「情報発信」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 情報発信とは

2018-02-20

三浦瑠麗と同じレベルで世相を分析して情報発信してる個人っておる?

政治的立場とか分類仕様がないんだけど

三浦瑠麗中道右派とするなら

その対抗勢力として、同じレベル情報発信してる個人って誰にあたるん?

正直、俺はブコメみたいな短文マウンティングで溜飲下げてる人たちって本当にクズだと思う

自分政治的立ち位置中道左派くらいなもんだと思ってるけど、三浦瑠麗レベルで世相を分析した情報発信は出来ないと言わざるを得ない

こんな感じだとはっきり言って、左派リベラルは単に短文で罵詈雑言あびせるだけのクズの集まりだってことになる

お前ら流石に三浦瑠麗よりも忙しいって奴はいないだろ

せっかくブログサービスであるんだから、どんどん情報発信していけよ

なんでやらん

負けてんぞ

数年ぶりに同人世界に戻ってきたら気味の悪いことになっていた話

私は二十数年ほど前に腐の道に足を踏み入れたオタクである

書店あくま一般的大手書店)で好きな漫画の絵が表紙に描かれている「公式アンソロジー」とやらを見かけ

わず手に取り、同人誌というもの存在を知らされてしまった世代といえば、心当たりのある方もいるかもしれない。


当初は晴海に足を運び、会場が変わってからビッグサイトに足を運び、ナントカ会館等で開催される小規模なオンリー

コピー本を携えてサークル参加デビューを果たし、当時は割と楽しく活動していたと記憶している。


その後、活動していたジャンルの衰退、進路云々という人生選択等も重なり、自身創作してイベントに参加することが

自然となくなった。友人スペースの手伝い程度。それも楽しかった。


当時はTwitterpixivもなかった。



ここまでお読み頂いて「もしやこれは中年の懐古を元にした愚痴なのではないか」と思われた方。

恐らくそうなので、何か違うと思ったら閉じて頂いて構いません。




とあるジャンル同人世界に戻ってきたら面倒なことになっていた


2010年代に入り、個人的には転職をして少々生活が落ち着いた頃、とあるジャンル創作活動をしてみたくなった。

そこで遭遇したのが下記の面倒事だった。


慣れ合い、擦り寄り慣習


情報発信手段としてTwitterが主流になりつつあったので自分登録して同ジャンルの人々をフォローしたのだが、

あちこちでムダな慣れ合いや擦り寄りが日常的に発生していた。


創作者同士による「え〜〜◯◯さんの方が上手ですよぉ〜〜」的社交辞令

 こういうことを言い合う人たちはだいたい心の中では自分の方が上だと思っている

・壁や誕席に配置される創作者(一部商業作家を含む)へのあからさまな擦り寄り

 その時のジャンルには商業BLへの進出を狙う野心家も多かったため、奴らは必死だった

・良配置を得た創作者の「はわわわ〜〜私なんかがこんな配置を〜〜!!何かの間違いです〜〜!!!

 当日は私は無視してください〜〜〜!!!」という心にもないムダ謙遜

 本当に無視したら今度はすねて「どうせ私なんか…やっぱり実力もないのに…」って構ってネガするくせに

・付き合い上、特に欲しくない本を買わなければいけない雰囲気

 正直な話、あなたツイート面白くてフォローしているけれどあなた創作物が欲しいわけではない、という相手もいる


こういうことを書くとだいたい「じゃあ付き合いをやめればいい」という意見が出るのだが、一度繋がってしまったもの

それこそジャンルごと変えるでもしない限り安易に切りにくい、という事情もある。もちろん私自身の性格起因もある。

そこはどうしても平行線議論になるので、いろいろな意見もあるよね、に留めておきたい。

どちらかが正しいということではないと思うので。


ありがたいことに何年か活動を続けているうちに、個人的な繋がりのないところから私の創作物を気に入ってくれる人が出てきたり

BLであったにも関わらず男性の読者さんがついてくれたりして、それなりのやりがいも感じられていたのだが

あるイベントの終了後、急激に「なんか疲れたな…」という気分に襲われ、フェードアウトする形でそのジャンルでの活動をやめた。



どうでもいい話だが、そのジャンルには大学在学中にデキ婚出産した当時20代前半の専業主婦創作者がおり、

かにつけて「大学では◯◯を専攻していて〜就活も本当は△△(大手)を目指してて〜〜」などの「私はバカじゃない」主張や

そうかと思えば「あたしおかあさんだから」的ツイートで既婚子持ちマウントを取ろうとしてくるので、非常にうざかった。

彼女には嫌いな創作者がいて、何かにつけてはその相手ディスり「だから◯ちゃんで叩かれるんだよ…」などとツイートしていたが

彼女自身もまた◯ちゃんで叩かれていた。二人とも今頃どうしているだろうか。もう30代のはず。正直どうでもいい。



■別のジャンルで数年ぶりに同人世界に戻ってきたら気味の悪いことになっていた


さて、それから数年、本当に何の創作にも関わらずにただの漫画アニメオタクをしていた私に、また新たに興味を持てるジャンルが現れた。


久しぶりに「沼に落ちた」という表現が出来るほどのジャンル出会った私はそのジャンル専用のTwitterアカウントを作り、

同じジャンル好きな人達と繋がり、たまに自分で描いた絵をツイートに貼り付けては一般人にふさわしい数のRTいいねを頂いて

楽しくやっていたのだが、ここでもまた面倒なものが目に入るようになってきてしまった。


慣れ合い、擦り寄り慣習

以前いたジャンルよりもさらにひどい(※個人の感想ですものだった。


私がそのジャンルに落ちた時、既にそのジャンルが盛り上がり始めてから一年以上が経過していた。

その間に何が起きていたかを察するに、


1.元作品の発表当初から二次創作をしていた人が「偉い」という風潮

2.「偉い」人の創作しているCPで新たに創作をしたければそいつに気に入られなければやっていけないという空気

3.そもそもその「偉い」人の創作物を皆が好きで当たり前という空気


下記に簡単解説するとこうなる。


1.元作品の発表当初から二次創作をしていた人が「偉い」という風潮


私もジャンルに足を踏み入れた者としてはド新参なのだが、創作者を中心にあちこち古参に「私など新参ですから」と

謙遜して回らなければいけない雰囲気蔓延していて、辟易するのに時間はかからなかった。

全体的なジャンル雰囲気としては「ご新規様歓迎!あなたもこの作品を見てください!」という呼び込みも多いのだが、

創作者に目を向けるととにかく新参が頭を垂れている様を目撃する。

そのジャンルには商業作家はあまりいないのだが、「偉い」人は「先生」などと呼ばれて崇め奉られているのだ。


気味が悪い。


2.「偉い」人の創作しているCPで新たに創作をしたければそいつに気に入られなければやっていけないという空気


ジャンル内で「偉い」とされている創作者の中でも、一番の人気CP活動している一番「偉い」とされる創作者が存在していた。

一番の人気CPなので、後からハマって創作を始める人の中にもそのCP活動したい人が多い。

彼女らが何をしているかというと、


・その「偉い」人をまずフォローし、

・「以前から拝見していました!ファンです!!」という挨拶で忠誠を示し、

・「偉い」人が何かツイートする度にRTして空リプで崇め奉る


という、もはや偉い人の宣伝媒体となることによってそのCPでの活動領域を得るということだった。


気味が悪い。


3.そもそもその「偉い」人の創作物を皆が好きで当たり前という空気


1および2から、「偉い」彼女創作物は「読みたいから読むもの」というよりも「礼儀として購入し、読んだら褒めちぎるもの」という

何だかよく分からないものと化していた。


気味が悪い。


私自身、ハマったCPは前述の一番人気CPだった。

だが、「偉い」人の創作物は正直あまり好きではない。もっと言うと、その「偉い」人自身が好きではない。

知り合いなの?と聞かれれば、いいえ違いますということになる。

知り合いでもないのに嫌いなの?と聞かれれば、「あなたにもいませんか?知り合いでもないけど好きではないなと思うタレントとか」と

いうことになるが、とにかくその「偉い」人の発言の端々に自分とは合わないものを感じてしまい、受け付けないのだ。


ただ、推しCP推しCPである以上、どうしてもTLにRTいいねさらには空リプまで含めて彼女を崇め奉る空気蔓延する。

そこで私は彼女アカウントIDペンネーム、「先生」という単語まで含めて、彼女の影がTLに現れないように徹底的にミュートした。

それでもイベントが近づけば彼女新刊に関連すると思しき新たな単語がTLに発現するので、それをミュートする…ということを

繰り返している。もちろんはじめからフォローもしていない。信者からすれば、私は不心得者だろう。



これもどうでもいい話だが、ここまで崇め奉られる◯◯先生とやらはどんな人なんだと思ってググってみたところ、

見事に◯ちゃんで叩かれていた。なんだ、皆が皆崇めているわけではないのだなと思うと同時に、表向きは信者に見えるあの人やあの人も

心の底ではどう思っているかからないのかもしれないな、と思い、そっとブラウザを閉じた。



そんなこともあり、私は現在身をおいているジャンルではある意味中途半端創作を続けている。

たまに描いた絵をツイートに貼り付けてみたり、ある程度まとまったらpixivに載せてみたり、それで満足だ。

心優しい人からイベントに出てほしい、本を読みたいと声をかけて頂けることもあるが、上記の気味の悪い風習がなくなるか、

偉い先生とやらが去るまでは御免被りたい。

先生とやらは自己顕示欲自己評価承認欲求の塊のようなお方とお見受けするので、ジャンルが盛り上がっていて

適当キャラクターセックスさせて崇め奉ってもらえるうちは去ることはないだろう。


昨今、同人誌価格設定創作活動における人間関係に疲れる等の記事拡散されているのをよく目にする。

私はそうした疲れを感じたくはないので、今のままでいようと思っている。

2018-02-17

(記録)

メッセージありがとうございます

私のツイート不快な思いをさせてしまい、申し訳ありません。

しかしながら現在のところ該当ツイート撤回することは考えておりません。

理由は以下になります。長くなりすみません

ご存知ないと思いますが、私のアカウント現在Aについて多く語っておりますがそれ以前はBについてよく語っております

もう三年近くBをプレイし、愛してきました。

課金し、毎日プレイし、ほとんどのイベントを完走し、リアルイベントに通いカフェにも通い、グッズを揃え、ニコ生を視聴してきました。

現在コミュニティマスターを務め、運営様に感謝メッセージを時折送ってまいりました。

乙女ゲームをなかなか好きになれなかった私が、本当に心から初めて好きになった乙女ゲームがBです。

Bが本当に好きで、このゲーム出会たことに感謝しています

ここまでBを愛してきたのは、このゲームの懐の深さと、シナリオライター様をはじめとしたゲーム運営スタッフの方々の細やかな心遣いがあったからです。

私が語るまでもなくよくご存知と思いますが、このゲームはたくさんの個性的王子様が現れます。彼らは姫(私)を一辺倒に恋人として愛するわけではありません。

彼らがおかれた様々な境遇性格から、それぞれにまったく違った出会い方をして、次第に関係を深め、心を通わせます

必ずしも恋愛関係に落ち、結婚というゴールを迎えるわけではありません。

様々な種類と深さの心の交流がそこにはあります

この懐の深さを私は愛してきました。

恋人になるだけではない、むずがゆい恋人の前段階も、友人にも、よき相談相手にも、姉にも母にもなれる。王子様の数だけ、関係性がある。

中には好みではない交流もあります。その代わりに、涙するほど好きな関係性もあります

王子様の数だけ関係性を選べる。

私がBを好きな理由です。

これまでいくつかの別作品とのコラボレーションがありました。

原作を知るコラボも知らないコラボもありましたが、どのコラボイベントも楽しませてもらいました。

Bの懐の深さがあってのことだと、私は思っています

原作通りの関係性を保ったまま、Bの姫(私)とひとときの心の交流可能にしたのだと思います

コラボイベントなど、本当にシナリオライター様の苦労を思って感動すらしました。

今回のAとBのコラボレーション情報が発表されたとき、正直なところ不安でした。好きなものと好きなものが組み合わさったとして必ずしも良いものが出来上がるとはかぎりません。好きなものからこそ、期待を裏切られたときの悲しみがあります

しかし、今回のストーリーに私は大変満足しました。

大変に難しい、針の穴に糸を通すような作業だったと推測しています

ですが、A原作尊重し、同時にシナリオ自体として面白く、そしてBの王子様たちと姫との関係性も大事にした、よいシナリオでしたと思います

これについてはプレイヤーの数だけ、感想があると思います

この点をご不快に思ったのだと思います

私は「モブである姫を許容するBが大好きです。このゲームを愛してきてよかったと心から思いました。

そして、感謝言葉にしたかった。

当該ツイートは私の心の叫びです。Aが好きだ、Bが好きだ、ありがとうという生の叫びです。

ところで、宣伝をしながらネタバレをしないのはとても難しいものです。

面白さを伝えようとすれば、どうしてもネタバレに踏み込まずにいられません。

からプレイをする方の関心を引きながら、同時にこれからプレイの楽しみを奪わないというのはとても難しい。

当該ツイートは、その狭い隙間を目指したものです。ご批判は当然ありうると思いますが、私の精一杯の情報発信言葉でした。

私のアカウントをご覧になる方はほとんどがAのファン、BL関係にある主人公が好きという方です。Bをご存知でない方が多くいらっしゃいます

この方たちにどう私の愛情や思いを伝えるかは苦心しました。

手探りで模索してきたのですが、幾人かに、私が楽しくBをプレイしているところを見てゲームを始めたと言っていただきました。

しばらくゲームから離れていたけれど戻ってきたとおっしゃった方もいました。

とても嬉しかったです。

ツイッターでの交流はあまり得意ではないのですが、AとBを愛する気持ちを発信してきて本当によかったと思いました。

このゲームを私とは違う楽しみ方をしているBファンの方がいらっしゃることは想像できます

そういった方が、私のツイートを目にして不快になる可能性も全くないわけではないことは承知したうえで当該ツイートをいたしました。

それでも、できるだけ検索にはひっかからないよう言葉を選んだつもりです。

「姫」「モブ」といった言葉検索にひっかかることは予測できましたが、情報を求めるBファン検索することは考えにくいありふれた言葉であり、目にしたくないBファンの方には届かないように言葉を選びました。

わざわざ悪感情確認するために検索しなければ、おそらく該当ツイートには行き当たらないだろうと考え、投稿いたしました。

現在インターネット状況では後日、自分意図しない「まとめ」を作成される可能性もあります。その場合には、削除要請をする必要もあるとは考えております

現在まだそういった『まとめ』は確認しておりませんが、今後しばらくは注視していくつもりです。

以上により、私にはご指摘のツイート撤回する意思現在のところありません。

不快に思った方がいらっしゃったことは真摯に受け止めております

今後、私も考え方が変わって削除する気持ちになる可能性もありますが、現状はこの通りです。

王子様の数だけ物語がある。私が好きになれる物語がきっとその中にはある。

そういうBの懐の深さを愛したがゆえの心から叫びが当該ツイートです。

どうぞご不快に思ったツイート、または私のアカウントミュート・ブロックなさってください。

長々と語り、申し訳ありません。

好きなものは熱く語りたい性分です。お許しください。

(終わり)

2018-02-15

anond:20180215032409

ソーカル事件を見ればわかるとおり、文系馬鹿巣窟だ。

しかし、三浦批判するなら、それ以上の結果を出さないと説得力がない。

 

増田は全員、インターネット情報発信しろ

三浦を超える言説を世界中に言え。

日本人の知性が地上で最高であることを証明しろ

 

これは皮肉ではなく、全日本人に対する激励である

2018-02-12

発信をはじめる

久々に昔のブラウザ履歴漁ってたらこんなん出てきた

ライターヨッピーさんに「会社員やりながら“生産する趣味”を持つのが最強」という話を聞いてきた

https://www.buzzfeed.com/jp/narumi/yoppy-tsuribori?utm_term=.peME39PVj#.ffb8wXMRx

この中で、情報発信大事ってことが書いてあったので、拙いながらも何か書いていこうと思う。

ブログやることも考えたけど、心理的ハードルが高い。練習ついでに、ここに匿名で書いてみることにする。

名前を隠して楽しく日記

2018-02-05

日本情報操作言論封殺スタイル

両方の当事者から事情聴取しないと、適切な判断材料が得られない。

これで納得するのが、現代日本人の気質なんだよね?

(籠池さんも黒だろうけど、安倍夫人も黒だろう。権力があれば逮捕されない。それが日本ジャスティス。みんな知ってるw)

サイコパスに絡まれると危険から、なるべくババを引かないように慎重に生活しようw

 

金持ちに媚び売る商売儲かり過ぎワロタ

金持ちの悩み聞いて、それを解決する仕事横流しするだけ

女に持てたいなら、SNSリア充っぽい情報発信する画像テキストを作って売りつけて

女が出入りするとこを紹介する

節税に疎い成金がいたら税理士紹介する

不動産や車持ってないやつにはディーラー紹介する

金持ち相手から、金払いもいい

貧乏相手商売してた時代馬鹿らしいわ

2018-02-03

誇りがあろうが望んでやろうが、消える仕事は消える。

やってる本人が「好きでやってる、誇りを持ってやってる」ことが、その職業が生き残ることには繋がらない。誇りを持って頑張ってたって、人力車観光スポット巡りにしか生き残れないし、電話の交換手は消えた(特殊回線だと生き残ってるらしいが)。

身体障害者就職先として、自分身体を「奇妙なもの」と見世物にするサーカス見世物小屋があったが、あれは「身体障害者は奇妙なもの、珍しがって怖がるもの」「自分一人で何も出来ない身体なのだから、人に見せることしかできない」という「常識」があった時代から成立してたもの。「身体障害者は誰でもそうなる可能性があるもの」「手足が不自由でも技術や道具を使えば普通仕事はできる」となれば、普通に働けばいいわけで、「人に身体を見てもらってお金をもらう」という商売は成立しなくなる。

まあ、ミゼットプロレスは逆に、その身体性だけでなく技術を見せる方向で復権してるわけだけども。『水曜日のダウンタウン』でミゼットプロレスラー活躍してたのは痛快でしたね。

「美を商売にして何が悪い」って悪いことなんか一つもないわけです。「誇りを持ってその仕事をやってる」こともいいことです。

ももう、この世の中は「見た目がきれい」なだけでお金をもらえるほど楽な世界じゃないと思う。

女子アナは、きれいで賢くてニュース読めてバラエティも出来て当たり前。アイドルは、可愛くて演技出来て歌えて踊れてトーク面白くて当たり前。モデルも、ファッショニスタ情報発信力があって当たり前。ミスコンだって、今は知性や表現力を問われてる。

しかし、グリッドガールは、主催者が「そういえば、何でスタート前にサーキットをウロウロするだけのきれいなお姉ちゃんに金払ってんだろう」と思ったら、それまでの存在じゃないかな。それ以上の存在価値が無ければ、「見た目が華やか」なだけのお姉ちゃんに払う金なんて真っ先に切り捨てられるものだ。不況になったら、社員のお嫁さん候補としての高卒お茶汲みOLがいなくなったみたいなもんで。

スタート前のドライバーに対するアシスタント業務とか、メカニックの最終チェックが出来るとか、チアガールみたいに金が取れるショーが出来るとか、そういう「華を添える」以外の存在価値アピールすれば、「この人たちは可愛いから突っ立てるのではなくて、こういう仕事があるから外せないんだよ」って生き残れたと思うんだけど。

2018-02-02

anond:20180202134232

極論を言えば、うつ病病院に行かなくても自然寛解する病気なので(抗うつ薬による治療寛解に至る期間を短くするくらい)、「これをしたら効果があったよ」という個人体験談ホメオパシーと同等レベルです。

紹介するならせめて二重盲検ランダム比較試験を行って、臨床的に有意な差が認められたもの限定したほうが誠実なのではないでしょうか。

抗うつ薬ですら臨床試験プラセボ有意差を示せず敗退していったものがいくつもあるわけで、それくらいプラセボというのは強力な作用があります

ここに示されたいくつかもプラセボ効果だった可能性が排除できていません。

元増田に悪気はないのでしょうがはてなでは、メンタルヘルスに関する話題だとエビデンスがなくても食いつきが良い傾向にあります

それくらい精神科医療に関するリテラシーが低い人たちに対して情報発信をする際には慎重の上にも慎重をきすべきだと思います

2018-01-12

はてなに長くいるせいか安倍嫌われ者だと思ってた

youtubeとかその他SNS安倍テレビ出演してる動画とか

ほとんど好意的に受け取られてる

9割以上が良い評価をしてる

勘違いしてた

安倍が嫌われてるんじゃなくて、安倍嫌いが他に居場所がないかはてなはそういう場所になったんだなと

何か情報発信するにしてもディスられると分かってるから他では出来ない

しろまれてるのは安倍嫌いだったと

嫌われ者の集まりに属してるってどんな気持ちなん?

やっぱり、俺は正しい周りがおかしいっていう糖質患者みたいな思考なんだろうか

2018-01-09

anond:20180109041134

着物以外でも参加がしやす雰囲気振袖ではなくてスーツでも大丈夫という情報発信必要ではないか

と言うけど、そもそも式に参加する事そのものが主目的という人はどれほどいるのか。

女性場合、大多数が「成人記念に着物着て写真撮るからそのついでに式も出る」と言う感覚なのでは。

スーツでいいやと考えるような人は成人式自体行かなくていいやになってそうだけど。

あと同窓会代わりってのもあるだろうけど、そこで会いたいと思えるような友人であれば普段から会ってるだろうし

田舎ならともかく、都会だと友人同士で住んでる場所が違うと会場違うとかもあるし。

成人式感想 ぼくのかんがえるさいきょうのせいじんしき

来賓立場成人式に参加して考えたこと。

女性服装は大半が振袖着物)。正確に数えたわけではないが、9割以上の女性着物参加の印象。

・15年少々前(自分が参加した時)に比べて女性振袖着物比率が増えた。

・つまり全体的に豪華になった印象がある。振袖を着ないと参加しづらい雰囲気すらある。

女性成人式費用振袖や着付等)にかかる予算統計は今後調査するとして、最低10万円くらいはかかるようだ。

成人式に参加する女性の4分の1は30万円かけているというデータもある。

→娘の成人式 「一瞬の輝き」にどれだけかける?

成人式前が着物の値段が最も高くなる。お盆正月ホテル価格航空券と一緒。

振袖着付け美容院は当日に集中するのは仕方がないが、着物は前もって購入すればとても安くなる(論理的には価格需要供給の一致点となるので当然ではあるが、知らない人も一定数いるのではないか?)

・例えばこの企業楽天Frou Frou(フルフル) とても安くて素晴らしいと思う。

・娘さんやお孫さんの一生に一度の成人式からと通常の何倍、何十倍もの値段で着物を売る業者も少なくなく、注意が必要

そもそも論として、成人式に豪華な着物というのはマスメディア業界業界利益のために仕掛けた節がある。

着物以外でも参加がしやす雰囲気振袖ではなくてスーツでも大丈夫という情報発信必要ではないか


新成人の皆さんは式の開催前後に会場の外で同級生と談笑で盛り上がっていた。新成人交流の場が提供できていない。

成人式は両親や祖父母が御子息の成人を祝う目的と、新成人は旧友との出会いを楽しむ目的があるだろう。

新成人への行政サービスとしては、新成人が求めることを出来るだけ叶えることを目指さなければならない。

・会場の外で寒空の下で談笑している新成人のために、交流する会場を提供するべきである。本年は好天に恵まれたが、雨天の場合にも備えなければならない。

自治体によっても異なるが、本市は公立中学校に進学する率が高いので、中学校区ごとに集まれる場を提供するのが良いのではないか

・私が考える理想成人式実践女子学園企画。 →母校で実践女子''学縁''成人式

・せっかく成人式に集合するにもかかわらず、1~2時間程度の式典で終わってしまうのはもったいない自分が参加した際も感じたし、来賓として参加させていただいて改めて思う。

新成人が求めるサービスは何か? 調査をしている自治体自体が少ないのは問題である

・本市に限ったことではないが行政改善意思を求めるのは困難であるからエビデンスと確かな論拠を元に、新成人もっと楽しめて思い出に残るような意見をまとめ追及していかねばならない。

データを取らないこと自体行政の怠慢で過去に2度も参加して問題意識をもったのにそのままにしてしまったのをひどく反省している。

・余談だが、紙のアンケート調査実施する日本生産性危機的なレベル製造業を除くとこの国はマジでやばい馬鹿っぽい表現で失礼)。

調査項目のレベルは低いが →兵庫県加西市成人式に対するアンケート調査) 最低限こういう調査必須

・本市は市長来賓祝辞はごく少数でその点は良いが、保護者からメッセージ募集して読み上げる企画などがあったら良いのではないか

新成人から両親や祖父母への感謝メッセージを記録するコーナーなどがあったら良い。新成人一生懸命自撮りしている姿を見て、撮影専門のスタッフ配備するべきだと痛感した。

保護者成人式を見ることができないので、ストリーミング中継するべきだろう。簡単ものならカネも手間もほとんどかからない。

新成人の方々に喜んで貰えるような施策関係するすべての大人責任をもって実施すること。これに尽きる。

※出典:https://www.kawawaki.jp/coming-of-age-ceremony/

2018-01-03

いまだに童貞いじりをしている人

いまだにtwitterなんかで童貞いじりを続けている人の価値観が本当に分からない。

こないだはあちゅうさんの件に付随して、童貞いじりの件も話題になって、表現の自由があるとはいえ、童貞についてちゃかしたような言及をすると少なからず傷つく人がいるということが明るみになったと思う。

もちろん、この話題でいろいろ議論が起こる前までは、童貞についての情報発信が人を傷つけているということが本当に分からず、無邪気な気持ち童貞をちゃかしていた人もいると思う。

それはまあいい。今後なるべくやめてくれればいいと思う。

ただ、今なお、あえて童貞をちゃかすようなツイートをして煽るようなことをしている人がいるというのが本当に理解できない。

傷ついている人がいるということが分かったのに、それをあえてぶっ刺しにいくようなことをしている人の倫理観が本当に分からない。

人の気持ちを煽るような意図的炎上はもうやめてほしい。辛いです

2017-12-28

【年齢調査リアルな年齢をブクマで明らかにして下さい

非公式増田年齢調査員です

思想政治的な関心度を鑑みるに有名SNSとは違い増田の年齢層はかなり高いのでは?

是非皆さんの実年齢を公表頂ければ有り難いです

多くの人たちが実名情報発信をするようになった昨今

ネットにおける情報にも信頼性責任が付き物だというのは、はてなでも共通認識があるかと思います

実年齢くらいの情報であれば開示してもいいのではないでしょうか?

2017-12-27

童貞であることの辛さ

から書くことは一童貞主観です。

先日からはてブtwitterなどで、童貞という単語をよく見かけますね。

…かくゆう僕も、アラサー童貞です。もはや童貞である自分自分で笑うこともできないぐらい深刻に考えてしまっているような心理状態です。

童貞いじり』の件で炎上されている方々について、たしかに僕も、彼らの書く内容にメンタル的大ダメージを受けることが多々ありました。

しかし、一人一人の情報発信を注意深く観察していると、皆さん、童貞を人として見下している(差別している)わけではなく、むしろ、『そんなこと気にすることでもないよ!』っていうエールを送ってくれているというのは頭では理解できます

ところが、自分感情がどうしても反発してしまうのです。

童貞状態しかない。

ソープにいけばすぐに誰でも卒業できる。

正論だと思います

しかし、今まで約30年間、童貞であり続けたことで、もはや自分セルフイメージ童貞という概念同化してしまっています童貞という単語が使われているだけで、特定個人に向けられた発信じゃなくてもすべて自分に向けられた言葉であるように受け取ってしまます

童貞いじり発信を見ると、自分バカにされているように感じて、ついつい感情的な反抗に打って出たくなります。(このことでSNS個人に対して感情的メッセージを送ったことはありませんが、心の中では『なんだよこいつクソ!』っていう反抗心が渦巻いて辛くなってしまます)

ソープにいけば…ってカンタンに言いますけどって話です。もちろん、ソープに行くお金ぐらいは、数ヶ月辛抱すれば貯められるでしょう。自分にとってネックとなっているのは経済的問題ではなく、むしろ心理的問題です。

コミュニケーションが苦手でソープに行くのが怖い。女の人とまともに5分以上話した経験もないのに、いきなり裸で触れ合うなんてと思ってしまう。

なぜか風俗的なもの自分が行くことへの罪悪感もある。きちんと恋愛をしてセックスたかった。

今までの人生童貞であり続けたことへのサンクコストのような心理的抵抗もある。童貞は早く捨てたい、っていうかめっちゃ死ぬほどセックスしてみたいけど、逆に童貞でい続けたい思いがある。安易ソープ童貞卒業してしまうことは、今までの自分童貞人生を、童貞哲学否定することになってしまう。

プライド問題ですね。

ここまでの文章を読まれて、童貞いじりマンたちは、客観的視点で僕のことを『変われない人間特有心理傾向』だとか、『そんな言い訳してるから童貞なんだよ』って分析をしてこられることでしょう。

ほんっとうに、その通りですね。

そして、そんな正論ばりばりの文章を読んで、自分はまた変われない童貞として感情的に傷つくに違いないでしょう。

今回の童貞いじり発信の件がハラスメントではないというつもりは一切ありませんが、個人的には8:2ぐらいの割合で、発信者より受け手問題のほうが大きいかなって考えてはいるんです。

言い方の問題はあれど、発信者動機自体に、純粋童貞への軽蔑が含まれていないように思うからです。むしろ自分童貞であることを恥じているのは、僕ら童貞自身ではないでしょうか。

もちろん、童貞童貞である自分をイヤになってしま理由は、周りの人からの心ないハラスメントが原因かもしれません。僕も、飲み会童貞コールされたり、強制的女の子デートに誘わされてテンパってるところを爆笑されたり、色々な目にあってきました。そういうのは完全ダメでしょうね。

性を抑圧している分、日常からエロ情報に敏感になってしまったり、自意識の高さとか女性経験の無さで変人じみたことをしてしまったり、そういう自分が嫌いです。そんなことで笑われたくもない。

ただ、SNS童貞について自身の思っていることを語るぐらいなら、僕はセーフかな…って感じです。

…とはいえ、これからも気軽な童貞いじり発信を読むと、メンタルをやられ続けると思いますが。

童貞が辛いのって、童貞であることに悩んでいるということを悟られた瞬間、ソープいけよ!とか行動しろよ!とか正論ばりばりの意見押し付けられることだと思います

一人一人の童貞の、主観的な、感情的な辛さが、いっさい理解してもらえることもなく、想像してもらえることもないからです。

そういう下りがあるたびに、『その通り、けど、それができないんだよ。』…と自分を責めて辛くなってしまう僕です。

もちろん、そんなことをSNSの発信なんかに求めている自分おかしいのですが。



クリスマスはVRでAVを見ていました。男女2対2で王様ゲームをしていましたね。それはそれで幸せでした。いやマジで

結論

いい男になりたい セックスしたい

でも愛と勇気と優しさがない

まとまりなくてすいません。

あくま個人的主観的な、一童貞の『感じ方』の話でした。

2017-12-26

医療従事者のSNSでの情報発信ヤバイ

最近検索すらせず、SNSフォローだけで情報を集めてる人が多い

例えば、うつ病患者に外出や運動を推奨しても

SNSでそれをナニナニさんが否定してたから無理ですみたいなことを言われるらしい

そのアカを調べてみても単なる私見で、全然医学的な裏付けのない言葉ばかり

と言うかうつ病者に対する治療改善ではなく、共感だけ切り取ってもっと症状が悪くなるような情報を垂れ流したりしてる

更に質の悪い奴は、ブログを開設して自己診断系のアフィに誘導してる始末

自分の弱さ強さを自覚することでより良く現状を受け入れられますみたいな

当然、医療行為でもなんでもないから、ただそいつに金が入るだけ

これからこういう不安感や救いを求めるような症状が現れる病気の人をターゲットにした詐欺行為絶対流行るぞ

はあちゅうなんてどうでもいい

グーグル検索システムを変えればいいが、こっちは人が叩かないと無くならない

なんでお前らほっとくんだよ

報道しない自由」は問題ではない

 昨今のマスコミ批判において、頻繁に取沙汰される問題の一つに「報道しない自由」がある。

 この語は「報道の自由」に引っかけた単語であるが、要するに「メディア自分たちの主義・主張にとって都合の悪いことは報道しない」というものである最近の例では、加計学園獣医学部新設をめぐる一連の報道の中で、マスメディア前川文部科学省事務次官国会発言ばかり取り上げ、加戸前愛媛県知事の発言はごく短い時間しか取り上げないか、あるいは存在すらしなかったかのように無視たことが問題視された。「放送法順守を求める視聴者の会」がテレビ報道の在り方について新聞意見広告を出した他、主に右派系のネットメディアでも頻繁に取り上げられていた。同様の批判安保法制共謀罪に関する報道でも行われた他、日常事象においても「犯罪報道において犯人報道関係者だったら追及が甘い」など、「報道しない自由」の事例は枚挙に暇がない。

 この問題に対しては「マスメディア自分たちの都合の悪いことを隠蔽せずに報道しろ」という旨の批判がなされることがあるが、私はそれは不可能だと思う。何故なら、媒体を問わず偏向しないメディアなど存在しないかである

 ある事象において報道がなされる際、メディアが割ける報道資源には限りがある。テレビであれば一つの番組の中で数十秒~数十分。特番を組んだとしてもせいぜい2時間程度だろう。新聞であれば紙面の数%~全面、マックスでも広告欄を除いた全ページであるイラク戦争開戦の際に、新聞がほぼ紙面の全てをイラク戦争に割いていたのは、非常に印象的であった。

 一方で、報道の元となる一次ソースは、膨大な量となる。行政機関が発行する資料では、少ない物でもA4で1枚、多い物なら数百枚にものぼる。これらの内容を、テレビ新聞で一字一句逃さず報道するのは不可能であろう。ネットであれば可能かもしれないが、そんなに大量の情報に全て目を通す人はそう多くはない。これが事件報道になれば、事件の経緯、加害者の背景、被害者の背景、関係者証言、その他諸々…「事件に関わる全ての情報」を挙げていけば、際限が無くなってしまう。

 そもそも全ての人が一次ソースを参照するのであれば、報道など不要である一次ソースかいつまんで分かりやす説明したり、内容を解説して理解やすくすることが、報道に求められることであろう。それがいわゆる「編集」と呼ばれる作業である

 そして、編集過程において、どう頑張っても排除される情報というのは生じるものである。その事象にあまり関係のない情報、専門的過ぎたり限定的過ぎたりするために掲載しない方が理解やすくなる情報などは、むしろ省いた方が視聴しやすくなる。また、編者の意見に会わない情報は、意識的無意識かに関わらず、省かれてしまうこともあるだろう。すなわち、一次ソースをそのまま掲載しない限り、テレビだろうが新聞だろうがネットだろうが偏向は必ず生じるものなのである掲示板書き込み編集した「まとめサイト」などはその典型例で、記事の主旨とは異なる書込みは省かれるし、管理人主義主張に反する書き込みも、もしかしたら排除されているかもしれない。いくらメディアが「公平公正」を標榜していたとしても、それを100%成し遂げることは、到底不可能なのである

 だから私は「報道しない自由自体は全てのメディアが持っているものだと思うし、それ自体批判することは的外れであると考えている。その批判は容易にブーメランになり得るからであるテレビにおいては放送法第4条を根拠公平性を求められるケースもあるが、放送法自体問題が山積みの法律であるため、早急な改正必要と言える(テレビ局人間が「倫理規範からセーフ!」とか言ってる時点で機能してない)。

 では、マスメディアの持つ本当の問題点とは何か。当たり前すぎて今更語るまでもないことかもしれないが、今一度整理したみたい。

単一方向メディアである

 ネットとの比較という意味で、最も顕著なのはこの点だろう。テレビ新聞などの既存メディアは、発信者と受信者が固定されており、受信者が発信者に対して同じ立場で発言することができない。テレビ総務省許可が無ければそもそも放送できないし、新聞なら発行すること自体は誰でも可能かもしれないが、一般人大手メディアと同じ量の情報を発信するのは、現実的ではない。

 一方でネット上は、基本的に誰でも平等に発言することができる。もちろん、発言の影響力は立場によって異なるが、例えばツイッター上で批判されたら同じくツイッター上で反論することも可能だし、ブログ意見に対して別のブログ自分で立ち上げて反論することも可能であるグーグルなどのポータルサイトやSNSの運営会社が強い影響力を持つことは否めないが、利用者はそれらのサービスが気に入らなければ、容易に他のサービスに切り替えられる。また、例えば国が法律によってネット上の情報発信規制したとしても、法の及ばない海外サーバーを利用することだってできる。ネット上には絶対的情報発信強者存在しないのだ。

 これは利用者にとって、単一方向メディアにはない大きな利点である。今までは情報発信マスメディアが独占していたが、現在では個人が自由に発信者になれるのである。その一方で憶測捏造に基づいた情報を発信すれば、簡単に批判を受けてしまうというリスクも負っている。これまで独占的な情報発信者としてその恩恵を最大限に受けて来た既存メディアにとっては、到底受け入れがたいことだろう。だが残念ながら、どんなに望んでも時代が遡ることはない。

情報談合日常的に行われている

 いわゆる「記者クラブ」に関しての問題点であるマスメディア記者ほとんどは業界団体で作る「記者クラブ」という組織に属している。記者クラブには、行政組織大企業記者会見に優先して参加でき、クラブに属さなフリーランス記者などはそもそも会見に参加すらできないことが多い。すなわち、日本ではマスメディアによって、ジャーナリストに対する言論弾圧が行われているのである

 また、記者クラブの中で、異なる報道機関記者同士が取材した内容を互いに確認し合っているという問題も指摘されている。取材メモの内容を他の記者と「答え合わせ」し、内容に漏れや間違いがないか確認しているという。これは関係者が著書などにおいて発言した内容であるため、事実か否かを確認する術を私は落ち合わせていないが、もし事実であるとすれば、報道機関としていかがなものかと思う。扱うのが情報だという点を除けば、他業種における「談合」と何ら変わりない。

 記者クラブ存在別にするとしても、報道内容が画一的であるという点は批判されるべきだろう。特にテレビ報道においてその傾向は顕著で、芸能人スキャンダル政治問題相撲界の不祥事、どの事象においても、全てのチャンネルにおいて、まるでコピーペーストのように同じ論調しか報じていない。ワイドショーだけならまだしも、ニュースにおいても同様である。そして、同業他社であるマスコミ各社の不祥事については、どの報道機関も一斉に口を閉ざすのである。これではマスコミ同士の相互チェックは全く機能せず、業界全体が腐敗してしまう。

 さらに、冒頭に挙げた前川氏にまつわる報道では、読売新聞が「前川氏が未成年が働いている出会い系バーに出入りしていた」ことを報じ、他のマスメディアから一斉に批判がなされた。全く意味不明である読売新聞報道の自由に基づいて報じただけであるし、元文科省役人が、任期中に児童買春を行っていた疑いがあるのだとすれば、報道すべき大問題であろう。マスメディア各社の中で前川氏に関する報道姿勢について合意がなされており、それを読売が「抜け駆け」したことに対して怒っているのであろうことは、想像に難くない。前川自身は(苦しい言い訳をしながらも)出会い系バーに出入りしたいたこ自体は認めており、読売報道内容は事実であった。事実報道たことに対して批判をするのであれば、日本のマスメディア各社は報道機関として終わっているとしか言いようがない。

情報品質が低い

 もはや誰がありがたがっているかよくわからない年中行事の一つとして、自由国民社という一出版社が数人の選考委員会を集めて勝手に決めている「新語・流行語大賞」というものがある。最近では野球業界以外では全く流行っていない言葉や、日本に対するヘイトスピーチに当たる言葉流行語として選び、物議を醸している同賞だが、先日発表された2017年流行語トップテンの中に「フェイクニュース」という言葉が選ばれた。その定義は、新語・流行語大賞ホームページ引用すれば、「ネット上でいかにもニュース然として流布される嘘やでっち上げ。」だそうだ。

 このように、マスメディアネット批判を行う際の常套手段として、「ネット上には嘘や質の低い情報が多く含まれている」という主張がある。「それに対して新聞テレビは、社内で十分に内容を確認検証しているから、正しい情報である」と言いたい訳であるが、ちゃんちゃらおかしいとしか言いようがない。

 ネット上の情報に嘘が多いというのは事実であるし、そんなことは普段ネットを利用している人であれば十分承知の上である。一部の情報弱者が、良く調べもせずにその情報鵜呑みにしたり、タイトルだけ見て記事の内容を読まずに早合点したりして、騙されている訳であるネットを使っていれば関連する情報をその場ですぐに参照することは容易だし、先述した通り間違った内容であれば他者が指摘することも容易である

 対して新聞テレビは、偏向捏造があっても、個人が指摘して正すことはできない。サンゴグリコアジトや、椿事件慰安婦問題などは、捏造が明るみに出たため、謝罪、訂正した例であるが、間違いを指摘されても訂正・謝罪していない例もいくらでも存在する。そもそも先に挙げた「フェイクニュース」という単語自体、元々トランプ大統領が言い出した言葉で、「テレビなどの既存メディア捏造」を指す言葉であるが、マスメディアはこれを「ネット発の捏造誤報」という意味に「捏造」しようとしているのである

 近年、「若者テレビ新聞離れ」を憂う声がメディアから上がっているが、若者に原因があるのではなく、自分たちに原因があることを理解しているのだろうか。メディアにとっての商品は「情報である。その商品品質が低ければ、顧客が離れるのは当たり前だ。提供する料理がマズい店は、客足が遠のくのと同じである。これまでは情報のもの大手メディアにより独占されていたが、現在ネットの出現によってその独占状態も瓦解してしまった。既存メディアいくらネット情報玉石混淆だ!」と叫んでも、石しか扱っていない既存メディアは一笑に付されて終わりである

 徒然と書き殴ってしまったが、ひとまずここまでにしたい。他にも、視聴者が直接の顧客ではないこととか、テレビ局国民資源である電波を独占していることとか、新聞社企業買収から守られていることとか、メディア自体権力化していることとか、いろいろと問題はあるが、ともかく「既存メディアネットよりも優れている」というのはまやかししかない。「ネット情報ばかりでは偏る」という意見もあるが、それはテレビ新聞でも同じことであるメディア媒体わず、一つの報道だけを鵜呑みにせずに、様々な情報を加味して判断すべきなのだ。要は個人のメディアリテラシー問題しかないのである

 また、単一メディア情報だけを信じてしまう人の特徴として、「自分判断することを放棄している」という点が挙げられる。そういう人ほど誤報捏造報道があった時に、「騙された!」と叫ぶのである。もちろん、捏造したり、ちゃんと確認をせずに報道したりするメディアは悪であり、糾弾されなければならない。しか本来は、何が事実で何が嘘かは、情報受け手個人個人が、自分責任において判断しなければならない。それができない人間が「情報弱者」と呼ばれるのである

 メディアはその媒体を問わずに「報道しない自由」を有している。だからこそ受け手偏向誤報捏造に踊らされないように、一人一人がメディアリテラシーを身に着けることが重要なのではないだろうか。

2017-12-19

https://anond.hatelabo.jp/20171102112911

マイクラセンスのないゴミみたいな作品いっぱいあるよ

そういう作品は注目されない、人の目に触れないだけじゃない?

俺もゲームの下手くそプレイヤーだけど

ネットでわざわざ語ったり、情報を共有したり

動画を撮って挙げないか

下手くそな人は情報発信しないだけ

2017-12-06

お前らの読解力ってゴミかよ

都合の良いもの見方しかしないってのはみんなそうなんだけど

お前らにはちょっと期待してたから残念だわ

所詮おまえらも他のおバカさんたちと一緒なんだな

健康系のアフィサイトGoogleに殺されたって記事あっただろ?

俺もアフィ嫌いだから喜んでたんだけど、記事見たら内容は俺が思ってた内容とは全然違った

もし、あなた医療関係者で、一般ユーザーに向けたウェブでの情報発信に携わる機会がありましたら、コンテンツを作る際に、ぜひ、このような一般ユーザー検索クエリ訪問考慮に入れてください。

これを読む限りではどう考えても、信頼の置けるサイトから引用だったりリンクを元にコンテンツを作ってくれっていうGoogleのお願いにしか読めないだろ

現状は専門用語が並ぶ一般向けにはわかりにくい内容を表示を優先してるけど、一般向けに分かりやすコンテンツを作ったやつがこの後からは勝ちにするからねって内容だろ

結果、ウェルク問題と変わらない

企業がお抱えの専門家をこしらえて、現在上位表示されてるサイトソースにして一般向けゴミサイトを量産するだけの話

当然、それにはアフィもくっついてくるかんな

お前らって本当こんなことも読み解けないのかよ

本当にがっかりだわ

2017-12-05

イクメンモドキを叩いて黙らせろ!

モドキが取れるかどうか読んだ人のお気持ち次第

こうして出だしで情報発信のものを阻害しておけばイクメンなる存在は長期的に自動的に失敗する

まさに戦略的行動

2017-12-04

https://anond.hatelabo.jp/20171203162057

まり情報発信しないし

しても理解できないし

給料高いと聞くが大変とも聞くし

先進的とも言えないが、仕事はとても安定してるし

天国もあれば地獄もあるし

良い意味でも、悪い意味でも空気だと思う(個人の感想

2017-12-03

病気のフリしたアフィリエイター多すぎ問題

お前らってこういうの叩きたい人間だよな?

なんで放置してるのか疑問

自分メンタル病気だけどこんなに前向きに生きてるよ」みたいな感じで救いの手を差し伸べるような情報発信しつつ

最後には自己診断系のアフィを宣伝したりしてる感じ

おそらく病気だってところからそもそも嘘だろうな

救いを求めて依存して来やすメンタル系の人間優しい言葉かけてアフィに誘導してる

依存やすいから一度客になったらもれなく、次のブログもアフィリンク踏んでくれるってわけだ

んで金出してくれるやつにはガンガン他の有料系のアフィにも勧誘してるみたい

こういうのってありなの?普通に病気判断能力低下してるやつにこういうやり方で営業かけるのはなしだと思うんだが。

2017-12-01

https://anond.hatelabo.jp/20171201121710

俺も今度似たこブログに書こうと思ってた。Qiitaでもいいが

ネット情報エンジニアの中で上澄みの理屈が多いからな

真ん中と下は敢えて情報発信しないから、結果意識高そうな記事で溢れてしま

 

実際レビューちゃんとやってるところは稀だし、やってても上手く回ってるパターンは少ないな

この前調べたら、割りと著名な人の中にもコードレビュー害悪性を言ってる人が昔から居るらしい

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC#.E6.89.B9.E5.88.A4

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん