「さより」を含む日記 RSS

はてなキーワード: さよりとは

2018-07-11

結局、主語の大きさより

あそこの大きさのほうが気になるよね

団塊の世代連合赤軍氷河期世代オウム

高度経済成長後の豊かな社会に生まれ氷河期世代シンパシーを感じるのがオウム真理教だと仮定してみる。

では、戦後貧困の中を生きている団塊世代シンパシーを感じていたのは連合赤軍だということになるのではないか

団塊の世代青春期を送っていた1950・60年代は、戦後の混乱と高度経済成長期となっていて、団塊の世代少年たちはひたすら右肩上がり経済成長社会を目の当たりにして生きていた。

日本西側世界なので資本主義経済議会民主主義の仕組みのもとで経済成長を成し遂げていたが、当時の若者たちの中には共産主義社会主義の方が優れているのではないか、と考えている人達一定数いた。

の子たちが学生運動原動力となり、連合赤軍などに参加する若者となっていった。

オカルトに嵌った氷河期世代が、オウム思想に惹かれていくように。

オカルトブームが始まったのは高度経済成長が終わりつつある1970年代前半だと言われていて、それ以前の1950~60年代は何がブームだったのだろうか。

それは、鉄腕アトム代表されるような「科学ブーム」だったのだ。

その科学ブーム自体は、高度経済成長大阪万博の終わりを境に、見事に終焉を迎える。

1973年の石油ショック以降は日本不景気が続き、これから経済的な豊かさより精神的な豊かさを求めるべきだというような論調が出てくる。

そのことと、科学ブーム終焉オカルトブーム黎明期が見事に重なっていることは、偶然ではないはずである

2018-07-02

anond:20180702081416

ネット議論なんて第3者が中身をチェックしてくれるわけじゃないから正しさよりも勝ってる感が大事なっちゃうからなぁ。

2018-06-28

情報安息日を作るべきではないか

各国で示し合わせてTVラジオネットが一斉に遮断される日を作ってほしい。

現代人が受け取る情報はとっくに個人で処理しきれない量だし、知ることの重要さよりストレス負担が上回っているせいでみんなうっすら精神病みたいな状態が続いている。自分から遮断する事はもうほぼ不可能から自己責任論はやめてシステム強制的に引き剥がす方がいいんじゃないかと思う。インフラ従事者や、セキュリティは休めないのでそこは問題が残るけど、ネットバトルで発狂してしまうような人間は減るんじゃないかなと思う。

2018-06-22

マジで分かんないから教えてください。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000130069.html

 TBSテレビバラエティー番組お笑い芸人路上で連れ去る撮影をしたところ、110番通報が相次ぎ、警視庁が本当の事件として捜査していたことが分かりました。

 警視庁によりますと、先月22日、東京渋谷区恵比寿路上で「男の人が車で連れ去られた」と110番通報が相次ぎました。警視庁誘拐の疑いで捜査したところ、車はTBSテレビバラエティー番組水曜日のダウンタウン」が使っていて、番組関係者事情を聴いたところ、お笑い芸人男性を連れ去る企画だったということです。警視庁は混乱を招いたとして関係者厳重注意しました。

 

この件、悪質ユーチューバー交番前で覚醒剤に見せかけた白い粉入りの袋を落として逃走し、警察官に追跡させた件(http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/235405)と、法的にどう違うんでしょうか?

番組演出である点、犯罪ではないが犯罪をほのめかしている点、警察捜査をし、業務(か強制的公務)を不当に妨害している点、など、共通項がたくさんありますが、

実際には前者は厳重注意後者偽計業務妨害罪で40万円の罰金刑(上訴中)と違いが出ています

 

考えられる違いは、番組制作者が法人個人の違い(つまり責任能力)、駅前交番前かの違い、くらいでしょうか。

どうも法の公平さより世論の納得感を重要視しているように感じてしまい、不信が募ります

どうかご教授ください。

2018-06-18

anond:20180618024944

好きで生まれたわけじゃないか死ぬことぐらい好きにしたいよな

死ぬ覚悟があれば何でもできるとか、いつでも死ねからとか

励まされて

もし死ぬ気が失せたとしても何年後かにまた死にたくなってしまうもんだ

生きてることのつらさより死にたくなることのつらさのほうが重いなら

何度もそれを味わわせる励ましは残酷

それに自分をこれ以上見下したくないって気持ちはわかる気がするから

安易にやめとけとは言えない

行くなら失敗せず行けたらいいし

行かないなら人生そんなもんだと思って頑張るか。

2018-06-10

anond:20180609174609

私も34歳処女で経膣エコー子宮頚がん検査子宮体がん検査を初めて受けたけど、もう耐えられないくらい痛くて痛くて死にそうだったんだけど……。

再診時にもう一度経膣エコーだけすることになったんだけど、あまりの痛みに「いっ、いったたたたたたたた、痛い!痛い!」と叫んでしまい、そこで先生が「あっ……」と私が処女であることに気付いて「ごめんごめん、忘れてた! 痛かったよね、ごめんごめん」といって肛門からの挿入に変えてもらった。

処女なのに、あの検査があまり痛くない人もいるなんて衝撃だ。

私は処女で、膣になにかモノを入れた経験ゼロからなのかな?

元増田さんは膣になにかモノを入れた経験があったりするの?

私は局所麻酔をしてほしかったくらい、トラウマになるくらいの苦しみと痛みがあった。恥ずかしさよりも痛みが上回って正直もう二度と受けたくない検査

この元増田記事鵜呑みにして痛さで叫ぶことになる人がいないといいんだけど。


ちなみに自分処女だと医者に伝えるのは全然恥ずかしくないタイプ

だって事実だし、相手医者検査必要な項目なんだし。

あと身なりはちゃんと整えてるから相手がいなくて処女のままって感じに見られることもないかなと思ってるので。

2018-05-23

横尾担としての末路

‪この1年で横尾さんのことをもっともっとだいすきになれて、着いていきたいと思えた自分感情と比例するかのように横尾担のことが苦手になってしまったのは間違いじゃなかったんだなってこの2〜3日で確信できました。‬

元々、横尾さんに対する考え方が同担でも合わない人が多くて、色々な場面でわたしは少数派なんだなぁと思うことが多々ありました。それを理解していたかTwitterでは鍵垢でひっそりと横尾さんに関する呟きをしつつ、マイノリティーでもこういう人も居るんだよ〜って自分なりに横尾さんを、キスマイ応援していました。これからもそうするつもりです。

今まで他メンバー比較しても少ない方だった横尾さんへの歓声も、声を出すか出さないかなんて個人自由から声を出したいと思っている自分が出せばいいことだと思っていました。

1年前の新潟初日、いつも以上に横尾さんへの声が少なくて、やっぱり同担減った、他担から歓声も出ないほどやらかししまったんだなあって思いつつ、いつも通りオレンジ色を付けて横尾さんへの歓声を上げて、横尾さんの団扇を持ち続けました。 後ろの席にいた他担に「横尾担とかまだ居るんだ」「あい反省してんの?」ってこっちまで聞こえるように言われても、言い返したいのをぐっと堪えてその声を消すくらい自分なりに横尾さんへ声を出しました。

そんな中、新潟団扇を何十枚も広げて横尾さんの誕生日をお祝いしている同担を見かけました。正直悲しくなりました。誕生日を祝うことはいいことだけど、なんで会場でそんなにスペースを使ってやるんだろう。例え人が少ないところだったとしても会場のこと、周りの目なんて考えず、お祝いしたい気持ちよりただ自分が目立ちたいからやっているようにしか見えなくて。横尾さんが何をしても叩かれている状況で、なんで横尾さんを支えるはずのファンが火に油を注ぐようなことができるの。大好きな人がお祝いされているはずなのに、凄く嫌な気持ちになりました。

きっとネットでも荒れるんだろうなって思いながら恐る恐る検索をしたら、愚痴垢や他担から邪魔だとか小馬鹿にする意見が目に入って、でも同担は「すごい!」とか「横尾さん愛されてる」「嬉しい」とか自分が思っていたことと真逆のことを呟いている人が多くて、本当にショックでした。

一度そう思ってしまってからは、同担の色んな言動に対しても違和感を感じるようになりました。昔からよく見かけていた「横尾担は声出せないから」「横尾担は見守るタイプから」という言葉をあのミューコロに入った後ですら言い続けてる。声が出せないのならそれで構わないけど、歓声がないのは私の責任じゃないよだって横尾担だから横尾担はみんな大人いから声出せないんだもん!そんな主張を未だに続けてることが信じられなかった。

横尾さんが歓声が欲しがってると推測してネットで盛り上がれるのなら、なんで去年現地でもっと声を出してくれなかったんですか。横尾さんが客席に対して挨拶をしても他メンバーより反応が薄くて、悲しくなったのならなんでその場で盛り上げてくれなかったんですか。

わたしが入った回数こそ多くなかったけどどの公演も歓声は少なかった。1人で入ることがほとんどだったから、1人の力じゃ何も出来ないんだって公演中に虚しくなることが何度もありました。

でも「声が出せない〜」って言っている割に、会場の外では身内で固まって騒がしくしているオレンジ色の集団を何度も見かけました。

他にも「横尾担は礼儀正しい、上品な人が多い」と言いながら、銀テを取るために後ろの席から走ってくるオレンジ色の洋服を着た人。横尾さんの脇毛♡臑毛♡今日パンツの色は何色だった♡とか下品な話を鍵もかけずネットでも現場でも堂々と話す集団挙げ句横尾担はみんなドMだよね!変態だよね!」と仲間意識を持ちたいのか、勝手に皆を一括りにしていましたね。

もちろん他担にもこういう層は一定数居るとは思いますが他担のことはわたしには分かりません。

横尾さんが髪の毛を伸ばせば横尾担ですら「切れ、短髪にしろ」、パーマをかければ「似合わない」。好みもあるけど、そこまで頭ごなしにたかが一ヲタクが束になって否定する必要性はありましたか

ネタだとしても、大好きな人に対して使われる下品言葉は見ていて良い気分にはならないし、長髪も好きだったわたしは、長髪も好きだよと言っても全方向から否定され続けた去年の5月辺りは本当に地獄でした。

なにより味方だと思っていたはずの同担が1番の敵だった。

現場ではテンションも上がって周りが見えなくなる気持ちもわかるから目を瞑ることもできる。

でもネットでは、Twitterでは、嫌でも目に入るしそれを避けてもまた別の人が同じようなことを呟いている。ファンだけじゃなくて、テレビ横尾さんを気になった人が検索をかけたら簡単に出てくる。「横尾さん」と検索をしたら愚痴垢の誹謗中傷と「いい歳した大人」を自称している横尾担の気持ち悪いツイートしか見かけなかった時はショックでした。

ネット誹謗中傷を見て横尾さんが傷付くと思うことが出来たのなら、自分達の気持ち悪い下ネタ妄想横尾さんへの卑猥言葉を本人が見てしまったら…という考えはできなかったんですか?

わたしはこの1年、他担や愚痴から横尾さんや横尾担を傷付けようとしているのがあからさまだった悪意ある言葉の数々より「横尾担はみんなこうなんです!」って逃げ道を作って、配慮モラルもない気持ち悪い発言や行動をし続けていた同担と「横尾担」として一括りにされていた方が苦しかったし辛かった。過去形じゃない今でも辛いです。そんな中でもわたし横尾担を続けられるのは横尾さんを見ていたいという気持ちが辛さより優っているからです。

これからもずっと横尾担で居ることは胸を張って言えるけど、きっと同担を信じることはないと思います。全ての同担がそうじゃないことはもちろん分かっています。でもこれ以上嫌な気持ちにはなりたくないです。

自分自身の懐が狭いことは十分すぎるくらいわかっているけど、自分やその身内が楽しければそれでいい、横尾さんを自分たちが楽しむためのおもちゃだとしか考えていないと思わせるような言動を「応援」という言葉を利用して正当化し続けてきた同担わたしは苦手です。

先日の福岡公演で横尾さんの誕生日をお祝いできた嬉しさと同時に思ったことでした。

2018-05-22

anond:20180522105633

元々それなりに支援が厚かったにも関わらず少子化だったドイツが、移民増えた途端に出生率爆上げという話もあるし

支援の手厚さよりやる気の問題しかない気がしてきた

2018-05-13

anond:20180513192158

仕事のものの面倒さよりも、こういうおっさんもの若い人はこう思ってるだろう」「上司とはこうあるべき」みたいな像に付き合う時間の方が長くてすげえめんどくさい。

ねえなんでそれを上司おっさんたちに飲み屋で言ってやらないの?

社内接待に神経すり減らすのしんどい

ワイ、アラサーエンジニア。中途入社数年目でプロジェクト複数担当してた。

平均年齢高めの課だったので結構いい年齢なのにまだ新入りみたいな扱い。

朝に出社をしたら突然上司(50代男)に呼び出され、個室でプロジェクトリーダーをワイから40代オッサン先輩に変更すると告げられる。

(内はワイの頭の中の考えです。)

ワイ「どうしてですか?これまでずっと自分が打ち合わせから担当してきたのに(あのオッサンプロジェクトで使われる技術についていけてないだろうな)」

上司「君が頑張ってきたのはわかるよ。でもある程度大きなプロジェクトになったからそれなりにしっかりした人を担当にしないと先方に示しがつかないだろ?」

ワイ「ですが先方の方ともようやく意思疎通がとれるようになってきたところですし(引き継いでも向こうの担当若いし、横柄なオッサンとは話が合わなくて苦労するだろうな)」

上司「正直に言うと君ではこの規模のプロジェクトちょっと役不足(←?)という社の判断でね」

ワイ「…」

上司しかしこれまで頑張ってきた君をはずすのも気が引けるし、どうだろう。プロジェクトリーダーは変わるがチームの一員として残るように僕から推薦してあげてもいい」

ワイ「いえ、下ろされるというなら引き継ぎをします。他にも担当案件がありますし。(これはリーダーだけ名前変えして雑用押し付けようという流れだな)」

上司「まあまあ、そんな意地をはらずに。君だって自分で育ててきたプロジェクト最後まで見守りたいだろ?」

ワイ「いえ、本当にいいです。自分には役不足()という判断ならそれに従います。(オッサンにかき回されたらプロジェクトの苦労が80倍くらいになるのが目に見えるわ)」

上司「そうかい若い人はプライドがあって頑固だなあ。後から後悔するよ?」

ワイ「もっと努力をして任せていただけるようになれるようになりますプロジェクト潰れて後悔するのはおまえらだよ)」


で、引き継ぎの書類データをまるごとオッサンに渡しに行くと、ニヤニヤして「お前にもチャンスは来るよ」と肩を叩かれる。

これでプロジェクト絶対に進まなくなるだろうがそれもこのバカ会社判断ならそれでいいだろ、と思いつつ他の業務に戻っていると先程の上司がまた来る。

上司「ワイくん。腹に据えかねているのはわかるが、そうイライラするな」

ワイ「?そうですか?すみません。(別にイライラしてない。揃いも揃ってバカだと思ってるだけ)」

上司今日仕事早く切り上げて飲みに行こうか」

ワイ「はあ、でも納期近いですし。(こいつと飲みたくねええええええ)」

上司「いや、君は今日飲みに来るべきだぞ。そうしないと君の心が心配だ」

そして半ば無理やりサシ飲みで安居酒屋につれて行かれる。

上司「ワイくんを見ているとね、僕は自分若い頃を思い出すんだ」

ワイ「…(その頃は毛があったんだろうな)」

上司会社に勤めるってことはな、理不尽我慢するってことなんだ。若い内はプライドがあってつい反抗したくなるのもわかる」

ワイ「反抗していたように見えたらすみません。(反抗して話聞くような連中じゃないだろ)」

上司「君のそういう若さはすごくいいと思う。だからこそ、君には自分を大切にしてもらいたい。これは上司としてではなく僕個人の考えだ」

ワイ「はあ…(うぜえ)」

上司「僕は君の一番の理解者だと思ってる。少なくとも人生の先輩だ。だからもっと心を開いて、なんでも会社に思ってることを言ってほしい」

ワイ「いえ。特に今の所不満はありません。(下手に不満ぶちまけたらお前絶対社長かにチクるだろ)」

上司「ワイくんは頑なだなあ。その若さ、あと数年で『バカだったなあ』って思う日が来るよ」

ワイ「そうかもしれませんね(お前と一緒にするな)」


なんつーか。

仕事のものの面倒さよりも、こういうおっさんもの若い人はこう思ってるだろう」「上司とはこうあるべき」みたいな像に付き合う時間の方が長くてすげえめんどくさい。

今はそういうキモイおっさん茶番とか仕事ごっこに付き合うのに飽きてフリーランスしてるけどさあ。

日本生産性を押し下げてるのってこういうオッサン連中の「仕事とはこうあるべき」像だよなあと思う。

2018-05-02

俺ツエエ最強主人公問題なんじゃなくて

最強の能力ですぐ事件解決問題解決すればいいのに、話を引き延ばさなきゃいけない都合で

無意味に悩んだり回り道したりして事態悪化する・余計なトラブルに波及するのが嫌

 

孫悟空ルフィご都合主義の最強主人公だが、出番ではちゃんと実力を発揮し、余計なことで悩んで回り道したりしない

そのかわり、悟空ルフィが戦いの現場居合わせない展開で、話を引き伸ばされるけどね

 

安易な最強主人公だとgdgdとどうでもいい悩みにこだわって「お前がとっとと動けば犠牲者出なかったんじゃないか?」となったり、

最強の能力の使い方が下手くそすぎて、強さよりも頭の悪さが目立ったりする

(いつも思うんだけどサイコキネシス能力の使い方って相手を死なない程度に壁に叩きつけるより空中に浮かせたままにして行動を封じるほうが効果的だよね)

 

俺ツエエは、強さにイライラするんじゃなくて、強さを使いこなせない頭の悪さが強調されてイライラする

 

というか、本当は話の展開をスムーズに作るためには最強じゃなく弱点を設定するのが物語セオリー

なのに弱点を上手く設定できないのを指して「最強主人公ばっかりで面白くない」と批判されてるというのが正しい言い方なのかな

2018-04-02

anond:20180402224625

なんも間違っちゃいないと思うけどソレだと出世しないよ。上司や得意先から評価を得やすいのは丁寧さよりレスポンスの良さだったりする。友人関係場合は好きにすればいい。

2018-03-29

東京五輪

行っても人一杯で疲れるだけだろうな…

この前日本橋行ってストフェスい巻き込まれたが楽しさより疲れの方がでっっっかかったもん

2018-03-26

幻想殺しは強い魔法を打ち消せないわけではない

一巻で「竜王吐息」を消しきれなかったのは、それが超火力だからという理由では全くなく、

一粒一粒が全く別の魔法として独立している10万3000粒の魔法の奔流だったから。

それに対して幻想殺しが一つ一つの魔法を順々に打ち消そうとして処理落ちしてしまった。

フィアンマ右手も同じで、あれは「相手戦闘力に対して最適な力を自動で組み上げ攻撃する」能力だったから、

幻想殺しに対して最も効果のある「竜王吐息」を模した攻撃が放たれた。

一方通行の黒翼を消し切れなかった説明はないが、それまでの設定であの黒翼というのはAIM拡散力場、

すなわち「学園都市中の超能力者無意識に垂れ流している微量の超能力」を凝集したものであることが明言されているので

性質としては「竜王吐息」と同じであることが言える。

まり幻想殺し相手能力を消し切れない条件は能力の強さよりもむしろ質的な部分であって、

そういう弱点を突かない攻撃なら、作中基準で相当強い魔法も含めて今までにいくらでも打ち消してきている。

だいたい、幻想殺しってのは上条右手本来宿っているすげー凶悪な何かを封印し続けるために宿ってるはずだが、

そいつ一方通行の黒翼ごときより弱いってことはいくらなんでもないだろう。

そもそも強い魔法から打ち消せない、ある程度弱ければ打ち消せますなんて無効化能力者として何の意味もないんだから

適当なことを言わないでいただきたい。

パンティタモリタモリ知識適当さより

スタッフ女子アナ愛想笑いがつらい

 

あいうの見る層は過剰な笑い求めてないからさ

変なガヤ作り出すのホントやめて

2018-03-14

正しさの虜

財務省文書改竄不正で、正しくないことは誰の目にも明らかだ。

他にも、不正だったり、正しくない事は毎日のように新聞報道される。

この問題は、1年以上前からやっていて、国民はこの不正に鈍感だ。

しかし、正しくない事を追求することは正しいに違いない。

だが、どんなに新聞や一部のブコメツイッターが盛り上がっても、この問題炎上しない。

現代において不正を追及するには、誰かの不幸が必要なのだ

この問題でも自殺する職員という痛ましい件が報道されたが、新聞社はほとんどこれを素通りして

安倍政権やその取り巻き財務省が如何に正しくないかに集中している。

これが、盛り上がらない主要な原因だ。

新聞社やこの問題批判する人達は、正しさの虜にあって、何故、正しさを欲するのかを見失っている。

正しさが必要なのは自分が豊かで恵まれている中で、初めて正しさがいると知ることができる。

不公平の真っただ中にいる人達は、何処かの遠くで不正があっても、それが自分不公平を解消するとは思えない。

経済的に豊かになって、もっとかになりたいと思う時に他人不正が気になりだす。

しかし、今は多くの人が困窮してるので、他人不正など気にしていない。自分や身近な人が不幸なのかどうかだけだ。

民衆を救ったりその支持を得たいと思うなら、正しさの虜から逃れる事だ。

ただ、不幸の解消にだけ焦点を当てるべきで、例えば、裁量労働制が一気に強い騒動になって後退したのと同じだ。

身近な問題として、不幸がやってくるとわかれば、騒動になる。

遠くの官僚不正など知ったことかと思っている。正しくなっても自分生活はよくならないと。

正しさよりも、金や糧が必要なのだ

2018-03-10

anond:20111106020837

差異

楽しい」「苦しい」という感情は、相対的な「差異から生じている。(詳細はジャック・デリダという人の本を参照)

A(前)→B(後)という状態に変化して、楽しいとしたら、変化前のAはつまらなかった。変化後のBは楽しかった。AとBのギャップによって、楽しさが生じていることになる。

人間には「飽きる」という性質がある。A→Bという同じ差異=刺激を毎回繰り返していると、徐々に慣れてしまって、それでは十分に楽しいと思えなくなってしまう。

麻痺した感覚リセットするには、しばらく刺激を止めたら良い。すると初心に返って、再び楽しめるようになるだろう。

麻痺した後でも、刺激を続けたら、廃人になる。よりハードな刺激を求めて、差異過激ものにしていくからだ。女遊びで満足できなくなった男は、未開拓の新しい刺激を求めてホモ走る男いるかもしれない。

 

大中

から、肉体を使って味わえる快楽には、「グルメ」「セックス」「ドラッグ」という3大娯楽がある。

この3つはなかなか飽きが来ないので、中毒定番だ。どれも刺激を求め続けるから中毒になるのであり、廃人になるのだ。

 

量より質

普通の女に飽きかけているのなら、少し一人になってリセット期間を設けた方が良いかもしれない。

また、外見の派手さより内面の美しさ=性格の良さを追求すれば、女に飽きるのも難しくなるだろう。なにしろ性格の良い女なんて滅多にいないからね?

美人100人に1人程度はいると思うが、性格の美しい女はさらレアで1万人に1人程度しかいないように感じる。ナンパじゃ発見できないから、ボランティア活動で探すことになるだろう。

2018-03-09

anond:20180309113631

黒一色にしてるのはデザイン関係では。

男は青女は赤って、色彩として単純にダサいもん。

統一した方がお洒落に見える。

点字ブロックなんかもそれで周囲に溶け込む色にされたりするよね。

あれは弱視の人の事も考えて見た目のお洒落さより目立つ事が大事から、そういうのは批判されるけど。

2018-03-06

やはり僕は人狼が嫌いだった

人狼ジャッジメントというアプリ流行っていて、ランキングに載っていたので、

すごく懐かしい気持ちになりプレイしてみた…が結局、人狼というゲーム豆腐メンタル自分に合ってないのを再確認しただけでした。

10年近く前にるる鯖でやってたときは、占いCO数秒遅れると信用とれない、CO時は騙り対策でかなりの長文要求みたいな過酷な状況でも楽しんでたんですが

そのうち、勝ったり推理が当たったときの嬉しさよりストレス溜まることのほう多くなっていきました。

「何でCOしたんだよ」「何でCOしないんだよ」「何でそんなところ占うんだよ」「狩人何してんだよ」「狂人仕事しろよ」

みたいな事を必ず言い出す人がいて、それが自分に当てはまってると「あーもうお前が正しいのはわかったけど、何なんだよ。たまにはセオリー外して失敗してもいいだろ」と思ってしまうし、

それと逆に、他の人の把握ミスで負けたりすると、それはそれで少しイラっとしてしまう…。

とにかくやってても、もやもやする機会が多すぎて、しばらく離れていたんですが、やっぱりそういう感じでした。

野良でやるチャット人狼だけだと思うんですけどね。

見知らぬ他人で、一回きりで後腐れもないので、きつい言葉も好き勝手発言できますし。

手軽にできて、皆数百回とかやってるから、どんどん効率いい方に向かうし、文字情報しかないので、突き詰めやすいし。

そんなこんなで、結構やってると時間とられるし、相変わらず自分には合ってないのがわかったのでアプリは削除しました。

アプリ自体はよくできてたので、今後のチャット人狼でメインツールになるだろうと思いました。

あと、今思ったけど、初期設定とかわかりやすい役配でやる人は、即セオリーぶち込める環境初心者相手マウント取って勝ちたい人が多い気がします。

偏見かな?

2018-03-05

anond:20180305045212

本来は色んな偏りも含めて信条自由否定されるべきでは無い。とも思う。でも最近ポジション間での攻撃合戦が増えてて、人間同士の議論とは呼べない物が増えてるのも事実だったりして困り物だなと思うことが増えた。

理想的には議論の振幅は狭めず、時代にあわせて常に流動的に議論の重心移動をさせ続けるのが望ましいのだが。

流動的な正しさよりも、固定的で安心出来るポジション確保の方に、人間はひかれるんだろうなあ。

2018-02-28

彼女にうんちを見せてもらった ※下ネタ注意

タイトルのとおりなんだけど

同棲してる彼女にうんちしてるところを見せてもらった

彼女黒木華に似ているのでここでは華ちゃんって呼ぶことにする。

華ちゃんはうんちがいっぱい出るらしい

特に大きいのが出ると携帯で撮ったりしたり

油断しているとトイレを詰まらせるので

大きい方は2回に分けるらしい

何回か見せてもらったんだけど、60cmくらいのソレが

あたりまえに和式便器にUの字で鎮座しているのを見ると

どうやってでてくるのか、ほんとに華ちゃんが出したものなのか

気になってしまった。そしてノリでお願いしてみたわけ

なんでそんなにでるんだよw今度目の前でだして見せてよって

最初はやだよ恥かしいって言われたけど

とあるたんびにマジな感じでお願いしてたら、ついに折れたみたいで

細目の華ちゃんが目をまんまるにして「本当に見たいの?」

なんて聞いてくるから僕は二つ返事で頷いた。

ビーチバレー選手華ちゃん

大人しそうな顔とは裏腹に身長170、お尻が100センチ近く?の寸胴で安産型。

その大きな体を動かすためかほんとうによく食べる。

僕の二倍くらい、いや下手したら三倍くらい。朝からご飯三杯とか。

食費にすごく持っていかれるけど、ご飯を食べてる時の華ちゃん

とても幸せそうなのでまあいいかなって思う。

その食事量と鍛えられた腹筋じゃそりゃ出るものますわなって思う。

僕は華ちゃんにうんちを見せてもらう代わりに焼肉をたらふく奢ることにした。

華ちゃん遠征ハワイに行って帰ってきてからなかなか時間も取れなくて

何かしてあげることもなかったのでいいタイミングだったかもしれない。

せっかくなので、華ちゃんには申し訳ないけど大食い効果を見たくて

日大きい方を我慢してもらった。(消化には24時間かかるらしいので)

金曜の午後6時頃にパンパンだった華ちゃんお腹

土曜の朝に起きた頃になると嘘のようにすっかり引っ込んでいた。

華ちゃん身体の中では

噛み砕かれてすり潰されて胃で溶かされたあと、腸でこねくりまわされて

栄養を吸い尽くされるなんて、まあいものことなのかもしれなけど

考えれば考えるほど何とも言えない気持ちになる。

毎食後に当たり前のように催す華ちゃん。朝食後が一番きついらしい。

ぞの負けん気で夜まで我慢したけど、30分おきにおならをしてて

夜になるにつれ悪臭だけのすかしっぺをぷしゅ..ぷしゅっと。よく頑張った華ちゃん

そして日曜の朝、華ちゃんお腹はうっすら腹筋が見えるほどそんなに出てないけど

下腹部は明らかに膨らんでいた。

苦しいみたいけど起きたほんの直後は催してないみたい。

朝食を手につけ何分かすると華ちゃんの手が止まった。

それと同時にぎゅううううううというすごい音が華ちゃんお腹から響く。

華ちゃんは食べるモードから出すモードスイッチが切れ変わったのか

「ああああやばいやばいやばい出そうだわ」なんてそわそわして言う。

僕は苦しそうな華ちゃん下腹部に手を当てると、腸がうねうねと蠕動してるのが手に伝わった。

朝は味噌汁臭いを嗅いだだけでお腹が鳴ってしまうほど、

留まることを知らない華ちゃん胃腸が全力で動き出した様だった

今まさに消化を始めようという時に溜まりに溜まった上に

一晩置かれたうんちが邪魔している状態だろう

僕はリビングの壁際に昨晩敷いておいた新聞紙とその上のペットシートに

急いで台所椅子を向き合うように置く。

自宅のトイレ絶対詰まるし狭い。華ちゃんには思いっきり出してほしいし僕はそれを見たかった。

その間に華ちゃんにはおしっこだけ出してもらった。(飛び散りそうだったのでw)

華ちゃんは上はブラだけ下半身すっぽんぽんのままトイレから出てくると椅子に片足づつ乗せてしゃがみ込む。

朝の日差しがまだ眩しいなか、完璧なうんこ座り、ウンチングスタイル華ちゃん

目の前でむき出しになった100センチ近いお尻は日焼けで見事な白と褐色ツートンカラーになっていた。

まるで皮を剥きかけた巨大な桃だった。

その大きな桃と身長を支える鍛え上げられた足腰はサーブを打つのでもレシーブを受けのでもなく

僕のためにうんちを排泄しようとしている。

華ちゃんと一週間近く致してなかった僕はその身体を見ただけであたまがいっぱいいっぱいになってきた、

おそるおそる桃の下部中心を覗きこむと肛門様のお出まし。、華ちゃんのお尻の穴をまじめにちゃん

たことがなかった僕は大きいお尻の奥にこんな窄まりがある事自体意識してなかった。

奥の茂みとは対象的にほぼ無毛で薄ピンクのそれはエロ漫画とかネットで見た画像で見たより

かに皺の数が多く、大きい気がした。遺伝なのか鍛えられたのかはわからないけど。僕が華ちゃんのお尻に見とれているのもつかの間、

「そんなにじろじろ見ないでよ、出すよ」という声が聞こえてきて僕はお尻に返事をしてしまった。

華ちゃんがいよいよ力み始めると奥ゆかしく窄まってた肛門レンズの絞りを開放するかのごとく

皺が伸びていくと逆さに隆起した富士山のようになり、中心をググーッと押し広げるように茶色い塊が現れる。

紛れもなくそれはうんちだった。とか思ってたらすぐしぼんだりを繰り返す。

華ちゃんの息む声とふるえるでっかいお尻、そして肛門。僕は童心に帰ったような感覚で見ていた。

緊張してなかなか出ないのか、華ちゃんは力がさらに入るように一度しゃがみなおして、

少しつま先立ちながらまえのめりに壁に手を付くと、再びいきみ出した。

するとついにお尻からうんちの頭がにょきにょき出てきた。うんちの先端は我慢してたこともあって

水分を失ってチョコクランチのようになっていた。お尻ばかり見ているとケツだけ星人じゃないが

別の生き物のようにも見えてくる。缶コーヒーより一回り小さいくらい開いた肛門からフリスクケースの長辺

くらい硬い部分が出ると、そこから色が変わり健康なうんちがゆっくりとズルズルと聞こえるように出始めた。

華ちゃんの大きなお尻から尻尾のように垂れ下がり始めた立派なうんちは、不思議と汚さより気品があった。

苦しそうだった華ちゃんの表情も和らぎ始め、本当に気持ちよさそうだ。

しかし力いっぱい引っ張られた弓のように張り詰めた腹筋と震えるお尻は

うんちを押し出すために物凄いエネルギーを使ってるんだという感じだった。

椅子の高さが50センチ以上あるのに華ちゃんのお尻からでたうんちはついにペットシートに着地してもなお

出続け、60センチほどの大蛇を産み落としたあとズサッという音とともについに切れ落ちた。

華ちゃん肛門はぱっくり口を開けたままゆっくり窄まりにもどっていく。

と思いきやけたたましい爆音ギャグ漫画さながらブウウウウウウウウウッ!!と響き渡る。

栓をされ溜まっていたおならが一気に放出されたようだ。華ちゃんは顔真っ赤。

いっぱいでたね、すっきりした?と聞くと華ちゃんは「まだ残ってるみたい・・・」と表情を曇らせる

僕は華ちゃんお腹を円を描くようにマッサージしてあげると返事をするかのようにすかしっぺがでた

何分かすると華ちゃんは「あーきたきたきた、出そう」と言って再びしゃがみ直すと、また力みだす。

みたび、いや何度目かのずっと見ていたくなるような肛門の収縮。今度はスムーズだった。

さっき出した一本目のうんちは繊維がぎっしりで重みのあるまさにうんち、一本糞wといった感じで

二本目は太さは同じくらいだったけど柔めで黄土色がかってた上、臭いが強烈。

多分できたてホヤホヤのさっき固まったうんちという感じだった。

柔らかくスピードのあるその新人はすかしっぺと相まって、ゆっくり姿を現す気迫のある一本目とは裏腹に、

そこはかとなく下品な破裂音で直腸を滑り降りては、さっき出したうんちに積み重なっていく。

最初羞恥心なんて屁と一緒に飛んでいったのか恍惚の表情で色っぽい声で息む華ちゃん

しかし二本目だと言うのに相変わらずの大量だ。でる途中で何度か切れたが少なくとも60センチ近くあったように

思える。ダックスフントのように寸胴で骨盤のでかい華ちゃんは腸が長いのかもしれない。

キレがいいのかほとんど拭く必要もないお尻を何度かティッシュで拭いた華ちゃん

出し切った達成感か、ご満悦の様子。すごい、ほんとうにすごかった。

山盛りになった華ちゃんのうんちは新聞紙ごと丸めて家庭ごみに捨てた。

その後ファブリーズ死ぬほど使ってにおいを消したけど。さっきまで華ちゃんお腹にあったものだと考えると

なんか不思議な感じ。

ただの彼女の排泄行為ものすごく長い一日だった。

2018-02-24

はじめて射精した話(男同士注意)

最近になってやっとネットになら書いてもいい気になった話なんだが。

もちろん、今まで誰にも話したことはない。

ただ先日、この話をあるSNSに先日ちらっと書いてみたら、信じられないくらいに変に興奮した。

から敢えてもう一度、さらに詳細をここに書く。


俺はそもそもホモではない・・・と思う。

性的に興奮を覚える対象基本的に女だ。

オナニーするとき普通男性向けに作られたエロ動画を見て行っている。

とくにクンニシーンが興奮する。

あと、濃厚なフェラからの口内射精のシーンもけっこう好きだ。


それはそうと、最近自分でもちょっとどうなのかという趣向に気づいたのだが、どうもニューハーフという人々に対しても、俺は興奮を覚えるようだ。

「かわいくておっぱいもあるけどちんこもある」という人の裸や性行為を見ると興奮する。

もう何度もこの手の動画オナニーしている。


おっと、前置きが長くなったな。

本題に戻そう。

俺がはじめて射精したのは男にしてもらったフェラだったという話。

俺が初めて射精・・・初めての射精精通というんだろうけど、これがあったのは中学1年生のときだ。

わりと仲がよかったデブの友人にフェラしてもらって精通した。

俺はそのころ性に目覚めてきていて、河原に落ちてるエロ本を一人でこっそり見てはチンコをギンギンにしていたものの、そのあとはどうしていいかから悶々としている毎日だった。

そんなある日、俺と友人はその友人の家で2人でゲームしたりして遊んでたんだが、ちょっとエロい気分になってしまって「なあ、チンコ立つことある?」とか「チンコ見してくんない?」とか言って、そいつチンコを見せてもらったりさわったりしていた。

そういう俺はというと、チンコを人に見せるなんてとんでもないと思っていたので、はずかしかったけれどズボンの上からチンコをさわらせては「うわwやめろってw」とか言っていた。

その友人はちょっと変わっていて、「チンコ見して」というとどこでも見せてくれる奴だった。

幼稚園から高校まで一緒だったが、それはどの時代でも同じで、いつでもどこでも誰に言われてもチンコを見せていた。

まあ、自分から公衆面前チンコさらすわけではなかったのが救いだな。

あくまで、誰かに言われたら出す。というだけだ。


で、話を戻す。

まあ、友人と2人でゲームしているときエロくなった俺は、「なあ、チンコなめたことある?」って聞いてみたんだ。

そしたら「ある」って言うんだ。

え?だれの?って聞くと、「●●」と言った。(●●は共通の知人)

そこで俺は変な興奮と嫉妬のようなものを感じて、じゃあ、俺のも舐めてくれる?って聞いてみたら、あっさり「うん」って言ったんだ。

ほんと?とか言いながら、チンコ見せるのが恥ずかしい俺はギンギンになりながらもなかなかズボンを下ろせなくて、友人に目隠ししてもらってやっとズボンからチンコが出せた。

で、チンコを友人の口元にもっていって「いいよ」と言うと、友人が舌でぺろっとしてくれた。

なんともいえない気持ちよさで、はずかしさよりも興奮の方が上回った俺は友人の目隠しをはずして、咥えてみてくれと言って咥えてもらった。

友人の口の中でチンコをころがされていると、ものの数分で射精感がこみあげてきた。

初めての射精感に俺は驚いてしまい、びっくりして射精前に口からチンコを引き抜いて、無言でチンコズボンしまった。

ほんとにびっくりしたので、その日はさっさと家に帰って、あの感じはなんだったんだろう?と一人悶々とした。


次の日。

また友人宅に遊びに行って、流れでチンコを咥えてもらうと、またすぐにあの感覚がやってきた。

その時はぎりぎりまで口の中で我慢して、なんかでるかも!という感覚ときにあわてて口から引き抜くと、どろどろとしたおなじみのあれがドクドクとチンコから出てきた。

なんかでるかも!でまた驚いた俺は、一生懸命がまんして出ないようにしていたが、どうしても出てきてしまう。

腰を思い切り引いて、チンコの頭まで皮をかぶせたので、あれが勢いよく飛んでいくことはなく、その辺にあった鼻をかんだ後のティッシュチンコの先っぽにあてて、しばらく動けずにいた。

それを見ていた友人は「うわwなんか出たw」と言って半分笑って半分引いていた。

友人はそのとき精通がまだだったそうだ。

先の●●のチンコ舐めたときは出たか?と聞くと、「出てた」と言った。


正確には、俺の精通フェラしてもらったあと、鼻かんだ後のティッシュに出したということになる。

まあどうでもいいけど。


で、その後は友人の家に遊びに行くたびにフェラしてもらうのが習慣になった。

フェラの前にキスしたり、俺が友人にフェラしたりするようになった。

俺もだんだん射精に慣れてきて、友人の口のなかに出せるようになった。

最初のうちは快感が強すぎて、射精のたびに腰が動いてしまっていたけど。

そしていつの間にか俺もオナニーを覚え、友人もオナニーを覚えて精通があったと聞いた。

前述のとおり、俺も友人にフェラをしたが、俺が下手なのか友人が男のフェラは嫌なのか、俺のフェラ射精したことはなく、それどころか勃起しないことも多かった。

友人がエロ本を見ながら俺がフェラしてやっと少し勃起するという感じだった。

あと、友人に精液を飲んでもらったことはなく、飲んでと頼んだことはあったが、さすがに無理だったようだ。

俺の射精が止まるまで咥えていてくれたけど、口から離したあとは即ティッシュに精液を吐き出してうがいしたりしていた。

まあ、そりゃそうだよな。


俺の家に誰もいないときは、俺の家で事が行われた。

そういうときはお互いに全裸になって抱き合ったりキスしたりして、フェラしてフェラしてもらって俺は射精した。

オナニーを見せたりもした。

でもあくま射精していたのは俺だけで、友人のチンコほとんど動かなかった。

俺だけ一日に2回も3回も射精した。


そんな関係高校卒業まで続いた。

なんだかんだで平均して3日に一回はフェラしてもらってたんだから性的には良い中高時代だったんだなと思う。

ただその対象が同性だったというのはどうなんだろうという気がするけれど。


俺は高校卒業してから進学するために地元を離れた。

19歳のときソープ童貞を捨てた。

20歳ときにはじめて付き合った女でほんとの童貞を捨てた。

その女とは2週間くらいでフェラしてもらう前に別れてしまった。

ときどき友人のフェラ恋しくてピンサロに足を運んだけれど、時間制限がある中でのフェラ事務的でつまらなかった。

小説的にはここで俺が友人に会いに行くんだろうけど、今に至るまで一度も友人とはあってない。

もうウン十年になる。


以上、オチがなくてすまんが、文才のない俺が語るノンフィクションなんてこんなもんだ。

ただ、前と同じように友人にフェラしてもらってた話を書いてると興奮してくる。

あと、今回の話とはまったく関係ないと思うが、友人の姉の使用済みパンツを嗅ぎながらフェラしてもらったこともある。

もちろん、そのパンツはもらって何度も一人プレイのおかずにした。

付き合った女に使用済みパンツをもらったことも一度や二度ではない。

履き古したのをもらうこともあるし、新品のパンツを一緒に買いに行って一日履いてもらって帰り際に脱ぎたてをもらったこともある。

嫌がって絶対くれない女もいたが、はずかしがってはいもののまんざらでもなさそうな女もいた。

パンツの使い方はそのときによりけりだが、基本的には嗅いで使う。

何度も使って飽きてきたら自分で履いてオナホも使って一人プレイしたりする。

あと、ブラも何度かもらったことがある。使い方はパンツと同じ。嗅いで、飽きたら装着してプレイして、さらに飽きたら捨てる。

常にパンツとブラは手元に数枚あるようにしている。

交際相手がいないときは、その手のオークションで入手する。

オークションで入手するときは、クリーニング済みのものを好む。

のものとも知れない体液は嫌だからね。

でもパンツのシミはついていないと嫌だ。

ああ、俺の性癖は面倒だ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん