「物資」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 物資とは

2020-05-29

美談すら捻じ曲げてシェアする町山智浩氏にうんざり

指摘が少なすぎるので自分の溜飲を下げる意味で置いておく。

デンゼル・ワシントン氏の素晴らしい行動を称賛するツイートに対する、町山智浩氏の引用RT

RT先や別の記事を読めばわかるが、

デンゼルの行為

ホームレス黒人男性を気にかけ警官保護を求め、適切な対応がされるまでその場で男性に付き添い、物資支援をした」

といったところ。

警官男性の間で口論があったという説もあるので、これも正確と言い切る気はないが…

ともあれ引用先ではこのニュースを「もしも彼がいなかったら男性は撃たれていただろう」と過激言葉賞賛しながら紹介している。

ツイート主がshotという言葉を使った理由はツリーで話している。

ミネアポリスでの事件を受けて、最悪の事態の起こりうる社会批判をしている、といったところ)

そしてそれを町山氏は引用RTで、「黒人男性を撃とうとする警官たちをデンゼルワシントンがとめた」とまるで日本語訳のように、嘘を添えて紹介してるわけだ。

これじゃ「撃とうとする警官」がいたことになる。もはや別の事件じゃないのか?

こんなもの英語が全く読めないのに格好つけて英文RTしたのでなければ、わざとやってる。

さらにひどいことに、俳優に役を重ねるネタとして

とくる。

死傷に発展する事件ヒートアップさせないために、冷静な第三者としてデンゼルは間に立ったのでは?

実際に人が亡くなって過敏になってるときからこその気遣いではないのか?

それを、勝手に「撃とうとした」ことにして悪役にした警官を、俳優が殺す、なんて状況を想起させるジョークにするとは…

まったく面白くないし、無礼千万…。

指摘のリプライはついていたし、おそらく英語は読めるはずなのに、訂正の気配もない。

要はわざとこうしたヒロイック事件に仕立て上げてるわけだ。

そして一事が万事この調子なのが町山氏だ。

政治ツイートはもうどうだっていから、俳優の素晴らしい行動を捻じ曲げるようなふざけた人間が、専門家ヅラして映画評論家と名乗ることのほうをやめてほしい。

まあ頓珍漢な批評を書いたり、

知りもしないゲイカルチャー小馬鹿にしたかったばかりに、恥ずかしい間違いをしているところをみると、

しかしたら本当に英文から事実を汲み取れなかっただけなのかもしれないが。

ブルーインパルスと「イラスト応援」は何が違うの?

こないだイラストレーター漫画家医療従事者を応援するイラストを描いて、それに嫌悪感を示す医療従事者が多かったと思うんだが、ブルーインパルスはなぜそうじゃないの?

「描いて応援」への主な批判は、

・「安全から応援して気持ちよくなるな/宣伝や売名に使うな」

・「今働かざるを得ない職業を描くよりも、『手洗いうがいしろ』とか『不要不急の外出は避けて』とかそういう『医療機関に負担をかけないようにする活動を促すイラスト』を描いてほしい」

・「そんなことより寄付して物資(防護服や医療マスク等)が届くようにしてほしい(応援や労いの気持ちがあるなら物理的な応援がほしい)」

だったはずなんだよ。

じゃあブルーインパルスについても同じでは?

なんかブコメで「ブルーインパルスが今回飛んだのは既に振り分けられてる予算を使ってるだけだし、元々練習として飛行の予定があった」みたいなのを読んだんだけど、じゃあそれを「政府医療従事者への感謝を示すためにやってる」って政府が利用するのはアリなの?

追記、これな

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1495682

1000ブクマ超えてるし派生ブクマもあったかはてブ増田に入り浸ってる奴なら知ってると思ってたわ

anond:20200529171234

ブルーインパルス物資も足りて落ち着いたところで眺めるだけ。

千羽鶴→往々にして災害時で物資が足りないところで物資を送るキャパを削って送られる。

千羽鶴物資も足りて落ち着いてるところで、患者に持っていくとかならわるく言われんが、災害時に送るのは下中の下。

2020-05-26

てめえら今すぐ学校仕事辞めてガウン工場立ち上げろや

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.asahi.com/articles/ASN5V44WFN5TUTIL02Y.html

白い象とか言っていいこと言った気になってんじゃねぇ。お前らのほうがよっぽど厄介だよ

現場は物が足りてねぇんだよ

マスクはまだましになってきたが、ガウンも不足・不織布ガーゼも不足。いろんなものが欠品・発送遅れになってんだよ

https://mainichi.jp/articles/20200526/k00/00m/040/114000c

https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20200522/7000021366.html

https://www.fnn.jp/articles/-/44815

https://www.askul.co.jp/m/09-0917-0901003/

https://www.monotaro.com/s/c-121297/

  

他人が作ったものを暗に「現場の役に立たない無用の長物」というなら

てめぇらがプロフェッショナルなつくりのものを作れ。そして現場に届けろ

コロナがもう終息したような気になってるだろうが外国じゃまだまだ続いてるんだよ。防護具を大量消費してんだよ

まだまだ病院老人福祉施設側は物資的に危機の真っただ中だ。

皆そういう言うことを知って使えないもの扱いしてんだよな?

本業時間圧迫しておろそかになっても、自分たちで防護具を手作りしてろって言いたいんだよな?

2020-05-24

ベーシックインカムから快適な配給制

https://anond.hatelabo.jp/20200521211842

当初政府はその問題を、不況と同じレベルで考えていたらしい。時代適応できない事業が淘汰され、自殺者が増えても、全体としてはやがてバランスが取れていくだろうと。

エコシステムってやつね。何かが壊れたり死んだりしても、時代に沿った形で自然復元し、バランスが保たれるはず、そう考えたのよ、政府は」

ところがそうはいかなかった。専門家の試算によると、復元不可能なほど、人も事業経済的理由死ぬことがわかった。あるいは海外に身売りする企業が増えるだろうと。実際、その兆しが見え始め、政府支持率も落ち始めた。

焦った政府は、そこで本格的に救済措置検討し始めた。それまでも単発的な給付金や貸付などは行っていたが、それでは間に合わなかった。

「結局いろいろあった後に、有望な事業は国が保護することになったの。うーん、半分国営化みたいな感じ?」

その経緯についてもっと詳しく聞きたかったのだけど、サタさんは「カショウに聞いて」と言って、説明を端折った。

一方、個人に対しては、継続的給付金、つまりベーシックインカム検討され始めた。

「その話が出たとき、もうみんな大盛り上がりだったわよ。そんなのできっこないって言いながら、本心ではみんなワクワクしてた。でもやっぱりね」

そうはいかなかった。財源が足りないのは明白だった。

ベーシックインカムの話が出るずいぶん前に、政府マスクと一時給付金を配ろうとしたの。でも、IT化の遅れのせいで、あちこちトラブルが起きたの」

IT化の遅れ。これはカショウも言っていた。簡単にいうと、それまで政府は、既存産業エコシステムに気を使いすぎて、新しい技術を取り入れることができなかったらしい。あと、かたちを伴わない情報データを軽く見ていたのも、IT化が遅れた理由ひとつだったと。

「そんなときおとなりの国がね、IT専門家――専門家って言っても学者というよりガチコード書くプログラマのほうね――を招き入れて、マスクをみんなに、均等に行きわたらせることに成功したの!」

その様子を見た役人か誰かが、本格的なIT化と、配給制検討することを政府に進言したらしい。そこではじめて、その技術価値に見合う予算が組まれ、実務的なプラン技術の選定が行われた。どういったリーダーエンジニア必要かも、“おとなりの国”を参考にして割り出し、その発案者は政府を説得した。

「そんな案、コロナ以前は絶対通らなかったわ。政府は、それまでの社会の基盤となっている業界を優先せざるを得なかったから。でもそのつながりを断ち切ったのがコロナだったの。コロナが新しい可能性のリミッターを外したの」

古い社会的基盤を維持するために、新しい可能性は活躍の場を奪われていた。そのことをサタさんはリミッターと表現したらしい。サタさんは、配給制バックグラウンドに、労働力不足があったことにも触れた。

「外出や人との接触制限されるじゃない?そしたら、必然的労働力も減るのよ。労働力が減ればつまり……、モノが減るの。外国との行き来もできないから、輸入も難しくなって……」

まり資源は限られている。その資源を過不足なく、国民に行きわたらせるには、現金よりも物資のほうが有効との考えで、配給制が有力となった。

「もうみんなガッカリよ。SNSは荒れまくって。配給制って、戦争の貧しいイメージしかないじゃない?あと、社会主義っぽい感じ?完全に私たち管理されてるような?」

しか政府へのネガティブイメージは、数年後にはまったく真逆のものに上書きされることになった。

「着いたわ、ここよ」

サタさんは大きな建物を指さした。その配給所は、この一帯の集積所も兼ねていて、ここからさらに小さな配給所にも送られるらしい。サタさんたちは、たまたまこの大きな配給所の近くに住んでいた。

「よくここで買い物したのよ昔は。いろんな服屋さんとかレストランが入ってて。懐かしいわ」

今は、積み上げられた荷物以外は人も物も少なく、がらんとしている。

サタさんは並んだ端末のひとつに、自分の小型タブレットをかざした。

指輪型とか時計型とかあるけど、私、指輪時計も苦手なの。だからずっとスマホ型のを使ってるの」

サタさんのタブレットに、荷物の格納場所が示される。その案内に沿って、僕たちは移動する。

「よう!サタちゃん

初老の男がこちらに笑顔を見せる。作業着らしい服装に身を包んでいる。サタさんも満面の笑顔あいさつを返す。

「前言ってたやつ。届いてたよ」

彼はそう言って、僕たちをその場所まで案内した。

配給所では、必ずこういったおじさんを見かける。彼らはたいてい、荷物を下ろすのを手伝ったり整理したりしている。

すでに紹介したとおり、この世界では、生活のための労働というのはほとんどない。たいていはロボットによって自動化されている。

じゃあなぜ、彼らはここにいるのか。

それは、ちょっと説明がむずかしいのだけど、彼らのパッションしか言いようがない。

まり彼らは、ここで作業を手伝うことを喜びとしているのだ。誰かと立ち話をすることを楽しむものもいる。黙々と作業するものもいる。

いずれにせよ、誰かから感謝言葉や、あるいは作業のものを、自分の喜びとしている。

カショウと行った盛り場なども同じで、過去にそういった経験のある年配の男女が、食事飲み物提供を手伝っている。配給所や盛り場に限らず、こういった自主的労働は、あらゆる場所で見られる。

「昔はみんな、生活のためとか、それが普通からって理由しかたなく働いてる人が多かった。労働苦痛だと思ってる人がほとんどだった。だけど今は、楽しみや自己表現でさえありえるのよね、働くことが。自由から

ちょっとした小遣いももらえるしな」

おじさんが笑顔でそう言った。

おじさんのような有志の労働には、ポイントが付加される仕組みになっている。ポイントは、この世界通貨のようなもので、モノやサービスなど、何とでも交換できる。僕たちは基本的政府の配給とサービスだけで生活ができるので、ポイントはまさに、趣味嗜好品のためのおこづかいと言える。

「昔のポイントカードのなごりね。もうちょっと気の利いた名前なかったのかしら」

ポイントが使われるシーンとしては、誰かのハンドメイド家具アート作品と交換したり、何か作業を頼んだ時に、その謝礼として送ったり。たいていは個人取引で利用される。

おじさんは振り返って棚のひとつを指さした。

「これだ。降ろしてやる」

配給物資だけでなく、個人取引荷物もここに届く。サタさんはうれしそうに小包を受け取った。

「これ、遠くに住む作家さんの作品なの」

おじさんは自走式のカートにすべての配給物資を積んでくれた。3、4日分の食料や生活雑貨なので、そこそこの量がある。

「前回は雑穀を頼みすぎたから、今回は減らしたのよ。その代り、今回はペーパー類がかさむわね」

配給制も、最初の頃はめちゃくちゃだったが、こんなに細かく調整が利くようになるとはな。便利なもんだ」

最初はね、あれが足りないとか、システムトラブルとか、大混乱だったわよね」

機械化が追いつくまでは本当にモノがなかったしな。でもあっという間に、人間労働力の不足を機械が埋めてくれた。それに今は……、ストレスが少ないから、ストレス解消のために無駄に消費することもなくなった。そんな気がするんだよな」

「リミッターもはずれたしね」

「ん?リミッターって?」

サタさんはフフフと笑ってごまかした。

「ほんと!何もかもストレスなくてラクになったわ。昔ほら、オンラインショップサービス定期購入ってあったじゃない?あれを政府が一括でやってくれてるような感じね、今の配給制って」

そう。配給制と言っても、一律で配給されるわけではなく、その家庭の消費傾向が反映されているので、不満を感じることはほとんどない。

各家庭ごとに一定の枠があり、その枠の中でならどんな組み合わせで発注してもかまわない。そしてその消費傾向はコンピュータ記憶され、次回からの配給プランに反映されるので、放っておいてもある程度その家庭の生活傾向に合った物資が届く。

「ただ、昔ほどバリエーションがないのは寂しいわね。昔はね、石鹸ひとつとっても、いろんな企業が、いろんな色や香りのものを売ってたのよ」

「今は需要の大きいものしか作らないからな、政府の一元管理から

技術品質コスト的に洗練されたものしか作らないとも聞きました」

僕も勇気を出して、会話に参加してみた。

「昔あった企業の、すべてのノウハウ技術結集させて作ってるからな。どの製品も、最高のところでコスト品質バランスが取れてる。まあ、どれも無難個性がないと言えばそうなんだが……」

「でもちゃんと、個性的なものもあるんだから。ほら!」

サタさんはさっきの小包を開けて、中から半透明のなにかを取り出した。鼻元に近づけ、においをかぐ。中に鮮やかな花が埋め込まれているのが見えた。明らかに量産された配給品とは違う、“誰かの作品”だった。

わたしこの香りが大好きなの!はい

そう言って、それをひとつおじさんに手渡した。かすかに清々しい香りが漂う。

「いやぁオレはこういうのは……」

「じゃあ奥さんに。ふふふ」

おじさんにお礼を言って、僕たちは配給所を後にした。自走式カートの後を、僕たちはゆっくり歩いた。

「ああいいにおい」

サタさんはその間ずっと、“誰かの作品”を鼻に押し当てていた。

2020-05-13

(社説)コロナと日韓 危機をバネに協調を

 新型コロナ禍の世界的な広がりにどう立ち向かうか。アジア代表する自由主義の主要国として、日本韓国は共同歩調に乗り出すときである

 文在寅(ムンジェイン)大統領就任から3年を迎え、今月の演説コロナ対策の成果を強調した。韓国の徹底した検査と追跡、治療体制が、国際的成功例として評価されていることを意識した。

 任期5年の韓国政権は、後半は人気が下がるのが通例だ。文政権も一時は陰りが見えたが、最近調査では7割以上の支持率へと息を吹き返した。感染症対策への国民の信頼が強い追い風になったのである

 ただ、韓国も偶然に対策を編み出したわけではない。5年前に別のコロナウイルスで起きる中東呼吸器症候群(MERS)が流行し、多くの被害を出した教訓の上に構築されたのが今の体系である

 個人情報の扱い方など、国によって考えや事情は異なる。韓国でも規制の緩和後に再び集団感染が起きるなどしており、最終的な評価はまだできない。

 だとしても、韓国経験対策が、日本を含む国際社会重要実例情報をもたらしているのは間違いない。

 ところが今の両国間では目に見える協力が乏しく、嘆かわしい状況が続いている。

 協力を阻む背景の一つは相変わらず歴史問題と、それに起因する折から対立である

 両国間には、韓国から医療物資日本に送ろうとする動きがある。だが、韓国政府は一部市民による反対運動意識せざるをえない状況だ。一方の日本政府も、韓国への支援要請に慎重な姿勢を崩さない。

 深刻な事態の中で、不毛駆け引きに陥る余裕はない。両政府は防疫問題政治化を避けねばならない。体面にとらわれず情報を共有して物資を融通し合い、危機を乗り越えるべきだ。

 文氏は今回の演説で、世界感染症対策リードする目標を示した。安倍首相も先月、東南アジア諸国連合日中韓会議で、「ASEAN感染症対策センター」の設立提案し、情報共有の大切さを強調した。

 中国感染源に近い最前線の国として、日韓両国国際貢献を誓うのは評価できる。その実現のためにも両国間で知見を高め合うために担当閣僚同士の対話を始めてはどうか。

 先の韓国総選挙圧勝した文政権は、残り任期対日政策での大胆な決断をするべきだ。安倍政権も、昨年導入した対韓貿易規制強化を直ちに取り下げ、関係を立て直す必要がある。

 この危機をむしろ日韓関係リセットの契機にする。そんな知恵を絞ってもらいたい。

安倍政権も、昨年導入した対韓貿易規制強化を直ちに取り下げ、関係を立て直す必要がある。

ほんと悪い意味でブレないよなこの新聞

2020-05-12

anond:20200512191827

酒好きやで

マッマから支援物資日本酒入ってた

わかってるなマッマ

2020-05-11

物資の不足

食料の不足

おなかへった

おかねもないからちょうどいい

2020-05-10

コロナがつらい

コロナがつらい。

わたしはいわゆる「医療従事者」ではない。

しか医療分野に勤めている。

職場では1月末くらいから新型コロナという単語は出ていた。

それが2月になっていよいよ社内で会議が開かれ、3月から休校が始まり、4月には緊急事態宣言が出た。

5月になっても終わらない。

いつ終わるのか。

わたし医療従事者ではないが、コロナの影響で業務量が増えた。

ただでさえ激務に近い部署であった。定時で帰れる日は超ラッキー!定時で帰りてぇ!!!!!と、時折泣いている日々。

そんな日々が、コロナで余計につらくなった。

取引先に電話すると、「テレワークが始まったので、いま実は自宅にいまして…」まじかよ。

テレワークが始まる希望がない。出社しないと仕事にならない。

事件会議室で起きているんじゃない、現場で起きているからな!

医師看護師医療従事者にエールを!感謝を!」

よく見かけるけど、わたしは?と思ってしまう。

もちろんわたし前線で働いているわけではないので、彼らへの感謝尊敬を持っているつもりだ。

彼らの頑張りを無下にできないので、外食は一切控えている。

しか食事を作る気力はないのでテイクアウトは多い。ゴミがよく出る。ちょっと罪悪感。

医療分野でない部署にいるわたしの同期はテレワークになった。

テレワークといっても実質仕事がほぼないそうだ。じゃあ何をしているのかって?上司の前でそんなん聞けねぇよ。

それでも給料は変わらない。わたしとの差は若干の残業代の部分だけ。

こんなの耐えられる!?耐えられない!!金よりも時間がほしい!!!!!

医療従事者にばかり目が行くが、どうかその下の力持ちのことも応援してほしい。

行政もだ。国も保健所もずっと稼働しているのでは?

以前、土曜日の午前1時頃(つまり金曜日の深夜)に行政から連絡が来ていたこともあった。

いたって普通事務連絡である日中に終わらなかったんだろう。

病院もそうだが、行政も帰れているのか?睡眠は?食事は摂れているか

医療従事者は素晴らしい。

だが、それ以外にもたくさんの人が頑張っているのだ。

ドラックストアやスーパーホームセンターは度々注目されているが、それ以外にもたくさんあるだろう。

その食べ物は誰が運んでいるんだ?病院には医療物資が届くよな。それは誰が作っているんだ?

わたしテイクアウトで食べたゴミだって回収されていく。

病院施設事務だって欠かせない。掃除洗濯病院食も誰がやる?

コロナの影響で忙しくなってしまった仕事もたくさんあるはずだ。

医療従事者のために、いつもより頑張っている人たちがいるはずだ。

医療従事者は素晴らしい。

だが、その下で医療を支えてくれている人もまた、素晴らしいのだ。

はやく終息して、定時終わりの会社転職できますように。

2020-05-09

anond:20200509202350

たぶん調べている増田のほうがくわしいんだろうが、あえて言うなら、物資がこれだけ不足していて国民が協力して自粛している状況で

政治家自分の手柄だというのは、なにか別件でいったんだろう。さすがにそこまで気配りのない人たちではない。

2020-05-07

コロナ禍が終息した時、社会が元通りになることを望みますか?

新型感染症蔓延

飲食接客業雇用不安定になる社会に、

脆弱グローバルサプライチェーン蔓延世界に、

砂上の楼閣に、「治安」、「インフラ」、「行政」、「ライフスタイル」が依存する世界に、

狭苦しい満員電車に揺られて通勤する世界に、

感染危険を冒さねば、何一つ物資が手に入らない世界に。

新型コロナウイルスは決して福音ではないが、これは30年間変われなかった日本人への外圧のものだ。

是が非でも活かさねば、今苦しんでいる人間の辛さはすべて徒労と化してしまう。

2020-05-04

男性アイドル病気予防法を動画コンテンツにしてYouTubeにアップしたり

出自粛で肥満にならないようにトレーニング法をYouTubeにアップしたりしているし

ジャニーズ事務所は3億円分の医療物資医療機関に寄付したんだけど

日本女性アイドルでこういう社会貢献活動しているのかな?

2020-05-03

anond:20200503101817

厚生労働省じゃ金持ってこれないだろ。

物資も動かせないし、自衛隊も動かせない。

でもきっと政府として誰が上に立っても同じ状況になると思う。

実働は結局役人の下々なので。

2020-05-02

anond:20200502125634

原理的にはそうだね。

転売ヤーが大きな倉庫作って、問屋レベルから物資を買い占めて、ネット販売始めたら大儲けできるんだ。

2020-05-01

岡村発言の気味悪さについてみっつほど吐き捨てたい

男尊女卑とか職業蔑視とかは既にあちこちで言われているので、それ以外のみっつの気味悪い点について吐き捨てたい。

経済的な高みの見物で想像力のないこと、ダブルスタンダードが強くありそうなこと、芸能人立場の変遷を感じていないこと。

もしこれがコロナとは関係ない別のタイミングで「これだけパパ活が盛んになってきたってことは、手っ取り早くお金を得られる

味を占めた女の子が多数風俗に流れ込むってことで、それが楽しみなんですよ」とかだったなら、そこまでじゃなかっただろう。

芸能人に詳しい訳ではないけれど、割と今まで応援してきたのを裏切られた気持ちでもうやめようと思うので、その区切りだ。

まずひとつめ。

彼には、たぶん困窮してやりたくない仕事でもするしかない状況に追い込まれることがない自信があるのだろう。

そんな安全から自分の楽しみのために、他人がそうなるのを待ち望むいやらしさという高みの見物感が気味悪い。

その点を、他の仕事に置き換えて考えてみる。それに相当する上手い例が思いつかないのだけれど、こんな感じか。

コロナのせいで事業が行き詰まった社長さんは、政府が助けきれない場合はもう首をくくるしかないわけですよ。

そうしたら、僕がいつも見ている大島てるサイトが活気づくじゃないですか、それがとても楽しみです。」

会社倒産しないまでも、大規模リストラ仕事にあぶれる人たちがコロナ後には激増しますね。

僕は人間観察が趣味なんですけど、ハロワ悲壮な顔をした人たちが溢れるのを心待ちにしています。」

フリーター仕事も減るし、派遣切りもたくさんあって、きっとホームレスがあちこちに増えていきます

ホームレス支援チャリティかめちゃめちゃ気持ちがいいし、それを励みにコロナを乗り切ろうと思うんです。」

これが面白いと思って、ウケる筈だと発言したということは、こんな感じで笑う人が想定されているのだろう。

「あっはっは、ありえねぇわ、才能も財力もない下級市民ってそんなにツライのかよwwwww」

ハロワ蔓延する悲壮感ってwwwww まあ俺ら関係ないけどなwwwww」

彼のファンには派遣中小企業社長はいないとでも思っているか、それとも日本の現状に対する想像力がないか

コロナのせいで顧客が離れ、事業が立ち行かなくなったら、家族どころか百人から従業員が路頭に迷うから

金策に駆け回り、眠れないほど対応に頭を悩ませ、明日の活気を得るべくラジオをつける人は想定されていない。

派遣で働いていた友人から倒産したら会社に入れなくなったと聞いて、うちもそろそろヤバいんじゃないか

会社私物を持って帰り、不安な面持ちで岡村さんから元気をもらおうとチャンネルを合わせるファン想像されない。

くそこまで想像力共感力もなくいられるものだと、世界の半分を切り捨てているような、その点がとても薄気味悪い。

そしてふたつめ。

どんなにやりたくて好きでやっている仕事の中でも「こんちくしょう」って思うことがある反面、

やりたくてやっているのではない仕事だって「やっててよかった」と思う瞬間だってあるので、その話ではないし、

誰もが好きな仕事についているとは限らないし、どんな仕事にもそれを「やりたい人」と「やりたくない人」はいものだし、

やりたくなかったけどやっている人だって第三者から憐れまれるとプライドから胸を張ったりするものだし、その話でもない。

もし彼が二十代の頃に結婚して娘を授かっていたとするなら。ミルクを上げたら吐いてしまオロオロしたり、

パパのお嫁さんになるなんて言われたり、急に高熱を出して病院に駆け込むのにおんぶした背中燃えるようでハラハラしたり、

やがて友達がきたときはパパ顔出さないでなんて言われたり、そうして長年大事に育てた娘さんがいたとして。

その彼女が「パパ、あたし手っ取り早く稼ぎたいからしばらく風俗で働きたいんだけど」と相談してきた場合を考えてみる。

「おぉ、いい考えだね。パパも若いからずっとお世話になったなくてはならないお仕事だ。応援するよ」とは絶対に言わない。

そんなダブルスタンダードが透けて見える。「お金ならパパがあげるからそれはやめなさい!」と叱りそうな感じがするではないか

持つ者、裕福な者、チャンスを手にできた者と、そうでない者の断絶に加え、その境界の向こうとこちらで基準が違うのだ。

ダブスタファンからするとそれをありありと見せつけられたのだが、全く自覚のないダブスタ持ちは気味悪いものである

そしてみっつめ。

芸能人には立場の変遷みたいなものがつきまとってしまう。河原乞食見世物伝統芸能になるような流れがある。

デビュー当時は音楽性に着目されず変なカッコの色物バンドみたいな扱いだったXジャパンも年月が経つにつれて

YOSHIKIが国際的活躍したり文部大臣表彰を受けたりする。それにつれて世間からの期待も変わっていく。

これだけコンプライアンスが言われる時代に、そのことが全く見えていない成長のなさというのが気味悪くうつってしまう。

ちなみにコンプライアンスとは法令を遵守するだけではなく世間からの期待に反することをしないことまで意味に含む。

深夜放送だったり地下アイドルだったりの時代があっても、世間に認められるにつれて期待も高まってしまうのだ。

その変遷に適応するように人は成長、あるいは変化していってしかるべきなのだが、それが感じられない気味悪さだ。

49歳だとういけれども、同じ49歳のTOKIO城島茂コロナ関連ではジャニーズ支援活動について

「実際に現場で闘っていらっしゃる医療関係者の皆さまに何かできないかなと思いまして…」との談話があるし、

同じく49歳のT.M.Revolution西川貴教は「地方の友人から、開いてるパチンコ店行列が出来たり、離島など行楽地に

人が集まってきて困っていると連絡が来ました」とつづると「島には高齢者も多いうえに医療施設脆弱、唯一の交通機関

しかない島では、感染確認されたら生活物資も届かなくなります自粛期間を延長させない努力をどうかお願いします。」

ツイートしている。長年芸能活動をして、きちんと世間や、自分の持つ影響力と向き合って発言しているように感じられる。

さいごに。

謝罪もしたのに、他の番組降板まで求めるのは行き過ぎとの声もある。

しかし、メジャーで全年齢を対象としている番組に、そのような本音を持ち、そのような本音抑制もしない人が求められるだろうか。

から視聴者に寄り添い貧富の格差を感じさせず、ダブスタもなく、立場をわきまえた上に品位もある人を求めたいのが実情だろう。

その点では、言いたいことを言わないようにしろというのではなく、そんなことを言いたくなってしま根底から変わらねばならないとの

ニュアンスで語った矢部発言にはその点でとても賛同できる。だから結婚しろとは論理の飛躍がある無理難題ではあるのだが。

芸能世界に身を置きながら、世間の期待に応えられなくなっているのなら、潔く身を引けばいいのにと今は思っている。

もう彼を応援することはない。ファンが一人はなれたところで、痛くもかゆくもないだろうし、なにも伝わらないだろうけれども。

anond:20200501145918

経済側面もあるだろうけど、転売屋流通業として見たら考えが変わらないかな。

例えばある地域のある物資を丸ごと買ってネットで売るとしよう。

こうすると転売屋価格の決定権を持たないかな。地域価格競争を無くしてしまうので。

経済原理から見て健全とは言えない気がする。

2020-04-30

バス電車増田少ない感じん甲斐無くす出す間がゃジンで安場(回文

おはようございます

あのさ、

物資不足のせいかからないんだけど、

便乗値上げってわけでもないけど、

微妙に近所のマーケットの値段が高いのよね。

ちょっと遠くのマーケットの方が若干安いんだけど、

行って帰ってくる時間と手間を考えていたら、

遠くまで行った方がもしかしたらトータル安くなるんじゃないかしら?問題が勃発してるのよ。

品揃えもかなり弱く弱まってる感じなのよね。

緊急事態宣言になってから行ってなかったんだけど、

業務用的なスーパーに行った方が案外輸入パスタとか豊富かも知れないわ。

依然として物資が枯渇してるわ。

街はさ、

人通りも少ないのに、

電車バスが人を乗せないまま空のままで走っているのも、

異様なイキフンなんだけど、

さすがに終電近くの電車は1車両につき1人乗ってるぐらいのガラガラさ加減で

なんでも新幹線もそんな感じだってニュースで言ってたわ。

本当にみんな自宅待機してて偉いと思うんだけど、

ずっと出ずっぱりな人も居るわけで、

私は今日も昨日もきっとゴールデンウィーク中も

せっせと伝票印刷をやってるのかなーって

から思う次第なのよ。

すっかり私のお仕事が伝票発行することばかりになってしまって、

かにクリエイティブとは言えないけど、

ただデータ右から左にカタチを変えて流しているだけなんだけど、

それが世の中の中間なんとかのカタチもを表しているようで、

そんな気がするわ。

とりあえず

なんだか天気が良いのが恨めしいわ。

どこか遠くに行きたい欲が出てくるし

むずむずしちゃうわ。

ゴールデンウィーク大人しく過ごすウィークになるのかしらね

本当に家の片付けでも本気の本気キングでやるっきゃないとだわ!

うふふ。


今日朝ご飯

今日も忙しくなるかなと思って牛乳だけにしておきました。

最近プラスチックのフタする牛乳パックが多くなってきたんだけど、

ちょっと前まではそのフタを開けるのが面倒くさくて上手く開けられなかったんだけど、

ついに!ついによ、

キャップをネジって開けたら中の栓まで開く新方式のフタになっていて感動したわ!

人類の叡智を集結させたらやっぱりそのぐらいは可能なのよね!

やれば出来んじゃない!って。

デトックスウォーター

ももう旬終わるかと思ったけど、

まだ4月なのね。

4月って苺の感じがしない?

私はするわ!4月は苺って!

からベリーウォーラーしました。

苺だけでヘタ取って作るだけだから

簡単よ!


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

anond:20200430074005

宣言である程度お金出る事になったでしょ。

あとは自粛要請と店名公表

それと医療物資収容

お店のマスク器具を全て医療養護に回す事も出来るね。

でも政府権限は弱いので、出来るのはそこまで。民権が強い日本ですから

上記漏れがあっても許してね。

2020-04-29

コロナ禍で中国経済悪化するのは事実だと思う

新型コロナで「世界の敵」になった中国内憂外患

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/60336

今回のコロナ禍で判ったのは自国生産できるものできうる限り自国ですると言う事だから日本に限らず、計画的、段階的に中国から工場撤退とかもありえるだろうから、今後中国に関しては経済悪化不景気に見舞われる可能性は割と高いだろうね。

今回のコロナ禍の教訓は医療保険衛生を軽視したら致命的な事態を招く、判断の遅さはより深刻な事態を招く、海外生産を頼り切るといざと言う時に物資生産経済に深刻なダメージを与えると言う事だから

どちらにしろ過剰なグローバル化とやらはなりを潜め今後は世界ローカル化が進む事だろうね。

何にしてももしそれで中国が深刻な国政の悪化をした場合他国ヘイトを向けさせようとしてくるだろうから危険なのは事実だと思うけどね。

そんな相手を油断すべきではないけど、日本人、特に右側の人達敵対する相手を見下しきっているからか、油断や慢心してて、相手を甘く見る傾向が強いからよりヤバいと思うのよねぇ…。

なりふり構わなくなった相手が一番危険なのは事実なのに。

物資が枯渇増田している世の中なのよ塁手し出す待つ過去が失部(回文

おはようございます

今日自転車事務所の近くをパトロールよ!

もちろんパトロールと言っても本当にパトロールするわけじゃなくて、

中華屋さんのランチに行こうと思ったけど

あいにくやっぱり緊急事態宣言が出てるもんだから

お店もその期間まで臨時休業だって貼り紙がしてあったわ。

それでしぶしぶと自転車で戻ってくる途中、

色々な飲食店臨時休業するならってことで店頭でいつもならやっていないお弁当テイクアウト販売してたわよ。

ざくっと見ただけでも10軒ぐらい

臨時弁当屋さんやってたわ。

なんだか特に心にグッとくるお弁当がなかったというか、

自転車で走りながらお弁当なににしようかな!って見定めるのはかなりハードね。

走りながら見定められなかったので、

コンビニどら焼き買ってきたわよ。

もうさ、

この緊急事態宣言が出てから近所のスーパーは本当に一部の商品が品薄で、

マジでトイレットペーパーも高級4ロール入りのしかなく、

他にも、

イタリアのお爺ちゃんがお店がパスタ切れになって、

第二次世界大戦でもこんなことは無かったのに!って嘆きたくなるほど、

そのスーパーにはパスタ麺が売ってないの!

そんでもって謎に鶏モモ肉もないのよ!

ここのお店のやる気のなさかと思って余所のお店にも行ってみたけど、

本当に私の街のスーパーからモモ肉も消えてるのよ!

でも鶏ムネ肉は大量に陳列されている謎。

深まるわー謎が。

きっとコロナのせいで鶏モモ肉用の鶏の生産が追っつかないのかもしれないし、

からあんまり影響のない鶏ムネ肉の鶏の生育は滞りなく進んでいるってことなのかしらね

本当に

私の周りのスーパーから

トイレットペーパーパスタ、鶏モモ肉がないの!

厳密に言うとレトルトパスタソースも美味しいのだけは全部売り切れていて、

変なシェフ写真の載った箱のパスタソースは売り切れているって感じ。

川越シェフ世間が忘れてしまたかのように……。

この世界は別の世界の決して交わることのない平行線世界なの。

片や、

トイレットペーパーパスタに鶏モモ肉に溢れている世界

片や

トイレットペーパーパスタに鶏モモ肉が枯渇した世界

その二つの世界は決して交わることがないの。

からはいもの近所のスーパーマーケットに一時の別れを告げ、

物資を求め違うスーパーマーケットに行ったの。

でもそこにもなかったわ。

トイレットペーパーパスタに鶏モモ肉が。

やっぱりここもか。

私は膝が崩れるように倒れ途方に暮れた。

べつに世田谷育ちのグルコサミンとかは関係ない!

ただ落胆したいるだけなの。

次もし私が生まれ変わるなら、

トイレットペーパーパスタに鶏モモ肉がない世界に生まれたいわ。

こんなことになるなら。

まるで世界の終わりかのように、

大衆物資を求め合う争いが今にも起こりそうで

なんだか何を言ってるかよく分からなくなってきたけど、

とりあえず

どこかのSFの結末をコピペしたような気にでもなってるつもりかしら?と自分に言い聞かせたいところね。

今日はまた物資

そう

トイレットペーパーパスタに鶏モモ肉を探しに彷徨わ!

うふふ。


今日朝ご飯

ブルーベリーフルーツサンドストロベリーサンドでした。

本当はフルーツサンドの方が好きなんだけどね。

こればかり食べてたら一瞬でデブるわ。

デトックスウォーター

疲れが溜まってるのか、

ここはいものクエン酸豊富スーパー酸っぱいレモン果汁たっぷり

レモンスパークウォーラースカッと決めたいところね。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2020-04-27

anond:20200427153130

今ある物資を困っている人に届けるのを優先せずに

汚いマスクをよくわからん企業を通して届けることが優先されているんだぞ

anond:20200427151839

怪しいってまだ分からないんだね。

あと騒ぐ優先順位が分からない。

今ある物資を困ってる人に先に届けるのが優先じゃないの?

利権はあったでしょうよ。

そもそも入札してないだろうから

感染隔離ホテルだって入札してないから、ツテから利権でしょ。金払ってるし。

田中さんの娘、来週から高齢者コロニーいくらしいわよ

新型コロナウィルスがこの世界に現れて30年ほどが経った。

結局若い人同士では症状が収まってから継続的感染拡大の危険性があるということがわかり、20年前に高齢者のみを避難させる高齢者コロニーが作られるようになったのだ。

その代わりに若い人たちは医療崩壊をさせないように行動を制限しつつも、普通経済活動が再開できるようになった。

高齢者コロニーには季節を通して比較的温暖の差が少なく、本州からも程よく隔離されているからという理由四国に白羽の矢が立った。

免疫を持たないままに重篤化をすると危険だと言われる60歳の誕生日を迎えると、4週間の隔離期間を経て四国に入る。

四国は今、免疫を持たない高齢者で溢れかえっている。

外部から物資ウィルスが付着することによる感染経路が発覚してからは、食料は基本的自給自足になった。

それ以外、保存が効くもの食品に限らず、丸一日の紫外線照射の後、4日間保管されてから初めて四国に入ることが許される。

しかし、当然年寄りだけでは街は回らない。

そこで他の地域から志願者を募って、若者コロニーに送り込むことが決まった。

コロニーで働くための資格は新型ウィルス免疫を持っている人に限られ、2週間の隔離を兼ねたオンラインによる座学を経てコロニーに入ることが許される。

コロニーでの生活日常と大きく違いはない。

ただし、全て公務員扱いで、主に農業生産業、役所仕事に携わることになる。

(もちろん、飲食レジャー産業宅配などもあるが、コロニー内においてベンチャーが生まれることはない。)

しかし、その実情はほぼ介護と看取り人としての役割が占めているといっても過言ではない。

コロニーに入ると、若者一人あたり5人の高齢者生活をともにすることになる。

高齢者同士だけでも生活が成り立つように支援デザインされているが、精神的なケアや、少しでも早い段階で死を発見できるように若い人が配置されるのが本音のようだ。

日本中高齢者が集まるのだ。死は常に日常と隣り合わせにあり、それが耐えきれないからと脱落してしまう人も少なくない。

高齢者の命を守る施設といえば聞こえがいいが、ここはまさに戦場以上に人の命が消えていく世界なのだ

そうして仕事を覚えつつ、こちらにいる高齢者たちとの絆を深めるという意味合いも含めて、コロニーでの仕事は5年が基本とされている。

それより早くでてくることもできなければ、それ以上いることもできない。再度コロニーに入るためには5年のクーリング期間が必要だ。

なぜなら、経済崩壊した今の世の中において、コロニーでの報酬は有り余るほどだからだ。(コロニー内では生活費は必要ない)

5年間のコロニー生活で十分に貯蓄を蓄えて、戻ってきてから商売を始める人も少なくない。

そのため応募が途切れることはなく、クーリング期間は事実上年齢制限足切りと考えられている。

一度でも脱落してしまえば、二度とコロニーで働くことはできない。

田中さんの娘は、両親をコロナでなくして孤児となった母が、第一コロニー従事者として立候補し、コロニー生活の中で産み落とされた。

当初コロニー内ではそうした新しい命に対する教育が想定されておらず、また、一期生の頃にはまだ5年という縛りがなかったために、彼女10年間の間無教育のまま育つことになった。

その後普通生活に戻るも、学習レベルの違いか学校に通うことはできず、18歳の成人を迎える直前にも関わらず読み書きが満足に行えないままに親のお金生活するしかなかった。

しかし、彼女のような人間は他にも多く存在していた。

そうした中、そういう人たちが成人を迎える段階になり国は初めて支援策を講じるようになった。

それが、コロニーでの優先的な就労である

コロニー内ではその時その時必要業務を、先輩たちがシステマチックに1から丁寧に教えてくれる。

もしその労働に適正がなくても、無理やり働かせるようなことはなく、適正が見つかるまで様々な仕事に挑戦することができる。

なぜなら、ここの生活において後任を育てないという選択肢はなく、例え一切の労働をしていなくとも、高齢者の世話だけをしてくれるだけで十分にありがたい存在からだ。

いまではコロニー内においても幼稚園学校はしっかりと整備されている。

彼女のような人間を再び生み出さぬよう、何をするべきかを皆で考え皆で乗り越えてきたのだ。

新型ウィルスの前では誰かを責めても何も解決しないことを、日本未来のためには皆で力を合わせなくては何も守れないことを国民全員が理解しているのだ。

この世界において、田中さんの娘を貧しいと思う人は一人もいない。可愛そうとか、面白いと思う人だって一人もいない。

田中さんの娘が幸せかどうかなんてわからない。でも、前に向かってあるき始めた彼女の、背中を押せる世の中であってほしいと願う。

2020-04-25

anond:20200425095131

そうだよ

なのにバカ知事海外物資送っちゃってるじゃん。

報道見てないのか?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん