「アニメーター」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アニメーターとは

2019-04-17

人間になった人魚姫の裸を数十年間オカズにしている話

世の中には誰でも知っている物語をこんな風に汚れた目で見ている奴もいる。

物心付いた頃から、世の中に存在する数多くの人魚姫絵本に対して、言いようのない困惑を抱いていた。

人魚姫、それは様々な子ども向けの読み物の中で唯一、女主人公が読者の目に全裸晒す場面のある物語だった。

幼少期の俺にとって、魚の尾鰭が人間の女の下半身にすげ替わった直後の人魚姫描写は、あまりにも衝撃的だった。

人魚達には人間のように、動きにくい服で生身の体を覆い隠す文化がない。

ほとんど生まれたままの体に装飾品をつけ、自由自在に海の世界を泳いでいる。

しかし、直前のページまで「人間ではない空想上の生き物」として許されていた人魚姫の姿は、人間下半身接続した途端、突然「子どもが見てはいけない生々しいもの」に変質する。

人魚姫人間になろうとして、何もわからないまま「なり損ねた」ぶざまで痛ましい姿が、あの裸身なのではないかと俺は考える。

実際、アンデルセンによる原作には、王子に姿を見られた人魚姫は、自分が何も身につけず裸であることに後から気づき、慌てて長い髪で体を覆い隠したという描写がある。

この恥じらいの描写は、人魚姫が目を覚ますまで、無言でその場に突っ立って彼女の姿を眺めていた王子の態度と併せて考えると、両者の間にいたたまれなくなるほど明確で圧倒的な力関係最初からあることを示しているように思える。

特に海外絵本挿絵にその傾向があるが、高貴な衣装で身を固めた王子が、恥ずかしそうな表情と共に髪や海藻乳房下腹部を隠している裸の人魚姫を見下ろしている構図は、見ていて心の奥がザワザワするほど暴力的だ。

かつて王子の命を救った尾鰭を自ら手放した今、高貴な人魚の姫はもはや空想上の美しい生き物などではなく、恥や罪や裏切り支配のある人間世界の一員、何も身を守るもののないか弱い全裸の小娘に堕ちてしまった。

人魚姫絵本で初めてオナニーを覚えてしまった幼少期から、こんなことを数十年間悶々と考え続けている。

正直恥じらいの描写だけではなく、人間の枠に収まるべきじゃなかった存在が、無理矢理人間に変身させられてしま理不尽自体性癖なんだと思う。

10代の頃からネット上で見つかる限り、世界中の人魚姫絵本画像を保存している。特に人魚姫人間に変身した直後の場面の挿絵執拗に集め続けた。

動画サイトに上げられている、この童話モチーフにした国内外アニメ作品(プロアマわず)のスクショもそこには含まれている。

気がつけばフォルダには2000枚以上の画像が集まっていた。

この物語時代地域を超え、世界中の人に愛されている証拠だ。

去年、最近人魚姫絵本萌え絵に寄ってきているとか、そもそも30年前から書店で売られている定番絵本画家は当時活躍していた有名なアニメーターだとか、そんな議論ネットの一部界隈を騒がせた。

俺にとっては今更な話だ。

子ども向け絵本に相応しい絵柄というもの時代によって変わるのだとか、特定の画風や表現に目くじらを立てる大人の方が歪んでいるのだとか、どちらも冷静で健全意見だと思うが、上記葛藤を長年抱えている俺個人にとっては疎外感しか湧かない。

絵柄がどうであろうと、この世で作品として表現された多くの人魚姫に対して、俺は欲情するし、ポルノのように見なしてしま事実がある。

絵本を生み出し子どもに届けることを職とする人々には、こんな読者がいることを心から申し訳なく思う。

しかし、原作の内容からして、やはり人魚姫は初めから人の心の後ろめたい部分を刺激する歪さを含んだ物語だったのではないだろうか。

人間への変身を遂げた直後の人魚姫の肢体を、露わに描くことの是非は正直わからない。

わざと扇情的に描くこともないんじゃないかと思う。そんなことをするせいで俺のような変な人間が出てしまう。

あくま自分体感だが、実は2010年前後から子ども向けの読み物における人魚姫挿絵表現に変化が現れつつある。

2010年代(ゼロ年代からそうだったかもしれない)の人魚姫達は、痛ましい裸体を王子や読者の目に晒すことが前よりも少なくなった。

浜辺に倒れて気を失っている人魚姫は、何も着ていないのではなく、鱗が変化したと思われる可憐ドレスを予め身に纏って描かれるパターンが増えている。

俺は正直、その傾向にものすごく安堵している。

もう欲情しなくて済むし、後ろめたさを感じなくてもいい。

作家達は最初からそう表現すればよかったのだ。

そうすれば人魚姫の清純さ、可憐さ、儚さ、気品は十全に表現される。

さっきまで被服の概念のない無垢世界で生きていたせいで、自分を愛さない男の目に一糸纏わぬ裸体を晒す、愚かで無知少女はいない。

俺は間違いなく、おそらく意図的にこんな理不尽無垢で蠱惑な物語歴史に残したアンデルセンを、良くも悪くも一生恨み続けることだろう。

追記

向こう見ずで愚かな少女の憧れが、最後宗教的に高尚な愛と犠牲の境地に昇華していく話だというのは理解しているんだけど、なんかそこに至るまでの過程に、清純になりきれないエグみやエロさが含まれているような気がする。

たぶんそれも原作者の計算の内なんだろうな。

個々の絵本アニメのような派生作品には、言いづらいけどオカズを探してたはずなのに純粋芸術性の高さに圧倒されてしまうような素晴らしいものも多い。特に東欧絵本とかすごい。

どちらかといえばアンデルセンだけじゃなくて、数年周期でよくネットで「人魚姫絵本エロい」と騒がれる絵(30年前からおそらく今に至るまで日本で1番手に入りやす人魚姫絵本が出典)を描いた高橋信也さんにも複雑な気持ちを抱いている。

エロ目的で描かれたものじゃなく、社会で広く受容されているし文化的にも高い評価を受けている作品を幼少期からずっとオカズにしていることは、とてもじゃないがこの先なかなか打ち明ける場がないだろうと思ったので、一度言葉にしてみたかった。

4/17追記

これを投稿して16時間後の今、「王様の耳はロバの耳」の床屋のような気分でいる。肩の荷が降りた感じだ。

訂正すると、画像が2000枚あると書いたのは多少不正確だった。

人魚姫関係以外の非三次元オカズ(MtFTSFとか)も合わせてまとめたフォルダ画像の総数が2500枚程度だった。

実際にあの場面の画像を今まで確認収集できている人魚姫派生作品の数は、300前後になる。1作品から複数画像を保存する場合が多いのでこうなるんだろうな。

基本的に俺は変身前の人魚姫の姿で抜くことができず、本当にピンポイント人間になった直後のあの場面だけに欲情してしまう。なので人魚の姿での画像は集めていない。

加えて、子ども向けとはいえ裸の少女が描かれている微妙な場面の画像が、人魚の姿での明るい表紙絵や、華やかなドレスを纏った終盤のシリアスな場面の挿絵に先んじてわざわざネットに上がる頻度は、やはり少ないと言っていいだろう。

こんな目的意識を持ってネットの海を長年徘徊していると、海外人魚姫好きが日本東映が昔作った長編アニメ映画とディズニー版を比較したレビューを書いていたり、ディズニー版はディズニー版で色々な(俺のようにおそらく性の目覚めを奪われてしまったのだろう人間を含めて)ファンがいたり、ニコ動ボカロ曲アンデルセン原作通りの筋書きを教えてくれる作品としてyoutube投稿者の間で何年も根強い人気を持っていたり、sim人魚姫物語再現する動画投稿者が定期的に現れたり、各国で様々な人魚姫が作られている様子がわかったりと、とにかく色々な受容のされ方を目にする。

そこで起きている現象自分しか知らないままでいるのは何となく惜しいような気がするので、具体的にこの派生作品のここがエロいと感じてしまうという懺悔を含めて、ろくなものにならないだろうが雑な考察をまたいずれ投稿するのもありかもなと考えている。

4/18 再々追記

ブコメの中に池田浩彰さんの名前が挙げられていたので回答します。

あの本は確か残念ながら絶版になっていたはずだけど、小学生の頃に図書館で見た時はかなり動揺した。

人魚デザイン(知らなければ画家名前でググってほしい)もそうなんだけど、画風の美麗さといい、しっとりと柔らかそうな人体描写といい、一度見たら忘れられないような印象の強さがある。唯一無二。普通に絵画として好きだけど、色々な気持ちになる。

この投稿を読んで実際どんな派生作品があるのか調べてみたくなったというブコメもいくつか見かけるけど、個人的には「little mermaid andersen」とか「人魚姫 絵本」とかに色々な単語(legsとか裸とか)を加えながら、グーグルyoutube、あとピンタレストでもずっと黙々と検索していた。

英語もいいけど、youtubeだとフランス語スペイン語、あとイタリア語とかで「人魚姫」を意味する言葉検索しないと辿り着けない動画も色々ある。正直その辺の検索ワードウィキペディア人魚姫記事の各国語版を参照しながら、読めなくてもスペルがそれっぽい単語を勘で拾って打ち込んだりしていた。

誰得なんだろうなこの告白

つのまにか性癖の話は脇に置いてでも、一つの童話に対してあれほど多様で豊富派生作品存在する様子を誰かに知ってほしい気持ちが湧いてきた。

実際に集めた画像を見てみたいというコメントもあるけど、しかし、その多くはそもそもエロ目的なんかじゃなく純粋作品紹介のためにネットに上げられたものが大半なんだ。

なのでこういう目線の語りに直接並べてしまうと何というか、いよいよ申し訳なくなってくるからたぶん無理だ。面目ない。

2019-04-10

外資流入日本アニメ業界改善してくれーって言うけどさ

そうなったら表現についてアレやコレやと絶対いちゃもんつけてくるでしょ

アニメーター待遇改善ができても表現の自由を手放したら意味がない

アニメ業界は残ってもアニメ自体は確実に死んでしまうんだよ

黒船は追い返さなければ永遠の暗黒が始まってしまうのだ

2019-04-09

anond:20190409225955

クオリティが低いのって明らかに(優秀な)アニメーターの数のキャパ越えた制作本数から来てるだけでしょ

もしくは乱暴スケジュール管理作画監督乱立みたいな質の統一ができないことが原因なわけで、制作本数が減ることや製作期間が伸びることに関しては何の問題もないんじゃない

困るのはアニメに何の興味もないテレビ屋や投資家だけでしょ

でもお前ら、アニメ制作会社労働基準法に乗っ取ってさ

一作当たりの単価が高くなって、旨みがないビジネスになって

企業が軒並み撤退したりさ

製作期間も伸びて現行のエヴァすらぬるい待ちぼうけ食らったり

作画枚数やクオリティ劣化したり

ワンクール製作本数が極度に減りだしたら困るんだろ?

 

おまえらは今のペースのままアニメーターが食いつなげるとか

夢みたいなこと言ってるけどさ

結局のところ、ほとんどのアニメーター下請けな訳じゃん?

 

低賃金からこそ成り立ってたビジネス

何のノウハウもなしにいきなり高付加価値のモノになれると思ってるの?

自分の見たい、ジャンクフードアニメがぜんっぜん世に出回らなくなってもいいの?

付加価値商品絶対になれば当然、萌えアニメみたいなニッチかつ安物を好むセグメントは無視されて、

ディズニージブリライクな作品しか出されなくなるぞ?

 

 

 

 

もっと正直になれよ

「いや、アニメーター保護とかあれはフリだから ホント自分が消費するアニメの方が大事よ」

ってさ

GAFAを嫌いつつネット浸りになってる意識高い系みたいだぞ、おまえら

anond:20190409205852

実家住みの子供部屋おじさんにアニメーターになるような気力はないだろ

アニメーターって殆ど実家住みの子供部屋おじさんだろ?

じゃあ低収入でもやっていけるし別に良くね

2019-03-27

声優とかラノベ作家とか漫画家とかアニメーターかにネトウヨ多すぎなのだ

ろくな教育を受けてないからそうなるんだろうなあ

2019-03-19

anond:20190318170910

キャラクター供給源がアニメ以外にも出てきたことが大きい。

アニメよりも低予算キャラクターを作って展開できるようになったのはブレークスルー

アニメーターはアニメ作るよりもVtuber作った方が下積みをショートカットできるよ。

2019-03-15

anond:20190315161755

ピクサーアニメーターとして雇われるハードル日本より高そうだけど

相当技術ないと無理なんでないの?

ピクサーアニメーターってほぼ残業なしで年収600万ぐらいらしいね

市場規模の違いはあるだろうけどなんでこんなに差があるのかなぁ。

2019-03-11

2019/03/11 ヤマカン怒りのブログ連

なげーよワロタ、消されるかもしれんからこっちでまとめてみるか

---

WUG』はこうして壊れた:①Ordet破綻の経緯

2019/03/11 19:00

弁護士先生リリースにもある通り、この度破産に至りました。

その文章にもある通り、僕にとっては何から何まで、実に不可解で不愉快ものです。

これは「自己破産」ではなく、「他己破産」なのです。

実に不可解です。

債権者破産申し立てをすることは非常に稀なケースだと聞きました。

まぁ、何らかの「嫌がらせ」の要素が含まれているのでしょう。

私の今般の不可解な破産に至るまでの経緯を、誤解なきようご説明しようと思います

それには、今まで敢えて黙っていた、『Wake Up, Girls!』の制作で何が起こっていたのか、そしてどうして僕は監督を解任されたか、それに触れるしか、いや、精細にご説明する他ありません。

尚、伝聞による不確実な情報は極力排除していますが、僕の推測は付記しています。でないと登場人物が多すぎて、ややこしいのです。

ですから僕の主観がどうしても混ざりますしかし、でなければ理解しようのない事実なので、十分にご了承ください。

これに関しては多くの「極悪人」が登場しますので、本当にちょっとややこしいかも知れません。非常に長くなるので、数回に分けます

まず、『WUG最初シリーズまで戻ります。『七人のアイドル』と最初TVシリーズタツノコプロ元請け制作され、資金面不安はわれわれOrdetにはまったくありませんでした。

しかし、そのタツノコまさかの激変をします。

制作途中で日本テレビに買収に遭うのです。

んなアホな!と思いましたが、『WUG』旗振り役の一人だったT社長が、ここで社長解任となってしまます

T氏は何とか『WUG』だけは関わらせてほしいと懇願したそうですが、それもかないませんでした。

WUG』は制作から製作まで、結局発起人が誰も残りませんでした。それだけ呪われた作品だったのかも知れません。

こうして『WUG』の最初シリーズは大混乱のまま、それでも残ったスタッフ達の火事場の団結力によって、作り切ったのです。

しかし、ご存知の通りタツノコ激変の影響は作画に出ました。

(厳密にはタツノコではなくてグロス請けしたG社と後述するM社という二つの超絶ゴミ会社なのですが)

僕はTwitter上で「責任を持って直す」と宣言します。所謂パッケージリテイクです。

責任はむしろタツノコにあるはずなので費用負担をお願いしましたが、彼らは「リテイクは自分達の仕事ではない!」と言い切る始末。

そもそも経営母体が変わり、責任者がいなくなったので、交渉のしようがありません。

止む無くOrdet資金持ち出しでリテイク作業をすることになります

そのリテイク費用会社財政を急速に圧迫しました。Ordetは総勢10名足らずの小さな会社です。

これを埋め合わせるには、『WUG』の新作になるはやで手を出すしかない。

しかし、ここでまた変化が起こります

Ordetの「親会社」が、契約上傘下会社の全作品元請け会社制作管理会社)になるという決定でした。

これまたなんのこっちゃ?でしたが、要は予算の5%を管理費として抜きたかっただけのようです。

最終的に、この「親会社」のM氏が、最終的な「ラスボス」になる訳です。

それだけならまだいいのですが、重要なのは予算の決定権が「親会社」に移ってしまったということです。

委員会との予算折衝は、系列会社のL社の社長・S氏が行いました。

ひとり目の「極悪人」です。

え、彼がやるの?と思いましたが、こちらとしては会社破綻する前に予算が降りてほしい。だからこの決定に従いました。

で、案の定安かった。(もう書いちゃいますが、1億6000万円です)

なんでここで値段を吊り上げられなかったのか解りません。

しかしS氏はいくつもの作品でこっそり中抜きをして、バレて問題にもなっている男です。

恐らく『WUG』でもなんらかの工作が行われたのでしょう。

ここで僕には後悔、いや落ち度があります

無理して『WUG』の続編を作る必要はなかったのです。

「この予算じゃできない!」と突っぱね、現場を止め、最悪一時解散しても良かった。

それができなかったから大きな悲劇が生まれたのです。

経営者としてのミスです。

しかし、当時の僕は『WUG』への愛が勝ってしまった。

アイドルアニメは旬物だ、それをずるずる引き延ばす訳にはいかない、そんな強迫観念もありました。

それと、僕はそれ以上の大失策を犯します。

共同制作相手にM社を選んでしまったのです。

実は当初、「親会社」の傘下でS氏の経営するL社が制作担当するという案が出ていました。

僕もその前提で進めていた。

から予算交渉も彼がやったのです。

しかし、彼は直前で逃げた。

恐らくですが中抜きだけして、作るのは面倒そうだから逃げたのでしょう。

(因みにL社は『WUG』のTVシリーズを一本担当し、これも渋い出来でした)

僕とは確かに約束したはずなのですが、「タイミングが合えばやると言っただけだ」、とまぁ、狡猾な断り方をされました。

L社を当てにしていた僕は慌てました。

タツノコに頼むのはもちろん大混乱状態で無理です。

そして止む無く、M社のプロデューサーN氏に声をかけたのです。ふたり目の「極悪人」です。

N氏に対しては、『WUG』の制作から声をかけていました。

M社の設立を知って、そしてそこにはN氏の旦那のI氏も中核にいて、今は新人だらけだろうがやがてどんどん育てていく、という考え方にも共感し、手伝ってほしいと提案しました。

から最初の『七人のアイドルからM社は参加しています

しかし彼らがグロス請けした話数は、みんなが見て「?」となるものでした。

僕は発展途上の会社からしょうがない、と考えたのですが、何のことはない、あれが彼らの実力だったのです。

それはかの「新章」を観れば明らかです。

とにかくOrdetには「プロデューサー制作プロデューサー)」がいなかった。

僕は何人も誘いましたが、呼んでこれなかったのです。

それがOrdetの最大の弱点であり、致命傷でした。

まぁそんないきさつがありますから、僕にまったく非がない訳ではありません。

しかしここから、長い地獄が待っていました。

avexからのオーダーは「『七人のアイドル』的な劇場中編二本」というものでした。

僕らの制作能力考慮して、TV二期は当分無理だろうと判断したのです。

それと「まず作画を立て直すこと」、それを強く要求されました。

ここで三人目の極悪人avexプロデューサーのH氏が登場するのですが、まだ当時は抑えめで、好意的でした。

理屈も通っていた。

WUG』は七人の稼働も含め、長期計画で進められていました。

幸い七人のライブイベント稼働が波に乗り始め、プロジェクト全体の収益は上がりつつありました。

avex的には本人達の稼働でがっつり儲け、それをアニメに投下して確実に牌を増やす、という「永久機関」的戦略を立てていました。

(これはH氏本人の口から聞きました)

一方で僕は、アニメとしての『WUG』は6年を目途に終わらせる、あとは好きにやってくれ、という提案をしていました。

解散」まで描く、というのが最初から僕の大方針だったのです。

それはともかく、「第二期(続・劇場版)」は事実上60分×2本、気が付けば劇場作品並みのボリュームです。それを1億6000万で作れというのは、無茶です。

(因みに2016年に大ヒットした某作品は3億、同時に大ヒットした某作品は2億5000万で作られました。後から知るのですが……)

しかし当時の僕は、Ordet財政状態、そして『WUG』への愛が勝ってしまい。これを呑んだ。

こうして、事実上メインスタッフOrdetで、制作母体はM社で、予算的にはOrdetがM社を丸抱えする状態で、かつM社にはOrdetと同じ敷地内に入ってもらい(そのために敷地拡張しました)、『青春の影』の制作スタートしました。

しかし、制作能力作業量、更には地代家賃も含めて、スケジュール予算釣り合うものではありませんでした。

僕は演出作業効率を優先して、コンテ・演出処理を分担しました。

しかし、作画がどうにもならない。M社ではアニメーターが集まらないのです。

こちらも何とか分担しようと声掛けしましたが、「N氏の下ではやりたくない!」と言われたり、困り果てました(ガイナックス出身Kさんなど)。

でも課題なのは作画回復する」。

近岡さんはそれを重責と考え、レイアウトから修正をかける覚悟でいました。

事実M社のレイアウト原画の上がりはお世辞にも良くなく、TVシリーズでもこりゃ無理だ、という上がりでした。

僕らはそれを何とか直し切ろうと奮闘しました。

演出的には山崎雄太さん、『戦勇。からのお付き合いの有冨興二さん、そして久しぶりに帰ってきた京アニからの後輩・渡邊政治

このメンバーで乗り切ろうと考えました。

僕はその間に『Beyond the Bottom』のコンテを描き進めました。

しかし、作画がどうしても足りない。

加えて近岡さんの責任感がボトルネックとなり、カットの流れが遅くなっていきました。

ここでN氏はどうしたか?どうもしなかったのです。

OrdetスタッフOrdet管理してくれ」と、スケジュール交渉からから何もしなかったのです。

この人は典型的な「現代型」プロデューサーでした。コミュニケ―ションをあまり取らず、自分の言うことを聞く人間には偉そうにするが、実力派アニメーターとは何の会話もしない。できない。

困ったらスタッフ内緒海外にぶん投げて、適当に納品する。

ガイナックス時代からそうだったようです。うっすらとKさんら、ガイナックスOBから警告を受けていました。

しかし走り出した以上は何とかするしかない。僕は途中から社長プロデューサー兼任して、近岡さんと向き合い、カットを少しでも出すようお願いしました。

「このまま現場崩壊したら、僕らが護ってきた『WUG』も崩壊する!」と、二人で涙を流し、奮闘しました。

しかクリエイタースピードが急に2倍も3倍も上がるはずがない。

そうこうする内に、N氏の悪い癖、スタッフに黙って海外にぶん投げるという作業が始まってしまいました。

それを近岡さんが逐一直し、撒き直すという、今から思うと不毛作業が始まりました。

予算的にも無駄でした。

しかしN氏は近岡さんと一度も向き合うことなく、自分の「癖」を優先したのです。

そもそもこの人は、ガイナックス時代経験からクリエイター恐怖症だったのかも知れません。

そこで登場するのは、クリエイティブ上の最大の「極悪人」、I氏です。

N氏の旦那である彼が事実上M社の司令塔です。

恐らく海外へぶん投げたり、見当違いな、ハチャメチャな作り方をするのも、元は彼の判断でしょう。

(それは「新章」を観れば一目瞭然です)

それでも最初は友好的だったのです。皆さん覚えておいてください。「サイコパス」とは、最初は友好的で、弁が立ち、情に訴えかけるのが非常に上手いのです。

僕もそれで、油断しました。

しかし、そんなこんながありながら、『青春の影』は、多少公開時期はずれたものの、何とかクオリティ担保し、完成しました。

ホッと胸を撫でおろしたのもつかの間、この後最大の試練が待っていたのです。

制作予算が尽きたのです。(つづく)

WUG』はこうして壊れた:②Ordet破綻の経緯(中)

2019/03/11 19:05

青春の影』をなんとか作り終えた私達ですが、『Beyond the Bottom』は予算的にも、スケジュール的にもかなりの苦戦が予想されました。

その間に何を思ったのか、Ordet社内に間借りの状態だったM社が、突如Ordet敷地を出て、今のスタジオ移転してしまます

一見そんなに大きな問題ではないように見えるかも知れません。しかし「予算的には丸抱え」の約束なので、Ordetは出て行かれた敷地と彼らで勝手に移った敷地の、両方の地代家賃を支払うことになったのです。

ここから彼らの身勝手な、いやそれ以上に意味不明な行動が始まります

僕は追加予算を「親会社」に要請し、スケジュールの延長をavexに訴えます

でないとマトモなものができない、TV1期の二の舞だ、と。

親会社」はこの段階ではそれを飲み、最大6000万円の追加予算融資として工面してくれることになりました。

avexとも前向きな交渉を続けていました。

しかしそれに反旗を翻したのは、他ならぬM社です。

スケジュールが超過したら、自社の次の仕事に影響して、作業できなくなる!」というものでした。

しかし結果として、M社のその後の作品短編と、ほぼ3Dの作品の一部2Dパートのみで、作業量としては大したことはなかったのです)

これも後から周囲に言われるのですが、要はN氏・I氏は「自分の思い通りにならないと気が済まない」性格だったのです。

それを『青春の影』ではOrdetに善人のフリして合わせ、しか海外へぶん投げたもの勝手に直されたり、そのフラストレーションが蓄積されたのでしょう。

そこからの彼らのヒステリー尋常ものではありませんでした。

まずはコンテの修正要求してきました。

曰く、「七人の登場を減らせ」というものでした。

七人描くのは作業量的に大変だから、七人を映すな、というものです。

しかWUGは七人の物語なのだから、七人を映すしか映像文法上ありえません。無茶な要求でした。

その後「新章」ではっきりと明らかになりますが、彼らにとって大事なのは作業効率(=いかに楽できるか)であり、作品の内容や設定、クオリティは完全度外視だったのです。

僕は、噴き出しそうな怒りを必死に堪えて、カットのつながりがメチャクチャになるギリギリまで堪えて、カットを削りました。

それと、以下の某演出ブログに書かれた「僕の手元にカットが溜まった」事件

http://d.hatena.ne.jp/mitahiroshi/mobile?date=20170801

この輩、他の件でもネットメチャクチャに言われ、その都度良く解らない言い訳をしているので、まぁそういう奴だったのでしょう。

サボってるどころではない、僕は正月返上で『青春の影』のチェックをしながら『BtB』のコンテを進めていたので、いつ休んだかも憶えていません。

僕は演出スタッフは『青春の影』のままで、なんとかスピードを落とさぬようクオリティ担保して作業できるよう考えていました。

しかしM社が、というかI氏が突如要求してきました。

この演出陣のひとりで、近年僕の片腕的存在となっていた、有冨さんを降ろせというものでした。

有冨さんは『青春の影』で、M社の特に新人達の担当するパートを見なければならなくなり、上がりの状態も悪い中、新人教育意味も含めて、丁寧に指導してくれました。

それが、M社の作画を統括するI氏の逆鱗に触れたのです。

「俺の教え子に手を出すな!」ということだったのでしょう。

有冨さんはジブリ上がりの職人肌で、演出家としても大ベテランです。

間違ったことを言うはずもなかった。

一方で間違ったことばかり言うのはI氏の方でした。

ちょっと専門的な話になりますが、彼の下に付いていた新人演出君は、『青春の影』カッティングの際に全てのセリフカットから始め、編集さんを怒らせました。

「これ、なんでこうなってるの?」

「いや、Iさんにそうしろと言われたから……」

こりゃいかん、可哀想だと思って、僕は最低限の「常識」を、新人演出君に教えておきました。

あんまり彼の事信用するんじゃないよ」

これもI氏の逆鱗に触れたらしく、新人演出君は『BtBから一旦外れました。

ともあれ、Bパートのコンテが上がったにも関わらず、その演出担当するはずだった有冨さんに、仕事が行かなくなりました。

僕は大分抗議しましたが、なんせN氏・I氏のヒステリーです。聴き入れる訳もありません。

落胆した僕は、でもまだコンテ作業が残っている、せめて代わりの演出を立ててくれ、とM社に要求しました。

しかし、それから1か月以上、何の音沙汰もなかったのです。

完成したBパートのコンテ、200カット以上が、僕の机に眠った状態になったのです。

え、どうなってるの?と業を煮やした僕がM社に問い合わせると、

「とりあえず監督が持ってほしい」

というものでした。

は?と呆気に取られました。え、これ、俺のせい??

スケジュールがどうだ、間に合わないからどうだとかキーキャー言ってたのに、コンテ1か月眠らせて、俺に押し付けるの??

正直言ってここで独断でM社を斬り捨てるべきでした。

しかし思い出してください、制作管理は、「親会社」なのです。

融資を取り付けた状態で、「親会社」に訴えて、M社とは馬が合わないから、切り離してくれ、とは、なかなか言えなかった。

なぜか件の某演出家のブログでは「俺が全カット見る」ということになっていましたが、完全にN氏・I氏の嘘でしょう。

それはもう皆さん容易に想像がつくと思います

僕としてはどうしようもない、宙に浮いた200カットを持って、途方に暮れました。

そしてその間に、N氏・I氏による「乗っ取り計画が、着々と進んでいたのです。(つづく)

---

全部繋げたら匿名ダイアリー勝手に切ってしまったので

つづきはこちら(結局意味がないやんけ!) → anond:20190311205531

2019-02-25

アニメーターとか保育士とか

給料低いってわかってるのになんでこの仕事選んだの?

いや何も技術資格もないなら低い給料に甘んじるのは仕方ないけど

一定以上の技術を身につけたり、そこそこの資格取れるくらいなら他の道があるはずだと思うんだ

なんで?バカなの?なんか理由があるの?

anond:20190225113708

ほんまこれ 

ボジョレーヌーボーが美味いとかいってるやつはぶどうジュースのものさしをわざわざワインに持ち込むヘンタイなのに

なんで日本ではこれが一般的なっちゃったのだ

アニメーターがつるっとして書きやすい服とか人体ばっかり書きたがるから

[]2019年2月24日日曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
009417083181.746
01100912891.345.5
02375358144.857
0325222589.038
04112723247.592
05304536151.295
06192037107.235
0744363382.639
0864547385.536.5
0954530898.336.5
1069636992.335
1169571182.841
1287793791.234
136415171237.040.5
1465542383.437
151131098997.237
16141849660.334
17138897365.027.5
187812441159.534
1910112965128.443
20105690565.832
211051004695.740
2212519789158.361
2312916345126.753
1日1867205064109.840

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

人(172), 自分(133), 話(87), 今(82), 女(67), 男(58), 前(55), 日本(53), 人間(51), 感じ(49), KKO(48), 好き(47), 仕事(44), 気(44), 増田(42), あと(41), ー(40), 金(39), 相手(36), 清潔感(35), フェミ(35), 関係(34), 女性(34), 意味(34), 別(34), 頭(34), 言葉(33), 問題(33), 手(33), ただ(32), 最近(32), 普通(32), 理由(32), 時間(32), 顔(31), 必要(31), 社会(30), 会社(30), 結局(29), 場合(29), レベル(28), ネット(28), 理解(28), 一番(27), 子供(27), 時代(27), 自称リベラル(26), しよう(26), キモい(26), 他(26), 他人(26), 💩(26), ゲーム(26), バカ(26), 目(25), 人生(25), 今日(25), 表現の自由(25), オタク(25), 日本人(25), 無理(24), 世界(24), 現実(23), 気持ち(23), 勉強(22), w(22), 存在(22), 心(22), 昔(21), 一つ(21), 正直(21), スマホ(21), 一人(21), 嫌(21), アホ(21), ゴミ(20), しない(20), 美人(20), 結婚(20), 全部(20), 誰か(20), 自殺(20), 笑(20), 結果(20), 名前(20), 友達(19), 差別(19), 主張(19), 場所(19), じゃなくて(19), 家(18), 先生(18), 状態(18), 子(18), 簡単(18), 海外(18), モテ(18), 会話(18), 爪(18), 規制(18)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

日本(53), KKO(48), 増田(42), 清潔感(35), フェミ(35), キモい(26), 自称リベラル(26), 表現の自由(25), スマホ(21), w(21), 笑(20), じゃなくて(19), 可能性(17), イケメン(16), ルッキズム(15), わからん(15), 自民党(15), キモ(15), 表現の自由戦士(15), 東京(14), マジで(13), エビデンス(13), AM(12), PM(12), 元増田(12), なのか(12), キチガイ(12), 社会的(11), アメリカ(11), 被害者(11), ツイッター(10), いない(10), 2019年(10), ニート(10), ババア(9), 平成(9), 自分たち(9), グローバルスタンダード(9), ワイ(9), コミュ力(9), 韓国(9), ブログ(8), 昭和(8), 二次創作(8), 1人(8), t(8), ブサイク(8), togetter(8), 普通に(8), 個人的(8), twitter(7), ネトウヨ(7), article(7), 外国人(7), 加害者(7), 1日(7), 肉屋を支持する豚(7), 発達障害(7), まんこ(7), 漫画家(7), マウンティング(7), 1回(7), 最終的(7), 爪切り(7), 非モテ(7), 何度(7), 同人誌(7), A(7), 表現規制(7), co(7), 大企業(6), ネット上(6), モテ(6), 欧米(6), 経営者(6), 出版社(6), 赤松健(6), 日本女性(6), 分からん(6), 2人(6), OK(6), wikipedia(6), 知らんけど(6), リアル(6), ブコメ(6), …。(6), ツイート(6), Twitter(6), B(6), ブクマ(6), モテる(6), 基本的(6), スクショ(6), 必要条件(5), 学級委員(5), yahoo(5), はてブ(5), 価値観(5), 日常生活(5), プレイ(5), ヤバい(5), 女に(5), なんだろう(5), 北海道(5), 就活(5), 学級委員長(5), Wikipedia(5), ガチ(5), なんの(5), 消費者(5), 自民(5), gt(5), E(5), 文化庁(5), it(5), 2月23日(5), 中国(5), クンニ(5)

本日の注目単語 ()内の数字単語が含まれ記事

赤松(12), KKB(10), 2月23日(5), 赤松健(6), 2月24日(4), シャイン(3), CCS(5), 坂本(3), キチン(4), グローバルスタンダード(9), 学級委員長(5), 咲か(3), 団結力(3), 油田(3), 元の木阿弥(3), 表現の自由戦士(15), ルッキズム(15), 清潔感(35), AM(12), 爪(18), PM(12), 清潔(16), インテリ(8), 不細工(13), 日本女性(6), 表現の自由(25), 💩(26), コミュ力(9), おしっこ(7), KKO(48), 犯し(7), エビデンス(13), 正社員(17), 自民党(15), ブサイク(13), 同人(13), 腐っ(10), モテ(18)

頻出トラックバック先(簡易)

anond20190221171918 /20190223180505(12), ■パソコン通信とかインターネット黎明期テーマにしたおすすめ作品 /20190223234827(9), ■世界学級委員長だらけだったのか? /20190223132348(8), ■大学生卒業論文っていったい何の意味があるの? /20190224013321(8), ■日本で一番優れた気候地域はどこか /20190224151657(8), ■メンタル系の医者って意味あるの? /20190224162707(8), ■会社って学校じゃん /20190223150633(8), ■スタバギャン泣きする子どもに遭遇した /20190224130707(8), ■anond20190222122135 /20190224074359(7), ■2014年に新卒入社した奴が退職すると聞いて驚いた。 /20190223204420(7), ■KKBBA(キモくて金のないババア)って何でやたら上から目線なの? /20190224112734(7), ■なりたい人が多いかアニメーター給与が低い /20190224080710(6), ■なんで男はちんちん拭かないの? /20190224000709(6), (タイトル不明) /20190224150405(5), ■今日寿司を食べに行った話。🍣 /20190223234559(5), ■ /20190224124532(5), ■歯列矯正して人生終わった /20190224154150(5), ■暴言 /20190224143214(5), ■恥ずかしいアパート名をつける貸主 /20190223171721(5), ■二度と聴きたくないは傷ついた /20190223170248(5)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

6051679(6793)

2019-02-24

なりたい人が多いかアニメーター給与が低い

ってほんとに?

野球選手とかサッカー選手とか医者は低くないじゃん。

野球とかサッカー底辺はわからないけどさ。

2019-02-19

東京いたころ、知り合いの知り合いに会わせてもらったことがある

その人はなんとアニメーター伝説エロアニメバイブルブラックを描いてたと聞いて感動して握手してもらってしまった

しか女性だったんだよ

いろんな意味ですげーなと思った

2019-02-15

なすために期待してると嘘をつく人

たまにいるよね

anond:20190214110242を読んでること前提で書く。

まずいわゆるフォトリアルさを足したディズニー的なアニメーショントゥーンシェーダーの差で話すのなら

当然だけどもペーパーマン名前が出てこなければいけない。

ペーパーマンディズニー短編アニメーションで、手描きのアニメーション意識して作られている。

一般的セル画調よりも少し柔らかい画づくりではあるが、2Dアニメーション再現としてかなり完成度が高い。

これにはからくりがあって、線についてはアニメーターが実際に描いたものを使っている。

以下のリンクメイキングがある。

https://www.youtube.com/watch?v=TZJLtujW6FY

これによると、頂点の移動情報を利用して、アニメーターの描いた線をほかのフレームに合成していくようだ。

とても面白い技術だと思うのだが、これにいったいどうやって限界を感じるのだろうか。

あるいは、ちょっと広く見てNPR(実写風でないレンダリング方式のこと)でみればギブリーズの水彩コンポジットというのがあって

これ多分10年以上前からあるんじゃないかと思うんだけれど

以下のリンクを見てもらいたい(ちなみにこれは前身サイトから転載された記事

https://aqu.hatenablog.com/entry/20120622/1340324416

とても良い出来だと思う。とりあえず、10年以上前から当然このような考え方があることを知れ。

また、ここ最近プリキュアエンディング、あれの後半はunityを利用したものだと知っているだろうか?

サンジゲン自動机に頼らない道の一つとして、アンリアルエンジン選択したことを知っているだろうか?

その過程PSOFTがアンリアル用にpencil+を開発したことを知っているだろうか

もしくはブコメに書いてあった、嘘パースや、見る角度によってキャラの顔の造詣が変わる、なんてことは当たり前の話で

後者に関しては、MODOなんて糞マイナーソフトにさえスクリプト提供されていることを知っているだろうか?

もし知らないのであれば、口が裂けても"期待していた"なんて言えないはずだ。

だって期待しているのなら、興味があるのなら調べていて当然だもの

正直言って私はNPRで映像を作るならスパイダーマンが限りなく正解に近いと思ってる。

セル画調のシェーディングにはそこまで期待していない。

なぜならセル画調でがっちり詰めようと思うと、けっきょく手で描くのとそこまで変わらない手間がかかってしまうからだ。

なんなら、3D業界のほうが幾分かまともだから、金で言えば高くついてしまう。

からギョーカイ人はまともに手を出さないんじゃないかなと思ってる。

例えばSIROBAKOで3Dの爆発ってだせーよなと例が出てたけれど

あんなもん、素人でも1日でできるレベルパーティクル表現なんだよ。

それをわざわざ例に出すってことは、アニメ関係者の3Dに対するリテラシーが低いってことなんだよ。

からNPRがまるで新しい表現ってのはちょっとむつかしいと思う。

出てくるならオタクコンテンツであっても別のルートから(例えばそれこそVtuberとかね)だと思う。




とはいえ、まるで素晴らしい作画がタダに近い価格で出てくるなんて思い込んでる糞野郎どもには一切響かないだろうな。

なんでディズニークオリティアニメテレビで流せないんだ!ってそりゃディズニークオリティを出せる予算がねえからに決まってんじゃん

で、なんでそんなことになってるかっていえば今まで異常に安い単価でアニメーター作画描かせてたからじゃん。

アニメは安くできるとか思ってるかもしれないけど、無理矢理作ってるだけだからさ。

映像のことになると銀の弾やら、魔法の杖で作ってると勘違いする人がいるけど、そんなわけないからさ。

とはいえ映像の末端(アニメじゃないけど)にかかわってる人間から言わせると、

お前らの言ってること予算範囲でやっておりますけど(笑)って感じでさ、

アニメの造詣の崩れとかもそうだけど、後から2Dぽくするとかさ、法線いじるとか

3Dでやって成立するようなキャラデザ(それこそシドニアとかコザキユースケはそうだよね)を選ぶとかさ

全然やってるわけよ、予算内ならね。

から、本当にトゥーンシェーダーに期待してるんだったらちゃんと調べたり勉強とかしたら?

まあさ、適当ものいってシコシコしようと思ったら叩かれて焦って「期待してる」なんていっただけなんだろうけど。

anond:20190214110242

そもそもアニメ会社は金がないのがヤバイ

トゥーンレンダリングなんてのは最近ゲームほとんど使われないから、

本当はアニメ会社が金だしてトゥーンレンダリング技術推し進めるべきなんだが、

アニメ会社にはぜんぜん金ないから、とてもじゃないが人月100万以上するCGエンジニアは雇えない

悲しいかゲーム関連の3DCG技術をそのまま転用するしかなくなっている

で結局、3DCGレンダリングしたあとにアニメーター手書きで直すor描き足すというお金がかからない方向へ行ってしまった、というソリューション

手書き修正では人力勝負になり、スケールできる技術的な発展が望めなくなった

2019-02-14

anond:20190214110242

アニメCG導入は、HDTVに対するYoutube みたいなもんで、一旦、高画質よりも利便性を選んで退化してからその後で進化させてテレビよりいいものにする戦略と同じ。

そりゃ、手書きのとんでもないクオリティ作画できるアニメーターがいるんだから

クオリティ追求すれば、CGなんてありえない。

けど、アニメーターも人間から、描ける枚数は限界あるし、歳は取るし、給料は安いままだし

アニメ産業として残していくためには、どうにかそれなりの技術の人でもアニメが作れないといけない。

それに、アニメは、芸術じゃなくて、商業作品なので、限られた予算時間、それに今いる人材アニメーターの中で、

最大限の努力をして、可能クオリティ作品を出してこそ、次のアニメが作れるってもの

無限時間をかけて、クオリティ追求してたら、作品は世に出ず、ぽしゃって制作会社アニメーターも先がないし。

金を使いまくって、ピクサー並の最高のCG技術導入しても、作品で採算とれないなら、やっぱり次は作れない。

いまある仕事現実を、できるクオリティでこなしながら、次はもっとよく、その次は更にもっとよく、とやってこその商業アニメ

いま、クオリティがわるいからと、やめるべきだと主張してやめてしまえば、

今いる、クオリティの高いアニメーターが老人になって描けなくなったら、もうその先のアニメは萎む産業の中で悲惨しか残ってない。

そりゃすげー才能はたまにはいるだろうけど、才能待ちの産業なんか、成功するわけない。

ほどほどの才能の人達が、それなりの努力と熱意で、日銭を稼ぎながら、少しずつクオリティをあげていくプロセス必要なんで、

ある時代作品が、クソだから、もうCGやめろとは、未来アニメあきらめろと言っているに等しい。

anond:20190214110242

現状の技術機械学習アニメーターの癖やケレン味を加筆できるようになったら

無機質さが消えて化けることになるだろう。

すでに膨大な量の教師データはあるわけだし。

anond:20190214110242

手描きアニメーターを雇えるほどの金が無いのだから

もう、劣化コピーだろうがなんだろうが、それでやっていくしかない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん