「億劫」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 億劫とは

2020-05-15

不意に独りである事が悲しくなる

30半ば。

仕事の手を止めてふと人想いにふける。

支える人もおらず、自分を支えるので手一杯。

仕事的にも金銭的にも余裕を作れない不器用さ。

その上、日に日に無気力の度が増していく。

目標を考えることすら億劫になっていく。

でも、仕事をしないといけないし、この状況を打破する道を模索しないといけない。

友達もいないし、作れなかった。

恋人もいないし、作れなかった。

仲間もいないし、作れなかった。

思い出せるのは親と昔飼ってた犬位に交友関係が無い。

…何で人と距離を近くのが怖いまま何だろうな。

もし、急に死にそうになっても走馬灯には何も映らないような人生なのが堪らなく虚しい。

簡単に死なせてくれるなら迷わず死ねそうな気がするほど自分に期待していない。

生きる事が嫌になってくるな…。

人生初の寿司屋名前を覚えている

俺の場合かぶ寿司という店。チェーン店でも回転寿司でもない、郊外普通の店。店に行ったことはなくて寿司桶でしか知らない店。回覧板広告しか店舗の姿は知らない店。

本家筋で集まりごとがあるときはいつもその寿司屋の出前が昼に出た。そのころはナマ物に抵抗があったから、巻き寿司箱寿司くらいしか食べるものがなかった。と言っても巻き寿司が苦手で、箱寿司のみを食べていた。

いとこ達と遊ぶことは楽しかったが、食事に関しては特別楽しい思い出はない。酒を飲んで楽しげな周りの大人たちの雰囲気の中に俺の居場所はなかった。酒に対して苦手意識めばえたのはその時が最初のように思う。

次第に集まりへ顔を出すことも億劫になった。家族そろって寿司屋へ行くこともなかった。俺以外の家族で行ったことは、きっとあるのだろうけど。

寿司はついに好きにはなれなかった。

初対面の人に苦手な食べ物を問われたとき寿司も酒も苦手で・・・と答えると、「まんじゅうこわい」な冗談と思って大いに笑ってくれるのだが、実際はこんななのだ

かぶ寿司はずいぶん前に潰れた。あの店がもし回転寿司だったら、子供だった俺の寿司へのイメージもまた違ったものになったのかもしれない。

そんなことを先日思っていた。かつて寿司を注文してくれていた伯父の通夜の場で。食事は桶に入った寿司だった。かぶ寿司とは違うその高そうな寿司に、俺は箸を伸ばすことができなかった。

自信がなさすぎる

自信というか、やっていける感というか。

これまで、何かしらする機会はあったんだろうけど、奪われたり、しなかったりしてきたからなあ。

自分人生を生きてきてこなかったから、当然の帰結なのか。

年齢的にももはや潰しきかないしな。

これからやりゃいいんだろうけど、年とると、より億劫になる。

2020-05-13

ネガティブなとりとめのない話

たまにゲームやったり漫画を読んだりするくらいで、大した趣味のないまま気づけばアラサーが終わろうとしている。

ギャンブルお酒タバコ風俗もやらない。たまに親を外食旅行に連れて行くのは親孝行してる感じもあって少し楽しかったけど、コロナでそれもできなくなってしまった。

強いて言うなら寝るのが好きだ。土日も心が休まらない社畜な状況から一転、時短勤務になってしばらく経つけど、働かなかったらその時間は寝るだけだ。

周りの人がとても活動的に見える。こちとら、役所に行くのも病院に行くのも髪切りに行くのもマスク買いに行くのも、なんなら食べることすら億劫なのに。

なぜそんなに頑張れるんだろう。なぜそんなに親身になれるんだろう。

なんだろう、疲れてるのかもしれない。何に疲れてるのかも判らない。

2020-05-10

Windows10高速化億劫

億劫って漢字で書くとこうなるんだ?!自宅にあるデスクトップ以外は(おもに職場だが)

というどうしようもないメンバだ。職場ではパスワード保護したマイクロソフトオフィス文書を送り付けることが常態化している。あと日本語ファイル名の添付文書問題もある。ファイル文字化け問題回避のために職場Windows10マシンが1台は必要だ…_| ̄|○

メールのエチケット守ってくれればいいだけのこと

添付するならファイル名は英語・・・あとみんながマイクロソフトオフィス持ってるわけじゃないんだからパスワード保護するな!どうしてもしたいならZIP側に保護設定しろ!できれば添付もやめて宅ふぁいる便かにしろ

どちらかはLinuxマシンちゃうとしても、一台はのこしておかねばなるまい。Windows10高速化して、現実的スピードにする改善必要億劫だ。「不要アプリ削除」って簡単にいうけど、アプリの削除って手作業から・・一個一個削除。時間食う。質の悪いアプリ再起動をそのたび要求するし・・ノートパソコンメーカーパソコンから、どうでもいいアプリがいっぱいプレインストされてそう。ああああああああ!

メーカーさんよ!!

頼むからchocolatey使ってプレインストールしてくれよ。頼むわ。

2020-05-06

病んでしまった時の支離滅裂日記

無気力人間とは呼ばれなくとも活力の無い人間だと言うのは分かっていた。だから負けず嫌いが本当に羨ましい。昔からまらない子供だと言われた記憶はあって自分自身子供なら燃え上がる物に冷めていた自覚はある。小学校の頃から毎日校庭に遊びに行く友人の誘いを断って毎週二〜三回は図書室に行きたい人間だった。これは友人に関しても近い事があって、人と話したいのに話していると急に人と話すのが億劫になる癖があり人と会話を続けられなくて、友人との距離は極端に近いかいかの二択になってしまう。これには自分なりの解釈がある。「友人と言うには一定ラインがあって顔見知りから親しい仲まで、どうもそのラインのちょうど良い位置にいる人間が周りにはいない」コミュニティ能力のある人間ならば友達以上親友未満の都合のいい人間を囲んで毎日の充実をある程度保証された様な生活を送っているはずだと思う。恐らくそれは正解に違いないはず。少なくとも僕の彼女はそちら側の人間であるから。僕にはその付き合いを継続する気力も無ければ魅力もない。今の時代コミュニティ能力が低い人にもインターネットによって多くコミュニティ形成出来る筈なのに残念ながら僕はインターネットで話す事も退屈だと感じてしま人間だった。聞こえて来るのはLINEトーク。聞こえて来るのは二時間の立ち話。そんなものの何が楽しくてやってられるって言うんだ。社会的排斥される意見を僕は考える。決して声を大にして唱えられる訳ではないが。

anond:20200506150319

「他館なら半分」がミソで、相対的に遠いと億劫さがあるんだよね

まあ、イオン系列しか上映しない映画とかもあるし結局行くんですが

2020-05-05

鬱病かもしれない

ゲーム漫画アニメドラマも何もかもが楽しくない。

何もかもやる気が起きなくなってしまった。

ご飯を食う事すら億劫だし、布団の上でただごろごろ転がって

ニュースを見て、ただずっとぼーっとしているというか

何もしたくない。

何もかも楽しいと思えず、ただ黙ってじっとしているような感じ。

仕事はしなければいけないがやる気が全く出ない。何もしたくない。

どうしてこうなってしまったのかが分からない。

これが鬱病と言う事なんだろうか。

2020-05-02

今日は何してたの」って聞かないで

マッチングアプリで気が合うかなと思った相手と5度会うも、付き合うには至らず。

現在仕事の都合で一時的に1000km以上距離が離れたところに住んでおり、コロナウイルスの影響もあって3月から会っていない。

毎日毎日相手から連絡はくるものの、「今日はなにをしてたの?」と聞かれる毎日

これだけ新型コロナウイルス自粛だ、ステイホームだ言われてるのに、そんなに毎日お伝えするほどの日常過ごしてないよ。

冗談ではなく、毎日聞かれるので「今日はなにもしてないよ」という日もあるし、連絡が億劫になって未読無視することもあり…。

この人と今後どうやって付き合っていこう。

というか、お付き合いする気あるのかな。

しんどい

2020-04-28

そろそろ『百合』と『百合に男を挟んだ』ジャンルに決着をつけよう

まず初めに

 この文章は「『百合ジャンルと、『複数女性の間になんらかの関係性がある上でそこに男性がいる』ジャンル区別しよう」という結論帰結する。それで納得してくれるのならそれでOK。帰っていいよ。

 ついでに補足しておくと、筆者は所謂百合ジャンルに詳しいわけでもないし、それらの問題提起により度々巻き起こる騒動の渦中にいたわけでもない。ある意味、この文には公平性担保されている……と好意的に捉えることもできようが、本質的にはただの部外者の一人の発言であることは忘れないで頂きたい。

本題

 さて、ここからタイトル通り『百合ジャンルと俗に『百合に男を挟む』と呼ばれているジャンル軋轢について考える。

 まさか「その軋轢とはなんぞや」と言うようなピュア人物がこの乱文に辿り着いているとは思えないため、それらの騒動についての説明は省いて話を進めていく。

 騒動を踏まえて解決策を得るため「何を解決するか」、今回の件に合わせて換言すれば「『百合に男を挟む』ジャンルに『百合』のタグをつけることの何がいけないか」を掲示する。それらを大別すると、

・大多数の百合定義から外れている。

・『百合ジャンルを探す際の検索妨害になる。

この二つが挙げられる。

 前者の問題については言うまでもない。そもそも百合』に該当しないのだからそのタグは適切ではない、という論調だ。インターネットで『百合』の定義について調べると「女性の間になんらかの関係性があり、それらについて描写した作品ジャンル」と分かる。(出典をインターネットに求めるのは些か情けないことであるが、そもそも扱っている事柄インターネットの周囲に存在するため勘弁して欲しい)

 サブカルチャーに慣れていない方がいれば「男がいようがいまいが女性同士になんらかの関係性とやらがあるのならそれは広義の『百合ジャンルに含まれるのではないか」という意見を持つ方ももしかしたらいるかもしれないが、それは違う。

 なにが違うかと言えば、それこそ大多数の意識が違う。例としてイラスト投稿サービスpixivを挙げる。

 pixiv投稿された直近100件の『百合タグがついたイラストの中で、所謂百合に男を挟む」イラストは0件であった。先の複数問題提起により、「『百合に男を挟む』作品は『百合ジャンルに適切ではない」と既に共通認識が形作られているのだ。

 そも、この文自体百合に男を挟むな」騒動を受けて執筆されている。「『百合』に男を挟む」ジャンル百合には該当しない、というのが大多数の意見であり、また妥当な落とし所である

 そして、二つ目の「『百合ジャンルを探す際の検索妨害になる」についてだが……こちらに関して言えば正直私が口に出すことではないかもしれない。というのも、先程pixivにて直近100件の作品をチェックしたと述べたが、ここで指す「『百合タグがついている『百合に男を挟む』作品」が、その100件の中には存在しなかったわけだ。勿論探せば見つかる程度には存在するはずだが、特筆して目立つわけでもない。恐らく『百合ジャンルを好むユーザー複数回に渡る問題提起の成果であろう。

 ともあれ、『百合ジャンルにおける検索性は、ある程度の健全化が成されていることは確かだ。この二つ目問題というのは実のところ、「『百合』に男を挟む」ジャンル検索性を上げる目的掲示した。ここからは「『百合』に男を挟む」ジャンルの『検索性の改善』と、そのための『タグ』を考える。

 その前に、ここまで散々「『百合』に男を挟む」ジャンル百合ではないと言ったのだから根本的に「『百合』に男を挟む」ジャンルという呼称が正しくないだろう。ここからは「複数女性になんらかの関係性がある上で男性がいる」ジャンルと呼ぶ。

複数女性の間になんらかの関係性がある上で男性がいる」ジャンルタグ

 より『百合ジャンル検索性を改善するためにも、また『複数女性の間になんらかの関係性がある上で男性がいる』ジャンル独立性を確保するためにも、『複数女性の間にになんらかの関係性がある上で男性がいる』ジャンルタグ確立しそれを喧伝することは必要不可欠だ。あといちいち長いジャンル名を打ち込むのも疲れてきた。

 で、そのタグとは、ジャンル名とは何が適切だろうか。『百合』に類する言葉を入れてしまったら再び『百合ジャンル検索性の低下に繋がるため、それらの使用は不可。

 そして理想を言うのなら、既存言葉合致しないものが望ましい。「百合の花のイラストを探したいなあ」と考えイラスト投稿サイトを検索したら、何故か複数女性が描かれたイラストが画面いっぱいに表示された……というような事例も、ないとはいえない。極論ではあるが、できるだけ新しいタグ既存言葉と競合しない方がよいことは確かだ。

 そう考えると、タグ命名候補はかなり絞られてしまう。なぜこんな所で躓いてしまうのか。いや、この段階で先に進まなかったか現在まで『百合ジャンルと『複数女性の間になんらかの関係性がある上で男性がいる』ジャンル問題解決しなかったのか。

 というか誰か既にタグを考えているのではないか。そう考えれば話は早い。

 ある。普通にある。『ffm_threesome』と言うらしい。

 female-female-maleで女女男、threesomeで三人組……とのこと。

 pixivで『FFM』と略称で調べると、意外にも複数イラストがヒットした。既に一部のユーザーには広まっているようだ。

 しかし、現在そのタグ使用が広まっていないのは、それだけの理由があるはずだ。ピクシブ百科事典記事作成されていない。これも大別して二つ考察できることがある。

・『FFM』では他のタグもヒットしてしまう。

日本人ユーザーには取っ付き難い。

 この二点だ。

 前者についてはタグ部分一致の検索設定の場合におこる。普段なにかしらのイラストを部分一致で調べることの多い筆者にとっても手痛いところだ。『FFM』を名前に含むキャラクターもヒットするため、検索性については幾ばくか劣る。

 さら問題を複雑化しているのが後者。前者の問題解決しようと『ffm_threesome』のタグ使用すると、かなりタグが長くなり、日本人にとってはかなり億劫だ。そもそも現時点で既に『ffm_threesome』のタグは『FFM』よりさらマイナーである。取っ付き難いにくいというのはタグ喧伝する上で非常に重いデメリットである

 ここはやはり新しいタグを考案して拡めるしかないだろう。そうだ、female-female-male日本人お得意の略称で『ふぃふぃめ』とでも呼ぼうか。いいんじゃないか『ふぃふぃめ』。英語よりとっつきやすいし、短い。何より今pixiv検索しても該当作品はなく、競合する言葉もない。まさにベスト選択肢だ。

 勿論冗談だ。語呂が悪すぎる。

結局

 私の力不足により、全てを解決するタグを生み出すことは叶わなかった。

 一度タグが広まれば、きっと棲み分けが実現し、検索性も広がり、それらのジャンルもより発展していくはずだ。

 『複数女性の間になんらかの関係性がある上でそこに男がいる』ジャンルにも、勿論種類わけが必要だが、それだって『FFM』に相当するタグが広まれば、他のタグの併用によって棲み分けができるだろう。

 例えば単純に「女性二人と男性一人の純粋な恋仲」を表現したい際にも、『FFM』に相当するタグと『純愛タグを併用することで達成できる。(注意、筆者が知らないだけで純愛タグに一対一の恋愛でなければならない共通認識があるのならこの用法は間違い)

 しかし、そもそもいい案が思いついても、それを定着させるには年単位草の根活動必須であるため、今すぐどうこうできるわけでもない。

 結局、私がこの文で主張できるのは、初めに書いた通り「『百合ジャンルと、『複数女性の間になんらかの関係性がある上でそこに男がいる』ジャンル区別しよう」のみである。ここまで長ったらしく書き連ねておいて、結論は1ツイートで終わることだ。多分140文字説明もできてしまう。

 私がこの問題を前に筆を取った理由は、偏に私もオタクからだ。正直『百合ジャンルにも『複数女性の間になんらかの関係性がある上でそこに男がいる』ジャンルにもそこまで関心はない。

 ただ、傍から見ていても、この問題について何も考えないでいるという事はできなかった。

 NLだろうがBLだろうがGLだろうが、ハーレムだろうが逆ハーレムだろうが、獣だろうが人外だろうが、夢だろうがオリ主だろうが、観葉植物空気になりたい欲求だろうが。

 それらは全て、文字に起こせば「他人の色恋を覗き込んで、或いは他人との色恋を想像して愉しむ」という至って不健全趣味に思える。

 しかし、こと創作という行為において、何かしら制限されることはない。(人目に公開する際の制限存在するが)

 だから、一部自分の目に入る「○○というジャンルおかしい」という意見に耐えられず、今回の文章を書くに当たった。

 これからも一創作者として、より快適に趣味を楽しめるよう願っている。





おまけ 謎のタグ『とせがら』

 『FFM』について調べている際、ピクシブ百科事典にて目に留まった記事があった。

 その名も『とせがら』。曰く「男性から女性に性転換したキャラクターTSっ娘)」と「女性キャラクター」のカップリングのこと……らしい。「trans sexual girls love」、俗に言う『TS百合ジャンルを指すようだ。

 これは推測だが、おそらく『百合ジャンル検索結果に『TS百合』が引っかかってしまうため、差別化の一手として『とせがら』タグを用いているのだろう。『複数女性の間になんらかの関係性がある上でそこに男性がいる』ジャンルほど目立ってはいないが、『TS百合ジャンルに対しても苦言があったのかもしれない。いい活動だと思う。何がいいって語呂がいい。少なくとも『ふぃふぃめ』よりは。しかし、実際にpixivイラスト検索をかけるとヒットするイラストはなんと一件。『FFM』と違いピクシブ百科事典記事存在すると言っても、未だ草の根活動最中なのだと思う。是非普及して欲しい。

2020-04-25

なんかよくわかんないけどこのプログラム動きますぅ~をやめたい

第二新卒としてエンジニアになって2年目。


職業エンジニアになって一番思ったことは、「なんかよくわかんないけど動く」コードは許されないということ。

自分が書いたコードがたとえ一行でも責任を持たないといけない。

これが趣味コード仕事コードの大きな違いだと思った。


「なんかよくわかんないけど動く」コードを書き続けるということは、

せっせとバグの温床となる状況を作り出しているのと同じことだ。


「なんかよくわかんないけど動く」コードの「なんかよくわかんない」ところって、

プログラミング言語仕様や、コンピューターアーキテクチャ理解必要だったり、

ある程度まとまった時間を取って知識習得する必要があるものばかりだ。

からこそ、億劫になっていつまでも先延ばしにしていた。


先延ばしし続けると、いつまでも自分コードに自信が持てずプログラミングのことが嫌いになりそう。

プログラミングを好きなままでいるために、まずは言語仕様から始めてみよう。

きっともっとプログラミングのことが好きになるから

2020-04-22

目の前の仕事に取っ付く癖直さないとな…

からやるなって言われてる癖。

これをやり出すと生活リズムを壊したり、先が見えない不安仕事が手に付かなくなる。

少し暇になると反動で無計画にサボろうとしてしまう。

朝一で管理してから仕事を進めるようにしないといけない。

適度なストレスであれば朝一で管理できるけど、急に色々立て込み始めるとすぐ疎かになる。

独りだと尚のこと管理億劫になる。

管理職が上にいるって重要だよ。

この管理コストも補うと、労力が結構馬鹿にならない。

2020-04-17

アカウントを削除した

長年使ってたはてなアカウントを削除した。

いろいろブックマークし、ブコメし、ブログも書いた。

でもなんだかいろいろ面倒くさくなってしまった。

ひとつには家族秘密にしていたからだ。

別にそんなにひどいことをブコメしたりブログに書いたりした記憶はないがあくま自分感想で、家族がみたら色々と言われるだろうなと思った。

色々言われて、削除するものを削除して、その後は家族に見られていると意識しながらブコメしたりブログを書くのだろうけど、それはたぶん楽しくないだろうと思う。

でも、例えば死んだ後とかに存在が発覚したりしてその後グダグダ言われるのも面倒くさい。

いや、そのときはもう死んでるのだから面倒くさいもなにもないのだけど。

もう一つはこのアカウントスタンスみたいなのを考えるのが面倒くさくなってきたからだ。

色々ブコメブログに書いている内に、なんとなく自分の中でのこのアカウントのあり方みたいなのが固まってきた。

そこから外れるようなことをブコメしたりブログに書くのが億劫になってきた。

どうせ誰もそこまで私のアカウントに注目はしていないとはわかっているのだけど。

なので、アカウントを削除することにした。

というか削除済み。

この記事は、新たに取ったアカウントで書いている。

またその内、色々とブコメしたりブログに書いたりするんだろうか。

なにやってんだろうなあ。

2020-04-13

FGO二部五章の不満(ネタバレ

良いところもあったけど、ツイッターには書きにくいシナリオ関連の不満だけを書く。



全般的に、文章がくどくて漢字を多用したい年頃の文章みたいだった。

エウロペ神託文言カオス顕現、ブラックバレル使用ときなど、枚挙にいとまがないけど、ほぼ同じ文章を繰り返して鬱陶しい以外の言葉がない。

普通、同じことを繰り返すときは多少なりとも省略するでしょう。

でないと、読んでる方は飽きる。

二回くらいなら演出だと思うけど、三回は多すぎる。

それも、ワンシーンだけじゃない。全体を通して似たようなことを何度もやる。

ライター自分文章を読み返してなんとも思わなかったのだろうか。

テキストの水増しにしか見えない。

地上ではゼウスの耳がある、という設定もまったく生かしていない。

地下のことどころか大召喚器についても、何もかも口にしている。

さっき基地で話した内容な上に、地上では口にするなって言ったばかりだけど、鳥頭か。

まあ、ゼウスはまったく聞いてないんだけど。

フォウも鬱陶しかった。

これほど存在を主張するのだからなにか意味があるのかと思ったけど、なにもなかった。

可愛さを通り越して、存在邪魔になってる。

せめて今までもそうだったらわかるけど、今回だけやたらと出番があったから余計に。

セファールの巨人についても、そんなに何度も話す必要あったか

と思うけど、先史文明について、今後の話に関わってくるのだろうか。

EXTELLAに関係してくるのかなとも考えたけど、これ以上FGOで引っ張る話でもない気がする。

FGO上で意味がある話になるならいいけど。

味方の双子については、いい話風にまとめてるけど、自分世界を滅ぼしても自分たちの我を通したかっただけだなという印象。

またもや、何度も彼らの意思を問う場面があったけども、同じことを言っているだけでいれる意味があったのか疑問。

せめて、問うたびに少しずつ掘り下げていくとかできなかったのか。

キャラとしては可愛かったけど、ぐだたちにとって都合のいい存在しかなかった。

武蔵ちゃんバカヤローウという選択肢もなんだこれ、という気分だった。

今まで散々、サーヴァントとの別れがあって、死ににいったキャラなんてたくさんいたけど、なんで武蔵だけバカヤローウなんだろと違和感しかなかった。

今回のぐだの選択肢は、名前を呼ぶか意味のないことを言うかばっかりだったな。

ロムルスもせっかくのグランドなのに、ほとんど活躍らしい活躍がなくて残念だった。

敵がルーラークラスから戦闘でも四章のカルナときのような戦いもできない。

ロムルスがいたから勝てた、という感じがまったくしなかった。

オルガマリーはもうね

ばっかじゃねぇのって思う。

勲章みたいのつけてるってなんだそれ。

かに真っ先にそれ思ったけど。クソみたいなデザインだと思うけど。

ここ一番の盛り上がりになるはずと思っていただけに、期待はずれもいいところ。

満を持して登場、でちょっとギャグテイストにしたかったんだろうけど特に面白くない。

オルガマリーが発言している間、ぐだたちは無視してキリシュタリアと話してたんだなと思うと滑稽ではある。

話している内容も、人類使徒も全員殺すって言ってるのに、地球国家元首になって人類管理するって言ってて、何を言ってるのかさっぱりわからない。

このキャラは何がしたいのか。

テクスチャを張り替えて新たな知的生命体を生んで管理するとかそういうこと?

ビーストという話だけど、人類悪って人類愛でもあるんじゃなかったっけ。

同朋がどうのっていうのは、エリア51っぽいところにある存在のことだと思っているけど、同朋ってろくな扱いされてないんじゃなかったっけ。

確認するのも億劫なので間違っていたら申し訳ない)

異星の存在な上に、同朋のことがあって、どう人類愛と結びつくんだろう。

大体、オルガマリーにはなんの思い入れもない。

序盤にちょっと出てきてヒステリックだった記憶しかない。

アニメで多少、印象はマシになったし、マンガでわかるの所長はわりと好きだけど、本編のは好きになるほどでもない。

ゲームを始めたのがリリース初日なので、もう四年以上も前にちょっと出ていた程度のキャラだ。

たいした付き合いでもないぐだがあれ所長でしょとか取り返そうとか、そんなこと言われてもな、としか思えない。

取り戻したいとも思わない。

それなのに、それが主目的になりそうでやる気が起きない。

こんなにゲームをやり続けてきて、アトランティスで盛り上がって、これか、という気分。

これ以上につまらないシナリオは以前にもあったけど、重要な話になるだろうと期待していただけに疲れた

あと、オリュンポスの神々にも期待していたのに、ところどころ腑に落ちなかったり、キリシュタリア描写するための踏み台になったかと思うほどなんの思い入れようもないキャラだったりでがっかりした。

アフロディーテ髪型ダサいし。

長くなった。

2020-04-09

コロナ情報に囲まれた日々

毎日お金の事と今後の事で頭がいっぱいになる。

仕事がないのに不安で埋まる。

気づけばこんな時間

また昼に起きて仕事のことをかんがえはじめる。

気晴らしに外食しようかなって思っても、外に出るのが億劫

死を連想するものに心を奪われてしまう。

楽になりたい…

2020-04-06

うんこに行くのが面倒だ

普段職場サボりがてらウンコをするのだが家だとウンコ便器が汚れたら私が掃除しないとならないのだ

うんこに行くのが億劫なのだ

2020-04-05

SPI適性検査

性格といったって、そのときどきで変わるでしょう…

三つ子の魂百まで、とかいうけど、社会人経験していたらなおのことTPOやらでも変わるよね。で、環境の変化や出来事などによっても調子はかわるし。つらいときには、ひとりにしてほしい、相談しまくる、食生活無頓着、悩んで眠れない、億劫になる、くよくよする、他人意見ネガティブに感じる、自分が信用できない、未来は暗いと思う、とか殆どの人がどれかにはなるんじゃないの?

ならば、自分が楽しかったときパフォーマンスが出まくっているとき自分のことについて回答すれば、それを良しとする会社が受け入れてくれてハッピー、つまらない会社は弾いてくれる、ってことね。

しかし、企業さまは自己申告の一面を切りとって、これをどう生かすのかしら?

爪を切るのも億劫

鬱だろうか。

TODOリストに爪を切るって書いてやる気を奮起しないと無理だ。

切り終わったらレ点をつけて自己肯定感をあげる。

おれはどうなっちまったんだ。

2020-04-04

失ったものの大きさに気づく

今日も何もできなかった。昨日も、一昨日も、先週も、先々週も。

部屋は乱雑に散らかり、湿った匂いを振りまく。堆積する洗濯物と本。傍らにあるピアノは、厚い埃に覆われている。

風呂に入るのが途方もなく億劫に感じる。食後の歯磨きをする腰が重い。それだけじゃない。出歩かない日に着替えをしないのはもともとだけど、爪も伸びるままだし、日課の朝洗顔おざなりになったし、ある日目についた眉毛は気づいてから2週間そのままだ。

やらなきゃいけないことはたくさんあるし、やりたいことはそれに輪をかけてたくさんある。先方へのメールアポ取り、日課ピアノ練習、チームの作業TOEIC勉強、部屋の掃除勉強ならプログラミングもやらなきゃいけないし、他に溜めている仕事もある。全て進行していない。現状を鑑みてできないはずがなく、単純にサボっているだけとしか言いようがない。毎日惰眠を貪り、空いた時間起きることもなくゴロゴロし、ギリギリ体が動くとき思い出したように少しゲームをして、ただ夜が更けるのを待ち、空が白み始めた頃になって、今日も何もできなかったという後悔・自己嫌悪とともに眠りにつく。そんな毎日を過ごしている。どう考えてもサボっている。

そう。できないのではない。やる気になれない。もはや自分が頑張ることに意義を感じない。今の頑張りが明日につながるようには、到底思えない。今頑張ることは、明日含み損を減らしこそすれ、すでに抱え込んだ大赤字を解消してくれるわけではない。雪だるま式に増える借金の、無限に膨らみ続ける利息に押し潰される人生しか思えない。

誰も助けてくれない。おそらく、自分明日を気にしてくれる酔狂はどこにもいないのだろう。自分過去に目をかけてくれた人もほとんどいないから。私はこの数年間、日々硬直と停滞が進む体と神経に抗いながら、ボロボロになっていく心を誤魔化しながら、それでもできる範囲で実績を積み上げてきた。だとしてもそういうことなら、その実績はハリボテだし、ひいては自らの人生も廃棄寸前の見切り品しかなかったということだろう。そうではないと言える証拠は乏しいが、そうであると言える状況はいくらでもある。

どうしてこうなってしまったんだろう。どこかで道を間違えたことは分かっているが、どこかを修正してもこうなる未来から逃れられない気がする。

こんな状況だから……というわけでもないが、『恋する小惑星』というアニメを観た。『恋する小惑星』に登場するキャラクターたちは、与えられた問題に対して先送り的な解決法を見出しているシーンがいくつかあったように見受けられた。

正直、はっとさせられた。誰に限った話でもない、みんな明日に対する無力感は持っているし、それを根本的に解決する力を持っていない人だっている。でも、自分の周りにいる誰かが受け入れてくれるなら、明日意味生まれる。明日に何かあるなら、今日頑張れる。関係によって、問題をうやむやにしてしまうことで、多くの人は救われる。私にも、そのような光景があったならば。

いや、違う。私にも確かにあったのだ。単に選ばなかっただけで。選ばぬことを選んでいるうちに、一向に姿を見せぬ青い鳥を探し求めているうちに、褒め言葉や励ましは全ておべんちゃらに聞こえるようになり、損得勘定によって物事判断するようになり、快晴の空に思いを馳せる心の余裕が追いやられ、やがて慈しみの関係絶滅したのだ。それからのことは、語るに及ばず。私は、自分の逃した魚がどれほど大物だったかを、この段になって初めて悟った。

しかし。だからといって、だからといってどうすればいいのだ。もはや人と話していても言葉が通じている感触がない。失われた関係も、捨て去った機微も、粉々に崩れたパーソナリティも、もう戻っては来ない。軌道修正するにも、燃料の残量は少ない。気づいたところで、目の前にそびえる借金が消えてなくなるわけではない。

価値のない人間の行動に、価値は見出されない。価値のない人間言葉は、空虚のものだ。価値のない人間との関係は、価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない価値がない

詰んだ。来ないかもしれないかもしれない明日に、望みをかけて耐え続けることに何の意味があろうか。どうして誰かの代わりにもなれない欠陥品なのに生きていかなきゃいけないのだろう。これから何年、督促状でできた蟻地獄に耐え続けることになるのだろう。

存在しないと分かってもなお、私は銀の弾丸を探し続ける。生きている感覚がない。きっと4割位死んでいる。

2020-04-03

anond:20200403230546

医療保険は入っていないよ。国保だけ。

今は高額療養費制度かいうのを調べてた。

だけどどうしたってお金はかかるみたいだから億劫になってるよ。

2020-04-01

3月無職になった

コロナ関係ないようで、あるようなよくわからない話

特定されないようにざっくり書くつもり

ちょっと長くなるが、とあるクズ野郎お話

とりあえず属性

年齢、性別は伏せさて

都内派遣で働いていた、派遣会社は弱小会社

仕事エンジニアじゃないけどIT系まわり


遡って前前職の話から

そこそこの期間続いていたチームの解散があり、異動があったのが去年の秋。メンバーも散り散りになる。

そしたら、業務問題ないんだけど、いわゆる人間関係がどうにもダメ

分かりやすい○○ハラならいいんだけど、人としてどうにも合わない、受け入れられないっていう日々が続いた。

こいつの下では働けんってことで、今年1月契約満了で退社になりました。


そして前職

転職のことはずっと頭にはあったけど、履歴書やら経歴書のことを思うとどうにも億劫で、仕事を探すことができなかったというかしなかった。

それでも同じ派遣会社をなんとか使って、2月から新しい仕事を始める。

ここで心機一転と思ったんだけど…


規模のある企業なんだけど、既存の同じ派遣会社の人とマンツーマンな感じでの仕事だった。

そしたら、こいつとまた合わなくってさ(笑)色々あるけど割愛

コロナ初期で勤務時間どうする?みたいな感じになり、これラッキー時短にさせてもらった。

大人もコロ休みをって強く思ってた。仕事に行くのがコロナ関係なく辛かったから。

出勤を遅らせるとはいえ駅、電車は混んでて、これを越えて辿り着いた先があいつかよってストレスもかなりあった。

それで、来週はどうするかってなったときに「時短にしてるのはお前だけ、入りたてだし長時間働くべき」みたいな同調圧力的なこと言い出してきた、

朝が弱いから開始を早めるのはキツかった、元がちょい早だったし。

とりあえず、同じ時間でとは答えてみたが、なにかが崩れたのはこのタイミングだったかな。

結果、週明けにバックレ決めてやりましたよ。

翌日の夕方派遣会社担当を経由して入室のカードを返却して、無事完結となった次第でございます

思うところとしては、最近話題になったストレスの変化図(https://togetter.com/li/1486245)のスタートが秋頃にあって今日に至ってるっていう自覚はある。

その場しのぎじゃなくて、ちゃん対処してこなかったことは後悔してるかな。

かのことを悪くいいたいのもあるが、結局は自分が悪いのよね。同じこと繰り返したわけだし。


しばらくは生活できる分の蓄え、環境があるのでとりあえずは生き延びていられそうです。

ぼちぼち保険証ハロワのことを調べないと思ってる今日この頃です。

気になるのは、完全な自己都合だけどこれはコロナ関連で辞めたことになるのか否か。

そんな無職身分だと幸か不幸か、ロックアウトとかのコロナ騒動ある意味他人事感がある気がする。

あと、自宅勤務とか

趣味関連が多大な影響を受けてるので完全に表裏一体ではあるのだけど。

ちなみにこれはフィクションってことにしてくだされ

ただ、この先はどうなるんだろうね、自分も世の中も

2020-03-27

やりたいことや得意なことは勝手にやっている理論

裏を返せば気合いをいれて意識して頑張らないとできないことはやりたくないし向いてないこと理論、これが正しいとすると俺は死ななきゃいけなくなる

運動するのはもちろん食べるのも眠るのも億劫で辛い

てことは食べることや眠ることつまり生きることが向いてないってことになる

生きるの向いてないのになんでずっといきてなくちゃいけないんだ?

この理論をふりかざす人は「生きるの自体向いてない人がいる」ってこともわかって言っているのか?

2020-03-20

ゲーム禁止の家庭で育った結果

高校までゲームテレビなど数々の娯楽を禁止された結果、社会からの隔絶感がすごい→大人反動が出る・「制限があった方が」などさまざまな声」

https://togetter.com/li/1405794


これ実は自分も同じで。

自分場合は親が某宗教団体で、その親に生まれたのでその宗教を生まれた時から信じさせられてたいわゆる二世というやつだった。

その影響もあるが、自分の親はゲームとかあと民放とかを見せない、漫画買わないという感じの典型的毒親でした。

(他の同じ宗教信じてた子達はゲーム漫画も買ってもらってたりしたから、ちょっと変には思ってたが)

やかん高校生になり、親と対立して宗教抜けて(今は和解済)上京して大学生になり社会人になって今に至るんですが、

やはり幼い頃~思春期上記であげたような娯楽を体験してない喪失って本当にデカい。

友達と話をしてる時でも、例え今そんなにゲームやってない人でも昔やったゲームの話とかは出来て「あのボスがね」「あのコマンドがね」ってなる。

自分はその時どうするかと言うと、「全然からないんだけどどういう事?」と問いかけるか何もツッコミ入れずにそのままこのゲーム話題が終わるの待つかどちらか。

前者の場合だと「??!」みたいな顔されてさも異世界から来た奴を見るような目をされるのを何度もされたので本当に自分ゲーム殆ど知らない、という事を知ってる仲がいい友人たちにしかやらない。

大抵の場合後者である

後者場合だと取り敢えず乗り切れるのだが、知ってる前提で次話されるリスクがあるのは否めない。

まりどの道しんどい事には変わりない。

そんなこんなでこの幼い頃やった娯楽の話って、大人になって今話す上でも前提になってるという事実に気付かされる。

ゲームやってる人はそれを土台に今のソシャゲームに至るまでの過程があって、それで話す幅も広がるし

漫画もそうで、幼い頃見た漫画を元にやっぱり別の漫画を、みたいなのがあるだろうし。

結局、小さい頃やった事って何にしても基礎になってて、そういう思い出があるから深みがある話って出来るんだなぁって思う。

から同じこと(たとえばスーファミとか64とか)やったところでそれは全然埋められないし、

もし今から買ってやりこんでってやっても結局それってみんな小さい頃にやってたんだなぁと思うと本当に寂しいし何やってんだろ俺って言う気分になりそう。


もう1つ。

一人暮らし始めた時に、じゃあその親から解放されたかテレビゲーム買ってやるかー!という気分には実はならなかった。

多分親から言われてたのもあるのだが、何となく買うのが億劫なのだ

感覚的にはこれが一番近いのかもしれない。(このツイートはオシャレに関する事なのだが、そういえば自分もその類のことは全然ではある)

https://twitter.com/n_kurakura/status/1240725145137758208

結果として解放された後もその呪縛みたいなのがあって、ずっとそこに居続けるみたいな現象?っていうやつなのかなとも思う。


幸いにして音楽(聞いたり演奏したり作ったり)とか禁止されてた漫画とかは今では買う事は趣味になってるので、もしかしたらテレビゲームは合って無かったのかなぁとも思うが、

ゲーム禁止された結果なのかなとも(禁止にされてたからこそ、別の方面に目がいった)考えてる。

ただ思う。

やっぱり娯楽を親から禁止という事を言うもんじゃないよ。大人になったときポッカリなにか空いたやつになってしまう、本当にまずい。

香川条例のやつもあるけど、今後こういう心にシコリを残す人たちが増えませんように・・・

2020-03-17

anond:20200317103619

どーせチューゴクからのご機嫌取り製品が安かったのと、寒いし通学するのが億劫なだけでしょ

2020-03-16

日曜日、そういえば二週間ほど自慰行為をしていないことに気づきソープランドに行くのも悪くないと思い立った。別に多忙であったわけではないが、ときおり無気力なまま時間を過ごし、気づいたら長らく抜いていないことがある。

だが、日曜日はもともとジョギングに充てるつもりだった。ここでさぼるとしばらく走れなくなる。ついでに土曜日に大量に飲み食いした分も消費してしまいたい。

そういうわけで、近所を走り回ってからまだムラムラしていたらソープに行くことにしようと決断した。走っている間はずっとソープランドのことを考えていた。基本的に走っている間は退屈なので、何か考えるべきことがあるのはありがたい。以前は音楽を聴いていたのだが飽きてしまった。最近の曲を別に知りたいわけでもないし、聞き放題サービスにも関心はない。それに、たまたま聞いた曲が気に入ったものであったときに、立ち止まって調べなければならないかと考えると、それもまた億劫だ。たぶん簡単に調べる手段はあるのだろうが、積極的サービスに加入したいわけではない。

1時間半ほど走ってからシャワーを浴びても、まだいくばくかムラムラしていた。どうしたものかと寝床ごろごろしていると、右手の薬指に痛みがあった。不審に思い見てみれば爪が割れている。どこで割れたのかまったく見当もつかない。これでは到底風俗に行くわけにはいかない。嬢に割れた爪で痛い目をさせるわけにはいかないし、傷跡から何に感染するかもわかったものではない。しょうがないのでその晩はソープランド動画で抜いて寝た。

からないのは、二週間の禁欲直後よりも、一発だけ抜いた翌日のほうがムラムラすることだ。二発三発抜いた直後のほうが、禁欲中よりも性欲が旺盛になる現象関係しているのかもしれない。陰茎が触れられる喜びを覚えているからかもしれず、一発の射精がある種の呼び水になっているからかもしれない。

ところで、今朝体重を測ってみたが、土曜日シュラスコはそこまで後を引いていなかった。むしろ減ってさえいた。肉ばかり食べて、パンや米を食べなかったからだろうか。炭水化物ダイエットを信奉しているわけではないが、昼が多めのうどんだったので、平均すれば炭水化物摂取している。

土曜日に友人とシュラスコを食べた後は、閉店時刻まで煙草臭い喫茶店でだらだらと過ごしたのだが、雑談で気分が晴れた。最初は友人との会食後、別れてこっそりと風俗に行くつもりだったのだが、取りやめて正解だった。ところで、自分煙草はまったく吸わないのだが、ここ数年ニコチン臭い店の居心地がいいと感じてしまうのはどうしてか。昔はそういう場末じみた雰囲気を毛嫌いしていたものだが。別におしゃれな店が嫌いになったわけではないし、理由ははっきりしない。ただ、なんであれ、居心地がいいと感じる場所は多いに越したことはない。

関係ないがさっき空腹のあまりチーズパンを貪り食ってしまった。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん