「悲鳴」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 悲鳴とは

2019-05-20

韓国経済がヤバヤバのヤバで文大統領に息の根を止められそうな件

経済ニュース見てる諸兄には今更な話だが、日本大手マスメディアでは米中貿易戦争の影であまり話題になっていない気がするこの話。

そのせいか今の韓国がどれだけヤバくなってるかを知らない人が意外と多そうなので軽くまとめてみる。


まず実際どれだけヤバいかについての話

韓国、税金が主導した就業者26万人増加…ほとんどが高齢者・公共雇用 | Joongang Ilbo | 中央日報

第1四半期のGDP成長率は前期比マイナス0.3%に | ビジネス短信 - ジェトロ

韓国財閥に減益の嵐、サムスン、SK、LGと軒並み(ニュースソクラ) - Yahoo!ニュース

韓国自営業者受難時代…今年の廃業、初めて100万件超 | Joongang Ilbo | 中央日報

以上の記事をまとめると

青年層を中心に失業率過去最悪クラス

製造業半導体バブルの終了&中国向け輸出が激減したおかげで壊滅的

GDP成長率がマイナスへ(予想ではプラス1~2%だった)

家計負債個人が持つ借金)がGDPを超える額に

飲食店小売店などの自営業は8割以上が廃業

 

こんな感じで誇張抜きに「ヤバい」としか言いようがない状況になっているのである

 

そしてこんな状況にトドメを刺そうとしているのが誰あろう文在寅大統領である

 

これは日本でも報道されていると思うが、文大統領はもともと非常に左寄りの大統領である

そのため文大統領経済政策基本的に「アンチ財閥アンチ金儲け(+労組マンセー)」で出来ている。

この姿勢自体が悪いとは言わないが、いまの危機的な韓国経済にとっては息の根を止めるに等しい政策しか言いようがない。

 

大統領就任してから行われた政策をいくつかあげるが

最低賃金の大幅引き上げ → 人件費増加に耐えられず雇用が激減 中小企業自営業者は人を雇えず廃業

法人税の引き上げ → 企業は一気に脱韓国 海外投資過去最高規模へ

不動産購入の規制強化・価格上昇の抑制へ → 不動産投資で儲けようとしていた大家は返済できない負債抱えて瀕死

強硬反原発方針国内原発を停止 → 黒字だった電力会社が大赤字へ 電気料金の値上げは必須(なお原発輸出政策継続中)

・ゆるゆるだった財閥監査を強化 →アシアナ航空サムスン電子などの大企業粉飾決算が次々と明るみに

金融機関のローン審査が緩すぎるのが負債の増加の原因だとして融資規制を強化 → 中小企業自営業者の延滞率大幅アップ&資金が借りられずヤミ金や高利子ローンへ流れ負債額がさらにマシマシ 

 

ざっとこんな感じである

 

特にこの中で一番危険なのが最後融資規制である

上でも触れたが、韓国家計負債額はかなり危険レベルに膨れ上がっており、韓国サブプライムローン危機の前夜とも言われている。

文政権も一応これに対応するための政策はおこなっているのだが、それがことごとく裏目に出ているのが現状だ。

中小企業自営業者金融機関から借りている負債額があまりに大きいため、安易融資を減らすようにとしたが、景気が良くない中でそんなことをされたら借りる側には死活問題である

結局高金利なところから借りるしかなくなり、借金ますます増えていくという悪循環に陥っている。

 

もちろん融資規制監査の強化などそれ自体は悪いことではないが、ただでさえ経済にとって好材料がまったくない中でそれやるか?という話で…

こういった経済から批判(と悲鳴)にもめげず、「我らが韓国経済大成功している」と高らかに宣言した文大統領

韓経:文大統領「我々の経済力に自信を持ってよい」 | Joongang Ilbo | 中央日報

彼の元で韓国がどうなるのか、日本他山の石として見守りたい。

2019-05-18

[]F-35騒音レベル

「どうにかしてほしい」市民から悲鳴 普天間飛行場過去最高の124・5デシベル 人間の聴力の限界に迫る騒音 https://ryukyushimpo.jp/news/entry-920407.html

細い高出力エンジン2基を抱え騒音レベルの高さに定評があるF/A-18日常的に使用しているであろう普天間飛行場F-35が飛んだからと言ってそんなに騒音が気になるのだろうか?

しかもうるさくなりそうな離陸時ではなく着陸時だという。

F-35は垂直離陸ができるF-35Bだという。

ということは騒音計即時は垂直着陸していてその垂直着陸が尋常じゃなくうるさいのだろうか?

F-35は通常の使い方をするなら過去戦闘機よりずっと静かだが、フルパワー時は過去戦闘機より大きな音を出すという記事を見かけたようなうろ覚え。そこらへんから探してみるか。

よその航空基地だと写真家が飛来した機体をいろいろアップロードしてる気がするのだけれど、普天間に関しては全然ないんだな。

2019-05-17

https://anond.hatelabo.jp/20190517124852

AEDを一旦スタートさせたらやっぱりここまでしなきゃいけないんだ。こりゃ男が女性を助けるのはキツいよ。男性女性の胸を服の上から触るのは、女性が男のチンコの皮を剥くのと同じくらいの難易度。』

『あの良識派はてなーたちでさえ、容姿悪い男性が他者を救助している風景には悲鳴をあげていた。おっさん女子中学生の胸を触って救助活動していたら、大抵の人は嘲笑非難するだろうね。』

https://twitter.com/Masuda__Kotatsu/status/1127796091468992512




『いわゆる「勝利キス」ってやつだね。でも、こんなものを「良きもの」として展示し続けてる間は、女性たちはレイプされ続けるだろうね。女性たちは「ファック」され続けるだろうね。』

https://twitter.com/Masuda__Kotatsu/status/1129307116508917760




フェミニストはなぜ女性上位の作品評価しないのか? 「女体は恥ずかしいものだけど恥ずかしいって言わないで!」というワガママ

http://masudamaster.hatenablog.jp/entry/2017/12/03/112100




.

健常者だけども駅のエレベータに乗せて欲しい

https://anond.hatelabo.jp/20190515155913

ベビーカー通勤を1ヶ月間してわかったこと(都内30代男性の話)

エレベータを使う人への批判があった。ブコメにも、

手ぶらエレベーター乗ってくるやつは共通の人相してる」「健常者は禁止にして欲しい」「エレベーター乗るやつには殺意覚えてた」

といった過激派がいて、そこまで恨まれていたのかと知って怖くなってしまった。

私は、20代で歩くことには支障がない。が、エスカレーターに乗れない時期があった。

から2年前の話。

日中の空いている時間帯、地下鉄駅と地上を結ぶ長いエスカレーターに乗っていたところ、

上の方でドンドンドンと破裂音と共に悲鳴が聞こえてきた。

驚いて前方を見上げると、前の人がスッと端に寄って

視界に写ったのはスーツケースだった。上の方で誰かがスーツケースを落として

それが降ってきたのだ。

幸い私も間一髪で避けて、後ろに居たあと1人も避けたので怪我人は居なかった。

ただ、あと一歩避けるのが遅かったら…ラッシュ時間帯だったら避けれず

私は死んでいたかもしれない。

階に到達したスーツケースは、すぐに止まらず10mは滑走していた。

相当なスピードが出てたと思う。

今でもあの光景と音が脳裏に焼き付いている。

それからしばらくの間、私はエスカレーターに乗れなくなってしまった。

時間が経ってだいぶ慣れてきたから今では普通エスカレーターなら乗れるようになったが、それでも数階分の長いエスカレーターに乗るときは、

手に冷や汗が出てくるようになってしまった。

近くにエレベーターがあるときエレベーターを使うようにしている。


エレベーター乗っているときはさすがに静かにしているし、ベビーカーの人がいて満員になりそうだったら順番譲ってるけども、

友達と一緒のときは、元気そうに友達と喋りながらエレベーターを待機してた。

けど、これからは元気そうにしてたら恨まれると気づいたから、下を向いてお腹を抑えながら乗るしかいかなぁ…

2019-05-16

anond:20190516175436

肉食禁止令を出したい人は解体される動物悲鳴を上げるビデオを流すデモでもすればいいのにね

2019-05-12

毛虫の季節

もうこれで3年目。大学への道沿いに森があって毎年この時期になると毛虫が大量発生する。みんなその道を通るので毛虫を服につけてくる。講義中に悲鳴が聞こえたら大体は毛虫が原因だ。毒は無いらしいが見た目が気持ち悪いので害虫扱い。そらそうだ。音もなく目の前に鮮やかな色の毛虫が落ちてきたら不快の極みだ。

問題なのが帰り道だ。ヤツらは気づかないうちについてくる。帰宅してベッドに直行なんてしたら毛虫にボディープレスをかけることになる。部屋に入る前に用心深く振り払ったとしても必ずヤツらは付いている。対策のしようがないんだ。夏の終わりまで続く毛虫の季節は諦めるしかないんだ。

2019-05-08

彼女さえいれば他には何も要らないと思っていたのに

実際にはお腹がグーグー悲鳴をあげている

2019-05-07

anond:20190502174436

連休中の電車内はひどかった。

めちゃくちゃ混雑していても、ベビーカー戦車)をたたまない兵隊が多かった。

小さい子なのだからつの座席に二人座れるだろうに親子4人家族は横に寝転がっていたり、ひとり1席を死守していた。

乗客家族連れが多く、駅にとまるたび子供が何人何人もなだれ込んできてから、ようやく座席を1つだけ空けるかと動く兵隊

もっと早くに子連れが多いことくらい、気づいていたはずだが、そんな親に育てられた子供がまともになろうはずがない。

 

そうかとおもえば、老婦人が並んで座っていて、彼らが降りようと立ち上がった席に猛然と立ちふさがる婆、自分がすわりたいがために降りる老夫婦への配慮ゼロ

他の乗客から「降りる人が先ですよ?通してあげて」といわれた婆は立つ瀬がなくなったのか、離れているのに遠くの子連れをむりやり「ここ!席!」とひきずりこむから、混雑して斜め?になっている乗客悲鳴をあげる。

「このあたしが、ゆずってあげたのよ!!」といわんばかりに婆が、お礼をいう親子連れドヤ顔

 

泣き叫ぶ子供無視してスマホをいじり続ける親の多さも目にした。

つり革、手すりに掴まらず、スマホを握り締める、スマホしか自分世界がない哀れで無様な人間ばかり目についた。

 

東京地獄だな

2019-05-06

風呂腕時計カメラ←この世の悪は全てが男から出発している

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12274-266386/

男がいなければこの世に戦争は起きず鳴き声も悲鳴もうめき声もなかっただろう

小学生の時、夜中トイレに起きたら、階下から女の悲鳴が聴こえてきた事があった。

なにがなんだかわからずただただ怖くて布団に戻って、トイレに行きたかったけど怖くて、どうしようもなくなって我慢限界が来て布団の中で漏らして、当然親にクソ怒られた。

今思うとあれ、親父がAVを見ていただけなんじゃないかなって思うんだ。音漏れに気づいてなかっただけなんだ。

付き合っている彼女に隠れてAV見てたら、イヤホンがきっちり刺さってなかったのでバレて、改めてそう思った。助けて

anond:20190506030948

いずれにしても元増田の「人を救う」からは遠い立ち位置になってるってことよ。今の仏教僧侶って。

対して、あちこちで苦しんでるって悲鳴を上げて、誰にも相手されないってやつは多くいる。

そういう奴に声をかけてやるぐらいでいいんじゃないかと。まっとうなやり方で商売にできそうなのといえば執筆業ぐらいだと思う。

執筆業に加えてセミナーってのはまだあるかもしれんが、苦しんでる奴というのはもう基本モンスターみたいになってる上に、

同業者はもう救うのではなく、ただ依存させて金をせびるような連中ばかりとなってるし、そいつらと同列に見られる。

救う方も救われないよ。まあ、僧侶でも商売になんてするもんじゃない。

2019-05-04

結婚前に住んでた実家自分の子供部屋で、

おもしろい人たちと楽しく会話していた。8〜10人くらい。

入れ替わり立ち替わり、入ったり出てったりしてた。

夜になって、女の子の一人が眠いって言って寝始めて、

気にせず会話したりしてたんだけど、夜中の2時くらいには静かになってて

起きてるのおれだけになって、構って欲しくてちょっかい出してたんだけど

その中で女の子が一人、「帰りたいんだけど」って言い出して、

じゃあ送ってくよって二人で静かに抜け出した。

から出てすぐ家どっちって聞いて、

あっちって言ったらあっちの道行って、

こっちって言ったらこっちの方行ってとかやって、

そしたら「(遠いちほー)の彼氏の家に行きたい」と言い出し、

じゃあググったら最短で行けるよみたいなこといってその子スマホで調べてこっちだーって行こうとした。

すると後ろからお袋の話し声が聞こえてきた。

隠れなきゃーと思って少し急いだら追いつかれそうだったから近くのでっかいマンションみたいな建物に二人で入った。

3階まで上がって部屋に入って聞き耳を立ててると、お袋と弟がおれを探してたっぽいくて、

いやーでも四国まで送んなきゃなーと思ったから行こうとした。

の子スマホ荷物返して下まで降りてく途中、人がいたから隠れた時にはぐれちゃって、

ちらっと外見てタイミング見計らって外にでて、しばらくその子を探してたら

待ち受けてた両親に捕獲された。

なんで居場所が分かったのか聞いたら、

あそこから「ちらっと外見てタイミング見計らって」たところを

見つけたんだと言われたんだけど、そこから見ても

木に隠れて建物が見えない。というかあの建物完全に廃墟なんだけど。病院?かな?

早朝の通勤っぽい人もいっぱいいたしマンションだと思ったっていうか駅かなんかみたいだったなって思ってたのに。

まあそんなタイミングよく見られてたら捕まるほかないよなって妙に納得して、どこ行こうとしてたんだって言われたから(遠いちほー)に行こうとしてたんだー、助けてあげようとしてたんだーみたいなこと言ってたら、

そういえばさっき駅でオバケが出たんだってーってお袋が言って、親父も「そうそう、男の人が30cmくらい浮いて落ちたら電車故障して止まったらしいぞ」みたいな変なこと言ってて、

そこで夢だって気付いたら怖くなって、夢の中で悲鳴をあげたら

自分の気の抜けた「ぅゎあぁぁ」みたいな寝言で目が覚めた。そしたらラインきて。見たら妻からで。

そういえば一緒にいた女の子名前と妻の名前が一緒だったなって。別人なんだけど。

anond:20190430212321

こんなことがあって今実家に帰ってきてるからとても怖かったというか、夢って結局自分自身の妄想なんだなと思った。

2019-04-30

令和、瓦解の時代

谷口ジロー氏の代表である「『坊っちゃん』の時代」の作中で夏目漱石森鴎外の会話中に「明治維新」を指して「瓦解」と言う場面が出てくる。

社会的崩壊という意味も含むだろうが西洋に学び西洋を受け入れるなかでしか西洋距離をおきたいという(有り体に言えば保守的な)二人の心情から出てきた言葉といったところである

これから令和という時代を迎えるにあたってとりとめもない思考を繰り返すなかで社会がどうなっていくかと考えていくと、どうしてもこういう「瓦解」と呼ぶのが相応しい時代になってしまうのではないかと考えてしまう。

例えば以下は自分TwitterのTLに流れてきたものだ。

令和7年:日本人口の3分の1が65歳以上に

令和17年:介護人材の不足が80万人前後

令和30年:日本人口が1億人を割り込む

令和42年:日本人口の2割が80歳以上に

これは要するに対策をしなければこうなってしまうという数字で、今もなし崩し的に入れている移民の推移で変わってくるものであろう。

そして、この上記の間違いなく持続不可能社会を望まないのなら好むと好まざるとにかかわらず令和の時代は大量の移民流入し昨日と全く異なる社会にならざるを得ないのである

人口一つとってもこの調子である

十中八九維持できない社会保障は?予算も人も足りずに悲鳴を上げている安全保障は?令和を迎えるまでもなく瓦解寸前の学術研究は?移民を入れても給料の良い都市部に逃げられる地方圏の農村は?。増税でおそらく冷え込む内需と輸出偏向経済方針は今後も持続可能か?。

誰だかは忘れたが平成を「昭和を終わらせられなかった時代」と評したがさもありなんといったところである。故に瓦解、あるいは悪くすれば崩壊することになるのだろう。

しかし、時代としてはそうだが人によってはそんな暗いものでもないのだろう。

明治維新を機にに大成して我が世の春を謳歌した平民資本家も数多く居たように、生活が大きく向上できた移民や時流に乗れたベンチャー企業経営者等には素晴らしい時代になるのかもしれない。そこに私は含まれなさそうなのが悲しいところだが。

2019-04-28

anond:20190425182402

もう辞めていいと思うよ。十分がんばった。

身体だって悲鳴あげてるじゃん。

会社にとってあなたの代わりはいくらでもいる。

でも、家族友達にとって、あなたあなたしかいないんだよ。

2019-04-25

anond:20190425101508

悲鳴騒音で何かが起こった事はわかっても何が起こってるのか把握するには数秒では足りない

2019-04-24

もー!生理なんて嫌!!

具合悪くなるし、何より気持ち悪いのはアレ!!アレよ!!!なんだと思う??ゼリー状の血の塊がドゥルン!ドゥルン!出てくるやつ!!!ワーーーー!!!って毎回悲鳴上げたくなるよあれ!!!

「私エイリアン出産したんかな!?!」って思うよ!!エロ同人のちっちゃい触手出産みたいなので女の子キャラビックリする気持ちわかる!!エイリアン出てくるとビックリするよね!!!わかるーー!!

何が楽しくて毎月こんな陣痛みたいな痛み味わってきったねえ血のエイリアン産まなきゃいけないのかって思うわ!!!!生理かいう謎のバグの早急なアップデートがのぞまれます!!!

2019-04-22

anond:20190422174820

サンダーボルト事件で周囲の乗客は男に眼光ビビッて悲鳴を上げて助けを求める女性をだれ一人助けなかった

通報者もゼロ

これが日本

ただ電車に乗っただけで男に強姦される怖い国

応援してる選手が負けるの好き、わかるやつおる?

昨日RAIZINで大雅負けたんだわ。これからみる奴がもしいたらすまんな。

大雅って選手は、十代からずっと注目されてた選手キックボクシングな。彼は高校生くらいかプロリングにあがって、旧K-1の頃からリングに上がってたベテランおっさんたちをボコりまくってたんだよ。

初めての敗けがベルトのかかった試合の時。キックってしょーもないベルトいっぱいあるんだけど、取れたらほんとにすごいベルトな。

最終ラウンドまでそこそこいい勝負してて、判定だとどっちが取るかわからんなって試合でさ。相手の前蹴りを払ったら、くるっと回られて裏拳どーん。汗が飛び散り方が、打撃のエフェクトかよってくらい激しかった。

痙攣おこしつつ失神して負けた。

ちなみに五年前な。そんとき相手はそっからまだ負けなしの化け物チャンプ

そっから重要な場面でいつも負けるんだホント

そのあと、タイトルがかかった試合が三度あって、そのうち二度負けてる。四回タイトルに挑んでるんだ。

一度目はさっき言った、初敗戦相手。二度目は一回完封勝利したはずの相手に失神させられた。

チャンピオンになるってのは、団体の顔になれるかどうかがかかってる。それを合計三度落としちゃったんだよ。初敗戦、再戦、勝ったはずの相手の三度な。

四度目にようやくタイトル取って、チャンピオンになったけど、そのすぐあとの試合ワンパン失神KO負け。

強い時はもう、残酷なくらい強いんだ。

スペイン人としたときは凄かった。ヨーロッパ系に多い、長い手で打たれたくないとこをすっぽり隠すガード。これの上を優しく蹴ったり打ったりして、殴り返してきたとこにカウンター

予告KOしてたから、そこに合わせるように連打かけて相手の心をへし折った。

そんとき衣装と相まって、相手の手が届くはずの場所を、嘲笑うみたいに飛び回る。届かないはずのとこから飛び込んで、腹や顔を殴る蹴るして、心を痛め付けた。

観てた時は、こいつがチャンプになって何年守るかって思った。

ビッグマウスで自信家で、若くて、何よりめちゃ強い。

それが目を泳がせながら、リングバタつく。脳が揺れて地面のむきもわからず、視線が泳ぐ。失神して痙攣し、よだれをたらしながらレフリーに支えられる。

勘違いしないでほしいけど、応援してる。勝って欲しいよ。昨日大雅が右フックもらった時は、悲鳴あげた。負けると胸が締め付けられるように苦しい。

まだ22才、ひとによってはデビュー戦でもおかしくない年齢だよ。それがもうベテランキャリアを積んでて、強い。

強さに見合ったはずの自信が、ワンパンで粉々になっちゃう。

ここんとこの彼は絶っ不調で負けまくってる。

勝って欲しい。マジで

でもどっか、心のどっかで、負けても欲しい感覚がある。失神負けしてキャリアが行き詰まる様が見たくもある。

わかるやつおる?

2019-04-18

関西の桜は強い

そのへんにある桜並木が好きで、春はとくによく見上げながら通る。

今年もたくさんの桜が満開になり、今は葉桜になってこれもまた風情があるものだ。

ただ今年の風景はなんか違う。

例年はいつも桜で空も見えないくらいに埋め尽くされるのだが、

今年はところどころ青空が見えていた。

青とピンクコントラストはとても綺麗だ。

でも根元を見ると痛々しい光景が広がっている。

去年の夏に襲った台風被害は、多くの木をなぎ倒していった。桜も例外では無い。

6月大阪北部地震が起こった。

「最大震度6弱大阪を襲った」と言うと大災害を予想していた人が多いし、今も違う地方の人に去年の地震大丈夫だった?と言われる。

かに被害が出たところは大変だったし、命も失った。

しか被害を比べるものではないが、北部地震被害範囲は相当狭く、その分周辺が助けることができた。

自分たち関西人)でなんとかできたというのが正しいのかもしれない。

そのせいか、あの地震体験してもなお関西大阪近辺)に住んでいて記憶に残っているのは台風のほうだ。

9月に襲った台風は、地獄のようだった。

あんな音生きていて初めて聞いたし、竜巻の中に何時間も閉じ込められたようで、近隣から悲鳴が聞こえるし、停電するし、外にあった物は飛んでどこかに行ったし

停電した街はまるで現代日本とは思えず、信号は下に落ちたり垂れさがったりで真っ黒で、上にあるはずの看板は足元に転がり、

営業不振で数日前に閉めたばかりのスーパーシャッター破壊され店内はぐちゃぐちゃで、閉店してよかったねと言ったり、

充電難民が小さな商業施設に集まり、夏だったのでクーラーも使えない中で外で涼むしかない人が溢れ、

唯一あいていた店内も薄暗く、足もとには瓦屋根が砕けて落ちていて、頭上注意の文字がたくさん並び、みんなが溜息をついていて、

宗教政治をする党員私たち支援をしています、とよくわからないことを言いながらスピーカーマイクで歩きながら宣伝し、

それでも阪神淡路ときみたいに何千人も死ななくて良かったねとお婆ちゃんたちは道で話していた。

停電状態は長いところで1週間から2週間続いた。神戸震災でも1週間だったのに、被害が広くて手が回らない地域があったのだ。

道路一本挟むと停電地帯が広がっている、不思議光景だった。

水道が止まった地域もあって、真夏に水汲みをしている人たちがたくさんいた。

そんな感じだったので、今年の桜は折れ曲がった状態で半身を失くし、完全に裂けているものも多い。

その状態で花をつけて咲いているのだ。生命力に本当に驚いた。

ただ、都会で駅前や街の中心部だというのに、その脇には片付けられていない木の山が今も残っている。

公園の木もそろそろ撤去しないと、子どもたちが遊んで怪我するかもしれない。

からこの光景が見られるのはもう少しの間かもしれない。

生きていても人間が切ってしまうだろうし、仕方ないことだ。

桜を見てこんな気持ちになって、あの台風を思い出すのは多分そんなに長くは続かない。

まして他の地方の人からすればあの年の関西と言えば地震台風と言う人も多い。

からそれに流されて、そのうちこんなこと忘れるだろうと思う。

風化させないことが大事だとは言うが、それはそれとして、いくら忘れたくなくても、忘れるものは忘れるのだ。

からこうやって思ったことを書いて残しておこうと思った。

しかしこんなこと自分ブログに書いてもキャラが違うと言われてしまいそうだ。

増田に書くしかない。

ありがと増田

関西の桜は今年も咲いたよ。

まぁきっと増田に書いたことも忘れるんだろうけど。

2019-04-15

anond:20190415151830

その「哀れな男の悲鳴」を黙殺するなら、それはいずれ「哀れな男の怒号」に変わるだろう。

2019-04-09

anond:20190409045845

人間動物迷惑をかける点ですが、フウチョウたちが「確かにヒトのおかげで助かったケモノもいるが、ヒトが不用意に近づいたばかりに、迷惑するケモノもいたかもしれんぞ」と明確に問いかけてるんですよね。これに対するアンサーは必要であり「テーマとして昇華していない程度の示唆」で終わらせるのは無理があります

しかに。フレンズの選定や居心地の悪さ、フウチョウの問いかけも含めると、制作意図があったのは反論しようがないです。ならば、それをテーマに絡めることを諦めたというのはどうでしょう。ここ最近の界隈の雰囲気を見ると、けもフレ1でさえ信者とまで言われるほどの熱心なファンに「へーきへーきフレンズで得意なこと違うから」「のけものはいない」のような世界観を教える事はできなかったわけじゃないですか。結果論ですが、船長ワカバが休んでれば赤い木の騒動なんて起こらなかったのに、それを作ってるたつき監督自身が過労気味なわけじゃないですか。物語を使って視聴者特定の行動を促すというのは実は無理なのではないでしょうか。おっしゃったアイデアにあったようにキュルルちゃん人類の罪を贖罪してしまえば、見ている方はスッキリした気分になってしまって何か教訓を得ることはないということです。制作サイドに人間が歪めた動物について考えてほしいという善意があって、それをエンタメ物語に乗せて実現させるための方法として、示唆で止めておく手段を選んだ。いかがでしょう。

俺は、ビーストは死んでないと思います。そこにけもフレ2の作劇の方針がみてとれる気がするのです。個人的にはビースト周りのドラマはなかなかに心揺すられました。パークの重鎮のかばんさんさえ”アイツ”よわばりする厄介者イエイヌを追い詰めサーバル撃退されたけど、スケッチブックの集合絵に入れてあげた。「解りあえなかったとしても、解ろうとするのは別にいいじゃん」、ボートに現れたビーストから逃げることを促されてもこのまま行くと言い切る。キュルルちゃんの思いが言葉だけじゃなく行動になるまでに固まる。それでビーストが大暴れするので気持ちいいわけです。このドラマ普通に決着させようとすると、うーんたとえば、瓦礫の中にビーストを探したが見つからず、足跡がパークに続いてくのを見て「いつかまた会おう」とひとりごちる、とかになるでしょうか。でもそうせずに瓦礫に埋もれて消える描写にした。ホテルメンバーの救済のために尺が足らなかったのかもしれませんが、俺は刮目してみていたので気づいていました。ホテル屋上のあの位置は頭上に障害物はなく、瓦礫に埋もれたのはカメラのほうだと。つまり誤解させる演出になっているわけです。多くの視聴者初見で、ああビースト死んだのか可愛そうやな、とおもってSNS悲鳴を流します。それで解析班が動いて「ビースト死んでなかった!」という記事ホットになる。木村監督は交代時に、けもフレ1の魅力は散りばめられた伏線、のようなことをおっしゃってたと思いますネット考察版が動くことを期待して放映後に爆発する仕掛けを組んだというわけです。エンタメ作劇的には王道ではないでしょうが、このような狙いがあったのでは。

俺はけもフレ1・2・ケムリクサすべてで、伏線や回収、世界観の開示などを目を皿のようにしてさがし、それに理屈をつけるような見方をしています。それで楽しめていますけもフレ2では話の途中に掛け合い漫才みたいなのが頻繁に入ってくるので、その部分もニコニコながら見ていました。確かにドラマとして登場人物紆余曲折が一つのテーマ収束していく様はあまりけもフレ2にはないですが、その部分に多くを期待しない鑑賞スタイルには合っているような気がします。

何話か見返したのですが「キュルルの手がかりの絵が尽きた」ことが描かれたシーン

一話の最後スケッチブックをめくり千切られたページを目にするシーンがあります。状況的にあそこでは手がかりを見つけるために捲っていたのであのページが最後になることはキュルルちゃんは判っていたと思いますホテルでリョコウバトに集合絵を渡すときに、観覧車の次のページに集合絵を描いていて、その次が白紙であることが一瞬見えます

キュルル自体の魅力が損なわれ、作品自体への評価が下がります

キュルルちゃん立場から見て、イエイヌ価値観尊重してああ言ってあげる、というのは悲劇トリガーには観念的にはなっていますが、無責任・悪意のある行動には思えないです。カラカルが介抱していて危機的状況から開放されて安心しているという状況です。みため年齢的に見ても致し方ないかと。キュルルちゃんは魅力的なキャラクターとして描かれていてそれは成功していると思っています。この扱いで好感度が下がる合理的理由はないでしょう。

強敵との戦いをどう盛り上げるか、逆転を、どう印象づけるかの工夫がありますフレンズセルリアンとの戦いは、あまりそうした工夫がなく、盛り上がらなかったです。それなら誰かが「野生解放!」と叫んだほうがわかりやすいでしょう。

けもフレ1では仲間に呼びかけるために、野生解放宣言していますけもフレ2の該当の戦闘ではそのタイミングで一対一だったので言う必要がなかったのもあると思います。突然漫画演出になるのはリアリティが下がって興ざめするので、盛り上がるためだけに叫ぶのは良い方針ではないと存じますしかし確かにセルリアンとの戦闘けもフレ2全体で退屈な仕上がりになっている印象は否めないです。制作なりに「優しい世界」を目指した結果ではと考えています戦闘けもフレ1に比してもピンチ感は少なくなりました。見返したときに緊張感が高くならないようにあえて戦闘テンションを抑えたということです。最終戦での野生解放が叫ばれなかったのを考えていたんですが、する必要がなかったというのが答えだと思いますホテルメンバーが囲まれたのがおそらく最大の危機的状況ですが、そのときにおいてもホテルに現れるペパプを妄想していました。いよいよとなれば解放する気だったのでしょうが、ペパプ本物が登場して救われる流れになります

最終話評価は、それまでの1~11話の評価と切り離せないものですので。視聴者に信用されるために、制作者側は信用を積み重ねる必要がありますが、そこがうまくいってないわけです。

セルリアン集合シーンはけもフレ1の名シーンほどの決めカットではないです。先に申し上げたとおり、あの状況ではああいう絵にしざるを得ない、共通性を見出すのは無理矢理のこじつけですよ。信用がないと言うより、悪意があると信用されていた、というほうが実態に近いと思います監督交代騒動のツケを支払わせるために問題表現を探したというこです。たしか結果的には新体制が信頼を積み上げることに失敗した、というのは同意します。しかしその責任制作側にあったとまでは言い切れないです。ところで、けもフレ1でたつき監督が序盤で信頼を積み上げるような何かをしていたか、というのはずっと考えていました。一話で退屈と断じて切り捨てたという視聴者はよくいるし、伏線-回収のループを重ねていけば意味のあるシーンを作れる作家だとわからせることができるけど、そういうのってしてましたっけ?

キュルルのおうちが、見付からなかったことに、消化不良があります。次に、キュルルが「おうち」を諦めるに至る過程曖昧なので、ドラマが盛り上がりません。

けもフレ2では現実的な厳しさを書いたのではないでしょうか。けもフレ1へのアンチテーゼというか、ご都合主義的ではない、よりリアル世界観フレンズ同士の親切心を浮き立たせたかった。一話を見てパーク内にキュルルちゃんのおうちがあるような気はしないわけです。家族の元に帰ってENDは想定しにくい。案の定見つからない。イエイヌは救われない。ビーストはどうしようもない。でもそれぞれに現実的な進展が与えられるわけです。エンタメ文法でみるとドラマとしては盛り上がりに欠けるでしょうがスッキリとしない視聴感がビターな感じはあると思いますケムリクサでの最終話EDの、りりが救われた風の描写は俺に、感動したけどこれ結局お話に過ぎなかったんだな、という思いを与え、肩透かしでした。

ところで、けもフレ1のテーマは何だったのでしょう。かばちゃん成長物語と捉えると、1話では彼女は頼りないですが、11・12話で存在感を見せつけたという感じであまり変化がない。ミライさんのフレンズ生存理由になったり細かい伏線の繋がりは合ったのはわかります。それぞれの話でドラマが見事だったのも異論ないです。でも全体としてのドラマどうでしょうケムリクサは逆に全体としての物語性が強いです。けもフレ2は両方のフレーバーを持っている。その話での起承転結と「おうちテーマ」のための全体の流れが合わせて練られている。イエイヌが”おうちにお帰り”といって拒絶されるのは全体のために必要だけど、イエイヌ回単体ではキュルルちゃんサーバルカラカルの在り方を見せられて自分との違いを見て挫折して去る、くらいでよいわけです。ただ各話においてフワッと見ているだけではドラマとして盛り上がりに欠ける、というのは改善余地は合ったかもしれませんね。

批評として使うなら、定義必要になるでしょう。

いえ、今はまだ固まっていない段階です。その正体をつかめない段階で用語意味を固定してしまうと先へ進むことができなくなるでしょう。必要ときにその都度「この作品のこの部分は優しい世界か?」「優しい世界とはなんだ?」を繰り返して意味を掘り進めていくべきです。

スギスを狙ったのなら、作品の出来とは別にマーケティングミスです。そういうのは事前に告知して心の準備をさせるのが良いかと。

絵柄が大きく変わっていることは初見でわかりますSNSで憤慨しているファン監督交代騒動は耳にしていたはずです。ファン必要以上にセンシティブになり、前と寸分違わず同じもの要求した、そのように見ていますけもフレ2も最初からスギスしていたわけでなく、センちゃんアルマーさんの実態ジャングルメンバーなど、段階を追っての開示になっているとは思います(話がずれるかもしれませんが、「危険きわまりない溝ができています!」は、好き嫌い分かれるネタを初っ端から突っ込んできたな、と思いました)。

付録

スギスした作品はギスギスした作品で楽しめる人も、癒やし系作品の続編として出されると「思ったのと違う」ってなりますよね。ラーメン屋いったらサンドイッチが出てきたみたいなもんで。

面白いので http://blog.livedoor.jp/fukukan2009/archives/52307013.html 及びその次の記事より引用します。

別の場所コメントでは「カレーを頼んだのにXXXが出てきた」といっている人もいました。俺は「カレーハヤシライスビーフシチュー」くらいの印象です。

2019-04-08

アイドルで「妄想」する界隈について

私はある男性アイドル推している。彼はある人気アイドルグループの一員で、すっごくカッコよくて綺麗な人だ。

まだ推し始めて日は浅いけれど、大好きで、ずっとこの人を応援し続けることができたら人生楽しいだろうなって思っている。

さて、私が彼と彼の所属グループ推し始めてしばらく経った頃、ツイッターで気になるハッシュタグを見つけた。Twitter検索バーグループ名を入れて検索したときのことだ。そのハッシュタグがどんな表記かはここには詳しく書かないが、とりあえずグループ名は入っている。それを押して、私はびっくりした。

そこにはいわゆる夢小説が表示されていた。

アイドルと、彼の架空彼女とのやりとりが「妄想」と称して大量に投稿されていたのだ。

正直めっちゃ萌えた。私は元々2次オタで男女カプが大好きなので、萌えないわけがなかった。

「わかる 〇〇くん彼女たらこういうこと言いそう!」

「あ~、あの子そういうとこある!!!」と大変楽しく読ませてもらった。

しばらくは楽しんでいたけれど、あることに気づいた。

時々privetter上でフォロワーに対してしか公開していない妄想があったのだ。

それらの多くには〈裏〉と記載されていて、アニメオタク時代2次創作も読んでいた私はすぐピンときた。あ、エロいやつか、と。ちゃん棲み分け出来ているんだなと感心しつつも「18歳未満の閲覧を禁じます」の表記がないことに引っかかった。匿名感想を見る限り高校生以下の子も閲覧しているようで、ますます引っかかった。これは女性向け2次元コンテンツ創作界隈ではありえないことで、発信側が過剰なほど18歳の線引きをするのが当たり前だった(と思う)。制限けが甘ければ匿名意見投稿フォームに苦情が届くのも日常茶飯事。そんな界隈にいた私にはびっくりだった。(年齢制限については界隈によって甘いところもあります。)

一番やばいと思ったのは堂々とTLに〈裏〉的な「妄想」の本文を載せている人だった。鍵垢でも何でもない公開アカウントで、グループ名が入ったハッシュタグをつけてエロい妄想」を投稿している人がいたのだ。当然検索に引っかかることもある。最悪だ。

TV雑誌を見て気になった一般層が検索をかけた時にこれらの「妄想」を見たらどう思うだろうか?

十中八九ドン引きするだろう。

このアイドルファン気持ち悪い、というイメージを持たれるかもしれない。

そうなると、推しの顔に泥を塗っているようなものだ。

どうやらこの「妄想」界隈は最近お騒がせらしく、「書き手」が設置した匿名感想投稿フォームに「キモい投稿やめろ」「〇〇ファンの恥」などのコメント罵詈雑言と共に送られて来て「書き手」を辞めちゃう人もいるらしい。

推しに「国民アイドル」になって欲しいファンからしたら、一般ウケが悪くなる要素を排除したいと思うものだろう。言葉遣いの悪さは褒められたものではないが、主張は分かる。

私もモラル違反した「書き手」と「読み手」の間で時々繰り広げられる「そんな酷いこと言う人無視して下さい!これから投稿待ってます♡」「そうだよね!悪いことしてないもん!」という茶番には頭を抱えてしまう。

悪いことをしていない、と主張する人には、彼らがそれを見たらどう思うかを考えて欲しい。

まだ若いうちから胸キュン」と称して画面の前のお客さんに向けて甘い言葉を囁く彼らは、若干意味は違うけれど色恋営業が当たり前の世界で生きている。

それでも、ベッドの中のことを妄想されているっていうのは気分が良いものでは無いだろう。例え雑誌インタビュー等でそういった内容に言及していても、だ。

どうしてもピンとこないなら、性別を置き換えて考えて欲しい。男性アイドルについての「妄想」の「書き手」「読み手」には女性が多いだろうから女性アイドル男性ファンに置き換えてみよう。アイドルじゃなくてもいい、女優でも、女性声優でも、女性芸能人ならなんでもいい。誰か1人でいいから思い浮かべて置き換えてみて欲しい。

ある男性が、自分の好きな女性芸能人は、ベッドの中で恋人とどういうことをするだろうか、恋人にはきっとこう奉仕するだろう、あんなことをされて悦ぶだろう、と時にインモラルな内容も交えながら「妄想」をし、それをインターネット上に垂れ流し、その女性芸能人の目につくかもしれない場所投稿している。

キモいなと思った人もいるのではないだろうか。

私は正直キモいと思っちゃった。

彼らはきっとエゴサもしている。人気商売だし、マーケティングとして必要なことだ。グループ名や個人名で検索をかけただけでそんな内容が引っかかってしまったら見ない権利行使できない。あまりに酷だ。

一度この「妄想」の楽しさを知ってしまったファンたちは、もう辞められないだろう。多分かなり昔からこういう「妄想」の投稿はあったみたいだし、今更辞めろとは言えない。

でもせめて、一般人や本人たちの視界に入らないように、何らかの対策を練ってはもらえないだろうか。

さて、ダラダラと書き連ねてしまったので提案をまとめておこう。

1.「妄想」の検索ハッシュタググループ名を入れるのは避けたほうがいいのではないか

2.アイドル未成年ファンの目につく可能性を考慮し、特に卑猥な内容は鍵付きアカウントやprivetterなどへ投稿したほうがいいのではないか

ハッシュタググループ名が入っていたからこそ私は「妄想」の存在を知ったし、それらから萌え享受したわけで、散々楽しんでおいて何を言うか?という感じではあるけれど、私たちファン萌えのせいで彼らの気分を害してしまうことは絶対にあってはならないと思うので、こうして意見をここに書かせてもらった。

ちなみにここからは私の恥ずかしい話。

もう少しこのダラダラの文章に付き合っていただきたい。

小学生の頃、多分4年生くらいの時、そういった〈裏〉の「妄想」に出くわしたことがある。

ある女性が夜歩いていると、人気のない路地で男に急に口を塞がれ、男に身体をまさぐられる。悲鳴をあげようとしたけど出ず、男の手はどんどん服の中へと入っていく。それがだんだん気持ちよくなってきて、男の顔を見ると、なんと超人アイドルのAくんだった!びっくりしている主人公に彼は「エッチなこと、好き?」と聞いてきて、こくりと頷くと、そのままーー。という内容であった。

実際の文はもっと過激だったけれど、私じゃ上手く書けない。私は別に書き手」じゃないので。

書かれていたAくん(仮名)は当時人気絶頂アイドル

クラスで観ていない子はいないような人気ドラマに出演し、その後もドラマバラエティ音楽番組にひっぱりだこ。妄想の設定もアイドルのAくんそのままで、もちろん実名のまま。

ならいわゆる「夢小説だってハッキリわかる。ただ、当時の私はちょっと耳年増だったけれど、それでも純朴な女子小学生だった。すっかりそれを事実と信じ込んでしまった。本当にアホ。

それ以降しばらく、アイドルの彼をTV雑誌で見るたびに「この人街ですれ違った女の子を触るようなエッチな人なんだ」って思うようになった。後にこのことをふと思い出して「あれって夢小説だったんだ」って分かったのも、事実だったとしたら普通に犯罪だってことに気づいたのも高校生になってからだった。

さて問題女子小学生である私が一体どこでこの「妄想」に出くわしたかだ。

「このサイトは✕✕(グループ名の隠語)のAくんについての裏妄想が書かれているサイトです。苦手な人はブラウザバックしてください。入り口はコチラ↓↓↓」というワンクッションがあって、それを無視して私が閲覧したなら私が悪すぎる。わからないボタンを押すのは危険行為からだ。というか当時のちゃんとしたホームページならもう少しちゃんとした入り口があったはず。入り口ボタンフェイクとか。

私がこの夢小説を見つけたのはある少女漫画感想を言い合う掲示板だった。少女漫画って言っても、エロい子供に読ませられない、と悪名高かった某雑誌ではなく、子供向け作品として多くアニメ化した作品を生み出してきた小学生から中高生までの幅広い層に安心して読ませられる雑誌だった。

何でそんな掲示板にそんな投稿が…と思うところだろうが、まぁ当時のインターネットなんてそんなもんだった。急にエロ広告が出てきたり卑猥単語投稿されていたりが当たり前だった。小4ながらもネットにどっぷりだったので、そういうのをスルーするスキルはあった。でも自分が少し興味あるアイドル名前があったから読んでしまったし、純朴さを発揮して信じてしまった。

もしも、私の推しアイドルについての卑猥な「妄想」を純朴な少女が読んでしまったら……私みたいに信じてしまったら……………、と考えてみる。

成人として、それを未成年に見せてしまった情けなさと、「エッチな人」と「その人の仲間」と思われてしまう私の推しグループメンバー可哀想で、やりきれなくて胸が苦しくなる。

今「妄想」をインターネット投稿している「書き手」のオタク、そしてそれを読んでいる「読み手」のみなさんには、一度この件について考えてみてほしいと思う。

最後

未成年アイドルで〈裏〉の「妄想」はするなよ。

しても絶対ネットに書くなよ。

2019-04-05

anond:20190405180147

そのまま襲われたり、家に入られなくて良かったです。

驚かせたかったのか、悲鳴を聞きたかったのか、どちらかだと思います

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん