「散策」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 散策とは

2022-06-27

月曜日はやる気がない。

やる気がないなりに、メールを読み書きしたり、チャットで返信したり、打ち合わせに散策していると、意外と立派に働いている扱いとなる。

やる気はないが、ないなりに生活できる。

生活費を稼ぐことはできているし、遊んだりすることはできる。暑さや寒さを凌ぐことも。

あとは、余程のことがなければ激しい怒りを感じることもない。ちょっとイラッとすることはあるが。

波の穏やかな浜辺にたどり着いたのだろうか。

2022-06-25

anond:20220624174011

ラウンジお茶したい、優雅な気分になれる

婚活じゃないけど、目黒雅叙園の庭が見える喫茶店がとても良いですオススメ

一面大きなガラス張りで庭が見れてゆったりした気分になれる

滝もあるお庭を散策もできる

名前調べた

目黒雅叙園 カフェラウンジ パンドラ

検索すると出てくる

2022-06-18

ウーマナイザーを買った

結論から言うと、人生が変わった。

良い方に。

きっか

最初にウーマナイザーの存在を知ったのは、某芸能人スキャンダル記事だった。

芸歴も長い美人タレントってことで、それだけ夜の経験も人並み以上あるんだろうなと思った。

彼女の愛用品(推定)なら、それだけすごいやつなのかな…と、漠然と思った。

でも自分アダルトショップに入る勇気なんてなかったし、ドンキ暖簾も見ないふりしてしま人間だ。世間の目も身内の目も気になる。

その時はそれだけだったが、

その後、峰なゆか氏がオススメしている投稿を見てしまったのである

Womanizer Premium2。

なんかすごそう。しか峰なゆか氏も愛用している。

氏のファンである自分としては、効果太鼓判を押されたような気になった。

こうなるともう、がぜん気になってくる。

ググったら2万くらいして「高ェ…」と思ってしょんぼりした。

■購入

「ウーマナイザー」で何回も検索したし、買えるオンラインショップも分かった。

それでも購入する勇気はなかった。なんせ高いし。

百貨店irohaが置かれる時代でも、女で性具買う精神的なハードルって高いと思う。自分だけかもしらんが。

結局、商品ページをブラウザ履歴に残したまま、たまに覗いては「う~ん…」と閉じるのを延々と繰り返していた。

そんな時、都心に出る用で私は一人散策していた。

渋谷にきて、たまたま、そうたまたま渋谷パルコの地下に足が向いた。

飲食街だがレコードなどのサブカル的な店舗もあり、その並びに、しれっと『コンドームショップ』があった。

へー、と思って入ってみた。開かれた店舗で、照明も明るい。ありがたいことに、「性的なことに興味がある」のを後ろめたく感じずに入れる空気があった。

客がいなくて、レジにいるのも若い女性だったのも後押しになった。

周囲の人を気にしつつなんでもないような顔を取り繕って入った。

多種多様コンドームセックス用のローションが陳列されていた。(いかにもなバイブとか、コスプレ服とかは置いてなかったと思う)

そこで自分運命的な出会いを果たす。

ウーマナイザー スターレットである

お値段なんと3000円台。手の中に隠れる小サイズ

商品POPには、女性かわいい字で「スターターモデルとしておすすめ!」とかなんとか書いてあった。

これなら買える!!!

瞬間的にそう思い、レジに行った。

内心バックバックだったが、レジのお姉さんはにこっと笑って、使う時に困らないように説明をしてくれた。

挙動不審になっていないか不安すぎて無表情で「ハイハイ」って答えてしまったけど、

あの時のお姉さんの笑顔は、後ろめたい気持ちが蘇りそうになった時に今も支えてくれてる。ありがとうお姉さん。

使用

試した。

素晴らしかった。

え?え?と思う間にどんどん気持ちよくなってしまった。

これまでの人生の中で、「すごく気持ちよかった」セックスは2回くらいで、それと同じか、上回るくらいのエクスタシーだった。

そもそもセックスって、相手との関係構築だったり雰囲気だったりコンディションだったり、色々な条件が重なって初めて、「満足」に至ると思う。

あくま個人的感想です。私は経験人数も少ないです。

それがこんなに手軽に手に入るなんて。

その後、ウーマナイザー スターレットのお陰で、配偶者とのセックスレスに悩まなくなった(淡泊な人なので)欲求不満で「不倫…」が頭によぎることもなくなった。

し、結果的に今までで一番良い関係を築けていると思う。

とかく、性欲に振り回されてもろくなことがない。

何回も使ってる内に慣れて快楽が鈍化するかな、と思ったけど、今のところ繰り返し楽しめていますコスパよすぎ。

多分一年以内にはプレミアム2を買う。

長々と書いてしまったけれど、性的欲求を抱えて悩んでる女性は買ってみて損はないと思う。

というダイマでした。

2022-06-14


   東京もぐらウォーキング

     東京の街を散策し、昭和天皇がどのような思いでこの街計画したのかを知る。市街区全体から真夏日本人に対する邪推

   この都市の中で生活してもらわないと人は何をするか分からない、という、昭和天皇の、人間に対する確実性を欲していた形跡を辿る。

2022-06-01

マジで死ぬかと思った

長くなるけど、まじ怖かった

要約すると、やべーやつに目をつけられて拉致られそうになった話

大道芸人グループが駅近くでショーしてて、

終わったあとに面白かったから百円取り出して入れようとした

その時に財布から500円も落としちゃった

近くにいた芸人の1人が拾ってくれたんだけど、「いやーありがとうね!本当に縁だね」とかいってそのまま百円と合わせて箱に入れようとしてた

すみません、それは返してほしいんですけど」って言っても無視された

3回目で流石に返してもらえたけどあからさまに舌打ちされたし「何だコイツ」とか言われた

ひどい言いようされて腹がたった

ちょうど芸が終わったタイミングなんだけど、

このやり取りを聞いてた観客に「どうおもいます??」ってきいた

近くにいた女子高生集団が「それおかしいだろ!」って言い出して、他の人はそこまで大声ではなかったけど「ひどいね」とか言いながら投げ銭せずに去っていった

結局俺の百円以外は入れられなかった

その後、昼飯を食べようと裏路地散策してたら「にいちゃ〜ん♪」と聞き覚えのある声が後ろからした

あの大道芸人だった 

さっきのショーの場所からは5分程歩いたところで、多分つけてたのか?

後ろを見ると取り囲もうとする動きをした複数人の男たち  

まじで?そこまでする?

近くにあったケンタッキー屋に駆け込んで「警察呼んでください」って頼んだ

まじで頭おかしい奴らに関わってしまった

ってとこで目が覚めた

夢だった完全に  

ま〜〜〜じで良かった

ほんとにこんな夢を見た

2022-05-14

2022年就活感想・やった方がよかったこ

めでたく一区切りついたので、現行の就活制度に対する感想と、役立ててほしいなと思うことなど。

選考関係ありません(ある)

「この面談は、選考関係ありません」の文字列をいくつ見たことか!

とにかくどの会社絶対面接」と言わずに、「面談」「OB訪問」「選考関係ない」の三点張りで通してくるのが恐ろしい。

これを言われるともう自分が今どの選考ステップにいるのか全くわからず、霧の中をひたすら彷徨う気分で就活していた。

一回限界になって、かかってきた非通知の「次回”面談”案内」の電話に、これって本当に選考関係ないんですか!?と聞いたことがある。

関係ありません」と言われたのでその場は下がったのだが、後日メールで「次回面談の案内はいつ来るのか」と質問してみたところ、「選考に関わる内容には答えられません」という返事が返ってきた。どっち!?!?!!

1回「複数人キャリアデザイン面談服装自由選考関係なし」と謳われたものラフシャツで参加してみたことがあるのだが、自分以外の全員ネクタイ締めてたし、その後その会社からの連絡はずっと途絶えている。悲しい。選考関係ないって言ったじゃん…。

自分の今している行為がどこに繋がるのか全くわからない(当然選考フローは未公開)というのは想像以上に精神に負荷がかかり、最後の方は正々堂々戦え!!と刀を振り回す炭次郎みたいになっていた。鬼滅エアプなので違ったらすみません

経団連スケジュールガバガバ

経団連広報3月選考6月からと謳っているが、上記のように「※選考関係ありません」の脱法面接がはびこるだけだし、ここら辺どうにかなりませんか?

ベンチャーとかは10月くらいに堂々と「面接」のメールをくれるのだけど、表向き経団連を遵守しているスタンス大手はほぼ脱法面接※選考関係ありません(ある) だった。

正直学生を守るどころか学生の敵だと感じる。正々堂々戦える場を作ってくれよ!!

殆どweb面談なのは

これは2022年ならではのメリットだなと思う。

オンラインから1日に複数面談予定を入れれるのも利点。

対面で呼び出されてもコロナ禍ゆえにマスクをつけたままの面接となり、個人的にはかなり気持ちに余裕ができた。

一方でカメラ越しだと表情がわかりにくくもなるため、オーバーに表情を動かす練習はしていた。

オープンチャットを使うべき

ワンキャリアとか5chとか色々あるけど、断トツで役に立ったのはオープンチャット

一般就活グルは不便。会社名入った個別グルに入ると非常に有益情報が得られる。

選考フロー質問の内容、大体の進み具合をリアタイで共有できるのはとても参考になる。ワンキャリアも便利だけど過去情報しかないのでどうしても今年とはズレが出る。

また、会社によってグループチャット雰囲気が本当に異なり、これは絶対確認しておくと良い要素だと感じる。

雑魚」などの強い言葉学歴マウント下品名前芸のアカウントが飛び交うグルがある一方で、はきはきと情報交換がなされ、励まし合うグルもあった。

そういう人たちが多く志望する(内定を貰う)会社なんだな~という視点企業を選ぶにあたって役立つと思う。

ほんとに終始レスバのようなグルもあるので、社会見学に見てみるのもオススメ

Twitter

これは逆に全く使ってない。

こう言うとなんだけど、twitter就活界隈はサロンとか陰謀論界隈と雰囲気が似ててあまり信用できない。

中にはちゃんとした情報を発信してくれる人もいるんだろうけど…。

有名な人でも現行の就活会社情報と違ったこと言ってること多々あったし、見なくて良い。

5ch、まとめサイト知恵袋

信用してはいけない。

たまに真実を言ってる人もいるけど、嘘がかなり多い。

総合職一般職を混同したまま○○会社ノルマが酷いかブラック!と言っている人がいっぱいいる。信用してはいけない。

エンカレッジなどのメンター制度について

自分はエンカレッジメンターに月イチで面談してもらってたけど、正直そんなに役には立たなかった。

メンター別に研修を受けたわけじゃないただの学生だし、ピンからキリまで

メンターに頼るよりも大学キャリアサポートセンターに頼るか、または図書館学生相談に駆け込んだ方がよほど良かった。やはりプロ添削が一番参考になる。

もしくは、市が運営してるキャリアセンターに申し込むのもあり。就活つらたんテンションの時にお話聞いていただけます

就活本を買うべきか

最初に1冊買えば十分かなって気はする。

右も左もわからない4月くらいにインターン自己分析それぞれ1冊買って、自己分析の指針にするくらいがちょうどいいかなと。

後は小論文の本とか志望動機の本とか1冊買って読んでおくと、面接で喋ることの引き出しができたりして役立つ。

インターン説明会に参加するべきか

これも1回参加すれば十分だと思う。

インターンに参加すると特別選考案内くれる会社もあるけど、特にそういう制度がないなら企業分析がてら気楽に受ければよいかと。

ガクチカ

無理にデカいことを言う必要は全くない。

課題点、その課題点をどう解決たか、周りの人にどう影響を与えたか、それらを論理的に話せばよい。

盛るとしたら「大した課題点はなかったけど課題点があったことにした」くらいの盛り方をするべきで、ボランティアやったとか海外行ったとかの事実の盛りは全くいらん。

SPIwebテスト

数学(特に計算)が得意な人、日ごろから本をよく読む人はあんまり対策しなくていいかなと思う。

自分は元々公務員勉強をしていたこともあって、特に対策なしで高得点が取れた。

今はテストセンターに出向いて密室で受けるのが主流(特に大手は)なので、替え玉とか解答集とかは活躍の場を失いつつある。やめましょう。

公務員民間どちらが良いのか

公務員筆記試験の点数と面接の点数の合算で合否決まるところが多いので、面接全然自信ない人は狙うのもアリ。

勉強は大変だけど学校で習わないことが多く、個人的には非常に楽しく受験勉強できて良かった。判例のしい。

また、体感だと大手民間説明会がはきはき!バリバリ!という人が多く登壇する一方、公務員のんびりした人が多い印象だった。

集まる人の層は明らかに違うと思うので、多くの説明会に参加して見極めるとよい。

公務員試験と民間面接時期はガッツリ被るのだが、今は民間の多くがweb面接をしていることもあって、並行するのは全く無理な話ではない。

流石に民間10社とかは厳しいけど、3~4社なら民間面接進めつつ公務員試験も対策できます

職場見学

全然やる必要はないけど、自分が働くであろう職場の周りを散策し、実際ここで長期間働けるものか…とイメトレするのは有用

企業分析をやり始めると最初の内は年収とかやりがいとか見てしまうのだけれど、「この環境長期間い続けられるか」という視点もかなり大事だと感じる。

逆質問

自分は毎回「御社の一番の課題点は何か、その課題点をどう改善していくべきか」を聞いていた。

自分志望動機の参考にもなるし、会社の特色がはっきり出る質問だと思う。

数人に聞いてみて、全員が似たような課題点を挙げ、かつ現状進む改善案を教えてくれるような会社は、方針が共有されている良い会社だと感じた。

学歴フィルター

ある。が、就活を進める中で(特にTwitterオープンチャットを見ていて)感じたのは、学歴による話し方、話題選択肢ESの書き方の明確な違いだ。

いわゆる高学歴の人が書くES論理的で、時事や社会問題も練り込んだ質の高いESになっている。

一方で低学歴の人が書くESは所々日本語おかしいこともあるし、自分なりの意見が出ているとは言い難い。仮に学歴フィルターが無かったとしても落ちるだろう。

こう言うのもなんだが、「学歴によってはっきりと能力が違う」ことを意識すると、背中の辺りがひやりとするような感覚になる。

年収の親の下に生まれ教育を受け、大手入社し、高年収を得る人々と、低年収の親の下に生まれ、あまり教育を受けられず、就活に苦しんで低年収会社に就く人々。

その事実が確実に存在するということは就活をしていて強く感じた。

そしてそのことを忘れたくないし、覚えておかなければならないと感じたのでこうして日記最後に書いたが、自分がどう行動すべきなのかは未だ言葉にできていない。考える。

2022-05-13

正義の代償が重い

その日は、午前中から急ぎの仕事ばかりで大変だったんだ。

ようやく仕事をまとめて一段落したら、ちょうど12時だったんで、昼飯にしようかと会社を出たんだ。

いつもはビルの一階に来てる弁当屋から選ぶんだけど、今日は大変だったしなと思ってたまにはいい物食べたくて、デパートの上階に来たんだ。ごほうび・・・ってほどでもないけどね。

レストランフロア散策していると美味しそうな洋食屋を見かけたのでそこに決めて、少し並んでいたか名前を書いて待つ。

入口の近くの席が空いたみたいで、すぐ呼ばれた。テーブル席だけど窓側を向いても外は見えない。デパート廊下が見えるだけだ。なので窓を背にして座る。おしゃれな店内が見える方がまあいいだろう。

椅子に座るとテーブルに置いてあったメニューを見る。ランチセットが2000円ちょっとか。半端な値段なのはなんだろう。税金が上がったからかな。

明太子パスタサラダのセット、食後に紅茶にしよう。「いらっしゃいませ」なんて、お水を持ってきてくれた店員さんに、すかさずオーダーを伝える。昼休憩は短いか無駄なくいかなきゃね。

食事が運ばれてくるまでの待ち時間に店内を見まわす。並んでいたのに意外と人が少ないな。4人席に1人~2人で座っているからか。

ご年配の人が夫婦で来ているくらいで、後は女性しかいない。男性会社員が平日ランチに来ないところだ。オレも同僚と昼飯にしようと思ったらここへは来ないだろう。

かいの席には40代くらいの女性こちらを向いて座っている。あれはハンバーグランチだね。あれも迷ったんだ。美味しそう。彼女の席にはもうティーカップが置いてある。飲み物は食後にもらうものと思っていたけどそれでも良かったな。

しばらく薄暗い店内にひたりながら静かにかかっていたクラシックに耳を傾けていると、さっきと同じ店員さんがパスタサラダを運んできてくれる。意外と早い。

お礼を伝えて見送ったらマスクを外しさっそく頂こう。これも美味しそうだ。

まずは明太子パスタを少しフォークからめとって口に運ぶ。ちょっとからさが食欲をかき立てる。ちょうどいい刺激で食が進む。明太子のぷちぷちとした食感に、つるりもちもちとしたパスタ、両方の食感を楽しめる。

やはりいつもの五百円そこそこの弁当とは違うね。比べるのもおこがましいけど弁当にたまに入っているパスタは油を吸わせる目的らしいもんな。ガロニとか言ったっけ。

美味しくて一気に食べてしまったな。サラダをつついていたら店員さんが紅茶を持ってきてくれた。気が利くなあ。たぶん会社員ぽい人にはスピーディー提供しているんだろう。

さて食事も終わったし行くかなと席を立つとちょうどハンバーグ女性レジに向かうところだった。この人の後でいいか

そう思っていたら女性はなぜかレジスルーして出ていく。いま会計する流れだったよな。店員さんもあっけにとられている。トイレは外にあるけどバッグはともかくわざわざコートを持って行くだろうか。

逃げた、そう思った瞬間すぐ店員さんに「追います」と伝えて店を出る。店の左に進めばトイレがあるが、女性は店を右に出て少し先にいた。振り返ってオレに気づくと走り出す。

雰囲気から追われたと気づいたのか。「待って、会計忘れてますよ」と言いながら追いかける。女性はしばらく走ってエスカレーターを駆け下りていく、足が速くてなかなか追いつけない。

二階下で一度追いつくも巧みにオレを変質者にしようとする。傍から見たら女性を追いかける男の構図だしな。おせっかい男性が「どうしました?」とか女性に声をかけるけど、すかさずオレは「この人、食い逃げです。手伝ってください」と伝える。

その男性、どちらの言い分を信じたらいいかからなかったんだろうね。「警察呼びます」とだけ言って特に手伝ってはくれない。

そうこうしているとまた隙をついて女性が逃げ出す。ホントに足が速いな。

エレベーターを駆け下りているとき、オレは足を捻って転んでしまう。痛みを感じなかったのですぐ起き上がって追いかける。

とうとう一階まで追いかけて、デパートの出口のところで警備員女性を確保。「後はいいですよ」とか言ってどこかへ連れて行くので、お任せしてお店に戻ることにした。

お店に戻って会計を済ませようとレジに行くと、「事情を聴きたいので」と引き留められる。とりあえずお金だけ払って席に戻る。

もう昼休み過ぎてるじゃん。上司に連絡だけしておくか。

電話も終えてしばらく待っていたら警察が来た。さっきのおせっかい男性が呼んだ警察かな。

店内では話せないということでデパートスタッフ用の作業場みたいなところへ連れて行かれる。お店に警察がいたらお客さんが入りづらいし仕方ないね

警察にあらかた出来事を伝えると、どうも話がかみ合わない。「叫んで追いかけたの?」とか言うので、「「お会計してないよ」とかは叫びましたね」と答える。

これ、オレが悪者になってるな。警察にもオレが変質者だと伝えたのか。警備員さんはしっかり理解していたようだったのに。

「一応、身体検査させてね」とか言うので、まあ何も持ってないし・・・せいぜい定期券と財布、それにスマホくらいか。「どうぞ」と答えてパンパンされる。ポケットを叩いて「これなぁに?」とかやるのね。

お店にも事情を聞いたのか、どうやらオレが正しいことがわかってきたみたい。ただ念のためオレとその女性は会わせないようにするらしい。警官女性をお店に連れてきて会計を済ませているうちに、解放という流れとなった。

なんだか微妙に納得がいかない。お金払うってことは被害もなくなって、もしかして逮捕もされないんじゃないのかな。


会社には戻ったけど上司心配されて家に帰される。警察には会社の事は聞かれなかったし上司にはある事ない事は伝わっていないはず。

家に着いた頃にはもう夕方だった。メニューの決まっている夕飯の下準備をしてから、しばらくゆっくりしていると妻が帰ってきて「あれ、早いね」とか言うのでこんな事があったよと話をして、娘を保育園に迎えに行く。

迎えに行こうとしたときには、なんだか右足が痛いなとは思っていたんだ。追いかけた時に捻ったところだ。

娘と一緒に帰ってきて、妻が仕上げてくれた夕飯を食べているとどんどん右足の痛みが強くなってくる。歩けないくらい痛い。

この時間だともう病院はやってない。明日仕事は山積みだけど、上司相談して午前中だけ仕事して抜けさせてもらおう。

二階の寝室には痛くて上がれない。風呂にも入らず、後の事を妻に任せて一階の和室で寝かせてもらった。娘は「パパー」とか言ってじゃれてくるが尋常じゃない雰囲気を察してすごすごとリビングに戻り以降は大人しくしてくれていた。


翌日、妻には心配されたけど自転車なら歩くわけではないし大丈夫だと伝えて出社してもらった。思った通りで自転車ならそんなに足が痛まない。自転車に娘を乗せて保育園に連れて行く。

でもこれは間違いだったね。だって娘のクラスは二階にあるんだ。上りがつらい・・・

なんとか保育士さんに預けて家に戻り、出社予定だったけれどテレワークに切り替えてチャット上司事情を伝えておく。

上司からは「了解」としか返事がなかった。必死こいて今日中の仕事を片付けていく。昼になっても終わらないのでとりあえず出前を頼む。なんとか仕事がおさまったころにはもう15時になる頃だった。

気持ちだけ急いでゆっくり自転車に乗る。痛いか身体は急げないんだよ。近所の外科今日やっているから良かった。いい病院だけど先生が一人なのに内科も診るからめちゃ混みなのが難点。

病院で受付して待つ。スマホゲームしながら暇つぶししてめちゃくちゃ待つ。2時間以上待って妻が家に帰ってきたようで「お迎え行ってますか?」って連絡が来る。レントゲンは撮ったけど、まだ呼ばれてないよ。今日も妻に任せるしかない。

それからしばらくしてようやく診察に呼ばれ「折れてはないけど靭帯レントゲンに写らないからねぇ。1週間しても痛みが続くならまた来てください」と言われ、湿布サポーターを巻いてもらい診察終わり。このサポーターすごいな。痛みがだいぶマシになって歩くのが楽になった。

会計に呼ばれて「3020円です」と聞き、サポーターやっぱりそこそこするなと思いつつ支払う。こういうのは健康保険対象じゃないらしく3割負担にはならないんだよね。湿布処方箋が出てこちらは1000円ほどだった。

そういうわけで、無銭飲食を捕まえてもオレにはまったく得がなく足を怪我して有給を消費し金銭的にも4000円ほどを負い、損得だけで言えば逃げた女性の分をオレが払った方が損失少なかった、くらいの話となった。

なお、エスカレーターを駆け下りるのは本当に危険なので止まって降りよう。

2022-04-25

なんば恵美須町はそれほど離れてない

もうなんばで降りていいよね。

日本橋駅付近は用ないし恵美須町駅付近よりなんば付近の方が栄えてる。

なんばメインで散策して、余裕があったら恵美須町までちょっと足を伸ばしてみるって感じで。

2022-04-14

anond:20220414110425

彼らはね、メタバースの中で無限に広がるバーチャル書店の中をVR散策したいんだ。

せいぜい数十インチモニタ越しに本のタイトル一覧を見たいのではないの。

口に出して望んでいることと、本当にやりたいことは別にある典型

2022-04-06

anond:20220406173124

バーテン有能すぎワロタ

まあそういう気の利くマスターのいそうなバーを見つける必要もあるってことだな

とりあえず駅前散策してみるわ、ありがと!

2022-03-27

anond:20220327101520

田舎の山は誰かの所有地で急斜面に背の高い草と樹木がびっしり密集しててのんびり散策できる山道なんかひとつもないよ

猟師もいないかイノシシクマ、ヘビの縄張りだよ

壁に囲まれてるのと一緒。進撃だね

日本海の冷たい荒波は子どもを受け入れてはくれないよ

逃げ場なんてどこにもないから家の中でじっとしているしかないんだよ

2022-03-25

エルデンリングストーリーがつまんなすぎる理由を考えてみた

主人公(褪せ人)と物語聞き手プレイヤー)の立場が一致してないのが原因だと思う。

主人公がその時点で知り得ないはずの情報アイテム説明欄に開発者目線注釈フレーバーテキストとか言うらしい)として分散させて、

舞台設定をチラ見せする要素が大部分を占めているせいで感情移入しづらい構造になってる。

自由散策する体験を売りにしてるゲームが、能動的かつノンリニア情報を集めて少しづ理解していくナラティブ採用するのは理にかなってはいるけれど。

モチベーション掻き立てるシチュエーションや成し遂げたあとの達成感に即した物語を、難題にチャレンジする主人公プレイヤーが共有できなきゃ意味がないんだよ。

これさえちゃんと出来てれば最高のゲームになったのになぁ……。

2022-03-11

イマジナリー子宮

 これまでAVを一万本以上は見てきたと思う。

 成人を跨いだ男性には珍しいことじゃないと思うが、これまでの人生で多分一万本から十万本の間くらいは、AVを、つまりアダルトビデオを見てきたことと思う。

 初めてAVに触れたのは高校生の時分で……などと書いていると些か気分が滅入ってくる。何故か惨めな気持ちになってくる。

 ともかく、高校生の頃にいわゆるサンプル動画を見たのが最初だった。

 何で俺はこんなことを話しているのかよく分からなくなってくる。ともかく、痩せてはいものの張りのある肉体に男の身体が鈍くぶつかる。そこまで激しくぶつかっているわけではないが、肉と肉が強く優しくぶつかる音がして、女は声を上げるのではなく息を呑んでいた。今にして思えば中々質の良いサンプル動画だったようにも思う。

 当時の高校生アクセスできるような、つまり大通りに面したネットの界隈に看板のように掲載されていたサンプル動画だったから、それなりに選り抜きだったのかもしれない。

 ともかくも、それが俺のAVとの出会いであり、それ以降はそんな感じで動画を求めてネット散策するようになった。

  ◇

 つまり何を話したいのかと言うと、イマジナリー子宮の話である

 イマジナリー子宮

 男には当たり前だけれど子宮は無い。だから、その存在ついて想像することはできても、実際の感覚として認識することは恐らく不可能である

 当たり前の話過ぎて何を言ってるんだと言われかねないだろうけれど、俺が言いたいのはAVの話であり、そこに子宮やら産道やらというものが大きく関わっているという話である。つまりAV鑑賞をしている限りで、男は女性特有の器官について考えざるを得ないし、そこから逃れることはできないのである

(いやそりゃAVに限らず現実性的接触においても同じことが言えるだろう、と言われればその通りなのだが、俺は人生においてそこまでたくさん性的接触の機会を持つことが無かったので、どっちかと言うと俺の性的接触の本場は現実ではなくAVの中の仮想空間になってしまったのだ。)

 AVをより楽しむ方法があるとすれば、それは女性感覚について理解することだと思う。

 要するに、AVを鑑賞している際に視覚的に認識できるのは棒の出入り以外の何物でもないわけで、その出入りを視覚的に認識するだけではつまらないのである。よりAVを楽しみたいのであれば、映像を通してまぐわっている人間感覚追体験し、両者の感覚をよりリアル体感するべきなのだ

 無論、男優感覚に関しては概ね追体験可能である性別という共通項が存在しているからだ。

 一方で、女性感覚に関しては想像に頼るしかない。

 俺は数千時間という時間を掛けて、AVをより楽しみ、より大きな快楽を得るべく、男女の感覚追体験という作業に没頭していった。

  ◇

 結果としてできあがったのが、イマジナリー子宮である

 つまり、ある程度女性認識感覚を、少なくとも映像を通して認識できるようになったのである

 想像の中に存在する、女性特有感覚追体験し、想像するための仮想女性器官。それがイマジナリー子宮だ。

 そう、俺がAVを鑑賞する時には、常に女性下腹部にはイマジナリー子宮存在している。映像において直接現れているわけではないが、想像力によって成立したイマジナリー子宮が、女性下腹部存在させられている。

 男性はその入り口の辺りを、男性自身によって刺激する。

 その際に生じる女性感覚は、本来ならば男性想像できるはずのないものである

 しかし、疑似的な追体験、近似値的な予想については不可能ではないと思う。少なくとも、俺は経験想像の集積として存在している、イマジナリー子宮を通して、ある程度正確に女性感覚認識できるようになったと自負している。

 無論それは疑似的な感覚に過ぎず、完全なトレースにはなっていないだろう。

 とは言え、その精度が低いかというとそうでもない気がする。女性が何をすれば嫌がるのか、何をすれば愉しめるのか、それを、女性視点に立って想像することは、時間さえ掛ければ決して不可能なことではないのである。イマジナリー子宮を生み出した今、改めてそう断言することができる。

 女性の表情やその他の情報を参照することで、一体女性においてどんな感覚が走っているのかをある程度トレースすることはできるようになった。更には、空想上の女性体験追体験的に理解しようとした結果、あくま想像上の存在ではあるものの、俺の脳内には女性の中に存在しているであろうところの仮想の子宮が生み出されたのである。それを俺は数々の鑑賞体験を経ることで、生み出してしまったのであった。

(勿論、本来このようなトレース作業想像作業は性行為を通じて行うべきなのだが、俺の場合は間違った方法において実践されてしまったのである。)

 これを異常な作業だと思われるだろうか。

 俺は決してこのような追体験想像作業が異常な作業であるとは思わない。つまり、より性行為理解し楽しみ、パートナーにも楽しんでもらうためには、パートナー感覚理解が欠かせないかである

2022-02-20

anond:20220219212152

あの辺、土地関係の人品が悪いのかもしれんな。

以前、極楽寺方面散策した時、権利関係でもめてるのか、マンションたてるときによく見かけるような怪文書みたいな張り紙がべたべたに貼られている一角があった。

これが一所懸命ってやつかね。

2022-02-04

ポケモンLEGENDSみたいな「ぬし釣り」がしたいな

オープンワールド冒険しつつの好き放題捕獲、がこんなに楽しいだなんて

と、思うと、かつて楽しかった「ぬし釣り64」のオープンワールド化、やりたいよなあ、って思った

オープンワールド、と言っても田舎港町堤防とかだけど、そういうところをのんびり夏休み満喫みたいに散策しながら、トンボ採ったり、アサリ採ったり、ネコに餌やったり、トンビと戦ったりしながら、釣りするの

もう最高かよ

2022-02-02

次に来る貧乏趣味

去年はキャンプで今年は御朱印集めが流行り、ほんと不景気なんだなぁと思う今日この頃

景気悪化してるらしいし、世界経済不安株価下落でしばらくは不景気だろうから、次にくる貧乏趣味を大予想!

スーパーの付かない町銭湯価格も500円程度で散歩がてらに銭湯寄って、下町居酒屋で締めるのが流行る。

電車で移動して現地でレンタル。乗り捨て出来るし普段徒歩では行かないエリア散策ができて流行る。

一日乗車券使用したバス旅。移動にのんびり時間をかけて、時間もゆったり使う緩い旅が流行る。

以前流行ってから時が経ったのでリバイバルブームの到来。

手ぶらBBQのようなノリで道具の貸し出しから捌くことまで全部お任せ。釣果保証で釣れなくたってお魚食べて帰れるプラン!?

野球サッカーだけじゃない!バスだってバレーだって楽しめちゃう未来スター発掘がブームに。

公園お金払うのか?と抵抗ある人も、一度行けばハマること間違い無しの楽園。行き届いた手入れを楽しみのんびり過ごすことが人気に。

入場しなくたって雰囲気十分。行ったつもりで夢の時間体感出来ちゃうお得感で人気。

離発着する飛行機を見るもよし、食べるもよし、お土産買うもよし。旅行記分が味わえてみんな満足。

桜がなくても酒は進む!買って持っていくだけで大宴会出来ちゃう子供大人も大盛り上がり間違いなし。

いかがでしたか

もうブームうんざりって方はぜひ試してみて下さい!

2022-01-25

西成あいりん地区散策して思ったこ

そこらじゅうおっさんとおじいちゃんだらけ

いわゆる弱者男性の集まりなんだろうけど、結構楽しそうに見えたな

多分人との繋がりがあるからなんだろう

人間やっぱり人や社会との繋がりが必要だよね

2022-01-21

風俗嬢は来月から都内観光生活をする/構想

拠点生活が楽しそうだなと思い手始めにネカフェ生活を始めようと思う

フッ軽好奇心旺盛だからお外にいるのが好きだし

貯金を貯めながら都内を細かく観光したい

食べることが好きなので美味しい店を知りたい

予定的に毎日昼が空いてるからランチ巡りたいな

そもそも通勤が遠すぎて体調を崩したし遅刻しまくった。ストレス貯金ゼロになってしまった

時間に追われるくらいなら思い切って金を使い毎日職場近辺のネカフェの12時間パックで眠ろうと思った

 シャワーコインランドリー無料 

生活再建のためにネカフェ生活して空いた時間都内散策すんのめっちゃ楽しそうじゃん

視野が広がるし健康的に金を貯められそう お客さんとの話題の引き出しも増やせそう

毎月のネカフェ代と生活費諸々は1日2日あれば稼げる





仕事楽しい。人が好きだから楽しめている。

それと並行して新居を構えようと思っていて

目標額は二ヶ月で貯まりそうだ 4月だな

増田郊外自然豊かなところの駅チカに新居を求めていて

事情ありその近所に好きに使える畑があるので

近い将来は家庭菜園しながらネットで在宅で仕事したいなと思ってる

程よく自然そばに居たい。

一年くらい時間に追われない好きなことだけやる生活をしたいか

140万は稼ぐ。毎月生活費引いて30~36万は稼げるから4~5ヶ月で貯まるね

みんな 続編書くから 応援してほしいな

新居構えたら家賃だけ払いつつ月の半分はネカフェ生活継続すると思う

とりあえず城を得たぞ、と安心したい。。。

引きこもってネトゲに浸り作曲をしたり語学を学びたいなと思っている

休みの期間はずーっとヨガしたり自炊得意だからひたすら自分を癒やしたいな。



お仕事楽しいけど 良いお客さんにも恵まれているけど

若者からおじいさんまで相手して 皆老いからやさしくしようって思えるようになったけれども。

もう本当はね 毎日人の体液を吸ったり触れたくないし 

人に疲れている部分が正直あって今年は自分のためだけにお金時間を使いたいなと思ってるんだ

人ってその瞬間が楽しければそれで満足するんでしょ、って感じることもたくさんあって割り切って接客してるんだ

だって感想は後付けにしかならないから。楽しくてもやっぱりきついし傷つくよ 

接客してるとお客さんが私のことを

業務的な風俗嬢としてみてるのか

適当に下に唾つけて濡らしても膀胱炎にならない雑に扱っても壊れない玩具としてみてるのか

俺を満たしてくれる女としてみてるのか

風俗嬢だがまず一人の人間であり、他の何者かにもなる可能性を秘めていると見てくれているか

よく分かるよ

プレイ前にうがいするけどさ 濡れてないからって唾つけて下触ると膀胱炎になるから やめてね

愛撫しないで指に唾だけつけていきなり入れてくるやつまじで風俗嬢玩具としてしか思ってないだろ悲しいね

(あとその唾つけとけばいいやみたいに適当に済ませる所作下品に思える)

お店の人たち優しいから楽しく働けてるたくさん稼がせてもらえてますありがとう




早く 自由になりたいな

新居に友達を呼んで笑える日を待ち望んでいる。

やりたいことがいっぱいある。死ねない。あと少しだから今止まれない。

仕事辞めたら白髪に染めて着飾りクラブで遊びまくりてえな。

世界中飛び回る何者かになりたくて語学不動産お金勉強を始めた。

日本文化が好きだから何でも満遍なく触れてたくさん勉強して物を見る目人を見る目を養いたい。

3年後にはなにか形になっているか

東京の美味しいご飯仕事中に振り切っている天真爛漫な自分価値を維持することを糧に頑張るね

愉快に生きましょうね。

来月から都内観光生活する風俗嬢の構想

拠点生活が楽しそうだなと思い手始めにネカフェ生活を始めようと思う

フッ軽好奇心旺盛だからお外にいるのが好きだし

貯金を貯めながら都内を細かく観光したい

食べることが好きなので美味しい店を知りたい

予定的に毎日昼が空いてるからランチ巡りたいな

そもそも通勤が遠すぎて体調を崩したし遅刻しまくった。ストレス貯金ゼロになってしまった

時間に追われるくらいなら思い切って金を使い毎日職場近辺のネカフェの12時間パックで眠ろうと思った

 シャワーコインランドリー無料 

生活再建のためにネカフェ生活して空いた時間都内散策すんのめっちゃ楽しそうじゃん

視野が広がるし健康的に金を貯められそう お客さんとの話題の引き出しも増やせそう

毎月のネカフェ代と生活費諸々は1日2日あれば稼げる





仕事楽しい。人が好きだから楽しめている。

それと並行して新居を構えようと思っていて

目標額は二ヶ月で貯まりそうだ 4月だな

増田郊外自然豊かなところの駅チカに新居を求めていて

事情ありその近所に好きに使える畑があるので

近い将来は家庭菜園しながらネットで在宅で仕事したいなと思ってる

程よく自然そばに居たい。

一年くらい時間に追われない好きなことだけやる生活をしたいか

140万は稼ぐ。毎月生活費引いて30~36万は稼げるから4~5ヶ月で貯まるね

みんな 続編書くから 応援してほしいな

新居構えたら家賃だけ払いつつ月の半分はネカフェ生活継続すると思う

とりあえず城を得たぞ、と安心したい。。。

引きこもってネトゲに浸り作曲をしたり語学を学びたいなと思っている

休みの期間はずーっとヨガしたり自炊得意だからひたすら自分を癒やしたいな。



お仕事楽しいけど 良いお客さんにも恵まれているけど

若者からおじいさんまで相手して 皆老いからやさしくしようって思えるようになったけれども。

もう本当はね 毎日人の体液を吸ったり触れたくないし 

人に疲れている部分が正直あって今年は自分のためだけにお金時間を使いたいなと思ってるんだ

人ってその瞬間が楽しければそれで満足するんでしょ、って感じることもたくさんあって割り切って接客してるんだ

だって感想は後付けにしかならないから。楽しくてもやっぱりきついし傷つくよ 

接客してるとお客さんが私のことを

業務的な風俗嬢としてみてるのか

適当に下に唾つけて濡らしても膀胱炎にならない雑に扱っても壊れない玩具としてみてるのか

俺を満たしてくれる女としてみてるのか

風俗嬢だがまず一人の人間であり、他の何者かにもなる可能性を秘めていると見てくれているか

よく分かるよ

プレイ前にうがいするけどさ 濡れてないからって唾つけて下触ると膀胱炎になるから やめてね

愛撫しないで指に唾だけつけていきなり入れてくるやつまじで風俗嬢玩具としてしか思ってないだろ悲しいね

(あとその唾つけとけばいいやみたいに適当に済ませる所作下品に思える)

お店の人たち優しいから楽しく働けてるたくさん稼がせてもらえてますありがとう




早く 自由になりたいな

新居に友達を呼んで笑える日を待ち望んでいる。

やりたいことがいっぱいある。死ねない。あと少しだから今止まれない。

仕事辞めたら白髪に染めて着飾りクラブで遊びまくりてえな。

世界中飛び回る何者かになりたくて語学不動産お金勉強を始めた。

日本文化が好きだから何でも満遍なく触れてたくさん勉強して物を見る目人を見る目を養いたい。

3年後にはなにか形になっているか

東京の美味しいご飯仕事中に振り切っている天真爛漫な自分価値を維持することを糧に頑張るね

愉快に生きましょうね。

来月から都内観光生活する風俗嬢の構想

拠点生活が楽しそうだなと思い手始めにネカフェ生活を始めようと思う

フッ軽好奇心旺盛だからお外にいるのが好きだし

貯金を貯めながら都内を細かく観光したい

食べることが好きなので美味しい店を知りたい

予定的に毎日昼が空いてるからランチ巡りたいな

そもそも通勤が遠すぎて体調を崩したし遅刻しまくった。ストレス貯金ゼロになってしまった

時間に追われるくらいなら思い切って金を使い毎日職場近辺のネカフェの12時間パックで眠ろうと思った

 シャワーコインランドリー無料 

生活再建のためにネカフェ生活して空いた時間都内散策すんのめっちゃ楽しそうじゃん

視野が広がるし健康的に金を貯められそう お客さんとの話題の引き出しも増やせそう

毎月のネカフェ代と生活費諸々は1日2日あれば稼げる





仕事楽しい。人が好きだから楽しめている。

それと並行して新居を構えようと思っていて

目標額は二ヶ月で貯まりそうだ 4月だな

増田郊外自然豊かなところの駅チカに新居を求めていて

事情ありその近所に好きに使える畑があるので

近い将来は家庭菜園しながらネットで在宅で仕事したいなと思ってる

程よく自然そばに居たい。

一年くらい時間に追われない好きなことだけやる生活をしたいか

140万は稼ぐ。毎月生活費引いて30~36万は稼げるから4~5ヶ月で貯まるね

みんな 続編書くから 応援してほしいな

新居構えたら家賃だけ払いつつ月の半分はネカフェ生活継続すると思う

とりあえず城を得たぞ、と安心したい。。。

引きこもってネトゲに浸り作曲をしたり語学を学びたいなと思っている

休みの期間はずーっとヨガしたり自炊得意だからひたすら自分を癒やしたいな。



お仕事楽しいけど 良いお客さんにも恵まれているけど

若者からおじいさんまで相手して 皆老いからやさしくしようって思えるようになったけれども。

もう本当はね 毎日人の体液を吸ったり触れたくないし 

人に疲れている部分が正直あって今年は自分のためだけにお金時間を使いたいなと思ってるんだ

人ってその瞬間が楽しければそれで満足するんでしょ、って感じることもたくさんあって割り切って接客してるんだ

だって感想は後付けにしかならないから。楽しくてもやっぱりきついし傷つくよ 

接客してるとお客さんが私のことを

業務的な風俗嬢としてみてるのか

適当に下に唾つけて濡らしても膀胱炎にならない雑に扱っても壊れない玩具としてみてるのか

俺を満たしてくれる女としてみてるのか

風俗嬢だがまず一人の人間であり、他の何者かにもなる可能性を秘めていると見てくれているか

よく分かるよ

プレイ前にうがいするけどさ 濡れてないからって唾つけて下触ると膀胱炎になるから やめてね

愛撫しないで指に唾だけつけていきなり入れてくるやつまじで風俗嬢玩具としてしか思ってないだろ悲しいね

(あとその唾つけとけばいいやみたいに適当に済ませる所作下品に思える)

お店の人たち優しいから楽しく働けてるたくさん稼がせてもらえてますありがとう




早く 自由になりたいな

新居に友達を呼んで笑える日を待ち望んでいる。

やりたいことがいっぱいある。死ねない。あと少しだから今止まれない。

仕事辞めたら白髪に染めて着飾りクラブで遊びまくりてえな。

世界中飛び回る何者かになりたくて語学不動産お金勉強を始めた。

日本文化が好きだから何でも満遍なく触れてたくさん勉強して物を見る目人を見る目を養いたい。

3年後にはなにか形になっているか

東京の美味しいご飯仕事中に振り切っている天真爛漫な自分価値を維持することを糧に頑張るね

愉快に生きましょうね。

2021-12-24

コミケに負けた女の話

今日クリスマス・イヴだ。

恋人家族と過ごす人も、友達と過ごす人もいるだろう。

はたまた新宿呪術廻戦0を見に行き、百鬼夜行の一部と化しているかもしれない。

一般企業OLである私は、クリスマスとはいえ平日の金曜日なので普通に仕事である

毎年、クリスマスになると思い出す出来事がある。 

 

表題の通り、コミケに負けた話だ。

だが私は今まで1度もコミックマーケット通称コミケに行ったことはない。

負けたというのはコミケ戦場で打ち破れたのではなく、【当時の彼氏彼女よりもコミケを優先させた】という話である

 

毎年クリスマスが近づくたびに思い出す忌々しいにもほどがある記憶なので、いい加減呪縛から逃れるためにも吐き出そうと思う。

 

 

数年前、私には彼氏がいた。学部は違うが大学同級生で、卒業後に付き合い始めた。

(とうの昔に破局しているので、今後は【元カレ】と表記する)

私と元カレは、大学文芸サークルで知り合った。

お互いにオタクで、私は拙いながらも小説を書き、相手小説と時々漫画を描いていた。

もともと元カレ同人をやっており、サークル参加しているとは聞いていた。

だが私は二次創作は読む専門で、本を作る工程が大変であるのは知っていても、具体的にどれだけ大変なのかは知らなかった。

ただお互いオタクなので、イベントがどれだけ重要なのかは理解しており、うまく付き合っていけるだろうと思っていた。

 

きっかけは付き合って数ヶ月後、初めてデートドタキャンされた時だ。

「体調が悪くなってしまった」

最初理由はこうだった。勿論仕方がないとデートを中止した。

ちなみに遠距離で、私が元カレの家に行くには電車で2時間、更に路線バスで30分ほどかかる。

そのためお互いに比較アクセスやす都内で、大体月に2~3回程度会スタイルだった。夕方も大体早めに解散し、元カレ帰宅が遅くならないように気を遣っていた。

体調が悪い中長距離移動するのも大変だろうと心配したし、手伝いが必要なら家に行こうか? とも申し出たものの、寝ていれば大丈夫と断られた。

早く元気になるといいな、と当時は真面目に心配していたのだが、のちにこれは半分嘘だと発覚する。

 

初めてドタキャンされてから、3回の内に1回はデートドタキャンされるようになった。

理由体調不良純粋だった私は真面目に、頻繁に体調を崩すなら病院に行ったらどうか、それとも仕事が大変なのかと聞いたが、

本人は大丈夫大丈夫と言うし、会う時には普通に元気だった。何なら私よりハイテンションだったくらいである。

 

ドタキャンが3回目を超えた。

 

おかしくね?

 

馬鹿な私はようやく気が付いた。

 

そこで普通にデートできた場所と、ドタキャンされた場所の違いを考えてみた。

共通点は1つ。

ドタキャンされたデートの行き先は全部、【私が行きたいと言った場所】だった。

(誤解なきようにあらかじめ補足するが、私が希望した場所ドタキャンせずに一緒に行った時もある)

まり元カレが行きたいと言った場所】は、絶対ドタキャンしていなかったのである

 

元カレは当時某動物アニメにはまっており、よく動物園に行きたがった。私も動物は好きだったので特に行き先に不満はなかった。

ただ一つ嫌だったのは、元カレが行きたがった時期が初夏から真夏だったことだ。

動物園という場所は、基本的に開けていて日を遮る場所がない。

初夏とはいえ晴天だとかなり暑いし、真夏は薄っすら地面に陽炎さえ見える。

ぶっちゃけまりの暑さに人間動物もぐったりしてて覇気がない。

汗っかきの私は化粧をドロドロにして汗だくになりながらも、元カレが楽しそうにしているので不満なく付き合った。

豪雨上野動物園にも付き合った。当時の私はものすごく健気だった。疑うことを知らない馬鹿とも言える。

 

私の行きたい場所ばかりドタキャンされるのに気が付いてから元カレに対して不信感が芽生えた。

本当に体調が悪いのか? 疑いたくないが、偶然にしてはあまりに出来すぎている。

そもそも体調が悪いなら当日の朝ではなく、3回あるうちの1回くらいは前日の夜に気づかないものか? 薬を飲めば翌朝治るのではとワンチャン祈っていたのか?

元カレが住んでいる場所はかなりの僻地で、職場男性ばかりだったので浮気そもそも疑っていなかった)

 

私が行きたい場所は、某擬人化ゲーム趣味なこともあり美術館博物館が多かった。

もしくはオタク趣味関係ない、新宿浅草散策デートデートプランを聞いた時は快諾してくれたが、

しかしたら本当は嫌だと言えなくてドタキャンしてしまったのだろうか。

 

回りくどい言葉質問するのは性に合わず火の玉ストレート、本人に直接ラインで訊いた。

「体調が悪いのは本当なのか?」

「何か別の理由があるのではないか?」と。

理由があるならきちんと話してほしい、スケジュールを合わせているので当日朝のドタキャンは困るとも。

しばらくして、元カレの返事がきた。

 

「本当に体調が悪い日もあったが、全部ではない」

「実は、イベントの締め切りがあって原稿が終わっていない」

「締め切りがヤバくてドタキャンをしてしまった」と。

 

流石に怒った。前述したとおりお互いにオタクだ。イベント理解はあるつもりだった。

正直に締め切りがヤバいと言えば納得したのに何故しょうもない嘘をつくのか。病院に行った方がいいと真面目に心配していた私が馬鹿じゃないかと。

黙っていてごめんと謝られたため、

 

 

原稿の締め切りを抱えているならあらかじめ言うこと

デートキャンセルするならせめて前日か数日前の夜に言うこと

 

 

この2つを約束して、仲直りをした。

 

だが、ドタキャン癖は治らなかった。

デート当日の朝6時頃に「今日行けなくなった」とラインが来る。私はそのラインの通知音で目を覚まし、メッセージ確認してがっかりする。

1ヶ月に1回はそんなことが続いた。

そんなに頻繁にイベントに参加しているのかと聞くと、元カレは1人で参加しているのではなく、友人同士複数人で組んだサークル活動しているのだという。

今はサークルが波に乗っているので、可能な限り多くのイベント新刊で参加したい。詳細は忘れたがこんなニュアンスのことを言われた。

サークル参加に詳しくない私は、そういうものなのか? と引き下がった。

締め切りが大変なら手伝えることは手伝うからドタキャンはどうか止めて欲しいと訴えたものの、結局治らなかった。

嫌われたくなくて強く言えなかったのもあるし、元カレは後から謝れば許してくれるだろうと思っていたのかもしれない。正直舐められていたと思う。

 

そしてやってきたクリスマス。もう何度もドタキャンされて精神的に消耗していたが、さすがにここでドタキャンはしないだろうと思っていた。

ただオタクなら知っている。

冬のコミックマーケット年末に開催されるということを。

サークル参加するのは知っていた。正直、ものすごく嫌な予感がした。

 

クリスマス当日は土曜日だったけれどコミケがあるならキツイだろうと考えた私は、12月上旬都内クリスマスマーケットに行きたいと言った。

元カレは気を遣ってくれてありがとうと言ってくれた。

だが11月末。「デートは無理かもしれない」と元カレからメッセージが来た。

会えないのは残念でも、ドタキャンじゃないだけ全然いい(そう考えている時点でだいぶ末期だった)。

すると珍しく元カレから代替案を出された。「クリスマス当日は元カレ家でゆっくり過ごしたい」と。

そりゃあもう喜んだ。クリスマス当日を一緒に過ごせるなんて! と舞い上がった。会えるなら2時間半の距離なんて横断歩道スキップ渡るくらいに感じられた。

私はハイテンション元カレの家で作る料理を考え始めた。

おしゃれなレストランデートじゃなくても、スーパーチキンや総菜とケーキで充分だった。あとは軽いおつまみをいくつか用意して、アニメや何か映画でも見て過ごせたらいい。

色々プランを立てるのが楽しかった。

お家デートならおしゃれしすぎず、かといってカジュアル過ぎない格好にしよう、かわいいと言ってもらえるような服にしようと考えた。

得意じゃないメイクだって頑張った。

料理だってわざわざレシピを調べてピックアップした。

ただやはり不安は消しきれなくて、もしも都合が悪くなったら前の日までに言って欲しいと何度も伝えた。

そして23日の夜も明日大丈夫かと確認した。大丈夫だよ、と返事が来て本当に嬉しくて、遠足の前の日の小学生みたいに眠れなかった。

 

そして24日。

私は朝5時に起きて、頑張ってメイクをして、慣れない手つきで髪を巻いた。

何度も鏡の前で服がおかしくないかチェックをした。

相手の家に10時に到着するためには、6時半には家を出なくてはいけない。そろそろ家を出ようとバッグの中身を確認していた時だ。

スマホが震えて、ラインの通知が表示された。

メッセージの内容はこうだ。

 

「ごめん今日は無理。家にも来ないでほしい」

 

呆然とした。

わくわくしていた気持ちが、落としたガラス細工の如く粉々に破壊された。

ここから時間記憶はあまり覚えていない。

泣きながらキレて彼氏電話をしたと思うが、確か向こうはひたすら「ごめん」しか言ってこなかった。

というよりそれ以外に何か言われても全て言い訳しか聞こえなかっただろう。

電話を切ってしばらく泣いて、気が付いたら化粧も落とさず着替えもしないままベッドで寝ていた。

 

時刻は正午を過ぎていた。

泣きすぎて目の奥と頭が痛いまま、しばらくぼんやり時計を眺めていたのは覚えている。

14時を過ぎたあたりで、おざなりに化粧と服を直して外に出た。

外は風が強かったから、髪は勝手にぐしゃぐしゃになった。

電車に乗って、数駅先の大きな駅へ向かった。

行きたかった場所よりも規模は小さかったけれど、クリスマスマーケットが開催されているのを最寄り駅に貼られたポスターで知っていたからだ。

 

色々出店を回っているうちに16時を過ぎて、あっという間に薄暗くなっていった。青で統一されたイルミネーションが、駅のコンコースを眩しく彩る。

意味もなくイルミネーション写真に撮っていると、少し遠くから音楽が聞こえてきた。

よく見ると、駅と繋がっている広場特設の野外ステージと出入り自由の客席が設けられ、何組かのアーティストが歌を歌っている。

クリスマスチャリティーコンサートだ。看板に書かれたタイムテーブルを見ると、とある女性シンガーソングライター名前が目に留まった。

知っている名前だ。とあるアニメ映画主題歌を歌っていて、大好きな曲だった。

彼女が歌うのは17時過ぎ。もう少し後だ。

 

必ずその曲を歌うとは限らない。

それでも私は居ても立っても居られなくなって、偶然にもぽっかり空いた最前列パイプ椅子に座って彼女の出番を待った。

そこから更に何組かのアーティストが歌い楽器を入れ替えて、やがて彼女が現れた。

彼女は【失恋ソング女王】と呼ばれることもあり、優しい歌声と切ない歌詞が持ち味だ。

クリスマスきじゃないかもしれないと自分で触れながら、彼女は歌ってくれた。

 

 

誕生日じゃなく 記念日じゃなく 何でもない毎日

あなたがいてくれる それだけで本当は幸せだったのに

 

 

歌詞がこんなに心に響いたのは初めてだった。

初めて聞いた曲だったのにその歌詞が忘れらなくて、今でもはっきり思い出せる。

気が付いたら私は泣いていた。

歌がとても素敵で感動して、でもどうしようもなく辛くて悲しくて惨めで、心の中がぐちゃぐちゃになって涙が止まらなかった。

凍えそうな風が吹きすさぶ中、広場の巨大なクリスマスツリーのイルミネーションに照らされて静かに号泣する女は端から見たらさぞホラーだったことだろう。

そして女性シンガーソングライターは、あのアニメ主題歌を歌ってくれた。

大好きな曲をこんなに近い距離の生音声で、しか無料で聞けるなんてなんて贅沢な時間なんだろう。

しかった。今日この場所に、この時間に訪れていなければ絶対に聞けなかった。

 

けれど本当なら、本当は私はここにいないはずだったのだ。

 

これが私の、史上最悪のクリスマス記憶である

その後ほどなくして、元カレとは破局した。

ドタキャン理由想像通り、冬コミの準備が終わっていなかったからだ。

私はコミケに負けた。

 

何度も言うが、元カレも私もオタクだ。

同人誌を作るのが大変なのも理解をしていたし、複数人サークル活動メンバー迷惑をかけられないというのもわかる。

ただドタキャンはしてほしくなかった。

できない約束をしないでほしかったのだ。

正直、私は美人ではない。どんなに着飾っても【おしゃれなカラス】にしかなれなくて、心の底でイケメン元カレに引け目を感じて強く言えない馬鹿な女だった。

本当は暑い動物園にばかり行くのも嫌だったし、豪雨の中歩かされたのも嫌だった。でも我慢してしまった。

元カレはきっとそんな私を舐めていたのだろう。

結局、私は冬コミの締め切りとサークルメンバーには勝てなかった。

 

この出来事から、私はコミケに行きたいと思えなくなった。

元カレが好きだったアニメも、コンテンツに罪はないのに見れなくなった。

そして何より、何度もドタキャン遅刻を繰り返す人間が許せなくなった。

 

恋人家族ができても、趣味を続けたいという気持ち大事だし尊重したいと思う。

ただ、人のキャパティには限度がある。

今まで10できていたものを、10のまま継続するのは難しい。

最低でも10を9、8に減らす覚悟をして、恋人家族キャパティを割いて欲しい。

少なくとも一度した約束ドタキャンするのは最低の行為だし、そもそもできない約束をするべきではない。

 

約束を守れない人間は、一度箪笥の角に小指をぶつけて骨折してほしい。

ドタキャンする奴は首にチップを埋め込まれて爆発四散してほしい。

クルーシオ苦しめ! バルス!!!

あと原稿計画的にこなせ! 早期入稿は割引がきくぞ!!

 

それでは皆さん良いクリスマスをお過ごしください。

 

メリークリスマス

2021-11-21

anond:20211121171401

続き

・てきさす

ここは前から行きたかったが、バスを使わないといけない少し離れたところにあるので、今までいけなかった。今回はこのために来てるので、一躍バスに乗り金沢駅から約30分ほどかけて市立金沢工業高校バス停近くの店に向かう。

店名を冠したテキサスロールカレー選択。程なく出てきたそのカレーは、二食連続カツカレー二日酔いでも食べられるあっさりとしたロールカツに、他よりルー中の野菜が大きめ。よく噛んで美味しいカレーバスが30分に1本しかないので、手早く食べるも、会計の段になりサラダスープを出し忘れていたとの言葉。まだ余裕はありそうなので今からでもと頼み、食す。スープはなんと蟹の出汁を取ったもので美味い。カレーには合わないが、サラダを挟んだことで結果オーライジュースもセットで出てくる充実っぷり。バスも間に合う。12時30分頃駅に戻る。

チャンピオン

とりあえず時間を潰そうとひがし茶屋のあたりをぶらぶら。1時間ほど歩いてお腹も空いてきたので近江町地下のここに。本店に行くべきなきましたが、、まあ時間もないし、ここで。実は3回目。正直お腹もだいぶアレなので、サイズダウンを決断。またトッピングなし、チャンピオンカレーのSを選択金沢カレーの中では1番オーソドックスなんだと思う。サラッと食べて退店。

ゴールドカレー

ゴールはここでオムカレーと決めていた。よって、腹ごなしに散策しかし市内で散策するところは大体行っていたので、また21世紀美術館にでも行くかと観光案内所に行ったところ、お兄さんに武家屋敷街を提案され、行ってみる。こういうのでいいんだよ。散策を楽しみ、ついでに洋風な山門が気になっていた尾山神社へ。横から本殿も眺めつつ、金沢公園へを本当にやることがなかったので、ベンチで読書

そうこうしているうちに16時過ぎたので、エムザ地下のゴールドカレーオムカレーを注文。これはこれで楽しめる味で、カレーオムライス親和性は新発見

2021-10-31

東急ハンズ池袋店の元バイトより

身バレするのでボカします。

東急ハンズ池袋店では4~5年ほどアルバイトをしていました。もともとは夏休み短期バイトでしたが、特に離れる理由がなかったのでそのまま継続してズルズルと続けていました。

なぜ東急ハンズだったかは覚えておらず、たんに学校からほど近くて昔から馴染みがあった池袋というだけで選んだ気がします。池袋には中学の頃から通っていましたが、自分にとっては本と家電の街でした。あと駅が複雑。新宿駅などよりダンジョン感はありませんが、西の東武に東の西武っていう初見殺しで有名な罠や縦に長くて迷いやす構造は初めての人には難しい駅だと思います


今回の閉店は自分の中では寂しい気持ちでいっぱいです。ハンズの思い出というより池袋という街に対する思いいれなのかもしれません。ハンズの帰りは決まって近所のラーメン屋によったり、休日の昼間ならば真向かい松屋食事をしたりしていました。資格試験では決まってロッテリアマックで遅くまで勉強していましたっけ。家電類もアキバなどより池袋ビックカメラが主でした。

ハンズ自分にとって、池袋という街に滞在しつづけた理由の1つであり池袋の人と直に接する機会を得られる貴重な場所でした。

そんなハンズ池袋店が閉鎖してしまうというニュースを聞いたときは、コロナ禍ではあるもののもう一度行きたいという気持ちが募りました。けれど既に東京までは片道でも2時間は掛かる場所にいる自分にとっては物理的に距離がありますし、そもそも今年の8・9月東京に足を運ぶことすらできない状況でした。さらにこの頃は家族妊娠が発覚したことますます遠出することが不可能となり、結局10月31日の閉店に間に合うことは叶いませんでした。


アルバイトをしていた当時、私の仕事場は主に1・2階。当時は1階が季節ものコーナーで2階はバラエティ健康グッズがおいてありました。私はその品出しバイトだったのです。

冬も夏もあの白ワイシャツに紺のパンツ、それと緑色のおそろいの腰エプロンをして作業をしていました。


当時の2階には、「アニメグッズ」「ジグソーパズル」「コスプレ衣装」「ダーツグッズ」「ケータイストラップ」「健康グッズ」「卓上プラネタリウム」などが狭い中に敷き詰められていました。本当にバラエティたっぷりでそれに合わせて大型イベントのたびにお客様がごった返しており、そうでなくともにぎやかなフロアでした。だからたまに他のフロアによると自分担当フロアと違って随分静かに感じたものです。

1・2階のスタッフ基本的にひとまとめにされており扱う商品もこの2つのフロアで持ち合いになっていました。なのでフロア同士で商品の入れ替えが行われており、夜中に什器を移動させるなど結構大変だった記憶があります。扱うものも多岐にわたるためか最上階の事務所廊下には自分たちのフロア什器商品を付けたまま所狭しと並んでいる光景がよくありましたね。多分他のフロアからはかなり迷惑がられていたと思います


当時よく取り扱っていたものとして、変な貯金箱がありました。顔面貯金箱硬貨を口にあてるとそのまま飲み込んでしま貯金箱です。他にも猫がダンボールから手を伸ばして硬貨を引き込むものとか、まあそういう変わり種の貯金場がでかい机の上にピラミッド状に積み上げてあったこともあります。他にはおでん缶とか無限プチプチとかも扱ってましたね。懐かしいな。

あと、北海道フェアも1階で行っていたのですが、ロイズとかのポテトチップスチョコとかも売れ残り結構出たので事務所の休憩室前で従業員価格で手売りされてました。なので飽きるくらい食べた思い出があります

クリスマス夏休みとかは人がごった返しており、品出しするだけで大変な思いをしましたね。

当時エヴァ劇場版が大ヒットしたこともあって、UCC缶コーヒー馬鹿みたいに売れていたんですが、あれを補充したり並べるのも地味に大変だった気がします。

うそう、最後まで猫カフェには行くことがありませんでした。なんで当時行かなかったんだろう


色々あって、だけど結構前の話なので覚えていないことも多いですけど、私にとっては池袋という街を定点観察する一番の場所でした。37年間、お疲れさまでした。

いまはもう従業員でもなく池袋に立ち寄ることはなくなってしまい、その中で池袋もだいぶ様変わりしたようです。ハンズの休憩時間に食べていた松屋デニーズはもうないらしく、頻繁に行っていた丸善本屋も既に閉業しています。知らぬ間に色々なものがなくなっています。思い出のハンズもなくなりますます回顧の中にしかない池袋

コロナ禍があけて家庭が落ち着いたならば、一人でこの街を一日散策しようかな。

2021-10-18

桜を見る会」に参加したことがある

実は「桜を見る会」に参加したことがある。

首相枠ではなく○○省枠で。

当時、「桜を見る会」の招待状は1業種2通と言われていた。

自分が参加したとき、もう1通の招待状を受け取ったのは知人で、前年の叙勲者だった。

から、とても名誉なことだなあと思った。

招待状には「平服で」と書いてあったので知人(前年の叙勲者)に相談すると「叙勲は正装だからモーニング・色紋付き。今回は準正装だから男性ダークスーツ黒革靴、女性訪問着」とのことだった。

自分でも調べてやはり準正装が相応しいだろう、と思ったので用意した。

平服って書いてあるんだからなんでもいいじゃないか」と思うかもしれないが、業界代表して参加することになる……と思うとそんな訳にもいかない。

開園は午前なので、地方からの招待客のほとんどは前日からホテル宿泊女性ホテル美容院着付け、その後タクシーで移動というスケジュールになる。

皆、交通費以外にもホテル宿泊代やら美容院代やらタクシー代やらの出費が大変だったのではないだろうか。

自分も「この機会に○○を~」と薦められた。高額なものは断ったけれどそれなりに買ったものがあって結構出費した。

当日。

指定時間通りに門に到着した招待客は、自分も含めて、皆、スーツ訪問着などの準正装だった。

だが。

準正装の自分たちが園内に入ったとき、中はすでに「先に入った人たち」でいっぱいだった。

メイン会場に食べ物飲み物もなかった。どこかに残っていたのかもしれないが、自分が近づける場所にはなかった。

「なんだかおかしいな」感をさらに高めていたのは「先に入った人たち」の服装だった。

メイン会場で騒いでいた「先に入った人たち」の大半は言葉通りの平服だったのだ。

セーターにパンツ姿の女性もいた。まるで旅行にでも行くような格好だな、と思った。

から、数年後、「桜を見る会」が問題になったときには「なるほど」と思った。

○○省枠で一度きりの招待状を受け取った自分たちより先に園内に案内された人たち。

普段着みたいな格好で我が物顔で騒いでいた人たち。

あの人たちは、当時の首相安倍サンが招待した山口県支援者だったんだな、本当にバス旅行でやってきた団体旅行の人たちだったんだな、と。

メイン会場は妙に騒がしく、自分が居るのは場違い雰囲気のように思えたので、知人(前年の叙勲者)と園内を散策して門の外に出ると、公務員らしき人たちがレジ袋に入れた升を掴んで面倒くさそうに渡してきたのでまたびっくりしてしまった。

招待された客(大したものではないかもしれないけれど、一応、功労者と認められた人たち)に対する態度ではないなあと思った。

税金で飲み食いしようと思うからそういう目に遭うのだ、という人がいるかもしれない。

が、多くの人は「これも仕事のうちだ」と思うから数万円(人によっては数十万円)かけて支度をしたのではないだろうか。少なくとも自分はそうだ。

安倍サンに招待されたから浮かれて行ったわけではない。

桜を見る会」は、以前は素晴らしい催しだったのかもしれない。

けれど、今は匿名でなければ「参加したことがある」と言えないものになってしまった。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん