「罷免」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 罷免とは

2021-10-26

国民審査棄権した

不在者投票に行った。最高裁判所裁判官 国民審査棄権した。

国民審査とは何か

なにそれ重要なの?

投票に先立ってこんなサイトを見た。

[最高裁判所裁判官国民審査の『重要性』と、誰も教えてくれない『棄権方法』 #seiji - Togetter](https://togetter.com/li/423004)

要約するとこんな感じ

棄権白票の違い

まずわかりにくいのが、棄権白票ではないということ。

白票=信任になるのに対し、棄権=信任にも不信任にもならない。

例えば10人が投票所に行ったとする。

3人は自分の信念に沿って「この裁判官判断おかしい!」と思い、裁判官Aにバツを付けて投票

残りの7人は「よくわからいから」と何も書かずに白票投票

こうなると投票10に対して過半数を満たせないので、裁判官Aは罷免されない。

もし「よくわからいから、ちゃんと考えている人の意見が通るようにしよう」と思ったら棄権するのがベストになる。先の例で7人が棄権していたら投票数3に対して裁判官Aは3つバツがあるので罷免される。

ちゃんと考えている人」とは

それでは「この裁判官判断おかしい!」と思う人はどういう根拠があるのか。

[夫婦同姓「不当な国家介入」 最高裁判事4人が違憲判断朝日新聞デジタル](https://www.asahi.com/articles/ASP6R56BLP6RUTIL044.html)

リンク先の判決では「夫婦別姓を認めないのは違憲じゃないの?」という訴えに対し、最高裁では「いやいや合憲だよ」という結論に達した。

しか重要なのは「全員一致で合憲判断された」のではないこと。4人の裁判官違憲だと判断した。

そうなると当然議論余地はあるわけで、一般の人にも「この裁判官判断おかしい!」という意見生まれる。

ここで問題になるのが国民審査投票白票を投じるケース。

ちゃんと考えて「この裁判官判断おかしい!」とバツを投じた人の意見は、何も考えずに投じた白票で薄まってしまう。棄権することもできるのに周知されていない。

先のTogetterに書かれているが、投票所で「棄権します」と言ったら「じゃあ何も書かずに投票してね」と言われるケースが散見されるとのこと。

まり投票所のスタッフも「棄権白票」だと思っている人が多いということ。

何度も言うが棄権白票は違う。白票=信任であり、「裁判官全員ちゃんとやってて(・∀・)イイネ!!」という意味になってしまう。

先のTogetter10年近く前のことだが、今でも同じような状況なのかを確かめる為にも、期日前投票で「棄権します」と言ってみた。

投票所にて

私「国民審査棄権します」

受付「あ、向こうで仰ってくださいね

どうやら国民審査投票用紙を渡す係の人に言えということらしい。そりゃそうか。

該当の係の人の所でもう一度「国民審査棄権します」

係の人「あ、ええっと…すいませーん!ちょっとー!(他の係の人を呼ぶ)」

係の人「(他の係の人に)こちらの方、国民審査棄権するそうです」

他の係の人「わかりました」

これで国民審査投票用紙を渡されることなく、期日前投票は終わった。

このやりとりで思ったのは、やはり国民審査棄権するのはレアケースなんだろうなってこと。

ちゃんと考えてバツを付けた人の票は、何も考えずに白票を入れてる人にかき消されているんだろうなってこと。

中にはもちろん「何も考えずに全員バツ」で投票してる人もいるだろうけど、それでも「何も考えずに白票」の方が多いんだろうなってこと。

まとめ

2021-10-25

十月ゴキブリ

 今、僕は語ろうと思う。

  もちろん問題は何ひとつ解決してはいないし、語り終えた時点でもあるいは事態は全く同じということになるかもしれない。結局のところ、文章を書くことは自己療養の手段ではなく、自己療養へのささやかな試みにしか過ぎないからだ。

 しかし、正直に語ることはひどくむずかしい。僕が正直になろうとすればするほど、正確な言葉は闇の奥深くへと沈み込んでいく。

  弁解するつもりはない。少なくともここに語られていることは現在の僕におけるベストだ。付け加えることは何もない。それでも僕はこんな風に考えている。

 鼠やジェイのことでも、僕が寝た三番目の女の子のことでもない。

 

 MとKについてだ。

 Mの父親である秋篠宮文仁皇嗣は、2011月30日の会見でこう語った。

 “それは結婚することを認めるということです。これは憲法にも結婚は両性の合意のみに基づいてというのがあります。本人たちが本当にそういう気持ちであれば,親としてはそれを尊重するべきものだというふうに考えています。”

           宮内庁 https://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/39

 そして、同様に憲法24条を持ち出して、MとKの結婚に対して批判的な意見批判する意見は多くみられる。

 

 憲法24条1項は「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。」と規定している。

 確かだ。「両性の合意のみ」と念を押している。

 しかしだ。大抵の日本義務教育を受けた人間それから先に何らかの事情機会に憲法勉強したことがある人間は気づくと思うが、この24条が置かれているのは憲法第三章だ。

 そして、第三章ということは、その前に第一章と二章があるということだ。

 第三章は章題を「国民権利と義務」とされている。第一章は「天皇」だ。

 そこには大きな分かりにくい問題が2つある。

 一つは、憲法学に触れたことのある人にはお馴染みではあるが、そもそも第三章「国民権利と義務」は第一章に規定される「天皇」に適用されるのかという問題だ。

 もう一つは、第一章は章題にある様に基本的には天皇という地位存在について規定するもので、Mのような皇族については殆ど何も言ってないことだ。

 一つ目については、「天皇憲法三章にいう国民に含まれ憲法保障する基本的人権の享有主体であって、その地位世襲制象徴としての地位職務からくる最小限の特別扱いのみが認められる」との裁判例(コラージュ事件)や政府見解(47年7月31日衆院司法委員会)や芦辺信喜ら代表的憲法学者も同様に「適用はされるが象徴としての制約を受ける」という見解で一致している。

 問題二つ目だ。憲法第一章でMのような皇族内親王)に直接かかわるものは第八条の「皇室財産を譲り渡し、又は皇室が、財産を譲り受け、若しくは賜与することは、国会議決に基かなければならない」だけだ。

 他の例えば第二条皇位は、世襲のものであつて、国会議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する」も皇室典範に言及しているためMと関係が無くは無いが、現行法上は直接かかわりがない。

 他は章題の示す通り「天皇」の地位役割について規定するのみで、Mの活動生活について規定するものはない。

 皇室典範を見てみても、同法天皇位の継承皇族地位範囲の他に皇室会議について定められたもので、内親王であるMについては皇族範囲(5・6条)や殿下呼称23条2項)や今回のような婚姻による皇籍離脱12条)や皇統譜への身分登録(26条)についての規定はあるが、そのほかの地位性質を示す規則活動制限について明示されたものはない。

 Mのような内親王に限らず、例えば皇位継承権のある親王皇嗣であっても、似たように「どうあるべきか・なにをすべき(してはならないか)・なにができるのか(できないのか」についてほぼ何も明文規範存在しないのだ。

 憲法テキストなら、第一章「天皇」については第一条「象徴」や第3条「国事行為」や第4条「権能の限界」であったり、近年話題となる第7条3号「衆院解散」といったことについて相当に詳しく論じられるが、皇族については継承関係する部分(2条)や財産(8条)で言及される位だ。継承が絡む親王皇嗣であっても、その地位活動について論じると表現されるほどに言及されることがない。

 法的に語られるのは、ほぼ天皇について。憲法上の象徴とは天皇一人だからだ。

 次の天皇となる予定の皇嗣であっても、憲法上は象徴たる地位を有しない。

 では、天皇がそうであると言われ、多く論じられる「日本国の象徴であり日本国民統合象徴」(憲法1条)とは何であるのかは、明らかなのかと言えば、全くそうではない。

 1890年施行された大日本帝国憲法天皇神聖不可侵統治者であった天皇が、敗戦後の1947年施行現行憲法によりその地位象徴とされた、この「象徴」なる言葉概念がどこに由来するのかに関しては、アメリカイギリス日本の3つのルートが指摘されている。

 複数ルートから影響を受けて持ち出された「象徴」という言葉は、憲法制定(改正)の国会審議でも明確に定義されることはなく、今もそれは変わらない。

  しかし、それは曖昧個々と拡散していったのではない。

 その逆にある方向性へと収斂していった一つの形を以下の様に明仁上皇と美智子上皇后の成婚を収束点に河西秀哉は見る(『「象徴天皇制」の戦後史』講談社メチエ)。

 敗戦直前から国内では政治家知識人らによって天皇制存続のための改革再編の必要性が共有され、民主制における天皇制に関して敗戦を挟み模索されていった。その中で天皇道徳的退位をすべきとの論が知識人から複数だされた。結局は、退位はなされなかったが、そこで展開された天皇道徳性強調や天皇制維持と国家の一体性保持との関連などはその後の象徴天皇制像へと影響する。

46年1月1日のいわゆる「人間宣言」を経て昭和天皇は、人間天皇という新しい姿を、戦前大元帥服姿から背広姿に装いを新たにして巡幸により国民へとアピールしていく。

人間天皇の姿は女性皇族と共に写された写真効果的に用いられた新聞記事をはじめとしてマスメディア皇室記者)により、生物学者スポーツの愛好家や文化人・家庭人などの姿として意図的に広められていく。

だが、どこまでも戦争責任の影が付きまとう昭和天皇には新生日本象徴として無理があり、52年発効サンフランシスコ講和条約を機に退位するのではなど退位論はくすぶり続ける。

 そこで新生日本文化国家日本象徴として期待されたのは、戦争中は未成年だった明仁親王存在立太子礼がちょうど講和条約発効と同年となり翌年のイギリス女王エリザベス2世戴冠式への派遣なども重なり、新生日本明仁皇太子イメージマスメディアで強く結びつけられる。

さら明仁皇太子結婚適齢期となったことでお妃候補報道過熱するが、その加熱はむしろ皇太子自体への関心期待の低下をお妃候補報道補填しなければ新生日本象徴像を保持し得ない衰退を顕した。

 58年にようやく正田美智子との結婚決定が公表されるとミッチーブームが巻き起こり、特に恋愛結婚であることがメディアで強調され、日本憲法の下で民主化された新生日本表象し、象徴天皇像が変化した時代社会に適合的であることを示すことになった。

 このように、憲法上は天皇一人が象徴規定されているが、実態として象徴天皇制を作り支えてきたのは天皇一人ではなく、皇族存在活動が不可欠であり、特に女性皇族存在活動象徴天皇制に大きな影響を与えてきた・いる。

 にもかかわらず、繰り返すが、憲法にも皇室典範にも皇族存在の在り様や活動制限に関して明確な規定はない。

 はじめに分かりにくい問題が2つあると言い、一つ目については判例政府見解学説も「憲法第三章「国民権利と義務」の規定第一章の天皇にも及ぶが、象徴としての制約を受ける」ことで概ね一致していると述べたことを、思い出して欲しい。

天皇については「象徴としての制約」があることは分かった。

象徴天皇像が明仁皇太子夫妻の成婚を一つの到達点としてある方向性・形へと結んでいったことも分かったと思う。

 このように形成された象徴について、園部逸夫は「憲法制度による象徴」と「家族関係による象徴」と呼ぶ(『皇室制度を考える』中央公論新社)。

現行憲法天皇を「主権の存する日本国民の総意」(憲法第1条)と法的に規定し、天皇はその存立の基礎を国民の支持に置く制度としている。

 同時に、憲法上の象徴たる天皇は一人であるものの、皇位世襲により維持される(憲法第2条)ことから天皇一族である皇族を含めて構成される皇室の在り方、いわば天皇一家国民にとっては象徴天皇と切り離せず大きな影響を持っている。

 つまり家族関係と言う一般には私的関係であるものがそのまま公的制度となっているのが(象徴天皇なのだと言える。

 象徴のこの切り分け難さは当然に「象徴としての制約」がいかなるもの判断することに困難を産む。

天皇行為としては、まず憲法第4条「国事に関する行為のみ行い、国政に関する権能を有しない」との規定から国事行為」があり、国事行為を行うに当たっては「内閣の助言と承認必要とし、内閣が、その責任を負う」(憲法第3条)ことが分かる。

又、天皇人間なので国事行為だけやっていたら食事睡眠もできずに死んでしまうことから日常生活を送る必要があり「私的行為」があるのも分かる。

さらに、条文で列記された国事行為でも日常生活のような私的行為でもない、例えば国会開会式戦没者追悼式に出席して「おことば」を述べるなど「公的行為」があることも何となくは多くが知っているだろう。

これはいわゆる三分説と言われる主要な学説の一つで、公的行為の内容については更に解釈が分かれる。

政府も同様に象徴たる天皇行為について3つに分けて考える説を取っているのだが、国事行為公的行為までは同じであるものの、私的行為ではなく「その他の行為」と分類していることに特色がある。

園田逸夫によると、天皇行為には国家機関としての国事行為象徴としての地位に基づく公的行為があり、さらに「その他の行為」にも私人として行うが公的色彩・性格があり公的支出可能行為(例えば天皇代替わり行事福祉施設企業訪問やご進講)と可能ではない私的行為があるとの解釈制度運用上なされていると言う。

どうしてこのように複雑な運用上の解釈が採られるかと言う点について、そもそも象徴意味多義的解釈幅が広いことや、さら天皇行為に全く象徴性が無い場合が稀で、例えば天皇研究など純粋私的行為に見える行為もその及ぼす影響からみて全くの私的行為とも言いきれないことが挙げられている。

 こうした行為の分類は、「国政に関する権能を有しない」天皇の行動の憲法正当化内閣コントロールを及ぼすことを目的にしている訳だが、特に政府の分類解釈はずるずると天皇活動の拡大を正当化しているようにも思えるし、公的行為の先駆けとなった戦後ご巡幸は昭和天皇意思によるものだったことなど解釈制御ではなく追認に回っていたことも指摘されている。

 もう結局訳が分からないことになっている。何を言いたいんだ俺は。

 

 そこではっきりと分かることを探してみると、一つは明らかなことがある。

 何度も出てきているように、象徴たる天皇には政治的権能はない、天皇主権者ではない。

 だから天皇には憲法第三章にある第15条「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である」は適用されない。

 つまり、来る第49回衆議院議員選挙天皇立候補することも投票権行使することも許されてない。

 では、MやMの妹である秋篠宮佳子内親王は次の衆議院選挙投票できるのか。

 もちろん出来ない。

 なぜだろう。人の憲法上の権利を制約する以上は根拠となる法規範が求められ、制限する根拠がなければ国家権力が権利制限することは許されないというのが立憲主義自由主義)における解釈の基本であるはずだ。

 近代憲法を備えた民主主義国家において、選挙権という極めて基本的重要的な権利佳子内親王は制約されているわけだから当然に、法的根拠はある。

 それは公職選挙法付則3条「戸籍法昭和二十二年法律第二百二十四号)の適用を受けない者の選挙権及び被選挙権は、当分の間、停止する。」だ。

 

 Mのような内親王について憲法皇室典範もほぼ規定がないが、その僅かに規定された一つ皇室典範26条は「天皇及び皇族身分に関する事項は、これを皇統譜登録する。」と定められ、天皇はじめMも佳子内親王皇族は我々一般国民の様に戸籍を持たない。

 そこで、公選法付則の規定根拠天皇のみならずMや佳子内親王のように皇位継承権もない(象徴たる天皇となることが現行法上はない)皇族にも選挙権被選挙権も与えないことになっている。

 もちろんこれは技術的な回答で、実質的には天皇象徴として「政治的に無色」であることが要請されるからだと内閣法制局は答弁している(1980年3月27日参院内閣委員会

 https://kokkai.ndl.go.jp/#/detail?minId=109114889X00619800327&spkNum=96&single

 この答弁の面白いところは、質問者である和泉照雄参議院議員が「天皇及び皇族には選挙権はないというのが現在の取り扱いのようでございますが、その理由」と尋ねているのに、回答した内閣法制局の味村治が「天皇は」と皇族について回答してない点だ。

この回答は意図的皇族参政権制限する条文が見当たらないことから、あえて「天皇は」とのみ回答したのかは分からないが、実質的には皇族から天皇家族であることが制限根拠とされているわけだ。

 「象徴」という内容の定かではない概念により制約を受けるのみならず、そもそも憲法上の「象徴」ではないはずのMたち皇族が「象徴」を理由に、憲法上の国民権利を大きく制約されている現実

 その現実を前に、MとKの結婚憲法24条を持ち出す Permalink | 記事への反応(0) | 19:30

2021-10-23

最高裁判所裁判官国民審査ってつまり全部「X」にしておけばいいんだよな?

だって何も考えずに全部「空白」で出すやつが沢山いるんだろ?

それならひとまず全部「X」で出しておけばバランスが取れるじゃん。

超大雑把なイメージで言えば

何も考えず全部「空白」 国民の60%

考えて選んでる     国民の30%

何も考えず全部「X」  国民の10%

って状態だったらとんでもない超極悪裁判官だって罷免になることは永遠にないわけじゃん?

この状況を解決するにはひとまず何も考えずに全部「X」に入れてる人数が増えないと始まらないだろ?

つうか俺どれに「X」つければいいかからないんだよね。

かといって「空白」にして出したら制度自体無意味になるって聞いたらさ、もう全部「X」以外ありえなくね?

これがQ.E.Dってやつだよね?

いね

頭そこまで悪くねーけど勉強は嫌いだから俺はこれが精一杯

総理大臣も×で罷免にできりゃいいのに。

2021-10-22

腐った自民が存続するかどうかは二の次なんだよ

主権者がきちんと自らの責任を果たす」っていう最低限の前提が整わないと

その先の「代理人をきちんと選べるか」っていう問題対処できないんだよ。

からまずは腐りきった自民が勝とうが負けようが投票率上げなきゃいけないわけ。

「○○党を勝たせるために投票率上げよう」とか考えてるアホもいるだろうけど

今はそれ以前の問題なの。「有権者」という民主主義の最終責任者の大半が責任放棄してんだから

最終責任者がきちんと責任果たさないと代理人罷免なんかできないよ。

anond:20211022103936

2021-10-21

バズった増田を書いた増田自称する増田による追記の様な怪文書

増田でバズったら追記する?それともしない?

私はしない。というよりもできない。追記をするのは増田名物でもあるし、ブクマ増加にブーストをかけられるということを知っているにも関わらずだ。

※参考:武隈課長とのはてなスキルアップ研修【後編】 ttps://anond.hatelabo.jp/20200825140937

何故なら、一言コメントギャグだろうと、長文によるお気持ち文章や啓発文書の類だろうと、私はそれを書いた時点で全力を尽くしているので、それ以上に書くことが無いからだ。それに、どんな増田であろうとも、追記トラバブコメに反応すると俗っぽくなってしまい、追記する以前に持っていた増田価値が薄れてしまうように私は感じるのだ。

もちろんトラバしろブコメしろ反応は嬉しい。反応がいらないのなら、チラシの裏にでも書いている(←死語)。読んでくれた人への反応に対して、こちらも追記して更なる反応をしてみたいという欲もある。ブクマ数が一桁しか付かなかった増田なら元増田価値を損ねることなど気にせずに追記できるのだが、そんな増田にはそもそもトラバブコメも付かないので反応することなど何もありはしない。逆に、ブクマ数三桁にもなるような増田では、おいそれと追記をして価値を損ねてしまうことを恐れて何も書けなくなる。

結論を言うと、私は追記してみたいのだ。その増田追記するタイミングはまさに今なのだが、増田価値を損ねたくなくて、追記トラバもせずにリンクを張ることすらせずにここで書いているのだ。よってこの文章は、バズった増田の振りをしている変な人が書く怪文書とでも思ってもらえればいい。

その増田を書こうと思ったのは、昨晩日課増田を読んでトラバ煽りを入れて楽しもうと思ったからだ。

投票に行けとか言ってるくせに、与党投票すると言ったらオマエは不機嫌になるんだろ?

そうやって反与党・反権力を気取っているくせに、どうせ国民審査では空欄のまま投票ちゃうんだろ?

昨晩は選挙に関する増田を目にすることが多かったので、上記の様な煽りトラバをしようと考えていたのだ。

私はトラバが好きだ。トラバにまたトラバが連なりifやforでネストしまくりのクソコードみたいになるのは楽しいし、トラバ論破して元増田が削除されるのを見ると、勝利した気分に浸れるのでもっと楽しい

しかしながら、『国民審査では空欄のまま投票ちゃうんだろ?』などと煽ったところで、そもそも煽りだと理解されるのだろうか? 国民審査に対する説明必要ではなかろうか? 煽りだと理解される文章を心掛けねば。それ以前に、文章量が大きくなりそうだからトラバという形で投稿するのはもったいないのでは?

そう考えて一本の長文増田が仕上がった時には、もう23時を過ぎていた。本当はもっと調査してデータ提示して根拠を持たせたかったが、就寝時間が迫ってきたのでその増田投稿した。私は社会制度に対して中学公民レベル知識しか持ち合わせていないのにも関わらず煽りまくったのだからトラバブコメ正論フルボッコを喰らうんだろうなと思いながら床に就いた。

起床後に自分増田を見てみたら3ブクマついていた。これはもしかしたら伸びるかもと思ったが、同時にファーストブクマカに論破されたことに気が付いて後悔した。完全に私の勘違いだった。執筆時にネットで調べれば気が付いたはずだったのに。こっそり書き換えようかと一瞬魔が差したが、そのファーストブクマカは、発掘力・反応速度ブクマ量・コメント力ともに優秀で私が尊敬するブクマカなので、敬意を表する為にも修正はしなかった。多分このブコメトップコメになるだろうけど、それによって私の増田ブクマ数も伸びるのならまあいいだろうとも思った。そして仕事に出かけたので、ブクマがどれだけ伸びるのかは帰宅後の楽しみにした。

帰宅後に増田確認すると、ブクマ数が想定以上に伸びたことと、以外にも好意的意見が多かったことに驚いた。意図的に口調を悪くして反感を買う文章にしたつもりだったけど、むしろそれで好評を得られる事もあったとは思いもしなかった。口調の悪さに批判が集まることは想定内だが、論破コメントは以外にも少なかった。論破によって、私自身の知見が高まることも期待していたから残念だった。注目していたファーストブクマカについては、意外にもスターが伸びなかったことが自分の事のように残念である。今、全てのブコメを改めて見返しても、発掘力・論破力・コメント構成力の高さからして、トップブコメに相応しいと思うのだが。

ちなみに極一部の意見だが、私のことを高く評価している人もいるが買い被りすぎだ。前述したとおり、私は中学公民レベルの事しか理解していない。それに裁判官の事だって全くわかっていない。今回の国民審査対象となる裁判官名前なんて一人たりとも知らないし、人数すら知らないのだ。

追記と言えば自分語りが定番だろうから自分語りをする。私が投票権を得てから初めての選挙は、民主党への政権交代選挙であった。埋蔵金なるものにうさん臭さを感じつつも、高速道路無料化ガソリン値下げ、子ども手当などのマニフェストに魅力を感じていたのを覚えている。

大学で友人との間でどこに投票したのかが話題になったのも覚えている。民主党と答える人が多く、その中でもお調子者は民主党マニフェストを真に受けたり、自民党悪口を言ったりもしていた。一方で親が金持ちボンボン自民党と答えたり、根暗な変わり者の中には共産党と答えた人もいた。

そんな中で私は「秘密だ」と答えて、投票秘密にする権利があることと、出口調査地元新聞社にも投票先を聞かれたがそこでも回答を拒否したことも答えた。和やかな談笑の場は少し緊迫してしまったが、その代わりに国民審査での投票を周囲に尋ねるとともに、自分が率先して答えた。全部に×を付けたことと、「よくわからない人を信任する気にはならないし、せっかく辞めさせる権利があるのだからその権利行使した」と答えて、自分秘密にせざるを得ないほどの事情を抱えた秘密主義者ではなく、権利行使するのに貪欲な人であるというイメージを与えることに成功して、和やかな談笑の雰囲気を何とか取り戻すことに成功した。

今にしてはずいぶんと青臭いことを言ったものだと思うが、二十歳になったばかりの頃の私は成人したこと責任を感じると共に権利を主張することの喜びを噛みしめていたのだ。「投票秘密」と「裁判官罷免」というちっぽけな権利でも誇りに思っていたのだ。今はそんな気持ちはかなり薄れてしまったが、選挙の時期が来る度に自分には権利を持っているのだということが思い返される。

ああ、こんなことを長々とまとまりも無く書いていたら日付が変わってしまった。そろそろ寝なきゃ。どうせ追記ではないのだからブクマトラバゼロのクソ増田だと思って投稿しよう。ここで書いた増田で、バズった増田価値を損ねることはないのだから

2021-10-20

anond:20211019233200

刑法行為価値学派は結果無価値学派の正統後継者である山口厚教授罷免させるべく頑張るのだろうか?

おれとしては行為価値でも結果無価値でもいいから、法令解釈のブレを解消するべく、採るべき解釈最高裁判例のなかできっちり示してほしい。

刑罰という強烈な制度運用するのに故意や過失、共犯の意義すら明確でない現状は、おかしい。

anond:20211019233200

例えばデフォルト罷免で認めるやつだけ丸つけるとかだと、グレーな判断の時に「国民が怒ってるし職失いたくないから死刑にしとくか」ってなりそうでそれはそれで危険な気がする

anond:20211019233200

完全に単なる逆張り現在制度擁護してみるけど、

こちから叩かないと埃が出ない」程度の問題に対しては罷免できないシステム、という事なんじゃない?

そもそも名前世間に浸透していないと信任するしない以前に「誰それ?」となるわけで、

誰それ?=信任、と判断するに足る理由けがあればシステム上の問題はない、とも言えるわけだ。

例えば「裁判官とは単なる法の依り代であって、個人の顔が見えないほど良い」という価値観仮定すれば、

「誰それ?」度が高いほど信頼に足る、という判断妥当だ。

anond:20211019233200

ポンポン罷免できちゃったら、国民の(もっというと選挙権行使する層の)うち“大多数の”顔色を伺う判決ばっかりでるじゃん。衆愚

無論今のシステムが最も素晴らしいとは言う気はないが。

国民審査かいう最高のエンタメマスコミ報道しないの?

楽しいと思うんだけど。

裁判官罷免できるんだぜ

いままでの裁判、ここがおかしい!ってまとめて議論させて最後国民審査報道するのよ。超楽しそう。

2021-10-19

国民審査理解していないのなら、せめて棄権してくれ

どうせお前らは最高裁判所裁判官の事なんて興味ないんだろ?

選挙期間に入って裁判官罷免させる権利の一部を持つ人が一億人近くもいるはずなのに、話題になるのは政治家政党の事ばかりで、裁判官についてはさっぱりだからな。

そして選挙当日は、小選挙区比例代表投票後に、国民審査投票用紙を何も書かずにそのまま投票箱に入れるんだろ?


せっかく俺が裁判官のことを調べた上で×を書いて不信任に投じても、お前らが記入欄を空欄のまま投票するから信任されちまうじゃねーか。

裁判官罷免するには有効投票過半数以上の不信任が必要だけれども、×以外の印を書くか空欄のままだと信任扱いになるからな。


審査対象となる裁判官をしっかりと調べた上で、信任するという強い意志を込めて空欄で投票するんなら、俺もその意思尊重しよう。

でもそんな人は極一部で、何も考えずに空欄のまま投票する人がほとんどだろ。

はっきり言ってそんな奴は迷惑だ。

裁判官の事をわかっていないなら、ちゃん国民審査棄権してくれ。

どうせこの文章を読んでいるお前は、棄権できることすら知らないんだろ。

小選挙区比例代表投票する流れと同じ様に、国民審査審査用紙を受け取るのが当たり前だと思ってるんだろ。


そして、投票所に行けと煽っている奴はもっと罪深い。

人に言われることでしか投票所に行かない様な程度の低い奴が、国民審査真摯に向き合うはずがないからな。

投票所に行けと煽ることで、結果的国民審査の信任率を過剰に高めることになる。

それは、国民最高裁判所に対して持つ罷免権という唯一にして最大の権限を弱めてしまうことも同然だ。

その責任は知りもしないから、投票所に行けと煽るだけの奴は己の罪深さを意識すらしていないはずだ。


司法府の長たる最高裁判所裁判官の信任率が異常に高く、実態乖離しているにもかかわらず、そのことを立法府行政府問題視していないのは、この国の三権分立が正常に機能していないことを如実に語っているも同然だ。

権力監視すべきマスメディアがこうした権力癒着問題視していないのも同罪だ。そのことを疑問視しない国民一人一人も同罪だ。当然これを見ているお前らだって同罪だ。


言うまでもないことだけど、国はお前ら国民を舐めているよ。

それは投票率が低いからでもないし、自公政権の得票率が高くて政権交代を起こさないからでもない。

原因は、国民審査の信任率が異常に高いからだよ。

はっきり言って、国民最高裁判所裁判官罷免できるなんて、強すぎる権力だと思うよ。

国民にそれだけの権力があるのだから最高裁判所裁判官は、選挙活動をする政治家以上に自分仕事ぶりをアピールするのが本来あるべき姿のはずだ。

だけどそんなことはしない。

やっているのは抱き合わせ商法のごとく、衆議院選挙のおまけのごとく国民審査を組み込んでいるだけだ。

立法府の一員を選出すべき選挙裁判官審査を組み込むとは、司法権独立提唱者が聞いてあきれることだろう。

そして、記入欄に×印が書かれたもの以外は信任扱いするという、司法府権力者にとって非常に都合がいいシステム採用している。

無論、国民審査制度が始まって以来、罷免された裁判官は一人もいない。

このように、権力に都合の良い制度運用し続けていることから裁判所国民を舐め切っていることは如実だ。

そんな国民の姿を見れば、国会だって政府だって舐めた態度をとるのは当然だ。

そうなれば、奉仕者たる公務員だって舐めた態度をとるに決まっている。


国民審査制度理解していないというお前らの罪深さを、俺は十分に語ってきた。

だけど残念ながら、俺の文章ほとんどの奴には理解できないままだと思うよ。

理解できているんなら、国民審査制度という国民に過剰な権力を与える制度なんてとっくに崩壊しているからな。

別に国民審査制度理解しろだとか、審査対象裁判官を事前に調査しろだとか、そんな大層なことはお前らに望んじゃいねーよ。

俺が望むのはタイトルにもある通り、『国民審査理解していないのなら、せめて棄権してくれ』っていうことだけだよ。

棄権する能も無いのなら、そもそも投票所に行かないでくれ。

迷惑だ。

2021-09-23

田豊としてのtikani_nemuruさんへ

これは面白い話じゃないか私信というか

tikani_nemuruさんにだけ伝われば満足というエントリです。

 

いつから表現の自由」の問題と思っていた? - tikani_nemuru_M’s blog

ナイストライ

でも残念ながらそれはもう無理なのよ。

 

だってフェミニスト議員連盟偏見助長」「性犯罪誘発」って言っちゃったんだもん。

それならもう広告じゃなくても公的じゃなくてもあかん表現じゃん。

表現全般の話にしちゃったのはフェミニスト議員連盟であり

よく考えずにそれに付き従った頭の悪いネットフェミネットサヨクさんたちだから

  

tikani_nemuruさんの戦線収拾プランはわかるよ。

公的広告から余分な要素は困るんです。」だけ。

わかるわかる。堅実なラインだと思う。

(実はそのラインに対しても突っ込めるポイントはあるんだけど今は話が逸れるからやめとく)

 

ももう遅いよそれは。

ちょっと持ち上げるけど、tikani_nemuruさんはフェミニスト議員連盟ネット有象無象お気持ちサヨクよりはだいぶ有能なように見える。

でもそれなら出てくるのが遅かったでしょ。遅すぎたよ。

  

かつてどれほどたくさんの有能な軍人が「今の戦況ナシ!」「ここまで戦線下げて仕切り直したい!」って思ったか

攻勢限界点を見誤った無理な拡張をして、そこを維持できなくなって全部グッチャグチャにやられちゃう

きちんとした戦線を設定してればその内側をやられることはなかったのに。

そういうのは無数にあるけど、後から「今のナシ!」って言ったって駄目なのよ。 

  

そういうのってだいたいバカな上官や同僚のせいで、

適切な戦線切り直しが提案できるような能力のある人はたいていの場合そもそも無理な戦線拡張したのと人は別の人だけど。

それ自体がtikani_nemuruさんのせいじゃあないよね。 

 

けどtikani_nemuruさんは本当なら、

この問題が勃発した初期段階で大声出して

フェミニスト議員連盟は間違っている!あの動画がよくない理由はこうだ!」とやるべきだった。

 

無謀で無能大将罷免若しくは背中から銃殺して自分臨時大将になって

「正しい戦線設定はここだぞ」と大号令掛けるべきだった。

 

実際にはあなたはそうしなかったので

無謀な大将の号令で変に強気になった兵隊全然統制とれずにめいめい作戦バラバラに戦って次々にやられて押し込まれてる。

いまからどんなに妥当作戦を出してきたって「今まで言ってたことは?」「また別の主張?」って言われちゃう。 

 

まあ作戦提案妥当賢明であることと 

大将として号令かける覚悟カリスマ性や名声は別の事だから

あなたが味方の中で一番賢くたってそれを周りに徹底することは別の難しさがある。

 

でも無謀な戦線拱手して見ておきながら

戦況が滅茶苦茶になってから「私ならもっとマシな作戦があった」っていうの

あなたそれじゃ田豊ですよ。 

 

基本方針に沿って全力で権力も争い節操無しと言われるような手段も取り敗れて名も残さなかった郭図。

出発点が間違ってるのに勝てもせず最後だけウェットに飾って気持ちよく敗れた不潔な独り善がりが審配。

最も賢明だったのに主導権把握をせず自分が一番賢かったことを獄の隅で吠えて史書に名を残して満足した田豊

私はこの三人なら郭図を評価したい。

 

 

味方の誰よりも賢かったことだけ隅っこに書きつけて満足して。

賢いんなら機を逃さず大将トップ参謀になる責任があったのにあなたはそうしなかった。

2021-08-21

anond:20210821214101

あれを上回るのは不可能だぞ

そもそも書いてる内容本当に理解できてる?

海外なら罷免されてもおかしくないレベル

2021-08-18

anond:20210818183218

ブコメでも言われてるけど第二次大戦前後アフガニスタン王国時代はそこそこマシやった。

1953年王族ムハンマド・ダーウードっていうやつが首相になったんやけど

こいつが親ソ連の急進改革派かい過激な奴で、

国内保守勢力(主にムスリム)は弾圧するし、

隣国に高圧的な態度に出て外交関係を引っ掻き回すしで、

1963年首相罷免されたんや。

そのダーウード1973年クーデターを起こして、

そっから共産政権の成立→ソ連武力介入を招いて泥沼に陥ったんで、

ダーウードがいなけりゃわりとマシになってた感はある。

ただそれでも冷戦というあの難しい状況で、

アフガニスタンがどこまで上手くやれたかわからんけどな。

2021-08-10

anond:20210810075143

左派政党自分たち財産=コア支持層を守ることが第一

コアな反政府層は大体10%程度と推定される

これは最高裁判事罷免投票に全部マルをつける奴とほぼ重なる

2021-07-23

陰謀論の話を書く

日5chで中山泰秀防衛副大臣罷免すべきかどうかの話をしていた。

罷免すべき派としてID真っ赤(投稿数が多い)にしながらレスバトルをしていたら、途中から貰えるレスの数が減ってきた。

なんかそんなに的はずれなこと書いたかな?と思って自分書き込みを眺めてみると、「日本会議」「統一教会」「キリストの幕屋」の単語が含まれ書き込みへのレスがパタッと止んでいたのだ。

俺の言いがかりに対して否定するわけでもなく、罷免反対派がスルーを決め込んだのは何故なのか。

2021-07-14

anond:20210714220614

平たく言えば社会主義政党政治のことだろうが

政党政治は金と労力がかかる

しか独裁じゃ逃げ場がない

人事独裁特にいけない

要は駄目なトップ罷免できて

善政トップを据えられりゃ良いんだよ

2021-06-27

anond:20210627221125

罷免国民権利だろうが 法に則った判決だったなら、裁判官が何をしたんだ? 裁判官の何を問題視してるんだ?

ただ合憲判断をしたということを理由罷免をちらつかせてるの?

罷免されたくないから(法に逆らって)違憲にしてくれるようになったとして、それは司法のあり方に問題が生じることにならないか

anond:20210627215130

論点がずれてるぞ。別に裁判官違法行為があったとか、司法権濫用しているとかに言及してないぞ。

ただ単に、裁判官が法に則って違憲判決を下したのと同じように、国民が法に則って最高裁判事罷免権を行使しようと表明しただけだ。

憲法に定められた国民審査権を行使することを"怖い"と表現するあなたこそ、"いかがなものかと"思うぞ。

anond:20210627211730

最高裁判所裁判官に関しては仮にも審査する立場であるはずの国民が、司法権濫用につながりかねない行為積極性を示すのってどうなの?

どうして最高裁判事司法権濫用につながるの?逆でしょ。

国民審査によって最高裁判事罷免権を有する国民として、最高裁判事憲法判断を「特定」していくのは当然のことでしょ。むしろそれをないがしろにすると、最高裁判事国民無視して、司法権濫用することにつながるでしょ。

2021-06-25

オンライン化と平等性と透明性に大幅に振った議会選挙の案

議員任期制とし、最長10年とする。

有権者は1年に1回、議員罷免する投票オンラインで行う。得票数の上位数名及び一定得票数を超えた者は罷免される。

議席の減少分は有権者からランダムに選ばれる。選ばれた者は断れない。選ばれた者は任期の上限に達するかまたは罷免されない限り議員をしなければならない。

議員間中は職を失うが報酬は失職前の2倍が支払われる。議員資格を失うと前職に戻れる。

議員は氏名、年齢、性別顔写真等すべて非公開とする。個人識別100個ほどの動植物名称ニックネームとしてランダムに割り当てられる。

議員自分議員であることを他人に明かしてもよいが自分ニックネームを明かした場合は失職する。

議会オンラインで行う。議会では議論発言もしない。議案の採決のみ行う。

・議案は議会の1週間前に公開され、公開されると同時に議員有権者から隔離される。議員事務局に内容をオンライン質問し、事務局は1日以内に回答する。事務局の回答はリアルタイムに公開される。事務局は議案公開中に議案を修正できる。

・議案公開中は議員以外の有権者議員にも事務局長にも質問できない。

議員同士のコミュニケーションリアルでもオンラインでも原則禁止とする。

議長は置かない。議事進行は事務局長が行う。

2021-06-24

anond:20210624134134

困る方が困るわ

下記みたいに司法とは?みたいなこと平気でやってんだから日本アカデミアを地に落とすことに躍起なアホたちも同じように黙らせておけ

ツイッター不適切投稿で岡口判事を訴追 国会訴追委、罷免求め

https://mainichi.jp/articles/20210616/k00/00m/040/193000c

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん