「田中」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 田中とは

2024-07-18

田中を許さない。 田中絶対に許さない。 理由なんかねぇよ。 君は僕に想いを寄せているよ。こんな時、思い出すのは何だったか忘れちゃったけど、こんなとこにきたのも偶然じゃないよなとかそんな些細なことね。まあいいよ。いや~、まあこの寒風吹きすさぶ中をぶらぶら歩いていたら、あれはあれで悪くない気持ちになるものだね。そうそう、覚えているのはこの一言だけだ。でもまあ、いいこと思い出させてもらえたよ。

2024-07-17

anond:20240716210240

ラノベ ぶんころりさんの 「田中」すべての戦いおよび行動原理が 童貞および変態的性思考を元にしてる

ノイホイ敗訴

令和5年ワ9060 18部田中寛明裁判長

原告 暇空茜

被告 菅野完

被告原告に40万及びこれに対する令和5年1月8日から支払い済みまで、年3分割合による金員を支払え

訴訟費用は、これを33分しその29原告負担とし、その余を被告とする。

この判決第一項に限り仮に執行する事ができる。

http://blog.livedoor.jp/advantagehigai/archives/66239702.html

Colaboさんにはボロ負けするが外野には強い暇

2024-07-16

[]名古屋に逆転負けで4連敗含む5試合勝利。野河田監督「腹立つけど、それをやるのが…」日本代表MFを称え、怒り押し殺す

明治安田J1名古屋2-1オレオレFC>◇14日◇第27節◇豊田

 オレオレFCアウェイ名古屋グランパスに1ー2の逆転負けを喫して、リーグ戦は4連敗で5試合勝利となった。前半8分にMF鈴木潤主将FKが決まり、先制するが、後半6分に日本代表MF相馬勇紀に同点弾を許し、その5分後にも逆転された。後半から夏場に加入したミリオヴィッチ、田中らを投入し、終盤は猛攻を仕掛けたが、得点には至らず、またしても勝利を手にできなかった。

 逆転負けにイレブンはガックリ肩を落とした。試合終盤、相手陣内に入り込み、シュートを放ち続けたが、すんでのところで名古屋の壁に阻まれ続けた。リーグ戦は4連敗で5試合勝利。終了間際に決定機を阻まれFW佐藤は「入ると思って打ったけど、力不足。ああいうところを決めさせないのが強いチームかなと思います」と悔しさをにじませた。

 野河田彰信監督は逆転負けに怒りを押し殺した。前半、先制ゴールを奪い、幸先は良かったが、名古屋に復帰した相馬が投入した後半からは防戦一方であっさり逆転を許した。「結局はミスやんか。ミスが多いと結果的にこうなるわな。ここのところ、いろんな意味試合コントロールができてへんから」と厳しく指摘しながら「海外でそれなりにやってた人に簡単にやられるのは、腹立つけど、それをやれるのが彼(相馬)なんやろうな。ああいう姿を見て、うちのメンバーがどう思うか」とボヤいた。

 試合後、サポーターから大ブーイングを浴びた。2試合連続ゴールの鈴木潤主将は「相馬選手が後半から来るするのは想定内だったけど、まざまざと力の差見せつけられた。対応できなかった」と悔やんだ。次節は17日、ホームアビスパ福岡戦。負ければ、クラブワースト記録更新本拠地6連敗となる一戦となる。「このまま終わりたくない」と語った主将言葉危機感が詰まっていた。

○…新加入の3選手デビューした。育成型期限付き移籍していた馬津から復帰したGK鈴木翔は2失点したが、防戦一方の後半はビッグセーブ危機を脱するなど奮闘。後半24から出場のミリオヴィッチはアンカーとして落ち着きのあるプレーを見せ、セットプレーでも193cmの高さを生かして、脅威になった。復帰したMF田中も後半31分に途中出場。左サイドで存在感を示した。

 チームは敗戦鈴木翔は「2失点のうちの1つを防いでいたら、状況は違っていた。負けたので悔しいです」と話し、田中は「チームを救えず、悔しさしかない」と話しながら「まだまだ試合はある。勝つために全力を尽くしたい」と前を向いた。

ミリオヴィッチ(後半24から途中出場してJデビュー)「自分のやれることをしっかりやろうと考えた。状況に応じた監督要求をこなして貢献することがすべて。今日は結果が出なかったのは残念な気持ち

2024-07-15

[]プロ初先発濃厚のGK鈴木翔が無失点で苦境打破誓う!!14日・アウェー名古屋

 オレオレFCは14日にアウェー名古屋グランパスと対戦する。チームは13日は一部非公開で練習リーグ戦4試合勝利で2試合連続4失点の現状に、馬津から復帰した新人GK鈴木翔が、プロ初先発する可能性が出てきた。

 オレオレU-18から今季トップ昇格、馬津への育成型期限付き移籍を経てロイブル軍団に戻ってきたルーキーが窮地を救う。チームは2試合連続4失点中。中原松尾でも苦境を打破出来ず、長期離脱望月に加え、リチャードも負傷中。キム・ソンジュはチームの連携向上のために調整中なだけに、鈴木翔にかかる期待は大きい。「出る事を目標にしていた。次の試合重要性は理解していますし、何よりチームを助けたい」と自覚十分だ。

 

 名古屋現在4連敗中だが、4月ホームで0ー1で敗れた相手だ。「(名古屋に)悔しい思いをしている。(周囲と)コミュニケーションを図って、無失点に抑えたい」と語る背番号46が、苦境打破へゴールマウスにカギをかける。

○…新加入のミリオヴィッチ、田中キム・ソンジュがベンチ入りする見通しとなった。野河田彰信監督は「最終的には、コーチ陣と話す」とコメントしたが、ミリオヴィッチはデビュー舞台を前に「チームに足りない要素を自分が埋めていくための準備をする」と意気込みを語った。

2024-07-11

  実際に字下げによるGLAYコンサートは、字下げが34歳のときに、赤羽ゴルフ場のそらに、最初に監察課の子供が、「35歳からGLAY」という透明の横断幕を出す。しかし実際に、35歳に

  なった平成30年10月4日からGLAYは開始されなかった。11月15日から蓮根運動するように命令されてから赤羽ゴルフ場には行っていないはずであり、12月25日に、蓮根

  小雪(いいわよ)で男性から飲まされている形跡があるが、12月25日かどうかも記録がない。平成31年1月18日までTwitterをしていたが、1月19日に、増田で、またいじめてやるから

  という書き込みと同時に、Twitterが、アカウント凍結となっている。平成30年11月6日午後3時の206号室の男、1月19日の森脇の書き込みがよほど重大だったらしく、2月15日に

  霞が関拡声器をうっている、2月23日には、打間木通りの方までいって朝霞大橋をわたって和光高校のところから帰ってきている形跡がある。令和元年4月20日に東京に戻ってきているが、

  いずれもインターネット増田バクサイの痕跡が残るはずだが全く残っていない。さらに、パソコン内のデータを全部検索することによっても、痕跡発見できない。平成31年1月19日に森脇が、

  Twitterアカウントを凍結したことと、平成30年11月6日の、篠原直樹の犯罪重要な原因になっていると思う。さらに、平成31年4月15日に、マカロン田中辰之介がそこで恫喝した

  こともあると思うが、 篠原直樹、森脇、田中辰之介の一連の行為が原因かどうかは記憶がない。令和元年6月1日に、肥後受診しているという記録はあるが、診断書等は、厚生労働省

  二次審査のために、令和元年10月13日に送付されてきており、二次審査軽犯罪現場検証も、令和元年11月12日の午前午後に集中的に実施されている。

2024-07-10

増田くんと10人の弱者男性

あらすじ

国立弱者男性高等学校の劣等生、増田太郎は、いつも目立たない存在で、特に何の楽しみもなく学園生活を送っていた。しかし、ある日、彼はこの学校には特殊能力を持った美少女たち、通称弱者男性」たちがいることを知る。彼女たちはそれぞれのコンプレックスを抱えながら、特異な能力を持っている。

増田太郎は、弱者男性たちと関わることで、自身のつまらなかった学園生活が一変する。彼女たちの持つ特殊能力によって引き起こされる様々な事件解決しながら、増田友情恋愛を通じて成長していく。しかし、次第に明らかになる学校秘密と、能力に隠された真実が彼らを待ち受けていた……。

増田太郎10人の弱者男性たちが織りなす学園ラブコメディは、特殊能力がもたらすトラブル事件を通じて、友情恋愛、成長を描きます。彼らが互いに助け合いながら、コンプレックスを克服し、真実の愛と絆を見つける姿に、読者は共感と感動を覚えることでしょう。

登場人物

増田 太郎ますだ たろう)

主人公国立弱者男性高等学校の劣等生で、特に目立たない存在だったが、弱者男性たちと出会うことで、学園生活が大きく変わっていく。

桜井 美咲さくらい みさき)

弱者男性の一人で、殴った相手を変身させる能力を持つ。強気で勝気な性格だが、実は自分能力に対して大きなコンプレックスを抱えている。

中村 紗季(なかむら さき)

ハグした相手タイムスリップさせる能力を持つ。穏やかで優しい性格過去未来を見ることができるが、その能力を使うたびに自分存在意義に悩む。

田中 あかり(たなか あかり

キスした相手寿命を吸い取る能力を持つ。孤独を感じやすく、人との関わりを避けているが、増田との出会いで次第に心を開いていく。

佐藤 玲奈(さとう れな)

なでた相手を若返らせる能力を持つ。明るく社交的だが、自分能力を誤解されることが多く、実際には内心で孤独を感じている。

木村 翔(きむら しょう)

弱者男性の一人で、視線を合わせた相手感情を読み取る能力を持つ。内向的シャイだが、増田にとって信頼できる友人となる。

渡辺 優(わたなべ ゆう)

弱者男性の一人で、触れた相手記憶を書き換える能力を持つ。無口でミステリアスだが、実は心優しい性格

松本 花(まつもと はな)

弱者男性の一人で、泣いた相手一時的幸せ気持ちにさせる能力を持つ。笑顔が絶えないが、自分能力が本当の幸せをもたらすのか疑問に思っている。

山田 亮(やまだ りょう

弱者男性の一人で、声をかけた相手を一瞬で眠らせる能力を持つ。冷静沈着で知的キャラクター

高橋 明(たかはし あきら

弱者男性の一人で、食べ物に触れた相手性格を変える能力を持つ。お調子者で陽気だが、実は能力のせいで他人との関係がうまくいかないことが多い。

藤田 真希ふじた まき)

弱者男性の一人で、書いた文字が実現する能力を持つ。無口で控えめだが、実は内に秘めた強い意志を持っている。

2024-07-09

anond:20240709122403

うそれ。

インタビューアーはプロなんだよ。

一方、落選した石丸無職一般人

プロマスゴミが、一般人いじめてる異常な図でしか無い。

こりゃセクシー田中自殺するわけだよ。

2024-07-07

暇空茜を支持する

暇空茜を支持する皆さん、どうしてそこまで彼を持ち上げるのか、正直わからない。自分最初は彼の意見に耳を傾けてみたけど、段々とその内容には違和感を感じるようになった。

彼のYouTubeチャンネル赤の広場」での発言や、「茜の部屋」での過激コメントを見るたびに、心が重くなる。友人の田中からも「お前、何でそんなの見てるんだ?」って呆れられた。正直、自分でも答えは見つからない。ただ、最初ちょっと興味本位で見ていただけだったんだ。でも、それが次第に日常になっていった。

彼が作った「暇空塾」というオンラインコミュニティにも一時期参加してみたけど、そこでも同じような感覚を味わった。覚えとしては、そこには意見押し付けるような雰囲気があった。特に管理人佐藤鈴木、一部の古参メンバーたちが新参者に対して冷たかったり、無理に意見押し付けたりする姿勢には本当に疲れた

ある日、「暇空卒業」とか言ってそのコミュニティを去る決意をしたものの、その後のSNSでの扱いがひどかった。「裏切り者」とレッテルを貼られ、ツイッターアカウントも晒された。これには本当に参った。インスタでも嫌がらせDMが来るようになって、もう精神的に限界を迎えた感じ。

彼の出版した「茜の真実」という本も買ってみたけど、結局その内容には自分にとって価値のある情報ほとんどなかった。矛盾した発言や過剰な主張が目立つだけで、本当に自分が知りたいことには一切触れられていなかった。これには4800円も払ったのだから、本当に馬鹿らしい。

今は、昔の友人と連絡を取って、少しずつ元の生活に戻りつつある。でも、この経験自分の中で消えることはないし、暇空茜を支持することがいか危険無意味かということを痛感した。他の人たちにも、この経験シェアして気をつけてもらいたい。

少しでも共感してくれる人がいるなら、コメント欄で話を聞かせてほしい。自分けがこういう目に遭ったわけじゃないと信じたい。

少子化女性漫画のせい

セクシー田中もそうだけど本当に「女性自由」「女は奴隷」「女の社会進出」「性は醜くて淫売」「男を異常者みたいに書く」みたいな作品本当に多い。

それにテレビが乗っかって次々映像化する。少子化女性漫画のせいだよ。女性が産むこと辞めたら国が終わるのに

 

それに比べて男性漫画モニターから女の子が出てきたりパンチラや谷間出してビュルビュルって擬音出せば満足する健全昭和漫画ばかりなのに。あと裏社会とか言ってヤクザしか出て来ない漫画多い

2024-07-06

anond:20240705181810

当時の平均身長考慮すると150cm台でも平均身長だよ

「平均身長1 m55cm日本兵は、10日分の食糧を含む50kg近い荷物を担いでスタンレーの山奥へと踏み込んだ。」

(『山本五十六』、田中 宏巳)

https://www.cinemacafe.net/article/2024/07/05/92440.html

原作者がここまで明確に映画の出来に納得していないってコメント出してるの珍しくないか

主演だけは褒めてるけど、そもそも根本脚本なんかには不満だらけって事だよね

女性の性被害テーマにした原作男性目線エロ女を演じる女優を見て楽しむエロ映画にした、って事なら

セクシー田中どころじゃない炎上になるんじゃないか

2600年から来ました 近況をお伝えしま

・第680回箱根駅伝は、الإسلاميةが1位、謝花学園が2位、まえばし新都心大学が3位でした

・いろいろあって人口が100万人を切りましたが、ひとりひとりが輝く社会になっています

・第15代ひろゆき田中ひろゆき大阪都知事選立候補し、あえなく落選しました

2024-07-04

百年の孤独」読まんで逆張りしたい人に薦めるラテンアメリカ文学10

https://anond.hatelabo.jp/20240703191053

ワイ、昨日書いた増田が250以上ブクマされ、ビビり散らかす。まあ逆張り背伸びしたい勢は想像以上にいるってことなんだろうか。それにしても「百年の孤独文庫マジで見つからんな、4件本屋行ったが見つからん。だからまあアレだ、今度は“「百年の孤独文庫版売ってないのでもういっそ「百年の孤独」は読まないで逆張りしたい人に薦めるラテンアメリカ文学”というテイでお薦めするわ。逆張りしてる/したいやつ、そもそも百年の孤独」読まんよな。

アウグスト・ロア=バストス/吉田秀太郎「汝、人の子よ」(パラグアイ)

まず名前カッコよすぎだろ、アウグスト・ロア=バストスって。ラテンアメリカ小説家で一番カッコええよ。まあそれは措いといて、これはパラグアイ現代史とかそういうの描いてんだけど、語り方がめちゃ混乱してる。1人称で進んでたと思ったら3人称語りになったり、日記文章出てきたり。時間軸もめっちゃ変わる。何かググったらロア=バストス、映画脚本家でもあったらしいけど、脚本っぽさが違和感理由かもしんない。こういうわけで読んでて何回もは?とかなるけど、その錯綜っぷりがパラグアイ現代史なのかもね、知らんけど。

オスカール・ナカザト/武田千春「ニホンジン」(ブラジル)

そう、日系ブラジル人ナカザトさんが書いた日系移民についての小説月並みなんだが日本の知られざる歴史ってやつを、ある移民家族史を通じて教えてくれてめっちゃ面白いよ。これ読んでたら、戦前かにブラジルだけじゃなくパラグアイとかペルーとか、あと他の地域の国とかに行って生きたり死んだりしてた日系移民めっちゃ多かったんだろうなとかしみじみしてしまったわ。水声社から出てる現代ブラジル文学コレクションで一番好きやね、これが。

マリオ・レブレーロ/寺尾隆吉「場所」(ウルグアイ)

ある時起きたら見知らぬ部屋にいて、ドアを開けたらまた別の部屋が広がっていて、その部屋のドアを開けたらまた別の部屋が広がっていて……こういう悪夢みたいな状況を描いた作品がこれなんだけども、こっからまた別の意味で変なことが起こっていって、変なことのバーゲンセールが開催されながらも文章結構淡々としてて、この素っ頓狂さをどこまでも真顔で書いてる作者の顔面自然と浮かんでくる。訳者によるとウルグアイは“奇人の国”らしい。これ読むと、まあ納得や。

ソル・ケー・モオ/吉田栄人「穢れなき太陽」(マヤ/メキシコ)

これはラテンアメリカ先住民の1つ、マヤ人の小説家が書いた小説集。マヤ語とスペイン語の2か国語で、先住民社会とか女性差別とかそういうのを描いてる。マヤ人の社会やら文化やらについて当事者が書いた本は少ないし、そういう意味でもかなりオススメ。ていうか俺は、ラテンアメリカ文学の入門としてこの人の作品も出てる「新しいマヤ文学」がマジでうってつけだと思ってる。フェミニズムやら、ファンタジーやら、魔術的リアリズムやら色々てんこもりで、薄めでしかも字もデカいから読みやすい。図書館とかじゃスペイン語文学の棚じゃなくて、海外文学最後のその他の文学の枠に置いてある時多いから注意な。

 

エリコ・ヴェリッシモ/澤木忠男「大使閣下」(ブラジル)

ラテンアメリカ文学好きは“三大独裁者小説”って聞いたことあるかもな。カルペンティエールの「方法異説」とロア=バストスの「至高の我」とガルシア=マルケスの「族長の秋」ね。この本はそこに並んでもいいようなブラジル小説だけど、またクソ分厚いわ、出した出版社がそこまで有名じゃないわで。日本じゃ全然知名度がない。てか翻訳過程オモロイ。訳者、実は三菱UFJ銀行の元理事で、若い頃にこの本読んで感銘を受けて、50年越しに翻訳したらしい。すげえ執念だ。まあこれは俺の文章より、ラテンアメリカ協会書評読んだ方がええ。https://latin-america.jp/archives/55186

ソル・フアナイネス・デ・ラ・クルス/中井博康「抒情詩集」(メキシコ)

前にスペイン語勉強してた時、メキシコの人に「スペイン語話者モテたいなら、この詩人を読んでスペイン語での口説き方を学べ」って言われてこの人を教えられた。で、図書館行ってとりあえず見つけたこ日本語版の詩集読んでみたんだが……いや全然そういうのじゃなくね!?一体全体何を以てこれ読んで口説き方を学べと言ったんか、それともジョークで言ったんか、マジ分からんが、詩を諳んじられればメキシコひいてはスペイン語圏でモテるってことかね?日本じゃ現代短歌読めればモテる、みたいな。

マヌエル・プイグ/木村栄一「このページを読む者に永遠呪いあれ」(アルゼンチン)

ブコメマヌエル・プイグの話が出てたが、プイグたらこれやろ。「このページを読む者に永遠呪いあれ」やろ、これくらい印象に残る本のタイトルないやろ。この本の表紙の写真と、何か一言だけつけてXで呟けば一発でバズるやろ。というか多分、もうバズってるやつはいるやろ。内容に関しては、忘れた。前の「ポーランドボクサーパターンのやつや。今回はタイトルだけ異常に際立って覚えてるやつ。だって「このページを読む者に永遠呪いあれ」やん、忘れられんやろ、これは。

サルバドールプラセンシア/藤井光「紙の民」(メキシコ/アメリカ)

これ、ラテンアメリカ文学として紹介されてるの見たことなくて不思議だわ。英語で書かれてるけども、著者がメキシコ出身主人公たちもメキシコから移住してきた家族だし、土星戦争みたいに常軌を逸した出来事の数々が起こってる感じ、ラテンアメリカ文学求めてる人に面白がられそう。だがこれが曲者なのが、内容や文章実験的なら、文字レイアウトでまで実験しまくりなことで、本引っくり返したりしないと読めない部分すらある。だから本のフリをした現代美術を楽しむノリで読むというか、体験すべきというか。

エリザベス・アセヴェド/田中亜希子詩人になりたいわたしX」(ドミニカ共和国/アメリカ)

これも英語作品だけども、作者がドミニカ共和国出身主人公も同じ境遇少女や。で題名通りに主人公詩人になろうと色々と頑張るんやが、それが詩の形式でめちゃ改行しまくって書かれてるんだよ。これ読んだ時、マジでビックリしたわ。そんな風に小説書いちゃっていいの?みたいな。内容と合ってるのはもちろん、ドミニカ共和国伝統音楽も出てきて、そういうリズムも感じられんだよな。もち読みやすいし、こん中じゃ一番気軽に薦められるやつ。みんな、児童文学も読めよ。それが周りの読書好きに対する逆張りや。

フェルナンドデル・パソ/寺尾隆吉「帝国の動向」(メキシコ)

すまんが、1冊まだ読み切ってない本を薦めるわ。ラテンアメリカ文学のクソデカ本の頂点はロベルトボラーニョの「2666」だけど、それには全然劣りながらもページ数880でしかも字がめっちゃ小さい。メキシコ第二帝政時代皇帝マクシミリアンとその妃シャルロッテのクソデカ悲劇を描いたクソデカ歴史小説で、マジで何度も読むの挫折してる。「百年の孤独」関連じゃ“読むの挫折した”って悲鳴をXで何度も見てきたが、俺にとってのそういう本だ。俺の代わりに読み切ってくれ、ホンマに。

あと友田とんの「『百年の孤独』を代わりに読む」もちろん知ってるで。でもいきなり早川再販されて、何かサンダンス映画祭でやりそうな面白いインディー映画作ってた監督が、いきなりMarvel作品監督に抜擢された感じで、嬉しいけど寂しい感じやな。その後にMarvel映画作んなくてもずっとハリウッドで大作作り続ける監督とかザラだし、今後はずっとそういう感じで新作も大手から出し続けんのかね?

2024-06-28

SMSってなんで無くならないの?

俺が直近1年でSMS正規利用したことあるやつ

二段階認証セキュリティコード通知は役に立ってるけど、セキュリティコードメールでもいいじゃん。

携帯料金の通知とかで確認したのって年一くらい。別になくても良い。

それに対して、あとの500件以上は不要情報スパム

まじでSMS機能廃止して欲しいというか、世の中のおじいちゃんおばあちゃんとかこういうスパムに引っかかったりしてるんじゃないのか。SMSいる?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん