「裏切り」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 裏切りとは

2018-02-21

anond:20180221015659

うまく返信できているだろうか?

やっぱ洗脳なのかなぁ。

離れたい、この人とは根本的に合わないってわかってはいるんだけど、分かっていても洗脳になるのかな?

単純に恐怖で離れる勇気が出ない。

裏切りだ!とか、逃げだ!とか。

普通の人以下、常識を知らない、世間を知らなさすぎる、幼稚園児以下とか。

モラハラパワハラだとは思う。

けど報復が怖いか労基署とかそういうところは行けない。

プライベートまで介入してきている。断れない。取り巻きもいて。

これも見られているんじゃないかとかね笑

報復がほんと恐怖でしかない。

実家も分かっているし、最初のころ信用してたからある程度のことを話してしまっている。

もう、恐怖。

2018-02-15

「#metooしたのにセクハラしている」は逆なのでは?

https://twitter.com/ha_chu/status/963220228850122753

はあちゅうさんの件で前々から違和感があった。

はてな民は「#metooセクハラ告発したのに自分セクハラしてて居直ってる」という文脈を出して疑わず非難しているけど、実際は逆なのでは?

セクハラ上等文化圏でやったりやられたりして生きてきたのに急に#metooセクハラ告発した」なのでは?

はあちゅうさんの目線理解するには多分後者のほうがあってるのでは?


はてな民はあちゅうさんはそれぞれ自分目線を当然の常識だと思ってるから噛み合わなくなってる。

はあちゅうさんが自己弁護で持ち出す「誰でもやってる普通のこと」は、はてな民からするとやったことも見たこともない野蛮な風習ばっかだし、はてな民のそういうドン引きリアクションはあちゅうさんからすると自分への意地悪でやってる嫌がらせしか見えない。


はてな民の知り合いには「グラビアアイドル画像卑猥コメントつけて知り合いにシェアする男」「面白いつもりですぐゲイジョークを吐いて知り合いにシェアする男」なんてマジで居ない。けどはあちゅうさんにはそんなはてな民世界想像を絶するし、はきりいえば「自分言いがかり付ける為に嘘ついていい子ぶってる」ぐらいに思ってる。


はあちゅうさんはセクハラ上等、下品性的な「イジり」上等、やったりやられたりする文化圏で息をしてきた人で、当人脳幹から尾骶骨にいたるまでその文化価値観で出来ていて、それ以外の世界をどうやっても正確には理解出来ない。 これは良い悪いの問題ではない気がする。はてな民が正しくてはあちゅうさんが間違っているという断定は傲慢だと思う。


ただそうするとむしろ1点だけ気になることがあって、

セクハラ上等ルールで生きて仕事をしてきたはあちゅうさんは、同じルール仕事をして生きていた同族である筈の岸勇希に対して、#metooという外部のルール自分の物でないルール告発して社会的生命を奪った。


しろあの一事こそが、当人人生価値観への裏切りであり、同じルール世界に生きる仲間への重大な反則行為だったのではないだろうか。

#metooというセクハラを許さなルールと、セクハラ上等電通ルールと、本来はあちゅうさんがどちらを自分ルールとして居るかはもう誰の目にも明らかだ。

2018-02-14

ガイキャラエンタメから排除して欲しい

テラスハウス雄大くんマジヤバイ - Letter from Kyoto

http://lfk.hatenablog.com/entry/2018/02/08/184025

この記事を読んで、「うわー見たくない」と思った。

テラスハウス絶対に見ない。


雄大君というのが素なのか役者なのか発達障害かそれ以外の障害かは知らない。

ほんとにそんな人だと集団生活撮影も成り立たないか十中八九「そういうキャラ」の演技だと思う。

例えばちょっとそういうケがあったのをいじられてそれで行けって言われてオーバーにやってて、

製作側でも「そういうキャラ」に見えるように意図して演技をつけて編集して演出してテロップを入れてる。

なんでそんなキャラ入れるのかと言うと、不快理不尽な奴が視聴者や読者に受ける!という方程式製作側が確立して味しめてるから


従来のエンタメにもいた悪役とかライバルとか敵対者はいた。

でもここでいうガイキャラはそういうのから逸脱している。

文字通り何らかの重度の脳の障害とかサイコパスみたいな行動するキャラだ。

主人公そばにいて裏切りを重ねてたり理解不能利己心を見せたりして

そこに何の深い理由計画もなくただ視聴者や読者に不快感を振りまくためだけに生を受けてるキャラ


ガイジが悪い言葉だと言われるかも知れないが

脳障害キャラだとここでは意味が伝わらない。

まさに視聴者や読者からガイジ」として嫌悪と蔑みを受ける為に設定されてるキャラ

受け手の方にも「ガイジ」消費の作法確立しつつある。


講談社系の漫画を中心に二次元でも昨今はガイキャラ跋扈する。

ガイキャラ能力の低い作家でも作れてそこそこ読者をひきつけられるからだ。

悪役としての主人公と異なる利害や考え方を設定する必要すらなく、

主人公の友人が少しずつ立場が離れていってしまう繊細な経緯を描く必要もなく、

ただ無考えに理不尽不快な行動を繰り返させるだけでいいから。

やることに一貫性の欠片もなくてOK、自滅的であっても問題なし。


ガイキャラエンタメ堕落だと思う。

ここで言ってるのは丁寧に作られた「良心を持たない人間」などとは全然違う。

ただ志の低い製作者によって飛び道具のように濫用されて受け手嫌悪と蔑みの気持ちを搔き立てるためだけのキャラのことだ。

2018-02-08

Twitterの繊細なオタク

聞こえます・・・予想以上に長くなってしまったので先に伝えたいことを伝えます・・・

ドキッとしたフレーズありましたか?なければ以下の文章は読まなくても大丈夫です

・・・

みなさんはもし回転寿司に行って、一緒に来た友達ラーメンを食べてたら絶縁しますか?

もし友達ガラケー派だった場合、「スマホは便利だよ」と言いながらその場で友達ガラケーを叩き折ったりしますか?

しませんよね

しかtwitter上で「くら寿司ラーメンなう!」と言うだけでブロックされるパターンはさほど珍しくありません

オタクコミュニケーションに慣れていなさすぎではありませんか?

ここで言う「コミュニケーション」とは単に「人と喋る」「友達を作る」「集団社会でうまく立ち回る」とはまた意味が違っていて

それができない人は言うまでもないのですが、その先のお話です

とにかく傷つきたくない

twitter流行ったので、もう「意見を発信し、会話をしなくてもじっくりと相手吟味して近しい意見の人を選んで接する」ということが誰でもできる時代になりました

しばしば地雷がどうとか嫌なら見るな論がどうとか繊細なオタクtwitterでキレるのは要するにtwitterには「傷つくリスク回避できるSNS」という認識がなされているからなんですね

しかに、主張の合わない人と仲良くするメリットって全く無いわけですよ

完全に自分のTLを快適な箱庭にしたいなどという思想はありませんが、嫌いな人を嫌いだと先んじて知ることができるし、

どこかで行われている激しい争いを視界からシャットアウトして好きな人ツイートや猫の画像ふわふわと漂っているtwitterの優しさ、自分も大好きです

しかしこの優しさに慣れきっていると問題が発生しま

緩やかな死

死とは、孤独です

自分ふわふわと漂っていると、ついつい周りの皆さんもふわふわと漂っているものだと勘違いしてしまうのですが

いつもTLで仲良くしていると思っていたグループ自分の知らないところで通話オフをしていたり

自分がお財布事情で買えなかった流行りのゲームを遊んでいたり

仲良くリプを飛ばし合っていた男女がいつの間にか結婚していたり

狭いコミュニティだと余計そういったもの意識しなくても目についてしまものです

あれ・・・・・・・・・じゃあ誰ともオフ通話をしていない自分・・・・・????????

こうなると優しかったはずのふわふわ世界が一転して「自分を疎外する空気」というものに塗り替えられてしまます

実際の所その人達リア友だったとか、同郷だとかイベントたまたま隣になったとか、ちょっとしたきっかけがあるかないかの違いだったりもするのですが・・・

被害妄想から逃れられない

自分を疎外する空気」を感じてしまったが最後で、あとは学生時代よろしく教室の隅で落書きするオタクの卑屈な心理状態になります

「あの人は自分のことを褒めてくれるけどいいねが一万件超えてるし、大勢の一人くらいの認識なんだろうな」

フォロー1000件越えてる人にフォローバックしてもすぐ忘れられるだろうな」

「この人リプライでは仲良くしてくれるけど、オフには誘ってくれないな 多分自分空気読めないからだろうな」

「憧れの人が通話募集してる人いるけど自分が話しかけてもお前じゃねーよって思われるだろうな」

オフに行ってみたけど身内感すごくて全然話せなかったな 次からは誘われないだろうな」

現実オフまで行けば他のふわふわ孤独ユーザーからは疎まれるくらいコミュニケーションはしているはずなのに・・・

オタクはいくらでも自分を貶すことができるものです この自尊心の低さがオタクオタクたる所以ですね

限界集落の完成

そうしてメンタルがヘルしてしまったオタク達は「自分のほうがマシ」と思えるような闇オタクを好んでフォローしていき

集まった精鋭の厭世オタク達、陽キャの存在しない理想の国・・・自分はこれを「オタク限界集落」と呼んでいます

しかしこの集落で行われるやり取りも先程記述したものとさして変わりません

コミュニケーション在る所にヒエラルキー在り、自分が良しとしてその激流の中踏ん張り続けない限り

良質なコミュニケーションを獲得することなどできないのだと、これを読んでいるオタクはお気づきでしょうか

悲しいかな、限界集落所属でそこに気づくことができるのは一握りのオタクのみ

殺し合いの始まりです

御国自慢の同調圧力~抱き合い心中、死なば諸共~

まぁやはり自意識過剰オタク達ですから殺し合いもエコロジーです

反社会的妨害行動や正々堂々とブロックなどといった強い行動に出るメンタルは備えていません

いや、その繊細さこそが悪のコミュニケーションを「環境」として成立させてしまうのでしょうね

まず彼らは「人生の不幸な側面」で響き合った者共なので、基本他人幸せを祝福できません

もう他人幸せな時点で心に深いダメージを負い、正当防衛と言う名の理不尽暴力を振るってしまうからです

そして、理不尽暴力とは要するに「不穏な空中リプライ」です

だって直接言ったらストレス自分も傷つくし相手から反撃まで食らう可能性もあるし、良いことないですよね

例(完全に創作です)

A「今日はBさんと有名なパンケーキのお店行ってきました!おいしかったけど何時間も並ぶものじゃないな~(汗」

C(AとBの共通フォロワー)「話題スイーツとかそういうのに飛びつく人って馬鹿なのかな。売上に貢献してるから良いじゃんみたいに言うけど、キャパを超える客が押し寄せたって店側も迷惑。」

D(Cの友達)(RT)「>RT わかる。ブームが去ってから潰れた店何件か知ってるけど、ああい手のひら返しがいっちゃん見ててキツイな」

C「Dさんすき」(空リプ

E(AとBのとCとDの共通フォロワー)(RT

F(CとDの共通フォロワー)(RT

G(あんまり関係ないけど経緯を調べた人)「てか一緒に並ばせておいて味に文句言うなんてAさんはBさんに失礼じゃない?」

こうして、AさんとBさんの関係勝手に疎外感を覚えたCさんがそれっぽい理屈をこねて周囲に同調を得ることで(同調を得るために正しい風味の論を立てるのです)

AさんとBさんは本当にグループから疎外されてしまます 

二人は息苦しさを覚えながらもどうすることもできません 

なぜならCさんは二人のことを明確に攻撃したわけでないと言い訳ができるので、

反撃にリムーブなんかをするとCさんは余計に傷つき、自分被害者アピールし更なる同調を求め始めるからです

そうして緩やかな言論統制が行われて、幸せツイート駆逐されると次は意見が違うだけでも攻撃対象にされ・・・

結果として「垢消し」しか逃げ場がなくなり、「メンヘラはすぐ垢を消す」といった客観的事実が完成するのです

果たしてこのコミュニティは本当に「仲が良い」のでしょうか?

そして、これは「コミュニケーション」と呼べるものなのでしょうか?

意見を言うこと、対立は悪ではない

誤解しないでいただきたいのは、自分オタクや繊細な人々を批難したいわけではないということです

自分だっていつ傷つき誰かを傷つけるかわからないし、批難するのが正当であると主張する人々がしばしば想定に使う「完全な被害者」や「完全な加害者」など実在しません

現在この戦いの渦中にいる人々はそれぞれ相手を憎みながら同時に深く傷ついています

全員が「防衛行動」を取っているだけという構図なのでとっても不毛挙句、これを指摘すれば「攻撃者」と認識されるリスクが非常に高いため増田使用しているのですが

要するに、インターネットでくらいストレスから解放されませんか?というご提案をさせて頂いている形です

冒頭に貼りましたがすくなくとも精一杯書いたので繰り返しお伝えしま

一人でもいいです、どうか苦しんでいるオタクに届きますように・・・

結論

SNS一喜一憂するくらいなら友達愛する人、愛する自分くら寿司に行きましょう 寿司は我らを裏切りません

2018-02-07

https://anond.hatelabo.jp/20180207184134

結局、それって売り出す側(事務所、本人)がどういう設定でやってるかじゃない?

ミッキー中の人はいませんって建前だから中の人はいないということになっていて、一方、ワンワンは中にチョーさんが入ってるとこ込でワンワンである、みたいな。

から恋愛禁止ですー」って建前持ってるならカノバレは別にガチファンじゃないファンに対しても裏切りだし、

事務所が「彼も大人すしお相手とは良いお付き合いしてますよー」とか言っちゃったら、

たとえ、ガチ恋勢が「裏切られた」と泣こうが喚こうがそれまでの話だよね。

はいえ、若手俳優って「故意に」そのへん曖昧にしてるわけで、そりゃファンの間でもモメるよねって思う。

若手俳優ガチ恋勢ってさ、男に例えると、アイドル声優ガチ恋勢と近いのかなって思う。

でも、彼らは、まあ相手処女性を求めるからある程度ファンを思うなら「恋愛ダメだよね」って話は単純だと思うんだ。

ガチ対象になるのもある程度若いうちだし、30ぐらいになってくるとファンからも「早く結婚してくれ」ぐらいになってくるし、

交際がすっぱ抜かれても炎上しないよね。

ファン場合自分以外の女と恋愛はしてほしくない」と本気で思ってるガチ恋勢にも「いい大人童貞というのもキモい

みたいな感覚はたぶんあるし、そこが最初から折り合いついてないと思うのね。

そのへんの落とし所が「いまはいない」ということにしてくれとか「隠し通してくれ」ってことになるんだと思うけど。

で、芸能活動してる限りは、それがずっと求められるし、もし、恋愛するにしても「相手が女から見て申し分ないいい女、

結婚という責任とって相手をしっかり幸せにする」そういうとこまでをファンが求めるストーリーとして押し付けられてたりして。

男には、最大公約数的な落とし所がないぶん、若手俳優も振る舞い方難しいと思う。

まあ、最初からキモいガチ恋は切り捨てた営業できれば一番いいんだろうけど、難しいよねー。

2018-02-06

anond:20180206165903

いやいや会社関係ない

現場社員の話

復帰前提で仕事のローテや計画組んでも、

復帰の時期にハイさよならですって言われたら相当腹立つし次から警戒するでしょ

初めから辞めるって分かってたら穴埋めの人事の手配だのいろいろ出来るのに、

復帰するっていうから現場に無理してもらったのに、

って種々の不満や不信が生まれるだろうってこと

端的に言って「裏切り行為」なんだから

他人迷惑かけようが自分生活第一だ、

人殺しの顔をしろって話ならまた別なんだけど

anond:20180206131131

そんなに不倫したいんだったらちゃんと周りの了承を取れ。

内緒でやるならそれは周囲に対する裏切りしかない。

2018-02-05

anond:20180205002246

当時はそれほどでも?むしろ廃棄物のほうが印象深い

でも

今、そうみえるようになったというのは、きっと、そういう時代社会背景が同調してきただけ

自衛隊国防戦争さらには陰謀裏切りなんていうのは空想しかなかったが

そういうことが真面目に捉えられる時代になったということでは

自衛隊の力がこのまま強くなるようなことがあれば、きっと左派の一部は自衛隊対立するために警察に協力するようになるだろう

2018-02-03

疎外感

何か嘘を言ったり隠し事はしない仲だと思っていたんだけど、どうも裏切られたようでとても悲しい。

ゲームの中の話とはいえ信頼していた人間から裏切りなのでとても精神的に来ている。。。

解散したほうがいいんじゃないかなとも思ったけどそれもできない。とてもつらい。

自分の何が悪かったんだ?

どうしてそういう見え透いた嘘をついて自分の居ないところでコソコソとやってるんだ?

なんで自分はそこに入れなかったんだ?

必要なのは対話だと何度も何度も言っていたが伝わっていなかったようだ。

また繰り返されてしまった。

人間関係、作っては壊し、作っては壊し。

人間関係、本当に難しい。あの場に自分が居る意味ってあるのかな。

ログアウトしたけど、自分の居ないところでまたワーワーと言ってるのだろうか。それも楽しそうに。

ああ悲しい。

2018-02-02

anond:20180123200155

なぜ、この人がCAに移ったAさんを延々と監視し続けているのか分かる気がする。

自分もそういう病的なところがあるから

増田はAさんツイを見るたびにイライラして、平静でいられないだろう。

ツイッターの『前ジャンルではこんなに反応なかったから、すごく嬉しい…』発言見て、はらわたが煮えくりかえるだろうし、

Aさんが支部投稿した作品ブクマ1000超えたら、ぐぎぎ!(発狂)となるに違いない。

増田はAさんの一挙一動を見つめて、感情を激してギリギリ歯ぎしりするのが止められない。

その刺激が気持ちいいんでしょ?

そのままでいいと思う。

好きにしていいんだよ。




あと、どうしてAさんを追ってしまうのか、増田本人の文中に答えが書いてあるのに気づいた。

「Aさんの言う『前』ジャンルにいる私が、否定されているような気にすらなった。」

元神Aさんに否定された自分を、どうにかしたかったんだね。

Aさんツイを追ってしまうのは、否定された自分(=カプAB)が救われるツイートがあるかもしれない…という期待があった気がする。

それになにより、増田はAさん自身が好きだったので、追うことが止められないんでしょうね。かわいそう。




ABのとき感想送ったら良かったのに、という人もいるけど。

余計「裏切られた!」と憤激スパイスにするだけなので、無駄やね。

それにAさんも、感想伝えられたらその時は嬉しくはあるだろうけど、カプへの気持ちが冷めたら、それはそれこれはこれで、サクッと移動する。止められない。

そういうもん。

増田にはこの先も、延々とAさんを見つめ続けて欲しい。

否定されたと感じた自分やABが、覆るといいね

時間に癒やされますように。


一点だけ無理ついてけない…と思ったのは、カプ替えを裏切りと責め立ててるところ。

『好きなものがコロッと変わったときに、あなた簡単に捨てるんじゃないのか』→ 

Aさんは「ABに永遠の愛を誓う! カプ変えたら死にます宣言してないでしょ?

過大な期待を他人にかけすぎ。

増田がABを好きなまま、頑張ればいいじゃん。

それをしないで、Aさん動向を追いかけてるってことは…つまり、そういう事なんじゃないのかと思う。

Aさん>AB

なんでしょ。

そして「裏切り」と断じた増田は、生まれた時から一度もジャンルやカプ替えしないで生きてきたんだろうか?

今も好きだから別です…というかもしれないが、優先順位が下がった時点で、Aさんのことは非難できないんだよね。

それは分かっているんのかな。

一人で一生を終えてもいいんだよって誰かに言ってもらいたいだけ。

俺がもてなくて彼女ができなくて女の目を見て喋ることができなくてもいいんだよ、受け入れる。それが俺だから

ただまわりで結婚しろだの独身は恥ずかしいだのまだ童貞なのとか風俗行って女を知ってこいとかごちゃごちゃ言わないでほしい。

キモくて女にもてなくて目も見れないのが俺なんだ。よってたかって俺という存在否定しないでくれ。

キモくて女にもてなくて目も見れなくてもいいんだよ、それがお前だ。って言ってほしいだけ。

超えられない壁になんども挑戦させないでくれ。

無駄なことをさせるたびに自己嫌悪が広がり自分を騙して生きて行くしかないと感じる。

またお見合いの話がある。

どうせ無駄だしダメだ。わかってる。

俺がその女と会うのは親族一同の期待を裏切りたくないからだ。

行って、お願いしますと言って、ごめんなさいという返事がくる。どうせいつものパターンだ。

わかってる。

わかってるけどまた自己嫌悪の闇の底に沈んで自分と違うだれかのフリして笑うんだと思う。

俺は俺なんだ。

もてなくて気持ち悪くて女子から異性として対象にならないのが俺なんだ。

それでいいじゃないか

anond:20180123200155

増田は、なんか部屋をぬくくして、あったかいもん飲んで、おいしいもの食べて、のんびり風呂に入ってじっくり寝よう。

そんで時間が過ぎるのを待つしか楽になる手段はないとおもう。

でもしんどいよな。だって好きだし憧れだったのに。

ずっと先で同じ道を走ってくれてる人だと思ってたらとっくに別レーンに移ってたって知って、そして同じレーンにいた痕跡さえ消していってしまったって、向こうに非が一切無いことがわかっててもそんなの受け止めにくいよ。だって、かなしいもん。

もう同じジャンルでその背中を見て走ることもできないって、すごくつらい。

おかしいのは自分なんだけど」とか「わがままなのは自分だ」とか文面に何度も出てきてたけど、「自分がっかりしていて本当にさみしい」ことまでそんなに無理に押し込めようとしなくていいと思う。

押し込めると「でも」って感情がわいてきて、増田の神に対する執着は余計に増田から離れてくれない気がする。

わがままでもいいじゃん。だって作家に凸するわけでもなく増田が思ってるだけなんだし。

あとなんかリプで「感想かいてないやつは嘆く資格がない」とかむちゃくちゃ言われてるけど、これはほんま気にしなくていい。

まじで全然気にしなくていいよ。

大体、「好きな対象に死んでも自分存在を知られたくない」勢、同人じゃなくてもジャニとかでも山ほど見るし全然めずらしい欲望じゃないのに、なんでこの増田にだけ、的外れな推測してんのかわからん。「そんなに好きなのになぜ自分を隠し通したのか」って、何かを好きになった時にそういうしぐさになる人もいるからだよって返事にしかならなくないか

作家がどうジャンル移動しても自由なら、ファン作家をどう好きでどうアプローチするかもその対応にどう喜ぶか嘆くかも全部自由なんじゃないのか。

私は「感想を書いた方がいい」と思うけど、これは単に感想を書くとたのしいからで、作家のためじゃなく自分のために感想書いてる。

から別に感想書いてるやつが、書いてないやつよりも対象を好きだとか対象になんか言う権利を持つとか、欠片も思わない。

そもそも、「感想を書いたりコミュニケーションを取った」からといって「作家ジャンル移動しなくなる」という確約はないでしょ……。

作家のためにこっちが感想とかコミュニケ―ションコストを支払ってやってる」って考えでいたら、こういう作家ジャンル移動する時とか「あんなに応援してやったのに裏切りやがって!」っていう心理になりやすいし、危険が高い。

増田が神に感想いってたら今もっとすっきりしてたかというと、きっとたいして差はなかったか、下手したらもっとしんどかったと思う。

最近ツイッターとかほんとに顕著だけど、そんなに感想コミュニケーションを万能にとらえないほうがいい。

全ての作家感想さえあれば永遠にコンテンツ供給器になるわけじゃないし、どんなに作家をちやほやしたところで撤退するとき撤退するし、新しい萌え交通事故だし、誰にもどうすることもできないよ。

あと、私は増田の文面を見て、仮に増田感想を送っていても多分この神は移動してただろうなと思った。

送っても「嬉しい~」とはなっただろうけど「またA×Bの新しいもの書くぞ~」ってなるにはきっとC×Aに夢中だった時期だった気がする。

ただ、勝手他者動機想像して、憤懣したり落胆したり軽蔑したり嘆いたりするのは、下品だし、

なによりめちゃくちゃ疲れるから

できたら増田は神のTwitterは心が落ち着くまで見ないほうがいいと思う。でも難しいかな……。

まあ、とにかく増田は、

部屋をぬくくして!

あったかいもん飲んで!

おいしいもの食べて!

のんびり風呂に入ってじっくり寝てくれ!

日にち薬が効くのを待つんだ!! 日が経てば必ずAさんのことがどうでもよくなる!!! 絶対にだ!!!

長くなったが私からは以上だ。いずれ増田がたのし萌えだけをたのしめる日がくるのを一緒に待ってるよ。

2018-01-29

くっっっっそ優しい系アニメに脳がヤラれそう

最近アニメやばい

悪い人が居ない

ウザい人も、居たところですぐ消えたり軟化していい奴になる(※作品によります

 

理性では「このままじゃダメだ、こんなの創作としてダメなんじゃないか」とか考えるんだけど

優しい世界に脳が即堕ちして「あひ^〜〜〜」ってなる

孫にデレデレのジジイみたいになる

 

最初にこれを感じたのいつだっただろう

みんないい子で泣けてくるっていう、優しいストロングゼロみたいなやつ

多分プリパラあたりだ、つまり2014年

1期からシリアスが5分続かない」と言われていたが、あれが心地よかった

ここ3年で深夜アニメも狂ったほど優しいアニメが増えたと思う

辛い展開でまた来週みたいなクリフハンガーをあまり見かけない

けものフレンズもこの流れの一部だったと思う

 

ほんと良くないな〜と思ったのが、けもフレで大くみられたことだが

ちょっと厳しくしただけで鬱入るような軟弱野郎大量生産されたことだ

7話でサーバルちゃんが怒った時に泣きそうになった人の話はあまりに有名

そして自分もそれになりつつある・・・

厳しいキャラが居るだけで視聴へのモチベーションが落ちてしま

 

どうか、優しくない作品で大ヒットが多く生まれ時代が来てください

このままではもうダメです

中毒に成ります(もうなってるか)

 

キャラ評価軸が

かわいい」「かっこいい」「つよい」よりも「良い子」になってきてるの草草の草太郎だよ

優しくされるところっと落ちちゃう奴らばかりだよ

 

__

 

けもフレ7話事件 → 「がんばって作ったのに!いいじゃない!」のシーンでびっくりして泣いちゃったコメントが某所で観測される。11話は大変だった模様。その後一ミリでもシリアスになると顔面蒼白にする者が現れるようになる。

 

今期異常に優しい人たち、一瞬だけ厳しかった人たち

オヤジ

・姉

・ちょろ爺

・はるみん

あと基本的主人公サイドもいい子

 

もちろん全部ではない

どちらかというと、全体的にゆるめにスライドした感じがある

結果、元から緩かったのが驚くほどのゆるさ・優しさに溢れてしまった

甘やかしの局地というか、甘酒温泉みたいな何かすごいアレ

依存するぅ〜

 

___

 

もうちょい言わせてくれ

この傾向は悪い面もあると思うが、新しい価値でもあると思う

例えば三ツ星カラーズって主人公3人がどう考えても悪ガキなんだが、周りの大人は大して怒らずに受け入れてしま

ドラえもん時代のように、野球ボールガラスを割って「コラー!!」とはならない

でも話に起伏はちゃんと付いてるし面白い

何より、視聴者勝手に悪い展開を予想してしまうから、優しくされた時に「ポジティブ裏切り」が起きて気持ちよくなっちゃ

(こういうポジティブ裏切りたつき監督専売特許だと思ってたが、そうではなく時代の流れなのかもしれないな)

   

何か、かれこれ1年以上優しい展開について考えてる

けものフレンズシリアスでも荒れていない理由  https://anond.hatelabo.jp/20170326234855

優しさ系アニメの魅力  https://anond.hatelabo.jp/20170129222811

2018-01-20

anond:20180120103532

うーん、またベッキーの件と小室の件は状況が違うから比較するまでもない気がする

KEIKOくも膜下出血で以前のKEIKOじゃなくなってしまってるからなあ

大人の女性としての会話は不可能だったんでしょ?

はい小室もやっぱり性欲は溜まるだろうし、

介護状態の奥さんと夜の営みは無理だろうし。

ベッキーと川谷はなんていうかおめでたい馬鹿じゃん?

LINEのやりとりとか見るに、幼稚なロミオとジュリエット気取りにしかみえなかったし。

でも小室の件は全員が不幸で、

不倫に至るまでのやり場のない苦しみや葛藤想像できてしまって、なんか叩くに叩けないよね。

かに小室のしたことはひどい裏切り擁護されるべきじゃないけど、

表現が悪いけど、メディア世間自分より不幸な人、哀れな人には優しいよね。

2018-01-19

anond:20170213030534

読み手の受け取り方にもよるけど、

そんな幻想FGOにはほぼ無くて、何かあれば主人公が死にかけるし、必死こいて守った後輩すらも死にかけるし、大事にしてたものも失いかけるし

最早主人公にとって何が一番大事か判然としない。

あれをハーレム物の萌え文学と呼ぶのは自由だけど、その割に黒化するキャラやら、主人公以外の人物愛着がある事を示唆されてたりだとかマスターに対するのは恋愛感情ではなく全幅の信頼、それも使命感の上で行動してるように見える。

実際、誰かの幕間では裏切りがどうこうって言及もあったし、サーヴァントと言えどそんなもんなのかなって

奈須きのこ氏はよく知らないけど何も主人公マンセー状態を描きたい訳じゃないだろうってのは素人自分にも分かる。

まあ、他作品への興味の布石となる材料を散りばめてるって感じ。でも最終的にはサーヴァントが好むのはFGOマスターではなく、元作品マスターなので主人公は横恋慕してるような状態に近い。

FGO出のサーヴァントなら違うかもだけどね、そこまで深く考えない方が楽しいんじゃない。

2018-01-13

不倫して幸せになるなんて普通有り得ないでしょ?

 私には高校の頃からの知人がいる。

 彼女は厳しい親の教育の影響か、普段大人しい癖に、親しい間柄になるとかなり自由奔放でわがまま性格を惜しげも無く晒してくれた。周囲は幾度となく彼女に振り回されていたが、彼女言動はややエキセントリックでまあ見ている分には結構面白かった。ので、ツッコミ役というか諌める役というか、そういう手綱を握る役割を買って出て自分に火の粉のかからない位置から存分に観察していた。

 知人やその女ではいまいち分かり辛くなりそうだったので、とりあえずここではエーコする。

 そのエーコから不倫をしていると告白されたのが、丁度社会人になって一年が過ぎようかという頃。

 相手職場上司で、小学校四年の息子と三年の娘がいる四十代後半だという。話を聞いた時にはまだそういう関係になって一ヶ月も経っていないと話していた記憶がある。

 こいつ馬鹿か。それが告白を聞いて一番最初に感じた事だった。今まで色んなエーコ馬鹿を見てきたが、まさか人の道を踏み外す程とは思いもよらなかった。

増田にだけしか言えないんだけどさあ……」

 なんて、何百回と聞かされてきた告解の歌い出しから思いもよらぬ爆弾宣言をかまされて、正直私の頭の中は焼け野原だった。意味が分からない。訳が分からない。なぜ不倫をする? 今まで腐る程お前の馬鹿に付き合ったがいくら何でも今回のに関しては酷すぎる。

 この数秒で吐き気のする様な嫌悪感エーコに感じた。普通人間ならごく当たり前であろう感想を抱き、まずはそれなりの付き合いもある身としてごく当然の忠告をした。

 そんな関係はとっととやめろ。お前がやっていることは犯罪だ。その行為はお前と相手だけの問題ではなく、お前や相手に連なる全ての人を不幸にする、と。

「そんな事分かってるよ」

 と、不倫している世の中の人間が確実に口にする言い訳TOP10に入りそうな子供じみた言葉。いや分かってねえだろ。分かってねえから不倫してんだろお前は。ことの重大さも理解せずに、拗ねたような態度をとるエーコ。おそらく彼女は私がいつものように「はいはいエーコは全く仕方ないね」なんて諦め気味に話に付き合ってくれると、今の瞬間まで信じていたのだろう。生憎と、こちとらお前と違って普通感性を持った人間なのだ。そんな話を聞いて仕方ないとか言うわけないだろ。本当に救いようの無い馬鹿だ。

 だがエーコの方はといえば、そんな私の事など眼中に無い様子で聞いてもいない上司との不倫エピソード披露し始めた。

 毎日メールをして互いに体を気遣いあっているだの、週に一度は会って彼をマッサージしてあげるのが楽しみだの、たまに良い雰囲気になってそのまま情を交わしたりする事もあるだの。まるでこの話を聞けば私も二人の関係応援してくれるはずだと言わんばかりに。

 そんな話、恋人がいる身としてはとてもじゃないが正気を保って聞いていられるわけが無い。私の場合結婚している訳では無いので不倫ではなく浮気なのだろうが、どちらにしても自分が知らない所で恋人が別の女とそんな事をしているなんて、考えただけで全身に悪寒が走る。

 とにかく私は嫌悪感を堪えながら、少しでもエーコが目を覚ます助けになればと不倫が如何に周囲を巻き込み苦しめるのかを辛抱強く話して聞かせた。

 しかし話せば話す程、エーコは頑なになっているのがわかる。話の通じないイライラ気持ち悪さとで、私は遂にエーコとの絶縁を宣告した。目の前で連絡先を削除した。金輪際お前とは赤の他人だ、二度と関わらないで欲しいと言い捨てると、エーコは顔を真っ赤にして声もあげずに涙をボロボロこぼしながら怒りとも恨みともつかない表情でその場から立ち去った。

 そんな顔をしたいのは罪もないのに裏切られている相手方家族の方だろう。しかし、エーコ言動うんざりさせられる事も多かった私は、勢いとはい彼女と縁を切れた事にホッとしていた。

 それから半年程して、風の噂でエーコ上司不倫がバレたと聞いた。

 エーコ慰謝料請求され、更には二度と接触出来ないよう県外へと追い出された、と。

 ほれみたことか。因果応報だ。

 私はエーコの事を心底軽蔑した。

 その頃には私もプロポーズを受け、そしてその一年後には夫になる男性と共に充実した日々を送っていたので、それ以上胸糞悪い話題にわざわざ自分から飛び込んでいくこともあるまいと、それ以降エーコ話題を避けるようになった。

 彼女普通に生きていれば、今頃真っ当な関係で付き合える恋人もいただろうに、などと哀れむ気持ちさえ、その時はあった。

 しかそれから十五年ほど経った時、私は夫の不倫を原因に離婚した。一人息子はまだ中学に上がったばかりで途方に暮れた。主婦として夫の苗字に入ってからというものパート以外に職を持たなかった私は両親の元に子供と一緒に身を寄せ、細々と生活するしか無かった。

 そんなある日、息子が私宛に手紙が届いていると言って粗末な茶封筒を持ってきた。送り主を見て私は固まった。

 エーコだった。

 苗字は違うが間違いない。エーコだ。この妙に丸っこい癖のある文字は、彼女が懸命に字を綺麗に書こうとする時に出てくるものだと、すぐに分かってしまった。

 途端にあの日感じた嫌悪感と夫の不倫とがダブって感じられる。

 私はかなり長い期間、その手紙を開封するのをためらった。この手紙を読めば、絶対に私は後悔すると確信があった。何度もゴミ箱へ捨てたが、その度に何故か拾ってしまった。

 数ヶ月経って、漸く覚悟を決めて手紙を開封して呼んだ私を待っていたのは、「手紙を読んでくれてありがとう」という一文だった。それから一行あけて、手紙言葉を選ぶように慎重に進んだ。

 エーコ手紙の中で、十五年前の不倫相手と籍を入れたという報告と、事の顛末が記されていた。

 当時不倫相手だった上司の奥様から慰謝料請求され、恐怖と後悔を感じた事。しか慰謝料のほぼ全額を上司が肩代わりし、その代わりエーコ上司と離れる為に県外へと出なければならなくなった事。私の言う通りに関係をやめておけばと幾度となく考えた事。しか上司のことを忘れることが出来ず、密かに文通をした事。上司はバレた後少し経ってから家族とは別居を始めたという事。上司マッサージを喜んでくれたのが嬉しかった思い出を頼りにその勉強をして資格を取り、数年前に自分の小さなマッサージの店をもてた事。そしてこの手紙を書く一年ほど前、正式上司と奥様の離婚が成立し、最近籍を入れた事。上司は小さい工場に何とか雇ってもらい、二人で協力して慰謝料支払いと奥様への仕送りをしている事。上司の子供は奥様との間の子達だけだからエーコ上司との間に子供を作らないと決めた事。

 そして手紙最後には、「本気で叱ってくれた増田にはどうしても伝えたかった。増田にとっては不快かもしれないが、私は今、増田にとても感謝している。そしてこれからは、私が裏切り傷付けた全ての人達に償う為、誠意を持って生きていく」と添えられていた。

 それらの信じ難い文字列便箋の上を走るのを、私は呆然と眺めるしかなかった。

 ただただ、嫌悪感があった。

 普通に生きてきた私が何故夫から裏切られ、不倫などと人の道から外れた行いをしたエーコ好きな人と結ばれたのか。

 悔しい。苦しい。

 めちゃくちゃになれ。

 不倫から始まった夫婦などいずれ崩壊するに決まっているのだ。

 手紙は燃やして捨てた。

 今も思い出す度に怒りと悲しさとで震えが止まらない。

 夫もエーコ上司も、皆不幸になってありったけ苦しんでしんでしまえばいいのに。どうして私だけがこんなに苦しい思いをしなければいけないのか。

 不倫をして幸せになるなんて普通有り得ないでしょ?

2018-01-12

anond:20180112112833

普通のものだと思ってアニメ等を見ていたのに

急に「これはちがう」っていう「理想像」が出てくるから

気持ち悪すぎて批判してくなるんだよなぁ。

ビックリして思わずというか、良く分からない裏切られた感。

途中まで良い感じだった場合、より一層残念な気持ちになるんだよね。

少女漫画場合最初から最後まで「何このイケメンwwww」で終わるけど

少年漫画(?)の場合は、途中から急に「ハーレムww 舌足らず幼女wwww」となるから

裏切り感ハンパナイ。

2018-01-11

007 ゴールドフィンガーってポリコレ的に大アウトだな

組織男嫌いの女をボンドが押し倒して半ば無理やりヤる→女さんイチコロいかれて、敵を裏切り撒くはずだった毒ガスすり替える→大勝利

2018-01-08

「仲間を裏切り置いてけぼりにし、自分けが死地に向かう」というありがちシチュエーション

一見自己犠牲のように見えるが

本当は「自分の大切な仲間がまた死ぬのを見たくない」という

利己的でエゴに満ちた行為からこそグッとくるんだよね

 

そんで仲間が主人公気持ち無視して助けに来ると尚良し

2018-01-06

安倍自民党支持者の取扱い方■

安倍自民党支持者の取扱い方■

文句があるなら、安倍自民党に言ってね! (^_^)v

忠告します。

安倍自民支持者は殺人鬼だと思って付き合いなさい」

この言葉は深いですね。

なるほどと思いませんか?

----------------------

安倍自民支持者は殺人鬼と思って付き合いなさい」。それが日本人のためでもあります

安倍自民支持者は殺人鬼殺害予告しても暴行しても殺害しても謝りません。

韓国人キムチでできているか殺害してもかまわない」という筋の通らない理屈を言って国民脅迫して政権強奪してきました。

100倍制裁をしても足りません。

正論理屈意味がありません。強制命令で動かしなさい。」がモットー

ですから正論』に正論はありません。裏切りばかり、こんなやつらに温情は絶対にいけません。

実行できない無理な命令を出して、責め続けるのも安倍自民党

安倍自民党支持者の取扱い方

安倍自民党支持者の取扱い方■

文句があるなら、安倍自民党に言ってね! (^_^)v

忠告します。

安倍自民支持者は殺人鬼だと思って付き合いなさい」

この言葉は深いですね。

なるほどと思いませんか?

----------------------

安倍自民支持者は殺人鬼と思って付き合いなさい」。それが日本人のためでもあります

安倍自民支持者は殺人鬼殺害予告しても暴行しても殺害しても謝りません。

韓国人キムチでできているか殺害してもかまわない」という筋の通らない理屈を言って国民脅迫して政権強奪してきました。

100倍制裁をしても足りません。

正論理屈意味がありません。強制命令で動かしなさい。」がモットー

ですから正論』に正論はありません。裏切りばかり、こんなやつらに温情は絶対にいけません。

実行できない無理な命令を出して、責め続けるのも安倍自民党

2018-01-02

anond:20180102130531

HFを絶賛する層と、FGOファンは必ずしも重ならない。だからこそアプリ内でも必死劇場へ足を運ばせる旨のキャンペーンを行なっている。

というのも、FGO所謂ライトユーザー、型月に微塵も興味が無い人達が大多数を占めているからだ。

彼らは、古参よりほんの少しでもゲーム上で優位になれる事を求めている訳であってストーリーに興味がある訳じゃない。士郎の生き様だとか凛や桜の家庭環境だとかいくつもの世界分岐して存在する無銘に何らかの感慨があるわけでもない。

月姫の盲信者への裏切り、それに加え歴史上の人物観の捻じ曲げ、誇張もこれに含まれる。FGOの中で述べられている人物観は必ずしも正しいものではない。なので正直、FGOに対して鬱憤を溜めている人も多いだろう。

増田が主張するように、以前から型月を支えて来た人には落涙する程の作品への熱い想いがある。しかFGOユーザ殆どはそれほどの思い入れはまだ感じていない筈だ。

彼らは運営により集金する為の人員に過ぎず、そこを懐として新たな型月ワールドの一端を創造しようとしているのは目に見えている。

FGOユーザは、運営や型月に愛されているようで愛されていないのだ。ユーザ作品への理解を示していないのと同然だ。没頭する人々は薄められたジュースを飲み、お祭り騒ぎをしながら酔い痴れる。

から見れば滑稽な事には違いない。

2017-12-27

なぜスターウォーズ 最後ジェダイダメなのか

※ この記事にはネタバレが含まれています

公開初日最後ジェダイを見て来たのだが、何とも言えないモヤモヤが残り続け

自分の中ではずっと評価保留になっていた。

色々と他人感想を聞くにつれ、モヤモヤの正体が見えてきたので聞いてほしい。

前作であるep7「フォース覚醒」はパーフェクトではなくとも、それなりに楽めた。

ep6「ジェダイの帰還」から作中でも実世界でも30年越しの新作、ファンとして興奮しないわけがない。

ep7を鑑賞した後、次回作の展開について頭の中で空想を巡らせた。初めてスターウォーズを見た子供のように。

レイスノークの正体は?ルークはどんな活躍をするのか?カイロ・レンはアナキンの後継足り得るのか?

今になって思えば、公開前までが一番ep8「最後ジェダイ」を楽しむことができた、幸福時間だった。

実際にep8を鑑賞すると、想像していたような展開は何一つとして実現せず、常に観客の裏をかく脚本に仕上がっていた。

もちろんこれは意図的路線変更であり、明らかに過去作との差別化を目指している。

過去キャラクターとの決別や「お約束」の排除、「神話」と揶揄される古いヒーロー像の否定・・・

これらは確かに旧作ファンからすると寂しいものがあるが、私は実のところこういった「テコ入れ」は嫌いではない。

少し話が逸れるが、私はスクリプトをこねくり回すような職についていたことがあるのだが、

国内外わずシリーズものが強いコンテンツ業界においては「テコ入れ」や「リブート」は必須スキルだ。

これは持論だが、テコ入れはいくつか定型パターンがある。

構造の変更」とは例えばギャグ漫画がバトル漫画になったり、

冒険譚が日常系になったり、物語フレームを取り替えてしまう。

舞台の変更」とは例えば現代の話が江戸時代タイムスリップしたり、

SFになったりファンタジーになったり、「海外編」が始まったりする。

キャラクターの変更」とは例えば敵キャラ主人公に抜擢されたり

性別を変えてみたりキャラクター解釈を変えてみたりキャッチーな新キャラを登場させたりする。

演出の変更」とは絵柄や作画担当を変えたり、アニメ化実写化もこれに当たるかな?

そして最後に「抽象度の変更」、これは物語リアリティレベルを変え、

リアルハードストーリーになったり、逆にマイルド子供向けになったりする。

ep8の「テコ入れ」で大きいのは「キャラクターの変更」と「抽象度の変更」だろう。

ep8ではジェダイ血筋神話性を否定し、これまで凡俗とされていた人々にフォーカスを当てた。

正直、このタイプテコ入れは大好きだ。大好物だ。

X-MENの新作「ローガン」では今まで考えられなかったウルヴァリンキャラクター性と生き様を描き、

シン・ゴジラ」では原点回帰意識させつつ妙なリアリティ説得力を持って庵野ワールド表現している。

しかし、ep8はどうだろうか。

本来この方針で行くならば徹底的にリアリティを追求して凡俗な者たちの力で泥臭く物語を進めたり、

新世代のジェダイ」は「滅びゆくジェダイ」と全く違う描き方をすべきだった。

凡俗な者たちの人間ドラマについても群像劇なりに感情移入できるだけの脚本力が欲しい。

しか実査には御都合主義的で破綻した脚本感情移入できないキャラクターたち、

とりあえず性別は変えたが扱いに困る「新世代のジェダイ」。

これが自分の中のモヤモヤの正体だった。

ついでに書くと、この方針転換はep7からやるべきだった。

ep7では旧作を意識した作りをして、旧3部作を踏襲するかのように思わせておいてep8でどんでん返しを決めた。

かに驚きはあったが、仮にep8の物語が上出来だったとしても幸福裏切りにはならなかっただろう。

最後に望むのは、ep9がep8の「テコ入れ」を上手く回収し、ep7からの3部作を「名作」たらしめて幕を下ろすことだ。

2017-12-25

終局特異点から一年が経った

今日12月25日TYPE-MOONにとって特別な日であろう。

原初聖杯を生み出すセイヴァーの生誕の日、かの魔術の王が英霊の座から永久に消え去った日、愛を知らぬ獣が『人の王』となった日。そして、

オルガマリー・アニムスフィアの命日であり、私がFGOというゲームから限りをつけるターニングポイントとなった日である

私と型月との出会いZeroアニメだった。そこから転がるように世界観に傾倒していき、レアルタ・ホロウらっきょ月姫(漫画版チェンゲだが。リメイクはよ)等々沈みこんでいった。

私はキャラクターよりもそれを取り巻く「世界」に好意を抱く人間だ。そこで積み上げられた世界観不特定多数で共有したい、そんな思いかネット上の聖杯戦争を下敷きにしたTRPGセッションによく参加していた。

所謂月厨がよい印象を持たれないことはよく分かっていたので、そのセッションと型月板以外では大人しくしていたと思う。それが周りから見て「いいファン」たりえてたかは、今となっては分からないが。

そしてFate/Grand Orderサービスを開始した。あのメンテ地獄をどう乗り切ったか、既に忘却してしまったのだが、きっと同じ境遇掲示板上の同好の士が支えてくれたのだろう。

長いメンテが終わった先にあったのは、初めて抱いたキャラクターへの好意だった。

オルガマリー・アニムスフィア。

いつか「所長目当てにFGOを始めたら誰も彼女死ぬことを教えてくれなかった。愉悦部だ」といったツイートが流れてきた記憶があるが、それはどうだろうか。所長の魅力は彼女の死に対して最も輝いていたと思うのだが。

閑話休題

ともかく序章が終わった時点で私のFGOへの一番のモチベーションは所長になった。


その後も所長のみを求めて本編・イベントを進めていった。自身の形質もあってか、幸い「推しを引かねばならない」という焦燥感に駆られることなく、『「好きなキャラを引く」ではなく「引いたキャラを好きになる」(当然そこにあるのは「愛情」ではなく「愛着」だが)』というスタンスで進めるという割と健全プレイをしていたのではないかと思う。(結局課金は16年の福袋のみに徹した。余談になるが、私は意識高い系として散々弄られた庄司Pの「ゲーム価値顧客一人一人が決めるもの」という発言だけはマーケティングのいち真理だと考えている。今となっては喧嘩別れのようなかたちで引退した身であるが、払った金額ぶんだけの価値はあったと思うし、そこに後悔はない)

恋の続く期間のひとつ区切りは3ヶ月だ、などという話をよく聞く。私の所長への一方的な恋は、その区切りを何とか乗り越えることができた。

しかしその恋心に対してFGO残酷であった。マスターの皆様方ならお分かりであろうが、月見イベント以降シナリオ上で所長に関する言及がぱったりと途絶えるのである

型月の世界観は愛していた。しかしその時の私はそれ以上に所長に対しての思いが勝っていた。

そんな私に与えられたのが所長の情報の断然だった。そんな状態で、所長への思いは潰えない代わりに型月世界観へのそれが立ち消えていくのは時間問題だった。

きっかけが何だったのかはもう不明であるが(戦闘が面倒だとか案外そんな今更な理由だったのかもしれない)、メインシナリオへのモチベーションが第六章の途中ですっかり折れてしまい、数ヶ月間に渡ってログイン必要最低限のイベント周回を行うのみになってしまった。パーソナル・レッスンは当然限凸したが。


時は流れ、2016年冬。そんなモチベーションの転機となったのが終章前のキャンペーンであった。適当自己分析ではあるが、その時の思いは「所長・石30個への乞食感情・『リアルタイムならでは』という言葉に対しての勝手勘違い(恥ずかしながら、『終章そのもの期間限定である』と思いこんでしまっていた。この齟齬がどう影響するかは後に話す)」であったと思う。その時の私は、単純計算でも半分以上義務感でシナリオを進めていたに過ぎなかった。(6,7章のシナリオこそ読み飛ばしはしなかったが。それでもなお最近のエレシュキガルフィーバーに「遠坂凛である、以上の湧き上がる理由がわからない」と言ったらモグリ扱いされるのだろうか、といった程度の読み方しかしていないが)七章まで終わらせたのは終章開始ほんの数日前、だったように思う。

そして終章。そこで待っていたのは「素材激ウマクエストを周回する権利」という自業自得裏切りであった。これに関しては100%私が悪いのでFGOに対してどうこう言うつもりはない。モチベーションの柱がひとつ折れた。

マーリンは引けず、柱がもう一つ折れたなか、魔神柱は必要最低限の各一回のみ倒し、追悼動画なんてものをどこか冷めた目で見ていた。

もはや私に残されていたのは「最後に所長に関する言及があるかもしれない」という曖昧希望だけであった。


そして来たる2016年12月25日最後魔神柱陥落の知らせを受けた私を待ちうけていたのは、純粋ストレスであった。

勝てない。

勝てない。

勝てない。

休止期間中に溜まりに溜まった林檎を齧り、手を替え品を替え鯖を替え礼装を替えても勝てない。羅刹王の効果がなかったのは未だに許していない。

その時の私は確実にスレていた。「聖晶石は『未来確約するモノ』なのだからコンティニューは恥ずかしくない」なんて文章を見てしまったため、意地でも石を割るものか、と思ったほどだ。結局その意思すら割れしまったが。



人理は修復された。そこまでのストレス差し引いたらどうかとは思うが、悪い終わり方ではなかった。所長に対する言及さえなければ。

人理修復を達成したマスターならばここで疑問に思うだろう、終章にはオルガマリーのオの字も出てこなかっただろう、と。しか言及はあった。あってしまったのだ。

グランドオーダー開始時、レフ・ライノールの破壊工作で失われた二百名の命。

今も冷凍保存中のマスター、四十七名。それと---

……それと、終局特異点からの未帰還者、一名。

そう、「語られない者」、二百名の「その他大勢」として語られてしまったのだ。

ただただ放心した。奈須きのこの中には、既にオルガマリー・アニムスフィアという存在はいないものなのだと、そう感じた。

言及されない、ということも覚悟はしていた。しか現実に突き付けられたのは、「きのこは所長を覚えていない」という実質的死刑宣告であった。私の中で、もしかしたら復活するかもしれない、という希望が立ち消え、最後の柱が折れた。

故に今日彼女の命日。

一回忌。



SNS上で多くの人間FGOに対して感謝を述べるなか、漫然たる義務感と所長への思いだけで一年継続してきた私は取り残されてしまった。

そこで私と他マスターとの間に大きな亀裂が生じてしまった。妬ましいのだ。

何で俺が救われていないのにお前らは救われたんだ、感謝言葉を言えるんだ。そんな身勝手な、醜い嫉妬

そんな思いから一気にFGOへの思いが覚めてしまい、止まってしまった私は先達を気持ち悪い内輪ネタしか思えなくなってきた。

その後も惰性でログインイベントだけ続けていたが、その惰性すらチョコ礼装のテキスト「いつかこれに乗って、""四人で""颯爽と聖地荒野を渡る事を天才は夢見たのかもしれない。」に心折られ、近しいうちに引退した。


引退後は徹底的に自衛を行った。私の心理状態アンチのそれに近しいものだっただろう。ただ、それを行動に出すのはみっともない、そうも考えていた。

嫌なら見るな」とはよく言うが、本当にその通りだと思う。見えなければ怒りは湧いてこないのだ。そして、作品に対するアンチ行動は作品のものではなく「その作品を楽しんでいる人間」そのものに向けられていることも理解した(私が特殊なだけかもしれないが)。

一年が経ち、作品のものに対する不満は引いてきた。それを取り巻く人間に対しての嫉妬への対処は、まだもう少しだけ時間がかかりそうだが。

そして、この文章一年という澱みに対する気持ちの整理である一年前では良くも悪くもここまで冷静に物事を見れなかったであろう。


ただ、身勝手な望みでしかないのだが、願わくば所長には復活してもらいたくない。創造主から度忘れさられたものサルベージされたならば、それはもう菌糸類からキャラクターへの愛情ではなく只のビジネスだ。

好きでもないキャラクタービジネスとしてピックアップさせ、好きでもなかった人々から「ずっと待ってた」などと空虚言葉をかけられ性的性的搾取される。

そんな未来は、きっと耐えられないだろう。

追記

反応ありがとうございます

型月のエリート悲惨な末路をたどる

ソラウリベンジ

悲惨な末路をたどるのは十分予想できたことであり(ぐだおでもネタにされてましたし)その「悲惨な末路」があったからこそオルガマリーというキャラクターに惹かれたのは先に記した通りなのでそこに文句はありません。

ただ、その「悲惨な末路」が作中だけでなくメタ的な扱いにおいてもそうであったというのが只々残念であるのです。

2部

今になって言及されても「2年近く言及をしてこなかった」という疑念は拭えませんし、プレイヤーに対する心証の悪さ(悪目立ちしてるのはほんの一握りだというのは理解しているのですが)はまだ癒えていないので再開してもストレスしかならないでしょう。加えて引退において後腐れないように引き続きコード電子の海に放出したため所長がどうこう関係なく面倒なので復帰の予定はありません。(スマホスペック的にも去年はプレイに支障がなかった程度だったがそこから一年経って諸々追加されたらもうダメそう)

どうしても気になるというのならシナリオ確認する方法もなくはないですし。ただ、今はそれをする気力すらありませんが。

2017-12-21

人生疲れたとはこのことか

率直に申し上げる。人生にだいぶ疲れた大学院生です。

人間関係自身無能さ、感情コントロールの効かなさ…そのどれもに耐えられん。

まず人間関係。人付き合いが苦手だ。人よりも感情を読み取る力があるのは後ろ向きな性格ゆえのネガティブなのかは定かではないが、他人の下心のようなものを感じる機会が多く、信頼できる人間がほぼいない。うわべの会話はもうしんどい。ただただ本音で話したいだけなのにそれすら叶わないのか。

次に自身無能さ。日本で上位3つに入る偏差値大学に何かの間違いで合格してしまったのが運の尽きだった。周りからの期待もしんどいし、みんなができているようなことと同じことをやるのに自分場合ものすごく時間がかかるみたいな体験があると本当に向いてないんだなと言う気持ちになる。

最後感情コントロール環境自身の気の持ちようで変われるかと思ったがそんなことはなかった。自身の中の嫉妬や損得感情、斜に構えた姿勢、寂しさ…なにもかもが不要感情なのにどうやっても無限に湧いてくる。

勢いで書いた。きっかはいくつもある。深夜に以前インターンで一緒になった人のツイッターたまたま発見して見てみたら自分とは真逆な楽しそうな生活を送っていて辛くなったのもあるしもうすぐ誕生日なのに一人暮らしで祝ってくれる彼女友達もいないのもあるし仲良くしていたと思っていた人に些細な裏切りのような行為をされて人間関係最近さらにしんどくなったというのもあるしバイト先でなかなか成果を出せず自身無能さに辟易しているのもある。

また今日バイトなのに一睡も出来なかった。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん