「エレベーター」を含む日記 RSS

はてなキーワード: エレベーターとは

2018-04-20

エスカレーターで歩くなって駅で言ってるけどさ

通対のバイトを1人か2人右側に棒立ちで往復し続けさせれば確実なんじゃないの?

永田町駅の長いエレベーターとか特に

2018-04-18

公共的個室で香水をつけるやつ

トイレとかエレベーターとかの公共的個室で香水をつける人間を罰する法律ってまだないの?

2018-04-15

博多及び天神地区にお住いの方への注意喚起

2018/4/15 タイトルを変更。

性犯罪に対しての注意喚起なので、わかりやす題名に変更。

近頃あらゆる人を物色をして、そこから気に入った人物に対して猥褻行為へと及ぼうとする人物が、博多駅及び天神地区にて確認されました。

ではここからが本題。

そもそも皆はおしりガム前田を知っているだろうか?


あれから5年以上も経つ事件の話になるが、2013年3月7日渋谷地下街男子中学生に「お尻にガムがついてるからとってあげる」などと声を掛け、下半身をさわるなどした。

その後男子中学生を脅し?ながら(諸説有り)、30分程連れ回した後に強制わいせつの疑いで逮捕された、あの前田英輝だ。

大まかな情報はここを見ればわかるだろう。


そんなおしりガム前田は今何をしているのだろうか気になる人は多い筈だ。

残念ながらあれから反省しておらず、今でも気に入った若そうな男性を狙い撃ちして、肉体関係を築こうと企てる事に精を出す日々を過ごしているのだ。


何でこんな事がわかるのかと言えば?

それは当方2018年1月8日17から2時間渡り天神ルーチェ5階 古賀文敏ウイメンズクリニック前の待合椅子」でそのおしりガム前田に拘束されたからだ。つまり前回と全く同じ手段再犯してしまったのだ。

※因みに当日は当該施設休診日だったのか当フロアには誰も居ないも同然な状況であった。なおエレベーターが来たらすかさず隠蔽行為をしていた。

ゲイである事も事実だったのだ。ジーンズ姿が好きだったのも、ゲイであるから副産物と言える物だったのだ。加えて鉄道趣味である事も判明したのだ。

当方もそうだが、それ以上に風評被害を撒き散らされたそれぞれの趣味を持つ物に本当に土下座してでも謝罪して欲しい。


そもそも当方鉄道ゲーム趣味で付き合ってた関係しか無かったのだが、何故か突然このような仕打ちをされてしまったのが大まかな真相なのだ


何で今度は東京都では無くて福岡県なのと訊かれたら?

それはおしりガム前田は当時上京していた身だったからであり、逮捕後に実家のある福岡県に戻っただけだから

因みに実家福岡県宗像市であり、現在天神から徒歩10分程の家賃3万の物件に住んでいる。

そして現職はIT系会社企画開発をする傍らで、国家試験監督副業でやっているのだ。


あれからメールで断りを入れた後にもうそれっきりで、反省したのかと思いきや…

3ヶ月後にあろう事かまだ当方と目が合ってしまい、後におしりガム前田視線をこっちに移してストーカーじみた事をして来たのだ。

まあ程なくして視界から消えたが、これで全く反省していない事が完全に判明。

反省の色が見えたのならば書類を破棄するつもりだったが無反省である以上は、気に入った別人をターゲットにして連れ回そうと企てる気でもあるから注意喚起としてここに載せますあしからず


まずは当方独自調査した際に判明した情報から。※画像データです。

また「アカウントスクショ内」のメール履歴は、誤解のないよう当日にそのようなやり取りをした事と特定経緯の信憑性確保の為に載せていますあしからず

アカウントのスクショ

注意喚起

2018年1月8日当時の詳細

アカウント特定経緯


あと既におしりガム前田アカウントは、当方特定済みであり、ここにリンクを記す事にした。

因みに逮捕当時はアカウント特定されなかった模様。※archive.is可能な限り魚拓はとっているが、ここでは通常のリンク掲載する。

twilog

twitterアカウントは凍結済みである模様だ。まあ非公開アカウントなので凍結されようが知った事では無いが。

mixi


繰り返しますがこれは注意喚起の為に記載している情報です。当然ですが…

悪用厳禁です。

2018-04-12

anond:20180412172925

日が沈んでからウォーキングジョギング(イヤフォンで音楽聴きながら! 超気持ちいいい)

あと普段からエスカレーターエレベーターを基本使わない

びっくりするほど健脚ですわ

2018-04-07

触らない痴漢ってwって思ってたけど

海外衝撃映像を集めた番組

中国だったか韓国だったかエレベーター痴漢に遭った女が男をボコボコにして撃退するっていうのがあって

痴漢は女の後ろに立ってうなじ匂いを嗅いでたんだが

「偶然後ろに立った」「ちょっとうつむいたらうなじ部分に鼻が来てしまった」とかでは言い逃れできない明らかに異常者と分かるめちゃくちゃキモい動きで

なるほどこれが触らない痴漢か、と思った

2018-04-06

帰宅マンションエレベーターに乗ろうとする

スーツ男性が出てきて、目が合う

しらん人だけど会釈してエレベーター乗る

自室について電気つける

インターホンが鳴る

その男性がいる

居留守を決め込みながら増田に書き込む←今ここ

セールスかな~何かな~?

追記

ピンポン数回→ノック→ドアノブガチャガチャ していなくなった

若いお兄さんだったけど怖すぎ

2018-04-04

エレベーターで降りてきてそのまま乗り続けてまた上がってく奴

ものすごい器の小さい話だが、

人が集中しちゃってエレベーター混みまくりの時あるじゃん

そういう時に出てくるのが、

人が少ないエレベーターに乗って、そのまま乗り続けて目的の階まで往復しようとするやつ。

例えば一階でたくさんの人がエレベーターを待ってるとする。

ようやくエレベーターが一台降りてきた。ドアがあくと中は満員だ。

みんなが降りるのを待つわけだが、そこで降りない奴がいる。

なんだそれ。なんのライフハックだよ。

出てこないままとぼけた顔して斜め上とか見てるし。

いやいや降りろやと毎回おもう。

あとボタン側に立ったのに意地でも開閉ボタン押したくないマン、お前はボタン押すと死ぬのか。

anond:20180404003923

派遣エレベーター使わせない会社とか、

こういった話を聞くと、なんで一部の人っていい歳して

「このエレベータは僕んのだから使っちゃヤダ!」

って思想なんだろうね。脳みそ子供のまま大きくなったんだろうな。

2018-04-03

anond:20180403163408

どうも派遣会社によっては、派遣先エレベーターに乗るなとか備品を使うなとか言い含めるところもあるんじゃないかと疑っている。

健康に気を使っているだけかもしれないが、なんだか派遣さん階段使う率が高い気がしてる(ウチとしてはそんなことさせてない)。

ティッシュとか文房具とかも遠慮なく使っていいよーって言ってるのに自分で買ってきて使ってる派遣さんおるし。

鼻セレブみたいな特別ティッシュなら「あー好みがあるのかな」と思うけど、買ってるのはふつうの鼻庶民だし。

anond:20180403163648

いえ、失業中で自宅療養中なのですが、ちょうど今も

新人エレベーター乗るなんてビジネスマナー知らんな。安倍総理陰謀。辞めるべき。」などと独り言をつぶやいております

anond:20180403162953

新人エレベーターに乗れない会社とか発想がウケる

派遣は乗れない、とかも前あったな

2018-04-02

におい

隣席の人がヘビースモーカーで、時々10分以上離席して、帰ってくるとかなり匂いがきつくてつらい。

45分間エレベーター利用禁止にしたところの気持ちがわかる。

エレベーター操作するのが好き

エレベーター操作盤の前で、ドアの開閉ボタンを押すのが好きだ。扉近くの人は操作すべし、とか、下っ端は上司のために操作すべし、みたいなのを目にすることも多いが、むしろ私にとって、エレベーター操作するのは、大げさに言うなら役得とか特権のようなものである子供じみてるかな、と思うので人前では言えないのだが、ここに書いておく。

2018-03-31

小学生の時痴漢に遭った

小学4年生の春に痴漢にあった。

私は当時10階建の社宅に住んでいて、日曜の朝にビン・缶・ペットボトルリサイクル回収を出しに行くのが家族の中での仕事だった。

回収用のカゴは社宅を出て、大きい通とは反対側の道に置いてあって、朝9時(10時かも)までに出す決まりになってた。

いつも通りビンだの缶だのを出しに道に出て歩いていたら、突然尻と胸を鷲掴みにされた。何が起きたのか全然からなくて、声とか何も出なかった。

若いスーツ姿の男が自転車で去っていくのを見た。チラッとわたしの方を振り返って、そのまま走っていった。

意味がわからないままとりあえずビン出して、社宅の正面に戻って エレベーターに乗ってから、ああ痴漢にあったんだと思った

親には言えなかった。今でも言ってない。私は顔が良くないほうなので、言っても信じてもらえないと思った(実際顔なんて関係ないのかもしれないけど、それでも本当にそう思った)

その時から男性と話すことが苦痛になった。父親とか教師とか、おじさんならなんの問題もなく会話が出来たけど、同世代の男、若い男と話すのがつらかった。話そうとしても言葉が出てこなくて、頑張ろうとすると頭に血がのぼって顔が真っ赤になった。それが恥ずかしくて、余計に会話を避けるようになった。

中学校田舎私立校で、クラスの人数も少なくて内気な性格の人が多かったので、あまり会話の必要に迫られなかった。高校県内でも有名な進学校だった。共学で人も多かったけど、勉強に忙しくて男の人には興味ありません、みたいな顔してやりすごした。

進路を決めるにあたって、自分の将来を考えた。このままでは絶対結婚なんてできないのだから、一人で生きていけるようにしなくてはならないと思った。英語勉強が好きだったけど、安定していなくては、と思って医療系の科がある大学を志望した。

勉強は昔からできるほうだったので、志望通りの大学に行くことができた。大学では、中学高校とは違って、男と関わらないなんてのは無理だった。サークルゼミも、どうしたって異性との会話が必要だった。最初はしんどかった。なんせ8年はまともに男性と会話していなかったので、男性との会話がどんなものだったかからなかった。それでもなんとかして、(最初絶対友達女の子がいないとダメだったけど)会話できるようになった。 なんだ、大丈夫じゃないかと思った。中学高校時代は何だったのかと、青春無駄にしたなあなんて思った。

それでもやっぱり深い仲になるのは無理だった。食事に誘われても怖くて断ってしまうし、そもそも一対一で話すことがほとんどできないので、多くの人に対して、女友達ですらない、知り合い、みたいな状態だった。この歳になって彼氏が出来たことないなんて普通じゃないと思って、恋活パーティみたいなのも参加したけど、一対一の食事が楽しめなくて自然消滅した。

個人的には一人でいるのが好きだし、気楽なので良いんだけど、親に孫の顔が見せられないのが不甲斐なくて辛い。もし痴漢に遭ってなかったらもっと違った人生だったかもと思ってしまう。今更どうしようもないんだけど。

2018-03-30

臭いのが苦手なのか、臭くなるのが嫌なのか

禁煙絡みの話題になると、俺から見るとヒステリックと感じる主張を繰り返してる嫌煙派をはてブでは見かける

同じ様な人はツイッターヤフコメなどでもちょくちょく見かける

そういう人達は「臭いのが嫌!」って主張してる事が多い

健康問題云々は建前ですらなくて、汗臭いとか腋臭とか食べ物臭いとかそういうのも纏めて「嫌だ!」と連呼する人も結構いる

で、そういう人達を観察してると、どうも臭いのものよりも、自分にその臭いが移る事を嫌悪してる人が結構割合でいるっぽい

どっちも同じことだろと思うかもしれないが、自分が臭くなる事への嫌悪は、自分が変化する事への恐怖が根底にあると思う

タバコの例で言えば、喫煙者と同じエレベーターに乗ったら、自分喫煙者と同じくらいタバコ臭くなると「疑ってる」って事

何を馬鹿なと思うかもしれないけど、割とこれはあると思うんだよ

もちろんタバコ臭いはそれなりには移る

タバコのヤニは壁とか天井かにもこびり付く

服など布製品にも臭いが付く

といっても非喫煙者喫煙者特にヘビースモーカー並に息や体臭が臭くなるって事はないと思う

でも、その臭いのものも嫌だけど、それ以上に自分までタバコ臭いと、誰かに思われるのが耐え難いって人は嫌煙派には一定数いると思うんだよ

それが喫煙者臭いに対して数%程度の臭いだったとしてもね

そういう人は自分アイデンティティに対する攻撃だと感じてるんじゃないかな、と思う

なんでそう考えるかというと、それならヒステリックになるのも理解できるから

単に臭いだけなら程度問題はあるけど、エレベーター程度ならまあ我慢できるはずなんだよ

そんなに長時間一緒に乗る訳でもないし

でも自分が臭くなるのは、「臭くない自分」を「臭い自分」に変えられてしまうから許せない

自分を臭くする可能性があるものを徹底的に排除しないと気が済まない

それが他人であれば、それを糾弾せずにはいられない

そうしないと心の平穏が保てない

で、こういう人達に対して「それはやり過ぎじゃない?」みたいな事を言っても無駄だと思うんだ

だって根底にあるのが自分を変えてしまものに対する恐怖だもの

正直、俺にはどうアプローチすればいいのか、さっぱり分からん

anond:20180330101705

エレベーターに乗れないなら階段上ればいいじゃない。

ちな俺喫煙者

喫煙後45分エレベーターに乗ってはいけないということだが

臭い有害以前の問題で、タバコがやめられないのは好きだからでは無く

ニコチン依存症という病気でやめられなくなっていることを理解してほしい

覚せい剤大麻を除く)は体内の組織破壊して治療が困難になるが

タバコは完治することが出来る

完治と言っても最終的にはその人自信の意識次第なところはあるが

昨今では嫌煙家による風当たりが強いと感じることが多いと思う

そのストレスにより更に喫煙を増やしては意味がない

是非治療を試みてほしい

また、臭いもそうだが受動喫煙による発がんや喘息等の疾患の発作の引き金

にもなりかねないということを十分に考慮していただきたい

2018-03-26

ルンバ購入費を稼ぐ事は家事と認められないの?

この話にどうしても乗っかりたい。

元増田が書いた話は元々増田の主張とずれてる気がするけどお金の話なのでここに付けちゃう

うちは専業世帯都内賃貸マンション暮らし都心駅徒歩3分に住んでる。必要ものが全て徒歩圏内にある。そのかわり家賃が高い。

食品を買うスーパーマンションの下階にあるから買い物がすごいラクエレベーターで降りるだけ。そして高い。生鮮食品惣菜日用品、全てが地元と比べるとやはり高いそうだ。

はい家計に打撃を与えるほどの金額ではないのでそこで全部買う。チラシ見て安いスーパーに行く必要はない。お米、水が重たいときは有料で届けてもらったりネットスーパー玄関まで運んでもらうことができる。

スーパーの他にレストランもあるので遊びに出かけて疲れた日は外食になる。

こどもの習い事も全て徒歩圏内。塾やプール学校もすぐ近く。小2から自分で行って帰ってくるようになった。小さい頃は妻が送り迎えしてたけど不要になった。

幼稚園を決めるとき弁当を作るのは大変だから給食ありの私立幼稚園にしたいとのこと。受験必要はないが高かった。

家事食洗機ルンバ乾燥機能付きの洗濯機?を買いそろえるとそこそこの金額するよね。

生活費のやりくりとか学費計画とか保険とか資産運用とかローンなんか妻は全てノータッチ

「誰のおかげで生活できてると思ってんだ」という気はないけど

お金があることで家事負担が減っている事ってかなり沢山あるはずなんだけど。

anond:20180326063004

2018-03-25

2018香港深圳広州の旅 Day.4

anond:20180324124847





Day.4


上晝


香港最後の夜は、一度夜中に目がさめるという自分にとっては日本でもお馴染みの睡眠だった。

昨日の広州行で程よく疲れたせいなのか、香港に慣れてきたからなのか。

慣れてきたとしても、今日が今回の香港旅行最後の日だ。


チェックアウトまで時間があるのでネイザンロード沿いの便利店でお土産いくつか買う。

レジオクトパスカードを出すと

「唔収◯×・・・

あ、使えないのか。今のはすぐにわかったぞ。

あんまり焦んなくなってきた。


しばらく散策していると、台湾でも見かけた誠品書店広告が。

しめた。本が買える。住所を検索して向かった。


晏晝


海岸沿いにある香港の誠品書店は、台湾と同じく綺麗でセンスのいい内装だった。

複雑な本はわからないので、今回も料理本かな?

いくつか物色していると、グラフと表が描かれた本があった。

多分、ポップミュージック音楽理論に関する本。

当然内容はわからない。でも妙に気になったので、買うことにした。


レジに持っていく。

「◯×◯×・・・

「a,我係日本人」

「oh, do you have shop card?」

「none」

初めてストレート意思疎通できた広東語が「私は日本人です」だとは。

教科書に載っているような表現でも意外に役に立つもんだ。

別のレジではショップバックの要無用についてジェスチャーで聞かれ、料理本も一緒に包んでもらった。


ホテルの部屋に戻ると、あれ、鍵が開かない。

「I can’t open dore at my room.」

「Check out time passed, you over time. check out time 12.」

しまった、2時と勘違いしてた。

そういやチェックインの時にヤケにゆっくりだなと思った。

鍵を開けてもらって、急いで荷物をまとめる。

ベッドにはメモを置いておいた。

「Thank you. I had a great time! 再見

ベットメイクの人とすれ違う。

「I had a great time.」

笑顔

エレベーターに駆け込んだ。


飛行場に向かうまで荷物を預かってもらう。

「Please keep my baggege.」

と言いながらメモを見せる。

「幫我在放我嘅行李到我去機場、可唔可以呀?」

にいちゃんメモをじっと見ている。

あれ、怪しい広東語書いたかな?と思ったが、どうやら彼は広東語がわからないようだった。

そうか、「外国人がやる仕事」ってのも歴然とあるのか。

「When are you coming back?」

「7 O,clock. take care.」


途中、腹が減ると具合が悪くなりそうなので、飲茶する事に。

「一位、唔該」

拭いているテーブルを指さされ

「乜嘢茶?」

「普洱、唔該」

注文シートを書いて

「落單、唔該」

シートを渡す。

想定していた問答なのでスムーズにできた。

高速な香港時間コミニュケーションできると気持ちがいい。


出てきたのは、

1.油で揚げたクレープのようなもの。オイリーでつけダレが美味い。

2.ガチョウが乗ったビーフンスウィートチリソースつき。香港ガチョウは表面を甘いタレでコーティングしてカリッとローストする。

3.ツミレ。貝かなにかのつけダレは少しくさみがあり塩辛い。

それと普洱茶。

ちょっといかな、と思ったけど、スルスルと食べられた。

「理單、唔該」

「ツァッサップツァッ」

「?」

メモを見せられる。

あ、$77か。

ちょっと詰まってしまった。

釣りは投げるように寄越されるが、気にしない。

ここは香港からね。


下晝


飛行場に向かうにはまだ早い。

まだ行っていないところに行こう。MTRで深水埗へ。

香港人による日本紹介動画によれば、日暮里日本の深水埗なのだという。

ということは、日暮里ぽいんだろう。


深水埗につくと、そこはたしかに今まで見ていたきれいなばかりの香港とちがって、露天などが立ち並ぶ下町風情だった。

でも日暮里よりはるかに賑やかだ、

日本人の印象であるカオス看板風景の「古き良き香港」はここじゃないかな。

OK.次は今回一切足を踏み入れなかった香港東側だ。


MTRを乗り継いで北角(ノースポイント)へ到着。

それにしても疲れてきた。

喫茶店で一息つこう。


喫茶店冷房香港っぽく引くほど強い。

「理單、唔該」

しまった、席に着くなり会計をお願いしてしまった。

気にせず注文を聞く先生

「coffe, ice

ドンッ!!しばらく待っていると景気良い音とともにコーヒーが現れた。

甘さが心地い。

でもちょっと寒いホットにすりゃよかった。

寒いしもう出るか。

「理單、唔該」

入店してから2回目の会計

ただし実際に払ったのは1回。

「洗手間邊度㗎?」

店の奥を指差される。

みんな、香港に行く時にはこの言葉は覚えておくんだ、絶対使うし、発音簡単だ。

トイレで用をたし、次の目的地、銅鑼湾コーズウェイベイ)に向かった。


MTRで向かおうと思ったけど、ちょっと街を行き交うトラム、2階建の路面電車に乗ってみる事にした。

オクトパスカードで乗れるらしいし、大丈夫だろう。


トラムに乗り2階に座る。

都合のいい事に、行き先は銅鑼湾らしい。

ここままトラムで向かおう。

しばらくすると、高齢のご婦人が入ってきた。

「座ります?」あんまり考えずに日本語が出た。

婦人は、笑顔で手を振りつつ

「唔該晒」

いいのか。

上げ掛けた腰を下ろす。

と前の若い女性が立ち上がると、ご婦人はそこに座った。

広東語では「おねがいします」も「どうも」も「いいですよ」も「きにしないで」も「すいません」も「唔該」なんで、ちょっとややこしい。


銅鑼湾は新旧の香港が入り混じったような繁華街だ。

白人もよく見かけるし、雰囲気西洋っぽい。

長身イケメン2人組が風船を配っていた。

Guy’s, I’m Foreigner. Can i take your photo?」

「Of course.」

「3,2,1, Shoot!」

「have a goot time ;)」

「Thank you!」

元同僚にみせよう。絶対イケメン好きだ(偏見)。


挨晩


予定より1時間ほど早いが、荷物を回収しよう。

ホテルに戻り「Mr,I want pick up my baggege.」

すぐに出てきた。

あれ、超重い。

これ持ってあの激混みのMTRに乗るのうんざりするなぁ。


というわけでタクシーを使う事にした。

「的士!」

「我想去機場」

通じない。

Hong Kong Airport.」

タクシーは滑り出し、人が歩いている小道を縫って走る。

おい怖いな。

大道に出ると、別の方向性で怖かった。

単純にスピードが速い。

アジアタクシーはこうだよね。


佐敦(ジョーダンから香港国際空港までは$230と少し。

釣りを渡される。

「For you.」

小銭を返した。

多分、香港で渡す最後チップだ。


夜晩


チェックインまで時間があったので、この日誌を書いていると、携帯電池が心もとない。

持ってきたモバイルバッテリーも閉店ガラガラ状態だ。

カウンターで尋ねる。

「I want carge Moba battery.」

「Phone?」

うなづく。

カウンターの裏側を指差された。

香港に来るまでは英語なんて全然ダメだと思っていたが、必要に迫られると喋れるものだ。

そうこうしているうちに帰りの便のチェックインが始まったので、済ませておこう。

チェックインを済ませたが、よくよく考えると、荷物重すぎないか

重量チェックの前でキャッキャウフフしているGirlsに困った顔で「Pleeease ><

やっぱ明らかに重量オーバーだ。

もう一度チェックインカウンターに。

「I want store my baggege.」


香港ドルからの再両替をどうしようかと思っていたが、タクシー結構でかく、手元には$55弱しか残っていなかった。

コーヒーチョコレートブラウニーで小腹を満たして$45。

綺麗に使ったもんだ。

チョコレートブラウニーの甘さで結構喉が渇いたが、オクトパスカードがまだ残っている。

セブンイレブンで水を買う。

カードを見せようとするやいなや、レジの小太りのお兄ちゃんが読み取り機をバンバンと叩いて示した。

どこの国にも手際が良すぎてちょっとコミカルな人というのはいものだ。

香港最速の決済だったかもしれない。


時刻は22:30。

ずいぶん早くチェックインをすませたために、ほとんど列に並ばなかった帰りの便のチェックインカウンターにも、人が集まって列をなしていた。

もう出国検査場に向かおう。


幼い時代の優しさとノスタルジー追体験したような昨年の台湾旅行と違い、今回の香港深圳広州旅行ちょっとした冒険感のある、エキサイティングものだった。

特に南洋華人の明るさと激しさには、自分の中のエネルギーを叩き起こされたような気がした。

この4日でイミグレーションの通過は4度目、もう慣れたものだ。

検査員の男性パスポート出国カードを出し、検査は何のトラブルもなく完了した。

最後にこの広東語だけは伝えたい。

「Ser, i had a great time.我好鐘意香港。」

年配の検査員は一瞬ぽかんとした顔をしたが、まあ付け焼き刃の広東語が通じなかったのは仕方ないか

深く気にせず手荷物検査に向かおうとすると、後ろから明るい声が響いた。

Hey! Also hong kong into come back!」

親指をあげて答える。

再見!」

2018-03-20

彼氏風俗へ行った

長い付き合いになる彼氏風俗に行った。

しんどかった。

ネットでそれらしい言葉をぐぐってみると「ただの男の性欲処理なんだから理解すべき」「風俗浮気じゃない」というアドバイスが多かった。

女性側の気持ち理解すべき、という男性へのアドバイスはなぜ無いのだろう?と思った。

身体的(本能的)な欲求承認されるのに、感情的もの我慢させられるのはなぜだろうと思った。

男性による風俗レポートはたくさんあるのに、風俗へ行かれてしまった女性側の詳細なレポートはなかなか見つからなかった。

わくわくしているときも、死にたさに溢れている時も、わたしは同じような状況にある人の言葉を探す。

仲間を見つけたからなのか、そこに自分気持ちの代弁を認めるからなのか、不思議と心が落ち着くのだ。

から、誰かにとってそうなるかもしれない期待を込めて、私の気持ちを書き記しておく。

彼の顔が見れなかった

社員研修旅行中、唐突風俗帰りの彼に出くわした。

「さっきセックスしてきたのかあ」「セックスほやほやかあ」「妙にこざっぱりした顔してたかも」「私に気づくまで、笑顔で歩いてきたよね」「信じられない」彼の顔を見れなかった。

彼が他人セックスしてる姿が頭から離れない

ふとしたときに、彼が風俗女性と抱き合っている姿がうかんだ。

官能的なものじゃなく、彼の後ろ姿と抱きしめられて彼の体に隠れてほとんどみえない裸の女性静止画

それが目に浮かぶたび「私じゃない人と、そんなふうに近づいたりするのかあ。」と思った。

宿泊先に戻り、布団に入って目を閉じた。

かに涙が出てきた。鼻水も出てきて、枕元にティッシュがなかったので焦った。

このままでは目が腫れて明日に響くと思い、気合いで泣くのをやめて眠った。眠れるものなんだなあ。

友人や同僚で風俗へ行った経験がある人は何人かいたし、浮気不倫の話を聞いたことがないわけじゃない。

「男は1度くらいは風俗に行くもの素人浮気するよりマシ。」みたいな言葉も知っていた。

でも、直後の彼に出くわしたインパクトが強すぎて、もうむりだ、と思った。

死にたいと思う状況になった」と思った。


なぜか自分を保つことに必死だった

社員研修は続く。

一生懸命笑顔で過ごす。「みんなに怪しいと思われてるかも」という気持ちが拭えない。

頭が働かない。妙にぺらぺら喋っていたような気がする。

挙動不審かも。怪しいと思われてるかも。」と不安になった。

彼氏を含めた同僚数人で話さないといけない状況でも、彼を見ることができない。

早く1人になりたい。

ふとしたとき、泣きそうになった。自席で寝たふりをして、少し泣いてしまった。

会社をやめたいと思った。でも、こんなことで自分キャリアを失うなんて間違ってる、仕事職場人間関係も頑張らなきゃ、これまで通りの人生を過ごさなきゃと思った。

頑張って楽しく過ごすことに必死だった。当然だけど凡ミスや変なボケをかましまくった。

疲れてるんじゃない?と同僚に心配されて、それがまた辛かった。

リングから降りることが許されずに、パンチを受け続けている。負けようが勝とうが私には本当はどうでもいいのに。

辛かった。情けなかった。みじめだった。

みじめだってわかってても頑張ってる自分の小物さが、つらい。

道を歩いている時も、車での移動中も、事故が起きて私だけ死なないかなと思っていた。

私が普通に過ごすことで、私のプライドがズタズタになる。

だってあんなことがあったのに私が笑っていなくてはならない。

自分がみじめでしかたない

研修が終わって解散。彼と暮らす家へ帰る気にもなれず、駅近くのホテルへ向かった。

こんなとき浮気できるような異性の知り合いも、自分はいない。別にしたくなかったけど。

家族友達に連絡しようかとも思ったけど、できなかった。

自分が情けない。意外とプライドが高いのか、誰にも言えなかった。

同僚とわいわい風俗へ行った彼氏と、その辛さをまだ誰にも伝えてないひとりぼっち自分

電車に乗っている間、タクシーに乗っている間、ホテルについてチェックインしている間、部屋につくまで、一生懸命泣くのをこらえた。

エレベーターに乗り部屋のある階についた瞬間、涙がぽろぽろぽろぽろ出始めた。

運良く、エレベーターのすぐ近くに部屋はあった。

鍵を開けて部屋に入りドアを閉めて、そこからずっと声をあげて泣いた。

泣き続けておかしくなりそうだったので、泣くのをやめた。

自分の心が壊れるのが怖い。だから、泣きすぎるとやばいと思った。彼氏よりも自分が壊れるのが怖いんだなあと思った。

バッグから洗濯物を出して、洗濯機を回した。

各部屋にドラム式洗濯機がついてる。だから1泊1万円もした。トリバゴから予約したらもっと安かったのかも...と思った。

死にたみとの戦い

洗濯機を回しながら、本当は結局泣き続けた。呼吸がおかしくなるたびに一度自分を落ち着かせた。

ドラム式洗濯機洗濯乾燥時間めっちゃ長い。

2時間半もかかるのか!と思ったけど、そんな時間余裕で泣いていた。

洗濯したくせに、カミソリで腕を切って浴槽につけておこうと思った。電車に飛び込みとか、首吊りかいろいろ考えたけど、なんとなく浴槽がいいなと思った。少なくとも今の自分から一番近い。

けれど、お母さんの顔が浮かんだ。

お母さんの心が壊れてしまうのだけは嫌だと思った。だから風呂で、「死んじゃいたい」「死んじゃダメだ」「死んじゃいたい」「死んじゃダメだ」...と声をあげて泣いた。

でも、なんとなく、自分は死なないだろうと思っていた。

これまでも死にたいことは何度もあった、でも自分の周りの人が苦しむのが嫌で、何度も何度も何度も何度も死にたさと戦って、生きることを選んできた。

からきっと生きるんだろうなとどこかで思った。

洗濯しただけのことはある。

でも、これは人生ベスト3に入るぐらい辛かったなあ。過去の辛さは、その時々ではベスト1なんだけれど。

この時代に生きてて良かったと思ったのは、同じような体験ネットで読めることだった。

自分の考えを巡らせることだけに終始していたら、きっと生きていなかった。

実はクローズドでやっているSNSに、死にたさを示唆する書き込みをしてしまった。すぐ削除したけど、それに気付いた学生時代の友人が連絡をくれた。

彼女も死にたさと戦うことがあると教えてくれて、それにも救われた。

彼女が使った「死にたみ」という言葉も、好きになった。

大切なものがくだらないことに壊される情けなさ

彼氏風俗に行ったのは、すごくくだらないことだと思った。

くだらない性欲をくだらないノリでくだらない同僚と吐き出しにいった。

でも自分にはそれだけだと思えなかった。

可愛くて、スタイルがよくて、なんかテクニックとかもすごい、そんな相手自分が比べられたかと思うと恥ずかしかった。

こんな恥ずかしい顔や体や自分を、愛されてる、受け入れられてる、喜ばれてる、と何の疑問も持たずに彼にさらけ出してきた自分が恥ずかしかった。

親や家族や友人は、いつも自分を大切にしてくれた。

私の心と体がいかに大切なものか、長い時間をかけて教えてくれた気がする。

そのせいなのか、ただモテないだけなのか、私は周りが恋愛セックスをしてる間に、自分の夢に向かって勉強してるようなタイプだった。そんな自分人生が嫌いじゃなかった。

それが、彼のくだらない一夜の風俗で壊された気がした。

自分の大切なものが、こんなくだらないことで壊されたのが悲しくてみじめで、こんなことになっちゃった自分が情けなくて仕方なかった。だから誰にも言えないと思った。がっかりされると思った。恥ずかしいのもあるけど、周りの人まで残念な気持ちにさせるんじゃないかと思った。

こんな気持ちにさせた彼が許せない。ひどい。でも好きだからこそ悲しいことが、悲しい。

すべて壊れてしまった

恋愛セックスも人並み以下の経験しかせずに、しかも結局夢にも破れて、なぜだかストーカー被害にもあったりしていろいろ挫折して、どんぞこにいた自分を、元の明るい自分にしてくれたのは彼だった。

初めて恋人誕生日クリスマスやお正月を過ごした。旅行にもいった。なくしたけど指輪ももらった。長い時間を一緒に過ごした。お互い仕事も頑張って成長した。いろんな幸せがあった。

なのに、その彼に結局は壊されてしまった。

彼が友達と行った旅行飲み会も、ぜんぶ風俗に行ってたかもしれない。そう思うと楽しかった思い出も全部むなしい。彼のことが好きで、いつも幸せだったから、それが全部裏切られたと思った。全部わたしの、独りよがり幸せだったのかもしれない。

天使なんかじゃない」っていう少女漫画で、主人公の彼ママ過去隠し子不倫をされて離婚している)が「(不倫に気付いた時)積み重ねてきた幸せが全部崩れるようだった」と主人公吐露して泣くシーンがあるんだけど、それを思い出した。(セリフうろ覚え




自分ダメだと思った

自分とのセックス気持ち良くなかったのかも、自分スタイルも顔もよくないし、その上積極的にできていなかったのかも、胸が小さすぎるのかも、しまりが悪いのかも、風俗でどんな風にしたんだろう、ちゃんゴムはつけたのだろうか、彼は嬉しかったのだろうか、どんな風に優しくしたんだろう、なにをしゃべったんだろう、終わった後どんな気持ちになったんだろう、いろんなことを考えた。

彼は私が悲しむと思わなかったのかな、背徳感はなかったのかな、きっと気軽な気持ちだったんだろうけど、それにしても浅はかだな。がっかりだな。

私の弱さを気にするほど、彼は私に興味がなかったのかもしれない。

彼にというか、彼に勝手に期待して依存して彼のくだらない行動で傷付いてしまった自分の弱さが情けない。

自分ちゃん自分だけを信じて自律していれば、こんなに傷付かないはずだった。

自分ってだめだと思った。

もともと他人に期待しすぎちゃいけないと思って生きてきた。

自分の傷つきやすさを自覚しているからこそ、家族や友人も含めて、他人に変に期待(依存)しないように、思春期からずっと気をつけてきた。

それでも、彼氏にはすごく期待してしまっていたことに、今回気付いた。

こんな無意識の期待さえしてはいけなかったんだと分かって悲しかった。

今後、他人に対してもっともっと慎重にいなければならないと思うと、生きる喜びってとても少ないなと思った。

また彼より自分について考えてるなあと思った。いつも私は私のことばっかり考えてる。だからダメなのかもしれない。

それでもやっぱり、自分はどうしたら明るく楽しく生きていけるかなと考えた。

引っ越しシェアハウス転職海外に行く...いろんなことを考えて、調べた。全然眠れなかった。

死にたみに溢れてても、生きていくアイデアアクセスしようとした自分は成長したと思った。ネットはすごい。思えば過去自死願望にも、いつもネット時間薬をくれた気がする。


好きだからつらい、つらいことがこわい

自分の心が壊れるのが怖いから、もう前ほど彼を信じようとは思えない、それがさみしい。

人間孤独で、どんなときも心のどこかで人に対してあきらめを抱えたまま生きていくしかないのに、誰と愛し合おうが結婚しようがそれは変わらないのに、うっかり忘れてしまっていた自分が情けない。

情けないけど、やっぱり信じていたかたから辛い。寂しい。残念だ。辛い。

神様が、本当はいなかった、本当はひどい詐欺師だったような気持ち

なんで私だけが気付いてしまったんだろう。

浮気されてる女性を知っている。一見幸せな家庭に見えるけど、そんなのダサいって思ってた。今でも思う。でも、彼女幸せなのかもしれない。

気付きたくなかった、あの日、あの場所にいなければよかった。

思い出して泣いてしま自分、自信を無くしてしまった自分、楽しさを失くしてしまった自分、こんなネガティブで暗い自分は、結局彼とうまくやれないと思った。

結局彼を許しても、いつか彼が離れていくと思った。

彼のことが好きだから、今まで幸せだったから、それが辛い。

私みたいな世間知らずじゃなくて、もっと経験豊富で肝っ玉な女の子と付き合ってくれればよかったのにと思った。

信じても信じなくても、もし彼が、もしもう一度同じ過ちをしたら、もう自分は生きられないと思った。そんなことで自死するなんてダサイからやだなあ。

それに、私は私が壊れるのが怖いから、たぶんもう前ほど彼を好きになれない。

もっと言えば、いつも他人を心の底で少し突き放して生きていくことになる。それは軽蔑と言ってもいい。残念だな。

なんにせよまた新しい自分の弱さを知ってしまって、生きることがむずかしい。それでも生きるけど。つらくなってしまった。

どうして生きるのはこんなにつらくてつらくてつらいんだろう。

キルケゴールの「死に至る病」って、私本当は逆だと思う。

信じることはあまり盲目で、目が覚めた時に断罪されるんだと思う。みんな目が覚めたくないから信じたいんだよ。(私別にクリスチャンじゃないけど、ごめんなさい)

風俗嬢を悪く言わないで

男性風俗についての見解ぐぐると「ただの性欲処理」「トイレと一緒」「壊してもいいおもちゃ」みたいな言葉がたくさん出てきた。

彼も「汚いから本番はしてない。キスもしてしない。」なんて言っていた。ほんとか分からないけど。信じてないけど。

でも、そんな言い方ひどいと思った。

自分がしたくてお金払って行っておいて、生身の人間に対してその言い草はないよ。

私はお店の人や通りすがりの人や、赤の他人にもいつも親切な彼が好きだった。

性的なこととなるととたんに道徳感を失うなんて理解しがたいよ。私と同じ女性を、そんな風に言わないで。言い訳のつもりだったかもしれないけど。

自分パートナーには、動物とか本能とか言う前に人でいて、素敵な人でいてほしいよ。

私は風俗嬢という言葉を見るたびに、少し傷つく気がする。でもそれは風俗嬢にされてるわけじゃない。あなたに傷つけられんだ。


忘れたくない

話し合いを重ねて、結局彼と暮らしている。

改められる人だったから信じることにした。でも、もう私の「信じる」は前の「信じる」とは違う。限りなく「信じたいけど」に近い。

2人でいることの幸せも、言葉からうけるニュアンスも、すべてが前と違う。

別れを切り出したのは私なのに、私は自分が裏切ったり彼にふられたりすることに怯えてる。

それがしんどくなったら本当に終わりだなと思う。

嫌いになることも、嫌いになられることも、こわい。こんな気持ちを知りたくなかった。

いつか出産して、わたしのあそこがゆるくなったらまた風俗にいくのかな。

風俗から帰ってきたその手で子供をなでるんだろうか、なんて結婚願望も子作り願望もないのに想像してしまった。


れいになりたいと思った

悲しいかな、自分の醜さが目に付いた。

顔が腫れぼったい、鼻が低い、目が細い、口が曲がってる、眉毛すら美しく生えていない。

胸が小さい、くびれがない、下腹がみっともない、足が太い、とにかくいけてない。

少なくとも風俗嬢よりきれいじゃない。だって私は私を売り物にできない。

鏡を見たくなくなった。写真を見るたびに落ち込んだ。

彼が可愛いねといっても、「ほんとは可愛い子が好きなんだ」としか思えなくなった。

ガッキーみたいな子だったのかな、それともギャルみたいな子だったのかな、どんな顔でどんな体型でどんなメイクでどんな風に喋る子だったのだろう。

セックスしたいけどしたくない

彼がすでに誰かにさわられたところも、まだ誰もふれていないところも、すべてをさわりたい。私が液体になれたら楽なのに。

彼が本当にしたいことを知りたい、でも、みっともない自分が恥ずかしい。

今出来なくなったらずっと出来なくなる気がする。

でも今したら、私が軽薄みたいな気もする。

いよいよどうしたらいいのか分からなくなって、「セックス やり方」と検索する。

そうこうしてると風俗嬢の解説に行き着いてしまい、また彼が誰かとセックスする姿が頭から離れない。

どんな風にしたんだろうって、聞きたい。でも聞いたらきっと立ち直れない。

時間がはやく経てば良いのに。

あの時から今までずっと、死にたいことととそれでも生きること、彼の風俗のこと、自分の醜さ、知らなかった感情を知る怖さと、それが増えていく人生意味について考えている。

こんなくだらないことで、わたしリタイアしたくない。

2018-03-17

増田かるた

後はトラバブクマにまかせた

アノニマスダイアリー / アナルパール

い 犬の餓死

エレベーター裏技 / FAQ

お嬢

か 書いているのは11

京都ゴミ大学 / 今日多々良川

く クソ雑魚ナメクジ

ゲーム日記

抗がん剤治療〇日目 / 国会ウォッチャー

さ 三大〇〇 あと一つは?

昇給

す すいすいすいようび / スペース増田

聖書を読む読む

ソープへ行け彼女は言った

釣り

て 低脳先生

と 虎増田

名前を隠して楽しく日記

に 二段ジャンプ

ぬ ヌドゥヴァ

ねこみこれいむあいしてる

はてな記法が一部使えます / パンティ

非オタ彼女に〇〇を紹介する10

保育園落ちた日本死ね!!!

増田文学 / マスダとマスダの冒険

右手から無限唐揚げを出す能力

瞑想運動睡眠

元増田

野菜一日350g

横田

ルー増田

わ 私の中のid

を を書を書

ん ●んこを漏らす

追記:

ブコメのヌドゥヴァを追加

ブコメゲーム日記抗がん剤治療〇日目、国会ウォッチャーねこみこれいむあいしてる、今日多々良川、スペース増田を追加

ブコメ瞑想睡眠運動野菜一日350gを追加(増田というよりブクマネタだけどとりあえず)

ブコメの指摘でら行を追加

トラバFAQ、マスダとマスダの冒険を追加

アナルパールパンティーを追加

ブコメの虎増田右手から無限唐揚げを出す能力を追加

トラバルー増田を追加

2018-03-16

anond:20180316132135

端的にいうとADHDなのは普通

ADHDからどうこう言い訳にするやつが単体でおかし

車椅子おかしいのではなく普通で、車いすがどうだこうだいいやつがおかし

LGBT普通で、LGBTから俺は偉いとか素晴らしいとかいうやつがおかし

俺は男だから、私は女だから、というのは普通で男なので、女なのでというやつがおかし

まり自分所属するカテゴリーの特徴はただの特徴でありお前個人問題ではない

車椅子からエレベーター必要というのはカテゴリ問題でありお前個人問題とは別

まりお前がADHDで悩んでるのはお前自身問題でありADHD問題ではない

2018-03-14

大勢での飲み会で、周りに気付かれないようにこっそり足だけ絡ませたい。

さりげなくその人の飲み物をもらったり、その人のにおいが香る距離まで近づいては離れたりしたい。

私がお手洗いから出たら、なぜか相手廊下タバコ吸ってて、なんてことない話をしながら相手タバコを持つ手を眺めたい。

そのあと帰るエレベーターに乗って、これまた気付かれないように手を触れさせたい。

終電で帰ろうとしたら個人的に「帰るの?」って聞かれたい。

でも結局ホテルに行ったりなんかはしなくて、切ない目で見送ってほしい。

そんで次の日にまた会ったときに「本当はもっと一緒にいったかったんだけどなあ」なんてこっそり言われたい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん