「公募」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 公募とは

2018-09-24

福岡県福智町利権ヤバイ

正社員を辞めて公募図書館長になったのに突然雇い止め、注目図書館「ふくちのち」で起きたこ

https://www.bengo4.com/c_5/n_8588/

この件に登場する町長だが、4600万円にのぼる汚職事件に関与してしている

====

できごと

1.川の護岸工事に使う予定が決まっていた町営住宅違法に売却

2.買ったのは「元町議」で192万円で買取る。

3.工事必要土地のため、県はこの「元町議」に移転補償金4600万円を支払った。

何が問題

1.護岸工事に使う予定が決まっていたのは「町長」も「元町議」も知っていた。

  つまり、「元町議」は移転補償金目当てに土地を買った。「町長」も「元町議」が移転補償金目当てなのを知っていた。

2.そもそもこの土地は「行政財産」で売却が許されてなく、「元町議」に売っていなければ県はお金を支払う必要はなかった。

この二人の関係

町長」は「元町議」の後援会事務局長補佐をやっていて、町長元町議は親密な関係だった

ソース

福智町

【嶋野 勝 ・ しまの まさる】

http://www.town.fukuchi.lg.jp/soshiki/soumu/syomu/194.html

元町

原田 正 

https://i.imgur.com/eP8tzB5.jpg2006年

http://www.town.fukuchi.lg.jp/material/files/group/6/060501.pdf

地方自治法違反 元町議に町営住宅売却 福岡福智町

https://mainichi.jp/articles/20170818/k00/00m/040/140000c 毎日新聞2017年8月18日 07時30分(最終更新 8月18日 10時13分)

福岡福智町地方自治法で売却を禁じられた「行政財産である町営住宅を、居住者元町議(88)に売却していたことが17日、関係者への取材で分かった。町営住宅土地の一部は売却前から県の護岸工事の用地となることが決まっており、元町議は購入後に転居して県から移転補償費約4600万円を受け取っていた。嶋野勝町長元町から売却を再三要求された事実を認めており、町営住宅を巡る不透明土地取引が浮き彫りになった。

町長元町後援会幹部務める

https://mainichi.jp/articles/20170821/k00/00e/040/145000c 毎日新聞2017年8月21日 09時07分(最終更新 8月21日 09時12分)

同町の嶋野勝町長元町議の後援会解散)で幹部を務めていたことが関係者への取材で分かった。2015年に元町議が町内に建てた新居の落成式に出席していたことも判明。嶋野町長と元町議が公私ともに親密な関係だったことが浮き彫りになった。

 当時を知る元後援会幹部は「元町議の力を誇示するための団体だった」と証言衆参両院選や県議選、福智町長選などで元町議が応援する候補者集会などに会員が動員されていたという。嶋野町長はこうした集会で司会などを担当していた。

 嶋野町長は、毎日新聞取材後援会の会員だったことは認めた上で「元町議とは以前は仲が良かったが、(初当選した14年3月の)町長選で私の後援会会長選定を巡ってもめて関係が悪くなっていた」と説明した。しかし、15年8月に新築された元町議の新居の落成式に参加するなど、その後も関係は続いていたとみられる。

町は、地方自治法で売却が禁じられた行政財産の町営住宅土地を14年12月、元町議に129万円で売却。それ以前から土地の一部は県の工事用地になることが決まっており、元町議は土地を購入後に県から移転補償費約4600万円を受け取った。

福岡同和団体幹部逮捕

https://www.sankei.com/region/news/160407/rgn1604070009-n1.html 2016.4.7 07:03

 

 福岡県警は6日、同県福智町から助成金をだまし取ったとして、詐欺の疑いで同和団体部落解放同盟福智連絡協議会委員長原田容疑者(86)を逮捕した。町ではカラ出張で町から旅費をだまし取ったとして人権・同和対策課長鈴木秀一容疑者(60)が逮捕された。鈴木容疑者原田容疑者申請書決裁に関わっていた。

anond:20180924030037

登竜門っていうデザイン公募サイトがあるからそこに応募して受かってたら実績になる

2018-09-20

anond:20180920104545

 違う違う。

 制度設計上、35歳で常勤職なんてほとんどアリエナイって言ってるの。

 ロス無しでドクターを取得して27歳。そこから二回ぐらい三年任期ポスドクを回して33歳。

 (できれば海外経験もあった方がいいけど、海外にいるとき国内公募に応じるのは難しい)

 それまでに、海外の一流誌にファーストオーサーになっている論文複数通すような研究をして、それなりに知られるようになっていて、それで偶々自分と似たような専門分野の専任教授退職した大学があって、凍結かからずに公募が出たら、35歳までに就職できる。

 そんなの奇跡に近いわ。

 アメリカ中国に行っちゃうことを決められりゃ、その方が楽だけど、妻が日本でのキャリアを望んでたり、病気の親でもいたら、40歳過ぎまでポスドク続けるか、研究やめるか、というのは普通だ。

追記

 「奇跡に近い」は言い過ぎだな。ごめんなさい。周りを見回してもいないことはない。

 ただ、最近専任准教授になってても実は任期があったり、場合によっては「任期なし」扱いでも内規で任期があったり、逆に任期つきが明記されていても実態として無制限更新できたり、という話も聞くので、周りの人間待遇が本当はどうなのか、よくわからん文科省実態はわかってないんじゃないか)。

 ただ、何れにしても実力と運が両方、うまい具合に揃わないと35歳で任期無しになるのは相当に難しい。

2018-09-17

小学生とき一番嬉しかたこ


私は運動が苦手で走るのも遅くて運動会が苦手だった。でも絵を描くことだけは自信があったから、赤組白組でそれぞれシンボルマークを生徒が描いて投票で決めるって知ったとき徹夜して絵を描いた。

私は赤組だったから「火の鳥」を描いた。図画工作で使うような簡単な絵の具しか使わなかったけど、30作品の応募があったなかで圧倒的に大差で1位を受賞した。運動会当日には体育館の外壁に私が描いた火の鳥がでっかく貼り出されていて、本当に嬉しかった。何より親や祖父母も運動会に来てくれて私が描いたシンボルマークをいっぱいいっぱい写真に撮ってくれた。100m走はビリから数えたほうがはやいくらい悪い結果だったけど、それより何より家族が私の絵を観て褒めてくれてくれたことが嬉しかった。それから運動会は私にとって楽しみなイベントになった。せっかくなら100m走でも1位になりたいと思って、走る練習もした。そしたら翌年の100m走で初めて1位をとれた。私にとって運動会は小学校で一番好きな行事になった。

少し時間が経ってからあることを知った。シンボルマークの生徒から公募提案したのは当時の図工の先生だったそうだ。なんでも「運動会で輝けない生徒達にも活躍の場を与えて行事を楽しんでほしい」という思いがあったそうだ。

私が中学に入りその後の離任式に参加したときにその図工の先生からその話を聞いて、「私に居場所をくれてありがとうありがとうございます」と号泣してしまった。

それからいくつかの絵のコンクールに応募してたまに賞を取れていたりする。私が絵を好きになれたこと、努力が報われる喜びを教えてくれたのは紛れもなく図工の先生だった。

もう定年退職しているかもしれないけど、またどこかで会えたらありがとうって伝えたいな。

2018-08-29

anond:20180829140740

ポスドク公募戦士的には年齢制限的な制約が厳しいので、5歳若返るのに500万円払っても十分元がとれそう。

2018-08-27

仕事がつらいけど、将来のことを考えたら辞められない

タイトルまま。

 

性格的に合っていない職種についてしまった。

毎日怒られないかだけを考えて、それでも怒られて、どんどん自身と元気がなくなっていく。

休日も「明日から仕事か……嫌だなあ」とばかり考えてしまって、楽しめないうちに終わる。

リフレッシュが下手だなあと思う。

 

そんなにつらいなら辞めた方がいいんじゃない、と思うけれども、

今までそうやって私は何度も仕事を辞めてきて、

どんどんどんどん転職活動が厳しくなってきている。

ここで辞めたら、次はもう今より低い給料のところでしか働けない気がする。

 

私には結婚約束している彼氏がいて、将来子供が欲しいねっていう話もしていて、

彼氏給料は決して高いわけではなくて、

子供を持った上で金銭的に余裕を持った生活をしたいのであれば、共働きで二倍の馬力お金を稼がないと厳しい。

そう考えると、今の仕事を辞められない。

 

どんなに今が辛くても、今の会社なら産休育休も取れる。

いまは我慢ときなのだろうか。

毎日会社に行きたくなくて泣いて、

こんなに卑屈な性格になってしまって彼氏に嫌われないか考えてまた泣いて、

どうせ転職したしたとしても今みたい辛くなって辞めるんだろうなとか考えたら死にたくなって、

でも死ぬ元気もなくて、休みますって会社に連絡できなくて電車に乗って通勤する。

あと数年頑張ればいいんだろうか。長い人生の中の数年なんだから耐えるべきか。いや、もうつらいよ。でもなあ…。

 

 

から読書文章を書くことが好きで小説家になりたくて、

学生時代はよく掌編小説を書いていたんだけど今はそんなパワーなくて、

よし、小説家になって会社員辞めてやるぞ!って思って小説を書いていたけど、

公募に応募できるような長編小説を書ききる力がないし、

どこかで読んだ文章の焼き増しになってしまって、

「あ、私小説家になれないんだ」って思ったら書くのが辛くなった。

この文章だってそう。この広いインターネットを探せば、どこかの誰かが書いたブログに同じようなことが書いてあると思う。

 

もう疲れたし、夜も同じようなこと考えてつらいんだろうなってことがわかるから人生終わりにしたい。

いや、人生終わらすくらいなら仕事やめたい。でも仕事辞めたら子供産めない。

死にたいって思うくせに、子供欲しいとか思って仕事辞めれないの笑うよね。

2018-08-17

タツナミシュウイチ(だんなマン、)って人が3年以上粘着されてて可哀想

かに本人も情報漏らして組織票公募オーディション勝ったり、資格詐称したり、

子供にお◯んこみたいな変なあだ名を付けたり、前の奥さんにDVとか言われてたり問題ではあるんだけど、どうにかならないのだろうか。

2018-08-05

女子減点が日本肯定される簡単理由を教えるよ

簡単な答え:日本人全体が貧困化してるのに、私大医学部受験できるほど恵まれた「差別」に抗議しろとか言われても。

貧乏人が私大医学部受験できないのは必要悪というのは認められてるから貧乏人には一律減点されてるどころか、0点どころか、氷点下じゃないの?

貧乏人には自己責任の態度できてるのに、それに同じ口で賛同しながら、女性減点は必要悪絶対に許せない!だからね。

それじゃ、貧乏人にも機会が絶対平等になるように、高収入から金を取って貧困家庭にどんどん回すか?

女性限定公募とか見ると、優遇されてきた高収入家庭にストップをかけるのはそんなに変な理屈でもないしな。

女子だけの時にはこんなに騒ぐのに、全くもって貧困家庭は知らんぷりなんだもの

そして、日本は貧しい家庭が増えてるんだよ?分かる?

から日本全体から理解を得ようとかしても、普段から貧困家庭には自己責任とか、

地方に住むのが悪いとか地方田舎叩きとかしてるんだから女子減点の時だけ叫べとか言われても、

何で叫ばないといけないの?普段の態度は何?となるわな。自覚ある?

簡単に言うと、日本全体が貧困化してるのに、それには知らんぷりなのに、

女子減点で叫べとか、しか東京私大医学部受験できる女子学生とか、

まれすぎてるんだから、むしろその恵まれた金を貧困家庭に回せよということだわな。

定員が問題なら女性枠はどうなんの?

この記事は定員を設けてそれで募集してるわけだから問題ないだろ。


東京医大だけではない。女子中学生入試で不当に落とされているー都立高校入試の話

https://news.yahoo.co.jp/byline/sendayuki/20180803-00091738/


それを言ったら、女性限定公募って何だよって話になるな。女性限定から女性しか受けることができずに、女性しか取らない。


定員を公開しての募集まで文句を言い出したら、女性限定公募とかの女性枠とかのほうが問題だし、東京のことを言いたしだら、そもそも地方収入が低い家庭の子供のほうが遥かに機会がないんだから、そっちのほうが問題だな。

2018-08-03

医師医学生支援センター 文部科学省平成25年女性研究者研究活動支援事業」に採択されました

http://www.tokyo-med.ac.jp/news/2013/1028_235900000193.html

文部科学省公募した「平成25年女性研究者研究活動支援事業一般型)」に本学が採択されました。これは平成22年に設置された医師医学生支援センターの3年間の活動業績が認められたことにもよります

女性研究者研究活動支援事業」とは、女性研究者がその能力を最大限発揮できるとともに、出産子育て又は介護研究を両立するための環境整備を行う取組みを支援することを目的とした事業であり、本学は、3年間(平成27年度まで)総額80,264,000円の補助を受けることとなりました。対象女性研究者配偶者である女性研究者サポートしている男性研究者です。

本学医学科の女子学生は、過去10年で187名から237名と50名増加し、全体で占める割合も26.9%から32.4%と5.5%も増加しております。その割合と同様に女性研究者の人数も年々増加し、今年4月医学看護学科の開設に伴いさら女性研究者が増えることから本学の女性研究者支援体制の整備は急務であると言えます

今回採択された事業により、既存の「医師医学生支援センター」を「医師学生研究者支援センター」に名称を改め、臨床の医師医学生だけでなく、基礎医学の場でも欠くことのできない女性研究者支援する部署として拡充し、「勤務形態改善と保育環境の充実」「研究補助者の雇用相談窓口機能の充実」「研究環境改善と外部資金獲得のためのサポート体制の構築」「広報・周知・啓発活動の推進」といった各方策実施します。

本学が目指す男女共同参画推進において、欠かすことのできない女性研究者への支援を充実させ、本学のレベルアップと国際的競争力もつ人材育成を目指してまいります

東京医科大学医師医学生支援センターホームページ

2018-08-02

ラノベ作家養成専門学校が酷い ~Special Edition~

前回までのタマス

https://anond.hatelabo.jp/20130830202223

https://anond.hatelabo.jp/20130901102804

https://anond.hatelabo.jp/20160813154757

※本エントリー上記エントリーを読まなくても楽しめるよ★

交通費と昼食を出してくれるというので、一日体験入学に行ってきました。

場所(校舎)は都内一等地。年110万円の学費を払うとこんなとこに校舎が作れるのだなぁ。

学校法人から税制面での優遇もあるし、これ学校経営ポシャっても不動産収入だけで食っていけるんじゃないか

パンフレットが酷い

Webでも紙のパンフでも、デビューした作家が一人しか載っていない。

他の学科アニメ声優ゲームなど)も就職実績は控えめ。

代わりにやたら紙幅が割かれているのが「学内コラボ

ノベルズ学科が書いた小説の表紙をグラフィック学科が書くみたいな。

早い話が学芸会だね。

あとは文学フリマ出展したよとか。そんなの金払えば誰でもできますけど……

それに学園提携教育ローン。年利3.5%(オリコ)。返せるの?

話がラノベから逸れるんですけど、素人目にもはっきり分かるほどイラスト系・ゲーム系のレベルが低い。2年間勉強してこれ?って感じ。卒業したあとどうなるんでしょうね。

余談ですが待合室には大量の声グラが置いてありました。声優コースは儲かるのでしょうか?

学生が酷い

積極的に私が他の参加者に話かけようとすると「やめてください」とスタッフに制止される。

「弱い子が多いんです」というのがその理由。何が弱いのか? 頭? 自尊心

あと、全体的に顔が幼い。未熟さを感じる。

授業が酷い

脚本家をコーディネートする仕事」に就いている謎のおじさんが講師

授業のお題は「公募小説のコツ」

募集要項を守れ、下手な原稿は下読みに弾かれるぞ、推敲しろといった当たり前の内容。

ちなみにこの先生の下読み時代手書き原稿を読んでいたとのこと。いつの話だよ。

次の授業は講師変わって「アイディアの広げ方」

ラノベの書き方やハリウッド脚本術といった類の本を座学で教える感じ。

もうこれ本読めば分かるじゃんといった内容で途中で眠くなっちゃた。

今回のレポはこれでおしまい。どうだい、進学したくなってきただろ?

anond:20180802123936

2011年付近東京医大で何があったのか

関連はよくわかりませんが

http://www.tokyo-med.ac.jp/news/2013/1028_235900000193.html

文部科学省公募した「平成25年女性研究者研究活動支援事業一般型)」に本学が採択されました。これは平成22年に設置された医師医学生支援センターの3年間の活動業績が認められたことにもよります

今回採択された事業により、既存の「医師医学生支援センター」を「医師学生研究者支援センター」に名称を改め、臨床の医師医学生だけでなく、基礎医学の場でも欠くことのできない女性研究者支援する部署として拡充

2018-07-27

https://anond.hatelabo.jp/20180727131233

公募したら良いんじゃない?やりたい奴にやらせるなら問題ないわけでしょ

2018-07-26

★「小中学校エアコン」★

★前提条件★

•小中学校エアコンは導入すべき.30度を超える環境でどうして子どもエアコンなしの環境で学ばせるのか?日本教育環境投資をぜずに利回りがマイナス住民サービスの向上に寄与しない箱モノばかり作ってきた.インフラ投資優先順位おかしい.

公立中学校管轄自治体であるため,基本的には市長村が環境整備を担う.学校エアコンを設置する際には,いくつかの条件を満たすと,国から3分の1の補助金が出るが(学校施設環境改善交付金),残りは自治体負担する.

学校子どもエアコンなんて贅沢だと考えている人(主に高齢者)は一定数いる.だがそれを老害だ!などと指摘しても何の意味もない.自身時代に手に入れなかったベネフィットを,後の世代や他社が得ることに抵抗感を示すのは仕方がないことではある.だから丁寧な説明コストパフォーマンス重要であると考える.

•大多数の日本人(中流階級)の所得が増えない現実を前に,将来に希望を描くこともできず,日々の家計が苦しい中で,他者税金で得をすることに嫌悪感を抱くのだろう(日本人の所得20年減り続けるという絶望的な構造欠陥なので本稿では指摘しない).

職員室にエアコンがあることをヒステリック否定的に叫ぶ人々がいるけれども,学校先生エアコンのない教室で授業をしている時間が長いわけで,教員の勤務環境が劣悪であるという現実共通認識として持つべき.つまり職員室にエアコンがついているので,先生だけ涼しい環境にあるというのは完全な勘違い中学校部活問題になっているが,不要不急な報告書アンケート対応など,教師労働環境は劣悪.だから志望者も激減している.

•決められた業務ルーチンワーク)をきっちりこなすことに関しては行政公務員は優秀であるが,経済合理性費用対効果視点意識は皆無である.だから,良い製品サービスを導入しようというインセンティブは働き難い.

公務員学校先生のひとりひとりは基本的には真面目であるが,合成の誤謬組織になると絶望的なほどに無能力になる.なぜか? 公務員組織基本的に完全年功序列制であり,モチベーションインセンティブ設計機能不全を起こしている.働いても働かなくても報酬待遇)は変わらない中では,楽をすることばかり考える.外注することが仕事になり,知識ノウハウストックされない.成果を出しても評価されない世界で頑張るのは難しい.この国の行政機構旧ソ連社会主義の失敗からまり学んでいない.

問題点★

行政は苦情(クレーム)に対して敏感であり,公正性を重視しない割には公平性平等を重んじる傾向があるため,公立中学校エアコンを導入する際には市内全校に一斉に導入するのが一般的である10万人弱の自治体中学校で5校前後小学校10前後の大規模工事となる.規模と納期要求による工費増を考慮することはない.

•どれくらい行政自治体スピード感がないのか?公立学校エアコン(空調)を導入するためには一般的に2年~3年かかり,次の進行となる.エアコンを導入するのに調査や設置の手法検討必要らしい.仕様確認したり,メーカー業者に最適な設計提案させればわかることをカネと時間をかけて調査する.生産性観点がないのだ.

n年度: 現況の調査、設置手法検討

n+1年度:設置手法の決定、事業計画策定

n+2年度:施工者決定、設計

n+3年度:施工完了

行政には経済合理性費用対効果視点意識はない.だから自治体学校エアコンを導入すると1台200万~300万円以上になる.信じられないことに1教室(1台当たり)300万円以上もの費用をかけてエアコンを導入している.オーバースペック必要以上の大規模工事実施して,結果ランニング費用も膨らむ.

他人の財布で他人のためにカネを使うときに人はもっと無責任になる.これは構造的欠陥なので別の機会に記すこととして,学校へのエアコン導入に限らず行政事業実施する際に考えることは,手間やトラブルを避けることである前例踏襲(他の導入事例に倣う)ことを何よりも優先し,面倒なことは避けたいという意識が根強い.

コストパフォーマンス視点は欠片もなく,業者に楽に発注することを考える.丸投げ外注できてトラブルがなければ価格が高くても関係ないのだ.そして業者側も官公庁公共機関)の仕事は稼げる,儲けられる,つまり利益率の高い製品必要以上の稼働費用請求できることを知っていて味を占めているため,安値提案利益率の低い受注)をすることはない(時に談合癒着が起きる).

建築年数が30年以上の小中学校では,そもそも教室の断熱や空調効率が悪いので,エアコン導入時には遮熱対策実施するのが合理的であるが,合理性観点はないため,エアコン工事だけ導入して,冷気を外に垂れ流す事態となり,結果,光熱費(ガス代・電気代)が過剰になる.全体を見てどうすれば省エネ運用できるかを考えることもない.なぜなら自分家の光熱費ではなく税金で払われるカネだから節約するインセンティブが働かないのだ.

★導入案★

•小中学校エアコン設置に基本設計など必要ない(空調設備工事設計委託無駄である).工業製品を各教室に導入するのに基本設計必要か? 電源の問題は別途電線を引くことで解決できると考える.

•一刻も早いエアコン導入のために各学校・各教室ごとに導入計画を立てるべき.日本の悪しき平等文化

•簡易な仕様書を各社に提示して,公募プロポーザルを併用した競争入札を導入するのが望ましい.つまりXX室の教室(例えば100台)導入するから提案をして欲しいと依頼する.仕様を満たして一番安い価格で入札した事業者と契約する.その際に提案稼働(提案費用)を払う,提案契約施行契約を分ける,これを怠ると癒着や割高な契約が発生する温床になる.

仕様書を複雑にして,指名競争入札するのは最低の選定方式.にもかかわらず,ほとんどの自治体が形だけの指名競争入札をする.仕様書に入れ知恵するのも業者から質が悪い.競争入札するなら一般競争入札とすべき.繰り返すがエアコン導入に複雑な仕様書は百害あって一利なし仕様書を書いた業者指名競争入札に参加するってプロレスか? 見せかけの公平性のためにいらぬ稼働をかけて実際は意中の業者契約するのは本当に汚い手法だと思う.設計施工は必ずしも分ける必要はないが,一括りが前提条件になってはならない.

•物品(エアコン本体調達と,施工エアコン設置工事)を分けるのもありだろう.各社が自社製品エアコンの良さをPRできる.工事業者もどれだけ効率的に施工できるか腕の見せ所であろう.

Panasonic日立三菱電機ダイキン富士通ゼネラルなど大手メーカーだけでなく,ハイアールなども価格競争力があるので声をかける.

•導入工事地元業者下請け活用することを要望しつつ,ヤマダ電機ヨドバシカメラなどの家電量販店活用できるのではないか

•完成検査(施主検査)を分けるのも一考.施工業者に完成図書を提出させる必要性は必ずしもないし,第三者視点でチェックするのが有用ではないかそもそも公務員にチェックを任せるのは難しい.

個人的には学校エアコンは,天井埋め込み型のエアコンやセパレート型のエアコンではなく,ウィンドウエアコン(室外機と一体型エアコン)が合理的ではないか? と考える.教室は窓に面している場合ほとんどであり,費用対効果が高い.PanasonicCUBEのような製品費用対効果が高いのではないか

2018年補正予算を計上して,2018年年度の冬休み春休み順次導入すべき.行政スピード感のなさと危機意識のなさは絶望的.

地方債もっと柔軟に発行できると良い.学校環境整備債権を発行して利回り1%にすれば購入者に困らないのではないか富裕層のカネはタブついているんだから.年利1%でも買い手はつく.地方債の引き受け手がなくなった時点でその自治体破たんしているに等しいから,指標にもなる.必要公共事業国債地方債)でやるべき.

ゼロかイチかの議論は本当に無駄で,イチに近づくように限られた予算の中で最大のアウトプットを目指すべきなのに,自治体現場では生産性のある議論ほとんどない.意思決定過程ばかりを指摘して,政策形成を良きものにする議論ができないのは日本教育の欠陥なのか,組織的欠陥なのか.学級委員会よりも酷いレベル民主主義日本行政現場はまわっている.

https://www.kawawaki.jp/air-conditioning-in-schools/

2018-07-06

執行官

死刑執行するとき4-5人でボタンを押して、そのうちの一人のボタンで床が開いて首吊りになるんだよね。

銃殺刑とかもそうだけど一人だけ実弾でほかは空砲とか。

執行官に精神負担をさせない用途配慮だけど、公募すれば良くない?銃と違って技術もいらないしボタン押すだけ。やりたい奴たくさんいるでしょ。

2018-06-28

anond:20180626164400

同じ年齢の人たちの研究実績や人事を検討してみれば、任期制から脱出できそうかの見当がつくはず。

複数回任期制ポジションについた時点で厳しい。

せめて、研究続けたいなら公募が多い東京で職を探してもらうというしばりを付けて、引越しなくて

済み、共働きできるようにしてみては。

任期制から脱出できそうな実績がないのに研究を続けたいというなら、それ以外のこだわりはある程度

捨てさせるないと、共倒れになる。

2018-06-27

こうしたらうまくいくのになって人間

色々頑張ってて、好ましいんだけど、こうするとうまくいくのになって人間がいて過去色々とアドバイスした。なお、複数。一人は親。

といっても、色恋がらみで相手を拒絶するようなこと言ってしまったり、かなりキツイ雷落としてしまったりもした。

相手たちはこちらを貶めるようなことを繰り返し、俺が縁を切ろうとしたら、周りを使って俺が相手に折れろみたいなことをしてきた。

俺が折れたところ、俺が相手に屈服しない部分がために貶めるようなこと、迷惑をかけるようなことをまた繰り返す。時系列場所は全く別だけど、複数そういう相手がいる。

まあ、周りの人間は俺が我慢すればみんなハッピーだという人間だらけだからな。

俺がいろいろ「アドバイス」するのが良くなくて「おだてない」のが悪いんだとさ。半分わかる。

けどさ、成長しようもない、迷惑をかけるばかり、いきがってる奴なんてホンマに俺にとっての価値いからかかわリたくないんだけど。相手たちが俺の人生メリットわずかでもあるのか?

なお、俺起業家。んでまあ、ひとりやっと迷惑な奴Aと縁を切れたかな、と思ったとこ。そいつ起業家

Aの事業もやりようによってはと思うが、まだまだ軌道に乗るには程遠い。もうそんなのどうでもよくて、もうとにかくAは俺にかかわらないでほしいとしか願わない。

とあるアーリー系のベンチャー支援機関Bに拾ってもらったらしい。俺だって別に潰したいわけじゃないから、それはそれでよかったと思ってる。

で、俺もあちこちいってたら、そのとあるベンチャー支援機関Bと巡り合って、ピッチとか公募でませんかという誘いは受ける。

正直だいぶ迷う。

が、多分Aにとって俺は迷惑をかけても構わん。アドバイス?そんなのいらんからオレをおだてろ。おだてないならこちらの悪評撒いたり迷惑かけるぞ。

で、俺はそうしても構わない人間と思ってるんだろう。

所詮人間なんて「会った回数」で信頼度決めるわけだから、Aの信頼は高いんだろうなぁとか思う。Bも俺の言葉とAの言葉ではAの言葉を信じるんだろうなぁと思う。

そうやって、支援機関Bにいくかいかまいか迷ってるのが今だけど、そもそもそんなくだらんことで迷ってるのが時間無駄から、やっぱりその支援機関Bはかかわらんほうがいいわな、、、。

2018-06-26

任期付き大学教員家族の所感

国公立大学任期付き大学教員の妻の所感です。

まず任期付き。3年ぐらい毎に各地を転々としている。

常に職探し。〇レックイ〇をチェックしない日はない。

公募に応募。任期なしの仕事があってもぴったりという条件のものはなかなか出ない。出るのはおそらく数年に一度。タイミングがうまく合わないと移動したばかりだったりしてそれすら逃してしまう。

5年ぐらいの任期付きのはまだ採用されやすい。でも毎回、応募の書類揃えるのも大変。激務の主人の代わりに書類チェック、書類郵便局に出しに行く。

次の仕事が決まるまでは迫って来る任期意識しない日はない。任期満了に怯える日々。

新しい仕事が決まっても引っ越し代は満額出ない。ぼろぼろのお化け屋敷のような官舎は数年待ちの状態で空きがないことも多く、賃貸住宅を借りることになる。

しか敷金とか礼金は自腹。家賃補助も夫のお小遣い程度の額。引っ越し代も最低額しか出ないので春に引っ越したら大赤字。転勤先で知り合った企業様の転勤族との待遇の違いに驚愕する毎日

引っ越し代も家賃補助も満額で近い金額が出るなんて夢のよう。一方のこちらは転勤に伴う定期的な引っ越し代の出費に怯える日々。

子どもが小さかった頃はもちろんワンオペ育児。そして子どもがある程度育った今は転勤先のよく知らない土地のよく知らないコミュニティ積極的に入っていかなければならない。

子どもが疎外感を感じないようにいじめられないように、学校地域活動には積極的に参加するようにしている。

でも本音はもうフルタイム自分仕事を持って働きたい。だって引っ越し代がかかるから自分の年齢が再就職が難しい年齢に差し掛かっているから。

でも近くに頼れる人は誰もいないし、子ども小学生になってようやく働けるようになった今も休みやすくて辞めやすパート仕事をするのがやっと。

そろそろ落ち着きたい。家を買わないとこのままやどかりみたいな生活で定年を迎えて困ることになりそう。でも計算してみたら、夫単身赴任世帯分離できるだけの収入があるかどうかあやしい。少なくとも自分フルタイムで働かないと世帯分離できなさそう。

公立大学任期付きの研究職を転々としてる教員家族はこんな感じです。食べられているだけましなのかな、というレベルで、この先任期なしの仕事にありつけるまでこのままだと思われる。

結婚相手としてどうかと言われると正直、いろいろしんどいです。

anond:20180626000904

かに、それっぽいですね。

寺山修司一般人公募した詩や小説をあつめた本に載ってた短編にあったんですよ。

宇宙船磁気嵐で迷子なっちゃうの。

2018-06-25

美の基準は流動的だよ

anond:20180624101941

ルネサンス時代の裸婦の絵なんてデブばっかだし 平安時代はほっそい目がモテたし 某部族では首が長いほどいい女らしいし 下唇にでかい皿入れる部族まで行くともはや日本人感覚とは全く違うし

そこまでいかなくても尻はでかい方がいいとか小さい方がいいとか タヌキ顔がいいとかネコ顔がいいとか 唇が薄い厚いとか目が寄ってる離れてるとか眉が細いとか太いとか

人の顔ってすげー沢山の要素で成り立ってるけど、最終的にどれを好ましく思うかは、個人の好みなんだよな

から美しさって時代文化で変わる上に好みもバラバラなのにそれに相対的順位つけて一列に並べようってのが 今の多様性とか尊重される中で時代遅れなんじゃないのってこと。

こっから元増田に向けてじゃないけど、

から短距離走の優劣とは明らかに違うんだよ。短距離走タイム多様性とかないし。もしやるとするなら、人種ごとにカテゴリ分けするとかな。やっぱ人種で適正ってあるからね。

俳句とかは微妙ラインだけど、ある程度ルール内でやりたいならルールに従うべきだし嫌なら自由型の詩として発表する手もある。フィギュアも、スピードスケートアイスダンスと色んなチョイスがあるのに比べて、外見への評価というのは1カテゴリしかない。これって変じゃね?

で、キャリア閉ざすとか言ってる人もいたけどたか学祭ミスコンで閉ざされるわけねーじゃん。どんだけ道狭いんだよ。

モデルになりたいなら読モなり事務所なり公募オーディションに応募すればいいじゃん。しかも、学内なんて政治色の強いコミュニティで本当に純粋な美だけで勝負できてると思ってんのか?

あと、藝大の裏ミスコンダメだった所として「女性限定」てのがある。普通に時代的な男女差別だなあって思った。

2018-05-12

anond:20180512171605

役所周りは全部法律に則ってしか動けません。

なので、無駄遣いを正すようなルールにしようと思ったら、それを法律で落とし込まないとならない。

例えば、一定のものは必ず公募にしないとならないとか、一定金額のもの相見積もりにしないとならないとか。

でもできるのはその程度。

2018-05-08

大型の研究プロジェクト公募は、公募前に大体決まっている

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180508-00391496-fnn-pol

上の件にかかわらず、大型研究プロジェクト政治の道具となり、上のような状況であるのは官僚や大型研究プロジェクトにかかわった人なら良く知っている、今更の話である

AMEDの公募なんかも公募期間がめちゃくちゃ短くて準備が間に合わない上に、事前に有力候補公募情報が洩れていて、実質出来レースだよね。

国の大型の研究プロジェクトは、大型であればあるほど官僚リスクを嫌がり、事前に有力者に声がかかっていて実質の候補者が決まっている。

政治家と官僚の都合で知らないところで立ち上がり終わっていく。

でもって、貴重な研究予算が有力者の間で余って無駄に浪費され、本当に必要活用できる人達には回らない。

有力者は昔はともかく今は研究者としては終わっているひとばかり。

大型研究プロジェクト公募比較的まともなのは科研費の新学術ぐらいか

政府研究テーマを決める能力はないし、研究予算有効活用する能力もない。

そこでも設定できると思って研究テーマを設定して公の大金を投入するのは傲慢である

研究者さえ自分の専門外で研究テーマの良しあしを判断するのは非常に難しい。

から少額をできるだけ多くの場所にばらまき、ボトムアップ提案されたネタが伸びる方が、日本の現状として好ましいだろうと良心的な研究者が言っているのに、何も状況が変わらない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん