「住宅地」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 住宅地とは

2021-05-15

[]anond:20210514150728

挨拶がコラァ!だったおじさんの話

私の地元地方都市都市部から1時間ほどかかる、まあそこそこの田舎町で、住宅地を少し外れると田んぼ放置された畑が広がっているような土地柄だった。田舎特有の濃い人間関係や噂話は大嫌いだったが、むせ返るほどの草木の緑や、稲穂金色に輝いて風に揺れる様を見るのが好きだった。

私の実家周辺は1人の地主土地を抱えており、そこの地主コンクリートミキサー車の運転手と、稲作農家兼業農家だった。父の古い知り合いで、安く土地を譲ってもらったと聞いた。丘の上で見晴らしの良い実家家族は全員気に入っていて、仕事のことや人間関係の面倒ささえなければ、今でも私はその周辺の土地に家を建てたいくらいだ。

土地を買った時私はまだ幼かったので、地主のおじさんのことを、私は「タロのおじさん」と呼んでいた。タロというのは、地主の家で飼われている犬の名前である。このタロのおじさんというのが中々にファンキーな親父で、幼い頃から度肝を抜かれてきた。

まず、小学校からの帰り道、農道ぼんやりしながらひとりで帰っていると、後ろから「コラァ!!」と声がする。「コラァ」なんて可愛いもんじゃなかったかもしれない。「グォラアア!!」とか、そのくらいの勢いがあった。気がついたら後ろに馬鹿かいコンクリートミキサー車があり(移動音に気づかなかった私も大概だが)、その窓から、タロのおじさんが強面でニヤついている。なおこれが彼の精一杯の笑顔である。いつも目は笑ってない。

「なんしよっとかぁああ!!帰りよっとかあ!!」

乗っていくかぁあ!と続いたので、私は大慌てで首をブンブン振って走って逃げた。

タロのおじさんは近所の至る所に出没した。しかし必ず声かけ大音量の「コラァ!!」だった。至極ビビりで大人しい性格だった私はその度に心臓を震え上がらせた。タロのおじさんは大抵、ミキサー車軽トラトラクターに乗っており、腰に鎌を携え、作業着肌着に麦わら帽子かぶっていた。考えてみてほしい。ビビリの小学生女子がそんな戦車に乗ったモンスターの様な佇まいの親父に毎度コラコラ言われるさまを。第一、何も悪いことなどしてないのに、何故コラから入るのだろう?普通こんにちは、とかじゃないのか?と幼心に理不尽を感じ、タロのおじさんに会うとすぐ逃げまくっていた。

タロのおじさんは私の実家にも時々出没した。

気がつくと、大きな梯子と枝切り鋏を抱えてやってきて、庭木の剪定をしているのだ。

「庭木が伸びきっとるのが下の道から見えたけぇ切っちゃっとるぞ!!」

母と私はザクザクと切られていく庭木を唖然として眺めていた。帰ってきた父が、若干ハゲになった庭木と庭に散らばった切られた枝葉(ちなみに片付けはしない)を見て驚いている。

それから、父が頼んだわけでも、もちろん母が頼んだわけでもないのに、タロのおじさんは嵐のようにやってきて、勝手剪定していった。今やったら住居不法侵入罪とかの結構重めの罪になるのでは?と思う。でもタロのおじさんは純粋に親切でやっていたのだと、今なら多少無理矢理だがわかる気がする。

そう、タロのおじさんは基本的にめちゃくちゃアクティブな善人だったのだ。

付近の山に害獣の猪がでれば罠を仕掛けて仕留めるし、子供を見れば怖がられても声をかけて様子を見ているし、隣の土地雑草田畑の世話をし、犬も猫も鶏も沢山飼って可愛がっていた。

あの土地のことが好きだったのだろうと思う。多分私も、その一部だったのだ。

今、私は母親として都市と言われる場所暮らしていて、地域の人との関わりといえば本当に限定的ものしかないし、そんなおせっかいすぎるほどおせっかいなおじさんやおばさんは居ない。上品で物腰の柔らかい、決して私たち家族に深入りをしない、好ましい距離のとりかたを分かっている人達ばかりだ。田舎者の私はその上品さにたじろぎながら、ここでの人との接し方を学んでいるところだ。

別にタロのおじさんみたいな人になりたいわけじゃないし、私の娘がタロのおじさんみたいな人に会って、「コラァ!」と声をかけられたら、絶対警察に連絡する。絶対にだ。

それでも、タロのおじさんのことが時々懐かしくなる。あの乱暴おせっかいが懐かしくなる。

タロのおじさんは、マムシに3回噛まれて呆気なく死んでしまった。だから最期に会ったのは、初盆遺影の前。天国でもミキサー車で乗りつけて、乱暴おせっかいを焼いているのだろう。

また会う日まで、タロのおじさん。

2021-05-12

anond:20210512132304

ニシキヘビが逃げたのは東戸塚駅西側の山近く

舞岡公園戸塚駅東側の一山越えてその先

途中はみっしり住宅地からなかなかそこまで移動はできまいよ

2021-05-10

学生街のなかの住宅地に住んでいる。

徒歩30分以内にある学校

保育園 3以上

幼稚園 3以上

小学校 3以上

中学校 3以上

養護学校 1

共学中高一貫 1

共学高校 3

女子高 3

大学 2

春になるとここに通う女の子たちの露出度いっきに上がる。

休日平日にかかわらず朝から晩までホットパンツミニスカート女の子たちがわんさかで、歩いていても自転車に乗っていてもそこいらじゅうかっこいいふとももときれいな脚だらけ。自転車にでこちらにくる彼女たちを正面から見たらミニスカート、ゆるめのホットパンツ、あたりまえのように鼠蹊部もパンティーもふつうに見えてしまう。そして彼女たちはつぎつぎにやってくる。しょうじき目のやり場に困る。

目を伏せて歩く、ぜったい見ていないとわかるようそっぽを向いてガン無視する。すれ違いそうになると用もないのに道を曲がる、追いつきそうになると立ち止まる。はっきりいっていい迷惑なんだよな。みんなほんとにきれいだけど。

いちばんいやなのは女の子ランク付けをしている自分に気づくこと。

2021-04-27

anond:20210426211800

本当に隣の家か?

→隣接するアパート。周囲は住宅地

17時か18時には工事が終わるものだと思っていたのだけど、

昨日は21時まで何かの機材を回すような、低いモーター音が響いていた。

ちょっと荒っぽい業者だと思っている。

2021-04-26

隣の古いアパートが取り壊されている。

ごうんごうん機械が動いてる。

水を流してるみたい。

騒音振動がつらい。

もう夜の8時30分なんだけど、まだ止める気配はない。

ここ、住宅地だよ?

2021-04-12

日本の衰退を体感する方法

なんだろう。

子どものころの買い物スポットを歩いてみることを思いついたけどもうなかった。

友達が住んでた住宅地を歩いてみることかもしれないな。

塗り替えられてない古い家が立ち並んでて、おそらく住んでるのは老人ばかりなのだろう。

スケートボーダークズっぷりを知っていれば排除ベンチ作りたくなる気持ち理解できる

私道で車が入ってこないからって住宅地のど真ん中で深夜まで他人の所有物をガリゴリやる連中やで

2021-04-10

anond:20210410212917

大前提として、都市部でも都市ガス引けないところがあることは理解してるか

地下を掘らなければならない都合上、地下掘削の許可地権者から出ない場合はたとえ駅から5分住宅地でも都市ガスを敷設できない

さびさに外に出たら、酔っぱらいグループが沢山いた話。

昨晩、22時を過ぎてからコンビニ飯でも買うかと外に出た。

家は都内住宅地だが駅の近くはそれなりに栄えている。

よく街を見てみると、チェーン系はその時間でも店を開けていて「テイクアウトなら注文できます」とのこと。

ありがたい。コロナ飲食店時短営業になってからというものコンビニ弁当ばかりだったのだ。

しかし、よく見ると路面の大きめの居酒屋から22時過ぎてもワイワイガヤガヤと酔っぱらいの歓談の声が聞こえる。

「えっ、いまって22時過ぎでも酒の提供してる?」

と、駅の飲み屋がある通りを覗いてみると、多くは閉まっているが何軒かの店は開いていて、酔っぱらいグループが大きな声を出して楽しそうに歩いている。

一番衝撃だったのが、そのグループが「もう一軒行きてえなあ」と言っているのに居酒屋の呼び込みが「これからでも入れるお店をご案内できますよ」と言っていたことだ。

私の家のある駅は歌舞伎町のある新宿などと違い、そこまでの大きな繁華街ではない。

ちょっと駅前に小さな繁華街がある住宅地メインの駅だ。そんな駅ですらこんな状況なのかと驚いた。

ずっとリモート生活をして、仕事で人と会うとしても席をずらしてお互いマスクをしての会話しかしていない。他の人との食事はほぼしていない。

でも、もうこれは仕方ないのかもしれない。

おそらくそれなりに感染対策意識が高い私の周りでも「仲の良い人たち同士なら」と食事を誘い合うのを見かけることも増えてきた。

その油断の反面、身の回り家族感染していたとか同僚が感染していたくらいの話は日常茶飯事だ。

感染対策意識が高いと思われる私の周りでも、そんな感じで油断してきているのだから飲食店も多くの普通の人たちも長引く感染対策に「そろそろもう良いでしょ」という気持ちなんだろう。

これは止まらない気がする。

東京都の7日間の移動平均による感染者数は400人強。

こんな単純な話ではないが、感染者数の多い東京人口推計1400万人日あたり0.002%のガチャ毎日引いてると考えたら「飲みにいっても当たらない方が圧倒多数」なんだから「月に2、3回くらい飲みに行ってるけど感染しない」と思ってもそれはそうだろうなと思える話だ。

当然、そう思う人の割合高まると急速にガチャの「当選率」が高まるし、飲みに行ったらSSR当選確率10キャンペーンくらいにはなるだろう(数字適当)。

指数関数的に感染数が増えてガチャの「当選率」が100倍に高まったとしても、いまの0.002%から0.2%になるだけだから感染しない方が多数派だ。

感染力は低いという話をしてのではない。逆に、めちゃめちゃ強力な感染力をもっている新型コロナウイルスをこんな程度で抑えきれるわけがないという話をしている。

この話を友人にしたら「そりゃ、開いてる店には客が来るんだから給付金を貰わずに稼ぐぞっていう経営判断でしょ」とのこと。

都市ではなく店単体で見たらそれはそうか。「確率論」だけで言ったら稼いだ方がいいもんな。

でもそんな話じゃないような……

飲食店時短対策はかなり強力に効いている。「意味ない」なんて言う人が一定数いるが、効果なのは感染の増減を見れば明らかだ。

しかし、こんな緩やかなじ対策を何度もしているうちに街はもう我慢に耐えきれなくなっている。次の波はかなり大きくなりそうだ。

吉野家が22時過ぎでもテイクアウトさせてくれたので、最高だった。

ねぎ山椒牛丼が最高なのでみんな食べたらいいよ。

2021-04-07

anond:20210407002653

都内住宅地街でも結構な頻度で教会あって

耶蘇教はほんと儲けてやがるなクソ

と腹立たしくなる。

2021-02-24

anond:20210224204121

銀行内に銀行員と犯人しかいなくて、銀行の外から自分けが犯行を目撃していたとして、

それを通報しないで銀行員が射殺されて犯人にまんまと逃走されたときどう思うかではないだろうか

法的責任はないけど、社会的通念では通報義務はあるのでは

犯罪者からすると、痴漢とかもそうだけど、周囲はどうせビビって通報しない、

日本社会ではみんな見てみぬふりをする、という犯罪者側の安心感に繋がるだけで、

そういった見て見ぬふりが積もり積もって近所の治安を悪くするというのはあると思う

イジメという言葉遊び問題で、やってることは恐喝暴力虐待行為なのだから

近所の家から子供悲鳴が聴こえてきても、見て見ぬふりをして通報せず、虐待されて子供死ぬか、

それとも勘違いだとしても通報するか、近隣住民と話し合うか、という違いはあると思う

イジメを見て見ぬふりをするというのは、社会的な結束、拘束が良くも悪くも失われる現代とも似ている

誰もが犯罪行為を目の前で見ていながら見過ごす社会というのは、犯罪者にとって非常に都合がよく、

いつかその刃は見て見ぬふりをしている自分にも襲いかかるものだという想像力が欠如している

信号みんなで渡ればと同じであり、そうなれば富裕層けが壁の中の住宅地に住むのも当然であろう

最終的には安全お金で買うしかなくなるからである

そんな米国中国みたいな社会日本をこれ以上したいのかどうかである

誰もが他人トラブルに関わりたくない気持ちは分かる

自分もそう思うだろう

しかし、今日被害者は目の前の他人でも、明日被害者自分かもしれないのだ

そんな組織社会で人々が安心して暮らせるだろうか?

2021-02-23

anond:20210223081858

うちの地元に関して言えば無理だな

平地がないか

地下鉄というか新交通システムがそれでモロ失敗してる

駅を作ったところで住宅地はそのだいぶ上で、下手すりゃ坂道上って歩くのに30分かかったりするんだから

自家用車か上の停留所まで来てくれるバスがある限り、駅があったってあまり意味がない

2021-02-20

anond:20210219201256

大概の県には「天下の○○高」「○○高生にあらずんば人にあらず」と称されるようなトップ校(旧制一中を前身もつことが多い)があって、地域政財界に強力な高校閥を作っていることが多い

子供がそうした高校卒業すると、地域でのエスタブリッシュメント資格を得ることになる(もちろん十分条件ではない)

また地方でも周囲より地価の高い住宅地があって、その地域小学校中学校は落ち着いた環境で成績も優秀だ(大都市圏以外では新興の「高級住宅地」は避けた方がいいかもしれない。城下町だと昔は武家屋敷街だったりする)

そうした地域民度が高く文化的程度の高い家庭が多い

江戸明治から続く階層社会の名残は地方ほど色濃く残っており、上級土地に住んでトップ校に子供を通わせることによって、上質な友人を作り文化資産を身につける可能性がでてくる

大都市圏でなければ、トップから東大いったりしたら地元役所地銀での出世は期待できるし、政治家だって夢ではない

リベラル的な価値観からすると気持ち悪く感じるかもしれないけど、地方左翼に傾倒してもいいことはあまりない

2021-02-14

anond:20210214113604

富裕層は低層マンションを選ぶ人が多い。例えば高級住宅地のあの界隈とか。

郊外住宅地のどこかで犬が鳴いて

それに呼応するかのようにあちこちの犬も鳴き出す

あれ好き

2021-02-13

anond:20210213221606

それが、カウンター並んでるときに見てる範囲では、そんなに横暴な利用者がいるとか「多い」とかいう感じもしないんだよね。

まあその職員の方の一日をみてるわけでもないんだけど。

ただ、たしかに、その都心図書館は客層のバリエーションが多くて対応大変そうな気はするかも。

都心だと近隣住民ばかり来る感じじゃなくて、仕事学校でそこに来てるいろんな利用者がいて、おそらく働いている人の方も、いろんな場所から来てる人だろうし。

ちょっと離れて住宅地武蔵野市とか)だと近隣の住民が基本来るせいか(?)コミュニケーションに安定感あるしなあとか。わかんないけど。

2021-02-03

anond:20210203133324

補足しとくと公立すべてがダメなわけじゃない

大学に行って高級住宅地地域公立に行った同級生は明らかに私立の私より良い教育受けてた

公立ガチャに外れた時に私立という選択肢がないと詰むんだよ

地元デカ企業からクレームが入ったのか、最近は色々手を入れて最近ものすごく良くなったらしいけど、中学が悪すぎてその企業に勤めてる人たちは他所自治体に住んで遠方通勤してたくらいだから

2021-02-01

図書館を利用する人たちへ

私は住宅地にある公共図書館に勤める新米司書だ。

昨年の緊急事態宣言では全国の図書館が閉館していたが、今年は時短はあれど開いている所も多いようだ。かくいう私も利用者の絶えることない小さな図書館今日も働いている。

よくTwitterでは喋らないか感染リスクは低い、受験生の居場所を奪うな等々色々書かれているが、正直そんなことはないと思う。まずカウンターに来て利用者職員も話さないなんてことは有り得ない。そんな接客をしたらクレームものだ。そもそもレファレンスというサービスがある時点で喋らないというのは到底不可能なのである図書館は本を貸し出せばいいという場所ではない。図書収集管理し、誰もが平等教養を得ることの出来る場でなければならないのだ。予約受取りのみにしている図書館もあるようだが、それでは図書館本来の役目を果たしているとは言えないのじゃないだろうか。

受験生の居場所という意見もだ。確かにゆっくり勉強することが可能環境図書館くらいしかないという言い分も理解は出来る。ただし、それは学習室やワーキングスペースの設けられている図書館に限る話だ。閲覧席は本来図書館に置いてある本を読む場所であり、宿題勉強をする場所ではない。何回でも言おう、閲覧席は勉強をするための机ではなく読書をするための席だ。

図書館インフラだと思っている。お金が無くても目が見えなくても家が無くても、誰もが読書を楽しむことが、知識を得ることが出来る。それは閉めていいものではないし、現在業務委託低賃金運営を許していてはいけない大切な場所なのだ。けれど、不特定多数が触れる本を、職員との対話を経て手に取る図書館が、どんなに対策をしていたとしても決して感染リスクの低い場所ではないということ。そしてそこは本と人を繋げる場所であって、ワークスペースではないということをよく覚えておいて欲しい。

身バレが怖くて匿名掲示板に書き込んでみたところで、ただの愚痴しかならないけれど。誰かの目に留まり、少しでも図書館の利用について考えてもらえると嬉しい。

2021-01-31

anond:20210131165321

追加。こういうやつって尼崎の半分は西日本有数の高級住宅地ってこと本気で知らなそうなんだよな

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.kobe-np.co.jp/news/jiken/202101/0014044562.shtml

dd369 コロナ関係無く尼崎日常じゃないの。(←偏見

anond:20210131122416

ペーパードライバーだけど郊外引っ越し

から30分歩く

在宅勤務が終わったら通勤時間で1日が終わるような生活サイクルになりそう

とりあえず電動自転車を買おうと思ってる

生活環境としては、まずは隣室の会話・生活が聞こえて気になる、ということはさすがになくなった

が、郊外とはいえ住宅地で両隣ともほんの1〜2メートル距離なので、生活環境が劇的に改善した、ということはない

マシになったのは確かだけど

2021-01-18

スタバでのマスク着用率

住宅街

緊急事態宣言中のため20時まで。大テーブル席はアクリル板あり。

5月みたいに、小テーブルに一人しか座れないような対策はなし。

客の殆どは車で来店。駅前の様に時間調整の客はおらず、わざわざスタバにやってきている。スーツ客なし。

60以下はパソコンを出して何かしている(会社支給っぽいPCが多い)。60以上は暇つぶしで来ている。

  

ノーマスクでの来店はゼロ

車の中でマスクして来店している。

 

・一人客だけ

客同志での会話はなし。

常連のお爺さんは、店の人と世間話

 

マスク上下に移動しながら飲んでる客は半分

世代的には、30代以下と60代以上がノーマスク

40から50代は飲む一瞬以外はマスク着用

 

・店内ノーマスク勢の方が不織布多し

店内でコーヒー飲む以外マスクするぐらい対策しているのに、ウレタンマスクが多いのは謎。

ウレタンマスク効果が低いのはガチで知られてないのか。

 

店員さんはウレタンマスク多し

 

都市部大企業に勤めるホワイトカラーが多そうな住宅地スタバなので、在宅勤務の影響でコロナ前より客はかなり増えている。

2021-01-17

anond:20210117003947

いつもこの時期になると思い出すことをまた思い出した。

何かの縁がある人が被災地に対して思いを寄せてくれることはありがたい。

凄惨経験をした人が経験を語り継いでくれることも大切にしたい。

ただ、その間にいる「微妙被災者」は何かを語ることがはばかられるなと思っている(まあ自分だけど)。

知人は誰も死んでいない。生活に困窮することもなかった。

でも、それなりに被災生活は送ったし、なにより今まで体験したことのない物理的な衝撃と、思い出のある町が一瞬に失われた、そんな体験をした人もたくさんいる。

はいっても、被災者の中では確実にランクけがされている。

長田のど真ん中で火に巻き込まれた人や、灘の住宅地で押しつぶされた人の経験の前では、郊外ニュータウンで数ヶ月不便な生活をして、思い出の場所を失ったくらいの人間は口をつぐまざるを得ない。

去年、地元紙にこんな記事が載って少し救われた。

「本紙記者の話せなかった震災

https://www.kobe-np.co.jp/news/akashi/202001/0013049235.shtml

https://www.kobe-np.co.jp/news/akashi/202001/0013054360.shtml

でもたぶん、個人の心のおりは一生消えないんだろうなあ。

いろんな災害で、こんな気持ちになっている人がいると思う。

2021-01-14

ヤクザの家の近くの方がかえって治安いい

抗争が起きたら流れ弾で死ぬ可能性はないわけではないが

住宅地で抗争を起こすこともないやろ

2021-01-11

これから裏日本に転勤する人たちへ

 裏日本、裏から支えるっぽくて、かっこいい。誇りに思う。アナザージャパンクリアしたあとにさらなる強敵が待ち受けている感じが最高です。

 

 とは言え、気候過酷であることは間違いないです。

 過去にも、ここに雪攻略法を書きました。その続編。

 

 転勤で、運悪く、こっちへ来てしまった人たちへ助言です。

 

 

旗竿地駐車場はやめとけ

 引っ越してきて、駐車場を探すことになるかと思います。残念ながら余っているところは、雪によわいところです。ネイティブな人たちは、雪が降ってもあまり困らない場所駐車場を確保してます

 旗竿地の奥の駐車場なんて、融雪や大家さんの除雪保障付きでもない限り、やばいです。私道だったりするとだれも助けにきてくれません。借りている人で力を合わせてなんてことはあまり期待できません。幻想を持つのはやめましょう。

 

 旗竿地でなくても、下の図のような駐車場の奥のほうは借り手が少ない。自力道路までの除雪が確保できないし、朝、最初に出るなんてときにほかの利用者の分も除雪しないといけません。まあ無理です。

┃ ┃━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃
┃道┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃
┃ ┃━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛
┃ ┃
┃路┃
┃ ┃
┃ ┃━━━━━━━━━━━━━━

SUVとか4WDに乗っている人は、怠惰で、除雪しません。とはいえ、車の床下の最低地上高までしか、性能を発揮することができないのですが…。せいぜい雪の山を乗り越えやすいくらのものです。ピカピカのSUVよりも、雪の壁にこすったり、ちょっと突っ込んでもヘーキな使いこんだ幅の狭い車のほうが、役に立ちますコミュニティの中に除雪しないほうが得と考える人がいる限り、除雪したら負けの状態となります除雪に絆などありません。変な美談テレビラジオで流布されていますが、大雪の前では性善説などクソくらえです。

少し遠くても、下の図のような一台ずつ路面に面している駐車場を探しましょう。

┃ ┃━━┓
┃ ┃  ┃
┃ ┃━━┫
┃道┃  ┃
┃ ┃━━┫
┃ ┃  ┃
┃路┃━━┫
┃ ┃  ┃
┃ ┃━━┛

この形式であれば、車の目の前の除雪だけすれば、脱出できます仕事から帰ってきて、駐車場が雪で埋まっていても、自分のスペースだけを除雪すれば、駐車することができます

北海道住宅地の自宅から少し離れた幹線道路に近いところに車庫が並んでいる様式に近いのかもしれません。

地震洪水レベル災害なのに、自助でなんとかなると考えられがちです。幹線道路沿いの屋根付きガレージ回避できるけど、そういうのは、既得権益なので、よそ者には無理です。地獄の沙汰も金次第か!

現場からは以上です。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん