「トレードオフ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: トレードオフとは

2018-08-18

anond:20180818113821

狭くなった理由妥当なら仕方ない

予算が確保できなかった、工事費が高騰している、広い土地が確保できなかった

安全基準が厳しくなり柱や壁の厚みが増した、本棚本棚の間隔が広くなった

無い袖は振れないし予算とのトレードオフになるし

2018-08-09

anond:20180809174808

まー吸ってる側として言わしてもらうと何とも表現が難しいな。

気持ちいって感覚にも「高揚感のある気持ちよさ」と「気分が落ち着いてリラックス効果のある気持ちよさ」があるじゃん

種類があるのよね気持ちいいにも。

その中で言えば何気ない時間の中で空眺めてボーっと…を意図的に作ってるような感覚煙草にある。

から酒飲んでわーきゃーヘロインでわーきゃーセックスであはんうふん、そういう気持ちいとは真逆になるね。

紅茶コーヒー飲んでうめーくらいじゃね?近いのって。肩揉んで気持ちいとか。

コーヒーめちゃくちゃ旨くてテンションかちあげにはならんでしょ。スタバで興奮する田舎者なら分かるけど。

ダウナー系の気持ちいのルーチンワークになってるから習慣的にたばこを吸うことになる。

たばこ吸えなくてイライラっていうのは、元々ストレス抱えてる人間がそれを落ち着かせるために煙草依存してたっていう状況。アル中と同じだね。

から大半の喫煙者は実際に煙草吸えなくなっても割と平気。アル中じゃない人が酒飲めなくても平気なのと同じ。

久々に煙草吸っても久々にコーヒー好きがコーヒー飲んだうめーと同じ。

そんな感じ。

 

逆に煙草依存してストレスを緩和してた人がたばこストレス軽減できなくなったら

煙草ストレストレードオフから金銭的なメリットくらいしかないんじゃないのか。

差し引きストレスの方が勝ったらマイナス効果だし。

そういう意味では酒だって適度にストレス解消になるのなら害悪でもある程度飲んでもいいんじゃねって感じだ。

そもそも酒やたばこのツケを支払う年代になったらみんな故障してくるから障害現役でも目指さない限りは気を使う必要ない。

過度の依存症なんてそいつにとって酒だろうがたばこだろうが問題はそこにないんだから

 

麻薬覚せい剤禁止されるのは依存性が高い(依存症になる割合めっちゃ高い)せいで

年齢でガタが来る前の、働き盛りのときに死んだり廃人になるから国力を下げてしまうんだよ。

から依存症の高い上に健康被害が強いやつは国が禁止したってこと。

大麻依存性は高いけど実際はそんなに害ないんじゃないのってところで論調割れてる。

実際はどうかしらん。

 

人生いきるのに何が気持ち良くてメリットあるかなんて個人しか決められんよ。

統計的に言ったってそれが主観通用するかは別の話。

2018-08-08

anond:20180807235525

相手実家資産について特記するということは、ご自身の方はそこまでないのでしょうか?都内であれば一億円は普通ですよ。居住区によっては中の下かも。

似たような立場女性としてコメントしますが、婚約者さんが都内在住であれば、年収2,000万前後からそれ以上の人も狙えます

私も不倫は嫌いですし経験したことはありませんが、あなた実家資産年収女性遍歴は彼女と比べて誇れるものですか?

どうしても気に食わないなら、不倫したことがない女性を探すのをお勧めします。代わりにスタイル、顔、年齢の辺りでトレードオフになるかと思いますが。

2018-08-07

優秀な医者とそうでない医者の違い

残念ながら、この世の中には優秀な医者とそうでない医者がいる。

では、その違いは何なのだろう?

まず始めに断っておくが、性別関係ない。

男女問わず優秀な医師は優秀だ。

ちなみに出身大学ともあまり関係はないと思っている。東大京大を出ようとアホな医師はアホであり、カネを積めば入れると言われている私立を出ても優秀な医師は優秀だ。


実は、医師が遭遇する多くの場面において両者にそう大きな違いはない。

診断・治療に対する各種ガイドライン等が(内容の是非はともかくとして)かなり整備されてきており、医療機器進歩も相まって、大抵の場面においてどんな医者が診察・検査治療を行っても結果に大きな違いが生じない状況がかなりできあがってきている。

ただ、残念ながらあくまで多くの場面においてであり、すべての場面で違いが出ないわけではない。


しろ、多くの場面で違いが出ない分、違いが出る場面では如実に優秀さの違いが結果に表れる。

重症患者管理や急変時の対応、難しい症例における診断能力年末年始など繁忙期の救急外来の待ち時間などなど、決して頻繁に遭遇するわけではないが避けては通れない状況においては優秀さがその結果にコミットする

当たり前と言えば当たり前の話だが、うまくいっている時は誰がやってもうまくいくが、うまくいっていないときは優秀なやつがやらないと最終的にうまくいかない。もちろん優秀なやつががんばってもうまくいかないことも多々あるが。


一見したところ合理的制度に見える複数主治医制がイマイチまらないのもここに理由がある。

あなた主治医女性が交代でやりますがいいですか?~東京医大女子減点問題が迫る「患者改革」”

という記事はてブで大いに叩かれているが、内容の是非は置いておいて、ブクマコメントを読むと多くのはてなユーザー複数主治医制に賛成らしい。

だが、実際に自分患者もしくはその家族になったときに、諸手を挙げて賛成してもらえるかは甚だ疑問だ。


もちろん、診断や治療がうまくいっている時はいい。別に誰が担当しようとほぼ変わりない。

問題はうまくいっていない時だ。

ひどくざっくりした例えで申し訳ないが、ほぼ同じ経験年数の優秀な医師A、普通医師B、アホな医師Cという3人で患者主治医をしていて、担当医は研修医基本的に指示したことしかできない、指導医外来で忙しくて基本的入院患者は任せっきりという状況を考えてみる。

担当患者の一人が急変して集中治療室に入室して厳密な管理必要になったため、当直帯や休日も3人の主治医のうち誰かが交代で病院に常駐して対応することになったとしよう。


優秀なA医師が綿密な治療計画を立てて、B医師・C医師とも積極的ミーティングをして治療方針を共有し、当初は治療がうまく進んでいるように思えたが、やはりこうした状況で急変はつきものであり、当直帯で急激な状態悪化があった。

そのとき病院にいたのはA医師で、適切な検査対応によって何とか状態は持ち直し、患者家族は「やっぱりA先生は優秀で頼りになるわ」と胸をなでおろした。

ただ、その後は状態不安定になり、一進一退を繰り返す状況になった。

今度はC医師病院に残っている時に急変が起きた。A医師は優秀なので、考えられる限りの状況とその対応法を電子カルテに申し送りとして記載して家に帰ったが、急変の状況はA医師も予想していなかったものだった。

C医師も考えられるだけの検査を行って原因と対応法を探るが一向にわからない。

そうこうしている間に患者状態はどんどん悪化していき、患者家族にも「大丈夫か?」と不安が募っていく。

C医師自分だけでは対応できないと考えて指導医電話するが、指導医も「電話ではよくわからいからとりあえず病院に行くけど、私も集中治療は得意じゃないかちょっと対応できるかわからないけど・・・A先生相談してみたら?」と言うのみ。

担当医の研修医不安そうに「C先生、どうしましょう?A先生呼びますか?」と言ってくる。

患者家族も「この前状態が悪くなったときA先生がうまくやってくれた。このまま死んじゃったらどうするの!早くA先生を呼んで!」と怖い顔をして言い出す始末。

アホながらも責任感の強いC医師はなおもA医師電話しようか迷っているが、その間に「このままでは患者さんが死んでしまます。C先生が呼ばないなら私が呼びます!」といって夜勤担当看護師がA医師に外線で電話をかけて状況を説明し、A医師ダッシュで来院。

レントゲンと各種データ確認して人工呼吸器の設定を変更し、何とか状態改善したものの依然予断を許さない状況。

かい投薬の調整や人工呼吸器の設定の調整が必要なため、A医師は結局その後1週間は泊まり込みで患者対応に当たることになり、B医師とC医師シフト表に従って病院に泊まってはいものの、看護師は「A先生が泊まってるならA先生相談しよう」と言うことで、シフト表を無視して何かあれば時間関係なくまずはA医師電話をかけるように。

患者家族も「A先生対応してくれるなら安心」と言うことで急変時の怖い顔はどこへやら。

その後患者さんはA医師献身的治療によって何とか状態を持ち直し、集中治療室を退室して一般病棟へと戻っていきましたとさ、めでたしめでたし


だいぶデフォルメして書いたが、これと多かれ少なかれ似たようなことは日本全国津々浦々で起こっている。

同じ医療職で看護師ではチームによる交代勤務ができるのに、医師ではなぜできないんだと言われているが、看護師業務については教育指導によって個人技量をある程度均一化できるが、残念ながら、ここで書いたような医師の「優秀さ」は教育指導で何とかなるものではない。いかに優れた教育をしようと、到達できるレベルには限界がある。

一定基準保証されているものの個々人のレベルが大きく異なり、しかも置かれた状況によっては求められるレベルが限りなく高くなるということが、医師業務看護師業務根本的な違いであり、多くの人が思っているように医師の交代業務が浸透しない理由だと思う。

一定基準保証されているのであれば、それで満足すべきだと言うのが理屈ではあるが、人間はそんな単純なものではない。

選択肢がないのであれば納得するしかないが、眼前に別の優れた選択肢があるのであれば、理に適っていなかろうが、それを選びたくなるのが人情というものだろう。

上に書いたような状況で、理屈に従って「A医師を呼んで!」と言わない自信がある方は大手を振って複数主治医制に賛成と言ってもらっていい。

自信がない方は少し考えて欲しい。


A医師が身を粉にして奮闘した結果として得られるのは、自分の優秀さで患者さんを良くしたという大きな達成感と幾ばくかの時間外労働に対する報酬、そして周囲からの高評価のみである

治療を受けた患者さんや家族負担は変わらない。今の日本では誰に治療を受けようがかかる医療費は同じである患者さんが呼び出し手当を払うわけでもない。

A医師のことだから他の担当患者外来などにも迷惑をかけないようにしっかりやっていただろう。

果たしてこれはフェアな関係と言えるだろうか。


色々なところで言われているが、現在医療において「利便性」と「成果」と「医療者の労働環境を含めたコスト」の3者は残念ながらトレードオフ関係にある。

現状ではこのうち「コスト」、しかも「医療者の労働環境というコスト」に負担のしかかっている状態で何とかバランスが取れている。まぁ、そよ風程度でもう崩れそうであるが。

極論すれば、この「医療者の労働環境というコスト」を最も多く払えるのが若い活きのいい男性医師と言うのが、東京医大女子減点問題に端を発する一連の問題の原因の大部分を占めている。

この問題を受けて、この「医療者の労働環境というコスト」を減らせば良いという意見が声高に聞こえてくる。全く以てその通りである。このアンフェア関係を早く何とかして欲しい。

ただ、そのコストの総量が減った場合にどこがそれを補填してくれるのだろう。

AIを含めたテクノロジー進歩で状況は劇的に変わるかもしれないが、すべての医師を「優秀」というレベルまで持って行くには到底至っておらず、現状は実用面ではまだまだ未来の話としか言いようがない。


とにかく、リソースが限られている以上、夢のような解決法がないことだけは確かである

医療関係者だけでなく、多くの人が当事者として今後の医療のあるべき形を考えて行って欲しいと思う。


「優秀な医者とそうでない医者の違い」とかいタイトルのくせに結局この話か、と思われた方におかれてはタイトル詐欺で誠に申し訳ない。

そろそろ食傷気味なのはよくわかる。

だが、現在システム崩壊によって結果的患者さん側に「利便性」や「成果」のコストを押しつけるようなことはできればしたくないと多くの医療者が思っていると思う。

その医療者の端くれとして、微力な自分にできるのはこうして増田として自分の考えを書くことくらいなんだよ。

ここまで読んでくれてありがとう

2018-08-06

anond:20180806235549

アメリカでもイギリスでも日本医療制度いかに素晴らしいか

語られているのは本当です。

それは医師ブラック労働によって成り立っているわけで。

結局トレードオフなんだよ!アレもこれもは無理なんだよってことが

いくら説明しても頭の弱い人にはわからない。

2018-08-04

anond:20180804161407

今回の問題は単なる女性差別ではない、思った以上に複雑なパンドラの箱だったよなぁ

募集要項に書かずに女性の点数を一律減点してたのは言語道断女性差別受験徴収詐欺なんだけど、大学からしてみれば「過酷労働環境に耐えうる人材がほしい」「辞めない人材がほしい」で、社会要請しているのは「いつでも・安く・しっかりとした医療を受けられる社会」で、男性医師現実問題として女性出産結婚を期にやめていった皺寄せがきていて、子供を産んだ女性からしてみれば「子育てもしたいし仕事にも復帰したいけど、社会がそのようになっていない」で、患者からしてみれば「お前らの問題は知らんけど俺の病気を治してくれよ!できるだけ安く!」なんだよね。

あらゆるもの複雑に絡み合って、負のスパイラルで、トレードオフ状態で、では私達は今まで何を優先的に選択していたかというのが今回暴露され、そして今回の件でこれから私達は何を優先的に選択していくのか…という問題が突きつけられている。考えることが多すぎる。箱を開けなかったほうが幸せだったかもしれんね。

2018-07-31

ネット上の様々なレトリックに技名をつける

フーガディスクリミネーション無限差別返し)

差別への批判主題に対して反論ができなかった際によく用いられる手法

一度始まるとそれが呼び水となり、永遠に鳴り止むことが無くなる。まさに遁走曲(フーガ

(例)

マインドテロリズム人格攻撃

こちらも主題に対して明確な反論ができない際によく使われる。

本来関係のない主張者自信の過去発言や生い立ちや憶測などを絡めて攻撃することを言う。

ただ、若干古くから使われているので手の内がバレないように慎重になることが必要

(例)

カテゴライズ

まんまカテゴライズなので冨樫的な名前はつけなかった。

人種出身国所得などで線引きをして自分の主張に都合の良いようなクラスタを作ること。

あるいは、特定集団をそのクラスタに属すと主張すること。

(例)

コレハドーナンダ無関係対立列挙)

本来対立関係にない属性もつ人たちが受けるメリットデメリットなどをあたかトレードオフのように嘯いたりすること。

結果的根本原因から目をそらさせてしまうので比較効果は高い。

性質としてはカテゴライズと少し似ている。

(例)

2018-07-29

anond:20180728090909

[追記あり]かかりにくいことと、相談員さんの質について、言える範囲で補足したい

その前に元増田には労わりの言葉を送りたいが、すぐには適切な内容が思いつかないので、こちらの言及増田を読んでほしい。

https://anond.hatelabo.jp/20180728223250

専門家と思われる方のコメントだ。

 

で、話を戻して、かかりにくさの話。

いのちの電話相談員無償で、集めるのは難しい。養成研修費用(数万円)もほとんど相談員希望者の手弁当だし、交通費だって出ない所の方が多い。常に人手不足

要するに、かかりやすさの改善には相談員を増やすことが必要だが、募集が大変で、養成にかける時間とはトレードオフ関係にある。

最低1年間の養成研修義務付けられているけど、それだけで素晴らしい相談員になれるわけでもない。認定後も毎月研修を受けて、勉強し続ける必要がある。当然経験浅い人もいて、当たり外れはあるし、人と人が本音で話しているのだから合う合わないもある。残念ではあるが、元増田は運が悪かったと思う。

 

ネットは、元増田みたいに文句を言いたいケースは顕在化することが多くて、いい対応をしてくれたというケースはいちいちアップしようとする人は少ない。いのちの電話相談員対応がみんなこんなだというわけではないことは知って頂きたい。

<ろくに話を聞いていないのに「分かります」「辛いんですね」などと言ってしまう>

<これといった理由なく自殺衝動がわきあがるケースもある、ということを知らない>

などから考えると、この相談員さんはたぶん、認定されて1年目とかの、相当な初心者なのだろう。(それにしてもひどいと個人的には思うけど)

 

電話代以外の料金をもらわない「いのちの電話」のような組織場合は、ブコメにあったような「ちゃんと専門知識を持った人に見合う報酬を与えて対応の質を上げ」るというのは難しい。anond:20180728223250 にも書いてあるように「寝不足のおばあちゃんたちに、当意即妙な答えをきたいしないこと。」

 

補足の補足

毎月10日のフリーダイヤルhttps://www.inochinodenwa.org/free.html)は接続制限をかけているらしく、かなり繋がりやすくなっていると聞く。時間や回数などが基準を超えた人は、翌月は繋がらないらしい。また、この取り組みのため、非通知電話を受けないようにした所、いたずら的な電話セックステレホンみたいなことをしかけてくる人)が激減したとも。

 

いのちの電話がつながりにくいのは、実は元増田のようにギリギリ状態になって初めてかけるような人が多いからではない。主として、「今は自殺を考えていないがこの電話にかけることが習慣になって依存してしまっている」ような人が多いことが原因だ。(依存理由は様々で、精神障害を抱えているので話し相手がいないとか、寝られないので毎日かけるとか。希死念慮がなくとも、それはそれで本人としては大変なのだ。いたずらで習慣的にかける人もいるけど)

 

要はこういう、習慣なだけに緊急性が高いわけではない人たちで、回線が埋まってしまっているからかかりにくい。とはいえ、その方達もその方達なりの困難さを抱えているわけで、受けないわけにはいかない。

フリーダイヤルではその対策として接続制限をしているが、全国のいのちの電話でそこまでしているところはまだ少ない。

 

カウンセリングAIの話(蛇足

コメントとかでこの話を書いている人がいたが、実はアメリカではかなり進んでいる。AI対応した方が本音で話せるという実験の話もある

https://wired.jp/2017/07/31/woebot-chatbot-therapist/

相手ロボットだと伝えられたグループは、もう一方のグループより心を開き、最も深刻で個人的秘密を打ち明ける傾向にあった。「人間が室内にいる」という思考を取り去るだけで、セッション生産性が向上したことになる。

https://dot.asahi.com/dot/2017042700049.html?page=3

アメリカ医療現場では、生身のカウンセラーではなくAI相談したい人が出てきているといいますAI集中力が強いしイライラしたりしないので、話を聞きながら時間を気にして時計を見てばかりなんていうことがないし、機械相手だと話しやすいのでしょうね。生身の人間相手だと、気後れしたり体面を気にしたりして、心の内をさらけ出せないこともありますから

このへんは本当に期待している。AIに聞いてもらうだけでも、けっこうスッキリする人もいると思う。1回で確実につながるし、初心者とか性格が合わない相談員にあたるよりは、いいかも。

以下、追記

専門家うんぬんの話を書いたのは間違いでした。

元増田に何かひとこと伝えたかったけどいい言葉が見つからなかったので、取り急ぎ自分が一番参考になったコメントを紹介したんだけど、元増田にとってそれを読むことがプラスになるのか、という一番重要な点を考えられていなかった。反省。。

 

コメントにあったLINEを使ったチャット的な相談は、長野県LINEと共同で試験実施している。

https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/1940

これも、特に電話を使わない若者に対する取り組みとしてかなり有望そう。

2018-07-23

anond:20180722124442

イギリスに住んでて、カナダにも住んだことがあるので書いてみる。日本ソフトウェアエンジニアとして5年くらい働いて疲れたのでとりあえず海外に行くことを2015年頃に計画して実行した。自分自身英語技術力も至って普通なので誰でも行けると思う。

カナダトロント

1年くらい働いた(+英語学校仕事探し含めて半年くらい)。個人的には一番住みやすかった。仕事は朝9時から10時の間に出社して5時には普通に帰る感じ。土日は絶対休み有給10日くらい。家賃は2人でシェアして1人6万前後食材消費税からないので自炊すると良い。韓国料理中華料理はそこそこ美味しくて口に合うし安いので外食もしやすい。冬の気温は-25度だけどその分暖房はしっかりしてる。英語話せない人にもみんな優しい。

30歳以下の人ならワーホリ申請して行ってみるのもいいかもしれない。実際に入国するときに発行されるビザ普通労働ビザなので1年好きに働ける(ただ入国時に仕事決まってないことが条件)。中国人ロシア人を始めここに長く留まりたい人がやるのは1年か2年カレッジに通って労働ビザを取得して就労、その会社ビザを伸ばして貰ったりして永住権を取る、という方法。その時に一緒に働いていた中国人ロシア人はそんな感じだった。永住権を取得するまで(3年〜5年くらい?)は同じ会社で働いて、それが取れたら辞めて自分の働きたいところで働く感じになると思う。

イギリスロンドン

今住んでるところ(もうすぐ1年)。想定してたより遥かに安全だし歩きスマホしてる人もたまに見る。バイクから歩行者スマホひったくるみたいなのはあるにはあるので注意。今の家賃が2人でシェアして1人12万くらいで少々高め。高い家賃払って安全場所に住むか、安い家賃危険場所に住むかのトレードオフになる。

ロンドンに住んでる人はだいたいが他の国から来た人で、フランスドイツベルギースペインあたりが多い。この人たちはEU国籍持ってるので労働ビザ必要無い。EU離脱後、ソフトウェア技術者不足解消の為にそれ向けのビザを作ることが検討されてるらしいので日本人にとってもチャンスかも。今現在でも、うちの会社EU圏外のトルコインドネシアエジプトあたりの人が労働ビザ取って来てるので会社探せば来れると思う。

労働環境は素晴らしく、9時〜10時の間に出社し、5時〜6時には帰る。ヨーロピアンは全体的に、「今日できないことは明日やる」傾向がある。今日で終わらせる予定だったけど終わらない場合は、期日を伸ばすか、やらないかのどちらかでほぼ残業しない。有給EU法律で最低25日(+8日間祝日)、2週間くらい休んでも別に何も言われない。うちの社員の半分は女性でみんな産休めっちゃ取ってる、その間は契約社員が入って代わりに仕事をしてる。あとは子供を迎えに行く為に毎日3時とか4時に帰る人もいるし、家で仕事する人もいる。地下鉄はたまに遅れるけどそれがあれば車はいらないし、快適に生活できる。外国人多いのもあって英語が多少変でも許容されることが多い。

自分YMS(2年限定労働ビザ)を取って自分会社探して入ったけど、普通スキルがあればおそらく普通労働ビザを取れると思う。ただ、永住権の取得はかなり難しくて、一定以上の年数働いてないと申請できないんだけど、今自分が取ってるビザとか駐在員が取るようなビザだと年数にカウントされないらしい。3年後5年後ここに住み続けるかはまだわからない。

オランダアムステルダム

いつだかオランダで働くのにビザがいらないみたいな記事流行ったけど、あれはもうできないはず。行ったことはあるけど住んだことはない。ただ、今働いてる会社オランダで働いていたEU圏外の人(トルコ人とインドネシア人)がいるので頑張れば労働ビザを取れるはず。Booking.comみたいな世界中から人を採用してるような大きな会社もあるし、オランダ語喋れなくてもほとんどの人は英語を流暢に喋れるから英語だけで生活はできるはず。ここも外国人が多い都市だし生活はしやすいと思う。

2018-07-14

様々なことを同時にやろうとする

選択肢が多い時代から、その分個人がやれる事ってのはとても多い。

どれもこれもやろうとすると、中途半端になるのは目に見えている。

例えば映画読書に限って言うと、作品数というのは膨大で一生かかっても読みきれない。

勿論、これらは楽しみや情報収集のためにやるのが道理であって上記の考え方に至っている時点で本末転倒なのだが、とりあえず普通に人の能力を超えているということを言いたい。

読書映画に限ってこうなのだから、世の中のやる事というのは何とも天文学的複雑さを帯びている。

まれたからにはあれもこれも興味の赴くままにやりたいが、やはりトレードオフを常に意識しなければどれも端にも棒にも掛からぬ水準で終わる。

こんなことは誰だって分かることなのだが、誰だって分かることこそ常に意識し、自分適用させることが難しいということを自分含め言っておきたい。

2018-07-11

anond:20180711015443

俺の地元においでよ 自然豊かな山と海に癒やされるよ

俺の地元においでよ 高地は土砂、低地は水害。リスクトレードオフに悩むといいよ

今回の豪雨不安になってハザードマップ読んでみたら地区単位警戒区域だらけだよ

小高い山になってる場所や半端に森林が残っている場所の下はだいたい全部警戒区域だよ

そもそも避難所指定されている学校が山の麓や川の近くだから、たぶんダメな時は何やってもダメだよ

先日は特別警報まで出されたけど、運良く雨雲が通り過ぎて行ったか冠水するだけですんだよ

基幹国道は大渋滞、裏道の峠は土砂災害警戒区域、君はどっちのリスクを取る?

古い地区は山肌か谷間か山の麓ばかりで、これまで無事だったの、たぶんただの運だよ

そのかわり地震があまり起きないから、震度4でもガチビビリするくらい地震に縁がないよ

俺の地元においでよ

2018-07-09

anond:20180709182137

人口数千人の田舎まれ田舎育ちのアラフォー個人的感想を書いてみる。

楽器弾いたり大声で歌っても文句言われない

一軒家で、家同士が離れていれば可能100m~くらい?)。ある程度家が近くても、朝とか夜とかにやらなければそこまで文句は言われないと思う。過疎地域だと文句を言うような人自体が少ないし、年寄りは耳が遠い。でも結局は近所づきあい次第なところが大きい。地域コミュニティにある程度同化して、「楽器弾く人」キャラが定着すれば、わりと寛容。夏の夕方三線弾いて歌ってるじーさんとか、普通にいる。


引きこもってても文句言われない

最近はわりと寛容な印象。たぶん引きこもっている人間結構いる。ただ、出歩いて人に会ったらあいさつはした方がいい。よく知らない無愛想な人間特に成人男性)が平日昼間とかにフラフラ歩いていると、軽く噂になる(直接何か言われたりはしない)。


スーパーコンビニドラッグストアホムセンガソリンスタンドが車で10分以内の距離にある

病院が車で20分以内の距離にある

挙げられたものに関しては、「あればいい」というレベルであれば、それほど高いハードルではないように思う。ただ、文化芸術関係あきらめたほうがいい。美術館博物館スポーツ施設動植物園映画館書店図書館あたりは厳しい。こじゃれた商業施設も少ない。


ネットが通っている

極端な山間部とか離島でもない限り、光も電波もわりと充実している。


地域イベントへの参加義務がない

正直これは厳しい。今は自分子どもの頃ほどの強制感はないが、ある程度は何かしらに顔を出しておかないと、いろいろと厳しい。職業公務員など)によっては今でも(事実上強制別に不参加で村八分がどうとかは聞いたことないが、居心地は悪くなると思う。清掃作業など限定だが、最近は「出不足金」なる制度もあり、金を納めれば不参加でもOK。ただし、これは病人高齢者への配慮的な意味合いがまだ強く、普通に出られる者が使いすぎると周囲の心証はよくない。


近くに温泉がある、あるいは温泉を自宅に引ける

近く(車で30分程度)にあるだけなら探せばありそう。自宅に引けるレベルは有名な温泉地のごく近場限定だろう。しかし、1とトレードオフになりそう。


治安が良い

人口が少なければ、基本的事件事故は少ない。地域監視的な目による抑止効果もあると思う。よそ者は目立つ。この手の話題でたまに出てくる「かつを事件」みたいなのはたまたま不幸な要因が重なっただけで、個人的には極めてまれなケースだと思う。


山と海がそれぞれランニング圏内(5kmまで)

山は標高差500m以上、海は遠浅

この辺はわりとありそう。


雪の日が少ない

となると、東海瀬戸内九州あたりだろうか。


周囲の水場より小高いところにありかつ地盤が安定している

古い神社とか寺はそういう所に多かったりするね。


まとめると、条件に合う地域で、移住者の多い新興住宅地かに「別荘」として住むのが現実的なんじゃないかと思う。俺は都会に住みたかったよ。

2018-05-22

anond:20180521232734

なるほど

かに時代を遡るほど男尊女卑

日本人成人男性というだけでデカい顔ができた

それって圧倒的に筋肉労働中心の産業構造(そら大人の男でなきゃ務まらんわ)

とセットだったわけで、昭和のご時世には軟弱な非体育会系は男の中でゴミ扱いだった

今のオタでもできる机に座ったまま人と話さずパソコンいじってるだけで給料もらえる社会と、昭和時代のような日本人男性無条件にエラい社会

トレードオフ関係だったんじゃないか

2018-05-10

anond:20180510184552

自分が見下す人間自分より惨めな生き方をしてほしい、と願う時点で、そこから自分の生き辛さが生まれているんじゃないかなぁ。

他人幸せ自分幸せ価値基準は違うから、同じ尺度で測ろうとして消耗するのは自分自分理不尽な枷をはめるようなもので。

楽して暮らしてるように見える人にもきっと自分想像の及ばないところで深い闇絶望に覆われている。

あれを得るには知る由もないトレードオフがあって、自分が当たり前に持っている大事もの家族や心身の健康財産情報収集力や知性や感性のような自分並の豊かな「脳の力」を持っていないかもしれない。

そういう体で生きていて、未来を諦めているからこそ幸せそうに見えるんだ、自分にはまだ選択肢がある…。

みたいな感じで前向きにネガティブな斟酌をしてあげれば、他人を妬む発想は湧いてこなくなるし、他人に囚われずもっと自由生き方ができるんでないかな。

少なくとも大半の成功している人は、そうやって理性的につとめて善く生きようとしていると思うし。

2018-05-06

内部ネットワーク安全という前提で、そこまで考慮しなくてもよい

自治体内のシステムで、せっかくセキュリティを真面目に考えて作った仕組みを作ったのに、個人情報含む情報をすべてCSVにExportしてくれ、なんて。。。

個人情報流出の危険があるからシステムでの閲覧のみにしてくれ、って言ったらコレですよ。

なにに使うのか、と目的を聞いたら、何かに使うかもしれないから出しておきたいんだってさ。

セキュリティ目的とのトレードオフ目的がはっきりしないならやるなよ。

いくら言っても折れず。

今どき外からアクセスよりも内部犯のリスクの方が圧倒的多数なんだから、共有フォルダ管理なんて絶対にやめてくれよ。

結構センシティブ情報を大量に扱ってるんだぜ。

とりあえず、何か事件が起きた時のために、ことの経緯をすべて議事録に残し終了。

経験上知ってるんだぜ、説明されてなかった、と逃げることは。

2018-05-03

anond:20180503112213

映画未見だけど原作原文から記憶にある範囲で。

なぜ、街中でPK横行してないの?

特に学園都市ではPKは制約されてる設定だった記憶

なぜ、バリヤーの周りの警護が、あんなに甘いの?

鍵が見つかると IOI-xxxx が固めて入れなくなって競り合いになってる描写があった記憶

全体的に、3つの謎が簡単過ぎない?

原作Atariネタ乱発しすぎてウザいのでどこまで付き合ってやるかというトレードオフはあると思う

そもそも借金する方が悪いよね?

忘れたけど奨学金問題のように借金強制+強制労働のコンボ現実でも有り得なくはない

内部のセキュリティザル過ぎでは?

スラム爆破した後で死亡確認してなかったりAechの所在風体も知らなかったりGoogleIOIゆるふわなので仕方がない

元々の運営会社の人が、全然舞台に出てこない

天才創業者プログラミングと高度なセキュリティ自律制御無人運用されており誰にも手出しすることは不可能(鼻ホジ

何万人?か、ゲームで死んだけど、主人公まれてない?

sudoersに追記されてるはずだからロールバックでもしたらいいんじゃない(鼻ホジ

恐らく原作読むと色々な問題が氷解すると思うけどクィディッチ今昔を10冊くらい読破した気持ちになる出来なのでエンジョイして忘れるのがいいと思う 俺も見に行かないとなー

2018-04-14

一人でいるのが幸せすぎる

もう、本当に、幸せすぎて、誰かに祝ってほしい!!

この気楽さを!!!嬉しさを!!

独身でおめでとうと心からの祝福を!!!

昨日、ちょっと気になってた人とデート?行って、とても楽しくはあったけど、一人の家に戻ったときのこの開放感たるや。

これを何かとのトレードオフで失うなんて考えられない。

私はこの自由絶対に手放したくない。

幸せ

2018-04-01

ちんぽ騎士真剣新書一冊分 ← 名言ktkr

新書を一冊、二冊読んだぐらいじゃあ勉強とは言わへんぞ。性犯罪無くしたいと真剣に思うてるんやったら犯罪学や犯罪心理学の専門書は読んどらんと人に喧嘩売れへんやろが。

フェミさんが勘違いしてお気持ち全開で絡んで来そうやから言うとくけど、性暴力問題はな老若男女全員で取り組まなあかんわけや。全員で取り組むっちゅうのは政策になるわけや。つまり税金などの社会リソースを使う訳や。そうするやったら検証可能理屈必要になるんやで。

中国監視社会は性暴力対策としては最強なんや。そやけど犯罪を予防する為に個人プライバシー侵害される訳や。あらゆる政策にはトレードオフ存在する。そやから理屈必要なんよね

建設的な議論」と言いつつ、議論をする為のベースとなる基礎的な勉強もせず、批判されたらワイに喧嘩売って来なはったけどな。最後不貞腐れた態度やったね。

男性フェミニストになろう」と言ったら、炎上した。それでも僕は漫画を描き続ける https://www.buzzfeed.com/jp/akikokobayashi/feminism-comic

過度に潔癖もなにも、あいつの倫理観が元から低すぎるんやで。知識不足を指摘されたら喧嘩売ってくるヤカラやで。性犯罪真剣に無くしたいとか言う癖に性犯罪関連の書籍新書一冊しか読んどらへんし。本当に性犯罪を憎むならもっと勉強するんと違いますか。あいつの真剣新書一冊分やで。

2018-03-30

anond:20180330032604

思ったことを書きますが、他人適当意見なので、ほどほどに流して聞いてください。

人にNOと言えない自分も、全てを引き受けてから無理だってなって逃げたり引き受けたことを潰したりする自分も、自分の事を理解せずにいる自分も。

受精卵の時点で卵腐ってた。

そんなことはないと思います

総理大臣だろうと社長だろうと、あなたと同じ環境に放り込まれたら潰れると思います。逃避するしかなくなると思います

ちょっとずつ歯車の噛み合わせが悪かったせいでしんどい状況が積み重なって、しんどい状況だからこそ前向きな決断ができず、よりしんどい状況を積み重ねてしまって……。

そういうことって、人間なら誰にでも起こり得ることなんです。

どこかで踏ん張らないと、状況は改善しない。それはその通りです。

でも、闇雲に背伸びをして明日から別人のような生き方をしようとしても、色々なしがらみがそれを邪魔するのでとても難しい。

閉塞感というか手詰まり感があるのもよく理解できるつもりです。(私にも経験があります

もう一度言いますが、状況が厳しいのは、あなた個人資質問題があるからではありません。

もちろん、過去あなた選択が今の状況を生み出した側面がまったくないということはできませんが、たまたま悪いタイミングで処理しきれない問題が積み重なったり、周囲の人間サポートが上手く機能しなかったりといった外的要因が今の状況を作ったと考えても過言ではないと思います

運が悪かった。身も蓋もない言い方ですが、それが本質でしょう。

しんどい要素が積み重なってしまった状況を、一気に好転させるのはなかなか難しいことです。

問題本質ゆっくりと整理していくことが大切でしょう。

私見ではありますが、あなた場合、とにかく背負っているものが多すぎるように思われます

普通人間になって普通に外に出て普通仕事して普通テレビを見てご飯を食べて、普通普通恋人が欲しい。

これがあなたの一番の願いなのは良く分かりますが、もう少しこの理想を分解して考えてみることはできないでしょうか。

あなたが守りたいと思っているものはなんなのか。

それを箇条書きにして、優先順位を付けるのです。

お母様を悲しませたくない

恋人を傷付けたくない

妹さんに負担を掛けたくない

職場迷惑を掛けたくない

友人に迷惑を掛けたくない

お母様にダメ自分を見せたくない(プライド

恋人に、妹さんに、友人に、赤の他人に、ダメ自分を見せたくない(プライド

美味しいものが食べたい

服が欲しい、カバンが欲しい、旅行に行きたい

お金が欲しい

自由が欲しい

時間が欲しい

働きたくない

他人に気を使うのがしんどい

体力を使いたくない

安定した仕事が欲しい

恋愛がしたい

キーワードは「諦める」です。

例えば「お金」であれば、あなた幸福にとって本当に不可欠なお金がどのくらいなのか。

必要以上の「お金」を求めていないかを、他の願望とのトレードオフ意識ながら見つめ直してみるといいと思います

極端な話ですが、日本には生活保護の仕組みが備わっていますので、最低限生きていくのに必要な水準以上の「お金」を我慢して、それ以上の贅沢を「諦める」ことができるのであれば、代わりに「働きたくない」という願望を叶えることが可能となります

逆に、どうしても幸福のためにある程度のお金必要であると思うのであれば、そのために「働きたくない」という願望を「諦める」必要がある。

「諦める」というのは「苦しさを受け入れる」ということと同義です。

自分がなぜその苦しさを受け入れているのか。それを自覚しないまま、漠然と踏ん張るのは誰にとっても辛いことです。

より大切な何かを守るため。その「何か」が具体的に何であるかを強く意識することで、初めて人間は苦しさを乗り越えるために踏ん張ることができるのだと思います

何かを諦めること。その覚悟を決めることができれば、その分だけ他の願望を実現することに近づくことができる。

から、どの願望があなた幸福にとってより重要かを冷静に判断した上で、辛くてもそれ以外の願望を「諦める」決断をすることが、幸福への近道だと私は考えます

精神科先生相談されるのは良いことだと思います

また、もしも信頼できる人がいるのであれば、積極的に心の内を晒していくことができるとベターです。

勇気のいることだとは思いますし、相手負担を掛けたくないという心情も理解できますが、人間は誰しも他人を頼りながら生きているのですから必要以上に気を使う必要はないという割り切りも大切です。

ネットでできるアドバイスなどたかがしれていますので、何とか身近に相談相手を設けられると本当に良いと思います

2018-03-29

IT業界に入ったのに自分ソフトとか作れるようにならなかった

覚えたこ

・社内電話メーラーの使い方

・とりあえず謝っておけば殺されはしないこと

・殺されはしないってことはどうでもいいってこと

・全ての不快感給料トレードオフになるなにかでしかないこと

時間を売っている以上私生活時間まで侵食されるのを許してはならないこと

死ね

営業職はある種のお笑い芸人であり笑いを取ってお金を稼ぐ仕事であること

・俺は技術職のはずだったのにというプライドを捨てれば死んだ目で働くのは容易なこと

上司会社だって部下に後ろから刺されたという死因でくたばりたくないからクソまみれのケツを差し出せば勝手に拭ってくれること

・クソを漏らすことに感じる恥を失えばサラリーマンほど気楽な家業もないもんだ

2018-03-12

文章尊敬する。けど読めないことも多いー同人漫画描きの独り言

匿名のある人間個人的に書き記したかたこと。

誰かの同意を得るつもりはないし、主語を大きくして絵描きが字書きが~なんて言うつもりは毛頭ない。


小説漫画同人においては表現手法代表格。

この2つに限った話ではないけれど、表現することとその手法の奥深さに常に魅了され続けている。

私はここ10年ほど趣味漫画を描いていて、文章は大昔の落書き程度でしかいたことがない。

漫画を描くのはとても面白い。たった1pネームを書き下ろすにも、コマ割りにセオリー文法があって、

読者の視線誘導するための仕掛けを入れ込むことができて、トリックを作り込む気分だ。


ただ、漫画という手法の力の無さを痛感することは多々あって、そういう時は小説という表現手法尊敬し、そして羨ましく思う。

その力の無さというのは、主にストーリー密度

漫画を30p描いたら、せいぜい週間連載1話相当のボリュームだろう。

けれど同じ頁数を小説に割いたら、このお話を一体どれくらい前進させられるだろうか。

頭のなかに溢れるお話を、小説という形態なら、まとまった量でアウトプットできたのかな。とよく思う。


漫画や絵は「パッと見の情報量が多い」という利点があるのも自覚している。

それは「ストーリー密度の薄さ」ときっとトレードオフなのだ

人間一人が作品にかけられる労力の総量は、手法違えど そうそう変わらないのだから


からこそ私は小説に謝りたい。

漫画ばっかりペロペロッと読んで、同じだけの情熱を傾けた小説を読み進められないことを謝りたい。

脳が漫画という手法に慣れきってしまった。

「ここはコマをこう切って、内枠に従う比率はこれくらい…セリフを減らして絵でこう見せる…ベタトーンの処理の仕方はこう…」

漫画を読むことはコンテンツを楽しむだけでなく、一瞬一瞬が勉強で、表現手法の一つ一つを楽しむ心得が自分なりに備わっている。

学んだことを自分原稿実践したくなるので、創作意欲にもつながる。


対して小説を読むことは、私にとって本当に純粋にそのコンテンツを楽しむことだ。

小説漫画よりもまとまった頁数でまとめられることが多い。100pとか、200pとか。

それは漫画に換算すれば500Pとか1000Pとかに相当するストーリー密度で、「コマ割りを勉強しよう」とかいモチベーションもない分、より労力を割く必要がある。

そしていざ読み始めてみると、漫画で「このコマはこういう文法で~」とか反芻しながら読むことに慣れてるので、

1文読むのに視線10以上往復させて、計1分かかることもある。いつ読み終わるの?

ストーリー密度が高いのも合わさって、読み進めるごとに時間ばかりが経ち、ストーリーの中身を忘れていく。アホだな。


こうして、「読まないといけない」と感じている小説本が積み重なっていく。それを書いた人に、申し訳なく思っている。

2018-03-06

anond:20180306181503

元増田

トレードオフなのかどうかを決定する権限が、当時の女性には(男の決定によって)与えられていなかったことが

ここの部分。

じゃあ、当時の男性には与えられていたの?って事なんですよ。

どういうモデルケースで話をしているのかわからないけど、イエ制度の下では男性にすら、完全な自己決定権は無かったりする。

それはイエや社会構造の維持のために支払われていたコストであり、それを男性の非としてしか捉えられないのはフェミニズム欠点では?

特に現代と違って腕力が物言う時代では、「身を守る(物理)」だった訳で、社会構造の維持のためにはそれは身体的に頑強な男性が「背負わねばならなかった」ルールという事もできる。選択権は男性にも無かった。

あと、

元増田は、そもそも自由権利平等意味ちょっとおかしい気がする。少なくとも基本の西洋哲学的自由平等概念をもうちょっと勉強してみても罰が当たらないと思う。

こういう風に言うのであれば、「正しい」自由権利平等意味くらい書いて言っても良いのでは?

一方的に「お前はおかしい気がする。勉強せよ」ではなんの説得力もない。

anond:20180306180735

支配というのもちょっと眉唾だと思っていて、たしか選挙権であるとか財産権であるとかがないのは「現代価値観では」支配と言える。

しかし、それが「外敵から防衛」とか「収入(食料)」とかとトレードオフだとするなら、それは一概に悪とは言えないのではないだろうか。

トレードオフなのかどうかを決定する権限が、当時の女性には(男の決定によって)与えられていなかったことが

昔の男性の「支配世界」の源泉になっているので、その疑義は周回遅れ過ぎると思うよ。

当時の女性は、自分の力で未来を選ぶ権利を、誰か自分じゃない者から「与えられる/または与えられない」と勝手判断されてしまっていたということ。

自分権利自分安全を守りたい、と言うこと「すら」男から許されていなかったということ。

元増田は、そもそも自由権利平等意味ちょっとおかしい気がする。少なくとも基本の西洋哲学的自由平等概念をもうちょっと勉強してみても罰が当たらないと思う。

anond:20180306180055

元増田

一つだけ問題があるとすれば、「男としての役割」の中に、主に女を、(女だからという理由のみで)支配するという役割があったのが、

この支配というのもちょっと眉唾だと思っていて、たしか選挙権であるとか財産権であるとかがないのは「現代価値観では」支配と言える。

しかし、それが「外敵から防衛」とか「収入(食料)」とかとトレードオフだとするなら、それは一概に悪とは言えないのではないだろうか。

極端な役割分担として、バランスは取れていたのでは無いだろうか。

フェミニズム勝利した現代では受け入れられない価値観なのは間違いないけど。

それはさておき、

控えめに言った場合は、ノーカウントは言い過ぎかなかなとは思う。

↑の様に仰るが、貴方としてはどう表現される?

anond:20180306071538

引き続き、元増田です。

ただそういう人たちのことは置いておいて、今回の件は反対する側も強引だったように思います

たまに障碍者が何かしてもらったときの態度が横柄だと叩かれることがありますが、人の助けを通常より多く受けなければならない境遇にある人間は、常にこうべを垂れて生活しなければならないのかということが問題になります

その言い方に敢えて乗るなら、「常にこうべを垂れて生活しなければならない」のであります

人に負担をかけて、胸を張る理由がどこにあるというのか。

しろ「こうべを垂れる」程度で守られるというのは恵まれポジション。大半のひとは「こうべを垂れ」ても守られやしない。

現状、女性が守られるべきでない理由はこれとはちょっと違うと思っていて、

それは「守られることと引き換えにするもの放棄した」こと。

女性女性側の分業を放棄したうえで「守られる」のはフリーライド以外の何物でもなく、であるならば「こうべを垂れる」しかないのでは?

かに社会的にはもうそろそろ庇護は要らなくなってきた女性に対して、腕力の面では、腕力のある男性と比べて庇護対象である場合が多いという理屈は、

普段から女性に対してよい印象がない男性にとっては、飲み込むのにちょっと抵抗があるだろうなということは、想像に難くない。

何回か書いているが、男性に対して望んだわけでもない「腕力」を持ち出すのは、「暴力」であります

例えるならそれは、子供を産めることを特権だと主張する様なもの

現代社会では基本的に使い道のない、女性に向けて振るわない「腕力」を持ち出して「守れ」と迫るのは男性への「暴力」。

どっちもどっちなのですが、そこで男性はずっと女性庇護してきたんだぞというマッチョイズムで押し切るのはもうかなりの時代錯誤であるし、

差別という言葉ちゃんとした定義がなされていないまま宙ぶらりん、

女性フェミニズムという既得権を守ろうと必死な割に、「女性は全て弱いもので、必ず守られるべき」という大昔のジェンダー観を後生大事に持ち歩く。

ここも一緒くたにするには無理があると思っている。

男性が「女性庇護してきたんだぞというマッチョイズムで押し切る」ことは一応の筋は通せる。これから女性を守る前提ではあるが、「大昔のジェンダー観」という規範に基づく。

こういう主張の男性が、「女性は守らない」と主張すると途端に筋は通らなくなるが。その場合は当然、非難されるべき。

しかし、女性が「フェミニズムという既得権」によって得たのは「大昔のジェンダー観」とトレードオフなので、まったく筋が通っていない。

女性は全て弱いもので、必ず守られるべき」という価値観放棄するのはフェミニズムである以上、フェミニズムで得られたものを持ったまま「守られるべき存在」にはなりえない。

これは、現代女性の狡猾さ、傲慢さとして非難されるべきであろう。(もちろん、そう主張しない自立した女性は除く。)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん