「押し売り」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 押し売りとは

2018-12-07

ひつこい戸別訪問から守るための人工知能の防犯システムを作ったら…

ひどい戸別訪問営業勧誘が皆無になったw

 

ときたま、新興宗教団体による新興宗教勧誘保険会社による保険営業など、来やがる。

すぐに帰ってくれたらよいが、ひつこすぎる、ときには、脅迫的なかつ暴力的戸別訪問をやってきやがる。

とくに、NHKによる脅迫的なかつ暴力的戸別訪問に関しては、わたしは16年半前にトラウマになってしまい、ほんとうに怖いです。

NHK営業センター職員はたまに、その外部委託法人の下っ端がガンガンくる。

いまの新しいおうちに引っ越して以来、3年間に10回も来た。

いわゆる、放送を受信できる設備が全くないのにもかかわらず、ですよ!

 

誰も守ってくれないので、仕方なく、自分Google TensorFlowをつかった深層学習による人工知能AIちゃん実装して、自宅の防犯システムを常設している。

マンションに設置されたカメラとは別に、このようなセキュリティシステム実装することで、防犯機能さらに補っている。

戸別訪問されたすべての日時において、録音と録画を独自実装したセキュリティシステムで記録ながら常時監視している。

新興宗教団体による新興宗教勧誘

NHK営業センター職員ならびにその外部委託法人の下っ端

・その他、雑多な不審者

に対してのみ、学習していく、セキュリティに特化したシステムを構築して、常設した。

いざとなったとき裁判資料のために記録を兼ねている。

とくに、NHKによる暴力的かつ脅迫的な戸別訪問が行われたときは、この記録を元に、最寄りの交番に報告しにいっている。

 

また、このような目的にのみ特化したセキュリティ人工知能ちゃんは、わたしSOSサインを感知することで、その場の訪問記録をネット経由でSOSを出すように仕組んでいる。

兎にも角にも、このような独自実装した、特定目的のための防犯専用人工知能実装しないといけないぐらいに、NHK戸別訪問はヤヴァイレベルです。

 

さっさと、押し売り放送波を法律改正によって、放送スクランブル化してもらいたいと切に願います

そうなったら、自宅の防犯システム監視対象から、はずすことにします。

 

わたしには、これぐらいでしか対抗できません。

本当に怖いんです、ほんまに…。震えているんです、いつもいつも。

 

以上、チラシ裏のらくがきでした。

2018-12-03

"エモさ"の押し売り

"エモい" という言葉流行ってるのはもう流石に周知されていると思う

最近、"エモさを感じさせられる" ことが多くなってきた気がする。

あいみょんという歌手流行っているが、どのMVを見ても "エモい" のだ。

もっというと、"エモさ" そのものでできているとさえ思うくらい強く感じる。

個人的には、こういうのが苦手で拒絶反応が出てしまう。

ひねくれてるのは自覚している。

他には、最近Yutoriという会社が出来たらしい(http://yutori.tokyo/)んだが、これもまた "エモい"

彼らは "エモさ" をメタ的に理解して、若者の心を掴んでいるのだろう。

こういうのも、僕にとってはお腹がいっぱいだという感じになる。

"エモさ" はスパイスに似ている。

料理の味に変化を与えたり、食欲を増進させるものであって、主食が "エモさ" ではだめなんだ。

僕はカレーライスが食べたいのであって、スパイスを食べたいわけではないのである

刺激そのもの摂取し続けるのは、ちょっと今の僕には厳しいのかもしれない。

2018-11-27

anond:20181127175622

オレオレ詐欺ダメ

私は言っていません。

NHK電波押し売りOK

私は言っていません。

オレオレ詐欺ダメなのに、NHK電波押し売りOKなんだwww

ふーん、すごいね

2018-11-23

ああ、そうさ、おかしいさ、ずっと何年も悩んでるんだ、私はおかしいのさ、だからもうこれ以上責めるようなことは言わないで

なんか意識があっちに行ったりこっちに行ったりする、記憶曖昧なところで自分が何してるのか怖い

明日も何事もありませんように

なんであの子は付き合ってくれなかったんだろう

お前が受注したんだろーおいー。2日じゃ品質担保できないよー。

気になる、気になる。

ていうかさーなんで人間ってねなきゃいけないんだろ、ずっとネットしていたい

うるさい黙れ!私が100パーセント悪いけど黙れ!

夜中に食うお茶漬けうまーい泣。

申し訳なかった、僕がこんな人間で、もっとまともな人間だったら良かったのに、普通の人だったら良かったのに、まともになりたい。

つらいことをかてにする人って強いなーって思う、私には無理・・・

アメリカオフィスみたいに、壁で個人ごとに仕切られてる空間パソコンに向かうだけの仕事したいわー。

人間ってなんだ?

優しい人だな、性格の悪い私が関わってはいけないな、はあー。

今の現場でもやっぱり周りからおかしい人と思われてしまった。でもよく考えたら、昔からおかしい人と思われて生きてきたからいつも通りだったわ。

わーわーわー、聞こえなーい、私がおかしいとかみんな言ってるのとか何にも聞こえなーい。

性格悪い自分が嫌だ、でも偽善も善のうちと言うし、募金でもしようか。

宇宙人ミステリーみたいなのみてたら具合悪くなってきた。

ぎゃーーーーーーー注射怖いよーーーーー

ただのいいひとの押し売りじゃないかよ、いい加減にしてくれよ。

絶対、昔いじめてきたあの子を恨まないぞ。

仕事疲れきってたから一日中寝てたわ。

2018-11-22

どこの食料品売場に行っても、”えごま油”が売り切れだったわwwwww

NHK #ガッテン 「油の真実スプーン1杯のえごま油ダイエット体質改善効果アリとの放送後、各所でえごま油が売り切れ - Togetter

https://togetter.com/li/1290837

スプーン1杯でカラダが激変!?食べるアブラ新常識 - NHK ガッテン

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20181121/index.html

もう犬HKは、色々とあかんと思います

昨晩、このえごま油放送は、たまたまお気に入りカレー屋さんで流れていたのですが、「えごま油」と品名のついた商品って、すべての商品がえごま100%じゃないんですよ!

わずか数%しかごま成分がない「えごま油」がたくさん売られています

この犬HK番組では、単に”えごま油”としか言っていなくて、あたか任意の「えごま油」の商品がこのような効果があると言っているように放送されているんですね。

さらに、「えごま油」と品名のついた商品すべてが、酸化していないものばかりでもないこと、さらには産地もあって、激安な「えごま油」はお隣産モノが大半です。

マジで犬HK放送を早急にスクランブル化すべきだと思います電波押し売りは止めていただきたい。

anond:20181122200038

俺もそれを一度疑って

「私も〇〇チームですけど」

って言ってみたことがあるのよ。

そうしたら

「あ、じゃあいいです」

「わかる人に用件伝えておきますけど」

「いやっ、いいですいいですっ(がちゃ)」

イオイ俺は押し売りか何かかよ?

ふざけんなよって感じだよ。

2018-11-19

[] 押し売り電波営業防止「ダメ。ゼッタイ。

集金スタッフとの団交拒否NHKが敗訴 「労働組合法上の労働者」と認める…東京地裁|弁護士ドットコムニュース https://www.bengo4.com/c_5/n_8612/

放送協会は、自分らの収益のために受信料締結業務してくれる人たちのことを、人間だと思っていないということが、この裁判の書面で明らかになったと思いました。

ぜひ、下っ端の彼らの裁判を傍聴してみてください。

ぜひ、この裁判資料を取り寄せて、読んでみてください。

正直、「人」をここまで酷い扱いをする組織とは思いもしませんでした。

地域スタッフ全員ならびに、外部委託法人から外に駆り出される集金人全員が、この業務を断れば、誰も外回り受信料契約業務をやらなければ、この世の中の迷惑行為のうちの1つが解決します。

そもそも2011年に完全に地デジ化されたことによって、この外回りの集金人業務は全くの不要で、Webサイトと郵送、電話営業センター窓口からの申込みで手続きが終わってしまます

公共性必要のない番組放送スクランブル化すれば良いだけのことです。

受信料を支払わない人たちに放送止めればよいだけのことです。

なので、地域スタッフも外部委託法人不要です。

2018-11-18

[] #65-1「短くて長い一日」

今の自分人生に、自分自身に、これといって不満はない。

……と言い切ってしまうと嘘になる。

だけど現状を顧みて無いものねだりをしたり、管を巻くほどじゃない。

それでも、たまに今の自分とは違う“可能性”について想像することは誰にだってあるはずだ。

野球が好きでもないのにメジャーリーガー自分想像したり、テレビ雑誌インタビューでロクロを回したりしているのを思い浮かべる。

無益だが、苺の先端だけ食べるように甘美だ。

だが、実際の俺たちはそもそも苺を食べられない。

食べられたとしても、そこまで甘くない部分も食べきって、食べないヘタの部分の処理も要求される。

……といった例えをクラスメートしたことがあるが、評判は非常に悪かった。

いい例えだと思うんだけどなあ。

まあ、つまり……今回したい話ってのは、この苺の先端をチラつかされたこから始まる。


…………

から数ヶ月ほど前のことだ。

その日はガイドって名乗る奴が、性懲りもなく俺の家に乗り込んできた。

「やっぱり任務を円滑に行うためには、キミに協力してもらうのがいいんだよ」

こいつは自分が遥か未来から任務のためにやって来たとのたまっている変人だ。

現地の協力者として俺が適任らしく、以前からこうやって勧誘を迫ってくる。

何の根拠があって、こいつがそんなことを言っているのかは知らない。

あと任務とやらの具体的な内容も知らない。

興味もないが。

「いや、そんなこと俺は知ったこっちゃないんだが」

当然、俺はそれをハッキリと断り続けている。

だが残念なことに、微妙意思疎通がはかれていない。

「何度も言っているが、俺はお前を根本的に信頼してねえんだよ」

「そう言うと思ったよ。だから今回はボクを信じてもらうよう、未来アイテムを持って来たんだ」

「『今回は』って、いつもそうだろ」

「いや、全然違うよ。今までのは遠まわし気味だったかなあとは思っていたんだよね。だから今回は上層部相談して、飛びっきりのをやるから

こんな感じで、こいつは俺から信頼を勝ち取るために未来科学力に頼る。

俺が信じていないのは、こいつが本当に未来からきたのだとか、そういうことじゃないんだが。

それが伝わる相手なら、今もこんな押し問答をやっているわけもない。

で、仕方がないので俺は毎回こいつの紹介するアイテムを表面上レビューしている。

そして最終的に、信頼に値しないことを納得してもらった上で、丁重にお帰りいただくということを繰り返しているわけ。

未来がなんだのという話の規模に対して、やっていることは押し売りと客の戦いのようであり、時代錯誤も甚だしい。

今回もそうなる筈だったし、そのつもりだった。

(#65-2へ続く)

2018-11-11

anond:20181111150221

無理矢理、たたみかけるように押し売りされると 品物自体に不満はなくても

自分意志、決定を邪魔されるようで拒否してしま

いつものUIなら買っていたと思うし満足できたと思う

いつものUIにひっそりと 今ならポイントアップ、と追記があるくらいなら ちょっと得したな、と思いながら買ったと思う

いきなりドドンキャンペーンページの表示にさらには決定を急がせる10分のカウントダウン詐欺ページとしか思えない

自分同様に逃げる人も多いんでは

2018-10-19

[]杞憂

Vtuber界隈の用語(?)で、「こういう活動は叩かれるのでは」とか「この内容では再生が伸びないのでは」などと心配しすぎて、心配押し売りになっている人たちを指す。

2018-10-16

肉球認識技術実用化されてないの?

時々うちのイヌが外に締め出されてしまうことがあって、

イヌでも開けられるドアがあるといいんだけどな。今、どれくらい開発が進んでいるんだろう。

ポチっと肉球で押すとドアが開くやつ。

もちろん自分が知らない強盗イヌ押し売りイヌ宗教勧誘イヌが入ってきたらマズイので本犬確認をして欲しい。

2018-09-18

オタク欧米児ポコンテンツが少ないのを「表現規制!」とか批判するのってさ

単に相手に嗜好の押し売りしてるだけなんじゃねえのっつう

 

あっちのケモナー

日本ケモナーが少ない! 表現規制されてるんだ!」

って言ってたらどう思うよ?

2018-09-04

自己肯定感の低さが邪魔をする

昔100kgくらいあるデブだった。

一念発起して1年で40kg痩せた。

反動ちょっと肌が荒れたりはしたものの、よく聞く皮余りとかリバウンドも起きずにそこそこ引き締まった体を手に入れた。

以降自分語りやイキリだと思う人はスルーしてくれればいいんだけど。

痩せる前は、主にデブであることが自己肯定感の低さの根幹になっていた。

そんなもんだから、痩せればモテるようになると思っていた。

実際、痩せてからビフォーアフターを知らない界隈に飛び込んでみたらまあモテるようになった。

街でナンパされることもあるし、婚活パーティーとかでもカップル成立したり街コンでも向こうから連絡先渡される。

ビフォーアフターを知ってる人が「痩せたな」と言うのはわかりきっていたし、知ってる人の態度が手のひらを返すようによくなったという話もなくはなかったので誰も知らない界隈に飛び込んでみたけど、どうやら客観的に見てもいい見た目に変化したのは間違いないらしい。

事実デブの頃の写真を見せるとみんな嘘でしょという顔をする。

から自己肯定感の低さの根幹であるコンプレックスは消えた。

はずだったのだが、生まれから20年くらいデブでありモテずに育ってきたため、どうにも今の環境に慣れない。

ナンパは全部押し売り宗教性犯罪の類だと思っている。

街コン婚活で連絡先を渡されても、大して連絡もせずにLINEは未読スルー

会う約束はできるだけ取り交わさない。

なんというか、自分に興味を持たれている事実を受け入れ難い。

会って数分~数時間程度の自分になぜこんなに興味を持たれているのか。

自分はそんなに他人から興味を持たれるような高尚な人間ではない。

という思考になってしまい、相手からアプローチに応えられず全部スルーしてしまった。

デブでひねくれていた頃は他人から興味も持たれないことに慣れていたので、今の環境が慣れない。

人に誇れるような技術、特技、趣味など何もないこんな空っぽ自分・・・と今でも自己肯定感が低いことを自覚してしまった。

自己肯定感を高める方法がわからない。

見た目以外の何か人に誇れるようなことを身に付けるというのはいったいどうしたらいいのだろうか。

何をやっても「こんなの誰でもできることでしょ」と思ってしまう。誰でもできることの中に自分がいて、安心したい。

2018-09-03

コンビニバイトを始めて四ヶ月半

コミュ障の私にコンビニバイトなんか出来るのか心配だったが、思いの外普通にやれている。

・根の性格がどうかと接客が出来るのかどうかは別問題なのかもしれない。大抵コンビニとかスーパーとかそういう接客仕事は元気で明るい人求人してるけど、そういう性格の人でも続かない人は続かないみたいだ。

・私が働いてるお店はそもそも店長役職付の人達人間関係とか苦手としているらしい。

・お客さんの方もそんなにサービスされたがってる感じしないしな。

・誰でも良いから話し相手して欲しいお年寄りイケメン正社員氏目当ての老若男女は時々来るけれど。皆一方的に喋れれば気がすむのだし、被害をこうむるのは主にイケメン正社員氏だけだし。

・女は歳を取るとちょっとは楽になるのかもなと思う。若い頃よりも有意に客に絡まれる回数が減った(昔はウエイトレスをやってたが酷い目にあった)。

・でも歳を取れば取ったでまたあまりうまくないんだとも思う。相棒(私の母親より歳上)が客から浴びせられる暴言はひどい。相棒と同年輩か上の男性客が主な加害者

若い女は生きづらいなと以前は思っていたけど若い男もなかなかに生きづらいのだなとイケメン正社員氏を見てて思う。上司や客からパワハラはもろに喰らっているし、女性パートさん達からのボディータッチすげえ。べったべたに触られまくりである。例え肩や背中や上腕などさわって直アウトにならない部位を触るんでも、男が女の子あんな風にベタベタ触りまくったら大問題なのに。

・明らかにどこか他店で働いているお客様がいらして、そういう方はおでんを注文するとき大根こんにゃくから注文する。注文を全部カップに入れ終えたら、お客様は「よし、OK」と仰り鍋に蓋をして下さった。

おでんが始まると地獄だ。レジに長蛇の列が出来る。

・ノーミスと愛想は最大の防御だと思う。日本人接客賃金のわりにやり過ぎだとも言われるけど、やっぱりクオリティ高い接客をしてるとお店の中は平和だし、何より自分が痛い目見なくて済む。

・ある年代のお年寄りお客様に限って異常に態度が悪く、店員によく危害を加えて来るんだが、それ以外の年代お客様は概ね大人しい。若いお客様は大体礼儀正しい。

・ただし、店員ちょっとしたミス豹変する客というのは年齢問わず一定数いる。そういう人は大抵女性店員相手だとめちゃめちゃ強気に出てくる。

個人的に嫌な客となりうるので要警戒なお客様自分と同年代ちょっと年下くらいの女性お客様マジで容赦ない、恐い。

コンビニバイトしてると言うと尊敬の目で見られると同時に引かれる。鰻とか恵方巻とかクリスマスケーキとかを押し売りされると思われているのだろうか?

・だが実は、近頃は本部方針で、店員ノルマを課して店員本人に買わせたり家族親戚友人知人などに無理に買わせるなどという事はしないように、フェアや季節もの商品の売り込みはあくま店頭でやるように、という事になっている。

・そう説明したところで誰も信じてはくれないのだが。

・昔児童館で仲良くなったママさんが、偶々店の近所に住んでいる人で、以前はよくご来店していたようなのだが、あるとき私が店で勤めていると知るや露骨に嫌な顔をして私を避けるようになってしまった。その人はたまに私の勤務時間家族とご来店するが、絶対私のレジには並ばない。

レジお客様セールや季節もの商品のご案内をせよとオーナーから改めて厳命があったんだけど、具体的にじゃあどうすればいいの?という事は誰も教えてくれないのだった。

・なので相棒プロアルバイター氏に聞いてみたら、二人とも「別に、チラシを袋に入れときゃ良いんじゃね?」とのこと。あっ、良いんだそれで……。

・などと適当な事を言うプロアルバイター氏はよく、ホットスナックが上げたての時とかおにぎり100円セールの時とか、大きい声で「いかがですか~?」と呼び掛けをしているのであるプロフェッショナルな呼び掛けの口上すき。

・そんなプロアルバイター氏は何故か女性店員達の間で使えない男扱いをされている。マルチタスクを若干苦手としているようで。

・だがそういう文句を言ってる人達仕事デキルのかというと。

コンビニ仕事で分からないことがあったらこの店の中で一番の新人であるプロアルバイター氏に聞くのが一番手っ取り早いし分かりやすい。組む相手を選べるんならプロアルバイター氏とが良いくらいだ。

自分で言うのもなんだが私はレジ作業が素早い。でもよそのコンビニや、うちの近所のドラッグストア店員さんがこんなにキビキビ仕事を流しているのを見たことがない。速さより丁寧さの方が大事なんだろうかと、ドラッグストア店員さんがじっくりつり銭を数えてから手渡してくれるのを見ながら思った。

・元気も良いし素早いけどサクサクこなしすぎているとロボっぽくて人間味ないんじゃないかとも思う。歴の長いパートアルバイト人達とかイケメン正社員氏がお客様と談笑しながら仕事をしているのを見て思った。

・近所のスーパードラッグストアでも、店員さん達はフレンドリーで暇な時は向こうから話し掛けて来る。そしてチラシくれたり何かをおすすめして来たりするのだ。これがレジ打ちの営業というものなのだろうか。

・私にはもうすっかり事務作業な人というイメージが定着してるだろうなと思って、この間は事務作業的にお客様一言声をかけつつおでん割引セールのチラシを袋に入れる活動独自にしてみたが、意外にお客様には嫌がられなかったんだが続けていいものかどうか分からないでいる。そういうのはイラネって内心思うよね、ぶっちゃけ私が客なら要らない。

・ようやるわ、という顔の相棒お客様にお声かけとかそういう事は絶対にしない主義の人なのである給料安いのに割りに合わないとキッパリ言い切っていた。

もしかして私、真面目に仕事しすぎなのかなぁ。出掛けた先で入ったコンビニで、ド金髪女の子が怠そうに接客してるのを見てそう思った。あまりにも怠そうだったので「レシートください」と言えず、買った金額を頭の中で繰返しながら帰った。

2018-08-30

anond:20180829235649

禿同

災害時にはそりゃ水は貴重なんだろうけど、避難するのに重い液体ハミガキなんて持って歩きたくない。

避難所に物資支援した実績でもあるのなら納得もできるけど、現状押し売りしか感じない。

2018-08-27

anond:20180827104601

私は一度も見たことないんだけど、24時間テレビに貼り付いて見てる人っているの?24時間連続で一つの番組をやること自体司会者スタッフにとって拷問しか思えないし、全体的に感動を押し売りしている番組として認識している。

特に100㎞マラソンとか166㎞トライアスロンとか何?日頃鍛えているアスリートでもきつそうな内容をど素人芸人かにやらせるのは悪趣味だと思う。いちおうトレーナーをつけて練習とかしているみたいだけど、ある程度若くて体力のあるタレントがやるにしてもしょせん付け焼き刃だし、単なるいじめしか見えない。ましてや年配者や日頃運動していなさそうな人がランナーに選ばれると、「ランナー倒れたらちゃん日本テレビ責任とれよ」としか言いようがない。

私は長時間テレビに貼り付いているのは時間のムダだと思うので、似たような内容でもせめて2~3時間にまとめろよと思ってるし、逆に24時間テレビ好きな人にどこが面白いのか教えてほしい。

2018-08-25

素人騙して押し売りして「騙されたお前が悪い」は流石にない

信用を商品にしないといけない業界でその戦略ちょっとどうなんですかね……

2018-08-16

訳あって気にかけている人がいる。損な役回りも進んで行っている。

自己満足で済んでいるうちは良かった。

人間の性なのだろうか、とはいえ面と向かって聞かれたら認めないと思うが、最近見返りが欲しいと思ってしまう。

現実には見返りなどなく、自分利益のみを考えた場合、気にかけるメリットなど無い。

しかし助けたい。しかし見返りは欲しい。どこまでもわがままで醜いと思う。

搾取され続けるか、見切りをつけ見捨てるか。ただ親切の押し売りをしているだけという可能性もある。

この場合における最適な行動とは何だろうか。

2018-07-26

善意押し売り」はよくないともう気付きましょう。

善意、悪意と色々あるけれど、平面的には善意が良いとする。


だがそれが誤りであると言うのは、あるひとつ寓話がよく示してくれている。

以下引用

わたしバファリンのおかげさまで、なんとかいままでやってこれてきました。おかげでわたしの醜い体調はいつも軽度に増して復調しては、その日ぐらしに困るようなことはなんとかありませんでした。

からわたしは「バファリンさん、どうもありがとうね」と毎日のように声をかけていました。バファリンさんのほうはといえば、それに対して微かに頬を赤らめるくらいの反応を示し、それから満足そうに微笑むのでした。

わたしの体調はバファリンのおかげで安定していましたが、ある時期になるとわたしがいつものように「バファリンさん、ありがとう」と声をかけていますと、飲んだときに、やさしさに身体が包まれている気がしたのです。そのときにおいて、わたしは、バファリンのやさしさが半分を超えたことを知ったのです。そのあとはすぐのことでした。バファリンわたし感謝に応えるように、やさしさの度合いを増していき、最後にはすべての成分がやさしさになってしまいました。するとわたしの体調はもう、復調することはなかったのです。”




この寓話が示すように、「善意押し売り」とは、それが「相手のためになるとは限らない」ということを、誰しもがより気付くべきである

2018-07-23

anond:20180723140853

単に家族愛()を描きたいだけであって

あれをフェミにつなげるのはインセルっぽいからやめとけ

 

しろ家族家族押し売り

メディアのノリと共にEXILE感がある

2018-07-10

anond:20180710091504

必要だと思う。表札なしで宅配物や郵便が届いていても、担当者によってはやはりそこで良いのか迷う事もあるだろうから

そもそも、防犯を言い出したら、そこに住居を構えている時点で、盗難ストーカー押し売りリスクはあり得るわけで、表札がどうこうはあまり関係がない気がする。

表札を出さなかったか押し売りが来なかったとか、泥棒が入らなかったとかそういう事あるの?

2018-07-05

善意を鬱陶しく感じる

ある人がコメントアドバイスをくれる。善意から言動だとわかっていても鬱陶しい。

こっちからその内容についてのコメントアドバイスを求めましたか

もし、求めている場合はいくらでもよろしくお願いしますだが、求めてない善意はただの押し売りのようにしか感じない。

良かれと思ってを盾にして私の領域を侵してきているように感じるのかな。多分私は、自分にとって役に立つ善意なら喜んで受け取るのだろうな。

2018-06-29

ロスジェネ世代の先輩の思い出

10年ちかく前、私が学生だったころ、アルバイト先には必ず30代前半のロスジェネ世代がいた。

バイト先で仲良くなったAさんもそのうちの一人で、女性だったが国立大出身で、良い就職先が見つからずにフルタイムアルバイト身分だった。おとなしい人だったが身ぎれいで親切で博識で仕事もできた。そこの大卒数年目のイキり社員の男がめちゃくちゃ無能で意地悪だったのもあって、私はAさんのことをすごく尊敬していた。Aさんは新入りの私がミスをしても、頭ごなしに叱りつけることもなく、黙々とフォローをしてくれた。フォローしたあと、次からはこうするといいよ、とちゃん指導もしてくれた。その経験は、私が就職して後輩を持つようになってからもすごく役になっている。

Aさんは「私は就職氷河期世代から」と、口癖のように言っていた。

新卒入社社員になれなかったこと、まだ結婚相手がいないこと、親元で暮らしていること。そういう話題が出ると、決まってそれを口にしていたと思う。でも、それ以外の時はわりと淡々としていて、ごくごく普通暮らしを送っているようだった。

そんなAさんに、ある日、紹介したいものがあるので何かのサロン的なところへ行こうと誘われた。当時は時々バイト上がりに一緒にお茶するくらいの仲になっていたので、私は二つ返事でAさんについて行った。

到着した先は、(詳細は完全に伏せるが)いわゆるマルチ商法アジトのようなところで、商品ショールームのような場所だった。自分たちを含めて、何組も来客があった。

Aさんはバイト先では見せたことのないような生き生きとした明るい表情で、フルタイムアルバイト2~3月分のお値段の商品を色々と紹介し、実演してくれたりもした。私はずっと「えっすごいですね」みたいなことを言っていたと思う。

増田ちゃん人生も、きっと変わるから!」

一通りの商品紹介が終わった後、Aさんは握りこぶしをふたつ、自分の胸の前で控えめにグッ!としながら力強くそう言ったのを覚えている。私の方はといえば、なんというかものすごく色々な気持ちが胸の中で沸き起こっていた。

どうして今まで気づかなかったのだろう。Aさんは自分人生を変えたかったのだ。バイト先で愛想良く笑って仕事をこなしていたけれど、そんなの全然満足していなかった。Aさんが今の人生をどんなふうに変えたいと思っていたのかはわからないけれど、そうだよね。ずっと親元からバイト先に通うわけには行かないもんね…。

Aさんはいい人だったので、しつこい勧誘もなかったし、押し売りもなかった。ちょっと欲しいかもと思ってしまうくらい説明はうまかったけど。「学生さんだし、お金ないもんね。無理にローンもおすすめできないし、社会人になってからでも考えてみて」そう言ってその日はちょっとしたパンフレットだけくれて、帰らせてくれた。

その後はAさんとバイト後に一緒に遊びに行くことはなんとなくなくなり、さらに数年たって私は就職のため地元を離れることになった。4月を2週間ほど過ぎたころ、母から「Aさんからハガキが来てるよ」と連絡があった。「就職先でも頑張ってね!応援してるよ」とだけ書いてあった。

私はAさんに返事を書かなかった。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん