「行事」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 行事とは

2018-06-23

職場女性が少ないと男性がやる気が出ない」と言われた話

しばらく前まで零細のIT系職場で働いていた。

会社女性は私1人しかいなかった。

雑務をする人がいないので、電話取次や来客のお茶出しなどは

一番最近入社した若い人が担当するルールになっていた。

私が入社してすぐそれらが前担当から引き継がれたけれど、

次の人が入社しても引き続き君がやってくれと複数の上の人たちからまれた。

会社電話をした時に、女性の声がした方が嬉しいんだよね」

お茶はやっぱり女性が淹れたほうが美味しいよね」

40にもなっていない人たちが、にこにこ笑いながらそう言った。

性差別とか、言われた私がどう思うか、そういう意識が欠片もない素直な言葉だった。

しかしたら彼らは私に対する褒め言葉と思っていたかもしれない、くらいの。

私の通常業務プラスして、雑用が加わった。


やがてそれ以外でも色々あり会社を辞める時に、一番上の人から言われた言葉があった。

エンジニアが1人減ることよりも、職場女性がいなくなる方がつらい」

「やっぱり女性が1人いると、周りの男性のやる気が違うんだよ」

気持ち悪い、と思った。

今まで男性陣と同じように仕事をして、仕事仲間として問題なくやってきたと思っていた。

私は同僚は同僚で、どちらの性別が一緒に働くからやる気が出る、なんて考えたこともなかった。

女性は確かに私一人しかいなかったけれど、雑用以外では性別を気にされたり、性的な目で見られたことはないと思ってた。

同じプロジェクトでの仕事も、飲み会も、会社行事もいい関係でやってこれたと思ってたのに。

違ったのだろうか。

皆と信頼関係なんて幻で、私が女性から仲良くしてくれたんだろうか。

そして今まで私は、仕事を頑張って、お客様評価もいただいて、会社で割と優秀な方で、それなりに良い働きができたと思ってた。

でも違って、私の頑張りとかスキルとか成果とかキャリアとかプライドとか、そういったものってなんだったんだろう。

そんなことより、ただそこに居て雑用する女性として、男性のやる気を出すために存在すれば良かったんだろうか。

なんで女性からってそんなことを言われなければならないんだろう。

なんで私という職業人は否定されて、女性としての機能を期待されるんだろう。

それを言った彼も、全く悪気のない顔で、世間話のついでのような気軽さで笑っていた。

2018-06-20

anond:20180620172810

そうやってどんどんブラック化が進むんだよね。

保育方針は、園が絶対的ものではなく、保護者とともに作り上げていくものだと聞いたことがある。

その園が過去保護者と作り上げた保育方針が、「連絡帳だの園行事だのは負担が多いから要らない」だったんじゃないの?

日本人祭りごとの後の掃除ネタって、日本人以上に外国人が反応しすぎでしょ。

それはもう話題にしなくていいよ、物好きの恒例行事なんだから

2018-06-18

『泊まり』が怖い

旅行が苦手。というか『お泊り』が苦手だ。

小さい頃、姉がお友達の家にお泊り会に行った時、親が姉をわざわざ連れ戻して叱り飛ばしたのが原因だと思う。(最近になってあれは保護者のいない小学生だけのお泊り会だったと知り親は正しい判断をしたなと感じた)

まぁ、それがキッカケで泊り=怒られるの図式が出来上がってしまった幼い私は鬼以上に怖い父親存在もあり、泊りには一歩踏み込めない人間になってしまった。

だけど大人になった今、高校から親友2人と行く夏の旅行同人友達と行く冬の旅行。それは私の人生においての一大イベントだった。

日頃から仕事終わってもすぐ帰宅同人誌の原稿!で出かける事が少ない私は1年に数回のそれが楽しみすぎてしょうがない。そのせいなのか、数年前から旅行前に体調がおかしくなる。

まず胃が悲鳴をあげて食べ物がろくに食べられなくなる。何を食べても吐き気お腹が減っても吐き気どちらにしても吐き気に襲われて何もできなくない。吐き気恐怖症なのでめちゃくちゃツライ。

旅の1週間前くらいからは熱が出る。交通費や予約したチケット類がダメになる…行けなくなったらどうしよう…の負のスパイラルダルいし生きてるだけでしんどいゾーン。このあたりからパン、米、ヨーグルト野菜を少量しか受け付けない。(年明けの旅行では白い便が出て怖かった)

やばすぎる体調も旅行当日の午前中から徐々に回復する。毎回そんな感じの繰り返し。

何が原因なのか。

楽しみすぎだから

毎年夏恒例の2泊旅行体調不良吐き気が怖くて今年は泊まりはやめて貰った。

楽しみにしている友人には悪い事をしたと思う。

先日は旅も泊まり関係ないが映画館で猛烈な悪寒吐き気気持ち悪さに襲われた。倒れるかも……と思いつつ背中カイロを貼って膝掛け2枚使ってなんとか乗り切った。映画が終わって帰る頃にはピンピンしてた。

もう楽しみとか関係なく体調ヤバくね?と感じたのはこの頃から

それから吐き気や体力不足風邪などと戦いながら同人誌の原稿も進める。鬱一歩手前って感じだった。何をしてても楽しくない。ここ半年くらい外食もやめたし体を冷やす物を食べるのもやめた。あれだけ好きだった趣味映画観賞も怖くて行けなくなってしまった。

推し作品最終回を迎えてロスが凄くて余計に体調を崩した。情緒不安定ですぐ泣くようになった。寒さに対しての防御力が異常に低くなっていた。体重も4キロくらい落ちた。

色々と体調の事をネットで調べたら自律神経だってどこでも言われるから、手軽に運動しよう!とラジオ体操筋トレストレッチを始めました。夏前に体力付けないとやばそうだったし。低体温も改善しようと色々試行錯誤中。

続けてもうそろそろ1月になるが、食欲は結構回復、お肉が美味しく食べられるようになって嬉しい!久しぶりに出かけたいと思って可愛い服を買いました(これまでは吐き気が怖くて暖かさ重視だった。)

それでも大きな進歩だなって思う。

ただ体力不足はまだあるようで、昼食しっかり食べても3時に何か食べないとふらふらして吐き気もするからおやつ必要

朝昼晩の食後は30分間はじっとしていないと胃が悲鳴をあげる。

原稿がやばくても夜更かしはできない。

そして吐き気に襲われるのが怖くなってこれまで月一で遊んでた友達ともここ半年はあまり遊ばなくなってしまった。

もっと会いたいなー!って調子が良い時は思うけれど一度体調が悪くなるともう動く事すら怖くなって家でじっとしていたくなる。

こんな私でも会いたいと、今年の旅行は日帰りで良いと言ってくれた友人。

1ヶ月先の旅行…体調を崩さず当日を迎えられますように。友人に迷惑をかけませんように。

そもそも世間一般の人は旅行前に熱がでたり吐き気に襲われたりしないのかな?

最近では同人イベントですら怖くって体調崩しかけるようになってしまって…逃げ場がない感じがとてつもなく怖い。

どれも楽しみな行事から行きたい。体調を崩すのが怖い。不安不安で行く前はその事ばっかり考えてしまってどうにもならないし、他の人に相談しようにも「気にしすぎ!」「行って帰ってくるだけなのに?!」「たかが泊まりじゃない」と言われてしまうから改善策なんてわからない。

でも誰かに聞いて欲しかった。

こうしたら治るよ!とかあればだれか教えて欲しい。

数年前の自分の体調に戻りたい。

2018-06-14

anond:20180614183129

まりに恒例行事化してるから

言いたいことを逆にアピールする場になっている気がしないでもない

お酒で大失敗した

少し前のことなので記憶は薄れているが、自分への戒めとして増田に記す。

サークル行事が終わったあとのこと。大抵の場合イベントの後は疲れているし直帰するのだが、後輩が「増田さんこの後飲みに行きません?」と声をかけてくれた。そこそこ絡みのある後輩だが飲みに行ったことはないなと思い二つ返事で了承した。

そして同期1人と後輩2人と飲みに行くことに。しかしその日は金曜日でどこのお店も満席で入れなかった。さすが華金である

仕方なくコンビニ適当お酒を買い、歩きながら飲むことになった。非常に大学生らしい。お腹は空いていなかったのでなにも食べなかった。空きっ腹に酒をガンガン入れ、ベロベロに酔った。「○○はかわいいなあ〜〜」と大声で言いながら後輩の頭を撫で回した記憶はある。

その後気がつけば公園トイレで吐いていた。初めて飲み過ぎて吐いた場所公園トイレヤンチャがすぎる。食べ物を胃に入れなかったので吐いても液体しか出ないのが少し面白かった。

あとから聞いた話だと、同期と後輩が水を買うためコンビニに行った隙に自らトイレへ行き吐いていたらしい。我ながら少し偉いと思う。吐いた時点で偉くはないが。

また、吐きながら「ほんとごめん……ごめん……」とひたすら懺悔していたようだ。恥ずかしい。そういえば介抱されているとき、同期に「ごめんはもういいから!」とキレられた気がする。

後輩に介抱されている最中、「苦しいねえ、水ごっくんできる?」とか「ちゃんとウエってできたね、えらい」など子供相手のような口調で接されたのには正直興奮してしまった。我ながら最低だと思う。年下に介抱され子どものように扱われて罪悪感と羞恥とで感情がぐちゃぐちゃになった。

酔い潰れた原因はシンプルに疲れている、眠い、空腹という最悪なコンディションで度数の高い缶チューハイを数本飲んだことだと思う。ストロングゼロはもう怖くて飲めない。まあ味好きじゃないしいいや。

自分お酒弱くはない、むしろ強いのでは?という過信が今回の事態を招くこととなったので、これから自分はそんな強くないと自覚お酒を飲もうと思った。

2018-06-12

anond:20180612193130

まあ、公立以外ありえないんだけども、結構私立通信制って親心をくすぐってくんだよね。だから乱立してる。

前に、資料請求したらその次の日に家まで説明しに来たよ。営業の人が言うには

親としてはさ、子ども全日行かずに通信制ってのは、だいたい中学とき不登校とかやってるわけだし、それだけでも結構不安なわけで、アホみたいに安い公立(荒れてるとこも多い)に入れて、本当にちゃん卒業できるのか心配するんだろうね。

そういう親が、投資と思って私立通信制お金使ってるんだろうと思うよ。

まあ、うちは「そもそも制服着たくないし、わざわざ家に来た時点で引く、あの勢いで先生につきっきりで指導されたらウザい、そもそも学校行事で仲良しごっこするのが耐えられないか不登校になったんだし無理だろ」ってことで公立になったけど。

2018-06-09

ルピー炎上について

TBSラジオ荻上チキSession-22」の、6/7放送分のアーカイブを聞いて、同じTBSラジオの「アルコ&ピースD.C.GARAGE」が炎上していることを知る。

ルピーラジオANN時代から、「不要な奴をあえて主人公にする」「半端なやつにこそ価値がある」っていうような企画をやってきた。今回は(勝手に)「不要」と見なした相手全然半端ではない、マーベル黒人ヒスパニック歴史を背負ったヒーローだった。そこを配慮せずに企画を発信してしまった「アルコ&ピースD.C.GARAGE」は、見識の浅さを批判されてしかるべきだろうと思う。全体的に、私もSession-22の荻上さんに同意だ。

という前提の上で、アルピーの一ラジオリスナーとして、アルピーラジオ文脈的ものを知ってほしいという気持ちもある。上にも書いたが、アルピーラジオは、ANN時代(=2012から2016までやってたアルコ&ピースオールナイトニッポン時代からずっと不要な奴を主人公祭り上げるという企画をやってきた。

ANNの「平甲子園」とかそうだった。平甲子園は、「我こそは不要」というリスナーを募って、野球チームを作ろうという企画

友達がいないから、教室地図帳の日本地図県境をずっとなぞっている。日本はすぐになぞり終わったか世界地図に移行した。

PTA副会長だけど、ぜんぜん意見が取り入れられない。私がいなくても行事会議も滞りなく進む。絶対私は必要ない。

卒業式サプライズで、クラスメイト担任先生が好きな歌を届けるという企画をしていたが、自分だけ知らされていなくて、一人だけ歌詞カードを持たずに俯いていた。

など、何か聞いてて涙が出てきそうなエピソードが集まり、数ある不要エピソードから選りすぐられたリスナーが、野球チームを結成。最終的に、このチームは甲子園を飛び越えてメジャーリーグレッドソックスと対戦し、「不要なやつなんていない」ということを証明する。

ルピーラジオには「何者でもない不要な奴」を敢えて中心に据える企画を打ち、アルピーの二人の演技力トークで「何者でもない」やつを「何者か」にしてしまう。という流れがある。

ルピーラジオは、学校でいうと、スクールカースト上位にはいられない、成績もよくない、オタクマニアというほど何かを極めたわけでもない、中途半端で居場所のない人を主人公にする。みたいなことをずっとやってきた。

から、今回も、「キャプテン」ではなくて、「キャプテンには内緒だぞ」というファルコンに価値が見出されたのだ。

ルピーラジオを聞いていると、端々に、学校の成績は悪くていじめられっ子だった平子っち、ガチ川崎ヤンキーには逆らえない酒井ちゃん、みたいな、「何者にもなれなかったアルピー二人の学生時代エピソードが出てくる。アルピーラジオには、パーソナリティ二人の、「男社会の中で男らしさを達成できなかった自分」みたいなものが流れていて、半端者たちがこのラジオに集う。佐藤多佳子さんの『明るい夜に出かけて』の主人公――大学を休学してコンビニアルバイトをする行き場を失くした青年――も、その一人だった。

このような背景があるからこそ、酒井ちゃんも「キャプテンには内緒だぞ」なファルコンを好きになったんだろう。

Twitterのアルピーファンが指摘しているように、DCGではここ最近、ずっとファルコンの話をしていた。酒井ちゃんは同じTBS放送しているうしろシティラジオゲスト出演した時すらファルコンの話を持ち出した。この回で、酒井ちゃんは、キャプテンアメリカ好きの金子さん(うしろシティ)に「キャプテンよりもファルコンがいいんだって!」と主張し続けている。酒井ちゃんがファルコンを好きなのは確かだ。

しかし、アルピーラジオにおいては、「不要さ」こそが「主人公」の証となる。この文脈炎上に繋がった。

かに、アルピーのファルコン理解めっちゃ「浅い」。マーベルを深く掘るでもなく、歴史的な文脈を踏まえて映画を見るような「見識」もない。

マーベルとかよく分かんないけど、この映画マジおもしれえ!

黒人歴史とかよく分かんないけど、ファルコン、マジおいしいキャラじゃん!

みたいなノリしかない。だから、今回の炎上はなるべくしてなったと思う。でも、そういう軽くて半端なノリこそが、リスナーの居場所でもあった。アルピーラジオ学校の端っこでノリで話してたことが日本中、世界中に発信されてしまったみたいなところがあり、アルピーリスナーも「そういうつもりじゃない」と言いたいだろう。

だけど、パロディするなら、原作文脈に乗るのは当然であって、怒っている人たちに「そういうつもりじゃない」と言ったって、自分からその文脈に乗りに行ったのだから言い訳しようがない。アルピーにはアルピー文脈があるように……いや、それ以上に、遙かに長く、ファルコンにはファルコンが切り開いてきた文脈歴史がある。だから炎上させてしまった側から、「そういうつもりじゃねえんだよ」と言うようなものではない。指摘は真摯に受け取るべきだろう。

私は、「半端なやつ」と思って企画ネタにしようとしていた相手が大ヒーローだった、というこの滑稽さにこそ、アルピーDCGらしさを感じる。

ラジオ時代を作ってきたアルピー。アルピーらしさを持ってきっちり片を付けて、SWやり切ってほしいなと思う。

anond:20180609135831

リモート勤務が出来る職種ばかりではないし、リモートったって何年やるの?となるしね。

元増田も元住んでた場所に戻れる見込みがないとしたら、これから何年も何十年もリモートなんて続けられるんだろうか。

夫の転勤に付き合って誰も知り合いのいない土地子供産んでワンオペ育児するとして、

子供にも親と同等の高い学歴をつけさせなければならない、となった時に

金に困ってないなら、子供の熱やら学校行事しょっちゅう休んでも構わない程度の仕事低賃金やりがいも無いものが多いだろう)をする為に保育園に入れるより

専業でしっかり教育する方を選ぶ人が多いのは当たり前だと思う。

んで子供の手が離れたら再就職するんだろう。

知的ネグレクト」について

仕事柄、勉強の苦手な中学生指導することが多いのですが、極一部に「惨憺たる」としか表現できない生徒が居ます

具体的には

「秩序」が読めない。

「understand」の意味を知らない。

2x-2x」が計算できない。

といった生徒です。

そのような生徒たちには、3つの共通点がある事が分かりました。

勉強重要性を理解していない。

(全ての人間学力を要する職に就く訳ではなく、現代社会にそのような職は必要不可欠である。)

といった事実を踏まえてもなお、進路を実現するためには学力を要します。

この事に類似した事実を、彼らは教えられていません。彼らは受験に際し、初めてこの事実に触れるのです。

②楽しめる活動がない。

彼らは生活於いて本気で打ち込める活動を持ちません。

部活動学校行事読書イラストドラマアニメの視聴など、何か一つでも楽しいと思える活動があれば、それをストレスの発散や、人との交流に使うことが出来ます

③基礎知力が足りない。

自習して学力が伸びるためには、最低限の考える力知的好奇心必要です。

それは、オセロやすごろくなどのボードゲームや、しりとり駄洒落などの言葉遊びで培うことができる程度の物です。

それさえあれば、日常生活から語彙や知識を増やすことができます

以上を満たした生徒は、急に勉強強要され、分からないことを教えられ続け劣等感や反感を抱き、それを解消できない。

といった状況に陥ります

から③の共通点は、幼少期に親子で会話をしたり、音楽が好きそうであれば楽器を習わせたり、一緒に遊んだりする事で回避できるはずです。

最も劣悪な場合は、親がそれらの事をしておらず、子供学力学校や塾の責任と捉えている場合です。

その場合、親の勉強に対する態度により、子供社会的にも精神的にも不利益を被ることになります

これは最早「知的ネグレクト」と言う形で捉えるべきではないでしょうか。

判別がしにくい上に、教育を受けさせる義務の上では何一つ問題ありませんが、確実に憂慮すべき事態だと考えています

拙い文章すみません。ご意見感想お待ちしております

2018-06-08

これまでの職歴の中で最もいい職場だけど辞めたくなってきた。

コンビニで夕勤のバイトを始めてじきに丸二ヶ月になる。といっても1日4時間週2日勤務なので、出来る事は大して多くない。

自分では結構いい感じにやれていると思っているのだけれど、誰も私の仕事を良いとも悪いとも評価しないので、本当のところよくわからない。ただ、たまに交代時間に会うベテランパートさんには、「大分慣れたみたいだね」と言われた。それだけ。

週に2回の勤務のうち1回は店長とでもう1回は副店長と組んでいる。

店長は陽気で親切な性格で私にもなにかと話し掛けてくれるのだが、店長とは用が無い限り全くと言っていいほど話す事がなくめっちゃディスコミュニケーション。だがごく僅かしかさないけど、何となく面倒事が嫌いな様に思われ、しか最近新人である私の教育もその面倒事の一つになりかけているような感があるような無いような気がするけどよくわからない。

店長は寡黙な質なのかといえばそうでも無いらしく、副店長や時々来店する以前バイトしてた女の子とはよく喋っている。

てことは問題はどちらかといえば私にあるという事か。私自身、猛烈人見知りで自分から人に話し掛ける事がなくて、しか仕事となれば朗かに接客するし副店長マネージャーベテランパートさんなどに話し掛けられるとちゃんと応答(内心かなりびくびくしてるんだけど)するせいで、店長にだけ塩対応してるみたいに思われちゃったのかな。すみませんけど本当に人と話すの苦手なんでどうしたもんだろう。



先日は副店長仕事だったが副店長はあーもー辛い眠いマジしんどいぼやきまくりだった。接客の時はうってかわって仕事バリバリできる快活なお兄さんになっているのだが、客足が途絶えると萎びていた。

実際副店長シフトは鬼の様で、夕勤帯から早朝まで、休憩を挟むとはいえ14時間も拘束されている。なお店長も同じ。この時間帯のシフト毎日店長と副店長が交代でやっているということ。そこに夕勤・準夜勤時間帯だけは私含めて三人の女性バイトのうちの一人がつく。女性バイトのうち二人が新人だ。

から店長も副店長も1日おきに長時間労働しかも忙しい夕勤の時間帯には新人フォローもしながらという、しんどい仕事をしている。正社員なのでお店に出ていない日は昼勤や他店のフォローやら事務仕事やら、やることが色々あるだろう。

バイトが働き易いと思って仕事をしている裏ではこのようにその分苦労している人達がいる。

私はまだ子供達が小さいので、昼間フルタイムで働くのは難しいと思い、夕方夫の帰りが早いのを良いことに、働きに出る事にしたんだけど。でも上手いやり方だと思ったけどその分他人負担をかけてるんだなと思ったらやるせなくなった。

子なし時代に働いていた職場では、私は若いからって子持ちの人達フォローを全部押し付けられてしまって、心身を病んでしまう程に追い込まれしまったが、フォローされる方の人達は私に対して容赦がなかった。

若くて体力が有り余ってる癖にとか、どうせ子持ちの気持ちなんかわからないでしょうとか、こっちは何も言ってないのに一方的に叩かれたし、生理止まるくらい疲弊してるのにあんたも早く子供産めばいいのにとか、とにかくハラスメントされ放題になっていた。

そんなんだったから、子持ちになったら極力職場の人に面倒をかけない様にと思って、子供行事病気などがあっても休まないで済みそうな時間帯で勤務日数も少なくて済む職場、という事でコンビニバイトを選んだけれど、私の考えは甘かったのかもしれない。

特に、副店長はこきつかわれてた頃の私と同じくらいの歳なのもあって、目の周りがぐるりと隈で真っ黒になってるのを見るとほんと悪い事をしている気がしてしまう。

無茶苦茶シフトを組んでる店側も悪いといっても。

若い人の足を踏みながら、自分家事育児仕事までして大変!頑張ってる私を誰も誉めてくれないとかなんとか、私は言えない。

しかし少しでも仕事しないとやってけないのも事実なんだよなぁ。

2018-06-01

anond:20180531120011

関係ないけどこの増田に向かってバカだと

幼稚園で他の親と目を合わせるなとか、

行事PTA関係は全て働いてる嫁に丸投げの無職ヒモ男が言っております

2018-05-31

小1セクハラ男子

小学校の1年の親子の学年行事で、知らない男の子ペアを組んで走ることになった。

の子よろしくね、って言ったらいきなり抱き着いてきた。

???なんなん???って思って「ちゃんと座って待とうね」って言って引き離したんだけど、それからいくら引きはがしてもすぐにべたべたしてくる。

抱き着く、背後から抱き着く、座ってたら勝手に膝枕する、手を自分の指に絡ませる、膝の上に座る、やりたい放題。まるで恋人にいちゃつく男の人のよう。

の子の親は不参加の様子。自分の子どもでない小学生1年の男子なんてはっきり言って知らないオスでしかない。心なしか股間も背中押し付けてくる。

周りのお母さんもちょっとおかしいと気づいたみたいで一緒に「ちゃんと待とうね」「先生の話を聞こう」って注意してくれるけど全然やまない。

家での愛情が足りてないのかな?お母さんがこの子全然かまっていないんじゃないかな?とは思ったけど許容範囲はるかに超えていた。

きつめに言っても全然きかない。怒鳴るぐらいしないとだめなんだろうなと思ったけど学年行事で他の親子が多数いる中で怒鳴れない。

1時間半耐えて、気持ち悪くて家に帰ってきて石鹸でごしごし手を洗った。

嫌だ嫌だ。どう考えてもセクハラなのに子どもというだけで訴えるところがないのもつらい。

2018-05-29

anond:20180529223506

子供がいて、たまに飲み会にもいっていると、こういうところは現金払いしかないよねと思う。

玉串料お布施電子マネーで払えるところって1カ所しか知らんぞ。

電子マネーあるいはクレジットカード対応したお祭りの出店は見たことがないね

商店街なんかのお店でクレジットカードを使える方がまれだね。

園の行事お金を集めますといわれたら、基本集金袋にお金を入れて渡すじゃないか

募金箱にお金を入れる代わりに、電子マネークレジットカード募金したいですってできないだろ。

誰かと割り勘にする時、全員がそれぞれクレジットカードを出して払うなんてことを日本で見たことがない。

...とまあ、現金が当たり前という世界はある程度あるから、そこに出入りしていたらカード電子マネーだけなんていう生活はできないんだなぁと思う。

ストレス解消ってストレス他人押し付けるのは効率いいもんな

電車電話注意のおっさんの話聞いて思い出した。

うちの母親仕事から帰ってきて遊んでる俺と妹をみては怒鳴り散らして「ちゃんとしないならご飯は出しません」といった。

それは困るので部屋を掃除したり、宿題をやるんだけど、なにをやっても機嫌が治らない。

そのうち妹が泣き出して「どうすればいいの?」と問いかけると、「もうわかったよ」といって機嫌が良くなる。

父親がいつも19時ぐらいに帰ってくるんだけど、妹もしっかりしだした頃に妹がキレて「別にいい カップラーメン買ってくる」といって出ていったのを境にその行事はなくなった。

俺の中で母親の考えがわからなかった事No.1で月に1~2回あった行事なんだけど、ようやくわかったよ。

2018-05-28

anond:20180527212910

私の高校も同じようなもんだったよ。理解できなくても高校行事ひとつとして軽く受け流せば良いんじゃないかな。

私の高校100年以上の伝統がある旧男子校で、入学式より前の入学説明会とき校歌応援歌応援歌その2(!)のテープを渡される。入学式の日から3日間は応援団放課後体育館に集められる。移動中の廊下には応援団員が立っていて、「早くしろ!」とか「口をきくな!」とか怒鳴られる。体育館に入るとなぜかカーテンが締められて薄暗くされている(が、これは皆の前で大声で歌わなければならない練習の恥ずかしさを和らげてくれた)。

体育館内では一人づつ点呼(返事が小さいと「声が小さい!」「聞こえねえ!」と言われる)のあと等間隔に並んで正座させられ、目をつむるように言われる。応援団員に肩を叩かれ、指示通り目を開けて立つと、「校歌2番」とか「応援歌その2の3番」とか指定された歌をひとりで歌う(ひとりといってもこれを10人くらいがそれぞれあちらこちらでやってる)。音程関係なくて声が大きいことが一番大事。あと歌詞を覚えていること。歌えなかった人は前のステージに行かされて見せしめにされる。

これを3日間やったあと、最終日には応援団長のありがたいお言葉(これまで厳しくしてきたけどよくがんばった、俺はお前たちが好きだからこういうことをしたんだ的な話)があり、最後に皆で校歌を歌う。団長の合図で校歌を歌い始めるとともに体育館カーテンが開けられ光が差し込むという演出があり、最後にこれまで厳しかった応援団員と握手をして体育館を出ていく。私はこの演出に不覚にも感動してしまった。

今思えばブラック企業研修と変わらないが、私にとってはマラソン大会と同じような、つらかったけど良い思い出として印象に残っている。あとで知ったことだが、あんなに厳しかった伝統応援団も実は入団希望者が年々減っており、応援委員として各クラスで割り当てられてしぶしぶやっている先輩もいたようだ。代々受け継がれているボロボロ学生帽を目深に被っている応援団(委員)だが、その下には笑顔も見え隠れしていたような気がする。

2018-05-27

anond:20180527203753

なかったな。遠足とか行事のたびに隣の女の子と手をつないで歩いたが、むしろ嫌だった。ただ、バレンタインで近所の女の子チョコをくれたのは嬉しかったな。

2018-05-24

anond:20180523113042

行事例のアメリカでは年収260万にまで下げられてしまって

これはヤバイ年収要件をあげようとしているけど、経済界の反対が根強く失敗してるとか

2018-05-23

anond:20180516233626

自分の子も3歳になって自閉症っぽいのが辛くて検索してたらこ増田に辿り着いた。

3歳になっても全く話さないし、指差しもしないで手を引っ張るし、少しのことで癇癪を起こして延々と泣き続けるし。

そのくせブロックとかはすごい綺麗に色分けして並べるんだ。

並べ終わった後に自慢げな顔してたな。「すごい!天才だ!」とか思ってたけど、あれが自閉症のせいだったなんてなあ。

うちは奥さんが気にしてて、自分は「まあそのうち話すだろうし、大丈夫じゃね?」くらいに思ってた。

療育みたいな話が出ても「プロに任せられるなら任せればいいじゃん」くらいに思ってた。

でもいよいよ自閉症になると幼稚園に通っても行事に参加できなかったり、治らなければ普通小学校にも通えない。

この辺りの事実から「あ、この子普通じゃないんだ」って思うようになってきて、精神的に辛くなってきた。

そんなことを考えてたら、元記事増田さんと同じような夢を見たよ。

息子がべらべら話しはじめて、指差しして「あれもこれも」って要求してくるんだ。

俺はうれしくなって、「パパ、困っちゃうな」とか言いながら、喜々としてひたすら要求に応えるんだ。

目が覚めたら、いつも通りで、辛くなる。

そんな夢をみて、「あ、おれ気にしてるんだな」って思って、流石に泣いたよ。

記事増田さんもいい人だよ。

色々あるけど、やっていこうな。

2018-05-22

ねこですにゃ

いっぱい残業したいのに会社のお行事邪魔しますにゃ。おかげで一日あたりの残業が増えますにゃ。一人デスマーチですにゃあああ。

2018-05-18

田舎すげえな

GWに久々に実家に帰ったんだけど、初日に隣のおばちゃん玄関から家に入ってきた。

いや昔馴染みなんだけどね。

その時自宅の内ドアを業者に修理してもらってたんだけど、音につられてやってきたようだ。

「ドア直しとんのか」って。

「ええ〜家やね〜」と実家をべた褒めして帰っていった。

また別の日、隣のおっさんノックもなしにいきなり勝手から顔を出した。

ガチャ「増田さんおる?」って。

字(あざ)内の行事の連絡をしに来たのだという。

内容は良いけど勝手口って誰でも勝手に入って良いって意味じゃないから。

おっさんが帰ったあと「あのおっちゃん非常識やろ」って愚痴ったら、

「ええ?おかしい?」と母に怪訝な顔をされた。

母だけでない。父や祖父母も何の衝撃も受けていなかった。

でもこういう、顔なじみがシームレスに絡んでくる世界って慣れれば温かみあって良いかも。

2018-05-17

anond:20180517210045

でも土日に町内会行事に駆り出されて丸々潰れるんでしょ?

大学部活動は変われない

大学体育会に入ったことの無い人たちが大半だろうからこの文章を書こうと思った。

少なくとも私の部は異常だと思った。ここでの話は地方田舎大学での数年前の出来事だ。どうやらそれは今でも続いているようだ。

ちょうど今頃は、ある程度の新入部員が入部し終えていることだろう。もう少ししたら、その部のご作法を叩き込まれるはずだ。ここで言うご作法とは部の本質的活動とは全く関係がない。

新入部員たちは基礎練習をしているだろう。上級生たちも今はやさしく指導しているはずだ。あと1ヶ月もすれば部の大きな行事として新歓コンパがやってくる。これが厄介だ。

新歓コンパとは歴代OBOGたちも集めて今年度はこんな部員が入部しました、と報告する会のことである。決して新入部員が歓迎されているとは限らない。彼らはOBOGたちに粗相がないような行動を求められる。その代表例として、自己紹介と酒のマナーについてである。それを紹介しよう。

新歓コンパでの新入部員役割OBOGたちに個別挨拶回りに行くことだ。まず、挨拶回りに行くとき姿勢は中腰だ。OBOGの前に着いたら、「〇〇さん、お隣よろしいでしょうか」と一言挨拶して座る。まあこれはふつうのことだ。自己紹介が終われば、OBOGビールを注ぐ。ちなみに、新歓コンパでの飲み物ビールウーロン茶だけだ。ビールを注ぐときは必ずラベルが上にあって見えるようにしなければならない(もちろん、手でラベルを覆ってはならない。ラベル神聖な何かか?)。注ぎ口は相手のコップにできるだけ近づける(コップに当たってはいけない。注いだときビールがはねないようにする。まるで化学実験のようだ)。OBOGに注ぎ終わったら、次は自分のコップに飲み物を注いでもらう(未成年ならウーロン茶、成人ならだいたいお酒)。注がれた飲み物は「ありがとうございます」と言って一口でもいいから飲まなければならない。その後、談笑をする(そんな状況でできるはずがない)。その最中ビールが無くなったと気づいたらビールを注ぐ。区切りがいいと思ったら、ひと声かけて別のOBOG挨拶にいく。これを時間の限り続ける。目の前に料理はあるがほとんど食べれないと覚悟することだ。そんな時間はない。

入ったばかりの新入生にこんな芸当すぐにできるわけがない。だから新歓コンパの1ヶ月ぐらい前から講義がない空いた時間にみっちり練習することになる。部の基礎練習は二の次だ。まずは酒のルールを身に着けなければならない。何時間もかけて。部の練習ではやさしい上級生もこのときになると態度を豹変する(講義ときはやさしい教授研究室では……みたいな)。恐怖政治の始まりだ。これが1年に4回行われるから、新入部員たちもすっかりその部活動思想に染まる。これで晴れて部員の仲間入りだ。

新歓コンパ完璧にこなせる新入部員ほとんどいない。「もっとしっかりしろ」とコンパが終われば影で上級生たちはOBOGに注意されていたところを見たことがある。そのとき上級生たちの背中は小さく見えた。下級生は上級生に逆らえないし、上級生はOBOGには逆らえない。結局、その部活動思想を作っているのはOBOG年寄株となる。変えようと思っても変えられない構造になっている。

話題となっている大学もこんな構造なのだろうと推察している。上には逆らえないし、上もその上には逆らえない。ただし、一番上はやれとは言ってない。みんな"伝統から"という不文律のなかで動いている。しかし、実質その伝統を変えられるのは一番上の人物だけなのだ。当分この構造は変わらないのだろう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん