「好き嫌い」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 好き嫌いとは

2018-07-17

anond:20180717101147

炎上気味な時点であのデレポには問題があったと言えるんだけど、満開スマイル組が悪いっていうのはやっぱり違うと思うんよ。

アイドル格差問題出して悪いとは思うんだけど

杏のbotを気に入ってる杏ファンの数>>清美ファンの数

なわけであそこで杏bot再開させないと清美の悪印象につながるわけで(実際この件で私の中では一時的清美への好感度が相当落ちた)、満開スマイル組は一見杏を擁護してるように見えるんだけど、杏ファンの不満から清美を守ることにもつながってるわけ。最後の方はきっちり清美フォローも入れてるし。

杏にとってはあんbot一つ簡単に辞められるどうでもいいネタの一つに過ぎないわけだし、天然気味な卯月を除いては満開スマイル組がbot再開を後押しする理由はそんなにない。

そもそも清美キャラである風紀委員ってもの好き嫌いが激しく分かれる属性であって、風紀委員支持派は絶対自分達が正しいと信じてるけど、大多数の学園アニメでは抑圧的な嫌われ者って側面もある。アイドル仕事も風紀と矛盾があるし、シンデレラ自由雰囲気とも合わない。特に今回みたいに他人活動妨害したら駄目だよね。それ含めて彼女個性として肯定されるべきだとは思うんだけど。

anond:20180717122925

その2つはぜんぜん違う問題だと思う。

ヒュッケバインは、サイバスター以後スパロボが自前コンテンツ欲しさに欲かいた結果、バンダイ逆鱗に触れて抹殺されただけ。

ガオガイガー勇者シリーズの早期打ち切りにあたって、最後スーパーロボット的とされる要素を薄めるのではなく濃くする方向で過剰なまでにやりたい放題やった結果、長く愛されるシリーズになったというだけ。いい悪い好き嫌いはともかく「濃い」っていうところ。

anond:20180717043253

何回もこの話してそうで書くのためらったけどありがとう

https://togetter.com/li/1247162

これに個人的好き嫌いの話が多いなと思って見てたけど、職業差別だと思う人もいるのかと思って気になった。

2018-07-15

anond:20180715170045

結局これって「好き嫌い」の話でしかないって証明されちゃったよね

anond:20180715151005

共謀罪ってヤバそうな気がしたけど

自分の気に食わない輩が声を上げて反対していたか

実はよい法律かもしれないと思うようになったわ

結局そういう好き嫌いはあるかもね

anond:20180715150305

さもマイノリティの味方面してる奴も、自分の気に食わない輩が声を上げていれば無視するどころか最悪バカにしてくるわけで

「声を上げているかどうか」じゃなくて「自分そいつらに共感できるかどうか」で判断しているに過ぎねえんだよな

私の好き嫌いゴリ押しするだけのことにいちいち少数派をダシにすんなと言いたい

2018-07-14

[] 弁護士法治国家否定

法治国家日本

法曹関係者には、いろいろな考え方の人がいる。

法治国家否定するラディカルな思想を持つ人がいても、おかしくはない。

しかし、日本が人治国家になったら法律無用法務を専業とする弁護士不要となり、自らの存在意義否定する「矛盾」に陥るのではないか

 

オウム事件とこの集団対応は、この「前例のない事件に対しては前例のない体制で」でやってきた。それだけの大事件であり、特異な集団であり、特異な思想だったからです。

で、今回の支援要請につき、国が応えられないなんてありえない筈、と確信しています

・その必要性があり、決して憲法違反するものではなく、法令違反するものでさえないのだから

日本が、テロと闘うならば、そのテロ行為の背景などにも対応していくことによってこそ、「闘う」といえるのだから

助けてください。

 

滝本弁護士の主張から、鍵となるキーワードを拾ってみよう。

  1. 前例のない」
  2. 憲法違反
  3. テロと闘う」

 

前例のない」

社会は常に変遷して行く。かつてない状況に出会ったら、新たな対処方法確立する必要がある。そこまではOKだ。

しかし、最初は手探りの試行錯誤ゆえ不具合が生じた場合、後でちゃん不具合修正できるのか?

ロールバック可能手段も用意されているのか?

 

滝本弁護士独断で、関係者の利害を調整することなく、物事を強引に進めてしまった場合、その結果重大な人権侵害などが起きても、ちゃん回復できる仕組みも併設されているのか?

新規対応で失敗しないためには、ちゃん保険もかけているのか?そこを注意深く観察する必要がある。

デリケート問題を扱うにしては、十分な議論を尽くすだけの「慎重さ」が欠けていないか

 

万一、間違った前例を作ってしまった場合、後戻りできなくなるのでは困る。

歴史を振り返ると、人類は多くの失敗を繰り返している。(同じ失敗を繰り返すのは、単なるアホでしかない。)

前例がない」場合こそ、十分に時間をかけて話し合い、慎重に対処すべきという「共通認識」が必要だ。

 

憲法違反

人々の利害関係の調整は、政治家法曹職務である

民事および刑事係争は、法律というルールに基づいて解決を図るべきだ。

なぜ、滝本弁護士は、他の利害関係者と対話の機会を持たないのか?独断偏見で話を進めていないか

司法試験勉強をしたなら、少なくとも一度は日本憲法を読んだことがあるはずだ。

1945年昭和20年)に、ポツダム宣言を受諾して連合国に対し降伏した日本政府は、そこに要求された「日本軍の無条件降伏」「日本民主主義的傾向の復活強化」「基本的人権の尊重」「平和政治」「国民自由意思による政治形態の決定」などにより、事実上憲法改正の法的義務を負うことになった。

そこで連合国占領中に連合国軍最高司令官総司令部の監督の下で「憲法改正草案要綱」を作成し、1946年昭和21年5月16日の第90回帝国議会の審議を経て若干の修正を受けた後、同年1946年昭和21年11月3日日本憲法として公布され、その6か月後の翌年1947年昭和22年5月3日施行された。

第14条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種信条性別社会身分又は門地により、政治的、経済的又は社会関係において、差別されない。

 

なぜオウムだけは差別して、議論の輪から外しても良いと言えるのか?(言っていないなら問題ない。)

好き嫌い」という感情ではなく、「真偽」という論理、すなわち法律ルール)に基づく説明ができなければ、法曹としては失格だ。

パブリックコメントを発する以上は、他者から質問に答える義務がある。(質問を受け付けないのなら、それは単なる独り言しかない。結果、他者聞く耳を持たず、自身孤立する結果を自ら招くだけだ。)

滝本弁護士には、公開の場で質疑応答を行なうだけの「誠意」を見せて欲しい。

  

テロと闘う」

テロ」といえば昨今の「テロ等準備罪」を巡る議論を思い出す。

日本では犯罪を実行したことを罰するのが原則です。それに対して、共謀罪犯罪計画合意したこと自体を罪ととらえ、犯罪を実行する前に処罰しようというものです。深刻な犯罪を未然に防ぐことが狙いです」

 

「新々過失論」(危惧感説)

「過失」を巡る法理の分類は、歴史的に「旧過失論」「新過失論」「新々過失論」(危惧感説)などが挙げられる。

 

 

テロ等準備罪は、危惧感説に基づく新しいタイプ法律と言える。日本では、藤木英雄先生先駆者として有名だ。

藤木英雄1932年2月20日 - 1977年7月9日)は、日本刑事法学者。元東京大学法学部教授

戦後の数ある刑法学上の論争の中で、実務上最も重要な意義をもったのは過失責任を巡るものである

藤木は、高度成長期において非伝統的な犯罪が多発するという状況に際して、新たに企業側の過失責任拡張することで、被害に苦しむ市民を救わんと尽力し、新過失論を一歩進めて「新・新過失論」・「危惧感説」を提唱した。

危惧感説が登場する以前の新過失論は、逆に伝統犯罪交通事犯に対する過失責任限定意図していただけに、画期的な転換といえる。

危惧感説は、後に板倉宏らの一部の学者検察官の支持を得て、森永ヒ素ミルク中毒事件採用されるに至ったが、北大電気メス事件( 札幌高判昭 51.3.18 高刑集 29.1.78) では明確に排斥されており、学会でも一般的な支持は得られなかった。

 

日本ではまだ、危惧感説に基づく国民合意形成が十分になされている状況とは言えない。(テロ等準備罪も始まったばかり)

従って、滝本弁護士が、「テロと闘う」という大義名分の下、かつてない法的判断要求するつもりならば、日本国民に対する説明義務が伴う。

滝本弁護士が単なる思い付きや感情論で言っているだけなら、後世に悪影響を残す有害前例を作ってしまうかもしれない。

ハッタリではなく、滝本弁護士が藤木英雄先生の業績を踏襲し、発展させる意気込みがあるなら、一概に有害とは言えない。

 

この点については、オウム限定する必要がない。

なぜなら、日本国民全員の利害に関わる問題からである

従って、公開の場で議論を尽くされなければならない。

どのような方法で公開討論を進めていくべきか?日本国民全員で検討する必要がある。

(滝本弁護士には「オウム問題を風化させたくない」という思いがあり、さら法治国家否定しているわけじゃなければ、この結論に至るだろう。)

好き嫌い道義の違いがわからないと言えば

いつも思ってるのが安倍に「そういうところが嫌われるんですよ」とか言っちゃうサヨク気取りの醜悪さな

こういうのがいなくならないと日本にほんとのレフティスト運動なんか起こりようがない

anond:20180714154754

本来フェミニズム社会生活上の男女同権)であればもちろんサヨク案件ではあるのだが

日本バカフェミっててめーの好き嫌い道義上の正否の違いがわかんねーからネトウヨサヨクも含めそもそも日本人の大半がこれだが)

単なる「女の気持ちを受け入れろ」って子供っぽい我が儘でしかないのよな

ララのように「フェミニズムとは平等主義の別の言葉に過ぎません」なんて冷徹言葉は出てこない

すぐプライベート感情問題社会的な公平感の違いがわからなくなる

めんどくせー

2018-07-13

anond:20180713223238

たとえ感情的でも仁義とか人としてって論理を述べられる人なら

聞いていても心に響くが、コイツ個人好き嫌いぐらいの

薄っぺらなので全く響かない。とりあえず大きく喚いとけ!という

芸人言動なんだよ。

anond:20180713051551

そうこれさ、なんなんだ?と思った。

ノーマルだって自分許容範囲を超えてたら、気持ち悪いし好かれたら困るわーってなるじゃん?

相手に直接キモイって言うかどうかは関係性次第だけど。

みんな違ってそれがいい、じゃなかったの?

誰にだって好き嫌いはある。老いも若きも性別関係ない。

anond:20180713110955

それが嫌なら最初から「僕の好き嫌いです」って叩けばいいのに

信じてもいない薄っぺら大義名分を掲げるからそういうカウンターを食らう

anond:20180713000222

好き嫌いは少ない方が便利でいい、っていう程度の話のつもりで俺は言ったけど

最初はそういうつもりの意見でも先鋭化するやつが必ずいて、最終的には何でも食べなきゃ悪!アレルギーは甘え!となる

からそもそも好き嫌いが無い方がいい的な意見は完全封印しないとまずい(とポリコレ的には考えられている)

という話かな

実際そこまで言われはしねーだろ、と俺は思ってる

anond:20180712234648

他人特定のものを口にしないことについて、

好き嫌いなのか体質や文化問題なのか俺の知ったことではないし

憶測だけで他人人格とやらで値踏みをすれば、

それはそのまま自分自分人格を常日頃試していることになるので

自分人格者になれなくなった瞬間に自暴自棄起こすんだろうなと

遠い目をして夕日を見るようなシチュエーションに憧れます

2018-07-12

anond:20180712234648

幹事や会食相手も困るだろうけど、好き嫌い多くて一番困るのは結局本人なんだよな

好き嫌いをなくそう、いや無くさなくていい、って話の時そういう観点意見あんまり出ないのが不思議だわ

俺が増田ならそういうときは、嫌いな食べ物が残し易そうな形で入ってるメニューを選んで、残すかな

anond:20180712234648

俺は逆に好き嫌いわずなんでも食べるどころか出されたものは極力食べるようにしているけど

人格者というよりは単なる貧乏性な気がするな

あくまで俺の場合

好き嫌いが多い人は人格問題があるか

嫌いなものが多く社食では消去法でメニューを選んでいるのだが

それでもたまに全部苦手なものが入っている場合がある

例えば…

A定食:豚の生姜焼き豚肉脂身が苦手

B定食:魚の甘酢あんかけキャベツ玉ねぎが苦手

丼物かき揚げ丼←玉ねぎ紅生姜が苦手

麺:キムチラーメン←辛いの苦手

こういう場合は本当に悩みに悩む

会社辺鄙なところにあって周りに食べるところやコンビニがないため

社食一択みたいになってるというのもこの苦渋の選択を迫られる要因である

そしてどうやらここまで好き嫌いが多いのはあまり一般的ではないらしい

お昼は会社の先輩後輩と食べるのだが皆好き嫌いがないか大人になって食べれるようになったとのこと

自分大人になればネギ玉ねぎやお漬物カラシわさびが食べられると思っていたのだが…

飲み会などの時は自分の好きなものだけ手を出すので幹事迷惑はかけてないはず

(自分幹事やることも多いが)

また魚は全般大好きなのでまだ助かっているような気もする

今のところ一番好きな食べ物オムライスハンバーグという状態でやはり少し恥ずかしい

2018-07-08

anond:20180708175630

何度も言うけど、低能先生は「ネットリンチ」がどうとか言いながら、自分好き嫌い党派性で叩くもの絶対に叩かないものを明確に区別していた

というか、「何があっても絶対庇う対象」というのをまず決めて、それを攻撃してそうな奴を全員雑に殴って回ってた感じだ

からこそ、idの出ない増田でも、BANされるたびに毎回idが変わるはてブでも、「ああこいつはまたいつもの先生だな」と特定個人として扱われてたわけ

ただ他人低能呼ばわりするだけなら、それはただのネットミームしかない

そうじゃなくて、いつも特定党派性に則っているからこそ、他人をやたらと低能呼ばわりする迷惑人間に「低能先生」という名が与えられた

でも、叩く叩かないを決めているのは本人で、その基準も結局本人の内側にしかないので、最後の答え合わせができる人間先生本人以外には存在しない

他人エミュレートするのには限界がある

から低能先生モノマネはできても、それは先生の代わりにも偽装にもならない

まとめると「ただ低能と書いて草を生やせば先生になれるわけではないぞ低能w」

2018-07-05

差別好き嫌い

著名人差別的発言、とかってたまにあるけど、個人のただの好き嫌いやんけ、と思う。

「私は黒人に対してどちらかといえば友好的に思っているが、黒人のAってやつだけは嫌いだ」

これは差別か?ただの好き嫌いだろ?

なら範囲を広げて

「私は黒人が嫌いだ」

これも個人が言う分には好き嫌いじゃないか

もしこれが差別だと言うのなら、これはどうだ?

「私は黒人が嫌いだが、握手白人にするのと同様にする。他の扱いも別に変わらない。ただ嫌いなだけだ」

「私は黒人に対してどちらかといえば友好的に思っているが、黒人のAってやつだけは嫌いだから、こいつとは絶対握手はしない。嫌いだから扱いを変える」

差別なのは後者だろ?扱いに差がついて初めて差別だと思う。

全員が、「嫌いだけど差を付けない」とするとは限らないのが問題かな。

ちなみに自分韓国人ゲイが嫌いだよ。特に攻撃したりはしないけど、ただ嫌なだけ。

2018-07-03

2年くらいで「声優に詳しい人」になった話

 アニメの作り手は一つの作品だけでも沢山いるので「なんで殊更声優に詳しい人が多いんだ?」という疑念は、全くアニメを観てなかった2年前の私も持っていたのだけれど、いざアニメを観るようになってからは、三度「彼らもこうやって声優のことを好きになったのかなぁ…」と思うことがあったので、そのあたりの経験増田に投げてみようと思った。

アニメの作り手

 アニメにハマった初期の頃は声優名前を気にせず、物語好き嫌いだけで観ていた(そういう意味では「アニメ=魅力的な原作動画化したもの」という認識だったのかもしれない)のだけれど、去年ニコニコ動画で「ふらいんぐうぃっち」を観ていたとき、作り手に言及したコメントがたくさんあったので、自然と本作の監督脚本絵コンテ音楽、背景等について興味が湧き、めっちゃ調べまくったのを覚えている。

 それ以来、アニメは必ず作り手が誰かを気にしながら観るようになった。自分の好きな作品に関わるスタッフが別作品に関わっていれば、観てなくても好みの作品であることが分かるので、そういう「好きなスタッフ」を増やしていくことが、大好きな作品出会うための一番の指針になるからだ。でもこの時点ではまだ、殊更に声優意識することはなかった。声優の演技は基本ディレクション次第で、いい演技=いいディレクションだと思っていたからだ。

演者としての声優

 最初声優凄さを実感したのは〈物語〉シリーズだったと思う。どのキャラも作中で掘り下げていて必ず見せ場があるので、一通り中の人の好演を観ることができる。おかげでキャラ中の人名前が一致するのにそれほど苦労しなかったのだけれど、そんな彼らが別の作品に出ていたのを観たとき、声がまるで別人みたいな声色や喋り方で(別人格から当たり前なんだけど)、いくらディレクションが違うとはいえこんなに多彩な演技ができる声優ってすごい!と感じ、以降気になったキャラ中の人は「作り手」として積極的に覚えるようになった(この頃はまだ、アニメ作品の主演声優すら覚えてない事が多かった)。

声優エンターテイメント

 一方、明確に声優個人の人となりを意識したのは「てさぐれ!部活ものシリーズだった。これは中の人キャラクターの境界が非常に曖昧作品なので、本作に限り「このアニメを好きになる=中の人を好きになる」といっても過言ではない。また、本作はニコ動公式ラジオを今でも無料開放しており、声優同士の馬鹿騒ぎや、それに対するファンからの愛のあるコメントを見ることができる。そこではどの声優も独特のいじられ方をしており、非常に愛に溢れた独特の空間になっている。当然声優個人に興味が湧いたので各声優ニコニコ大百科を見たのだけれど、どの声優のページもあらゆるエピソードや出演作を網羅的に記載していて驚いた。あまり面白かったので、暫くの間声優の大百科サーフィンにハマっていたくらいだ。これだけの情報をまとめるファンたちはすごい。もはや一種エンターテイメントである。おかげで、特定作品中の人を全員覚えることが出来た(全員覚えたのは本作だけかもしれない)。この頃から特定声優目当てでアニメを観ることが多くなった気がする。

声優ラジオ

 てさ部がキッカケで多くのアニメに(広報として)公式ラジオ番組があることを知った。この手のラジオは大抵出演声優MCを務めているので、そのアニメのことを詳しく知りたいからと聴くうち、どんどん声優に詳しくなっていく仕様になっている(特にラジオはSound Onlyなので、声と名前を一致させるところから始める必要があるのも、これに拍車をかけている気がする)。

 広報のための番組はいラジオラジオなので、たまに声優個人の近況報告の中で友達声優や同じ事務所声優が話に出て来たりするのだけれど、その度調べていくうち「声優ラジオ界隈」というコミュニティにたどり着き、そこからは芋づる式に声優に詳しくなっていった(例:水瀬いのりさんのラジオにちょくちょく出てくる大西沙織さんと一緒にラジオをやってる佐倉綾音さんと仲がいい加隈亜衣さんと東山奈央さんとか)。ラジオ聴く限り声優職業柄、横のつながりを大切にする人が多いようだ。声優基本的に他事務所声優と一緒に仕事をする機会は多く、同じ事務所声優と一緒になる機会が少ないので、事務所を越えて交友関係が広がる傾向にあるとのこと。声優による、事務所を越えた労働組合を作る日が来たりして。

個人的に演者として好きな声優と、人として好きな声優

 私はもともとラジオ大好きっ子だったので、ラジオパーソナリティの人となりが好きという理由だけで、福山雅治さんも荻上チキさんも伊集院光さんも朝井リョウさんもオードリー菊地成孔さんも花澤香菜さんも西明日香さんも小澤亜李さんも黒沢ともよさんも吉田有里さんも本渡楓さんもラジオで聴いている。そう考えると私には「演者として好きな声優」と「人として好きな声優」がいるということなのだろう(必ずしも可分ではない)。ラジオという媒体は多かれ少なかれパーソナリティプライベートを切り売りする仕事なので、聴けば聴くほど彼らを好きになってしまうのだ。例えば黒沢ともよさんのラジオを聴こうと思ったキッカケこそ「宝石の国」での演技に感動したかなのだけれど、「それはそれ、これはこれ」みたいな。

声優ファンによるアニメの楽しみ方≠アニメファンによるアニメの楽しみ方

 だから、「声優は好きだけどアニメは観ない人」も「アニメは観るけど声優には詳しくない人」もいて当然だと思う。なんせ声優仕事は多岐に渡るので「アニメ仕事」は声優のいち側面でしか無く、「アニメに詳しい人が知る声優」と「声優好きな人が知る声優」は必ずしも一致しないのだから。強いて言えば、多くの声優アニメが大好きなので自然と「アニメが大好きで声優にも詳しい人」が多くなるのだろう。私みたいに。

 よくアニメ実況のTLやニコニココメント声優いじりのネタを書き込む人がいるけれど、あれも「普段ラジオ生放送馬鹿騒ぎしてる人がアニメで真面目に演技している(笑)」とか「あの作品ではあんなにコミカルな演技してたのに(笑)」っていう、ある種声優本位な観かただったりするので、それはそれで楽しそうだ。

アイドル声優(狭義)界隈って?

 でも私にも全く分からない分野があって、たとえばアイドル声優アイドルを描くアニメ等の作品と同時展開でリアルでもライブイベント等を通じてアイドル活動を行う人たち)だ。本当に何もわからない。もちろんそれは特定声優をさすカテゴリではなく、あくま声優のいち側面でしか無いのだろうけれど、個人的な観測範囲ではどうもファン層が異なるように感じる。あの界隈はやっぱりリアルでのライブに行かないとその本質が分からないものなのだろうか。もし増田erの中にアイドル声優(狭義)にハマってる人がいたら「アニメをどう楽しむのか」とか「アイドル声優声優じゃないアイドルの違い」とか聞いてみたいな。あと、アニメキャラクターの性格中の人性格は当然違うわけだけれど、ライブってどうやって楽しむんだろう。やっぱり「それはそれ、これはこれ」なのかな。

 

 要するに、彼らはエンターテイナーなのだ

2018-07-02

anond:20180702231236

友達って言ったらはてなぐらい左翼フェミに優しいコミュニティも珍しいし、イケハヤはあちゅう徒党組んでる(ご指摘の通り信者という方が正確だけど)わけで

そうなると本人の好き嫌い党派性以外にどういう基準リンチかどうか決めてるのかわからなくなる

anond:20180702145708

社会に出て10数年で感じたのは、「偏差値が高い」と「頭が良い」と「仕事ができる」はそれぞれ違う能力だということ。

偏差値高い、頭良い、仕事できる、の各能力に優劣はないが、個人的好き嫌いを順番で並べるなら、1頭良い、2仕事できる、3偏差値高い、だなーと思う。

偏差値高いの「だけ」がご自慢のやつには、ビックリするぐらい碌なのがいないというのも知見としてはある。

あと、1頭良い、2仕事できるの2ペアが揃うと、3偏差値高いもおまけで付いてきてスリカードになる確率は高い。つーか更に「性格良い」「育ちが良い」みたいなのもおまけで付いてきてロイヤルストレートフラッシュかよ!と思ったりする。

そういうまれ存在する「偏差値も高くて頭も良く、仕事もできて稼いでいる人」は、100%この手の偏見を持ってないかもしくは外に出さない。

2018-06-29

anond:20180629195115

思ってるだけで口には出せないので、たぶん大丈夫

あと、俺は同級生とかじゃないか好き嫌いの枠外で、何とも思われてないはず

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん