「クラスメイト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: クラスメイトとは

2018-06-25

元カレに会った。

あの頃自分がどんな子だったか思い出せなかったから、何を話せばいいかからなかった。

何を着ていくかも迷いに迷って、このあいだ男友達から女子大生っぽいね」と言われた格好をしていった。

派手になったなあと言われた。


どんな音楽聴くのと訊かれて平井堅と答えた。

元カレセッターを吸っていたけど、私はカバンに入ったキャスターのことを黙っていた。

半分払おうとしたら1000円しか受け取ってくれなかった。

何味のパフェにしようか悩んでいたら、勝手ストロベリーをふたつ頼まれた。


写真を撮ろうと言われてふたり写真を撮った。

あの頃友達のいなかった私の唯一の心の支えで、付き合ってもいたのに、初めてのツーショットだった。

母に「懐かしいひとと会ったよ」と写真を送ったら「ふたりとも大きくなったね」と返信がきた。

大人になったからね」とふたりで笑って、ふと、ホテルに誘われたらどうしようと思った。


何度か、帰ろうともまだ一緒にいようとも言いだせない沈黙が訪れて、大人ってなんだろうかと思った。


パフェに入っていた白玉を長いスプーンですくって口に運んだ。昔からパフェで一番美味しいのは下のシロップに沈んだ白玉だんごだと信じてる。

「帰る」

「うん、駅まで行くよ」

「うん」

そういえばキスしたことさえなかったなと思った。

手を繋いで歩いて帰っているところを、教室の窓からクラスメイトに見られて照れたりしていた。


手を繋いだこともない、前戯以外のキスもしていない、話した時間も全部合わせて3時間ほどの選択科目のクラスメイトと1ヶ月前にしたセックスを思い出しながら改札を通った。

駅までどころか玄関までも見送ってくれなかったな。もうフルネームを思い出せない。


ちらりと振り返っても姿は見えなかった。

探すのは悔しいから、見つからなかったな、と諦めてホームへの階段を下った。


駅まで歩いているとき

服装以外あんまり変わってないね

って言われて、


髪も染めたし、カラコンもするし、タバコを吸うし、パチンコ屋でバイトしてるし、オフショルだって着るし、よく知らない男にヤリ捨てられるし、THE NOVEMBERSとか好きだし、全身脱毛したし、男友達とその彼女が別れたとき喜んだし、レースの下着履くし、あなたに会って「ホテルに誘われたらどうしよう」とか思ったよ。


大人になったはずなんだけどな〜」

と笑って返した。


ガチャポンを100円ずつ出し合って回した初めてのデートを思い出した。

でもまだ友達は少ないし、小説サッカーも好きだし、やっぱり彼氏とは長続きしないよ。


またいつか、って別れたけど、もう一生会わないだろうな。

2018-06-22

駄目人間

 能力の低い人ほど自己評価が高い傾向にあること。この現象に「ダニング=クルーガー効果」という名前が付いていること。これらは最近知ったことだ。私の人間としての欠陥が、一般人誤差の範囲内では収まらないことを決定的に(薄々勘ぐってはいた)悟ったのはここ1.2年なので、実に20前後、私は自分の事を過大評価していたことになる。ダニング=クルーガー効果というやつを身をもって体験したわけだ。

自分の欠陥にどうして気が付かなかったのだ?」

 能力の高い人はこんな疑問を持つかもしれない。勿論、いわゆる「しでかした」ことは数多くあるし、その出来事自体言い訳をし続けてきたわけではない、とは思う。でも、それだけで自分を見限ることはできなかった。中学でも高校でも、それを「天然」だとか、「ボケ」だとか、そんな言葉に置き換えてどうにかやってきた。だけど、今はそうはいかない。

「人は、変えられるもの未来だけだと思い込んでいる。だけど、実際は、未来は常に過去を変えてるんです。変えられるとも言えるし、変わってしまうとも言える。過去は、それくらい繊細で、感じやすものじゃないですか?」

 これは、平野啓一郎氏の「マチネの終わりに」の一説であり、またこ小説テーマでもある。その通りだと今は思っている。友人と笑い合った学生時代、私の一言・行動で笑ってくれたと思っていた私は、実は笑われていただけだったのではないだろうか。笑いながらなんとなく言われた一言が、今はずっと、頭の片隅でリフレインする。お前、頭おかしいんじゃねえの……。

 ダニング=クルーガー効果というやつは実に厄介だ。能力の低いもの自分をよく見がちであるというのは事実だし、研究というのはそういうものなので文句のつけようはない。だが、ただ残酷である自分能力を高く見積もっていたものが、その実ずっと低かったことを知った時、その人はどうしたらいいのだろう。自覚ができたのだったら改善のための努力をすればいいじゃない、と言うのは簡単だ。だって、その自覚が今までの過去全否定するのだから、直ぐに切り替えて良い方向に迎える人はそれほど多くないのではないか、と私は思う。どのくらいの時間がかかるのかはわからないけど、自分を受け止めてやるだけの時間必要だ。……と、こんなことを考えているんだからそりゃ能力も低いわけだ。

 自覚を持ってから自分の活力のない生活の中、私は高校の時のクラスメイトを思い出した。彼は人気者になりたがっていたが、会話の中で人を弄るのが下手くそだったし、(こんな自分が言っても説得力はないだろうが)空気が読めない人間だった。彼は多分、人付き合いと言う観点から自分の事を過大評価していたのだ。そのことに気が付いたのは何時だったのか今となってはわからない。知らぬうち、彼の口数は驚くほど減っていた。大声を張り上げることもなくなっていたし、休み時間に誰かにしかけるのも見かけなくなって、自習やら読書やら、独りで時間を過ごすのを見ることが多くなった。正直に言って、彼が苦手だった私はそれがありがたくもあり、また少し申し訳なかった。自分も多分、状況は多少違えど同じような状態になっている。そう思うと、私が彼に向けていた視線現在自分に突き刺さっているのである

 

 はぁ~どうすりゃいいんだろうねほんと。

 

 

 

2018-06-21

anond:20141012111937

見下してたクラスメイト自分より全然すごかった、妬ましいっていうことね。昔のいじめ彼女には大したことではなかったのかもね、昔を引きずってるのは増田だけ。

2018-06-20

知識0の防災弱者がクソ長文書いてるんじゃねえぞ

流石はずっと大阪にいた奴は地震に対する認識認識が甘いね関西には地震がないとか高を括って東北震災見世物のように楽しんでいただけのことはあるね。

阪神大震災経験したとどや顔で語ってるけど、その知識がまったく活かされていないね震災で亡くなったクラスメイトも今のお前を見てさぞかし無念だろう。


阪神大震災の時の感覚に近かった。

違いは、揺れた時間の長さでしかない。

これがアホ丸出し。さすが大きな地震経験してない関西人らしい感想

縦揺れと横揺れでは構造物に対する被害がまるで違う。マグニチュード震度についても語ってるけど、それぞれがどういう指標で、今回の2つがどれくらい違うか理解していたらこんな文章はかけないよね。

阪神大震災で死者が多くでたのはなんでたと思う?火災だよ。なんでだろうね?家屋が変わったのもそうだけど、発生した時間帯も関係あるんじゃないかな?そういえば調理器具があの時代からずいぶん変わったね。ここまで言えばその小さい脳ミソでも理解できるかな

一番むかいついたのはこれ

我が家は、基本的必要ものしかストックしないという妻の方針のため、非常食になるようなものがない。

なんで、震災に対する準備不足だったと素直にいえないかな?スマートストックもご存じない?東日本大震災東京でも買いだめが起こって店頭から物が消えたニュースも知らない?冒頭で阪神大震災経験しましたってどや顔で書いてるけど、まったく経験が活かされてなくて憤りを感じるよ。

はっきりいって今回の地震は大したことないよ。もっと大きい地震の前震可能性すらある。その時はスーパーから辛ラーメン以外の食料をすべて買いきるような愚行を再演しないでくれよな。

関西人の地震に対する興味と知識のなさにはほんと呆れる。これで識者ぶってんだからなおさらあわれだよ。箕面市民より。

追記

なんでこんなにこいつがムカつくんだろうかわかった。「時代進歩した!だから震災はもう怖くない!」みたいな書きぶりだからだ。認識が甘すぎる。

anond:20180620174542

anond:20180620174542

>>亡くなったクラスメイトの命も含め、過去震災災害で命を落とした人々の尊い犠牲の上で、私達は日々暮らしているのだと実感した出来事だった。

ただしKKO障碍者と生ぽは別

なんだろ

普通の日本人様方はそう思ってんだ

被災地より

吹田市民です。

おとといの地震がどうだったか、現地レポート

私のスペック。30代男性大阪市内会社に勤務。妻、30代、専業主婦

私は、小学生の時、西宮市阪神大震災震度7経験済み。

自宅。築40年のマンション。古い。6階。

朝、いつもアラームは8時20分に設定している。(始業は10時なので、ゆっくりめ起床)

アラームがなる前に、揺れに気づき飛び起きる。

妻も既に起きていて、本能的に体を寄せ合う。

阪神大震災の時の感覚に近かった。

阪神大震災の時は、目覚めた時、既に揺れており、部屋が平行四辺形にグラグラ揺れていたのを覚えている。

違ったのは、振動の長さ。阪神大震災の時は1分ぐらい続いたと思うが、今回は15秒ぐらいで済んだ記憶がある。

震源に近かったせいか緊急地震速報は、揺れの最中から鳴り出した。

揺れが収まってからテレビをつける。

玄関にいき、下履きを持ってきて、泥を払った上で、室内用として使用する。(ガラス陶器割れて散乱しているので)

妻は、浴室用のゴムスリッパを履いた。

続いて、自宅内の被害確認

ダイニングの食器棚が倒壊し、食器は約半分が使い物にならない。

書斎PCモニター24インチ液晶)が机から落ちていた。正常に動作するかどうかは、未検証

書斎本棚が倒壊し、再起不能なほどに壊れた。当然、中の本はすべて書斎内に散乱。

寝室は、引き出し式のクローゼットが私の寝床に倒れていた。すぐに飛び起きていなければ、頭直撃コースだったに違いない。

それ以外は深刻な被害はなかった。

続いて、風呂に水を貯める。ガスの元栓を閉じる。ベランダなど、すべての扉が開くかどうかをチェック→正常に開いたので、問題なし。

電気確認問題なく供給されている。

ネット回線確認問題なく通信ができた。

自分と妻のワイモバイル回線音声通話は不可だったが、4Gは通信できた。

我が家は、基本的必要ものしかストックしないという妻の方針のため、非常食になるようなものがない。

会社上司に連絡。電車がいつ動くかわからないこと、部屋の中に割れ食器家財道具が散乱していることを伝えると、出社しなくて良いとの連絡。

(家の惨状写真に撮って送ったら、たいそう驚かれた。上司京都に住んでいるので、ここまでひどくなかったのかもしれない)

確認したところ、こういうとき必要ものとしては、2リットルミネラルウォーターが2本と、昨晩沸かしたお茶約1リットルしかない。

そこで、コンビニへ買い出しに行くことにした。

買ったものは、昼食の弁当×2、非常食相当のカップラーメン×2、朝食相当のカロリーメイト×1、紙パックのお茶1リットル とりあえず、夕方まではしのげる量の食料を確保。

自宅に戻り、午前中の間はテレビネット情報収集しつつ、下手に動いて余震にやられないよう、寝室で待機。

正午過ぎにお昼を食べて、そこから部屋の片付けを開始。

下履きを履きながら、室内の割れ物を回収していく。みかんダンボール箱相当で、3箱分ぐらいの、ガラス陶器割れ物が発生。

かい割れ物は新聞に包んで、特に営利凶器になってしまいそうなものは、ガムテープラップ養生してからマンションゴミ捨て場に捨てに行く。

同じような割れ物が、たくさん捨てられていた。

片付け作業中、1時間に1回ぐらいの割合で、テレビをつけて情報収集。私はずっとつけっぱなしにしたかったが、妻はこういう状況で災害放送をずっとつけていると、精神的にもよくないと反対。

私も納得して、必要以上に情報に接しないよう心がけた。単純に、片付けにも集中できるという意味で、効果は高かったと思う。(私はテレビ見ながらの作業は、ついつい手がお留守になりがちなので)

5時になり、ライフラインの疑問が解決しないかと思い、マンション管理室に行ってみる。

水道水がにごっていること、ガスを使っていいのか、この2点を尋ねに行った。

詳しい人はいなかったらしく、水は自己判断で、と言われた。

ガスは、一定震度に達すると自動的ストップするので、再始動の手順がガスメーター記載されていることを教えてもらった。

それ以上のことは、管理室ではわからなかった。

帰りに近所のスーパーに寄り、夕飯を買う。惣菜と水を買った。

昨晩の残り物、白ごはんねぎ焼きが残っていたのでそれを電子レンジで温めて、惣菜といっしょに食べた。

室内の掃除はあらかた終わり、あとは細かい破片を取るために粘着ローラーをかけるだけとなった。

夜は、寝室とは別の、一番家具の少ない部屋で寝ることにした。

念の為、天吊の灯具は外した。寝るにしか使わない部屋なので、当面困ることもない。

翌日は普通に出勤するも、一部でJRが動いていないため、阪急で出社。30分の遅刻

妻は、最後の片付けをしていたようだ。

一部の交通機関を除き、平常運転だったようだが、街の中には様々な傷跡がのこっていた。

マンションや駅のエレベーターは、軒並みストップ。点検して安全確認されるまで封鎖。

公共施設の多くで、天井や壁に亀裂(クラック)が入っており、これも点検修理が終わるまでは近づかないよう、カラーコーンなどで規制線がはられている。

街ゆく車の中には、工事関係の車が目立った。かんでん○○とか、ガスサービスセンター○○といった、インフラ関連会社や、

○○ビルテクノサービスといった、ビル管理系の車がよく目につく。

自分会社の自席は奇跡的になにも倒壊していなかったが、いくつかのモニターは倒れていたようだ。

あと、うちの会社の部屋だけエアコンがついておらず、昨日今日暑い中、汗をふきふき仕事をしている。

マスコミ報道内容とか、ヤフーニューストピックを見ていると、地震の扱いは過去地震と比べて小さいように思う。

死者の数は1桁、翌日から通常営業できるようになったせいか、さほど深刻に受け止められていないように思うが、

実際に震源の近くで暮らしているものからすると、余震に怯えたり、想定外の後片づけに悩まされたりと、色々苦労をしている。

ただ、これだけの震度でありながら、犠牲者の数が少なく済んだのは、阪神大震災経験が大きいと思う。

私は小学生の時に自宅で震度7経験したが、揺れ方だけ見れば、あの時の悪夢と全く同じだった。

違いは、揺れた時間の長さでしかない。

それにもかかわらず、倒壊損壊した建物火災になった建物わずかばかりであったのは、過去の教訓が行きていると思う。

高架橋の倒壊や鉄道脱線がなかったのも素晴らしい。

阪神大震災では、出席番号1つ前のクラスメイトを亡くした。

当時幼いながらも、そのことで、人の生死なんて、いつどうなるかわかったもんじゃない、と感じた。

改めて今回思うのは、儚さだ。人の命もそうだし、割れ食器たちを拾い集めている時も、同じ気持ちを抱いた。

しかし、22年前と比べると、確実に社会は変わったと思う。もちろん、前向きな意味で。

マグニチュード震度だけ見れば、当時より少し小規模だが、被害の規模は明らかに小さい。

建築物は、確実にあの時よりも丈夫になっている。

情報インフラも発達し、被害状況がほぼリアルタイムで分かるようになった。

色んな課題を抱えているこの社会だけど、耐震性というか、カウンターディザスタネスとでも言えばいいのか、

そういった社会の対抗力というのは、確実に進化している。

亡くなったクラスメイトの命も含め、過去震災災害で命を落とした人々の尊い犠牲の上で、私達は日々暮らしているのだと実感した出来事だった。

2018-06-19

めちゃくちゃ嬉しかった話

高校入学したての頃、最寄りの駅で比較的仲がいいクラスメイト男子がいて、思い切って声かけたら、その子第一声が「おめでとう」だったの、ほんとに嬉しかったし、すごい。

中学ろくに学校行けてなかったのに、なんか、優しくしてくれたんだよ。

すごい嬉しかったよ、見てないだろうけど、本当に有難う。

2018-06-18

昼寝してたら小学生の頃のクラスメイトが出てきた。

シンちゃんカズ

シンちゃんはいい子だったはずなんだけど、フルーツナイフ持って暴れてた。

カズ小学生の頃も問題児だったんだけど、やっぱり今日見た夢でも問題児で、手足拘束されておんぶされてた。

学生時代クラスメイトLINEグループ作っててさ

誰かの誕生日になると誰かが誕生日おめでとーって言い出して

みんなおめでとうってやるんだけど

先週俺誕生日あったんだけど

まぁ発言なかったよね

修学旅行でのヘアアイロンの持込み

なんかふと思い出したんだけどわざわざ友達に言う内容でもないし、でもちょっと聞いてほしかったのでかきます。長文書くのなんて読書感想文以来だから支離滅裂だけど良かったら読んでください。

中学三年生の修学旅行でこっぴどく怒られた。理由ヘアアイロンの持ち込み。同室の子に見られてちくられた。

私は酷い天パで、小学生ときそれはそれはいじられた。子どもならではの無邪気な言葉でも深く傷付いたし、耐えられなくて不登校になったことも、自分で髪の毛をうなじくらいまで切ったこともある。みんなは忘れていても、その瞬間の相手の顔も言葉も、私だけは鮮明に覚えている。ある時どうしても欲しいとねだって誕生日クリスマス、お正月分のプレゼントとしてちょっと高いヘアアイロンを買ってもらった。これは私にとっていわば革命で、思い通りにまっすぐになる感動で泣いてしまった。余談だけど天パのままの自分が写った卒アル写真を見るのが耐えられなくて、まとめて箱に入れて神社で燃やしてもらった。

修学旅行を迎える頃には既に縮毛矯正を2回、ストパーを6回していた。風呂ときはまっすぐになる(と聞いた)シャンプー、コンディショナー、トリートメントをし、温風と冷風を交互にしながら乾かし、髪が枕に擦れないよう座ったまま就寝。毎朝5時に起きて1時間かけて丁寧にブロー、その後も軽く1時間ヘアアイロンを使ってうねった髪を伸ばし、急いで支度して7時20分には家を出る生活をしていた。

修学旅行まであと1ヶ月くらいになってから配られた修学旅行のしおりを見ると「ヘアアイロンの持込、使用禁止」の文字があり絶望した。どうしようどうしようどうしよう。夜どれだけ気を使っても朝起きると大惨事ヘアアイロンで伸ばさないと天パが目立ってしまう。私にとってそれは苦痛以外の何物でもなく、死んだほうがマシなのではと思うくらいだった。たった一文で修学旅行に行くのを本気で躊躇った。

ちなみにキャンプときはお風呂に入らなかったため、ケープガチガチに固めたら3日間そのまま保つことができたので事なきを得た。ケープすごい。

担任の説得、そして修学旅行の代金の積立を支払っていたのもあり、修学旅行には参加することになった。けれど頭にあったのは天パがバレてしまった時の屈辱だけだった。

そして修学旅行1週間前、偶然クラスメイトの会話が聞こえてきた。内容は携帯を持っていくか否かだった。しばらく盗み聞き(?)していたが、満場一致で持っていくことになったらしい。携帯ももちろん禁止だったが、クラスメイトが当たり前のように持っていくと聞いた瞬間、私の中で何かが弾け、同級生ルールを破って携帯を持っていくのなら私もヘアアイロンを持っていこうと決意した。

荷物検査はあったが生理用品や歯ブラシハンドタオルなどを詰めたポーチに隠して入れた。生理用品が入っていたら遠慮して奥まで見られないだろうと考えたからだった。

1日目の夜は民宿だった。体内時計を駆使していつも通り5時に起床。私はすぐに寝落ちしまったが他のみんなは夜遅くまで起きていたらしく、5時の時点では全員爆睡していた。何故か布団をしまう押入れの中にコンセントがあったため、押入れの戸を閉め、埃っぽくむせそうになるなか必死に髪を伸ばし続けた。本当はブローもしたかったが音で周りを起こしてしまいそうだったのでやめた。実はドライヤー禁止だったが、濡れたまま寝ては風邪をひいてしまうと民宿の方がこっそり貸してくれていた。

一通り終えて腕時計を見ると7時前だった。9時にはホールのようなところに集合していないといけないので7時ぴったりにみんなを起こし、民宿の方の手作りの朝食(すごくおいしい)を食べてから各自準備をしてホールに向かった。

2日目の夜はホテルだった。民宿とは班が違い、もっと少人数になる。疲れがあったこと、そして先生独断で決まった班だったから仲良い子がいなかったことなどが重なりあまり会話もせずに就寝。

朝起きたら5時半だった。ベッドの上のコンセントを使い、班の子達に見られないよう床に座り込み必死に伸ばし続けた。だが6時半になるかならないかとき、ひとりが目覚めてしまった。何か(電源がついていることを示すライト)が光っていたのが不思議だったのかゆっくり近づいてきて、突然の事だったので隠すこともできず見られてしまった。終わったと思った。でもその子は何も言わず準備を始めたので心の底からほっとした。ヘアアイロンは元のポーチしまった。だんだんの子も起きはじめ、おはよう挨拶を交わして顔を洗いに行く。しばらくして生徒が起きているか見回っていた先生がドアを開けて入ってきた。するとヘアアイロンを見た子がよく通った声で「この子ヘアアイロン持ってるんですけど」と言った。頭が真っ白になった。奇しくもそれは携帯を持ち込んでいた子だった。

朝食はホテルの大きなホールで学年全員でとった。だが見せしめのように入口に置かれた私のヘアアイロンが気になって気になって何も喉を通らなかった。

それからは何も覚えていない。いつのまにか駅に着いていた。どうしたらいいかからなくて立ちすくんでいると担任に呼ばれた。当たり前だが怒られた。声が大きい先生なので生徒に限らず通行人にも全部聞こえていたと思う。とてつもなく恥ずかしかった。正直持込みがバレたことより、ヘアアイロンを使わないといけない髪だということが知られてしまたことのほうが恥ずかしくてたまらなかった。親が迎えに来るまで20分くらい説教されたあと、ヘアアイロンは返された。帰りの車の中で泣いた。母親は私がどれだけ髪に執着しているか知っていたからか、乗った瞬間のおかえり以外は何も言わなかった。

ルールを破った私が全面的に悪いって分かってたけど本当に本当にしんどかった。

私はその後父に頼み込み、卒業してからするつもりだった引越し夏休み中になるよう早めてもらった。卒アルを受け取らないようにするためだった。転校前の学校にも転校先の学校にもお願いをし、卒アル個人写真には私が写らないようにしてもらった。(かなり経ってから友達が持っていた卒アルを見せてもらうと集合写真には多少入っていた。)すると業者さんが気を使ってくれたのか私専用の写真集を作ってくれた。私も写っていてがどれも小さく、どちらかというと友達写真がメインだった。思い出の写真は1枚も残らないものだと思っていたので本当にありがたかった。

転校先で友達はできなかったけど、高校ちゃんと通えてるし、卒アルを受け取らなかったのは正解だと思っている。

また、中途半端タイミングでの転校だったから内心ズタボロでいい高校には入れなかった。

悪いことをしたので自分に返ってきたのかなと思っています自業自得です。

それと努力甲斐あってか今はかなりまっすぐになっていますが、それでも気を抜くとすぐうねります。笑

天パに限らずコンプレックスを持っている子、たくさんたくさんいると思いますコンプレックス簡単には直せないし、本人の気持ち次第で短所になったり長所になったりするものだと思います。気にしないようにって言われても余計気にしちゃうとか、そういうのも痛いほど分かります。だけどこれは逃げなんかじゃないので、自分の納得のいくまで整形でも何でもして気持ちを和らげて、強く生きてくれると嬉しいです。いい話風に終わりたかったけど私のルール違反がいい話になるわけないのでここで終わります。脱字修正しました。長々と読んでくれた方ありがとうございました!

2018-06-17

原作ハム太郎哲学

皆さんはハム太郎原作絵本を読んだことがありますか。私は幼女の頃に読んだ「とっとこハム太郎 あいしてるでちゅ♡」という絵本が未だに忘れられません。

ストーリー一言で表すと、「ハム太郎人間の飼い主との種族を超えた叶わない愛に苦しむ」というものです。

以下詳細なあらすじ(ネタバレ有)

ハム太郎あいちゃんという小4の女の子に飼われているハムスターあいちゃんの事をメスとして真剣に愛している。ハム太郎毎日あいちゃんにハムスター的な求愛行動を取っているが、もちろんハム語を解さな愛ちゃんには一切伝わらない。(なぜかハム太郎側は日本語がわかる)

あいちゃんと仲良く暮らすハム太郎だったが、ある日異変に気付く。あいちゃんはどうやらクラスメイトスズキくんのことが気になっているらしい。しょっちゅう家に遊びに来るスズキくんとあいちゃんの様子を見ながら、ハム太郎嫉妬に苦しむ。ハム太郎スズキ君に対抗心を燃やし、自分比較してみたり、スズキ君の手を噛んでみたり、更にはもっと最低な行為をしでかしたりもする。そんな行動も虚しく、あいちゃんとスズキ君の仲はどんどん深まっていく。

ハム太郎は、大好きな愛ちゃん他人との初恋を経て、小学生女の子から一人の女へと成長していく様を間近でひたすら見せ付けられ続けることとなる。そんな日々の中でハム太郎は、自分の力ではどうにもならないことがあるということを徐々に知っていく。ハムスターとしての自分自覚し、最終的にはペットとして愛ちゃんの側で幸せに生きることを受け入れる。

あいちゃんとスズキ君がおうちで宿題デートするシーンで、タンスの奥にこっそり引きこもってるハム太郎が言う台詞

「どんなに頑張っても僕には入れない宿題世界あいちゃん。はやくタンスの奥の僕に気付いてよ。」

切ない(;_;)

実家にいて鬱になったが、最近良くなった。

実家は狭かった、精神的にも経済的にも貧しかった、うるさかった。

自分の部屋がない、限られた小遣い、周りに合わすためのゲーム、両親の喧嘩、姉の癇癪。

学者が夢とか幼稚園とき言っていたけど、そんなことは誰にも聞いてもらえなかった。

高校まで地獄だった。

両親、姉、祖父母、教師クラスメイト、こんな繋がりしかなかった。

誰もかれも悪気はなかった。ただ中身のない、文脈のない乾いた笑いで過ごす。

いや、信頼を前提としたかかいというのに慣れていなかった、というか、信頼していなかった。

不毛承認ゲームに参加しないと生きていけないと思っていた。

大学に行こうといった。反対された。

とめどない姉の癇癪。父親うつによる自殺時代遅れ母親大学進学への無理解

死にたかった。やっぱり自分なんて、夢を持っても、こんな家庭に生まれしまって、何も抵抗できない。

他の家庭とは違う。子供の自立を考えようとしない。皆自分のことしか考えていない。

はい終わり。こんな世界もうイヤだ。生まれてこなければよかった。

結果的に推薦で大学合格したけど、溜まりに溜まった鬱が溢れて、学校に行かなくなった。

家に引きこもる。部屋のない実家騒音毎日聞かされる。

父の自殺もあり、死が近くなった。自殺しようと思ったが、できなかった。

本能で死んでないだけ、踏み切れる気力もない。

ただただ、植物状態になっていた。


生きる意味など無い。気づいたのは遅かった。

実家をどうにか出て、一人暮らしになった。

大学サークルにも入ったが、不毛承認ゲームしかできなかった。

講義は退屈だった。不毛すぎる。何もやる気がしない。

そして一年が経ち、すべての関係を切った。

ただ静かな場所が欲しかっただけなんだ。

静かな場所で静かに本を読む。

こんなことが自分の居心地の良い場所で、自分自身のことについて考えられるとは思わなかった。

難しいと思っていた学問も、時間をかければ自分で進めていけることもわかった。

実家おかしいこともわかった。不毛承認ゲーム無駄だとわかった。


育ちがいい家庭の重要な要因とは、「いつか自立するであろう子供」に対し、

自分経験他人経験、また、現在の様々な業界の情勢を織り交ぜた、極力客観的意見が言える親が居ることであり、

そんな人間、周りを見ても簡単に見つからないっていうことをやっと理解できた。

周りに居ないなら自分で獲得するしか無い。そのために本、映画音楽などというものがある。

作品というのは、絶対に全てを知ることのできない他人と、意志を共有するプロトコルにもなりうる。

そのプロトコルを作る人間、使う人間というのがあって、どちらが偉いというわけではない。

でも、意識しなくても、自分でなにかプロトコルを構築した人間というのは、

他人に対して謙虚になれる。自分意志自分で作っているわけだから自信もつくようになる。

そういう人間になりたいけど、文章がうまくまとまらない。

練習しような。今からでも遅くない。

ていうかなんか作ろう。創作なんて馴染みがなかった。

酔いどれ20歳児でした。

2018-06-15

容姿について

たまたまなのか親が意図してそうしていたのかわからないが、幼い頃に自分容姿についてどうこう言われた記憶がない。

両親や親戚、友だちに「かわいい」とも「ブス」とも言われたことがなく、自分がどうなのかも考えたことがなかった。

まだオシャレでかわいい、値段も大人顔負けの子供服が登場する前の世代だったというのもあるのかもしれない。

周りの友だちの顔についてもあまり感想はなく、学年一飛びぬけてかわいい女の子だけはさすがに「かわいい!」と思っていた程度。

そんな私が初めて容姿について言及されたのが中学一年生である

クラスメイト男子に何か言ったときに、「イラン人みたいな顔のくせに!」と返されたのである

ショックを受けたかというとそうでもないのだが、自分の顔についての第一報がイラン人

そもそもイラン人とはどういう顔をしていたら言われるのか。

今になるとよくわかるが、私の顔立ちは濃いのだった。彫りが深い。

だがファーストインパクトイラン人だったお陰で、その後顔について何を言われても何も揺らがなくなった。

ネパール人は大体お前みたいな顔だった」、「ロシア人っぽい」、カレーを売っていたら「本場の方ですか?」、

「何人のハーフですか?」、「イタリアに顔がそのままの彫刻があった」。

一番気になっているのは「アメリカ人っぽい」という感想。それは結局どんな顔なんだ。

国内編では「沖縄っぽいですね」、「え?北海道?あ、アイヌとか?」、

知らないおじさんに急に話しかけられて「梅宮アンナに似てるって言われたことない?」、

荒川静香に似てる」「アンジェラアキに似ている」「平井堅を思い出す」「斜め後ろから見ると松潤」。

多分私の顔はその人の思い描く「濃い顔」に類似として分類されるのだ。かつ男顔。

なんで急にそんな顔にまつわるアレコレを思い出したかというと、娘が産まれたのである

我が子はやはりかわいい自分の子からかわいいだけだとは思う。

しかし行く行くは顔の骨格が発達して濃い顔になるかもしれない。

私は子ども現在自分の思うままに「かわいい」と口にして育てて良いのだろうか。

それとも自分がそう育ったように容姿について触れずに置いた方が良いだろうか。

少し悩ましく、その過程でなんだか昔のアレコレを思い出した雑記である

2018-06-12

エロ漫画家さんへ

エロ漫画家さんへ。

いつも楽しく拝見しています

ほんとにいろいろな作品を生み出してくれありがとう

けど今日は苦言を言いたい。

世の中わかってないエロ漫画が多すぎるんです。

僕が見たいのは「セックスグラビア写真」じゃなくて「セックスの一連の流れ」なんです。

ひたすらおっぱいを強調した構図とか、どこぞのAVから取ってきたポージングかいらんのです。

エロい1枚絵をひたすら並べたらエロ漫画になると思ってませんか?

そんなものマンガはいらんのです。グラビア写真ときます

マンガなんだから「流れ」を作れるじゃないですか。

その雰囲気に没入できることによって、よりエロく読めるんです。

女性側の気持ち機微とか細かな反応とかしっかり描いてくださいよ。

最近では幾花にいろ先生が好きです。

ご清聴ありがとうございました。

========

なんか思いのほか反応があったので追記

ちょっと誤解されてるのだけど「セックスにいたるまでの流れ」だけが好きでなく(けどコレも大事だが)

最後に果てるまでの流れがきちんと読み取れるやつのが好き。

セックスは非日常なのでやっぱり日常がきちんとわかってる人の方がエロいじゃないですか。

美人風俗嬢より日常知ってる同僚やクラスメイトの方が実際やるとエロいんです。

そんな娘を一手一手攻めて反応があって〜という方が良くないですか?

そんなわけで昔からで言うと岡田コウ先生が好きです。

2018-06-11

クラスメイト男子からいきなりLINE追加がきた。ぜんぜん喋ったことない。めちゃくちゃ一方的に送ってきて、「いま何してる?」のスタンプを朝イチとか、会話が終わったら送ってくる。クラスでは話しかけてこないんだよ。どうすりゃいいんだ。

2018-06-09

ルピー炎上について

TBSラジオ荻上チキSession-22」の、6/7放送分のアーカイブを聞いて、同じTBSラジオの「アルコ&ピースD.C.GARAGE」が炎上していることを知る。

ルピーラジオANN時代から、「不要な奴をあえて主人公にする」「半端なやつにこそ価値がある」っていうような企画をやってきた。今回は(勝手に)「不要」と見なした相手全然半端ではない、マーベル黒人ヒスパニック歴史を背負ったヒーローだった。そこを配慮せずに企画を発信してしまった「アルコ&ピースD.C.GARAGE」は、見識の浅さを批判されてしかるべきだろうと思う。全体的に、私もSession-22の荻上さんに同意だ。

という前提の上で、アルピーの一ラジオリスナーとして、アルピーラジオ文脈的ものを知ってほしいという気持ちもある。上にも書いたが、アルピーラジオは、ANN時代(=2012から2016までやってたアルコ&ピースオールナイトニッポン時代からずっと不要な奴を主人公祭り上げるという企画をやってきた。

ANNの「平甲子園」とかそうだった。平甲子園は、「我こそは不要」というリスナーを募って、野球チームを作ろうという企画

友達がいないから、教室地図帳の日本地図県境をずっとなぞっている。日本はすぐになぞり終わったか世界地図に移行した。

PTA副会長だけど、ぜんぜん意見が取り入れられない。私がいなくても行事会議も滞りなく進む。絶対私は必要ない。

卒業式サプライズで、クラスメイト担任先生が好きな歌を届けるという企画をしていたが、自分だけ知らされていなくて、一人だけ歌詞カードを持たずに俯いていた。

など、何か聞いてて涙が出てきそうなエピソードが集まり、数ある不要エピソードから選りすぐられたリスナーが、野球チームを結成。最終的に、このチームは甲子園を飛び越えてメジャーリーグレッドソックスと対戦し、「不要なやつなんていない」ということを証明する。

ルピーラジオには「何者でもない不要な奴」を敢えて中心に据える企画を打ち、アルピーの二人の演技力トークで「何者でもない」やつを「何者か」にしてしまう。という流れがある。

ルピーラジオは、学校でいうと、スクールカースト上位にはいられない、成績もよくない、オタクマニアというほど何かを極めたわけでもない、中途半端で居場所のない人を主人公にする。みたいなことをずっとやってきた。

から、今回も、「キャプテン」ではなくて、「キャプテンには内緒だぞ」というファルコンに価値が見出されたのだ。

ルピーラジオを聞いていると、端々に、学校の成績は悪くていじめられっ子だった平子っち、ガチ川崎ヤンキーには逆らえない酒井ちゃん、みたいな、「何者にもなれなかったアルピー二人の学生時代エピソードが出てくる。アルピーラジオには、パーソナリティ二人の、「男社会の中で男らしさを達成できなかった自分」みたいなものが流れていて、半端者たちがこのラジオに集う。佐藤多佳子さんの『明るい夜に出かけて』の主人公――大学を休学してコンビニアルバイトをする行き場を失くした青年――も、その一人だった。

このような背景があるからこそ、酒井ちゃんも「キャプテンには内緒だぞ」なファルコンを好きになったんだろう。

Twitterのアルピーファンが指摘しているように、DCGではここ最近、ずっとファルコンの話をしていた。酒井ちゃんは同じTBS放送しているうしろシティラジオゲスト出演した時すらファルコンの話を持ち出した。この回で、酒井ちゃんは、キャプテンアメリカ好きの金子さん(うしろシティ)に「キャプテンよりもファルコンがいいんだって!」と主張し続けている。酒井ちゃんがファルコンを好きなのは確かだ。

しかし、アルピーラジオにおいては、「不要さ」こそが「主人公」の証となる。この文脈炎上に繋がった。

かに、アルピーのファルコン理解めっちゃ「浅い」。マーベルを深く掘るでもなく、歴史的な文脈を踏まえて映画を見るような「見識」もない。

マーベルとかよく分かんないけど、この映画マジおもしれえ!

黒人歴史とかよく分かんないけど、ファルコン、マジおいしいキャラじゃん!

みたいなノリしかない。だから、今回の炎上はなるべくしてなったと思う。でも、そういう軽くて半端なノリこそが、リスナーの居場所でもあった。アルピーラジオ学校の端っこでノリで話してたことが日本中、世界中に発信されてしまったみたいなところがあり、アルピーリスナーも「そういうつもりじゃない」と言いたいだろう。

だけど、パロディするなら、原作文脈に乗るのは当然であって、怒っている人たちに「そういうつもりじゃない」と言ったって、自分からその文脈に乗りに行ったのだから言い訳しようがない。アルピーにはアルピー文脈があるように……いや、それ以上に、遙かに長く、ファルコンにはファルコンが切り開いてきた文脈歴史がある。だから炎上させてしまった側から、「そういうつもりじゃねえんだよ」と言うようなものではない。指摘は真摯に受け取るべきだろう。

私は、「半端なやつ」と思って企画ネタにしようとしていた相手が大ヒーローだった、というこの滑稽さにこそ、アルピーDCGらしさを感じる。

ラジオ時代を作ってきたアルピー。アルピーらしさを持ってきっちり片を付けて、SWやり切ってほしいなと思う。

2018-06-08

思想を捨てて、美容整形をしたい

思想を捨てて、美容整形をしたいと思い大病院に併設された美容外科電話をした。

ニキビ跡をマシにしたいと言うと、自分たちのところでは対処できるレーザー設備がないから他のところの方が良いのでは?と言われた。

それで終わった。

仕方がないのでスマホを眺めると、リベラルがどうのとか、愛国がどうのとか、ネトウヨ表現規制とか様々なキーワードをが流れてくる。

そんな混沌とした空間自己肯定感を得ようとしているのか、胸がでかい女が自撮り写真を上げている。

誰が一番幸せかと言うのを考えた時に、この中では胸がでかい女だろう。

オタク系の趣味のやつがネトウヨ思想だったりすることを批判するのは実は簡単だ。

ガチ思想だったりすることが多い。だから理屈でしっかりと批判することができる。

ただ、美男美女カジュアルウヨ思想には理論やらでは立ち向かえないだろう。

一つは自分がどんなに一生懸命理屈をこねてもブサイクだし、イケメン美女の方が正義になってしま可能性が高いと言うことだ。

さらに、カジュアルだと思想というよりはノリなのだ

理屈批判すれば「なに本気になって批判しているの?ダサい」で終わってしまうのだ。

美男美女はどうであろうとセックスできるし正義になる。

そんな学術思想理屈も無力化されどうにもならない。

高校の時に容姿が良くて尻がでかいマナカちゃんかいクラスメイトがいた。

彼女は頭も良くて慶応大学に行った。

別に政治など興味もなく、ただ大きな世の中の流れにうまく適応していた。

RIGHTWINGSが良いという雰囲気になれば、右に。LEFTWINGSが良いという雰囲気になれば、左になる。

距離を置いて、良い思いをできるタイプだ。

デモ参加者もっと小綺麗な格好をするべきだ」という早稲田卒の現代文教師特定機密保護反対デモに行ったときの話を聞いて笑っていた。

一方の自分は考えが正反対の豚みたいな顔をしたネトウヨ口論になっていた。

お互い友人がいなかったから仕方なく一緒にいて、醜い容姿を互いに付き合わせ議論するのだった。

結局容姿が醜い自分高校時代に散々な目にあって関関同立底辺しかからなかった。一方のマナカちゃん慶応だ。

何も考えないで容姿が良いことが人生をうまくやるには一番だ。

卒業式の時に現代文教師関関同立底辺しか行けなかった自分をどこかバカにする態度を取られたが、おそらくマナカちゃんはそんな目にあっていなかっただろう。

自分はその後も国会中継を見て憤ったり、ネトウヨを見て呆れたりしたが結局容姿が悪いか社会に怒りを感じているというのが本音である

なにもかも思想を捨てて、容姿が良くなりたい。そう思う。

2018-06-07

20年前は未成年飲酒とか普通だったよね

高校の時保健体育の授業で自由発表があったんだけど

クラスのお調子者が「飲酒が人に与える影響」っていうタイトル

クラスメイトが飲み会で酔っぱらっていく様子を面白おかし描写して大爆笑を取ってた。

教師も一緒にゲラゲラ笑ってた。

世の中の空気はその程度の感じだったよね。

底辺高校乙って言われる前にいっとくと偏差値は67でした

2018-06-06

anond:20180605215323

かにブクマカ増田に対して偉ぶり過ぎてるな。思うに、ブクマカ増田関係グループが違うクラスメイトのようなものだと思う。

ブクマカブクマカ間だけで話してて、例のブクマカが言うように増田に対しては話してない。増田に対して聞こえるようにひそひそ悪口を言っているようなものだ。

まあこういう気色悪いブクマカお気に入り共々排除した方がいいね

いじめられた記憶暴力衝動

原田マハさんの「生きるぼくら」を読み始めた。主人公は、高校いじめられて中退して引きこもりになった24歳。

その、いじめの話を読んでいると、自分中学時代に受けていたいじめを思い出して、気分が沈んで黒い気持ちになってきたので書き出してみることにした。

読んでも教訓はないし、得るものもないことだけ注記しておく。

自分は、地方市街地にある公立中学校に通っていた。そこで、クラスメイト2人からいじめられたのだった。

1人は、近所の、小学校からの遊び友達で、粗野な面もありつつ話も発想もおもしろく、遊びを発明したりとクラスの中心人物。もてていたと思う。スポーツ推薦で私立高校に進んだけれど怪我をして中退した。高校以降は部活試合などで数回しか会っていない。

ペーパーテストはできなかったけれど、いまでも、頭のよさや自信を尊敬している。中学校ではいっしょに登校していて、登校中にお菓子をわけてくれるのが楽しみだった。

もう1人は、サッカー部の肩幅の大きい人間愛嬌があっておもしろ人間だった。いじめ問題が解決した1年くらい後の出来事ではあるけれど、一番印象に残っているのは、家庭科性教育の班発表で避妊についてコンドームの実物をくばったりしたこと。そのときに彼が言っていた、コンドームは失敗する可能性も少なくないから、コンドームをつかってかつ外で射精することが重要、と言っていた教えはいまでも記憶にある。

彼らからは、直接打撃的ないじめを受けたわけではない。恐喝されたわけでもない。言葉ではなにか言われたかもしれないけれど、人格否定するほどではなかった気もする。「生きるぼくら」で主人公が受けていた体に見えないところに暴行されたり、母の弁当をぶちまけられたりというほどではない。

一番、くやしかったのは、羽交い絞めにされて学ランのズボンに、黒板消しをなすりつけられたこと、何度かあった気がする。柔道技をかけられて、力の差でなにもできなかったこともある。ほかのことはあまり記憶が明瞭ではない。

悔しさか悲しさか情けなさかで泣いていたのを覚えている。殺意めいたものも感じていたと思う。

いじめ自体は、親や先生が動いて、わりとすぐに収束した。今思うと、相手の家に乗り込んだ父はほんとすごかったし、母には心配をかけたし、先生相手と1対1で話し合いをしてくれてちゃんとしていた。

いじめがあったことがどう親や先生に伝わったかは、そのころまったく気にできなかった。自分が30歳近くになったころ、母が地元印鑑屋さんで自分実印をつくってくれたのだけれど、そこの印鑑屋の息子が自分同級生で、先生いじめが起きていることを伝えてくれたということを聞いた。そのころは自分の殻に閉じこもっていたのか、彼の名前や顔も思い出せなくて、申し訳なく思っている。ほんとうに感謝しています地元に住むことはなさそうだけれど友だちになりたい。

いま、冷静に考えると、いじめ自体もなよなよしていて腹立たしい自分に対するちょっかいエスカレートしたもので悪意はなく(だからこそいじめはやっかいではある)、自分人格確立されていれば言葉で跳ね返せた、とは思うのだけれど、難しい。積極的に近寄りたいとは思わないけれど、恨んではいないし、いまならあの頃はいろいろあったね、と話ができる気もする。たぶんだけれど、2人とも、このあとはいじめを止める側に回っている気がする。

そして、冒頭で黒い気持ちになったというのは、いじめられたことそのものではなく、いまもサッカー部の彼に対して抱いてしま暴力衝動

ももシャープペンを突き刺して、二度とサッカーできないようにするところを想像したり。事故とみせかけて階段でもたれこんで突き落とすのを考えてしまったりしてしまう。いじめられた当時から同じことを考えていたのか、そのあと繰り返し想像して強くなっているのかは混同してわからないけれど、10年たった今でも、いじめを想起するたびにこれらの暴力的な衝動イメージしてしまう。そして、そうすることで心を慰めてしまっている自分発見して暗い気分になる。いつか克服できるだろうか。

でも、もうすこしいじめが続いていたら、そういう想像を実現させていたと思う。そして、相手自分破滅していただろう。

行動に移すまえに、いじめを止めてくれた親や先生名前も忘れた友人に感謝している。いじめ相手には複雑な気持ちを持っているけれど、どこかで幸せ生活していてほしい。自分はこれからもその衝動を抱いて生きるだろうけれど、行動には移さないと思う。

小学生と関わる仕事してるけどさ

発達障害の診断受けて薬貰ってるような子のほとんどはいじめっ子側、おとなしく真面目に過ごしてる子に迷惑かける側だよ

授業中に大声で騒ぐ、席を立つ、人に暴力をふるう、暴言を吐く

薬飲んでても暴れる時は暴れる

障害児だから頻繁に薬を飲み忘れる

支援学級、いわゆる「ひまわり学級」に行く子もいれば

親が拒否して通常学級に通って毎日クラスメイト迷惑をかける子もいる

の子を通常学級から追い出したいけどひまわり学級にはおとなしいタイプ障害児もいるから一緒のクラスにしたらあの子が可哀相だしどうしようって言われてる子もいる

そのおとなしいタイプ障害だって休憩時間が終わって勉強時間掃除時間が始まってるのに

まだ読み終わってないんだもん!!って頑なに読書を続けて周りに話しかけられてもガン無視したりする

発達障害児に理解を!って

その「理解」を実行したら

いじめっ子暴言吐いてもこの子障害児で可哀相だから~って健常の子我慢を強いたり

健常の子一生懸命雑巾がけしてるのにあの子障害で拘りが強いかしょうがないのよって読書を続けさせたり

そういうことになっちゃうんだよな

才能が~とか言うけど発達障害サヴァンは違うから別に才能ない子も多いよ

飲食店でぎょぴぴぴぴ~って奇声を上げながら走り回ってる子ども咎めない親

あいうのが発達障害者だから

障害児を保護して大人を責めたってかつてのおまえらみたいな子が救われることはないよ

2018-06-05

anond:20180605141745

校長に訴える!両親に言いつけてやる!助けてえ!」って即座に何の躊躇もなく人に甘えて頼ることができるあたり

生き辛さを抱えるかわいそうな子鬼畜教師に虐げられるかわいそうな子って感じじゃないんだよなあ

小学生の頃からずっと授業妨害して先生にナメた口きいてクラスメイトにも迷惑かけてきてそう

バナナはおやつに入りますか?昆布おやつですか?チューペット飲み物なんですか?おやつなんですか?練り飴はいいんですか?ビッグカツはおかずですか?うまい棒20本持って行っていいですか?みたいなのを延々と聞いて時間を浪費させる子っているしなあ

本人はもし○○が例外だったらどうしよう?って不安になって思いついたこと全部聞かずにはいられないんだろうけど正直鬱陶しい

テスト中に声出すのもありえない

どうしても困ってます感出しながらそーっと手を挙げてこそこそっと質問すればいいものをどうせ「せんせえええ!!この問題は~~で~~ですか!?」とか言ってそう

だって僕が困ってて分からなかったんだからすぐ質問するのは当たり前でしょって思ってるんじゃないのか

今時はクソ生意気なガキに対して何がいけないか理解するまで、それこそ殴ってでも躾けられる立場人間は親しかいないのに

増田が甘やかしてたからこうなった感がある

提出物のことだってまったくの赤の他人のガキが宿題未提出で成績下がってもどうでもいいけど先生にとって増田の子他人じゃないか

このままじゃ成績下がるぞ、就職や進学できないぞ、卒業できるかどうかも分からんぞってうるさく口出してるんだろ

どうしても担任に叱られるのが嫌ならこの子は進級できず中卒になってもいいですから宿題を出せとせっつかないでくださいってお願いしたらどうだ

2018-06-03

好き嫌いがないことが嫌だ

趣味でも人間でも食べ物でも、あまり好き嫌いがない。全くないわけではないけど、嫌いな人がいるとするなら私のことを攻撃する人くらいだ。

普通の人がいう、なんとなく嫌いとか見た目が嫌いみたいな気持ちがわからないのだ。小学生の頃、みんなが嫌がって避けていたダウン症男の子ともわたし普通クラスメイトと同じように接することができたけど、それが当たり前だと思っていた。次第にそれがおかしいことらしいと気づいた。

人間に対してだけじゃない。趣味だってそうだ。

だいたいはみんな音楽好き嫌いがある。好きなジャンルで育ちまで決めつけるような人までいることにびっくりした。

私はだいたい聴いたら好きになるのでクラシックからクラブミュージックエロゲソング西野カナまで幅広く聴くけど、そんな人はあんまりいない。

昔付き合っていた人は好きなアーティストが被っていたけど、嫌いなアーティストが私の好きなアーティストだった。低俗だとか、くだらないと言われるたびに心が痛んだし、なんで嫌いになれるのだろうと不思議で仕方なかった。

色んな趣味でこんな経験ばかりしてきたせいで趣味友達を作らなくなった。

BLが好きだけど男性けが嫌いな女の子気持ち悪い趣味だと笑われたり、趣味が合うから告白された人に趣味価値観が合わないと振られたり。

こんな経験ばかりで、嫌になる。

私もみんなみたいに狭い趣味の中で人並みに嫌って生きていきたかった。

2018-05-26

朝課外って結局なんだろうね

とりとめのない文章すまんね

朝課外というものがある。学校によって呼び名が違うかもしれないが、1限の授業の前に実施される授業のことであり、0限と言った方が通じるかもしれない。

九州にある高校はだいたいやってる。

7:30前には登校して、45分程度の授業を受ける。それを3年間繰り返す。母校は3年になると8限目も追加されたので実質9限授業でセンターまで走らされる。

これがとんでもなく辛かった。まじで。

この朝の授業は、学校強制でなく、PTA学校に頼んでやってもらってるという体裁を取っている。(じゃないと、教師副業か何かに接触してしょっ引かれるかなんかだったと思う) 生徒は年間1万円ぐらいを学校に支払う。

かに、追加1万円で受験対策とかやってくれるというなら、予備校に通うより安上がりだが、我が母校においては教師の質が追いついてないのは明らかだった。ぶっちゃけタデサプリを見てた方がマシだと思うことが多々あった。

少し自分の話を書く

通っていた学校が、息をするように国公立信仰を説く高校であったため、みんな国公立を目指して勉強していた。私も。

すると突然「朝課外受けません届」(不受講届)が年度始めに配られるようになった。これ幸いと思い、出した。(根本的に授業が役に立たないのと、文転したので理系の朝課外を受ける意味があまり無かったため)

もちろんお偉い先生に呼び出しをくらった。「受けない人がいるとみんなの士気が下がる」とか「みんなで受けて頑張って欲しい」だとか言われた気がする。(私1人の不受講で揺れ動く士気もどうかと思った。)要は強制。「強制ということですか」とこちらが聞き返せば、曖昧お茶を濁された。(「今、先生はそういう話したくないかな」とか言われた気がする。意味不明だった)

それでもなんとか粘って、理系教科だけの

、不受講の権利を手に入れた。しか学校には来て自習しろと言われたので自習室に引きこもった。勉強してたら、教頭とか教務主任がやって来て、「なんで朝課外出てないんだ」と頭ごなしに怒られたこともあったなあ。

もちろんまわりの友達はみんなきちんと課外を受けていた。3年間通して見ると、正規の授業数しか受けない人より何倍も勉強したはずだ。実際、真面目に出席するクラスメイトたちを一番身近で見て来た。

なのに、私の代の国立合格者数はほぼ最低に近かった。クラスメイトの半分は、私立へと行ってしまった。あの時間はなんだったのだろうと思う。

ここまで書いておいてなんだが、朝課外が一切合切全部悪いとも思ってない。むしろ自習が苦手な人などは半ば強制の方がありがたいのかもしれない、とも最近思う。完全廃止が難しいことも分かる。だったらせめて選択制、週3などにする選択肢はないのか。福岡代議士かどなたかが朝課外問題について取りあげているとも聞いたことあるのでゆっくりと動向を見守っていきたい

2018-05-24

飲食店で奇声を上げて走り回る子供迷惑!早く追い出せ!殴りたい!

学校で奇声を上げて走り回る子ども子どもは騒ぐのが当たり前!叱るなんてもっての他!個性があっていいじゃないか!のびのびと楽しそうにしている子どもを叱るなんてこれだから日本はー!糞教師ガー!人権ガー!抑圧ガー!諸外国ではー!


場所学校になった途端「かわいそうな子どもが大人に虐げられてる!!!!!!!!」って図にしかならないのって何なんだろう

「うぎょおおおおおおおおwwwwwwぎゃばばばばばばwwwwwwwwwぎぴいいいいいwwwwwwwwwwwwピィィィイイイイイ!!!!!!!!」ドタバタドタバタドタバタドタバタ!!!!!!!!!

こんな風に走り回って人や物にぶつかって怪我させたり壊したり静かに過ごしたい人の邪魔をしたりする奴の目撃談

場所飲食店だったら迷惑存在であることは容易に想像がつくのに

場所学校だったら途端にクラスメイト保護者別に迷惑なんか被っていないし何も悪いことなんかしてないのに糞教師理不尽に怒られて可哀想!って言い出す

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん