「手荷物」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 手荷物とは

2021-06-03

anond:20210603134025

手荷物チェックとかされた事無いけどな。

まぁ今後はそういう検査する店も出てくるかもな

2021-05-12

省令手荷物検査OK)「法律じゃないのかよ!」←は?なお飛行機

航空機は搭乗前に乗客の保安検査を行う が

航空会社の約款」で行われており

現在も法的な位置づけは明確ではない

 

飛行機も!法律じゃないんだよ!

手荷物検査憲法違反私権制限←は??

なぜ、飛行機で長年行われている手荷物検査鉄道会社がすると

憲法違反改正必要)や私権制限になると思うのでしょうか

 

全く理路がわかりません

 

誰か解説してほしいです

意味不明すぎて頭おかしくなりそうです

2021-04-27

[]

payload

有償搭載量。実際に搭載する旅客手荷物貨物郵便物などの重量で、必ずしも有償とは限らない。航空機の重量計算では、無燃料重量から運航重量を引いた値になる

2021-04-25

駐車場のトナラーが嫌い

適度に空いてる駐車場で、わざわざ俺の車の隣に止めるな。

乗り降りや手荷物入れるときに、目いっぱいドア開けられないだろ。

あとドアパンチとかカバンの金具擦るとか、うっかりやるのもやられるのもご免だ。

2021-04-13

anond:20210412194236

手荷物20kgまでというのは多分間違いで、最大20㎏までの手荷物一個分はサポートしてもらえる(運んでもらえるのかな?)。

?違いが判らん

色々見てみたけど、結局、北欧ならスムーズに移動できる、とはならなくてそもそも設備が無かったりあっても相当な遠回りをしなきゃいけなかったりするんで、

それを是とするのであれば熱海駅から移動すればよかったのでは・・・?と思いましたね。

2021-03-27

注意力散漫な私が物理的に工夫したこと

友達が日々うっかりミスを繰り返してるけど愛嬌で乗り越えておりすごいなぁと思う一方、自分愛嬌ないので地道にこういう物理的な工夫をしてだいぶトラブル減ったなぁと思ったのでメモ

----

■鍵は無くすもの。鞄にリールで繋ぐ。

■財布は忘れるものスマホケースに5千円札を入れておく。電子マネーを使えるようにしておく。

スマホは忘れるもの。身内と会社電話番号メモしておく。

■定期は忘れるものスマホケースに仕込むかアプリ設定する。

手荷物は忘れるもの原則は全部1つにまとめられるリュックにする。

■傘は忘れるもの。鞄に入れられる折り畳みにする。

スマホは落とすもの。頑丈なケースに入れる。

■鞄は通勤用1つ、休日用1つに固定して、それぞれに鍵を繋いでおく。

生理用品は常に鞄に入れっぱなしにしておく。

書類チェックは①指差し確認印刷して確認③2つを重ね合わせて確認 と人より時間かかるけど諦める。漫然と見てるだけだと絶対に見落とす、自分を信じるな。

毎日タスク管理として自分フォーマットを作って、ルーチンは固定しそれ以外は前日退勤時に書き込んでおく。勤務中は常に手元に置いておき何かあったらすぐメモ、退勤時に新しいものを作ったら捨てる。

名刺は鞄とジャケットの両方に常に入れておく。会社の引き出しにも常にケースごと入れておく。来客時も慌てずに済む。

----

防げないイレギュラートラブルもいっぱいあるけど、よく起こることはまあまあ対策できるよね。

他にもアドバイスあれば是非。

2021-01-16

貧富の差って、最近巷で騒ぐほどそんなにありますかね?

貧富の差って、最近巷で騒ぐほどそんなにありますかね?

衣食住で見ていくと、

衣類でそんな、寒くて困る、暑くて困るってことないですかね?

ユニクロの回しもんじゃないけど、私が富豪でもエアリズムウルトラライトダウンを着たいな。

値段を見ないでユニクロで買い物できるお前は富裕層だよって言われたらそれまでなんだけど。

自分程度の小市民だって、毎食外食する気になったらできると思うけど、どっちかというと出来るかどうかよりしたいかどうかではないかな?

菅総理が毎朝ホテルで朝食してたのにそれを自粛するとかい記事を読んだけど、わざわざ朝飯のために外食とかコンビニでも嫌だな。

富豪だって朝飯なんか家でシリアルとか食べてるんじゃないの?

たぶん、イーロンマスクビルゲイツも、私の100倍美味いものを食ってるとは思わないし、もちろん100倍のカロリーをとってるわけでないはずでしょう?

イーロンマスクが食べてる卵、ビルゲイツが食べてる鶏肉、私が食べてるのとそんなに味は違わないと思う。

ウード国王なんて宗教上の制約で豚肉食べてないだろうし。

富豪なら100倍広い寝室で寝てるかもしれないけど、ベッドの広さと幸福度はそんなに比例しないと思う。

富豪の家はセキュリティがしっかりしてるんだろうけど、レバノンのゴーンの家より、日本一般家庭の家のほうが安全な気がする。

ゴーンさんち、爆風がきたみたいだし。

その他

金持ち特権というと、女(あるいは男)と酒とステータスアイテムの所有くらいじゃないですかね。

でも、毎晩とっかえひっかえアイドルセックスしたら幸せかというと、そうじゃないと思うし、実際そんなことやってる富豪いるのかな?

富豪がみんな毎晩高級な酒飲んでるわけでもないでしょう?トランプさんなんかアルコール飲まないっていうし。

ステータスアイテム、それは自慢する相手がいて初めて有用なわけだけど、ほら、いまコロナで人と会わないしさ。

富豪なら無限課金できるから幸せとかそんな感じ?

平穏生活治安のいい街に住む、家族、親戚、友人関係が良好。そういうのが幸せじゃないですかね?

だいたいの問題札束で殴れば解決ってのも真実ではあるけれどね。

富豪によくあるように、訴訟起こされて一年中その相手をさせられるのって、やっぱり幸福度を落とすよ。

追記

テスラに乗ったら目的地に早く着くわけじゃないのに、なんでそんなにEVに首ったけなんだろう?

プライベートジェット持ってるとそんな便利だったりする?

プライベートジェットでも手荷物検査が緩いくらいでアメリカまで早くつくわけでもないよね?

追記の、追記

国産車を買えないくらいに、貧乏だとさすがに富豪よりは幸福度は劣ると思う。

2020-11-07

空港手荷物検査ペットボトル持ち込もうとしたら、中身を調べるので飲んで下さいと言われた

こんなん初めて

2020-10-04

夢日記

世間は新たな不老不死可能性に沸き立っていた。

正確には不老不死ではない。

しかし、確実に、今までより遥か未来経験することが出来る可能性が高まっていた。

アメリカとある研究施設が、20名の成人男女の、10日間の冷凍保存に成功した。

このニュース世界中の注目の的となり、世界中寝ても覚めてもそのニュース一色だった。

研究施設には「私も」「俺も」という冷凍体験希望者の声が殺到し、研究施設側も更なるサンプルを収集する為、定期的に世界中から20名ずつの体験者」を募る様になった。

条件は「健康な成人」。同行者1人まで参加可能

世界中の物好き達がその企画に飛びつき、応募し、倍率は宝くじに当たるよりも高くなっていた。

まさか当たるわけないだろうけど」

「でももし当たったのなら体験してみたい」

そんな軽い好奇心から、私は、共にノリノリだった妹を同行者として、その企画に応募した。

日経ったある日、ぼんやりと見覚えのあるアドレスから、一通の英語メールが届いた。

うそ…いたずらよね??」

世界中で同様のメール詐欺が多発していたし、まさか自分当選するなんて。

オフィシャルサイトを開き、慎重に送信アドレスをチェックした後、本文を開いた。

本文サイトにあるリンクドメインも、オフィシャルサイトにある記述も、念入りに確認した。

「本物だ……」

google翻訳を駆使しながら、血眼になって内容を確認した。

内容は至ってシンプルだった。

2021年11月〇日~2021年11月〇日までの10日間、あなた方は冷凍保存体験を受ける権利を獲得しました。

権利を得る為には、いくつかの条件があります

・当施設体験した事に関し、一切の口外を禁じます違反した場合、1億ドル違反金を頂きます

・当体験で発生した事象について、当研究施設は一切の責任を負いかます。全て自己責任でご参加ください。

・当研究施設までの交通費は、全て自己負担となります

・集合時刻に遅れた場合、当体験には参加できません。

また、この権利はいつでも放棄する事が出来ます

なお、当体験必要最低人数を確保する為、本案内は余裕を持った人数へ送信しております

体験者は先着順で決定させて頂いております。ご了承ください。

この短い文章を何度か反芻した後、私は妹にLINEを送った。

今日、話がある」

「え、まじ!?すごくない!?一年後か。結構後だね」

それが妹の第一声だった。

「まぁ、準備とか色々あるだろし」

そう答える私の言葉を遮って、妹が畳みかける。

「返事した?」

「や、まだ」

「はよせいや!他の人に取られるじゃん!」

「まじか」

「いや、何の為に応募したと思ってんの!?はよせいや!」

「そうだね。『いつでも放棄できる』て書いてあるし、とりあえず確保しとこ」

私は半ば勢いで「同意します」をクリックしていた。

それから私たちは浮足立ったものだった。

世紀の大実験体験。初めてのアメリカ

心配性の母は間違いなく泣きながら(そしてブチ切れながら)反対するので、絶対に言えない。

10日間、いや、飛行機での往復を考えるともう少し、仕事も休まなければならない。

飛行機の往復チケットも取らなければならないし、聞いたこともない田舎にある研究施設までのルート確認しなければならない。

「せっかくアメリカ行くんなら観光とかしたかったよね。でも休み取るの限界だしな」

「まぁ、それ以上のすごい体験をする訳だし!」

「てかさ、アメリカまで行って寝てるだけって、冷静に考えたらうけない?」

「まじそれ」

職場に何て言う?」

「私は適当理由つけて有給申請する」

「げー、姉ちゃん会社ユルくていいな。どうしよ。どんな手を使ってでも休むけど」

「お母さんになんて言う?」

「なんて言おうか…」

「…………」

あれこれ画策しているうちに、一年ちょっとはあっと言う間に過ぎた。

初日冷凍保存され、起きたら帰るだけ。

なので、私達は一泊旅行程度の、冗談みたいに少ない手荷物を持って飛行機に乗った。

「結局お母さんに言えなかったね。どうする?」

「たった10日だし。『LINE調子悪かった』とかで乗り切ろ」

「うん…無理あるけど、どんだけ考えてもいい言い訳みつからなかったしね」

「起きて考えよ!起きてから!ねーちゃん考え過ぎなんだよ」

妹はとにかく世紀の体験を楽しみそうにしていて、

心配性の私は、どんどん余計な事を考える様になっていた。

「当研究施設は一切の責任を負いかますって、でもまぁバンジーでもこういうのあるしな」

生還した、ってだけで、体験者全員健康だとは言ってないよな…いやでも何かヤバイ事があったらこんな実験続いてないでしょ」

「口外したら1億ドル…でもまぁ、うちの会社コンプラ厳しいし普通かな…」

疑惑正当化をうろうろしているうちに、飛行機アメリカに到着した。

事前に入念に調べていたので、乗り継ぎを重ね、研究施設へはスムーズに到着した。

集合時間は午前7時。

研究者の方々から挨拶、改めて体験内容と契約内容確認、体調チェック。

そして、契約書へのサイン

体験前には栄養を蓄える為の豪華な食事でも与えられるのかと思いきや、排泄の関係もあるらしく、この日は何も食べさせてもらえなかった。

妹と「クッソ、出る前ちゃんと食べておけばよかった!」「クマ冬眠前に食べ込むのは一体何なの」と軽口をたたき合った。

「では皆様、防護服に着替えてください」

研究員の指示通り、なんだかよくわからない服に着替え、そのままついて行った。

道中、妹はずっとテンション高めにキャッキャとはしゃいでいた。

私は緊張で震えていた。

「ここが先ほどご説明した冷凍室です。皆様は、この中で専用のカプセルに入って眠って頂きます

みなさまは、ねむっていただきますかー。

研究員の人、一人でも体験した事ある人居るのかな。

いや、今まで報道された人達、全員一般人だったよな。

眼科医絶対レーシック手術しないって原理と一緒じゃね??

色々考えていると、冷凍室の扉が轟音と共に開いた。

から、顔を真っ青にした大人達が、ガタガタ震えながら、研究員らしき人々に支えられ、ゾロゾロと出て来た。

「前回の体験者の皆様です。おかえりなさい!」

研究員達は、張り付いた様な笑顔拍手を送っていた。

これから体験する参加者人達も、英雄を見る様な目で見つめ、共に拍手を送っていた。

え、おかしいでしょ。

あの状態人間に、拍手おかしいでしょ。

つか、これ私の体力じゃ絶対無理でしょ。死ぬでしょ。

こわい、どうしよう、こわい。

でも、多分これはいもの考え過ぎだ。私の悪い癖だ。

こんな貴重な体験が出来るんだから、余計なことは考えたらだめだ。

現に、あの人たちは生きて還って来てたし!

「では皆様、中へご案内致します」

研究員がそう言った瞬間、私は研究員の腕を掴み、言った。

すみません、辞退します」

妹は既ににこにこ顔で冷凍室の中に入ってしまった。

承知しました。ではあなたはここで。お気をつけてお帰りください」

もっと怒られるかと思ったのに、研究員は驚く程スムーズに、笑顔で私を解放してくれた。

というか、切り捨てた。

妹も引き戻そうと中に向かって妹の名前を叫んだ。

すると、先ほどの笑顔のまま、研究員は私の前に立ちはだかり、同じ台詞を繰り返した。

あなたはここで。お気をつけてお帰りください」

冷凍室の扉は、閉じた。

なすぎる荷物を抱え、私は研究室敷地を後にした。

何もない。ここがどこかもよく分かっていない。おなかもすいたし、ひどく疲れた

何より、妹をどうしよう。お母さんに何て言おう。

妹は無事に出て来てくれるよね?

10日間、どうしよう。

宿は?ここから一番近い街は?こんな時間にどうすれば?

着替えもほとんどない。とにかくきつい。

妹は大丈夫だよね?

10日間どうすれば…

思考が延々ループして、不安で泣いているうちに目が覚めた。

夢で本当に良かった。

汗びっしょりだった。服脱いだ。

冷凍されてなかった。よかった。

2020-09-18

anond:20200917183131

マスクに関しては、乗る前から必要ってわかってた事じゃないの?

その上で守らないから追い出された。

他人の席に座って移動しないとか、手荷物規定より多く持っていったとかに近いのでは?

2020-05-08

そろそろ純粋旅行ゲーが出てもいいだろ

綺麗な景色の中をうろつくだけで終わりのやつじゃなくて

金払って交通機関に乗って、ホテルに行って荷物置いて、観光地に置いてある説明看板も読めて、その辺で買い食いできるようなやつ

VRも発達してきてるんだしここらで一発出してみてもええんちゃうか リアル旅行もできなくなっちゃったマジで今がチャンスだよ

空港手荷物検査抜けたあとに自販機で水を買うとか、電車の窓から見える富士山写真を撮るとか 俺はそういうことがしたいんだ

絶対コアな需要ある ないかな……

2020-05-06

俺のソーシャルディスタンス圏内ベビーカーが入ってくる

レジに並んでたら、後方のわりと近距離に気配を感じたんだ。

接見ると角が立ち、トラブルのもとになりそうなので、それとなく横を向いて視界ギリギリに入れたら、ベビーカーを押したご婦人が見えた。

ベビーカーは私のすぐ後ろ、手を伸ばせば届きそうな位置だ。

それぞれ事情があるだろうから、こんな時期でも子連れで買い物をせざるを得ない人もいるだろう。

でも、赤ちゃん自分自身以上に慎重に守って欲しいものだ。大人よりもずっと低い位置にいるんだから、ずっと遠くからの飛沫が飛んでくるだろう。

仕方がないので、少しだけ前に進んだ。その分、前の人との距離が縮む。

すると、後ろのご婦人も前に進んできた。自分ソーシャルディスタンス前後ともに警告レベルですよ。

なんとなく息を止めた。

息を止めているうちに自分の番になったので、一気にレジの端まで進んで距離を取り、「いったいどんな面をしていやがる!」とばかりに ご婦人を見た。

お婆さんだった。

ベビーカーには買い物袋とか手荷物が載せてあった。それにしたって、距離詰めすぎですよ。

2020-03-12

anond:20200312121833

報道が加熱する前から気になっていた (あぐー豚について飲食店の人に聞いていた) が、無駄じゃないんだよ…海外から持ち込まなければ清浄国だったんだ。豚肉製品手荷物に入れてカジュアル密輸入する人のせいなので、報道危険性が知られるのは大事。食べられないのも辛いが殺処分ほんと辛い…

2020-02-13

空港が好き

飛行機には帰省しか乗らないのだけど

窓際で離着陸を眺めたり

乗らない便の発着時間を調べたり

出発する前も楽しい

すれ違う人全員に行き先が有るのが良い

飛行機に乗り込んでからも良い

着陸より離陸が好き

心地よく眠って起きれば目的

預けた手荷物は無いので、待たずに真っ直ぐ出口へ向かう

おなじみの決まった手順で空港から空港へ渡る過程が心地良い

2020-01-29

anond:20200129110445

小綺麗だろうと、荷物置きがあろうと、結局自分カプセルに鍵が出来ないのは致命的でしょ

価格差がそこまで無いなら敢えてカプセルホテルを選ぶ理由も少ないし

ほんと荷物が少ない旅行とかなら良いけど、機内持ち込み不可レベル手荷物あるなら普通ホテルだね

あと、狭い立地に詰め込みまくってるから共用施設は大概ピー時間は混んでて意外と予定狂う

どんなにカプセルホテルが頑張ろうと一生ビジホを超えることは無いし、それが価格カバーなら正直同立地のビジホの1/3じゃないと割に合わない

2020-01-26

anond:20200126115310

元増田じゃないけど気になったか勝手に答える。

---

#マジで痴漢やめろ … どのツイートで判定するべきか分からないが、この文言自体不快

STOP! 映画泥棒 … BGMと踊ってる奴が不快。内容はそうでもない。

人をぶっちゃダメなんだよ。 … 不快でない

飲酒運転根絶ポスター … ざっと見た感じではどれも不快でない。

万引き犯罪です … 不快

警備員巡回中 … 不快でない

ゴミ置き場 いつも清潔に 収集日を守りましょう … 好感が持てる。

ゴミ不法投棄は断固許しません … 不快。なんでそんな偉そうなのか。

ゴミ捨て禁止 ゴミは捨てずに持ち帰りましょう … そうですね。ごもっともです。

ゴミ持込禁止 家庭ゴミの持ち込み固くお断りいたします。 … ちょっと不快

誰か見てるぞ! … 知るか

---

マジで痴漢やめろ」とか、「万引き犯罪です」は犯罪者に言うべきことであって、それを(ポスターなどを見た)全員に言っているのは全員を犯罪者扱いしている。不快

収集日を守りましょう」とかは、言う側と言われる側の分断がなくて、良い状態を掲げてみんなでそれを目指そうと言ってる。不快じゃない。

警備員巡回中とか、元増田ブックマークで何人か指摘してる監視カメラとか手荷物検査は、そもそも何も訴えていない。「誰か見てるぞ」も、マナー法律違反行為について何も言ってない。不快じゃない。

飲酒運転映画泥棒不快でないのは、そもそも運転しないし、映画館に行かないか自分に言われてる実感が沸かない。

「人をぶっちゃダメなんだよ」が不快でない理由自分でも分からない。

2020-01-20

デリヘル嬢した経験を盛らずに書く。

但し、もう十数年前の話で、しか短期間(2ヶ月半くらいかな)しかしていない。

当時の私のスペック

デリヘルをした動機

  • 切実にお金がなかった。


要はお金自分精神衛生上問題

給料待遇、客の払う料金など

  • お客の払う料金は一本(60分)17000円。指名1000円。当時としては格安
  • 客の払った料金から、衛生費1000円、プール1000円を引かれて、8000円が嬢の取り分で残り7000円が店の取り分。
  • プール分は月末にまとめて貰える。
  • 給料前借りOK、社保完備をうたっている店だったが、そんなの利用する人、いたのだろうか……?
  • の筈なんだけど、私だけ週5勤務強いられていた……。ドライバーさん達に聞いたら、そんなの私だけだし、どうして店長が私にだけやけに厳しかったのかは、謎だという。
  • 年に数回しか働かない嬢、しばらく音沙汰がないと思ったら唐突電話をかけて来て、「今から働くから迎えに来て」っていう嬢がほとんどだったそうだ。

面接入店手続き面接

  • 書類二枚書かされる。
  • 研修内容は、かなり最低限のプレイだけ。礼儀的なことはちっとも教えてくれなかった。そこらへん詳しく教えて欲しかったんだが……。




仕事内容について



  • 一本60分だけど、10分前にはドライバーさんがお迎えに来てて、早く帰ってこいと電話で急かしてくる。そのため開始40分でいそいそと帰り支度を始めることになる。
  • 大抵は一日二本くらいしか仕事がないし、0時過ぎまで働きたい嬢はそんなにいないらしい。
  • にも関わらず、私は毎日4本くらいこなして朝帰りだった。


仕事仲間達



大体お金の為に働いていた(当たり前。

私は他の嬢とあまり顔を会わせないようにされていたので、他の嬢に会ったのはほんの数回だけだったが、こんな人達がいた。

  • 21歳強者。当店最強の女と言われていた。すごく美人。いつもお洒落スーツを着てた。客から本番を強要されると、客に蹴りを入れて帰ってくる。何か欲しい物があるときしか出勤しない。

店長ドライバーさん達

店長は中卒で数々のバイトを経てデリヘル経営者になった人。女子を押し倒すのが得意。気がついたら天井が見えて床に転がされているしどこも痛くない、すごい。そこだけは感心した。

ドライバーさん達は大抵昼は何か別の仕事をしている、普通人達。皆車持ってる。ワゴンミニバン

こんな人達

  • 推定三十代。顔面傷だらけで不死身そうだった。嬢に何かあった時に客のお仕置きに動向する係(立ってるだけだけらしい)。顔恐いけど優しい。店長がいない時に店を切り盛りする人その①。
  • 四十代会社員睡眠時間1時間半で生きているといっていた。常に半袖でほかほかに放熱している。店長がいない時に店を切り盛りする人その②。
  • 27歳食いしん坊。嬢を待つ間にラーメンを食べて時間を潰すのを日に4回やってもまだお腹が空くと言っていた。凄く痩せていた。食費の為に働いていた。



お客さん達

  • 大量の靴を所持している人が多かった。
  • 本、何かよくわからんがらくた、爬虫類etc.を溜め込んでいる人もいた。
  • 部屋をお洒落にしている人が多かった。
  • 寝床を変な場所に隠すように設置している人もよくいた。動物の巣かな?みたいな。
  • 8割普通の人。
  • 真の変態には一度当たった。
  • 真の危険人物には幸い当たらなかった。
  • しろこっちが料金を支払うべきでは?という気がしてくるような攻め好きな人に一度当たった。
  • 凄いイケメンにも一度当たったけど、かなり恐い人だった。
  • 物凄く世を僻んでいる人に一度当たった。
  • 写真撮りたがった人は、二人。

仕事での困りごと

  • 礼儀面でのことをさっぱり教えて貰えなかったので、着ていく服装挨拶の仕方を自分で考えなければいけなかったので困った。
  • 他の嬢との接触をほぼ断たれていたので、相談する相手がいなかった。
  • 三回利用すれば本番出来るの当然でしょ?という客が半数くらいだった。
  • 本番禁止店長からは強く言われているものの、よくいわれる「自由恋愛」というやつで、その場の裁量に任されている感じだった。
  • なのでお客さん達は当然出来るものと思っている。

よくわからないと思ったこと。


気付き

  • 行為する相手の年齢容姿を私はわりと気にしないということを知った。
  • 禁止と言われていることを破られる、破らざるを得ないということの精神負担想像よりも重かった。


結論

すごく、気疲れした。

追記


  • 当時の私のお財布事情を書くのを忘れていた。大体、一日に2~4万稼いだ。多い時で5万ちょっと指名料とチップ含んで。
  • よく店長ドライバーさんから、「今は新人から優先的に仕事つけてあげてるし、素人っぽいから人気もあるけど、そのうち慣れて油断するとお客さんが離れちゃうから気を付けてね」って釘を刺されていたので、いつ仕事がなくなるかビクビクしながらやっていた。なのでお金は貯める一方になりがちだった。
  • 私は根がケチに出来ているんだと思う。同じ状況でも散財する人はするだろう。

  • 本番強要の件は本当に相談出来る人がいなくて困った。
  • 実のところ、客の言うことを大人しく聞いている方が安全なのでは?と思う事がよくあった。

  • 朝、仕事から帰って、寝て昼に目が覚めたら、シーツのあちこちに血が着いていて驚く毎日だった。ただプレイしているだけで、全身の至るところに擦り傷が出来ていて、そこから血が出ている。
  • 下着を脱いだら生理でもないのに鮮血に染まっている。指挿れされて知らないうちに傷が着いている。
  • なんか痛痒いなと思ったら乳首にざっくりと歯形がついていて、しか結構深かったのは怖かった。ただプレイしただけで薬を盛られた訳でもお酒を飲んだ訳でもないのに、プレイ最中必死なので、怪我しても気付かないみたいだった。

2020-01-06

anond:20200106100349

麻薬捜査犬はあれコンベア分は一応全量検査のはずだけど手荷物で本人が持ち込む荷物にかんしてはどうなんだろう?

2019-12-27

駅とかのトイレってさ

洗面台が離れたところにあるから、用を足してから手を洗うまでにあっちこっち触ることになるじゃん?

自動水洗じゃなきゃ流すボタンレバー押すし

ベルト締めるし 上着着るし 手荷物持つし 扉開けるし

触った箇所が汚染されていくとすると、深く考えなくても汚いよね

手はすぐ洗うからいいけど、他に触れた箇所はきっと半日汚染されたままだ 何かの拍子にまた触るかもしれない

手だけ洗ってそれでいいのかな??? (手すら洗わないで出て行く人も多い)

たまに潔癖症で何でもハンカチを挟んで触る人がいるけど、馬鹿にできないかもしれない

それとも食べ物以外は気にしなくていいのだろうか?

汚れを可視化して見てみたい

2019-12-10

社内では指紋カードによる2重のセキュリティーがあり、退出時には持ち出し防止の手荷物検査実施

ロードリンク・萩藤和明執行役員は「パートは毎回やっているが、正社員不定期」

ネコババするのはバイトパートに決まっている、という思い込み

2019-11-29

ガソリンが警戒され、最近手荷物検査水筒の中身を確認するようになった

となると次はなんだろ

丸め雑誌かね

2019-11-09

祝賀パレード観に行こうとする奴がちょっと理解できない

長いこと手荷物検査受けるの待って、その後どうするんだ? 脚立も三脚自撮り棒も使えないぞ? どうやって大勢の後ろの方から見るんだ?

わざわざ集まった大衆見たさに出掛けて行くのか? テレビ映像流してるのにか?

警備は相当厳重だろうが、平成の時みたいに爆竹騒ぎだの何だのが起きないなんて保証はどこにも無いぞ?





っていう感じなのかなと anond:20191102151637 を読んで思った。

天皇陛下即位奉祝。

屑な臣民はおとなしく家にひきこもって観ます

2019-11-07

憧れのビジネスクラス

私の人生における唯一の楽しみが年に一度の海外旅行である

エコノミークラスお客様こちらでーす!」と私の目をしっかりと見つめ、親切丁寧にチェックインカウンター手荷物カウンター場所を案内してくれるグランドスタッフの方々には本当に頭が下がる。

さも当然のように…エコノミークラスに…

ちくしょう。いつか吠え面かかせてやる

みてろよグランドスタッフどもめ

2019-10-21

[]【2】2019 秋、マレーシアシンガポール

<< この旅行記の先頭へ


anond:20191021083746




Day,2



2日目

多民族国家へようこそ


日本代表プール突破は嬉しいが、このまま頭がラグビーモードだと初めて訪れる国では差し障りがあろう、羽田深夜発の機内では眠りたかったが、毎度のごとく機内での不眠グセが顔を出し、結局一睡もできなかった。

今日は到着のクアラルンプールからいきなりバスで2時間ほどのマラッカに移動して、ホテルへのチェックインとなるので、こなすべきタスクが多い。

不安もないではないが、その不安自体について考えすぎるのも精神衛生上悪いので、あまりいかけないことにした。

現地時間午前6時に到着したクアラルンプール国際空港手荷物預かり時までモノレールで移動するという、日本ではちょっとお目にかかれない構造に軽く戸惑ったが、入国管理カードすら必要なく、拍子抜けするほどあっさりしたものだった。

空港内のコンビニで水を買い求めたりしたが、マレーシアの人は柔らかな笑顔で応対してくれる。

これは南国の気質なのか、旅人価値あるものとする、イスラムの教えなのか。

クアラルンプール国際空港から一旦、市内中心部のKL セントラルに向かうため、高速バス切符を買う。

バスチケットセンターのお姉さんんがちょっと硬い感じだったのと、スーツケースバスに積もうとトランクの近くにいたおじさんに声をかけたら客だったという小さなイベントはあったものの、ここでも概ね笑顔対応を受けた。

しかし、バスが走り出してすぐ、東南アジアあるあるの「異様に強い冷房」に遭遇。

日本からやや厚手のスウェットブルゾンを持ってきていたので、ジップを上げてなんとかしのぐが、これはなかなかの強さだ。

見ると、前の席のお兄さんはダクトに空港手荷物預かり証のシールを貼って塞いでいる。

そうか、その手があったか

KLセントラルに到着し、少し館内を散策する。

ここは交通ハブでもあり、観光客も多いのだろう。

でも、おそらく日常でここを使っている人たちの姿を見ると、その多彩さに驚く。

ヒジャブを被っている女性マレー系だろう。

長い髪も露わにひたいにビンディをつけてる女性がいる。

きっとタミル系だ。

カフェでは中華系の壮年男性が30台ほどに見える浅黒いマレー系男性ビジネストークをしている。

全く違う人種宗教の人々がここまで日常感を放ちながら共に暮らしている姿は、日本ではなかなか見ることができない。

セントラル地下には好レートの両替所があり、此処での目当てはそれだが、両替開店にはまだ早く、カフェ時間つぶし。

初めてのマレー飯、カヤトーストを食す。

トーストに挟まれた謎のスプレッドは色といい味といい、ランチパックピーナツクリーム連想させた。

開店した両替所でリンギットとついでに少額のシンガポールドルを手に入れたら、次は今日宿泊マラッカ行きの高速バスに乗るため、中央バスターミナルにかないといけない。

ここで、東南アジアUberといえるGRABを使って見ることにした。

アプリアカウントと支払い情報入力し、地図上で行き先にピンを指して配車すると、やがて銀の車がやってきた。

降りてきた男性中華系だった。

日本以外のアジアは「運転が荒い」という印象があり、事実マレーシアも聞くところによるとそうらしいのだが、GRABで配車されるタクシーアプリ評価システムが内在されているからか、実際に乗って見ると非常に安全運転だった。

ちゃんに礼を言い、中央バスターミナルTBSへ。

バスに乗ればマラッカまで2時間

乗り込む前に腹ごしらえすることにした。

フードコートで頼んだのはカレーラクサ。

ココナツカレー味のうどんのような麺でかなり辛い。

このラクサ中華マレー人の作る「ニョニャ料理」とされていて、それならばこれから向かうマラッカが本場なのだが、どうもマレー料理地域によってかなり味が違うようなので、クアラルンプールでも食べて見ることにした。

ココナツマイルドさとゴロゴロはいっている鳥の骨つき肉が味に厚みを与えているが、かなり辛い。

大汗をかきながら完食し、すぐマラッカへのバスに乗り込んだ。



古都マラッカ海鳥匂い


幸い先ほどよりも冷房がキツくなかったバスに揺られて2時間古都マラッカに到着した。

降りた瞬間に塩の匂いというか、海鳥匂いがする。

思った以上に海が近いらしい。

さっきの流れで慣れたので早速GRABでタクシーを呼び、今夜の宿、ダブルリーバイヒルトンマラッカへ。

ホテル世界最高レベルで安いと噂のマレーシアだが、通された部屋を見て驚いた。

広々としたリビングキングサイズのベッド、眼下にはマラッカの町並み。

ベトナムで泊まったホテルニューワールドにも驚いたが、1泊7,000円弱という値段を考えるとこちらの方が衝撃は大きい。

マレーシアなら東急イン以下の値段でラグジュアリーホテルに泊まることができる。

チェックインも済んだので、マラッカ旧市街に繰り出して食事でもしよう、そう思ってホテルを出たが、少しオランダ広場を見てから繁華街に向かうと、ほとんどの店が閉まっている。

おかしいな、祝日かな。

目当ての店もどれも閉店だ。

気になって調べて見ると、マラッカの街は夜が異様に早く、食事の店でも多くは18時、早い店だと16時には店が閉まってしまうらしい。

晩御飯を食べに出たら店はどこも開いていないというわけだ。

辛うじて空いていた中華系の店でローストダッグと空芯菜炒めをつまみながら、「これは世の中の常識定義全然違うなぁ」と思った。

ポストしたレビュー応援してくれるコメントも頂いたが、辛辣評価もついた。

寝不足で動き回る異国の地、曇天の空には海鳥の鳴き声が響きまくり、店は閉店、レビューにはお説教

うまくいかない日な気がしてきた。

まあ店が開いていないなら仕方がない、昨日からロクに寝ていないんだし、今日はさっさと寝て、朝早くからマラッカの街でニョニャ料理を楽しもう。


【3】2019 秋、マレーシア・シンガポール 3日目 |まぜこぜの国 へ >>

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん