「月刊」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 月刊とは

2022-01-16

anond:20220116194920

初出はニュータイプのほうが新人類より先。しかもその時の「新人類」のルビは「ニュータイプ

新人類」を最初に「新しいタイプ若者」の意味で使ったのは、確認できる範囲では『月刊ACROSS』1983年6月号(パルコ出版)の特集記事「今、新人類ニュータイプ)たちが時代を先導する」です。この記事企画執筆した同誌の元編集者に直接聞いたところ、「新人類」と名づけたのはその本人で、参考としたのはSF作品や『機動戦士ガンダム』に出てくる「ニュータイプ」だったそうです。「新人類」に「ニュータイプ」とルビが打ってあったのもそのためです。そして、この記事で「新人類」の代表的存在として記事の冒頭で取り上げられていたのは、当時14歳女流棋士として注目されていた林葉直子さんでした。

https://news.yahoo.co.jp/byline/soichiromatsutani/20160331-00056069

2022-01-15

anond:20220115221934

結局、少女マンガかどうかは

掲載誌少女ターゲットにしているかどうか」

作家編集者少女マンガと思って描いているかどうか」

だけなんだよね…

誰も「好きな少女マンガに挙げてくれなくて悲しい」と思っていたんだけど、

もしかしてアサリちゃん」って少女マンガじゃないのか?(姉妹二人のどたばたコメディ女子小学生こち亀枠のような漫画面白い

今ググったら

小学館学習雑誌誌上にて連載された。

Wikipedia

って書いてあったわ。

 

「ちゃお」に載っていた時期もあるようだが「月刊コロコロコミック」の時期もあり、

そしてほとんどは「小学〇年生」だったらしい。

これは一体何マンガに属するのか

anond:20220115075615

基本的に何漫画なのかはレーベルで判定するものなんだがなあ。

悪役令嬢ものはなろう辺り発の設定だろうけど、今は青少年向けラノベの外にまで広がっているので、悪役令嬢もの少女漫画ではない とは言えないので、これこそレーベルで判定するしかない。

あ、マーガレットコミックスって少女漫画掲載作品とレディコミ誌掲載作品がごっちゃになってて、単行本見ただけだとどっちか分からないという問題がある。

ちなみに『群青にサイレン』(桃栗みかん河下水希)っていう高校野球漫画が一時期ジャンプラで連載されていたが、レーベルマーガレットコミックスなので実は少女漫画なのかと思いきや、元は『月刊YOU』というレディコミ誌で連載されていたものなので分類はレディコミなのである。(少年漫画呼ばわりされて作者が怒ったことも……)ストーリーもレディコミ文法で書かれているので、物凄く暗くてドロドロした作風である

2022-01-14

少女マンガについて

当方アラフィフおっさんであり、1995年くらいまでの少女漫画に関しては、花ゆめ、ララ、ぶーけ、ウィングス、サウス、別フレ別マ少コミりぼんりぼんオリジナル……えーと、たぶんひとみとかそういうの以外、ほとんど全部制覇してるくらい読んでたが、それ以降はまったく読んでない。まったくってほどでもないが、雑誌単位では追いかけてない。月刊セブンティーン世代的にまにあいませんでした。

で今回、またなつかしいブログ名前見たなーと思って中身読んでみたんだけど、これはちょっと「あ、そう……海燕さんっぽい……」みたいな感じで、少なくとも「少女マンガ初心者男性向き」という感じではまったくないなーと思いました。萩尾望都とか、そういう括りでいったら一作も入れられないなと思うし、竹宮恵子だったら「私を月まで連れてって」一択だろ、というような。BASARAはアリ。あのおもしろさはちょっと異常。バナナフィッシュは……どうなん? あんがいヒロインかわいいラブコメの名作並べておけばそれでいいんじゃないのって気もする。せっかくラブコメブーム来てるわけじゃないですか。まあ少女マンガラブコメだと時代背景とべったりみたいなとこあるんで、逆に敷居高いのかな。よくわかんねーや。

まあこの手のって、結局書き手読書体験趣味嗜好みたいなのが反映するのはどうしようもないことなので、人になにをどうセレクトしようと、それはいいんですよ別に

で、この某氏エントリに対して「ぜんぜんそんなんじゃねーだろ」みたいなのエントリが上がってたので「ほうほう、おじちゃん最近少女マンガぜんぜんわからいからね、参考にさせていただくでござるよ」みたいな感じで覗いてみて、こっちで驚いた。ほぼ知ってる。

いやまって俺最近少女マンガなんてぜんぜん知らないよなんで?って思って、ふと気づいたんですけど、最近自分マンガ読むきっかけって、ほとんどが広告なんですよね。おもしろそうと思ったら広告踏んで、ついでに周囲のWEB連載のやつ読んで、みたいな虫食い状の読みかたしてて、おもしろかったらてきとーに買う、みたいな。

で、そうやって読んでる人間が知ってる作品が並んでる。どれもおもしろいことに異論はまったくありません。

どういうことなんかなーと思って考えてみたんですが、単純に入口雑誌からWEBに変化しただけなんだろうな、と。こっちはもうアラフィフなので、自分センスなんて信じてない。だいたいセンスなんてものは、消費する作品の量と幅があって担保されるもんであって、それはいってしまえば体力が根本にあって、おっさんにはそのすべてがねえんですよ。だから安直広告おもしろいもん読めればどうでもいいから。その無思想性が、かえって近作にアクセスできるというよくわかんない結果を招いたのかなと思いました。

どうでもいいがやぶうち優の現役力がやばい

2022-01-13

おかえりモネ

おかえりモネ 2019年9月まで話がすすんでる

すでに気仙沼編の登場人物が発表済だが断片的な内容

(8月発売のガイドブックには載ってない)

20日ごろ発売の月刊テレビ情報誌でおおよそわかるのだろうが

コロナを描くのだろうか、それとも描かないのか

A案 パラレルワールド(新型コロナのない世界2020年9月のパラ前後

B案 コロナ禍直前の2020年1月まで

C案-1 コロナ禍の五輪パラ延期が決まる2020年3月頃まで

C案-2  コロナ禍の2021年9月パラまで描く

モネちゃんと「おかえり」できるんだろうか

2022-01-07

anond:20220107223806

これマジ?

信じがたい

https://note.com/vsnoiehoie/n/nfc3a7fba6e4f

自称著述家菅野完氏が責任編集し発行する月額会員制の月刊誌月刊菅野完ゲゼルシャフト(月額4,509円)」の未発行が問題となっている。

2017年以来3年以上会員として料金を払い続けた女性Aさん(仮名から寄せられた情報と、彼女へのインタビューから信者ビジネス」とも言えるずさんな運営実態の一端が明らかとなった。

月刊菅野完2017年中に2回(10月からスタート)、2018年中に5回しか発行されておらず、その発行初期から毎月発行からは程遠いペースで運営されていたようだ。しかしその間も料金はかかり続けていた。

菅野氏は会員に対して自発的に返金するどころか「カンパと割り切って甘やかしてくれるファン相手契約を果たすこともせずあぐらをかいていたという事だろう。その言動から著述家としての矜持などは微塵も感じられない。

菅野完氏と個別にやり取りする場合、どんな会話をしていましたか

あるきっかけで他愛のない話を始めたところ「お互いにちょっと興味があるね」という感じになりました。まあそれだけではないんですけど…まあちょっとその…男女関係みたいな話に発展しました。ですから、わりと砕けた話もしましたし、あとは菅野さんの愚痴みたいなものが多かった気がします。

■ではちょっと相談相手のような?恋愛関係のようなこともありましたか

そうですね。2人で会ったことが一度だけあります。その時にちょっとそういう関係になりました。それ以降はそういう関係にはなっていません。

■ところで以前に菅野からお金の援助の要求があったと言うことですが?

はい菅野さんにお金の援助をしました。合計でちょうど100万円になります。3回に分けて振込をしました。

2021-12-08

少年ジャンプでもう終わると思った漫画家

現在連載中の漫画家で、このベテラン漫画家はもう終わりだろうと感じている人がいる

筆頭候補矢吹健太朗先生

あやかしトライアングルという漫画を連載中だが、矢吹健太朗先生の成長が完全に止まってしまっている

マンネリ化するので、もう矢吹健太朗先生少年ジャンプでのチャンスはないだろう(月刊紙など別の雑誌での連載ならチャンスはある)

ベテラン漫画家特別扱いされているのはワンピース尾田栄一郎先生と3年絶賛休載中の冨樫義博先生ぐらいだろう

冨樫義博先生場合休載しまくってるくせに成長が止まっていないので例外中の例外にも感じる

ワンピース尾田栄一郎先生は成長は止まっているがこれまでの貢献と商業的な人気から切ることはできずこのまま無事完結して欲しいという形だろう

ベテラン漫画家とか関係くそろそろ完結すると思うのは僕のヒーロアカデミアの堀越耕平先生アンデッドアンラック戸塚慶文先生あたり

両名とも成長が止まってきている、マンネリ化してきていると感じる

他にも成長が止まっている、マンネリ化がはじまってる先生はいるがこの辺で切り上げる

なお粗いけど成長中で目が離せないと感じるのはP P P P P Pのマポロ3号先生である

2021-11-24

anond:20211124130214

少年漫画系が強い出版社だと週刊で連載してくれることが多いからありがたいわ

月刊でも「なろうのWeb掲載基準1話くらいしか進んでなくね???」みたいなのが多いからなぁ

ラノベ(なろう含む)のコミカライズ月刊ペースだと1年経っても1章終わらない説

掲載ページ数が多かったりネームセンスが良くて無駄描写省いたりすることができる漫画家ならいいけど、

そういうところが上手くなくてコミカライズ描かされてるのがコミカライズ作画担当じゃん?

本当にこの作画で良く生き残れてるなっていう作画担当もいるけど、

絵が上手くても原作なぞりすぎてペースが遅すぎる漫画家もいるわけ。

ひと昔前はそれなりの作品が完結して浮いてる漫画家作画担当してたりで

それなりにテンポも良く作画も良く進んでたのが多かったけど、

最近ラノベ+なろう原作原作の量が増えすぎてお前本当に漫画家だったの?

っていう作画担当いるか絶望的に漫画家が少なくなってるんだろうなぁ。

イラストレーターは余りすぎてるらしいのに。

2021-11-17

anond:20211117210720

細野不二彦先生はまさに作画魔術師さすがの猿飛・グーグーガンモの作者とギャラリーフェイクの作者が一緒とは誰も気づかないだろう

マクロスの「変形の河森」さんと同期らしい

やよいマイラブ - 『週刊少年サンデー』(1980年24号 - 28号)

さすがの猿飛 - 『少年サンデー増刊』(1980年 - 1984年

どっきりドクター - 『週刊少年サンデー』(1981年 - 1982年

Gu-Guガンモ - 『週刊少年サンデー』(1982年 - 1985年

東京探偵団 - 『少年ビッグコミック』(1985年 - 1987年)→『ヤングサンデー』(1987年創刊号 - 8号)

青空ふろっぴぃ - 『週刊少年サンデー』(1985年 - 1986年

あどりぶシネ倶楽部 - 『ビッグコミックスピリッツ』(1986年

I'mナム - 『週刊少年サンデー』(1987年1号 - 31号)

ママ - 『ヤングサンデー』(1987年 - 1992年

ジャッジ - 『アクションBROTHER』(1987年 - 1989年)→『COMICアクションキャラクター』(1990年 - 1991年

うにばーしてぃBOYS - 『ビッグコミックスピリッツ』(1988年

BLOW UP! - 『ビッグコミックスペリオール』(1988年21号 - 1989年19号)

バイオハンター - 『月刊コミックバーガー』(1989年 - 1990年

りざべーしょんプリーズ - 『ビッグコミックスピリッツ』(1989年 - 1991年

ごめんあそばせ - 『月刊コミックバーガー』(1991年 - 1993年

愛しのバットマン - 『ビッグコミックスペリオール』(1991年 - 1996年

熱拳! ムサシ - 『月刊少年キャプテン』(1992年 - 1993年

太郎 - 『週刊ヤングサンデー』(1992年12号 - 1999年41号)

ギャラリーフェイク[9] - 『ビッグコミックスピリッツ』(1994年 - 2005年2012年2016年)、『ビッグコミック増刊号』(2017年 - 連載中)

幸福の丘ニュータウン - 『ビッグコミック』(1996年 - 1998年

S.O.S - 『漫画アクション』(1999年 - 2000年

ビールメガホン - 『ビッグコミック』(1999年 - 2000年

タケルヒメ - 『ウルトラジャンプ』(2000年不定期連載)

キャット・ウォーカー - 『週刊漫画ゴラク』(2001年 - 2002年不定期連載)

プライズハンターGON - 『週刊ヤングサンデー』(2001年52号 - )

ザ・スリーパー - 『月刊サンデージェネックス』(2000年 - 2002年

ダブルフェイス - 『ビッグコミック』(2003年 - 2011年

ヤミの乱破 - 『イブニング』→『モアイ』(2003年8号 - 2006年1号、2012年8号 - 2014年2月25日配信分)

電波の城 - 『ビッグコミックスピリッツ』(2006年1号 - 2014年2・3合併号)

アサシンichiyo - 原作担当漫画信濃川日出雄、『月刊ヒーローズ』(2013年1月号 - 2015年2月号、不定期連載)

メタク - 『漫画アクション』(2014年15号 - 2016年3月1日号、全2巻)

商人道 - 『ビッグコミックスピリッツ』(2014年30号 - 2015年32号)

いちまつ捕物帳 - 『ビッグコミック』(2014年21号 - 2016年23号)

バディドッグ - 『ビッグコミック』(2017年4号 - 2020年21号)

さすがの猿飛G - 『月刊ヒーローズ』(2017年7月号 - 2019年10月号)※『さすがの猿飛』続編

1978年のまんが虫 - 『ビックコミックオリジナル増刊号』(2021年5月号 -連載中)

恋とゲバルト - 『ピッコマ』→『コミックDAYS』[10](2021年4月 - 連載中)

2021-11-11

anond:20211109215407

1993年頃の月刊ASCIIカラープリンタレビューを覚えている。

どのプリンタも絵の具で描いて雨で濡れたようなメチャクチャな画質なんだが、一応レビューという体裁を取ってて、

中学生的には異様だった。

そこから数年後のエプソンカラリオ革新的だったなあ。

デジカメとかの普及はまだまだで、家で写真印刷できるようになるのは2005年ぐらいかな。

2021-10-24

anond:20211024165155

プロフィール

日野百草(ひの・ひゃくそう)/本名:上崎洋一。1972年千葉県野田市まれ日本ペンクラブ会員。かつて1990年代から月刊コンプティーク」を始め多くのアニメ誌、ゲーム誌や作品制作に携わった経験を持つ。近年は文芸ノンフィクションを中心に執筆全国俳誌協会賞、日本詩歌随筆評論協会奨励賞評論部門)受賞。著書『誰も書けなかったパチンコ20兆円の闇』(宝島社・共著)、『ルポ 京アニを燃やした男』(第三書館)他。近著『評伝 赤城さかえ 楸邨、波郷、兜太から愛された魂の俳人』(コールサック社)。

2021-10-22

キャンピングカー道の駅で泊まるの

だーいぶ前に若い人がそれでクラスっつって炎上してたの思い出した

月刊漫画雑誌 モーニング・ツーキャンピングカー旅が始まって、道の駅で仮眠するシーンあって思い出したよ

掲載誌マイナーだし多分炎上するほどの知名度がまずないだろうけど

あくまで休憩施設のため仮眠だの車中泊は黙認されている状態です※場所によってケースバイケースです。マナーを守って利用しましょう」

って注意書きは一応あったけども

まあ数年前に炎上したときは、完全に道の駅とかの公共インフラタダ乗りしてトイレやらなんやらやる、ってことだったしな

ちょっと旅行ピンポイントで使う分にはまあ大丈夫かな

2021-10-15

増田♂51歳の日常

五十一のワイから見ても明らかオジイサンな総白髪な七十代くらいな通勤者が座席に座って拡げて読み耽っていたのは月刊ムーだった。

…豪の者をみた。

2021-10-09

anond:20211009205207

これ月刊じゃん!おかあさんばっかじゃねえの

2021-09-23

ダイレクト出版経営科学出版ビビッドアーミー

しつこい!高市早苗氏だらけの“あおりネット広告批判噴出…党則違反可能性、自民党本部の回答は

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/295065/3

やっと話題になってたから話をすると、「高市早苗広告話題になってる「ダイレクト出版」と「経営科学出版」はどちらも同じ会社です。

https://bokukoui.exblog.jp/amp/32213964/?__twitter_impression=true

さらにいうと、この会社ニコニコ死ぬほどうざい広告をばらまいてることでも有名です。


この会社は何をやってる会社というと「情弱向け商売」です。

元々は、アメリカ情報商材屋として知られる「ダン・ケネディ」とか「ヤニク・シルバー」といった連中の情報商材日本語訳して販売してるだけの会社でした。

情報商材はとにかく利率が良いので、広告がペイしやすいんですよね。ガンガン広告を売って、アフィリエイトしまくってました。

一時期、はてなでも互助会界隈で「ダイレクト出版」の本をアフィリエイトで売るのが流行ってました。

このように、金儲けしたいけど努力したくない情弱向けに広告を打ちまくって、集まった顧客情報商材を売りつけて稼ぐのが基本スタイル会社です。

社長はもともとMLM出身の人で、そこから情報商材販売屋に転身した人物でもあり、とにかくお金けがとてもうまい人。

とはいえ、おてんとさまのもとに顔出しできるような立場じゃなくもろにアングラ人間だと思っていたのでニコニコ動画で堂々と顔出しして広告でしゃべってるのを見ると、本当にもうアングラっていう感覚のものがなくなってるんだなと思います

そんなダイレクト出版最近はやたらとネトウヨに媚びた広告を出してるのはなぜかというと。

これは2点あって、「ネトウヨ情弱が多い上に数が多いのでペイしやすい」というのと「ネトウヨ広告には協賛者が多いので安価広告を出しやすい」ということです。

それにしても、こんな商売をしている会社に堂々と広告で通しているニコニコ運営ドワンゴって会社倫理観はどうなってるんですかね

商法はまるで同じで、この場合だったら三橋の、『99%の日本人が知らない明治維新大嘘 「司馬遼太郎日本史」の罠』とかいう、むやみに長いタイトルの本を送料のみで送ると銘打ってカモを集め、そのあと高価な情報商材なり、たくさんのビジネス本なりを売りつけるという算段なのは間違いありますまい。ちなみにこの経営科学出版場合は、ダイレクト出版よりももっと露骨に、三橋の「月刊三橋」なる音声データを月2回配信するサービス宣伝をしています

今更言ってもしょうがないけど、YouTubeとかニコニコ動画の広告はいい加減規制が入ってほしい。

フェミカスニコニコ動画なんか見ないか話題にならないみたいだけれど、ニコニコ広告有害コンテンツ巣窟であり、

企業広告些細な表現に目くじら立てるよりこっちを取り締まった方が撃墜率高いと思うんだが、

フェミカス煽り屋は目立ちたがりだからオタク狩りするか企業広告みたいな大物しか狙わないんだよな。

こういうクソ広告出す業者フェミカスが殺しあって対消滅してくれれば世界平和になるのに

2021-09-22

パンツレポとかいう女ドルオタのやべえ文化

ジャニーズ韓国アイドル(男)の一部がやってるパンツレポとは

ライブなどで踊ってる最中腹が出てズボンから見えるパンツを◯色だった!◯◯(ブランド)だった!とわざわざSNSにレポすること

一番やべえしキモいのはそのパンツレポを許してる=寛容としてるオタクが多いこと

下ネタOKな女アイドルを寛容とする男オタクにはブチギレてたフェミニストはどう思うの?

以下Twitter引用

-------

月刊TVnaviで浮所くんパンツレポの話を!!してる!!www ご、ごめんね😝でもやっぱり意識してたんだね!笑 さすが浮所くん~👏🏻パンツ想像まで許してくれる浮所くんは満点アイドル🧡🤟笑

-------

恥じるでもなく嫌がるでもなく元気に「下履いてないんだよね😆😆😆」な浮所くんほんと笑うwwパンツレポ容認してることといい寛大だな…

-------

そう考えるとパンツレポが伝統KAT-TUN担界隈では上田くんのおパンツを見た人なんて何万人といるのか そんな……この世界上田くんのパンツを見た人が何万人も……すげぇ……

------

全然知らなかったんだけど毎公演浮所くんパンツレポが流れるってことはおたく需要理解して毎公演ゴムちゃんと見せるようにしてくれてるのかな??

所くんホスピタリティ力ならありえるな!?ありがとう所くん!!!ありがとう闇を突き抜けて!!🙏🧡😂

2021-09-16

おかえりモネ

おかえりモネ 2019年9月まで話がすすんでる

すでに気仙沼編の登場人物が発表済だが断片的な内容

(8月発売のガイドブックには載ってない)

20日ごろ発売の月刊テレビ情報誌でおおよそわかるのだろうが

コロナを描くのだろうか、それとも描かないのか

A案 パラレルワールド(新型コロナのない世界2020年9月のパラ前後

B案 コロナ禍直前の2020年1月まで

C案-1 コロナ禍の五輪パラ延期が決まる2020年3月頃まで

C案-2  コロナ禍の2021年9月パラまで描く

モネちゃんと「おかえり」できるんだろうか

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん