「少年時代」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 少年時代とは

2020-05-31

anond:20200531025722

ココイチ社長少年時代の話を読んだほうがいいと思う。

なんでも考え方次第じゃないのかな。

上には上、下には下がいるってことだと。

2020-05-30

anond:20200530063811

ブコメ見て少年時代軍用機が好きなだけで自分軍国主義者呼ばわりした教師思い出した

理屈がよく似てる

宮崎駿みたいなミリオタ平和主義者だったらなんていうんだろうな

2020-05-26

なぜ博士号をとったか大学教員になったのか

すまん。書き出しで結論を言うと、自分でもよくわからん

アカデミックあきらめた博士号保持者の記事が目に留まったので、運よく大学に残れた側のエッセイを書く。小さなころから科学者になりたかったんです、なんていう大学教員を見ると、眩しくてクラクラちゃうんだ。すまんな、憧れもなく大学教員になってしまって。

僕は少年時代に、科学者に対する憧れというものほとんどなかった。ニュートンとかガウスとかアインシュタインなんかの伝記を読み漁ったりして、心惹かれるものがあった。だけど、それは自分科学者になりたいという憧れとは少し違って、科学者仮面ライダーウルトラマンのように現実と断絶した世界にいるヒーローのようだった。

大学に入ると、教員たち講義を受けて、ずいぶん大学先生は楽しそうだと思った。あとでわかるが、それは誤解だった。ただ一人、すごく楽しそうに熱く語る先生がいた。専門を簡単説明する。それでいて奥が深い講義だった。僕はその講義に夢中になったが、周りの学生からは評判が良くないのが不思議だった。こういう先生なら、なってみたいかもしれない、とぼんやりと思った。

僕は研究者というよりは科学ファンだった。自ら新しい科学を切り開くということに、それほど魅力を感じなかった。それなのに、大学院へ進んだのは「もっといろいろなことが知りたい」という一言に尽きる。このセリフは厄介で、一見すると科学者適性がありそうだが、実際は逆だ。「ただ自分の興味が向くことを、気の赴くままに知りたい」という僕のような人は研究者に向かない。いったい僕は何になればよかったのだろう。大学院生としての一番の幸福は、図書館の薄暗い書庫顔パスで入り、紙が焼けているのにピンピンしていて、全く手を付けられていないような文献を読むことだった。だから論文が書けず苦労した。今もしている。研究者世界は手を動かす、アウトプットをするのが貴ばれる。研究世界に飛び込むことは少し違和感を覚えたが、もっと良い場所もなかったので居続けた。卒業したいので、しかたなく研究した。

学会で一流の知性に出会うのは、本当に楽しいことだ。僕にとってはスターライブであり、学会の懇親会で大物に研究の着想を聴いてみることほど楽しいことはない。

大学から学位記と一緒に追い出されるように飛び出し、一つ目の職場就職した。就職が上手く決まらなかったので、ダメなら別の業界に行こうと思っていた。だけれど何とか職場が見つかった。そこへ行った理由は、この業界にいれば、また暗い図書館での心躍る体験が、いつかできるかもしれないと、不純な希望を持ったからだ。着任した先では、学力が酷かったけれど、教員博士号持ちの熱血教師ぞろいだった。教員たちの教育に対する熱いパッションを聞かされて、なぜだかすっかり気持ちが冷めてしまって、他に居場所を探した。転職するためには、論文必要だったので必死研究した。欲しがりません勝つまでは、を地で行くスタイルで無理をした。体調を崩して大病してしまった。

なんとか次の職場を見つけ、落ち着いている。学生時代の環境を思えば、ここの学生世界が狭くかわいそうだと感じることもあるが、一つ目の職場と比べればだいぶましだ。すべては相対的だ。転職して、自分時間が増えたのでぼちぼち研究している。いつか解明したいテーマも懐にしまっている。いつか、は来ないので少しずつチャレンジしている。だけれども、ほとんどの研究時間は一日も早く給料を上げたい、そう思って不純だと思いながら心の血を流しながら論文を書いている。僕は興味が散発的なんだ、だから論文がこれほど憎たらしく感じられるんだと思い続けている。

博士号取ったのに大学教員にならなかった氏が言うように、大学が残念な場所であるとは認める。成績不良の学生面接したときは、部屋に一人残って泣いてしまうこともある、僕が。これから教員仕事うなっちゃうんだろうかって悩みつづける。実にこの業界ジリ貧だ。だけれど、大学教員以外に僕のふわっとした欲求を満たせる場所を知らない。雑用を投げてくるスーパースプレッター同僚もいるが、傷付きやすい僕を大学以上に放っておいてくれる職場を知らない。

文科省大学経営陣も学生も同僚もみんなクソだ。クソだけれど、僕はそんな奴らの戯言を骨抜きにしながら、今の場所に居座ってみようと思う。僕の興味と幸運の続く限り。

研究者にもなれない、だが学生を思いやる教育者にもなれなかった。一人でいたいから、学内政治家もっとごめんだ。いったい僕は何になればよかったのだろう。

2020-05-09

自分少年時代青年時代のあこがれだったスタークリエイターSNSは見たくない

子供の頃や青年時代自分があこがれていたスターSNS見ると、

なんか辛いことが多いような気がするので意図的フォローしないようにしている。

  • 当時の裏話なんてあまり知りたくない。美しいのは思い出であって裏話ではない。
  • あきらかに落ちぶれている場合、明確に辛い。
  • 政治的薄っぺらいことを延々と書かれても辛い。

昭和の大女優さんとか、引退後は一切メディア露出せず、もちろんSNSもやらず孤独死とか

してて凄いなと思う。

2020-04-27

anond:20200427025054

読ませますねえ

   もちろんなぜあの真夏にそれが流行たか、それだけ偉い先生指導者がいたうえに、原始時代のような、やりまんびっちの若いやり女に性乱交許可するほどの自然

面白さがあったからだ。今はダメだ。もうやっていることが終わっている。バカしか言いようがない。平成8年以降に爆発したあの素晴らしいやりまんびっちによる性乱交

受験競争クソガチ真夏はもう戻らない

ここが特に読みごたえがあった

これから数学検定勉強の話や少年時代の話、定期的に書いてね

人を楽しませる文才があるんだから

せっかく出てきたのに、また川原で何か変なことして捕まったりしたらもったいない

2020-04-26

俺がコロナで知りたいのは

アメリカの死者の人種割合より肥満度だね

ニューヨークデブの街だった

俺が少年時代からあたためていた世界一の都会ニューヨークへの憧れは

デブでぶデブの波に押しのけられた

そもそも肥満度がおかし

ワンピースは序盤しか読んでないんだが女海賊アルビダ、あれそっくり

BMI25以上が肥満で40とかいるらしい

いやBMI22で十分デブだろ

テキサスシカゴデブだらけだった

どうかしてるよあの国

若年層死者かろデブ比率を出せ

2020-04-11

anond:20200410201354

くっだらねえ自作自演だな

部外者だったら障害施設襲撃の植松聡や富山交番襲撃陸士長のように過去少年時代から経歴がさらし者になってるはず

劇団員だろ

警察が警備してる場所を通過できたのも有り得ないことだ

最精鋭のレンジャー過程クリアした機動隊トップ選手総理を警備してるだろうに、

見過ごしましたなんてありえない

自作自演以外にあり得ない

2020-03-04

anond:20200304191252

小僧寿しで、寿司のお持ち帰りができるようになったのが、画期的で。

ちょっとした贅沢をしたい特別な日に、小僧寿し寿司を買いに行くのが楽しみだった少年時代

2020-02-21

anond:20200221001143

どうして増田ビッグバンセオリー1973年の話だと思ったのでしょうか。

しかするとシェルドン少年時代を描いたスピンオフ『Young Sheldon』と混同しているのではないでしょうか。

2020-01-31

ジョーカー』おもんなかった

少年時代描写がなかったので、どんな虐待を受けていたのか分かりにくいところがあった

父親に捨てられたトラウマジョーカーを育てたところがあるというんだったら、それをもっと丁寧に描いて欲しかった


病院カルテだったか診察のデータだったかあんなに簡単に盗めるか?

というか、ああいう30年前の古い文書は残しておく価値があるのか?

あるんだったら電子化して残すものじゃないか


ホテルで『モダンタイムス』(だったかな)を上映中にホテルマンに扮したジョーカー劇場(?)内に立っているのは、絵になるからだったんだろうけれど不自然


ラストシーンホアキン・フェニックスをアップで撮り過ぎて暑苦しく感じた


Twitterジョーカーが撃つリボルバーの弾数がおかしいというツッコミがあったが、それは気にならなかった

一気に7発撃っているのはおかしいという話だったが、弾を再装填する時間はあったと見た

2020-01-24

スタンド・バイ・ミー

スタンド・バイ・ミーを見た。

自分の昔を思い出した。

お前、早熟で嫌味っぽかったよな?自己中で打算的に動くのは良くないって通信簿に書かれたよな?

結局、仲のいい友達なんて一人もできなかったよな?そりゃそんな性格だもん。当たり前だわ。

今の俺が当時の俺を見たらぶん殴りたくなるわ。

その割には運動もだめ。勉強もだめ。不潔。口は臭いし、風呂嫌いだから体も臭い

ぽっちゃりしてたし、友達もいない。

休み放課後もずっと一人で家。何をするわけでもなく一人で家。

THE無気力

からそうなんだよ。不器用でグズでのろまで、人の気持ちも踏みにじるタイプのやつ。

勉強だけじゃないわ。

何か意見求められても自分意見とかないから答えられないでやんの。好きな食べ物は?特にない。好きな芸能人は?興味ない。

つまんねーーーーーーやつだよ本当に。話したくもないなってみんなそりゃ思うわ。

遊びにも誘われなくなるわ。

中学入ってちょっとがんばって運動部入ったよな?中学の間は頑張ったけど、結局大会すら出してもらえないの。

いや俺なりには当時は頑張ったつもりだったんだけどさ、今思うと死ぬほど練習してないし、友達練習付き合ってもらってもないし、

本も読んでないし、動画撮ったり、助言求めたり、そういうことなんもしてないの。

そりゃ冴えないやつが一般人がしてるような努力すらしてなかったら冴えないまんま。

当たり前だよな?

高校入って運動部入ってもそんな調子から1ヶ月でやめたよな?

いまだに顧問に言われた言葉引きずってやんの。

お前今何歳だよ。そろそろ切り替えろよ。

大学は頑張って国立大に入ったよな。それだけは俺の人生で一番凄いことだったと我ながら思う。

でもな、部活もしてなくてゴリゴリ勉強して苦労してやっとそれ。同級生は秋までサッカーして、急激に追い上げて合格

まりその程度なの。一般人よりちょーーーースペック低いのわかる?

から大学サークルで酒飲んでウェイウェイしてるやつとか、体育会のやつとかに余裕でGPAとかまけんの。

過去問だってもらったよ。授業も全部とは言わないけど出たし、ノートもとった。

けど、その程度なの、お前は。地頭が悪いの。わかる?

意識高いやつとか留学するやつとか正直こころのどっかで見下してたよな。

でも今になって思うわ。そういうことチャレンジするのが怖かったんだろ?本当は自分チャレンジたかったんだろ?

知らない世界に飛び込んだりする勇気が俺もほしかった。

けど、ないかバカにする。保身する。くっっっっっっっそダサいよ。

社会人に成ってから留学したくなったり、無性に海外旅行に行ったりしてんの。

その裏返しだよ。わかってるんだ。

俺には努力する才能も天性のセンスもないし、

なんにも価値を生み出せないのが嫌すぎた。

でも、過去自分は変えられないし、今の自分を変えるしかないんだよな。

スタンド・バイ・ミー見て思うよ。俺もこういう少年時代を過ごしたかった。

けど過ぎ去ったことはどうにもならなくて、今を生きていくしかないんだよな。

今に見てろよ過去自分

過去自分は今の自分定義する。

今の過ごし方次第で過去解釈なんて変えられる、頑張るよ。

社費留学目指すし、英語ペラペラになっていろんな人と話してみたいし、まだ見たことのない場所へ直接見に行きたいし、

もっと専門的な勉強をして研究もしていきたい。

今に見てろよ過去自分

2020-01-17

anond:20200117010152

香りビーズ」!www

懐かしいなー!

あれ音クッソうるさくて、何故か家族にクソしてるの知られたくない少年時代に、やたら気をつけてゆっくりゆっくり紙を引き出してたわwww

2020-01-08

少年時代に見てトラウマになったアニメといえば

ダイの大冒険だよ

終わり方が半端すぎる

しか最終回だと周知しなかったよね

混乱したわ

2020-01-03

26歳独身貯金なし無職になる

田舎貧乏育ち俺、26歳

両親は最終学歴中卒・高校中退で現トラック運転手水商売の絵にかいたような元ヤン

下に一回り離れた妹、弟がいる。

子どものころは男なのに母のお古を着せられたり、体操服やランドセル日用品の諸々は親戚のお古が当たり前なレベル貧乏だった。

正月にもらったお年玉はすぐさま回収されて子供たちの学費生活費に充てられていたので、お年玉ほしいものを買うとかい経験したことがない。

お年玉で買ったゲームソフトを見せ合う同級生たちがいつも羨ましかったけど家が貧乏なのはわかっていたので、新聞チラシの裏に俺が考えた最強のゲーム主人公を描いたり伝説の剣を作ったりして過ごした少年時代だった。

そうやって成長していったか貧乏の辛さはわかっていたし、将来はちゃんとした企業に入ってふつう生活ができる大人になろうと思ってたけど、貧乏な家に生まれた時点で将来もほぼ決まっている。

高校生で進路を決める時もちろん大学進学を希望したが、貧乏我が家では大学学費用を捻出することは不可能だ。

反対する親に「頑張ってバイトして学費を貯める、入学後の生活費自分で稼ぐ、金のことで迷惑はかけない」と訴えたけど、「そんな金があるなら実家に入れろ、家の状況をわかっているのか、妹と弟のためにも高卒で働け」と押し切られ、俺の大学進学の夢は散ってしまった。

元ヤンの親父はめちゃめちゃ怖くて、口答えすると鼻血が出るまでボコボコにされるからチキンな俺は怖くてそれ以上言えなかった。

同級生たちは将来の夢も決まってないけどとりあえず大学にいく、という奴が大半でそれがひどく妬ましかった。

みんな大学に進学できるという事のありがたさを何一つ分からず、ぬくぬくと親に守られ真っ当な人生を歩んでいく。

今思い返すと笑えるが、当時の俺は世界で誰よりも自分が不幸だと思っていた。

そうやって高校卒業した後は、地元携帯ショップ工場呉服屋などを転々としながら死んだ目で働き続けた。

田舎資格不要高卒可の仕事なので、月給は手取り10~13万ってとこかな。

そこから家へ6万、残りで自動車学校のローン返済や日々の車維持費、食費、日用品費などを捻出すると貯金もなかなか出来ない。

それでも3年ほど掛けて引っ越し代と当面の生活費を貯めて実家から逃げてきた。

それから5年たち、今の俺は26歳独身貯金なし無職だ。

色々あったので簡単に言うと安月給過労で体と心を壊し、先月退職してめでたく無職になったという感じか。

26年間生きてきて、いいことがあったかと言われると何も思い出せない。

親への感謝なんて毛ほども感じないし、大事ものも何一つ作れない人生だった。

唯一の救いは現在実家は若干だが裕福になったようで、妹弟は希望の進路に進み特に不自由なく暮らせていそうなところか。

とにかくもう疲れ果ててしまった。

真っ当に育ってきた人と話すと「貧乏でも努力すれば幸せになれるよ」「死ぬくらいなら頑張れば何でもできる」と言われるが、大体そういう人は家族に恵まれ自分の知らないところで色々な人に助けられて生きてきた人たちだ。

まれてきた環境ですべてが決められてしまうやるせなさや頑張っても頑張っても次々と困難にぶち当たる辛さを知らない。

死ぬ人間は本当に死にたかったわけじゃなくて、すべての事から逃げ出したくて最終的に死という手段しか残されていなかっただけだ。

幸せになれる人間幸せになれない人間最初から決まっている。

俺も幸せになるために、最後の手段を試そうと思う。

2020-01-01

クライン (自転車ブランド)ってなくなってたんだな

少年時代はあこがれのブランドだったのに

2019-12-17

anond:20191217160658

小島少年時代の姉は新品の水筒なのに自分中古水筒って記事と同じ、親の悪意というか残忍さを感じるんだよね

異常な子供の親はやはり異常者

異常な遺伝子を持ってる一族事件でようやく発覚した感じ

2019-12-15

みにくいアヒルの子アンデルセン人生を書いた話

anond:20191214154844

とても貧しくずっとイジメを受け孤独だった少年時代から作家として成功した人生物語

から醜さ美しさで比喩されてる属性は、例えば小学生の頃は認められず虐められた個性が、大人になってみたら実は人より優れた特性だった。

自分自分が認められなくて死にたくなっても、その個性は周りより優れたものかもしれない、生きていれば幸せになれる可能性もあるって物語

以外コピペ

https://honcierge.jp/articles/shelf_story/6974

アンデルセンの初期の作品は、主人公が亡くなってしまう結末のものが多く、これは「貧しい者は死ぬ以外に幸せを掴めない、その事実社会は見て見ぬふりをしている」という彼自身の訴えを重ねていたと考えられています。「みにくいアヒルの子」は、そんなアンデルセン創作した作品のなかでも彼の人生のものを表しているといわれる物語です。

アヒルの親のもとに生まれた黒い雛は、容姿のみにくさからいじめを受け、死を覚悟しますが、最終的には自分白鳥だと気付いて幸せに暮らすことができました。

アンデルセンは、自身みにくいアヒルの子を重ね合わせ、どんな人でも、生きていれば幸せになる可能性があることを伝えたかったのかもしれません。

2019-11-24

母親麻雀とかソリティアやったりしてるの見ると寂しい気持ちになる

スマホアプリなんだけどさ、割と娯楽に対して厳格な母親で、バラエティ見てるとすぐに「ニュースにして!」ってタイプだったんだが……

なんか俺の知ってる母親は何処へ……という感情と、少年時代に何回もゲームを隠されたり捨てられかけた俺自身インナーチャイルド鬱屈

2019-11-12

事故をおこした親に1ヶ月分の生活費を渡したら

ワイ、地方に住んでる40歳オッサン

親は70手前の婆さんだ。ちなみに離婚していて父親は顔も覚えていない。

チョイと前に母親事故を起こした。

単純な前方不注意で、ほぼブレーキを踏まずに赤信号停止中の車に突っ込んだと警察官に聞いた。

幸いな事に突っ込まれた車に乗っていた人はケガ無し。最近の車は60キロノーブレーキで突っ込まれても無傷なんだなスゲー。

上乗せ保険には入っていたから、相手の車は保険でなんとかなる。

まぁ事故は不幸だが、変にこじれたりせず不幸中の幸いであった。

母は命に別状無しだが、首の骨と脊椎の間辺りにある骨にヒビが入ったとかで、障害は無いが1ヶ月ほど仕事ができなくなった。

まぁこちらも死なず障害も残らないなら不幸中の幸いと言えるだろう。

ここで俺の母親説明をさせて欲しい。

ウチの母親は70手前にもなって警備員をしている。

というのも、自業自得貧乏なのだ

趣味パチンコ

父親からもらった慰謝料や俺の養育費児童扶養手当、親戚から俺宛のお年玉や小遣いまでつぎ込むようなクズだ。

金が無くなれば、サラ金から借りる。借りられなくなれば俺が近所の誰かを自転車で轢いた事にして、その慰謝料必要からと親戚に借りに行く。

もちろんウソはバレて、親戚中で鼻つまみ者になった。

まぁそんな奴だ。

そういう親なので、俺も肉親の情などカケラも無い・・・と思っていた。

死ぬなら野垂れ死ね自業自得だろと。

そもそも俺が極貧の少年時代を送ったのは100%親の責任だ。そこから這い上がるのにどれだけ苦労した事か。恨みこそあれ恩など無いとね。

しかしそうではなかったらしい。

警察から電話がかかってきて、親だから病院まで来いと言われ、病院では親だからサインして金払えと言われ、仕方なしに手続きをして金を払った。

入院は1日で終わりすぐに帰宅した様子だったが、事故で1ヶ月働けないとなれば、ダイレクトに生きていけなくなる。

共産党員のようにスピーディに生活保護に入れるテクニックなど俺には無い。そもそもからもらった持ち家に住んでいるのですぐに生活保護など出ない。

どうにもならねーよな・・・ほっといたら死ぬ・・・と思い

ふとした気の迷いで、1ヶ月分の生活費と目する10万円をくれてやった。

もったいねーな、でも出しちまったもんは仕方ねーな、万が一にも月1万ずつくらい返してこねーかな?などと思って日々の仕事をしつつ暮らしていた所に、母親から連絡が来るんだわ。

金を返すつもりかな?と思い電話に出ると

いわく、100万寄越せと。

意味がわかるだろうか?

命を救う10万を出した俺に、追加で100万出せと言ってきたのだ。


言い分を整理するとこういう事らしい。

1 私には借金が有り、日々の仕事で何とか返していた。

2 10万で生活は出来ても借金が返せない。

3 借金が返せない事により一括返済を求められている。このままでは家が無くなる

4 ついてはお前から100万円貰って借金を返したいので寄越せ。

5 助けるなら最後まで助けろ。

何を言ってるのかわからねーと思うが、おれも何を言われたのかわからなかった(ポルナレフ状態)

自慢ではないが、100万が払えないわけではない。俺は地方で小さな会社経営していて独身だ。

無茶苦茶儲かっているわけでは無いが、家族もおらず金の使いみちが無いのである程度は持っている。

払おうと思えば何の支障も無く払える金額ではある。

しかしだ。仏心を出して10万くれてやった俺に対して、追加で100万寄越せというのはどんなロジックだ?

普通は困った時に出してくれてありがとうと、金を返しに来るもんだろ?

当然のように断り着信拒否設定。次は何が有っても一切助けないと決意した。

そして仕事がヒマな時に少し考えてみたんだ。

母親底辺中の底辺生活をしていただろう。

警備員で1日数千円の日給を得て、給料日には借金返済と各種支払いを済ませ、余った金でパチンコをするような生活だ。

そんな生活をしていて事故を起こした。もう終わりだ絶望だ。

そう思った時に10万という金が息子から転がり込んだ。


もしかして私は、息子に親という権力行使できるのではないか

アイツは社長などやっているか100万くらい持っているだろう。

偉大なる親であるワタクシに金を出して当然ではないのか?奴は何も言わなくても私に10万を貢いできたのだ。


要はこういう事ではないか

俺は金を出す事によって、母親勘違いをさせてしまったのではないか?と考えた。

正味な話、言い方を変えれば出した可能性は有る。

事故を起こして迷惑をかけた。生活費助かったありがとう。心を入れ替えて暮らそうと思う。ついてはお前の会社トイレ掃除でもいいから雇ってくれないか借金もコツコツ返そうと思う」

などと言われれば、じゃあ100万くらい返してやるよと言ったかもしれん。

この性格で今まで数百万損してるが、大人が下げる頭にはそのくらいの価値が有っていいと思うんだ。

しかしな、上から金を出せと言われて理解できるほど聖人ではない。

可能性が無いわけではなかったが、そうはならなかった。

話は終わったのだが、消化は出来ていない。

世の中は理不尽意味不明であふれているな。

追記

2年前の増田を覚えてる人に初ブコメでバレた。

ご指摘の通り6000万を使い切った婆さんの話です。

ディティールボカしたのに正解されてビックリだ。

家を売ったらいいと思うでしょ?10万渡す時に中に入ったけどそりゃひどいもんだったよ

中はゴミ屋敷初期。辛うじてゴミ出しはしているがプラスチック衣装ケースと安物のカラーボックスがそこら中に重ねられていた。

意気揚々と買ったそれなりに高級な家具家電は一度も拭き掃除されていなくて、ホコリとヤニで汚れていた。

爺さんの遺影と位牌がホコリだらけヤニまみれだったのが一番気に食わなかったな。

家の立地は悪くないが更地渡しじゃなきゃ売れないような状態引っ越し代も無いから、買取業者に叩かれる以外の選択肢が無い。

更地ゴミ処理代引いて引っ越しして借金返したら終わりくらいだろうな。

まぁ俺には関係無い話だ。もう頭下げても何も聞くつもりは無いからね。

2019-11-06

anond:20191106010022

からジャンプ漫画王道少年活躍して女の子は支えてくれたり守る対象からな。

基本的には女の立場は下という概念少年時代に刷り込まれるということは、わからんでもない。

セクハラジャンプ以外のテレビとかAVとかで覚えるんじゃないかな。

実際多少強引に押しても喜ぶ女も多いし(事前の見極め大事)。


とはいえもっと具体的な例を出せやと思う。

ふわっと思いつきばっか喋ってないで、毎週指摘しろやってな。

何年も前とか極端な例だけ持ち出されても、はぁ?って感じ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん