「回帰」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 回帰とは

2020-05-28

ムービーシーンの先駆、FFIV

ムービーシーン先駆者としての功績と功罪

FFムービーゲーとして舵を切った時期は意外と早かった。それは4(IV)。

4からキャラクター強制的に会話するシーンが増え、キャラ名も任意名前はつけられるものの、実質固定イメージ攻略本などが表記するようになった。

もちろんIIあたりでもフリオニールなどの名前雑誌に書かれていることはあったが、IIIまでのFFドラクエと同じく素材としてのキャラ名前をつけて楽しむものだった。そこに重厚な裏設定なども存在しない。あくまでもキャラ自由に育ててそこに没入してほしいという立ち位置しかなかった。

ところがFF4は違った。暗黒剣で苦しみ、苦闘の果にパラディンへとクラスチェンジするセシルと、仲間を不本意にも裏切り続けるカイン、という対象的なキャラが設定された。主人公たちは主観的な没入型から客観的ムービー型へと変わった。端的には会話数が増えて、伊集院の言うところの「クラウド勝手自分にできない技をガンガンきめて置き去り感がある」状態を当作より現出させたのだ(伊集院深夜の馬鹿力 2020/5月のもの)。物語ドラマチックになったが、その反面終盤までストーリーに沿って強制的に進行するきらいが強くなり、浮遊大陸を抜けてすぐに広い世界が広がったIIIとは真反対のアプローチをとったといえる。上の伊集院氏の言ではないが、ラスト付近ではキャラ操作してもいないのにWメテオなる技をかましてくれたりする。あの演出には感動した人と白けた人に別れたのではないか。何しろ上限9999の技でしかないWメテオ決死覚悟で繰り出すのだが、その後主人公たちがフレアなどで容易に9999を出してしまえるのだ。決死のWメテオは全くの無駄である

ネットもないこの頃の全国的風評は定かではない。しか個人的には手狭になったな、と感じたことを覚えている。そしてFF5でジョブチェンジシステム復活とキャラ性を押し出さない、良い意味で無個性パーティーメンバーによりユーザービリティ回帰を狙ったが、FF6(VI)では再びムービー寄りのゲームになってしまい、7以降はこの路線をついに変えることがなくなってしまった。最近では毎作ごとのにーちゃんホスト化を止めることができないらしい。

ムービーを大胆に挟むといえば、他にもストライダー飛竜忍者龍剣伝が思い浮かぶしかし両者はアクションであり、RPGムービーの先駆はやはりFFなのだろう。

泣きゲー要素

実はFFシリーズは6付近までは死に泣きゲーだった。IIでのミンウは仲間をかばって死に(実はヨーゼフも味方をかばって石の下敷きになるが、何故かあまり語られない)、IIIの不幸な巫女エリアは水中に没して死亡。IVカインとの決別、シド自爆。Vではギルガメッシュ主人公たちをかばって自爆する。VIティナは不幸からまれてきたような少女で、子どもたちを支えるために立ち上がる。

この泣きゲー伝統は7から大きく崩れる。というより7から徐々に痕跡を消していった、というべきか。かろうじて残っているのはFF10でユウナ人身御供が発覚するあたりだろう。何れにせよ、グラフィックス進化と共にFFハリウッド化してゆくのはやむを得ないことだったのかもしれない。

anond:20200527180734

2020-05-19

最近はてブブックマーク代わりに使っている。

からブコメを残すことはほとんどなくなった。だってブコメの人たちと同一視されると嫌だなぁと思ってしまって。

ブコメは既にヤフコメより酷いというやつがあったけれど、かなり前からだと思う。

民度としてはyoutubeコメントくらいだと思ってる。

IDコール廃止と、ID名指しは違反みたいな空気になりブコメは突っ込まれることがほとんどなくなってしまって、今はとんでもブコメ放置されている状況になった。

IDを書かずに空リプみたいなブコメで指摘しているのもあるけれど、とんでもブクマカには効果がなさそう。

はてブスマートニュースみたいなのを目指すのだろうか、それとも何処を目指すわけでもなく放置して朽ち果てるのだろうか。

ブックマーク本来の使い方に回帰たか別にどうでもいいけど。

2020-05-17

コロナ海外から日本に帰ってきた人達に、日本での活躍する場は提供されるか

コロナの影響で、海外から日本に戻ってくる人達がいる。

海外でも通用する優秀な人達なので、その経験日本で生かしてもらうような場や制度などができないものだろうか。


というのも、日本から海外に出ていっている人数はそれなりにいるが、明治時代のように海外に学んで日本に仕組みとして取り入れるということができにくくなっているように感じていたからだ。

海外からニュースは入ってくるが、アメリカ報道翻訳するのが多く、アメリカが儲かる仕組みを日本宣伝しているか、人道的立場報道と偏りがある。

素直にそうなんだ!と真似しようとするとアメリカお金が流れていくだけになる。

また中国欧州経済技術動向も、アメリカ経由になっている状況だ。


政府サプライチェーン国内回帰するためにお金を出したが、人についても今国内に戻ってきている。

起業してもらうなど、経験を活かしてもらえないだろうか。またそれに政府補助金を出すなどできないだろうか

2020-05-11

姉との他愛ない思い出

なめこ栽培キット」というスマホゲームを知っているだろうか。

2011年ごろにリリースされており、原木加湿器等の設備アイテム等を整備してやり、原木に様々な種類のなめこが生えてくるのでそれを指でタップすることで収穫するゲームだ。

育成的要素とレアなめこがたまに生えるというガチャ的な要素があり、かつ手軽にできるということで結構ブームになったのだ。(現在でもシリーズが続いているらしい)

    

当時私は中学生のクソガキで姉は高校に上がったばかりで思春期真っただ中であった。

当然かどうかはわからないが喧嘩しょっちゅうしており、キモイ・うざいの言い合いは当たり前で、

それに加えて高校に上がったばかりの姉はスマートフォンを手に入れており、それがうらやましかった私は何かにつけてずるい・使わせてと姉に絡んでいた。

そんなやかましい絡みをしていた私に対して、姉はイヤイヤながらも自身スマホで時々YouTubeをみせたりスマホゲームをさせてくれており、そのスマホゲームの一つにあったのが「なめこ栽培キット」だったのだ。

多様ななめこが生えてきてそれを収穫して図鑑を埋めていくのは眺めるだけでもおもしろくて、レアなめこが生えてきたときテンションも上がるので姉も私も結構はまっていた。

  

そんなある日、姉が興奮した様子で家に帰ってきて「見たことない黄金なめこが生えてきた」と言う。

なんてなめこ?と聞くと、まだ収穫してないからわからないと言う。

まり、姉は学校スマホをいじっているとき黄金なめこが生えてきたのを確認したが、家に帰って私と一緒に収穫するまで取っといてくれたのだ。

二人で、マジで!ホンとだよと言いあいキドキしながらアプリを開いた。

しかしそこにあったのは枯れたなめこだった。

  

なめこ栽培キット」の育成要素の一つとして、世話を怠ったりすぐに収穫しないとどんなレアなめこも枯れなめこというものになる。

もちろんその要素を姉は知っていたはずだが、黄金なめこが枯れなめこになるリスクを冒してでも家まで取っといて私に生えている様子を見せてくれようとしたのだ。

自慢しようとしていた気持ちはあったかもしれないが、姉はそれを見て少し落ち込んでおり、私はアホじゃんとか何とか言って笑いながらからかっていたと思う。

  

ネットサーフィンをしていて偶然なめこ栽培キットというゲームを見かけ、この思い出がフラッシュバックした。

今思い起こしても、本当に他愛がなく少し笑える話だが、姉の優しさが感じられる思い出で忘れたくない物なので至急文章に残してみた。

  

現在は私も成人しており、姉とはほとんど連絡を取り合うことはなく年に数回帰省したタイミングぐらいでしか話すことはない。

正直生きているならいいかぐらいしか思ってなかったが、どうせ生きているなら元気で幸せにやっていてほしいと思う。

2020-05-09

https://twitter.com/NetflixFilm/status/1256632290802728960

レズビアンとして最初喪失は,女性ではなく,男性だった。頭のてっぺんからつま先までストレート白人男子。「この男が私の親友になる」などとは思いもしなかった。でも出会いというのはそういうものかもしれないし,始まりがどうであれ,うまくいくことはある。同性愛について何も知らなかった当時,自分ゲイとして受けいれるとき,彼は私を支えてくれた。二人して彼女探しに精を出し,彼に彼女ができた(これでとりあえず孤独な老人は一人減るわけだ。よかった)。そこからは苦難の道だ。彼女私たち関係を疑った。私がゲイなのは知ってたんだけれど。私たち二人の,か細く編まれたつながりは,ゆっくりとほころんでいった。元に戻せないくらいに。ある雨の夜,私たちは車の中で泣いていた。「どうして? 私たちの間に何かあるんだったら,とっくの昔にやってるでしょ」「あの子は恐れているのは,僕らが寝ることではなくて」「仲がいいことなんだ」思い出すのはいつもそのことだ。

The Half of It は当初ティーンエージャー映画ではなく,20代親友たちの物語だった。お互いのつながりを十分に理解できないまま,レズビアンストレート男子が愛を理解しようとする物語だ。そこで私は壁にぶつかった。(100ページもない話に)私が納得いく形でみんなを満足させられるようなエンディングを書けなかったのだ。自分経験をもとにすれば破局になるし,自分経験を書き換えて理想お話にすることは,できそうにない。あの時,愛をつなぎとめるためにどうすればいいのかわからなかったし,今もわからないままだ。行きづまって,「これをハイスクールの話にしたらどうだろう」と考えた。あらゆるものが色濃くあらわれるのは,ハイスクール時代だけだ。そこで感じることは初めての,そしてそれゆえ一度きりの経験になる。それに,恋愛については,みんなティーンエージャー回帰していくのでは? とも思う。書き進めるうちに登場人物たちがひとりでに動き始め,三角関係ができあがり,完全に別の物語が生まれた。

私の現在地は,中年期におののきながら,ティーンエージャー映画を作り終えたところだ。一仕事終えて,よく見えるようになったことがある。一つ目:私はかつて愛のかたちは一つしかない,と考えていた。A+B-C=愛,みたいな。愛にはいくつものかたちがあることは,この年になってわかるようになった。私が想像してきたよりもずっとたくさん。

もう一つ:エンディングが難しいのは答えを求めるからだ。15年前の最初作品 Saving Face では,「このエンディングはやりすぎではなかろうか」とずっと自問していた。登場人物たちにふさわしいと思う一方で,現実世界でもこのハッピーエンドがありえるだろうか,と言わねばならなかった。でも一人のクイア女性として,それが私にも訪れるのだと信じるために,私はあのエンディングを欲していた。あれでなければならなかった。* この The Half of It では,登場人物たちは一緒になれるのか,これはハッピーエンドなのか,という質問をよくされる。私からは,この映画はだれかとだれかがくっつくという話ではないのだ,と伝えたい。これは,3人の若者人生のある時点でぶつかり合う中で,あるべき自分になろうと思ってよいのだ,という確信を得て,別々の道を歩みだすまでの物語だ。映画の終わりは,彼ら一人一人の始まり意味している。最高のハッピーエンドだと,私は思っている。

(*註:15年後の今,だれもあのエンディングがやりすぎだとは思わなくなった。世界は変わったのだ。そのことがとてもうれしい。

そして私はあの友人を思い起こす。私は The Half of It を,あの友情喪失を乗り越えるために書いたのだ。振り返ってみれば,私が解こうとしていたのは間違った方程式だったのかもしれない。あの関係をつなぎとめるには,この喪失を避けるにはどうすればよかったのかと苦しみ続けてきた。でもたぶん,そこに答えはなかったのだ。何が起こったにせよ,あの関係があって今の私があるのだから。かつての深夜の恋愛作戦会議大事だったのは,彼女とか,恋愛とかそういうものではなかった。おバカな二人が,互いに気遣い理解し,受け入れたこと。エリーポールエリーアスターたちが愛おしいのはそういうところだ。そして彼と私も,そうだったのだと,今になってようやくわかる。

2020-05-02

anond:20200501200017

真面目な話をすれば国内生産への回帰の動きは出るだろうから、それがうまくいけば工作機械雇用、そこから波及となるだろうけどね。

そこから先はなんとも。

anond:20200502053615

消えていく業種はもともと必要ないものだったのではなかろうか

第1次産業第2次産業への回帰

子どもに「きちんと勉強しないとあん人達(第1次産業第2次産業従事者)になってしまうよ」って言っていたのに、先に淘汰されてしまうのは「きちんと勉強した人たち」が就いた職とは

2020-05-01

anond:20200501012209

いや「デザインの敗北」と検索して出てくるように、結局機能文字説明回帰すると思う

こんだけテクノロジーサイクルが早いのに、賞味期限の短い単一アイコン理解してもらえると思う方が逆に古い

2020-04-30

アフターコロナの予想で

サプライチェーン中国依存する危険性がわかって、先進国サプライチェーン国内回帰させる動きが活発化するって予測してる人がいた。

でも、価格競争で勝てないから結局国際分業はやめられないと思う。

2020-04-28

日本核武装すべき理由

MD有効性の消滅

敵性国家同盟国の動向

核兵器の、弱者強者を抑止できる性質

最小限抑止(minimum deterrence)とは

相手に耐えがたい打撃を与える最小限度の核戦力を保有すること」英国場合で言えばソ連人口の約20%を死亡させる能力

https://news.yahoo.co.jp/byline/koizumiyu/20130826-00027568/

2020-04-24

anond:20200423225909

・「内職詐欺在宅ワーク詐欺)」が増える ← まじで嫌だ

外国人技能実習生は来なくなる

中国製品の輸入が減り国内生産回帰

・その結果人件費が高くついて何でも値上がり

・よって日本銀行10年前からから手が出るほど待望していたインフレが到来

しか給与は増えない

・つまりスタグフレーション ← ダメじゃん

(以下は希望

コロナ蔓延による一時的失業者のため家内制手工業が復活

自動運転車ドローンに関する法規制を緩和

自動運転車ドローンによる無人宅配が増加

自動運転車ドローンの遠隔操縦という新種の在宅ワーク雇用創出

抗体を持つ人間血漿を利用した治療法が確立された場合

https://jp.wsj.com/articles/SB12037553245584973720304586340570831107448

https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/20/04/09/06792/

全国各地の献血センター安価療養所転用される

(遠心分離器を用いた成分献血方法血漿のみの採血・輸血は簡単にできる)

2020-04-19

データサイエンティストって具体的にどんな仕事してるの?

一年前くらいから一応データサイエンティストとして働いてはいる.

Pythonライブラリを使って散布図を出してみたり,LASSOで回帰して「この変数重要ですね」って言ったりするだけで有難がられてはいる.

でも少しライブラリの使い方を調べれば誰でも出来ることだし,こんなんでいいのかっていつも思う.

2020-01-04

帰省最終日。大晦日正月で散々いいものを食べさせてもらったのでとても満足のいく帰省だった。

家族の仲が良いので帰省中は苦ではないのだが、問題は帰る方法東京-愛知(実家)だが節約のためバスで毎回帰っている。これもバスの中で書いているがとにかく狭い!

隣の人とたまに足や肩が当たる、ろくに足も伸ばせない、2回しか休憩がないなど実家の居心地はとても良いのだがそこにたどり着くまでがなかなか・・・

リニア実用化されれば新幹線はもう少し安くなるのかな・・・

2020-04-18

anond:20200418115120

とっくに燃やして更地じゃなかった?証拠隠滅完璧だ。

中国国内都市封鎖のフラストレーション需要減で稼げない食えない状態でプチ内戦みたいな感じになりつつ指導部も権力闘争になり

アメリカアメリカ国内生産回帰して雇用をつくりたいにしてもインダスリー6.0くらいにならないと13億人の労働集約性には勝てっこない。だからしばらく中国ファウンドリ依存は避けられない

なのでアメリカも大量に失業者を抱えたまま受け口なしみたいな感じになる

しろ今は安定していて、断続的な感染爆発とかを繰り返しながら5年後にやっと火がでて8年後に大戦とかそんな感じ

たぶん無いけど

2020-04-17

anond:20200417133341

俺はずっと以前から思ってたんだが、元増田のような

2000年代に「会いに行けるアイドル商法」が確立されて以降の

アイドルとかのオタク一般用語としてのアニメゲーム好きの意味ではなく)って

近代以前の芸事を支えていた「旦那」とか「パトロン」の薄い水割りなんだよな

テレビレコード(※古語CD以前の音源媒体のことね)もなかった

江戸時代とかの歌舞伎役者とか落語家てのは「会いに行ける」のほうが普通

少数の太い「旦那」とか「パトロン」に支えられてたんだけど

この「旦那」とか「パトロン」てのは、ごく少数の金持ち道楽だったんだよ

今後コロナウイルス蔓延でいろいろな最新とされるビジネスモデル崩壊して

(どこの国も国境封鎖で経済グローバリズムはしばらく停止やむなし)

昔のモデル像に回帰すると思うんだが

芸能もまた然り、て話なんだろ

anond:20200417081054

オイルショック後と違って原油暴落してるし、外国人労働者が引き揚げたり国内回帰の動きがあれば一気に人手不足になるだろうからそうはならんやろ。

つかよっぽど金刷らないとデフレに逆戻り。

2020-04-07

製造業国内回帰の流れは必須だね

このご時世でもフランスに対して外交やってる中国見てると

2020-04-05

コロナ終息後は結局どうなるのか

セカイの終わりのようなニュース毎日出ているが非日常日常侵食されて戻っていく。


幸いにも、まだ一部の品切れはあるものの、医療品もあれば食料もある。

水と食べ物はないが銃と弾丸はあるような状態には幸いにもなっていない。

ペストの時のように教会裏が死体を埋めすぎて地形が変わるようなそういう状態にもなっていない。

EUの分断は見え隠れするが、戦後ドイツのように1000キロカロリーしか食料がなく病気蔓延する事態にもなっていない。


東日本大震災の時に、BCP対応で1次取引先を分散していたと思ったら2次取引先が共通で大騒ぎになるということもあったが、学んで解決できている。

コロナでも状況が落ち着けば、学びと対策ができることだろう。


まだ先は見えないがコロナ終息後はどうなるのか。

リーマンショックの後は世界貿易量は跳ね返った。

延期されていた投資が戻り、人と物が飛び交う世界に戻るのか。


日本はまだ雇用が守られている状態だ。それでなくとも人不足だった。

失業者が多くでればニューディール政策雇用回復という話になるが、そもそも人がいない。

何十万のお金を配ることが必要と騒がれてるが、配ったらインフレが来る。

一部の商品需要が高く、流通人手不足も相まって商品不足価格上昇が現時点でも起こっている。

少なくともマスクは確実にまた不足する。仮に7月コロナ第1波が収まったとして、次の12月頃に向けて値段が手頃になり始めた時点で買い占めが起こる。


税金を使うにも国内産業が既に外資で固められた状態だ。

自動車はともかく他がない。昔みたいに家電産業国内にはないのだ。

何十万か配るとApple製品を買う列ができるだろう。

地域振興券電子マネー返金の類だと、オークションお金に換えればいいという人が多いと思われる。

かといって急速な需要ができても投資に向かわない。

人を雇って事業拡大しようにも失業者はいない。

機械の導入だと言っても製造業を捨てた日本では作るものがない。

サービス投資だと言っても導入できる機械がない。

(電子マネー対応したレジを導入しても客数が増えるわけでも、客単価が増えるわけでもなかった)


アメリカはどうか。

まれていたシェールオイル企業破綻した。

いくつか破綻した時点で原油減産への合意が次第にできるようになり落ち着き始める。

失業者が多く出たことでニューディール政策は取りやすい。

選挙を控えていることもあり、与野党とも金融財政出動に協力的だ。

AOCがやればできるじゃん!というような政策ドンドン出てくるだろう。


トランプが進めていた工場米国回帰は進む。

コロナから世界貿易量は下がり始めていた。

F-35半導体TSMCで作っており懸念事項だとされていたが米国工場が作られることになった。

今の人工呼吸器の増産を見たらわかるが、米国の強さは生産能力の高さというのがよくわかる。

失業者対策製造業マッチしているのだから工場米国回帰を進めればいい。


日本からアメリカへの直接投資をしているが、逆はない。

ソフトバンクが大量にアメリカ投資したが、結局黒字になれていない。WeWork瀕死状態になっている。

Uberはいいともてはやされたが移民低賃金に支えらえたものだった。

Amazon倉庫絶望し、Uber発狂している人を生み出した。


日本製造業を諦めた。

アメリカの強さは製造業に裏打ちされたソフトウエア産業だった。

Apple/Googleソフトエンジニアが凄いと言っても、差別化ハードウェアだった。

からGoogleはTPUを作るし、大量のサーバーを持つし、衛星を使うし、ストリートビュー向けの機材を揃える。

日本の、これからソフトウェアの時代だと、それまで持っていたハードを手放すことはしてなかった。

2020-04-04

anond:20200404164035

しろこれから不況になるのが丸わかりだからこそ、旧来の考えに都合よく回帰しつつあるのではと思ってしま

2020-04-03

たとえば今さ、墾田永年私財法みたいな法律ができるとして

今はさすがに開墾されてない場所はないと思うから

放棄された農地を使います宣言することに関する法律とか、

そういうのでも良いと思うんだけど。

第三次産業従事者の実体経済(特に農業)への回帰とか、

地域経済の復活とか、

なんかそういうこと起こりませんかね。

大変そうだしナシかな…

2020-04-02

コロナの後の世界について誰か教えてほしい

みんな、コロナ感染がどの程度広がるか?いつ終息するか?経済への影響は?ばかり考えているけど、

実際今のコロナが沈静化しさえすれば元通りの世界がやってくるのかな?

ここまで蔓延したら、もう世界から完全に消滅させるなんて不可能で、更にインフルエンザと違って気温に関係がないらしいから、

我々の日常に完全に溶け込み、常に我々の健康を脅かし続けることになると思うんだよね。


そうなると、これまでのようにコンサートお祭りバーゲンセール満員電車といった密集を前提とした娯楽や生活敬遠され、

ある程度他人距離をとった生活スタイルが当たり前になるのかな?

コンパクトシティなんて一時期流行ったけど、これからは対コロナのためにスプレッドティを目指すのかもしれない。

シェアリング終焉するかも。だって他人と物を共有する事がリスクになるのだから、(以前のように)専有回帰する未来が予想される。


他人と同じ空気を(なるべく)吸わず自分の物は他人に触らせない、そんな世界が待っているとしたら、

今回のコロナは私達に人・物との関わり方のパラダイムシフトをさせた、とも言えるのかもしれない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん