「インフルエンザ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: インフルエンザとは

2021-05-07

anond:20210507184327

病気持ちや高齢者がな

身近にいなけりゃ強力なインフルエンザも怖くないわな

anond:20210507123131

小林:わしが「コロナインフルエンザより怖くない」「過剰対策をやめろ」と発言すると、

コロナは怖い、怖い」

とひたすら煽る連中に洗脳された“コロナ脳”の人たちがSNSなどで猛然と叩いてくるわけです。

いくらデータを示して説得しても、洗脳されてコロナ脳になっているから、信じないし、

「お前は嘘つきだ」

批判してくる。

テレビから流れてくる情報SNS自分の周りの人間が言っていることを鵜呑みにするだけで、自分で調べようとしない。

宮沢:おっしゃる通りで、私はウイルス研究していて専門家のつもりですが、何か発言するたびにやたらと叩かれる。

テレビにはウイルスどころか、感染症専門家でもない町のお医者さんが出てきてデタラメをしゃべっているので、

間違いをツイッターなどで指摘すると、

「お前は専門家のくせにそんなことも知らないのか」

と返ってきて唖然とするんです(笑)


小林洗脳されてしまっているからね。

結局いくら日本人コロナに対して警戒していても、杜撰外国人入国してウイルスばら撒きまくる限り収まらいね

インフルエンザ全然流行していないのは明らかに外国人観光客等を制限した結果だった

コロナ感染者が今なお増えているのもいつのまにか入国緩和した結果

水際対策って何?

2021-05-04

anond:20210503213749

ちょっと強めのインフルエンザ、なので、国民に警戒感が全くない。

アメリカブラジルはどんどん感染して死んでしまうが、これは教育問題があるから

日本もそのくらい死ぬかと思いきや、気候関係でなかなか感染しない。

1年4か月でちょうど10000人なら、田舎地方人は自粛なんてしないよ。(知能の低い人の行動だから仕方ないとはいえね)

音声による伝達を日常的に行うのもうやめない?

飛沫感染リスクというのはコロナが無くなったあとも通常の細菌感染症インフルエンザでも起こるよね?

そもそも論として音声による伝達は文字発明によって言語抽象化を完成させた人類にとってはレガシーツール以外の何物でもない。

文字存在しない時代は「伝達したい事象イメージ」→「音声言語化」→「発声」→「認識」というプロセスだったが、今は「伝達したい事象イメージ」→「文字言語化」→「音声言語変換」→「発声」→「文字言語変換」→「認識」というプロセスを踏んでいる。

プロセスの間に変換工程が挟まることによって齟齬が生じるリスクが発生する。

いわゆる「空耳」と呼ばれる現象だ。

また外国語話者場合は「発音」という壁が発生する。

外国語習得の際に文字だけでなく発音法についても学ぶ必要があり余計なコストがかかる上に、発音法の習得は長い時間外国暮らしていても身につかずいつまで経っても会話成立において障害となりうる。

これは同じ言語を使っている国や地域であっても、方言としてのイントネーションの違いとして発言する場合もある。

文字言語を開発し、それの安定運用を終えた我々があえてまだ日常的に音声通信使用を続ける理由はなんだろうか?

歌や演劇といった文化を残したいのなら普通に残せばいいだけで、それが日常的な情報伝達を音声で行うことに固執する理由になるのだろうか?

チャットアプリに慣れ親しめば会話するのと同じ速度で文字入力できる。

また、通常の会話以上の速度における入力をした場合も、早口で捲し立てるよりかはずっと正確に情報が伝わりやすくなる。

誤変換リスクがあるという反論を思いつくかも知れないが、それは音声によって伝達する場合においては常時つきまとうものであり、イントネーションによって解決しているという理論方言存在によって完全に打ち消されてしまう。

なぜ、21世紀にもなって音声による伝達に固執するのだろうか?

アップデートの時が来ていると考えるべきなのでは?

つーかコロナってそんな騒ぐことか?

実際若いどころか40代、50代の

芸能人コロナ感染→元気に復帰しました

ばかりで死んだ人なんてほぼ皆無じゃん。

インフルエンザに罹ってからの年齢構成による

死亡率ってわからないけど。

逆にそーいう報道公表ばかりだから

今みたいにコロナって大したこと無い

っていう人々の認識につながっているし実際そうなってる

本当に怖かったらまじで出歩かないよ。

かに自体験だけだけど、痛みや苦しさで

こりゃヤバいとか死ぬっていうのは

わかるもんだよ。

逆に経済打撃で毎日飛び込むやつ増えて東京電車止まってんじゃん

2021-05-03

anond:20210503121745

今年の死者数を見ないと何とも言えないね

今確実に言えるのは「普通インフルエンザよりも怖いウイルスだ」とだけ。

死者数もアメリカブラジルほどに増えない。(これは教育程度が大きく相関している)

中国も粉飾した数字を出しているが、完璧調査した数字ですらも、アメリカの死亡率に及ばない。

北朝鮮ですらも、ブラジルほどの死亡率ではない。


やはり黄色人種のほうが危機管理が高いというのは本当で、最低がラテン系というのは正しかったんだ。

こんなもんは都市伝説だと思っていたが、コロナに関する限りは当たっている。

2021-05-02

コロナで1万人が死んだんだが・・

例年はインフルエンザで数千人が死んでたんだよね。

そのインフルエンザ流行状況をみて、オリンピック開催を中止するとかしないとか、誰も考えなかったし、

インフルエンザで外出自粛も移動制限もしてなかったよね。

京大宮沢先生が、

https://imgur.com/yOoCUUW

みたいなこと言ってるのも、案外正しいのかもしれない。

コロナ英雄伝説

人間社会には思想の潮流が二つあるんだ。COVID19はエボラみたいなもの、という説と従来型インフルエンザみたいなもの、という説とだ。人はロックダウンを始めるとき前者を口実にし、ロックダウンをやめるとき後者理由にする・・・

2021-05-01

コロナ(Covid-19)の自分理解まとめ

コロナ(Covid-19)に関する前提

①季節性インフルエンザ感染する人が国内に約1,000万人/年いるけれど、今年はコロナ対策をした結果、インフルエンザはほぼ0だった。

②①の対策をしているにも関わらず、コロナは累計で約59万人に感染した

コロナによる死亡率は年代が上がるごとに増え、全体では約1.4%。季節性インフルエンザは約0.1%

感染してから発症までに1-12.5日(多くは5-6日)程度の潜伏期間があり、潜伏期間中も他人感染させる可能性がある

⑥約3割の患者発症後4ヶ月経っても何らかの後遺症(味覚異常、嗅覚異常、脱毛等)がある

感染者数が増えたことで、突然変異可能性が高くなり、変異株がいくつか生まれている

上記から言えること

①と②から言えること…感染対策をしなかった場合インフルエンザ以上の感染者数が発生すると思われる

その場合、③と④から、相当数の感染者、死者、後遺症を抱える人が出てくる

③と④から言えること…世代によってリスクは異なる

若い人…感染しても死ぬことは無いが、何らかの後遺症を抱える可能性がまぁまぁある

老人…感染するとまぁまぁな確率死ぬ。生き残っても後遺症リスクあり

理由をつけて感染対策をしない人たちは、以下に同意していることと等しい。

⑤→「他の人に感染させても構わない」 

⑥→「感染して後遺症が残っても構わない」 

③→「老人は死んで構わない」

⑦→「新たな変異株が発生しても構わない」

ちゃん理解できていないこと

日本における各種変異株の死亡と後遺症可能

無症状の感染者が「無症状のまま回復する」のか「その時点で潜伏期間なだけ」なのか

数字回りのそーす

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/02.html#100

http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/assets/flu/2020/Vol23No4.pdf

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000716059.pdf

https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/012/970/31kai/2021020407.pdf

https://www.hosp.med.osaka-u.ac.jp/home/hp-infect/file/ictmon/ictmon162.pdf

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000596861.pdf

2021-04-30

1年経ったのに何も変わらない

また、豪華クルーズ船でコロナが発生したというニュースを見て驚いたけど、昨日今日ニュースを見ていると、どうせできもしない国産ワクチンを年内に承認するという話があったり、未だにコロナインフルエンザと同じという主張の記事が幅を聞かせていたりと、本当に1年前と空気が変わらんな。今は緊急事態宣言中だからなおさらそう思えてくる。

2021-04-29

高齢者優先接種は悪手で、職場集団接種からの方が良くないか

インフルエンザ職場集団接種みたいにやった方が早くない?

高齢者効率よく集めるののロジスティックスもネックになってるみたいだし。

退職済みの人に告知して集めるのより、普段から動いてる人の1時間ほど×2回の業務時間を割かせたほうが早くない?

あと、そもそも働いている、外出せざるを得ない業務の人を優先的に接種率上げた方が感染収まるんじゃないか

まず消防士警察官自衛官にたいして集団接種を業務的に受けてもらって終わらせた方が効率良く短期間で終わらせられると思う。

次に工場とか鉄道系とかシフト組んで割り当てられる職場で3〜4組に分けて実施

大規模商業施設従業員も同じ感じで店舗ごとでシフト組ませて順次受けて貰う。

高齢者場合基礎疾患の確認とかもあるし、働いてる人に企業通じて協力してもらった方が早いと思う。

かかった時の重症になるリスクが高い人を優先的にと言うのもロジックとしては分かるが、それで全体の接種率が遅々として進まないなら感染拡大を最短で抑えることを最優先で組み直した方が良い。

今始めた事を止めてやり直すのは混乱を生むから止めなくて良いけど、消防警察自衛官も優先しますとかは別軸で始められると思うし、JRとか私鉄会社への協力依頼も、お願いすればすぐ対応すると思う。

職場集団接種って言っても、間隔開けて手順通り密にならないよう接種会場に行って帰るとか出来るでしょ。事前通達とか、時間割り当てとかも職場から通達されたほうがきちんと伝わると思う。

高齢者優先接種は悪手で、職場集団接種からの方が良くないか

インフルエンザ職場集団接種みたいにやった方が早くない?

高齢者効率よく集めるののロジスティックスもネックになってるみたいだし。

退職済みの人に告知して集めるのより、普段から動いてる人の1時間ほど×2回の業務時間を割かせたほうが早くない?

あと、そもそも働いている、外出せざるを得ない業務の人を優先的に接種率上げた方が感染収まるんじゃないか

まず消防士警察官自衛官にたいして集団接種を業務的に受けてもらって終わらせた方が効率良く短期間で終わらせられると思う。

次に工場とか鉄道系とかシフト組んで割り当てられる職場で3〜4組に分けて実施

大規模商業施設従業員も同じ感じで店舗ごとでシフト組ませて順次受けて貰う。

高齢者場合基礎疾患の確認とかもあるし、働いてる人に企業通じて協力してもらった方が早いと思う。

かかった時の重症になるリスクが高い人を優先的にと言うのもロジックとしては分かるが、それで全体の接種率が遅々として進まないなら感染拡大を最短で抑えることを最優先で組み直した方が良い。

今始めた事を止めてやり直すのは混乱を生むから止めなくて良いけど、消防警察自衛官も優先しますとかは別軸で始められると思うし、JRとか私鉄会社への協力依頼も、お願いすればすぐ対応すると思う。

anond:20210429003052

単純にシミュレートしても、ペストほどの危機的な脅威にはなりえていない。

スペイン風邪ほどでもない。

ただし、普通インフルエンザよりは強力。

2021-04-27

いまだに(今だから?) 「コロナは大したことない」って人が多い

■そんなに大した感染力じゃない → お前がグラフ見てないだけ。

日本のでも各国の感染者数でもいいかグラフちゃんと見てみろ。インフルエンザとかこんな伸び方しないから。

実効再生算数一定以上になったら突然ブレーキが壊れたみたいな感染グラフ昇龍拳になる。

感染力があるだけの大したことない病気(自宅治療とかで済むようなもの) → それならこんなに医療が逼迫しない。

海外死体の処理が間に合わなくて埋めてたのを忘れたのか。

一年これだけ行動抑制してきて、コロナじゃない風邪でも亡くなるような老人くらいしか死んでない → これだけ行動抑制たからそうなってる。

突然ブレーキが壊れたみたいな感染グラフ昇龍拳になったらお前や友人や家族重症化する可能性は十分すぎるくらいある。

これくらい知ってろよってことすら知らないで文句言ってるやつが多すぎるだろ…。

(ちゃん知識ある上で個人思想信条として 「コロナは大したことない」と思ってるならもう止める理由もなくなるけど、何も知らないレベルのやつが知った顔で「コロナなんて」とかいまだに言ってるの馬鹿すぎるだろ)

2021-04-26

anond:20210425210135

元増田末梢血幹細胞提供日記を読んだので、のっかってみる。元増田家族提供、私は骨髄バンク経由なのだけど、日記の内容は殆ど違いがない。

「あー、そうだったそうだった」と思いながら書いている。

私の時はだいたい

入院初日(水曜日):健康診断自由時間→夕飯→自由時間→寝る

・2日目~4日目:朝一採血・回診→飯→9時頃G-CSF自由時間→昼飯→自由時間(朝の採血結果をこのあたりで聞く。)→夕飯→自由時間→寝る

・5日目:朝一採血・回診→飯→G-CSF10時ごろ末梢血幹細胞採取開始~13時過ぎ終了→車椅子で部屋に戻る(昼飯は時間が過ぎているので、院内売店で事前に購入しておく)→自由時間→夕飯→自由時間→寝る

・6日目:採血・回診→「既に患者さんには投与されました。必要量あったので問題なしです。明日退院」→昼飯→自由(以下略)

・7日目:退院→帰り道で宝くじを買う→家に帰る

・8日目:出社

みたいな流れであった。暇すぎる。

ドナーになるとどうなるか?

1. ドナー手帳交付される。 https://www.jmdp.or.jp/documents/file/02_donation/donor_techo202008.pdf みたいなやつ。

 これは骨髄移植でも末梢血幹細胞提供でも中身はおなじ。家族提供でも同じものをもらうみたい。ここに注意事項とか記載されている。

自分提供スケジュールとか、提供までの緊急連絡先(事故などで提供できなくなった場合バンク病院への連絡先)を書く。

2. 骨髄バンク経由の場合、かなり頻繁にコーディネータから現状確認電話がある。風邪引いてないかとか、不安はないかとか。オカンかってくらい心配される。

3. 骨髄バンク経由の場合提供にかかる費用原則負担しない。

私の場合田舎にすんでいるのだが、ドナー候補者としての説明(これだけ最寄りの大規模な病院であった)、提供意思確認提供後1ヶ月検診まで、提供のために必要となった交通費支給された。入院中、個室になったがこれも私は負担していない。

 患者さんが個室料金を負担されたようだが、高い負担で大変だなと思う。ドナー健康な体なので病院側としても病人怪我人と同じ部屋にするのにリスクを感じるのだろうな。

4. 骨髄バンク経由の場合提供後に事実証明する書類を発行してくれる。近年は市区町村条例で骨髄・末梢血幹細胞提供すると補助金を出してくれたり、医療保険請求できる場合があるが、このとき使用する書類である

・これまで質問されたことがある質問と、それへの回答

1. なぜ提供したのか? …… ①骨髄バンクのことは過去何度か献血をするなかで、パンフレットなどをよくみたため知っていた。 ②知人がバンク経由で骨髄移植を受けて復職した。 提供してみようと思ったのはそういう理由

2. 骨髄提供か、末梢血幹細胞選択できるか? …… 原則できない。どちらが患者さんの状況に適しているのか、によって採取する方法が決定される。

3. 仕事はどうしたのか? ……有給使用した。提供時期はたまたま忙しくない時期だった。これもまた、患者さんの状況によって決定される。このあたり、ドナー選定時に確認されるため、「忙しいけど提供させられた!」みたいなことはない。提供できるような時間的余裕があるときにだけ応じたらよい。

4. 入院中は何してた? ……自由時間はだいたい読書動画。個室なのでテレビカードなくても見放題だったが。あと、飲酒喫煙を除き飲食殆ど制限がないので、おやつ食ってもいい。

元増田も書いているが、ドナーには医療上の特別制限ほとんどない。病院入院上のルールくらい。なお、入浴は他の患者さんとの調整が必要なので、若干制限されることがあるかも。

5. 提供中は何してるの? ……末梢血幹細胞提供は両腕に針刺して、片方から血を抜き、幹細胞を分離してからもう片方の腕に返すため、なにもできない。

  暇潰しの準備をするようアドバイスされる。元増田も書いているが、タブレットとかノートパソコンを持ち込んでもいいし、飲食も準備しておけば手伝ってもらえる(今はどうなんだろう、コロナの件もあるからだめかも?)

ちなみに、そうやって暇潰しの準備をしたが、立ち会いの血液内科医看護師お話しするほうが面白かった。

6. G-CSFってなに? どうなるの?……簡単に言えば、血液中に幹細胞などをたくさん放出させるためのお注射インフルエンザ予防接種くらいの痛み。毎日注射してもらう腕を交互に変えてもらった。

あと、3日目くらいから、骨のいたみがあった。私の場合は腰だけでなく、胸の間の骨(胸骨圧迫するときに手をあてるあたり)。この痛みはロキソニンが欲しくなるくらいズキズキくる。

  注射を止めて1週間くらいまで残った。

7. 宝くじあたった? ……全部外れた。

・ 今どうしているか

1. 患者さんとドナーとは1年間で2回まで手紙のやりとりができるが、1回だけした。正直書きたいこととかはあんまりなかったし、どうされているかとかもあまり知りたくない。患者さんが元気になってくれればと思うだけ。

2. ドナー登録は削除した。提供後は自動的に保留となるが、1年経過後はまたドナー候補となる。これ以上提供しようって気にはならない。

 これは患者さんがどうとか今回の提供がどうとかっていうより、自分家族のことを考えての判断。あと、ドナー候補に選定されてから、抹消血幹細胞提供しおえて採取から車椅子で運びだされる瞬間までの緊張感(何かあったら患者さんの命が! とか思うと、寝られん日もあった)はけっこうつらい。

3. 厚生労働大臣感謝状を貰ったが、スッポンスッポンする賞状入れの筒にはいったまま。飾ってどうってはなしでもないしね。

4. 市町村補助金を頂戴した。上でも書いているが、市区町村条例で骨髄・末梢血幹細胞提供すると補助金を出してくれる場合がある。ドナーとして活動するために必要な日数×単価みたいな内容なので、1ヶ月後の検診もカウントしていただいた。あと医療保険ドナー給付金も。頂けるものは頂いた。

 上記の緊張感とか仕事を調整することの負担を考えると、こんなお金を目当てにするのは割にあわないと思うよ。

5. 献血は、ドナーとして選定されてから提供半年くらいまでできない。半年ちょっとたってから再開した。最後献血したときとかわらず、とくに異常はなかった。

おしまい

2021-04-25

anond:20210425204221

消えるって何?

天然痘のようなものならまだしも無症状で広まるようなウイルスを根絶するのは不可能だぞ。

配ろうが配るまいがインフルエンザ同様死亡率を下げながら毎年の流行のたびにワクチンを打って人類永遠に新型コロナと付き合っていくしかない。

https://www.asahi.com/articles/ASP4T647JP4TOHGB00D.html

富加町職場クラスターでは、4月7日検査で陰性になり、16日まで自宅待機を要請していた20代女性派遣職員が、期間中に別の可児市職場で働いていたことが判明。

インフルエンザと同じでこれも傷害罪になり得るんだろうか

マスクしない程度ならともかく待機中にやるとか頭足りないね

2021-04-24

コロナがくれたもの

一斉開始のテレワーク

飲み会せずに帰れる日々

ブラック企業へのとどめ

後天性障害への理解

換気を大事にする風潮

印鑑廃止への流れ

インフルエンザがない年末

オリンピックへの反対

最高だったけどワクチンうつなんて

最高だったけどあと1年の寿命

anond:20210424194948

コロナは症状が出る前から感染力があるので完全予防が難しい

普通風邪インフルエンザは症状が出てから感染するので防ぐのが簡単だった

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん