「覚醒」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 覚醒とは

2018-09-18

他人の喘ぎ声に困っている

鉄筋マンションの角部屋に住んでいる。

さすがに乱暴にドアを開け閉めする音やドシンドシンと歩けばその音は響くけれど、基本的には快適に暮らしていた。

ペット可マンションなので深夜や早朝に動物の鳴き声が聞こえたりしたけれど、そこまで鳴き続ける犬も猫もいないようだったし。

けれど、ここ2年ほどだろうか。(おそらく)上階から聞こえる喘ぎ声に困らされている。

頻度としては週に1,2度で、時間帯も22時台~24時台の30分から1時間

別に毎日というわけでもないし、常識を疑うような時間帯でもない。

だけど、頻度や時間が嫌でも分かってしまうくらいにはハッキリと喘ぎ声が聞こえる。

低くくぐもったような小さめのものから、もう興奮が最高潮に達しているのであろう叫ぶようなものまで全部。

最初は「ハイハイ、お盛んですね」なんて思っていたけれど、

さすがに寝入りばなに起こされたり、眠っているところで絶叫のような声に起こされたりするうちにこちらも余裕がなくなってきた。

テレビを消して電気を消していざ眠ろうとすると、暗闇に響く喘ぎ声。さすがにゲッソリする。

何も聞こえない日はラッキーだと思うようにすらなった。

自分がなかなか眠れないだけなら百歩譲ってまだいいけど(よくないけど)翌日の仕事に響くからやっぱりしっかり眠りたい。

そのうち早期覚醒みたいな睡眠障害っぽいやつにもなったし、

寝るときに「今日はどうだろうか」とビクビクしながら眠るのはやっぱり睡眠の質に影響しているようだ。

あとは親や友人が泊まりにくることもあるから、ちょうどそのときに上階の人が致すのではないか声が聞こえるのではないかという不安ヤバい

実際、泊まりにきているときに上階から声が聞こえたとき地獄のような時間だった。

で、本題というか悩みはここからなんだけれど、一体私はどうすればいいのだろうか。

管理会社には「上階の人の声がうるさくて眠れない」とそれとなく伝えてみたけれど、「本当に上階の人なのか」と逆に問われてしまった。

そんなこと知らねえよ。

角部屋だし隣じゃなくて上から聞こえるのは確かなんだから、だいぶ絞られるだろうと思うけれど、

斜め上とかじゃなく本当に私の1つ真上なのか分からないと何もできないと。

それが分からなければ直接は対処できないとして、マンション全戸に注意喚起のチラシをポスティングするにとどめられてしまった。

そんなもので改めるような奴なら悩むような大声出さねえだろうよ。

喘ぎ声が聞こえ始めたら上階に行ってピンポンして「今ヤってました?」って聞けとでも言うのか。

ネットで同じような悩みの人はいいか検索してみたけれど、この人たちは結局どう解決したんだろう。

上の階だから壁を叩くこともできず、ただコトが始まったら喘ぎ声を聞きながら終わるのを待つことしかできない。

ちなみに、あんまりやらない方がいいらしいけれど、我慢ならずに上階の部屋のポスト手紙というかメモを入れたことがある。

内容としては、声がすごく聞こえているということと、眠れず困っているということ。

私が困っているかはその人にはどうでもいいかもしれないけれど、

さすがに喘ぎ声が他人に丸聞こえだと思うと恥ずかしいと思うし自重するのではないかと考えたのだ。

結果としては、なんとなくおさまったような気もするけれどそれも一ヵ月程度が限界のようだというところ。

私が引っ越すのが早いんだろうけど、こんな奴らの喘ぎ声のために自分の気に入った部屋を何十万も払って離れるなんて…とも思う。

かい声だしてヤりたいならマジでラブホ行けよ。

2018-09-09

anond:20180909033253

突然、陰嚢の中で何かが起こったらしい。それが何かはわからないが、私は上司に連れられて会社員として会社の中にいた(夢なのでこの辺の経緯は曖昧)。今いるのは机の前。エロ動画鑑賞的な事もしていなかった。周囲の反応もなぜか無反応。バレたくない。

隙を見て駆け出した。トイレ。バレたくない。全力疾走小学生の頃はクラスで一番足が速かったのが自慢だったが、今や中年差し掛かろうとしてるただの人だ。まだ陰茎が反っていて足がもつれそうになる。パンツが濡れてる。全力で走っているつもりだが、ドクドクと発射した下着は湿るばかり。

今は走ることしかできない。神様、お願いだ。バレたくない。逃してくれ。だけど、いくら願っても現実に足は遅い。もうだめだ。捕まる。

 

そこで目が覚めた。こんなに恐ろしい夢は初めてだった。感じたことのない快感呆然とした。はっきりと覚醒したまま布団の中で1時間くらい夢精で放心状態だった。

突然、刑務所の外で何かが起こったらしい。それが何かはわからないが、私は刑務官に連れられて野次馬として刑務所の外にいた(夢なのでこの辺の経緯は曖昧)。今いるのは刑務所の外。手錠的なものもしていなかった。セキュリティもなぜか激甘。死にたくない。

隙を見て駆け出した。逃げる。死にたくない。全力疾走小学生の頃はクラスで一番足が速かったのが自慢だったが、今や中年差し掛かろうとしてるただの人だ。気持ちばかりが逸って足がもつれそうになる。奴らが追いかけてくる。全力で走っているつもりだが、追いかけてくる奴らとの距離は縮まるばかり。

今は走ることしかできない。神様、お願いだ。死にたくない。逃してくれ。だけど、いくら願っても現実に足は遅い。もうだめだ。捕まる。

 

そこで目が覚めた。こんなに恐ろしい夢は初めてだった。感じたことのない恐怖で呆然とした。はっきりと覚醒したまま布団の中で1時間くらい放心状態だった。

 

仕事

突然、刑務所の外で何かが起こったらしい。それが何かはわからないが、私は刑務官に連れられて野次馬として刑務所の外にいた(夢なのでこの辺の経緯は曖昧)。今いるのは刑務所の外。手錠的なものもしていなかった。セキュリティもなぜか激甘。死にたくない。

隙を見て駆け出した。逃げる。死にたくない。全力疾走小学生の頃はクラスで一番足が速かったのが自慢だったが、今や中年差し掛かろうとしてるただの人だ。気持ちばかりが逸って足がもつれそうになる。奴らが追いかけてくる。全力で走っているつもりだが、追いかけてくる奴らとの距離は縮まるばかり。

今は走ることしかできない。神様、お願いだ。死にたくない。逃してくれ。だけど、いくら願っても現実に足は遅い。もうだめだ。捕まる。

 

そこで目が覚めた。こんなに恐ろしい夢は初めてだった。感じたことのない恐怖で呆然とした。はっきりと覚醒したまま布団の中で1時間くらい放心状態だった。

 

仕事を辞めて半年以上経つ。自営で食べていくつもりだったが、全くうまくいかない。調子が良かったのは最初の2ヶ月くらいで、あとは貯金を潰す日々。このままでは文字通りご破産だ。死のうかな、と考えたことは一度や二度ではない。守るものもやりたこともない。人生は負けの消化試合に入った。

しかし、夢の中であんなにも死にたくないと願っていた。死ぬことにこれまでにない恐怖を感じていた。今日はさすがに死のうかなとは考えなかった。

人生はもう終わったも同然だからどうにでもなれ、と思って自営になった。あの時、私は一度死んだ。もう死んでいるんだからなんでもできるさ、と。そして今日、夢の中の死刑によって二回目の死亡診断が突きつけられたのだと思う。突然、刑務所の外で何かが起こったらしい。それが何かはわからないが、私は刑務官に連れられて野次馬として刑務所の外にいた(夢なのでこの辺の経緯は曖昧)。今いるのは刑務所の外。手錠的なものもしていなかった。セキュリティもなぜか激甘。死にたくない。

隙を見て駆け出した。逃げる。死にたくない。全力疾走小学生の頃はクラスで一番足が速かったのが自慢だったが、今や中年差し掛かろうとしてるただの人だ。気持ちばかりが逸って足がもつれそうになる。奴らが追いかけてくる。全力で走っているつもりだが、追いかけてくる奴らとの距離は縮まるばかり。

今は走ることしかできない。神様、お願いだ。死にたくない。逃してくれ。だけど、いくら願っても現実に足は遅い。もうだめだ。捕まる。

 

そこで目が覚めた。こんなに恐ろしい夢は初めてだった。感じたことのない恐怖で呆然とした。はっきりと覚醒したまま布団の中で1時間くらい放心状態だった。

 

仕事を辞めて半年以上経つ。自営で食べていくつもりだったが、全くうまくいかない。調子が良かったのは最初の2ヶ月くらいで、あとは貯金を潰す日々。このままでは文字通りご破産だ。死のうかな、と考えたことは一度や二度ではない。守るものもやりたこともない。人生は負けの消化試合に入った。

しかし、夢の中であんなにも死にたくないと願っていた。死ぬことにこれまでにない恐怖を感じていた。今日はさすがに死のうかなとは考えなかった。

人生はもう終わったも同然だからどうにでもなれ、と思って自営になった。あの時、私は一度死んだ。もう死んでいるんだからなんでもできるさ、と。そして今日、夢の中の死刑によって二回目の死亡診断が突きつけられたのだと思う。

突然、刑務所の外で何かが起こったらしい。それが何かはわからないが、私は刑務官に連れられて野次馬として刑務所の外にいた(夢なのでこの辺の経緯は曖昧)。今いるのは刑務所の外。手錠的なものもしていなかった。セキュリティもなぜか激甘。死にたくない。

隙を見て駆け出した。逃げる。死にたくない。全力疾走小学生の頃はクラスで一番足が速かったのが自慢だったが、今や中年差し掛かろうとしてるただの人だ。気持ちばかりが逸って足がもつれそうになる。奴らが追いかけてくる。全力で走っているつもりだが、追いかけてくる奴らとの距離は縮まるばかり。

今は走ることしかできない。神様、お願いだ。死にたくない。逃してくれ。だけど、いくら願っても現実に足は遅い。もうだめだ。捕まる。

 

そこで目が覚めた。こんなに恐ろしい夢は初めてだった。感じたことのない恐怖で呆然とした。はっきりと覚醒したまま布団の中で1時間くらい放心状態だった。

 

仕事を辞めて半年以上経つ。自営で食べていくつもりだったが、全くうまくいかない。調子が良かったのは最初の2ヶ月くらいで、あとは貯金を潰す日々。このままでは文字通りご破産だ。死のうかな、と考えたことは一度や二度ではない。守るものもやりたこともない。人生は負けの消化試合に入った。

しかし、夢の中であんなにも死にたくないと願っていた。死ぬことにこれまでにない恐怖を感じていた。今日はさすがに死のうかなとは考えなかった。

人生はもう終わったも同然だからどうにでもなれ、と思って自営になった。あの時、私は一度死んだ。もう死んでいるんだからなんでもできるさ、と。そして今日、夢の中の死刑によって二回目の死亡診断が突きつけられたのだと思う。

突然、刑務所の外で何かが起こったらしい。それが何かはわからないが、私は刑務官に連れられて野次馬として刑務所の外にいた(夢なのでこの辺の経緯は曖昧)。今いるのは刑務所の外。手錠的なものもしていなかった。セキュリティもなぜか激甘。死にたくない。

隙を見て駆け出した。逃げる。死にたくない。全力疾走小学生の頃はクラスで一番足が速かったのが自慢だったが、今や中年差し掛かろうとしてるただの人だ。気持ちばかりが逸って足がもつれそうになる。奴らが追いかけてくる。全力で走っているつもりだが、追いかけてくる奴らとの距離は縮まるばかり。

今は走ることしかできない。神様、お願いだ。死にたくない。逃してくれ。だけど、いくら願っても現実に足は遅い。もうだめだ。捕まる。

 

そこで目が覚めた。こんなに恐ろしい夢は初めてだった。感じたことのない恐怖で呆然とした。はっきりと覚醒したまま布団の中で1時間くらい放心状態だった。

 

仕事を辞めて半年以上経つ。自営で食べていくつもりだったが、全くうまくいかない。調子が良かったのは最初の2ヶ月くらいで、あとは貯金を潰す日々。このままでは文字通りご破産だ。死のうかな、と考えたことは一度や二度ではない。守るものもやりたこともない。人生は負けの消化試合に入った。

しかし、夢の中であんなにも死にたくないと願っていた。死ぬことにこれまでにない恐怖を感じていた。今日はさすがに死のうかなとは考えなかった。

人生はもう終わったも同然だからどうにでもなれ、と思って自営になった。あの時、私は一度死んだ。もう死んでいるんだからなんでもできるさ、と。そして今日、夢の中の死刑によって二回目の死亡診断が突きつけられたのだと思う。

突然、刑務所の外で何かが起こったらしい。それが何かはわからないが、私は刑務官に連れられて野次馬として刑務所の外にいた(夢なのでこの辺の経緯は曖昧)。今いるのは刑務所の外。手錠的なものもしていなかった。セキュリティもなぜか激甘。死にたくない。

隙を見て駆け出した。逃げる。死にたくない。全力疾走小学生の頃はクラスで一番足が速かったのが自慢だったが、今や中年差し掛かろうとしてるただの人だ。気持ちばかりが逸って足がもつれそうになる。奴らが追いかけてくる。全力で走っているつもりだが、追いかけてくる奴らとの距離は縮まるばかり。

今は走ることしかできない。神様、お願いだ。死にたくない。逃してくれ。だけど、いくら願っても現実に足は遅い。もうだめだ。捕まる。

 

そこで目が覚めた。こんなに恐ろしい夢は初めてだった。感じたことのない恐怖で呆然とした。はっきりと覚醒したまま布団の中で1時間くらい放心状態だった。

 

仕事を辞めて半年以上経つ。自営で食べていくつもりだったが、全くうまくいかない。調子が良かったのは最初の2ヶ月くらいで、あとは貯金を潰す日々。このままでは文字通りご破産だ。死のうかな、と考えたことは一度や二度ではない。守るものもやりたこともない。人生は負けの消化試合に入った。

しかし、夢の中であんなにも死にたくないと願っていた。死ぬことにこれまでにない恐怖を感じていた。今日はさすがに死のうかなとは考えなかった。

人生はもう終わったも同然だからどうにでもなれ、と思って自営になった。あの時、私は一度死んだ。もう死んでいるんだからなんでもできるさ、と。そして今日、夢の中の死刑によって二回目の死亡診断が突きつけられたのだと思う。

突然、刑務所の外で何かが起こったらしい。それが何かはわからないが、私は刑務官に連れられて野次馬として刑務所の外にいた(夢なのでこの辺の経緯は曖昧)。今いるのは刑務所の外。手錠的なものもしていなかった。セキュリティもなぜか激甘。死にたくない。

隙を見て駆け出した。逃げる。死にたくない。全力疾走小学生の頃はクラスで一番足が速かったのが自慢だったが、今や中年差し掛かろうとしてるただの人だ。気持ちばかりが逸って足がもつれそうになる。奴らが追いかけてくる。全力で走っているつもりだが、追いかけてくる奴らとの距離は縮まるばかり。

今は走ることしかできない。神様、お願いだ。死にたくない。逃してくれ。だけど、いくら願っても現実に足は遅い。もうだめだ。捕まる。

 

そこで目が覚めた。こんなに恐ろしい夢は初めてだった。感じたことのない恐怖で呆然とした。はっきりと覚醒したまま布団の中で1時間くらい放心状態だった。

 

仕事を辞めて半年以上経つ。自営で食べていくつもりだったが、全くうまくいかない。調子が良かったのは最初の2ヶ月くらいで、あとは貯金を潰す日々。このままでは文字通りご破産だ。死のうかな、と考えたことは一度や二度ではない。守るものもやりたこともない。人生は負けの消化試合に入った。

しかし、夢の中であんなにも死にたくないと願っていた。死ぬことにこれまでにない恐怖を感じていた。今日はさすがに死のうかなとは考えなかった。

人生はもう終わったも同然だからどうにでもなれ、と思って自営になった。あの時、私は一度死んだ。もう死んでいるんだからなんでもできるさ、と。そして今日、夢の中の死刑によって二回目の死亡診断が突きつけられたのだと思う。突然、刑務所の外で何かが起こったらしい。それが何かはわからないが、私は刑務官に連れられて野次馬として刑務所の外にいた(夢なのでこの辺の経緯は曖昧)。今いるのは刑務所の外。手錠的なものもしていなかった。セキュリティもなぜか激甘。死にたくない。

隙を見て駆け出した。逃げる。死にたくない。全力疾走小学生の頃はクラスで一番足が速かったのが自慢だったが、今や中年差し掛かろうとしてるただの人だ。気持ちばかりが逸って足がもつれそうになる。奴らが追いかけてくる。全力で走っているつもりだが、追いかけてくる奴らとの距離は縮まるばかり。

今は走ることしかできない。神様、お願いだ。死にたくない。逃してくれ。だけど、いくら願っても現実に足は遅い。もうだめだ。捕まる。

 

そこで目が覚めた。こんなに恐ろしい夢は初めてだった。感じたことのない恐怖で呆然とした。はっきりと覚醒したまま布団の中で1時間くらい放心状態だった。

 

仕事を辞めて半年以上経つ。自営で食べていくつもりだったが、全くうまくいかない。調子が良かったのは最初の2ヶ月くらいで、あとは貯金を潰す日々。このままでは文字通りご破産だ。死のうかな、と考えたことは一度や二度ではない。守るものもやりたこともない。人生は負けの消化試合に入った。

しかし、夢の中であんなにも死にたくないと願っていた。死ぬことにこれまでにない恐怖を感じていた。今日はさすがに死のうかなとは考えなかった。

人生はもう終わったも同然だからどうにでもなれ、と思って自営になった。あの時、私は一度死んだ。もう死んでいるんだからなんでもできるさ、と。そして今日、夢の中の死刑によって二回目の死亡診断が突きつけられたのだと思う。

突然、刑務所の外で何かが起こったらしい。それが何かはわからないが、私は刑務官に連れられて野次馬として刑務所の外にいた(夢なのでこの辺の経緯は曖昧)。今いるのは刑務所の外。手錠的なものもしていなかった。セキュリティもなぜか激甘。死にたくない。

隙を見て駆け出した。逃げる。死にたくない。全力疾走小学生の頃はクラスで一番足が速かったのが自慢だったが、今や中年差し掛かろうとしてるただの人だ。気持ちばかりが逸って足がもつれそうになる。奴らが追いかけてくる。全力で走っているつもりだが、追いかけてくる奴らとの距離は縮まるばかり。

今は走ることしかできない。神様、お願いだ。死にたくない。逃してくれ。だけど、いくら願っても現実に足は遅い。もうだめだ。捕まる。

 

そこで目が覚めた。こんなに恐ろしい夢は初めてだった。感じたことのない恐怖で呆然とした。はっきりと覚醒したまま布団の中で1時間くらい放心状態だった。

 

仕事を辞めて半年以上経つ。自営で食べていくつもりだったが、全くうまくいかない。調子が良かったのは最初の2ヶ月くらいで、あとは貯金を潰す日々。このままでは文字通りご破産だ。死のうかな、と考えたことは一度や二度ではない。守るものもやりたこともない。人生は負けの消化試合に入った。

しかし、夢の中であんなにも死にたくないと願っていた。死ぬことにこれまでにない恐怖を感じていた。今日はさすがに死のうかなとは考えなかった。

人生はもう終わったも同然だからどうにでもなれ、と思って自営になった。あの時、私は一度死んだ。もう死んでいるんだからなんでもできるさ、と。そして今日、夢の中の死刑によって二回目の死亡診断が突きつけられたのだと思う。

死刑になる夢を見た

何らかの犯罪を犯して死刑になった。確か人殺しをしたのだったと思う。夢の中では誰をどのように殺めたのかが明確に描かれていた気がするが、よく覚えていない。とにかく死刑になった。

 

ある朝、刑務官(?)に声を掛けられ、いよいよ執行になるのだと悟った。私は現実でも感じたことのない恐怖を夢の中で感じた。恐ろしさの余り刑務官の腕を抱きとめて離さなかった。死にたくない、と渇望していた。何かの間違いだ。少なくとも人生の途中までは優しくていい人であったはずだ。それがたった一度の人殺しで覆ってしまうなんて間違いだ。間違いだ、そうだろ?

無慈悲だった。当たり前の話。人殺しは許されない。わかっている。だけど、受け入れられない。私は今日死ぬ

死にたくないと心から渇望していた。守るべきものがあるとか、成し遂げたいことがあるとか、そういう動機ではない。だらだらと生きてきた人生だ。だけど、死にたくない。生きたいのではない。死ぬという未知の苦しみが耐え難かった。

 

突然、刑務所の外で何かが起こったらしい。それが何かはわからないが、私は刑務官に連れられて野次馬として刑務所の外にいた(夢なのでこの辺の経緯は曖昧)。今いるのは刑務所の外。手錠的なものもしていなかった。セキュリティもなぜか激甘。死にたくない。

隙を見て駆け出した。逃げる。死にたくない。全力疾走小学生の頃はクラスで一番足が速かったのが自慢だったが、今や中年差し掛かろうとしてるただの人だ。気持ちばかりが逸って足がもつれそうになる。奴らが追いかけてくる。全力で走っているつもりだが、追いかけてくる奴らとの距離は縮まるばかり。

今は走ることしかできない。神様、お願いだ。死にたくない。逃してくれ。だけど、いくら願っても現実に足は遅い。もうだめだ。捕まる。

 

そこで目が覚めた。こんなに恐ろしい夢は初めてだった。感じたことのない恐怖で呆然とした。はっきりと覚醒したまま布団の中で1時間くらい放心状態だった。

 

仕事を辞めて半年以上経つ。自営で食べていくつもりだったが、全くうまくいかない。調子が良かったのは最初の2ヶ月くらいで、あとは貯金を潰す日々。このままでは文字通りご破産だ。死のうかな、と考えたことは一度や二度ではない。守るものもやりたこともない。人生は負けの消化試合に入った。

しかし、夢の中であんなにも死にたくないと願っていた。死ぬことにこれまでにない恐怖を感じていた。今日はさすがに死のうかなとは考えなかった。

人生はもう終わったも同然だからどうにでもなれ、と思って自営になった。あの時、私は一度死んだ。もう死んでいるんだからなんでもできるさ、と。そして今日、夢の中の死刑によって二回目の死亡診断が突きつけられたのだと思う。

 

希望も夢もない。結婚は諦めたし、普通社会人として生きていくのも諦めた。だから、私は一度死んだ。中途半端社会不適合者が一番生きづらいとはよく言ったものだ。で、今日、もう一度死んだ。死んでいるんだからなんでもできるさ。

呆然としながらものろのろと起き上がった。机の上に、数ヶ月前に買ってから2ページくらいしか読んでいないプログラミングの本があった。ちゃんと読みもしないで、わけわかんねぇと投げ出してそのままほったらかしにしていたのだった。

 

死にたくない。だけど、もう二度も死んでいるんだからなんでもできるさ。わけわかんねぇものも含めてなんでもやってやろう。そう思った。

2018-09-07

anond:20180907233514

鉄道会社がドアを閉めて発射と同時に睡眠ガスを流せばいいんだよ

ドアを開けて下車するときには逆に覚醒ガスを出せばいい

走行中の電車で起きてる人は運転手だけ

2018-09-03

デレステ 3周年おめでとう

手抜き手抜き言ってた人達を手抜き(無料10限定スカチケ)で掌回転させる運営は凄いと思いました。

1周年は初めて新たな共通衣装が配布されSSSランクに余った覚醒アイテムの使い道が出来たりワクワクが止まらなかった。

2周年はやっぱり無料10ガチャが引けるというインパクトが凄かった。去年の話とはいえ無料10ガチャ全然浸透しておらず(グラブルくらい?)サイゲはそういうところ上手いな〜って感心してた。

ライブパーティ常設も縦ライブもやっぱり技術必要デレステを中心に据えてる事は明白だった。

そして多くの期待と不満と共に迎えた3周年。(不満については割愛させていただきます。)

どの発表も魅力的(カバー曲は特に)だが、明らかに『どれだけ少ないコストで喜ばせられるか』という意図が非常に良く伝わってきている。その延長線上の『どれだけ少ないコストで最大の利益を出せるか』が、限定スカチケだったんだと思うととても悲しい。

もうノリで縦ライブ作っちゃうような運営はもういないんだな。

運営たちはアイドルが大好きです」とか言われても伝わってこない。




みなさん是非ともサイゲームスのウマ娘にご期待ください。

2018-08-28

かかってこいよ を聴くと、ムシウタが思い浮かぶ

敵はそいつじゃないと繰り返しているのが、なんとなく。

他にラノベが浮かぶ曲というと、

覚醒都市の「見上げればデジタルスクリーンに空が」はウィザーズ・ブレインのシティ描写そのままだよなぁ、とか。

2018-08-27

のじゃおじはこのままでええんちゃう

ブラック企業辛い

②何か手に職をつけよう

③くりえいちぶな事をしよう

④絵を練習

⑤3DCGとかunityとかやる

バーチャルエンジニアになるのじゃ

⑦いつのまにかVtuberとして覚醒

仕事が来る

技術者になるはずだったのじゃ


ちょっと待って、ちょっと待って。

のじゃおじの目標って元を正せば①②③を組み合わせた「ブラックじゃない所でクリエイターとして手に職をつけたい」でしょ。

それもう達成できてるじゃん。

まあ確かにこれからレッドオーシャンとなっていくVtuberを続けたとして手に職を握ったままでいられるのかブラックじゃない世界で生きられるのかは分からんよ。

でも技術者になってもそれは大きくは変わらないと思うし、のじゃおじがやりたい事が出来るのは今のじゃおじがいる場所なんだと思う。

そこから離れる必要ってあるのかなって?


クソリプすぎるから本人には送らないでここに放流するね。

4年後ぐらいに突然発掘されて1000ブクマぐらいつくといいなぐらいの気持ちでここに埋めておくね

2018-08-21

最高に素晴らしいおいしいビールグランプリ

1位 生ビール

栄えある1位は何といっても生ビール!!!

一日の覚醒時間の大半を切り取っていかれる労働という行為

まれ意味、生きる意味、生き続ける意味、そんなものを考えるのは一部の上流階層のご子息、ご子女しか許されない!

余裕がないのだ!!!我々は!!

からは隣のビルしか見えない、常に薄暗い、隣の洗濯機振動が聞こえるこんな時間なのに!こんな部屋に住んでいる、我々が

現実を忘れられるのは赤ちょうちんのれんの横の出っ張りに引っかけている汚いお店に行って生ビールをあおっているときだけだ!!

嗚呼!!

FEHの愚痴

今回の件で自分スルー限界値を超えてしまったので吐き出させて。

今回の件:総選挙ヘクトルがマルテ装備

これ何が限界かって、烈火キャラ原作で出てこない・封印の剣しか使えない神器引っさげてきたのもう二人目(三回目)なんだよ。ミュルグレリンときも「ああ、封印遊牧民可能性だいぶ潰されたな…」って思ったけどリンもサカの民だしまぁ…まぁ…ってなんとか自分をなだめた。しかし今回ばかりはもう無理。

ヘクトル本人とマルテの関係性が素直に見出せない。嫁候補イリア民とかそういうこじつけはなしで。

公式的には大陸同じだからいいじゃんってこと?全ッ然よくない。歴史は繋がってても封印烈火じゃユニット物語性もまったく違う、それぞれ独立した作品であるという大前提が抜けてる。逆に歴史が繋がってるからこそ、烈火時代には一部の神将器以外登場しない(各地に納められている)ことなんかが本編で明らかになってる。それを曲げようとするなら、お祭りゲーであれ慎重にやってほしいのが原作ファンとしての自分気持ちなんだよ。

最初封印キャラの誰かしらが持ってきて、その後に強化版を烈火キャラが持ってくるって順番なら、個人的には全然許せた。性能の問題じゃなくて順番の問題キャラであれ武器であれ、最初はそれぞれの作品の要素として尊重してほしかった。なんでもアリの世界観だとしてもだ。原作シリーズありきのソシャゲなんだから原作ファンのことは考慮しないとは言わせないぞ。

例えば紋章覚醒は同じ大陸という設定だけど、覚醒キャラ最初にメリクルグラディウスパルティア持ってきたら確実にヤバいって分かるじゃん。時代が数百年違うから当然?なんで20年の開きなら許されると思うの?同じだよ。世代も違うし世界の情勢も違う。

公式封印烈火をごちゃ混ぜに考えてるなって空気は、今回のことだけじゃなくて前々からあった。バレンタインイベントしか伝承リンのサカの掟しかり。烈火キャラが増える反面、封印新規キャラがなかなか来ないのも多分そのせい。他シリーズと違い封印烈火だけはセットで他シリーズとのバランス取ってるように感じられる。それも烈火優先で。どっちにしろバランス取れてないけどな!

封印紋章オマージュ強くてキャラ性被って(るとは個人的には全然思わんけど)出しづらいとか海外展開されてないとか諸々の事情も分かるし、初期の頃みたいに無理に実装してキャラ崩壊とかやられても嫌なので、マトモに追加する気ないならもういいやって感じで新規は割と諦め気味だった。それならいっそ封印世界観には一切触れずにやってくれとさえ思っていた、ところにコレだからね。

自分FEシリーズの中で封印の剣が最も好きだ。他シリーズとの供給量の差にはいろいろ思うところがありつつも、まあ15年以上前ゲームとすれば全然まれてる方だよねとおとなしく享受してきた。

けれども、その最愛シリーズのおいしい要素だけ引っこ抜いて他シリーズの物にされ、最愛の彼らの物語がまるで無きがごとき扱いを受けるのは、さすがに耐えられない。あまりにも屈辱的なことじゃないかファンアンソロあたりの作品ならいくらでもやったらいい。どこまでいっても二次創作からと割り切れる。しかしこれを公式が、公式配信ゲームでやっている。本当に耐えられない。

自分個人は、元々FEHは公式公式予算使って作ってる二次創作だと思うことにしてるから、どんなハチャメチャ要素が出てこようと、ストーリーが虚無だろうと、キャラ達がよほど酷い扱いを受けない限りは一緒に楽しむことができたよ。封印以外にも好きなシリーズはあるし、好きなキャラもそれなりに実装されてたし。でも社会的には残念ながら「公式」なわけで、そこでここまであんまりな扱いを受けてると、さすがにどうかしているとしか思えなくなってきた。ネット徘徊してると同じような意見わりと見るんだけど、この声届いてないのかな…

ついでに言うと聖魔もグレイプニルエイリークといい今回のガルエフラムといい、同じようなことやられてるな。武器系の原作無視に関しては飛びぬけて鈍感なのか?意外性を狙ってるのか?本編でその武器持って活躍してたキャラ差し置いて人気キャラに独占させることがロマンとでも?運営の考えてることは分からん

もはや憤る気力もなく、ただただ悲しい。烈火も好きなのに、反動で嫌いになってしまいそうでつらい。

anond:20180821130054

ビックプロジェクトでもない個人制作映画で、権利周りちゃんしろってのを上田に求めるのは酷

おまけに、最大のチャンスだった

上田大坪に『GHOST IN THE BOX!』の映画化を提案

 ↓

上田大坪経由で荒木にも声をかけて三人で映画化を進めるも頓挫

の時に和田隠居状態なのも問題

市橋も釘刺してるから無能ではないんだろうけど、

和田のもとに市橋から原案として整理した」と一方的な連絡

リメイク二次利用権利破棄を求めた原案利用契約書が送られてきてブチギレ

が完全に前時代対応すぎて、ここで無能覚醒たか。恐らくメディア化とかで金払うの渋ったんだろうな

ちょっとケチったおかげで大損害だな

はたらく細胞7話 微妙だったな

何かストーリーが繋がってない感じがあった

がん細胞悲壮的な回想から、味方全員集まってフルボッコベクトルが逆だし

そのまま勝てそうって流れで覚醒しても盛り上がらないし

やはり揺るがせないベースがあるタイプの話は作るの難しそう(歴史物とかね)

特に短いと

 

がん細胞ラスボスだと思ってたので残念

逆にインフルエンザの流れは良かった

2018-08-18

anond:20180818175523

そうさ心の美少女はいだって気ままなのだ

人間は紫の靄のように、掴むことができないかもしれない、もはや実在するかも定かでない、そんな不明瞭なイメージをもって美少女を探している。

美少女を引き寄せたり見失ったりかき消したり紛い物を拵えたりしながら人はそれぞれの人生を生きる。それが喜怒哀楽であり悲喜交交人生を彩る。

ただ社会は、美少女を求めるには不純なのだ。あまりにも様々な美少女を巡る感情交錯不条理なことばかりが社会では起こる。

何が美少女たらしめるのかを忘れ彷徨う俺らは、美少女の宿ることのない無用の祠として過ごさればならないのかもしれない。

ただの入れ物、俺たちは空洞なのだ。俺たちになんか自我があるわけがない。自我を持ち得るのは美少女だけだ。正真正銘美少女美少女をその身に宿したものけが自我を持つのだ。

この世は美少女ゾンビか。お前は自我を持たないゾンビなのか?美少女求めないのか?

俺は俺が本当に心の美少女対話できているのかわからない。本当にオレの心の中に美少女がいるのか、その美少女覚醒しているのか自信をもって言い切ることができない。

俺はこの心の中に美少女がいると思いこんでいるだけなのかもしれない。俺は宿主を失った歪なゴーレムなのかもしれない。

自我を持つことを渇望するゴーレム美少女でありたかったゴーレム

俺はそれでも信じたい。ブルマを履いて心の美少女対話したあの瞬間は確かに事実であると。錯覚でもいい。

この心の中に美少女がいると感じられる、それだけで俺は自分が知覚する全てがこの社会の転写だと信じられる。

この社会の片隅で出会う全ての人間がたしか感情をぶつけているという実感をお前にも感じてほしいのだ。

そのためにブルマを履いて背徳に身悶えながらオナニーするのだ。ブルマ履いてオナニーは心の美少女との対話だ。お前なら心の美少女一心同体になれるかもしれない。

さあ心の美少女を見つけ出し対話を始めるのだ。

2018-08-09

さっきみた夢

おれすげー、おれかっけー、おれ正義、おれ理解ある、系の発言の数々に

学友、地元の旧友、元カノの面々が首肯しまくる。

ニッコニコで自説をたれ流すと絶妙リアクション肯定してくれることに

一瞬の空虚を見つけると、一気に覚醒

 

誰もいないいつもの部屋で目が覚める。

あああ仕事行かなきゃ。

違うわ、辞めたんだった会社

 

覚醒

2018-08-03

覚醒したい

父と同じ要素を覚醒したい。

私は父(60歳)の事を尊敬している。

55歳くらいにして、スペイン語勉強を始め2年でペラペラに話せるようになり

自営業なんだけどずっと働き続け(バレそうなので職種は言わない)

講演会とか、プレゼントか、論文添削とかパソコン組み立てとか色んなことしている。

私は父親の血を色濃く受け継いだ気がする。

顔も似てるし、お世辞抜きで父に良く似てるといわれる。

でも、私はプレゼン苦手だし人前で話すときに緊張してしまう。

会社内の6名向けに、週例のときに報告するだけで緊張してしまう。

あがって何を言えばいいかからなくなり、結局言いたいことがうまく伝わらない。

そういうところは、母に似てしまったようだ。

覚醒して、父のようになりたい。

そのためには十分な知識練習必要って分かっているのだけれど

どうにも覚えられない……。練習してもそんなに進歩していない。

関係ないけどお腹痛い……。

2018-07-30

なぜ詩花イベは失敗したのか

アイドルマスターミリオンライブシアターデイズのBlooming Starイベントもようやく結果発表が終わったので反省会

詩花は神だったか

ステラステージやってるPから聞いていたもの想像を超えて圧巻の一言だ。

詩花は才能があって、帰国子女エリートで、誰からも愛され、敵役黒井社長に反抗することができる。

Pや各アイドルは皆初対面で尊敬と畏怖を覚える。詩花の彼らに対する洞察はまさに神の視点であり迷える彼らを導くことができる。

ついでに詩花はPやアイドル達を褒めるのも忘れない。虜にした盲目的な信徒どもに飴をくれてやるのだ。

まさにメアリー・スーの神だった。

ぶっちゃけ詩花のどこが優れているのか壁の向こうから見ていて皆目見当が付かないが、劇場アイドル達は精神汚染されて詩花マンセーしかしないので口を閉じる他無い。我々は彼女達が冷やかしのように口々に褒めそやすその言葉を信じるしかできない。詩花は不可侵であり本質的に高次存在のようだった。

昴は上位報酬イベントの主役の座を奪われたのにもかかわらずイベコミュから覚醒コミュまで神に尻尾を振り媚び諂う姿には涙を禁じ得ない。諦めよう。昴みたいな不人気より大人アイドル詩花の方が主役の方が皆嬉しいんだ。神のお陰でイベントポイントが伸びるんだ。感想を探している時に誰かが言っていたのを見たが、ミリシタの盛り上がりと発展のためには多少の犠牲を厭わないべきらしい。

詩花イベントなのに昴上位報酬だったか

あるいは昴上位なのに詩花神イベだったから。

今回コミュに出てた連中は詩花神を持ち上げるために適当に集められたような内容だった。まさか報酬なのに添え物にされるとは思わなかった。

つーか誰だこいつ。1周年祝った直後になんで知らない奴が主役なんだ。

ここで考えられる一番悲惨パターンゲーム内のブログを見てあの五人が新曲を歌うのを楽しみにしていたPだろう。が、リアルイベントの発表を知らないPはPにはカウントされないので仕方がない。詩花神を知らないステラやっていない奴もPではないので人権は無い。真面目な話、新規意識して来れなかったコンテンツの力の無さが露呈したかに見えた。

このイベントを走っても称号はBlooming Starなので走った奴は昴のために走ったのか詩花神のために走ったのかわからない。走らなければいいんだが、詩花神教義に反する邪教徒にうっかり転んでしまったPが昴を4凸にしないといけない使命を抱いていたら悲惨だ。

上位報酬になったアイドル称号担当の誇りために走るという需要は周年イベントの加熱っぷりを見て案外馬鹿にできないと思ったが、果たしてこれで走れたのだろうか。

まあ「そんなのやめれば?」という意見散見された。走らない大多数にしてみればそりゃそうだろうが、それを言ったら甲斐が無い。

自分担当だったらどうしていたかわからんが、そういう種別人間実数が少なそうな昴が報酬でまだ良かった結果だった。詩花神趨勢を読んで下僕は選ぶんだろう。

この仕様のせいで詩花がいかに神であったか問題の焦点にならなかったもまた説話的な小賢しさがある。

Blooming Starは詩花しか踊らない

歌い分けとか実装するのでアイドルの組み合わせられることがメインのゲームだと思っていたが、まさか専用曲の概念が出てくるとは思わなかった。遊びの幅を狭めてくるとは。属性13人ライブ曲で縛りが入るのはただのエッセンスくらいに思っていたがこれは無い。

しかも765じゃない部外者の詩花神専用曲だ。この神しかステージに出てこない。誰を編成してもステータススキルけが神に捧げられ、贄の力を持って神は下界の信徒たちのために舞う。

聞いた話では、劇場アイドルソロ曲は共有資産だが詩花神神曲を侵すことは何人たりともあってはならないという判断らしい。そんな虫のいい話も神なら道理が通るという。

おかげでパターンは1通りになった。こんなの一回見れば十分だ。

組み合わせ爆発を誇るゲームは誰しも心のどこかで馬鹿にしていたかもしれないが、いくら神だろうがこいつの顔だけが見たいわけじゃないんだ。

劇場エントランスポスターに詩花がいる

コミュの設定を無視してポスターに割り込んでくるクソ神。現実改変を食らってしまったようだ。

シャカードのコミュに詩花について言及がある

きっと過去改変を食らってしまったんだ。

ふれあいに詩花が出てくる

ふれあいガシャの邪魔すんな。

じゃあ結局どうすればよかったんだ

どれか一つの要素でもマシだったら良かったんじゃないか

詩花が人間だったらまだ愛せたかもしれないし、詩花上位なら「詩花 嫌い」がレコメンドされ続けることは無かったハズ。Blooming Starイベント後でもいいか劇場アイドルも踊ることができれば「普通に遊べる曲が増えた」と喜ばれた。

しか現実はこの問題のどれか一つでも回避することはできなかった。全く非情である。何か神的な力が働いていたに違いない。おのれ神。

色々残念な結果に終わってしまったが、ただ一つ言えるのは詩花弄りは見るのもするのも楽しい

2018-07-22

[]7月22日

○朝食:赤飯、鯖の缶詰

○昼食:広島焼きオムレツ

○夕食:サラダうどん焼き鳥

○間食:チョコチョコ先輩可愛いけどお金ない、貯金しよ)

調子

はややー。

昼頃から元気になってきたので、洗濯したり散髪いったり買い出しいったり頑張った。

そのあとは、ニコニコ動画で邪眼の姫の物語を見ていた。

今日はかなり見て、74話まできた。

FGOキャラクタなのかな、あまり知らないキャラクタが演じているのだけれど、僕は割と二次創作から原作に入る方なので、少し興味が湧いている。(ただ凄いメインストリーを進めないと出てこないキャラから、そこまでやる気はないなあ)

急に変な話しますけど、デレステ十時愛梨さんの恒常SSR覚醒前の後ろに、きらりさんと、かな子さんの二人がいるじゃないですか。

「かな子、きらりおっぱい見つめすぎ」というような内容の書き込みを見てから、もうこのことで頭がいっぱいで仕方ない。

本当だね、何熱心におっぱいの大きさチェックして味見しようとしてるんだよ……

かにこうして考えると、なにかと女の子といちゃつくこと多いキャラだよ……

もう途端に、総選挙で発表してた、お菓子をたくさん食べさせてあげたいアイドルの中に愛海が含まれていることの意味を考えしまうよ……


え? ゲーム

アイマスの話を書いたんだから、それはゲームしょうが

グラブルをやったような気がする、たぶんやった、なんか記憶曖昧だけど。

いやもう致命的なまでにモチベーションがない。

多分、ニコニコ動画動画を見ているけど、その動画文章を読む系の動画で、ある意味ノベルゲームをオートモードプレイしているような感覚から

そこでゲームよくが満たされているんだと思うんですよ。

からきっと、これを全部見終えたらきっとゲームモチベーションがあがると思う。

思う!

2018-07-20

手足の無い女の子が好き

まりは高1の夏

部活女子と関わる事が多かったか女子幻想とか抱いてなかったし性欲も中学2年生くらいでピークだった。

そんなある日、暇すぎてpixivを漁っていた時に手足が無い女の子の絵を見た。

初めは嫌悪感以外の感情が出てこなかった。理解出来ないししたくも無かった。

でも脳に刻まれたその絵は何日も何日も消えることは無く、とうとうそれで満たしてしまった。

その時の感想は今でも忘れない。

「道を外してしまったな」

その性癖覚醒してから2年経つが、今となってはもう普通の物では満たせない。

女の子と話していても、手足を切りたいなんて微塵も思わないし気になる子だっている。

自分は異常性癖なのだろうか。

自分が怖い。

今日お気に入り画像で満たしてしまった。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん