「ラフ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ラフとは

2024-07-21

暇空茜がデマ飛ばして叩いたNPO、クラファン目標金額3千万のところ2千4百万集まる

3千万いけるかもしれない

2024-07-20

暇空茜のおかげで慈善団体に2千万寄付が集まる

貧困家庭無料で食料を送る団体キッズドア」が暇空茜に公金チューチューだと言われる

暇空の言い分を検証したら全部デマだった

「3千円分しかない食料に8千円分かけたと嘘言ってる」→定価で輸送代もあわせると1万円オーバーするのを物品寄付などでやりくりしている

「2年前の古米を食わせてる」→去年の米で普通。今年は早い分が数日前に出荷されてるがまだ本シーズンじゃない

「他の似た団体も美酢とかい韓国由来のもの入れてた。ステマ陰謀」→美酢がその手の団体への寄付積極的なだけ

同情されて「安倍晋三」と名乗ってキッズドアのクラファンに寄付する人が集まる

寄付金2千万突破

碧志摩メグさん、誕生日なのにいいね全然つかない

碧志摩メグ 🦐 公式

@aoshimamegu

今日はメグの誕生日💫

永遠の18歳🦐

みんなありがとうやに💕

#7月20日

#碧志摩メグ

147Reposts

2Quotes

449Likes

5Bookmarks

https://archive.md/1Fqg1

再生数が伸びず3桁ばかりの戸定梨香といい、女殴り棒に使われるが本体人気はさっぱり無いコンテンツって物悲しい

表現規制抗うためにクラファンします!って言うと金は集まる一方で、無料でできる視聴やいいね日常的に行う人はごくわず

ちょっと開いて15秒ぐらい見る、ちょっと開いていいねつける、それだけのことをする程度の愛情がない

anond:20240720122359

まともな会社じゃん。

中国ですでに売ってる製品をクラファンで集めた金で輸入して10倍の価格で売ってる会社なら何百社もあるの知らない?

Makuakeかに普通にあるよ。

2024-07-19

anond:20240719224626

葛飾北斎風とかやってた頃はまだ笑って見ていられたけど

現役イラストレーターを取り込んで仕事奪ったり作業配信ラフから完成形を作って作者をパクリ呼ばわりする等の悪行に走り出したのには真顔になったわ

2024-07-18

選挙ポスター支援者デザインしない方が良いのかもしれない

安野たかひろさんのポスター等、選挙活動で使うデザイン担当されたデザイナーメイキングnoteを読んだ。

https://note.com/y_yukkie/n/nee5a7a5409fb

選挙期間中、安野たかひろさんのポスターを初めて見た時に、なんでこんなナード感を際立たせるような色使いや写真の使い方をしているだろうとか、視力判断力が鈍った語彙の薄い高齢者がみたら「あのち◯◯みたいな頭の候補者か」とかいう風になっちゃうじゃん。って思ったので、これらがデザインされた過程思考が見れて、デザインで食っているものとして勝手に学ぶものがあった。

まず、このポスターをはじめとした背景色/テーマカラー暖色系パステルグラデーション(インスタっぽい色)が選ばれていた理由

>過去10年分ほどを振り返って、キーカラーほとんどグラデーションが使われていないことは意外だった。

>他ポスター差別化するためにパステルカラーグラデーション採用するという仮説

という、割とよく使われがちな原色系のカウンターからチャレンジで、安野さんの顔、形や色相の相性、ブーストしたい雰囲気とかを主眼にしているようではない印象を受けた。

顔写真についても、日本ポスターのダサさに不満を抱きつつ、過去事例を研究して顔(写真)の印象の重要性の理解顔写真比率の話をされているが顔写真被写体自体をどう演出して見せていくかという重要な部分にはそこまで触れられていない。

推測だが、近い人(候補応援するボランティア)が手掛けたがゆえに被写体客観視しきれない部分があったんじゃないかと思う。何度も人の顔を見ていると、色んな表情が連結されて自分の受け入れやすいように慣れてしまう。初対面の時に抱いた印象や違和感を忘れてしまいがちで、しか応援している候補者であればなおのこと補正がかかりやすいだろう。

まりデザイナーにとって安野さんの笑顔写真は爽やかな笑顔に映るわけであるが、その印象は安野さんを知らない人が写真を見た時と比べると相当脳内補正が掛かってしまってるか、許容値がバグる状態に陥っている。自分も同じ状況に置かれたら、多分不可避だと思う。許容値がバグって客観視することが難しい前提で、この辺りの役割を割り切って決めておくのが重要だと学んだ。

ちなみにポスターを初めて見たときに、もし安野さんをほぼ知らない自分デザインワーク担当するなら…を妄想してた。(安野さんに限らず、クセで他の候補者でも同様にイメトレしてる。)

(一般的現場では写真素材を撮る前にレイアウトや色方向性ラフが決まっていることは多いが)写真素材が先行してある状況で、撮った素材の中から選んでデザインよろしくみたいなことになったら、まず、あの角度の写真積極的には使わないだろうし、あの角度しかない or 使わなきゃいけない理由があるのであれば、ポスターでは頭を全て出さないようにトリムするレイアウトにする、もしくは頭の色に馴染むような背景色にして、極力ナード感を消すところから入る。その上で彼の清潔感や知性を際立たせるようなキーカラー印刷の出やすから考慮に入れて選ぶ。という妄想をしてたのだけど、ポスターをよく観察していく内に、いやいや、そもそも衣装を含めて限りなくシンメトリーっぽい雰囲気被写体をあえてアシンメトリーっぽく絶妙にズラして使って不気味さを際立たせているとか、背景カラーからあえて頭をはみ出させて、立体的にアレに見えやすいようにしている?す、すべて計算してやってる…のか?という勘ぐりまで至ったが、単純に自分感受性下品なだけな気がしてきた。

ポスター見た後に生安野さんの演説をチラ見する機会があったのだが、長髪の珍しさはあれど、普通に好青年ポスターとのギャップがかなり強かったので、損しているなぁ…と思ったがもちろんこのポスターデザインが良いね!という人もいるので、好き嫌い範疇をでない話だし、いかに目立つかを詰められていたので、意図してないかもしれないがある意味で目を惹くポスターでした。

13,000箇所の一等地掲示する老若男女全方位向けのポスターを手掛けられるのってデザイナーとしては得難い貴重な経験値だなとnoteを読んで改めて感じました。おつかれさまでした。

anond:20240718064446

>依頼を受けて絵を描くことであって、立ち絵を売るわけじゃないんだけど。

アイコンプラン5000円、立ち絵プラン12000円みたいな値付けして登録するとこあるから立ち絵を買う、立ち絵を売るという表現感覚自分もあるが


立ち絵限定ってのも奇妙だし。(まだアイコン限定とかのほうがありうる。)

フェイクなのかプライドなのか(かなり事実なのか)はわからないが、いちいち本当のことを書かなきゃだめというわけでもない

一例として、計算やすい、価格妥当性がある、多少は誇りに思ってるサービスに絞った? とかは想像つく

後で出てくる話と関連するけど、単価が安くなりがちなアイコンとかだと描く以外の作業のこと考えたら効率いから、あまり受けたくない


>これって、めちゃくちゃ筆早いことになるんだが…依頼って、ポンと一枚描けば終わりじゃないからね?

自分も出品も購入も両方やってて、説明する際には納品間隔だけ切り取って書くと思う(そこの説明あっさり出汁

年間200だったらほぼ掛け持ちだろう。逆になんで毎日一件ずつ依頼受けて即日仕上げの繰り返しだと思えるんだろう

当然のように平行して打ち合わせはやってて(公開依頼などへの提案もこなしつつ)、ラフ直しつつ、で方向が決まったイラスト描くのが1日で終わる

というサイクル。依頼者にラフ出しても即日応答ないこと多いし

と某サイトユーザーは思うのであった

今度は、この増田擁護側で粗さがししてみよ

あなたAI仕事を奪われた絵師です。note投稿する文章を書いてください

タイトル: 「AI仕事を奪われた絵師告白

こんにちはフリーイラストレーターです。

今日は少し重い話をさせてください。ここ1年ほど、AI仕事を奪われ始めて、正直なところ苦しい日々を送っています

去年の春頃でしょうか、常連クライアントから「今回はAIで作ったイラストを使うことにしました」と言われたのが始まりでした。それから徐々に、似たような連絡が増えていきました。

最初は「AIなんかに負けるわけない」と高をくくっていました。でも、現実は厳しかった。特にラフ案や概念的なイラスト仕事がどんどんAIに置き換わっていきました。

収入は昨年比で4割も減少しています家賃生活費の支払いが厳しくなり、貯金を切り崩す日々です。妻のパート代で何とか踏ん張っていますが、このまま絵で食べていけるのか不安です。

それでも、AIには出来ない「人の温もり」のある絵を描き続けようと必死です。時間をかけて丁寧に仕上げ、細部にこだわることで差別化を図っています。が、正直、闘いは楽ではありません。

同業者の中には廃業を選ぶ人も出てきました。私も何度か考えましたが、絵を描くことが好きで始めた仕事です。簡単には諦められません。

これを読んでくださっている方々、もしイラスト必要な時は、人間絵師のことも思い出してください。AIには出来ない、あなただけのための一枚を描かせてください。

これからどうなるのか、正直わかりません。ただ、絵を描き続けられることに感謝しながら、日々を過ごしていきたいと思います

長文になってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

#イラストレーター #AI #仕事 #現状

AI仕事を奪われた絵師」とかいnote、なんか変じゃね?

https://note.com/tokume_kibo/n/n05017591b28b

違和感すごいのよ。

例えば、「コミッションサイトに出しているキャラ立ち絵が売れなくなった」とあるんだけど

コミッションがなんなのかこの人わかってなくない? 依頼を受けて絵を描くことであって、立ち絵を売るわけじゃないんだけど。

キャラ立ち絵を描いて欲しいという依頼が減った」とかならまあ分からんでもないけど、そもそもコミッション立ち絵限定ってのも奇妙だし。(まだアイコン限定とかのほうがありうる。)

あとさぁ…そこそこの立ち絵を1日で描いて、年間200弱の依頼をこなしてたって?

これって、めちゃくちゃ筆早いことになるんだが…依頼って、ポンと一枚描けば終わりじゃないからね?

依頼者とのやりとりや、ラフを提出とか直しとかあるはずなのにそういうこと一切考えてなくない?

底辺絵師ならこんなもんだろ」っていう、生成AI利用者感覚に思えるんよ。

そもそもAIが出てきてからも、AI禁止しているSkebの取引額は年々伸び続けているんだけど…

絵描き社会不適合」「特権意識」とか言ってみたり、全体的に「生成AIを持ち上げて絵描きを貶めたい人」に都合のいい記述が多すぎる割に、絵を仕事にすることへの解像度が低い。

これ、丸ごと虚言じゃねーかな。

びびるのは、そんなnoteに大量に「冷静な記事」とか「頭いい」とか言ってるはてなブクマカがついてること。

底辺絵師やってたやつが生成AIが出てきて挫折したのが事実として、頭いい要素どこにあるんだ?

アホの集まりかアイツら。

特に生成AI関連になるとすげぇ攻撃的なのが集まってくる。

manjirou99 ←コイツとか。

2024-07-17

10年の付き合いの親友と縁を切った話

●はじめに

これは相手に向けて書いたものではなく、相手批判する意図はない。

もしこれを読んで相手批判しているように思えたのならそれは私の表現力の乏しさによるものである

また、フェイクを入れずに書いているので、両者の友人知人は「もしや」と感じるかもしれない。

だとしても二人に触れずにそっとしておいてほしい。

以上のことを踏まえて、了承していただける方のみ先を読み進めてほしい。

登場人物

私=筆者

一次創作をする。

絵と文章を嗜む。

A

私の親友だった人物

絵を描くことが生きがいであり、人生のもの

この文章は、Aとの出会いから別れまでの備忘録私自身の反省のためのものである

再三になるが、この文章にはAを批判する意図はない。

●Aと私の関係

Aと私は高校入学して出会った。

そして縁が切れたのが我々が28歳になる年の2月ごろ。

10年を共に過ごしてきた仲だった。

間違いなく、一番仲が良かった友人だった。

高校3年間はクラス替えもなく、いろいろな話をして、真剣な話もして、時には喧嘩をしたりすることもあったが、それも乗り越えてきた。

大学は別々の道に進学することになったが、それでも毎日のようにLINEで会話を交わし、時々二人で遊びに行っては日が暮れるまで話し、解散後も夜が明けるまでLINEで話をしていた。

大学卒業してからもその関係は変わらない。

私が新卒入社した会社研修で2か月東京に行くという話をしたときはとても寂しがってくれたことを今でもよく覚えている。

Aは絵を描くことが好きだ。

絵を描くことが好き、と一概に言っても色々幅があるが、私から見ればAの「絵を描くことが好き」とはAのアイデンティティであり、Aの人生のものなのだと思っている。

自分気持ち言葉にするのは少し苦手のようだったが、感情を絵に込めるのは大得意でAの描く絵には喜怒哀楽様々な感情が乗せられていた。

私も少し絵を描けるが、どちらかといえば絵を描くことは好きではなく自分の描く絵は好きという難儀な性格をしている。

そんな私と比べると、Aの絵に対する思いは尋常じゃないものなのだと思う。

Aは私の一次創作ファンだった。

私の作ったキャラクターお話ファンで、この世のキャラクターの中で一番、私が作ったキャラクターが好きとまで言われたこともあった。

Aは私のキャラたちのファンアートをたくさん描いていた。

そのキャラたちしか描いてないのではないかという時期があった程度にはたくさん。

Aが絵を描いてくれることが嬉しくて、私はAにたくさん自分創作の話をした。

長くなったがここまでが大まかなAと私の関係である

●事のあらまし

Aと私は今までの一次創作の積み重ねを本にしたいという話になった。

私が書いた小説や、私から聞いた話をもとにAが描いた漫画の断片はいくつかあれど、それらを本という形に残したくなった。

そこで一次創作同人誌即売会を調べ、Aと私の二人で本を出すことになった。

私は今まで書いた小説を集め、書き下ろしの話を追加した短編集などを3冊作り、Aは私が文章で書いていた短い話を漫画の本にした。

ところが肝心の即売会は諸事情で中止となり、半年後に延期になってしまった。

頑張って作った本たちはひとまず通販に置いて、Twitterフォロワーを中心に頒布することができた。

半年後になってしまった即売会を待つ間、Aと私は喧嘩をしてしまった。

Aが私の地雷を踏みぬき、私が苦言を呈したこときっかけだった。

私としてはその場で謝罪をもらって、それで終わりで良かった。

喧嘩をしたつもりはなかったのだが、思えばAの様子が変わったのはそこからだった。

多分おおもとの原因はここなのであろう。

Aの様子が変わり、Twitterにも出てこなくなったことが心配で、私はAに手紙を書いた。

Aと大事な話をするときは、手紙を書くことがしばしばあった。

その手紙きっかけでAと仲直りをすることができた。

仲直りをしたとき電話で、数か月後に迫った即売会の話になった。

「せっかくまだ少し時間もあるし、もう一冊本を作りたい」とAに伝えた。

Aもそれに賛同してくれたので、私は本の攻勢について説明した。

前に話していたネタで、漫画の本を作りたい。長くなりそうで作画が大変だから、今回は私が全部作画をする予定で、と。

Aは「あの時のネタか」と喜んでくれ「すごくいいね」と言ってくれた。

その会話の中でAが言った。「その漫画読みたいな、何なら私が描きたいくらい」と。

しかしどうにも作画コストがありそうなので、Aに全部描いてもらうのは申し訳ない。

だがAがそこまで言ってくれたのが嬉しくて、Aにも制作に参加してもらえたらと私は返答した。

結果、表紙と人物紹介ページの立ち絵だけAに作画を頼み、あとは全て私が自分で描くことに落ち着いた。

そして私は自分が描く予定で考えていた表紙のラフや、キャラ立ち絵ポーズイメージを送り、Aに制作をお願いした。

私は今までAが描いてきたファンアートに対して何か対価を支払ったことはなかった。

強いて言うなら「新しくお話を作ること・考えること」を対価としていたのかもしれない。

だが先の喧嘩のこともあり、好意で描いてくれたものに対しても何かお返しをしたいと感じていた。

なので今回の制作に対しても「お礼をする」とAに伝えていたのだった。

Aの作業も私の作業も少し進んだころ、二人で遊びに行く機会があった。

そのときに私はAに「お礼として晩ご飯ご馳走するよ」と伝えた。

Aはそれを聞いて少し渋い顔をしたあと「じゃあ2回分で」と答えた。

Aの返答に少し違和感はあったが、私は2回分の晩ご飯をご馳走することを了承した。

だがしばらくした後、Aから晩ご飯2回分と、表紙・立ち絵を描くことは釣り合ってないと思う」と言われた。

私はさら違和感を覚えた。

もともと私が全て描くつもりで考えていたものを、Aが描きたいと言ったから急遽参加してもらうことになったのだ。

まり好意で描いてもらうものに対して、私も好意でお返しをするという形だったはずだ。

どちらかと言えば同じサークルメンバーで1つの本を共同制作する形に近い認識であった。

から「"依頼"に対しての"対価"が釣り合ってない」と言われたことは、私としては違うと感じたのだ。

しかし、自分の描きたい絵を後回しにして人からまれた絵を描くことは大変なのは私にも分かる。

「じゃあ、何なら釣り合うと思う?」とAに聞いてみた。

Aは「考えておく」と一言。この話はこれで一旦おしまいになった。

Aから"対価"の話はされないまま、その後もお互い制作を進めた。

とうとう絵と漫画は完成し、本が出来上がった。

私は刷り上がった本を一冊と、同時に一人で制作していたグッズを合わせてプレゼントした。

Aのリアクションには違和感があったままだった。

本を開き完成した漫画を読み、楽しそうにリアクションを取るAの姿は、無理をしてそのように演じているように見えた。

長い付き合いなので、Aが気持ちを抑えてそれらしく振舞う癖があること、しかしそれが下手でバレバレなことは私にはわかっていた。

Aはそのときも、何かの感情を押し殺してそれらしく振舞っていた。

そのまま迎えた即売会当日。

その日はたまたまAの誕生日でもあり、私は今回のお礼と誕生日プレゼントを兼ねていくつかプレゼントをした。

細かくは覚えていないが、確かお土産菓子と、Aが一番好きな私のキャライメージ香水

それからAは自分へのプレゼントとしてiPadを購入していたので、1000円ほどの有料のイラストアプリを入れてもらおうとiTunesカード1500円分をあげたのは覚えている。

iTunesカードは突発的な思い付きで、昼ご飯を買いにコンビニに買いに行ったときにふと目についたのだ。

「昼ご飯買ってきたよ。あとこれはい、あげる」と、さらっと渡したのだが、Aのリアクション

「はあ……」と言ったものだった。

即売会も終わりに近づいた時刻、Aから「そういえばお礼の話だけど」と話が始まり「いろいろ考えたけど、1万円で」と告げられたのだった。

……イラスト有償依頼で、表紙(カラーイラスト)と立ち絵名分を依頼した、となると確かに1万円は破格だろう。

しかし今回の話は果たして"依頼"だったのだろうか。

友人同士の"共同制作"ではなかったのだろうか。

"共同制作"ならAが「印刷費をいくらか出した方がいい?」と聞いてきた際に頂いておいたほうがよかったのだろうか。

私にはわからなかった。数年経った今でもわからない。

私は1万円を支払わなかった。

友人同士で金銭のやり取りをすることに抵抗があったからだ。

その代わり1万円分のお礼はすると伝え、今回渡したプレゼントはお礼も兼ねていることと、今日ご飯代、打ち上げカラオケ代で1万円くらいになりそうだから、それでどう?と言った。

続けて「もし対価としてお金要求するなら、それは話を引き受けるときにするべき話で、後から1万円でと言われても了承はし難い」と伝えた。

「今回はお互いのすり合わせがちゃんとできてなかったから、それは両方の責任だと思う。お礼に関してはあくま好意で渡している。もし足りなかったら今後遊ぶときに代金持つよ」とも伝えた。

Aは最後まで納得がいかなそうな顔をしていて、頑なにカラオケ代を受け取ろうとしなかったが、私はそれらの代金を全て押し付けて、その日は解散になった。

あくまで私の価値観として、金銭が発生するやり取りは"契約"だと思う。

"依頼"を受ける"対価"として「これくらいの金額で」と提示し、双方合意の上で契約が成立するものだと思う。

今回はただの口約束で、そこに契約など存在しなかったのだ。

「描いてもらいたいんだけどいい?」「描くよ」「ありがとう。お礼はするよ」

そこに金銭のやり取りが発生するとどちらも言わなかった。

私はこのやり取りのことを友人同士の口約束だと捉えていたのだった。

Aはその後、即売会の後処理や事務的なやり取りを私と交わし、私と連絡をすることはなくなった。

またもや大変長くなったが、ここまでが事のあらまし。

●縁切りに至ったきっか

約1年、Aと会話をしなかった。

そんなことは今まで初めてだった。

AのTwitterからは私のキャライラストが消えていた。

しかし連絡がなかったとは言え、TwitterLINE相互のまま。

リアル友人用のインスタも見られる状態にあった。

まだ縁が切れたわけじゃなかったのだ。

私は中途半端状態が好きではない。

Aが私に対して思うところがあるのは嫌でも分かった。

まだ友人関係を続けるなら清算必要だし、縁を切るならそれはそれも仕方がない。

迷ったが、Aの誕生日に「おめでとう」と送った。約1年ぶりに発した言葉だった。

そのときのやり取りは消してしまってもう残っていないので、事実とは異なる可能性がある。

ぽつりぽつり、とぎこちなくやり取りを交わしたが、かつての親友を歓迎する雰囲気は全くない。

まだ怒っているか尋ねたところ「そうだね」と返事が来る。

「私のことが嫌いになったならもう現れない。あなたの前からいなくなる」と縁を切る提案をした。

とてもとても時間が空いて、Aから「嫌いとか、勝手に決めつけるのやめてほしい」と返事が来た。

『なんだその返事は。どう考えても「お前もう無理」が態度ににじみ出てるんだよ』

そもそもお互いちゃんとすり合わせができてなかったことが原因だからどっちも悪いところあったんじゃないのか』

『なんで私だけが悪いみたいな態度を取られなきゃいけないんだ』

『謝ろうにもそっちの意見を聞かない限りは本当の謝罪なんて無理だろう』

『いい加減自分意見を隠して察してちゃんするのはやめろ』

私のこのときの率直な思いだ。

しかし、まだこれなら修復ができるかもしれない。

「私は今でもまだ友達だと思っている」と伝えると「私も同じかな」と返ってきた。

しっかりと話し合う時間が欲しかった。

会う約束をすることになったのだが、いろいろあって実際に会えたのはさら半年後だった。

ちゃんと話し合おう、主観で悪かったと思うところは謝って、相手の口からもきちんと思いを聞いて、

粗相があるなら謝ろう。誤解があるなら解けるまで言葉を交わそう。

そう思っていたはずなのに、久しぶりに会って私の口から出るのは、薄っぺらい近況話や中身のない話だった。

その日の私とAは、傍から見ればいかにも友人っぽかったと思う。

しかし確実に、距離が空いていた。お互い腹を探りあっていた。

私に至っては。もはやAのご機嫌取りに近かったのかもしれない。

いかにも友人っぽい二人は、大事な話もできずにいかにも友人っぽいまま解散してしまった。

その日を境にTwitterなどでやり取りは再びするようになったが、心理的距離は変わらないままだったと思う。

それでも私の誕生日には簡単イラストが贈られたので、私もAの誕生日イラストを贈った。

私はその年、結婚式を挙げる予定があったため、Aのことも誘ってみたのだが

Aはその日どうしても外せない予定があったらしく、申し訳なさそうな顔をして断られた。

しかし祝福はしてくれていて、Twitterに載せた前撮り写真にもコメントをくれたり、

ドレスの色の相談もしたりしていた。

式当日の写真にも、いいねコメントがきていた。

行くことはできなかったけど、祝福はしているという雰囲気であった。

年末、式に招待した人たちに年賀状を出そうとリストを作っていたところ、

招待したけど来られなかった人にもお礼状として年賀状を出そうと考えた。

AにLINEで住所を聞いた。Aの一人暮らし先の住所は知らなかった。

Aからは「正月帰省しているので実家に送ってほしい」と返事が来た。

私は過去年賀状ファイル実家に置いてきていたため、再度実家の住所を聞き、送った。

送った年賀状は「あて所に尋ねあたりません」のスタンプが押され、返ってきた。

Aに聞くと「省略した住所だったからかな?これが正式な住所だから送ってみて」との返事。

住所を訂正し、切手を貼り直し、再度送った。

再び、スタンプが押され返ってきた。

原因はどうやら転居届を出していたことだと分かった。

Aに「一人暮らし先の住所教えて。それか、直接渡すからどこかで遊ぼう」と伝えた。

Aは「年賀状のためだけに会うのは申し訳ないし、仕事が忙しくなりそうな予感がしてるから

しばらく遊ぶのは無理かも。何か手間かけない方法で……局留めとかできないかな」と返信した。

(やりとりは削除済みなので記憶だよりである

……私はもう疲れてしまった。

わずかに繋がっていた糸が切れてしまった感覚があった。

Aの仕事は土日休みだし休日出勤もなさそうなのに。

年賀状のためだけに会うのは申し訳ない」はどう考えても「会いたくない」の言いかえだと思う。

局留めなんて提案バカバカしい。住所を教えたくないだけなのがよく分かる。

「分かった。じゃあ会わなくていいから、どこかで話をする時間がほしい」

私はそう伝えたが、これは仲直りだとか謝罪だとかのためではない。絶縁のための話がしたかった。

しかし、Aからの返事が来ることはなかった。

話したくないの意志のものだったと思う。

話したくないことはよく分かったがそうも言ってられない。

私たちが縁を切るにはもう少し事務的手続き必要だった。

大事な話なので」と念を押しても無視された。

Aは私の連絡は無視し、Twitter更新を続けていた。

LINEブロックされたのかと思い、確認してみたがそんなことはない。

ただただ、無視をされていた。

日経って、AがTwitterでスペースに参加しているのが見えた。

別のフォロワーホストのスペースにスピーカーとして参加しているようだった。

よく見てみると、スペースに入る際に匿名で聞く機能が追加されているのが分かった。

盗み聞きのような気分だったが、そういう機能があるのだから使ってみることにした。

他愛のない会話。Aは楽しそうにしていた。

少なくとも元気であることが分かって一安心

同時に無視意図であることも分かった。

私はAに追加でLINEを送ってみることにした。

目につきやすいように、短文で3件ほど。

わざと気を引くような言葉も選んだと思う。

スペースで何か反応があることを期待したものだった。

しばらく待つと。案の定Aはその件について触れ始めた。

そこからはもう出るわ出るわ本音の嵐。

それを聞いたフォロワーも一緒になって私への悪口を言う。

いや中学生か……。いい歳した大人が……。

だがしっかりと聞きたかった言葉を聞くことができた。

「まあ、私(A)の中ではね、友達としてはね、もうあのときで終わってるから……」

これだ。私が聞きたかったのは。

私は確信を持ちたかったのだ。

その後、スペースは「謎の匿名リスナー」の存在がばれたため、

アカウントの方へ移行していった。

私はAの全ての連絡先を削除し、SNSブロックした。

そしてAとの関係肯定するものをすべて処分した。

Aからもらった絵も、渡すはずだった年賀状も、一緒に撮った写真も何もかもすべて。

Aの魂のこもった絵を処分していくのはさすがに心が痛んだが、私にはもうすでに必要のないものだった。

絵を捨てることで、私はAという存在すべてを否定した。

実家を出て、新居に必要ものだけ持ってきたはずだったのに、やたらとAの痕跡が多かったことを私は忘れないだろう。

(余談……事務的手続きをやり残したまま処分を始めてしまったため、後始末に少し苦戦した。

他人も巻き込んでしまったためここは大いに反省すべき点だと思う。)

主観と推測と反省

タイムマシンがあったら戻るか?と聞かれても、私はもう戻ることはない。

やりなおしたいわけではないが、自分の行動のどこがまずかったのかは今でも考える。

私はあのとき、ポンと1万円を支払っていればよかったのだろうか。

誕生日プレゼントとお礼を混合したのが良くなかったのか。

そもそも、お礼に何をするかを前もってすり合わせておくべきだったのか。

いっそのこと、自分の本なのだから他人に絵を描いてもらおうなんて思ったこ自体が間違いだったのか。

……恐らくすべての点で間違っていたのだろうと思う。

Aはきっと、私に対して「自分の絵(=自分人生のもの)に対して1万円の価値もないと思われた」と

感じているのだろう。

もちろんこれは断固否定するが、そんなことは決してないし、Aの絵と絵に向き合う姿勢リスペクトしていたつもりだ。

だが、思っていてもそれが相手に伝わらなければ意味がない。

私の思いはAに伝えたつもりだが、その通り受け取られなかったのなら、それは私の言葉表現方法が悪い。

そもそも受け取ってもらえなかったのはきっと今までの積み重ねもあるのだろう。

私の信用は、もっと前には既になかったのだろう。

Aが私に対して「許せない」と感じているのはもう仕方がない。

許されないことも仕方がないと思っている。

しかし、今でも私はきちんとした謝罪ができなかったことを悔やんでいる。

Aは私の謝罪必要としていないのかもしれない。だが私が謝罪をしない理由にはならない。

人間として、相手のことを本当に大事に思うのならば、きちんと謝罪をするべきだったのだ。

ここまでで書いたことはあくまでも私の主観に基づいたものだ。

ない頭を振り絞りAの立場に立って考えたつもりではあるが。本心はAにしかからない。

Aの本心を聞けなかったこと、強引な手段しか本音を聞けなかったことも非常に後悔している。

何にせよ、もう私たちは戻れない。二度と戻ることはできない。

Aが私を許せないのと同じくらい、私もAのことが許せないのだ。

かつての親友であっても、二人の共通の友人とは今は関わりがほぼない。

共通コミュニティに属していない以上、時間とともに価値観の相違は生まれものだ。

Aも私も、少しずつお互いにずれていっただけなのだと思う。

Aが使っていた「ばかたれ可愛い」という語彙がなんとも下品で嫌いだった。

家に招いたとき、部屋中に飾った好きなキャラのグッズやぬいぐるみを見て

ちゃんと定期的に埃とか取らないと汚い」と言ったことが許せなかった。

言いたいことをはっきり言わずに態度に出まくりなところが本当に嫌だった。

自分けが被害者のような態度を取られるのが不満だった。

誰が聞いてるかもわからないオープン場所で人の悪口を言ってる姿が情けなかった。

「もうとっくに友達じゃない」と思っていたのならさっさと切ってほしかった。

友達として終わってる」なら私の結婚関連の祝いの言葉は何だったのか。

これらは全てAが悪いのではなく、私の価値観に合わなかっただけである

それでも私はAを許さないと思う。

Aが私を許さないのではない、私がAを許さないのだ。

以上、非常に長く見苦しい文章を読んでくださった方に感謝します。

anond:20240717112647

金出すやつがいるんだから仕方なくない?

ラファンはこうあるべきって言うなら、金出す側に「そんなやつに金出すな」って言えば良いじゃん

金銭欲がないって言うわりにクラファンで金集めまくってる」って批判、言うほどおかしいか

中山功太西野のことを「金銭欲がないとか言ってる割にクラファンで金集めてるのおかしくない?」って刺して、それに対して西野とかホラレとかから「金の流れが分かってない」とか言われてるけどさ。

もろちん、西野が直接的に自分の私腹を肥やそうとクラファンしてるわけじゃなくて会社企画運営費を集めるためにやってるのは分かってるけど、そもそも自己資金で賄うとか銀行とか知人とかから金借りてやるとかが普通なんじゃないの?

いつから他人から金かき集めてなんかやる」ことが普通になっちゃったの?銀行金も知人の金もそりゃ厳密には「他人の金」だけど、「自分借金」じゃん。結局、クラファンに頼ってなんかやるのって最終的には自分の腹痛めないで、自分の金は減らさないでなんかやりたいっていう、金銭欲につながってんじゃないの?

もろちん、クラファンには自分資金力ではどうにもならない規模の企画事業の「足しに」するために行われていて、銀行からも借りる、親からも借りる、でも足りないからやるみたいなもんが多いってのは知ってるし、個人的にはそうであるべきだと思うんだよね。

西野みたいな十二分に金がある奴が趣味みたいな形でやるんだったら、自分の全部自分の金でやった上で、そこから出た利益自分にリターンすればよくない?と思ってしまう。

つーか、素直に金銭欲でやってて何が悪いねんでいいと思うんだけど。

自分会社運営費用を他人にせびるのが金銭欲じゃなきゃなんなの?としか思えないのっておかしい?

2024-07-15

応答系のAIを軽く触ってみての感想

ChatGPT(課金◯)→たまに自信満々に間違えたことを言うしソースも明示しない。雑談ネタ料理アイディアを探すくらいならいいけどちょっと専門的な分野の裏付け自分で取る必要がある。UIは一番使いやすい。デザイン提案もしてくれる。Youtube動画用のサムネラフ案くれみたいな雑な質問にも対応してくれる。ただしノリは「閃光爆発炎上崩壊!」みたいなB級映画が好みのようで、隙あらば光らせて爆発させたがる。ある意味人間臭い

 

Perplexity(課金◯)→質問に対してまず検索し、その情報を元に返答する。参照先はある程度絞っているようで「Xでこんなことがあったような気がするけどどっかでまとめられてない?」みたいなことには答えてくれない。良くも悪くもお役人的・ロボット的なお仕事。ただそも参照先は本当に信用できるの?と言うのは一抹の不安はある(参照先が大抵日本マスコミだし)。UIちょっと問題で、チャット欄に直接画像を放り込めない(コピペはできる)、画像テキストでの質問を同時に送ると、先にテキスト質問けが送られてしまう?ようで、画像の内容を加味しないで返答をはじめたり、変なタイミング過去画像を参照した返答をはじめてやり取りがグダグダになることがよくある。

 

Gemini(無課金)→文体は一番カジュアルフレンドリー。ただちょっと突っ込むとすぐに英語を喋りだす。あきらかに前者2つに比べて調整不足を感じる。

  

お気軽なネタ収集代理として使うならChatGPT、ソースがないと安心できない人はPerplexityがあうかなと言う感想

Gemini君はもっと頑張って。俺らのクリックで得た広告収入を今ここで使うんだよ!

カラーラフ」という概念出会った

それ完成品じゃないの?

2024-07-13

彼女ほしい非モテ男性に見てほしい

完全に主観で、非モテ男性と話したり会った経験から彼女できなくて悩んでる非モテ男性に向けてアドバイスできそうなことを書いてみた

異論は認める

ほとんど彼女できたことないモテたことない人向けに書いたから、当たり前すぎることも書いてるかもしれないけど、参考にできそうなところあったら参考にしてほしい

容姿

初対面の第一印象は見た目が55%と言われているので、やはり1番優先度が高くて重要なのは見た目じゃないだろうか。何からしたらいいのか分からない人はまず見た目から変えてみてほしい。

・服

ヨレヨレ、ボロボロの服や靴や鞄はNG

安物でいいので新調しよう

ファッションのことが何もわからなくても、ユニクロguマネキンが着てるコーデを買ったらまずダサくはならないと思う

またはファッションインフルエンサーファッションを真似る

初めてのデートTシャツパーカージーパン、短パンスニーカーサンダルとかはちょっとラフすぎると思う

ジャケットTシャツスラックスに革靴とかが好印象だと思う

靴を革靴に変えるだけでも大分違う

詳しくは"ドレスカジュアルバランス"でググってください

眉毛

眉毛ボーボーで生えっぱなしの人が多いのが非常に気になる…

眉毛の整え方はネットで調べたらいくらでも出てくるので必ず整えること(髭を剃る並みに重要

自分で上手くできないなら眉毛サロンに行く

余裕があればでいいけどクマを隠したりする程度のメンズメイクすると尚いいだろう(安いドラッグストアコスメok

髪型

1000円カット床屋ではなく美容室で髪を切ること

オーダーは、デートに行くので女性受けしそうな清潔感ある感じにして下さいと伝える。美容師がいろいろ提案してくれて感じにしてくれると思う

・体型

標準体重超えてるなら痩せること

ぽっちゃり好き以外の普通の人にとっては、太ってる人は基本マイナスだと思った方がいい

体臭

汗をかいたまま放置すると臭くなるので、夏は汗をかいたらタオルや汗拭きシートで汗を拭き取ろう。特に脇の臭いは気をつけよう。体臭対策にはデオナチュレソフトストーンおすすめ

口臭

特に喫煙者コーヒーを常飲する人、たまに口臭がドブの臭いする人がいるので気をつけてほしい

歯磨き、舌磨き、フロスをする

虫歯歯周病治療をする。必ず歯医者の定期検診に行ってクリーニングすること(歯石臭いの原因になることがあるらしい)

・服の臭い

服が臭う人が意外といます

対策は部屋干し用の洗剤使う、洗濯する時洗濯機に漂白剤や重曹をいれるとか、干すとき生乾き臭がしないように乾燥させる

冬物だったら頻繁に洗わなくても良いけど、暑い季節に同じ服を洗濯せずに毎日臭くなるまで着てるのはやめよう

出合い

マッチングアプリ街コンスペックに自信ない人は×

あれは富めるものさらに富むもの養分にされるだけです

容姿年収などのスペックが全て平均以上の自信がある人以外は足切りされるので使うべきでない

おすすめ趣味社会人サークルなど出会い目的以外の場所で、スペック以外の人柄で見てもらうしかない

個人的おすすめはX(旧Twitter

自分がX好きで毎日のように入り浸ってるのはあるが、同じような属性趣味で繋がりやすいのと、ポスト見ればこの人気が合いそうだなとか合わなさそうだなとか、一目でその人の人となりがそれなりに分かるのが効率的だと思う

今はスペース機能があるからフォロワーフォロワーとも繋がれるのもいいし

それかネトゲ

今ならVALORANT、Apex、FF14とか

周りの友人でネトゲ出会って結婚した人が数名いるので

興味のある話題discordサーバーに参加するとか、とにかくなんでもいいからそういうグループに入るのが出会うには良い

誰彼構わずがっついてる必死感が出ると嫌われるので、趣味やってて出会えたらいいなーくらい気楽なマインドでいこう

食事に誘うまで〜

ここではネット上の出会い仮定して書くね

まず食事に誘うまでに相手とやりとりしてある程度親密になっておく

ほとんど話したことないのにいきなり食事に誘うのはダメ

具体的に言うとXでいえばリプライ送り合う→DMでやりとり→通話

discordであれば、チャンネルでのグループ通話メッセージ個人通話

相手との会話の盛り上がり次第で反応を見ながら徐々にステップアップさせていこう

高頻度で個人通話してくれるようなら会える可能性が高いと思う

連絡取りすぎも取らなすぎも良くない

気になる子ツイートするたびに毎回リプ送るとかは監視されてるみたいで気持ちいからやめよう

連絡頻度は人によって毎日連絡取りたいとか連絡苦手とかあるから、それによって相手に合わせながらバランスを取ろう

〜店選び〜

付き合ったあとなら良いが、最初の方のデートでチェーンのファミレス定食屋居酒屋に行くのは避ける

普段からチェーン店が好きで行く女性はたくさんいるが、最初デートでそこまで親しくない男性チェーン店に行きたいと思う人はごく少数でしょう

世の中高級店か安いチェーン店かの二択しかないわけではない

雰囲気が良くてコスパの高い店は探せばたくさんある

インスタやtik tokデート向けのお店など調べたら無限に紹介されてるから、調べて予約しよう

コミュニケーション

・とにかくいいところを見つけて褒めまくる

性格、声、所作言葉選び、ファッションメイクネイルなどなんでも良いから褒める

特に相手がこだわってそうなところだとgood

胸大きいですねとかは下心丸見えで気持ち悪いし身体的特徴に言及するのは避けた方がいい

・聞き上手になる

面白い話ができるならできるに越したことはないけど、芸人みたいに面白い話をして盛り上げる必要はない。

相手質問して、自分との共通点を見つけてそれについて話すか、その人の好きなジャンルについて知らなければ興味を持って質問してみて会話を広げる。

自分がその界隈での有名人とかでない限りまだ相手を知る前の段階で、基本的相手にそこまで興味を持っていない。その状態で長々と自分の好きな趣味や自慢や自分語りされても、興味ないどころか悪印象。自分のことは聞かれたら話すくらいで良い。

レスバしない

自分相手意見が違って自分が正しいと思っても、相手否定したり言い負かそうとするのはマイナスしかないので極力避ける。アドバイスも求められた時以外はしない。

一問一答形式の会話は避ける。

なるべく会話のラリーが続くような会話を心がける。

ダメな例〉

「どちらの出身ですか?」

千葉です」

お仕事は何されてますか?」

IT系です」

休日は何してるんですか?」

映画を見たり、買い物に行きますね」

〈良い例〉

「どちらの出身ですか?」

千葉です」

千葉、いいですねぇ〜。海ほたるとか木更津アウトレットありますよね。そこら辺は行ったことあります。◯◯さんのおすすめ場所とかありますか?」

相手との距離感を気をつける

順序をすっ飛ばして、仲良くないのにデリケート質問をしたり、相手にいきなり告白スキンシップしようとするのはNG

この人自分のこと好きなのかな?と思わせる発言をする下準備が必要。段階を踏んで相手の反応を見ながら、次のステップに進展させるようにする。

例えば話の流れで自然

「◯◯さんと付き合えた人は幸せだろうな」

「◯◯さんみたいな素敵な人他の人が放っておかないだろうな」

上記の会話はなんでも良いけど、相手好意を持っていることをさりげなくアピールするのが重要

相手の反応が微妙そうだったり嫌がっていたら脈なしだと思って、諦めて次に行こう

満更でもなさそうだったら、手を繋いだりキスなど次の段階へ

テキストでの会話を続けるコツ

例えば感想や報告だけで文を終わらせるのではなく、必ず疑問文で終わらせること

〈例〉

自分は今◯◯してるんだけど、○○さんは何してるの?」

・断られたり、送ったメッセージ無視されたのにしつこく追撃しない

無視あなたへの答えです

誘っても都合が悪いと断られ、代わりの日にちを提案してもなんやかんや忙しいと理由をつけられる場合は脈なしだと思った方が良い。ストーカーだと思われて関係悪化しないように2〜3回断られたら誘うのを諦める

興味ないのにしつこかったり、余裕がない男は嫌われる

デート会計について〜

こいつはないなって相手とか脈なしって場合は割り勘でいいが、この子と付き合いたい!と思える子に対しては、初デートは奢った方が勝率は上がると思う。その後のデートでは割り勘でもどっちでもいい。本当にこの子と付き合いたいと思える相手だったら、最初だけでも見栄を張ろう。運が良ければ「次は私が払うね」と言ってくれるかも。

多すぎる?全部完璧にじゃなくていいから一歩一歩、一つずつできるところからやっていこう!

他にも書こうと思えばあるけど、ここまでやってたら誰も文句言わないと思う!

2024-07-09

anond:20240708210424

デザイン仕事最後の納品物が一式をCDに焼いて納品だったんだけど、うちは納品物に対価を払うシステムからということでCD代の数百円しか払わないとこあったな

あとは清書レベルのものを提出させられてこれはまだラフからお金は払わないよと言われてデザイン自体ちゃん印刷物として使われてたり、ホームページの実績紹介に載せるなら代金はそれで相殺でしょと言われたり

仕事やり始めの若いはえぐいことよくやられた

2024-07-08

全部ラフだけど

パッケージシールデザイン10点、A4チラシ両面2案を今日で作るのは狂気だな・・・

おおむね雰囲気はわかる程度に作ったのであとは提出するためのあしらいの整えだけどその前にちょっとなにか食べよう

2024-07-07

スキンケアメイク規制すべき

せーので武装解除とか、誰かが率先して兵力削減とかはできないけど(その国が損するだけなので)、行きすぎた軍拡競争規制しなきゃいけない。

男性スキンケアは当たり前、就活生はメイクもするという時代だが、これは明らかによくない趨勢だ。

男女ともにメイクスキンケアから降りなくてはいけない。お金時間ももったいない。就活生や社会人メイクしている時間あったら勉強せい。

メイクスキンケアセルフケアだという反論がある。確かに個人セルフケアを行うのは大事だが、セルフケアが発達した結果、そんなセルフケア要求するストレス社会の病巣が温存されているのではないかメイクセルフケア、って言説で得してるのは、メイクセルフケアしているあなたではない。

もちろん、現状では女性負担がかかっているというジェンダー差は明確だし、その点は考慮される必要がある。でも、メンズメイク抵抗も受けながら広がりつつという今が、男性問題提起理解してもらう絶好のタイミングだ。

ゆきすぎたルッキズムを恥ずかしいと思う風潮を社会で醸成していけないものか。政治家とか芸能人とか人前に出る職業の人には、そりゃ大事かもしれないけど、「別にそんないろんな人と関わらないしラフな格好でいいや」と自他ともにゆるく捉えられる領域が広がった方がいいよ。清潔感だけでいい。

自分一人だけじゃ実現方法がわからないので、一緒にいい方法を考えてほしい。

とりあえず、美しく整えた人間とだけ接していたいというのなら、コスメ代が補助されないとおかしい。貧困層コスメ負担はえぐいよ。

あと、コスメをきちんと買えるだけの給料も支払わないのに女性の外見をやいのやいの言うやつ(男女問わず)がいる職場おかしい。

anond:20240706180647

でも日本人欧米でそういう格好してたら普通に勃起するんじゃない?

元増田性的興奮を覚える対象としてゴツい白人がやや需要範囲であるというだけ。

要はアレでしょ?

感覚的には、おばちゃんたちがちょっとラフな格好をしてても何も感じない、みたいな感じでしょ?

2024-07-06

欧米にいると性欲から解放されてスッキリする

20代の男です。

向こうの女性って露出多かったり肌に密着してる服よく着てたりするじゃん? 乳首ぽつってしてたり、前の割れ目が見えてたり。

最初はムラムラして見たくなり、でも見ないようにしなきゃって戸惑ってたんだけど、だんだんどっちでもよくなってくる。見ようとしなくても視界に入ってくるからでもあるのだが、それだけではない。

そもそも自分の親密な女性以外の女体は、ただ女体として存在するだけであって、そこに欲情すべきものは何もないということが分かってくる。ただ体の構造がそうなっていて、楽な格好をしている、それだけ。大事なのは人格。その当たり前のことに、海外でようやく気づけた。

一方、日本はどうか。みんな局部や体のライン大事そうに隠している。だから見てるこっち側も、大層なものが隠されてるんだろうな、という気がしてきて、劣情を煽られる。個人意思ではないだろうけど、そうやって集団として女体の価値釣り上げてるんだろうなと思う。欲情したい男性とそれに取り入って優位に立ちたい女性けが得する文化だ。

女性の皆さん、どっかで一斉にやめて、みんなラフな格好しませんか。女体の価値暴落させませんか。男から欲望目線による値付けから解放されませんか。

乳首なんていくらでも見れるからエロくねえな」ぐらいにしませんか。男性の変な性欲やめさせるのに協力してくれませんか。

そうすれば、セックスも性欲から解放されて愛の営みになるでしょう。

2024-07-03

これ半分犯罪だろ

ちなみにリアルタイムで今恒心教の掲示板で行われていること

ハッカー公開ファイルダウンロードと分割再配布

ダウンロード効率化のスクリプト作成

・手分けしてハセカラフミリーの情報総当たり

・唐澤貴洋の新口座が発掘される

・唐澤を名乗り「あなたメールアドレス流出情報に含まれていました、うちの口座に3万振り込めばダークウェブからの削除を行います」という趣旨メール文を準備

上記文が出来た直後にちょうど脆弱企業メーラーを1つ乗っ取り成功、角川が漏らしたメアドを一気にインポートさせて順次送信中(Xで23時半頃から続々と着信報告)

データ暫定的ダウンロードし終わり、23時過ぎにTorrentGithubに流した模様

嫌儲に貼られた夏野一家などの個人情報がいっぱい書かれたレスコピペ元は恒心教の掲示板

経営者一家宅に送るピザパイナップルトッピングするかで大激論

掲示板教徒発言

自分メアド過去のものも全部含めて流出してないかかめいから、バラ撒かれたファイル落として確かめる。全文検索かけるのめんどいなあ… せや!ハッキングした企業メーラー適当尊師名義のメール一斉送信させて、自分の端末にヒットするか見るわ!

2024-06-27

anond:20240627115853

プロはそこまで含めてネタとしてやってるはずだけど、アマ大会でやると試合無駄ラフになってとても危険になる。

怪我人増えて誰も幸せにならないし、大会主催者に報告して注意させるなり、もっと強く取り締まるようにさせるべき。

こいつムカつくから危険な技かけて怪我させてもいいよねって気持ちが一瞬でもよぎる状況は良くない。

2024-06-26

ラフを提出しない絵師に依頼するバカいるわけないでしょ

ペン入れAIが出てきて依頼をうけても怖くてラフ出せないとか言ってる絵師その発言仕事なくなるって想像してないんだろうか。

まあ、してないんだろうな。バカから

こちらの要件通りに描いてるか確認してずれている箇所を修正するためのラフなのにそれを出さなかったっら確認のしようがないじゃん。

ラフ出せって言ってるのにいいきなり完成品出してきてぜんぜん指定通り描けてないの提出してきたバカいたけど修正依頼出したら完成品から修正するのがどれだけ大変かを長文で送ってきて追加料金要求してきた。

絵描きわがまま世間知らず多いからこんなのと仕事するくらいならAIの方がだいぶマシ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん