「偏差値」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 偏差値とは

2018-01-24

自分人生イージーモードだと信じたくない

普通に小学校中学校高校大学と出て、奨学金もそこまで借りずに社会人になった。社会人一年生、もう数か月で二年生になる。残業は多くて月20時間程度までしかやっていない。

一人暮らしをしていて、給料も悪くない。実家との関係も平凡で、特に外部に問題は何も抱えていない。肉体的にも何も問題はない。

まれていると言うのだろう、それが。でも、だからと言ってここまで自分が楽ばっかりしてきたわけじゃない。

勉強はぼちぼち出来る方だったけれど、何もせずにいい点数を取れるような人間でも、苦手な教科が無い人間でもなかった。大学に入る為に色々頑張ったし、まあ、サボりがちだったりもしたのもあって第一志望には入れなかったけれど、大学に入ってからも遊び惚けていた訳ではない。偏差値は低くても、四年卒業率は他の大学に比べると低く、勉強をしなければついていけない大学だった。四年間、大雪中大学へ通い続けた。

黒歴史になるような事を色々やらかしてきた。思い出したくもない事なんて幾らでもある。泣いてばっかりいた頃だってあった。素の自分はクソ野郎だと自覚したときがあった。

部活動理不尽に怒られたこともあった。理由があって怒られたこともあったけれど。それでも折れ曲がっても、続けて来たものがあった。

就職だって、今は行っているたった一社しかからなかった。それ以外は高望みだったのもあったけれど、全部落ちた。何度も東京やら色んな場所に行って落ちた。

楽ばっかりしてきたわけじゃない。これまでの過程は苦労はあった。

でも、もっと苦しい人はいる。自分より残業が圧倒的に多いのに賃金が少ない同期がいる。自分より年齢が高いのに残業が多いのに休日出勤しているのに自分より賃金が少ない人がいる。自分より苦労してきただろうに自分より辛い人が沢山いる。

でも、自分人生イージーモードだったと信じたくない。

自分自分なりに頑張って来た。そこそこの頑張りだろうけれど、それでも楽ばっかりしてきたわけじゃない。でも、今の社会では、自分人生イージーモードに入るのだろうと思う。

どうして、そうなのだろう。

奨学金をそこまで借りずに大学を出て、就職して、そこまで残業をせずに給料も悪くなく暮らせている。どうしてそれがイージーモードになったのだろう。それはノーマルモードであるべきなんじゃないかと、思う。

何かおかしい気がする。

おかしいのが自分なのか、社会なのか、自分には分からない。

おかしいのは自分だと、信じたくない。

それに、これから40年間以上、働きたくない。40年以上働き続けることが今の普通なのだとも思いたくない。

おかしいと思う。

2018-01-23

anond:20180123164823

学校テストの成績の分布なんてそうそう変わらん

偏差値40を頭悪いっていっておかしいとは全然思わない

anond:20180123164657

タイトル自分の頭が悪すぎるんだけど→から偏差値40って文字見て読む気失せた 偏差値40で頭が悪すぎる?偏差値意味ググってから出直してきてくれ

自分の頭が悪すぎるんだけど誰に相談していいのかわからない

当方20代半ばで偏差値40の高卒無職。前職は地方公務員だったがあまりの頭の悪さに仕事についていけず社交不安障害に陥り数ヶ月で退職

悩まされた頭の悪さについてだが

、まず理解力がない。相手が何を言っているのか理解できず、全体への指示を自分一人だけ理解できていないことが多いので社会活動にとても恐怖を感じる。

1:1の簡単雑談はできる(ほぼ聞き手で相槌打つか引き出すかしかしない)のだが、3人以上になると会話のテンポについて行けず頭だけが疲れてぼーっとしてしまう。

手先も不器用で物忘れも激しく、親にも心配されることが多い。

飲み込みが遅く、ミスが多いため職場内の人間関係積極的になれないのもなかなか辛い。

自分が小さい頃の写真を観ると、胸が張り裂けそうな程悲しくなってしまうので、ここ最近はとりわけメンタルが弱くなった気がする。

そんなこんなで発達障害を疑い疑われ精神科でウェクスラー式知能検査を受けたのだが、発達障害だとは言われなかった。ただの馬鹿だったんだろう。「物事を抱え込まないで一つ一つ片付けていきましょう」と言われた。社交不安障害だと言われワイパックスが処方された。あれだけ苦しんだ悩みの解決の糸口が全く見いだせなかった。

その後非正規転々としていたのだが、ここ最近そろそろ就職しなくてはと思い、ハローワークの戸を叩いた。自分のような人間は働かない方が周りが円滑に進む事が多いので、ネット界隈で暇だと噂なサーバー監視ビルメン視野に入れていたのだが、サーバー監視コマンド入力ミス死活問題だそうなので、ビルメンになりたい旨を伝えた。

職員からは「若いからまり薦められない」「何も今ビルメンを目指さなくても選択肢は沢山ある」「もう少し苦労した方がいい」などと言われ、話がうまく進まなかった。

やりたい仕事もなく、身の回り人間と見比べるととりわけ能力も低く、社会に怯えきった自分をわざわざ相手にするハメになった職員申し訳無さを感じた。

自分の頭の悪さについての悩みを職員相談したところで困らせるだけだろうし、精神科相談したけど解決しなかったといふことは、僕みたいな頭の悪い人間は周りに迷惑をかけてかけてかけまくって自他共にボロボロになるしか生きる道は無いのだろうか。

こんな自分をどう頑張っても好きにはなれないので安楽死でもさせてもらって臓器バンク行になったほうがよっぽど社会のためになるとさえ思う。

生きてて苦しいので、いっそ知的障害者として産まれて両親に笑顔を振りまくだけの存在でいたかった。

anond:20180122155553

増田ゼミが抱える問題は、学問における形式とか文化、慣習が共有できていないということだと思うが

それがなぜ、やる気や偏差値と結びつけて考察されているのかいまいちわからない

ゼミオリエンテーション等で伝えるべきことが伝わってない、ということだと思うのでとりあえずそこから見直してみれば

2018-01-22

アスペだけど知能は高い」って言いたきゃせめて偏差値70は出せよな

でも俺IQ130あるんだぜ?ネットテストだけどさ!リアル偏差値は50ちょっとだけど頭はいいと思うぜ?!みたいな奴は単に怠け者すぎて人間関係を構築する技術をみにつける練習までサボっていきてきただけのマヌケからアスペ以前の問題だし少なくとも知能は高くねえし専門職にも向いてねえよ

2018-01-21

anond:20180121121503

大学必要なのではなくて、大学教育必要だということだろう。

ならば、大学教育をしていないのに大学を名乗っているところはいらないということだ。

そうは言っても、高校教育レベルが出来ていなければ、大学教育を行うことは難しいわけだが。

偏差値や他の学生との相対評価でなく、絶対評価としてちゃんと高校教育レベル理解している学生の行くところがないというなら大問題だけれど。

経営難かつ教育の質低い私大補助金大幅削減へ 文科省記事を読ん

これで、地方のあまり偏差値でない大学がつぶれることを憂慮する。それぞれの地域での大学教育が行われることが、その地域活性化東京大阪京都名古屋といった大学がたくさんある地域への若者流出を防いでいる側面がある。

高知工科大学の事例とか

沖縄名桜大学の事例とか

下宿させるお金はなくて自宅から通える範囲大学へという話は、日本全体、特に地方経済がぱっとしない地域ではよくある話である。私の知り合いの知り合いレベルで何人もいる。それぞれの駅弁国立大学だけでは地域大学へ進学したい学生ニーズを満たせないでしょう。駅弁国立大学へもいけないような学力レベル学生は働けではない。大学教育を受けて、個々人の様々な能力教養を高めることは本人+周り(地域家族など)のプラスになるはずである

 これから益々、知的問題解決が求められ、地域有用人材必要になる時代に、大学が多すぎるということはない。ホント田舎に行って、町内会仕事をやったり、人を雇ったりすると、「これもできないのか」と驚くような人が多々いて、逆に大都市圏人材の層が厚いと実感することがある。様々な必要となるスキル教養を備え、またそのスキル教養が流動化しやす時代対応した学習スキルをもった人を育てるためにも大学学者を増やすべきだと思う。大学学者でなくてもそういう人はいるが、大学にて4年間知的な訓練を受けたというのは、そういう能力の獲得や獲得の背景となる教養素養レベルという点で大きいよ。またその時、特定ソフト業務の訓練を大学しろという経済界(?)から批判、指摘もあるようだが、5年のタイムスパンならそうだろうけど、1020年のスパンで考えたら、特定ソフト操作特定業務習得した技能なんか陳腐化する。その習得の背景になるものを身につける方が全体的には得なのにね。形式陶冶と実質陶冶

言語性知能も動作性知能も低い人生だった

上智大卒新人賞受賞作家なのに、あらゆる場面で「戦力外通告」、大人の発達障害リアルを本人が綴る (1/9) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット) https://dot.asahi.com/aera/2018011800017.html

中学生の頃は無口で頭空っぽの猿、高校偏差値は45、大学浪人して偏差値50の所しかからなかった。

大学では一人も友達が出来ず、就活もせずニートに。

さすがにまずいので、1度も働いたことが無かったが底辺公務員になる。

仕事を何度聞いても理解できず、同じミスばかりで、周りは誰も悪い人はいないのに、勝手に萎縮して孤立して行った。

自分がこんなに無能だとは思わなかった。

ただ、こういった発達障害の診断を受けても間違いなくシロになるだろうなあ

受けたって何が変わるでもないし

2018-01-20

先輩を傷付けてしまった話

ある日、サークルの先輩が、

「お父さんが新聞に載った」

Twitterで言った。

私は軽い気持ちで、

痴漢でもしたんですか?w」

とリプを付けた。

すると、

「父は医者で、インタビューが載ったの。人様の親にそんなことを言わないで」

と返信が来た。

普段おちゃらけている先輩なので、真剣に怒っていることが文面越しでもわかった。

そこで初めて、私は自分が非常に失礼なことを言ってしまたことに気付いた。慌てて謝罪し、次に会った時にも面と向かって謝った。先輩は2回とも快く許してくださったし、それまでと変わらず接してくれた。

それからしばらくして、大学文化祭で、先輩のお父さんを見かけた。穏やかで荘厳な雰囲気の方だった。あらためて、自分のしたことを悔いた。

私の父親は、偏差値30台の高卒で、私に対しては、セクハラか、テレビワイドショーの、どうでもいい話しかしなかった。それくらいしかコミュニケーション手段がなかったのだろう。進学のことや色々なことで考えが合わず、何度も衝突した。今回のことが起こるまで、父親というのはそういうしょうもない存在なのだという認識がこびりついていた。

からか、先輩の父親新聞に載ったと聞いて、良い方向で取り上げられたとは想像もつかず、ああも失礼なことを言ってしまった。

私は、底辺家庭から苦労して名門と呼ばれる大学に入った。自分を取り巻く環境を変えたかった。しかし、環境が変わったところで性根が卑しいということが変わることはないのだと思い知らされた。

自分の親のことは、今でも尊敬できていない。むしろ、世の中のことを知るほど、クラスで一番出来の悪い子を見るような気持ちで親のことを見てしまうようになった。

外面だけ繕っても、こんな親に育てられた以上、また、他人を傷付けてしまうかもしれない。底辺の子はやはり底辺でいるしかなく、幸せにはなれないのかもしれない。

こうやって親のせいにしているうちは、そうなのかもしれない。

2018-01-19

anond:20180115013925

昼間定時制高校はどう?

私の通っていた昼間定時制はこんな感じでした。

・通ってる人は、不登校だった人、高校をやめた人、スポーツ選手になろうとして高校に行かなかったが怪我等でリタイアした人。

・年齢層は15歳~22歳くらいが多かった。

単位制だった。好きな授業を大学のように自分で決めて学習できる。

時間割自由に組めたため、週4で通い、週3でフルタイムバイトすることができた。

文化祭運動会はなかった。修学旅行任意で参加率10%程度。

定時制なので大学入学資格検定(今はなく高等学校卒業程度認定試験に変わっている)を受験することが出来た。

大検合格科目を高校単位に読み替えできたし、高校単位大検免除科目とすることも出来た。

・昼間通えるので、夜時給の高い仕事ができた。

・男女比率とんとん結構可愛い子も多かったし、イケメンも多かった。もちろんアキバ系も。

運動部は1,2勝すれば全国大会へ行ける世界

・私から見てもバカが多かった。英語アルファベット26文字書く授業から。なお、書けない人もいる・・・

・それでも、数学3Cとか、保育とか、商業工業プログラミングなどなど、特化したければ難易度の高い授業も取れるし、その授業に来る生徒はガチで頭いい。

・3年間で卒業できる(大体の定時制は4年)

願書は余裕で間に合うよ。

でも、君、高校卒業してるんだよね。

はっきり言って大学のほうが楽しいぞw

俺は22歳で入学したし、大学2回目という人も同期にいた。

年齢隠してなかったけど、年齢を知ると、ストレート大学へ来てる人たちは急に敬語になるし、

先輩ですら、敬語になったりするものから必要なければ言わないようになった。

合コンしまくったし、いろんなイベントサークルに顔出したし。

そんでもって、高校時代とは違って、みんな頭いいんだよな。

高校と違って、今から大学受験とか、手遅れ感あるし、

いい大学狙えなさそうだから、1年予備校いくとか。

私は2回目の高校休学して、1年予備校通って、大検使って大学進んだけど、

1年で中高6年分の勉強は大変だったけど、予備校前と大学入学後の学力は段違い。

21歳も22歳も変わらないし、一度真面目に学力上げて、できるだけ上の大学狙ってみるのもいいと思うよ。

正直、大卒ってだけで、日本じゃ大分楽になれるからどこでもいいっちゃいいのかもしれないけど、

つのラベリング効果受けるから偏差値高い大学のほうが気分も待遇大分違うはず。

人生、やりなおすのに遅すぎるということは絶対ないんで、

本当に高校行きたいと思ってるなら、迷わず行くべし。

先のこと考えて生きてる人間なんて1割もいないんじゃないかと。

もちろん、考えて生きてる人たちは、ほとんど成功してる人たちだけど。

少なくとも、匿名掲示板でぼやいて、匿名で煽る人たちのネタになって、嫌な思いしてるよりは、

かに有意義だと思うよw

高校受験してみて、失敗したらそれはそれ。

2回目の高校に無事通うことになって、やっぱり気が変わったとしてもそれはそれ。

やって後悔するほうが遥かに有意義

もちろん、やってよかったと思えたら、大勝利

とらわれていることがあると人は成長が止まる気がしてる。

まずは、君の視界を晴らそう。

高校受験するんだ。そして、通うんだ。

予備校はいつでも受け入れてくれるよ。営利目的でやってる会社なのだから

大学行きたくなったら、高校辞めて予備校行けばいい。

21歳で生きてる意味・・・とか早すぎない?

とりあえず、10人恋人作ってから考え直してw

anond:20180119135351

女子の方が筆記試験の結果が劣っているから落としているだけなのに

女子合格しないのは差別だと言ってる、と思ってる?

女子の方が筆記試験の結果が優れていても落とす大学があるんだよ(高校とかでもあるけどな)。

表向きは男女平等選抜をしているが、実際の合格者を見ると女子の方が男子より偏差値が高い学校

(つまり男子の方が合格点が低いと推測される)ってのは実際にあって

んなもん予備校業界がとっくに把握してて、受験指導で「この学校女子が不利」と言う情報普通に飛び交っている。

2018-01-18

子供の頃、遅刻忘れ物・紛失・提出物忘れなどが本当に酷く、受け答えやテストの点だけ良かったので、

わがまま大人馬鹿にした子と嫌われるか、面白い子と受け取られるか、担任によって評価が両極端だった。

父親出張飛行機に乗り遅れたり、手帳や財布など重要ものを無くすことが多く、

私も父親も、しっかり者の母が介護じみた注意喚起をしてくれるからなんとか人らしい生活が送れているだけだった。

母親ストレスで体調を崩し実家に帰った。現在父親と二人暮らしをしている。

私は会社員として労務経理契約管理と庶務の実務をやっているが、正直全く向いていない。

私はADHDではないか自分のことを疑っている。ADHDがやるには最悪の仕事内容だと思う。

業務量が多く、ミスも多く、電話がかかってきたり人から質問されたりすると集中が繰り返し途切れ、

進捗の悪さに内心パニックを起こし、雇い主から国家資格を取るように言われているので毎週資格学校にも通っており、

資格学校で受講中に涙が止まらなくなるなど、精神状態がメチャメチャになっている。

ほぼ常時死にたい気持ちでいる。生まれてこなければよかったと心から思う。

高校時代に一度自殺未遂をしている。高校偏差値が68で、周囲が健常で真面目な人間ばかりのなか、

私が異常者で迷惑をかけ通しだったので適応障害を起こし、鬱状態になって寝たきりだった。地獄だった。

生きていることが申し訳なかった。全方位が真っ暗闇だった。ただただ苦しくて悲しかった。

雇い主には私が人材としてゴミ同然の状態で拾ってもらっている。私が経営者だったら私に金は払わない。

捨てられたら行く先もやりたいことも無い。何もない。ただ生まれたくなかったと思う。人生をなかったことにして欲しい。

まれたくなかった。勘弁してくれ。健常でないなら生まれない方がよかった。つらいばかりだ。

父親他人と起こしたトラブルを全部相手が悪いことにして怒鳴り散らすタイプなので自分自身精神おかしくなっていないが、

私はそこまで自分自身を贔屓して物事を捉えることができない。冷静に客観的自分を見ると私の行いが害悪だと思う。

誰も恨んでない。疲れきってしまった。「地獄だ」という言葉脳内を何度もめぐる。これからもずっと疲れるだけだ。

できそうだと思われ、できない。迷惑をかける。苛々される。怒られる。しらけた顔をされる。陰口を言われる。

ただ私が存在しなかったことにしたい。申し訳なくて悲しい気持ちをこれから生きている限り味わい続けるのか。

2018-01-17

anond:20180115144843

から私大医学部は止めておけとあれほど言われてるのに

国立ならやすかったハズなので、そちらへGO

ただし必要偏差値が爆上がりだったはずだが

学歴社会NGみたいな風潮あるけど

学歴ほど精度高い指標なかなか無いと思う

ただの経験則だが

 

30も超えてくると、どの同僚がどの大学出身かなんて話しないけど

こいつスゲ~できるやつだ、と思ったら大概自分より上位の大学だし

同僚が優秀すぎてツライなーという職場は周りの方が偏差値良かったりする

学歴フィルターは無いと豪語して、大学出てない人もそこそこ居る会社だったとしても、多くは似た学歴の人が集まってる

こいつとは話が合うなーと思ったら、同じ大学院出身だったのは笑った

 

偏差値10くらい変わってくると、もう同列の同僚として付き合うのがちょっと辛くなってくると思う

もちろん負けないように努力はするんだけど、学歴高いやつの方が当たり前の如く真面目なので、そいつも同じくらい努力してる

 

逆に、どうやっても勝てねーなあと思ってた人の学歴が二段くらい上だったりすると、妙な安心感を覚える

それは多分かっこ悪いことなんだけど、同じようにやってるのに勝てない相手を見て「何で俺はこんなにダメなんだ」と落ち込むよりは

元々初期パラメータが違うやつと思ったほうが、仲良くできると思う

 

あとちょっと関係ないけど

努力すれば努力するほど、周りに初期パラメータが高い人が増えていってどんどんしんどくなるんだけど

努力して苦しくなってなんか無意味だなーと思う

anond:20180115055658

自分が書いた記事かと思った。

親が「お金がない、お金がない」と言っていたから、塾や予備校我慢した。

私より偏差値の低かった子達が、塾へ行ったり浪人したりして良い大学学部へ行った。

「頑張る」では超えられない壁ができた。

いつだって「親が裕福だったらこんなはずじゃなかったのに」って思ってる。

教育費用をしっかりかけてもらったり、

高額な私立へ進学させてもらったりしている子が羨ましい。

仕事で頑張れば頑張るほど「こんなに頑張らなくても生きていける子がいるのに」と思ってしまう。

死にたい、消えたいって思っているけど、

本心では「幸せになりたい。もしもっと素敵な人生だったなら、生きたい。」と思ってる。

2018-01-16

分かる

制度改定の利点・欠点をきちんと把握しないで、現象面だけで否定するな、というのはもっともだ。

https://anond.hatelabo.jp/20180116095356

参考までに、少し自分経験を述べる。東京ではない道府県の、似たような制度があった公立進学校入学した生徒を対象に、一度リサーチした結果だ。

 A入試点数と、一年後の校内偏差値との相関

 B中学校内申点と、一年後の校内偏差値との相関

 C内申点入試点数と、一年後の校内偏差値との相関

校内偏差値大学入試の結果は、かなりよく相関していることが進路のデータから分かっていたので、じゃあ高校入試の成績と校内偏差値との相関はどうだろうと思って調べてみたわけだ。Cが従来型の入試方法妥当性、Aが新型選抜妥当性、Bが内申点自体信頼性をはかるのに役立つと考えた。そして2~3年にわたって調査した結果、A、Bには実質相関が無く、Cにのいくらか相関が認められるということがわかった。

個人的には、地頭の良さは高校では大きいと思っていたので意外だった。どうも、公立高校での「学習成績」は、地頭とかだけではなく周囲との社会生活をうまく送れるかどうかにも左右されるということらしい。私立出身自分には意外だったが、確かに、生徒達を見ていると、公立高校では周囲とうまくコミュニケーションを取りながらやっていく「公立タイプ秀才」が多いようだ。ピーキー能力の持ち主はあまり場所がない様子だった。まあこれは地域にもよるのかもしれないが。

自分のいた所では、その後すぐこの制度がなくなってしまったが、結局Cによる判断が一番無難であることが分かったので、自分としてはそれなりに納得している。

卒業までの費用を捻出できる保証もなく入学するってすごいな

学費はもちろんだけどフルタイムで働けないわけだから生活費必要

年次がすすめばアルバイトもできなくなるだろうに

国立医学部へ進学するでもなく学費免除される条件までがんばるでもなく

私大医学部へなんとなく入学する

偏差値60以上はあるんだろうけどバカだよな

私小説 不登校

私は中一の途中から不登校になった。

元はと言えば小学校高学年で「ハブる」という文化のもと、クラスメイトからの徹底的に無視をされたことが発端である担任との相性の悪さなども相まって、学校生活への自信や信頼をなくしていった。核家族共働き家庭の一人っ子の私は、学校では人と話せず、放課後時間も一人で過ごした。特に習い事などもしておらず、学校と家庭の二つしか生活の場がなかった私は人間関係における信頼や安心などを失い、自分の考えを人に話すことや言葉スムーズに出すことができなくなっていった。

そして中学入学環境が変わることを期待したが、結果的には悪化した。たいていの公立中学では部活動には強制参加させられる。しかし私が入学した中学校は全校生徒が少なく、文化部は一つだけ。他運動部一般的にはあるような部活がなかった。当時文化部に入るとスクールカースト底辺になる空気があり、私は運動部所属した。しかし、運動神経が良くない方だったため部活でもうまくいかず。小学校高学年で人間関係に対する安心や信頼を失った私は、中学出会ったクラスメイトともうまく接することができなかった。

そして決定打となったのは合唱コンクール「絆」「仲間」「大きな声を出す」「グループ練習」などといったものは当時の私には地獄だった。音楽時間が恐怖の時間になり、合唱コンクールが近づくにつれ朝練や帰りの学活でも練習を行うようになり、一日の始まりから終わりまで恐怖の時間となった。そこから学校に行けなくなるまでは簡単だった。学校に向かう足が遠のき、制服に袖を通すのが怖くなり、家から出られなくなった。共働きの私の家で朝一番最後に家を出るのは私で、一番最初に帰るのも私だった。そんな中で、朝起きて制服を着て仕事に行く親を見送り自分学校へ行かず無断欠席をするようになった。当然学校から固定電話電話が掛かってくるが、家には私しかいないため無視。親に連絡が行く。意外にも親は私が不登校になったことを受け入れてくれた。

会話からまり日常生活の行動全てに自信をなくした私は学校での学習電車に乗るといった行為もおぼつかなくなっていた。授業で先生から発問されれば、注目される恐怖や答えを急かされるような焦燥感で「わかりません」というのが精いっぱいだった。「私は何をしてもうまくできない」という強迫観念に襲われ、不登校の間に学習障害検査などを受けたこともあった。一人で家で勉強する分には問題なく、また中間テスト期末テストを受ける分には人と関わらず済むため、それなりの点を取れていた。

不登校だろうが、家から出られなくなろうが、無情にも時は過ぎていく。中二では、通知表は「1」「2」「-」がほとんどになっていた。中三が見えてくると頭をよぎる高校受験入試資料集などを見ると、入学選抜に当たっての内申点基準数字が踊っていた。家から出られなくても、学力低下だけは避けたかった私は家で学習を続けていた。当時、私の学力から出される偏差値は60〜63あたりであった。それくらいの学力層の高校では、おおよそ大半が9教科36以上の内申点基準としていた。一方、私の内申点は9教科で23地元工業高校ですらあやしい点になっていた。また、中二の時の担任は繰り返し私に面談の場を設けてくれた。私の話を無視したり、相槌を打たないなどということはなく、久々に会話ができることに感動した。担任もっと話したいと思うようになり、徐々に学校に行けるようになっていった。

この状況の中で、私には一つだけ自信が持てるものがあった。それは絵を描くことである。まだ学校に行けていた中一の初めに美術先生から風景画を褒められ、不登校になってからは家でよく写真模写などをしていた。授業にも出られるようになった中三一学期、今まで体験たことのなかった画材出会った。油絵である。失敗しても被覆度が高く上から重ねることができ、乾くのも遅くゆっくり描くことができるこの画材は私の中で革命的であった。人間関係で失敗を重ね、急かされることに恐怖を覚えていた私は、個人で取り組むことができ、ゆっくりと描ける油絵具に希望見出した。もっと油絵が描きたいと思い、誕生日には親から油絵セットを買ってもらった。もっと油絵を描きたいと思い、美術コースのある普通科高校への進学の意思を固めた。

その高校を受けるにあたり、偏差値は足りていた。美術コースを受けるにあたり、実技の力も合格するであろうという程度には達していた。しか問題となったのは、やはり内申点であった。担任からは渋い顔をされた。それでもやっぱり受けたい、あの高校に行きたいと思い受験制度などを調べ尽くした。すると、不登校などを経験した生徒のための特別選抜制度発見した。内申点度外視し、受験時の学力テストと実技、面接入学選抜を行うという制度だ。その制度担任に報告すると、なんと担任は知らなかった。50も過ぎたベテラン教員がその制度を知らないということにはがっかりした。その教員が受け持ったクラス過去不登校の生徒はどんな進路をたどったのか心配になる。

何はともあれ、私はその制度活用し無事志望校合格することができた。入学後は絵と勉強に励み、学力では上位10%あたりを維持し絵では県の高校美術展で賞を取った。

そしてやってくる大学受験もっと油絵を描きたかったので美大を望むも、家計が厳しく断念せざるを得なかった。幸い、学力はそれなりにあったため国立大教育学部美術専攻に進学することでどうにか油絵を続ける手段を得た。

時は流れ大学四年。義務教育時代に失った人間として生きる自信や信頼関係高校大学の友人と接するうちに取り戻し、バイトをしたり彼氏ができたりと一般的大学生として大学生活を送ることができるようになった。教育学部で学ぶ中で、義務教育時代自分メタ認知することができた。当時の自分と同じように人間関係に悩む子供に接し前向きな未来を示せたらと思い、教員の道を選び教員採用試験合格した。

卒業制作バイトに追われる今日、私が四月より働く予定の自治体では不登校の生徒が高校に進学する際の特別選抜制度が数年前に廃止されたと知った。

2018-01-15

東京都の「不登校中学に復帰するな」こんな指導をしなきゃいけない現状を知ってほしい。都民ファースト公明党都議会自民党などの皆さん

学校に行きたい中3生に「学校に行くな」と指導する辛さ

皆さんは、長期欠席からの復帰を望む中3生に「学校に行くな」と指導することができますか。

この辛さが分かりますか?

東京都のある公立中学3年生の話です。

温厚すぎる性格が災いしたのか、イジメが原因によって、一時期、学校にいけない状態に。だから内申点は著しく低いものでした。

でもこの子勉強がすごくできる。塾で受ける模試で、偏差値70オーバー。将来の夢は大きく科学者

中学2年生の時、地元の難関校、都立国立高校文化祭で見たクラス演劇に感動。

地元で最難関の都立国立高校に進学したい。そこでもう一度、リセットして再出発をしたい。」

今までだったら、このような生徒であっても、都立進学校に行くことができました。

それは、特別選考枠といって、募集定員の1割を「内申点を見ないで当日の筆記試験得点だけで決める」という枠があったからです。

この枠のおかげで、学力はあるけれども、病気、ケガ、イジメ……様々な事情学校に通えない時期があった中3生の多くが救われてきました。

不登校オール1の内申しか付かなかった生徒が、都立最難関の西高校合格したという例は伝説として語り継がれています

もう何年も前の話だけれども、この実話が、どれだけ多くの生徒達に勇気希望を与えてくれたことか。

私立中学校の数が日本一多い東京都。さまざまな事情から外部の高校受験希望する生徒も東京にはたくさんいます

そういう生徒は、外部受験意向学校に伝えると、嫌がらせのように内申点を大きく下げられたりすることがあります

残念なことですけれども、事実です。

でも、特別選考枠があったおかげで、救われてきました。

舛添前知事時代に突然廃止 多くの人達批判をまったく聞かず

それが、舛添知事の時に、突然に廃止された。理由は、「入試制度が複雑になりすぎる」「あってもなくても同じ」とかだったと思います

この制度がなくなった今、東京都内の多くの生徒達が本当に困っています

東京都には、本当に様々な生徒がいるのだ。内申点がなくても、卓越した能力を持つ中学生がたくさんいます

そういった生徒を一様に排除したのが、特別選考枠の廃止です。

ある生徒は唖然とし、廃止を知らなかった人の中には、泣き出す親子もいました。

東京都教育委員会電話をしてみました。困っている生徒がいるのだと。

反応はこうです。「現行の制度ではこうなので、仕方がない。」と。

では、救う手はあるのか。一つだけあります

それは、中学校には一切通わない、ということ。

たとえ中学校に復帰できる状態になっても、絶対に復帰しないということです。

なぜかというと、1度でも学校に行ってしまうと、その時点で、学校内申点が付いてしまます

内申点がついた時点で、終わりです。もうあなたは、学力相応の都立高校へ進学はできません。

1度も学校に行かなければ、内申点は付きません。判定不能です。こうなれば、高校側は内申点を除外して合否判定をしてくれます

舛添前知事特別選考枠を廃止した結果、今、東京都内では、実力相応の都立高校への進学を希望する生徒に、

中学校絶対に登校するな。1度でも登校すると、都立高校へ進学できなくなるぞ。」

指導しています

中学校に行きたいよね。復帰の意欲もあるもんね。

でもね。ダメなんだ。君は勉強ができる。だから都立進学校へ行って、たくさん勉強して、大学へ進学してほしい。

君が中学校に1度でも通った瞬間に、内申点が付いて、君の進学への道はすべて閉ざされるんだ。

ごめんね。ごめんね。

皆さんで東京都意見を出してほしい 都民ファースト公明自民、皆に声を届けたい

本当にひどい制度です。

そして、その制度を、都民ファーストの会公明党小池都知事は未だに継続しています

みなさん、ぜひこの現状をぜひ拡散してください。広く知ってください。

小池都知事都民ファーストの会の皆様、都議会公明党自民党共産党、だれでも構いません。

この状況が早急に変えられることを願います

ちなみに、都教委の意見箱はこちらです。

http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/mail.html

anond:20180115200209

そこまで考慮した上で「偏差値69点」と言ってるならまだしも偏差値に「点」をつける人はテストの点数をなにかしら線形に変換して算出されてると考えてるんだろうよ

anond:20180115194041

基本単位とその組み合わせで作られるのが単位なんだわ。単位っつーか、unitなんだわ。ヨーロッパでは日本の「個」みたいな便利なものはないんで、日本人とは感覚が違うよね。

まあ個数みたいなやつはcounting quantityとか言って、無次元量なんだわ。

ちなみに学力テストのいわゆる偏差値には「点」をつけない習慣?になってるけど、無次元統計量でも便宜的に点とかポイントとかつけるのは珍しくない。パーセンテージでは「2ポイント上がって24%です」とかってテレビでも言うし。

日本人には点とかついてた方が喋りやすいし分かりやすいからかな。

anond:20180115181653

何かしらの点数換算して偏差値が出ると思ってるんだろうな。

anond:20180115181344

私立医学部偏差値別に低くないし、国立医学部偏差値が桁違いに高いは成り立つし

実際断絶は大きくて、私立なら行ける学力があるけど、国立行けないって人はたくさんいると思います

これだと金持ちだけが優遇される処置がある中世だと思いません?

それとも大学無償化反対ですか?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん