「味噌汁」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 味噌汁とは

2018-12-11

anond:20181211173229

俺の基準は、味噌汁をつくるときにダシを入れるかどうか、かな。

ダシ入り味噌いれるだけですませたら手抜きだ。

まり、極小の手間で味が全く変わるなら、その手間を抜くと手抜き。

また、手間が小さくない場合、味の変化が大きくない場合は手抜きではないモノとする。

具体的には味噌汁のダシのためにかつおぶし削るとこからやらず、顆粒ダシを使うのは手抜きではない。

 

これだと、材料切らなくても確かに手抜きになるな。

切ってある材料を買うってのは、鮮度を無視することだからな。

増田スマートスピーカーあるあるルアーピストー増田酢魔(回文

だばだーだーだばだー

クラスになるとー

ダバダ級の違いの分かる人からのー、

ネスカフェゴールドブレンドをー

ことこととじっくりティファールで沸かしーの

そのお湯で溶いて作ったインスタントヒーコーをー

グビグビ飲みながら静かに過ごしていたの。

そうテレビを見ながらね。

そしたらテレビCMAmazonアレクサのをやってて、

アレクサ!電気消して!」って件あるじゃない。

そしたら家のアレクサがその声に反応しちゃって、

朝のプレイリストをかけます!とかって言っちゃって音楽が流れ始めるの。

まりに部屋が静寂すぎて

テレビアレクサ!って声に反応しちゃうのかしらと思ったけど、

みんなもそんなことあるかしら?

しかも曲かけて!の声じゃないのに曲がかかるのよ。

まあこれから先の未来あるあるとして先に私が掲げておきたいわ!

うふふ。


今日朝ご飯

野菜サンドタマハムサンドよ。

会社の先輩からクオカードもっちゃって

それで買ってみたんだけど、

クオカードって今でもちゃんと使えるのね。

テレフォンカードより責任感をになってる感じがして好感が持てるわ。

クオカードやる気あんじゃん!って。

デトックスウォーター

今日は、と言うか

もうこの寒さですっかりホッツ白湯ウォーラーメインが多いんだけど、

ひょっとしてさ、

ちょっと前に流行った味噌玉とか作って置いておけば、

即席味噌ホッツウォーラーとして頂けると思ったけど、

それはそれでただのお味噌汁ってことになっちゃうわよね。

味噌溶きホッツ白湯ウォーラーでもやってみようかしら。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2018-12-10

anond:20181210091301

おはよう。めちゃくちゃ寒いね! 笑

もし気が向いたらなんだけど、量り売り野菜がなくても、あなた通勤経路や近所にこの人なら話しかけられそうかなって雰囲気店員さんがいる八百屋さんがいたら、野菜の1つでも買って話しかけてみて欲しい。この野菜食べたいんですけど残っちゃったら冷凍できますか?またその場合はどうやって食べればいいですか?みたいな。

私もニラ玉を作りたくて上記八百屋さんでニラ買って包丁で切ったら嵩が3倍ぐらいになって、翌日の帰りにコンビニおやつ買うかわりに八百屋さんで見切り品果物買った時に相談した。

そうしたら、そのまま冷凍して解凍作業なしでラーメンとか味噌汁に使えるから無理して近いうちに食べきることないのよって言ってもらえてホッとしたんだよね。

冷蔵庫の中身に首輪でつながれてるような生活しんどいので、もしよかったら八百屋さんにはなしかけてみてほしいな。

2018-12-09

初めて失恋したら帰省してた話

☆はじめに

・滅茶長いです。数えたら4000字ありました。3000字のレポート課題は一向に進まなかったのに、皮肉ものですね。 

フツーに、私達のことを知ってる人が見たらああアイツ等のことか、と分かるんじゃないかと思います。気づいても、出来れば、自分の心に留めておいてくれれば幸いです。とはいえ、あの人はきっとこれを見ても怒ったりしないだろうけれど。



__________

20歳の冬、恋人と別れた。

あの人は違ったけれど、私にとっては初めての恋人だった。1年2ヶ月の記念日喧嘩して、1年2ヶ月と2日目に直接顔を合わせて、話し合って、2人で決めたことだった。心残りはなかった。

…はずなのに、気付いたら、私はゆうちょ銀行でありったけのお金おろしていた。そしてその足で駅へと走り切符を買って新幹線へと飛び乗った。行き先は実家の最寄駅。正直何も考えてなかった。ただただ本能の赴くままに、私は帰省してしまっていたのだ。

新幹線の中で父に「急にごめん、今から帰ってもいい?」とラインしたら、すぐ既読が付いて、それから10分後くらいに「分かりました。駅まで迎えに行きます」と返事が来た。母親にも同じようなラインをすると、「おにぎり味噌汁ならあるよ」と返ってきた。

新幹線に乗っている間、私はずっと車内の電光掲示板を眺めていた。色んなニュースが流れていたけれど、ひとつも内容が思い出せない。ただひたすらに、駅名がひとつずつ西にずれていって、目当ての駅がくるのを待った。

2時間半くらい過ぎた頃、新幹線はやっと駅についた。父から駅前牛丼屋の横に居るとの連絡が来て走ってそこまで行ったのに父がいない。ついたよと送るともうすぐ着くと返事が来た。"居る"の意味知らないのかな、父。

3分くらい待っていたら父の車が見えた。父は何も聞いてこなかった。ただ嬉しそうに、明日上司競馬に行く予定だったけど無くなりそうだということを教えてくれた。私から最近車校路上教習に突入したこととか、最近急に寒くなったこととかを話した。

からは45分くらいで実家についた。チャイムを鳴らすと母がドアを開けてくれた。お風呂沸いてるよと言われ半ば強制的風呂場に連行された。ひとり暮らしの家は狭いユニットバスで、いつもシャワーで済ませていたから足を伸ばして浴槽に浸かるのは久々だった。足先から体が温まっていくのを感じた。

30分くらいで風呂から上がり、居間に行くとおにぎり味噌汁からあげと餃子ゆで卵が用意されていた。昆布おにぎりを半分と味噌汁を少し飲んだらお腹がいっぱいになってしまたから、残りは朝食べることにした。父は知多をロックで呑んでいて、「知多?珍しいね」と言うと「中身は違うけどね」と言われた。本当の中身は過去ツイッターで不味すぎると炎上した伝説を持つトップ●リュのウイスキーだった。

そんなこんなしていると夜中の1時を回ったから、父におやすみを告げて2階の寝室に上がった。キングサイズのベッドに横になった。5分くらいすると、母が部屋に入ってきた。ベッドに座って私に一言、「頑張ったね」と言った。

その瞬間、私の両目から噴水のように涙が溢れた。元旦デパート開店直後みたいに、ものすごい勢いで色んな感情がとめどなく流れて来た。辛い。寂しい。苦しい。悔しい。なんでこうなっちゃったの。もう前みたいに遊べないの。もう好きだよって抱き締めてもらえないの。もうどの街に住もうか?なんて戯言を言い合えないの。もう、2人で添い遂げ合う人生は遅れないの。

母は、ひたすら「頑張ったね、もう充分やれることはやったもんね、辛かったね」と私の背中を撫でてくれた。そのあとに、「でも、色んな楽しいこととか初めての経験とか素敵なモノも沢山貰えたんだから、嫌な思い出にしちゃ駄目だよ。」と言った。

19歳の秋だった。

私とあの人は、同じサークルでひと夏を過ごした。かなり厳しいメニューをこなす日々で、春には名前も顔も知らなかった私達が夏が終わる頃には家族よりよく会う存在になっていた。

夏が終わるとサークル活動も一段落し、私達は顔を合わせることが減っていった。そんな時、あの人からディナーに誘われた。

他の同期も来る筈だったのに、何かと来れなくなり、2人になってしまった(これがあの人の策略だったのか、本当に偶々だったのかは結局分からずじまいだった)。2人でやっすい店に入って、色んなことを話した。好きな音楽、好きな作家高校生の頃の話、過去恋愛話。私が中高ヒエラルキー最下位大学デビュー女のため恋愛経験0の喪女であり、その当時自分アプローチしてくる人がいたのだがどう交わせばいいかからないと相談したら、フフッと笑って「ぶっ飛ばしたいなあ、そいつ」と言われた。一瞬ん?と思ったけれど、「ホントそうだよね~」などと軽く流した。

正直、全く意識していなかったのだ、恋愛対象として。ひと夏を共に過ごしたかけがえのない大切な同期、という認識だった。だったのに、やっすい店から出たあと、そんな私達の思い出の練習場で、告白された。午前2時くらいのことだった。

その時も、急に涙が溢れて止まらなかった。信じられなくて、嬉しくて、少し申し訳なくて、何より私が本当は心の奥でずっと惹かれていたことに気付かされてしまって。

あの人はそんな私の手をずっと握っていてくれた。「でも私、多分中学生みたいな恋愛しかできないよ?」と震えながら言うと、「ロミジュリジュリエットだって中学生なんだよ。」と笑って更に強く握りしめてくれた。その温もりがとても気持ち良くて、私達は手を繋いだまま眠った。

朝の6時頃に目が覚めると、夢じゃないんだと隣から聞こえる寝息に心臓バクバクした。そうしているうちにあの人が起きて、不意に抱き寄せられて、キスをした。それが私にとっての、ファーストキスだった。

その日から私達は、所謂"恋人同士"になった。数え切れないほどデートをして、旅行も行って、一緒に大学の授業を受けて、お互いの家にも行き来した。

デートは、本当に色んなところに行って色んなことをした。映画を見たり公園ピクニックしたり気になる飲食店を片っ端から当たったりショッピングモールで服やコスメ吟味したり美術館考える人の真似をしたりディズニーに行ったり(私にとっての初ディズニーだった)、割と付き合いたての頃古本屋に行ったらエロ本だらけで少し気まずくなったこともあった。

ラブホだって、行った。勿論私にとっては初めてだったけれど、何気ない会話の中であの人は初めてじゃなかったことが判明してしまってそれはもう死ぬ程泣いたな。

デート以上に、私達は沢山沢山体を重ねた。週に1、2回くらい私の家に来てくれて、近くのコンビニまで手を繋いでお酒を買いに行った。気取ったジャズなんかをかけながらお酒飲んで、ほろ酔いセックスするのが本当に大好きで幸せだった。

いつも一緒だったな、と思う。毎日のように好きとか愛してるとか言い合って、自撮りを送って褒め合ったり、記念日には詩を送り合ったりして、サイコー幸せな日々だった。

…だったけど、会うごとに、知るごとに、着実に違和感が大きくなっていったのも事実だ。

最初は、私が話しているのにスマホを見ているとか、そんな程度だった。

けれど、それは次第に、私の話になった途端全くつまらなさそうになる(電話だったら寝られる)、私の誕生日を忘れる、逆に誕生日を祝ったら明日忙しいからと電話を切られる、ご飯を食べる約束をしていたのにやっぱり家で食べるとドタキャンされる、自分が忙しくなるとライン一つくれず放置される、そして私が貴方のこういう言動が嫌だからどうにかならない?と話しても自分はこうしたいからと全く歩み寄ろうとしない、というふうにどんどん根本的なところに及ぶようになっていった。決定的に考え方や価値観が違うことに気付くのにはそれ程時間はかからなかった。

けれど、気付いたときにはもう遅かった。私は、完全にあの人に依存してしまっていた。傷ついても、傷つけても、別れることが出来なかった。本当に毎日が辛くて、耐えられなくて、覚悟を決めて別れようと言っても、本当に別れたいの?と子犬のような目をして聞くあの人から離れることはどうしても出来なかった。

 

から最後の数カ月間はお互い深い話を避けるようになってしまっていた。悩みごとや将来の話はお互い他の友人に話すようになり、2人で話すのはこのツイートがどうとかおっぱいがどうとか、本当に俗っぽい上辺だけの話題だけだった。

1年2ヶ月の記念日にした喧嘩は、それ自体はそんなに重要トピックではなかった。ただ、限界だったのだ、もう。お互いに、これまで少しずつ感じて来ていた"違和感"ゲージが、この喧嘩で満杯になってしまったのだ。

1年2ヶ月と1日の日、多分これは別れるな、と思った。頭では理解していたのだ。けれど、心が、それを受容しなかった。初めて付き合った人と結婚したい、要は一生一緒にいたいという典型的少女漫画脳と、あの人とならそれが出来る!という付き合いたての頃の自分幻想、そして何よりもまだ体験したことのない、失恋がもたらす精神的苦痛というものへの恐怖が決断邪魔をした。

から、1年2ヶ月と2日目に、決めきれずゴニョゴニョしていた私にあの人が「もう頑張らなくていいよ」と言った瞬間、スッと楽になる感覚がしたのだ。それからは驚くほどスムーズに、そしてお互い納得できる形で、私達は別れ話を終えた。最後挨拶は「じゃあ、またね」だった。

何も後悔は無かった。あれほど恐れていた失恋苦痛も感じなかった。むしろ、あの人と今までより素敵な関係性になれるのではないかという希望すら見えていた。

のに、私は、気付いたら、実家を目指して駅へと走っていたのだ。

多分、母は全部分かっていたのだと思う。父だって察していたのかもしれない。私が、初恋の人と結婚たかたことも、本気で恋人に一生を添い遂げようとしていたこと、そのために沢山沢山頑張ったこと、でもそれは結局報われなかったこと、依存や執着もあったけれど、私があの人を本気で好きだったこと。私が、本当は沢山沢山泣きたがっていること。

そう。好きだった。本気で好きなつもりだったんだよ、ずっと。ずっと一緒にいれると思ってた。だから、頑張った。初めてで、何も分からなかったけど、頑張れば一緒にいれると思ってたのに。あの人も、あの人と作り上げてきた時間も思い出も失わずに済むと思ったのに。

私はただひたすらに、思いっきり泣きまくった。そしてそのまま眠りに落ちた。母はずっと、私の横にいてくれた。

次の日、目が覚めたら昼の12時を回っていた。居間下りると父が録画した吉本新喜劇を見ていた。母はお茶を沸かしていた。私は昨日残したおにぎりと新しいおにぎり味噌汁からあげとゆで卵を食べた。餃子冷蔵庫から出し忘れていた。

その後、母と近所を散歩した。いつもより空気が冷たくて空が澄んでいた。公園について、木製の古いベンチに腰掛けた。「辛い経験や悲しい経験は全て未来自分幸せになるための布石だ」という言葉を思い出した。空を眺めがら、あのユニットバスの、小さなアパートに帰ろう、と思った。

2018-12-07

anond:20181205222201

むかし、毎朝味噌汁が出る施設にいたんだけど、そこでは甘いものがあまり食べられないから、

次の日の味噌汁の具が南瓜やサツマイモってなると興奮で寝付けなくなるほど嬉しかったな。

2018-12-06

脈のない人に言われたらギャッとなりそうな言葉

・一緒の墓に入ろう

毎日味噌汁を作ってほしい

生理?俺が止めてあげようか

2018-12-05

なるべく家で食べようと味噌汁パックとか買うけど

すぐに外食に戻ってしまい、次に気づくと賞味期限切れ

けどまあパックの味噌汁なんて腐るもんでもないだろ、と思って作ってみる

やっぱり風味が落ちている

しかし飲めないというほどではないので、具材を足して もっと美味しくできないか と考えた

乾燥ニンニクスライス味噌汁の具(別売りワカメ等のミックス)、塩昆布を追加してみた

うまい

やっぱりニンニクスライスが効いているんだろう、はっきりした味になった

ちょっとお店の味噌汁みたいに感じた、す◯家とか◯屋とか

純粋味噌汁ではないかもしれないが、これはこれでうまい

2018-12-04

anond:20181204120549

まあ、戦後高度成長期からだよね。それより昔はご飯味噌汁、あとは豆腐とかそんな感じでしょ。

1960年ごろ=欧米情報が入ってくるようになって「栄養価の高い食事を摂りましょう」となり、主婦が頑張って洋食を家で作るようになり、また、品数も増える(ご飯味噌汁は手抜き)

1970年ごろ=添加物公害問題になり、主婦が頑張って安全手作りにこだわるようになる(味の素は手抜き、体に悪い!みたいな風潮)

1980年ごろ=成人病問題になり、おふくろの味和食が見直され、主婦が頑張って昔ながらの料理を作るようになる(野菜のアク抜いたり、かつおからダシとったり、豆を戻したりそういうのが見直される)

1990年ごろ=バブルを経て料理趣味化し、本格レストラン並みのものを自宅で作らないと家事が得意とみなされなくなる(昔は「ハンバーグにはケチャップソース混ぜたので十分」だったのが自家製デミソースでないと認められない、みたいな方向に)

こういう風潮が積み重なり、その前の世代の親を見て「うちの母は手抜きはしなかった」って言い続けた結果として無駄工数が膨れ上がってしまったのが今の日本家庭料理

だしとるとかとらないとかどうでもいいけど

出前とかにたまについてる味噌なかにワカメとかしじみだけはいってるパウチ味噌汁 おめーだけはだめだ

anond:20181203202524

味噌汁は出来合いのダシ入り味噌使うよりもダシからとったほうがうまいことは確か。

anond:20181203202524

うそう。それをわざわざ手抜きと指摘するかどうかという分岐はあるけど、「手抜きじゃない!」って怒るのはそれはそれで間違ってるよね。

強迫観念というか、手抜きをした結果、どういうことが起きてそれは許容できるのかどうかをちゃん判断すればいいんじゃない

例えばいつも同じ味になっちゃうとか、塩分が多いとか、脂っこいとか、保存料とか科学的ななにかを摂取するとか、それが許容できるなら使えばいいし、許容できないなら使わない。普段から麻婆豆腐だの餃子だの作んなくていいんだよ。ご飯と具が多めの味噌汁漬物、気が向いたら塩魚焼けばいいんじゃない

anond:20181204042102

いいなあ うちの冷蔵庫にもいっぱい魚入ってたらよかったのに

冷蔵庫にあったもの料理レパートリーの相関はなんかわかる

自分基本的に卵に何か混ぜて炒めるとか とりあえず味噌をいれれば味噌汁になるみたいなレベル そんくらいしかできない

あと○○があれば××できる △△するならついでに□□もできるなっての考えるのは楽しい

料理の難しそうな感じってやっぱり骨と内臓だと思う あとグリルかいうめんどくさげな装置とにおい

魚食べたくなってきた 捌いたことないけど

今の時代クックドゥが手抜きなのではなく

ダシから作る人、調味料からあわせて作る人がむしろ凝っているんじゃないかしら。

親子丼作るときめんつゆ入れるし、

炊き込みご飯作るとき白だしほんだし使ってる。

なんなら今って混ぜるだけで親子丼の味付けになる調味料あるよね。

割高だから買ったこと無いけど。

唐揚げは粉から作ってもいいんだけど、味付きの唐揚げパウダー普通に美味しかったのでこれでいいじゃん!ってなった。

ごくたまにスパイス混ぜてエスニックっぽいカレー作ってみたりするけどまあ趣味だよね。

無印カレー作るやつが普通に美味しいです。グリーンカレーキーマカレーおすすめだよ!

シチューグラタンホワイトソースから…とか出来るけど、なんかやっぱこれも普通に箱で作った方が楽で早いし美味しかった。

味噌汁味噌とダシが一緒になったやつが売ってるからそれ使ってる。4人家族主婦やってるとかならしっかりダシからやってもいいのかも。2人だし2人とも働いてるのでそこまで手間かけてもなあ、とも。

なめこ豆腐バーって入れるだけで美味しいよ!

あ、あとプチっと鍋とか鍋キューブ?みたいなのあるとちょっと白菜大根、お豆腐入れたスープ作りたい時に便利だよー。

一人で大根死ぬほど食べたい時に一つ入れて煮込んで食べてる。

箸の持ち方ってマナーじゃん

ウィキペディアには「他者を気遣う」という気持ち所作として形式化し、わかりやすくしたもの形式としてのマナーである

って書いてあるけど

箸の持ち方が他者不快にさせるって事だよね。

まあ確かにポロポロこぼしてたら良くないよね。味噌汁に手が浸ってるとかさ。

じゃあ上手に食べれたら変な持ち方でも不快じゃないのかというとそうじゃない。

なにが不快にさせてるんだろうね。

この箸の持ち方は育ちが悪いという偏見かなと思うんだけど、どうだろう。

2018-12-03

大豆四重奏

この前近所の寺が禅の体験みたいなことをやっていたので行ってきたんだが、そこで頂いた精進料理が凄かった

もっとも量や主菜の話ではない。薬石だったので量は多少少ないまでも予想通りだったし、おかずはむしろ美味しかった

驚いたのは味噌汁である。出てきたのは納豆豆腐油揚げ味噌汁

圧倒的四重奏、ほぼ大豆だけで構成された味噌汁がそこにはあった。

蛋白源への執着の凄まじさを垣間見たと同時に、ここまでストイック大豆取ってればそりゃ身体も頑強になるだろうなあと恐れ入った。



ついでに、何気なく納豆単品でなくてなぜ味噌汁に入れられた状態で出てくるのか」と面倒を見てくださっていた坊さんに聞いてみたところ

「茶碗を洗う手間が省けるし、畢竟使う水の量も減らせるから」と返ってきた。あな慎ましや。

2018-11-30

本屋さんに行った時の買ったか増田記憶沖田酢魔の火タッカ軒とタッイ人差やん補(回文

たまに本屋さんに行くと、

なんか不安を煽るようなタイトルばかりでなんか滅入っちゃうけど

食べ物の話の本に関しては、

ただ単に普通にお腹が空いてしまうと言う弊害があるわ。

でね、

カレーエッセイ集みたいな面白そうな本が置いてあって、

とても表紙も可愛いのね。

でもなんかこれ買ったかどうか記憶が超曖昧なミーなわけ。

ここは2冊重複してしまうことは絶対に阻止したいところなのよ。

わかる?

このわかりみ。

ネットならこの本以前に買ったよってデカデカと表示されて教えてくれるんだけど、

もしくは購入履歴とかで以前買った本がみれるじゃない。

リアル書店だとそれがないから、

この本買ったっけ?買ってなかったっけ?って困るわ。

あと

写真とかない本ならどちらかというと電子書籍で買っちゃいたいタイプでもあるミーなので、

本屋さんで本見付けたら、

タイトルメモするなりして、

その場で検索して電子書籍があるかどうかと言うことを調べる二度手間二度手間わ!

電子書籍レーベルでも取り扱ってるものの違いもあったりなんかするし、

こっちのサイトではない!

あっちのサイトではある!ってことが多々多発なのよ。

本を買ったら、

その同じ本が電子書籍版も併せて一緒にゲットできる仕組みがポケモンよね。

そういったところ整理して欲しいわ。

あとこれ前にも言ったかも知れないけど、

電子書籍の貸し借りも

リアルの本で出来ることをデジタルででもやってみたいわ。

デジタルになってから

逆にデータの取り回しが面倒くさいことになってるわよね。

まあ、

リアル本屋さんにいったら、

素直にバンバンたくさん本を買えなくなった事情は色々あるわよね。

トムハンクスって小説家か知らなかったけど、

たまたま本が置いてあって、

それってリアル本でも電子書籍版でも両方あったのね。

これってコレクターズ相手無敵な要素を持ってるから

本として形を持っておきたいところもあるし、

手早く端末で読めちゃう便利さも捨てがたいのよね。

要は両方買えって事なのかしらね

とどの詰まりは。

うふふ。


今日朝ご飯

炊き込みご飯をしてみたので、

その五目炊き込みご飯とお味噌汁和風です。

市販炊き込みご飯の素はすぐに飽きちゃうから

ぜひ自分発信のオリジナル炊き込みご飯も開発してみたいところ。

デトックスウォーター

今日はなんか朝起きたらのど渇いたので、

グビグビレモン炭酸一気飲みしちゃったわ。

我ながら冬のこの寒さで珍しい飲みっぷりだわ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2018-11-28

突撃】昨日の晩ごはん

白いご飯   国内産さんま   麸入りの味噌汁   キムチ   緑茶

さびさのさんま。ほろ苦い内臓が私の舌の上を滑らかに通り過ぎた。    

2018-11-26

anond:20181126190117

同じくだよ。味噌汁に入れてもいい。うまく作れば美味しい。でも味噌汁以外でも他に使いみちいくらでもあるだろってのはある。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん