「行事」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 行事とは

2019-04-21

特養に入所した人は必ず3年以内に亡くなります

って3年前に父親が面倒を見て貰ってた阪和帝塚山苑の施設長さんが言ってたのね

これってマジなのかな。

まあ入所して2年で死んだから本当なんだと思うけどわざわざ夏祭り行事施設挨拶笑顔で言う事なのかなと思った

それにしても今思い出しても正論だけど言い方!

2019-04-16

伝統行事が嫌になりつつある

ここの郷土芸能を初めて見た時、すげー!かっこいいなー!と思った。

今住んでいる場所は何百年と続く行事がいくつもあって、町内ごとに色々な郷土芸能がある。

ニュータウンみたいな場所にある実家では、住民一体となった伝統行事はなかった。

からこの地域は新鮮で神秘的に見えた。みんな一芸を持ってて良いなと思った。

でも田舎郷土芸能とか行事は、その土地にずーっと住む人しか参加できない。街中の祭りとは全然違う。

観光客を歓迎するのはごく一部かつ表面的なやつだ。

真に地域に根ざした行事は、3世代以上その町内に縁があるか、コミュ強な移住者でなければやんわりとハブられる。

毎年、町内で行事をしてる音は聞こえても参加できない。知らないうちに開催されていて、うちはスルーされている。

人間関係休日も全て地域に捧げる覚悟ができたら参加できるかもしれない。

小学校とか中学校集団行動に馴染めなかった感と似てる。

この地域の全てが嫌ならハブられも平気なんだけど、文化郷土芸能は好きなんだ。

ずっとよそ者でいられたら気にしないで済んだのかなー

2019-04-10

11月10日は無電柱化の日

http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_001086.html

※無電柱化の日とは

 平成28年12月に成立した「無電柱化の推進に関する法律」において、国民の間に広く無電柱化の重要性についての理解と関心を深めるようにするため、11月10日を無電柱化の日と位置付け、国及び地方公共団体は、その趣旨にふさわしい行事実施されるよう努めることとされています

 「1」を並ぶ電柱見立て、それを「0」にするという意味で11月10日としています

法律で決まっております

2019-04-09

戌の日というイベントがあるなら丑の日というイベントがあってもいい

犬のように安産になりますようにという行事があるので

牛のようにたくさん母乳が出ますようにという行事があればいいのにと思った。母親にはプレッシャーになるかもしれないけど戌の日だってあるし、牛にあやかりたい

2019-04-05

最近転職した先の会社の期初の集会的なものがあまりにも昭和でびっくりした話。

上場もしてるし千人近く人数もいる会社なんだけど、私みたいなのが入れる程度なんでお察し下さいではある。とはいえ過去に働いたことのある中小企業では無かったことばっかりでびっくりしてる。

都内ホテル宴会場借りて本社地方海外の子会社も全員参加の大宴会。席次は抽選。全く知らない人同士のテーブルになると完全にお通夜雰囲気会社の規模が大きいから仕方ないとは思うけど末端からしてみたら定時後に三時間も拘束されるし欠席するなら上司承認必要ってほとんど業務じゃん…残業代くれよ…

全員参加のプレゼント抽選会みたいなものをやるけど、当選者は作為的に選ばれている(やたらと部長クラスが当てる)らしい。それならやらなくてよくない…?その景品買うお金、こっちまで還元してくれよ…じゃなきゃその抽選会の時間無くしてよ…

もうなんか平成も終わるご時世にまだやんの…?って感じ…

新卒2年目が強制的に隠し芸をやらされる。このご時世に…?上場企業様が…?過去に在籍してた中小企業はそういうのやめたとこばっかりだったけど…?

もちろん「自主的にやってるから業務外扱い」で終業後や休日にやってる準備はサビ残。そのほかにもオープニングやエンディングムービー作成やるのも全部サビ残

部長クラス社員の出し物もあったけど、オチが完全にセクハラ

ほとんどが女性社員構成されてる部署があって採用人数増やしてるのを引き合いに出して、「弊社の労働環境改善してる!将来は個室ビデオボックス並みになる!」って…

その出し物、社長も参加してたけど社長的にそのネタはオッケーなのかぁ…そうかぁ…女性役員も笑ってたらしいからそういう社風なんだなぁ…

いつまで昭和のつもりなんだろ…もう平成も終わるよ…

社風の合う合わないって雇用条件と同じくらい大事だな。転職するときって、どうやって社風を調べたらいいんだろう。

他にも毎月一回は土曜に会社行事で出勤させられたり、社員旅行があったり、事あるごとに社訓の唱和があったりする。昭和〜〜〜!!!

それとも上場企業って案外こんなもんなの?

中小企業の方が人材難でいろんなことを簡略化してるのかな…

2019-04-02

anond:20190331231904

>なぜ息子が嫌がるようになったのか思い当たることはあって、私の息子に対する接し方が嫌なんだと思う

>妻は、私が息子のことを叱る時、息子の言い訳に対して子供なんだからと受け流さず、理詰めにネチネチ叱るのが嫌なんだろうと言っていた

>出かける時も息子のしたいことよりも私のしたいことを優先して、息子をないがしろにしているんだとも


息子に謝れバカヤロー!

息子まだ5歳だろ?

とにかくてめーは息子に多くを求め過ぎなんだよ、さっさと謝れ!

今まで、息子にやっちまったことを、思いつく限り全部言って謝れ!

100%お前が悪いって事で謝れ!

二人きりの時じゃなくて、嫁さんの居る前で息子に謝れ!

ひたすら謝ったあと、嫁さんに「増田パパもこう言ってるし、息子ちゃん、どうする? 許してあげようか?」って助け船出してもらえバカヤロー!




これから、息子には色々起こるさ。友達も出来て、どんどん世界が広がっていく。

傷つくことだって必ずある。そんな時、息子に頼られるパパになる為にもお前は息子に「謝れるパパ」を見せるんだよバカヤロー!



毎週、息子連れて出掛ける事はねーよ。嫌ならルール化する。行事化する。

「毎月、第一日曜日家族皆で出掛ける日にしよう!」とかな。

それ以外の休日は、お前一人で好きな所に行けばいいさ。

行く時に、息子に軽く「今日、俺●●行くけど……一緒に行くか?」って聞くくらいで丁度いいんだよバカヤロー!

ダッシュで息子に謝ってこい。

元号って一貫性がない分ヤードポンド法よりタチ悪いよな

人一人の生き死にに社会システム全体が影響受けるとかクソ過ぎる。

神社とかの行事だけで使えば文化としては十分後世に残せるから公文書はもう西暦で良いやろ

2019-04-01

国にとって大事行事である新元号発表の際に服を着ていることは、ほらを吹くことにつながるためマナー違反となります

この場合だけは公共の場であっても、全員が新しい時代誕生に相応しい、生まれたままの姿になることが一般的マナーです。

エイプリルフール日本人

なんか、こういう行事に対する「やらなきゃいけない感」が企業側に出てきた感じがして

気持ち悪い+面白い

 

恵方巻きとかハロウィンかに似てる

2019-03-29

退職エントリ10年以上勤めたNTTを辞めました。

学部新卒から10年以上お世話になったNTT事業会社を辞めました。(以下NTT記載します)

大変お世話になりました。

最近ブームになっている各種NTT退職エントリーこことかこことか)が出回っている中、どこまで需要があるのか分かりませんが、NTTグループのさらなる発展に向けて少しでも糧になればと思って筆をとってみます

何をやっていたのか

MPLSや広域イーサネットなどの企業向けネットワークサービスを売る仕事世間的にはプリセールエンジニア

NTTに入ってよかったこ

(1) 人が良い、風土が良い

全社を通して、非常にスマートで、理路整然と考えられる人が多く、上司にも恵まれていました。

体育会系という雰囲気もありません。最近『ラグビー部も職場「乱入」』話題になっていますが、13年間勤務した限り、そのような場に出くわしたことはありません。仮にそのようなイベントを開催する場合においては、社風から鑑みるに、事前のアナウンスは必ず(少なくとも管理職には)あったはずです。

ラグビーのことは個人的ファンではありませんでした。しかし自社のラグビーチームをチームビルディングなどのイベント活用するのは、企業として当たり前だと思います

(2) チャレンジさせてくれる

その時点で業務遂行能力が不足していたとしても、チャレンジさせてもらえました。

私は帰国子女でもなく、留学駐在などの経験が全くなく、ほとんど満足に英語が喋れない状態でしたが、希望したグローバルビジネスチャレンジさせていただけました。その後、日本語理解しない海外上司のもと、世界中海外籍の方を相手仕事する経験を長くさせていただきました。結果、TOEICスコアで数百点分英語力が向上しただけではなく、グローバル観点でのビジネスマインド仕事の仕方を学ぶことが出来て、人間的に大きく成長できたと感じています

(3) 自由やらせてくれる

会社部署、チームとしての役割は当然ありますが、自由仕事をさせていただきました。

例えば、本来「完成されたサービスを売って売上目標を達成する」ことが目標であるリセールスでありながら、「目標達成に必要新サービス開発」や「販売活性化のためのデモ環境整備」などの開発に近い業務やらせてもらいました。自己成長に繋がり、周囲に認めてもらえたことに、とても感謝しています

(4) プライベートも充実させることができた

IT系会社でありながら、残業時間は短い方でした。

部署・チーム、時期により状況は異なりますが、私の場合、月20時間以下でほぼ収まっていました。そのため、業務後の時間を使って、情報処理技術者試験上級試験対策趣味ファイナンシャルプランナーを取得するなど、十分な余力を持つことができました。またプライベートではちょうど子育て期だったのですが、フレックス勤務・リモート勤務などの制度活用でき、さらに同僚・上司からサポート理解が深かったので、仕事と家庭の両方に全力で取り組めました。(子ども保育園へ送るため、始業時間を30分遅らせたり、子供病気による突発的な年休取得が出来たり、平日の学校行事へも参加できたり...などなど。)

なぜ辞めたのか

GAFAに人材流出防げ NTTコムの新キャリアパスなどに代表されるように、NTTの人事・制度改革の途でありますが、一個人経験を記録を残したいと思います

一言で言えば、人事制度に納得できずでモヤモヤしていたところに、やりたい事と方向性が異なる仕事アサインされたことが決定打になりました。

(1) 人事制度への疲弊

私が辞めることを決心した時点では管理職になることが唯一のキャリアパスであり、中堅社員にとっては唯一の昇給プロセスでした(若手のうちは年に5%程度は昇給していたように記憶しています)。当初はそれを当たり前と思ってはいましたが、徐々に現行制度のあり方に疑問をいただくようになりました。

また、上位の職責に上がるためには業績評価とは独立した「選考」があるのですが、周囲の先輩・後輩の選考結果や、自分自身の結果と得られるフィードバックの内容には必ずしも納得はできませんでした(同じ理由である年は通らず、翌年通るなど)。また数ヶ月にわたる選考とその準備のため、毎年疲弊し、100%業務に集中できるとは言い難い状況でした。

(2)やりたい仕事ができなくなった

初期配属や人事異動といったキャリアパス入社以来3回は100%希望を聞いていただけていたのですが、4回目でやりたい事とは方向性が全く異なる仕事アサインされました。

当時私は、「自分職業人生をかけて実現したいこと」をようやく見つけたところでした。その実現に最も注力したい旬の時期に自社でその活動ができないのは非常に耐え難く感じました。本人の希望とは逆のことをやらせ経験を積ませる育成方法は、かのSteve Jobs氏のConnecting the dotsのようでもあり、私は必ずしても否定するものではありませんが、事前に本人と十分すり合わせをした上で判断されるべきなのだと考えます。(私もタイミング次第では成長の余地として許容したと思います。)

転職した上で感じるNTTのこと

GAFAMではない外資系企業にご縁があり、今はそちらでお世話になっています。外から改めてNTTを見たときに感じることは以下のようなことです。

(1) 自由に何かができて、それが評価されうる

Job description がない日系企業からこそ、自分が役に立つと考えたことが自由にできるし、数値以外の観点での評価があるからこそ、評価されうる=取り組むことができると確信しています中の人は殻を破ると違う世界が見えてくると思います

(2) 過剰に民主的すぎる

自由意見が言える、極めて民主的文化であると思いますが、それ故に「意思決定で様々な関係者意見を聞きすぎること」「一度決めたことを実施前に声が大きい人が覆せる」などの弊害をあるように思います。それがよく作用する時代もあったのかと思いますが、今のスピード感には合わなくなってきていると感じています。より適切なレベル意思決定権限を落とすことはもちろん、一度なされた意思決定を全社で尊重する風土になれば、と思って見ています

また賃金体系や人事評価制度平等性・一律性が行き過ぎていると感じています。年次・職責を問わず評価に値する人はもっと評価するべきだと思いますし、逆もまた然りだと思います。この点は会社側は改善に動き出したような噂は聞いていますが、労働組合側で前向きに検討しているような噂話が聞こえてこないのは残念でなりません。

(3) 業務環境整備

PCなどの環境は、生産性に直結します。IT環境の整備は Quality of Work に直結するので、是非投資していただければと思います。(それだけで離職率は下げられると思います。)

など

最後に、改めてここまで育てていただいたNTT感謝しつつ、さらなる発展を心よりお祈りしております

anond:20190329105110

ウチもそうだったはずなんだがな

気づいたらお布施合わせて2百万近くの行事があれよあれよという間に進んでた

2019-03-24

子供宗教勧誘させてる奥さん吐き気がするほど嫌い

奥さんは熱心な仏教徒学生時代奇跡的な体験をしたのがキッカケで、本当に心の底から信じている。

自分はまったくの無宗教。誰が何を信じようと構わないと思ってる。

我が家には子供が3人いる。結婚前に子供宗教については「本人たちに決めさせる」と口約束をしていたが、いざ生まれたら当然のように宗教行事に毎週参加させ、毎日朝と晩にお経をあげている。

子供たちが少しでも嫌がろうものなら、怒り狂う。「ご先祖様のためにお経をあげなさい!!」とヒステリーを起こす。こういうとき奥さんは、吐き気がするほど嫌い。正直、死んでほしい。

もちろん自分にもしつこく言ってくる。お経をあげろ。集会に参加しろもっと勧誘しろ

最初は付き合っていた。でも信仰心なんて、持とうと思って持てるものじゃない。ムリがたたって次第に精神安定剤がないと眠れなくなってしまった。

お経、集会ぐらいだったらまだ許せたんだけど、今日奥さん子供あてに書いた手紙を見つけた。

そこには「宿題が終わったら、いつもどおり一緒に勧誘に行こう」と書いてあった。まさかそんな日常的に宗教勧誘をさせているなんて、知らなかった。

離婚できるならしたい。でも子供たちのことは心の底から愛している。だから離れたくない。もっといえば両親がいる子供でいさせてあげたい。

今は自分我慢していればこの家は平和自分が壊れるのが先か、子供たちが成人して家から出ていくのが先か。

たぶん自分おかしくなるのが先だろうな…。

公立学校講師不足らしいが月収60万貰えても二度と働かない

中学校理科教師講師)をしていた。子どもは好きだし教える事も嫌いじゃない。教師は意義のある仕事だし頑張ってる先生も多い。

だけど、何が一番嫌だったかと言うと『公権力への忖度』なんだよな。おれの勤めてた学校では『社会科』『国語科』『音楽家』の先生が優秀だった。

あるとき1人の社会科先生業務効率化の提案をしたのだけど、管理職のせいで全く受け入れられなかった。

教頭校長も『体育科』上がりのワンマンで、頭も悪くてクズ教育委員会人間も似たような感じだった。本当に保守的であれじゃあ何も変わらない。

そんなクズ忖度し続ける人生は嫌なので、教員採用試験受験するのを辞めて、都内外資系IT企業転職した。

転職してから4年、今は教員給料も遥かに超えているし、教員に比べて業務量も少ない。年収で言うと800万円くらい。

とはいえ金に困ってる訳でもないし、教育は意義のある仕事。たとえ給料が安かろうが「働いてもいい」という気持ちになる事もある。もともと教育が好きなのかもしれん。

だけど、それにしても講師給料は安すぎだし(月収30万ちょいで頭打ち)、何より保守的な上に忖度を求められるから気持ち悪くてやってられない。

あれじゃあ教師という仕事に魅力を感じている若者も、講師でさえもしなくなると思うよ。

学校少子化にも関わらず教師不足で、その原因は体力的にも精神的にもキツイからだと思ってる。教員は「全ての業務アナログ過ぎる」ので、業務量も非常に多い。

毎日部活動出血確認、配布物、行事などは効率化できる部分は多くある。

たとえば、部活動外注すればいいし、出血確認オンライン自動で行う。配布物は全デジタルにすれば良いし、行事運動会体育祭)なども手軽にできる簡素ものにする。

精神的な部分はモンスターペアレンツに対しては、モンスターティーチャーになって対応。親に細かい事はギャアギャア言わないようにする。教育委員会教師そ守るバックアップをする。

※但し「いじめ」等の隠蔽体質絶対ダメ

そんな風にして極限まで教師負担を減らせるように環境セットアップ

これなら俺も「また教職に戻ってもいいかな」なんて検討できる。まあ何処の自治体であれ、こんな改革できるところなんてないだろうが。

変なコダワリを捨てて抜本的ば改革をしないと、日本教育は終わってしまうぞ!

2019-03-22

奥さん子供宗教強制しているのが吐気がするほど嫌い

奥さんは熱心な仏教徒学生時代奇跡的な体験をしたのがキッカケで、本当に心の底から信じている。

自分はまったくの無宗教。誰が何を信じようと構わないと思ってる。

我が家には子供が3人いる。結婚前に子供宗教については「本人たちに決めさせる」と口約束をしていたが、いざ生まれたら当然のように宗教行事に毎週参加させ、毎日朝と晩にお経をあげている。

子供たちが少しでも嫌がろうものなら、怒り狂う。「ご先祖様のためにお経をあげなさい!!」とヒステリーを起こす。こういうとき奥さんは、吐き気がするほど嫌い。正直、死んでほしい。

もちろん自分にもしつこく言ってくる。お経をあげろ。集会に参加しろもっと勧誘しろ

最初は付き合っていた。でも信仰心なんて、持とうと思って持てるものじゃない。ムリがたたって次第に精神安定剤がないと眠れなくなってしまった。

お経、集会ぐらいだったらまだ許せたんだけど、今日奥さん子供あてに書いた手紙を見つけた。

そこには「宿題が終わったら、いつもどおり一緒に勧誘に行こう」と書いてあった。まさかそんな日常的に宗教勧誘をさせているなんて、知らなかった。

離婚できるならしたい。でも子供たちのことは心の底から愛している。だから離れたくない。もっといえば両親がいる子供でいさせてあげたい。

今は自分我慢していればこの家は平和自分が壊れるのが先か、子供たちが成人して家から出ていくのが先か。

たぶん自分おかしくなるのが先だろうな…。

2019-03-17

anond:20190317211340

どうも、仙台民だ。

東北は6県があるのに毎回仙台開催が多いのは確かにいただけないと思っている。

そもそも宮城県政令指定都市から優遇され過ぎているだろう。

盛岡郡山などでも行事は開催するべきだと思う。

2019-03-15

祖母のこと

3月のこの時期は祖母が亡くなったから、祖母のことを思い出す。

祖母は父の兄である叔父と一緒に二世住宅に住んでいた。
祖父が亡くなってから7,8年が経って、祖母認知症が緩やかに始まった。

ある日、祖母の住む1階のリビング冷蔵庫が増えた。
しかも1人暮らしには大型すぎる上に、電源が入っていなかった。
「電源を入れなければ入れ物として使える」と言われて買ったのだという。
こういった、認知症が始まった老人につけこむような商売実在することに、当時中学生の私は驚いた。

そこからしばらくして、デイサービスに通うようになった。
同じくらいの年代の人と話せることが楽しいらしく、久しぶりに会った時には得意の英語の歌を披露したのだと
You Are My Sunshine」を何度も歌ってくれた。

祖母音楽好きな人で、それを受け継いでか私は高校合唱祭の実行委員会をやっていた。
司会とタイムキーパーをしていた私は、舞台の袖からホールを見渡した時にちょうど、父と母に連れられた祖母
ホールの浅い階段を一段ずつ、ゆっくりと降りながら真ん中の席に向かっていく様子が見えた。

祖母最初最後徘徊をしたのもこの頃だった。
デイサービスがよほど居心地が良かったらしく、勝手デイサービスのある場所に行こうと勝手に家を出てしまったのだ。
しかも、私の母と叔父家族が総出で捜索を開始してすぐに、一人でタクシーで帰ってきたという。今思えば、なかなかお茶目事件だった。

そこで叔母(叔父の妻)が祖母を強く叱った。
私の家族祖母と離れて住んでいた分、できる限りの介護サポートをしていたが、
それでも実際に一緒に暮らし介護をする立場なりの疲れや苛立ちが起こるのは仕方ないと思った。

しかし、段々日が経つにつれて祖母
「私は義理の娘によくしてもらっているのです」だとか、そのようなことを
何度も何度も、自分に言い聞かせるように、苦しそうな表情で話すようになった。
かにそう言うように仕向けられているようにしか思えなかった。

この時、認知症がそこそこ進んでいて、小さい子供と同じくらいに秘密約束が守れないようなコミュニケーションレベルになっていて
「私はね、月に3万円を払ってここに暮らさせてもらっているの。」などと言い出すようになった。
いよいよ叔父家族祖母が一緒に暮らさない方が良いと思い、私の父と母が動き出した。

そして、入居としての老人ホーム生活が始まった。
私の家族は、定期的に祖母に会った。
叔父家族ほとんど来なかった。

ある日、外出を申請して、祖母が私の家に泊まった。
料理が好きな母が、祖母の好きそうな料理を振る舞った。
食べやすいように、柔らかく煮たうどんや、小さく切った煮物を用意したが、
お腹いっぱいなの」と言って、一口くらいしか食べなかった。

後日、祖母入れ歯が無いことでご飯を食べることができなく、
その入れ歯祖母の家にあり、叔父が家を開けてくれないことが発覚した。母が悲しそうに話した。入居から既に1ヶ月は経過していた。
施設の人が食べやす料理提供してくださっていたとはいえ、不便な思いをさせていたと思うと私も悲しくなった。
叔父東京に住んでいるにもかかわらず、3.11を受けて変わってしまい、家族東京を離れた。
音信が途絶え、祖母の家でもある叔父の家を開けることができなくなったので、急遽、父が入れ歯を新しく手配した。

祖母入れ歯が戻ってから食事の量も元に戻り、肌がふっくらしてきた。
母が「肌が綺麗ですね」と言うと「私はお酒を飲まないからね」と笑った。
祖母とお別れする時「帰るね」と言うと「私も帰らなきゃ」と言い出すので毎回「買い物に行ってくるね」と言わなければならなかった。
なんやかんやで祖母も帰りたいという気持ちがあるらしく、だましだましやり過ごすのは心が痛んだ。

老人ホームというのは季節の行事積極的実施するので、七夕には笹を飾って入居者が短冊に思い思いの願い事を書いた。
そして書かれた短冊や、作られた七夕飾りはそれぞれの家族に渡される。
祖母短冊には震えながらも精一杯の文字で「Mさん(祖父)に会いたい」と書いてあった。
母にそれを見せてもらって、自分の部屋に戻ってひとしきり泣いた。

記憶曖昧で、父や私のことすら認識しない祖母が、夫である祖父のことはしっかりと覚えていたのだ。
祖母は弱りながらも、愛とはどのようなものであるかを教えてくれた。

そして3月の中頃、暖かい日のこと
朝ごはん時間に席についた祖母は、居眠りをしているように静かに亡くなった。

叔父家族とうまくいかなくて大変な思いをしていたこ
最後まで家に戻してあげられなかったこ
それらは当時、学生や孫の立場だったからどうすることもできなかったことだが
どうにかできなかったかと悔やしくなってはごめん、ごめんと葬儀が終わってからしばらく泣いていた。

私は実家を離れたが、3月暖かい時期になると祖母を思い出して「おばあちゃんありがとう」と心の中で云うようにしている。

線香をあげに行こう。

2019-03-08

ジャニオタ文化と、にわかの私

これは、ずっと私が胸の内に秘めておこうと思っていたものだ。

でもやっぱり誰かに知って欲しくて、残しておきたくて、書く。

私は某ジャニーズJr.応援している。

きっかけは高校生の時のクラスメイトJr.の公演に誘われたことだ。

当時はジャニーズ、というと周りの女の子たちが黄色い声でお話しているデビュー組のグループのことしか知らなかったが、仲の良かったA子にJr.メンバーについて教えてもらい参戦した。そしてそのうちの1人のJr.くんに目が引かれ、それ以来応援するようになった。

それから数年経った。私は大学生になった。

バイトも始めて、自由に使えるお金も増えた。

大学ではジャニーズJr.応援していることは公言していなかったが、次第と類は友を呼んでジャニオタの知り合いができた。

また、その頃にA子がTwitterを始めたので、私もTwitterを始めてネット上でもジャニオタの繋がりができた。

そしてジャニーズには多ステ、積み、録音・録画、入り待ち出待ち文化があることを知った。

正直、知りたくなかった。本当に知りたくなかった。

大学で仲良くなったB子は多ステする子だった。私も2人で参戦するところを4枚で申し込んで2枚と2枚で交換して入るようになった。そんなある日のことだ。

「今度のチケット増やそうかな。」

B子チケット転売サイトを見ていた。転売サイト存在都市伝説だと思っていた私は、公演のチケットが定価の倍以上の値段で売買されているのにとても驚いた。

「そんなに驚くこと?みんなやってるよ。」

B子は私にそう言った。

私は、定価以上でのチケットの売買に抵抗があった。そのことをB子に伝えた。B子は私の話をしっかり聞いてくれてから言った。

「私は小さい頃から(某デビュー組)のチケットが高額で転売されてるのを見てきた。だからバイトができるようになったら、いっぱいチケットを買っていっぱい会いに行くのが夢だったんだ。毎日遅くまでバイトをしているのもそのためだから。」

B子にもう少し詳しく聞いてみると

複数名義を持っている。基本的には定価で入る。

・回数を増やしたい時は転売されているチケットを購入する。

・定価以上で転売をすることもあり、その売上で年会費を支払ったりチケットを増やしたりしている。

とのことだった。私は他人事だと思っていた転売を仲が良かったB子がしているのをどう受け止めていいかからず生返事をしたのを覚えている。

他にも大学で知り合ったジャニオタにC子がいた。

「私は最前しか入らない」

それがC子の口癖だった。

何のバイトをしているか詳しくは聞けなかったが、おそらく夜のお仕事だろうか。

ものすごく可愛い上にメイク服装もオシャレな子で、いつも担当からもらったファンサを自慢していた。そして、担当とも直接繋がりがありブランド物をプレゼントしているとも聞いた。

ネットではファンレターなんて返って来ないぐらい人気者らしいC子の担当も、C子のファンレターには絶対に返すのだという。こんなオタク世間はいるのか…と思った。

また、いわゆるDD複数グループを掛け持ちしているD子もいた。

D子は複数ファンクラブに入っているのでCD雑誌は買わないことにしているらしい。

そんなD子にはある日「◯月◯日の公演って参戦した?よかったら音源あげるよ」と言われた。

他にも「◯日の映像あるよ!あと入り出も撮れたの!」と言われた日もあった。

どうやら情報アカウントというものをしているようで、私が応援しているJr.が通っている学校入学式などの行事はツテを使って観覧しているらしく「行事ときJr.くんの写真いる?」とも言われた。

私はそこまでするオタクがいることに驚きを隠せなかったし、全ての提案を丁寧にお断りした。

Twitterで知り合ったE子は、良席しか入らない子だった。

「わざわざ遠征しているし良席に入りたい。ファンサも認知も欲しい。」

私とE子は同じJr.くんを応援していた。Jr.くんはE子を認知していて、固定ファンサというものがあるらしかった。

また、E子は自分が入らない公演も申し込んで当たったら転売しているという。

「この前は1枚30万円で売れたよ!4連で120万円(笑)

E子はチケットの売上で毎年ジャニーズへの収支をプラマイゼロどころかプラスにしているらしかった。

私は価値観の違いにしんどくなって、静かにTwitterを閉じた。


私は彼女たちと関わるうちに、どうJr.応援すればいいのか見失いそうになった。

辛かったのはB子もC子もD子もE子も気が利いて、明るくて友達の多い、良い子たちだったこと。(話も面白く、Twitterでもフォロワーが多い子ばかりだ。)

おそらく彼女たちからすれば、彼女たちの応援方法はごく当たり前のことであり常識範囲内なのであろう。私自身、もし幼少期からジャニーズ応援していたらそのような思考価値観に辿り着いていたかもしれない。

でも私は、定価以上での取引はしないで今に至る。

沢山のジャニオタに「なんで積まないの?」と言われた。

その答えがやっと分かった。私は、定価以上の取引に罪悪感を覚えてしまうからだ。罪悪感があるとJr.応援するのが楽しめなくなってしまうと思う。だから、積まない。

転売しないのも、録音・録画、入り待ち出待ちをしないのもそう。

B子、C子、D子は雑誌CDDVDほとんど買わない。今はネットですぐ流れてくるからだと思う。でも私は財布の紐がゆるくついつい買ってしまう。そして、意味なんて無いだろうなと思いながら半信半疑雑誌ハガキを出し、テレビ局感想を送る。

みんなはチケットで稼いだお金で買った高級ブランドカバンを使っている。私はせっせとバイトしたお金で身の丈にあったブランドカバンを買って使っている。もちろん服も全部プチプラだ。

なんで私だけお金に困っているんだろう、と自分バカらしくなる日もあった。

私はファンももらったことがない。ファンレターも返って来たことはない。もちろん認知もされてない。ないない尽くしだ。

Jr.くんの応援を辞めようと思う日も何日もあった。

こんな私が応援する意味なんてないと分かっていても、なぜか辞められなかった。Jr.くんのことを嫌いにはなれなかった。

結局、自分が楽しめる方法で続けて行くのが1番だという結論になった。

ジャニーズ事務所のアイドルが今までこれだけ発展してきたことには、高額転売やその他の文化があることは否めないと思う。つくづく私はジャニーズオタクをするのに向いていないと痛感する。

公演には当たったら入る。当たらなかったら定価譲渡を探して、見つからなかったら入らない。

からすれば転売勇気のいることだから、それを当たり前にするみんなの度胸が羨ましいと思うこともある。でも、しない。

私は、私が汗水流して稼いだお金で、お金を払いたいと思う。これは私のわがままだ。

ただJr.達も思春期男子であり、積んでまで会いに来てくれる女オタクがいることは寧ろ喜ばしいことなのかもしれない。

ジャニーズはよく「来てくれてありがとう」と言う。

行けなくてごめんねと思うのは皮肉だろうか。

ジャニーズなんて、そんなに真面目に応援しなくていいよ」

かに言われた言葉が忘れられない。

しかジャニーズからすればファンの1人や2人いてもいなくても一緒だろう。それが1対Nの商売というものだ。

それにジャニーズたちは私の低い時給で稼いだ給料よりもたくさんの給料をもらっているのだろう。それで身なりを整えたり趣味を充実させたり貯金する以外にも、可愛い女の子達と密かに遊んでいるのだろうということぐらいは想像し得る。

(恋愛人生を豊かにすると思うので、私は否定的に捉えることはできない。しか可愛い女の子と淫らに遊ぶくらいなら、本当に好きな子恋愛して欲しい…と個人的には思うがアイドルという道を選んだ以上、難しいのかもしれない。)

それでも私は、ジャニーズ達が日々、自分パフォーマンスを高めるための努力をしていると信じている。

そして1日のうち1秒でもいい。ファンのことを思ってくれているなら、これ以上幸せなことはないだろう。

これからも私はこれらの文化を受け入れられず、にわかのままでいると思う。

以前は他のジャニオタ嫉妬してしまうこともあったが、今は「これでいいや」思うようになった。

いつまで続くかわからないが、これからJr.くんのことはマイペース応援すると思う。これが〝応援〟なのかどうかも、私にはもう分からないのだが。


チケット転売規制法が成立となり6月には施行されることになった。

多くのジャニーズの公演が多ステや積みの文化で成り立っている。もしかすると、どこのエンターテイメント業界でも、そうなのかもしれない。

今後のオタクの動向を静かに見守りたいと思う。




念のためにA子〜E子までの話は事実を元に言動を入れ替えていますが、どうか知り合いにこの日記がバレないことを祈ります

2019-03-05

弟の財布がバリバリだった。

彼氏の財布がマジックテープだったっていうボカロの歌が流行った時

三十路の弟とご飯を食べに行って割り勘した。

会計でナ○キと大きく書かれたナイロン生地の財布をだして

バリバリって開けるところを見て

こいつは、ヤバいぞ、と思った。

会計が終わって街をぶらつきながら、財布買ったら?ってやんわりとすすめた。

弟は少し気難しいところがあって、へそを曲げると意地になってしまうところがある。

なので、①気に入っていて使っているのか、②買いたいけど財布を選べないのか、③ケチなのか

そういうところを少し遠まわしに聞いていった。

ケチが正解だった。

単純に買ってやろうと思った。季節は今頃と同じ春だった。

前にも書いたが弟はケチで、給与は安いが実家暮らし正社員だった。

余ったお金はすべて貯金する。貯金趣味というやつ。

人にお金を使わせるのも嫌い、施されてるみたいだから嫌なんだそう。

なので、私がただ財布を買ってあげても受け取らないだろうことはわかった。

こだわりは強いけど、財布とか服とかの好みは無いのは知ってる。

成人しているから、結婚式とかそういう場にも呼ばれて行ってるはずだった。

それなのに、今までバリバリの財布出してたのだろうか。

妹は年頃になったらおしゃれに気を使いだして、私が何も言わなくても

流行りの服を買い、流行りのメイクスタイルになっていた。

私は女子高生女子大生時代喪女として過ごしていたが、

社会人になった時、面倒見のいいギャル友達になった。

面倒見のいいギャルは私に服の選び方や買い方、メイクの仕方を教えてくれた。

今思うとすげえダサい喪女と歩くの恥ずかしかったんじゃないのかなと思う。

私はギャルにはならなかったけど、メイクとか服を選ぶ楽しさは覚えたので、

自分なりに更新して好きな恰好でそれなりにみすぼらしくない恰好をしてる。

弟はこういう面倒見のいいギャル友達みたいな子はいなかったんだろうか・・・

弟の友達に毎週BBQをするような男友達はいるにはいた。

ただ、弟下戸インドアだった。毎日ニコ動YouTube見るのが好きっていうやつだった。

母も父も使えるんならいんじゃない?というタイプだった。

特に父も弟と似てて、あんまり物に対するこだわりがなかった。

いかん、と思って財布を買った。

あんまり高価なのは買えない&高い財布を持ちたがらないので、

1~2万円くらいで革製で長く使えそう、そこそこな高級感がある。

長財布はポケットに入らないので使わなさそうなので折り畳みのやつ。

なんとなく入ったコ○サにちょうどそういう条件を満たすものがあった。

予算的にもちょうどいい。

それを購入してプレゼント包装をしてもらった。

購入したあと、まだプレゼントは渡さず

弟には妹の誕生日プレゼントを買うのでいくらか出してとお願いした。

ちょうど妹の誕生日が数日後だったので、妹の誕生日プレゼントを毎年買っていたことがある。

弟はケチだけど、そういうお祝いごとは出してくれる。

ちなみに今までは弟には、何をあげても無駄遣いといわれるので好きな食べ物をあげてた。

そして、誕生日のせまった妹にも弟の誕生日プレゼントを購入したのでいくらか出してとお願いした。

弟の誕生日は数か月前に過ぎていて、毎年妹の誕生会の時に渡していたからだった。

妹の誕生日をお祝いする時、実家で集まってご飯をたべる。

なぜか成人してからよく集まるようになった、子供のころはしてなかったのに不思議な話。

弟の誕生会は弟が嫌がるのでしないでプレゼントだけ渡すが、妹の時はケーキを用意して食べる。

その時に、妹と弟に一緒にプレゼントを渡した。

弟のリアクションはあまりなかったと思う。

食べ物じゃないんだみたいな、ことは考えてそうだった。

妹が財布をみてノリ良く褒めた「へー、革の財布いいじゃん。良いねー、格好いい。使ってねー」

特に財布にするとか言ってなかったのに、妹よありがとう

妹が褒めたことで弟が気を良くしたみたいで少し照れた感じで

「へへ、いいじゃん」みたいに言ってくれた。

良かった。姉の使命は果たせたって思った。

翌年、弟が父にせっつかれていった地元婚活パーティで、嫁になる人を見つけた。

さらに翌年には子供も生まれた。

弟は新しい家族行事に新しい財布を使っている。

弟はケチのままだし、恰好特に気を使っていない、髪だって自分で切ってる。

でも、財布買ってよかった、ありがとうコ○サ。

あの無難なかんじが本当に助かりました。

2019-03-04

春のイメージピンクなのはなぜ?

アサヒスーパードライパッケージピンクになって、普段銀色ばっか飲んでる人が「味が違う!」とかいうまとめ読んで。

 

さくら説:そのまんま。さくらピンク色なので。でもあまりにもさくらに影響されすぎじゃない?そう、それはテレビさくらに騙される日本人のように…。(サクラ出演と無限に出てくるさくらという名前の曲のダブルミーニング) 後、個人的に花より団子なので、4~5月頃に父の実家から送られてくるよもぎ餅が非常に楽しみで、春のイメージといえばこのよもぎ餅が1番に出てくるのカラーとしては緑色です。

 

繁殖期説:繁殖期っていったらそりゃもう、いわなくてもわかるよな?個人的にこっちを推したい。でもそうすると、あまりにもあまりじゃありませんか。ひな祭り女の子行事としてピンクイメージなのに、春と被ってしまたからといって、あまりにも…でしょうが…。

 

春は女の子の季節だから説:これは先程の後半で触れたひな祭りもっと清く女の子イメージとして使った場合説。春は女の子行事が多い。バレンタインは今は友チョコとか言ってたが女の主導の行事だし、ひな祭り言わずもがな2月は冬?こまけぇこたぁいいんだよ、説なんだから

anond:20190304103800

もはや理論がまとまるたびの恒例行事ではあるんだが、まあそうだろうと思った。

しか人間の現状肯定バイアスは凄まじいなというか、正しい理論があればその理論は広まっていかなければシステムの不備なのだけど、そう考えない人間が多い。

発見した人間論文を書けなければ書けるようにしなければならないし、その理論以外に言うことが無くてバズらなければ、バズらなくても発信できるようなシステムを作らなければならない。

現状のシステムはそうなっていない。そうなっていないからこの理論は世に出ていかないわけだからね。

2019-03-03

anond:20190303200315

20年くらい前はもうそうだった気が

まあ卒業式の一日だけなら宗教的行事練習だとでも思えばそんなに悪いもんでもないんじゃね

2019-03-01

anond:20190301122028

未就学児二人抱えてたときは本当に大変だった

それに比べれば一人になった今は子育て負担が少なくなった

学校行事役員や塾や習い事の送り迎えなど自分もやっているが大した手間ではない

他のことにリソース割く余裕は当然生まれるだろう

2019-02-28

まりロリコンって行事なんだよね?

ロリコンについて無知なのですが、なんか大学生自分ロリでバトルする競技なんですよね?

2019-02-24

anond:20190223150633

しか会社学校は非常によく似ている、上下関係同調圧力意味があるのかわからない儀礼義務……などなど、ほぼ同じだ。

しかし、決定的に違う点が一つある

利益追求」という考え方の有無だ

学校では、生徒は先生命令に従って行事に参加させられたり勉強させられるだけで、「学校のために利益お金)を生みだせ」とは言われない。

生徒が何かポカをやっても、たいていは先生または先輩に殴られるだけで終わる。

会社ではそうは行かない、何か所属組織利益損失になることをやると、自分給与から弁済させられたり、即座に組織から追放される

一定以上の勤続年数があれば、素行が悪くても利益を上げている人間なら許容される

学校運動部が勝とうとするのは利益追求に似ているが、直接お金に結びつく行為ではない。むしろお金がかかっていれば選手健康を重視して体罰や無理な練習制限するだろう

逆に言えば、会社では営利精神論を天秤にかけたとき経営者営利に反すると判断した問題改善される余地があるが、学校ではそれが改善されない

そーいう意味では、学校内で生徒に「そんなんじゃ社会通用しないぞ」とドヤ顔してる教師の方こそ、非合理的精神論に陥っている場合がある

・・・ただし言うまでないが、個々の会社ごとの差も大きい

経営者スピリチュアルにハマっている場合など、利益度外視して精神論を重視する会社存在するが、それは会社存在目的としては本道ではないね

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん