「冷房」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 冷房とは

2018-12-14

東京建物そもそも冬を乗り切れていない件

東京の家だの建物だのマジで寒い別に玄関フード付けろとは言わないけど、窓ガラスの断熱性高めるとか気密性高くするとか色々できることあるでしょ?

何が腹立つって「え?冬って寒いもんでしょ?」みたいな面して、さもこれが東京スタイルですとしらばっくれてるのが無理。いや寒いからこれ。室内でアウターが脱げないのは寒いだって

そもそも室内は常に一定の気温に保たれるべきで季節の変動を取り入れる必要ねえだろ。ビオトープかよ。

こういう話をこっちの人間にすると「いや夏場は通気性が良くないと~」って、お前今年の夏を通気性だけで乗り切ったのかよ。壁全部メッシュ地か? 冷房暖房エアコンで熱交換してやってるんだから、壁に求められるのは断熱だって自明だぞマジ。なんか知らないが「家の造りは夏を旨とすべし」とかいう兼好イズムが都民全員を洗脳してて困る。

降雪による混乱とかの話でも「年に一度あるかないかの雪に備えるのはコスパが悪い」とか言い出すやついるが、そもそも雪の降らない冬を乗り越えられてないぞって言いたい。あたかも雪が降らなければ冬対策完璧なんです~みたいなテンションなのが訳わからん


わずキレながら書いたけど別に北から目線がしたいわけじゃなくて、俺はただ皆と温まりたいだけなんだ。わかってくれ。

2018-12-02

やべぇ奴

ずっと考えいることで、この先もうだうだ考えそうだし、モヤモヤが少しでも解消出来ればと思って増田に書こうかと。

ただ自分が抱えてる事を吐き出したいだけで、アドバイスが欲しいとかやべぇ度合いを認識したいとかそんな訳じゃないです。

題名の『やべぇ奴』は自分の事。

好きな人がいます

出会ったのは6、7年前で、好きになったのは2、3年前。

とあるまりで年に数回顔を合わせているような関係で、好きになったきっかけは、冷房の効いた店内から外に出た時に、あまりにもその子の手が冷たくて、『こんなに冷たいんすよ』的に腕を触られ、落ちました。ガチマジでチョロいです。

の子は超イケメン好きで、自分イケメンとは程遠い所にいて、出会った当初は目にも入っていないような感じ。

年に数回会っているなかで少しずつ会話が増えて↑みたいになったわけです。

好きになってから気持ちがどんどん大きくなって、食事に誘うようになり、3回目に誘った所で断られ、今に至ります

今は出会った頃と同じように目にも入っていない感じです(T_T)

そんな状態になったのも1年半程まえ。

そこから何も状況に変化はなく、この先も続いていくのかと思い、もうどうしようもなくここに吐き出した感じです。

はぁ。

状況は

・まだ好き

・フラれて辛い

・フラれた事は忘れたい

・でも、忘れられない(会いたくて震えてはいない)

・会うたび残念な表情をされ辛い

不器用自分にムカつく

知り合い曰く、『食事を断られただけで、ただそれだけっしょっ(笑)』的なことは頭で理解していて、別の頭が『でも辛いっしょ』とずっとウダウダ。

この無限ループはいつまで続くのか。

にしても、会わないと『好き』が増えていき、会うと『好き』が減るってどういうこっちゃ。

『好き』なのは『好きな相手存在』に対してで、『好きな相手』では無いのかなとか、気持ちの在りかもわからん

自分思考ロジックコードが落ちてたらなぁ、、

あー、でも、修正はしないんだろうな。

寝起きの頭が冴えてきた!

さて、買い物にでも行こうかな。

2018-11-27

おいおい、今の時期に冷房入れるやつがあるか!

会議室Aと部屋Bの天上は吹き抜けになっていて

冷房が吹き抜けの部分にある。

私の部署は部屋Bで仕事をしているんだけど、

会議室Aで会議するからって、この時期に冷房いれやがった!!

吹き抜けの部分の冷房が27度になり、

そして近くのエアコン3個は連動する。冷房27度になる。

会議室Aの巻き添えに、部屋Bも冷房キンッキンだ。

私は今朝から体調が悪く、

午前中やらなければならない仕事があるので着ていた。

ダメだ、ガチで体調悪いから午後半休にするっきゃないや。無理。

2018-11-08

anond:20181108160633

私が電機メーカー就職したての頃、IBM業務冷房機の設置に行ったことがある。

広いフロアには受付のお姉さんの他は、ビルの電設のおっちゃんがいるだけだった。

だけ、というのは当時の印象であって、いまにして思えばあの黒い大きな箱が従業員だったのだ。

IBM本社には、今も昔も誰もいないのだろう。

2018-11-06

anond:20181106004956

弱小研究室からサーバールームなんてないし狭い居室に全部突っ込んでるんだよお

11月にも冷房かけてくれるか、さっさと最低気温1桁くらいになってほしいわ

2018-10-22

anond:20181022161414

冷房の直風が当たらないように、風除けをつけている。

サーキュレーターも導入している。

解せないのは、自席より明らかに寒い休憩室では仕事ができるらしい点

anond:20181022160919

冷え性かな…ちょっと異常かも。

他の女性が平気そうにしているなら、その人が極度の寒がり。

冷房がその人の真上にあるとかは?

暖かい空気は上に溜まりがちで、背の高い男性の方が比較的暖かく感じやすいのでサーキュレーター回すと空気が循環していい感じだよ。

異常なほど寒がりな女

同僚の40代の女だ。

デスクワーク仕事で、基本的に1日中自席に座っている。

夏場冷房をつけると異常に寒がり、ここ数週間は窓を開けるだけで寒いといい窓を閉める。

オフィスは南向きの1Fで日当たりは良い。

服装インナーヒートテックを着ており、小型のダウンジャケット羽織っている時もある。

デスク下に小型のヒーターを持ちこんでもある。

10名程度のオフィスで、その人以外は暑いと感じている。

窓を少しでも開けると、風の流れが発生し寒いと窓を閉めるため、換気も行えない。

室温計で計ると27℃。換気ができないためかなり蒸し暑い

何らかの病気では?と病院受診を勧めても、「冷房により体調を崩したから体調が悪い」

一点張り病気寒い ではなく 寒い病気 になったとのこと。

とうとう最近では自席を離れて休憩スペース等で仕事をし始めた。

もちろんPCはないので資料整理だとか、そんなレベル仕事しかしなくなっている。

換気のために窓を少しでも開けると、もの凄いスピードで窓を閉める。

離席している際に換気を行うと、戻ってきたときに寒くて体調を崩したと早退する。

まり体感温度が違う人間とどう仕事をすべきなのだろう

2018-10-20

anond:20181019145637

雪氷熱利用/雪氷冷房だな。青森新潟にある。雪国だと冬に雪を貯めて、夏までに冷房代わりに徐々に溶かすという。

男性オフィスカジュアルにすべき

男性スーツ義務なのに女性私服OK これは差別と訴える社員弁護士の答えは? - シェアしたくなる法律相談

https://lmedia.jp/2018/10/19/88108/

男性も速やかにオフィスカジュアルにすべき。

夏場はもっと涼しい格好で出勤してください

そうすれば冷房温度も下げやすくなって女性にもメリットがあります

しろスカートとか履いて涼しく過ごして欲しい。

スカートが嫌ならドーティでもいいし。

そして冷房温度を下げよう。


でも毎日洋服考えるの面倒だから毎日スーツで出勤したい。

2018-10-19

anond:20181019060214

釧路は年間を通して冷涼な気候で、真夏でも夜にはウィンドブレーカー羽織らないと肌寒いくらいだ。

そこでデータセンターです。エアコンガンガンやすデータセンターには冷涼な気候がぴったり。

冬には窓(簡単のため建物に窓があるとする)を開けておけば冷房はいらないかもしれない。

計算機が発する熱を暖房にすれば人間も快適かもしれない。

昔大きな地震があったのでデータセンターには不向きって声も出るかもだけど、そんなこと言ったら日本には安全場所がない…。

安全場所がない以上、可能な限りリソース分散しておくのが有効だ。知らんけど。

2018-10-18

えっ、氷でお湯を沸かすことってできないの!?

吸収式冷凍機を使えばガスの炎で冷房できるから、てっきり逆もできるものかと…

2018-10-15

[] 【10】2018秋、ベトナムホーチミン

<< この旅行記の先頭へ


anond:20181015160115





ありのまま、恋と愛、バインミー


一旦弱くなった雨足はやがて勢いを取り戻し、カウンターの前から身動きが取れなくなった。

このまま夜も雨だったら空港での夜明かしは大変だ。

心配と共に空腹も襲って来る。

ニュアンスは違うが、きっちり呆然とする事になった。

しばらくして、心配をよそに弱まる雨足。

順番が逆になったが、エントランス荷物を回収し、完全に雨が上がった夜のプールサイドに戻る。

18:00

今のうちに何か食べておこう。

典型的ベトナム南部料理といえば、お好み焼き様のバインセオらしいのだが、メニューには無かった。

バインミー紅茶を頼む。

そういえばH.I.Sのラウンジでもバインミーラスク試食した。

旅の目的だったとはいえ、これほど度々「バインミー」と名のつくものを食うとは思わなかった。

グエンフエ大通りで買ったものの8倍に当たる200,000ドンというお値段に後で驚く事になるのだが、ホテル ニューワールドプールサイドバーで食べたバインミーは繊細で上品な味がした。


と、旅行中、どういう偶然か何度も聴いた曲のインストバージョンが流れて来た。

完全に口ずさめるメロディーだが曲名が全く出てこない。

どうしても気になる。

曲が終わるとカウンターの奥でにいちゃん機械を弄っていて、選曲は彼がやっているらしい。

会計の後、声をかけた。

「I want remember song title, ♩rararara ra ra ra rara ~」

Nothing's Gonna Change My Love For You.

「それだ!」


場所スパエントランスに移して一休み。

ソファは快適だが、冷房ちょっと肌寒い。俺だけかな。

寒さを誤魔化すように、Nothing's Gonna Change My Love For You.歌詞を調べてみた。


表現世界概要をいうのも違うと思うが、歌詞概要は以下の通り。


僕の世界に君がいなきゃ毎日空っぽで夜はすごく長い。

でも君がいれば永遠だ。

こんな想いは初めて。

夢が行きたいところに導いてくれる。

抱きしめて、触れて。君なしでは生きていたくない。


君への愛は変わらない。

僕の愛がどれだけか君は知るべきだ。

世界が変わっても君への愛は変わらない。


進む道が困難でも愛が星の様に輝き導いてくれる。

君が必要なら僕はそばにいる。

君は君のままでいい。

ありのままの君を愛している。


君への愛は変わらない。

僕の愛がどれだけか君は知るべきだ。

世界が変わっても君への愛を変えられるものなどない。


これから夜は長いわ、初めての想いだわ、夢の風景に導かれるわ、ここでもまたもや、ありのまま肯定されて、挙句ベトナム国旗よろしく星まで出て来る。

歌詞の内容が状況にぴったり過ぎてちょっといくらいだ。


おまけに歌詞さながら愛の大サービス状態

思えば昨夜、俺もまた金髪の男に金を渡し、白いシャツ少女差し出した皮のブローチはハートだった。

ブローチは慎重すぎて手放したが、あれが本当にフェアトレードなら、渡した50,000ドンだけは誰かに届くはずだ。

夜が明ければ、ハート満載で見た目も味も甘々のミルクティーで喉を潤し、アオザイのお姉さんの美しさを絶賛して本気にはされなかったが、ベッドの上に星とハートをちりばめた感謝メモをしたためた。

これを書いている最中にも、お姉さんが熱々のお茶を持ってきてくれる。

冷房でやられていたので心底ありがたい。

この旅では、ありのまま自分や、恋と愛の話にやたらと出会うようだ。

あとバインミー


【11】2018秋、ベトナム、ホーチミン Day 4-5|導け愛の星よ へ >>

2018-10-11

anond:20181011213633

水が溢れる← 節水意識がたりないせい。

渋滞する←道路未完成な上に混むことは事前にわかっていたのだからもっと早く来ましょうよ。

ターレ燃えた←誰かが放火したんちゃう

マグロが溶けた←暑かったならしゃーない。明日冷房もっと強くいれるだけや。

カビが生えた←カビ落としで綺麗にすればええがな。

ホットコーヒーうまい季節がいよいよやってきたぜ

冷房ガンガンの部屋で飲むホットコーヒーうまいけどな

暑い中飲むアイスコーヒーうまいけどな

良い朝だ、雨だけど

2018-10-03

例えば原発反対とか言ってる人

デモ参加した後、

夜家に帰って冷たいビール飲んで今日疲れたなーって冷房の効いた部屋で

そう思ってるんでしょ?

なんか笑うあほらし。

菜食主義者の人たちとか、

なにかに強く反対!って言ってる人たちは暇なん?

ほんとこの人たちら暇なんだろうなーって横目で見てしまう。

暇なら増田ホットエントリー狙うぐらいに、

何かを熱心に書いてみたら?って思う。

2018-09-18

息子だけど、親権押し付け離婚した母親について

そういえば自分の周りに親権を押しつけて離婚した母親がいたなあと、元増田を読んでいて思い出した。

もう20年近く前の話だし、元増田の元家庭とはずいぶん環境も違う。

記憶も定かでは無いけれど、「親権押しつけて離婚した母親」がどう見えたか、息子の立場の思い出で自分語りする。

母親最後に見送ったのは私と弟だった。

私の母親は、私が10歳の夏に家を出ていった。

母親の姿を私が最後に見たのは自宅の玄関

私と弟が学童保育から帰ってきて一息ついたあと、入れ替わりで母親は家を出ていって、そのまま帰ってこなくなった。

私と弟がどこにいくのか尋ねたところ、

ちょっと買い物に出かけてくる、あんたたちも来る?」と母親は応えた。留守番をしている、と返したと思う。

まだ日が落ちる前で外は暑かったし、エアコンが効いた部屋から出たくなかった。

それが母親と面と向かって話した最後の会話だった。

その日以来、母親は帰ってこない。ずいぶん長い買い物である

父親が帰ってきたのは20時ごろだったと思う。

母がいっこうに帰ってこないから、勝手レトルトカレーを食べるか迷っていたところだった。

そこから記憶あいまいで、「お母さんは買い物に出かけている」と父親に伝えたこと、その日は結局帰ってこなかったこと、

翌日の夜に「お母さんはもう戻らないんだってさ」と父親に伝えられたことは覚えている。


日経ってから改めて、「お前たちはどうする?お母さんについてくる?」と父親に聞かれた。父と母だけで子供に見えないところでやり取りをしていたんだろう。

私と弟は、間髪入れずに「父親についていく」と伝えた。

子供ながらに、「父親は家に住んでいる、母親は家を出た」「父親仕事をしている、母親パートタイムで働いている」「母親と一緒になるのは不安しかない」と思ったから。

その日からしばらくは子供部屋ではなく、父と母親の部屋で寝ることになった。

父親には「お父さんが寂しいだろうから」なんて言ったけど、たぶん怖かったんだと思う。寝ている間に父親もいなくなったら、とかたぶんそういうことを考えてたんじゃないか

家庭事情、なぜ離婚したのか

正直なところ、離婚前後夫婦関係母親の状況について、父親に聞いたことはない。父の浮気のようなわかりやす理由があったのかも分からない。

当時は、父親の機嫌を損ねたくなかったから、そんなの聞けるわけがなかった。

私も弟も父親も、母親がいなくなって、各々で新しい日々を送ろうと四苦八苦していたし、そのうちに聞くタイミングを失ってしまった。

というかよく考えたら、父と母親の馴れ初めについてすら詳しく知らない。なにしろ私がそんなものに興味を持つ前に離婚してしまたから。

父の年齢から離婚時点の年齢を考えると33~4歳前後になるから、彼らはおそらく大学を出てすぐに結婚したんだと思う。

父は普通サラリーマン帰宅20前後母親も、私が幼稚園の頃からパート勤務をしてて18時頃の帰宅が多かった。

なにしろ大学を出てすぐ私たちを生んだわけだから我が家にも給料的には余裕が無かったはずだ。

共働きということもあって、私と弟は小学校に入るとすぐに学童保育に預けられた。

周りの友人たちの母親専業主婦ばかりだったし、いま思えばマイホームを持った落ち着いた家庭が多かった。

記憶にある限りでは、私の母親PTAなどにもほとんど参加していなかったと思う。地域での友人関係というのも無かったんじゃないか

当時は家の鍵を渡されてなかったから、学童保育から帰ったあとは玄関の前に座って、母親の帰りをぼうっと待っていたのを覚えている。

食事レトルトや総菜がほとんどだった。忙しかったんだろう。

離婚の経緯に関しては唯一、母親祖父から「あの子あんたたちを育てるのを投げ出した、だから勘当をした」という趣旨の話を聞いたことがある。

そのため、母が家を出て行った理由は、私と弟の世話に嫌気がさしたからだと思っている。

実際、当時の私と弟は問題児で、小学校でも幼稚園でも喧嘩忘れ物などの問題行動をよく起こしていた。

まり詳しく覚えていないけど、家庭でも似たような状態だったのだと思う。酷く手のかかる子供だったと思う。

そんな状態である上に、私と弟は昔から比較的父になついていた。母親から見れば「男3人と自分」という対立構造に見えるときも多かったんじゃないだろうか。

上に書いたように、父と母親のどちらにつくかのやり取りもあったから、子供目線だと「母は親権押し付けて出て行った」のではなく「僕たちは自分父親を選んだ」という意識を持っていた。

でも、こうして書いていると、やはり母親私たちと居ることが耐えられなかったんだと思う。

「買い物」に出ていく際の「あんたたちも来る?」という問いは、きっとそんな耐えられない息子たちと自分関係を確かめ意味言葉だったんだろう。

ごめんね、お母さんよりも冷房を選ぶような息子たちで。あの日暑かったからなあ。

離婚のあとのこと

断片的な記憶だけど、父親離婚届を書いているところ、書類を返送する際に「こんな男と10年以上いてくれて~~~」という趣旨手紙を添えていたことを覚えている。

父は「本当にお母さんと連絡したいと思ったら、この携帯番号にかけたらいいから」といって、母の連絡先が書かれたメモ電話機のわきに残してくれた。

何度か電話をかけた記憶はあるが、そのとき何を話したかはもう覚えていない。

しばらくは祖父母が手伝いに来てくれていたこともあり、私も弟もすぐに母親がいない生活に順応した。メモはしばらく壁に貼ってあったけど、どこかにいってしまった。

その後、母親祖父から絶縁されたらしい。

もっとも、何年かに一度は連絡がある、ないしは帰ってきていたこともあるらしいので、本当のところは知らない。

私が二十歳を過ぎたころぐらいに、祖母から母親と会うつもりはないか」と聞かれたこともあった。

ただ、そのときにはもう私も大学生だったし、妙な蒸し返し方をされるのが不気味で会うのを拒んでしまった。「会わなかったぶんのお小遣いをくれるなら考えるよ」とかなんとか適当なことを言って。

小遣い自体は実際にもらった。

大学時代、祖父母の援助で車の免許を取得させてもらった。

あとから聞いた話によると、これは母から祖父母に「息子のために使ってほしい」とあずけられたお金から出されたものとのことだった。

祖父から「残りは、いつかお前たちがいい人を見つけて結婚式をするときに渡したい」と言われた。

父と母親の間で、慰謝料だか養育費だかの金銭のやりとりがあったかについては、知らない。たぶんもう知ることもないと思う。

私のその後

離婚してすぐに一家4人ですごしていた家からは引っ越すことになった。

学校が変わったことがきっかけで、無自覚問題児から自覚のある問題児に変わった。

父親との関係とは紆余曲折あったものの、大学までは出してもらった。

その間、母親がいないことで不便した記憶というのはほとんどない。保護者参観に親が来ないことにもすぐに慣れた。

中高生ときから料理をするようになったし、親が家にいないおかげでのびのびと生活していたから、むしろ恩恵のほうが大きい。

最近になって若干面倒になってきたのは、職場の同僚や知人から

「いつ結婚するのか?」と尋ねられること。

これは母親がいなくなったこととは直接関係とは思うけど、異性と生活を共にして、家庭を持つイメージがどうしても持つことができない。

おじいちゃん、お母さん、ごめんなさい。どうも僕はあのお金をもらう気にはなれません。

母親をどう思っているか

今になって思うと、ひどく気の毒に感じている。

母親が私を生んだ年齢をすぎて数年が経つ。もし今の私が、私のような子どもを持っていたとしたら、おそらく私だって投げ出すと思う。

もっとも、母親が買い物に出かけた理由が、本当に私たちだったのかは知るよしもないんだけど。

元増田について

本当にお疲れ様でした。

自分語りをしながら、もしかしたら私も元増田の書いてるような「隠し通された子供」なのかもしれないのかなあ、なんて考えてしまいました。

ただ、いずれにせよ元増田さんの体験元増田さんだけのものですし、好き放題に増田で叩かれたり、長文で自分語りする父子家庭出身者が現れても、あまり気に病まないでください。

どうにかいろいろと上手くいくようになって、元増田にとってもお子さんたちにとっても一番傷が少ない結果になるように、祈ってます

https://anond.hatelabo.jp/20180918120625

2018-09-17

anond:20180917153110

Google的な文化一見自由に見えながらも、自由意思で選択していると思わされる方向へ向いている。

マクドナルドが、椅子を硬くしたり、冷房を強めて回転率をあげる(秩序を作る)みたいな世界

 

一方、「怒る」タイプ規律訓練により秩序を作り上げる世界だ。

 

どちらが正しいとか言いたいんじゃなく、( 時代は前者の方へシフトしているが )なるべくどちらの世界観でも少し距離を取り、意識的対処できるのが良いと考えている。

その点が、反論したいところだったのだ。

2018-09-12

エアコンを入れていないと気持ち悪い

けど今日冷房入れるには十分に涼しく

かといって暖房を入れるには早すぎる

解禁日

たいした話じゃないんだけどな。

今日も一日仕事して、終わって、電車乗って帰って。

はいつも最寄の20分くらい前の駅で乗り換える必要があるんだよ。だから電車一回降りて乗り換えのやつを待ってたんだけどさ。

ふと無意識に口にしたんだよね。

「さむっ」

って。

電車の中の冷房のせいじゃなくて、外気に触れて寒いなって思った。寒いっていったってもちろん、冬の寒さとは違うけどな。

朝起きて会社行くとき特になにも気にしてなくて、いつもどおりの半袖のシャツ着ていったんだけどさ。

今日わりと気温低くて、夕方過ぎてさらに下がってきて、20ちょっとくらい?

自分で口にしてやっと気付いたんだよな、あー、涼しいな、そうか夏ももう終わるかもなって。

この前まで30度余裕で越えてて、この暑さでオリンピックはどうこう、サマータイム導入がどうこう、それは無茶だろアホか云々、なんて話してたのに。

毎日帰宅してすぐエアコンつけて、冷蔵庫からビール出して、汗引くの待ちながら飲んでいたのに。

このままずっと毎日暑い暑い言いながら過ごすかのように錯覚してたけど、夏はいずれ終わる。

お、もしかして今日がその日なのか? って思った。

でね、そこで閃いたんだよ。今日、鍋にすっか、って。

俺は一人暮らしなんだけどさ、鍋好きなんだよ。なんか鍋はみんなで囲むもの、一人で鍋とか寂しいだろみたいなイメージ結構強いけどな。

別に一人で鍋すんのってそんな悪くない。作るの楽だし。材料刻むだけだし、味付け適当でも最後ポン酢あればどうにでもなるし。

そういえば、先週末買い物いって、キャベツもやし長ネギ豆腐はあるな。肉はないしキノコは欲しいな、とか。

どうでもいいけど、キノコってえらいよな。野菜とかたまにすげーアホみたいに値段あがったり、品薄になったりするけど。キノコだいたいいつでもあるし。値段かわんないし。しかも、なんかキノコって秋の風物詩感あるし。

そんなこと考え始めたら、なんかめちゃめちゃ楽しくなってきて、早く電車こねーかな、帰って早く鍋してーなって思い始めて。

から家までは自転車なんだけど、ちょっと寄り道すればスーパーがあるので、そこでキノコしめじエノキ)と肉(豚ロースの鍋用ってやつ)と、あと白だしキムチの素を買って来た。そう、キャベツもやしならキムチ鍋かなって思ったんだよ。辛いもの大好きなんだ。

レジ通すとき、この内容で「こいつ今夜鍋か?」って思われるんだろうか、とか少し考えたけど。ま、店員のおばちゃんがいちいち客の買い物の中身みて献立予想とかしねーよな。でもなんかそういうことも考えるくらい、そう、浮かれてたんだよな。今日我が家では、鍋解禁日なんだぜ、って。

ま、唯一の誤算として、家にあると思っていた豆腐は既に冷奴で食っちまっていたことを忘れていたので、豆腐抜きの鍋になったけどな。

そこはまた次回の鍋のときの楽しみに取っておくことにする。

毎日そんな楽しいことがあるわけでもないし、一日一日過ごすのが憂鬱だなーって思うときもあるけどな。

ふと鍋食うかって思って作っただけでテンション上がるもんだな。

暑い日に飲むビールうまいけど、ちょっと涼しい夜に鍋食いながら飲むビールもこれまたうまい

なんか疲れたなって思いながら帰ってるやつ、お前も今日、鍋解禁日にしようぜ。旨いぜ、鍋。

本当に夏は終わってしまったんだな

今日外に出て冷たい風を肌に感じて「あっ夏終わったな…」って思った。昨日まで昼も夜も冷房つけてたのに、今はもう窓を開けているだけで涼しい

ああ、夏、本当に終わったな。

2018-09-05

瀕死状態のGが俺の枕元に

俺んちには基本Gが居ない。ただ1回だけ...

夏、寝る時にエアコン掛けていたら、俺の枕元にポトッと何かが落ちてきた。

何だろうと思って電気をつけたら、瀕死状態のG(結構デカかった、2cm以上有ったと思う)であることが判明。

寝室のエアコンは俺の枕元の上に有る。

ドレンから潜り込んできたやつではないかと思うが、

冷房で冷やされて動けなくなって俺の枕元に落ちてきたんだと思う。

エアコンのドレン(排水口)、壁にあけた穴、注意が必要だぞ。

http://www.souji.com/column/cl_aircon/6775.html

住宅の周囲に飲食店が有る場合は、

飲食店燻煙剤バルサンとか)使われると、Gが周囲の住宅に逃げてくる。

外に干した洗濯物とかにも付いてくる事が有る。

2018-09-04

ここは地獄か?

まるで大災害が起きたかのように、テレビに各地の気温のテロップ流れる日々。

冷房が壊れた病院では6人も死に、殺人罪捜査が入る。

台風屋根は飛び車は転倒しビルの外壁が剥がれ落ちる。

ここは本当に日本か?

地獄かなんかなんじゃないか

雪山だってこれよりはだいぶ安全だと思うぞ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん