「スプレー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スプレーとは

2019-04-22

anond:20190422190158

くさ!!!大声出さないでください!!!!!

だれかーーー!!!消毒スプレーもってきてーーーー!!

2019-04-19

デオドランスプレーCMにだまされないで

女性の皆様、ワキのにおいなんか気にしないで、ワキ出ししてぷんぷんさせてください。

においフェチの人もいるのです!

2019-04-05

anond:20190405174804

だよな

加害者側がかぶっても見えない位置で悪さしてるだろとしかならない

逆に被害者側はカメラ加害者が映らずともカメラが急につぶされればその瞬間にぷつっと消えていていいはずだし

袋をかぶされたりスプレーされたらその瞬間が転送されるはず

被害照明用には極めて有用からドラレコが普及した

2019-03-26

職場ババアノートPCに直接洗剤スプレーしてたんだけど

こういう老害が「何もしてないのに壊れた」って被害者ヅラしてサポートに持ってくるんだよな

2019-03-22

トイレからカビの臭いがするな?と不思議に思ってたらウォッシュレットのノズルが原因だった。

開けてびっくりノズルから収納部まで黒カビまみれ。

こんなのお尻に噴射したらお尻の穴が爛れてしまう。

Amazonでノズル掃除スプレー買って掃除したよ…カビ臭さは減って、ノズル噴出部の汚れは取れたんだけど収納部のカビは取りきれて無いんだわ。

分解掃除とか出来ないもんかな?

こんなの見たら外でも家でももウォッシュレット使えない………

2019-03-20

同僚の潔癖症おばさん

同僚にとんでもない潔癖症女性がいる。

他人が一回でも触った資料を触ったら必ず除菌ウェットティッシュで手を拭いている。

自分の机には清潔なものしか置かないゾーンと不潔なものゾーンがあるらしく、清潔ゾーン女性が離席時などに他の社員資料を置いたりすると大変である女性は帰ってくるとすぐにその資料を不潔ゾーンに置き直し、清潔ゾーン除菌スプレーで濡らしたティッシュで丹念に拭き上げる。

にも関わらず、自分が鼻をかんだ後の手はそのままなのだから潔癖症というかただ単に他人=不潔、なんでしょうね。

こんな人と仲良くなろうなんて思えない。てか他人と暮らせないでしょ。一生独身だろうな。

2019-03-19

花粉症で苦しんでる人ら

僕は花粉症ではないが症状が出ている人は見てるだけで辛そうだ。

どの人も鼻を赤くし顔つきがボーッとしている。

ところで花粉症患者とよくこんな会話になることがある。

「だいぶ辛そうですね。病院とか行ってるんですか?」

「いや、行ってない」

は?一体どういうつもりなんだ?

そう言われれば、シーズンが始まる前からばっちり対策してるって人を見たことがない。

食後には必ず薬を飲んで定期的に点鼻薬をさしてさらマスクで完全防備て人を見たことがない。

その他、効果のほどはしらないが、花粉防止メガネスプレーなんてのも売ってるけど使ってる人を見たことがない。

少なくとも僕の周りでは。

皆なんであんなに苦しむくせに入念に対策しないんだ?結局花粉症ってそんなに辛くないのか?

2019-03-08

anond:20190308124904

ティッシュ消費もやばいから切実に減らしたい ていうか鼻かみすぎて鼻の下めっちゃいたい

スプレー検討しまありがとう!!

anond:20190308124632

スプレー買ったよ。次の日にはティッシュ使用率が減った気がする。

花粉症デビューしたばかりだから参考にならないかも。ごめんね。

花粉VS私

当方重めの花粉症病院で処方してもらった薬+マスクでやっと鼻づまりくしゃみから解放されるんだけど、マスクが嫌いだからできればマスクなしで過ごしたい…

そこで、IHADAとかの花粉対策スプレーみたいなの使おうかと思ったんだけど、あれって実際どうですか?

スプレーだけじゃなくて、鼻周りに塗るやつとかも、使ったことある方いたらどんな感じかおしえてほしいです…

2019-03-07

私が虫を殺せなくなったきっかけの話。

うだるような暑さの、盆の夜である

駅中にあるバイト先のパン屋は、帰省ラッシュの異常な忙しさの一日を終えようとしていた。

列車時間に合わせてお客は押し寄せては退いてを繰り返し、気が付いたら私は閉店作業掃除をしていた。

とにかく疲れた

早く帰りたいのに頭が働かない。

手だけは動かし、イートイン席のテーブルを拭いているが、もはや世界自分境界が分からず、

それは眠りにつく直前のようだった。

私はぼんやりしたままゴム手袋を着け、床掃除に取り掛かる。

別のスタッフが掃き掃除を終えた床に向かって「50倍液」と書かれたスプレーを吹きかけ、雑巾で磨く。

この50倍液は、強力な洗剤を水で50倍に薄めたもので、汚れを削るように落とす代物である

その原液を直に触ると手がボロボロになってしまうらしい。

50倍に薄めたこの液でさえ素手で触らせたくないかゴム手袋は必ず着けてね、と教わった当時、店長が言っていた。

押し寄せては退いていく今日のお客の事を考えながら、汚れた箇所にスプレーしては磨くを機械のように繰り返していた。

ふと少し先を見ると、1センチくらいの黒い汚れがあった。

チョコの欠片が落ちていると思ったが、それは虫だった。

ちまちまと歩きながら私を横切っていく姿をしばらく見ていた。

少し遠くで、他のスタッフが閉店作業をしている音が聞こえる。

私は手に持っていたスプレーを、虫に向かって吹き付けた。

50倍液を浴びた虫は急ぎ足で逃げていく。

また私は虫に向かって吹き付ける。

逃げていく虫を追いかけては吹き付ける。

何も考えてはいない。押し寄せては退いていくお客達の事以外は。

やがて虫が動かなくなるまで、私の手は止まらなかった。

洗剤で溺れ死んだのか、洗剤による成分で死んだのか、さっきまでよりも小さくなった虫を見て、私はゆっくりと立ち上がった。

振り返ると、50倍液で出来た長い道が出来ていた。

虫が生きようとした道である

ここで私は言い難い後悔に襲われ、虫を箒でチリトリに入れた。

ガコンというチリトリの蓋が大きく響く。

私は50倍液を急いで拭き取った。

昔、家の中に現れた蜂に殺虫剤を吹きかけ、殺したはずだったのに、数時間後に飛び回っているのを見た事がある。

当時の私は再び殺虫剤を掴み、構えたのだが、

それは幻覚だったのか、羽音もなく一瞬でいなくなってしまったのだった。

「いやー、お疲れ」

声をかけてきたのは、同じバイトの一つ年上の男子大学生だ。

最近レジ締めを任され、慣れない作業をした為かかなり疲れたらしい。

しばらく彼と話しながらも私は考える。

チリトリの中にいる虫は、

ゴミに埋もれながら傷を癒して、数時間後にまた動き出すのだろうか。

そうなる前にゴミ箱に投げ込まれるのだろうか。

いや、もう死んでいるはずなのだ

私が殺したのだ。

終業の挨拶のために、ホール従業員が集まってきた。

「あ、行こうか」

と言う彼と一緒にホールへ向かう。

そのとき、床に1センチより小さい黒い汚れが見えた。

「あ」

先に歩く彼が何も知らずにそれを踏んだ瞬間、私は肩をびくっと震わせ、

そして深いところにまで突き落とされた気分になった。

何とも言えない最悪の気分で、私は従業員の輪に入る。

こんな気持ちは二度とごめんだった。

最後に見たあの小さな汚れは何だったのか分からないが、ずっと私は深いところから戻れずにいる。

うだるような暑さの、盆の夜である

2019-02-25

anond:20190225163325

その口ぶりだけでも制汗スプレー使ったことないのがよくわかるわ

毛がモジャモジャのところに使っても意味がないのは小学校卒業してたら分かるはずなんだがなあ

anond:20190225162300

お前は慣れてるから剃らなくてもいいと思ってるんだろうが

こっちは臭いんだよ頼むから剃ってスプレーするか部屋から出るな

2019-02-24

被害者が加害者になってしまう負の連鎖

加害者家族に対する加害者」にならないために。

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RJAOGKH5VDX9/

正義のための暴力には、快感が伴う。

かつてそのような話を聞いたことがある。

からこそ、戦争時などの非常時には、ヒトは凄惨な行動を取れてしまうのだと。

本書が描き出すように、現代日本社会には「自身の属する集団が悪と規定するもの」への過剰な暴力があふれている。

 

私自身は、幸いにもこれまでの人生で身内や親しい友人が加害者として後ろ指指されるような経験をしてきたわけではないが、本書に描かれるような、加害者家族の自宅、勤務先、友人関係までも洗いざらしインターネット上で情報公開し、無関係他人加害者家族に対し、手紙電話、自宅壁への落書きなどで誹謗中傷を行うという過剰な加害者家族叩きには寒気を覚える。

 

連続幼女殺害事件加害者、宮﨑勉の周囲では、加害者姉妹のうち一人は勤務先を退職し、婚約を解消。

もう一人は看護学校退職し、看護師への途をあきらめた。

いとこの二人が公務員勤務していることが週刊誌暴露され、退職に追い込まれた。

叔父のうち2人も役員の座を退任し、別の一人は子供の姓を変えるため離婚した。

そうしたことが続く中、加害者の父は自殺に至っている。

他のケースでも、加害者家族心中に追い込まれたケースは珍しくないという。

 

加害者の周囲の人間は、そこまで責めを負うべき存在なのか?

どれだけのケースで、「犯罪行為に手を染める自分家族」を完全に止めることができるのだろう?

また、自分の両親のうちいずれかと全く同じ仕事をして、同じ生活を送り、同じ人生観を抱くもの果たしてどのくらいいるのだろうか?

辺見陽は加害者の罪に対して父親が申し開きをしなければいけない現状を下記のように憂いている。

「これは、だれがさせていることなのか。世間の声を受けたマスコミ家族やらせている。世間に強いられて家族がやらされている。これはこの国に特有現象です・・・。私は危惧を禁じえません」

 

近年の日本における総犯罪件数は250万件を超えるという。

それだけ、自分加害者家族となりえるケースも多く、言わずもがな自分が「加害者家族の隣人」となりうるケースも多いということ。

そのときに、自分加害者家族に対する加害者にならぬよう、気を付けなければいけないと改めて考えさせられた。

 

現在は、インターネット上の個人書き込みに対しても、不確実なまま虚偽に発信した情報については、雑誌などの印刷物におけるのと同じように名誉棄損罪などが適用される最高裁判例があるとのことで、少しでもそうしたものが減るように願う。

 

anond:20190224214310

女の目は厳しいぞ。身だしなみに関しては基本的には減点方式感性らしいから、上記のことが全部ちゃんとできてて当たり前。一方キモオタは身だしなみに関しては非常に自分に甘いヤツばかりだ。(だからキモい

おお、あと一つ忘れてた。におい。コロン付けなくてもいいから、制汗スプレーくらいは使え。あと、服にニオイも非常に大事。何日も同じ服を着ていると匂うようになる。女の嗅覚は鋭い。だから、目に見える汚れが無いからといって油断しちゃいかん。

以上、これらのうちの一点だけおろそかにしただけでも嫌われたりする。


まあ、こんなこと当たり前すぎて、普通の社交生活を送ってる男からバカにされるような話なんだがな。「そんな当たり前の話を今更ww」とかな。

2019-02-13

28歳女なんだけど、髪質がヤバくなってきた

26歳ごろから髪の毛がごわつき始めた。

枝毛の1本もない、サラサラストレート

髪の毛が絡まることなんて全然なかった。

でも、27歳になってから変わった。

髪の毛を乾かしたら髪の毛がごわついている。

後頭部らへんで髪の毛が絡まる。

毛が根元からじゃなく、途中から切れていることがある。

一度、美容室問題のありそうなところをカットしてもらってよくなっていた。

リートメントもやったし、髪質を良くするスプレーみたいなのもやって、ビタミン栄養サプリなども飲んでる。

でも再発した。なんでだ?

考えたら、最近手もカサカサしている。もう歳なの?

ハンドクリームをこまめに塗っているが、大して変わらない。

「髪質を良くする方法(絡まない、痛んでない髪へ)」と「手がカサカサなのの対応方法」を教えて欲しい。

2019-02-07

anond:20190207135140

水道水で浴びるように洗って、オイルで保湿しても上手くいかない。

水泳好きだけど、泳ぐと皮ベロベロになりやすいから、多分水道水でやられてる感はある。水道水使ったあとは浴びるようにやっすい化粧水スプレーすると浮腫みも突っ張り感もヒリつきも取れる。そのあと精製ラノリンでやっと炎症気味の肌が治る。スキンケア以前に水道水や乾いた空気で炎症起こしやすい人巻き込んだような雑なアドバイス増田の話鵜呑みにするより自分の肌が刺激を感じないようにしていく方が何倍もよくなる。ワセリンは痒くなるし、水道水のあとにプレ化粧水スプレーしないと保湿だろうと日焼けどめだろうと塗って刺激感じて翌日には赤い斑点が目立ち始め、最悪軟膏よ。責任とれんのかと。

anond:20190207173529

久しぶりに皮膚科行ったらヒルドイドがクリームとローションとオイルスプレータイプとあってびっくりした

どれがいい?って医者に言われて笑ってしまった

けどやはりヒルドイドはい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん