「普遍性」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 普遍性とは

2018-02-16

anond:20180214205828

文章にもオタク的な文章というのがあって、この増田投稿典型例だと思う。

冗長で、「思春期においての成長過程」「定番通過儀礼」といった重言がある

個人的経験と推論を元に断定していて、しかもそれがある程度普遍性を持っているという説明を欠いている

要するに独りよがりなんだな。

ファッションや身なりの気の使い方のメソッドを知っただけでは粗がでちゃうよ。

大事なのは、人と接するときの気の使い方そのものだよ。

2018-01-31

anond:20180131125357

フェミニズムの考え方が問われてる」ってことだと思う。論理的か、利己的に過ぎないか(これは強者女性が現れて来たからかも)。論理的でない思想社会運動普遍性がなくて危険でしょ。

2018-01-23

今、名作、傑作とされて読まれてるのはある意味ではその時代時代で受け入れられてきて

そしてたまたま時代を経ても評価されるものであったからなのかもしれない

後世まで残る名作ってのは良くも悪くもある種の普遍性ってものが含まれてるのよ

今そこにある名作や傑作を楽しめるのは俺達だけかもしれないってことっすよ

2017-12-22

anond:20171222013039

ブラック企業なら確かにそうだし、ブラック企業の方が世の中には多いから、そういう感じになってしまうのはわかった。

 

でも上司の娘に言えないことを言うなってのは、好意的解釈すれば、けっこう説得力はあると思うけどな。

やりがいのある会社でお世話になってる上司の娘を立派に鍛えてくれって状況なら、大丈夫だよね。

それをイチイチ前提として言わないといけないのは面倒だけど、これを付ければ普遍性あるかな

2017-12-06

福山雅治オプトアウトしたいんだけど

自分ライブ童貞専用出口作って、かわいそうだから一人あたり自費で五円あげるよみたいな、そういう、差別内包したノリを良しとする人であることや、国を代表するといっていい有名人がそういうことをやるのが許されているという現状が苦手すぎるので、福山雅治ビジュアル文字列をなるべく目に入れたくないと思っている女です。

でもこれがなかなか難しい。もともと日本TV番組ほとんど見ないので余裕だろうと思ってたら、思わぬ場所被弾することがある。例えば、福山雅治結婚したとき、当時の官房長官だったかが「これをきっかけに女性には子供を産みたいと思ってほしい」というような問題発言をした。この一件から日本製エンタメ系だけ見なきゃいいとはいかなくなり、少子化問題における日本政府対応批判する文脈ですら出てくるようになってしまった。この間も、新聞を読んでたら社説に出てきた。インターネットでも関連用語などをミュートしているけど、なんというか「福山雅治」というのがただの個人を超えて普遍性の高い概念のようになっていて、とてもじゃないが避けきれない。全く関係のない文脈からひょっこりと顔を出す。もう日本を出るか、そうでなければ福山雅治という存在和解するかの二択しかないと思ってる……

2017-12-05

anond:20171204230752

中途半端現代のものだと却って古臭くて読みづらい

筒井康隆位の年代の奴とか、使われてるカタカナ語が古い。筒井大好きだけど)

時代劇とか歴史舞台だと、書かれた時からすでに古いわけなので、

今読んでも違和感なく読めるよ

諸星大二郎もそうだけど、最初から臭いものは古臭いがゆえに時代を超える普遍性がある

というわけでラノベ古典ともいえる山田風太郎忍法帖シリーズを読もう

甲賀忍法帖風来忍法帖柳生忍法帖魔界転生外道忍法帖→笑い陰陽師の順番だ!!

風来忍法帖が一番気に入ったなら、自来也忍法帖忍法八犬伝を追加だ! 軍艦忍法帖は読んだらダメ

外道、笑い辺りが気に入ったのなら、秘戯書争奪忍者月影抄、その他短編を追加だ!

2017-10-25

それはひどくサイズの大きいAIファイルだった。

それはひどくサイズの大きいAIファイルだった。

おまけにリンクされているPSDファイルミルフィーユのごとく調整レイヤーを積み重ね、スマートオブジェクトスマートオブジェクトスマートオブジェクトという自己矛盾を孕んだ存在をそのはち切れんばかりのファイルサイズの中に抱えていた。

24GBまでメモリ増設されたタフなiMacもこの時ばかりは狂ったように冷却ファンを回し、その回転を象徴するレインボーカーソルはある種の普遍性を感じさせるほどであった。

3回のプチフリーズを経て、2017年10月19日アップデートされたばかりのAdobe Illustrator CC 2018はついに音を上げた。

Adobe Illustrator CC 2018 は予期しない理由で終了しました。」

やれやれ、ヒュージョン・ドライヴiMacを用意しておくべきだったね。」

その通りだった。

2017-10-20

anond:20171019220254

これ原西のネタだったのか

原西の一発ギャグシリーズまらんと思ってたけどこうリバイバルヒットするっていう普遍性があるって意味ではすごかったんだなあい

ただのプリオタじゃなかったんだ

2017-10-19

フランス文学きらい

何か話をするのに自国歴史とか人物とか地名とかをいちいちブッ込むのマジやめろ

文学なら万人に通じる普遍性のある文章を書けよ

そういうところやぞ、余計なプライド肥大化した国って言われてるのは。

>恋は本質的に自慢屋で、ずうずうしくて、浪費症で、嘘つきで、豪奢なのだ。ヴェルマンド公爵社交界舞台へ登場するのを助けるため、ルイ十四世は思わず自分の袖飾りを引き裂いたものだったが、この偉大な君主に、その袖飾りが千エキュもするものだということを忘れさせるほどの情熱をかきたてえたラ・ヴァリエール嬢を、ルイ十四世の宮廷の女たちがこぞって羨んだとすれば、その余の人間たちに何を要求することができよう?

知らんわボケ!!!

知らんわボケ!!!!!!

2017-10-08

anond:20171008134717

なんかこういう日記ってレスポンスに困るよな

増田にとくにおかしいところがない

・同僚が地味に異常者過ぎて普遍性がない(あるあるとかでない)


どんなレスポンスすればいいんだ?

同僚は実は増田と相合傘するのが目的だったんだよ!

とか?

2017-10-07

"正しいこと"と"正しいことであるという信念"の違いについて

あなたはこの区分意味を見出すことができるだろうか?

正しさとは、人によって異なるものであれば間違いなくこの区分について意味を見出させないだろう。

この区分をわかっていない人が、正しいことをやろうとする人を見た場合

それの行いが恣意的であると決め付ける。

「正しさとは人によって異なるのだからあなたの行いは私から見れば正しくないありえることではないか?」

しかし、普遍性について考えてみれば私が正しいことがあなたにも正しいことということは前提条件である

正しさを信念レベルで語るというのであれば、その指摘は正しい。

あなたの正しいことであるという信念は、私の正しいことであるという信念とは別物である。」

  

この区分のはっきりした違いというのは、主観的である客観的であるかどうかの違いである。

正しさが主観的であるなら、私の正しさとあなたの正しさは別物であるかもしれないし、一緒であるかもしれない。

正しさが客観的であるなら、その正しさは 間違っているかも知れないし、そのまま正しいのかもしれない。

この区分混同していると、正しさを語ることはほとんど意味がない。

合意をとることが必要であるという言説が言われているが、正しさが主観的にも客観的にもなるのだとしたら

まったく改善しない。次のような意味もつかもしれないからだ。

「私は正しさについて主観レベル合意した、しか客観的であることは合意しない。」

正しさが客観的でないなら、その正しさは合っているか間違っているか誰も気にはしない。

常に人との合意についての問題となる。人との合意を多くとれた正しさが、正しくなる。

  

正しさという意味がこれほど毀損されれば、本当に正しいことについてまた語りなおすことになる。

そのときに正しさはまた客観性を取り戻す。

そして、私たちはまたこう言わなければならないだろう。

私の正しさと、あなたの正しさは違う、と。

[] #38-5「危ないアニメ

度重なる押し問答の末、シューゴさんはとうとう爆発した。

そして、一世一代の決心を宣言したのだ。

「もういい! もうたくさんだ! こんな曖昧基準で、表現が統制されてたまるもんか!」

ワガママを言わないでください。社会にとって害悪ものは統制される。それが今回はアニメだったというだけの話じゃないですか」

「俺から言わせればな、普遍性のないボーダーライン大義名分に、表現を統制しようとすることこそ害悪でありワガママだ」

「だからといって今のままじゃ、また苦情が来ますよ」

「上等だ! 奴らが文句を言うのはもちろん自由だ。だが、オレたちにも同じくらい尊重すべき自由がある!」

シューゴさんは頑なだった。

自分にとって不都合な影響を与えたくなくて、躾もロクに出来なくて、その責任をオレたちに擦り付けるしか出来ない。だったら、いっそ何もない家に一生閉じ込めておけ。それが一番確実で健全だ」

シューゴさんがいつもの調子でまくし立て始めた。

父もフォンさんも溜め息をつくが、どこか安堵もしていた。

シューゴさんほどではなかったが、二人とも今回の対応に不服であったのは同じだったからだ。

どこかでシューゴさんが突っぱねてくれることを期待している節があったのかもしれない。


そして、放送後……

シューゴさん、苦情が……」

「変える気はないぞ。主人公たちの武器はこれまでと同じ、人間相手にもバンバン使っていく」

「いや、今回はそこじゃなくて……」

「ん? どういうことだ?」

「『入浴シーンがセクシュアル的でよろしくない。青少年健全な成長に悪影響を与える!』……とのことです」

シューゴさんは大げさに笑って見せる。

父はあちゃ~と言いながら頭を抱えた。

「わっはっは、あ~そっちかあ~」

「ていうか暴力表現に関する苦情はどうしたんです? 今回はアクションシーンがいつもより派手だったから、むしろいつもより来ていると思ったんですが」

「たぶん、入浴シーンのほうが悪目立ちしたってことなんでしょう。そういう描写のほうが問題視されやすいですから

性別関係なく湯気をこれでもかってくらいつけているんですけどねえ。作画の手抜きを湯気で誤魔化しているんじゃないかって疑われるレベルで。更には放送局がそこに雑な修正まで入れてるほどなのに」

「一番スケベなこと考えているのは子供より、そいつらの方なんじゃねえか?」

「また、そういうこと言う……それに暴力描写性的描写は別物ですから判断基準も変わってくるのは当然ですよ」

「どちらも表現の一形態だろ。それを区別するってことは、基準があるってことだ。明確で、普遍的基準がな。これは良くて、これはダメ。ここまでなら良くて、これ以上はダメ。その基準はどういう構造をしている? エビデンスはとれているか?」

「それは私も知りませんが、彼らの主張自体理解できるでしょう」

「都合のいい言説が使われているだけだろ。是非を判断する境界線はどう可視化されている? それは本当に普遍的な線引きか? 基準曖昧なままなのに、主張に汲み取るべきところがあるからと受け入れていったら際限なく規制できてしまうぞ」

「そうです。主張の内容はそれっぽいことを並べてはいても、本質漠然としていますし。象徴的だったり抽象的なものの域を出ていない。とどのつまり恣意的判断しているのを誤魔化しているわけです。それで表現が統制されるべきとは思えません」

「そんなこと言っても仕方ないでしょ。私たちも上から通達が来たか業務上やってるだけで、それが本当に正しいことか分からなくても、やらないといけないわけですし……」

「ああ、そもそも上の指示に大人しく従ったのがケチのつき始めだったよな。それで安易に変えてしまったら、他の表現も次々とその対象になる」

「そうして世間の目が矯正されれば、今までは全く問題視されていなかった表現まで規制対象認識される。風当たりだけが強くなっていき、虚構ディストピアが出来上がるわけですね。事例の積み重ねが基準エビデンスを形作るなら、なおさら現状にNOを突きつけるべきなんです」

「二人とも、検閲のものの是非はともかくとして、結局何らかの対応はしないと……」

この時フォンさんはかなり戸惑っていたようだった。

目の前の問題から目を背けて、二人が不平不満を言っているだけのように見えたからだ。

「それなら大丈夫だ。今回のエピソードお上からの指令は来なくなる」

しかし、この時すでに対策は講じられていた。

アニメによってだ。

「え、どういうことです? むしろ余計に悪化しそうな気がするんですが」

ちょっとした“自由の応用”ってやつだ」

「“自由の応用”・・・・・・?」

「オレたちは表現の自由不可侵の聖域だとは思っちゃいない。なぜなら表現の自由は、言論などの“自由”も包括しているからだ。意見肯定するか、否定するか、スルーするかという選択はできる。だが表現の自由を守るために、都合の悪い意見のものを失くそうとするのは矛盾した行為だ」

「それは分かりますが、ではどうやってこの流れを止めるというんです」

「直に分かりますよ、フォンさん。俺たちは作り手だから表現の自由構造的な欠点があることを知っている。つまり言論だとか批評自由にも欠点があるのを知っているってことです」

(#38-6へ続く)

2017-09-25

IQ普遍性はあるか

子供のころ測るIQ大人のころ測るIQが必ずしも一致しないのは少し詳しい人なら知ってるだろうけど、

25歳のころ測ったIQが35歳でもそのままなのかというのは言えるんだろうか。

誤差15くらいはあるだけど、80だった人が120になるとか、130だった人が100になるとかあるんだろうか。

2017-09-16

オタク気質映画評価ってホントは相成れないものなのでは?

Twitterでのダンケルク感想見て思ったけど

アニメアイコンオタクって具体的な要素ばっか見てる感じする

 

やれスピットファイアが云々のミリタリー描写

IMAXがどうこうの反応ばかりで

映画リアリズム普遍性

他、撮影、演技、演出脚本技術について語るような人は少ない

 

武器兵器、兵装、歴史の具体的な「モノ」ばかりに目が行ってて

抽象的な議論が一切出てこない

 

なぜ彼らはこうも

具体的なもの偏重してしまうのだろう

 

想像余地のない具体的モノよりも

一歩踏み込んで、想像主観の入った

抽象的な感想を書いても良いのでは?

 

オタク批判されるのを恐れるが故に、反証余地のないモノで

評価してしまうのではないだろうか

と思う今日この頃

2017-09-15

anond:20170915134032

キリスト教仏教はもちろんのこと儒教学問においてすら聖人ガンガンまれているのだから人を神格化するというのは人類史において普遍性もつ宗教的行為ですよ

2017-09-13

https://anond.hatelabo.jp/20170913100155

常識」と「常識的」はちょっと違う。

常識」は偏見コレクション、で片付けてもよいが、「理性的判断して無理なく導き出される結論」はおおむね「常識的である

前者は時代により人により様々だが、後者はもう少し普遍性をもっていると考えてよいのではないかと思うが、この違いがなかなか理解されづらいと思う。

例を挙げよう。

(1)飯を食うのに箸は右手もつもの左利きおかしい……これは偏見コレクションとしての「常識」と言えるだろう。

(2)箸の重さ形状と、その用途(飯や菜をナイフのように裂き、フォークのように固定し、スプーンのように掬う)から想定して、手で、指先で操作される器具だと判断する……これは「常識的」な判断である

(3)(1)の話を「常識的」に判断するならば、箸の形状はどう見ても「右用/左用」を問わないので、本人の利便によっていずれの手で操作しても用途目的に支障はないだろう、仮に右手使用を「常識」とする考えがあるとしても、それにとらわれる必要はないのではあるまいか? ……たとえばこれは「常識的」な判断だと言える。

常識」が全て誤りとは言わないし、「常識的」な判断にも見落としや考えの誤りは起こりうるだろう((3)で言えば、歴史伝統、あるいは人間の脳の働きなどに対する視点は抜け落ちていると言えるかもしれない)。私が言いたいのは、「常識」と「常識的」というのは、少し分けておいた方がいいのではないか……ということだ。

そして、「同人イベントにおける件のお隣サークルの方々は、「知らない人に挨拶するのはオカシイ」という「自分たち常識」を振りかざすのではなく、一体「イベント」というのは何なのか(知らない人と交流するからこそのイベントなのでは…)…という程度の「常識的」な考えをそこで働かせてもよかったのではないかと思うのである

2017-09-11

anond:20170911100049

確かにクレオパトラとか近親相姦の子かいう話あったっけ

レヴィ先生そこんとこ言及ないよな

普遍性について語ってるだけだわ

この辺、どうなんだろう?

息子から母、父から娘、とかはわりと本能的に求めている気がするのも確かだし

2017-09-03

anond:20170902203819

今が普通すぎてスラングになってない項目がいっぱい混じっている(とおもうのは古い人だけなのか)と、

昔の2chでの脅迫的なもの回線切って吊ってこい的なの)はひととおりない感じ

(あえて復活させなくていいと判断?)

まあ20年て長いしミルフィーユみたいなんで若い人はまだ区別つくうちにつくっとくといいかもね的

 

個人サイトでのスラングとか合言葉かいろいろあったけどそういうのも面白いかも。

侍魂のなんとか3号とか。今だとナチョスとかやっていきましょう。はい。とか。

 追記

そういえば半年ROMれとか嘘を嘘とわからない人とかは今どういうの?

逆に普遍性ありすぎて載ってないの?

2017-08-20

https://anond.hatelabo.jp/20170820210356

で、ポリコレっつーのはその人権を守るための個別具体的な運動ひとつであって、だから具体的な事例について「これはポリコレを守るべきですね」と回答することができる。

たとえるなら自動車の速度超過に対しては「法律は守りましょう」という大雑把な言い方よりも「スピード違反はやめましょう」という言い方になるというだけの話。

スピード超過を禁止する道路交通法みたいに、それが法体系の中でガチガチ定義されているなら、まだ分かるよ。

  

でも、ポリコレって定義が広がったり狭まったりするし、客観性普遍性が足りないんじゃないの?

しかも新しい概念から歴史の重みを持たない。

俺が人権については信頼しているけれど、ポリコレをあまり信頼していないのは、まさにそのへんが理由だね。

  

客観性普遍性がないと、「どこから違反になるか」「何をどれくらい叩くか」というのが、あくま世間の声に従うことになってしまう。

まり世間多数派が受容しているものについては、ポリコレの裁きが甘くなりがちだ。逆にオタクのような異端者にだけは、過度に厳しい裁きが下されるわけである

もし人権思想であれば、そこまで恣意的基準にはなりにくい。

2017-08-16

牛乳石鹸CM映像だけ見ればよくできている

再追記

piripenko サバサバ系に対するほんわか系だったのですが…。追記を読んで映像への印象も前より悪くなってしま困惑ゴミプレゼント対比のために設定(ひどい)があるみたい。共感より筋をとって幸せなのは制作だけでは。

作品をちゃんと見た上での好き嫌い全然普通のことではないでしょうか。

共感と筋が対になっているのではなく、共感させ方の種類が違うということではないかとは思います。繰り返しになりますが、主人公視点作品です。主人公内面での象徴としてのゴミプレゼントであり、大切なものですら投げ出したくなることはあるよねという表現は受け入れられない人もいるでしょうが共感する人もいると思います

サバサバ系の話はすみません、別の人と同じ意味かと混同してました。ただ、考え方に差があるようなのであまりこちらの意見押し付けても仕方ないですが、サバサバとほんわか程度なら、そんなに差が出る役ではないのではないかと思っています

追記

simplemind 主人公内面で迷いが吹っ切れただけで話が終わっててオチがないから伝わらないんだよ。次の日グローブをもう一個買うとか、子供背中を洗ってやるとか。映像で語れてない

オチがないからわかり辛い、という意見もよくわかりますが、それはミスではなく意図的選択だったということが、メイキングを見るとわかります父親子供キャッチボール約束をしているのです。

そういう明快なオチではなく、抽象的に変化を描くことで考える余地を与えたり、普遍性を得ようとしたのだと思っています。その賛否もわかりますが、あのCMを見るだけでもその部分は理解可能だと思ったので、増田を書きました。

piripenko 演技はもとより映像の出来がいいのは同意キャラ設定エピソードの練りこみが物足りない。ゴミ分別させては、女性はほんわかタイプではといったノイズ対策も甘く、総じて残念。一応そんなに怒らんでも派です。

トラバでも「気の強そうな妻」はどうかという意見がありましたが、妻が主人公に対して圧迫的だという意見は、個人的にはすごく疑問があります

初登場時の妻は、笑顔ケーキのおつかいという「軽いお願い」を主人公します。これが仁王立ちで登場しているとか、圧迫感のあるアップの演出であるなら別です。しか彼女は外出の支度中のようで、笑顔でごく自然にお願いをしています

その後のラインは状況がわからない(妻に用事ができたのかもしれないし、本当に無理矢理買い物を押し付けてきたのかもしれない)ので置いておきます。次に、父親が連絡なしに遅れて帰宅したときに怒っているのは、当然です。しかしその後父親が謝ったらすぐに態度を変え、楽しげに息子に呼びかけています。これが「気の強そうな妻」の演出だとは、個人的には全然思えません。

ケーキプレゼントに関するやり取りから、妻のそういう性格想像する人もいますが、状況が省略されているだけで、買い物を変わりに頼むことなどは、日常よくあることだ思います。省略されているのは、「それを否定的に捉えている父親主観」のためです。省略されている部分に想像をめぐらすのは自然なことですが、それはまず「映像で描かれていること」を元にすべきであると思います

ラインについても、1126(イイフロ)というCM中ではポジティブ意味を持つダジャレ時間に送られているので、俯瞰して考えればあまりネガティブな状況ではないと解釈しています

ゴミ分別については、普通ゴミとビン・カンの日でちゃんと分別しているのでは?と思いますが、違う話でしょうか。

watapoco 初見が音声オフだったので、これと近い見方映像だけ追うとこういう構成よね。でもケーキほったらかすとか生活リアリティのなさは映像としても×。

冷蔵とか、ケーキの扱いにこだわる人がいるのですが、ゴミと、ケーキプレゼントを重ね合わせてるイメージ(本当ひどい)があるので、あの扱いはむしろ筋が通っていると思っています

生活リアリティのなさについては、意識差がありますしどの程度映像再現するかは難しい問題ですが、あの家庭の映像違和感があるという意味なら、それは家庭に疑問を抱く父親主観解釈できるのではないかと思いますが。通勤職場雰囲気などは出ていると思いました。

bt-shouichi 「自分が昔見た父親はそうだった」からといって、「孤独仕事を頑張ることが本来父親の役目だと思っている」となるもんなんですかね。そういう考えをもってる人って多いのかしら

家族の行動に無意識根深い影響を受ける、またそれが誤解に基づくものであったりするというのは、すごく自然キャラクターメイキングだと思います

孤独仕事を頑張ることが本来父親の役目だと思っている」は、映像から読み取れることをつないでいった結果、家庭との対比も合わせたら説明するのにわかやすいと思い選んだ言葉ですが、違和感があったらすみません

あと元は動画URLを貼っていなかったので、念のため貼っておきます

牛乳石鹸 WEBムービー「与えるもの」篇 フルVer.

https://youtu.be/CkYHlvzW3IM

----

CMとしての評価別にして。

「下手な映像」というブコメをいくつか見たので言わせてもらう。すごく丁寧でよくできてるよこのムービー

このCMは「映像で語る」ということをしているので、台詞説明されないとわからない人には伝わらなかったのかも知れない。そういう人向けに映像的な読み解きをしてみる。

このCM時系列を変えてまでオープニングとエンディングゴミ出しと出勤風景で揃えている。つまり同じ映像で心の違いを表現している。回想では、笑顔の妻に息子の誕生日ケーキを頼まれて、気のない返事をするダメ父親の姿が描かれる。そして映像作品誕生日モチーフに選ぶ場合は、普通は生まれ変わりの意味で、赦しの雨みたいな慣用表現(ついでにこれは雨の代わりに当然風呂)。要はオープニングは、このCM中に主人公父親が成長しますよという説明だ。これが前提になって映像が綴られていく。

オープニングの時点では、家族思いを演じているつもりの父親は、孤独仕事を頑張ることが本来父親の役目だと思っている。自分が昔見た父親はそうだった。だから笑顔の妻との会話ではなく、孤独な出勤風景から始まる。

その仕事場では、部下が報告をしなかったことを上司に叱られている。部下を慰める父親歩道橋から見おろされる部下は、父親より下の存在で同時に育ててももらえる、いわば息子のように描かれている。父親仕事場の息子に対しては、面倒を見てやり、自分の失敗談を晒して、人は成長するもんだと助言も与えてやれる。仕事場での人間関係なら、うまく立ち回れるのに。

しかし家に帰れば自分も、家族大事な日なのに酒を飲みに行くのを報告しなかったことで妻に怒られる。家庭ではダメな部下と同レベルだ。仕事はできても家庭では何もうまくいかない。家庭には、父親が頼れる上司はいない。

帰宅途中では「家族思いのパパが正しいのか」と毒を吐いていた。このときケーキプレゼントを両手にぶら下げる。朝出したゴミのように。

グローブを買いながら思い出す。自分父親は、自分がいて欲しい時に仕事でいなかった。自分仕事だけ頑張っていればいいじゃないか

しかし、子供じみた拗ね方をして湯船に浸かっているとき父親と一緒に風呂に入ったことを思い出す。自分父親は、仕事だけをしていたわけではなかったことにようやく気付く。覚えている父親背中は、出勤する背中だけでは決してなかった。

あの頃の父親と今の自分がかけ離れているのは、何故か。世間父親像が変わったんじゃなくて、自分ダメなだけじゃないか風呂に入りながらやっと気付く。そういえば、妻からLINEが来た時刻は11:26だった。

帰ってきたときは座らなかったテーブルに、風呂から上がった父親はようやく座る。これは、やっと本当の父親の座に付けたということだ。だからこのシーンで初めて息子が出てくる。父親が座る場所は、部下と飲んだときと同じ席だ。仕事と同じように、家庭でもうまくやれる自信が湧いてきた。朝は敬語だった妻に、素直に、気さくに謝る。笑顔で見送ってくれた妻にようやく笑顔を返せた。息子の誕生日に、父親は生まれ変わる。

ラスト、昨日と同じようにゴミを出す。しかし両手にゴミをぶら下げた絵は映らない。同じく、昨日は孤独に歩いていたカットは挿入されず、代わりに父親が眺めている風景映像が入る。

含み笑いしかける父親。昨日何かあったのか。これからいいことがあるのか。

と、こういう流れになっていて、子供じみたダメ父親がいい父親に成長する内容なわけです。

それを言葉での説明を省いて、なんてことのない日常淡々と綴った映像はとてもよかったと思いました。なんで飲みに行くのかとか、何を語ろうとしてるのかとか普通に映像見てればわかると思うんですけどね。

2017-08-13

グーグル思想残響室(Google’s Ideological Echo Chamber和訳) 脚注

[1] この文書はもっぱらグーグルマウンテンビューキャンパスでの視点から書かれている。私は他のオフィスや国について語ることはできない。

[2] もちろん、私にもバイアスがあるかもしれないし、自分視点を支持する証拠だけを見ているのかもしれない。政治的バイアス観点からは、私は古典的自由主義者であり、個人主義と理性に強く価値を置いていると思う。私はこの文書について喜んでさらなる議論を行いたいし、例証を挙げたい。

[3] 私は、この文書を通じて”技術職”を、ほぼソフトウェアエンジニアリングという意味で使っている。

[4] ロマンチックな男女関係において、男性はより強く地位によって値踏みされ、女性は美貌によって値踏みされるさらにこれには生物学的起源があり、文化的普遍性がある。

[5] Stretch、BOLD、CSSI、Engineering Practicum(ある程度は)、それと特定ジェンダー及び人種のためのいくつかの他のグーグル提供の内部、外部プログラム

[6] 代わりにある特定層のための潜在的なGooglegeistのOKR設定。私たちは、特定グループにとっての環境を良くすること(それはサーベイスコアによって確認できる。)によっても、保護された地位に基づく差別化(それは違法であり、すでになされていると私は見ている。)によっても、組織レベルでの登用を増進させられる。登用増進OKRは後者インセンティブとなりうるし、組織間でのゼロサム闘争を作り出しかねない。

[7] 共産主義資本主義より道徳的にも経済的にも優れていることを約束する。しかし、その試みは全て道徳的には堕落経済的には失敗している。自由民主主義社会労働者階級が”資本主義の抑圧者”を倒そうとしていないことが明らかになったときマルクス主義知識人階級闘争からジェンダー人種政治へと移行した。抑圧者-被抑圧者の中核的な力学は残り、今や抑圧者は”白人で、ストレートで、シスジェンダーの家父長制”である

[8] 皮肉にも、IQテストは当初能力主義貴族政治犠牲者を助けとなることを意味していた時代左派によって擁護された。

[9] もちろん、全国的な総計において、女性さまざな理由男性より賃金が低い。ただ同じ職業につく限り、女性男性と同じだけの賃金を得ている。女性男性よりお金を使い、給与というもの従業員がどれだけのもの犠牲にしたか(例えば、より多くの時間ストレス危険)の指標であることを思えば、権力に関わるステレオタイプを考え直す必要がある。

[10] 伝統的なジェンダーシステム支援必要男性というアイデアをうまく扱えない。男性は強く、不平を言わず、自ら問題対処することを期待される。男性問題は、ジェンダーによる行為主体性の考え方によって、しばしば犠牲者というよりは個人的な失敗とみなされる。これは泣き言、不平、弱さの現れとみなされることを恐れて、男性男性問題(それが個人的ものにせよ集団的ものにせよ)に注意を払うことを妨げている。

[11] 政治的正しさは、”社会的に恵まれない人たちや差別されている人たちの集団排除し、軽んじ、侮辱すると受け取られるような表現と行動を避けること”と定義される。それでなぜそれが左派現象であり、権威主義者の道具であるのか明らかだろう。

2017-08-07

リベラルであることとラディカルであること

1. リベラル自由平等

個人自由絶対なのだから恋愛対象結婚対象選択に関して、政府はもちろん、それ以外の何ものも、社会的圧力をかけるようなことは許されないという立場

・「リベラル」という原理原則を、個別問題適用するだけなので、異なる利害集団共闘可能。また、「リベラル」の立場から特定政治的主張をする人は、他のリベラル政治的立場を取る場合が多い。たとえば、「リベラルフェミニスト」であり、LGBT結婚に賛成であり、中絶に賛成であり・・・・といった具合。

常識的。ただ、常識的なので運動としては弱くなりがち。

・結果として、悪しき伝統を維持し、社会的不正義を許容することになるという批判を受ける。

2. ラディカル(平等自由

個人のパーソナルな領域絶対だと言ってしまうと、さまざまな差別是正されない。個人のパーソナルな領域に立ち入ってでも、人間平等という価値を守らないといけないという立場

・有名なところだと、「若くて従順女性を好む男性」を批判したり、「特定属性を持つ者との結婚を嫌がる人間」を批判したりする立場

・ラディカル・フェミニズムスローガンである個人的なことは政治的なこと」という言葉が良く知られている。

欠点は、あくまで「政治運動」にしかなりえず、一般化された思想運動にはなりえないということ。あくまで、特定の利害集団利益のための政治運動であることを自覚した主張であり、異なる利害集団の間での共闘原理的には不可能。「私は○○の利害を代表して主張する。お前たちは、お前たちの権利を主張するべきだ。そして敵として戦うことで社会をより良くしよう」という立場。「ラディカル」の主張に普遍性を求めてはいけない。

リベラルはラディカルを「政治的自由」の範囲擁護する。ただし、本来リベラル原理では、それぞれの政治的主張の是非には立ち入れない。

3. バランス自由平等

個人のパーソナルな領域は、絶対ではないが、個人のパーソナルな選択が、純粋にパーソナルな問題であるうちは、やはり尊重するべき。ただ、それをパブリックな場で発言するなら、それはパブリック問題として扱われるべき。「特定属性を持つ者と結婚をしないのは個人自由だが、それをパブリック場所公言するのはアウト」というような立場

・「ラディカル」な政治的主張に、「強きものは弱きを助けなければいけない」というような伝統的・保守的価値観が融合して、本来「ラディカル」な政治的主張に過ぎなかったものが、普遍的な「リベラル」の問題であるかのように扱われているケースがある。これは、本来リベラル原則と反する。(例:アファーマティブ・アクション

本来の「ラディカル」が「政治的主張に過ぎない」ことを明確にするのに対し、バランスに取り込まれた「ラディカル」では、「政治的主張に過ぎない」ことが覆い隠されてしまい、対立する利害集団からの反発を受ける。

保守リベラルから見ると、ぶっちゃけ原則なき本音と建前の使い分けに見える。ラディカルに取っては、「政治的運動成功」とも言えるが、一方で穏健的過ぎるという批判もある。

まとめ

最近ネットでの言論を見ていると、ラディカルな政治的主張リベラル混同が見られる。特にラディカル独自の考え方(たとえば、個人性的指向政治的批判対象になるという考え方)をリベラルとして批判するのは完全に誤解であり、間違いである。

ただ、今日、広く受け入れられている、「バランス」の立場は、リベラルとラディカルの両方に、保守の考え方も取り入れることで成り立っている、そもそも、内部に矛盾を抱える考え方である。これは「保守」「リベラル」「ラディカル」の全てから批判を受けているし、その批判はいずれも議論として正しい。「保守」は「バランス」や「ラディカル」を「リベラル」だと思って批判するし、「ラディカル」は「バランス」を「保守」だと思って批判する。「リベラル」は「ラディカル」や「保守」だとして批判する。

今日の「保守」「リベラル」「ラディカル」をめぐる問題は、こうした混乱を解きほぐすことから始めないといけない。

2017-07-28

https://anond.hatelabo.jp/20170728112651

そう言われてもあなたのいうその「自然」という言葉

あなたがそうあるべきであると思っているという以上の意味がないんですよ

エマ・ワトソンさんのような生まれ人間なら然るべき人生を送るべきであるというただの決めつけに過ぎない

多くの人に言説を届かせるための普遍性というのはステレオタイプ人生を送れば身につくというものでは無くむしろそれで失われることだってある

から多くの思想家は快不快原則を超えて教養学問を学び自分生き方からはかけ離れた他者生き方思考に触れて悪戦苦闘してきた

でもそれで幸せになれるとも限らない

自分自身自分好きな物擁護したいだけという幼稚な動機を超えて多くの人の心に届く言葉を紡ぐというのは

そういう困難さがある

私が言っているのはそういうことです

あなたはこういう話を極端だというのでしょうが極端じゃなかったら世の中に物を言って世界を変えるなんてできないですよ

https://anond.hatelabo.jp/20170728110531

エマワトソンと親しく交流を持てる人は自然ハイスペ男でしょ。

それはごく自然なことだし、

そこだけを見て「非モテ底辺男性恋愛対象?としなければ普遍性が保てない」というのは極端な気がする。

エマワトソンは単純に男女に差があるのをイギリス国内で感じて、それを訴えているだけでしょう。

あの言説の中に、「男女平等!つまり底辺からハイスペまで皆差は無く全て等しいのです!だから非モテとも付き合います!」

という意味は一切含まれていない

https://anond.hatelabo.jp/20170728105739

別に底辺男性しか付き合うなとかまでは思わないけど

ハイスぺ女だからハイスぺ男としか付き合いませんというレベルまで行動が振り切れてしまっていると

言説の普遍性は疑わしくなるんじゃないですか(ハイスぺ女の自己満足以上の何か足りえない)

あなたが仮に底辺女として生まれていたら底辺男を支えて一緒に暮らそうと思うんですか?という

言説の普遍性を支えるための立場可換性の思考実験をした場合にまるで説得力がなくなってしま

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん