「演技力」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 演技力とは

2018-02-18

ああまたこの時期が来た

フィギュアフィギュア本当にうざい

熱狂的なファンうんざりすることは良くあるけど、フィギュア特に不快指数が高い

普段フィギュアのフィの字も言い出さないTLもご覧のありさまだ

演技力みたいなガッバガバな得点形式のくせにスポーツづらしてるのがうざい

歴代高得点!!!ってそんなんその時の審判の匙加減じゃんあほくさ

あ、すっごい運動量だってことなバレエとかダンスだってそうでしょ?

やるならスポーツじゃなくて「コンテスト」じゃないの

素人演技力言及しだすのも最高にうざい

お前ら年一で湧いてきやがってセミか

政治がやけに絡みがちなのもうざい

別に右でも左でもねえけど極力そういう話は聞きたくねえんだよ

あああああうざい。フィギュア早く廃れないかな。

日本スケートリンクどんどん減ってるんだって?いいニュースだ。

増田護身術講座:第1回「目潰し」

社畜の育成が目的義務教育では、サバイバル必要知識は学べません。(使い捨ての駒には不要

 

目つぶし

  • 距離:目に指を入れる。
  • 距離:目(顔)に唾を吐く。
  • 遠距離:砂があれば拾い、目(顔)に投げる。

 

事前準備が不要の目潰しは便利ですが、催涙スプレーや熊避けスプレー携帯お勧めです。 

 

失明

  • 指を入れるときは、眼球を抉り出す、破裂させると失明する。
  • 指を入れただけでは失明しない。(眼底出血等で1ヶ月ほど視力が低下するだけ)

 

誤認逮捕対策

演技力重要

うまい嘘の付き方はサイコパスを見本にしましょう。

嘘をついて相手を欺く能力演技力次第で遺族を丸め込むことができます劇団で芝居を練習すると嘘が上達します。(なるべく嘘はつかない方が良いですけどね)

申し訳ないことをした』『(亡くなったAさんが)毎晩夢に出てくる』っていって、とても反省してるといっているって聞いたよ。彼はそんなに芯から悪い人間じゃないと思いますよ。

ワルはワルなんだけども、筋は通っている。警察検事供述書類を見ても、きっちりと事件のことを振り返って正直に話している。他の暴行犯の証言と比べてもあの男だけは正直だった。素直な感想もいっていたしね。

 

護身術

お金時間があって護身術を習う場合、「クラヴ・マガ」というイスラエル軍で開発された護身術お勧めいたします。

 

自分の身は自分で守る」

最後に頼れるのは自分

今日から皆さんも目つぶしを練習して、痴漢撃退し、安全快適な生活をお送りください。 Let's thumbing!

 

anond:20180218162335

2018-02-11

「もうおじさん(もしくはおばさん)だからさ〜」と言われてどう返せ

そもそもこの問いに答えなどあるのだろうか

順当にいけば「老い」は誰もが通る道だけれど、この自虐は言わずはいけないもの

選択肢として肯定はまず除外する

ということで否定沈黙の二択になる

否定はかなりの演技力と変な間を挟まない瞬発力が必要とされる

これは個人的に無理だ

残る選択肢は一つ、沈黙するのみである

自然話題が流れてくれるのを待つの

しか沈黙肯定ととる人も少なくない

いや、どうすればいいんだよっていう

2018-02-10

anond:20180210132938

特殊でも何でもない

医者であろうとブサメンはカネ目当てが露骨な女しか寄ってこない

演技力すらない女しか自分のところに来ないか当人が不満げなんだ

前科がある少年Aはご結婚されてるのにな

2018-02-09

anond:20180207185814

勉強になりました。

事務所とかの売り出し方が曖昧なのが原因とはいえ、

ガチ恋勢がお金を落とすのは事実だし、運営側も頭抱えてそう……

ガチ恋勢が居なくなるのが理想だけど必要悪なのかなー。

良くなる方向性が分からない。

人気の若手俳優結婚ラッシュ!とかなれば、ガチ恋勢も減るかなー、とか思ったけど、

私もチャンスある!とか変な勘違いしそうだし。

ういういざこざが面倒で俳優辞める人とか出そうだし、演技力だけで勝負できる世界になって欲しい。

2018-02-07

実写で日常系そもそもできるのか?問題

anond:20180205200735

 

ブコメで色々上がってるけど、何か日常系って感じじゃないな

登場人物日常些細な出来事を楽しむってならあるだろうけど

最近アニメ日常系はもうちょっと違う感じしない?

 

一つは癒やし

リアルだったらちょっと照れくさい展開とか

リアルだったらちょっとテンション高すぎるとか

そういう間隙を、声優演出が上手く映像に落として成り立ってると思う

あれを役者がやるには相当の演技力必要になる

ちょっとトーンを間違うと一気に臭さが噴出する(実写化で多い)

動かないでモノローグだけとかもある

気づくかどうかの微妙な表情の変化とか

 

あとは間の取り方

間が壊れるだけで全然おもしろくなくなるような繊細な作品が多い

あれよくアニメに出来てるなあと最近感心してるんだけど

ああ言うのをドラマコントロールするの中々難しくない?

アニメ業界だって最近ようやくちゃんとできるようになってきたと思う

以前は漫画絶妙な間をぶち壊してるアニメが多かった

 

数少ない成功例が孤独のグルメかな

絶対できないわけではないと思うんだけどね

予算降りないし、担い手が中々

anond:20180206221002

さらっと小さなことのように書いて歩けど構造主義説明ができないのが全部じゃん

大学でやったと書いたのに聞かれて説明できないとか相手からすればバカにしてるのかと思うだろ誰だって

どこからどう説明するか含めて面接対策常識的にやるべきだし

からないならテーマで選んだだけで結局分からなかったと正直に言うか徹底的に演技力を100パーセント発揮して誤魔化すかの2択じゃん

どっちでもなくて要領を得ない結果は面接官をバカにしてるよ

2018-01-09

anond:20180108223318

なるほど、その前提条件を加味すると繋がる文章になるか。しかしその暗黙の条件はわかりにくい…。

ただ、映画ストーリー性をあまり重要視しない人が、アイドル声優ルックスよりも演技力本質とする発想に若干のねじれを感じるような…。

直接関連するわけではないのだけどなんとなく。個人の感想です。よければ元増田の反応も求む。

2018-01-08

anond:20180108203524

元増田じゃないけど。

そこは話がビジュアルについてじゃなくて一般化されてるんだと思う。


暗黙の前提として「アイドル声優の良し悪しは演技力で決まる」というのがあって

よって「アイドル声優の良し悪しをルックス評価する人々」は「本質とは別の部分を求める人々」ということになる。

なので

【A】アイドル声優の良し悪しはルックスで決まると思ってる人種同類か?

  • 本質とは別の部分を求める人々」と同類か?

【B】自分じゃ全く正反対だと思っているのだろう

  • 自分は「本質とは別の部分を求める人々」とは正反対だと思っているのだろう

【C】俺から見りゃ全く一緒だね

という論理展開なんだと思う。

anond:20180108115738

映画についての楽しみ方は様々なので特に文句ないんだけど、声優の例えだけよくわかんないので解説して。


【A】アイドル声優の良し悪しはルックスで決まると思ってる人種同類か?

【B】自分じゃ全く正反対だと思っているのだろう

【C】俺から見りゃ全く一緒だね




【B】→【C】は繋がる気がするのけど【A】→【B】がつながらない。

アイドル声優の良し悪しはルックスで決まると思ってる人種ではなくて、演技力で決まると思ってる人種か?」【A】はこういうことかな?

なんか論理展開が繋がらなくて気持ち悪いので、もし誤字とかだったら修正して。

映画ストーリーを求めるやつは小説を読め

映画レビューで「映像は素晴らしかったがストーリーが」とか「最高の感動ストーリー」とか「人生の学びが」とかを見るとコイツら頭おかしいだなと確信する。

映画に求められるのはいだって映像凄さだよ。

火薬を沢山使っていることやCGバリバリであることだ。

アバターに対して要約したら「最新技術を使っていることは凄いがそのためだけに雑な舞台設定をしていて映画界の未来絶望すらした」となるようなレビューをしてる奴が10人に1人ぐらいいたけど、ああい人種は何しに映画館に来てるんだろうか。

映画なんてのは最新映像技術博覧会で何の問題もないんだよ。

あれか?アイドル声優の良し悪しは演技力じゃなくてルックスで決まると熱弁して年何十回もサイリウム振り回してるような人種同類か?自分じゃ全く正反対だと思っているんだろうが、俺から見りゃ全く一緒だね。ペッ

2018-01-06

黒人役をやるなら黒人を連れて来いって

アメリカとかならいいんだろうけど、

流石に日本だと現実問題として無理だろ。

現在日本役者として活動してる黒人がどれくらいいるのか知らないけどそんなに多くないだろ。

そうなると、演技力無視してでも

黒人から役に割り当てる」って事が起こるじゃん?

それって、黒人から優遇されてるって事にならないか

優遇はオッケーだけど、冷遇ダメってわけじゃないって女性差別問題でさんざん言ってたよね?

当然「黒人役は黒人しかできない」なら「白人役は白人が」「日本人役は日本人が」「鷲鼻役は鷲鼻が」ってなる。

演劇って何?

キング牧師言葉に感動して役をやりたい」って感じた(黒人ではない)人は「君は黒人じゃないかキング牧師の役は出来ない」って言われるんだよね?

これが「肌の色で差別されない」世界なんだろうな

2018-01-04

推し距離を置く、という話

ただのオタク独り言というか愚痴です。

タイトルにもある通り、今日推し距離を置く。勝手距離置いてろだとかまず距離が近いも遠いもねえだろって感じだろうけどそこら辺はスルーしてほしい。

まずなんで担降りではなく距離を置く、という表現をしたかについて。正直な話まだそこまで決心がついていないというのが大きい。私の中で担降り=お金をかけなくなる、という考えがありまだそこまでには達していなくて、今後も成長を見ていたいからだ。あとまだまだ推しのことがベロベロに好きで目どころか口に余裕で入れられるくらい可愛いとか思ってるので…

そして本題

なんでそんなベロベロに好きな子から離れようと思ったか推しへのアンチ発言を目にするのがとてつもなく辛いかである。2、3年前はあまり目にしなかったがある時を境に増えてきた。パブサをすればわんさか出るわいらす○ややセー○ームーンアイコン推しへのアンチ発言新人で売れていないにも関わらず存在するアンチスレぶっちゃけパブサをするのが怖い。

かに推しは嫌われやすタイプだとは思う。急にとんちんかんなことを言い出したり、トークでビシッと決めなきゃいけないところで決められなかったり、ファンサービスが過剰なところがあったり、新人ゆえ演技力があるとは言えなかったり。他にも理由はあるだろうが、ファンであるからすると別にいいじゃん!そういうとこも含めて愛おしいんだよこっちは!っていう感じなのでよくわからない。

パブサをしてアンチ発言を見るのが怖いのも距離を置く理由だが、アンチ発言を見ると数時間活動不可能なくらい体調崩してしまうのももう一つの理由だ。私はメンタルティッシュと同レベル(友人談)なくらい弱く、昨年は推しへのアンチ発言を見すぎてしまったりリアルがなにも上手いこといかなかったりしてうつ病になり、今でも向精神薬を飲んでないとやってられない時がある。イェーイメンヘラです。

そういったこともあり自分より推し、ではなく推しより自分生活にしていこうと決めた次第である

さっきも言ったけど推しは今でも大大大大好きでこれからも健やかに育っていってほしいと思っている。あと今年はアニメレギュラー増えるといいなあ、だったり朗読もっとやってくんねえかなとかも思っているけど、嫌いじゃないけど、一旦距離を置かせてほしい。そしていつかわからないしそうなるかもわからないけど、私がアンチにも寛容な大人になったら諸手を挙げて応援していきたい。

〜ここからただの愚痴

キモオタクソポエムで締めたところで蛇足。ここでは推しをAくん、他メンをBくんCくんとする。

あのさあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜不仲説とかあるけどさあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜そういうのやめな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い?????????

推しことAくんは(主にAアンチから)Bくんとの不仲説がある。まあ大抵はBくんからAくんの話題が出ないから(別にそんなことはない)だとかAくんが喋ってる時Bくんが嫌そうな顔していたから(別にそんなことはない)だとか今時女子高生でも言わないようなことが理由だそうだ。へえ〜〜〜〜!!!

あとあまり関係ないがAくんとCくんの不仲説も唱えてるオタクもいてびっくりした。AくんとCくん一緒にカラオケ行ってデュエットしたりすんのに…?嫌いな奴とデュエットなんてしたくないしまカラオケ一緒に行かなくない…?ていうかAくん嫌われすぎじゃない…?

大体人の好き嫌いなんて顔合わせる度露骨に舌打ちとか無視してない限り好きや嫌いを口に出さないとわからない、と個人的には思う。私自高校生の頃友人から「○○のこと嫌いなの」と聞かれたことがあるが、私はその○○のことを嫌いだとか口にしたこともない上別に嫌いでもなかったので驚いた記憶がある。

なにが言いたいかというと

はっきりと言葉や態度に出されてないのに不仲説とかほざくのやめろ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

自分が嫌いだからって推しも嫌いだと思うな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

以上になります

声優演技力はクソアニメ判断すべき

名作アニメじゃ演出力などでバイアスがかかる。

作画微妙なクソアニメでこそ純粋演技力を試される。

去年だと王様ゲーム宮野真守は圧倒的でトップ声優なのも納得の存在感で、堀江由衣の狂いっぷりも中々楽しませてくれた。

そんな歴戦の兵の中で若手の木戸衣吹は痛さが伝わってくるような迫真の演技で「本当に実力は凄くあるんだけどなあ実力は」と再確認できた。

ついでにサーバル尾崎サーバルだった。

2018-01-02

芦田愛菜ってなぜ流行ったの?

芦田愛菜さんはたしかかわいいんだけど、なぜここまで流行ったの?

同じくハリウッド映画にも出演した大後寿々花さん。あと、美山加恋さんとか、かわいくて演技がうまい子役」と呼ばれる役者さんはたくさんいた。

でも芦田愛菜さんほどテレビに追いかけ回されていたかな?って思う。

正直、演技力芦田愛菜さんより先にあげた2人のほうが上に思えるし、かわいさはみんなそれぞれに違った可愛らしさがあるし…。

なにが違ったのかな?って思う。

時代

事務所

それともなにか今までの子役とは違う魅力が彼女にはあるの?

ちなみに芦田愛菜さんを否定してるわけではないので、そこだけはわかってほしい。

ただ純粋に疑問に思った。

かわいくて頭が良くて人気者で…もちろんそれが羨ましい妬ましいってきもちもあるけどwww

2017-12-31

大晦日自分を戒める。

どうも私は自分で思っている以上に騙されやすいらしい。

ダマされた番組を観ていて、ある芸能人が町ぐるみでダマされていたのだけど、単純に良い子だなあ…って感動してしまった。

自分にはもうない、心の綺麗さや人を信じると言う行為大人になってもわず、人のことで涙を流せるって、素敵な子だなあ。可愛いなあ。こういう子はこのまま生きていけたら良いのになあ…って思ってしまうのだ。

とても演技でやってるようには見えない。

それと同じでいつだったか芸能人の乗っているタクシー幽霊が現れたら…みたいな番組があって、幽霊について行ってもいいか聞かれた芸能人が、了承するシーンがあった。

どうして了承できるのか私は神経を疑った。幽霊について来られても除霊する力もないのに困るだろうって思った。

同時にやはり良い子だなあ。きっと心がピュアなんだろうなあ…と思っていた。

ところがその話をすると、ヤラセでしょ?と言われるのだ。

失礼な話、どちらも演技力があるようには見えないので、つい本当なんだと思っていたのだけど、テレビ番組なんだからヤラセ可能性はゼロではないのかもしれない。

もしヤラセだとしたら、それに気がつかずに信じている私こそがとんだ騙され易い人だと言うことになる。

こう言っては何だけれど、私は周囲の誰よりも疑い深い性格をしていて、なんとか商法とか押し売りの類だとか、勧誘だとかに引っ掛からないタイプだと自負していたのだ。

からと言うわけでもないけど、いまだにあれらがヤラセだとは思いきれずにいた。

けれどここに来て、やはり実は自分は騙され易い人なのかもしれないと思い始めている。

ある広告に惹かれて仕方ないのだ。

商品は売るためなら手段は選ばれないし、もっとキャッチーコピー宣伝されるものだ。

たまに失敗してるのもあるけど。

少なくとも努力なしで痩せる薬は麻薬だし、福袋素人アルバイトが詰めている。

もしくは在庫処理も兼ねていて、少しも福じゃないことが殆どだ。

宝くじ自分じゃない誰かが当たるものだし、占いは当たるも八卦当たらぬも八卦

値段と機能が見合うかどうかを吟味してあるかどうかもわからない物には手を出さないことだ。

自分に騙され易い要素があるかもしれないと気がついたのだから来年も堅実に行こう。

2017-12-30

2017年アニメ総括

私的メモ

ぶっちぎりトップ

なかなか良かった

1話単位でとても良かった

クソアニメも多かったが良作もそれなりに。まあまあ楽しめました。

2017-12-27

2.5次元ミュージカル出演者の末路

先日ラジオを聞いていて、衝撃的な特撮ソングを耳にしたので、

曲→番組→歌っている役者本人→共演者wikiまくった。

それで思い出したのは、2.5次元ミュージカルの元関係者(裏方)に聞いた、

「結局事務所の力がないと将来はない」という言葉

2.5次元ミュージカルはとにかく見た目がどれだけ寄せるかどうかが全てなので、

事務所の力とか、本人の演技力とかは二の次になる。

でもその後の命運を握るのは非情なことに所属先の大小、なのだそうだ。

その後の活躍率でいうと、特撮もかなり厳しい生存率じゃね?と思う。

ラジオゲストが、当時すごく人気があったと紹介されたり、

テレビドラマで知った人のwikipediaを見ていたら特撮出身と知って、ラジオ出ているのかなと調べたら出ていなかったり、

ああまあ辛い現実だな、と年の瀬にしみじみ思ったのです。

ところでそれよりも、あの曲のフルを聴きいてみたくて手が震えるので配信してください。

2017-12-21

anond:20171221150321

元増田だけど、確かに演技力がある」が何なのかってのは難しいとは思います自分もはっきりとはよくわかっていません。

ただ、やっぱり「このキャラはこの人の声あってのものだな」っていう演技は少なから存在していますし、それは声質の問題だけではないので、いい演技ってのはあると思います

追記:

自分で書いてて思ったけど、実際のところ他の方が演じてたらそれはそれでよくなっていたんだろうっていうのもまああります

「この人が演じてくれて良かった」って思えるような演技がいい演技で、それをコンスタントに出来る人が「演技力のある人」なのかな。

坂本真綾さんは式とかニノとかの演技が好きです。

声優の『演技がうまい』って結局なんなんだ?

声豚10周年目前だけど、最近は一周して「演技力のある声優」が好きだ

https://anond.hatelabo.jp/20171221143339

個人的感覚として、色んな声質の演技が出来るって事とイコールじゃないけど、そうだと思っている人が多い。山寺宏一さんは、その誤解を受け入れて現実化してしまったので、余計にそういう誤解をする人が多いのかも。

声質にすごく種類がある訳じゃなくても上手い人は上手いって理解されて欲しい。何が言いたいかというと坂本真綾は演技すげー上手いから!という事なんだけど(笑)

声豚10周年目前だけど、最近は一周して「演技力のある声優」が好きだ

※いわゆるベテランの方々についてはここでは取り扱いません。あくまで若手声優大好きな声豚の目線です。

声優+歌が上手い が人気の基準時代があり

さらに+で容姿が整っている が人気になるようになってきてたわけだけど

なんかもう「容姿」ってステータスはキリがないんですよ。

そりゃまあ可愛い娘がキャッキャしてるのを見るのは楽しいんだけど、さすがに供給過多っていうか、追いきれないっていうか。

彗星のごとく現れて1作品くらいメインやって主題歌PVで踊って、そして彗星のごとく消え

あとはソシャゲCV当ててリアルイベントで接近戦したりライブしたりしてるだけの娘を応援してても、

応援しがいがあるのかないのか。というか声優なのかアイドルなのかよくわからなくなってくるっていうか。

あと、昔は「あの人は声優なのに可愛い!」が売りだったのに(相当に失礼な物言いだが)

最近だともう「この娘可愛いから声優にしよう」みたいなビジネス戦略が見え透いてきているというか・・・

というかもう可愛くない娘のほうが珍しいってレベルでみんな可愛いんですよね。恐ろしい業界になったもんだ。

そしてふと気づくわけです。「演技力のある若手声優って貴重じゃね?」という矛盾しているかのような事実に。

というわけで種崎敦美さんと大地葉さんが最近マイブームです。

魔法使いの嫁は二クールから来期もやります。観てない方もまだ間に合います

大地葉さんはラジオカレーチャーハンがクソオタクラジオだけど演技コーナーは全力なのでオススメです。

あ、ノラととアニメよかったよね。

ノラとと2?あれは別人。シア姉√よかったです

あ、もしこの日記を見て気を悪くしてもお二人に対してネガティブ感情は抱かないでください。

2017-12-17

自信を作る方法

需要あるかなと思うので書いておく。

 

有名な台詞としては「根拠の無い自信を持て!」みたいなものがあったが、それは半分しか事実では無い、と、一応書いておこうかなと思った。

 

順に説明すると、「根拠の無い自信」というのは「ハッタリ」である訳だが、「ハッタリ」を使っていると、当然、「ハッタリを使うことが上手くなる(上達する)」訳である

 

では、「ハッタリを使うことが上手くなる(上達する)」ということはどういうことか?

一般的に言えば、「どこに嘘を混ぜるか」、「嘘の演出方法(=演技力)」のようなテクニックが上達するということだと思う。

(もちろん、個人によって他にも色々テクニックはあるだろうが)

 

では、「根拠の無い自信を持て!」のどこが間違いか

具体的には、「ハッタリの使い方が上手くなると、どこまでハッタリが通用するかある程度分かるようにもなってくる」ということであり、「どこまで嘘が通用するか」という自分確証は「根拠の無い自信」ではなくて、「根拠のある自信」ということになる。

 

まり、「根拠の無い自信を持つ」という方向性は、「(ハッタリに関して言えば)根拠のある自信を持てるようになる」と言える。

 

もう一つは、「ハッタリをかました後で、引くに引けない状態になり、とりあえずやってみたら上手く行った」というのも良くある成功者の話ではある。

これは、動機はともかく、やってみた結果が上手く行ったので、自信になった、という話であり、その成功体験が「根拠のある自信」に繋がったという話である

 

すでに混乱している人もいるかも知れないが、要するに何が言いたいのか?と言うと、戦い方というのは、「虚実入り混ぜる」訳だが、この場合、「虚」の部分しか語っていない、ということを言いたい。

 

では、語られていない「実」の方は何か?と言ったら、実際の「実力」であるという訳であり、「実力をどうつけるか?」という話になる。

そしてそれは、上でもう語っているように、「何回も使う(練習する)」という結論になる(上の場合は、「ハッタリが上手くなる」訳だが)。

 

例えば、イラスト(絵)でも良いと思う。

「とりあえず、顔だけならある程度似せて描けるようになったが、身体全体はまだ上手く描けない」。

 

別に増田でも良い。

「とりあえず、30ブクマまで安定して集められるようになった。しかしそれ以上は伸びない」。

 

あるジャンルであるレベルまで行ける、でもそれ以上は難しい、頭打ち感を感じたので、違うジャンルに行ってみたら、自分の予想以上に伸びた、という経験をした人もいるかも知れない。

 

というか、「自信」というのは、文字通り、「自分への信頼」である訳であって、「ここまでなら自分が上手くやれる可能性が高いと思われる自分なりの予測」の根拠だと思う。

から普段から自分との約束を守り、節制を守るような生活をしている人は自然に自信が出てくるだろうし、否定的な反応しか返ってこない場合には自分に自信が持てなくなる。

 

「どこまで上手く出来てどこから上手く行かないのか、何が壁になっているのか、伸びしろはあるのか」と考えていくと、例えば、「もうこれ以上、このジャンル(この仕事)を続けても意味が無いな」であるとか、「いや、まだあのやり方は試していないな」などが判断出来るようになる。

 

では、「あるジャンル努力してスキルを身につけても、別のジャンルに行ったら、そのスキル無駄になるのでは?」という疑問が出てくるかも知れないが、「努力をするスキル」は上達しているので、そこまで経験無駄になるのか?と言ったら、無駄にならないと思う。

逆に、あるジャンルで開眼して(壁を突破して)、「今なら、絵を上手く描けそうだ」と思って絵を描いたら、案外、上手く描けるかも知れない。

 

というか、学歴も、受験勉強は「努力をするスキル」を持っていないと出来ない訳で、それで企業側は判断している、とも言える。

まあ、AO入試などで、コネを使う等もあるかも知れないが、コネを使えるということは、ある程度の身分証明にもなる訳でもあり、それは私企業判断であるから例えブランド力が落ちようが自己責任という物である

ただ、「努力をするスキル」を手に入れないで良い身分を手に入れた人はプライドは高くても自信は持っていないだろうし、AI時代になったら生き残れるかは結構怪しい気もする。

2017-12-08

大〇しのぶのどこがいいのかわからない

精神やばいヒステリックババアの役が多すぎません?演技がワンパターン実年齢よりかなり若い役も多くて、役の年齢と見た目のギャップにびっくりする。無理がありすぎる。

まぁ、膨大な台詞を割りかしスラスラと言えるのは凄いと思う。圧倒される部分も勿論ある。

けれど、なんか薄っぺらいというか。声もスピード気持ち悪い。芝居を観てると、本当に気分が悪くなる。芝居で人を嫌いにさせるほど演技力があるって事なのかしら?

2017-12-05

実写・鋼の錬金術師を観た感想

12月2日鋼の錬金術師を観てきたので感想を残します。叩くようなレビューを期待されてる方には悪いですが、かなり好意的な内容です。

実写化という点で、はじめは私も食わず嫌いしてました。劇場に足を運んだのも、正直怖いもの見たさと特典欲しさです。つまらなくても特典がある!面白かったらその分得するから!みたいな気持ちで観に行きました。

面白かったです。超引き込まれました。

先にねたばれの無い範囲簡単に書くと、鑑賞前は原作と同様の流れの内容を想像していて、あの旅をどこまで描くんだろうと思ってたんですけど、原作の山場や重要な場面をすくいあげてそれらを繋ぐストーリーを生み出した感じでした。

そのために原作の改変部分は多かったですが、このストーリーを紡ぐ上で必要ものでしたし、なにより描かれるシーンにはハガレンへの愛を感じる演出があちこちに見られて楽しかったです。

原作をよく知る人ほど、このシーン、この演出…!っていうわくわく感が楽しめると思います(監督原作の大ファンとのことですが、どうやら本当ですね…)。

この作品について良くない意見をかなり目にするんですけど、これもしかして実写という表現を選んだばかりに酷評を受けてるのでは…もし同じ内容でアニメ作品だったらこんなに叩かれてないのでは…と思ってます(アニメ1期のときもそうでしたけど、原作と異なる展開をするお話に対して原作ファンは、反射的に否定的気持ちを持つことが少なくないように感じるので…)。でもハガレンに初めて触れる方にとってきっとアニメより実写の方が近寄りやすいですよね…!難しいところです…。

しかしながら初めての方にはちょっと展開が早いかなと思いました。理解が追いつかないというか、噛み砕けない部分があったのでは?映画の内容はどちらかというと原作を知っている方向けかなと思いました。

他にも人物バックグラウンドとかあの時間内で語りきれていない部分はかなりあるので、映画の前にでも後にでも、原作も読んでもらえると嬉しいな~。

いずれにせよ、原作世界とは異なる「IF」を覗くような気持ちで気楽に楽しんでほしいです。とりあえず観てほしい(そしてできれば肯定的意見を持つ方とわちゃわちゃ感想を言い合いたい)!

ちなみに私は原作読了していて、アニメは1期が大好きです。

これ以降にはねたばれを含む感想を書きますので、映画観賞前の方は観賞後にお読みください。


ストーリーについて】

多少気になる表現もあったんですけど(後述)脚本結構良いと思いました。ハガレン兄弟が体を取り戻す方法を探る物語なので、そのひとつキーアイテムである賢者の石ストーリーの軸に持ってこられたんだと思うんですけど、2時間ちょいであそこまで石関連のあれこれ描いてひとつの話として成立させてるのは、ま~これよく脚本書いたな~って思いました。ほんとこれ素直にすごくないですか。ただほんとに時間(尺)がないので物語は旅というか兄弟のめちゃくちゃ忙しい数日間みたいな印象を受けました。欲を言えばもうちょい兄弟の親しげなシーンとか欲しかったな~前後編にでもしないと本当に時間が厳しいですけどね…。

場面別に感じたことを挙げていくと、なんといってもキメラを完成させたタッカーをエドが追い詰めていく場面、間の取り方が完璧でしたよね!不気味なキメラと、真実を暴く台詞台詞絶妙な間、あの緊迫感はそう簡単に醸し出せるものではないです…感服…。

そして兄弟喧嘩の場面!これはもう…CG技術に関しての思いは後ほどまとめて書きますが、これほんと、エドが生身の左手で殴りましたよね!この演出で私はあっエドだ!そしてエルリック兄弟だ!ってぐいっと引き込まれました…!エドはこの状況なら絶対左手使うよね…!その後のアルの「痛いよ」も含めてあそこは本当に良いオリジナルシーンでした!ほんと監督ありがとうございます…!原作によっぽど愛情がないとこの発想できないですよ…!

あと捕まったエドホークアイが見張りにハッタリをかけ脱出するシーンも、あそこめちゃくちゃハガレンでしたね!本当にエドが考えそうな手段で観ていてニヤッとした…!

それからヒューズの死の直前にロイ電話が通じた演出も嬉しかった。原作ではあの時2人は言葉を交わすことができなかったので、会話の内容に関わらず本当にありがたいというか、ヒューズへの救いになっていると思います

あとウィンリィかばんにデンのマスコットがついてたの気づいた方いますか?あれテンションあがった!

否定的意見としては、シナリオの進行上仕方のないことなんですが、アルが自分記憶疑念を抱く流れで、キメラニーナを挟まないでほしかったな…という気持ちが残っています…かなり個人的気持ちですが、ニーナ最後にはアルの感情に余計なものがない状態(純粋ニーナアレキサンダーを悼む気持ち)であってほしかったので…。

それからかなり細かいところになりますが、ウィンリィに関して、兄弟の旅に同行するにあたって理由付けの台詞一言でもあれば良かったなとは思っています(私の聞き漏らしであればごめんなさい)。シナリオウィンリィ存在兄弟の仲直りでも重要役割を担ってるし、機械鎧は2度壊れたしで全体を通して必要なんですが、ただなにかはっきりとした理由があったらと…。

あと対エンヴィーのシーン、ロイの手元から炎がブオオーッと出てたのはちょっとクスッとしちゃった、火炎放射器みたいで…。

・“気になる表現”について

お母さんの錬成に対して幼少アルがあんまり乗り気じゃなさそうに描写されていたのが気になってたんですけど、あれはエド大佐に声を荒らげてまで(自分の体そっちのけで)アルの体を取り戻すことにこだわる要因として描写したのかなと思ってます自分が巻き込んだ結果アルがああなったから、と。

それからラストの「人として死ねるのね」って発言については、原作ホムンクルスであることに誇りを持っていたラスト発言としてかなり引っかかっていたんですけど、エドがお母さんの墓前で人体錬成を思いついた時、「人体錬成」ではなく「人造人間」って言葉を使っていましたよね、あくま仮定ですが、あの映画の中でのホムンクルスたちはお父様が作った存在ではなく人体錬成の結果生まれ存在なのかなと、それでラストのあの発言に繋がるのかなと思ってます(そういえばアニメ1期のラストも、人間として存在すること・人間として死ぬことを望んでましたね)。それから、石を抜き出されたラスト再生しなかったこからホムンクルスが石を核にして作られたわけではないと推測すると、この映画ではホムンクルスもつ石は生命維持装置のような位置付けなのかなと思っています。(この考えでいくと、将軍が作った人造人間たちは簡易版ホムンクルスということになるのか…?)

CG(VFX)について】

想像以上でしたね。まずアルフォンスですよ…!旧缶詰工場兄弟が寄り添うシーン、エドの顔がはっきりと鎧に写りこんでるのあれほんとすごくないですか!?技術ありがたい~!アルの動きに関しては、CGありがちな軽さというか重みのなさを心配してたんですけどいやもう杞憂…あそこまでガシャガシャ動くとは思ってなかったので感動しました…。重そう硬そうで最高だし、原作でアルを前にしたキャラクターが散々思っているであろう「うわでかっ」感をここまで味わえるとは思ってませんでした!

それから回想で登場した錬成に失敗したお母さんの姿はかなり気色悪くてよかった!あんなん夢にも出るわ~!

ていうかキメラニーナですよ…!手を舐めたあの舌はつくりもの?犬かなにかの本物の映像なの?かなり生々しくてあれほんと鳥肌立った…。先にも触れましたがここは緊張感ある俳優たちの演技も本当に素晴らしくて、本当に最高の(最悪の)シーンでしたね!

ただ一点、お母さん錬成中の風ブワワーッのところ、観客を引き込むための見せ場として、迫力はあったけどちょっと大げさすぎたというか、うーんこうなったか…と思って観てました。原作通りだとすこし画が地味だったからああなったのかな…?

キャラクターたちについて】

外見は実写化作品を観るにあたって原作ファンがまずぶつかる壁なんですけど、原作者キャラクター(中身)がしっかりしていれば、と外見は気にしていなかったとのことなので、私もあまり意識しすぎないように観てました。…でもホークアイの前髪もうちょっとなんとかしてほしかったよ~!ヒューズはほんとにヒューズで最高だった…あのにこにこ顔だよね~!エドウィンリィのやりとりを見てる時の忍び笑いもほんとに好き!

舞台挨拶で(キャラクターを演じる際に気をつけたことは?という質問に対して)松雪さんが「人間に見えないよう演じた」と仰っていたのでラストをよく見ていたんですが、圧巻の演技力による人間離れした妖艶さというか、私の語彙が無く的確な表現ができないんですが、あれは確かにラストでした、色欲ホムンクルス存在してました…。

そしてロス少尉も美しい…好き…。登場する時間さえあれば、アームストロングやハボックの姿も見たかったな~!

アル役の水石さんの演技も結構好きです。アニメに馴染みがあるとどうしても大ベテラン釘宮さんが演じるおちゃめで明るい声が浮かぶんですけど、実写ではアルフォンスのまじめさを濃く演出したのかな~と解釈してます。ところでアル、最初全然喋らなかったのはなにか狙いがあったんでしょうか、登場シーンさえ無言でしたが…。

子役はね…特に兄弟、うん…。一部を回想にして演技力のある山田さんが演じるのは良かったです!

それから衣装エドコートがひらっひらっとするの見てて楽しかった!あとホークアイ将軍の人造人間殲滅後に暗い道を走っていく引きのシーンも、軍服の裾が広がってきれいだったな~。

私は趣味コスプレをしてるんですけど、衣装って普通洋服と同じ動きではきれいに見えないんですよ、ただ着るだけじゃなく衣装が映える立ち方動き方というのがあって、(入場特典冊子で監督も触れていましたが)特にエド役の山田さんはそれをよく意識されて動いてるなあと感じました。原画展で一部の衣装が公開されていましたが、そもそもこの衣装たちもめちゃくちゃ作り込まれてるんですよね!魅せる衣装だな~と思って調べてみたら、担当されたのは普段舞台用の衣装を作製されている方だそうで納得しました。いいな~着てみたいな~!

とても長くなってしまいましたが、強く残った感想としてはこんな感じでしょうか。

映画鑑賞前にこの感想をここまで読んでいる方少なからずいると思うんですけど(なので結末は書きませんでした)、実写だから、っていう理由で観ないのは本当にもったいないですよ~!

なにより鋼の錬金術師が、原作連載中の頃のように、アニメ放送中の頃のようにまた世間を賑わせるなら、ひとりのファンとしてとても嬉しいので!ぜひ観てみてください!

ここまで読んでいただいて本当にありがとうございました

ここからは本編とは関係ない話で、中継で舞台挨拶を見ていて思ったことなんですけど、監督俳優の降壇後すぐに席を離れた女性たちが結構な数いて、持ち物から察するに山田さんのファンの方なのかな、映画を観ずに帰ってしまったように見えたんですけど…。山田さんをはじめ出演した映画のお披露目のご挨拶にきた俳優たちに対してその行動はめちゃくちゃ失礼だからね!アイドルが好きなのはいいですよ、でもそこにいるのは俳優としての山田さんと、山田さんと一緒に映画を作り上げた方々なので、そしてあなたたちが座ってた椅子映画を楽しみにする人のために用意されたものなので、まじでわきまえてください…。なにしに来たの…。

あっあと舞台挨拶会場と映画館にいた女性たち、赤コート率高くて萌えました。多いだろうなと思って私は赤い帽子我慢したんですけど、それでもかなりの人と被りましたね。みんなハガレン好きなんだね…。

あとはアル役の水石さんがガッチガチに緊張してたのをかなり覚えてる…好感度高い…。

〈おわり〉

2017-11-29

https://anond.hatelabo.jp/20171129004558

邦画みてて演技だめだわと思うのは気持ちを示そうとしたり自然な行動をするはずのところが

絵に映って舞台に上った時お客さんからみてどういうことがしたいかわかりやすいように演技してるように見えるところ

気持ちを伝えたい相手に手を伸ばすとかあったとして肩からはいってつま先でたつような伸ばし方とか

ふつうつかむためとか届くために伸ばす手ってつかんだり届いたときに次の動作をするための体をなして

手をのばしてるはずなのにただ手がのびている表現演劇教科書通りにしているとことか

どんびきって軽く顎をひいてだまりこむ とかできないものから「どんびきだよ」と大声で前のめりに

目をむいて相手をみるとかされても困る

いちいち言葉でとなえて動作をふりつけて状況説明するのが演技ってところからはなれて

外国語で演技するとおなかすいたをおなかおさえて肩を落とすとかではその国でつたわるのかどうか

というところからも伝えるテンプレ動作より「伝わるという日常を演じる」のが上手にみえるかもなっていうところは感じる

邦画ダメっておもうのは舞台で演技をわかりやすくするために演劇の教本通りにする優等生がやってるところとかとあいまって

髪を染めたスカジャンのワルがよわそうにイキがるキャラがなぜか悪役側をしめすためにいる脚本とか

途中経過風景を流しながら哲学かたるシーンを重要視したりするとか

つくってる側みんながお客をみて お金を払って身に来てくれるんだからそれだけの特別スペシャルな造形物をみせてやろうとしてるとこだとおもう

海外映画はどっちかっていうと「日常にこういう無茶があったらおもしろいんじゃない?」ということを

金と時間をかけて「あるはずがないことがある日常」みたいな方向でつくってるとこが好き

個人差なんだろうけどとりあえず自分映画や劇が「映画とか劇」だということはわかっているので

説明とかパントマイムはいらないんで自然にそっちの世界でそっちの一般市民を演じてほしい

そこが演技力だというなら反対意見とは相いれないところなのであえて両者の頂点をもとめる必要もないだろうし

どっちの一番かというのを出し合って検討するのは生産的なことといいたい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん