「コミュ力」を含む日記 RSS

はてなキーワード: コミュ力とは

2017-08-16

コミュ力がほしかった

大人なのに友達ほとんどいない。結婚した相手も私と同じくコミュ力のないタイプだった。(二人だけでいる分にはすごく楽だけど、二人+第三者になると配偶者コミュ力のなさが浮き彫りになってつらい。)

みんな、友達と遊びに行ったり、結婚式に出たり、気軽にごはんに誘ったりしていてうらやましい。

私は私以上に友達がいない人に、自分配偶者以外は会ったことがない。

まり知らない相手と一緒にいるときも、コミュ力があればもっと雰囲気よく、仲良くなれるのかな…と思うし、相手申し訳ない。

それなりに知っている相手と一緒にいるときも、その時は楽しくても、あとからあんなこと言ったら失礼だったかな、変だったかな」とか「向こうはあんまり楽しくなかったかな」とかずっと考えてつらい。

私は楽しいけど、ふつうの人だったらもっと盛り上がってコミュニケーションがはかれ、すごく仲良くなってるんだろうな、とずっと思ってしまう。

その間私はずっと回答用紙に間違った答えを、間違っているとわかっていて、書き続けている状態だ。

そう思うのは、今までにコミュニケーションで「なんであんなことを言ってしまったのか」みたいな失敗をたくさんしてきているからだ。

それだって、その時は無意識で、あとから振り返って「なんであんなことを…」となる。

その時はわからなかったという経験があるから、つねに、「今気づいてないだけでとんでもなく失敗をしてるんじゃないか」みたいな思いが消えない。

人と会うたびにそういうふうになるから、後悔の記憶がどんどん積み重なる。

それでまたコミュニケーションが苦手になる。

どんどん生きるのがつらくなっていく。

つらい。

2017-08-15

https://anond.hatelabo.jp/20170815074955

あーなんか「セックスを推奨してるように読める」だけじゃなくて全体的に話が印象ありきになってるな

こちらがそちらが一番聞きたい部分にちゃんと答えられていなかった、ってのは認めるけど

そちらの

現状の教育が過剰に忌避してるとは思えない。

あんたが具体的にあげた項目は性行為作法以外全部現行の教育現場でやってるって言ってるじゃん。んでそれは流行りの同意プロセスと似たような話だと思うんだけど、コミュ力ありきで察しろみたいな記事しかないけど教育現場でどう教えるつもりなのかが俺はしりたい。

実践的な性教育って教育範疇超えちゃうよね。

このへんの発言も単なる主観の域を出てないよね。少なくとも「実践的な性教育教育範疇を超える」という増田理屈自分にはピンとこない。このまま話し合っても平行線になるし、自分意見の論拠となるデータをちゃんと提示しあって「なにを拠り所にしてそう考えるか・そう主張するのか」を踏まえ直すべきでは?

まずこちから先に提示するけど

自分意見形成過程で見聞きした情報、ないし見聞きした情報と同種の内容が掲載されているサイト。とくに「現状の性教育が不十分である」とする論拠、それから後で書く増田の「実践的な性教育セックス講習ではない」の根拠ととなっているのは1と5。

1ははてブでもホッテントリに上がるくらいブクマがついていたからもしかすると増田も読んだかもしれないけれど、この記事の中に「1990年代は熱心だった日本性教育」という項目があり、次のように書いている。

1990年代は熱心だった日本性教育

 実は、日本学校教育現場でも性教育に熱心だった時期はあった。「性教育元年」と言われた1992年からの約10年間がそれだ。1980年代エイズパニックきっかけとして、「エイズ感染予防のためにも性教育必要」と言われるようになり、学習指導要領改訂。「理科」や新たに始まった「保健」を通じて小学校段階から「性」を本格的に教えるようになった。

 流れが変わったのは、2000年に入ってからだと言われる。

きっかけは、厚生労働省所管の財団法人母子生協会が中学3年生向けに作成した冊子「思春期のためのラブ・アンド・ボディBOOK」の回収騒動だ。冊子にはコンドームの装着方法ピルの紹介などもあり、2002年頃、国会で「中学生の性行動をあおっている」といった激しい批判を受けた。冊子は結局、全面回収されてしまう。

 この当時、国会地方議会マスコミを主舞台として「過激性教育学校でまん延している」「教室性交渉方法を教えていいのか」といった批判が激しくなり、「性教育元年」と呼ばれた動きは教室から姿を消した。

 ここを読めば、現在性教育についての内容が行政の取り組みの段階から過去教育と比べて後退的であるということが分かる。また3の記事でも00年代初頭の性教育へのバッシングについての言及があり、ここでも同様の見方を取ることが出来る。

 「性教育の不十分さ」の可能性については増田自分とそれほど意見が違っていないようだから、ここはそのまま承服してくれるだろうと思う。

 次に5について。これは日本オランダアメリカタイといった実践教育を行っている国との教育内容の比較で、この中からオランダアメリカの部分を引用する。

オランダでは~(中略)~思春期を迎える前の時期から性は食事睡眠と同じように日常生活の一部であり、ごく自然で当たり前のことだと教えられます小学校によっては高学年でバナナを使って実際に避妊具を被せる実習を行うこともあるようです。

~(略)~

このように、オランダ若者は性に関する十分な知識を身につけているため、10代の出産率と中絶率が世界の中でも極めて低くなっています

アメリカでは大きく3つのパターンにわかます

○「総合性教育セクシュアリティ教育)」…性を生物学心理学社会学など多角的にとらえて1人の責任ある人間としていかに行動するかを教え、避妊妊娠中絶同性愛否定しません。

○「禁欲教育」…結婚まで性交せずに禁欲生活を送ることがいか重要かを教える教育です。

○「総合性教育禁欲教育プラスしたもの」はどちらか一方に比重が置かれる場合があります

(強調部分はいずれも元サイト準拠)

これ以外のタイでも、これらと同様に単に性機能避妊方法と言ったごく狭い範囲に教えるのではなく、対人関係人権視点と言った多角的目線で“性”を捉えることを重視している、といったような記述が成されている。

 それで、この1と5を踏まえて言えるのは、まず日本性教育世界はもちろんのこと“過去日本にさえ”遅れているということ。また、これだけ行き遅れている状態性教育についてのカリキュラムを多少なり進展させたところで、それが踏み込みすぎになることはあり得ない、とも言える。

 また、コンドーム仮想利用まで教育にとり入れることを容認しているオランダ出産率、中絶率の低さから言っても「踏み込んだ性教育が、乱れた性風紀を生み出すことと直結することはない」というのも明らか。これで自分

セックスという行為存在自体肯定的に捉えつつ、それはそれとしてセックスする前に必要不可欠な知識はしっかり頭に入れてからやってね」

が単にセックスを推奨するものではない、ということを理解してもらえると思う。

 そして最後増田の言う性教育には限界がある、という主張に対する反論として、先に引用したアメリカ性教育についての文章(抜粋なのでできれば元サイト文章も)を読んで欲しい。

 アメリカ場合特殊で、「同性愛避妊中絶」といった部分までひろく教えるところ、現状遅れているとされる日本さえ先進的に見えるくらいにガッチガチの「反中主義禁欲主義」を掲げるところと、州によって性教育カリキュラムに天と地ほどの差がある。つまりこれは性教育過程で教えるべき知識・教えるべきでない知識」「性教育限界がどこにあるのか」というのは、単に教育者側・行政者側の主観によってしか取り決められていないってこと。

 ともすれば、性教育限界説なんていうのは単なるまやかしで、本当に拠るべきは「性教育限界がどこにあるのか」なんていう主観いくらでも変わるものではなく、「実施した性教育が、実社会にどのような結果をもたらしたか」のはず。そしてその「踏み込んだ性教育実施した結果」は、オランダのそれを見れば分かるように、充分に好意的に捉えていいものになってる。

 はじめの増田記事自分含めたくさんのブクマが集まったのもこの増田のはじめに書いたように

実践的な内容に踏み込めば踏み込むほど、教育とはかけ離れていく

教育とかけ離れれば、それはもうセックス講習

っていう、主観しかない「実践的な性教育セックス講習と同義」「実践的な内容に踏み込む教育とは違うものになる」という理屈立てをさも自明の理であるかのように書いたからなんだよね。

で、自分含めみんなその理屈立てがそもそもおかしいことに気づききれないまま

コンドームを使いましょう

避妊薬を使いましょう

くらいまでならまだ教育範疇だけど

どちらもない時はシックスナインしましょうなんて言いだしたらもう教育はいえない

の部分に突っ込んで、「オーラセックス知識必要」「オーラセックスの話になる意味がわからない」といったように、概ね「踏み込んだ性教育をするべき」という意見にまとまっているはずなのに、各発言にばらつきが出てしまったわけだ。

それで、この辺の話を踏まえたうえで改めてトラバ言及するけど

元増田でも言ってるんだけど

実践的な性教育って教育範疇超えちゃうよね。じゃあ、結局性教育ってどうすればいいんよ

ってのが俺の趣旨なんだけど、言いたいことだけ言ってる感すごくない?

 まず自分質問をする前に、増田自分でさんざん挙げている「教育範疇」というものについて定義する必要がある。明確な定義けがなされなければ増田意見は単なる主観の域を出ないし、主観ありきの出発点で話を始めている以上、そのレールに乗ったまま自分が何か意見を挙げても増田が「それは教育範疇じゃない」と言えばそういうことになってしまう。これはこれまでのトラバ増田が「どう読んでもお前の意見セックスを推奨しているとしか読めない」と主張した、またそう主張し続けることができたことから言っても明らかだ。

 しかしながらそこで「教育範疇とは何か」を定義づけするにしても、先に挙げたアメリカオランダといった他国性教育の例を見れば明白なように、教育者行政者側の視点いくらでも変わり得る「教育範疇」に絶対的基準などないし、もし絶対的基準というものがあるのだとすれば、その基準にもとづいて性教育カリキュラムを制定すればいいわけで、増田の「性教育には限界がある」という主張は成立しなくなる。

 ただ、こう書いて「煙に巻いただけで、さんざん自分質問したことには答えてくれていない」と言われるのは嫌だから元増田

コンドームを使いましょう

避妊薬を使いましょう

くらいまでならまだ教育範疇だけど

どちらもない時はシックスナインしましょうなんて言いだしたらもう教育はいえない

 ここの部分を例に挙げて自分意見を述べておく。

 自分主観と、これまでに引用した記事の知見に拠るなら、妊娠リスク回避しつつ性的快感を互いに感じ合うというのは未成年に依らず性的機能を保持しているあらゆる男女で行われていることだし、別に自分オーラセックス存在を例示するのは何も問題があるとも思わないし、自分はそれが「教育ではない」とは思わない。

 ただ、オーラセックスでも性病感染リスクはあるわけで、「そうするようにしましょう」とまで言うべきだとも思わない。原則として「妊娠したくない(させたくない)、妊娠しても出産できない状況下では、妊娠リスクを伴う性交渉は最大限避けるように努めるべきだ」としつつ、避妊手段や口淫などの性器同士を直接触れ合わせずに性的快感を感じ合う手段を例示する(実際にそういった手段を行うかの判断は生徒側に任せる)のが理想的だと考える。

 どうだろう、増田意見に沿うかはさておいて、ひとまず確かな一意見提示として読んでもらえたなら幸いだけど。

2017-08-16 14:29追記: 全体的にタイプミス意見として明瞭でない部分があったので、論旨は維持しつつ一部文章を手直しした。なんか返信もらえなかったけど、それはそれとしてひとまず読んでくれたのならよかった。

https://anond.hatelabo.jp/20170815144107

コミュ力関係ない → 声が出しにくい、通りにくい、滑舌が悪い、耳が悪い、うるさい場所だと何度も聞き返してしま

コミュ力関係あり → 頑張って喋っても何度も聞き返される、音は聞こえるけど会話を聞き取るのが苦手

関係ありに付け足すならどもりかな。

声が小さい、喋るのが遅い人より大声早口のほうがウザがられてる感じがする。

フィジカルで言うなら何と言っても顔。顔面偏差値が9割。

ブスブサメン芸人並に話が上手くないと何やってもNG

コミュ力のなさって皆メンタルの事だと思ってない?

声が出しにくい、通りにくい、滑舌が悪い、頑張って喋っても何度も聞き返される

耳が悪い、音は聞こえるけど会話を聞き取るのが苦手、うるさい場所だと何度も聞き返してしま

など、フィジカルな要因が大きいと思うんだけど、俺以外の人はどう思うの

https://anond.hatelabo.jp/20170815001048

太字を何度読んでみてもそれを実践しようとしたら推奨してるイメージしかかばないけどねw言うが易しで理想論だけ言うから具体的にどう教えるのか全くイメージできないんだよ。あんたが自分の子供に性教育する時に具体的に何をどう伝えるつもりでいるの?

肉体的には性交渉に関わる知識は既に知っておかなければいけない段階にある

なんの異論もない。だからどう教えるのかって話を元増田からしてる

現状のように「判断力もおぼつかない」と言って性的意識の芽生えや性的知識習得を過剰に忌避する

現状の教育が過剰に忌避してるとは思えない。俺も行為のもの忌避してない。元増田ではオーラセックスリスク回避する可能性まで示唆してる。

少なくとも生殖のしくみやエイズとかの性感染症については小学校で習ってたし中学では避妊についても教わった。高校では専門の時間まであった。あくま形式的な内容で実践性が乏しく実際にリスクに直面した時に対処できてたかは謎だからそれでいいのとは思うけど。

性に関する知識学校教育課程に盛り込むことの難しさは理解するけど、だから現状の教育課程に甘んじることを許していい、という話にはならないでしょ

そう俺も思うんだけど、あんたが具体的にあげた項目は性行為作法以外全部現行の教育現場でやってるって言ってるじゃん。んでそれは流行りの同意プロセスと似たような話だと思うんだけど、コミュ力ありきで察しろみたいな記事しかないけど教育現場でどう教えるつもりなのかが俺はしりたい。

元増田でも言ってるんだけど

実践的な性教育って教育範疇超えちゃうよね。じゃあ、結局性教育ってどうすればいいんよ

ってのが俺の趣旨なんだけど、言いたいことだけ言ってる感すごくない?

2017-08-14

性教育限界説の増田だけど

性教育って限界あるよな

なんかブコメいっぱい来てた。ありがたいね。けど意味わからんものばかりでびっくりしたんだがw

実践的な性教育って教育範疇超えちゃうよね。じゃあ、結局性教育ってどうすればいいんよって趣旨だったんだけど伝わってなかったらしい

特に気になったやつにブコメ返信していきます

id:ikanosuke 苦痛病気や望まぬ妊娠回避するためのものであり、快楽教育ではないので。/爪切っとけ位は教えた方がいいと思う。/補足)快楽なのは自明だが、本来機能生殖教育が担うべきはどの範疇かという問題よ。

快楽の為に性行為してるから色々問題になってるわけで、そこを前提にしないで教育するって意味わからんのだがwそれに性病ならんように望まぬ妊娠の為にコンドーム使いましょうなんてもうとっくにやってることじゃん。言ってる内容が完全に現状の性教育肯定しかないんだがなんでこんなのがスター集めてるの?

id:inherentvice ルールだけしっかり教えて「ルール厳守の上で気持ちよくセックスしてね」でいいじゃん。性機能の仕組み、性病リスク性的指向性交渉に至るまでの作法避妊方法とかの知識性的嗜好プレイに依らず必要なわけで

セックス教育の中で推奨するってそれ本気なの?wあまり海外でも教育セックスを推奨してるって聞いた事ないんだけど。性教育ってあくまで薬物で言う所のハームリダクションにみたいに行われるのが良いんだと思ってる。性行為に関わる様々なリスク回避しようと思ったらしないのが一番なんだけど、なくすことができないか対策を教えるみたいな。そういうスタンス以外ありえないでしょ。

id:asterpleo パラドックス言いたいだけだろ。セックス方法よりも相手との体の違いを知ること、同意を得なければ強姦になること、避妊や失敗したとき処置、断り方、異性だけが愛の対象じゃないことを最低限教えてほしいだけ。

じゃあ、矛盾でいこうw相手との体の違いって保健体育でやってるし、 LGBTは確か教科書に盛り込むってニュース見たわ。勉強不足の著しい人が教育必要性を訴えてる変な感じ。断り方についてはノーを突きつける以外ない。相手との関係を悪くしないでということも含むならそれは個人コミュ力にかかってるくる。同意に関して教えるのは完全に賛成なんだが、正直無限プロセスがある同意をどう体系化して教えるのかというのを俺は知りたいね。今のところコミュ力の高いやりとりからしろみたいな記事しか見た事がない。バカにもわかるようにしなきゃいかんのにそんなんダメだろ。ちなみにはてな民は、同意プロセスをどう教えるつもりなの?

id:skgctom 何をやっちゃいけないか教育で学ばせるべきだが、何をやればいいか相手次第なんだから性交相手と学べよ。避妊手段いから69ねってお前の性癖であって万人に通ずる正答じゃねえだろうが

やっちゃいけないことをやるから教育必要なんじゃないの?wやっちゃいけないことを教えてそれをやらなくなるならそりゃ結構じゃないwけどそんなおとぎ話してないんだなこれが。あと、69の件は海外ドラマ性教育問題で出てくるシーンなんよ。ごめんな。

まだまだ、たくさん突っ込みたいブコメあるんだけど、とりあえずはこのくらいかな。暇なときに追加していきますわ。ちなみに、結局どういう性教育がいいんよ?そこが知りたいんだが文句ばっかで、具体的にこれだって意見全然ないんだがどういうこと?それを教えてくれよ。

2017-08-13

コミュ力の無い人間死ぬしか無いのか

コミュ力が無いか結婚どころか友達ができないし

コミュ力が無いか孤独だし

コミュ力が無いからいつもつらい思いをしている。

コミュ力を鍛えようとした同期は一回数千円もする心理セミナー社会人サークルにドハマりした挙げ句マルチ商法に引っかかり最終的には自殺した。

コミュ力さえあればもうすこし人生が楽しくなるのかもしれないけれど世の中には俺のような奴を食いものにする奴すらいるのだ。

 

手帳が取れた。俺はADHDASD精神障害者の三級に相当するのだという。

からといってたいした支援は無い。受けられるサービスはせいぜいSSTのような「人のフリをする技術」の訓練だ。

もちろん無いよりはマシだがそれで俺のコミュ力改善するかと言えばなにひとつ改善しない。

真っ当な人間のフリをして社会の中で生きて飲み会ヘラヘラ笑いながら他人のどうでもいい話を聞くことは俺にとっては苦痛しかない。

 

自分らしく生きようとしても社会の中でもがきあがきながら生きるうちにその自分を忘れてしまった。

せめて、せめて自分の心を平穏にできる居場所さえあれば俺は救われるのに…

そんな意味では俺にとってインターネットは救いだった。

しかし今はネットですら「普通」の人間が「普通」の感性によって俺の場所を奪おうとしているし、もはや俺の居場所でもなくなるのだろう。

 

やはり俺は死ぬしかないのか?

2017-08-10

https://anond.hatelabo.jp/20170810153322

お前が過去いじめにあってその結果引きこもって増田呪詛をまきちらす社会不適合者になったのはおまえのコミュ力が決定的に糞だったからであって、

将来生まれてくる同性カップルに育てられる子供がお前ほど最底辺能力しかないと決めつけるのはいかがなものかなwwww

https://anond.hatelabo.jp/20170810134136

実際余計なお世話しかないんだけど、いじめ対象になりかねない異質さなのは確かだろ

で、しょうがいからってそこを無理やり「他はともかくこいつだけはいじめちゃダメ!」

ホワイトリスト式で強引に修正かまそうとするからめちゃくちゃ歪なことになるんだよ

他の属性ならコミュ力不足のせいにされて死ぬまで問題にされないし

下手すりゃ死んだ後も隠蔽されるんだから

ただ聖域がひとつ増えるだけ

https://anond.hatelabo.jp/20170810133700

それ言ったら金持ちの家庭に生まれても、貧乏に生まれても、成績が良くても悪くても、コミュ力次第でいじめターゲットになるってことになるから別に同性カップルが両親だからとりわけ不幸になるという意見おかしいという結論にならないか

「産まれたら不幸になる子認定」を実際に責任持って育てる立場の親ならともかく外部の人間が口出しするのは余計なお世話だと思うね。

創作者にとってTwitterやらないと不利な気がする。

二次創作ならともかくオリジナルだととくに。

とにかく宣伝ツールが今の時代Twitter。便利ではある。

コミュ力さえあればいいけどコミュ力皆無な私みたいなのはきっと向いてない。

交流苦手だしフォロワー増えないしどうすれば増えるか知らないし、まずTwitterやってないんだけど(ROMはしてる)


実力をつけるしかないのか…とはいえ実力があっても評価される気がしない。

Twitterやらないで評価される人(広報宣伝担当マネジャー編集など)とかいる人はともかく)ってすごい。

思いつかないけど。

2017-08-09

藁人形ですが、何か

ぶっちゃけて言うと、「キモくて金が無いせいで結婚できない男」と見られると世間体が悪いから、誰か結婚相手をあてがってくれないかなと思ってるだけで、

体裁が悪くないのであれば別に結婚もしたくないし子供も欲しくはない。自分の身を削ってまで、年々ババアになっていく女とガキを養いたいとは思わない。

ババアをあてがわれるよりも、若い女とエロいことしてたほうが楽しいに決まっている。

現に、キモくなくて金があるオッサンは大抵若い女と不倫したり、キャバクラ風俗遊んだりしている。

それを一生続けられるほど稼げるわけでも資産があるわけでもないし、金がなくても若い女と付き合えるほど容姿コミュ力があるわけでもないから、

せめてもの慰めでアニメとかアイドルとかAVお茶を濁してるのに、それすらイチャモンつけて潰そうとしてくるのかお前らは。

オナニーして死ね」と言っておきながら、そのズリネタすら取り上げる気か。

だったら代わりのズリネタを持って来いよ。こっちだって若い女とヤれればアニメアイドルAVでギャーギャー言わねえよ。

ブコメが多くつく人

ブコメってなんのステータスになるんだろう

文才がある? ちがう

話題提供力が高い? ちがう

コミュ力高い? いやそんなこともなさそう

通常ここまで考えない、みたいな

ある意味思わぬマイナー記事書いてる可能性はある

洞察力が高い?

2017-08-07

現実社会でスペース文体使う人を二人知ってるけど

どちらも50歳前後コミュ力至上主義自分のことを優秀だと思ってる自信家だけど

致命的なミスが多くて周りに尻拭いさせてることに本人も言われないと気付かない

能力がない割に過集中傾向でオフェンシブな発達障害っぽい人達

なんかスペース文体使用者人格的な傾向は感じるけど

なんでこの文体人格が結びついているのかはよくわからん

2017-08-06

はてなはもうダメとかなんとかいうが

親が会社経営者で本人も医師免許もちで働かなくても一生遊んで暮らせるようなレベル上級国民でさえ(しか結構にたような奴がはてなにたくさんいる)

チビで顔が醜いからって、自分より遥かにランクが下のチャラ男やホスト崩れやDQNに、憎悪と敵意向けてるようなのすらたまに見かけるの見てると

ぶっちゃけた話、単にテメーのコミュ力や度胸がないのを社会自分が欲しいものを上手く手に入れてるノウハウを持ってそうな奴等に対して嫉妬してるだけだろ

金持ってるなら札束で頬っぺたひっぱたけばいいし、時間も有り余ってんだから筋トレするなり、エクストリームスポーツとか格闘技とかモテそうな要素極めてそれでアピールして口説くとかできるだろ?カッコイスポーツ有名人なんて、たいして顔もタッパもないような奴等ばかりでも、女をとっかえひっかえしてモテてんじゃん

というか、そんなにDQNホスト崩れやらチャラ男がうらやましいのなら、真似りゃいいだろ、会社行くときとか普段普通の格好で、土日にでも変装して活動すりゃええやんけ

まれてても活動性と応用力と、コミュ力がないとこんな悲惨メンタリティに陥るんだからある意味日本社会構造問題なんだろうかなぁとは思うが

追記

というか金と時間有り余ってんならマイナースポーツあたり行けば無双できるくらい練習時間取れるよなぁって思う

そいつらのいうホスト崩れやDQNチャラ男は、週休5日で働いてその余暇で精力的に動いてるのに、甘えすぎなんだよいろいろとって思うわ

そいつらは明日立場すら不安定プレッシャーの中やってんのにさ、働かないでも食っていける奴が何甘えたことほざいてるんだとしか思えんね、俺には

2017-08-04

https://anond.hatelabo.jp/20170804095429

労働と言う点では、先進国では男性の方が不利になりつつあると言われているんだが

機械化により肉体労働が減り、製造業人件費の安い途上国に移り、

その代わり国内に残って増えているのはサービス業

それはコミュ力に優れる女性の方が有利だから

頭の良くない男性はかつては肉体労働に就けば良かったが、今は職がなくなり

失業して社会の居場所が無くなって犯罪に走るようになり社会問題になっている…と言う

欧だか米だかの記事を見た事がある

日本女性差別の方が激しいのでまだそれが顕著になるほどではないが、

いずれ欧米並みに女性差別が解消すると同じ事になるんだろう

弱者男性がやたら女性差別構造を維持したがるのは、そういう未来予測出来るからなのかもね

2017-08-03

F欄潰せって言うてるのはF欄のポストに入るだけのコミュ力もないやつなんだろ

https://anond.hatelabo.jp/20170803013250

からおまえがこだわってんのって「性的弱者コミュ力弱者は正しいか」だろ

上野と俺は「性的弱者オナニーで満足して死んでいけばいい」の方に重きを置いているのでそこはどうでもいい

コミュ力だろうが制度的にだろうが性的弱者性的弱者

2017-08-02

https://anond.hatelabo.jp/20170802191953

それはキミの勘違い男性殆ど性的対象として見られてるよ

ただ男性性的対象とみなしてるからといって手を出すとは限らないだろう?

まして女性妊娠リスクがあるからうそ自分からアクションを起こせないんだ

キミも若い頃に洗顔や整髪をちゃんとして、ちゃんとしたコミュ力を持っていれば相手がいただろうにね

待て待てキモくて金のない坊ちゃん嬢ちゃんの方が10000%不幸だわ

オッサンやオバサンはもうどうでもいい

不幸不幸言っても逃げたいコミュニティに属してるわけでもなく悠々自適に生きている

そんなところで不幸自慢をされても何にも響かないし勝手しろや以上の感想があるか?

今時点でキモいが生死に関係しているのはどう考えても小中高のいずれかに属している生徒だろ

オッサンバサンのキモいはもう諦めるかコミュ力付けるか自力解決してくれ

なんの力も持たないキモい子供達を助けるのが最優先なんだ

精神崩壊する人間方程式(実話)

ここ5年間で精神崩壊した人間を3人みた。

部下の取締役取引先の社長・元上司社長

3人とも私よりも仕事がデキる優秀な人間

しかし、いまやただの廃人

マーチ以上の有名大学をでて順風満帆人生を送っていたはずの

彼らがなぜ、精神崩壊したのか?

個人的にも興味があったので彼らの共通点を考えてみた。

・酒に酔うと気が大きくなる

女好き

タバコを吸う

コミュ力が高い

利己的な性格

酒、女、喫煙に関しては優秀な人間だろうがまま見られる。

コミュ力は、社会人出世する上での必須スキルなので共通項とするには脆弱

一番の共通項は、利己的な性格だと思う。

彼らは、コミュ力仕事はうまくいっても、他人との本当の信頼関係は築けない。

利己的でも優秀じゃないやつはDQN人生で、DQN仲間とそれなりに楽しい人生をおくるだろう。

しかし、優秀で利己的な場合はキツい。

社会的レイヤーが上になればなるほど、信頼関係で成り立つ範囲が広がっていく。

学閥にしても忖度にしても、能力うんぬんより、人間人間との信頼で成り立っている。

その中では、利己的な人間必然的に行き詰まる。

賢いがゆえに、自分限界にも気がつき、正常な精神を保てなくなるのだろう。

はい御愁傷様w。

2017-08-01

コミュ力の高い人っているじゃん?

異性だろーが、年上、年下だろうが、上司だろうが、誰とでも話せる人。

けどさ、なんで私と話してくれないのかな?

https://anond.hatelabo.jp/20170801120732

プリキュアを見る息子キモいって自ら自分の息子をサゲる親にお追従が多いのは確か。

プリキュア云々とか親同士の会話に限らず、

相手が言う事を面と向かって否定する人なんてそうそういないのは当たり前なわけだが。

ネットでは何でも反対するはてな民も、まさか知人やら同僚やら相手に同じ事やってる訳じゃないだろ。

はてなであれば糞だろ氏ねと言われるような意見を言う人がリアル知人にいたとしても

適当同調するなりスルーするなりするだろまともなコミュ力あれば。

そこで「そういう事を言うのは良くない」などと言えるのは、余程相手と親しいか相手自分より遥かに目下である

喧嘩売っても構わないと思っている場合だけだ。

なので「親B」が周りから同調されるのはごく当たり前の扱いを受けているだけであり、

「親A」は他から嫌われるなり見下されるなりしている特殊立場から同調して貰えない、ってだけの話では。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん