「ネット小説」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ネット小説とは

2020-08-01

ゲームオブスローンズを見て以来、露悪作品が受け付けられなくなった

俺は中坊の頃からポルノ小説を読んでいて好きな作家結城彩雨ジャック=ケッチャムでどのジャンルでも徹底的に露悪的なものを求めていた。

悪が跳梁跋扈無垢なるもの破壊されていく様を眺めては歓喜雀躍していた。

ネット小説の『終わらない夏休み』は十回ぐらい読んだ。

好きなジャンルノワールホラー

嫌いなもの恋愛勧善懲悪特にスパロボみたいな絆(笑)の力で鬱フラグが折れるようなやつ。

しかゲームオブスローンズの拷問シーンを見て以来、好物がまったく喉を通らなくなった。

もっと酷いことをやっているのがいくらでもあるのに。

それもまったく落ち度のない人物理不尽な目に合わされているものが大好きだったのに。

かといって今更スパロボ的な価値観を受け入れることはできない。

これから何を消費して生きていけばいいんだ。

2020-07-29

anond:20200728192435

これは皮肉じゃなくマジレスなんですが、美少女がひたすら四コマでいちゃいちゃしてる漫画とか、転生した先で元勇者が延々なにかイキってるネット小説とか、毎週乳首が出てくるかどうかだけを気にしてる健全漫画連載とかが、増田の言うような需要を満たしているはずなんだよな。

でも、普通に美しいものが好きで、下世話な描写拒否感があると、確かにとたんに増田の言うような作品は無くなってしまうのかもしれないな。

綺麗な作品を作るような市場だと、作家の側がそんなことしたくなくなるんだろう。

2020-07-14

社会人デジハリ大学入学する事が決まったので整理もかねて書く

 勇気が欲しいからつらつらと整理も兼ねて書く。

 本来ならブログにでも書いた方が良いのかもしれないが、まだ少しだが怖いのだ。

 常に偽って生きてきたが故に己の内心を吐露するのに慣れていないのもある。

 故にこれはただの日記に過ぎない。

 別に特定の人に向けた文章ではない。

 ただただ、自分を奮い立たせる為だけに書いたものだ。

   1

 デジハリ大学3dモデル専科に入学をする事になった。

 キッカケはVRである

 興味を持ち、自分blenderを触り、楽しかった。

 けれど仕事をしながらであると、どうしても時間が足りない。計算すると自分死ぬまでにどれだけの行いをできるのかと考えた。

 故に常に触るとなるならば、やはり仕事にするのが一番だと思った。また自主学習限界があるだろうとも思った。

 客観的視点と先達による導きが欲しかったのだ。

 腕をあげるには良き師が必要だ。また環境も。

 けれど正直に言うとこの選択不安でいっぱいである。

 なにせ先なんてほぼ不透明だ。確約された未来ではない。

 今の仕事は長くやってきたし、安定のみを取るならばモデラーの道をとるなんて馬鹿げた行いだ。

 だって今までのキャリアを捨てる事になる。無論の事、安全策はとってある。

 けして会社を辞めていくわけじゃない。

 少なくとも現在会社を辞めるならば何処かに就職してからになるだろう。

 とはいえ良識ある大人であるならば

「ただずっと触っていたい」「やりたい」

 そんな気持ちだけでやるなんていうのは愚かな行いになる筈だ。

 現在の職は機械加工を行っているが故に、図面をみて脳内で組み立てるなどのイメージ力とかは使えるだろう。

 しかしながら、世間的には違う業種だ。けして現在職業評価される事はないだろう。

 それを考えると僕の武器は少ない。

 僕の持てる武器社畜として身を捧げるやり方と今の仕事で培った胆力ぐらいである。

 けれど、やる事を決めた。

   2

 決めたが、やはり不安は大きい。

 どうしたって知らない世界に飛び込む形になる。

 胸の内からここで辞めといた方がいいのではないかという声が聞こえてくる。

 一歩を踏み出さなければ、安全だという声も聞こえてくる。

 想像にすぎない不安があった。やらなければできないという理性的な面は解っていても、自分ができるのかと考えた時に出来ないのではないかという不安が圧し掛かる。心臓が痛くなる。

 それに僕の家は、誰かが支えてくれる訳では無かった。

 むしろ僕が昔から支えていた側だった。

 詳しい事は省くけれど、親兄弟の金の無心を受けて自分学校に行くための金を使い込まれている。

 総額でいうならば利息含めて1000万近い。正確には越えているのだが、思い返すだけで涙が出るので正確な数字はもう考えたくない。

 自分が失敗したり、間違えたりするのであるならば、まだ納得ができた。それはただ自分の力量が足りないだけにすぎない。

 けれどこれらは己が使い込んだ訳ではなかった。

 絶対に返すという言葉を信じたが故に貸し出したお金だった。

 けれど僕が「返して」という話をした時に返って来た言葉は「お金貸して」だった。

 だから色々と諦めていた。崖の上に立ったこともある。どう計算しても首が回らないからだ。

 しかも人ではなく、他人の金の使い方である以上、僕がどう頑張っても意味がない。

 けれどまだ死んでないと、最後の一歩だけは踏み出さなかった。

 故に大きな後ろ盾がある身ではない。

 だから今回のも凄く考えた。

 ……金は、かかる。どうしてもかかる。これは仕方がない事である。だからそれはいい。

 けれど、一番の不安要素が解消できないと、どうにもならない。

 諦めようと初めは思った。

 もう自分の大切な物を壊すのは慣れていた。

 小さなからなんどもやってきた事だからだ。

 そもそも僕には一番大切な物は既にない。

 だから今回も壊してやるかと思った。

 けれど、久しぶりに熱を感じた楽しさだった。

 これを諦めたら、きっと一生後悔するだろうというのが何となく分った。

 それでも色々と踏ん切りがつかなかった。

 僕は頭で分かっていても、勇気が欲しいと思っていても、色々と言い訳をしていた。

 実際、疲れていたというのもある。

 今のままではどうにもならないという予測がついたというのもある。

 ――勇者とは他人より半歩足を踏み出した者である

 延々と悩んでいた時にこの言葉を想い返した。

 誰の言葉だったのかは僕はもう覚えてない。もしかしたらネット小説かもしれない。

 僕はヒーローにはなれない。誰も彼も救える人間じゃない。

 だから勇者にはなれない。ロトにはなれないし、キャップにもなれない。もとよりそんな身の丈以上のは欲しいなんて思わない。

 けれど、自分で半歩を踏み出すのは出来るかもしれない。

 だから少しずつ、これならばできそうというのを地道にやった。

 無様さを晒しもした。

 またこの行いは自分バラバラにした見たくない過去を見る行為で、正直に言うのであるならば、それだけで辛かった。

 もっと早く、こうすれば良かったのかもしれないと何度も……本当に何度も思った。

 けれど過去のあの経験がなければ今のこうした行為はできなかっただろうと思うから、何とも複雑だと思う。

   3

 これから先、きっと僕は大変になる。

 先ず経験が足りないし、ずっと勉強する事になる。少なくとも色々やらなくはいけない事が山ほどあるはずだ。

 それに未来において就職やら業界で生きていけるとは確約されていない。

 仕事しながらだから色々なもの犠牲する必要もあるだろう。

 成長速度による不安もある。けれどやらないといけない。やらなければどうにもならないのはもう分かっている。

 なので、たとえ大体の事が三歩進んで二歩下がるような行いであり、遅々と進まなくてもやる必要がある。

 僕にできるのは、ただ己の過去と今を比べて少し少し進めているのを見ながら、地道に前に体を引きずる事しかできない。

 もっともそれしか出来ないのならば当たり前なのだが。

 それに会社の事もある。

 そこもまた色々とあるだろう。

 会社には恩がある。けしてホワイトとはいえないけれど、今ままで僕が生きてこれたのは会社仕事を取ってきてくれて、僕を雇ってくれて、給料を払ってくれたからだ。

 そういった世話をしてくれた人達を僕はこれから裏切る事になる。

 別に会社人達とそれ程仲が良かった訳でもない。けれども嫌いかと言われたらそれも違う。

 この選択は僕のわがままに過ぎない。

 だけど自分の大切なものを裏切るのは、もう嫌だった。絶対に後悔するのが分かっている。

 でもできれば、禍根なく辞めたいというか、そうなればいいなのとは思う。

 これはやってみなければ分からない。

 無理ならば無理で、ぶつかるしかないのかなとも考えている。

   4

 そういった理由で、ちっぽけな勇気が本当に欲しい。

 ただただ不安と恐怖で押しつぶされそうな、矮小自分を支えるだけの勇気でいい。

 半歩だけ進めるだけの、勇気が欲しい。

 ダイの大冒険のポップの様な、勇気のある人間になりたい。

2020-07-12

anond:20200711005458

悪役令嬢の婚約破棄とかざまぁ物ってまんま追放系の類型じゃね?としか(あんたに捨てられたけど私はこんなに幸せになりました!)

しか乙女ゲーハーレムアンチから反転位・反転生ものという位置づけにもなるし(ゲーム知識チートしてくるやつを異常者的に扱ったりするし)

ここらへん携帯サイト創作BL一定勢力持ってた王道学園/非王道学園もの(見た目はそんなに良くない転校生男子校の人気生徒が籠絡されていく展開を肯定的に描くテンプレ=王道/それを逆手に取った設定で作る学園ものBL)との干渉もありそうだけど、非BLネット小説をなろう以外で見たことがほぼないのでヘテロ恋愛小説でも似たような設定はあったのかもしれない

2020-07-11

なろう小説の変遷と現在トレンド

未だに「なろう小説流行りは異世界転生」なんて思ってるやつはいいかな?

そもそも16年間という長大ななろうの歴史において異世界転生が流行っていた時期なんて半分くらいしかない。

現在流行は、追放系。

本当はすごい力や才能を持っている主人公が周囲に認められずに、解雇されたり裏切られたり迫害されたりして、その状態から成りあがるというテンプレだ。

異世界転生じゃなくて、最初から純正異世界まれ主人公がそういう目にあう。

どうして今、こういう流行りになっているのか。少し長いけど、サイトの初めから歴史を追ってみようと思う。

小説家になろう」において最初にやってきた流行はVRMMOだった。そう、異世界転生じゃないんだ。

この時期は、なろうに限らずネット小説界全体で、このテーマ流行っていた。SAOとか。(元はネット小説だったって知ってる?)

なろうでは、ゲームの中と思ってたら本当の異世界だった、みたいなパターンも多かったように思う。

最近のVRMMOは凄すぎだろ」とか、好きだった。

異世界転生の種は、二次創作界隈からやってきた。

にちゃんねるSSスレなどで、エヴァひぐらしなのはFateなどを経由して育てられゼロ魔によって爆発した二次創作手法の諸々。

それが、なろうのグループサイトである二次創作専門投稿サイト「にじファン」を通ってなろうに流入した。

特にゼロ魔SSの人気と書きやすさが凄まじく、そのタイミングでの「にじファン」の閉鎖があって、一次創作ゼロ魔SS手法が完全に浸食

この時、なろうがもともと有していたVRMMOブームノウハウと合体して、ゲーム異世界へのチート付き転生というテンプレ爆誕してしまった。

これが驚くほど書きやすさ・読みやすさ・とっつきやすさがあり、ランキング異世界転移一色になった。

最初はまだ転移の方が優勢だったのだが、より書きやすいのか、あとから転生が多くなる。

なろうの作家たちは、あまりに書きやすテンプレに沿った話づくりと、捨てられない創作者としてのプライドとの板挟みにあい、結果、能力面などで一点突破オリジナリティを追い求めるわりと修羅の国になった。

なろう認識異世界転生で止まっている人は、ここから先は知らないかもしれない。

実は小説家になろうでは、余りにもランキング異世界転移/転生が独占している状態が続いたため、これらの要素を持つ小説が別ランキング隔離されることになった。

(ちょうど異世界転生を批判するエッセイとかが量産されていた時期だった。個人的にはああい方法での主張はダサいと思うが。)

異世界転移/転生はサイトの見やす位置に表示されることがなくなり、作者たちは新たなブームを探った。

その結果見出されたのが、ハイファンジーとローファンジー

小説家になろう内の定義では、最初から最後まで話が異世界の中だけで完結するのがハイファンジー現実モデル世界でのファンジーや、現実異世界を行き来するものがローファンジーとなっている。

一見相反するように見えるこれらのジャンルだが、ほぼ同時に、ほぼ似たような形で流行ることとなる。つまり異世界転移/転生の代替としての流行だ。

たとえば一般的異世界転生のテンプレにおいて、転生するところを削ったらそのままハイファンジーになり、ランキングに乗る。

また、現実世界から異世界転移する部分だけを、逆に現実世界が突然異世界化してしまうような導入に変えれば、ローファンジーとなってランキングに乗る。

しばらくは従来のテンプレそのままみたいなのが流行っていたが、面白いことにこれらのジャンルには先住民がいて、昔から綺麗な恋愛関係などに主眼をおいた小説流行っていた。

それらと従来テンプレが合体し、ハーレムではない純愛をメインとした、でも結局チート転生風な感じの、新たなテンプレ流行るようになった。

そして、今に至る。なんでここへきて追放系なんだろうね。いちおう異世界転移の頃から萌芽はあった。盾の勇者とかまさに追放系だし。

どうも、前述の純愛チート転生風not転生ハイ(ロー)ファンジーの、各要素の食い合わせが意外と悪く、どこかでガタが来たんだと思う。

主人公がそんなに強くて魅力的だと一人のヒロインとの純愛は書きにくい感じなのかな。

ただ、異世界転生の頃に流行っていたようなチートハーレムは、あれはあれでヒロインの数を増やすのが正直面倒。

その結果、一番書きやすかったのが、盾の勇者などで既に見られていた、自分能力理解してくれない周囲/それを見出して受け入れてくれるヒロイン、の構造だったのかもしれない。

とにかく、今ランキングを見に行くと、異世界ブームの頃とは結構様変わりしていて面白いと思うので、一度訪れてみてください。

追記

悪役令嬢ブームについては敢えてオミットした。というのも自分男性向け界隈しか追ってきていないので、書けるほどの情報量が無いからだ。

悪役令嬢は男性向け異世界転生であるRPGチート転生ハーレム流行っていた時期に突如として登場した女性向け界隈の情報チート型の異世界転生だ。

男性向けとはパラレルに、枝分かれする形で流行していた。総合ランキングにも入ってきてびっくりした記憶はある。

だがどうも今回のブコメ等を追っていると、この男性向けと女性向けの枝分かれはハイファンブームの頃に合流していて、それが追放系の下地を作ったらしい?

ちょっと興味深い話なので、自分より詳しくこのあたりの経緯を書ける人がいたら是非書いてみてもらいたい。俺が読みたい。

2020-06-20

anond:20200620195045

んー、何を本格ファンタジーと呼ぶかもだが「黎明魔術師」「無職転生」「Knight's and Magic 」あたりは先に挙げられた作品も好きな私も好きだよ。他の作品も好きだからアレだけど所謂なろう系のイメージとはちょっと違う感じとして。

異世界転生とか強い主人公ダメというなら別だけど、スレイヤーズがあるし少なくとも後者は良いよね?

あとは、なろうじゃないけどネット小説なら「ゴブリンスレイヤー」とか「ログ・ホライズン」とかも良いのでは。「オーバーロード」も良いね。有名所ばかりだから新しい発見にはならないかもだけど。

ちなみに異世界転生関係ないハイファンタジーを本格ファンタジーと呼ぶとこの中だと「黎明魔術師」と「ゴブリンスレイヤー」かな。一応。

2020-06-08

コンビニ人間面白かったけどネット無料で読める小説でああいうのないの

ネット小説って山ほどあるのにランキングに乗るのはご都合主義恋愛ものばかり。

コンビニ人間みたいなのが読めるweb小説サイトってないんか?

2020-04-02

2020冬アニメ感想

不満が多くなってしまった。

好きなものを語りたいが「しゅき」「尊い」「いい……」「神」と気持ち悪いオタクの鳴き声しか出てこない。感想文になるように語彙を増やさねば。

映像研には手を出すな!

浅草氏がハヤオ風のヒゲを生やしたパロディで思わずあっ!となった。浅草氏ってまず絵コンテから始めてるよね。脚本無しで。そこも含めてのハヤオパロディだった……のか?

発注を受けたロボ研アニメはともかく、他の2本は作り手側に魅せたい世界設定や魅せたい動きはあっても、話そのものに対する魅せたい欲は非常に薄いんだよな映像研。世界を、動きを魅せたいがためにストーリー要請している。

そのマチェット-は無声短編パイロットフィルムとして作ったから勢いでなんとかなったけど、芝浜UFO-が展開に詰まっちゃったのはそういうことでしょ。地元UFOと地対空・空対空戦闘しかなかったから、敵が何かも分からないまま作り始めて、最後まで話を書き換え続けてしまった。劇伴発注も上手く伝わらなかった。本人が何作るか明確にできてないのに、他人に伝わるわけがないのでは。

そう、他人に伝わらない。水崎氏の動きはともかく、浅草氏の最強の世界を作る目的は、そんな何を作るか決まらないふわふわした状態では達成できないのでは?作中作視聴者ふわふわした出来のアニメから最強の世界なんか受け取れないのでは?というモヤモヤが消えないまま終わってしまった。

……という話を、この芝浜UFO制作回の放送前後して公開された劇場版SHIROBAKO脚本に詰まった舞茸先生に「(フィクションから絵空事なんだけど)絵空事しか見えない」って簡潔に表現されてしまった。

原作だとアニメで入んなかった部分にそういうこと描いてあるんだろうか。それとも原作者は「作画回に名作無し」(昔アニメ様のコラムに書いてあった気がする格言)みたいなやつを映像研にそのまま演じさせようと考えてるのか。ほら人気アニメーターやカリスマデザイナー名前が前面に出て、作画はいいんだけど話はアレな昔のOVAみたいな……そういや水崎ツバメ名前円盤売ってるな、映像研の連中。内容も……いやいやこれは邪推が過ぎる。

メディアで取り上げられる度にしつこくプッシュされていた「クリエイティブ」には疑問を残したものの、女子高生部活ものとしては大いに楽しんだからヨシ!

異世界かるてっと2

ギャグ展開にこのすば勢を便利に使いすぎな気もするけど、元がギャグなので便利なのはしょうがない。それに他は絶妙ボケ役として使いづらいだろうし。

たとえばアインズやターニャだと、原作当人の思惑と周囲の反応のギャップで笑いを作ってるから、直接の言動で笑いを取りに行くとキャラ崩壊になりはしないか、みたいな懸念がある。

テスト回なんかは完璧よね。時間停止しても動ける連中を出すことで鈴木さん(小卒)の器小せえ悪行を止めつつ、考察ネタを振り、笑いを取りながら最後にはさすアイできる。いせかるに求められてること全部やった完璧な流れだったと思う。大枠はいもの至高の御方SUGEEEE!さすアイ!なんだけど、中身はしっかりクロスオーバー

アクアオチ要員なのは「まあアクアならしょうがない」感あるし、最終回女神らしい活躍でその辺の扱いの悪さは帳消しになったからヨシ!

その最終回を見て、やっぱりキャラが多いとき部隊分割だよねって思った。普段日の目を見ないキャラにも出番が来る。だって愛と激励と再動が足りねえから……!

そう、特異点崩壊後のAチームMS多めで火力と装甲がまるで足りない……ギャブレー不在時(核無し最難確定)は、前座での消耗を極力抑えつつ、鉄壁ダイザーを囮に必中閃き熱血覚醒での疑似ヒットアンドアウェーや射程外から魂必中直線MAPWで削って、最後奇跡(9/2-O、Sなら寺田か4/11-O)計都羅睺剣・暗剣殺に賭ける。正にいせかる2最終回デストロイヤー迎撃

キャラを活かした舞台劇と対デストロイヤー戦の一部がリンクしている演出も良かった。劇中劇ってだいたい退屈になるけど、これは楽しかった。

続編では最終回辺りでようやく馴染んできた盾の人達ももっと活躍できるといいけど、慎重勇者は本格参戦するのかな……参戦に慎重になって毎回にモブに混ざってるだけだったら、それはそれで面白いけども。

空挺ドラゴンズ

誘惑に負けて、アニメの途中で原作漫画を読んでしまった。面白かったけど読まなきゃ良かった!

途中まではアニメコマコマの間の補完が上手いなと思えたんだけど、最後のタキタが落ちた後がなぁ……

先に原作を読んでしまったせいで、アスケラがなぜかババア連れで山奥に狩りに来る変な人になってるのが、どうしても気になってしまう。なんでババア連れてきた?

原作だとあの近くの谷に村があって、そこへ帰ってた。ババアもそこにいて、わざわざ山奥には連れてこない。

……これって尺の問題なのか、それともCGで村や人をモデリングする手間やコスト問題でこうせざるを得なかったのか。両方か。

もしも同様のスタッフで2期があったら、他の捕竜船・飛行船の外観・内部とその乗員、寄港地とそこの建物・住人でてんやわんやになりそう。CGも無敵ではないのだなぁ。

あとガガが実は絵が上手い話を先に持ってきちゃったせいで、絵を見ながら「これが最期の姿になっちまうなんて……」が流れとして死んじゃってる構成もうーん。ああいう単発エピソードを先に持ってきて調整するのは、テレビシリーズ構成として納得はできる。じゃあそれに合わせて描写のやり方も原作から変えといてくれよ。ジローの髪型だけの問題じゃないでしょ。絵描いたエピソードと何週間も放送離れてるんだから

でも、これだって俺がアニメより先に原作さえ読まなければ……なんで俺は原作を読んでしまったんだろうな……アニメ原作面白かったのに、今は後悔しかない。

インフィニット・デンドログラム

仮に俺が原作を読んでいてもいなくても、これはダメ

コロナ以前からずーっと動かぬ作画間延びした演出。しょっぱいプロップデザイン(作中ゲームUI含む)。なにもかもが見ていて辛い。

いわゆる「進化するOP」ってだいたい進化したら動くんだけど、本編MADから進化したのに未だヘボいOP……

さすがいもいもで有名なNAZ作品ですなぁ!とイヤミの一つも言いたくなる。

あと、はじギャルときから思ってたけど、身内かなんか知らんが素人シリーズ構成やらせるなよ。当人名前でググってみたら、ヒプマイやアフリカサラリーマンでも炎上して界隈で相当にヘイト稼いだらしく、怨念の籠ったつぶやきがやたら引っ掛かった。あとあじがわるいな……。

ホビージャパンも50周年記念とか言いながらこれってどうなの?

まあホビージャパンアニメって周年企画じゃなくてもだいたいそうだけどね。ゲームブックやフィギュア原作だろうが、出版部門作品原作だろうが、だいたいアニメでろくでもないことになる。

でもちょっとえっちショートアニメは酷いことになってないから、デンドロも……ちょっとえっちキャラがバビしかいねえ!他はネナベか殺し屋か悪役かカルト宗教親玉かへんな仮面!無理!

それにしても、序盤から原作から話を刈り込んで縮めてるくせに、話にまとまりがない。尺も無いのに群像劇っぽくプレイヤーNPC視点や回想が入り乱れているからな。

デンドロ(作中のゲーム)は各プレイヤーリアルでの経験価値観能力に反映される仕様からプレイヤー(やNPC)の生い立ちや生き様を語る過去回想や外伝がやたら多い。ちょっと前の原作書籍も2冊連続外伝だった。多対多のPvP戦闘ともなれば、人数が多いだけ回想の数も爆発的に増える。特にフランクリンゲームはここまでに出てきたキャラの総まとめに新キャラも投入しているので、特に多い。更に先の展開のネタ振りもある。ハリネズミとか。

こういう構成は紙幅の制限が無いネット小説ならいくらでもできるし、あるいはページ数や刊行ペースを一定範囲で調節できるラノベでもいくらか融通がきく。でもアニメは総話数と各話の尺がカッチリ決まっている。その中であれもこれもやろうとするのは無理がある。「メディアの違いを理解せよ」案件。これファンに向けた言葉のはずだったのに、スタッフ理解できてないとか本当に……各話の中でのまとまりも考えなきゃいけないのに、全部できるわけないでしょ。

おかげでただ原作にあった描写切り貼りして枠に詰めたよくわからんかになっている。原作読者向けだとしても、クオリティがアレ。こんなものになるくらいなら、いっそレイ視点のみにしてくれた方が良かった。枠に収めるために伏線や設定解説をバッサリ切ったせいで、おまけの解説アニメを見てさえ意味不明になるとかダメじゃん。

もう最初からなぜなにだけ作って、原作コミカライズPVってことにしておけばよかったんじゃないの。

この後追加戦士兄貴が全部ひっくり返してくれるとも思えん。あとあじがわるいアニメ

このあとあじのわるさを癒せるのはドラマCD付き特装版だけだ。ドラマCDは全てを解決するって六畳間で分かっているんだ。だからホビージャパンはデンドロでもドラマCD出して藤林先輩(と女化生先輩と忍者)に声付けて。あと六畳間は次キリハさんかキィちゃんがいいです。

既にドラマCDの出てるザガン様はこれからドラマCD付き特装版とコミカライズだけ展開し続けてほしい。もうアニメは嫌だ。アニメ化でこんなに哀しくなるのはたくさんだ。崩れた顔のネフィなんか見たくねえ!でも5分……5分でザガン様とネフィかわいいするだけの愛で力高いアニメなら……デンドロもなぜなにはまったく悪くないし……

ねえ他社作品だけど、もしかするとニャルアニ1期って理想的ラノベアニメの一つだったのでは?

推し武道館いってくれたら死ぬ

なんだかんだ成長物語だったんだな、これ……。

塩対応しかできないアイドル臓物トークばかりするファンが、直球で感謝と愛を届けられるようになるまで。ちょっと涙出たよ。オタク感情に尊みを見た。

そこから最後に二人が歌う桃色片思い視聴者がこれ絶対やるわと思ってたこマジでやってくれるのいいよね……エモで殴られて語彙が尽きる……。

語彙が尽きたから本筋とあまり関係ない話するけど、今度武道館行くんだってレオマウント取りにきたアイドルの声が武道館のほか東京ドームたまアリ紅白に立ったシカだったの、二次元アイドル三次元声優アイドルグラドル記憶がぐるぐる回って、あ、ダメ、これもちょっと言葉にならない。

アズールレーン

やはり第8話が作画ピークだった。というかスケジュール遅れで放送延期からあれ越えてきたらすごいわ。すごい原画が上がってるのに動仕撮影が間に合わず延期とかそう無いでしょ。

海面や氷壁の背動すごかったし、水柱が派手だし、煙がかっこよくて、五航戦の袖がひらひらしてかわいかった(語彙消滅)。ちょっといつもと変わったレイアウト見ただけでブヒィってなるの、安直で良くないとは思うがやめられない。

ストーリーに関しては……やっぱりソシャゲアニメ化もニャルアニっぽくするのが理想かもしれん。

まりミリアサなら弱酸性の方、FGOならマンわかの方が正解。

……これアニメ作るよりもあたまのおかし漫画家にあたまのおかしスピンオフ漫画を描かせるのが先だな!

ゾイドワイルドZERO

兵器派の極北たるランド博士ゾイド意思を持った生物として見た上で、その意思に沿って兵器として強化している。これはすごい

ビーストからライジングへと進化したライガーやそれを相棒として支えたレオとは、根底にある思想は違えど、強化改造という同じ結果をもたらしているんだから

前作の掲げた問い「相棒か?兵器か?」に対する玉虫色の回答「相棒であり兵器」に、強く偏った色を付けた思想。「相棒であるからこそ、彼の望みの通りに兵器とする」。レオサリーはこれにどう立ち向かうのだろうか。

いずれにしてもアラシさんのウソツキ!やっぱりゾイドは強くなきゃダメじゃないか!展開。

で、思想はいいんだが、お話ちょっと煮え切らない。玩具兵器推しな割に、帝国共和国ハト派が主流で中央友好ムード国境も小競り合いするくらいで、ちょっと戦闘過激になるとすぐ止める。戦争しないから「兵器」の活躍の場が小競り合いか帝国内ゲバばかりに……そりゃ全面戦争作画リソースにしんどいだろうけれど。

ギレル中尉内通者と見られてもおかしくないくら共和国にベッタリだけど、皇帝は何も言わないし自分権力少佐に昇進させる。レオレオ軍人にはならないと宣言。でも結局ことあるごとに共和国軍に頼らざるを得ない。このなあなあ関係作品の緊張感を欠いていやしないか

スレックス3機も復元保有しといて共和国潰せてない帝国軍も、その帝国軍と睨み合いができる共和国軍もなんなんだろうねマジで。デスレックスがよほどデバフかかってるのか、皇帝フィオナが平和主義すぎるのか。あるいは共和国軍がブラキオをダース単位で抱えてるやべー軍隊だったり?

レオ一行の冒険にしても、宇宙移民過去故郷野良ゾイドで滅ぼしてから100年って舞台設定が絶妙すぎる。文明の遺構は破壊されあまり残っていないし、帰還第一世代地球環境適応できなかったせいで集落もまだ少ない。どこを巡っても滅びた街の残骸か、新しい街や集落。あとは辺り一面荒野。時が止まった街や空母みたいな例外があちこちにあるわけでもなさそうで……冒険のし甲斐が……。

うーむ……やはりゾイドの改造も含めて玩具アニメの歩調が合っていないのと、玩具と絡まないアニメ独自の要素も上手くいっていないのが、どうにも。

HMM大好きおじさんは荷電粒子砲というワードだけでキャッキャできるんだろうけども。

22/7

22/7 VS 壁●

試合時間12Aパート

凶器攻撃(KO勝ち)

2020-02-26

ロサンゼルスをロスと呼ぶな

Los Angelesスペイン語から来てて、Los(複数冠詞)+Ángeles(天使Ángelの複数形)って形 ちなみにスペイン語風にそのまま読むとロス・アンヘレス

冠詞部分だけ取って呼ぶのはいくら略称とはいえ許されない ザ・ユナイテッドステイツ・オブ・アメリカを「ザ」とか「ザオブ」って略したら馬鹿みたいじゃん

これは私怨だけど昔読んでたネット小説エル・シドカンペドールって名前キャラをエルって略してて気が狂いそうになった エル(定冠詞)・シド(名前)・カンペドール(称号)みたいな呼び名なのによりによってそこ取ります?っていうね

みんなもっとスペイン語に対して真摯になってほしい エル、ラ、ロス、ラスあたりの扱いがガチで雑すぎる エル・ブランカとか言われると殺すぞと思う

2020-01-12

anond:20200112073113

いうまでもなく媒体の違い。画面の幅とか、メイン客層とか

ネット小説」と「ライトノベル」がわりと互換性のある概念であることを考えてみよう

2019-12-26

3,4年前くらいにムーン投稿していた頃の知見を書きたかったが忘れた

タイトルの通り。3,4年前くらいにムーンライトノベルスに投稿していた。その時の知見を忘れないうちに書きたかった。そう思っているうちに時間が経って、忘れた。

覚えている範囲で書く。

おわり

……というのはさすがにまずかろう、というので、記憶を掘る旅に出る。

ブクマ数、総合評価は現時点のものを見てきた。




1作目(完結済)

三人称ファンタジー世界舞台、主従もの敬愛エンドという意味では、BLとして邪道1話1エロ

1話の長さが6000字程度なのは個人的な好み。

オリジナル作品ちゃんと書くの初めてだった。なんならBL小説も初めて。拙い〜〜。エロ語彙がない〜〜。

初めて書いた割に読んでもらえた。みんな優しいんやね。

日刊ランキングに載ってからPVが一気に伸びたっぽい。順位が上がってからは、伸びが顕著。

多分その頃はブクマ1000件くらいだったので、完結後もじわじわ読んでもらえている様子。嬉しい。


読んでもらうために気をつけていたこ
  • タイトルでだいたい内容が分かるように
  • あらすじは簡潔に

タイトルやあらすじで話の内容・傾向が分かるようになっていれば、読み手作品を選別しやすい。読みたい人に読んでもらいやすい。

作品数多くて埋もれがちなネット小説では、意識しておいて損ではない。興味を引けそうなキーワードを含めるとなお良し。






2作目(完結済)

一人称ファンタジー世界舞台好き嫌い分かれそうな攻めがいる。ストーリー割合多めエロラブコメ


途中失踪してたのに、引き続き読んでくれる人優しすぎない? 完結祝ってもらえたの嬉しすぎるんだよな。

前作読んでくれた人が今作読んでくれる流れあったり、日刊ランキングに載ってPV伸びたり、週刊や月刊ランキングにもお邪魔したりした。

性癖を刺せることは強い。作品応援者が出来る。ぱわー。

登場人物が気に入られた。その一方で、好き嫌い分かれるだろな、と思ってた攻めくんが感想欄で人格攻撃された。お、おう。普通にショックで執筆気力減った。

嫌われる理由は分かる、だがその属性があってこその攻めくんだったから、私も一緒になって攻撃するような真似は絶対しなかった。書いた人間として、生み出したキャラ否定するような真似はできなかった。

万人受けしないものを、受け容れられない覚悟で書いていたら、思いの外楽しんでもらえたようで喜んでしまっていたから。冷や水を浴びせられたようで。愚かさも含めて愛されるなんてはずがなかった、と現実を思い出して、何を期待していたんだろう、と惨めにも泣いちゃった。

まあ、安心して欲しい。

ブクマが伸びてね、PVが伸びるとね、当初ターゲットとして想定していなかった読者層にもぶち当たるようになるの。これはそういうことなの。

not for you〜〜!!!!!

私は気にしちゃったし、説得力ないと思うけど、世の作家物書き小説創作人さんは、気にしないで性癖に正直になっていいと思う。思った。


読んでもらうために気をつけていたこと ぷらす

ランキング傾向から、その方が読まれやすいと勝手に推測していた。実際当たったと思っている。

ただ、書籍化まで視野に入れるなら、砕け過ぎない方がいい気もする。小説の質としては、文体が軽いより重い方が質の高い小説だ、と思う人は多い。

(尤も、売れる作品か、が書籍化のネックであろうので、人気があったり面白さが保証されるなら、文体なんて無視していい要素になるだろうな。)


  • 説明の手順に気をつける

多分主要な読み手層は、時系列バラバラの話を後で自分再構成したりはしない。Tips集めて事件のあらまし推測しない。そういう楽しみ方を求められていない。

故に、素直に読んで分かる話になることを心掛けた。

それですら伝わらない。半分も伝わらないと思っておいた方がいい。人は自分理解できるものを土壌にすることでしか作品から理解を引き出せない。


その他方針

書きたいものを書く、という芯はブレさせなかった。だって趣味で書いているんだぞ!? 好きなもの書かなくてどうするの!?!? という精神

私が恥ずかしがったので、独りよがりな鬱設定は本編で語らなかった。エンタメ路線の方がみんなも読んでて楽しいでしょ。私もその方が楽しいし。

2作目攻めくんのえがきかたは、もっとやりようがあったのだろう、とも思う。力不足だった。

攻めくんのコンプラ違反を度々指摘するような形で、作品倫理はそれなりに真っ当さを維持して批判避けしていたつもりだったのだが。まあ、ダメな行いはダメだよな。それを存在否定に使う人間も世の中にはいるんだな、勉強になったよ。

は〜〜懐の深い受けが、頑なに頑なにしていたのに、いつの間にか絆されちゃうの、いいもんだな。




思い出した。

私にとって小説を書くことは、読みたいもの自分の好きなもの自分の中から身を切って削り出して晒すようなものなのだった。苦しくて仕方ないのに、楽しさを知ってしまたから、今更辞めることもできない。呼吸だった。

からこそ、伝わらなさを思い知る度、断絶を突きつけられた。それは、好きに解釈してくれ、と自分作品を手放して諦めるようだった。断絶を重ねるうちに、それでいいや、と思えるようになってしまった。平気になったわけではない。

観測者のいない星は寂しい。読者がいて、作品確立することを知ってしまった。だから、手放すことを覚えた。

あの頃と比べれば、息を止めることに慣れてしまって、息の仕方を忘れてしまった。

それでも時折呼吸が苦しくなって、思い出したように息をする。

小説書くの楽しいです。

2019-11-21

息子が永遠にホモ拷問でヤられる小説架空)を書くんだ!

会社でパワハラしてくる社員のインスタ見つけて息子の学校まで特定した

有効悪用法とか物騒な事書いてあるがちょと待て欲しい。ヤル気が無くても日常に考える事がフッとしたタイミングで爆破し警察のお世話になるとかニュースでよく見られるかも知れない。

それと法律屋などに相談した方がいいが、それでも法的に復讐が難しいのであれば、すまんが堪え欲しい。

奥さん宛に郵送やらインスタ印刷して郵便受けにうんたらもちょと待てって欲しい。

そいつから離れるべきだが、生活上難しいかもしれんし離れたタイミングで怒りが暴走する恐れもある(自分の機嫌は自分で取れ)

あとお怒りすまんが、息子さんに攻撃もあとパワハラ会社攻撃も(訴訟など合法的攻撃は良し)絶対ダメ申し訳無いがNGだ。堪えてくれ。

そのかわりフィクション世界復讐してやれ!もちろん架空人間でな。

相手増田太郎という息子で部活陸上部なら『減畑二郎部活水泳部』などモデルが分からいくらいの架空人物を作り出すんや。

そんな架空人間の息子が永遠にホモ拷問される小説をどっかのネット小説投稿に出すんや。章の終わりにホモセ受けた息子がホモ死させるのも良しまホモ化した息子を見て親(これも架空キャラ作れ!)が発狂憤死させるも良し。そして次の章には何故か復活でまた死ぬ復讐小説ダメか?異世界レベル架空世界架空人間を殺しても罪にはならん。(だと思う…)

あと足の付かない方法なら小説作品コメントなどで(たとえば現実は『沖縄会社員で働いてる』場合など)「北海道ニートしながら小説書いてます!」な作者特定避けのウソコメントを書いてもう作者すらも架空存在しろ

そんな個人ヲチして楽しむくらいにすぐらいはどうか?

2019-11-11

ネットフェミ腐女子がなぜ表現規制をしたがるか

これ、実は30年前からずっとだよ。

腐女子界隈は蟲毒のツボなの。ずっとつぶし合いをやってる。

男性向けにだけ矛先が向いてるかのように見えるけれども、実際には腐女子内部でもつぶし合いをし続けてるの。

これはもちろん腐女子全員がってわけじゃない。でも嫌いな表現をつぶすことに全力を傾けてる人たちがかなり多い。腐女子の中には頭がおかしいぐらいに気に入らないサークル作品をつぶそうとがんばる人が多いし、相手をつぶす手段も洗練されてしまってる。

たまたまそれがネットリーチした結果、男性メインとか少年誌に向いてるってだけの話だよ。

腐女子ゾーニングをしてるから偉いっていうのは100%嘘。被害妄想に凝り固まった被害者モンスターが、すぐに徒党を組んでサークルをつぶしにかかるからだよ。

男性向けサークルは、本当に平和なのに腐女子修羅の国。すぐに嫌いなものを見つけたら被害者モンスターになる。こんなひどいものを見せられたので責任を取れ、もう描くな、とか言い出す。サークル主の心が折ろうとファンレターのふりをしたアンチ手紙を出すならいいほうで、公式に嫌いなホモ同人誌を送って、「ひどいです。傷つきました。規制してください。お願いします」って手紙を出したりする。本当にえげつない被害者モンスターのたまり場。

ネット小説でも、ムカついたらとりあえず潰そうとする。

から、いま腐女子フェミ男性向けや少年漫画突撃してるのは、不思議なことじゃない。ただ、ムカついたものに対する対処方法が、被害者モンスター化する以外にないの。

お子様なのよ。幼稚なの。

幼稚さを肯定してくれるのがたまたまフェミニズムだったのよ。「あなた女性被害者よ。悪いのは男社会」って全肯定してくれる。

表現の自由の戦士が「一番狙われてるのはBLだよ」といって説得しようとしても無意味なのはそもそも被害者モンスターから、会話ができないの。

「私はかわいそうな被害者、気に入らないものをつぶすまで満足できない」っていう思考から

オタク腐女子で同じ二次元戦士じゃないか。どうして分かり合えないんだ」っていうけれども、文化が違いすぎるんだよね。腐女子社会は、もう「そういう被害者モンスターがいることを前提に構築されてる」し、またモンスターが来たぞってわかってる。被害者モンスターが大挙して襲ってくるってわかってるからオタク社会平和相互信頼で成り立ってる平和国家だとすると、腐女子社会毎日怪獣が襲い掛かってきてミサイルが飛んでる戦争国家なの。その怪獣平和国家に襲い掛かるようになっちゃった

腐女子に妙な形でフェミニズムを掛け合わせたひと、本当に迷惑なことをしたなと思う。 

ネットフェミ腐女子がなぜ表現規制をしたがるか 再投稿

https://anond.hatelabo.jp/20191110185123 より。自分から消すことはありません/2019-11-11 16:03追記 すまん、オリジナルとは別の人です。こういうのって運営が消してるのか投稿者ビビって消したのかどっちかなと思って再投稿してみた。

これ、実は30年前からずっとだよ。

腐女子界隈は蟲毒のツボなの。ずっとつぶし合いをやってる。

男性向けにだけ矛先が向いてるかのように見えるけれども、実際には腐女子内部でもつぶし合いをし続けてるの。

これはもちろん腐女子全員がってわけじゃない。でも嫌いな表現をつぶすことに全力を傾けてる人たちがかなり多い。腐女子の中には頭がおかしいぐらいに気に入らないサークル作品をつぶそうとがんばる人が多いし、相手をつぶす手段も洗練されてしまってる。

たまたまそれがネットリーチした結果、男性メインとか少年誌に向いてるってだけの話だよ。

腐女子ゾーニングをしてるから偉いっていうのは100%嘘。被害妄想に凝り固まった被害者モンスターが、すぐに徒党を組んでサークルをつぶしにかかるからだよ。

男性向けサークルは、本当に平和なのに腐女子修羅の国。すぐに嫌いなものを見つけたら被害者モンスターになる。こんなひどいものを見せられたので責任を取れ、もう描くな、とか言い出す。サークル主の心が折ろうとファンレターのふりをしたアンチ手紙を出すならいいほうで、公式に嫌いなホモ同人誌を送って、「ひどいです。傷つきました。規制してください。お願いします」って手紙を出したりする。本当にえげつない被害者モンスターのたまり場。

ネット小説でも、ムカついたらとりあえず潰そうとする。

から、いま腐女子フェミ男性向けや少年漫画突撃してるのは、不思議なことじゃない。ただ、ムカついたものに対する対処方法が、被害者モンスター化する以外にないの。

お子様なのよ。幼稚なの。

幼稚さを肯定してくれるのがたまたまフェミニズムだったのよ。「あなた女性被害者よ。悪いのは男社会」って全肯定してくれる。

表現の自由の戦士が「一番狙われてるのはBLだよ」といって説得しようとしても無意味なのはそもそも被害者モンスターから、会話ができないの。

「私はかわいそうな被害者、気に入らないものをつぶすまで満足できない」っていう思考から

オタク腐女子で同じ二次元戦士じゃないか。どうして分かり合えないんだ」っていうけれども、文化が違いすぎるんだよね。腐女子社会は、もう「そういう被害者モンスターがいることを前提に構築されてる」し、またモンスターが来たぞってわかってる。被害者モンスターが大挙して襲ってくるってわかってるからオタク社会平和相互信頼で成り立ってる平和国家だとすると、腐女子社会毎日怪獣が襲い掛かってきてミサイルが飛んでる戦争国家なの。その怪獣平和国家に襲い掛かるようになっちゃった

腐女子に妙な形でフェミニズムを掛け合わせたひと、本当に迷惑なことをしたなと思う。

2019-11-09

面白い夢見てああこれネット小説であったなとこれ読んだことあるなってなった

うそうあれあれって思ってググろうとして、夢の中で出てきたワードでいくつか検索かけてやっとその小説を見つけたんだけど

ってとこまで夢でした

検索単語なんとか1つ思い出して検索してみたけど何も出てこなかった

あの小説面白かったはずなのにな

2019-09-11

盾の勇者の成り上がりをなろうで読んだ

とりまなんだろうとおもって3日で盾の分は全部読んだ(槍がループしはじめる外伝はまだ読み切れてないよ)

文体ラノベだなーと思った部分

動詞助詞に、「口語だろう」と考えてもどうしてもおかしい部分がたくさんある。ま、地の文も頭悪い主人公一人称という体裁から、「主人公がそう考えたんだよ!作者のテクニックの一つだ」って言い抜けはできるけど。

・長い動詞をなぜかわざわざ当用でないしIMEにもでないような漢字にしてしまう部分がたくさんある(拱く=こまねくはまあいいが、捩る=ネジると読む場合のほうが多いがモジるのつもりつかってるらしい。接続詞もなんかあった)

・のわりに誤変換による誤字が多い(「適正がない」って本来「適性がない」だろ)

まあそのままでも読めるから読んだけど、さすがに出版する時は校正つけるだろうし自分金もらって校正するわけでもないからいちいちメモはとってない。2話に1個ペースで900話だったら450くらいありそうだ。ま、古いから若書きしてるだけで最近は気づいたかなと思って日付をみても、2012年ごろから2019年9月まで更新がつづけられていて、最近まで読んでも大して悪い部分が治ってないんだよなあ・・ネット小説書籍化ときって編集者ゲラはあげないの?

 

で、もう一つ気になったのが、やっぱミソジニーネタ

豚だのビッチだのカネ目当てだの増田ミソジニー仕草の元になったようなエピソードばっか。

でも、結局最後までよむとこの世の憎悪を都合よく集めたビッチさん、人外だったんですけどね。都合よすぎる悪役なんだけど前半だけ読んで「だから女は」やってる増田いそうね。

カタルシスシーンに拷問つかうのもあんまうけいれられなさそう。

拷問対象男性女性混じってるけど女性のほうが処罰対象男性を信じたという理由だけで拷問されて処罰対象男性へのみせつけ、苦しまネタにつかいましたという、よく考えると理不尽な話。

あと、主人公事実上ハーレム村(多数の村人が主人公と寝たいと狙っている村)をつくっているが、後日、おもってくれた子ほぼ全員と子孫をつくるらしい(最終話1話手前で伝承の形で記載)。うごかせない浮気(いまさらだが)。ちゃん結婚とか離婚とかしろよ。

なまなましく寝る寝ないの話をくりかえすわりに女性側の生理時期や妊娠時期なんか一言もでてこない。

念じれば子供ができるプラトニック繁殖なら最初からそう設定したほうが楽なのに。

同じようなラノベでも老舗はやっぱりそういう部分鼻につかないように処理されてるし、アニメではだいぶ拷問とかなくしたらしいし、まあアニメスタッフ良識に期待ですわ。

 

あと、誤字抜いてもシステムウィンドウの画面遷移みたいなのを口で説明されるのがものすごく口幅ったくて「強化1、2、3」と3話つづいてそればっかりだったところは半分以上飛ばし読みした。そこもアニメでは秒で説明が済む(またはいい感じにかいつまんで省略)のではないかと期待している。

フィロリアンかいう鳥の毛色について槍の勇者が語りだしたのでわかったのだが、盾の勇者人物の髪色ふくめ容姿で盾に女が取り入るような表現はほぼしてない。ビッチ呼ばわりする女も美人だけど着衣の色で呼ばれたりする。そこはまあえらい。けど語彙があまりないだけかもしれない。それは他の短編よんだほうがいいのかもしれないけど。

 

ま、語彙にかかわらず長いストーリーこれだけ書けるというのはすごいことだ。たまにわからない作品もあるけど「隣の(トトロ)」とかのメタ現代作品ネタもまあおもしろかった。楽しいとか万人におすすめといえる作品ではないがおつかれ。槍編がんばれ。

 

追記

あと日数圧縮されすぎ。900話でようやく半年たちました、村は立派な都会になり主人公伯爵公爵から大公になりました。ん?

なにが加速されようとも人の心やら認識ってそんなに加速されないよ。

やってることが多すぎて一日に余裕がなさそう。

1週間で天地創造エホバに張り合いたいのかっていういきおいだ。

2019-09-05

まともなネット小説が読みたい

ネット漫画が読める環境に比べて、明らかに小説環境が貧弱すぎている。活字好きな人間としては非常に寂しい。

一日数話程度無料で、後は課金制の漫画が読めるネットアプリは腐るほど充実しているし、本屋で売られているような漫画だけでなく、完全ネット連載の漫画も多く、読み応えがあって雑誌に連載が決まるような面白い漫画も沢山ある。ジャンプマガジン公式漫画アプリネット漫画なんかは、本誌に載っててもおかしくないようなのがゴロゴロ載っていて、暇な時間さらっと読みたいな、という願望が叶わないことはほぼない。

それに対して小説は本当にひどい。電子書籍として買えるサイト漫画に比べれば少ないし、単話で読めたり、オリジナルのものが連載しているようなアプリ存在しないんじゃないだろうか。あるなら教えてほしい。使いたい。ネット小説といえば無料で何話でも読める有名サイト小説家になろうがあるが、異世界転生や主人公最強モノしかない上に、元々そういうジャンルがあまり好きではないので数秒で閉じてしまった。(なろうに限らず、ネット小説っていうと異世界転生か主人公最強モノしかない気がする。ネット漫画にもデスゲーム系が圧倒的に多いが、多いだけで他の漫画も沢山あるのに)

別に本にお金を払いたくないわけじゃないし、漫画小説も月に数冊買うのだが、ちょっとした待ち時間かにスマホさらっと読み切れる環境がほしい。それかもうちょっとまともなアマチュア作家向けの小説投稿サイトを作ってほしい。ホラーとかミステリーとか、青春とかファンタジー以外の小説が読める環境がどうしてもほしい……。

2019-07-16

ラノベって絵師ガチャでは

ラノベの売れる売れないの差って絵じゃないの?SAOとか、リゼロとか、絵が下手くそだったりしても売れてたんだろうか。

ラノベって異世界転生、ハーレムってある程度展開は決まってくる訳じゃん。女性向けなら悪役令嬢とか。勿論そういう展開にならないラノベもあるんだろうし、それで売れてるのもあるんだろうけど。ただそういう王道展開の中で、読者が何で選んでるかって言ったら絵じゃないのって話。

中身で選んでる!って人は逆にどうやってるのか教えてほしい。ラノベ試し読みできるサイトなんてごく少数だし、本屋でもビニールかかってること最近は多いし。さっき例に挙げたのもそうだけど、売れてるラノベって大抵絵綺麗じゃない?売れてるラノベで絵下手くそなんてあんまり見ないし、売れてないラノベの絵なんて素人目でも骨格おかしいってわかるようなエロ漫画風の絵が殆どで、後はストレートに下手なのばっかじゃん。出版社の采配で決まる絵師ガチャで売れ行き決まるとか可哀想だな、とふと思ってしまった。まあここまでそこそこ好きだったネット小説書籍化絵師ガチャ失敗された呪詛なんだけど。

単純な興味として、ネットとかでいいから一回挿絵しか全部同じ挿絵の人で、売れっ子ラノベ作家と売れてないラノベ作家評価にどれくらい差が出るのか、それとも差すら出ないのか試してほしい。

2019-07-09

anond:20190709204403

https://www.amazon.co.jp/dp/B00KS3FH7A

精神障害者をどう裁くか』

心神喪失無罪予備軍を多く抱えるはてな民司法の現状を把握するためにちょうどいい入門書

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B078LRYHF4

愚者の渡しの守り』

突然50人くらいの部隊を率いることになったときにちょうどいい現場目線軍事学入門書

なのだが失敗するたびに教訓だけを引き継いでタイムリープするという設定なので今読むとネット小説感覚で読める

これが100年以上前に書かれた本であることを考えると興味深い

2019-07-04

anond:20190703202308

なんとなく思ったけど、小出しにするのを知らなかったりするのを見るとなろうとかで他の人の作品読んでないんじゃないの?

どういう風に展開していくと受けてるのかとかなろうの読むとき機能とかTwitterで人気ネット小説家はどうやって宣伝しているのかとか全然知らんのでは?

2019-06-04

ネタパクり、盗作オマージュ厳禁

↑誤タッチで開いてしまったネット小説のあらすじに書いてあった文言

タイトルからして掃いて捨てるほどありそうなネタ小説と推測できるが、前述の文言が書いてある以上、余程ネタ独自性があると見える。

よっしゃ読んだろ!

いや冒頭3行ですでにSAOのパクりやん

2019-06-01

anond:20190601213517

異世界人がこっち来て無双ってのはめっさあるぞ。少年漫画の主流ですらある。

異世界人と一緒に世界を行ったり来たりはネット小説なんかではよく見るな。

入れ替わりはSFなんかでちょくちょく見るな。両方の世界を書こうとするとどうしても複数視点メタ視点の話になるから複雑になって単純娯楽作にはなりにくい感じ

2019-05-20

ネット小説」をライトノベル扱いしてラノベの手柄みたいに言うのやめてほしい

ラノベはもう終わったジャンルだよ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん