い始めた。

初期費用一万円、月額二千円という高額ソフトであるが、

Deep Learning時代に、コンピュータがどこまで人の文章校正してくれるか気になったから思い切って買ってみた。

一万円出しても、わかりやす文章が書けるようになったら元が取れるかなと思って。

結論からいうと、便利だけど期待したレベルには程遠かった。たとえば、この文章推敲にかけると、

などのわけのわからない表現候補が出てくる。

エモい文章を書きたいわけじゃないんだが。

俺はウェブライターでも物書きでも何でもないので、ぶっちゃけ不要なといえば不要ソフトなんだが、今後の成長を期待して使い続けることにする。

https://bun-ken.net

そう、これは金を払ってしまったいちユーザー勝手ステマである

みんなも使うようになった結果、もっとエンジンが成長して俺が便利になるというストーリーを期待している。

なお、文賢を使わなくてもATOKパスポート契約して、クラウドチェッカーを使うという大正解があるが、

なぜかATOKがそこまで本気になって宣伝していない。

2018-09-16

姉に赤ちゃんが生まれた。

そのせいか知らんが通販サイトとかウェブ広告赤ちゃん関係のものばかりになっている。

まれたの俺じゃないので全くクリックする気が起きない。

まだまだよのぉ

自称キュレーターゴミ記事が多すぎる

単なる商品リンク。「こんな人におすすめ」とか言いながら、ウェブ上でわかる情報しか書いてない。

実際に使った上での感想が一つもない。

商品写真自分で撮ったものが一枚もない。

こんなのがネット上にうじゃうじゃ出てきて、ページを開かないとゴミだと分からないのが鬱陶しい。

Google絶対やらないだろうからはてなではゴミ記事検索上位に出ないようにできないものか。

アンチブックマークとかで。それぐらいしないと生き残れないよ。

2018-09-15

@nekozukan5 一ポケモンファンとしてこういったはんこが出るのは嬉しい反面、この名前例の元になったであろう「サトシ本名=勇崎」というのがとあるファンの方の二次創作ウェブ小説の設定でしかなく、公式には全く関係ないものが表立って使われてしまっているのは少し心苦しいものがあります…。

 

https://twitter.com/A_nikaichi/status/1040608515553878016

-----

ねこずかん‏ @nekozukan5 18 hours ago

ポケモンのはんこ、11/5(月)より予約開始!】

ポン!と押すたびに、お気に入りポケモン出会えるまったく新しいハンコ

Pokémon PON」が登場いたします!

ご予約開始は11/5(月)より。下記のサイトで受付いたします。

https://www.rakuten.ne.jp/gold/hankos/pokemon/

#ポケモン #ポケットモンスター

https://twitter.com/nekozukan5/status/1040530929859538944

2018-09-14

anond:20180914152451

最新の入荷情報を送ってくれるメルマガは案外役に立ってると思う。

本文のほとんどは読まないけど、おっ?と思える商品名を見かけたらウェブアクセスする感じ。

いちいち、毎日ウェブを見に行かなくて済むので便利。

2018-09-08

吉田豪の『 加藤浩次の「番組ハラスメント」をじっくり考えてみた 』への指摘

http://tablo.jp/serialization/yoshida/news003760.html

吉田豪氏のウェブ連載は好んで読んでいたが、今回の記事はいくつか気になったところがあるため、指摘しておきたい。

『いまでこそ加藤浩次は『スッキリ!』の真面目そうな司会者だけど、もともとは狂犬と呼ばれていたような人で、あの企画は彼の狂犬ぶりを復活させるのがテーマから、事前にWikipediaぐらいはチェックしておくべきだったんじゃないか

 これは事務所無所属で、たまにテレビに呼ばれる素人枠という意味では彼女と近い立場人間としての意見ですけど、ボクもテレビほとんど見ないから知らない番組に呼ばれたときWikipediaぐらいは調べるし、知らない共演者も調べるんですよ。今回の件は、そうすれば防げた事故だったと思うんですよね。

 実際、番組Wikipediaにはこう書かれています。「加藤が収録前からアルコール類を飲んでおり、放送中もアルコール類を飲みながら番組に参加する。加藤の狂犬ぶりを甦らせ、本音をはかせる趣旨企画」と。

 だから、ボクは「狂犬キャラを求められた加藤浩次は期待に応える仕事をして、『スッキリ!』の司会者だと思って安心して出演したゲストは傷ついたという、不幸な事故なんだと思ってます」とつぶやいたわけです。そう、これはお互いにとって不幸な事故だったんですよ。』

AbemaTV 加藤浩次の「番組ハラスメント」をじっくり考えてみた 吉田豪

まず、吉田氏が引用した部分「加藤の狂犬ぶりを甦らせ、本音をはかせる趣旨企画」(Wikipedia)は

2018年6月23日に加筆された文。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%88%A5:%E6%90%BA%E5%B8%AF%E6%A9%9F%E5%99%A8%E5%B7%AE%E5%88%86/68992614

スペシャル放送日は2018年6月21日。つまりこれは放送後に編集された文。

A氏は放送以前にKAKERU TVWikipediaを見てもこのことは知り得なかった。

どちらかといえばWikipediaの「加藤浩次」のページの

女性蔑視の傾向があり、過去オアシズに対して高圧的な態度で恫喝していたという。光浦は当時を振り返って「殺してやりたいと思っていた」と語っている。また、新人時代小倉優子を泣かしたり、『本能ハイキック』でアシスタントをしていたモデル田中美保罵倒し、番組降板まで追い込んでいる。』(Wikipedia

記述の方が警戒に値すると思う。

田中美保とは2013年放送めちゃイケで対面し土下座謝罪をして一応「和解」しているが。)

次に

『ただし、このイケメン評論家加藤浩次の罵り合いはこの番組ではお馴染みのもので、2人は当たり前のように取っ組み合いになったりのバトルも繰り広げたりしていて、要はプロレスだったわけですよ。「主に加藤氏、竹山氏の罵声ヒートアップしていきました。立ち上がって大声をあげ、平手で机を叩いて大きな音を立てました(卓上のジョッキがガシャンッと音をたてるほど)」というのも、つまりはそういうことだったんです。』

AbemaTV 加藤浩次の「番組ハラスメント」をじっくり考えてみた 吉田豪

とあるが、これに関してはA氏の記述が正しく、#52(問題の回)で罵り合いをしてから後の回に何度か呼ばれ、似たようなやりとりをしている。

まり#52の時点では加藤イケメン評論家C氏とは初対面であり、決して約束された『プロレス』ではなく、C氏が即興で乗っかってくれただけだった。(台本がないのであれば)

ちなみに記事掲載されている画像も#59のものである

そして、最後ギルガメッシュナイトの例えは暗にA氏の主張は見当はずれだと誘導しているように感じる。

全体的に吉田豪氏にしては仕事が荒いと感じた。

anond:20180907181123

座学の経営学だけでは足りないが、座学の経営学クラス知識もなく

宣伝費をかけまくって露出増やしまくれば売れるんだ!」

女子高校生起業やらせてそれで食らいついてくる奴に商品を売ろう!」

「わしが作ったのは世界一いいいいいいいいいいいいいいいいいいいい、これが売れないのは顧客がなっとらん!世の中は馬鹿ばかりだ!」

みたいなのがあまりにも増えすぎてる今の時代

例えて言うなら、九九だけでは役に立たないか、じゃあ九九は役に立たんよね?と言ってるのが君。

でまあ、科学検証可能性必要なんだが、経営の事例はすべてが一品ものだし、統計にするとかなり色々ぼやけてしまいがちだからなんとも。

基礎を身につけて、いろんなことを感心を持って書籍や、一部ウェブ勉強するしか無いわ。

まあ、ウェブもだいぶ陰謀論っぽいのとか不安を煽って垂らしこもうというセミナー商法も多いから、いろいろ疑いつつ傷つきながら成長しないとね。

2018-09-06

anond:20180906233357

ITのダークウェブ(笑)だけじゃなくて地球に対しても危機管理してたんやな

惜しい人を。。。

消えた2時間

anond:20180906085723

2018年秋の国会で、なし崩し的に成立してしまった日本サマータイム法への対応は、

東京オリンピックが終わった後の2022年になってもIT業界では粛々と進められていた。


リモートアップデート可能機器オリンピック前後には対応が済んでいたが、

今行われているのは、ネット接続もされておらず、個別に分解してファームウェア更新するしか手段の無い

平成時代遺物と呼ばれる機器ばかりだ。

加藤健一もそんなファームウェアアップデート職人の一人だった。


ある時、加藤監視カメラファームウェアサマータイム対応がずさんであることに気づいた。

サマータイム終了時刻になると、なんと2時間巻き戻って直前2時間分の録画データを上書きしてしまうのである

この性質を利用して完全犯罪はできないだろうか・・・

大手都市銀行は既に更新完了していてムリだろうが、地方銀行ならどうだろう。スルガ銀行とか?

銀行よりも警備が手薄な宝石店は?貴金属店?美術館

加藤の頭には次々と候補が浮かんできた。

そもそも監視カメラだけ誤魔化すことができてもダメだろう。

人感センサーファームウェアにも細工をして、犯行中だけ反応しないようにする必要がある。

犯行後にセンサーを調べられて、ファームウェアの細工が発覚すれば、すぐに捕まってしまう。

ファームウェアが調べられる前に、自動正規ファームウェアで上書き消去する仕組みを作るか…。



どこまでも用意周到な加藤は、緻密に計画を練り上げた。

この犯罪計画における、俺のアドバンテージは何だ?

それは、サマータイム対応を口実にして、悪意のあるファームウェア差し替えられる点にある。

ならば、犯行サマータイム切替え日に行う必然性はまったく無い。

サマータイム切替え日は、システムの切り替えが上手く行くか徹夜監視している人もいるだろうから

そもそも犯罪には不向きなのだ

ファームウェアには、特定の日の特定時間帯にだけ特定動作をするようにして、

その時間帯に犯罪を行えばいい…。

だが、犯行を一人で行うのは厳しい。そこが最大の悩みだった。





特定の日の特定時間帯にだけ、監視システム機能不全になる建物がある。」

その情報をダークウェブで売りに出したところ、すぐに買い手が付いた。

自分でやれないことは他人やらせればいい。それが加藤結論だった。

買い手は、詳細を電話説明してもらうことを条件に

加藤年収の数十倍の額をビットコインで支払った。

「これで俺の完全犯罪完了・・・。」

かすかに笑みを浮かべた加藤が、買い手に電話をすると・・・


いきなり「起きろ!加藤!」と電話越しに怒鳴られた。

匿名がウリのダークウェブなのに、なんで俺の苗字を知ってるんだ?!」

困惑する加藤に再び

「はやく起きろ!加藤!」と怒号が飛んだ。

ハッと目を覚ました加藤の目の前に居たのは、班長だった。

「もう2時間も寝てたぞ?さっさとレーンに戻れ。」

班長に促された加藤は、ベルトコンベヤーのレーンに立った。

目の前には、サマータイム対応機器が並ぶ。

ここは全国各地から送られてくる機器ファームウェア更新して送り返すファームウェアアップデート専門工場

操業開始以来、4年間ずっと同じ作業をしているが、未だに終わる気配はない。

今日のようなサマータイム開始日は、朝が早いせいでどうしても昼間に眠くなるのだが、

班長が気を使って2時間の昼寝タイムを設けてくれている。

工場仕事サマータイムなんて関係ないだろ!と思う奴も少なくないが、

サマータイム間中だけ2時間遅らせていつも通りの時間に操業開始することは、法律上許されていないそうだ。

オリンピック不況日本中が震え上がる現在では転職もままならない。

サマータイム法のお蔭で仕事がもらえている…。

そう考えることにした加藤は、再びドライバーを片手に機器の分解を始めた。(終

2018-09-05

自転車での環島(台湾1周)でのあれこれ

環島っていうのはこれ↓

https://taiwanisshu.asia/taiwanisshu-web/

台湾では自転車でやるのが流行っているらしい。

環島用のルートが制定されていることもあって、日本から観光客もやっている人が多いが

本やブログでは「自分頑張った!」的な内容ばかりで、よくわからないことだらけだったので参考になればいいなと思いメモ

ちなみに行ったのは先月。

トラブル等もあったので8日間くらいかけて踏破(ただし、2日間は電車になってしまった)

あくまでも真夏ベース情報なので、ご了承いただきたい。

あと、個人の感想なので、信用しすぎないでほしい。

なんだかんだでものすごく悩まされたのが天気。

現地のテレビ天気予報を見ても、晴れと曇りと雨と雷のマークが1カ所の中に全部出ているなんてこともあり全部役に立たない。

あっちは南国なので、毎日スコールだと思ってほしい。

対処方法としては、「朝早くスタートして、夕方前にはゴールしている」ようなスケジューリングを組むこと。

朝は比較的天気が安定しているけど、夕方になると毎日のように激しい夕立がある。

暗くて大雨よりは明るくて小雨の方がまだマシ。

自転車道といっても車道のサイドに自転車専用レーンがついているだけなので、夜の雨は怖すぎる(そして気分も落ちる)。

ブログとか読んでいると「毎日快適に走れました!」みたいなことを書いているけど、思ったより…

台湾北側台北新竹台中高雄など大都市が集中しているので、信号が多い。

郊外はまだ我慢できるけど、町の中心部はただただイラつく。

自転車用の停止線はあるけど、原付も共用だから原付に思いっきり囲まれる。

(で、たまに檳榔カスを吐かれてますますイラつく。)

台北から反時計回りで出発したんだけど、初めは川沿いの完全な自転車道だったから快適だった。

その自転車道を出た後はなかなかひどい。

台中過ぎるまでは町の中心部はひたすら我慢

南側北側に比べるとかなり走りやすい。

環島用の道路基本的には標識があるので迷うことはないんだけど、ごく稀に工事をしていて通れない。

そして、回り道がどこなのかが書いていないことが多い。

(書いてあるのかもしれないけど、地図はなく文字だけなのでわからない)

また、三貂角灯塔近辺の道は環島用の標識のとおりに行くと、漁村へ寄り道するだけなので

googleマップ等で最短ルート確認しておいた方がいい。

  • 電車と並行して走っているが故に…

線路を跨がなければいけないところは立体交差になっていることが多く無駄な坂が発生。

荷物をいっぱい積んで走っている身としては辛い。

時間節約を考えるとコンビニが一番。

毎日毎日セブンイレブンファミリーマートハイライフ台湾コンビニチェーン)にお世話になっていた。

日本コンビニと違い、イートイン文化が発達している。

トイレも貸してくれるし、疲れたならアミノバイタルを買えばいい。

塩分タブレットも売ってたし、場所によっては空気入れを貸してくれる。

何よりいいのが、コンビニ基本的にはガラス張りなので自転車盗難を見張れること。

町の食堂は「台湾きたな!」っていう気分にはなるけど、牛肉麺ばかりなので飽きる(偏見かも)。

これ以外だと50嵐やCOCO都可のようなドリンクスタンドにもお世話になっていた。

環島の自転車道と並行して電車が走っているので、どうしても疲れるようであれば電車に乗ればいい。

輪行バッグなしでも電車に入れられるけど、対応している電車が日に数本しかないので事前に調べておいた方がいい。

(ググれば詳しく書いてあるブログに行き着くはず)

自転車留めが車両の中にあるタイプ自転車を詰める貨物車があるタイプ一般車両にそのまま入れるタイプ自転車留めはない)など様々。

予約時に自転車があることを事前に言えればいいが、言えなかった場合でもどうにかなった。

環島用道路近辺のホテル自転車の扱いに慣れているのか、みんな室内に停めさせてくれた。

ダメ場合もあるかもしれないので、あくまでも参考程度に)

長期で行っていると、汚れ物がたまる

(雨でぐしょぐしょになっていることも多いし)

それなりに大きな都市24時間営業コインランドリーがあるから、そこまで衣類の予備は必要ない。

洗濯30分+乾燥機毎日ピカピカ!荷物の重量節約

  • 現地の人に声をかけられる

環島用道路を大荷物乗せて走っていると声をかけられることがある。

ただ、日本人だと思われていないので、魔法言葉「我是日本人(Wǒ shì rìběn rén)=私は日本人です」を唱えるといい。

英語日本語が話せる人は言語を変えて話してくれる。

また、対向車などに「加油(Jiāyóu)=ファイト!」と言われたり、サムアップされたりする。

台湾の方々はとても人懐っこく、親切。

ものすごく助けられた。

個人旅行で行っていたのだが、某G社がサポートする環島用のツアーに参加している人とかち合うことが多かった。

傍目から見て、「とても甘やかされていて、こんなので1周したと言えるのか…?」といった様相

まず、彼らは荷物を持たない。

着替えなどはサポートカーに積んでいるし、そもそも自転車のリペアグッズとは無縁。

自転車がトラブった場合はG社のメカニックが直してくれる。

大雨が降れば、自転車に乗らずサポートカーが適度な位置まで運んでくれる。

疲れた時も同様、運んでもらって進めばいいじゃない!という感じ。

そして、観光スポットで記念撮影

ある程度のロングライドができる体力があり、パンク交換などリペアの最低限の知識があるのであればツアーでなくても問題なし。

宿はBookingなどで予約すればいいし、地図標識googleマップでどうにかなる。

致し方ない車体トラブルが起きれば駅まで徒歩で行き、電車に乗って大都市自転車屋さんに行けば済む。

ツアーは体力がない、ウェブリテラシーがない、だけど「環島したよ!」って自慢したい人が参加するものだと思う。

ちなみに、ツアーに参加すると太るらしい。

1日8時間自転車に乗ると約2000kcal、基礎代謝が1500kcalだとすると1日3500kcal以上摂取してやっと太ることになるのだが…察してほしい

(肉が筋肉に変換されたら太るけど、それを差し引いても…)

楽しいことは楽しいです。

それは他の人の記事ブログを読んで感じてみてください。

サイクリストで時間がある人は是非!

2018-09-04

anond:20180904083613

知性をもとめるなら普通にウェブ新聞ウェブ雑誌グーグルスカラーあたりで金払って1報ずつ読むべきなのであって、

はてなにあるのはブログダイアリー、ここだって匿名ダイアリー」。

知性も保証されない他人無料で書きすてている「無料サービス」に

知性を求めにきてること自体おかしいの自覚してます

デパ地下試食栄養補給されなくなったって文句いう人を見ているような気が。

2018-09-03

最近 Officeウェブ版を使い始めたけど、これがヤバいユーザーエクスペリエンスGoogleを完全に凌駕しつつある。言っちゃ悪いが、Google Drive ができの悪い安物に見えてくる。

MSイメージ悪いけど、Appleみたいにユーザー体験には本気で取り組んでいることは認めざるを得ない。Webオフィススイーツで、Google圧勝する未来が見えてきた。

ビジネス上のお礼状

社内を見学したいという話があり、見学ハガキでお礼状を頂いた。

社会人20年弱やってるが、物理的なお礼状は初めて。

こういう物理的なお礼状の話は、本やウェブで読んで知っては居たけど、前時代的なもので、今時ほとんどの人はメールとかで済ますものなんじゃないの?と思って居たし、実際マジョリティだと思う。

職種業界にも寄るのだろうけど、みんな物理お礼状出してるの?教えて。

ちなみに出してない。IT系

2018-09-02

日本人海外観は異世界転生的

日本人海外に行くというのは、大抵は良くも悪くも幻想を抱いていくことが多い気がする。

○○では研究者年収○○万円以上だ!!というような。

この目で状況を確かめるという知的好奇心というよりは、異世界転生的というのだろうか。

これも様々なニュースが入ってこないゆえだろうか。

妹が留学もどきに行っているが、男を捕まえるとか冗談なのかよく分からないことを言っていた。

ある種、異世界転生的なのだろう。

一方の自分本棚にはアメリカでは貧富の格差ディストピアが とか マルクス関連の書籍が転がっている。

どこまでも格差やらがあるのだろうとか、自分には苦痛なのだろうと見えてくる。

ウェブフェミっぽい人と、そうでない人たちが相変わらずバトルというのかギスギスしあっている。

海外での日本人女性の「軽い」性行為がどうのこうのという話だ。

まぁ、良くある話である

性的闘争社会では女性のほうが有利な傾向にあるということなのだろう。

高校生の時に西欧某国大使館職員が何故か講演に来たことがあった。

英語で講演されたものから理解できなかった。ただ、選抜クラスの冴えない女が留学について熱心に質問していた。

何となく悟ったものだ。彼女はここではないどこかへ行きたいのだろうと。

今思えば異世界転生的だ。

マルクス性的闘争格差などをもっと考えたら良かったのではないか自分は感じるものだ。

自分卒論を見てくれている急進左派的な教授が「現代弱者というものが何なのかむずかしいよなぁ」と言い始めたことがある。

どうやら欧米非モテインセル)のニュースを見たのだった。

そして我が子が留学していたそうだが、白人圏でのアジア人男性受難は可哀そうなレベルだったというのだ。

普通に想像できるものだ。

自分にはどこまでも無慈悲な風が吹きつけている。

反体制フィクションを見ると、時々虚しくなる。

ウェブではネトウヨが何故か反体制フィクションを持ち上げていたりする。

この時点でフィクション限界が見えてくる。

自分反体制フィクションを好むが、時々虚しくなる。

というのも自由などを獲得しても、結局自分のような容姿の醜い人間はどうすればいいのかと分からなくなるのだ。

結局、自分にとって見たらどこまでも解放とは醜い容姿がどうにかなることだ。

そんなことを考えると万人受けする物語というものがもう既にないのかもしれない。

容姿やらで分断されているのだ。

最近乗ったタクシー運転手ネトウヨだった。

これは正直不味い状況だと感じる。

教授から就職などが宙に浮いているのなら留学でもしたら?と言われていたが、やっぱりしたほうがいいのではと感じるが体も頭も気力もない。

妹は東海岸留学もどきに行っているが、なんか幻想なのか夢なのかを抱いている。

起業したいだの、男を捕まえるだの。

その一方で自分本棚にはマルクス関連の書籍が積みあがっている。

幻想や夢などなくて、もうただただ政治難民的な気持ちだ。

海外への考えというのも、とても共通したイメージはないのだ。

それは妹と自分性的魅力やらコミュニケーション成功経験などありとあらゆる面で違うからだろう。

とにかく自分ネガティブなようだ。

2018-09-01

キャアリンダー

カレンダー英語っぽく発音するとこうなると思って検索したらgoogleで0件だった。

まじか。ここに「キャアリンダー」という言葉世界で初めてウェブ上に出現させるという偉業を達成してしまった。

9月はいいことがありそうだ。

2018-08-31

郵便局バカ。使えない。滅びろ。

一人暮らしアパートに真昼間に来られてもそら不在だよ

ウェブ受付で「当日再配達」選んだら、「当日は終わりました」て、じゃ表示すんなや

③行違いが面倒だから郵便局に取りに行くのも「当日深夜0時以降にして」て。寝させろよ

いい加減にしろ

2018-08-25

外面は内面にどれくらい影響を与えるのだろうか

人生容姿を褒められたことが少ない。

2年くらい前に実家の裏口のエレベーター搬入などにも用いる)から降りてきたオジサンに「イケメンだな」と言われた。

果たしてオジサンが何秒間自分容姿を見たのかわからないし、もしかしたら飲酒なりをしていた可能性も十分ある。

こんなことを覚えているほど容姿というもので全く褒められたことがない。

女の行動を見ていても、自分は悪いのだろうしウェブ顔写真を上げて第三者評価を仰ぐと良いとは言われない。

それ以降、容姿で褒められたことはない。

自分にとって、外面が内面に与えた影響は大きい。

自分権力やら権威に怯えている。そして、それらが嫌いなのだ

現在若者というのは体制に属したがるものである自分は、なりたくないというよりもなりたいけどなれない。

どうしてかと言えば、自分権力に好かれる要素がないからだ。

容姿が悪さゆえに人から好かれないし不要とみなされる そして、国家やら権力やら大衆に丁度よいサンドバッグにされるかもしれないなどと考えたりするのだ。

世の中には正義マンかい人間存在する。

高校にいた。理不尽教師に気に入られようとして、自分にはサンドバッグなのか知らないが怒り狂うような人間だ。

そうして、見てくれのいい女には紳士的態度を行い、仲間には優しい。

そんな存在世間にはたくさん居る。ウェブを見ればわかる。

弱き者の微罪に怒り狂い、国家やら権力者などの大不正問題ないとかいうような人が目に付くのだ。

そんな者を見ていると容姿の醜い自分は人々や国家資本などに対してますます疑いを持つようになる。

まぁ、人から良い扱いを受けない故に捻くれるのだ。

最近、ある反体制フィクションを読んだ。

ただ、自分の心を埋めてくれるようなものではなかった。

恐らく、登場人物容姿が良いからだろう。

からといって、外面が醜い登場人物が足掻いている話を見たいかと言えばそんなことはない。

自分の心を今埋めてくれるのは美容整形で良くなるのではないかというものだったり、留学学歴ロンダをできるのではないかという儚くて俗な希望だったりするのだ。

なんでも政治に結び付けてしま

大昔にアニメ映画政治と結び付けて友人と話たら、友人が怒り出したのだった。

「なんでも政治と結び付けるな云々」と。

彼は保守的人間自分思想と合わなかったというのもあるし、自己内面がどうとか言っていたので内籠り的な面も関係しているだろう。

自分楽しい消費活動邪魔された気持ちにでもなったのかもしれない。

ただ、それに対して良く世間自分を切り離していられるなと呆れてしまった。

自分は常に何でも政治世間出来事自己関係すると考えてしまものである

何かニュースを見れば、自分にもこの災難が降ってくるかもしれないなどと考える。

さら政治司法行政の腐敗は自分に牙を向くのではないかなど常日頃から心配事だ。

監視カメラを見れば監視されているのだと感じるし、ウェブでもログを取られているというのを常に考える。

そして、自分を貶めようとしているのではないかと考える。

このモチベーションは何処から来ているのかと言えば「怒り」だろう。

それも直球に容姿やら不遇な高校時代などというものだ。

自分の醜い容姿のせいで疑心暗鬼というのか、世界自分に優しくないと思い知らされた。

そして、良い容姿人間もいるのだから格差というものも思い知らされる。

高校時代は、さら容姿以外にも学力や知能という格差で最下層だったために能力格差というものを嫌というほど味わうのだ。

さらに、顔故か無気力そうでなぜか自分が怒られるということもあった。

持病の薬の副作用に不眠や吹き出物やその痕だらけで腫れた顔やら様々な原因はあったのだろう。

そして、顔が可愛い女の子自己肯定感にあふれて、勉学やスポーツに励んで高偏差値大学に進学するのである

一方の自分は元々の知能がIQ88だったからか家庭教師を大量につけても英語やらはできるようにならなかった。

さら国立のようなところは数学理科絶望的だったために夢のまた夢である

結局、関関立の色物学部に進学したのだった。

そして、今は就職は宙に浮き誤魔化しの進学も学部故に見えてこない状態である

恐らく、自分が何故世間やら政治自分、様々なものを結び付けて考えるのかと言えば怒りと虐げられているという被害者意識故だろう。

逆に、そうでなければ関心を持つ動機になりにくい時代なのかもしれない。

自分感性に自信がないことはない。ただ、容姿ものすごく嫌である

そして、今ある大学自分がいるべき場所ではないと思いたいのだ。

どんな反体制の内容のフィクションよりも、留学やらでの学歴ロンダ美容整形やらが自分希望を与えるものになっている。

2018-08-24

増田への言及ダブるバグにあっている。

なんでや。

冪等性というウェブアプリの基本のキが守られてないとはどういうことだ。

バーチャル美少女おじさんで抜いている

オッサン美少女に大変身!VTuberになるのは面白すぎて危険だったぞ」

https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/sp/1134377.html

繰り返すが、バーチャル美少女おじさんで抜いている。

中身が本当の美少女VTuberには興味がない。

専ら、男性美少女を演じているという構造に興奮する。

美少女おじさんを見るたび、中の人美少女を演じて動画をアップするまでの人生想像する。

頭の中でいろんなストーリーを描く。

大人男性が、美少女になるために機材を購入し、カメラの前で可愛い身振り手振りを習得してみせる。それも同じ男性を喜ばせるために。

そういった背景を想像してみて度々興奮してしまう。更にその先まで。

美少女に憑依するおじさんが、視聴者モブ)に犯される妄想とか。

配信者同士の兜合わせとか

VTuber中の人の招待暴きます」的な動画サイトも見る。中の人が男かどうかを知るために。

- - -

小学生の頃から女装男性を見るのが好きだった。

親のプチウェブで「天xxxリ」や「らxxxxxxあ」を毎日のように見ては悶々と過ごしていた。

それからとうとう性の目覚めが来ず、自分が異常な性的嗜好の持ち主であることを悟ったのは高校生になってからだった。如何せん情報が少ない時代だったため確信が持てなかったのだ。

誰にも相談できないまま大人になった。

ネットで聞きかじった情報で、区役所の奥で行われていた女装イベントや、漫画喫茶の体をした女装者のハッテン場に通うようになった。

プレイルームでは犯されるのを待つ女装男性がじっと椅子に座っていたり、逆に獲物を探してうろうろする男性と目が合ったりもした。

いつぞやの男の娘ブームあたりから登場した綺麗で自信満々な子もまあ好きだが、より性的興奮を喚起してくれるのはむしろおじさんだった。

もちろんエッチをすることだけが楽しいわけではなく、化粧を始めたばかりで自信のなさそうな怯えてる女装子を女の子扱いして喜ばせることも好きだった。

ゲイバーに行った時、ママに「あんたはレズタチね」と一瞥された後言われたのを思い出した。

ブラとパンティ姿のおじさんたちが必死でメス声を上げる姿は皮肉でなくとても愛おしい。

気付いたら乱入してきた男女含め最終的に5人でプレイしたのはいい思い出である

- - -

ところで、女装趣味の根っこにあるものはオートガイフィリア自己女性化愛好症)と言うものであり、

これは要するに「自分女性だと思うことで興奮する」という性的嗜好である

そうじゃない人からすればちょっと何言ってるかわからないとお思いだろう。

しかし「禁忌を破ることこそエロティシズム」的なことをバタイユ先生は説いており、その考えに基づけば、女装エロとは親和性が高い。

そしてここでいう禁忌とは言うまでもなくジェンダーロールである

強きものでなければならない、弱いところを見せてはいけない、という男性から解放

そんな男性を解きほぐして内に秘めているメス性を炙り出すのが大好きだ。

蝶の羽根をむしる少年はきっとこんな気持ちなのだと思う。

男の娘ブームの時も驚いたが、今のVR美少女ブームにも驚いている。

世の中には、こんなに男の皮を捨てたい男性がいたのかと。

バ美肉おじさん」と言うものを知ったとき、新しいオモチャを手に入れた子供のような気持ちになった。

まだ手を出せていないが、VRChatには更に美少女の形をしたおじさんがたくさんいるらしいと聞いている。

最後に。

もしこの駄文を読んでくれたバーチャル美少女男性がいれば、ぜひ女装にも挑戦してみてほしい。

現実世界で、あなた女の子にしてあげられる人がきっといる。

2018-08-23

anond:20180823185516

しねコンとか木根とか怒りのロードショーとか、ネット情報原作みたいなひどい内容だよね。映画好きから結構嫌われてる。作者も映画よりまとめサイトが好きなんだろうな。なんで監修とかつけないのかなー。

映画が好きじゃない人はあれくらいでもいいんだろうけどさ、単語並べてるだけ。夏目芥川!太宰!とかいってる小説漫画くらい苦しい。

れいろんなジャンルウェブ漫画である

個人的には格闘漫画ケンガンアシュラ連想した

原作者はウエイトトレーニング格闘技にすごい経歴あるとか匂わせてるけど完全にフカシ

格闘技モヤシオタクウェブで調べたような浅い知識ばっかりだし

ウエイトなんてフォームが頻繁に間違ってる

今週最終回なんだけどバーベル担いでる人間が謎のフォームしてる

あれはウエイトやってる人間なら絶対ああならん

バーベルさわったこともないようなやつだよ

格闘技も「バリツ」だの「蹴早相撲」だの単語と表層ネタ拾ってきただけで掘り下げなし

そんなんばっかし

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん