「ズボン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ズボンとは

2017-09-19

男が大便器で小便するメリット

立ちションは小便器周辺はもちろん、飛び散るとズボンベルトにも飛び散って非常に汚い。その点腰掛便器なら飛び散るリスクが無い。

・小便をするついでに大便も出る事がある。後から大便に行く手間が省ける。

ちんちんを全力で振れるので尿道に残っている小便を出し切り、最後トイレットペーパーでしっかり拭き取れる。

・座って一息つける。頭の中がトイレリセットされる。そういう時、大事な事を思い出したり新しいアイディアを出せる。

これだけメリットがあるのになぜ小便器を使い続けるのか?

2017-09-14

https://anond.hatelabo.jp/20170914111706

まあ、1点もの(もしくはごく少数)が多いかしょうがない。

俺は男だが、肌に触れるような衣類(ズボンとか)は、とりあえずまず洗う。

 

ちなみに、更衣盗撮風の動画とか見ると、下着や水着を裸になって着用している女性が多いが、あれはそういう動画からそう作っているのであって、実際にはそんな人はいないのか?

2017-09-13

ズボンを脱ぐということ

今日仕事に疲れて会社トイレに逃げ込んだ時にふと思ったこと。

今の状況を「会社ズボンを脱いでいる」と捉えると、気分も変えられるんじゃないか

トイレズボンを脱ぐのは当たり前だが、会社ズボンを脱いでることには間違いない。

会社ズボンを脱ぐ」

なんて犯罪的でインモラルな響きなんだ。

という果てしなく下らないことを思ってしまった。

2017-09-12

下痢の時全裸になる

上着はもちろん、肌着もとる

下ろしたパンツズボンから足をちゃんと抜く

眼鏡もとる 腕時計

髪を束ねているときはそれも解く

これはそういう性癖ということではなくて、そうしないとつらくて仕方ないのだ

肌が何かに少しでも締め付けられている感覚があると下痢苦痛に耐えられなくなる

他の人はそうではないのだろうか

anond:20170911231232

keshitai あれ冒頭のトイレシーンで出てなかったっけ?

msdbkm 冒頭のあたりで、砂浜でベルトをかちゃかちゃ外してズボンを下ろそうとしてた気がしたんですけど、なんやかんやでうやむやになっちゃってたような

あいパンティー履いてたのかよ。戦争ものの割りに攻めてくるな

久しぶりに腹を抱えて笑った

妻が2泊3日で出張に行った。

私は妻が出張へ行った日に午後半休を取り、TENGAを買った。

妻とのセックスは多くもなく少なくもなく。内容も至ってシンプル

から妻がいない時こそTENAGAをフル活用し、自分妄想を虚空にぶちまけるのだ。

私は部屋のカーテンを閉め、吟味してDVDPCにセットした。

「プギャッホーー!ウォノホホ!」

私は固定されたTENAGAに対し夢中で腰を振り続けた。

「アオアォォォォォ!」

絶頂を迎える直前にPCの画面が消えた。読み込みエラーで停止した。

するとPCの画面に獣のような顔で腰を振っている自分の姿が映った。そして、近くの鏡にも。

なんと間抜けな姿なのだろう。ズボンおろし、TENGAに腰を振っている哀れな姿。

私は声を上げて笑ったと同時に射精した。

笑いながら射精した後、これまで感じたことのない平和気持ちが訪れた。

私は軽い腰と共に外に出て、コンビニ募金箱に1000円札を入れた。

勿論シャワーを浴びて手を洗っている。

また笑いながら射精したいが、きっと無理だろう。

2017-09-07

ズボンのことパンツって言うのを即刻やめるべき

そのせいで「パンティー」って言わないと気がすまない人間がいる。

そういう人間パンツの事をパンティーということで2文字分のロスをしている。

例えば1日100回パンティーというひとは1日に200文字無駄文字を出している。

ズボンのことをパンツっていうのを即刻やめろ。

例えば地球環境問題エコバッグ流行っている。経済的に考えてもレジ袋の5円を節約できる。

ライターは安く見積もって1文字0.2円としても、200文字なら40円にもなる。

なんということだろう。地球環境問題を考えて5円節約するのにパンティーを1日に100回言う人は40円も損している。

考えただけで恐ろしい。地球環境問題を考えるならズボンの事をパンツというのを即刻やめるべきだということがわかっていただけるだろう。

2017-09-06

ケツのでかい男って大変だな

知り合いにいるが

遠目に見るとシルエットがボーリングのピンみたい

ウエスト周りに合わせたズボンうから

どんな種類のズボンでも柔道着の下みたい

歩くと内股歩き

デブより見た目悪い

2017-08-29

https://anond.hatelabo.jp/20170829164953

逆だろwキモ金オッサンすらゲイを認めるような多様性のある社会ならキモ金オッサンたちも気兼ねなくおしゃれなカフェ出来るだろw

一般人にはゲイ集団がピチピチ半袖半ズボンで小指立てながらでっかい声でお茶するのとキモ金オッサンがお洒落カフェすんの全く変わんないからw

ゲイ集団がお洒落カフェ宴会することが支持される社会では当然キモ金オッサン集団がお洒落カフェ宴会しても指示されるでしょ?キモ金オッサン集団がいたとしてあ、ホモかってなるだけだから

2017-08-23

月曜日の朝、スカートを切られた

キャッチーでエッジの効いた詩。幾つか自分過去を思い出した。

一例目。中学生部活の帰り道で知らない男性握手を求められた。断ると、免許証を出して来た。自宅から然程遠くない道で、セーラー服を着た黒髪の私は彼にとって魅力的だったのだろう。帰宅し、翌日言いづらい気持ちを抑えて学校担任に報告した。女性教師曰く「本当に好きだったんじゃないの?」同じ女でも、理解を得られる事は無かった。クラス学級崩壊のような状況を抱えたまま受験期を迎え、担任は別の学校へ赴任した。最後の日、彼女が贔屓していた男子生徒達は誰一人来なかった。

二例目。高校生。駅で電車に乗り込もうとした際男が階段下腹部露出自慰に耽っていた。友人に「見ては駄目だ」と言われたが直視してしまった。あれが何曜日だったか覚えていない。塾に敢えて制服で通えば大学生講師が「ええなあ」と褒める。

三例目。駅で毎回痴漢に遭っていた。ある日意を決して痴漢の腕を捕まえた。しかし思いの外男はすばしこく、取り逃がした。その時聞こえたのが女性の「やめなさいよ」という声。誰も傷付いた心を助けてはくれない。

最近では自分を守る為に、思い出さないようにするという機構が備わっていた。しかし、何年も昔被害に遭った事を思い出すあたり割と根は深いのだろう。

女は女の魅力を高める為に制服を、スカートを着せられる。ズボンを履くという選択肢は与えられない。こうやって整理した所で、ブクマによるセカンドレイプが始まる。社会はそういう風に出来ている。

2017-08-15

これって小学校時代あるあるだよね?

学校でだれもいない瞬間を見計らってズボンパンツを下す

意外と下駄箱あたりがねらい目だった

彼女の家で漏らした。

まさか自分がやってしまうとは思わなかった。齢26にして漏らしてしまった。今日しか彼女の家で。

こんな内容はもちろん自分ブログに書けないので、脱糞にふさわしいこの場所で書き出したいと思う。不思議とつらい気持ちはなく、清々しい気分である

以下、うんこというのは忍びないので、ブラウニー統一させてもらう。


その日の東京は朝から薄べったい雲が空に延びていた。6時起床。思えばこの時から腸の状態が悪かった。

朝食を食べ、彼女仕事の身支度、僕は休みなのでだらだらしていた。この間もずっと腹痛があって、なんだか危ないなという予感はしていた。

事態が変わったのは、彼女が家を出る9時ごろ。突然、僕の腸が、というか、僕の中のブラウニーが主張し始める。


出たい。ここから出して欲しい。


唐突ブラウニーの訴えに僕は焦った。普通ならば即トイレに駆け込むところだが、僕と彼女はまだ付き合って間もない。

熟年夫婦のような間柄ではないから、ブラウニーしてくる、と言ってトイレに行くわけにはいかないのだ。しかも腹を壊している時のブラウニーだ。

きっと強烈なサウンドを伴うだろう。壁の薄いアパートでは、破裂音が伝わってしまう。

僕は、自分を取り繕うよりかは恥を曝け出すことを選ぶ人間であるため、この時も、今の状態を素直に彼女に伝えた。

恥をしのんで言う、ブラウニーを出したいんだけれど、君がいるから恥ずかしくてトイレに行けないんだ。

そう伝えると、彼女は「わかった!じゃもう家でるね!!」と言って身支度を早々に終わらせてくれた。

彼女が急いでバッグを持ち、玄関へ走る。靴を履こうとしている。

しかしもう限界である

本来なら玄関で見送るところ、この日は本当に限界だった。僕は「あかん!!」となぜか普段使うことのない関西弁叫びながらトイレへ滑り込んだ。

彼女はもう靴を履いて出るはずだ、ズボンを脱いで早くすっきりしよう、と思ったその刹那、「しまった靴下忘れた!」という声と共に、騒がしい足音が近づいてきた。

彼女が部屋に戻ってきたのだ。

ここで僕はパニックになってしまった。僕の計画では、彼女が家の外に出た瞬間にズボンを脱ぎ、ブラウニーを射出する予定だった。

その彼女があろうことか戻ってきたのだ。タイミングがずれた。

だがもう肛門限界である。出さなければ。この時の僕はパニックになっていた。

ズボンを脱ぎ→座って→ブラウニーを出すという、人生で数千数万と行ってきたルーチンワークが脆く崩れ去った。僕はなぜかズボンを脱がずに便器に座ってしまった。そして出した。ズボンの中にブラウニーが溢れ出す。

さっきまで体の一部であった半固体の物質が、行き場を求め、狭いズボンの中でせいいっぱいの伸びをした。



彼女の「行ってくるね!」という声と、走る音。

古いアパートのドアが閉まる、がちゃんという軽い金属音が鳴り響くと、部屋は静寂に包まれた。

僕はその間も、依然として便器に座って動けないでいた。遠くから蝉の声がする。世界がやけに静かだ。後に残るのはただただ悪臭だけである


冷静になった僕は、淡々と処理を行った。ズボンパンツ、そしてブラウニーのついた便座、我が愛しの臀部。

優れたスポーツ選手は"ゾーン"に入ることができるというが、あの時の僕はまさしくそ状態だった。

自分がすべきこと、すべきでないこと、洗うべきもの、捨てるべきものが、まるで一流の軍師のように、頭の中に整然と並べられ、滞りなく処理されていった。


一通り清掃を終えると、僕は最後に、ブラウニー付きのパンツ成城石井ビニール袋に入れ、コンビニゴミ箱に捨てにいくため外へ出た。

成城石井の袋は不透明のダークグレーだから、こういうときに役に立つ。いつ脱糞当事者になるか分からないこの現代では、重要ライフハックだ。

コンビニでは、心の中で何べんも謝罪をしながら、高い商品必要以上に買って、せめてもの罪滅ぼしにさせてもらった。本当にごめんなさい。


帰り道、どっさり買い込んだコンビニ袋の重さを感じながら、ゆったりと歩道を歩く。時刻はまだ9時半。

ふと、漏らしたことで、普通に用を足す時以上に、清々しく、爽やかな気分になっていることに気がついた。

平日の街は普段通りで、人が行き交い、車が走り、鳥が歌っている。

空はまだ曇っているが、気持ちのいい風が吹いていて、思ったよりも暑くない。

街路樹を揺らす風が、僕のおしりを撫でて、そして消えていった。

2017-08-13

大阪天王寺からの帰り道。

地下鉄の中でとなりの風俗嬢的なおばさんが吐きそうになっていた。すごくニンニク匂いがした。見た感じ50歳はいってそうで、髪は茶髪で白く細く痩せた腕は青白い血管が透けていた。

難波で降りると構内で若いヤング一方的にもう1人のヤングボコボコに殴っていた。おまえなめてんなよ、ぶっ殺すぞこら、なめんなよ!

関西弁とはちょっと違うけど手の速さは関西のノリだ。3人目のヤングが「まあまあそのへんで勘弁しといたりや、ちぃ出てきてるしもぉええやん」ってなだめていた。

梅田では父、母、息子的な3人が別れの挨拶をしていた。息子は30代くらいだろうか。やや中年太りが目につく青年で、背中に大きなリュックを背負って泣きながら両親とおぼしき2人に語りかけていた。「今までできなかったことがこれでできるようになるわけではないと思います、でもこれでもう一つ大きくなってチャンスを絶対に生かせるように・・・」と語っていた。立ち止まって聞くわけにもいかず、話がどうなったのかは分からない。

梅田サウナでは受付嬢がつまらなそうに料金の説明をして僕にロッカーキーを渡してくれた。

ズボンでBILLIE IDLE®のTシャツを着て黒いリュックと薄汚れた紙袋を持った白髪混じりの45歳の俺を受付嬢はどう見たんだろうか。

世の中はいろんな人生が隣り合わせ、背中合わせに混じり合いやがて時が過ぎていく。

たまには誰かの人生と混ざりたいと思う。

2017-08-10

https://anond.hatelabo.jp/20170810134448

元増田です。

大手メーカー(?)から対策商品が出ていたんですね。知りませんでした。

教えてくださってありがとうございます

女性ズボン下を穿く習慣ってあまり馴染みがないんで思ってもみなかったです。

やっぱり気になる人は気になっていたんですね。

周りの人に聞いて回るのも恥ずかしかったので投げかけてみて良かったです。

2017-08-08

たとえばスカートじゃなくズボンだったら切られてなかったかというとそうではないだろう。

ただジーンズとかだと肌に密着してるから切りにくいんだろうな。

ひらひらした服なら上着を切られることもあるし、髪を切られるのもよくある。

カバンを切る…だと盗難目的もあるので適切な例ではないか

まり相手に気付かれずに攻撃をする」のが目的なのであって性的意味合いは薄いんだよね。

2017-08-06

サイズ変えないで

UNIQLO

好きだからずっと買ってるけど、たったの1年で同じ商品サイズ感(ていうのか?)変えないでくれ!

同じSで、ウエストヒップの表示も一緒なのに履いてみたら今年のはキツかった!!

わたしが太ったのが悪いんだけどさ、あとろくに試着しないで買ったのも悪いんだけど!自業自得なんだけども!

お気に入りパンツ(ズボンの方)だから色違い買っちゃお〜〜安いし〜〜ってつい気楽に買っちゃうだって

頼む。

交換してもらお。

モーカーの真似をして

自分ズボン子供アイスクリームをつけてしまたから金をやったら、親と子供不審な顔をされ逃げられた話がTwitterで流れてきて、親を批判するコメントが多数ついていた。

でもアメリカ出来事で、あっちでは保障をふっかけられるのが怖いか普通に逃げると聞くと日本の話だと思ってましたと批判ムードが消えていた。

何かな。

一目惚れ面食いじゃない!

小学生とき一目惚れした転校生くんはつむじから飛び出るアホ毛から目が離せなくて好きになった!

中学生ときは斜め前の席の男子ズボン靴下の隙間から見えたくるぶしが忘れられなくて好きになった!

高校入学時には提出物に書かれてた文字一目惚れして後から本人を探して初めて顔を見たくらいだし!

顔以外にだって一目惚れする要素はあるんだよ!

短絡的に「イケメン好き」ってまとめんな過去に好きになった人に1人もイケメンいないわ!

2017-08-04

男だけど脱毛したい

夏だ。

電車の中に脱毛広告が増えるようになった。

主に女性向けだが、可愛らしい女優さんがつるつるの肌を見せて脱毛を促す様子が毎年の恒例のようになっている。

だけど、いいたい。僕も男だけど脱毛したい。

例えばワキ。

仕事ワイシャツ着てると汗をダラダラかくけど、特にワキが蒸れて仕方がない。ともかく不衛生だ。

例えばVライン

小用を足したあとで、なぜかズボンの中が蒸れる。

例えばIライン、Oライン

大をしたあとでおしりを拭くと、便が陰毛からまって不衛生極まりない。気づかないところで便が毛にからみついて、パンツが汚れていたこともある。(よくおしりを拭けよ、ってこと言われちゃうだろうけど。)

世の脱毛広告女性けが多いけど、あえて言いたい。男だって脱毛したい。

女性みたいに美容目的じゃないけど、このままじゃ汚いし、衛生的になりたい!

こんな理由だけど、脱毛できるところないかなあ・・・

そして共感してくれるメンズいないか・・・

こんな恥ずかしいこと増田しか書けないけど。

2017-08-03

チャイニーズマフィアとヤったけど、万札のチップ出されて、職業病天使病)でダメですこんなにいただけませんー!って脱ぎたてチャイニーズヒョウ柄マフィアパンツの上に置く拍子に「まずった、受け取っときゃよかった」って思った。チャイニーズ金色(こんじき)マフィアベルトが巻かれたズボンポケットから100万円の半分ぐらいの束が、ニュルっと顔を出してた。裸で入れててもはした金だし、チャイニーズマフィアすぎて誰もひったくりなんかしないしな。気性の荒い人だから「何かあったらすぐに部屋に入って殴ってでも止められるように」的な意味で、側近丸出しないでたちのムキムキチャイニーズマフィアヤングマン側近がドアの前で待機してたし、人いっぱい殺してんだろうなっていうのは正常位んときに間近で見た目でわかったよ。濁りきってて奥の方だけ異様に光ってる、いや、日中極道友好のお仕事お疲れ様です。受け取っときゃよかったのは、気に入られないほうが無難っちゃ無難から。下手な真似しなきゃよっぽど下っ端のチンピラ紛いでない場合一般人をあれこれせんけど、やっぱ相手相手だし気に入られないのが無難だった。そりゃ性欲解消はしたいだろうし、気に入ってくれたからまあ日中友好の期間中来るんだろうけど、「お忍び」っていう概念ないんか。数珠みたいなのを外すとか…側近にパーカー着させるとか…ないんか

2017-08-01

今日ソープ初体験してきた

まず予約していた○○です、と受付に伝えて、代金を先払い。

ソープは入浴料とプラス入浴料の2~3倍のお金を取られると聞いていたけど、ネットに総額が書いてあったのでそのままの金額を出すだけで済んだ(それ以降金銭のやりとりはない)

待合室から呼ばれてカーテンを開けると、女の子階段の脇に立っていて、「〇〇です!よろしくね~」といい、指を絡めながら手を握って階段を上がっていった。

個室に案内されると、浴槽のお湯をためている途中で、ベッドに座りながらウェルカムドリンクを飲み、少し談笑しながら緊張をほぐしてくれた。

ここで「初めてなんです」と素直に言えたのが結果として良かったのかもしれない。

「それじゃあ上脱ぎましょうか!」と言われゆっくり脱ぎ、次にお姉さんのドレスのファスナーを開ける。

肉つきは多からずとも少ながらず、そして何より初めての生おっぱいにめちゃめちゃ興奮して、この辺りでようやく性欲が緊張に勝った。

「じゃあ下も脱ごうか…」と言われ、ズボンパンツゆっくり脱いでいく。

洗い場の方に移ると、まずは歯磨き! これはエチケット

「じゃあ座ってくださいね~」とすけべ椅子凹に座らされると、あわあわの手で両腕、両足と洗ってもらう。

そしてお尻の割れ目ラインから裏筋までを指でツツーっとなぞられるんだけど、これがまあ気持ちいいのなんのって。

そしていよいよおちんちん

何を隠そう俺は包茎なんだけど、「すいません包茎なんです…」と言うと「大丈夫だよ剥いてあげるから」といい、亀頭を撫でながらカリの周りをニュコニュコと現れる。

今まで皮オナ、床オナばかりしていた俺にはとっても貴重な経験だった(気持ち良かった)。

シャワーで泡を洗い流してもらうと、「それじゃあ湯船の方どうぞ~」と言われ、湯船に浸かる。

1番安いコースだったので、あとはベッドで脱いて終わりだろうなあと思っていたけれど、違った。

女の子も「失礼しま~す」といって湯船に入ってきてくれた!

女の子脇の下に足を挟んで、おちんちんを湯船から浮かせた状態にすると、おちんちんをいっぱい舐めて、咥えてくれた。

マジでオナホなんか比べ物にならないくら気持ち良かったし、何よりエッチだった。

湯船から上がるとベッドに仰向けに寝かされ、まずおっぱいを顔に埋めさせてくれた。世界一顔面幸せな男の誕生であった。

そこからしたによいしょっと下がると、キスをしてくれた。風俗嬢の中には口同士のキスを嫌がる人もいるらしいが、もうがっつり舌も入れてくれた。

しかも俺が予約したのはシフトの1番最初時間帯、最高であった。

さらに下に下がると、こんどは乳首を舐めてくれた。俺の性感帯の都合もあるが、これは死ぬほど効いた。本当にいきかけた。

(やべえよやべえよ…)と思っていると、女の子が「パイズリとかしてみる?」と言ってくれた。

生涯の夢がひとつ叶った。

浴槽の時と同じような体制になると、ローションをつけながら押し付けるようにぎゅううっと乳圧をかけてくれた。

とんでもない充実感が俺を襲った。「じゃあ動かすね」と言い、上下に、まばらに、グチュグチュといじられる。

めっちゃ気持ちいいです」と言うと、「そう?よかった~」と言い、おっぱいで挟みながら先っぽをチロチロしてくれた。エロ漫画みたいだった。

乳圧をゆっくり緩めると、「…そろそろいれよっか」と囁かれた。覚悟完了した。

騎乗位でしていい?」と言われ、いいもなにも正常位は分からんし、何より好きな体位だったのでもちろん了承した。

お口でゴムをニューって被せててもらった。エロ漫画みたいだった。(2度目)

最初ゆっくり、段々と激しく、ロデオのようにグリングリンともされた。

ベッドの脇の大きな鏡を見ると、自分とお姉さんが繋がっているのが視覚に訴えかけてきて、グググっと込み上がってきた。童貞にしてはよく耐えたと思う。

「すいません、もう出そうです」と言うと 「いいよ、我慢しないでね」とおっぱいをぎゅうっっと胴体に押し当てられながらスパートをかけられ、あえなくフィニッシュした。

情けないことに残り時間が少し余ってしまった。

少し悔しさを感じていると、「最初はみんなそんなもんだよ、気にしないで!」と女の子が言ってくれて、さらに余った時間おっぱい顔に埋めながら添い寝トークをしてくれた。

最後に体を洗い流して(ここでもなぞったり触られたりするから余裕で立ちそうになる)、部屋を出る時も両頬にキスをしてくれた。とても柔らかかった。

手を繋いで階段を降りると、最後カーテンの前でもまたキスをしてくれた。

店の人から求められたアンケートには、もちろん満点をつけた。

50分16000円の、忘れられない夏になった。

2017-07-29

なんでスカートの下にズボン履くんだよ

エマ……お前にはがっかりだよ

なにがパフパフだよ

ふざけてんじゃねえぞスクエニ

Tバックが嫌い 理解出来ないレベル←もともとアマゾン川ブラジル先住民

https://anond.hatelabo.jp/20170728163252

ナマズ一種尿道や膣、肛門から侵入することを防止するために穿いていたふんどしのようなものがその源流とされている。

お尻の丸みがきれいに出る効果、そしてスカートズボンなどを穿く時にショーツラインブリーフラインアウターに響かない、という2つの実用的な機能を持っている。

ウィキペコピペ

まぁ」個人的には下着つけてない丸出しの方が好きである

2017-07-28

両親のSEXを見た、聞いた経験

1度目は自分保育園児の頃。川の字で寝ていたら両親が隣でし始めたのをはっきりと憶えている。気がついた母の「○○が見てる…」という言葉は忘れることが出来ない。

2度目は小学生の頃。父が酔っぱらって帰ってきて、家に帰るなりズボンを脱いで母の寝ている寝室に入っていった時。その後、両親のあまり聞きたくない声を聞いてしまった。その頃になるとそういう知識も得ていたので余計に気まずかった。

その後、無事に弟が出来たのだが井戸端会議で母の「本当は作るつもりは無かった」という発言を聞いて軽く引いてしまった。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん