「作為」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 作為とは

2020-07-10

anond:20200710124308

集まった人々こそがアート

これはもう論外ですね。人が集まって胡乱な行動をすればアートなら、なんでもアートだと思います

パフォーマンスアート一種だと思うけどね。

罪を合法化する空間を作って観客に罪を犯させる作品で言えばオノヨーコの「カットピース」に近い。

企画者の作為に基づいて、観客はルールに則って行為を行い、

そこで生じた現象さらに外部の観客が鑑賞する。

立派なアートだよ。

2020-07-07

マイナーで生きるのが生きやすいんだ

同人界隈には"マイナー"という概念がある、その接頭語ジャンルキャラクターCPなどにつけられる。腐女子の間ではマイナーCPという言葉が最もよく使われるだろう。

その定義は何か。

人それぞれだろう。支部に数百件の状況から自分しか言ってない…というものまで、ピンキリだ。

それでも共通点として、嘆きとか、自虐的に用いられる…という負の側面がないか

でもぶっちゃけマイナー担楽しくない?私は楽しいです。

人気CP同人を見るのは苦しい。公式CP以外はすべて非公式であるはずなのに、界隈が広いから、「〇〇は××の妻」とかがさも常識であるかのように語られる。

もちろん私だって推しCPについてそう言及することもあるけれど、マイナーCPにおいて数人がそうたわごとを呟いていてもそれはただの異常者たちでしかない。

だけど、覇権CPは…どんどん、幻覚が力を持っていく。作品未読の人が、幻覚から入って色眼鏡原作を読む。そして人口が増える。悪循環


最悪の事態では、公式逆輸入する。


まって!!!!!助けて!!!!!違うんです!!!!!逆にあなた、違わないんですか!!!!????


私たち作為が歪めたキャラを愛したか? キャラの愛し方の一つとして、作為があったんじゃないのか?

そもそも原作を疑いたくもないんだ。原作同人逆輸入してるんじゃないのか?なんて。原作者こそが神で、作者様の世界を我々は覗かせてもらっていて、その痺れるほどの正解を享受し続けたかたか私たちファンになったんだろう。

ファンじゃなくてなんらかの同人活動がしたかっただけの方にはすみません。それも一つの趣味だとは思ってます。)

から私は、最初直感で好きになったCPジャンルが人気になればそこを離れる。なるべく、なるべく件数の少ない深海へと潜る。

マイナージャンル社会はないよ。界隈なんてものもない。あるのは数人の狂人だけだ。狂人集落訪問者のいないホルガ村。

なあそこの愛憎ドロドロ界隈疲れた同人作家、療養してかない?こっちの水は甘依存


あと、これはモチベの問題ですが、覇権二次創作できる人は逆にすごいな…と思う。何やっても自分より数億段上の先駆者いない?他人ので満足する。

今のジャンルも、支部件数が500件越えたとき二次創作をやめる潮時だと思っている。(サブジャンルは自分以外の支部件数2件!元気出るぞ~~~!)





余談 二次元のグッズ譲渡ツイッターで行うときキャラ名まるっと出すのマジでやめない?人気ジャンルキャラ名サーチが全く効かない。なんか伏字使ってくれ 頼む。

2020-07-04

anond:20200704153616

それを無為の境地と取るか逆に作為の塊と取るかの解釈の別れどころやろ

anond:20200704110514

わかったよ、増田のお望みの機能無償提供してくれる人が現れるといいね

データのまとめにはなんらかの作為が入るから

要望に叶うのはWEBクローラーだろうけど無償のいいのが見つかるといいね

2020-07-01

一人称が『僕』の母親」考

 特定コンテンツ死ぬほど掘り下げるわけではないが、Twitterボクっ娘漫画が流れてくるとフヒッフヒヒッと最悪の笑い声を上げながら閲覧してしま受動的☆オタクの小生、21歳、学生。(それはもはやオタクではなくただのキモなのでは?と思うが、この話を掘り下げるとつらい気持ちになるので割愛する) 小生は女性器を保有しつつジェンダーが非常~にXに近いQで、漫画の中の彼女たちのように、自分のことを「僕」「俺」「それがし」「拙者」「小生」と称することに憚りが無かったし、むしろ「私」という一人称抵抗があった。恋愛対象性的指向は両性に亘り、「18歳のナオンのケツを一生触りたい」という願望と「異性と愛し合って子どもを設けてみたい」という気持ちを両立させながら元気に暮らしていた。

 ある日、冷やし担々麺を食いながら、ふと小生は思いを巡らせた。

「俺は高校のころ、Twitter上で同期から『[俺]の言葉遣いはこじらせ銀魂腐女子っぽいし黒歴史になりそう、後々過去ツイ見てジタバタしそう』と言われていたし、そうなることを自分もどこかで願っていた・・・が、思春期過ぎても一人称に変わりは無かったし、このまま母親になっても俺でいるんだろうか・・・だとしたら、先輩ボクっ娘ママを探さなければ・・・・・・ん?一人称が『僕』や『俺』の母親って現実でもコンテンツ上でも全然存在しなくないですか?」

 それは、かつて片目をつむったまま遠くの小指を凝視し、自分盲点をはっきりと認識した感覚に似ていた。想像盲点だ、視野が広がるとはこういうことだ。うわ~、こういうときに粋な考察をササッと出せるようになるためにもジェンダー論しっかり学びたい!という明るいお気持ちに包まれた。しかしながら、まず何も学んでいない状態結論を出してみて、大いに勉強をした後でファースト・粗野・考察を見返すのもきっと面白いだろうなあと思い、小生はここにそのプリミティブな思想を書き留めておくことにする。以下にはもう、本当に野蛮で無知で最悪な文章が綴られているので、有識者はたたかないでください。

1. 「僕/俺」と「私」の非対称性、「あたし」

 そもそも「僕/俺」と「私」、使う人間の層はどう分かれているんだろう?

 成人男性は「僕/俺」と「私」の両方を使うことができるが、まだ幼い少年自分を「私」と言っていると、相応に作為性を感じる。対照的に、女性若いうちは「僕/俺」の使用が(かろうじて)認められるが、加齢していくにつれて「私」の求心力が極大に近づいていく。ものすごい非対称だな。う~んこれはいったいどういうことなんだろうね。無学なのでわからん

 これは勘ですが、大人(または人間)のデフォ一人称が「私」なのでは?そして、「僕」や「俺」という男性一人称は、男性側が女性差別化を図るために生み出した切り札のようなもの二次性徴以前は、男女の体や性格未分化であり、しゃべらなければ見分けがつきにくい。そこで、素早く同性or異性の判別をして固いホモソーシャルを築くために、少年さんサイドが「私」とは異なる固有の一人称保有しているのではないだろうか。一方、少女側にもホモソーシャルを築きたいという欲が強い人間がおり、彼女らは「あたし」や「うち」などの一人称を駆使し、多くの友達連帯し、大概「気が強い」と思われている。男らしい一人称(や女らしい一人称)というのは、未分化少年少女たちがホモソーシャルを築くための最初の一歩として獲得するものではないか

 思春期に入り、体が性別に沿う姿に分化すると、このような一人称でのジェンダーの探り合いは不要になっていく。ただまあ、精神連続的なものなので、しばらくは男女両陣営が幼少期に獲得した一人称を保持している。成長に伴いフォーマルな場というものにブチ当たることによって少しづつこの傾向を修正され、多くの場合就活ときに決定的に一人称が「私」に統一されるでござるなあ。(なぜ、フォーマル場所では一人称が「私」に統一されるのか、それについては勉強によって解明したいと思いました)

 男性一人称本来少年に与えられたもので、それゆえに男性一人称にはどこか瑞々しく未熟な感じが出るのでは。そして、少女が「僕」を使うことで、この若さを維持・増幅しつつ一定倒錯を生み出すことができる。輿水幸子(デレマス)が自称する「カワイイボク」という概念は、性別観点から見れば矛盾しているが、若さ・幼さという点においては「カワイイ」と「ボク」が加算的に働いている。うわ~かわいい!最高!いじめたい!

 一方、一人称が「私」の少年と言うと、どこか神々しいというか、メカニックというか、そういう・・・人間らしさの希薄性が強調される。あ~中性的ぼんやりした美少年か、エッチだ!ちんぽしごきたい!

 【加筆】「あたし/うち」は、「異性と同性を区別する」というよりむしろ自身ジェンダーを強調する」目的で使われているという点で「僕/俺」と対照的なんではないでしょうか。だから一生使っても問題ない(幼稚さが出にくい)し、オカマのみなさんにも愛用されていることが伺えます

2. 母親男性一人称親和性NASA

 上記の小生の仮説から考えると、母親というキャラクター男性一人称ものすごく相性が悪い。(これは持論ですが)母であるということは、その人が異性とセックスをできたということの証左になり、すなわちこころの性が女であるという暗黙の了解が働くよなあ。なおかつ、母親は子を産み育てるという社会的責任を負った存在なので、「心身共に成熟した人間である」という前提が追加で発生している。(本当はそうでもないよね)

 この場合男性一人称母親というのは「未熟な少年言葉」でしゃべる「成熟した女性」となってしまい、なんの相乗効果も生まれず、ただただ独特の気持ち悪さを発してしまう。キモすぎて多くの人間想像視野に入っていない。(思春期以降の女子が「俺」を使っていると腐女子っぽくてキモいというのも同様の理屈だと思います) 自分の子供に向かって「よしよし、俺はこっちだよ~」と呼びかける母親、なんか嫌じゃないですか?ちなみに小生の性癖にはとても刺さります

 ※あと、なんとなく思いが廻ったので加筆しますが、"男性一人称母親"への抵抗感の発生は、男性女性とでメカニズムが若干違うのでは?まず男性場合母親はどう転んでも客体、すなわち消費されうるキャラクターである男性母親というキャラクターに求めているもの第一は「母性」「包容力」なので、自分たちと同一の一人称を用いてこられるとその両方が感じられなくなってしまう、つまり萎えが発生してしまうのでは。一方"母親"が自らの主体となりうる女性場合はというと、心の中に[母親成熟した女性であるべき]という縛りが発生していて、男性一人称母親存在はこの信条に悖ってしまい、憤りにつながるのではないか。まとめると、"男性一人称母親"は、男の信仰・女の義務感の両方をくすぐる最悪の概念であるかもしれないということだ。

3. 小生の意見

 Twitterで「僕っ子 母親」を調べたら「子供に悪影響出そう」「痛い」みたいな意見が出ていて、それは至極まっとうな感情だと思う一方、小生は悲しいよ。どうして『弟の夫』『きのう何食べた?』みたいにゲイ子育てに関わる話は☆多様性☆の印籠のもとに迎えられるのに、一人称が「僕」の母親は痛いという風潮は変わらないんだろう。かつては同性カップルによる育児子供への悪影響が懸念されていたが、今ではその心配杞憂であったことが分かりつつある。おい、ここに多様性多様性が落ちてるぞ。良いインターネットさん、仕事時間だよ。インターネットに迎えられなければ、小生が積極的に声を上げていくべきなのだろう。僕が僕として授乳できる社会ができたらちょっと嬉しいかな。

 あと、子供を産んだ時点でジェンダーが女であるというのは偏見だぞ。最近SOGIとかい言葉流行り出して小生は感極まっている。性自認性的指向、性表現は相異なるものであるということが認知されつつある。「自分をなんとなく男寄りだと思っているバイ母親」は存在しうる。存在しうるんだよ。多様性ファンならあらゆる可能性を尊重しよう。

 とはいえ、「一度出産経験するとこころの性が女に全振りされる」という現象存在する可能性もなくはないので、本当にそういうことがあるのかは今後勉強したい。

小生からは以上です。

良質な文章が漂う増田の海に、糖質ワードサラダ同値文章を書いてしまって本当にごめんなさい。

ますおやすみ世界

2020-06-09

anond:20200609195722

経済学第一原理が神の見えざる手から

何の作為もないバラマキが、最も給付コストが低くなる

困っている人、必要な人を選別する条件をつければつけるほど、

手間は増え、至急が遅れ、予算事務コストのしかかる

この発想が理解できるかどうかが、マクロ経済政策理解できるかどうかの試金石

2020-05-10

官邸批判批判

内閣行政権国民に向けられている!けしからん!というツイート

https://twitter.com/s_mogura/status/1259141221869514753

いや、行政権内閣に属するのは憲法にも書いてある当たり前の事だろう。官邸の図は何も間違っていない。

第六十五条に「行政権は、内閣に属する。」って書いてあるだろう。

行政権内閣以外に属していて、しか国民以外に向けられているという理解なのだろうか?

さらツイート主は国民から内閣への世論の矢印が無いと批判している。

内閣世論尊重するにはするが国会で成立した法律執行するのが三権分立根本的な意義だ。

三権分立説明図でこれを省略するのは何もおかしくないし「概要」図でそこを難詰するのは難癖でしかない。

そもそも高校教科書デジタル大辞泉といった学術書とは言えない書籍を引き合いに出すのは、どうなんだ。

これに続くリプライも頭を抱える。

内閣国民意見できないんですね笑

内閣国民監視してるって、憲法を読んでないにもほどがある

じゃあ行政権はどこに属するんだよ。日々の行政はどこの誰が誰に向けてやってるんだよ。

憲法読んでないのはどっちだよ。

これ、「裁判所」を「最高裁判所」にしているあたり作為を感じるんです。実質的な人事は内閣が握ってるんだぞ感を出している。

最高裁判所が終局判断するんだから最高裁の方がより正確。これも憲法に書いてあるじゃないか

第八十一条 最高裁判所は、一切の法律命令規則又は処分憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である


ああ、政治議論は本当にむなしい。日常生活では一切かかわりたくない。

追記もしかして検察司法権に属すると誤解しているのだろうか・・・

2020-04-09

安倍アゲコピペランサーズ騒動

なんかネットでオジサン構文使ってたのを面白がってコピペたからってことで

答えは出てるっぽいけどさ、最初からあら安倍陣営側がを叩いてた人は本気だったのかな。

普通に考えてあのキモい文体単体でも共感を得ることはなさそうだし、

それが集まったときに(実際にネットでそれが主流となったように)

作為を疑われてヘイトが溜まるのって火を見るよりも明らかじゃん。

アナ騒動とかでこの辺の簡易コピペツイート爆撃って

ネットユーザーに簡単に見つけられるし、

どちらかというと敵対勢力による炎上狙いだったって方を疑ってたんだけどな。

2020-03-10

anond:20200310231607

俺も写真撮影行為に大した価値があるとは思えないんだよね

報道写真とか記録映像のようなものは別だけども

一般人レベルであれば一瞬を美しく切り取る為に時間やカネや労力をかけている暇があったらもっと五感でたくさんのもの自分の脳にインプットした方が楽しい

まあ俺が何か記録したものを見返す習慣が一切ない人間からかもしれないが

美的なことでいうなら人間の手で描く絵画等の方が人間作為(アート)が入り込む分比較にならないくら価値がある

2020-01-29

ボーダーパイスラ写真は胸の強調だろ〜

自分フェミじゃないけど、茜さやボーダーパイスラ写真(またはボーダーローアングル写真)を転職広告に使うのはキメェ〜って思うよ

だって広告業者が彼女巨乳で釣ってることまるわかりだったし、くっそキモい反応が山のように連なってるのに放置されてたし。

んで、なんか批判があった時点では茜さやさんも被害者だよなぁ、巻き込まれ可哀想に…と思ってた。だって彼女がこの広告を作ったわけじゃないし、この広告のためにあの写真を撮ったわけじゃないから。

だけどなんか、その後の反応を見て、ん?となった。

彼女の「巨乳女性ボーダー着ちゃいけないの?」みたいな謎発言とか。それ、フェミ批判じゃなくてアンチフェミ解釈を受け取ってると思うんだよなー。

彼女プロモデルであることを前提として言いたいんだけど、プロ作品(今回の場合フリー画像と、それを使用した広告)には全て意図作為あるじゃんか。服装髪型メイク姿勢、表情、指の角度一つまで、細部まで「自分がどう見えるか、見られるか」気を配ってるはずだよ。カメラマンの方もそう、どの構図で、どの角度で、どの絞りで、どこにフォーカスを当てて、どんな露光で、どんな編集で…って、プロならちゃんと考えて撮ってる。

その意味で、今回のトボケ具合はちょっと、まるで「自分アマチュアです」って逃げてるような反応に思えた。

だってはっきり言って、あの写真は、彼女の胸の大きさが強調されてるし、彼女性的魅力を含めた可愛らしさを伝えようとしてる画作りじゃん。

なぜか彼女私服であることをアピールしてたけど、今回私服か/用意された衣装なのかはあまり関係無い話だよね。だって身体に沿うタイプ生地ボーダーストライプ、あるいはリブ生地の線が身体の凹凸を強調するのは常識というか、被写体としての基礎知識でしょ。明るい色は膨張して見えて、暗い色は引き締まって見えるのと同じくらいの基礎知識

今回の件の写真ではボーダーカーディガン羽織ってたけど、カーディガンボタンを全部留めることだってできたはずで、それはカーディガンをただ羽織って胸の周りにフレームを作ることとは全然異なる効果を持つ、ことを彼女はわかってたはずなんよ

もちろんアングルも、これはカメラマン側の意図もあるけど、煽り俯瞰とアイレベル真正からとで、物の見え方は全然変わるんだよ、そんなことはモデルにとっても基礎中の基礎っしょ?

から件の写真は、「彼女の胸の大きさを強調し、性的に魅力的に見せる」ものとしては非常によく考えて作られた作品だと思うし、それは全然悪いことじゃないよ。

茜さや氏はなんでそこを誤魔化すんだろう?と思って…

なんかこう、上手くまとまらないけど、職業モデルとするならあのリアクションはないよなーという一つの意見

2019-10-25

anond:20191025170415

よくわからん

外側は作為のない円筒形だけど内側は身体に密着するよう細かなヒダヒダにするのがベストってこと?

それもうオナホールじゃん

anond:20191025170012

ギターケースってギターの線が出るような形に作ってあるけどやっぱり男の作為があるのかな?

anond:20191025165710

鎧に体の線を出す意味あります合理的説明ができなければ作者の作為を感じます

2019-10-24

anond:20191024182301

ちなみに「SUGOI DEKAI」の作為についてはどう解釈するの?

anond:20191024180248

尾崎ちゃん漫画の中で巨乳からって特別扱いされたり、周りの人にめっちゃエロ目線でみられたりしてないよ。

普通日常マンガだったよ。

エロとしての作為があるんだったら初めからエロ展開してると思う。

実際あのくらい胸が大きい人は実在するのに、絵や漫画にしたら必ず強調されているはずって言うの、やっぱりちょっと早計な気はする。

多様性として、胸の大きな主人公普通生活する作品があっても別におかしくはないと思う。

2019-10-20

クソみたいな話題のうた

漫画アニメ、どうでもいい

お前が昨日行った料亭 どうでもいい

お前の腹に入った食べ物 心底どうでもいい

もっと作為欺瞞に満ちた世の中の善し悪し事

日常で味わえない精神異常者の話

そういう話をもっと聞きたい

平穏に安穏に暮らしてる市民には興味ない

いつ狂ってもおかしくない、憎み合い傷付き傷つけ合ってる誰かの極めて非生産的可哀想物語

提供してくれよ

2019-08-17

anond:20190817153300

現状その匂わせるとか程度の描写で留まらない作為をもってでしかLGBTを使えないし受け手側も受け入れられないことが批判されてんじゃねえの?

まぁそういう空気感だけで異性愛なり同性愛描写できるって相当高度な演出能力ないと無理だと思うけどね

そんだけの力量持った小説家演出家・漫画家がどれだけいるんだろうか

2019-06-17

ラノベ作家志望者の言う「キャラ勝手に動く」の問題

クリエイター専門学校小説ライトノベル学科講師をしていた者です。その仕事をしていた時、小説の書き方を学ぶ若い生徒たちに「ある傾向」が見られたので、それについて少し書きます

生徒に向かって語った言葉を元にしているので、やや説教くさい言い方なのは見逃してください。



キャラクター勝手に動き出す」、という言い回しがありますね。作家自作について、キャラクターたちが自分の手を離れて半ば自動的物語を進行させているような感覚表現したもの、とされています

これをもう少し一般化すると、登場人物人格を含む初期条件さえ設定されれば物語の結末は自ずと決まる、という考え方になるでしょうか。

小説学科で教える中で、僕はこうした言葉を生徒から一度ならず聞きました。大抵は、どこか誇らしげな調子で。

いま流行りの「なろう系」はシミュレーション小説としての性質を持つものも多いので、作為が薄い方が作品として優れているのだと考える作家志望者もいるのかもしれません。架空世界人物純粋な観察者として文字に描き起こしているだけ――そういう境地こそが作家としての理想なのだと。

でも、もしもこの文章を読むあなた小説家(ラノベ作家)になりたいのなら、少なくともプロになるまではそんな言葉を使うのはやめた方がいいです。

しかプロではそういうことを言う人がいます。その内の十分の九ぐらいは一種リップサービスでしょうね。現代は〈大文字の「作者」〉が死んだ世界なので、作者が「出しゃばる」ことを嫌う読者も多いですから

残りの十分の一は天才です。天才は、セオリーを踏まえた上でそれを軽々と飛び越えられる人たちなので、もしかしたら本当にキャラ勝手に動く感覚体験しているのかもしれません。

ですが、あなたは恐らく天才ではありません。天才でないあなたの「キャラ勝手に動く感覚」はただの願望による錯覚です。

僕は授業で、物語の要素が書かれたカードランダムに並べて物語を作る手法を教えました。これは、大量のプロットを手早く作成するトレーニング第一目的でしたが、それとは別に生徒たちに、たとえ出発点は同じでも物語は(有限の組み合わせではあれ)多様な展開が成立し得るということを感じ取ってほしかったのです。

もちろん、その展開を自然に感じさせたり、人気が出たり売れたりさせるための難易度は各プロットによって差はあります。ですがそれでも、結局のところ物語というのは作者自身の手でどういう形にもなるものなのです。

登場人物勝手に動いた」

純粋リアリティを追求した結果」

物語の流れに従っただけ」

これらは、その一見謙虚な響きとは裏腹に、物語を作る者がその責任から逃れる卑怯言葉でもあります

物語作家としての責任を引き受けるというのは別に自分の書いた作品に影響されて読者が犯罪者になってしまったらどうするかなどという極端な仮定に限った話ではありません。ある作品について、他の形でもあり得たはずなのにそうはせずにこの形を、他でもない作者である自分自身自由意志で選び取った、という事実を認めること全般です。小説の作者は全ての登場人物について生殺与奪の権利を完全に独占しており、「キャラ勝手に動いた」などという欺瞞が入り込む余地はありません。

そうは言っても商業作家出版社プラットフォーム規定意向作品内容を制限されることがいくらでもあるだろう、と思ったでしょうか。ですが、完全に無断で作品に手を入れられるのでもない限り(そういうケースも実際に存在するのが困ったところですが)、制限をどのような形で作品に取り入れるかは作者が決められますし、最悪でも作品の発表そのものを取り下げることはできます。その意味で、やはり現代においても作品は作者のものなのです。

現実的には、主に経済上理由から作家が真に自由作品執筆することなどほぼ不可能でしょう。そのような状況で重荷ばかりを背負わされることを理不尽に感じるかもしれません。

それでも、(ラノベ作家という言葉社会に送り出す仕事を選ぶのであれば、この「創造主としての責任」の問題を投げ出すことは許されないのです。それでも、あなた作家を目指しますか?



何の話をしているのかよく分からなかった人も多いでしょうが作家志望の方たちはどうかこの話を頭の片隅にでも置いといてください。なろうで日刊ランキング入りするノウハウのような、今日明日で役に立つ話ではありませんが、お守りぐらいの意味はあるはずです。たぶん。

2019-04-26

池袋のアレ何でみんな事故と決めつけてるんだろう

事故である証拠って何?

何で作為がないと断言できるの?

2019-04-22

ちょっと昔のこと→白黒 って馬っっっ鹿かよ

けっこう前なんだけど

テレビチャンネル回してたらやってた時代劇(たぶんNHKのその時の新作ドラマ 再放送とかじゃない)、

ちょうど回想場面になったところだったんだけど、そしたらそれが白黒映像なのよ!

馬っっっっっっっ鹿じゃないの!って思ってけっこう怒ってチャンネルかえた

だって江戸時代なんだから「昔は白黒」なんて認識も何もない! ので

で、毎週楽しみに見てる「いだてん」なのだけど!

昨日放送のにそういうのがあったんだけど、気になりますいか

これもやっぱり明治大正なので、今も昔も同じく写真映像は白黒なんだから、「昔は白黒」なんて認識はない!

杉本哲太演じる生真面目なおじさんが昔はテニスボーイだったんだぞってことで流れたんで、

杉本哲太サラサラヘアのカツラかぶっただけで若者演じてるのおもしろかったし、

そうやってちょっとふざけてたので、場面として浮き立たせるために白黒になってたのは明らかに効果あった

けど、そんなんで良しとはならない、許さん

いや、冒頭からしてスヤさんとの思い出がフィルム調で映されてて、そこでもうちょっとがっかりきてた

これを人に言ってみたら全然気にならないって言うので、仲間が欲しい・・・




-----------------------------------------------------------------

追補

「分かりやすい」「よくある」「ありふれてる」のは分かり切ったことですけど、だからだっていうんだ!

持ち方とか変なファミコン写真ありましたね

あれセピア調で、80年代なのに変だぞって言ってる人もいたはずです

その人たち来て仲間になって

フィルム劣化ノイズを模したのあるじゃないですか

しみとか縦の線がちゃかちゃか入るやつ

本当だったらせいぜい60年代初頭あたりまでの映像しか無いと思われるんだけど、

80年代とか90年代映像にまでかぶされてるってことが、

テレビ見てるとあるんですよ

歴史修正的って言って大袈裟でもなくないですか!

ちょっともう冒頭のフィルム調のほうに的を絞るけど、

同じことですよ!

四三さんとスヤさんの思い出がああやってカラーフィルム映像で残ってるはずないわけでね

からあれは劇中の実際物でもなく登場人物思念でもなく、映像制作者が視聴者に向けた作為なわけでしょう

でも「カラーフィルムで撮られた思い出」ってものすごく時代性を帯びてて、

カラーフィルムが普及して廃れるまでの期間を回想するって場合しか使うべき表現じゃないと思うのね

スマホの縦型動画で撮られた思い出」と同じなのね

もうこれ誰も読まないでしょう


------------------------------------------------

いやさぁ、杉本哲太theテニスボーイはさぁ、その説明を聞いた、四三と可児くんだっけ、その脳裏に浮かんだイメージっていう扱いで出てきたのかもしれないじゃん。劇中の理として、って言ったらいいのか何ていうか

いや、ふたりが浮かべたイメージ映像制作者が混ぜ合わせたってことかもしれないし、まるっきり映像制作者の作為として視聴者提示されたものかもしれない。ていうかあやふやっていうかまぜこぜですね。

でもとにかく一要素として、劇中人物の脳裏に浮かんだ映像って感じがあるし、その感じが強い、とする!

で、あの時代に、「昔=白黒」っていう共通認識があるかよ!? ってんだよ!

若かりし杉本哲太theテニスボーイはあの時点から30年は前のことでしょう。1880年代とかですぜ。

写真館とかできっちり撮った写真ぐらいしかなくない? いや勉強不足で知らないんだけどね。

からあのドラマ時代に身近な人の昔の写真を見る機会とかある? あるかもしんないんだけどね。無いってことにする! 特に庶民は!

そしたら、あくまでそしたらだけど、四三さんたちが白黒で思い浮かべるのはおかしいじゃないですか!

でもちなみにだけどもしもあれモノクロでも白黒じゃなくてなんか赤とかと白のモノクロだったら映像の遊びとして受け入れてぜんぜん怒ってないんですよ!

これは意外な新事実ではないですか!?

みんな追記以下読んでます!?

仲間来て!!!


---------------------------------------------

スマホの縦型動画うんぬんにみんなもっと触れてほしかった

フィルム調も白黒も、スマホの縦型動画と同じぐらいに、特定時代らしさを帯びてしま表現と思ってた

でも白黒については、記憶とか回想に際して色を勘案しない人が若い人でもまあまあいるのかもってわかったので、ひとまずあきらめよう


---------------------------------------------

転校生」の男女入れ替わる前後の場面に白黒映像あるとのこと

たことないですけど、階段転げ落ちる場面かと思われる

命にかかわる危機とき、視界が白黒になったりスローモーションになったりするって聞きますから

おそらく、それなりに、そういう人間生理における実際に即してる、準じてる、って感じがするので、受け入れられる気がする

階段転げ落ちの危機だけじゃなく男女入れ替わりの衝撃を表現するのにまで白黒映像が用いられてるとしても、そりゃあ驚天動地の一大事からそうもなるだろう、って感じだ

納得だ

見たらわからないが

犬神家の一族」も白黒の回想場面あるとのことで、

これは最近見たのに、あったかどうか覚えてないぐらい気になってないですが、

殺人の場面かも、と思います

しか目撃者の回想じゃないか

だとしたらなんだけど、これも人の命の危機だし、下手すりゃ自分危機なので、白黒になるの納得いきます

なんか、現実に即してなければだめだ! って言ってるみたいですけど、ちがう!

でも現実に即してるっていうのは、腑に落ちやすくするためにかなりかなり有効手段なんだから、やるべきところでやればいいでしょ! やるべきところはここだ! 俺が掟だ! って話だ!

もう白黒についてはほとんどあきらめたんだけど、やっぱり「いだてん」冒頭のフィルム調だよ! 15話だよ

あれがスマホの縦型動画調だったら変でしょう!

本っっっっっっっっっっっっっっ当に同じことだと思うよ





--------------------------------------

「仲間来てって何様なんだろう」っていうの、ほぼ意味からない

同じように思う人いたら味方して、というつもりで書きました

2019-04-03

アンチインスタ

インスタというか、昔からいた海外行って、写真撮ることに必死日本人から嫌いだったので、もちろんアンチインスタです。

とはいえ動物写真は見る。

動物には作為がないから。

飼い主の演出はあるけど、可愛いから許す。

写真撮られるの苦手だからか、オシャレな人達モデル気取りで写真撮ってるのみると、なんか恥ずかしい。

すごい真顔で連写しまくってて、舞台裏をのぞいた気まずさ。

でもまだきれいからマシ。

生憎と、きれいでない、一般女子必死自撮りしまくってるのみると、いたたまれない。

自意識過剰を笑うのは過去の話なのだろうか?

私もすごい自意識過剰完璧主義なオシャレ好きな不美人なので、それを悟られるくらいなら消えたいと思う。

オシャレを頑張ってると思わせたくないし、ウィンドウ自分ファッション確認してるのも気づかれたら恥ずかしい。

昭和生まれからかなあ。

ファッションブログ好きだけど、裏側は絶対見たくないな。

こっちが恥ずかしい。

2019-04-01

平成の書と令和の書

新元号の令和ですが、発表された字がお手本のような楷書でした。平成は書いた方の色がかなり出ているのに対して令和は出していません。

(少し前にはてぶでも話題になった顔真卿のような楷書ではありませんが)

万葉集から引っ張ってきたことを全面に押し出すなら少し崩してもいいのかもしれないと思いますが、作為を込めるようなものは避けたのでしょう。

作為を避けたお手本のような書を書いてくれる書家に来てもらって直前に書いてもらったのではないかと思います

ちなみに、書にも流派みたいなものがありますが、平成と令和では別かなぁという印象があります

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん