「狩猟」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 狩猟とは

2020-05-23

狩猟用の銃って人の殺傷能力あるんだな

動物殺す用の銃だから人を殺すほどのパワーはないと思ってたわ

そんな危険な銃を民間人が持てていいのか?

2020-05-19

MAAS

ブッダが「悟りへの道」だと言い切った「自己観察」とは?

いかなる意識状態意味しているのでしょうか? この問題を解くうえで頼りになるのは、科学的なマインドフルネス運用法を知ることです。

多くの研究いかマインドフルネスを測定しているのかがわかれば、ある程度は言葉による把握が可能になります。 

現在もっとも多くの研究で使われているのは「MAAS」です。

2003年バージニアコモンウェルス大学のカーク・ブラウン氏が開発した尺度で、これまで数百を超える研究妥当性が確認されてきました。「MAAS」は15の質問構成され、誰でも自分マインドフルネスレベルを診断できます。まずはすべての質問に答えて、自分マインドフルネス度を計ってみてください。採点が終わったらすべてを足して平均を出してください。おおよその得点の目安は次のようになります given elsewhere

マインドフルネスが、決して何か特殊精神状態行為だとは考えられていない

点です。「MAAS」の質問を裏返せば、マインドフルネス意識とは「その時の感情自覚している」「いまの状況に集中できる」「つねに自覚的に作業を行う」といった状態意味します。いずれも、私たち普段生活で気をつけている平凡な要素ばかりでしょう。

マインドフルネスとは心を無にするような困難に挑むことではなく

たんなるリラックス幸福感の言い換えでもなく、スピリチュアル宗教的至高体験でもない、ごく日常的な意識のあり方です。

これは狩猟採集民の時間感覚に近い

詳述したとおり、狩猟採集民はすべての体験現在ととらえて時間を超越し、それゆえに未来不安から解き放たれています。誰から教わることもなく、彼らはマインドフルネス状態暮らしているのです。

このテスト平均値の目安は以下の通りです。

3.84ポイント前後=平均的なマインドフルネス

3.95ポイント前後=平均よりも上のマインドフルネス

4.38ポイント前後=平均よりもかなり上のマインドフルネス

6点満点

1: ほとんど常にある

2: とても頻繁にある

3: やや頻繁にある

4: あまりない

5: めったにない

6: ほとんど全くない

日常マインドフルネス度を計る15問

  • その時の感情を、後になって気づくことがある
  • 不注意や考え事が原因で物を壊したりこぼしたりすることがある
  • 今の状況に集中できないと思うことがある
  • 過程を重視せず、目標にたどり着くために急ぎがちである
  • 本当に気になるまで、身体的な緊張や身体違和感に気づかないことがある
  • 初めて聞く人の名前をすぐに忘れがちである
  • 自分のしていることをそれほど意識せず、自動的に何かをしているように感じることがある
  • きちんと注意を払わずに、急いで活動しがちである
  • 達成したいゴールのほうに目が向き、今そのためにしていることには意識が向かなくなることがある
  • 自分のしていることを意識せずに、機械的仕事作業をしている
  • 何かをしながらも、同時に他人の会話に聞き耳を立てていることがある
  • 無意識のうちにどこかに向かっていて、後から考えるとどうやってそこに着いたか思い出せないことがある
  • 気がつくと未来過去のことで頭がいっぱいになっている
  • 気がつくと注意を払わず物事に取り組んでいる
  • 気づいたら間食をしていることがある

2020-05-17

anond:20200131224105

元々狩猟採集生活をして農耕に変化したんだぞ

社会の授業は全部寝てたのか?

2020-04-27

anond:20200427203307

絶滅させるほど狩ってても人類が平気で生きてたならその狩猟対象いなくなっても生存できるほど潤沢に食糧あったってことやで

これは訂正させていただく。

「平気で生きてた」わけじゃない。

たとえばアメリカ大陸では獲物を探して南下し、南米高山に上ってまでマンモス追いつめてたわけだけど、

本当に狩猟対象がいなくなると同時期に農耕・定住生活に移行してる。

獲物の枯渇が定住生活きっかけではないし、より正確に言えば農耕生活の開始と定住の開始はまた別である

 

が、土木に関しては了解した。

まり戦争ね。これは確かに

古代ギリシャとか見ても女が家に閉じ込めておく子袋扱いなのは戦力にならないからなんだよね。

 

anond:20200427201241

狩猟採集生活の時には、おおきな獲物を狩るのは男集団役割から、力仕事という面での重要性は農耕・定住生活と変わらない。

大きな獲物の狩猟はもともと人類にとってはそんなに重要ではなかったんやで

前提が間違ってるので以降の蘊蓄無意味につきノーコメント

anond:20200427195802

農耕定住生活での力仕事重要性が上がったのではなく、農耕・定住生活で富の蓄積が起きたからだよ。

狩猟採集生活の時には、おおきな獲物を狩るのは男集団役割から、力仕事という面での重要性は農耕・定住生活と変わらない。

でも狩猟採集民は季節移動するため、富の蓄積が起こりにくい。

 

農耕・定住生活をするようになって、倉庫つくって蓄える、すなわち富の蓄積が可能になった。狩猟採集生活時代にも「富」はあったが、それよりはるかにでかい

役割分担も生まれ、つまり格差社会生まれる。蓄積される富はより大きくなる。

富の蓄積が起きれば、「誰がそいつをできる限りたくさん独り占めするか」という競争がより激しくなる。 

競争が起きれば男と女じゃ男のほうが圧倒的に有利だ。そもそも闘争適応して進化した性だから

そういうわけで、さら社会には地位身分というものが生まれ、同時に男女の間にも狩猟採集生活にはあまりなかった身分上下が開くようになった。

もともと女というのは男にとって唯一の生殖資源だ。そのため論理的には女を「男の管理下にある資産」としたほうが、男の利益を最大限追求できるからだ。女の人権蹂躙されるが。

 

農耕・定住生活になってからいきなり変わったのではなく、もともとあった性質がより強くあぶりだされただけのお話

なぜ男が基本的に国のトップに向いていないのか、理詰めで説明する

魔法少女♪ぶっ殺コロナちゃん★のおかげで世界中で男社会の化けの皮が剥がれてるけど

これは以下の理由から合理的説明できる

 

・かつて男は狩猟本能に従い集団で狩りをした、それゆえ男だけの意見の固まった

先鋭化した集団(ホモソーシャル)を形成やす

 

命に係わった狩りの時には、団結と命を捨てる勇気必要になった

しかしそれは反面、ブレーキの利かない集団心理として働き

有史以来数々の戦争を産み出す原因となった

特に「未知の」ウイルスと戦う際には、反論封殺される土壌はあまりにも危険

 

・また、狩猟と言うは基本的に「奪う事」「争い」が前提にある

ウイルスを前にして米中の無意味な対人的非難合戦が繰り広げられ、

肝心の本国においてのウイルス対策がおざなりになっているのは

他の集団から攻撃を受けた」という男の闘争本能が働き

その集団と戦えば解決すると言う短絡的な思考に陥ってるのが原因だ

(無論、単に責任逃れという理由もあるがこれはもっとヒドイ)

 

トランプのハッタリ、交渉術マッチョアピールなどウイルスには微塵も通用しない

既に本国にいて、今も尚広がり続けるウイルス相手外交などまったくの無意味である

 

・また男は子孫を残すため、異常なほど他者に対する競争心を露にする

これは女と言う限られたリソースを奪うための本能だろう

 

当然コロナ禍、戦争などの有事においても発揮され、

有事を利用した自身(あるいは自分所属するグループ)の地位の向上

体のいいビジネスチャンス競争として捉えられ、利権が優先され本来なされるべき対処が遅れる

古くは第二次世界大戦、現政権のお友達優遇マスク和牛などの体たらくを見ても明らかだろう

 

  

  

以上のことから、少なくとも農耕社会として理性を重んじる現代においては

こうした男の野蛮さ、粗暴さは末端では開拓者としての機能を発揮できるが

国全体を統べる首長国民の命を与る者としては

まり軽率で、危険まりないのがお分かりいただけるだろう

 

脅威を脅威と認識し、透明性を担保国民対話をして封じ込めた

台湾ニュージーランドドイツなどの女性リーダーの国

クォーター制を導入した韓国とは正反対である

2020-04-15

anond:20200415131258

おまえは竪穴式住居に住んで狩猟生活してろよアップデートなんていらないだろ

こんなところまで来てインターネット接続して漢字タイピングして投稿ボタンを押すことができる教養なんかおまえにはいらないだろ

インドにでもいけ

2020-03-30

かに4、5人[29]、あるいは10人ほどだった[30]。若年期のティムール乗馬弓術を学び[9]、ペルシア語テュルク語に加えてモンゴル語を話すことができた[31]。早くに実母を亡くしてタラガイに育てられ、狩猟家畜の見張りに携わっていた[32]。やがて、ティムールの人望と能力に惹かれたためか、彼の周りに様々な出自人間が集まり始める[33]。クラヴィホの報告、アラブシャーの伝記によると、若いティム

https://hultfinance.zendesk.com/hc/en-us/community/posts/360042364034-1-04-2020-Паромщица-4-серия-смотреть-онлайн-в-хорошем-качестве-от-31-марта

https://hultfinance.zendesk.com/hc/en-us/community/posts/360042364214-1-04-2020-Тайная-любовь-5-серия-хорошее-качество-смотреть-от-31-марта

https://hultfinance.zendesk.com/hc/en-us/community/posts/360042561473-1-04-2020-Карпатский-рейнджер-20-серия-онлайн-сериал-смотреть-от-31-марта-

https://hultfinance.zendesk.com/hc/en-us/community/posts/360042561513-1-04-2020-Колл-центр-7-серия-онлайн-сериал-смотреть-от-31-марта-

https://hultfinance.zendesk.com/hc/en-us/community/posts/360042561593-1-04-2020-Карпатский-рейнджер-22-серия-онлайн-сериал-смотреть-от-31-марта-

https://hultfinance.zendesk.com/hc/en-us/community/posts/360042364434-1-04-2020-Паромщица-5-серия-онлайн-сериал-смотреть-от-31-марта

https://hultfinance.zendesk.com/hc/en-us/community/posts/360042561673--Тайная-любовь-8-серия-1-04-2020-смотреть-онлайн-в-хорошем-качестве-

https://hultfinance.zendesk.com/hc/en-us/community/posts/360042561733-1-04-2020-Три-капитана-2-серия-качество-HD-от-31-марта

https://hultfinance.zendesk.com/hc/en-us/community/posts/360042364614-1-04-2020-Холостяк-10-сезон-6-серия-в-хорошем-качестве-

2020-02-28

[]ニワトリ

鶏は江戸時代から食用となり品種改良料理本が出るようになった

中世近世ニワトリ[編集]

戦国時代にはキリスト教徒ポルトガル人西日本へ来航し、カステラやボーロ、鶏卵素麺など鶏卵を用いた南蛮菓子をもたらした[42]。江戸時代初期の寛永4年(1627年)にオランダ商館一行が江戸へ参府した際には道中でニワトリ鶏卵が用意されたという[43]。

江戸時代には無精卵が孵化しない事が知られるようになり、鶏卵を食しても殺生にはあたらないとして、ようやく食用とされるようになり、採卵用としてニワトリが飼われるようになった。寛永3年(1626年)に後水尾天皇二条城行幸した際には鶏卵を用いた「卵ふわふわ」が出され[44]、寛永20年(1643年)の料理書『料理物語』では鶏卵を用いた各種の料理菓子が記されている[45]。また、江戸初期には海外交易が盛んとなっており、朱印船によって軍鶏チャボ烏骨鶏日本へと移入された[41]。

江戸時代中期以降、都市生活者となった武士狩猟をする事が少なくなり、野鳥があまり食べられなくなり、代わって鶏肉が食べられるようになった。文化年間以降京都大阪江戸において食されるようになったとの記述が「守貞漫稿」にある[46]。料理書において鶏肉鶏卵が登場し、1785年には「万宝料理秘密箱」という鶏卵料理書も出版されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%AF%E3%83%88%E3%83%AA

anond:20200228125124

2020-01-13

コニシタカコの死

コニシ タカコ (漢字表記不詳、1973年 - 2001年11月) は、東京都居住していた日本人会社員で、2001年11月15日にアメリカ合衆国ミネソタ州遺体となって発見された。

遺体発見された場所デトロイトレイクスの外れの原野で、発見者は弓矢で狩猟を行っていた男性だった。

コニシは11月ミネソタ州ミネアポリスに行った。

そこからノースダコタ州ビスマークさらにはノースダコタ州ファーゴへと旅をしており、最後デトロイトレイクスへ至り、その地で死亡した。

一部のメディアが、コニシは1996年アメリカ映画ファーゴ』が事実に基づいていると勘違いして、

スティーヴ・ブシェミ演じるカール・ショウォルターが隠した金を探し出そうとして死亡したと報道した。

2019-12-15

それでもやはり猫を飼え

人間の傍にいて頼れるパートナー。その資質を見ても歴史を見ても、犬がナンバーワン(しゃれではない)であることは間違いない。

人類と犬の歴史は古く、猫では逆立ちしてもかなわない。そしてもちろん猫は逆立ちをしない。

そんな犬とのコミュニケーションが、猫「よりも」深いかは置いておくとしても、少なくとも相当程度に複雑であることも、これまた否定しない。人間は犬と共同で、野山で、森林で、河川で、海浜で様々な行動をとってきた。生き抜くために必要な、さまざまなミッションを共にこなしてきたのだ。歴史の中で、犬は人間にとって欠かせないパートナーであり、コミュニケーション相手であった。そのことに全面的同意する。だが、そのことは、こと今回の話題においては、明白に二、三のディスアドバンテージとならざるを得ない。それについて説明しよう。

(1)「他者」性の弱さ

犬は人間にとっていつも欠かせぬパートナーであったが、それは、犬が群れを作って生きるという性質を利用したものであった。そして、犬は群れの秩序を上下によって保つ。そのため、人間とのパートナーシップにおいても、犬はそれを「上下関係」として捉えるのである。結果、そこに現れるのは、「命令をする/実行する」とか「叱る/従う」のような、「一定ルールにしたがった意味交換」的コミュニケーションである特に中型犬以上のサイズになると必須になる「躾」の実施は、この関係性を加速させる。

これに対して、対人間、対猫のような独立性の高い生き物相手コミュニケーションにおいては、「命令をした/(しかし)/無視された」とか「叱る/(なぜか)/遊ぶ」のような、コミュニケーション非対称性が露わになる。必然的に、「相手の行動の意図を推測する」といった、より複雑な思考が求められることになるのだ。これは、犬とのコミュニケーションでは身に付けづらい能力であるコミュニケーション経験値を上げるためには、やはり猫の方が優れている。

(2)犬の本能を満たすために

犬は探知し、索敵し、探索し、追跡して獲物をしとめるハンターである。これは野外生活に適した性格であり、人間狩猟採集時代から重宝した、犬のパートナーとしての資質である。その本能を満たすために、散歩などの運動が欠かせない。だがこれは、現代の都会生活、そして、他者とのコミュニケーション課題を抱える人には、残念ながらあまり適した資質とは言えない。犬と適切にコミュニケーションをとるためには、ただ同居するだけでは不十分なのである

猫にももちろん運動必要だ。だが、それは室内で対応できるものだ。木の上に潜み、待ち伏せし、忍び寄って相手をしとめるハンターである猫の方が、現代の都会生活におけるパートナーとしては優れている。

(3)彼女ができたとき

そもそもの到達点を思い出そう。「彼女ができなくて辛い」である。では、もし彼女ができたら、犬はどうするのだ? 「かけがえないパートナー」となってしまった犬は?

できれば一日複数回散歩に同行し、密な信頼関係コミュニケーションと何より「共に過ごす時間」を求める存在が犬である。これと彼女共存させるのはなかなか難しい。彼女が大変犬好きであることを前提としても、おそらく中、大型犬となれば、時間配分において、彼女か犬かを迫られることが大変多くなると想像される。想像してみてほしい。一度や二度ならともなく、彼の家に遊びにいったら毎回犬の散歩に付き合わされる状況を! 彼女との関係を壊さずに犬を飼うことができるのは、彼女とのパートナーシップが進行して首尾よく結婚し、田舎に一軒家を買って子供が生まれてすくすく育ち始めて、そのあと、くらいになるだろう。

対して猫だ。猫はいい。猫は犬ほど時間を奪わないため、大きなトラブルがなければ彼女との共存不可能ではない。それだけでなく、部屋に猫がいるだけで彼女は(猫好きであろう)部屋に来て、そして、こちらが苦手な会話をしなくても、とりあえず猫と遊んで時間をつぶしてくれる。こちらは猫と彼女を眺めてにこやかに写真を撮ったりしていればそれでいい。楽だ。付き合い始めのきまずい時間も、猫がいるだけで大幅に解消できるため、彼女との末永パートナーシップを良好にしてくれるだろう。猫は自立し、待機する。猫は、犬ほど人間とのパートナーシップが密でない。だからこそ、彼女ができてからも、猫は共にいられるパートナーなのだ

(4)最期に…

これは完全に偏見の域だが、彼女に犬をひけらかす男は、どうも男性ホルモン多めのオラついた方々が多い気がする。中、大型犬原則飼い主にしか心を寄せないので、彼女に対しては警戒心を露わにすることが多い。そういう犬を「おとなしいんだよー」とか笑いながら見せつけ、彼女が内心少し恐怖を覚えてひきつった笑顔を見せたりするのを見てニヤついているような印象がある。どうもDV男臭い。一方、猫好きにはそういう男はいない。そもそも自体が、飼い主であるとないとに関わらず勝手他人評価するところがあるので、犬をひけらかすように猫をひけらかすのは難しいし、そういうことをしたい人はそもそも猫を飼わない。もちろん、犬好きが全てDV男というわけではない。だがDV男は猫を飼わないというのは声を大にして言いたい。世間にはDV男好きの病んだ女性もいるが、そういう人にモテたいのならともかく、健全精神をもった一般的女性安心させたいのなら、無難に猫をおすすめしておきたい理由の一つがこれである

いかがだろうか。犬の、人間パートナーとして「最善」である理由のそれぞれが、今回の場合はむしろディスアドバンテージになってしまうということが、これで犬派のあなたにも理解されたことと思う。彼に勧めるパートナーとしては、やはり猫しかない。猫しかないのだ。

anond:20191215100341

2019-12-12

KKOあなたにかかわらないので、

せいぜいあなた推し可愛い子達と仲良くね🎵

今みたいに

いろいろ盛れない頃に充分需要はあったし、

なにもチートしてないのでそれなりに自分そんなにひどいもんじゃないと思ってるし

かといって真剣勝負自分ガチャして磨いてる人とのバトルする意味感じないのね。

自分ガチャの人は、賭けが好きで狩猟型なので、

あなた以外もたくさん好きな人が居るよ。

一途な人はしょっちゅう髪型変えたりしない。地味ともいうね。

見苦しく流行りを追うくらいならダサくてもにあわない格好するの嫌。

自分が大好きで、いろいろ自尊心の高い人はしょっちゅうイメチェン髪型変えるよね。

きっとそれは似合ってるし、これまでよりも素敵なんだよ。

人間関係あなたはそうやってどんどん色んな試みをしていけばいいと思う。

2019-12-11

anond:20191210163204

近代国家自体植民地支配帝国主義の延長線上にある、貴族たちによる管理制度しかない

民主的なありかたは、狩猟採集時代が最善であり、時代が下るほどに遠ざかってしかいない

自民共産も、貴族たちが作った末端機関

・末端機関になろうとしない政治家は、貴族たちの作った司法制度行政機関の手により、無実の罪で有罪判決を受けて滅びる

から、選ぶとこrがないのは当たり前

2019-12-08

小さく死ぬとかやってみたい

今の気分を簡単に言うと死にたいってことなんだけど、絶望に打ちひしがれているとか苦しくて苦しくてたまらないとかじゃなくて、

うっすら、うっすら死にたい。うっすらも違うかな。生きるのが面倒、もちょっと違うな。

独身でとりあえず食うには何とか困らない。映画見たり本読んだりの娯楽もまあまあ楽しんではいると思う。

甥っ子姪っ子かわいい。この子たちを笑わせたいし悲しませたくないと思う。

でもなー、なんか、倦怠感?アパシー?不全感?

諦めというか、何かを諦めきれていないからこんななのか、うーん。

心療内科案件なのかな。でも、こんな軽い感じで医療リソース食っていいのかなっていうのと、

将来ローン組んだりするかも、狩猟やりたくなったりするかもとか思ってなんかめんどくさい。めんどくさいなあもう。

2019-12-07

近代中世暮らしになぞらえて今を比較するのって違うんだよな

狩猟採集生活をしていた頃と比べるなら筋が通る

その頃から人間はたいして変わってないから。その頃がベースからたかだか数千年だから文明が発達したのって

2019-12-01

anond:20191201010539

悪いとは言っていないですよ。そうやって狩猟系の人は子孫を残すんだなぁって思うだけ。

2019-11-29

anond:20191128203417

一日分の食料を確保すればその日の仕事は終わりという時代現代より圧倒的に余暇時間が長く、暇な時間に人は芸術だったり狩猟に用いる技術を高める運動原始的スポーツに励んでいたらしい。

もし縄文時代にすごいスポーツの才能のある人間がいたら村一番の、あるいは周辺集落で一番運動が出来る人としてもてはやされたろうね

2019-11-28

今日多々良川(朝)

寒いけど先週より寒くない

くもり

アオサギ

コサギ

甲羅干しの亀5

カワウ

カワウがなんか増えてる気がする

山賊ダイアリー読んだからカワウが増えすぎるとよくないイメージがあるけど狩猟禁止区域だしここは大丈夫なんだろうね

2019-11-23

anond:20191123010537

日本人農耕民族という考えがそもそも間違いで、狩猟採集民族など多岐に渡っていたというし、

日本人」がどんぐりを食べなくなった時期も結構最近なんじゃないだろうか。

米が普及したのも江戸後期で、米が完全自給できるようになったのも昭和中後期。

100万人単位餓死した天保の大飢饉(1835年ごろ)では藁や土まで食べたというから、当然どんぐり全国的に食べてたはず。

東北では大正時代主食としてどんぐりを食べてたというし、

結局「昭和になってようやく米が普及したから」が答えなんじゃないだろうか。

一部地域では未だに食べてるしね。

2019-11-13

anond:20191113010628

狩猟はそうそ成功するものではないのでそれだけじゃ生活できず

植物とかの採りやすもの採って暮らしてたらしいが

anond:20191113010316

夫が自分子供を養うってのがまず違う気がする

村で育てる的な

狩猟生活してた頃はどうしてたんだろうな

2019-11-12

[]

2019-11-05

anond:20191105015314

歴史ドラマ中世ファンタジーでも狩猟したり肉を食うシーンはタブーになるかもな

設定的には食ってても肉っぽい見た目のもの描写しちゃ駄目とか

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん